ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

12/30 tetuさん宅ボドゲ会

tetuさんが暇でボドゲしたいとのことで集まった人たち。
場所の当てがなくて悩んだけどtetuさん宅が使えるようなのでお邪魔しました。

面子はtetuさん、自分、最上さん、かぶさん。

かぶさんあんた奥さん出産予定日昨日やろww。 
これでゲーム中に陣痛来たって電話かかってきたら伝説になれるがw。


IMG_0842
「アメリカンレールウェイズ / American Rails」 Tim Harrison作

先日バヌアツ2版蹴った時にアドオンでつけたやつ。
tetuさんも相乗りしたのでそちらを。
遊ぶのは久しぶり。3年ぶりくらい?

昔Raelさんが簡易18xxとか簡易スチームとか言ってたけどまぁそんな感じ。
株券競り落として、そのお金が会社の資金になって、線路引く。

最初に1社1枚ずつ競りにかけられてスタート。
アクション選択はアクションと手番順同時に選択。
上のアクションほど弱いが次のアクション選択が早い。
全員選んで解決したら次、を3回繰り返したら決算。
アクションの大部分は会社のお金で線路伸ばしたり収入上げる家コマ置いたり。
特徴的なのは新しい株券を競りにかけるのもアクションの1つなところ。
市場に出てない株券は数に入れずに収入分配するので序盤は独占。
美味しすぎると思えば自分ものっかりに行けばいい。
会社に資金注入するために自分の持ってる会社落とすのも有り。
あと会社によって株券の枚数と置ける線路コマの数が異なるのも特徴。
赤なんかは3株しかないので独占しやすいが、置けるコマ数は少ないので展望が少ない。

今回自分は平均的な会社の黄色と緑を1枚ずつ落としてスタート。
緑は美味しい東海岸、黄色は手番遅めだったので真ん中あたりの隙間産業狙いで。
3つの大都市をつなぐとボーナス収入があるが、距離が長いので難しい。
今回特に線路コマ数の多い白が不人気だったので結局3つ繋げる路線はなかった。

赤い株買って、運営は他に任せてw、自分は緑を伸ばす。
結構おいしくなってきたのを他の人に相乗りされるのも悔しいので自分で落とす。
収入は増えないけど資金注入できるのでまぁいい。 
美味しめの青に自分だけ相乗りできなかったのはちょっと痛い。

結局その緑を主力に稼ぎつつ、他のでいっちょ噛みして。
周りもレンさん勝ったんじゃね?って感じだったが蓋を開ければtetuさんが1位。
流石に自色独占はお金使いすぎたねw。

ボードと株券とキューブしかないコンポーネントでここまで渋くて重いゲームにしてるのはすごい。
欠点といえば終盤伸ばす路線もなくなるとお金取るアクションくらいしか打つ意味なくなるところかな。
久しぶりにやったけどやっぱりいいゲーム。鉄道株式ゲームはこれくらいでいいよ。

結果:レン 174、最上 131、かぶ 185、tetu 191○


IMG_0843
ちょっと休憩して昼食へ。
かつ屋が激混みだったので近くにあったベトコンラーメン。
久々に食べたが美味い。


IMG_0844
「もっとホイップを / …aber bitte mit Sahne」 Jeffrey D. Allers作

tetuさんの積みゲ消化をと。

ケーキの切り分け問題をメインシステムに添えた名作。

11枚のタイルを円形に並べて、手番プレイヤーは人数分に分割。
左隣のプレイヤーから順に1山選んで取る。手番プレイヤーは最後。
取ったケーキはその場で食べて裏向きにして、ホイップの数だけ得点にするか、
食べずに取っておいて、ゲーム終了時に種類ごとに最多だと数字分得点。
あ、数字はそのままその種類のケーキの枚数ですよ。
あとまぁケーキ選ぶときに取る代わりに自分の持ってるケーキ食べることもできるけど、あんまりやらない。
人数多くて最後の分け前が少ないときはたまにやるかな。

そんなシンプルな悩ましさの名作。
ケーキの切り分けゲーは最近増えたけど、やっぱこれが一番シンプルで素直。

結果はtetuさんが勝利。べ、別に持ち主接待したわけじゃないんだからね!!

結果:レン 33、tetu 38○、最上 35、かぶ 28


IMG_0845
「コンコルディア / Concordia」 Mac Gerdts作

これもtetuさん積みゲ。これも久しぶりだなぁ。

手札使って対応するアクション打つが、手札回収するカード使わないと回収できない系。
イタリアマップ遊んだことあったかなと思ったが調べたらあったようだ。

資源払って建築して、そこからまた資源出ての拡大再生産。
得点源はカードなのでカード買わないと点数増えませんよ。
でもカードだけ買ってても勝てませんよ。

今回自分は付近の麦とレンガ押さえつつ、マップの左上を目指す。
みんな下側狙って取り合いだったのでね。
布都市が序盤に取れてないのでカードのコスト安くする執政官(だっけ?)取って。
人増やしてる余裕がなくて右の方にいっちょ噛みいけなかったのが辛かったが。

エリア数も資源種類もいまいち奮わず。カードはいっぱい買ったので点数にはなったがちょっと残念。
最終手番で何とか人3人増やして底上げできたが。
カードこそそこまで買わなかったが、エリアも資源種類もマックスにした最上さんが勝利。
10回以上遊んでるとのことで、流石。自分は5回目くらい? 

久々に遊んだが、やっぱ面白い。

結果:レン 114、最上 121○、かぶ 119、tetu 98 


IMG_0846
「トリックス / Tricks」 Alan. R. Moon作

tetuさん積みゲ枠。これも久々だ。
ムーン作のトリテ。

最初に所持金使って他人の山のトップカードを買っていく。
値段は額面通り。人から買えば相手に、自分の買えば銀行に払う。
規定枚数買い終えたら1枚使ってビッド。
出したランクが自分のトリック数ビッドになり、最大ビッドしたカードのスートが切り札に。
あとはマストフォローのトリテ。

以前遊んだ時はあんまりピンとこなかったが、今回は以前より面白く感じた。
他人があんまり買ってない色が分かってて、自分はその色多く買ってたので、
最大ランクでビッドして切り札にして狩り場に。
これは気持ちいいw。こう楽しむゲームなのかなw。

それにしてもtetuさんなかなか渋いの積んでるね。

結果:レン 92○、tetu 46、かぶ 54、最上 32



IMG_0847
「インシディアスセブン / Insidious Sevens」 Alex Weldon作

更にtetuさん積みゲ。自分は2回目か。

トリックスよろしく、ビッドに使ったカードで最大の色が切り札。
特徴的なのはスートでフォローするのに加えてランクでもフォローできること。
なかなかこの感覚が掴めないと混乱する。
切り札がいない場合、スートの強さで勝者を決めるので、
リードスートをヴォイドしてなくても強いスート出して勝てる。

感覚掴むの難しいが、なんとなくやってて分かってきた。
前回よりは楽しめた気がする。経験値上がってるのかしら。

負けたけどねw。

結果:レン 5、最上 22、かぶ 3、tetu -4


IMG_0848
「思わぬ拾い物 / Fundstücke」 Friedemann Friese作

これもtetuさん積みゲ。今度アークライトから日本語版出るので予約済み。
届く前に初プレーだw。

場には達成カードと得点の家具タイルが並ぶ。
このラウンド家具タイルを何個取りたいかを裏向き同時公開。
バッティングしたら優先度タイルの数字が1番低い人だけアクション可能。
優先度負けた人は何もできない代わりに、優先度タイルを交換して次有利に。
数字は小さい順に処理されて、達成カードに描かれた種類溜まったら払って交換できる。
ただタイル集めるよりは効率がいいので率先して達成したい。
あと特殊なカードとして空き巣カード。
数字0で最初に行動できるが、今回バッティング負けしなかった人から、その人数分タイルを盗む。
他人が美味しいタイル溜めてる時に使いたいね。これもバッティングしたら同じく優先度。

そんな感じのフリーゼ式バッティングゲーム。
はげたかというかラッツィアというか、なんかもっと似たのがあった気がするが。
チェリーピッキングとからへんかな。

これは手軽で面白い。 処理順や攻め時も分かりやすくていいね。
その割にはあんまり出回ってないので今回の日本語化で流行るといいね。

結果:レン 135○、最上 100、tetu 100、かぶ 107



終わりー。

2016年ボドゲ納めでした。みんなありがとう! 

12/28 魚会@御器所

温泉玉GOさん主催の平日会、魚会に初フル参加。
もう一人の主催の筈のぎょにくさんは二日酔いで来ないw。おいこらw。

あとかぶさん参加してたけど、ちょ、明日奥さん出産予定日w。



昼飯はビフテキ丼でした。美味い。



IMG_0826

「グリュークス /  Glüx」 Jakob Andrusch作

エッセン新作。初プレー。
エッセン行ったのに何故か輸入してるニートさんェ…。

表裏で合計7になるタイルを好きな面で配置して。
縦横にその数だけ移動した先が次に配置できる場所。
各マス2枚まで。置いたら上書き。
全員置き切ったら指定のエリアで目の合計値でマジョリティ。 

うむ、わかりやすい。
2016年に出るゲームって感じはしないな。ブロエックスに似たものを感じた。

1段目は潰されるものと考えて、相手がどこに置けるか考えながら配置。
タイルは飛び越えられないので、妨害のために進路途中に置くのもあり。

結構見たまんまのプレイ感でした。
ちょっと4人は多いかな。半分アブストラクトなので。
とはいえ3人プレーは初期配置見た感じ1人がかなり有利。
実は2人がベストかしらん。

結果:レン 18、ニート 14、ユキ 18○、大笑 10


IMG_0827
「クイズワーカープレイスメント」 俺専用ゲームズ

ゲムマ戦利品。
試遊はしたけどプレイ可能人数未満のお試しだったから一応初プレーかな。

クイズのジャンルだけ分かってる状態で回答順をビッド。
1人はパスに置いて問読み、次スタP。
問題は多答クイズ。
正解すれば2点+それ以前に答えた人数が得点。
後ろほど正解が減る分高得点。
最後に答える人は星マークに置いてもよくて、その場合残った回答を好きなだけ答える。
1問1点だが1個でも間違えると0点に。全部答えられれば更にボーナス。

問題の難易度が難しすぎず簡単すぎずで絶妙。
よく多答クイズをこれだけ用意したなと感心。

楽しかったけどこの楽しさはボドゲとしてじゃなくクイズとしての楽しさだなぁ。
少なくともワーカープレイスメントではないw。

結果:レン 23、エース 29○、ユキ 26、タクト 22


IMG_0828
「Pups」 Charlie Bink作

犬トリテ。キックしたやつ。持参初プレー。

マストフォローでめくり切り札。
最初に何トリック取るかのビッド。1~3ジャストか1枚以上2枚以上っていう保険も可能。
当然点数はジャストでビッドした方が高い。0ビッドも可能。

5スートあるが、そのうち1スートは特殊スートで、他のカードと同時出ししてランクの底上げができる。
もちろんスートなので単独出しもできるし、マストフォローにもなる。

ビッド達成したらプラス点だが、失敗したらマイナス点。
だがしかし、失敗したビッドを再挑戦してもいい。
0ビッドは特殊で達成しても得点にはならないが、以降のラウンドで1トリック分として使用して他のビッドを達成することができる。

結構素直な部類、ちょっとだけひねった感じ。
絵はいろんな犬種が描かれていて可愛い。
犬好きのエースさんは柴犬がないと怒ってたけどw。

変態度で言えば2くらいかな。5マックス。

自身は1トリック以上で達成済みのフレイさんが最後に出したカードに+3して、そのトリック取るはずだったタクトさんが取らずに済んでジャストビッド達成。
結果タクトさんが勝利w。フレイさんェ…。プラスカード出さなきゃ勝ってたのにw。

結果:レン 8、タクト 13○、フレイ 12、ユキ 5、エース 1


IMG_0830
「キムの名は」 芸無工房

みくろんさんのゲムマ戦利品。安定の投了さん。初プレー。

神経衰弱で正日とか日成とかの某国指導者一族の名前を作るw。
システムもちょっとひねられてて、失敗した場合めくったうちの1枚を自分の前に獲得。
そのまま持ってるとマイナス点だが、他のプレイヤーはめくる代わりにそれを取ってもいい。
2点1点でWinWinな感じ。
神経衰弱ヴァリアントとしてはなかなかいい。

まぁそれだけのゲームなんだが、妙に盛り上がる。
とりあえずサマリーがないとどれが正解なのか分からんw。
一応各カードに正解になる組み合わせは書いてあるんだけどね。

一発ネタの割には無駄に遊べるゲームでしたw。

結果:レン 6、みくろん 9○、タクト 7


IMG_0831
「ぷよとりっく!」 カフェ&ゲームバーことぶき

ゲムマ戦利品。初プレー。
絵に惹かれて買っちゃったよ。

ゲームはドラゴンクエスト大格闘技場そのまま。
4スートあって、どのスート使うかを打ち出しが宣言してランク比べ。
救いようがないのは強いカードはどのスートも強く、弱いカードはどのスートも弱い。
まぁ大闘技場も同じ構成だったかも分からんが、強いの引いたら勝ちです。

オリンピア2000とかはカードによって得意スート不得意スートあってバランス良かったが。
見習って欲しいよね。

まぁ絵は良いのでぷよぷよファンは見て楽しもう。


IMG_0832
「ジョハリ / Johari」 Carlo Lavezzi作

持参初プレー。
閻魔大王の持ってる鏡…は関係ないよ。

グラスロードみたいに何枚かあるアクションカードからやりたいアクションを選ぶ。
全員1枚選んだら公開、お金多い人からアクションして全員やったら2枚目、3枚目。
アクションによってはコストがかかるが、2枚目は2金安く、3枚目は無料。
美味しいアクションを早く撃つには金払えよ、と。

基本の流れは宝石集めて、各色1個か一色を他人より多く集めて、売却。
各色1個ならその中で1枚選び、その色のトラックを数字分進める。
1色集めたら他人1人選んでその人の同色所持数との差分だけその色のトラック進める。
ゲーム終了時に進んだ分だけ得点。シンプル。

あとは宝石払って貴族取って特殊能力得たり。
偽物の宝石は誰かが売却アクションすると没収されてしまうので、その前に使おう。

思ったよりもシンプルなゲームだった。勝ち筋もそこまで多くないかな。
他人との差分進める売却がかなり強くて、一気に5,6段階進んだりする。
売られる前に手広く取っておかないと。
あとは生点のカードが普通に強かった。
お金多い人から手番来るシステムはなかなかいいね。
使いたいけど使うと遅くなるジレンマ。

結果:レン 88○、みくろん 63、タクト 51


IMG_0833
「人喰い屋敷」 おいしいたにし

ゲムマ戦利品初プレー。

3スートでマストフォローのトリテ。切り札はないがスートの強さはあり。
各スート低ランクは子供カード、高ランクはお化けカードになっていて、それらが得点。
子どもカードは1トリック中に複数出ると協力して逃げ出して、出した人が得点に。
お化けカードはランク高くて勝ちやすいが、武器カードが出るとそれに負ける。
あとはそれらの特殊処理なくする危険地帯カードとか。ちょっとルールは多い。
4の童女カードが出たときに手札を1枚ドラフトするかごめかごめ。
これは正直蛇足でしかない。特に必要性もないのに時間がかかる。

今回3人プレーだったので招待隠匿の特殊ルール。
翁カード持ってる人が翁役で、残り2人が協力。
翁役が一定得点取れば翁が勝利、そうでなければ2人が勝利。
翁のカードを出すまで誰が翁か分からないので、残り2人はあぶりだそうと同スートで攻める感じ。
要はナポレオンの相棒役みたいな感じ。
まぁでも見るべき点はそれだけかな…。

細かい処理が多い割にはそれらがシナジーしてるわけでもないのが残念。
ただの処理がめんどくさいトリテになってしまった。
テーマは独創的でいいんだけどね。

翁役のタクトさんが負け。


IMG_0834
「ねこばば」 river games

みくろんさんのゲムマ戦利品。初プレー。
ねこテーマのばば抜き。うーむそのままだ。

ばば抜きしてカード揃えて、揃ったら得点化して効果発動。
手札パスしたり他人から1枚引いたり、なんか犯人は踊るっぽい感じ。

正直そこらへんはとりわけ特徴がない。絵は可愛い。

点数計算時にげんき状態を表すタイルが表になってないと強制脱落。

最初にゴーアウトした人から順にボーナスカードが取れる。
1位は2枚、3位は1枚。
問題はこの中にげんき状態を逆転させるカードがある点。
まぁ一発逆転的な要素なんだが、運ゲーだなぁ。

IMG_0835
1位だった自分がそのカード引いて脱落して負けw。

うーむ、ゲームとしては微妙。
ゆるーく楽しむがいいんでない?

結果:レン 9×、みくろん 6○、タクト 6


IMG_0836
「ボンベイ / Bombay」 Cyril Demaegd作

持参初プレー。イスタリ。

シンプルなアクションポイント制ピックアンドデリバー。
お金とアクションポイント消費して絹を買って、各都市に配達。
各都市の絹の価値は3つの色が並んでて、売られた色が一番低くなる感じ。
価値とは別に早取りのボーナスもあるので高いところで売るか、ボーナス狙うか。
あとの特徴は空きマスに自分の建物建てると他人がそこ使ったら1金もらえるところ。
なんか色々をかしやに似てる気がする。これ参考にしたのかな?

ちょっと初期配置ミスって違う場所に絹買えるマス配置してしまった。
play:gameの日本語訳のミスなので気を付けましょう。3人プレーの位置書いてないのよ。

ちなみに最大の見どころは象コマの背中に実際に荷物キューブ積めるところw。

まぁ素直なピックアンドデリバーでいいんじゃない?
イスタリっぽっくはないね。

結果:レン 19、みくろん 23○、タクト 18


IMG_0839
「エンデの建国者」 imagine GAMES

ゲムマ戦利品。初プレー。
枯山水作者の新作。

プレイヤーごとに別々の手札が与えられる。サンタクルーズみたいな。
順繰りにカード使って、4枚中3枚使って終わり。手札は左へ。
カード使って自分の家コマ建てて、繋がってる一連の家コマで資源を生産。 
改築すると特殊能力得るけど生産が途切れちゃうジレンマ。 
使い道ない手札は裏向きで出して代替アクションできるので無駄にはならない。
基本は生産して建築しての繰り返し。
あとは戦力上げて殴ったり。
戦争はお互いに石の握り合いなんだが、攻撃側は2個余計に消費するので苦しい。

今回自分は手札の最後の1枚が使えるようになる建物優先して建てる。
1アクション増えるのは純粋に強い。
周りが特殊建物に来なかったので初建てボーナスの1点を回収しまくる。
資源スロット圧迫するんだけど、それも特殊建物で増設済み。
必要な勝利点の半分くらいをボーナス点で稼いで勝利。

IMG_0840
黒ディスク(初建てボーナス)の数がおかしい。

うーん、悪くないんだがちょっとバランスが悪いかな。
トップを叩く手段が戦争しかないので、自身も石消費して、3人戦だと余計にもう1人が楽する感じ。
そもそも資源の獲得量に対して戦争での石2つ余計にいるってのが重すぎて、誰も殴らない。
あとは手札セットの有利不利が序盤目立つかな。どれか2枚くらい腐った気がする。 

あとはシステムが大体何かの流用って感じで新鮮さがないかな。
同人にしてはそれなりに遊べる中量級だけど、これをやりたいって感じは起きない。 

結果:レン 8○、みくろん 5、タクト 3


これにて魚会終わり。

IMG_0841
終了後は仲の良い面子で大須に肉を焼きに。

12/26 フレボド麻雀会@御器所

フレイさんが最近麻雀熱が高いらしく、麻雀したいねと話してたら決まった麻雀会。
当初は別の日に考えてたけどなんやかんやでマリア会の後になった。
終わるかなと不安だったが、結構余裕だったね。

メンツはフレイさん、自分、最上さん、中井さん。

IMG_0822

夕方からだったので半荘3回だけだが久しぶりに麻雀できて楽しかった。
四暗刻単騎張ったけど上がれずで悲しみ。
上がって気持ちよく2017年を迎えたかったなぁw。

結果1:レン -3、最上 -19、フレイ -12、中井 34
結果2:レン 0、最上 31、フレイ -33、中井 2
結果3:レン -3、最上 -35、フレイ 38、中井 0

ぱっとしねぇw。 
チョンボしたのに1位の中井さんェ…。 

12/26 マリア会@吹上

最上さんが暇だとのことで、じゃあ積んでいたマリアをやろうと。
最上さんはウォーシム経験豊富らしく。

あと一人誰誘おうとなって、世界史好きなユキさんをお誘い。

場所の当てがなくて困ったけど、吹上のスポーツセンターの会議室を借りられました。
3人だからちょっとお高くついたけどね。

IMG_0811
「マリア / Maria」 Richard Sivél作 

説明しよう!
マリアとは、オーストリア後継者戦争を題材とした戦略シミュレーションゲーム。
BGG評価は8.0、3人用ベストゲームにあげる人も多い。

一年くらい前にふとバネストに入荷があってポチったのよね。

プレイヤーはマリア・テレジア、フリードリヒ2世、ルイ15世を担当し、戦争をする。
それぞれオーストリア、プロイセン&ザクセン、フランス&バイエルンを自陣とし、
プロイセン陣とフランス陣がそれぞれオーストリアに戦争をしかける。
三つ巴ではなく2:1。ただしその2は同盟関係にはあるけどそれぞれが自分の目的を持ってる。

システムとしては自分の将軍と補給兵を道の上を進ませて、相手の要塞を落としていく。
ラウンド開始時に各将軍には補給チェックがあり、補給兵から指定の歩数内にいないと飢えてしまう。
将軍は相手の補給兵を一方的に駆逐できるが、相手の将軍と同じマスに入ったら戦闘。
戦闘は負けている方がカードを出して数値を足して、相手を超えたら交代の消耗戦。
もう無理だと思ったら撤退して、カードを1枚だけ回収できる。
カードはトランプのスートが振られていて、ボードのグリッド各マスには同様にスートが描かれている。
自分のいるグリッドマスのスートしか使えないので手札によって位置取りが重要になる。
負けた将軍は戦力が減り、数マス撤退するが、このとき撤退する先がないと消滅する。
相手を囲って追い込んで殴ると強い。怖い。
あと特徴的なのは手札はプレイヤーごとでなく、国ごとに保持する。


ゲームは初級と上級があるが、システムに慣れたいのもあって、今回は初級上級どちらも遊ぶことに。
細かい解説はしないのでググってね!


IMG_0812

まずは初級。
自分はルイ15世、ユキさんがマリア・テレジア、最上さんがフリードリヒ2世。
フランスは西から、プロイセンは北から攻めるのでオーストリアはそれぞれに戦力を分散しないといけない。
初期配置はやや西側が手薄な状態から始まるので、とりあえず鬼の居ぬ間にと付近の要塞を落としていく。
フランスもプロイセンも勝利条件はオーストリアの要塞を一定数自分のものにすること。
プロイセンはこれに加えて紛争地帯であるシュレージエン(詳しくはググってね)の要塞も数に入れる。
オーストリアの勝利条件は一定ターン数生き抜くこと。
ちなみに初級ではマップの左半分は使わず、フランス本土は登場しないw。
フランス軍はバイエルンが初期位置です。

IMG_0813

北から来るプロイセン軍と戦争するオーストリア軍。
西にも守りを伸ばしてきたが、距離があるのもあってその隙にフランスが要塞をどんどん落としていく。
そろそろ戦闘かなと待っていたが、北との紛争が激しく、ユキさんの手札がみるみる減っていくw。
これは好機と西に守りに来た将軍をこちらから殴って撃退。
オーストリアは手札補充は多いが、2軍相手にする分消費も多い。
手札すべてが使えるわけではないしね。マスと一致するスートしか使えない。
なので北との戦闘で消費したであろうスートのマスでしか守れない位置で攻撃を仕掛ける。
これはオーストリア辛そうだねぇ。
結果自分のフランスがオーストリア落として勝利。
時間は90分弱かな。思ったより短かった。

IMG_0814

これはなかなか面白いな。
効率よく手広く攻めたいが補給線のこともあり、手を広げづらい。
それに加えてスートのこともあって位置取りがかなり難しい。
なるほどなるほど。 

オーストリアは基本自陣内での戦闘なので補給は考えなくていいが、やはり2軍同時に相手にするのが辛そう。
今回勝てたのはオーストリアの西への展開が遅れたからかな。
序盤に強行軍使われて西の守り厚くされたら辛かったかも。


IMG_0816

さて、続いて上級モード。

今度はボードの左半分も登場してフランス本土と中立地帯の神聖ローマ帝国、そしてオランダとイギリスの連合軍が登場。オーストリア領ネーデルランドもあるよ。
面白いのが、この連合軍は基本オーストリアと同盟を組み、フランスに戦争をしかけるが、これを担当するプレイヤーはフリードリヒ2世であること。
つまりフリードリヒ2世は東ではプロイセンとザクセンでオーストラリアと敵対しつつ、 西では連合軍でオーストリアと協力してフランスを叩く。
あとはイベントカードとか、イタリアやロシア遠征とか、色々増えるけどまぁ基本は変わらず。
大きな違いとして勝利条件。
全軍、要塞占領時に使うチットの数が決まっていて、これを全部使い切った国が勝つ。
オーストリアも防衛戦ではなくなったのでガンガン攻めてくる。
まぁ2方向から殴られるのは一緒だけどね。
あとは皇帝選挙とか、戦闘で圧勝すると得点チット置けるとか、ザクセンの寝返りとかシュレージエンの和平とか細かい感じ。

IMG_0817


今回の担当はフリードリヒ2世。最上さんがマリア・テレジア、ユキさんがルイ15世。
オーストリアはチット半分くらい置いた状態でスタート。
なのでまずはチット回収させるためにシュレージエンの要塞を攻めて落としていく。
もちろんオーストリアも黙っちゃおれんと防衛。
西方への守りも固い。流石最上さん。

んで西方マップ。連合軍は自分が担当するので、オーストリアの飛び地の最上さんと協力してフランスを攻める。
どこから攻めるか、どこに将軍移動させるか、完全に協力ゲーム。
東では敵対、西では協力。うーん、変な感じ。

IMG_0818

メインとなるのはやはり東側。
上級ルールでプロイセンは将軍が負けるたびにザクセンの信頼が下がっていき、下がりすぎると連合解除、果てには寝返られるw。
これは負けちゃいかんと頑張るが、オーストリアの手札力はすごく、どんどん負けるw。
おかげでザクセンに見限られてザクセンは中立地帯に。
中立地帯になったザクセンは通れなくなるので迂回してたユキさんにもダメージw。
シュレージエンはすっかりオーストラリア領に。つれぇ…。
補給部隊をうっかりな動かし方して最上さんに潰される。
近くの将軍は飢えるので悲鳴w。

IMG_0819
飢えて裏向きの将軍呼び戻すも、その隙に攻められてオーストリアの勝利。
いやぁ最上さんの立ち回りが上手いわ。流石歴戦の猛者。
手札と戦況に合わせた位置取りが大事だと思い知った。

西側はフランスを上から攻めて、もう2ターンくらいあれば連合軍勝利もあり得たんだけど、
敗因は補給線かな。補給部隊大事。叩かれたら死ぬ。相手から届かない位置に配置せんと。

12ラウンド中7ラウンド目に終わったのでかかった時間は2時間くらい。
全員上手くて12ラウンドまで行けば3時間超える感じかな。
思ったより短く終わったよ。

なるほどこれがマリアか。
なかなか面白かったが、まだこのゲームの本質を楽しむには経験値が足りない気がする。
最上さん曰く、補給線とか戦闘のシステムはウォーシムで定番のシステムらしい。
ウォーシム慣れてないので新鮮だった。

プロイセンは手札補給の少なさがつらいね。
イベントカードで更に補給枚数減らされて目も当てられない。

ちょっと面白かったのが交渉システム。
相手の要求飲む代わりに向こう何ターン手札補給1枚ランダムに寄越せよっていう交渉のみが可能。
基本的には補給部隊殴らないから手札寄越せっていう使い方w。
あくどいわー。


予想より早くマリアが終わったのでもう1ゲーム。


IMG_0820
「をかしや」 桜遊庵

ゲムマ新作。持参初プレー。
桜遊庵初の長時間ゲーム。

システムはかなりシンプルな早取り達成ピックアンドデリバー。
それに加えて置いた家コマでエリアごとのマジョリティ。
手番ではアクションポイント使って、移動して、店で材料買って、注文先で達成して、お金払って家コマ置く。
同じ色の家コマが連続してる場合、一歩でそのマスすべてを通り越して移動できる。
ただし自分のじゃない場合は持ち主に銀行から1金入る。
なるべく他人に利用してもらうと儲かる感じ。
注文達成するとボーナス効果があるので、それを次に上手く活かすのが大事かな。
そして辛いのが維持コスト。
特定のカードがめくられると決算があり、エリアマジョリティで点数が入る。
その後置いてる家コマの数だけお金を払わないといけない。足りないと点が減る。
置けば置くほど得点につながるが、その分コストがかかる。辛いね。
置くコストも同じエリアに置いた自分の家コマ分かかるので、マジョリティ競ってると余計にかかる。

それなりに充実感のある60~90分級でなかなか良い。
プレイごとの変化があまりないのでリプレイ性は低いかな。
店と注文先の配置は変わるけど、そこまでゲーム性にはかかわらないしね。

マジョリティよりは注文達成に得点の重きが置かれているので、そのバランスを意識できるかが大切かな。
結構ギリギリの勝利。

結果:レン 170○、最上 164、ユキ 159



IMG_0821
最上さんとお好み焼きを食べました。

12/25 らのボド@鳴海

らのボドでした。

世間はクリスマスですが関係ないね。


 
IMG_0795
「グローバリッシモ / Globalissimo」 Günter Burkhardt作

持参初プレー。
結構前にドイツから買ったような。

国カードが人数分並べられて、お題カード(人口、面積、車所有率)などがオープン。
並べられた国間での順位を当てる。
スタートプレイヤーから好きな国選んで順位チップを置く。
同じ数字置いてもいいけど同じカードは選べない。
裏側には正解が書いてあるので、それ見て答え合わせ。
丁度当たると3点、1個ズレ2点、2個ズレ1点。
得点トラック上には壁があって、1位の人は壁を超えるには山札トップの国の場所や首都を答えなければならない。

今回ニートさんがトップで、タイミングよくドイツが山札トップにあるときに壁越えたり。
自分が追い抜いたが、ナイジェリアの首都が分からなくて「ンジャメナ」と答えて失敗。
そのあとにニートさんがチャドの首都聞かれて不正解だったが、正解は「ンジャメナ」w。

以前ニートさんと遊んだ同作者のヨーロッパと同じ系統のゲーム。
あっちはヨーロッパの地理だったが、こっちは世界の国で、なんとなーく予想がつく感じ。
トップを当てるじゃなくて順位当てればいいってのがいいよね。
上位が分からなくても下位が想像つけば点が取れる。

うん、これは面白いな。
発売が2008年なので今では数字変わってる所も多そうだけど。
カードだけ今の数字で出してくれないかしら。

結果:レン 〇、kome ×、ニート ×、ねくろん ×、飯沼 ×


IMG_0797
「キリマンジャロの麓で / Am Fuß des Kilimandscharo」 Reiner Knizia作

持参初プレー。
クニツィア作の変形すごろく。
ハンスの子供向けライン。こんなのあったのね。

自分の前に並んだ3枚のカードで移動力が決まる。
3枚同じ色なら全部の合計値、2枚一緒ならその2枚の合計値、全部バラバラならその中で最大値。
手番ではまず手札から1枚を自分か他人の前に出して3枚のうち1枚を更新する。
他人に対して出せるのは自分より進んでる人に対してだけ。
んで、ボード上の今の移動力分進む。
ボード上にはゲーム開始時に各自数枚のチップを中身見てから裏で配置しており、踏んだら発動。
同じだけ進めるバナナや、直前の村に戻るライオンなど。
今回初級ルールなので踏んだら誰かと場所入れ替えるチャンスタイルも。
トップが踏んだらやばいので、ゴール直前はチップ避けるようになる。

誰かがゴールするか、山札手札切れて一番進んでる人が勝ち。

今回hey太郎さんがゴール直前でチップ避けて止まって勝ちかと思われたが、
飯沼さんが決死の覚悟で踏んだチップがバナナで、そのままゴールして逆転。

ふむ、シンプルだがなかなか。
上位しか邪魔できないってのはいいルールね。お仕事感はあるけど。

結果:レン ×、hey太郎 ×、飯沼 〇、エース ×


IMG_0798
「アメイジングスパイダーマンゲーム /  The Amazing Spider-Man Game」 Reiner Knizia作 

持参初プレー。
こちらもクニツィア。長らく積んでたやつ。 

ダイス振ってビルにひっかかってるスパイダーマンを時計回りに動かす。
止まった場所のチップの色とビルの高さで条件が指定されて、
キューブ3つを30cm上空から投げ込んで、その色に指定個数触れてれば成功。
円の中の爪痕マークに入ってしまうと、敵キャラが進んで、追いつかれたらチップを失う。
スパイダーマンが敵キャラに追いついた場合は、ビルの高さ分のキューブ投げて小さいほうの爪痕に入れば成功。
んで青黄2枚ずつか合計6枚集めたら勝ち。

クニツィアにしてはめずらしいアクションゲームだが、まぁ子供向けだねw。
ゆるーく遊びましょう。

結果:レン ×、hey太郎 ×、飯沼 ×、エース 〇


IMG_0800
「ジャンクアート / Junk Art」 Jay Cormier, Sen-Foong Lim作

最近周りの人がやけに買ってるジャンクアートw。
まぁ安定して面白いよね。

今回出たお題は「3枚引いて自分と両隣に振り分け」、「10枚配ってドラフトして山札作ってそこから引いて載せる」「場に並んだ3枚から選んで置く、同じ形か同じ色が触れ合うともう1個置く」。

今回高さを比べるお題が多く、付属のメジャーが活躍しましたw。

欲しいけどちょっと高いのよねぇ。
まぁ周りで3人くらい持ってるからいいか。

結果:レン 9〇、エース 8、飯沼 4、hey太郎 3


IMG_0801
「Guess the Mess」 Jack Degnan作

先日もミスボドで遊んだやつ。
やっぱクソ面白い。買って大正解。

IMG_0802
こんな感じでお題カードが配られて、場に並ぶ。
自分のお題に合う写真を探して確保。
他の人に自分がどのお題なのかを当ててもらう。
砂時計が30秒くらいしかないのでいい写真見つからないときはほんっと見つからない。 
結果ランダムで1枚引きw。
逆算して、見つけにくいお題だってことで当てに行くのはなかなかいい手。

結果:レン 28、T 29〇、エース 28、hey太郎 22、飯沼 25、こめっと 27、極楽とんぼ 21



そのあと時間おいて2回目。

結果:レン 19、エース 23、kome 26、ねくろん 21、うの 27、ニート 28〇


IMG_0805
「コンプレット / Completto」 Heinz Meister作

安定どころ。
最後の1枚ピンポイントで引かれて負け。ぐわー。


IMG_0806
「宝石の煌き / Splendor」 Marc André作

安定その2。
貴族無視で青緑特化。

IMG_0807
10枚取って勝ち。うし。

結果:レン 16〇、T 6、エース 9



おしまい。


IMG_0809
ニートさんらとマジスパでカレー。
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ