ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

2013年10月

ボドゲ購入記

3箱ほど到着。


IMG_20131014_224939927
バネストから。

「ナゲッツ」
NewGamesOrderから先日出たリメイク。
タンサンファブリークのイラストが可愛い。
元のゲームのテイストも殺さず、しかもお値段据え置き。
どこぞのオサレメーカーにも見習ってほしいものだ。

「バルバロッサ」
こちらも名作ゲームの日本語版。
輸入版も最近また入ってきたところで、何で今これを?って感はあるが。
それでも同じ表紙の海外版に比べてプレー人数が拡張されてる。
日本語版出すならこういう工夫して欲しいよね。
どこぞのベ○スとか、ブ□ッカーズとかさ!!
 
「イカサマージ」
カナイ製作所の旧作。
AEGでの英語版発売に合わせた国内第二版。
元より英語ルール付のバイリンガル仕様なのにわざわざ英語でまた出すのねー。

 
IMG_20131014_230247857
こちらは駿河屋。

「インダストリア」
シャハトの隠れ良ゲーらしい。
ちょっと気になってたので買ってみた。

「マギノール」
クニツィア。ベガスのリメイク。ドーンのじゃないよ。

「オンライン」
よく分からんが安かったので。←

「4x4」
パニングのアブスト。2人用。


IMG_20131014_230318724
こちらも駿河屋。

「オラクロス」
散らばったキューブから指定された組み合わせを見つけるパズル系。
1000円だったので送料無料にするためにポチった。

「符遊楽花盛」

・・・あの、こんなの頼んでないんですけど。
つか東方興味ないし。 

というわけで事故られましたよ。
駿河屋ェ・・・。

正しくはインコグニトカードゲームだったんだが、管理番号が100番違いで間違えたらしく。
とりあえずメールしといたが、交換してくれるのだろうか。

安い分対応悪いって話だからなぁ…。

まぁ結果はお楽しみにってことでw。
やれやれ。 

10/6 び~えむの会@下北沢

というわけで某イベントから昼ごろ撤収し、2時ごろに下北沢。

毎度おなじみいえろ~さん主催のび~えむの会です。
先に向かうヒリュウさんにキャリーケース持ってってもらう横着したので楽だったw。(ぉ


・PIX
BlogPaint
パーティーゲームがやりたかったので立てたよ。持参品。

ドットでお絵かきして当ててもらいます。
赤いピースの使い方が肝ですな。

写真はいえろ~さんの力作です。
もっと面白いやつ撮った方がよかったかしらw。

6人で始めようとインストしてたらいつの間にか8人に。
多い方が盛り上がっていいね。
気づけば周りに見物客もw。

「落とし穴」や「表彰台」など周りに『なんでそれ分かるの?』って言われる問題答えれられて嬉しかった。
波長が合ったんだろうねw。


・ モダンアート
IMG_20131006_154515537
初プレー。空いてた3人で。

クニツィアの名作競りゲー…ですが、3人は正直びみょーでした。
というわけで評価保留。

まぁルールは覚えたので次回は適正人数でプレーしたい。

3人だとなんというか、個人の意図が場に反映されすぎる感じ。
うーむ…。


・スルース
IMG_20131006_175525801
あ、ついたてはモダンアートのを借用してますw。
昨日調布で初プレーしたスルース。
面白かったので今日も立てたよ。

1枚だけ抜いて配りきった宝石カードの情報を集めて、抜いたカードを特定する推理ゲーム。
メモの取り方が重要。
持ってるよりも持ってない情報の方が大事な時も。

1戦目はMshiさんが驚異的なスピードで特定。
運よく探りに行ったところが当たったらしい。
とはいえど論理的に探りに行く手段を組めるところが流石。
2戦目は長引いたが、色々とひどかった。
相手「オパール何枚持ってますか」→自分「…0枚です。」
はい、可能性3分の1消えたw。
手札かたまりすぎだろー。

まだしばらくお気に入り。



・Potzbliz!
IMG_20131006_181356575
紹介程度に。
ブラント夫妻の2013年作。持参初プレー。

ダイスリグレットに近いゲーム性。
人数分の+と-のカード、その下にサイコロの役カードを並べます。

もうお分かりですね。
いつ何度でも振り直していいから、役を達成して自分のカード置け!以上!

最後の一人は強制-2点です。

あ、サイコロは3個のうち好きにキープと解放可能。
これ説明忘れててちょっとひどいことになったw。

1ラウンドやって終了。
ルール覚えたので次回は最後まで!



・たほいや
IMG_20131006_193506274
今日もたほいややるよ!
連日やれて大満足(・∀・)!! 

今回も総取り達成!そしてぶっこんで2着にw!
なんと本日初プレーの人が最後に逆転勝ち!ドラマでした。

ちなみに写真のお題「ままんぶり」
1.ひさしぶりに知己に出会うこと
2.旬の時期のブリ
3.野球でバットを振り切ること。フルスイング。
4.岩手県で放牧の馬の見張りを言う
5.定員に達していること。満員。 

いえろ~さんのお題「ま」が一個足りなかったけど(゚ε゚)キニシナイ!!



・Qwixx
IMG_20131006_201914181
持参品。

サイコロ振って出目によってシートを埋めます。
左から埋めるので飛ばしたらその値使えませんよ、と。
あと略w。

1戦目は今までに見たことないスピードで2列同時に埋まって終了。
( ゚д゚)ポカーン
2戦目は普通にいい勝負でした。

IMG_20131006_202508901

見よ、この過去最低点。



・ハイパーロボット
IMG_20131006_212021394
〆はこれだよ!

徹夜明けの脳みそはヤバいw。解けねぇw。
今見れば12手すぐ出るのにね。




というわけで本日もおしまい。

この後まいどの一心ででっかい唐揚げ(゚д゚)ウマーです。 

10/5 業界ボドゲ会@新宿近辺

調布から移動して5時前に着。


・ ヘックメック
IMG_20131005_165842701
余ってた面子でなんかやろうぜーとヘックメック。
クニツィアの手軽なバーストゲーム。

サイコロ8個振って一種類の目を選んで全部取って残り振り直し。
一度取った目は取れなくなるのでどんどん危険度がアップ。
そしてかならず一個は虫の絵柄の目(5扱い)を取らなければいけない。
どこかで終了を選択して、場の出目の合計以下のタイルを取ります。
取ったタイルは自分の前に重ねて置いて、丁度の目を出せば他の人は奪うことができる。
虫の目が出なかったり取れる目が出なかったらバースト。
手持ちの一番上のタイルを戻して、場の最大数タイルを裏返す。
場に取れるタイルがなくなったら終了。

いやぁダイスが暴れる暴れるw。
虫1個で妥協して取った後に虫3個とか日常です。
虫3個、5を2個って順調だった人が次振って虫と5だけでバーストとか笑った。
他人のを狙いあってると長引くのがやや難か。
まぁそれも目が出るかの運ですけどね。
人数多いと狙える枚数増えて顕著です。


・ ゴブレット
IMG_20131005_182016802
アブスト好きの友人が持参。初プレー。

マトリョーシカ風に4つ重なったコマを3組ずつ使用。
目的は4目を作ること。
手番には手持ちのコマを「上から」使うか、場のコマを動かす。
場の小さいコマには大きい物を重ねて置けます。

相手のリーチをふさぐのには一番大きいコマで邪魔しないと重ねられて負けます。
場のコマを動かすことによって相手の色が出てきて揃ってしまうことも。
記憶力も必要。
相手のコマをどれだけ殺すかが要なのかな。

3回やってお互いミスで1勝2敗。うーむ、慣れが必要だ。
アブストって外野から見てれば色々判断できるのにいざ自分がやると簡単にミスって負けるのは何ででしょね。

よくできてて面白いゲームでした。
アブストはこれくらいシンプルなのが好きだな。



・百科審議官
 IMG_20131005_193831483
備え付けがあるけどあえて持参品。
消耗品なのでね。

三人専用のワードゲーム。それだけで珍しい。
各自一つずつ単語を分類する条件を決めます。「赤いもの」とか「4文字以上」とか。
輪一個が条件一つに該当。重なった場所は「赤くて4文字以上」ってことに。
そうです、ベン図ですね。

親は輪の中の一か所を指定。
三人同時に単語を書いて、それぞれ該当する場所に貼ります。
親の指定した場所に貼れれば得点。

目的は相手の条件を推測することですが、分からなくても勝てます。
狙った場所に入りさえすればいいので、条件は正確でなくてもいい。
ゲームを進めるうちにヒントが増えるので分かってる単語に似た言葉を被せていくとか。
なので結構「相手が真似しても外れるような言葉で点を取る」のが大事だったり。

自分の「赤いもの」の条件を満たすのに「トマト」っていうより「金目鯛」とかね。
混乱させましょう。 

可能ならお題決めた後に第三者に見てもらって「被ってないか」「複数該当が不可能でないか」を見てもらうといいです。

ワードゲームの中ではたほいや、ペアペア連想ゲームと並んで大好き。
相手の条件が分かった時の爽快感ったらないね。あんまりわかんないけどw。
大体自作品持ち歩いてます。あ、コマはもやしもんのソーエくんw。



IMG_20131005_201359412

飯だ―。肉だ―。サーモンだ―。
( ´З`)=3 ゲップ



・ 詐欺師
IMG_20131005_211905751
クニツィアのカードゲーム。初プレー。
一言で言うならカードでやるブラフ。

8種類のカードで数字は0~7。
枚数は0が3枚、6,7が1枚であとは2枚かな。

手番では手札一枚捨てて同じ色のカードを引きます。
その後カードの種類と数字を宣言。言うのは全員の手札にあると思う合計値。
例えば「ワインを16」とか。
次の人は同じく捨てて引いて数字を上げる。絵柄は変えていいです。
もしくはダウト宣言。

ブラフやったことある人にはなじみ深いルールですね。
ブラフと違ってカードの内訳が固定なので、数字の予想が立てやすい。
サイコロの目によるランダム性からどのカードを引くかのランダム性に変わったことで分散が下がった感じ。
後半になるとカウンティングも大事に。

数学者のクニツィアらしいわー。
負け抜けがないのもいいね。逆転要素ないっちゃないが複数戦前提で。

あとは絵柄の積み方が面白いので楽しみましょうw。

2戦やってノーダメージだったけど3戦目でとうとう喰らう。
全部で5戦くらい。 

SpieleOffensiveで安かったけど和訳ないからスルーしちゃったや。
今度見かけたら買っとこう。 


・HYKE
IMG_20131005_231242250
初プレー。俳句ゲーです。

簡単に言えば、与えられたお題で俳句(というか川柳)を読んで、お題を当ててもらうゲーム。

最初に全員お題を3つずつ書いてシャッフルして一人2つ引きます。
そっからはリアルタイム。いち早く詠んだ人から発表して、当ててもらう。

この得点システムが妙で。
一人目で当てられると、自分には点が入りません。当てた人だけ1点。
二人目以降に当てられれば、それまでに答えた人数分の得点が自分と、出題者と回答者に入ります。
回答権は一人一回ね。

高い点稼ぐには分かりにくい俳句にしたいが、分かりにくすぎると点が貰えない。
逆に分かりやすすぎると自分には点が入らない。いいルールだ。

2題出し終わった人は次のお題を引けるので時間かけない方が得点チャンスも増える。

写真はちょっとネタに走った一句。
「触るなよ 指紋付けるな ぶっ殺す」

さて、これに手を挙げた二人にはある特徴がありました。何でしょうw。 


なかなか面白かったです。
でも言われてる通り、紙とペンあればできるのよねw。
まぁあのコンポネントの雰囲気が雅でいいんだけどね。



・スカイブリッジ 
IMG_20131006_000309260
ギガミックのアブスト。初プレー。

3×3の場にブロックを積んでいきます。
自分の色のブロックの上には置けません。 
各自屋根を2つずつ持っていて、屋根を置いた時点でその塔は終了。
下にある段数(1・2・3のブロックがある)分の点数を獲得。
1のブロックは横長で、同じ高さの隣り合った塔を繋ぐように置く。
このブロックがある塔は得点が2倍になります。

要はどこかで現在取れる点数を取ってしまうか、後に賭けて塔を伸ばすか。
後半になれば同じ色の上には置けないというルールが効いてきます。

ちょっとアブストとしては非常に見通しが悪い印象。
4人でやったからってのもあるか。

やっぱアブストラクトは2人、多くて3人だなぁ。
あ、ハイパーロボットは別ねw。



・クィキシオ
IMG_20131006_003724773
 もいっちょ二人用アブスト。初プレー。

前面ブランクからスタート。
ボード四辺のブランクか自分のマークを取って、自分のマークを上にして、取った列か行のどちらかの端から押し込む。
元の場所に戻すのは駄目ね。
んで5目作れば勝ち、と。

要は相手が邪魔できないリーチを作れ、と。
2列リーチよりも、相手が邪魔したことによってリーチが生まれてしまうリーチ、かな。

アブスト得意な人なら相手の行動も読んで必勝手かけれるのかしら。
とりあえず自分はミスって死にましたよw。

5目は多いなぁ。4くらいならいいかも。
まぁ多分最適解が出ちゃうんだろうね。


・麻雀
IMG_20131006_004815353
配牌おかしい。

上がれなかったけどねw。
あ、でもリーヅモ七対子ドラ4の倍満なら上がったw。
ちなみに赤なし。



・ マッチ5
 IMG_20131006_023210114
持参初プレー。

ちょっとルール不明瞭だったので反省。
というか箱に書いてあった日本語ルールが不十分なんですが。
後から英語ルール読んだら大体納得。むむ。

自分の前に5枚オープン。残りは配りきり(ここ間違えた)。
カードには二色の玉5個の並びが描かれてます。

やることはボード?中央の5個の玉から一個を選びサイドの二個に外側から押し込んで一個を中央に押しやる。
以上を頭の中でやって、自分の前のカードと中央5個が同じ並びになるのを探す。
SET系の早い者勝ちパズルです。

パズル得意なんだがなぜかほとんど解けず…。何故だ…。

ちなみに濃い色のカードは玉1個、薄い色は2個動かせるらしい。
英語ルールにしか書いてなかったよ…。



・トリオビジョンマスター
 IMG_20131006_025309954
持参品。
パズル好きの友人と色々やりたくてもってきたのよ。

山札トップのコマを好きな空きマスに動かして、
場に並べた10枚のカードと色・形の指定が一致する配置を探します。
これも早い者勝ち系。
12枚先取で勝ち。

これは勝ちました。なんだろねこの得手不得手。



・スペースカデット
IMG_20131006_052903878
本日のメイン。持参初プレー。 
協力パズルゲーム。各自担当受け持つ個別タスク型。

5人プレーで一人2つか3つのタスク担当。
とりあえずルールが多くて、インストだけで1時間半かかりましたww。 
twitterで翻訳者の方に初回用簡易ルールあるよと教えてもらったけど印刷する暇がなく…。

一人ずつ見てきましょう。

IMG_20131006_060650322
一人目
船長:時間管理
機関部:パズル配置して揃った絵柄にエネルギーを補給。

IMG_20131006_060642186
二人目
操舵士:移動カード配置して中央の宇宙ボードを移動。スピード管理もね。


IMG_20131006_060702304
三人目
探索:敵やクリスタルをロックオン。やるのはカード引いて、袋の中から対応する形を手触りで探す。
ダメージ:ダメージ喰らった時の処理。大体誰かにデメリットが飛んでくw。
修理:デメリット除去。山札めくって成功・失敗・サイコロでランダム。


IMG_20131006_060707889
4人目
攻撃:おはじき弾いて的に攻撃!
ジャンプ:王への請願w。カードの効果で目を変えながらカードを獲得。最後はゾロ目5つで脱出


IMG_20131006_052903878
んで自分のこれ。
シールド:前後左右にシールド貼る。数字タイル引いてセットコレクション配置。
トラクタービーム:クリスタル引き寄せや敵へのダメージ増加。神経衰弱。


てなわけで各自別々のタスクを担当。
順番に処理しながら敵を倒し、クリスタルを集めます。

とりあえず、すっげぇムズかったw。
手探りでやったらいきなり敵から大ダメージくらって各部損傷してひぃひぃ言うことにw
操舵はあらぬ方向に、ロックオンはできず、攻撃は外れるw。
トラクタービームに出番は来なかったよw。

なんとか敵を一体倒すも、最強の敵ネメシスが目の前に登場w。
ダメージを大量に喰らい、コア暴走カードを押し付けられ、見事にあぼーんww。

うはぁなんだこの難易度w。
船長が特殊効果カード使い忘れてたのが原因かw?
でもまぁワイワイやって楽しかった。
リベンジしたいが、またインストからか…。

というわけで最初はテスト用ミッションからやることをおススメしますw。
 


・ハイパーロボット
IMG_20131006_064809527
朝と言えばこれだね!← 

これは10手かな。





というわけで業界ボドゲ会終了。

この後は下北沢でび~えむの会。

の前にちょっと野暮用で港区の方へ。
ちょっとしたイベントがあってね、'`,、('∀`) '`,、。


ちょっとウ=ス異本を買いにね…。 


あ、3~4時間程度寝ましたよ。十分。 

10/5 調布のあな@調布

調布も行きたいし業界ボドゲ会も行きたい、というわけでハシゴです。


今回はいつもと違って、といっても隣の建物ですが、調布のたづくりにて。

 

・シバの女王の宮殿
IMG_20131005_111134136
しゅだっちさんリクエストでかんちょーさん持参。
しゅだっちさんは自作和訳ルール持参で。ずっと探してたらしい。
当然初プレー。

立体コンポーネントが目を惹きます。でも思ってたよりは小っちゃかった。

手番プレイヤーは、まず港から資材を獲得。
4つの港から選ぶんですが、カードは2枚で両面。つまり一度使って裏返さないともう片方の面は選べません。
港の種類は「資材2+資源カード引く」「資材2+場の建築カード捨て」「資材3+黒コマ移動」「資材4」の4種。
資材は金、レンガ、黒壇、大理石が1つずつ。取られたら残りが右にずれて、「資源2+カード」の場所に取られた資源がまた入る。
資源カードは資源1個が手に入り、黒コマ移動も効果使って資源が手に入るのでそこまで価値に違いはない。場のカード捨てだけ弱い気がする。
その後建築カードを場から取る。これも0金、1金、2金と並んでいて取られたところに高い方から移動。
手持ちの建築カードに対応する資源を持っていれば対応する場所に建築ができます。
門→池→オベリスクの順に山札の段階が分かれていて、段階の進んだ物を建てられるとその前の段階は建てられなくなります。 
建設したら自分のコマを置く。次の段階を建てたら前のコマをどかして置けるが、どかされた方は代わりにマーカーを屋上に。これはマジョリティの第二判定に使う。
建築したら特殊能力の場所にコマを置けます。大体資材獲得。2マスずつで1金と2金。
ここにコマを置くと毎ターン資材獲得したり交換したり。黒コマある場所は発動不可。

勝利条件はゲーム終了時に建物上に置いたコマが最多であること。
というわけで大切なのはレベル3の建築。一度やってしまえば上書きされません。
レベル2を建てて港効果で場から3を捨てることもできるが巡り次第。
自分が2,3抱えてもいいが1手番無駄になる。

あとはレベルの切れ目に2枚だけ入ってる特殊カード使えばその時点の最多者は後宮にコマを置けます。
これも1個分。
使った本人じゃなく最多者なので扱いにくい。

終了条件はすべての建築カードが使われるor終了カードが使われる。
自分が勝ってて終了カード取ったならさっさと使いましょう。コストはいるが。


んー、なんというか後半が残念。
レベル3を建てた人のコマは確定なのでどれだけレベル3のカードを取るかでゲームが決まってしまう。
後宮に置く条件も最多者なのであまり機能しないし。
大体同じ数のコマ置いてく上に、コマ数同じ場合はどかされた方が優先になりやすいので、1位のコマをどかして同率1位になっても優先度が変わりにくい。
後宮のカード使うのにも1ターン使うし、無駄にコストが重い。

あとは自分がレベル2建てた場所のレベル3取るのがすごい無駄。
自分を自分で上書きしても何も起きないので。かといって相手に渡すと奪われるし…。
港効果で捨てるのがベストか。それもめぐり合わせ次第。

プレー感としてはやっぱりクレオパトラと建築士に近いね。
堕落トークンないぶんこっちの方が淡々としてる。
それでもやっぱり立体のコンポネントを作っていくのが楽しい。
コンポネントを楽しむゲームって感じです。

もうちょっとアクセント欲しいねー。



・スルース
IMG_20131005_12253800
持参品。初プレー。
シドサクソンの推理ゲーム。

宝石3種、色4種、数3種の36枚のカードから1枚抜いて等分配して残りは場にオープン。
この抜かれた1枚を当てるのが目的。
推理カードも各自に4枚ずつ表向きに。使ったら補充。
条件1つのカード「赤」「ダイヤ」などは誰か一人に使って手持ち枚数を全員に宣言。
条件2つのカード「赤&2つ」「青&オパール」などは誰か一人に使って、枚数聞いたうえ、自分だけそのカード確認。
?が描かれたカードは自分で条件1つか2つ決めれます。
これを繰り返して4人とも持っていないカードを探す。
特定したらいつでも宣言。メモって、見て、合ってたら勝ち。違ったらその後は質問に答えるだけ。
なお、当てに行くターンならカードの条件無視して質問可能。その代わり必ず当てる宣言しなければいけない。 

前回ミスボドでやったブラックウィーンに似た感じのゲームです。
あちらの方が連鎖推理が多く、一度間違うと取り返しが効かなかったですが、こちらはミスってもまだ挽回可能か。
とはいえ手番は遅れますが。
結構運の要素が強いかも。特に自分の持ってるカードで有利不利が大分ある。
与えられた条件からどう推理するか、よりもどう質問すれば特定できるかを考える。
カードごとに3人それぞれの持っている可能性を消して行き、どこで正解に当たるかって感じ。
まぁ推理ゲームってそんなもんなのかな。

個人的にはかなり気に入りました。
事実この二日で3回プレーw。
しばらく持ち歩こうかしらん。


・ ジャジャーン
IMG_20131005_133858123
かんちょーさん持参。初プレー。
一言で言えば、「モンスター画家を人物だけじゃなくしたよー」。

やることはモンスター画家と一緒。
お題貰って、左半分書く。
隣の人に渡して同じお題で右半分書く。
公開して他の人に当ててもらう。

んでモンスター画家は人物限定だけど、こちらは物の名前が主。
しかも目安もないので互いの絵を合わせるのが難しい。

個人的にはモンスター画家よりこっちの方がしっくり来る。
人物描くよりも自由度が広がった分、その結果が面白い。

あ、ちなみにモンスター画家は買ったけど未プレーですw。

さて、写真の絵はなんでしょう。
きっと右半分(自分の絵)だけ見れば分かる・・・はず!
正解は最後に。



・たほいや
IMG_20131005_144158950
持参品。
あ、テレストは箱として利用(贅沢な)。

やりたかったので立てちゃった。広辞苑ゲー。
親は広辞苑から単語を選びます。
子はその単語を見てそれっぽい意味をでっち上げます。
その後、正解を混ぜて出てきた解答を順に発表。
子はその中から本当の意味を当てる。
そんなゲームです。

今回自分が出したお題は「らくらくらいらい」。
意味はここには書きませんが、非常にいいお題。使ってくださいな。
見事全員外して親の総取り。
まぁ後半ノリで3点がけしまくって結果は2位でしたがw。 

いやぁたほいや楽しいよたほいや。




というわけで3時に退散するつもりが4時になりましたが、調布はここでおしまい。
この後移動して業界ボドゲ会へ。

もっと長く遊びたいんだけどねぇ。
来月は別日程なのでフル参加しますよ!




あ、さっきの解答は「パチンコ(スリングショット)」でした。

ボドゲ購入記

先月ポチったはずのボドゲがポチれてなかったので再度ポチる。

数が増えたのは気のせい。



IMG_20131008_012125364

・海賊のおしおき
コンポーネントに惹かれて。
サメがさ、気になったのよ。

・メルカトル
珍しく重めのゲーム。
浜logのときにRaelさんが買っとけ言うので思わずw。

・アップルトゥアップル
英語版。B級品で790円だったので思わず。
気が向いたら和訳しますw。

・ダブル
先日CUBEで見かけてスルーしたけどなんとなく。

・カードクニッフェル 
なんかの賞にリスト入りしてたので気になって。

・バケツ消防士
クニツィア!
買っとけ買っとけ。←

・ラッキーナンバー
シャハト。
ボドゲ始めたころから気になってたのをようやくポチる。

・ 袋の中の猫フェリックス
フリーゼ。
SpieleOffensiveより安かったのでそのうち買おうと思ってて今回に至る。 




これで410個。 

ボドゲ圧縮のすゝめ

ボドゲ会に持ってきたいゲームが多すぎて鞄に入りきらないなんてことありませんか?

買ったゲームの上げ底がすごくて持ち運びの邪魔になるなんてことありませんか?



よし、圧縮だ!



説明しよう! 圧縮とは、充填率の低いボードゲームの内容密度を上げ、効率的にボードゲームを持ち運びするための行為である!


というわけで本日は圧縮のお話。

ボードゲームはゲームによりますが、内容物に比べて箱の大きさが無駄に大きいことが多々あります。
理由としては、流通や陳列のためだったり、見栄えのためだったり。
日本の住宅事情うんぬんって話がよく出ますが、個人的には可搬性の悪さが最大の欠点と思ってます。

というわけで自分流のボドゲ圧縮方法を紹介。

一般的に圧縮するには2通りの方法があります。
・中身に対して箱を合わせる
・箱に対して中身を合わせる
メリットはどちらも一緒。可搬性の向上。

前者は自分がよくやる方法。
100円ショップなどでサイズの合う箱を買ってきて移し替える
デメリットは箱絵がなくなるので箱絵からの印象や情報がなくなるのと、必然的に元の箱が余るので収納性は悪くなること。
捨てるの気にしない人ならいいですが。

後者は中身の充填率を増やす。すなわち1つの箱に他のゲームも詰め込む方法。
こちらはその箱のゲームは変わりませんが、詰め込んだ他のゲームに関しては上と同じデメリット。


というわけで自分なりの圧縮に対する結論。


前者の方法で圧縮した後、箱絵を貼ればいいじゃない!

 
というわけで自分なりに圧縮したのがこちらになります。
 
IMG_20131004_034548728

スペースアラート、スペースカデット、満月を圧縮。
スペースアラートとスペースカデット二つで元のスペースアラートの箱とほぼ同じサイズ。
満月は元の箱の4分の1程度になりました。


というわけで作業工程の紹介。
小学生の工作+中学生程度のPC操作ですがw。


工程1【圧縮用の箱の入手】

100円ショップで買ってきましょう。
A4, A5, B4, はがきサイズが良く使うかな。
厚さも厚い薄い揃えておくと便利。

IMG_20131004_025148980

一番使いやすいのがこれ。
A4サイズの幅厚。
大箱サイズ圧縮するなら大体これですね。

今回のスペースアラートやスペースカデット、ケルトやダンジョンファイターズやピッチカーミニまで。

毎回サイズ別に買い込んで確保してます。
場所は取るが。

BlogPaint

あ、あとついでに両面テープも買っておきます。
透明タイプ。


工程2【詰めてみる】

IMG_20131004_025202433

実際に詰めてみてサイズの合う箱を見つけます。
少しでも無駄は減らしたいもんね。

チット類は同じく100円ショップの小分け袋に。
こちらもA8, B8, A7, B7など色々用意しておくと便利。

箱が決まったらそれに合わせて箱絵を作りましょう。


工程3【箱絵の入手】


これは簡単。
BoardGameGeekのImagesから貰ってきましょう。
ただし著作権はあるので再配布は駄目ですよ。私的利用のみです。

大体のゲームは表紙と箱裏の絵が有志によって上がってます。
感謝しながら、できるだけ解像度の高い画像を貰いましょう。

ゲームによってはないものもあります。
今回だと満月は表紙はあったけど裏絵はなかったです。
その時は大人しく倍率指定してカラーコピーで!工程7まで飛ぶ。

んで箱絵確保したら次。


工程4【画像の加工】


これは印刷環境次第ですが。
印刷した絵が薄すぎたり、濃すぎたりするなら絵を加工します。
プリンターで設定できるならそれでもいいです。

自分はコンビニ印刷を使ってます。家のプリンター故障中で…。
普通紙印刷なのもあり、全体的に淡く、コントラストが落ちるんですね。

なので画像を加工してコントラストを上げ、輪郭を強調します。
特に裏絵でプレー人数や時間が読めなくなるのが嫌なので。

使ってるソフトはAdobe Photoshop Elements。Photoshopの無料版です。
製品版?買う金ねぇよ!というか持ってても持ち腐れ。

Photoshop1

作業は簡単。アンシャープマスクをかけるだけ。
スライダが3つ出てきて調整できるので上手いこと合わせます。勘で。


Photoshop2

左が調整前、右が調整後。うん、よく分かんないね。
やや濃淡がはっきりしてるくらいで。
左のまま印刷すると全体的に薄く、のっぺりした印象に。
右を印刷すると左の絵に近い印象。

特に自分の場合、半透明の箱に裏から貼るのでそれも考慮して濃いめにしてます。

画像サイズはここで調整してもいいんですが、どうせ次の工程で調整するので省略。


工程5【印刷サイズにレイアウト】


画像をミリ単位で狙った大きさに印刷するってのは案外難しいもんで。
Photoshop Elementsで画像サイズ合わせて印刷してもずれたりするんですよね。
たんに自分に知識がないだけだと思いますが。

というわけで自分は『位置指定印刷「ロケートプリント」』というフリーソフトを使ってます。

ToPDF1

圧縮した箱の箱絵を貼りたい領域の縦横サイズを測って絵のサイズを合わせます。
スペースカデットはやや横が長い箱ですが、縦に伸ばしても絵にそこまで違和感なかったので縦にしました。

和訳シール作る機会があったらこのソフト便利ですね。

プリンターがあればこのまま印刷すればいいんだけどなぁ(遠い目。

んでコンビニ印刷の話。
セブンイレブンのコンビニ印刷はpdfやjpgに対応してます。
というわけでこれはpdfにします。



工程6【PDF化】

セブンイレブンのコンビニ印刷はpdfやjpgに対応してます。
というわけでこれはpdfにします。

使うのはPrimoPDFというフリーソフト。
当初はPDF Completeという有償ソフトの試用版使ってましたが、期限切れたので。

ToPDF2

ロケートプリントの印刷メニューのプリンター名からPrimoPDFを選択。
必要かは分かりませんが、一応プロパティ開いて出力解像度を上げておきます。

ToPDF3

印刷実行するとこんなウィンドウ開くので「印刷」を選択。
「スクリーン」などが選択されていると解像度落ちて汚くなるので注意。
んで「PDFの作成」をクリック。

ToPDF4

PDFになりましたよっと。


工程7【印刷】

SDカードやらUSBドライブに入れてセブンイレブンに持って行って印刷!
A3一枚80円!高ぇ!!
A4は50円なのでA3で同時に印刷して効率よくね。

プリンター買わなきゃなぁ。

でもまぁコンビニプリンターは印刷綺麗だし、何より早い。

IMG_20131004_025657759

印刷完了。
んじゃ切ります。

 
工程8【カット】

IMG_20131004_025935762

切ったよ!

 
工程9【両面テープ貼る】

IMG_20131004_030624848

貼ったよ!

欲を言えば箱の外から貼って透明フィルムで保護するのがベストなんでしょうが。
そんなお金かかることできません。
ということで箱の中から両面テープで貼ります。

 
工程10【箱に貼りつける】

IMG_20131004_030747797

ペタッとね。
上下間違えないように!←満月で間違えたorz 

IMG_20131004_031132589

こんな感じになりました。 
端しか貼ってないから色が違って見えるけどそれもコストと手間の問題。
こだわる人は全面貼ってくださいな。


工程11【もっかい収納】

IMG_20131004_031401270

箱に入れて、と。


 
工程12【完成】

IMG_20131004_031429268

ね、簡単でしょ?←これが言いたかっただけ。




というわけで、

IMG_20131004_034916893


圧縮で快適なボドゲライフを!!



ちなみにジャストインタイムやTHE BOSSなど、得点ボードが大きいのはボード自体をコピーして厚紙に貼って折り曲げれるようにして入れてます。




ちなみに圧縮最大のコツ。

作業が適当になってきたと感じたら止めて寝ましょう!


お後がよろしいようで。
 

9/28 浜log@中山

浜log行ってきました。

また一時間ほど寝坊したのは置いといて。←


・ ビッグディール
IMG_20130928_134108314
Raelさん持参品。初プレー。
Raelさんのベスト5に入るボドゲらしい。

株ゲーです。非常に自由度の高い。
自分の手番には山札からカードを引くことだけがマスト。
あとは以下の行動を任意に行えます。
・場に資材を売り買い。4色で色毎に売れるほど価格が上がる。売り買い各3つまで。
・場にカードを売り買い。
・同じカード2枚以上とコスト資材を使って会社を設立。
・カードを手札に戻して会社を畳む。資材は手元に残る。
・会社として出してるカードを除外して値段+50の収入。
・相手の会社のカードを使って乗っ取り競売。

円状に置かれた資材、購入・売却手続き中は立てることで分かりやすくていい。
同じ種類のカード2枚以上と対応する資材を使うことで会社を設立できます。
その状態で自分のターンを迎えると配当がある。

肝は乗っ取り。
相手の会社と同じ種類のカードを手札から出して乗っ取りの競売ができる。
順に価格を提示して折れたほうがその金額払ってカードを譲る。
乗っ取る側は提示額×相手の出している枚数払うので基本的には不利。
奪った会社に対応する資材を持っていれば即設立することで配当分ボーナスがあるのでそれを活用。
ちなみに資材は奪えず、資材の売買や自分の会社を畳むのもいつでも任意。
逆に言えば乗っ取る側は相手にカード1枚を高く買ってもらえるチャンスでもある。

大切なのはリスクヘッジ。
高い金出して会社建てても、所持金が少なくなりすぎると相手に安値で奪われる。
建てた上で相手が乗っ取ろうとしてきても逆に買い取って強化する金額を残して立ち回るのが大事。

もう一個特徴的なのは終盤。
カウントダウンカードが7枚デッキからめくられたら終了で、どの資源もカードも一律で安くなる。
なのでゲームが終わる前に可能な限り売り抜ける。 
どこまで定期収入に賭けて残るかのチキンレース。 

なるほど、株ゲーとしては非常にシンプルで、先述の通り自由度の高いゲーム。
乗っ取りは直接攻撃的な要素だが、乗っ取られることが決して悪いことではなく、お金を稼ぐチャンスでもある。
リスクヘッジや引き際を考えての行動が大事。
いいゲームでした。

株ゲーは嫌いじゃないけど勝てないんよね…。最下位でした。ぐぬぬ。


・Alle meine Tiere
IMG_20130928_153905511
持参品。初プレー。
シュタウペの2013年作。英語では「All my animals」かな。

3×3に9枚動物を並べます。
裏には「体長」「重量」「絶滅危惧種かどうか」「群生か孤立性か」が書かれていて。
ターンプレイヤーは矢印カードをめくり、書かれている条件を満たす列を探します。
条件は「体長が昇順」「重量が昇順」「絶滅危惧種かどうかが一致」「群生かどうかが一致」の4種。
1か所指定(斜め有)して、オープンして答え合わせ。
正解してたら1枚確保して他は捨てて、補充して次の人。
不正解なら場札戻して、今の矢印カードを次の人に渡す。裏面確認してるのでヒントになる。
全員不正解したら中央1枚とどこか1枚を捨てて、補充。矢印も引き直し。
先に4枚獲得した人が勝ちです。

子供用ファウナというかマニマルズというか。この手軽さがいいね。
絶滅危惧種かどうかは絶滅危惧種マニュアルでレベルなんたら以上とかあるらしいが分からんw。 

これは小学生くらいの子供とやりたいゲームだなぁ。
群生とか分かるかしら。


・ ムード
IMG_20130928_155649691
Raelさん持参品。初プレー。
けがわさんからのリクエストらしい。
アメリカの傑作パーティーゲームをRaelさんが自作して色付け。

好き嫌いが確実に分かれるゲームとのことで卓に付くまでどんなゲームかも秘密w。
ルール説明後にわにかわさんに「どうして誘ったんですか」言われましたw。

場に9枚の感情カードが置かれます。
「色っぽく」「子供っぽく」「かっこよく」「キレて」「イライラして」「涙ぐんで」など。
そしてターンプレイヤーにはセリフカードが。
もうお分かりですね。
ターンプレイヤーはランダムに引いた番号の感情でそのセリフを読みます。
他のプレイヤーはそれがどの感情かを当てる。

難しいのは似た意味の感情。
「泣きながら」「涙ぐんで」や「キレて」「イライラして」「怒鳴って」など。
それをどう区別して表現するかがカギで。
Raelさんオリジナルルールで似た言葉で色分けしてあって似た言葉3つ以上から当てられたら点数二倍。

個人的にはこういうゲームすごく苦手…なはずなんですが。
事実ヒットマンガは1巡目でリタイアした。
でも最近ダイスDEポンで下ネタ答えるのを厭わなくなった所為かw、今回はあまり苦手意識起きなかったです。
むしろ結構当ててもらえて嬉しかった。

演技するのには慣れてないけどカラオケでセリフに感情込めるのは好きですw。

「ひかえおろう!この紋所が目に入らぬか!」を怒鳴りながら言いましたw。
けがわさんの「色っぽく」に全員「せつなげに」を出してて面白かったw

いやぁ面白かったな、これ。
声優さんや役者さんが多い業界ボドゲ会でやりたいな。
むしろ普段からそういう訓練してそうで楽しんでもらえるかは不明だがw。

自作しようかしら。
なお、自作すると大半の人がアニメ名言バージョンを作ってしまうとのことw。
なるほど、分かるw。


・いかさまゴキブリ
IMG_20130928_171207337
持参品。このゲームプレー中の写真撮るの難しいw。

世にも珍しいいかさまをするゲーム。
基本的にはウノのようにカードを出して、たまに特殊効果。
違うのは先述の通り、いかさましていいんです。
「床に捨てる」もよし、「袖口に隠す」もよし、「2枚重ねて場に出す」もよし。
しかしプレイヤー1人が担当する「カメムシさん」にばれてはいけません。
ばれてしまったらそのカード回収+カメムシさんから1枚受け取る+次のカメムシさん役になります。

ようはこの「カメムシさん」にばれなければいい。
あとは1手番に1枚、最後の1枚はイカサマ禁止などの細かいルールは守って。

というわけで不思議アクションゲームです。 
どれだけカメムシさんの虚をついてカードを捨てるか。
しかしそればかりに集中すると早い者勝ちで行われるカードの特殊効果についていけない。
場を見つつ、カメムシさんを見つつ、上手く手札を減らしましょう。
特殊効果処理中は逆に捨てるチャンスにも。

そしてカメムシさんはひたすら見張る。
たまに視線をわざと逸らしたりのフェイントをかけたり。
気づけば相手の手札が減ってて非常に悔しいw。

かなりのスキルゲーです。
気づけば机の端や床の上はカードだらけw。

周りの人は「カード落ちたよ」って言っちゃだめですよw。
知らないとよくやるのよw。


・ハイパーロボット
IMG_20130928_17503208
憧れのけがわさんとのハイパーロボットプレー。←
いや、マジで。
一年前に初めて知って検索していつか一緒にプレーしたいなぁと思ってたのよ。

とりあえず通常ルールで自分、けがわさん、コルトさん、usalapbitさんと。
usalapbitさんはパリノアメリカノウゼンカズラというブログでフランスのボドゲ事情を現地から書かれていた方。

ラスト2個から参加されて、2つとも勝って行かれました。つ、強い…。
写真は終了時で手前が自分、左奥がけがわさん。やや負けですかな。
え?コルトさん…あ、うん。←
がんばれ!!←

IMG_20130928_180739490
そして2戦目。けがわさんお得意のダブルターゲット。
やっぱり強かったです。数秒差で負けることが数回。悔しいなぁ。
写真は見づらいですが12手で綺麗な手。
これはギリギリ取れたような。
最終ラウンドはトリプルターゲットでusalapbitさんが持っていかれましたw。

ちょっと自分的には不甲斐ない局面が何度かあったのでまたリベンジしたい。
でも中々ここまでガチ対戦できる人がいないのですごく楽しかった。


・世界の英雄たち
IMG_20130928_20343505
しゅだっちさん持参。初プレー。
しゅだっちさんお得意の超絶彩色。Σ(゚Д゚)スゲェ!!

ルールは結構単純な陣取り。
カードの効果によって「コマを置く」「得点タイルを置く」「戦争をしかける」「お金をもらう」の4アクションを順にしていくだけです。
カードは場の3枚orトップから1枚引くドラフト式。
全て実在の歴史上の人物が描かれていて見てるだけで( ^ω^)ワクワク。
「イエス」「ナポレオン」「マルコポーロ」「織田信長」とか。
そしてそれぞれ関連のある地域に対応付けられてます。いいねぇ。

基本的には陣取りで、各地域最多な人がタイルの合計点を、2位が半分、3位は最小タイルの点数。
戦争ではサイコロを振って出目次第で相手のコマを減らしたり、移動させたり、自分のを増やしたり。
中には自分が減ってしまうハズレ目もあるので運任せ。

7金払えば特殊効果タイルが買えます。早い者勝ちで5枚くらいしかない。

あとターンの最後に2金払えば自分のコマを4つまで隣の地域に移動できる。お金がある限り。
ターンの最後にってのがミソで。得点計算は得点タイルを置いたときなので早めに手を打つのが大事。 

各地域タイルが埋まったところで得点計算が発生するので、発生しそうな地域にコマを集め、自分が勝てそうなところでタイルを置きに行く。
カードによってタイルを置けないものもあるので運にも左右される。
カードはコマを多く置けるがタイル置けない、タイル2枚置けるが置けるコマが少なくお金が手に入らないなどバランスが取れてる。

前半は中央の5地域のみ。4地域埋まったらリセットして全地域で後半戦。

とりあえずセオリー通りに点数の高いところにコマを送り込み、自分の手番でコマを増やして決算して1位になれるように調整。
その代りお金が増えずに特殊効果タイルが買えなかったがまぁよし。
前半戦で1位になるが、当然のごとく後半1位叩きに合うw。ぐぬぬ…。
 
それでも点数高めのアフリカと地中海で1位を取り、他でもいくつか点を取って、
最終的に自手番でアメリカ埋めて終了。自分1位、緑2位で5点差。

既に出てる3枚で5点だったので緑5点、自分2点で3点差。
最大点は4点なので最後で4が出ると緑9点、自分4点で5点差が埋まる。
その場合、カードの文明(得点タイル)数が多いと勝ちなのでこの時点で勝ち確。
そして引いたタイルは0点。結果3点差で勝ちました。

これは中々いいゲームだなぁ。
戦略も運もあって、カードが実在の人物だからすごく納得してゲームができて、テーマが合致してる。

IMG_20130928_191241363

そしてこの彩色ですよ。素晴らしい。
プレーできてよかったです。


てなところでお開き。
この後はいつも通りジョナサンで二次会。
フォアグラが(゚д゚)ウマーでした。
けがわさん、Raelさん、usalapbitさん、ひろぴさん、ナカタさん、自分、まーさん、コルトさんの非常に濃い卓w。 

クニツィアの話とかアブストラクトの話とか色々聞けて面白かったです。 
そんななか最近のおすすめアブストラクトゲーを教えてもらいました。


・ヤバラス
IMG_20130928_224909892
「4目並べです。しかし3目を作ったら負けです。」の超シンプルなルール。 
けがわさんが「人間じゃなくコンピューターがルールを作ったゲーム」っていうフレーバーを後回しにして総ブーイング喰らってましたがw。
Raelさんはフレーバーが多くてけがわさんは「いつ説明始まるんだ」って言ってましたがw。
インストはその人の性格が出ますねぇ(・∀・)ニヤニヤ

それはそうとこれはいいゲーム。
本当にシンプルなゲームながら奥が深い。
普通5目並べだと四三を作ったりのセオリーがあるが、このヤバラスの場合、相手が2つ並んでいる先のマスを挟んで2,1の飛びを作れば勝ちが確定する。
王手を連続してその状況を作ればいいという詰将棋的な面もあり。

ナカタさんが理論上最小手で負けてて笑ったw。

これは面白かったのでけがわさんに次回買うとき一緒に買ってくださいとリクエスト。


中々ディープな時間が過ごせました。楽しかった。



というわけで今回の浜logもおしまい。
来月は某社のボドゲ会と被ってて参加できないなぁ…。ぐぬぬ。
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ