ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

12/16 おやこボードゲームひろば@北名古屋

今回は参加者が少な目だったので結構遊びました。



IMG_3271
「ナンバーナイン / NMBR9」 Peter Wichmann作

マイブームです。名作。SDJこれでいいよ。


IMG_3272
「おばけのお城 / Geisterburg」 Wolfgang Dirscherl, Janet Kneisel作

持参初プレー。米尼で安かったので。

協力ゲー。
目隠しして磁石付いた棒を動かして狙いのお宝を取る。
他の人は口頭で指示。
まぁそれだけのゲームなんだけど、面白くないわけないよね。
子どもと遊ぶなら十分に盛り上がれる。

写真はマジックマさんw。


IMG_3274
「Mag-O-Mag」 Klaus Teuber, Benjamin Teuber作

持参初プレー。
日本語版があまりに気に入らなかったので米尼で購入。
これも口頭指示ゲーで似た感じだけど、呪いのミイラとかミノとタウリみたく立てたボードの反対側が見えない。
3種類のゲームが遊べます。

1つはゴルフ。
カップまでの移動を指示するんだが、口頭ではなく、ゴルフクラブ型のタイルに距離表すタイルを噛ませて、その角度と距離で示すw。

IMG_3275
もう1つは、何と言えばいいかな、ラリー?
道から落ちないように口頭指示。落ちたらスタートかチェックポイントまでやり直し。
道幅が結構狭くて難しい。

もう1つは石器時代で資源集めてなんとやらだが、未プレー。

まぁ大体見たまんまの面白さです。
ルール変えてるけどそこまで工夫は感じない。
だがさっきのおばけの城に比べるとかなり難しい。
特にラリーの方とか1cmずれると落ちる。かなり細かく指示出さないと。

かなり強めの磁石で、もう1つの弱い磁石を反対側から張り付けてる。
表裏2枚のボードの間には1cmくらい隙間があって、それでくっつくのは中々驚き。
穴に落ちたら強い磁石外すともう一方が下から落ちて出てくるのはよくできてる。

ただ、説明書に2つの磁石を直にくっつけてしまうと、磁力が変わって遊べなくなるって注意があって、これは子どもだけでは遊ばせられないなぁと。
絶対くっつけるよね。むしろ言われなければ大人でもやる。
難易度的にも子どもだけでは難しそうだし、立ち位置が微妙なゲーム。


IMG_3276
「キング・オゾ / King Ozo」 HUCH!

初プレー。チラっと参加。

両端に色の重しと透明の重しがついた紐がいっぱい。
誰かが全部わしゃっと持って、色を宣言しながら落とす。
その色の反対側にある透明の重しを探して、いち早く取る。
ただそれだけのゲームw。まぁ見たまんまだよ。

最終的に取った紐の長さが勝利点で、重し同士繋げて長さ測れるのはいいね。

これぞフィラーって感じ。



終わり。


IMG_3277
初めて行く焼き肉屋。ホルモンが美味かった。
あと30cm近いアマトウガラシが甘くて美味い。野菜嫌いだけど生で食える。










12/14 ふしくる氏宅会

2回目の平日会。



IMG_3260
「ダイナソーアイランド / Dinosaur Island」 r Jonathan Gilmour, Brian Lewis作

持参初プレー。キック品。
資金余りまくったようで、プラ製恐竜ミープルたくさん。

スタPがダイスじゃらっと振って、ワーカー使って1つピックして資源得るか、資源所持上限増やすか、恐竜のレシピ買うかのワカプレ。
ワーカーは1~3のパワーがあり、3で資源取れば3倍取れる。派手。

次に購入フェイズ。
個人ボードのアクションマスや特殊効果の専門家カード、アトラクション、資源をお金で購入。
ちなみにお金はメタルコインでくっそ重い。無駄に豪華。
その後個人ボードであれこれする。
アクションコマ配置してアクションタイル発動して、資源払って恐竜生み出したり、セキュリティ上げたり。
恐竜生み出すと施設の興奮度が上がるが、上げすぎるとヤバイことに…。

その後各プレイヤー自分の興奮度分袋から客ミープルを引く。
客はお金を落としてくれるが、ハズレのフーリガンはお金くれない。
ここは運ゲー。
更にその客を恐竜やアトラクションに配置して得点貰うんだが、フーリガンは我先に入ってくるくせに得点もらえない。
ここでセキュリティチェック。施設の興奮度がセキュリティ超えてしまった場合、恐竜が逃げ出して客が捕食されますw。
セキュリティ上げるのにはお金が必要で、どんどんコストは高くなる。辛い。

この繰り返しで得点稼ぎながら、マイルストーンカードの達成を目指す。
客から~金集めるとか、アトラクション4種建てるとか。
ショートゲーム用、ミドルゲーム用、ロングゲーム用があり、最初に選ぶ。
今回はミドルゲームでインスト込み2時間くらい。
ゲーマーなら最初からロングでいいと思う。

遊んだ感想としては、思ったより普通。まぁ普通に面白い。
部屋タイルの強弱がちょっと気になるかな。
セキュリティ安く上げられるやつとか、檻の拡張安くできるやつが強い。
それくらい序盤のお金が厳しい。
お金増やすためには客増やしたい、客増やすためには恐竜増やしたい、恐竜増やすためにはセキュリティ上げたい、セキュリティ上げるためにはお金が必要。
このジレンマ、トリレンマ、クアドレンマ。

あと、ゲームに特殊ルール適用させて毎回プレイ感変えるためのルールカードがついていて、
2枚適用で遊ぶんだが、今回強いダイス1つ追加と毎ラウンド上級資源1つもらえると両方上げ方向だったので緩いゲームになってた感。
絞る方向のカードもあるので、それぞれ別に混ぜて1枚ずつ入れるのがオススメ。

恐竜には安く作れるが興奮度は少な目の草食恐竜、興奮度高いがコスト重めの肉食恐竜があり、今回は上級資源取りやすいゲームだったので興奮度高いので攻める。
1匹作るたびに興奮度3上がるんだが、その分セキュリティも上げないといけないのでお金が必要。
さらに客が来ても各恐竜には1人しか客を配置できないので、アトラクションも買っておかないと。
それにもまた金が必要。ひぃ。
中盤以降はなんとか資金繰りも安定して楽に。

マイルストーンが人数分取られたらゲーム終了なので、終わるときはパッと終わる。
まだ1個だし大丈夫かなと思ってたら、温玉さんとふしくるさんが同じラウンドで1つずつ達成してゲーム終了。
うーん、圧敗。

決して面白くないわけじゃないけど、色んなゲームのいいとこ取りって感じで特徴を感じられない。
袋引きとかダイスとか局所的に運ゲー感あるしで好みは分かれるかな。
テーマとコンポーネント勝ちなゲーム。

結果:54、温玉 62、ふしくる 85〇



IMG_3261
「下水道の海賊ネズミ / Die GulliPiratten: Der Schrecken der Kanalisation」 Andreas Pelikan作

ふしくるさんの。結構好きっていうのでリクエスト。

数種類の中からランダムに4つのキャラを持ってスタート。
キャラにはそれぞれ特殊能力がある。
手番ではカードを2枚引くか、カード出してキャラを進めるか。
ドローはチケライ式。カードは3つの船に対応した3種類。
1枚出すと1歩進める。同種なら複数枚出し可能。
先頭スペースだけは元々船に乗ってるキャラを進ませないと入れない。
誰かが先頭スペース入ったらお宝分配。
現在のお宝と次のお宝が見えている。
まず先頭プレイヤーが丸いボーナスタイルとお宝1枚をゲット、2番手が1枚、3番手が1枚。
4番手は何も取れないけど、1歩進んで船に残れる。次勝ちやすい。他のは回収。

お宝タイルは基本全部得点だが、缶詰は高得点だが1つにつき缶切りのボーナスタイル1つが必要。
ポテトは得点低いがケチャップのボーナスタイル持ってると得点がプラスされる。
人形は2種類あって、オウムのボーナスタイル1つにつきどちらか1種類を得点化。
そんな感じで対応するボーナスタイルと共に集める感じ。

キャラ能力はどれも強力で、ネズミはお宝2つ取れる、カエルはお宝取らずに船に残っても良い、ゴキブリは使うカードが1枚少ないなど。

率直に言って面白い。
ゲームは至極シンプルなのだが、得点タイルの味付けと、キャラ能力のバランスが絶妙。
フィギュアの出来がいいのも相まって、非常に楽しかった。
いいゲームでした。

結果:レン 78、温玉 86〇、ふしくる 84



おしまい。また来週!

12/10 きなボド@北名古屋

きなボドで遊んだゲーム。



IMG_3243
「ゴールドアホイ ! / Gold Ahoy!」 Stephan Herminghaus作

持参初プレー。

タイルを1枚ずつ交互に引いて配置。
最終的に海も陸も自分から繋がってるのが得点に。
両方から繋がってるのはより入り口が多い方が勝ち。

ちょっと面白いのは、6×6まで広がるんだが、新しい横列を始める場合は自分の側にしか置けない。
どっちに伸びるかが分からず、下手に自分側に伸ばすと美味しい箇所を潰されたりするので、悩ましい。
逆に入り口増やすこともできるのでどのタイミングでどこを伸ばすかは慎重に。

駿河屋で1000円くらいで買えるので、まぁ1000円ならアリかな。
かぶさんが陸しか見てなかったので海大量に繋いで勝ちw。

結果:レン 21〇、かぶ 11



IMG_3252
「アメーバ / amoeba」 Masahiro Nakajima作

なんか他のゲームが色々混じって覚えてて混乱。失敬をば。
手番では1つを移動。
下から順に落としていくドーン歩きで直線移動。
相手のキング駒制したら勝ち。
ルールはシンプルだが、プレイングは難しい。アブストラクトのお手本みたいなゲーム。

結果:レン 〇、かぶ

あとヤバラスとペンタラスも久々に遊んだな。




IMG_3251
「ナンバーナイン / NMBR9」 Peter Wichmann作

この日初プレーかな。
カードめくって出たタイルを全員が配置するテイクイットイージー方式。
数字タイルを1辺以上が隣接するように置いていく。
上の段に置く場合2枚以上に跨るように。
最終的に1段目は0点、2段目は数字が点数、3段目は2倍、以下略。

これがかなり面白く、個人的に大ヒット。
遊んで面白かったら買おうと思ってたが早速買いました。

大きい数字が出てもいいように備える、特定の数字を狙って空きマスを残しておく、デメリット覚悟で穴作りながらも得点優先で上段に登る、など以外に考えどころが多く面白い。
各数字2回ずつ出るのでどこまで足場伸ばしてどこで上に行くか、毎回違う並びで出るのでどう伸ばしていくか。
何より1試合10分程度で終わるので非常に手軽ながら悩ましさ抜群。

これは素晴らしいゲームだな。今年ベスト3に入る。
久々に出会えた連続で何度も遊べるゲーム。買いやで。

結果1:レン 103〇、tetu 74、タクト 74、NEZ 75
結果2:レン 78〇、北村 71、村田 40



IMG_3254
あとはクイズしました。
クイズサークルと被ったのでルドルフさんはお休みにつきいつもの早押し機は無し。
早押しピンポンブーを買ったので持参。
ウルトラクイズだと6人までしか遊べないから便利だが、回答権が1人までしかないのでそこは不便。


IMG_3253
NEZさんの子供が読めない漢字適当に読むので文章を類推して解答を当てるクイズw。
面白いw。



おしまい。








12/9 ツイボド@上前津

ツイボドへ。

フル参戦は初か?2回目か?



IMG_3231
「バブーシュカ / Babushka」 Sabine Kondirolli作

初プレー。ソリティア。
まぁ2人以上でも早い者勝ちにすればできるパズル。

ハイパーロボットのように直線移動で考えて、マトリョーシカのパーツを組み立てていく。
外周は壁じゃないので止まれなくて移動不可ってのが難易度を下げてるが、それでも相当難しい。
基本的に同じ大きさのパーツの頭を体の方に移動させて蓋をする。
もしくは体同士をより大きい体に移動させて中に入れる。
一度入れたり組み合わせると戻せないので、順番に合ってないムーブはできない。
また、組み合わせや入れ子にするかは任意で、あえて直前で止めて壁作っても良い。

ハイパーロボットは得意なんだが、これは難しい。使う脳が違う。
コツとしては最終合体位置を見切ることかな。
多くのパーツの延長線上に来るはずなので、そこから逆算していく感じ。

うーん、難しい。
まぁソリティアは好みではないので買わないかな。



IMG_3232
「カヴェルナ:洞窟対決 / Caverna: Cave vs Cave」 Uwe Rosenberg作

持参初プレー。2人用カヴェルナ。
2人用アグリコラと同じ立ち位置。

資源管理はトラックで。
洞窟は最初岩で埋まってて、掘ることで部屋を建てるスペースが空く。
どけたタイルを表向きにすることで建てられる部屋タイルになって選択肢が増えるのは面白い。
部屋建てる際に、部屋の四方に壁があるかないかが指定されてるのがポイント。
建てたい部屋に合わせて壁を作ったり除去したり。
条件に合うように部屋タイルを回転させて置くので見辛いのは弱点w。

撃てるアクションはラウンドごとに1つ増えていき、交互に1アクションずつ、ラウンドによって2~4つ選ぶ。
相手が選んだタイルはもう使えないので、まぁ実質ワカプレと一緒。

本家と違って食料供給はないので気が楽。
資源稼いで部屋建てるのみ。食料は部屋建てるときにコストで払う感じ。
建てた部屋の起動は自由じゃなくて、対応するアクションを選択しないといけない。
選択したアクションによって1~3つの部屋を起動できるが、付随するアクションがあるのでどれを選ぶか。

部屋の建設条件をどう思うかでこのゲームの評価は変わると思うが、2人アグリよりも手軽な印象。
手軽かつ悩ましい2人用としては優秀じゃないかな。
カヴェルナと思って遊ぶと違う感じがする。

最上さん相手に、洞窟掘るの後回しにしたら先に取られてしばらく掘れなくて悲しみ。
2人だからそりゃカットするよねぇ。

結果:レン 49、最上 53〇



IMG_3233
「ロビンフッド / Robin Hood」 Alex Randolph作

持参初プレー。
ランドルフ作のすごろくゲー。

基本的にはダイス目で進んでいくが、6が出た場合は進む代わりに選択肢。
新しいボード(使い切ってる場合は最後尾のタイル)を先頭に移動するか、人のいないボード1枚を裏返す。
ボードは両面で、それぞれ列によってマス目の数が違う。
自分の通るルートのマス目が少ないように配置したい。
誰かが最後のボードの終端まで行けば勝ちだが、ボードを移動させるとコースが伸びる。
これはこぶたのレインボーレースに活かされてるね。

ランドルフのゲームはそれほど面白いのは多くないんだが、アイディアの流用で発展していくのが追えるのが楽しく、興味深い。

まぁこのゲームも運次第で終わらないし、バカゲーとして楽しむのが吉。
慣れた面子なので気兼ねなく楽しめていい。誰がいたか忘れたけどw。
最上さんとふしくるさんと、かぶさんだったかな?大谷さん?tetuさん?
記憶力ェ…。



IMG_3234
「Samhain」 Mauro Chiabotto, Alessandro Chiabotto作

持参初プレー。キック品。

ラウンドが交互に光のラウンド、闇のラウンドと切り替わり、
それぞれのカードには光の効果と闇の効果がある。
基本的には対応する側の効果しか使えないが、後述のMP払うことで逆側も使える。

システムはワーカームーブメント。
とはいえ縦横に2歩移動できるので結構緩い。
手番ではワーカー動かしてアクション、ワーカー増やすのどちらか。
アクションは先述の通り2歩まで移動して発動、1MPで逆側。
ワーカー増やすのはX+1MP消費して、自分のワーカーのあるマスだったか隣だったかにX個配置。
んでMPはどう出すかというと、手持ちの資源か、影響力か、勝利点を1払うと1MP。
誰かがアクション撃ったら、そのマスに置いてる人は強制アクション。
他人の動向も考えないといけない。

ちょっと面白いシステムとして、アクションにおいて払う資源がなかったり、資源ストックが枯れてたり、手持ちのワーカーがないのに置く場合、代わりにウィルオーウィスプという青キューブを取る。
基本的にはデメリットで、ストックのウィスプが枯れた時、最も多く持ってる人はワーカー1人死亡。
さらに前プレイヤー手持ちのウィスプ1個につき1MP払って返却する。
ただし、アクションの中にはウィスプを消費して撃つ強いアクションもあるので、それを使える相手に取らせても逆に相手の利になってしまう。
あと大体闇側は強めのアクションになっていて、強い代わりにウィスプが一緒についてくる感じ。

あとは毎ターン1資源取れる壊れアイテムだとか、ウィスプ1個少なく数えるアイテムだとかが人気で、取り合いが熱い。

ラウンド終了時列ごとに影響力の決算があって、マジョリティで得点。
負けてる所は諦めてMPにしちゃうのも有り。

なかなか見どころはあるんだが、何分カード15枚で闇光の30アクションを把握する必要があるのでかなりめんどくさい。
アイコン化されてるので読み方さえ覚えれば読むのは難しくないんだが、量が多いねん。
あと5種類くらいあるアイテムも木コマなので効果覚えないと。
てな感じでちょっと情報量が多すぎる。
せめて1MP払って反対側使うのはなくてよかったんじゃ…。

思ったより時間かかって途中抜けになったtetuさんには悪いことをした。

ちょっと考えること多すぎるので、2人プレーで他プレイヤーの動向考える量少ない方が楽しめるかな。
決して悪くはないゲーム。惜しい感じ。
ワーカー使い切ったと思ったらMP使ってまた湧いてくるので不思議な感じがあるw。
まぁ出し過ぎると相乗りでウィスプ取るはめになったり、置くワーカーなくて苦しんだりするんだけどね。
何分、ワーカーと影響力コマが共用なもので。

結果:レン 26〇、REI 18、大谷 18、tetu 抜け



IMG_3235
「戦国ドミノ」 ゲームNOWA

初プレー。
どこが戦国かというと城を落とすというフレーバーと、ドミノに描かれたピップが弓とか足軽とかになってるくらいで。
まぁやってることはドミノ配置によるマジョリティ争い。

右下エリアから時計回りに4象限。各ラウンド基本的に対応するエリアしか置けませんよ。
手番では手持ちのドミノタイルから1枚を配置。
最初は中央のマスに接するように、次は誰かのタイルに接するように。
ドミノなので同じ数同士をつないで置く。
縦横1列埋まるか残り1マスになって7以上差があるなら決算。
ピップ数合計してマジョリティ取ってる人がその列にマーカーを置く。
最終的に全列埋まったらマーカー数比べて勝ってる人が城を落とす。
引き分けならハゲタカ式。
城を2つ落としたら勝ち。

また、タイル配置の際、半分だけ他のエリアにはみ出して置くこともできる。
このラウンドしゃがんで、次にかける感じ。

手番順はちょっと変わってて、前ラウンドで合計値小さかった人から順にタイルを1枚出す。
全員で揃ったらその中で小さい人から配置していく。
他の人と被ってたら後回しになるグリモリア式。
説明書に表で出すか裏で出すか書いてなかったので、裏出しで合計値宣言でやったが本来は表らしい。
バッティングゲーになってそれはそれで面白かったが、本来はわざと被せて手番遅くさせるお仕事ゲーなのかも。
1か所しか配置できないタイル出した場合、それより小さいタイル出して先に埋めることで相手に置けなくするってのも可能か。ドロドロしそうだ。

今回自分が1エリア目制したので、2エリア目完全に捨てて、3エリア目にはみ出して置きまくる。
3枚はみ出して置けたので、3ラウンド目3マス分アドバンテージ。
これゲームとして大丈夫なのか…?
3ラウンド目は物量押しで勝てたが、思ったよりはギリギリだった。とはいえ2個差勝ち。
ちょっと強すぎる作戦な気がする。どうなんだろ…。

2エリア目もハゲタカ式で他2人バッティングしたら取れるので、完全に捨てていても他の2人は気が抜けない。
隙あらば揃えに行けるからね。

城2つ落としたら勝ちって条件無くして、単純に落としたらマーカー1つか2つ追加で置けて、最終的にマーカー多く置いた人が勝ちでよかったんじゃないかな。

余談だが、ついたての裏に配下の武将名列挙してあるのは、すごく良いw。

結果:レン〇、REI、大谷



IMG_3237
「Schachjagd」 Alex Randolph作

持参初プレー。ランドルフ旧作。
サイコロ振って、出たチェスコマの目によってそのコマの動きで進むレース。
最初に4つゴールさせたら勝ち。
相手のいるマスに入ったらスタートに戻させる。
キングが出た場合、キングムーブするか障害物を移動させることができ、もう1手番。

キャスリングやアンパッサンはないけど、ポーンならスタートから出る時は2マス動けるし、相手取るなら斜めだよ。

基本的には相手の縦横斜め延長線上を避けて進む。
ゴール前には不動の障害物があるので、進みづらく、誰かがその奥で待ち構えてると取られると嫌なので牛歩する。
いずれは危険覚悟で、相手の出目に期待して進まなければいけないが。

なかなか面白いが、収束性は悪いw。
殴りゲーなので面子選ぶしね。
まぁワイワイ楽しむのが吉かな。
REIさん殴られまくり案件。

システムとしてはチェックザリッパーの系譜だね。

結果:レン 〇、REI、最上


IMG_3238
なんかコーヒーのやつ。

REIさん読みインストで遊ぼうとしたが、
説明書がオリジナル用語だらけで全く読み解けず、断念。
REIさんの宿題になりました。

久々に同人遊んで、やっぱり酷いなぁと思った。
最近同人避けてるのはそんな理由。




IMG_3239
「ボブジテン」 TUKAPON

初プレー。

カタカナ語をカタカナ語使わずに説明して伝える。
気になってはいたが、正直簡単すぎるのではないかと思って手は出さなかった。

やった結果は、思ったよりは難しく楽しめたが、お題次第って感じ。
写真のだとATMは自動現金預け払い機って言えば一発だが、フランチャイズとかは難しい。
番号大きいほど難しいとか精査されてればいいが、どうなんしょ。

番号選択はキャッチョコ式で、たまに単語のみで説明しろって指定があるが、元々単語のみで説明する感じになっちゃうゲーム性なので意味がないな。

まぁ難しいこと考えずに軽く遊ぶのが正解だろうな。

結果不明:レン、最上、REI


IMG_3241
「トリックオブザレイルズ / Trick of the Rails」 OKAZU Brand

持参初プレー。
先日新版が出ましたが旧版。

18xx meets トリテ。
マストフォローノートランプ。
ラウンドによって株券ラウンド、機関車ラウンドに分けられてる。
ラウンドカードを並べて先が見えるようになってる。

株券ラウンドでは勝った人はラウンドカードを株券として取得。
他の人は自分の出したカードを株券として取得。
機関車ラウンドでは勝った人は機関車を好きな路線に配置。
その後全員出したカードは場に出して路線に。

機関車カードには必要経費と、いくつの駅をつなげるかが描かれていて、
路線上でその数の駅の合計値から必要経費引いたのが株券の価値になる。
そこらへんが18xx。

なかなか不思議な感覚で面白いんだが、結局株券の枚数に差がないので、点差はつきづらい。
会社価値を高める方法を全員が把握できてないと上手くゲームにならない可能性がある。
価値高くしたい路線は収入高いカードを路線にして、低くしたいのは収入高いカードを株券にしちゃうってのがいいんだろうが、コントロールするのは中々難しい。
結果どれ出しても一緒な感じがしてちょっと微妙な印象。
もうちょっと派手に差がつくようにしてもよかったかな。
まぁ18xxってそういうもんだと思っちゃえばそうなんだが。

結果:レン 350〇、最上 300、REI 300



おしまい。


IMG_3242
REIさん頼んだおつかい品!



焼き肉食べて解散!


Babushka
Inon Kohn
Huch & Friends
2017-03-10





12/7 ふしくる氏宅平日会

もっと平日にボードゲームする機会が欲しいなと、仕事終わりに遊べる人募ったらふしくるさんと温玉さんが手を挙げてくれました。
ニートさんは日程次第ってことで、今回は不在。

とりあえず木曜19時半からなんか重ゲーしようということで。
今回はふしくるさん希望でアーグラを持参。



IMG_3227
「アーグラ / Agra」 Michael Keller (II)作

プレーは3回目かな。
前回も取った建築資材の生産増やしながら価値変換アクション撃って他の資源取っていくのが自分の性に合ってるのでまたやる。
他にはウコンベースで動いて、瞑想トラック上げてカレー使ってワーカー起こして瞑想アクション撃ってくってのも強そうだが。
今回はふしくるさんが瞑想メインで、瞑想トラックガン上げで後半瞑想アクションで名士への配達しまくってて中々強かった。
建設資材安くなる名士を取ったんだが、如何せん他の人が建設行かないと連続でアクション撃てないので辛い。
一応2金払えば連続で撃てるが、ちょっと効率がなぁ。

三度目だが、あんまりゲーム展開は変わらないし、名士の並びくらいがランダム要素なので、そろそろ満足したかな。
まぁ安く取れそうな名士取ってるからだけど、効果のシナジーで選んで多少無理してでも強いの取るようにすればもっと戦略的な感じになるかもしれん。

まぁとりあえずしばらくは封印で。

結果:レン 85、ふしくる 98〇、温玉 62




アーグラやると3時間くらいだね。これでおしまい。
続けていけるといいな。




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ