ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

12/7 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。
ねくろんさんにウルトラクイズ届ける用事もあったので。



IMG_5656
「ゴモジン」 郡山 喜彦 作

先日も遊んだやつ。

今回最初5人、途中から6人で遊んだが、先日より楽しかったな。
お題の巡りかなぁ。

有我さんと被る被るw。







IMG_5658
「パンデミック10周年記念盤 / Pandemic: 10th Anniversary Edition」 Matt Leacock作

記念盤は初。ねくろんさんの。

内容物は通常版と変わらず。
ボードがスポットUV加工になってるのはいいね。

あとプレイヤーコマがフィギュアに。
ねくろんさんはゲムマで別売りの着色済みのを買ったらしい。

感染者コマとかは初代よろしく木製になってて、個人的にはプラの方が好き。
そんなもんかな。

箱に微妙に隙間あるので拡張出るのか?限定品だしなぁ、微妙。

3人でエピデミック5枚でやって、余裕めに成功。
とはいえあと1巡2巡くらいの余裕でしたが。


IMG_5657
そして脱字が。サンクトペテルブル…。
限定品でエラー出すなよぉ…。







おしまい。

IMG_5661
いきなりステーキのハンバーグは1000円ちょいで300gで味も良いのでコスパがいいね。


12/2 きなボド!ゲーマーズ@北名古屋

きなボドで遊んだゲーム。
軽いのばかりですが。



IMG_5600
「NLT - No Later Than」 倦怠期

やはりこれはいいゲーム。
たった2ピースの立体パズルがこんなにも難しい。
ゲムマ大賞これでいいよ。他に同人やらないし。

タクトさんは向いてないらしいw。

結果:レン、みくろん 〇、タクト、すじ



IMG_5601
「スリーバイエイト / 3 x 8」 Christian Fiore, Knut Happel作

評判いいのでこの日よく遊ばれてた。

個人的にはそこまででもないかな。
今のところ何とでもなる展開しか経験してないし、全勝してるし。

ゲームの終わるスピード知ってる経験者が有利な感じ。
ブロックカードがそこまで有用でないのでトップ止めようにもなぁ。

結果:レン 〇、みくろん、タクト、すじ






IMG_5603
「テーブルカーリング / Table Curling」 Christian Vennerød作

ヨコイさんが持ってるのはボードがロールした1枚だが、tetuさん持参のこれは中央で折り曲げ。
表面は折り目はあるが1枚なので段差ないのは一緒。
ただし、箱がデカいw。

うちの古い国産のはパズルボードなので境目できちゃうのがな。

一応この版は初プレーってことで。
ルールは普通のカーリングです。記載なしw。
ただし用語集は付いてたw。

Amazonで安かったらしいけど、一時のカーリングブームで仕入れて余ったんだろうなw。







IMG_5609
「ゴモジン」 郡山 喜彦 作

持参初プレー。彼葉さん作。
ゲムマで買ったやつ。どうせすぐ流通するの分かってたけど。

お題に対して漢字二文字+カタカナ三文字でヒントを出して当てて貰う。

ちょっと工夫されてるのが、お題の発表順を自分で選択できるところ。
早く書けた人から好きな番号タイルを取り、1の人から発表。
お題が難しくて1番じゃ当たらないと思うならやや後ろを取って、ヒントを累積できる。
これはいいシステムね。

得点は当てた人はヒント1つ目なら30点、2つ目20点、以下10点。
当てて貰えた人は基本10点と、漢字二文字が熟語なら10点、カタカナ三文字がカタカナ言葉なら10点。

ちょっと期待してたが、思ったほどの盛り上がりはなかったな。
お題が簡単すぎるのと難しいのに二分されてる気がして、3人目で正解とかがあまり出なかった。
1人目で答え出るか、最後まで出ないが大半。問題運かなぁ。

個人的にクイズ勢で難しい言葉縛りでやりたい。
ルサンチマンとか、ニルアドミラリとか、ヰタセクサアリスとか、ペルソナノングラータとか。
ボブジテンの時も同じこと言ってた気がする。

ちなみにこのゲームは元々、マンモスの日本語版をヘムズが絶滅ダウトってダサい名前で出したのを揶揄って□□〇〇〇って名前で作ったやつ。
そのタイトルもパッケージに模様として描かれてるし、ゴモジンのロゴの中にも入ってるのは見事としか言えない。
今年のロゴ大賞。

あ、写真は終了後に撮影用に書いたやつ。
マンモスのお題出ないかなw。

結果:レン、タクト 〇、ニート、カトケン、デック







IMG_5610
再度NLT卓に乱入!

4人プレーしてたのに果たしてパーツをどこから調達したのか!
謎は深まるばかり!

そして三連答。酷いね。
結局勝ったが、しばらくはかかったよ。手は抜いてない。



IMG_5614
「オナガー / Onager」 Néstor Romeral Andrés作

持参初プレー。
ゲムマで買ってネスターにサイン貰ったやつ。
今思えば袋よりボードに書いてもらうべきだったな。

ぶっちゃけ買わなくてもYabalath&Co.に載ってるからヤバラスあれば遊べるんだけどね!
まぁ記念記念。

エパミノンダスにインスパイアされたらしく、相手側の端に到着するのが目的。
ただし、次の手番で相手にも到着されたら勝ちにはならない。
手番開始時に相手以上の数到着すること。

開始時に交互に障害物になる池コマを計3つ配置。

手番ではコマを1つ隣接マスに動かすか、間に遮蔽物のない直線状に並んだ2つのコマのうちの1つをもう1つのコマを起点に反対側の同じ距離のマスまでジャンプさせる。
奥側は障害物あっても飛び越えられる。
その際相手のコマのあるマスに着地すれば、そのまま再度ジャンプしても良い。
このジャンプでしか相手のコマに乗れないってのは新鮮だな。

重なったスタックは最上段のコマのみが動ける。
強いけども、動くと相手を解放してしまうので動けないって状況が多い。

これは面白いなぁ。
最奥目指すのはエパミノンダスと同じだが、カタパルトのシステムが面白い。
この等距離先までジャンプするのはどこかで似たのをやった記憶があるんだが、何のゲームだっけか。
上手く布石を打って、飛んだ先がまた他の自分のコマの直線状になるようにできると強いんだが、中々ヘクスの感覚もつかめない。
最初最奥には相手のコマが並んでるので、隙間に入っても横から隣接で飛ばれて押さえつけられる。
だがそれも無駄ではなく、相手の防御コマを減らしたと考えて、その後防御されなくなった位置を攻める。
言うは易しだが、実際そこまで考えるのは非常に難しい。

これは何度も遊びたくなるなぁ。面白い。

結果:レン、ニート 〇



IMG_5615
「スタック / Sutakku」 Curt Covert作

持参初プレー。ローマ字表記は誤字じゃないよ。
ダイスアブストラクトのStackとは別のゲーム。

グリードのような手番でどれだけ稼げるかのバーストゲーム。

手番ではダイス3個を振り、そのうち2個を配置。
配置はダイスを積んでいくが、直前の数字以上の数しか置けない。
置けない出目の場合、1個除外することで残り2個振り直せる。これ失敗したらバースト。
成功したら高さ×10点。
いくつかボーナスもあり、トップが5の状態で続けて成功したら50点、
トップが6の状態で成功したら100点。
サイコロ12個全部積んだら250点だったかな。無理無理。

無駄に和テーマで、サイコロも漢数字。
外人には読めないのでわざわざボードに対応する数字が書いてあるw。無駄w。

まぁ手軽なバーストゲーとしては悪くないけど、グリードに劣るなw。

結果:レン 142、ニート 202〇、おず 0、失念 182






IMG_5616
「ボードゲームタイムライン」

本日も。

これも誰とやったか忘れたけど、BGGランキングでやったら熟練ボードゲーマー3人が新人ゲーマーに負けたぜw。

表に作者名書いてあるので、裏向ければ作者当てゲームもできそうだな。


IMG_5619
「愚かなウシ / Blöde Kuh」 Florian Racky作

初プレー。
ラッキーさん作のカードゲームなのにラッキーシュピールじゃない!
あと夕陽のドライハーゼンがアミーゴサイズの小箱出したのもびっくり。

ゴーアウト系のゲーム。
手番では動物1種を1枚出すか2枚出すか。

1枚出すと効果発動。
羊は特になし、馬は全員左隣に1枚プレゼント、豚は左隣が1枚引く、牛は自分が1枚引く。
2枚出すとマイナス点カードを左隣のプレイヤーに押し付ける。
既に誰かが持ってる状態で同じ動物2枚出すとそれが現在の位置から左隣に移動する。
つまり上家が持ってるときに2枚出すと自分の所に来る。

誰かが手札無くしたら残った手札が多い二人にもマイナス点。
2枚出しのために抱えておきたいけど、減らさないとヤバいぞと。

おや、面白いぞ、どうしたラッキーw。
ラッキー氏最高傑作かもね!他全部未プレーなんだけどなw。

いいゲームでした。
あんまり人数多いと下家に取らせたのが1周しにくいので、4人くらいが丁度いいかもね。

結果:レン -13、ニート -12、オオヤ -9〇、すじ -32




IMG_5620
「コリドールキッズ / Quoridor Kid」 Mirko Marchesi作

持参初プレー。リサイクルショップで980円で拾ったやつ。
このギガミック版だと原題はキッズ付かないんだけどな。

ルールは普通のコリドールと一緒。
コマ進めるか壁置くか。最奥着いたら勝ち。
ただしマスが9x9から7x7になり、壁も各自10枚から8枚に。

まぁ戦略とかは一緒かな。言うほど遊んでないが。

相手側に九十九折り作られて負けた。
その前に壁置いてガードしなきゃダメだったな。

結果:レン、カトケン 〇






IMG_5621
「チャーリー / Charly」 Inon Kohn作

以前草場邸で遊んで面白かったので駿河屋で購入。
tetuさん好きそうだなぁと持参。

エサカード2枚公開し、各自1枚秘匿。
手番では山か捨て札トップから1枚引いて1枚捨てる、もしくはパーティー宣言。
パーティー宣言されたら他のプレイヤーは1手番ずつやって。
全員の秘匿エサカードを公開し場に並べる。
パーティー宣言したプレイヤーから動物カード1枚を対応するエサの横に置く。
動物カードには必要なエサとその数が描かれていて、対応するエサカードからその数が消費される。
これを繰り返してエサを消費していき、最終的に出せなかった動物1匹につき手元のハチミツコマを1つ払う。
ただし豚はワイルドで必ず2匹描かれている。どこにでも出せるが、最後に余ってしまったら1匹につきハチミツ2つ、つまり4つ払う必要があるので怖い。

誰かが手持ちのハチミツコマ無くしたら終了。残りが多い人が勝ち。

いやぁやっぱり面白いな。
他人の動向見ながら持ってるエサカードを予想して、場に少なそうなエサは自分も対応する動物を捨てていく。
ブラフもありで、あえて持ってるの捨てたり。まぁどこかで軌道修正しないと死ぬが。

途中場にエサが2種類しかないラウンドがあって辛かった。
周りが何持ってても対応できるように、広めの待ちにしてたのが逆効果。
8個くらい払う羽目にw。

隠れた名作。オススメです。
無駄にはちみつ入れるエサ箱が付いてる所為で箱が大きい。
それなければアミーゴサイズくらいになったんじゃないか説。

結果:レン -2、おず -1、tetu -5、温玉 3〇





IMG_5622
「おきらく旅行会社 / Easy Breezy Travel Agency」 J. Alex Kevern作

持参初プレー。みんな大好きダイスヘイトミーゲームズだよ!
ゲムマで500円で回収。

場はグリッドになってて、各目的地の運賃が示されている。
乗客カードはカードの色が目的地で、中央辺りに出発地が示されてる。あれ、逆か?
手番で場に並んだ5枚の乗客から2枚を取り、補充した際にその乗客の出発地の都市の運賃が上がる。

場のグリッドにある旅券カードに描かれた枚数の乗客カードを出すことでその旅券カードを獲得。
出した乗客1枚あたり現在の運賃が貰える。
ワイルドカードはどの色としても使えるが、運賃は貰えない数合わせ。

ちょっと面白いのは手札は4枚まででそれを超えた分は自分の前に並べて保持する。
並べたカードからも払って得点できるが、手番で再編成アクションを選択すると、手札を任意数自分の前に並べ、他人の前に並んだカードと2枚まで交換し、手札を4枚になるまで自分の前から手札に移動させることができる。
当然多く持つほど対応しやすく大量得点しやすいが、他人に奪われる可能性が増える。
なかなかよくできてる。

各目的地3枚ずつしか旅券がなく、1箇所補充できなくなると終わりなので終わりは早い。
溜めこんでたら終わらせられて、不良債権に…。読み違えたなぁ。

最後一番多く持ってる旅券の色と一番多く持ってる旅券の数字で点数が入るので、どちらかに特化できると強いかな。

4人だとあっという間すぎるので3人がいいかも。
2人だと相手のカード覚えるガチゲーになりそう。

中々悪くないゲームでした。

結果:レン 18、おず 41〇、tetu 26、温玉 29





IMG_5623
「ダイナー / Diner」 Matthew O'Malley作

こちらもダイスヘイトミー。持参初プレー。ゲムマ500円。

料理取って、注文取って、達成して点数。
よくある感じだが、システムが非常に個性的。

手番制ではなく、最初に全員にチップ1枚(スタPは2枚)配り、リアルタイムで1アクションしたらチップを左隣に渡す。
あえてゆっくりやって他を牽制するのもいいが、上家から回ってこないとやきもきする。

アクションは、3つの表向き山札のどれかからカードを取る、場に並んだ注文を取る、注文を達成するのどれか。
一応あと場の注文を捨てるがあるけど、腐った時用なので基本やらない。
ちなみに達成できなかった注文はマイナス点です。

いやぁとにかく忙しい。そして回ってこないw。
今回tetuさんがかなり疲れてたようで、処理能力が遅くてチップ溜まる溜まるw。
万全な状況で遊びましょうw。

いやぁすごいゲームだ。面白い。

結果:レン 23〇、おず 12、温玉 15、tetu 5






以上でおしまい。
結構遊んだな。



IMG_5626
終了後はtetuさんと私が最近お気に入りの浅間町の餃子屋福沢へ。
餃子2種、麻辣煮込み、角煮チャーハン、担々麺頼んで合計2000円くらい。
かなり腹も膨れて、味も良い。いい店だわぁ。

12/1 セレブリア会@大須

セレブリアいい加減やりたいなと面子募って。
4人集まったのでクローズ会。

最初最近使ってなかった千年のカードショップ言ったら閉店してて唖然。
まぁ調べろよってな。
広くてよかったんだけど立地がなぁ。

しょうがないので大須に移動してオーフリへ。
大須は土日の駐車場が上限なしばかりなので不便。
先日調べた土日でも上限800円の所が空いてたのでセーフ。ラス1。

tetuさんが15:30からなのでそれまで3人で。


IMG_5582
「スピリッツオブザフォレスト /  Spirits of the Forest 」 Michael Schacht作

持参初プレー。といっても余分にキックしたのをNEZさんに譲った分。
リシュリューのリメイク、というかその原型の王と枢機卿カードゲームのリメイクかな。

豪華版なのでタイルは木製、コマはプラ製で豪華。
ただ、タイルの色が剥げやすそうで怖い。

ルールはリシュリューと一緒。
左右端どちらかからアイコン2つ付いたタイル1枚取るか、1つ付いたタイル2枚まで取るか。
その後、タイル1枚にコマ置いて予約できる。
他人の予約したタイル取ることもできるが、その場合自分のコマ1つ除外。

最終的にアイコンごとにマジョリティ取った人に描かれた数字の得点。
また、太陽・月・風のマークはマジョリティ取った人にその個数分得点。
どちらもタイなら全員満額貰える。

チップ乗ったタイル取るとそのチップももらえて、アイコン1つ描いてあったり除外したコマ戻せたり。

非常にシンプルだが、悩ましい。
2人がベストというが、3人でも十分面白い。
4人まで遊べるが、4人プレーだと最悪全員予約繰り返せば2ターン目で取れるのが1つに限られちゃってダメだな。
基本1番手2番手は一番近いチップのタイル予約するので、その点では2人ベストってのは分かる。

結果::レン 19、ナカイ 21〇、NEZ 9


IMG_5584
「バルーンポップ GM2018秋限定版 / Balloon Pop!」 Andy Van Zandt作

持参初プレー。ゲムマで限定につられて。

3ラウンド制のロール&ライト。
手番ではダイス3つ振る。
好きなダイスキープして振り直せるが、その際ダイス1つプラス。最大5個。
各ダイスには赤青黄の3色と星月ダイヤの3つの絵柄がそれぞれ。
決定した出目の色と形の列にそれぞれチェックしていく。
どんどん得られる得点は増えていくので、いっぱい振った方がよく思えるが、各列最後の1マスは得点が下がる。
ラウンドの終了条件は誰か1人がバーストしてその得点下がるマスにチェックした時。
なので安全策取って牛歩するか、誰かが自分より先にバーストすると踏んで高い得点取りに行くか。

2ラウンド目、3ラウンド目は場合によっては1周で終わることも。
この感じは中々新しいな。

黄色やダイヤはそれぞれダイスに1つずつしかないが、得点効率違うのは変わった得点構成ね。
悪くはないんだけど、あえてこれを選ぶ理由もないかな。
他人の手番見てるだけ系なのでね。

結果:レン 157〇、ナカイ 131、NEZ 142



IMG_5585
「セレブリア /  Cerebria: The Inside World」  Richard Amann, Viktor Peter, István Pócsi, Frigyes Schőber,l Nick Shaw, Dávid Turczi作

持参初プレー。アナクロニ―のメーカーの新作。
ルール読んで半月くらい経つので大分忘れちゃってたが。

テーマとしては、精神世界で正の感情と負の感情との対決。
システムとしてはチーム戦エリアマジョリティと個人ボード解放。
チーム戦ってのがこの規模のゲームとしては珍しい。

手番では3アクション。
個人ボードによる5つの選択肢と、中央ボードによる5つの選択肢。
個人ボードの5つのアクションは手札からカード捨ててカードのアイコンに対応するヴァイブストークンを置くことでそれぞれ4段階パワーアップする。
ただし、同じアクションに対して同じ種類のトークンは置けないので、手札次第になる。
アクションは移動、カードの配置、要塞化、鎮圧、進化の5種類。
例えば移動アクションを強化すると、2マス動けるようになったり、相手と同じマスに止まれるようになったり、コストが安くなったり。
コスト安くなるってのは全アクションにあるアップデートだが、他はアクションそれぞれで、発動するには別途コストが必要。

これらのアクションで何するかというと中央ボード上の覇権争い。
ボードは5つのエリアに分けられていて、それぞれの境界にはまた境界ゾーンが存在。
カードを配置する場合、エリア内に配置するか境界上に配置するか、境界上のカードは両エリアに影響するが、隣に敵チームのカードが置かれると影響を失う。
どっちに配置できるかはプレイヤーコマの位置によるので、移動を上手く挟んでアクションしないと。
配置するカード、これも感情なんだが、にはエッセンスと呼ばれるトークンが乗り、その個数によってエリアへの影響力が決まる。

んで中央ボードアクション。
アクションコストである意志力を取る、カードを引く、エッセンスを獲得する、ボード上のカードに手元からエッセンスを乗せる、カードを移動させるの5種類。
それぞれ撃つのに意志力が必要。
ただし、そのアクションに対応するエリアで自分のチームがマジョリティを取っているとコストが1軽減される。

よって流れとしては個人ボードアクションでカードを中央ボードに配置し、中央ボードアクションでエッセンスを獲得、カードに配置を繰りかえす。
再度個人ボードアクションに戻るが、鎮圧アクションを行うと相手のカード上のエッセンスを除去できる。ただしコストは高い。
要塞化を行うとエリアに要塞コマを配置して影響力をプラス、さらにラウンド終了時ボード中央に移動し、最終的に得点になる。
んで進化アクション、エッセンスが一定数以上乗ってるカードに対して使用して、その感情カードを対応する強感情カードにパワーアップさせる。
各勘定には特殊能力も付いていて、能力も影響力もパワーアップ!

まぁそんな感じで影響力を上げていくのだが、
手番中に1度フリーで吸収アクションというアクションを行える。
これを行うと現在位置に対応する、中央の円盤上の5つのエリアから意志力を2+現在位置に対応する境界を自分のチームが押さえてる数の意志力を獲得。
これにより円盤上の1か所の意志力が涸れると決算が発生。

決算ではラウンド目標を達成したかどうかを確認。
公開されている共通目標と、各チームで秘匿している目標。ただし自分のチームのものはいつでも確認できる。
このうち1つを達成するとオベリスクの小断片、2つとも達成すると大断片をボード中央に配置できる。
あ、名前は適当ね。Identity Fragmentsとかそんな名前。
これは終了時に得点になるのと、小・大どちらかが涸れた後に再度配置を起こすとゲームが終わる。

点数を稼ぐ手段は他に、手番中に相手のエッセンスを除去する、個人ボードアクションのアクション1つを全開放する、吸収アクションで4意志力以上手に入れる、感情カードにエッセンスをマックスまで配置する、のいずれかを達成すると1点、2つ目以降は2点が入る。
それらを狙って点数を稼ぐか、要塞化や目標達成で断片を配置して点数にするか。

まぁ大体そんな感じ。


とりあえずコンポーネントが豪華!
別料金払ったのでフィギュアが塗装済みだよ!イカス!

さてゲームだけど、まず何が辛いってカードごとに特殊能力があってそれが全てアイコン化されてること。
1ゲームで使うのは1人当たり8種類だから、4人だと32種類。
それぞれに進化先があるので64種類だ!まぁ実際は被りもあるんだが。
このアイコンが分かりづらく、別冊の効果一覧を見ないと判別不可。
慣れれば覚えられるんだけど初見で解読はできんな。
トロワ語ならぬセレブリア語爆誕だ。ツラミレモン。

まぁそれに目を瞑ると、個人ボード解放はまぁ面白ないわけがないし、2人で協力しながら自分のチームのカードを強化してエリアコントロールし、目標達成するのは一体感あって面白い。
強感情のカードは結構壊れ能力が多く、進化したらどうなるかワクワクするのはポケモンチック。
まぁ全部把握してこそのゲームだとは思うんだが、どうなるか分からないのもまた一興。
流石に直前には調べるけどね。

相手のエッセンス除去ってのもあって殴り合いっぽいが、そのコストは重く、手番のカード補充パスしないと手に入らないくらい。
それ以外にも使い道があるのでどう使うかも悩ましい。自分は補充パスしておいてパートナーに使ってもらうのもペア戦ならでは。

あ、あと自身が担当する感情、要はプレイヤーコマと個人ボードに対応する感情にも個別能力があるが、これは可愛いくらい弱い。
感情カードの能力に比べたらおまけみたいなもんだ。
今回自分が担当したのはハーモニー(調和)で、能力は手番で個人ボードのアップデートを2回行えて、2回目はアイコン無視で好きな色のヴァイブストークンを置ける。
まぁ早期に能力フル開放しろってキャラだね。そのために手札増やせよと。
ペアだったNEZさんの能力はプレイヤーコマに隣接するカードからはエッセンスを除去できなくする、とかそんな感じ。

アナクロニ―と比べると、ワカプレではなく移動と強化の繰り返しで、好みの分かれるデザインだとは思う。
個人的にはアナクロニーの方が好きだな。個人ボードの発展の自由度もあるし。
このゲームの主題はどこだろうと考えると、チーム戦による役割分担なのかなぁと。
目的達成を目指しながらどのエリアをどちらのプレイヤーが担当して強化していくか、とか。
正直まだ1回遊んだだけじゃ掴み切れてない気もする。

面白いんだけど、アイコンのこともあって敷居は高め。

今回、目標達成が上手くいかず、要塞化も軽んじてたら、相手チームにどんどん大断片建てられて。
最終ラウンドになりそうだったから、せめて小断片だけでもと要塞化繰り返して小断片使い切ってトリガー。
流石に大と小の得点差で離されて負けました。
目標達成大事だわー。あと途中点も馬鹿にならない。

うーん、もう何度か遊んでみたいな。
インストで1時間超かかってるが、プレイ時間は2時間ちょいくらいだったと思う。
そのうちカードの効果確認してる時間も結構長いしね。プレイ自身は短め。

IMG_5586
それにしてもコンポーネントの豪華さには目を奪われる。
負の感情キャラの造形が好きです。

結果:レン&NEZ 24、ナカイ&tetu 37〇


ここでNEZさんは帰宅。

IMG_5588
「スリーバイエイト / 3 x 8」 Christian Fiore, Knut Happel作

持参初プレー。ドイツ語読みだとドライなんたらだろうが気にしない。
評判いいのでイエサブにあったのを買ってみたよ。

カードは0~109のカードとブロックカードが何枚か。
自分の前に4列あり、1列にカードを8枚置けたら得点化。
3列得点化したら勝ちだが、得点化済の列も列として数えるので自由度が減っていく。

手番ではカード出すか、手札上限増やすか、ブロックカード使うか。
出したカードは任意の列に置けるが、各列昇順になるカードしか置けない。
同じ色のカード(10刻み)は同時に出せて、補充も同枚数。
カードを配置した後、今置いたカードを含む複数枚を他の列に移動させても良い。
複数列に分けて置いても、後から大きい方にカード出せれば合算できる。

手札は最初4枚だが、手札上限増やすアクションをすると、場の補充用札3枚を流して、1枚を新しい補充用札か山札トップから補充して、手札が1枚増える。

ブロックカードは相手の列の最後のカードと色が同じ物を使用でき、相手がその列に置ける次のカードを制限する。
大体直近20~30を出せなくする感じ。
これ使うとそのあとに2枚補充するので、実質手札1枚増える。
つまり殴り合えっていうデザインですね。分かります。

このカード出しては移動させて重ねていくのはかなりシステマティック。
あとは同じ色を集められると強いので、手札上限をどこまで増やすか。
極論手札増やさなくても同じ色さえ集められれば毎回4枚出しすることも可能で、その期待値を上げるために手札を増やす。
ただし、思った以上にゲームの進行は早く、差がついてしまうと追いつくのは困難。
なので出遅れないようにカードを出しつつ手札増やしたりブロックしたりを選択する必要がある。

大きいカードを抱えていれば8枚並べるのは結構簡単で、正直ブロックカードの有用性をあまり感じない。
数字20くらい飛んでもそこまで痛くないので。
移動も制限するので4列埋めてる人に対して移動もできないようなカード出せると強いんかな。

うーん、正直思ったほどの面白さはなかった。
システマティックな部分はシステム派としては好みだが、ドライな感じは好みが分かれると思う。
何に似てるかと言われるとスキップボーかもしれないw。

結果:レン 3〇、tetu 2、ナカイ 1






IMG_5589
「アンギャルド / En Garde」 Reiner Knizia作

初プレー。遊び逃してたシリーズ。
tetuさんがイエサブ行った隙に2人で。

まぁこの二人なら最初から上級ルールで良いかと。

手札からカード使って、その数移動するか、相手との距離に等しいカード使って攻撃。
上級なので同じ数字2枚使っての強攻撃と、前進直後にもう1枚使っての前進攻撃も。

相手は攻撃されたら同じ数字を出してパリィするか、前進攻撃に対してはカード1枚出して後退する。
パリィは返す刀で攻撃できるが、後退は手番消費。

パリィされると同じ数字もう1枚使われて攻撃されるので、同じカード複数枚持ってないときに攻撃するのは諸刃の剣。

今回捨て札公開でやったが、何が残ってるか考えれるのでいいな。

山札切れた時のルールがちょっと分かりづらいな。

まぁ悪くないけど、ちょっと好みではないな。クニツィアらしいドライ感。

結果打ち切り:レン、ナカイ






IMG_5591
「レストラン / Restaurant」 Roland Siegers作

持参初プレー。

前半はボードに並べられたカードを集めていく。
最初は外周のどこかを1枚取り、コマを置く。
次のプレイヤーはその隣接マスを取りコマ置く、の繰り返し。
100~600までの得点と、もう1枚めくれるダブルカードと、もう1枚どこでもめくれるジャンプカード。
また、相手から1枚ババ抜きできる日替わりランチカード。
得点カードの中にRESと書いた予約席カードがあり、これを持っていれば盗られなくなる。
が、3人戦だと2人があっという間に予約席手に入れて、それ以降日替わりランチがただのごみなのが気になる。
袋小路で動けなくなったら前半終わり。得点集計。

んで後半。
今度は取ったカードと置いたコマを使ってカードをコマの下に配置していく。
得点カードを置けばそのコマの持ち主の得点になるので、当然自分の所に点数を置きたい。
1枚目は外周に、以降は隣接にってのは同じ。
ダブルカード置けばもう1枚置けて、それ自体は0点。上手く他人のコマを踏み台にしたい。
600のカードはボード中央の色の違うマスしか置けない。
如何に相手の中央のコマを無駄遣いさせるか。
なお予約席カードは得点が倍。引いたもん勝ちやな。

誰かが手札置ききるか動けなくなったら終わり。
手札に残った得点カードはマイナス点になるので、前半得点取りすぎるのも考えもの。
といっても運だからな!

うーん、運だねw。
今回tetuさんがこれでもかってくらい600点カード回収して、前半稼いだものの後半使い切れなくて撃沈。
ナカイさんは前半ほとんど得点取れずに沈んで、少数ながら600の予約席取って置けた自分が勝ちました。

オリジナリティはあるんだけどなー。なんか惜しい。

結果:レン 4800〇、tetu 3100、ナカイ 400





IMG_5592
「ボードゲームタイムライン」

持参初プレー。ゲムマでのフリマの購入特典。

ボードゲームでタイムライン!面白くないわけないね!
BGGのランキングベースに作られてるので、すごろくやのよりマニア向けだと思う。

まず年号でやったが、知ってるタイトルだとほとんどミスらないね。
知らないアメゲーが難所。

んで次にBGGランキング順。これが面白かった。
そんなの正確に覚えてないから、主観でこれぐらいだろと入れて撃沈するw。
特に50位以下とか全く分からん。笑う。

箱の重さは結構簡単だった。あと箱の横幅とBGG評価数があるけど、まぁどっこいどっこいだろう。

いやぁいいね!これのために6000円出したと言っても過言ではない。

結果不明:レン、tetu、ナカイ



IMG_5593
「NLT - No Later Than」 倦怠期

先日に続いて。
これはいいゲームやで。
tetuさんも案の定気に入った様子。

逆にナカイさんは苦手だろうなと思ったら案の定w。
早々にギブアップされましたw。

結果不明:レン、tetu、ナカイ



IMG_5594
「ビットコインハッカーズ / Bitcoin Hackers」 Antonio González作

持参初プレー。ゲムマで買った謎のビットコインゲー。

手番ではカードを1枚出すが、これによって2つのことが決定される。
1つは次に出すカード。2+とか4ーとか書いてあり、次は2より大きいの出せよ、4未満出せよと指定。
もう1つは次に出すプレイヤー。
プラスのカードは反時計回り、マイナスのカードは時計回りに、その数字分数えて次のプレイヤーが決定。
自分自身になることもある。
今回は3人プレーなので3の倍数が自分自身。
4人なら麻雀の応用で分かりやすいんだけどな。三麻には慣れてない。

手札出し切ったら勝ちだが、出せなかった場合今までに出されたカードの枚数割る2を山から引く。

あとは特殊カードで、隣のプレイヤーにドローさせるカード、これは同じ数字の正負同時捨てで防げる。ファイヤーウォール!
あとは手札が一定枚数以上の時に公開して手札半分捨てるカード。弱者救済だろうな。
マスターキーはワイルドです。

1ラウンド勝つとブロックチェーンカードが貰えるよ。3枚で勝ち。
この取って付けたようなビットコイン感w。

うーん、普通w。ビットコインとは。
デザイン的にマトリックスカードゲームって言われても納得するで。
3の倍数どれだけ引けるかのゲームな気がする。3人だと。
まぁゆるーく遊ぶにはいいのではないかね。
なんとなくアドルングのパルスを思い出すね。

BGGで良い評価付けてるのスペイン人ばっかで怪しい!

結果:レン 0、tetu 1、ナカイ 3〇



これにて終了。



IMG_5595
まんだらけ近くの小さい寿司屋へ。
味は悪くないけど量がいまいち。注文から結構時間かかったので追加するのも忍びなくてな。

11/30 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。
ゲムマ戦利品をいくつか持参。

それにしても毎回思うが遊戯王テーブルクロスが視認性悪い。
違う席使えばいいんだが、配置上ねぇ。
今度店長に提言してみよう。



IMG_5576
「NLT - No Later Than」 倦怠期

持参初プレー。
今回ゲムマで数少ない事前情報見て勝った枠。

3つのパーツのうちカードに描かれた2つのパーツだけを使って、
上、正面、横のそれぞれから見た図に合うようにパーツを組み立てる。

ただそれだけなんだが、これが非常に難しく面白い。
難易度的にはウボンゴ3Dに匹敵すると思う。
たった2パーツでこれは凄い。
2パーツだと組み合わせなんてそんなに数がない気がするんだが、全然できない。
たまに積むというよりは立てかけるだけのもあったりで意表を突かれる。

これはいいゲームだなぁ。傑作。
高難易度の3ピース版お待ちしてますw。

下手にルールにこだわらず、先取り4枚勝利のシンプルにしたのもいいね。
面白かったのでしばらく続行しましたが。

結果:レン 7、オオヤ 8〇、にわとり 4



IMG_5577
「アンティアゴ・デ・コンポステーラ / Santiago de compostela」 四等星

持参初プレー。テーマ買い。キリスト教三大聖地の一つ。クイズベタ。
ファイナルバーガーのmor!さん作品。

基本は東海道のようなどこまで進んでもいいけど最後尾が手番だよ式。
止まったところのカード取る点ではツタンカーメンか。
カードは1~9までで数字が枚数。
特徴といえばプレイヤーコマ(カードだけど)が2つある点と、同種カードが連続していたらまとめて取れる点。

最大の特徴は得点計算。
取ったカードは自分の前に横一列にして並べ、同種は積むが新種取ったら左か右の端にくっつける。
ラウンド終了時、最も右端のカードから順に得点計算。
「そのカードの枚数+全部で何種類あるか」がそのカードの数字以上なら1枚を得点化で数字が得点。
そうでなければ1枚捨てる。
これを右端から左端に適用していき、左端までいったら再度右端から。
なので1種類を多く集めるよりも、手広く集めるよりも、適度の種類を適度の枚数集めるのが強い。
具体的には3枚ずつくらい、6種類くらいがちょうどいいのかな。

配置位置は最後の1周で変わってくる。
基本的には数字の高いカードを得点化したいので、数字大きいのを右に、小さいのを左に付けてれば問題ないと思う。

なかなか個性的な得点計算だが、初見では分かりにくいかな。
理解できてなかったオオヤさんにほぼダブルスコアで勝利。
個性的で面白い得点計算なんだが、ゲーム全体の面白さに直結してるかは疑問が残る。
同種をマジョリティ取ったりと多く集める必要がないので、取り合いがあまり起きない。
2人プレーだったのもあるが、お互い必要な分だけ取っていって、住み分けられてしまう。
ワイルドカードとゴールボーナスくらいかな。急ぐのは。
1、2枚だとほぼ確実に全部得点にできるのであまり小さい数字を取る意義も薄いし。
種類増やす旨味はあるんだが、全種取る意味はないので1、2取るよりは3、4取った方が美味しい。
まぁそこを全員が共有してれば取り合いになるのかもしれんが。
あとゴールボーナスの並び替えは正直無意味。
もう一声欲しかったかなぁ。

もう一個個性的なのは、初期でプレイヤーカードをスタPが好きに並べて、
隣のプレイヤーから順に選んでいく切り分け問題。
手番の並びを取るか、最初に貰えるボーナス数字を取るかなんだろうけど、その並べ方をプレイヤーにぶん投げてるので、ちょっと大雑把。
大きい数字が強いかというとそうでもない。どうせ後で取れる。
3、4あたり取っておくのが無難か。

2ラウンド制だが、1ラウンド目と2ラウンド目に一切得点の変更などがない。
作者によれば同人ゲームは1回遊んで終わりが多いから、強制的に2回遊ばせるようにしたとのこと。
だけども今回は1回で打ち切りました。同じならいいかな、と。卓の都合もあったので。
せめてゴールボーナスくらい変更欲しかったな。

2人だったから余計淡泊に感じた気がする。
3人で遊んでみたい。

結果:レン 127〇、オオヤ 59


IMG_5578
「10 Minute Heist: The Wizard's Tower」 Nick Sibicky作

持参初プレー。これはゲムマでなく駿河屋。
輸入盤流通するからか駿河屋で訳なしが1000円くらいだったので購入。

5×8に並べたカードが塔を表していて、最上階からスタート。
手番では同じ階か下のいずれかの階にあるカード1枚取ってそこにコマを動かす。
上階には戻れません。またもやツタンカーメン的な。
同じ階なら牛歩できるのでそれも作戦。

カードは色と数字と、アイコンが描かれている。まぁアイコンと色はほぼ一致だが。
最終的に各アイコンで数字の合計が多い人、各数字で枚数が多い人、呪いの少ない人にボーナスが入る。
あとは最初に脱出した2人にも。
逆に呪いの多い人や最後に脱出した人はマイナス点。
一応点数付いたカードもあるが、1枚2枚くらいなので得点源はほぼそれ。

黒いカードは特殊カードで、数字やアイコンが複数付いていたり、ワイルドアイコンだったり、得点付いてたり、特殊効果あったり。
言語依存あるけど、ほぼ公開情報だから並べてから解説で十分。

なるほど確かに10分で終わるな。
数字優先するかアイコン優先するか悩ましく、また数字の決算は345しかないので6以上の数字はアイコンの合計値には影響大きいが数字の決算には影響しないのがよく出来てる。
ただまぁちょっとシンプルすぎるな感はある。

今回ワイルドアイコン2つが最上階に2つ並んでいたので1番手2番手がそれを取る。
全部のアイコン決算で+2は流石に強いぞ。
番手補正ないのはどうなのか。

5人まで遊べるんだが、5番手人権なさそう。
まぁだからこそ先の階に進むかの選択を問われるんだろうが。

まぁ手軽なゲームとしては悩ましくも有り、悪くない。
箱小っちゃいしね。

結果:レン 13、オオヤ 14〇、かぶ 9






IMG_5579
「フック! / Hook!」 Marco Teubner作

持参初プレー。

3つの穴の並びが違う3枚のタイルを持ち、各自自分のデッキからカードめくって穴からアイコン見えるようにタイル1枚を配置。
オウムが見えればカードを得点化、海賊見えたら該当する海賊プレイヤーに1ダメージ、樽や鳥籠はダメージ無効、薬は回復、爆弾は全員にダメージとかそんな感じ。

正直微妙だなぁと思ったが、あれ…ルール間違ってたわ。
自分のめくったカードに対してやってたが、誰のめくったのでも早いもの勝ちだった。
急ぐ意味がないなぁと思ってた。そりゃそうなる。
いやぁ失敗失敗。すまんね。
またリベンジします。

あと3人だとほとんどダメージ来なかったので、人数多い方がよさそう。

結果:レン 6、かぶ 8〇、オオヤ 8





ここで終了。マジスパへ。



IMG_5580
「トポロメモリー」 宮﨑雄 作

初プレー。かぶさん持参。Raelさんにも薦められたやつ。

山からカードめくって、場にトポロジー的に一致するカードがあれば、その2枚を両手で叩く。
トポロジーとはなんぞやはまぁググってくれ、
手早く言うとパーツ数とそのパーツの穴の数が同じなら一致と見なす。

最初は混乱するが慣れると楽。
まぁ思いついて作ったもの勝ちのゲームだなw。
面白いが、一発ネタだな。寿命は短い。
ルールについては特に工夫もないが、それでよい。

ちょっと面白いのが漢字やひらがなのカード。
文字をトポロジー的に見ることなんてなかったから新感覚。
いっそこれだけでゲームにしたい。

国内でクラウドファンディングやってたらしいが、全く知らなかったわ。

神経衰弱ルールもあるらしい。

結果:レン 10〇、かぶ 8、ニート 8



IMG_5581
終わったくらいでちょうどカレー来たよ。

11/25 ゲームマーケット東京2018秋+α

さてゲムマ記事。

先に言っておくが内容薄いよ。ノープランで行ったもんで。


ナカイさんの都合で、朝一で愛川をお先にドロンして。
笹親父さんもゲムマ行くか迷ってたようなので行くなら乗せてくよと同行。
ナカイさんを最寄り駅に下ろして、東へ。
やや時間あるので笹親父さんの自宅に寄って荷物降ろして。

IMG_5541
昼飯は自分の希望で家系ラーメンの大桜。
神奈川居た頃よく食べてた好みの味です。
好き嫌い分かれるだろうが。


大桜は神奈川にしかないので、一旦東京出て親父さんの家寄ってまた西へと往復ルート。
そんなこんなで13時過ぎに会場へ。
近くの駐車場ないようなので有明テニスの森らへんに停めてやや歩く。

カタログも買ってないし、一切下調べしてないからまず会場ホールが分からんw。
適当に歩いて、適当に着いたw。


IMG_5542
看板派手になったね。
何年ぶりかしら。
調べたら2016秋に来てたので2年ぶりか。2日開催になってからは初。
以前は神奈川に住んでたのもあって毎回来てたんだけどなぁ。
すっかり同人に興味なくなってからに。


とりあえず目当てはフリマブース。
いいゲームは残ってないだろうが、目当てはヤバそうなゲームですw。
といってもお金には限界あるので、安くてヤバそうなの探す。
一通りすーっと見て、かくてさんや一味さんに挨拶したり。
出展者側も3分の1くらいは知ってる顔でしたね。
流石に自分は忘れられてそうだけど。

最初に買ったのはモンテーニュの旅だったかな。
メモで7点ですよって言われたけど、後で見たら6点だったよ!
とりあえずナカタさんに会ったのでメモで7点ですよって言っておいたw。
喋ってたらしゅだっちさんとyskさんも来てなんと濃い面子w。

中古ブースではホビーオフが大きな手提げ袋売ってました。これは嬉しい。
しかも100円。欲がないな!
だがしかしホビーオフブースはちょっと値段高め。Raelさんも店長に言ってたけど。

一通り見て、今度は会場をぐるっと。
特に試遊もする気なくて、中古探すのと、何かヤバそうなのないかなとw。
アミノ酸トランプは一瞬惹かれたが、チラシ見た感じルールに工夫はなさそうだったのでスルー。
メンマさんのブースでまた中古見て、気になってた同人作品も少し購入。
バルーンポップのゲムマ限定デザインって言われて買っちゃう小市民。

久しぶりに来たが会場広いねぇ。
これであと1日分あるってんだから大きくなったなと。

ネスターブース行ったらけがわさんとキノさんにあっちにネスターいるから買えばサイン貰えるよと。
んじゃ買おうとオナガーを購入。サインしてもらいました。やったね。
レン「ヤバラスは自分の中で最高のアブストラクトゲームだよ。」
ネスター「ありがとう。でも今日はもう売り切れちゃったみたいだよ。」
レン「もう持ってるよ!」
みたいな会話しました。

あとはバネストで無慈悲箱漁ったり、お手玉投げのやつ見学したり。
ソクラテスラ気になってたけど土曜だけみたいで残念。
まぁすぐ売り切れたみたいだけど。
書泉も漁ったけど特に気になるのはなし。

そんなこんなであっという間に時間は過ぎて。
終了間際はフリマブースとメンマさんブースをうろついてました。


IMG_5543
結局鞄いっぱいになったよ!
ワタルくんが持ち帰りたくない一心で大胆な値引きしてくるのでこれは答えてやらんとなと。
あとは彼葉さんの所で500円の小箱を適当に拾って。
隣にいた方は面識ないけど小箱マイスターの方かしら。

中古で悩んで止めたのはアインシュタイン&Co.3500円とグリーンランド4000円。
ひだりさんの所で6000円買ったらボドゲタイムラインくれるっていうのでやや無理して買ったり。
色々他にも後ろ髪引かれるのはあったけど、人の車で来てるし鞄一個がマイルール。

終了後、Raelさんとおずさんとベローチェで閑談。
ツイッター見てたらふうかさんもベローチェ来てるようだったのでRaelさんが声かけて、帰り際に少しだけお話。
まぁ会場でも会ったんだけどねw。


IMG_5544
ひだりさんとこでやや無理言っておまけでつけてもらった台湾かどこかの100元ショップのゲーム。
何故かタイトルは日本語。製造元もMINISO JAPANってなってるが本当か?


IMG_5545
中身はフル中国語の言語依存ゲーでした。遊べねぇw。
読んだ感じ机の周りを走るとか10秒間叫ぶとか読めたのでバカゲーっぽいが。
なんか向こうの漫画のキャラみたいだが、分からん。
以前貰った三国殺と一緒に積んでおこうw。


とりあえず先に戦利品。


IMG_5556
こちらは中古。

謎のビットコインゲーとか買わいでか。
ドッペルXは1500円。安かったら欲しかったのよね。
Mecanisburgoは書泉で3500円くらいだったのがメンマさんブースで1500円だったので購入。
どんなゲームかは知らないよ!
ロシア語のやつは以前エッセンで遊んだアブストラクトのロシア版。
安かったら欲しいなと思ってたんだけど、安くなかったけどボドゲタイムライン目当てで購入w。
Rise of Empiresとか遊ぶ当てがないんだけど、2500円なら買おうと。

IMG_5557
同人というか新作はこれだけ。
あ、左下のは1枚目の入れ忘れ。謎ゲー。

No Later Thanは気になってたパズルゲーム。倦怠期のゲームは購入待ったなし。
サンティアゴ・デ・コンポステーラはテーマが気になったので。
ゴモジンはここで買わなくてもすぐに他で買えるんだが、まぁ買っておくかと。
彼葉さんの所に持って行ってサインくださいって言おうかと思ったけど忙しそうだから止めておいたw。

あとデザイン気になってたダイス使ったトリテのやつとかは売り切れてたな。


毎回思うんだけど、やっぱりブースが多すぎてどれがいいゲームなのかが分かりづらいよね。
面白さより宣伝力が上に来ちゃってて、無名の良ゲーは埋もれてしまう。
まぁだからこそ同人避けるようになった訳だが…。

もっと試遊する時間があるといいんだけど、中古勢にとっては良い物を安く買えるか一分一秒を惜しむので中古目当てだと試遊に割ける時間がない。
2日来れるならまだしも、遠征で1日参加だと余計にね。

試遊オンリーの日があってもいいなとは毎回思ってる。
秋葉とかで直前試遊会してるが、数が少なさそうなので。
限られた中から遊ぶのではなく、数十数百の中で自分が気になったゲームを試遊できると良いのだけどね。
まぁ東京で開かれても行けないけど。

フリマブースの総評として、値段が高いブースが多かった。
法外ってわけじゃないんだけど、相場過ぎる感じ。
その値段で売られても別にここじゃなくても買えるってのが多くて手が出ない。
売れ残ってるブースも多かったな。
まぁ損しろとは言えないからしょうがないけども。
終了間際でも値引きしないブースも結構あったので、元々売れなきゃ売れないでいいくらいの持ち込みだったのかしら。

フリマ特有の持ち帰りたくないから格安にするけど、買う側も既に荷物一杯だから安いけど買うか迷う感じが非常に好きですw。
そんなわけでワタル君ありがとうこの野郎。

ちなみにそういう場合大体買った方が良い。後からその値段で買わなかったことを後悔するので。
クローズドフリマのウォーターディープ2500円とか地獄の窯3000円とか未だに悔やんでるからな!

そういや整理列でひと悶着あったらしいけど、そこらへんは朝からいた人に聞いてね!



さて終わって。

ベローチェで話してたらRaelさんお得意のセールストークで美味いうどん屋があるんだよと。
なんでも昔一見さんお断りでとある公園の屋台で出してたんだけど、店主がバンドマンで放浪癖あってふと姿を消したのをテレビの企画で探して店を持たせただとか。
まぁそこらへんはRaelさんトークなのでかなり盛られてるんだろうけどw。
後からそこまでかなぁと思うこと多いけど、分かって騙されるのが楽しいんですよw。
そして大体予想してたが、「俺ん家の近くにあるんだけど」とw。やっぱりなw。
おずさんもノリで動く男なので、よし行きましょうとRaelさん乗せて車でたまプラーザへ!


IMG_5546
てなわけでやってきたのは夢吟坊。
なんかこの道通るの今日三回目なんだけど、とw。


IMG_5547
Raelさんオススメの角煮うどんにかきあげを添えて。
後は自分の好みでナス天とイカ天。

確かに美味しかった。
バラバラに盛られた珍しいかき揚げも、後半だしにとろろ昆布入れて一気に濃くなる味も良し。
でもまぁ自分舌が馬鹿なのでそこまでの感動はなかったかなw。
繊細な味って分かんないんだよねぇ。味濃い物ばかり食ってるから。

ちなみに値段は千円ちょい。コスパはかなり良し。


食べ終わって、Raelさんを自宅まで送って、二人で万葉の湯へ。
来るまで思い出せなかったが、以前トシさんやkgwさんと来たところだった。
それなりに疲れてたので風呂入ってすぐ寝ようと思ったが、思わず代紋TAKE2を10巻ほど読んでしまって3時過ぎに。
9時頃まで寝たけど、前の席の人の歯ぎしりがすごかった。
起きてる時に歯食いしばってもあんな音鳴らないぞ。そりゃ擦り減りもするな。

12時まで居れるので、しばらくのんびりして。また代紋TAKE2読んで、出発。



さてこの日の予定はまるでないよ!

おずさんとどうしようかと話して、菊名のDDT行こうとしたけど調べたら定休日。
昼飯もどうしようかとなったので、それならとまたもや前日にRaelさんに美味しいと聞いてた浅草の寿司屋へ!
片道2時間くらいかかるけど気にしない!この道4度目!


IMG_5548
てなわけでやって来ました浅草。
二人とも観光興味ないから土産屋ちらっと見ただけだけど。


IMG_5550
来たのはまぐろ人雷門前出張所。
回転ずしチェーンなんだけど、ここの店だけ立ち食いカウンター。

IMG_5549
一貫単位で80円から500円台まで。
確かにどれも美味しかった。
特に美味しかったのは中トロかな。
普段マグロ好きじゃないので食べないんだけど、頼んでみたら美味かった。
価値観変わったね!まぁほぼ食わず嫌いみたいなもんだったんだろうけど。

お会計は3000円ちょい。
この後焼き肉行く予定なのでお腹空けておきたいんだけど、美味しいと我慢ができないw。

さて、浅草後にしてまた2時間かけて、この道5度目w。


IMG_5552
目的地はさがみ野天龍。
以前この近所に住んでて、会社の先輩に教えてもらった店。
去年の合宿後にも来たよ。
仕事終わったナカイさんと合流して来店。


IMG_5553
なんと言ってもハラミが美味い。
癖がない!味が濃い!ジューシー!ここより美味いハラミを知らない。
他の肉ほぼ頼まずにハラミばっか食ってました。
なんでこっち住んでた頃にもっと来なかったんだろうなぁ。悔やまれる。



IMG_5554
へへへ、飯テロ飯テロ。
あぁまた食いたくなってきた。自爆。


腹も膨れて満足したところで、帰路へ。
高速乗って帰りました。行きは混んでたけど帰りは時間遅いし平日だしで空いてた。
行きはほとんど寝てたけど帰りは半分くらいは起きてたよw。
まぁおずさんとナカイさんが難しい話してるから特に入らずぽけーっとしてたけど。

0時過ぎに自宅前着いて、お別れしました。

おずさん長時間の運転ありがとうございました。総距離1000km!
遊んでくれた方、ゲムマで会った方もありがとう。


次は12月末のよち犬さん宅会と1月頭の草場邸に行くよ!

そして半分以上飯についての記事になったな。うん。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ