ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

4/30 ファミボド日進@日進

ファミリー層の取り込みに成功して実はいつの間にか参加者50人規模になってて愛知県最大級のボドゲ会になってるファミボド。

ファミリー層多いのでインスト要員も多く必要ってことで行ってきましたが、
ヨコイさんに太陽皇子さんやらねくろんさんやらマジックマさんやらインスト勢も多く参加してるので手は足りてた。

ちょっと体調良くなかったので椅子に座って休んでる時間が多かったです。
あ、感染ったりしないよ。肌の調子がほとんどでそれによる寝不足と。

なので自分でゲームはせず、インストの手が足りてない隙にちょちょっとインストするくらいでした。

IMG_1907
公民館のホール直結のスペースなので目を惹くし、ガラス張りで明るくていい場所。


BlogPaint
女性や子供が多く非常にいい雰囲気の会です。


IMG_1909
「キングドミノ / Kingdomino」 Bruno Cathala作

唯一インストしながらプレーしたのがコレ。
非常にシンプルながらボードゲームした感があってやっぱり優等生。
優等生過ぎる気もするけども。



一般開放された会なのに非常に参加者に恵まれてるなぁと思います。
おやこボードゲームひろばも一般開放しようかと思ったけど、癖の強い人とか来るとファミリーの居心地悪いかなぁと思って止めてたり。
杞憂なのかなぁ。



あとはライトなゲームインストしてたくらい。
子どもらの吸収力は凄いね。

そんな感じでした。おしまい。


4/29 レン楽会~重ゲ会@北名古屋

中規模クローズ会のレン楽会。
今回は重ゲ会でインドネシアをやるのが目的。

人数は8人くらいだったかな。



IMG_1898
「タップル / Tapple」 USAopoly

人が揃うまでの暇つぶし。
ジャンル決めて、対応する頭文字押しながら単語言っていくワードゲーム。
言い終わったら赤いボタン押してタイマーリセット。
ブザー鳴る前に思いつかなかったら負け。

分かりやすいね。
DDTで遊んでずっと欲しかったのをヤフオクで落札。



IMG_1900
「インドネシア / Indonesia」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

持参初プレー。スプロッター。
重めの経済ゲーム。

製品生み出す製造会社か、製品輸送する輸送会社を経営。
他人と持ちつ持たれつでやるか、自分で両方やるか。

ラウンドはまず競りから。
パスした順に手番が遅くなるリバースオークション。
次に合併フェイズ。ある意味このゲームの肝。
誰でも他人の会社の合併を宣言できるってのが面白い。
んで競り落とした人が新しい会社獲得して、そのお金を元々の2社の持ち主に分配。
ただし合併宣言するためにはそのためのパラメータを上げておかないといけない。
んで、1番手から順に公開された会社のうち好きな会社を取る。
会社増やすためにはスロット増やすか合併して空きスロット作らないと。
んでそのパラメータやらスロット増やすのが次の研究開発。
任意のパラメータを1つ上げられるが、どれも欲しくて悩ましい。
合併宣言する上限数、会社の所持上限、同時輸送数、会社の拡大数、競りの補正。
この競りの補正ってのが1回開発するだけで出したお金が25倍っていう中々ぶっとんでるがw。
んで生産と輸送。
各生産会社はその規模に応じた個数の商品を生産。
ただしこれを売るためには必ず輸送会社を利用する。
自分の会社ならタダだが、他人の会社なら経路1マスにつき相手に5金払う。
近くの都市に売れば基本的には黒字でWin-Winだが、商品は売れる限り売らなければいけないので、遠くの都市しか残ってなかったら輸送費用で赤字になることも。
手番順はここでも重要。
商品が全部売れれば無料で会社が拡大する。そうでなければ有償。高い。
それぞれの生産数や町の需要、手番順、輸送ルートと考えることは多くて悩ましい。
都市への供給は商品ごとに早い者勝ちなので、競合他社がいる場合は手番順を良く考えないと先に売られて潰されることも。

会社をどこまで育てるか、見切り付けて合併させて売りぬくか。
終了タイミングを睨んであと1回売れるかで勝敗が決まるような辛辣さ。
なるほどゲーマーズゲーム。

今回序盤は輸送会社取ったが、早々に合併で売りさばいて、後はひたすら生産会社。
上手く競合いない所を伸ばせたのでかなり儲けが出た。
資金繰りは結構ギリギリ。いやあ辛い辛い。面白い。

結果はなんとか1位。2位は両方の会社をバランスよく運営したニートさん。
なんと25金差。商品1つでひっくり返ったね。
完全に輸送だけだったタクトさんは辛そうだった。ある程度は生産に振らないとだめみたいね。

いやぁ難しいが面白いゲームだった。また遊びたい。
プレー時間は3時間前後だったかな。意外に早かった。
合併で買収されてもお金入ってくるのが救いがあっていいね。
ただしある程度は釣り上げる元手用意しとかないと買い叩かれて損しちゃう。
細かい資金繰りが必要なゲームだった。終盤は電力会社並な。

結果:レン 1550○、ニート 1525、ふしくる 1415、タクト 850



IMG_1901
「六都市同盟 / League of Six」 Vladimír Suchý作

持参初プレー。エッセン戦利品。

5つの都市のどれを取るかを追い出し競り。
ただし追い出されたら隣の都市に移動するには1兵力かかる。
ちまちまやっても泥仕合。移動分だけ損してしまう。
全員散ったら決まりで、入札額に応じて手番順が決まる。
沢山使った方が有利になる。
んで手番順で入札額低い方から、都市に置かれたマーカーを回転させて収入。
マーカーには矢印が1~5本描かれていて、それぞれの矢印が指した資源や兵力が取れる。
当然矢印多いところほど競りが熱くなる。
次に手番順で入札額高い方から資源を使って収入を得る。
メインボードに並んだ売却列の好きな列を指定。
自分でその列に置けるだけ置いて、埋めたマスのお金を獲得。
埋まらなかったマスは時計回りに他の人が置いていく。
全埋めボーナスもあるので、高いマスで売るか、全部埋めて稼ぐかよく考えて。

ふむ、なかなか面白い。
優劣のはっきりした競りと、移動コストの悩ましさ。
どの資源取るかも手番順と売り順考えてで悩ましい。
いいゲームだが5人はちょっと多く感じた。4ベストかな。
列が埋まりすぎる感じで。

結果:レン 60、タクト 46、ふしくる 50、ニート 67、中井 68○



IMG_1902
「そっとおやすみ / Schlafmütze」 Markus Nikisch作

息抜きに。ノリで遊ぶのが楽しい。



IMG_1903
「ボーナンザ20周年記念版 /  Bohnanza: 20 Jahre」 Uwe Rosenberg作

持参初プレー。
6豆が2種類あって選択して入れる。
片方は普通だが今回使ったのは特殊な方。
2枚で刈り取って、プレイヤー人数+1枚山から引いてそれをドラフト。
好きな1枚を取って植えるか捨てるか。最後に余った1枚は刈った人の得点に。
なかなか運ゲーで楽しいんだが、6豆自体は捨て札になるのでラス山になっても6枚残ってるっていう。
んでドラフトするとあっという間に山枯れて。しかも6いっぱい。
これダメじゃね?

というわけで一発ネタです。あかん。

結果:レン 10、ふしくる 10、ニート 9、中井 11○、タクト 9



IMG_1904
「アウグストゥス / Augustus」 Paolo Mori作

通称ローマビンゴw。
いや、結構好きよ。

親が袋から引いた絵柄にコマを載せて埋まったらアヴェカエサル!
マークによって数が違うのでどのカードを取るか、コマの上限数があるのでどこに注力するかが悩みどころ。

いいゲームなんだけど、大箱のくせに小箱に入りきるコンポーネント量なのがねw。

全然そろわなくて散々でしたw。

結果:レン 21、タクト 19、ニート 54、中井 60○





IMG_1905
中華食って解散!
重ゲ会は充実感あるわー。

4/26 フレボド@御器所

魚会の日だけどお仕事で。
一応終わり掛けに行ったけど特にゲームはせず。



IMG_1881
とりあえず二次会の中華。


からのフレボド。



IMG_1882
「テキサスホールデム / Texas Hold'em」

この日は東京からにゃかのさんが来てたので道具がやや豪華ですw。
結果はフレイさんのブログ参照。



IMG_1883
「八八」

温玉さんのセット使って八八。
役表が真っ黒でくっそ見づらいw。
緑地コピーでこうなったと。カラーコピーしようよw。

途中達磨貰うも、全額返済したぜ!

手悪くても光札多いとどうしても行きたくなっちゃう罠。
んで案の定ボコられるw。

八八楽しいなぁ。



おしまい。

最近車行動なのでフレボドも日付変わるまで居れて便利。

4/22 おやこボードゲームひろば@北名古屋

おやこボードゲームひろば。

親子に教えながら自分もちょっとだけ遊びます。



IMG_1859
「Rapidoodle」 Spin Master Ltd.

持参初プレー。米尼で買ったやつ。
全員共通のシートを透明なボードの下に敷いて開始。
シートにはハートやら四角やらの同じ形が4つ描かれている。
それらを下敷きにして、絵を描く。
んで公開して採点。
誰かと被ると得点なし。分かりやすいね。

一緒に遊んだ親子のお母さんとハートから描いた猿もクローバーも被るw。




IMG_1863
「リベリウム」 ウォーロードゲームズ

気づけば温玉さんがどこかしこで立ててるリベリウムw。
特に勝負するでもなくもくもくと組み立ててるので一緒にやるw。
これ系のバランスゲームはどれだけ積めるかの協力ゲームとして遊んでもいいよね。
テコの原理考えないといけないので低学年には難しい。
見た目はすごくいいね。あとは値段…。



IMG_1867
「オンザドット / On the DOT」 Dominique Bodin作

ドットの描かれた4枚の透明な板を重ねてお題の形を作る系。
Q-bitzとかナインタイルと同じ系統だが、いらないドットは他のドットの下に隠すってのが中々難しい。
小学校低学年ではちょっとできない。5年生くらいは得意な子はハマる。
4枚の向き、順序、裏表っていう3次元的な発想がいるのよね。



IMG_1868
「怪獣の雄叫び / Roar-a-Saurus」 Jack Darwid作

初プレー。太陽皇子さん持参品。

リアルタイムゲー。
ダイス3つ振って好きにキープして振り直し。
3つ揃ったら対応する叫び声を叫んで、攻撃。
左に攻撃、右に攻撃、全員手を止めて全員に攻撃、回復。
当然全員に攻撃の目は出にくい。
4ダメで死亡。

やってることはほぼLCRなんだが、無駄に盛り上がるw。
リグレットダイスとかローラーコースターとか、リアルタイムダイスゲーはとにかく忙しい。

バカゲーだなぁ。楽しい。

回復とか取ってる余裕ないっす。
上級ルールで回復すると特殊能力増えるけどそれでも取ってる余裕ないw。



IMG_1870
「キュージェット / Q-JET 21XX」 Wolfgang Riedesser作

アヴェカエサルリメイク。親子にインストして3人で。
Q-JETってあんまりカード足らなくならない印象だったけど、1人は途中でエンスト。
アヴェカエサルもだがその足りるか足りないかがゲームの肝だと思ってる。
なので抜きつ抜かれつ無駄にしつつが多い多人数が楽しいよね。

3周目までピットインしなかったら3周目のピットインはマストなのね。
補給ルールはアヴェカエサルにはないんだっけか?




終わり。

会全体の報告はるどふぃ~るのブログ見てね。

4/16 tetuさん宅会

tetuさん宅で自宅会。

面子はtetuさん、自分、かぶさん。



IMG_1837
「グアテマラカフェ /  Guatemala Café」 Inka Brand, Markus Brand作

初プレー。
tetuさんの積みゲーを積極的に消化しようということで。
自分も未プレーだったこれをチョイス。

でっかいボード2枚使うのが珍しい。
片方のボードでは共有コマが外周ぐるぐる回りながら止まった列上のコマ1つ選んでアクション選択。
規定歩数しか進めないけどお金払えば追加で進めますよ。
下家を縛ったりとか、次の自分がどこらへんになってどのアクションできるかとか結構考える。

もう片方のボードでは建物建てて、作業員配置してエリア広げて収入。
港に船置いて工場まで道繋げれば収入2倍になる。
当然港から遠いほど収入も高く、コストも高い。
道は共有なので上手く相乗りしたいね。

得点決算も列上のコーヒーコマ選んでアクション選択。
対応する色の建物で点が得られるので他人と同じ色で相乗りしたい。
面白いのがゲーム開始時に決算コマをいくつか持った状態で始まり、決算起こした人が新しいコマを手元からボード上に補充する。
決算を起こす色をコントロールできるようになってる。
手持ちに合わせて多く決算できる建物建てていく。他人への相乗りも忘れず。
あとは決算起きた際に同じ色のコマ捨てることで妨害できるルールがあるが、今回全員これ忘れてて全然妨害起きなかった。
終盤で思い出したので終盤何回かは起きたが。

決算コマと道コマ以外は補充されないのでアクションの取り合いやにらみ合いが熱い。
空いたマスには道コマを補充して、後半ほど道が引きやすくなる。

これは中々面白かった。いいゲーム。
手持ちの色が結構偏ってたので、後半妨害されても打ちたい決算打てたのが強かったね。
勝って満足。

結果:レン 41○、かぶ 29、tetu 18



IMG_1838
「20世紀 / 20th Century」 Vladimír Suchý作

持参初プレー。エッセンで買ったやつ。

資源が2種類あり、お金のようなもの。
2つの競りがあって使うお金が違うのでどっちを注力して増やすか。

最初にフリーゼっぽい競り。
手番プレイヤーが場に並んだタイル1枚選んで競りにかける。
1人何枚でも落とせるが、抜けた順に特殊タイル取れるのでどこまで粘るか。
また同じラウンドで複数枚落とすと受け取らねばらなない廃棄物の量も増える。

全員抜けたら今度はボード中央のトラックで競り。
各列には受け取らなくてはならない廃棄物の量とかが書いてあり、好きな列にコマを置く。
誰かがいる列に置く場合はより高い値段のマスに。
これを全員違う列に置くまで繰り返し、置いたマスの数字分支払い。

そっからタイル配置。
線路をつなげて収入を増やす。
各タイルには複数の駅が描いてあるが、基本的にはそのうち1つだけ選んでコマ置いて収入。
特殊タイルで置くコマ数増やせたり、後から移動できたり。
基本的には赤資源増やすか、青資源増やすか、得点増やすか、廃棄物処理するか。
廃棄物はゲーム終了時に各タイルに2つ以上乗ってるとマイナス点。
受け取る量を減らすのはもちろん、できるだけ処理しておきたい。

赤資源増やせば1つ目の競りでいいタイル取れるし、青資源増やせば2つ目の競りで受け取る廃棄物減らせる。
でもまぁ最後は勝利点比べなので点も取りたい。悩ましい。

今回できるだけ得点を取るように動いてみた。最後には点だしね。
その結果資源不足でかなり苦しかった。
なんとか赤資源だけは少し増やして、タイルは買えるようにしたが、青はほぼ無視で廃棄物を甘んじて受ける。
かなりの量になったが、処理できるタイルも積極的に取って減らす。

結果逃げ切り勝利。
決算カードの4ラウンド目が得点2回入るやつだったのが強かった。
それも考えて戦略練らなきゃね。

これは面白いな。
3人だとちょっと寂しい感じもあるので4人くらいでまた遊びたい。

結果:レン 160○、かぶ 137、tetu 97



IMG_1840
「ドスリオス / Dos Rios」 Franz-Benno Delonge作

かぶさん持参品。初プレー。うちにも積んでるけどw。

アクションポイント使って自分の駒を配置して、2つの川の流れてるマスで決算。
決算対象はマスの種類だったり、どちらかの川だったり。
資源の木を取ることでダムを作れて、川の流れを遮るように置くことで川の流れるマスを変化させられる。
その際にはルールがあって、山、森、平地の順で高さがあって低い所に優先して流れる。
同じ高さなら手番プレイヤーが選んで置ける。

アクションポイントは基本的にはコマ移動。
高いマスから低いマスに移動すれば相手のコマを除去できる。
同じ高さの場合はより多くのコマで。
なので結構殴り合い。ひぇ。

自分の手番までに川の流れが大分変ってしまうので、人数多いと辛いゲームって話は聞いてた。
確かにこれは多くて3人、2人がベストな気がするね。

中々考え方が難しいが予想以上に面白かった。

結果:レン ○、かぶ、tetu


IMG_1841
「クレイジーココナッツ / Crazy Coconuts」 Walter Schneider作

初プレー。

猿のカタパルトでココナッツを飛ばす。手番制。
入ったカップは自分のボードに並べていき、3段ピラミッド作ったら勝ち。
赤いカップなら連続手番。
相手のボードのカップに入ればそれを奪えるってのが面白い。
ココナッツがゴムなのか柔らかく、いい感じに跳ねる。
入ったと思ったら跳ねて出たり、逆に机に跳ねて入ったりと面白い。

これはいいねぇ。面白い。
何度か遊びました。



おしまいー。



IMG_1842
かぶさんと大須でローストビーフ丼食べて解散!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ