ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

7/28 東京ボードゲームフリーマーケット

ちょっと日付は前後しますが、
7/21、7/27のボドゲ会レポの前に本日参加してきたボドゲフリマのレポをば。


場所は川崎のなんとか会館。←調べろ
京急川崎から歩いたら道が分かりにくいのなんの。

入場待機列禁止うんぬんの噂で色々危惧して、10時半開場をとりあえず10時に様子見に。
列駄目そうならしばらく他で時間潰そうかと思ってたら入口のスタッフが「4階に待機列作ってます」とアナウンス。
なんだ、結局列作ってるんじゃん。

入口入ったところでトシさんと合流。
4Fに上がったところ、会場内の端のスペースで待機列形成。
個人的にこうすればいいのにと思ってた形だったのでこれは好印象。
30人目くらいかな。

浜logのヒリュウさんと河原さんが話してたので参加。
調布のあなのかんちょーさんが来て時間的には一番に着いてたのに…と運営の不案内を苦言。
その他、風騎士さんやよしさん、ナカタさんや池田さん、Raelさんや草場さんやけがわさんなど知ってる顔が多数。
出店側にも浜ゲーのこいちさんやカワサキ工場長、twitterで絡みのあるG2さんなど知り合いが数人。 
やっぱり関東近辺で精力的にボドゲやってる人は大体集まってますねーw。

待機列ですが、縦9人でスペース的に横10列くらい。途中詰めたが。
これ溢れるんじゃね?と思ってたら案の定溢れて後半組はドアの外の野外(ベランダ?)に並ばされてました。
炎天下はキツかっただろうな…。

会場はこんな感じで。
BlogPaint
客入り前の準備中ですが。
ここに軽く100人以上のボードゲーマーがなだれ込む。
当然密度が高くて商品見るのもままならない。歩くのは何とかなるくらい。
客入り後はボドゲ見るのに忙しくて写真撮ってる余裕はなかったですw。
他のサイト見れば盛況さは分かるんじゃないかな。


開場後トシさんが狙ってたファクトリーファンを買いに急ぐも目の前で買われてしまう…。
ちなみに買った方はその後行った浜ゲーにいらしてました。
タイミングが合わず自分もトシさんもプレーはできず。

自分も欲しかったアッティカを目の前で買われる。2000円とか即買いなのに…。
まぁその分いくつか目ぼしいの確保できましたが。

フリマは早い者勝ちなので戦争。かなり慌ただしい。
マナーは守りつつ、目ぼしい商品はないかあちこちをうろうろ。


予想していた通り中古ブースに比べて同人ブースは客入りが寂しい印象。
やはりみんな中古ボドゲ目当てで来てるので同人ブースを見てる暇がないんだろうな。
昼過ぎに落ち着いてからは全体的に行動に余裕が出て説明を受ける人も増えてましたが。

自分も落ち着いてからカワサキさんから予約してたギシンアンキノトウコンパクト(通称コシアン)を購入。
カワサキファクトリーの中古ゲームもいくつか買ったので何か申し訳ないw。

どのブースも昼ごろにはあらかた売りつくして客足もまばらに。
そんな中こいちさんのソンタナゲームズだけは豊富な在庫で遅くまで人が集まってました。
自分も前回GMで買わずに後悔したスクイント、気になってたマロニーの遺産、グラシアスなどを購入。
1万円買ったらおまけで「サンガ」という同人ゲームが貰えるらしく、それに引かれてロールスルイージエイジズを追加購入。
まんまと釣られクマー。


昼過ぎまであちこちうろうろして買い漁る。
買ったゲームは以下。
あ、作者の方に気を使って国内同人の中古は値段書かないでおきます。

IMG_20130729_003831

・ミシシッピークイーン 箱ややボロ コマ欠け 2000円
・王への請願 箱ボロ 3000円
・マウアー 訳なし 3000円
・すしエクスプレス 1500円
・スクイント 3500円
・ロールスルージエイジズ 3000円
・ゴールドディガー 1000円
・マロニーの遺産 3000円
・バーゲンハンター 1000円
・ボタンアップ 300円
・リオドロ 2000円
・グラシアス 1000円
・カタンシナリオ:油田 500円
・ゲームリンク付属クニツィア3作品 200円

・ギシンアンキノトウコンパクト 2000円

・皇帝なき帝国
・ルジェノワール
・ロボトリー
・シチリアの殖民
・サンガ

というわけで訳3万円のお買いもの。
これでも一部諦めたんだぜ…。
スチールドライバーとかダウィンチとかダビデとゴリアテとか。
お金がないからというより持ちきれないからが主な理由。

キワモノ系ジャケ買いとかもしたかったけどね。
あとはすでに持っているゲームが安くて悔しかったりw。


そんなこんなで12時半ごろ撤退して、その足で南太田のはまゲーへ。
同じく川崎帰りの人も数人。
後程またレポ書きます。



というわけでボドゲフリマ終了。
第1回で運営も手探りの開催だったでしょうがかなり盛況だったと思います。
運営側にも客側にも至らないところがあったでしょうが、今後第2回、3回と続くなら改善していけるといいですね。
次回の開催を楽しみにしてます。

と綺麗に〆て終わり。 

ボドゲ購入記

IMG_20130727_092808

朝からヤマト営業所行ってきましたよ。ι(´Д`υ)アツィー


・パトリツィア
・パンデミック 旧日本語版
・ハバナ
・フェリニア
・デッドマンズトレジャー
・スカイライン
・革命万歳
・イケイケ魔術師軍団のめちゃスゴ魔法大戦:火吹骸骨山の決闘


パトリツィアはヤフオク。残りはtwitterでの取引。

では、浜logε=ε=ε=ヾ(´∀`*)ノ イッテキマース 

7/20 某社ボドゲ会@新宿近辺

何度かお世話になってる某ネット系会社のボドゲ会に今回もお邪魔しました。

自社だけで数十人集まるとか羨ましい。
毎日社内でハイパーロボットの問題配信してるんですってよ。
なんて羨ましい。


・ Qwixx
IMG_20130720_141942
なぜか最近一発にこれが多い。
だって簡単で楽しいんだもの。 
前回のボドゲ会でやったゲームのルールは省略するので辿って見てください。

え?点数?
'`,、('∀`) '`,、
笑ってくれよ。
赤がね、待ちすぎた…。
ていうか足し算おかしいなw。緑引いてるだろこれw。恥ずかし。


・ トレンディ
IMG_20130720_142445
持参初プレー。
クニツィアのカードゲーム。

3から7までのカードがあって数字が多いほど枚数も多い。
順番に手札から1枚出して1枚補充。
全員の場に、そのカードの数字分のカードが出たら点数獲得。その数字のカードだけ点数として確保して、他の数字は全部捨て札。
そして点数は数字分。
つまり3は場に揃いやすい分点数が低く、7は揃いにくく他の数字で流されやすい分点数が高い。
特殊札が各数字2種類1枚ずつあって。
2枚分になるスーパーモデルと場のその数字のカードを全部捨て札にするOUTカード。

ルール読んだ時点では面白そうだと思ったけど、やってみて感じたのは予定調和感。
結局人と相乗りするのが目的なので前の人と同じカードを出すのが続く。
その数字さえ持ってればストレートに同じ番号が出て得点になる状況が多々。
そうなると点差に影響するのはプレー人数未満のカードによる後手番叩きと、プレー人数より多い数字のカードによる先手番有利(2枚出せるので)。
それをどうにかするために特殊札があるんだろうな。
でもOUTカード使ったところで結局自分の手番消費してしまうので、点にはならない。
OUT使ったらもう1枚出せるにすればよかったんじゃないかな。

まぁこのテーマがファッションで、「流行に乗り遅れないようにする」ってらしいからテーマ的には合ってていいのかもね。
点数を取ることより、誰かに点数を取らせないことを目的と思えば楽しめると思う。



・PIX
IMG_20130720_165253
人数いたのでPIXを立てる。
これも最近よくやってるドット絵当てゲーム。
さて、この絵は何でしょうか?
中々分かりやすく出来たと思う。


IMG_20130720_164405
もう一問。
これは失敗作w。
分かったらすごいわ。





正解
1:鬼
2:クモ




・ミュータントミープルズ
IMG_20130720_173052
初プレー。
やってみたかったのよこれ。
よく一緒にハイパーロボットやる友人が持参。
先述の通りハイパーロボット勢多いのでMAX人数プレー。
基本的にはハイパーロボットと同じですが、コマそれぞれに特殊能力がある。
1回のお題で使えるミープルは3つまでで、A,B,Aと一度動かしたやつを後から動かすことはできない。
個人ボードに手順を記録したら数値のチップを取って、一番小さい数値の人が実践。
成功した場合、ゴールした色のミープルはその後使用不可になる。自分だけ。
繰り返して先に6個ゴールさせた人が勝ち。

特殊能力は、
・斜めに一歩動ける
・壁を一度だけ貫通
・壁の1マス前で止まれる
・ボードの端から端にワープ
・ボードに数か所あるマークのどれかにワープ
・3マス先にジャンプ
・他のミープルの能力コピー
・他のミープルと場所入れ替え
・1度しか動けないが好きな位置で止まれる
あと一個忘れたw。

なんというか、大味。さすがアメゲーw。
ハイパーロボットのような緻密さを求めちゃダメです。
能力使って2,3手でゴール出来るのをいかに早く見つけるか、またその能力が残っているかが勝負。
できるだけ強い能力を温存するって戦略もあるか。まぁ結局は同じ点数取るんだけどね。
同じ手数で行ける状況でいらない能力からゴールさせるってのは大事。

特殊能力含めて考えるのがなかなか面白かったけど、やっぱりハイパーロボットのほうが好きだなw。


・ウボンゴ3D
IMG_20130720_182926
リクエスト受けて。
毎度おなじみ3D立体パズル。
3面、4面と両方プレー。
久しぶりだったからか3面は1点差で負けてしまったよ…。4面は圧勝。
何故か4の方が点数いいんですけどw。


・ペアペア連想ゲーム
IMG_20130720_204029
持参品。ワードゲーム大好き。
順番にお題に関するヒントを出して、自分と同じお題を持っているペアを探します。
ただし、中にはお題のない?カードを持っている人がいて、外させようと混乱させてくる。
上手く?や他の人に自分のお題がバレないよう、しかしペアの相手にだけは通じるようにヒントを出すのが難しく面白い。

7人プレー。この時のお題は「ボール」。
他の人のヒントは「映像」「薬」「3.14」「妄想」「のみ」「フジ」。自分のヒントは「ゲート」。
この時点でまず「3.14」でほぼ確定。
一応2回目で確信を得たい。
2巡目のヒントは「JPEG」「バンド」「マスター」「もやっとした感じ」「ソロ」「マイク」。
さっき「3.14」を書いた人のヒントは「マスター」。
マスターボールか!ってことで「サファリ」で返すw。ポケモンね。
これは中々お互いだけ通じるいい感じ。
そしてあとは他のペアを当てると点が入るので当てに行く。
「フジ」がフジテレビかと思って「映像」があるのでお題は「テレビ」かと想像。
でも「JPEG」は変だなぁ…。

正解は「イメージ」と「ラッパ」でした。
どれがペアかは考えてみてください。

いやぁこのゲーム大好き。


・パニックステーション
IMG_20130720_215251
持参初プレー。
宇宙船に巣食うエイリアンの巣をみんなで焼き払うのが目的。
しかしプレイヤーの中に一人既にエイリアンに寄生された相手がいる。
プレイヤーが同じ部屋で出会うとアイテムを交換する。
その時に相手が既に寄生されていて、感染カードを受取ってしまうと自分も感染する。
それを防ぐには巣を焼くのに必要な燃料を渡さねばならない。
何故燃料で感染が防げるのかは置いといて。

人狼系というか、正体隠匿ゲーム。
防がれた場合、逆に「相手が感染カード渡してきた」と詐称するのも手。
というかしないとバレるわな。
面白いのが自分が感染してしまった場合、その瞬間から勝利条件が「他全員を感染させること」に変わる。
なのでしれっとプレーを続けて他の人を感染させに行く。恐ろしい。

人間プレイヤーはそのうち出てくるエイリアンの巣に燃料を3回使ったら勝ち。
寄生されたプレイヤーは全員寄生させたら勝ち。ただし最後の一人以外。

マップ上のPC,または巣出現時に感染スキャンができる。
レジスタンス式で全員自分の感染状況をカード出して、シャッフルして公開。
感染人数だけが分かる。

とりあえず説明書読み解きインストして4人で1戦。
向かいの二人がアイテム交換したときに片方が「感染カード渡されたけど燃料で防ぎました」と名乗りでる。
これが果たして本当か嘘か。 
そして某氏曰く感染者がもう一人と交換。お互い燃料渡したと主張。
これは…どうなんだろと思ってPC使ってスキャンしてみる。
4人中3人クロ。
おい、終わったろこれww。
燃料尽きてそのまま負けw。

そしてもう1戦。
他のプレイヤーが手札を全部見れるアイテムで某氏の感染を確認。
さらにその感染疑惑者と交換をしたもう一人が燃料で防いだと告発。
これはもう確定だろ。ちなみに感染カードは一人3枚しか使えない。
逆に開き直っていたるところにエイリアンを出現させてくる感染者。
全員武器持ってないので放置して探索w。段々武器も手に入ってついに巣を発見。
もう一度感染を試みられるも燃料で防ぐ。
一度どうでもいいカード渡されて燃料を無駄にしたが。
他のプレイヤーが巣に燃料を2枚使ってあと1枚で勝ちってところで感染者が突撃。
巣に燃料を使った=燃料切れてるってことで対抗手段はなく、さっきまで巣を焼き払っていたプレイヤーが今度は感染者に。
あ、元宿主はエイリアンに攻撃されて死にましたw。
そして新宿主は巣の近くに居座るもカードキーがなくて部屋から出てこれないw。
アンドロイドは隣の部屋から撃ち殺してw。
これはもう勝ったろと近くのエイリアンにやられないように注意してアイテム集め。

といったところで終電時間らしくゲーム中断。
まぁもう勝ち見えてたからいいか。

これはなかなか面白い。疑心暗鬼がいい感じ。
30分くらいで1戦終わるし。
最初の方に感染が広がると何もできなくなるがw。
最初の一人で感染を封じ込めるのが大事やね。
そして武器が手に入らなさすぎるんですけど…。初期弾薬持たせてくれよ…。

IMG_20130720_231531
ちなみに最終局面。
奥の巣にいるのが閉じ込められた新宿主w。


・コロレット
IMG_20130720_235625
あと少しで帰るって人がいたので軽く。
シャハトの代表作。
手番には山札めくって場の列にくっつける(1列3枚まで)か、どこか1列を引き取る。
同じ色のカードを集めると枚数に応じて得点が高くなるが、プラス点になるのは3色まで。
4色目以降はマイナス点になる。
うまく3色に抑えるようにマネージしてくのと、相手が取りたくないように札を置いていく。
自分に都合がいいけど相手が取りたくないような列を作れると強い。

簡単でいいゲーム。好きです。


・ダイスDEポン
IMG_20130721_001713
持参品。残った時間で。
ジャンル決めてサイコロ振る。
「子音」+「母音」+「文字数」が決まるのでそれと「ジャンル」に当てはまる言葉を早い者勝ちで。


空いた時間に出来て、途中からでも入れて、いつでも抜けれて、好きな時にやめれる。
そんないいゲーム。


・TUF
IMG_20130721_012555
持参初プレー。
数字ダイス6個(緑・青)、計算記号ダイス2個(赤)、=ダイス(白)を振る。
出た目を好きな数使って等式を成立させる。
ハイパーロボットと同じ、使用数更新制。
最終的に一番多くダイス使った人にダイスの数×2点。他の人は等式が出来てればダイスの数×1点。
ちなみに=0になる式はペナルティでダイスが-2個扱い。

写真見ての通り、7-3=16÷4って式でダイス8個。
これくらいなら小学生でもできて楽。

本番はこれから。
上級モードは、
・緑ダイスの0が小数点扱いに
・赤ダイスの(X)が掛け算から前置後置記法の()に。
 例:4(X)3-2 → 4(3-2)
・赤ダイス3個追加
・黄色ダイス2個追加(分数: 1/2, 1/3, 1/4, 1/6, 1/8, 1/10)
・オレンジダイス1個追加(π, log, tan, %, i : 複素数, x : 任意定数)
・ダイスを上にずらしてべき乗に


( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
無理ゲーww。 

そんな中作った手。
IMG_20130721_014823
25^(1/2) - 8^(1/3) = 9 - 6だ!!
「2分の1乗」=「平方根」、「3分の1乗」=「立方根」ですよw。

そして後にもう一回プレーした時の大作!
IMG_20130721_074011
( 8 - 3 ) + i^856 = 5 + 1/10 ÷ 1/10!!!!

えーと、複素数は2乗すると-1になり、4乗すると1になります。
以後「4の倍数乗」すると1, それ以外の偶数乗で-1。
よってiの856乗は-1ですw。
ちなみに正確にはこれiじゃなくてjね。海外だと記号違うのかしら。

いやぁ頭使うのに馬鹿なゲームだw。
ちなみにtanはtan45 = 1とか、tan3.14 = tan(π) = 0とかw。
logはlog_2^4=2とかね。この書き方LaTeX思い出すわ。

とりあえず全員から「このゲーム作った人馬鹿だわ」のお言葉を頂きました。
ありがとうございます、褒め言葉ですw。
そしてそれを買う自分。もっとなじって!!←


・ハイパーロボット
IMG_20130721_022245
こんがらがった頭休めるためにちゃんとしたパズルやろうぜ、と。←
もはや説明不要やね。さっき似たようなのやってるし。

一応書いとくと、ロボットを動かして指定の色のロボットを指定のマスへ持っていく。
ロボットは壁か他のロボットにぶつかるまで止まれない。
どのロボット動かしてもいい。見つけた小さい手を宣言して砂時計。
落ち切るまでに1番小さい手数を宣言した人が実践して得点。

ちなみに画像のは10手で自分が取得。
…と思ったら今8手を見つけたわw。

マイフェイバリットゲームなのですよ。




自分でやったやつじゃないけど隣で立ってて気になったのでパシャり。
IMG_20130721_024642
フルカソンヌ!!
すげぇ。



・百科審議官
IMG_20130721_033134
初プレー。
前から気になってた三人専用ゲーム。
各自「お題の条件」を決める。例えば「赤いもの」とか「食べられるもの」とか。
3色の紐でいわゆるベン図を作り、各輪を担当。
どこかのマスにマーカーを置いてそこに入るような単語を予想して付箋に書く。
読み上げて全員の「当てはまる/当てはまらない」から対応するところに付箋を貼る。
うまくマーカーの位置に貼れれば得点。それ以外はただのヒント。
先に7か所全部得点するか、合計10個得点すると勝ち。
ちなみにマーカーは親が動かすけど自分が得点している場所には置けません。

つまりは貼られている付箋から相手の条件を類推していくゲーム。
これが非常に面白い。
これが入ると思ったらこれが入らないし…。
「くらげ」は入るけど「いそぎんちゃく」は入らないとか。わけわかんなくなる。

ちなみに今回の条件は
自分(黄色)「元々日本語の単語」。みかんは入るけどレモンは入らない。
青「買えるもの」
緑「切れるもの」
ムズイわー!!

でも楽しかった。これは自作しようと思う。
紐とマーカーと付箋だけだしね。


もっかいハイパーロボットやって、
IMG_20130721_041611
これ何手だっけな。考えるの疲れたからパスw。



・ ジャストインタイム
IMG_20130721_053041
持参品。
数字を残してピースでマスを埋めるパズルゲーム。
パズル好きな友人と約束してたので。
これも最近ヘビロテ中。


・ムーンスター
IMG_20130721_061249
持参初プレー。
先日購入したランドルフ翁+ムーンの作品。
ハイパーロボットのシステムの元ネタになったらしい。

12星座の上に7個の月と5個の惑星(5が3つ、10が2つ)。
サイコロ7個振って砂時計スタート。
月1つにサイコロ1つを割りあてて、その目分左右どちらかに動かす。
10のマスに移動できれば10点、5のマスだと5点、何もないと1点。
時間内に一番大きい数字言った人が実践して点数。

とりあえず、7個とか無理だわ!!
「どの目をどの月に割り振ったか」「どの月で何点取ったか」「どの月をどこに動かしたか」を全部記憶しなきゃいけない。
1分じゃ足りませんw。
これはマゾいわ…。
サイコロ5個くらいなら行けるかも。


・ラボカ
IMG_20130721_064014
持参初プレー。
ブラント夫妻の協力パズルゲーム。
手番プレイヤーはランダムにペアを決める。
向き合ってカードセットしてスタート。
カードは両面にお題が描かれていて、自分から見えるブロックがその形になればいい。
それをお互い相談しながら積んでいく。完成までの時間が短いほうが得点が高い。

「青欲しいからここに立てるわ」「黒いらないから隠して」「そのピンク上に見えて欲しいから立てる」とかの応酬。
慣れると20秒かからずにできます。
というか初回から16秒でできたんだがw。
でもできないときは30秒、1分かかってもできないし。
上級モードだと赤いブロック追加されてさらに難しい。

これはいいゲームです。
協力パズルっていう新境地。素晴らしい。
箱がでかいのが難点かな…。ドライマギアっぽく箱使ってプレーだから圧縮できないし。


・レオナルド
IMG_20130721_071552
これで〆。
これも最近よくやってる数字の大小追いかけっこ。
説明は省略で。
山札使い切りルールでやって勝ちました。




というわけでおしまい。
この後橋本に移動してバンガードミッション!


 

7/15 まんまる@船堀

毎度おなじみ一週間遅れのボドゲ会レポ。


7/15は船堀のまんまるにお邪魔しました。
前回小岩で短い時間しか参加できなかったのでリベンジ。

小岩では子供が多い印象だったがこちらは子供はおらず。
ボドゲガチ勢が多いかな。見た顔もちらほら。

気が付けば河原さんとは3週連続で戸塚・池袋・船堀といろんな場所で会っててw。 
草場さんは二日前にも小学校インストでお会いしたし、同じくかんちょーさんにも。

知り合い増えるのは嬉しいことで。
うへへ。


とりあえず着いて色々眺めつつ。
適当に空いてる人で卓を立てる。

・ Qwixx
IMG_20130715_122638
持参品。ヘビロテ中。
とりあえず軽いのやりたいときにはいいゲームだね。便利。
人の手番にもゲームが進むからダウンタイムもないし。

リスクヘッジというかチャンスを待つかどうかの選択がメイン。
運が8割、戦略2割って感じで子供でも大人に勝てる系のゲーム。
そういうゲームは特に好きです。 


・脱獄ゲーム
IMG_20130715_125419
持参品。せっかく覚えたのでまたやる。

先日も書いた通り、隣の人と色が被るかどうかが最大の山。
今回都合よく下家の人と1の船の2色が被ったようで(゚д゚)ウマーさせてもらいました。
結果オレンジと茶色が逆になっただけで5点ゲットで勝利。

初手ゲーだけどゲーム中の一進一退の攻防が楽しいです。


・くるりんパニック
IMG_20130715_131542
これが噂の8人用ww!!すげぇぇぇー。
パテで台座くっつけて自作されたようです。
mixiで写真見て気になってたのよね。

あいにくながら場は立たなかったので持ち主の方と自分と草場さんで両手プレーw。
いやぁこれ8人でやってみたいな。ちょっとスペース的に肩身狭そうだが。


・ダイヤモンスターズ
IMG_20130715_132531
少ししたら帰られる方がいたので手早く終わるのを。

はげたかのえじきに近いバッティングゲーだが、
1は5に勝つ、負けた札は手札に戻る、勝ったら山から補充、カードによって点数が違うなどピリリとアクセントが効いたいいゲーム。
はげたかよりもさっと終わる感覚。手軽にできていいです。


ちょっと面白かったのが↓

IMG_20130715_132624

まさか全員被るとはw。



・セット
IMG_20130715_133528
 最近お気に入り。といっても買えてないしやるの2回目だけどね。

場に並べられた札から
・色
・形
・数
・塗り
の4つがそれぞれ「3枚とも同じ」か「3枚とも違う」に当てはまる3枚のカードを探す。

こういう早い者勝ちパズルは大好物。

とりあえず売ってたら即買いする予定。でも売ってないのよね…。
そろそろメビウスに入ってくるって噂。


・カタンシナリオ「仲間のフリをした裏切り者」
IMG_20130715_145136
シナリオは初プレー。
相手に親切にすることで特殊効果のあるチップをランダムに引ける。
引ける条件は「盗賊を当たり障りのない場所に動かす」「負けてる相手に資源をあげる」と1チップ。
他の人の道に自分の道を繋ぐと、繋がれた方は1チップ、繋いだ方は3チップ。これがでかい。

チップの能力は5種類
・資源を1:1交換できる
・任意の資源を1つ取る
・道を1本引く
・2チップで発展カード1枚
・2チップで勝利点1点

ちなみに勝利条件は11点。
カタンやったことある人には分かるだろうけどチップの効果かなりでかいです。
なので積極的にチップを取りに行くべきで、狙うのはやはり道の接続による3チップ。

持ち主のたけさん(彼も初プレーだが)が上手くこれを狙いに行って気づけば10チップくらい持ってる状態…。
そしてなぜか3軒建ってる12を4,5回出される。苦しすぎる…。
ちょっと狙って初手で麦港取ってみたけどほぼ使わなかったし…。

最終的に6点持ってたたけさんがロンゲスト奪うと同時に勝利点になるチップ6枚公開して11点で勝ち。
やっぱりチップでかすぎるなぁ。完全に戦略を読み違えた。

それでもなかなか面白い。普段とは違うアクセントが入るのは新鮮でいいもので。
盗賊でチップ得る為に人を攻撃しないってのもいいね。
それでもトップにはヘイト値溜まっていくけどw。

4人プレーだったけど途中1人帰られたのがちょっと残念。
次回はフルでやりたいところ。
シナリオ興味出てきたな。


・ラッツィア
IMG_20130715_155517
持参品初プレー。シュテファン・ドーラの古いゲーム。
経験者の方がいたのでインストしてもらう。

ゲームとしてはマネーダイスに近い、というかこっちが原形なんだろね。
ラウンド開始時に6か所のカード上にお金が置かれる。
各自手札から各場所に対応する色のカードを伏せて出して同時オープン。
手札はランダムなので美味しい場所を持ってないことも当然あり。

カードは2種類。ギャンブルカードと警官カード。
ギャンブルカードは普通の入札カード、
警官カードは同じ場所にギャンブルカードが出てれば無条件で勝てる。
ただし、ギャンブルカードが出ていない場合は単独だとしても収入はなし。

んでギャンブルカードのみが複数、またはギャンブルカード+警官カードが複数のとき、
左上の数字が大きい方が賞金の分配の交渉をします。
交渉決裂時はバトル。お互いサイコロを振って自分のカードの数字との和が大きい方が勝ち。

つまりはカードの数字が大きい方が有利なので、数字が小さい方は相手の分配を受け入れて戦わずに降りることができる。
逆に言えばカードの数字で負けてても出目次第では勝てるのでどちらを取るか、まさにギャンブル。

勝者が現れなかった場所のお金はババンクのように持ち越されるので、当然次はおいしい場所に。
美味しい場所に乗り込んでいくか、ここぞと警官を出すか、それとも避けて他を攻めるか。
勝ちに行こうと警官を出したらギャンブルカードがいなかったり、全員警官だったりで面白いw。

バッティングゲームとしてはかなり面白い。これは買ってよかったね。
今回は6人プレーだったので次回は最大人数の8人でやってみたいな。


・ワードバスケット
IMG_20130715_162711
安定のしりとりゲーム。
カードがマットに同化して見づらいw。

結構初心者とやりこんでる人とで差が出るので、実はちょっと手を抜きつつ。
勝手に4文字縛りとかのハンデでやってたり。
そのうち周りも慣れてくるので普通にやりますが。

よほど気に入った方がいたらしく、その後1時間以上やられてましたw。



・クランカー
IMG_20130715_172337
持参初プレー。ウヴェです。
ルールもまだ読めてなかったので読みながらインスト。
ところがなんかおかしい…。説明とカードが合わない。
分かった。版が違うんだわ。帰ってBGGで見て確信したが、昔のだとペンダントとかイヤリングの絵柄で。
自分が買ったのは宝石柄。
どうりで「ライオンの首輪」とか見当たらないわけだw。
原文ルール見てもそれっぽい記述ないし。
あとルールも一部違いました。なので今回そこはスルーで。

ゲームのルールは
・手札から任意の枚数を展示(親から順に全員)
・手札から1枚ずつ金庫へ(親から順に1枚ずつ)、もういいと思ったら番号札を取る
・番号札の若い人から自分の展示品を金庫に入れるか、他人の展示品を1金で買って金庫へ
・金庫のカードは4枚で換金できるが、金庫に入ってる他のカード1種類につき換金額が1減る

面白のは自分が展示してるカードがある人は必ず人の展示品を買うか自分の展示品を金庫に入れねばならないが、
展示品が既に買われて無くなってる人は「何もしない」選択ができる。そしてそれをすると購入フェイズはそこで終わって後手番の人に購入のタイミングは回ってこない。

展示する目的は基本的に自分で金庫に入れるか、手札を回すために人に買ってもらう。
前者は2番目のフェイズでもできるが、自分の購入順に人の展示に欲しいカードがなかったりお金が足りないと自分の展示カードを金庫に入れなければいけないのでそれを回避でき、入金をスキップして番号をすぐ取ることで他人に奪われるのも阻止できる。
下手に売れないものを展示すると自分の首を絞めるので場の空気を読むのが大切。

カードを裏返すとお金になるシステムはボーナンザと一緒。
こっちの方が新しいからボーナンザのシステムを流用したのね。
河原さん曰く「ウヴェらしいゲーム」。

中々勝ち筋が分かりにくいが何回かやれば色々分かってきそうだ。


・コラプション
IMG_20130715_180139
しばらく積みゲー消化につきあってもらいました。
こっちも持参初プレー。フェドゥッティ。

入札型エリアマジョリティ。
各公共事業にお金を置いて入札していきます。最終的に合計金額が多い人が公共事業カード(得点カード)を取る。
特殊札が3種類
・ジャーナリスト:同じ列のお金を1枚捨てる
・法律家:その列は勝者なしになる
・暗殺者:特殊札1枚を捨てる
ジャーナリスト3枚で他1枚ずつ。ラウンドまたいで使い切りです。

そしてお金カードは列に置くほかに上部に横にしておくことができ、
これをするとジャーナリストに捨てれないうえに、全部のカードがオープンしてから2枚の公共事業どちらに割り振るかを決めれる。
しかし、金額は額面の半分になってしまう。 

全4ラウンドで、全員ラウンド数と同じ枚数目まではオープンで出し、以後はクローズ。 
なお上部に横にして出すときは1枚目でも必ず裏です。


入札型エリアマジョリティとしては非常に手堅い印象。
金額半分で安全策を張るのもまたいい味で。
中々熱い張り合いが展開されていたが、気になるのは特殊札がキングメーカーになることが多かったことかな。
どっちにせよ自分に利はないから印象攻撃になってしまう。
入札金と公共事業の金額合わせて、奪った金額が自分に入ってくるとかにすればよかったのかも。
したらば大きい金額を取る大義名分が生まれるし。

難しいね。
最終戦は法律家の張り合いになるので高いお金は取っておくのがよさそう。

それなりに手堅く、手軽に楽しめるゲームでした。
欲を言えばもう一声。


・ キャッスル
IMG_20130715_191909
またもや持参初プレー。またもやフェドゥッティ。
こちらはフェドゥッティお得意の効果カードのオンパレード。
4×4の中庭、4マス×4つの城壁、4隅の塔、城壁の外へのカード配置。
各カード置ける場所が決まっていて、置くと効果があるものがほとんど。
大抵の効果は
・攻撃系:指定のカードを持ち主の手札に戻す
・防御系:指定のカードを他のカードの効果から守る
・特殊系:手札交換やカードの持ち主変更など

山札と手札を最初に使い切った人が勝ち。
自ターンには2アクションで「1ドロー」「1プレイ」「1チェンジ」のどれか。

手札上限ないし、結局山札全部使うのが目的なのでドローしまくってるのが正解な気がする。
山札の上から相手に押し付けるとかあればまた違ったかも。

基本的には出して戻させての応酬。かなり間延びします。
カード枚数減らして3×3マスくらいの方が楽しめそう。
やりこめば戦略的に戦えるんだろうな。

ちなみにその場にいたけがわさん曰くクソゲーとのことw。
辛口ですなぁ…。


・クレニアム・フープラ
IMG_20130715_194205
初プレー。
協力型パーティーゲーム。

全員でお題カードを時間内に使い切るのが目的。
自分の持っているお題カードを他の人に当ててもらうのだが、伝える方法がダイスを振って、
・絵を描く
・ジェスチャー
・頭文字縛りのヒント(あ行、さ行など)
・「~より大きく、~より小さい」のヒント
のどれかしか使えない。
一部持ち主の方による日本向けのアレンジ入ってます。

カードの裏面は他の人に見せれて、「Who」「Where」「What」のヒントはある。
全員で3回までパス可能で、それ以降は諦めるとカードが1枚増える。

とりあえずこれが今回の大ヒット。
パーティーゲームとしては最高です。

手持ちの
「カーネルサンダース」は「頭文字縛り」で使って、「ケンタッキー」の一言で成功。
「富士の樹海」は「ジェスチャー」で使って、首を吊るマネをして成功w。
「ハムレット」は諦めたw。
「~より大きい」は言う内容でヒントにしていいので、「ログハウス」を「木より大きく、世界樹より小さい」「テントより大きく、旅館より小さい」とかで乗り切る。

「地ビール」の地が出てこなかったり、テニスラケット折った人まで出てて名前が出てこなかったり(ちなみに私ははスポーツさっぱり)。

これは本当にいいパーティーゲーム。
見かけたら買います。最悪米アマゾンから輸入するやも。
日本語化必須だが。



というわけで終了。
楽しかった!!
 

ボドゲ購入記

IMG_20130723_002956


Yay!
ヤフオクで1600円だった。
SDJ推薦入りなのに国内でほとんど情報見ないのよね。
唯一おのさんが記事にしてたくらいで。

和訳ないけど英語ルールあったからまぁなんとかなる。
ザッと読んで大体把握できたが一部分からん…。

まぁなんとかなる!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ