ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔や名札が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

予定&所持ボドゲ一覧

北名古屋市でボードゲーム会を始めました。
参加者募集しています。
『北名古屋市でボードゲームを遊ぶ会「きなボド!」』
http://kinabodo.blog.jp/
http://mixi.jp/view_community.pl?from=home_joined_community&id=6237996


未定は適当にどっか探して行きます。もしくは自宅。
誘ってくだされば多分行きますよー。

追記で所持ボドゲ一覧と一般ボドゲ会参加経歴。
随時更新中。

やってみたいゲームがありましたら気軽にお申し付け下さいな。 続きを読む

11/13 ミスボド名古屋@御器所

ミスボド名古屋へ。


写真 2016-11-13 10 37 37
「チェーコフ / Chekov」 Maureen Hiron作

持参初プレー。
イエサブで昔から見かけて気になってたが、1800円くらいしていまいち冒険する気が起きず。
先日大須のイエサブでセールで300円だったのでここぞと購入。
タイトルロシア語ですが、別にロシアのゲームじゃないのよね。多分。

3人戦。場には11~16、21~26のように1から6までの数字使った2桁が並ぶ。
手番ではサイコロ3個振って、2桁の数字作ってそこにマーク。
自分のマークが縦横斜めに3つ以上並べば得点ですよ。

そんだけ!パッケージにするゲームじゃねぇ!
まぁ選択式ダイスロールとしては無しではないんだけど、サイコロ3つと紙あれば遊べちゃうやん。

うーん、この。
300円だから許すw。


写真 2016-11-13 11 07 16
「シンクトゥワイス / Think Twice」 Maureen Hiron作

持参初プレー。
同じくイエサブ在庫常連、セールで300円。

スコアシートがただのメモ帳!実質サイコロのみかよ。

ヤッツィー方式で振り直しながら3回振る。同時にアルファベットのダイスも。
んで好きな役作って得点。ハイ(4,5,6の目)、ロー(1,2,3の目+10)、ディファレント(違う目合計)、セイム(同じ目、(ダイス数-1)×10)とか。
ダイス6個全部使って役達成すると得点2倍。
また、振ったアルファベットのダイスが役に対応してたらこっちも2倍。

んで見せ場は倍率ダイス。
得点確定後、倍率ダイスを振ってもいい。運が良ければ得点2倍3倍になるが運が悪いと0に。
これは…バカゲーだww!!

ヤッツィー部分は可もなく不可もなく。中々悪くない。
んで倍率振って「来いやー!」→ゼロ!!のお約束w。 
まさしくダイスフェスト。楽しい。

4回連続0倍出したのは誰かな!?俺だよ! 

これは予想以上に楽しかった。まぁバカゲー楽しめる面子だからってのもあるが。
初対面の人とやったらお通夜の可能性あるので注意w。


写真 2016-11-13 11 18 18
「ミソヒトサジ」 なべとびすこ

初プレー。
決まった句のカードで短歌を作るゲーム。

今回は5文字のカードが2枚か3枚か、7文字のカードが5枚くらい配られて、各自それを好きに使って面白い短歌を作る。

これは、悪いが個人的にすっげぇ微妙。
まず決まった句によるやらされてる感。これ面白いだろう?を押し付けられてる感じで萎える。
んで短歌の冗長感。
詠み人知らずや横暴編集長が面白いのはあれらが短い文になって瞬間的な笑いがあるところだと思うのよね。
それに比べてこれは上の句でちょっと笑いが起こった後、下の句が出てきてなんか萎える。
一度終わったギャグを使いまわされた感じというか。

うーん。ノットフォーミー!


写真 2016-11-13 12 08 19
「ハビタット / Habitats」 Corné van Moorsel作
 
エッセン戦利品。初プレー。

4×6に並んだタイルを取り合って、自分の土地を広げていく。
トリッキーサファリでもあった陶器製の動物駒を使って、自分の駒の左右正面のどれかのタイルを取ってそこに移動。
相手の居るマスは飛ばしてその先を。
取ったタイルは自分の土地に配置。
タイルにはそれぞれ得点と得点が有効になる条件が描かれている。
その多くは周囲4マスに対応する種類の土地を置くこと。自身は含めない。
同じ種類の複数の土地が必要な場合、隣のタイルから繋がってるタイルもカウントに含めることができる。
条件満たしたタイルは得点になるが、満たさなかったのは終了時0点に。
あとは土地を持たないが得点条件の緩い監視塔とか、旅行者とか。
全3ラウンドで、各ラウンド終了時に決算があり、決算条件が最初に公開される。
今回は「一番大きいエリアを持つ」「タイルで埋まった長方形の大きさ」「エリア数」だったかな。
それぞれ上位から順にボーナス点。

うむ、分かりやすくて面白い。
スカイアイランドとかシティビルダーの自分のマップを作っていく楽しさに焦点を当てて、それぞれのタイルに相互に関わる条件加えてどれを達成するか、そのためにどのタイルを取るかが悩ましい。
決して新しさが目立つシステムではないけども、安定して遊べる良いゲームだと思う。

いいクワリ。

結果:レン 43、ナベ 47、もちもち 39、エース 64〇


写真 2016-11-13 15 08 08
「グレートウエスタントレイル / Great Western Trail」 Alexander Pfister作

今日もやるでよ!
流石に通常ルール飽きてきたので、初期タイルと個人タイルセットランダムで。
列車のルール一部間違えちゃってたけど許してつかあさい。

今回人物タイル購入マスの前に自分が通行料2金のタイル置いた所為もあり、人が買われない場に。
分かれ道だったのもあって皆避けてしまってのぅ。

もっちーが終点まで出荷してて強かったね。初めて見た。
結果は流石のもっちー。なんでそんな人少ないのにそんな点取れるん…?
全体的にロースコアだったので目的カードと駅長タイルが効いた感じかな。

結果:レン 56、東野K 49、yuji 34、もちづき 82

この後はクイズして終わり。


恒例の二部です。


写真 2016-11-13 19 51 02
「ギャラリスト / the gallerist」 Vital Lacerda作

持参初プレー。
ヴィニョス新版のアドオンで蹴ったやつ。
アートディーラーになって新人発掘して絵を買い入れて広告打って人気上げて高く売る。

システムは広義ではワカプレ。つってもアクションスペース4つのみ。
他人がいるマスに入ると、前にいた人追い出して、その人は追加アクション可能。
また自分が他のマスに移動するときに手元の助手を残していくと、同様に助手が追い出されたら追加アクション。
基本的な流れとして絵を仕入れて広告打って値上げして売るが、そんなに値上がることは稀。
むしろ仕入れた時や達成したときのボーナスと終了時のセットコレクションがメインかな。
売った絵とギャラリーに残ってる絵それぞれにセットコレクションがあるから、沢山売って沢山残す。
残った絵も最終的に今の値で売れるしね。焦って売る意味はそこまでない。

あとは盤面ミープルのコントロール。チケット払って自分の画廊に呼び寄せる。
ピンク増やせば影響力が上がって追加アクションしやすいし、茶色増やせばお金が取りやすい。白増やせば広告打った時や絵買ったときに画家の評価が上がりやすい。

あと大事なのは勝利点タイル。
これ取るには画廊の前のロビーに人を集めなきゃいけない。更に助手を永続的に払う。
助手はお金で雇えるが1アクションかかるので計画的に。

うむ、なかなか面白いが、最初の何したらいいか分からん感じはすごかったw。
発掘した新人の独占契約とか細かいルールが多いんよね。分かってしまえば簡単なんだが。
つか説明書がほんっと分かりづらい。ランダムソートかけたのかってくらい順番が滅茶苦茶。

広告打つアクションがボーナスでチケットとか影響力とか貰えるので、
画廊にピンクミープル増やして、追加アクションで影響力払って広告打って、それで影響力増やして美味しいです。
後は茶色ミープル増やしてお金取るのが普通に強いんじゃね?と思って積極的に。
こっちは発動機会そんな多くないのがアレだけど。

最後にできること考えた挙句、最上さんの推してるアーティストを評価振り切ってセレブにするのが一番効率良くて、結果勝利。
命名「勝手にセレブ」w。

結果:レン 145〇、最上 141、青井しそ 118、tetu 139


終わり。時間ギリギリでした。隣のアグリよりは余裕あったけど。 

11/12 フードチェーンマグネイトの会@御器所

おーのさん主催で突発フードチェーンマグネイトの会。

自分は昼間用事があったので夕方にちょろっと参加。
フードチェーンはしてませんよ。つか前回のトラウマが…。

3卓同時に立ったけど全部協議終了したとかw。
まぁ協議終了できる場はいい場です。


写真 2016-11-12 17 50 48
わぁ、すごく怪しい!!


写真 2016-11-12 18 23 59
「もっとホイップを / …aber bitte mit Sahne」 Jeffrey D. Allers作

エッセンで買ったもっちーへのお土産。無駄にサイン入り。

なんか最近多かったケーキの切り分け問題に特化したゲーム。
取ったケーキをすぐ食べてホイップ分の得点にするか、残しておいて終了時にマジョリティ点狙うか。
シンプルイズベストなゲーム。

あんまり得意じゃないけど、やっぱ名作だね。
最近ピザテーマでリメイクされたらしいけどやっぱこっちのほうがいいや。


写真 2016-11-12 20 42 04
「ロレンツォ・イル・マニフィーコ / Lorenzo il Magnifico」 Flaminia Brasini, Virginio Gigli, Simone Luciani作

リーダー入りで。
黄色路線で攻めてみたが、コストの用意が大変。
スタP大事なの実感したので今回積極的に取りに行ったが、ラウンド開始時に資源なくて何も取れない悲しさw。
ちゃんと準備したうえでスタP取ろうね!
全体的にダイス目高くて緩めの場でした。
リーダー出すのはやっぱり大変。ふしくるさんが2ラウンドまでに2枚出してて強かった。
やっぱ面白いなぁ。もっと遊びたい。
なんか毎回最下位な気がするがw。

結果:レン 78、おーの 88、もちづき 95、ふしくる 139 



写真 2016-11-12 21 16 16
終了後はデブソバへ。ホルモン!!

11/6 きなボド!@北名古屋

全体の報告はきなボドのブログ見てね。


夕方からちょっと遊んだのでそんだけ。



BlogPaint
「キャプテンソナー / Captain Sonar」 Roberto Fraga, Yohan Lemonnier作

エッセン戦利品。初プレー。
やったね8人戦!集まるか不安だったけどなんとか足りました。

4対4のチーム戦。潜水艦のクルーになって相手の潜水艦を沈めるのが目的。
役割は完全分業。自身の役割を全うしましょう。

キャプテンは船の進路を管理しながら、特殊設備の使用を行う。
通信士は相手のキャプテンの進路を聞いて、それを透明ボードに描きながら、相手の位置を割り出す。
一等航海士は特殊設備のチャージをコントロール。
機関士は船の故障の管理。この船一歩動くたびにどこか壊れよるw。

設備には相手の位置を割り出せるソナーとドローン、攻撃用の機雷と魚雷、相手を煙に巻く静音航行がある。
相手の位置割り出したら仕掛けた機雷や4マス以内からの魚雷で攻撃。
直撃すれば2ダメージ、周囲1マスなら1ダメージ。4ダメで沈みます。

基本ゲームはリアルタイムだけど、最初は練習用のターンベースで。
大きな違いはまぁ手番進行が交互か同時かなんだけど。
あとはマップが縦横1.5倍になるのと、緊急浮上時の処理がイライラ棒になるのとw。

どっちもやってみましたが、リアルタイムの方が圧倒的に面白い。
そして通信士の負担がデカいw。今回自分が担当したので辛かったw。
相手の位置割り出して魚雷ヒットさせたときのしてやったり感はかなりのもの。
ただ、機関士のボードで対応する設備が1か所でも故障してたら使えないので、
キャプテン「魚雷発射!」
機関士「故障中です!」
ってのが何度もあって笑える。
本来はストップかける前に確認しなきゃだめなんだけど、忘れちゃうよね。

いやぁこれは面白い。新しいね。
分業型だとスペースカデットもそうだけど、リアルタイムな上にチーム対戦ってのが魅力。
ゴブリン株式会社は2:2だし、人数多いからこその一体感というか責任感が問われるね。

ちなみに始める前にチーム名を決めるのですが、今回は「ポカリ」vs.「アクエリアス」でしたw。
戦争やでぇ…。
 
もう何度か遊びたいけど、人数そろえるのが大変。
負担の軽めな機関士と一等航海士を兼任する6人戦がミニマムかな。
それ以上兼任すると死ぬる。
上級ルールのシナリオ使う日は来るのだろうか…。
一回遊ぶだけでかなり疲れるので連戦もキツいw。

結果はターンベースでは勝ち、リアルタイムでは負けでした。




おわりん。
 

11/5 758ボードゲーム会@守山

学園祭の後バネストに行って、オープン会マップ置いてもらって、758BGへ。

そういや最終稿アップしたっけ?
まぁいいや(ぉ


写真 2016-11-05 14 07 34
「Xニムト / X nimmt!」 Wolfgang Kramer, Reinhard Staupe作

ニムトシリーズ新作。シュタウペが協力。初プレー。

基本ルールは一緒、1枚伏せて同時公開で小さい順。
まず場が3列しかなく、それぞれのマックス枚数が違う。
取ったカードはその中から1枚を自分のX列に出して残りは手札へ。
X列は昇順になるようにしか出せなくて、出せない場合元々あったカードを左側へ。
誰かが手札無くしたら終わりで、手札の残りがそのままマイナス点。
X列に残ったカードはすべて0点で、左側に移したカードはマイナスが2倍。

取るなら取るで上手く取れ、と。
この処理感がなんともシュタウペらしい。

上級者向けニムトって感じでかなりいい。
取ったのが手札に入るってのが特に。
一旦取っても出しちゃえばいいからね。
むしろしばらく出す材料作るために取るのも有り。

2ラウンドだったかな。
1ラウンド目出し切りでマイナスなしだったけど、2ラウンド目で大量失点。
でもまぁ合計では勝ち。

結果:レン 22〇、あおや 34、そわか 47


写真 2016-11-05 14 41 54
「ベガスカードゲーム / Las Vegas: The Card Game」 Rüdiger Dorn作

2回目。
前回より多い5人プレーしてみたけど、バッティング率上がってこれはこれで。

本家ベガスよりはパーティーゲーム寄りな印象。
どちらがいいかは好みかな。というか別枠感。


写真 2016-11-05 15 52 36
「パパパオロ / Papa Paolo」 Fabrice Vandenbogaerde作

エッセン戦利品。初プレー。
一応本日メインかな。最上さんと約束してて。

システムとしては4×4のグリッドに並んだタイルにワーカー置いて、
置いたタイルを取るか列か行に対応したアクションを撃つ。
タイルは自分の場に配置してピザの配達先が増える。
アクションでピザ作って、お金取って、店増やして、特急配達。
普通の配達はそのあと。
まずグリッドの列と行でマジョリティ見てお金がもらえる。
その後ボードの競り用グリッドを使って競りをする。
置く行によって配達できるピザ数と移動歩数が決まり、値段によってそのあと取れる特殊タイルが変わる。
んで配達。指定歩数分店から数えてその間の配達先にピザを納める。
Uターン不可で、複数ルート出したい場合、個人ボードの配達回数を増やす必要がある。
あとのパラメータはアクションでお金もらえる量とピザを追加で作れる量と、特急配達で配達できる数。 
1枚のタイルの配達先を全部埋めたら、個人ボードの対応する色のパラメータが上がる。
配達先少ないタイルは埋めやすいが、配達したら1個1点なので得点が少ない感じ。
競りで取れる特殊タイルは対応する色のパラメータ上げるか、アクションが打てる。
正直どれ貰っても嬉しいからそんな突っ張ることはないかな。

配達先取ってピザ作って届ける流れは無難な感じで悪くない。
グリッドでアクション選択する感じはオートマニアに似てるね。あっちは行と列に置いたが。 
競りで決まる配達数と歩数がちょっと大きすぎる感じがする。
そこまで自分の場のタイル増えないので、弱いの取っても十分数足りることも多いし、足りなくてもまぁ次でいいや感。
届けないと苦情が来るくらいの焦りが欲しいね。

そして何においても、視認性が悪い!
配達先4色で分けてる割には、フレーバーで描かれてる建物が似た色してたり。
配達先だけ黒枠つけたり目立たせてくれればいいのに。
必要な情報が背景に紛れるデザインはBADです。

とりあえず序盤はパラメータ上げ目当てで軒数少ないのを取って。
色は特に気にせずに、場のマジョリティのお金優先。
お金取るアクションは撃たずにこっちで節約したいところ。
終盤はパラメータも上がって、ピザ多く作って、配達先が取れるかの勝負。
余ったピザはマイナス点なので上手くコントロールしたい。
結果2個余っちゃった。ちょっとチキりすぎたか。

感想としては無難な印象。手堅いけどそこまでの新規性がないというか。
展開も特に変わらないし、何度も遊びたいゲームではないかな。

結果:レン 25、ぬこ 30〇、みとりで 21、最上 26
 

写真 2016-11-05 16 40 09
ピザ駒にシール貼るのが大変だったで…。


写真 2016-11-05 17 20 18
「ラグランハダイス:ノーシエスタ /  La Granja: The Dice Game – No Siesta!」 Andreas "ode." Odendahl作

エッセン戦利品。初プレー。
ラグランハのダイス化。ダイスゲーの割にはタイルとか多い。

スタートプレイヤーがダイスじゃらっと振って、1個ピックを一周。
残ったダイスをまたスタPが振り直してもう一周。
最後に残った1個は再度振って、全員が使う。
ダイス目によって資源取って、その資源を使ってシートに記入。
ディスクで資源記録して基本4枚だが、麦とオリーブは1つのダイスでそれぞれ1個取れる。
取り方によってはディスク足りなくなることも。

屋根は銀使って、左から埋めて列全部埋めれば屋根ランダムに引いてワンタイム効果。
助手は描かれた資源全部取って複数あるのから選んで置いて特殊効果。
長距離輸送は同じ目3ついるので難しい。 基本ダイス3つだから3資源。
ワイルド資源だけは持ち越し可能。
出荷は左から順に対応する資源払って埋めていって、埋まった+ロバが足りてれば出荷。
出荷したらディスク1枚を中央ボードに置いて終了時得点。
ディスク減ると記録できる資源の数が減るので不利になる。

ディスク増やすにはシエスタの目取って、シエスタトラックを進めると規定ライン超えるごとにもらえる。
これで補充しながら出荷して得点増やしていく感じ。
シエスタも1歩1点だから悪くない。

うーん、まぁなんか、ラグランハである必要性を感じないね。
基本何やっても点になるので結構緩い。
助手の特殊効果が強いので、序盤は助手取るべきかな。
資源1個を隣の資源に変換できるのが強いわ。 

まぁダイスゲームとしては悪くないかなくらいで。
展開が全員変わらないんだよなぁ。特殊能力取る順番くらいで。結局同じになるし。

この個人シートと別で得点計算シートが付いててすっげぇ無駄。
その分個人シートの枚数増やしてくれよ。

結果:レン 56、ぬこ 57、最上 60、REI 55 


写真 2016-11-05 19 47 03
「ロレンツォ・イル・マニフィーコ / Lorenzo il Magnifico」 Flaminia Brasini, Virginio Gigli, Simone Luciani作

2度目のプレー。この面子ならいいだろうと上級ルールで。
リーダーカードを最初に配って、手番中に条件達成したら出せる。
永続効果とかラウンド1回の効果で、かなり強い。
ダイス目増やしたり資源貰ったり。塔の追加コストいらなくなるのとかも。
必然的にこれを出すために方向性が決まるので、指針が出来ていいね。
更に達成できなさそうなら手札から捨てることで信仰を1増やせる。
上級ルールだけど入れると緩くなるっていう不思議。
まぁその分周りが上手く動けば伸びるんだけど。

これは上級有りの方が断然面白いわ。
条件相当厳しいので無理してでも出した達成感と、それに見合う強力効果の優越感。

あと個人のデフォルト生産物も変わるんだが、そっちはまぁあってもなくても。

そしてまた負けたーw。
青カード取る条件にこだわりすぎて緑にも黄色にも振れなかった弱さ。

ところで毎度資源足りなくなるんですが、少なくない?
みんな溜めすぎなんだよw。

結果:ディー 139〇、レン 64、ぬこ 105、最上 87 


写真 2016-11-05 22 02 31
終了後金山の豫園で中華。
喉痛くてゲホゲホしてたら、麻婆春雨が喉に染みて痛い!噎せる!あかん! 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ