ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

2015年08月

8/23 名古屋でカタンも楽しむ会@名城公園

カタン会へ。今回はレギュラー会。


IMG_5799
「ノイシュヴァンシュタイン城 / Die Schlösser des König Ludwig」 Ted Alspach作
 
今日も遊ぶ。楽しいなぁ。

上家の人がかなり美味しい置き方してくれたので4連続手番!とかやってたけど勝てなかった。
タイルの点が低すぎたなぁ・・・。

結果:サトウ 97○、しーにゃ 93、レン 82、おりかみ 74


IMG_5800
「カタンの開拓者たち / Die Siedler von Catan」 Klaus Teuber作

ノルマ。

途中から木港、土港、木4・4・6、土6持ちといい感じに回るが、
1手番差で上家が上がって負け。くそー悔しい。

結果:しょうこ 10○、レン 9、しーにゃ 7、ハニ 6


IMG_5801
「テンデイズインアジア / 10 days in ASIA」 Alan R. Moon, Aaron Weissblum作

前日に続いて。
めんどくさくて荷物変えてなかったのは秘密だw。 

あと1枚ってとこで負け。ちぇ。


IMG_5802
「ギルド / Guild」 高天原

ディーさん持参品。
3度目だが4人プレーは初。

戦争のバランス悪いなぁと感じてたけど、今回は戦争頑張って上手くいった。
4段目まで行ったのは初かな?3人プレーだと誰も行ってなかったから何かあるのかしら。
4人プレーだと終盤1のカードが人気になる。
3人だとこれが余ってるから横に広がりがちだったのかも。

あとは都市の効果次第か。
今回お金で兵力買える都市と資源で兵力買える都市があったから戦争行きやすかった。
まぁ1回しか使ってないけど…。

個人的には4人の方がバランスいいと思う。

あと前回までルール間違えてて、都市の効果は買ったカードの都市だけだった。
ここで縛り生まれてるのも中々よかった。

まぁ結局は戦争も対策しながら点数稼いだしーにゃさんに負けました。

結果:しーにゃ 66○、レン 56、まさ 47、ディー 43





終わり。あれ、短かった。

8/22 ボードゲームワークショップPQRS@一宮

Yokoiさんが一宮で開催しているPQRSにお邪魔しました。
ボードゲームワークショップと銘打ってますが、基本的にはボドゲ会です。

BlogPaint
参加者は12名ほどかな。

昼飯はみくろんさんと近所の中華へ。
ワンコインで定食食えて中々お得。


IMG_5783
「テンデイズインアジア / 10 days in ASIA」 Alan R. Moon, Aaron Weissblum作

持参初プレー。
前日にイエサブで買ったお手軽旅行ゲーム。 

最初に1枚引いてはホルダーのどこかに置き、10枚置いてスタート。
手番では場に公開されてる3枚か山札トップを引き、手持ちのどれかと入れ替え。
隣り合ってる国同士はホルダー上でも隣り合っていればよく、
鉄道で通じてる国は間に鉄道を、海に面してる国は太平洋とインド洋でそれぞれ対応する船を。
同じ色の国同士は同色の飛行機カードを間に挟めばOK。
捨てた札は公開されてる3枚のどれかを上書き。
最初に旅行を完遂させた人が勝ち。

一枚引いてどこに入れるかだけなので非常にお手軽。
アジアなので知ってる国名が多く、この国はここに有ったんだと勉強になります。
これ日本語版あったら子供にやらせたいゲームだなぁ。

あとこのゲームのいいところは買うと立派なタイルホルダーが8本もついてきますw。
中古で1500円だったので元が取れてるw。

結果:イザキ ○、 レン ×、コハネ ×、Ace × 


IMG_5784
「ケルトカード / Keltis: Das Kartenspiel 」 Reiner Knizia作

持参品。
手札からカードを1枚出して自分の場に。
同じマークのカードは昇順降順のどちらかにしか出せない。
段々周りの列が固定されてくるとどこを待てばいいか、どこを捨てればいいかが見えてくる。
各列4枚でやっとプラス点。1~3枚はマイナスなので無理に始めないように。
終端カードが5枚出されたら終了。

今回は基本2色で攻めて、中盤で誰も青に行ってなかったので捨て札が多く、手を出す。
結果的には4枚出したところで終わっちゃったので0点だったが。

願いの石取るために2枚捨て札にするので捨て札拾いがしやすいのがいいね。

結果:レン 13○、Ace 9、イザキ 6、コハネ 5


IMG_5785
「スパイフォール / spyfall」 Alexandr Ushan作

最近話題のスパイフォール。初プレー。
やってみたかったのよね。

30種類くらいの場所からランダムに1つが選ばれ、スパイカード1枚とその場所カードが残り人数分配られる。
制限時間内に一人ずつ誰かに質問をして、場所カード持ってる人はスパイを、スパイカード持ってる人は他の人が持ってる場所を当てるのが目的。

人狼系って声も聴いてたけど、それよりはペアペア連想ゲームに非常に近かった。
上手く味方には伝わる答え方をしたり、スパイが適当に言ったら外れるような質問したり。
質問の仕方は中々難しい。「人がたくさんいますか?」とか「行ったことがありますか?」とか。
あまり具体的な答えの質問をしてしまうと場所がバレるので、丁度いい塩梅を。
スパイ側は他人の答えから場所を推測し、自分に来たらどちらにも取れるような答えで。
ある程度系統が絞れたら味方だと思ってくれるような答えを。
うーむ、難しいね。

2回やったが両方ともエージェント側。
最初の場所カードは劇場。ニートさんに「2カ月以内に行きましたか?」と聞いてみる。
先日歌舞伎見に行ったことを知ってるのでw。そんなメタプレーもあり。
その意図も伝わったらしく、YESともらって白確定。
その後、劇場に映画館を含めて考えていた2名が他から疑われる結果に。
結果はハズしました。

なるほど面白い。
正体隠匿とか推理とかよりは発想力、どれだけ上手い質問を瞬時に思いつけるかが大切。
そんなところがペアペアっぽい。
人数が多いほどスパイが辛くなるのはまぁしょうがないかな。

日本語版は9月下旬に流通するらしいです。買いますよ。 


IMG_5786
「ノイシュヴァンシュタイン城 / Die Schlösser des König Ludwig」 Ted Alspach作

先日に続いて。

親がパーツを値付けして左隣から順に購入。
部屋の入口同士をつないで城を作り、全ての入り口が埋まった部屋は特殊効果発動。
最終的に共通の目標で順位点、個人ボーナスカードで追加点。

悩ましいのは主に値付け。
美味しいパーツを安く渡したくはないので高くするが、相手の支払いは自分の収入になるのでなるべく高く買ってもらいたく、買われる程度の高さで。むずい。

手持ちのボーナスカードと共通目標に沿って行動して点を稼ぐも、
ニートさんの紫の部屋完成させてボーナスで点数再度獲得が強ぇー。
紫最強説。

結果:ニート 94、イザキ 72、レン 65


IMG_5788
「ピット / PIT」 Edgar Cayce, Harry Gavitt, George S. Parker作

久々に遊ぶ。新版は初だなぁ。

WinningMoves版に比べると絵柄が分かりにくくてメリットかつデメリット。
旧日本語版の黄色い絵柄の方がより分かりづらかったので立ち位置的には中途半端w。

安定の面白さで。
サイレントピットもやったよ。

何気にちゃんと得点つけるルールでやったことないなw。


IMG_5789
 「はげたかのえじき / Hol's der Geier」 Alex Randolph作

軽くね。
6人プレーは運ゲーですw。


IMG_5790
「なまえをよんで / Головоноги」

持参品。
キャラに付けた名前を早い者勝ちで呼ぶ。

ニートさんの付けた「私の足長おじさん」が長いし呼びづらいしw。

すごろくや訳ルールよりねんそさん訳ルールの方がドラマティックで好きですw。


IMG_5792
「世界の七不思議 / 7 Wonders」 Antoine Bauza作

持参品。
オリンピア結構使いやすいね。

4人プレーだと戦争行く人と行かない人が対面ペアに分かれてちょっとアレやね。

結果:かずき 68○、レン 57、Ace 49、hey太郎 49


IMG_5794
「アクワイア / Acquire」 Sid Sackson作

久々に。

シドサクソンの名作ホテル株ゲー。
ルールは今更書かないのでググってね(ぉ

序盤で潰しやすい場所にアメリカ建てるも全然引かず。
全員お金使い切った状態で、他3人1位タイのコンチが潰されて自分だけ金なしで辛かった。
その後も引き悪。ほとんど何も出来なかったよ…。

結果:Ace 40200○、日和屋 38700、かずき 32800、レン 27100


IMG_5795
「チェーテン / 長天」

持参品。
一言でいうとドミノでしりとり。出せないなら裏向きで。
裏向きにした目の数の少ない人が勝ちで差分を払う。

シンプルで楽しい。

うーん、酷い手だw。

結果:日和屋 +76、レン +19、Ace -45、かずき -51

計算合わないけどまぁ気にしないw。


IMG_5796
「ダイスリグレット / Wüffel Ligretto」 Inka und Markus Brand作

ダイスをランダムで配って、同時に振ってスタート。
リアルタイムで、各列1から順に置いていく。
いつでも全振り直し可能。
振り直して置ける目を待つか、振り直さずに他人が埋めてくれるのに期待して待つか。

シンプルでいいゲームっすよ。


IMG_5797
「クアトロ / Cuatro」 Jürgen P. Grunau作

前からやってみたかったのをようやく初プレー。
グルナウ先生好きなのよ。

ルールはヤッツィーして役作ってコマ置いて4目並べ。
5回まで振り直し可能だが、他人に被せて置くときは2段目なら振り直し4回まで、3段目なら振り直し3回までと制限される。
4つ並べるか、3つのヤッツィーマスに置ければ勝ち。
分かりやすくていいね。

基本的には下家のリーチは上家が潰す、お仕事ゲー。
 
下家の白玉さんがリーチだったが、上がり役がヤッツィーだったのであえてスルーw。
その隙にリーチ作って、上家が止めなかったので勝ちましたw。

止めあいのガチプレーだともっと泥仕合になるだろうな。

なるほど、面白かった。


IMG_5798
「プロヒス:取締局捜査官 / Prohis」 Marc Brunnenkant作

お手軽密輸ゲー。遊ぶのは2回目かな。

手番ではカード2枚取るか、4枚まで輸送する。
他の人は輸送に対して手札から捜査官カード出してガサ入れ。
赤い非合法品カードをめくられると全部徴収されます。
めくる枚数は捜査官のグレード次第。
輸送する側は手札から賄賂渡してガサ入れを止めてもらうことができる。
捜査員は手札に戻るのでガサ入れする側もお得。
それでも大量に稼ぎたいなら続行も有り。
制限枚数までめくって、非合法品引けば摘発して徴収。
全部合法だったら輸出成功して、捜査官は輸送側が手札に貰える。 
捜査官カードをめくったらガサ入れがそこで終了して輸送成功。

そういや先日やった魔女裁判にちょっと似てるね。
一か八かに賭けるか、お互いに妥協して終わらせるところが。

賄賂ばかり貰ってても相手はそれ以上に稼いでるので勝てない。
どこで相手の意図を読んで摘発に行くか。
非合法品ないと見せかけて賄賂渡さずに引いてもらうブラフもあり。

いいゲームですよ。
アークライトの日本語版の邦題以外は…。 
私はバネストの邦題を使い続けますw。

結果:日和屋 60○、白玉 57、レン 45、かずき 32、ラスカル 32



終わり。
二次会は回転ずしでした。

8/21 大須イエサブ金曜会@大須

イエサブ金曜会へ。


 
IMG_5774
「エクストラ / Extra」 Sid Sackson作

持参品。
ダイス5個を誰かが振って、各自2:2:1に分けて使う。 
2つ組は合計値のボックスにチェック。
1つのダイスは右側のエクストラ枠に記載。
エクストラの数字を3つ決定したらば、以降はそのどれかを必ずエクストラに選ばねばならず、
残りの4つを2:2に振り分け。
3つの数字が1つも出てないときはエクストラ不要のボーナス回。
3つのエクストラのうちどれかが一番下まで行ったら自分はそこで終了。
各列、チェックが進んだ場所の上の倍率に右に書かれている得点を掛けたのが得点。
ただし0のマスで行ってない列は1つにつき-200点。
ケルトと同じく1つもチェックしてなければ0点なので半端に始めるのはよくない。

とはいえど後半は特にダイス目次第なのでチェックしたくないけどしなければいけない時も。

インタラクション皆無のゲームですが、楽しいですよ。
得点がプラスならいい方w。

結果:レン 320○、ニート 50、ギン -330


IMG_5775
「ごいた」

最近あんまり遊んでないなぁ。
安定のごいたです。

ストレート勝ちw。

結果:レン&ニート 150○、ギン&ねくろん 0


IMG_5776
「ウィッチトライアル / Witch Trial」 James Ernest作

初プレー。New Games Orderによる日本語版。
チーパス版持ってるけど積んでますw。

手番ではカードを取るか、告発するか、裁判起こすか。
カード取る場合、場に並んだ5枚から。左端がタダで、右に行くほど5ドルずつ増える。 
加えて山札から1枚引けます。
告発は容疑者カードか告発カードを手札から出して、場に並んでるいずれかのもう一方のカードとセットにして自分の前に。どこ取ってもタダでお得。
裁判は自分のものか他人の物に。
自分の選んだら他の人はダイス振って、出目が小さかった人が弁護人に。自分は検事。
他人の選んだら自分が弁護人で相手が検事。 

まずは検事が好きなだけカードを使って陪審員値を上げる。
ここで1回和解のチャンス。
和解しなければ今度は検事が好きなだけカード使って陪審員値を下げる。
んでもっかい和解のチャンス。
最後に検事が1枚だけカード使って、もう1度和解のチャンス。
和解しなきゃダイス2個振って、陪審員値との合計が13以上で有罪。
和解は裁判で貰える報酬を分け合う提案。無駄にカード使わなくて済むのでお得だが、2人で分けるので金額は減る。
どこで和解に持って行き、どこで勝負に出るか。

和解が大事なので交渉ゲーム的な側面が大きいかな。

以前ルールブック読んだけどよく分からなくて断念したのよねw。
あとはルドフィールの時に澤村さんに聞いたくらいでw。

改めて読み返してみたけど、日本語版になってルールちょっと変わってるのな。
チーパス版は手番開始時に1枚ドローだが、日本語版はカード取るアクション選んだときだけ追加ドロー。

基本的にはカード使って自分の都合のいいように陪審員値を上げ下げ。
あまりカード使いすぎても疲弊して狙い撃ちされるので、適度に使って和解するのがいいんだろうな。
日本語化されてるとフレーバーが分かっていいね。

使わないのもったいないなぁと裁判中止にしてお金は持ち越すアクションカード使ったらその後回収されて負けた。
使わなければ勝ってたんじゃないか疑惑w。 

思ったよりもルールはシンプルで面白かった。

結果:ねくろん 415○、最上 380、レン 360、ギン 325
 

IMG_5777
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

とりあえず豆。
3人でやろうとしたらディーさん来たのでかけつけ一豆w。

結果:レン 20○、ねくろん 18、ディー 16、最上 14 


IMG_5778
「キングアーサーカードゲーム / King Arthur: Das Kartenspiel」 Reiner Knizia作

持参品。クニツィアの拡大再生産しない煌き。

手番では兵士カードを出してエネミーカードを獲得。数字分必要。
兵士カードは1か2、同じ色の兵士カードなら同時に出せる。
その後エネミーカードを使って冒険カードを獲得。
各カード、「緑3枚」「各色1枚」「赤を7以上」とか条件が指定されてるので、対応するエネミーカードを支払い。
最後に兵士カードを1枚引く。エネミーと冒険カード取ってない手番なら2枚引ける。

3段階に分かれたカード獲得。でもシンプル。
煌き出る前ならもっと楽しめたかもw。

上級ルールは兵士カード出すだけじゃエネミー取れなくてマーカー置くだけ。
1色のエネミー全部にマーカーが載るか、既に自分のマーカー載ってるエネミーをもう一度倒すとエネミーカードを獲得できる。
こっちのルールもそのうち試してみたいところ。

結果:ねくろん 39○、ディー 38、最上 32、レン 30 


IMG_5779
「インシディアスセブン / Insidious Sevens」 Alex Weldon作

持参初プレー。ビット式トリテ。

全員手札から1枚伏せて同時公開。ランクが狙うトリック数に。
出された中で最強のカードの色が今回の切り札に。
変わってるのが、マストフォローだが、色もしくはランクをフォローする。
んで切り札以外のカードはランクが一緒なら色に強さがあるのでより強い色が勝つ。

切り札を自分が決めたいならばより大きい数字出してトリックをたくさん取る必要がある。
切り札が出てる分には通常のトリテなんだが、そうでない場合が難しい。
いくら最大の7を出しても数字フォローでより強い色出されたら負ける。

中々感覚が掴めなくて難しいなぁ。でももうちょっと遊ぶと面白くなりそうな予感はする。 
配りきりじゃないってのが辛い。カウントできん。

結果:最上 8○、ディー 4、ねくろん 1、レン 0 







終わりで。 

8/19 自宅ボードゲーム会

最上さんが盆休みで暇とのことで急遽前日夜に召集。

面子は最上さん、もちづきくん、ニートさん。



 
IMG_5763
「サイドワインダー / Sidewinder」 ツクダオリジナル

ニートさんと2人で。
左右のダイヤルを回してヘビを伸ばして先端の磁石で鉄球を集める。
慣れると狭いすき間にもくねくね曲がって入って行けます。 
相手の持ち帰ろうとする鉄球を奪い取るのが熱いw。

セッティングがちょっとめんどいのが玉に傷。


IMG_5764
「モンタナラ / Montanara」 Jog Kong作

自前初プレー。 2人用発掘ゲーム。
手番では4つの山のどれかから1枚引くか、手札使うか、発掘。
流れとしては手札からドワーフを出して、発掘で自分の出しているドワーフの数だけ山札めくって宝石出たら獲得。
アクションカードには山札トップを操作するカードとか手札交換とか山を2つ混ぜるカードとか。
あと発掘では4つの山の他に自分の手札を混ぜて発掘することもできる。
宝石多く持ってたらやりたい。

とりあえずお互いのドワーフ全捨てにするカードが凶悪すぎる。
全部で7枚も入ってるから手に負えない。 

うーん、運ゲー感いなめないなぁ。
playgameの評価はやけに高い。


IMG_5765
「ノイシュヴァンシュタイン城 / Die Schlösser des König Ludwig」 Ted Alspach作

購入後初プレー。
自分だけのお城を作ろう!

シティビルダーと同じ感じでタイルが並ぶが、親が並び替えて値付けをする。
その後左隣から1枚タイルを買うか5000マルクとるか。
払ったお金は親に行く。親が払ったのは銀行へ。
買ったタイルは自分の城に配置。90度単位で回転させて入口を繋いで好きな場所に。 
部屋の入り口を全て他のタイルで埋めたらタイルの種類に応じて特殊効果。
連続手番が出来たりお金貰えたり得点カード取れたり。

タイル補充の山札使い切ったら終了で、またシティビルダーよろしく公開されてる4種類の条件に応じて得点。
トップだけじゃなくて順位で点数入るのはいいね。
あとは手持ちの得点カードで条件に応じて得点。

初手の得点カードで賑やかな部屋1個2点のカードが来て、得点タイルにも賑やかな部屋の数が多い条件があったので積極的に取ってみる。
賑やかな部屋は入口埋めれば5点取れるが、周りに寝室などがあるとマイナス点。
あと廊下の広さの得点タイルもあったので積極的に廊下を取る。

結果、廊下と娯楽室だらけの城になりましたよw。
いやぁこの城を作ってくの楽しいなぁ。
全室ちゃんと名前が振られてるから自分の城こんなんなったよと楽しめる。

値付けは悩ましいが他は軽く楽しめる良作です。
難点は場所を食うことかなw。

1点差で負けた…orz。
正方形の部屋が1つでもあれば…。

結果:もちづき 98○、レン 97、ニート 86、最上 71
 
CMuUbq9UkAAroFc
 
ところでうちのノイシュヴァンシュタイン城、日本語版なのに何故か得点カードがロシア語でしたw。
交換対応予定。 

 
IMG_5766
「アメリカ横断ウルトラクイズ」 トミー

ウルトラクイズの過去問買ってみたけどどっかで見た問題ばっかだなぁ。
やはりネット公開のアタック25が難易度的に丁度いい。

大分問題使い切って来たのでいい本とかないかしら?


IMG_5767
「ムーンウォーク / Moon Walk」 KONAMI

ランダムで。初プレー。KONAMI旧作。
地雷臭しかしねぇ。

手札から酸素カード出してダイス振って進む。
一歩飛ばしに進むのが月の重力感w。+3,-3のマスに入れば歩調が変わる。
んで月の石チップを拾って、スタート地点まで持ち帰る。
 
手持ちの酸素が続くだけ頑張って拾いに行って、適当なタイミングで帰る。
酸素が切れたら月の石捨てたうえでスタートへ。
補充はスタート地点で進む代わりにダイス振ってその枚数引く。
あと持ち帰る度にアクションカードが引けます。点入ったり酸素カード引けたり。

ダイスに宇宙船の絵があってそれが出たら宇宙船が進む。
宇宙船が最後のマスに行ったら終了で、スタート地点に戻ってない人は脱落。

なんか海底探検っぽいな。元ネタw?
でもまぁやることはサイコロ振って進むだけなのであんまり面白くはないよw。

月の石があるマスへ行くために酸素カードのプラス補正を考えて使うくらいの戦略性。
うーん、当時。

ちなみに月の石は何故かゴム製。


IMG_5768
「ストラーダロマーナ / Strada Romana」 Walter Obert作

ランダム初プレー。
以前何故かヤフオクで即決100円で出てたやつw。

手番では馬を進めるか、予想タイル取るか、お金取るか。
馬を進める場合3移動力を割り振る。
止まったマスに商品があれば取れる、もしくは止まったマスのエリアと上下位置に応じて需要タイルが取れる。
手番で複数取れるが、同じ馬では1個だけ。
需要タイルを取るとそのときにボード上にある同色の商品の数だけ収入。
お金は常に5金で1点に変換される。また、手番開始時に払うことで馬を横移動させたり、追加移動させることも可能。
予想タイルはゴールする4頭を当てる。当たれば3点。
んでメインの得点は需要タイルと同色の商品コマの組。
1番多い色の組数×色数。 

アブストチックだが、需要タイルはどのマスでも取れるので結構緩い。
中央の道が狭いので左右で行き違う後半が面白かった。 

複数の色をそれぞれ複数集めても点数的に意味ないんだが、他人を叩くためには必要。
集めてた青をニートさんにも取られて辛かった。
自分だけ最高2つで10点。他の人は3個取ってて15点とか18点とか。
予想タイル2枚当てて6点足されたけど、素点で届かず。
同色回収最優先で良さそうね。

結果: 最上 25○、ニート 24、もちづき 19、レン 18


IMG_5769
「クランカー / Klunker」 Uwe Rosenberg作

ウヴェ作のカードゲーム。ニートさんリクエストで。

手札からカードをショーウィンドーに出して、他の人に買ってもらう。
買ってもらえなかったら自分で引き取ることになる。
また、手札から金庫にカードを入れれるが、交代で行い、先にパスした人から購入手番が来る。
購入は1金払って他人のショーウィンドーから買うか、自分のを金庫に入れるか。
自分のが既に買われてる場合のみパスが可能。

金庫には同じカードが4枚溜まると換金されるが、得点システムが独特で、
基本4金だが、同時に金庫に存在する他の色数だけ金額がマイナスされる。
1色染めで行ければ満額で美味しいけど待ちが狭いって感じか。

うーん、2度目のプレーだが前回同様訳が分からん。
提示したカードを買ってもらって恩恵得るのはオアシスとかに近いのかな。
あんまり美味しい思いさせるのもアレなので適度に絞るべきか。

やや豆っぽい。裏返してお金にするところが特に。

んー、でもやっぱよく分からんゲームw。



「ボーナンザ / Bohananza」 Uwe Rosenberg作

分かりやすい豆しようぜw、と。
また写真忘れた。

結果:最上 17○、もちづき 17○、レン 16、ニート 16



IMG_5770
「傾いてる、傾いてるよ、オイ! / Kipp Kipp Ahoy」 Gunter Baars作

ニートさん帰って3人で。なんか緩いのをと。
サイコロ振って、荷物積んで、出た目の色のねじを回す。
したらば船が傾くので倒したら負け。

分かりやすい!

ゆるくていいわー。

結果:もちづき 3○、レン 1、最上 2 

8/16 名古屋でカタンも楽しむ会~番外編~@名城公園

カタン会ですが、今回は番外編。

会場取ったけど主催のかわうそさんが来れないらしく代わりにつっきぃさんが主催。
題して「最初からカタンしないカタン会」 。

つっきぃさんの趣味で今回はテーマがアクションゲームでした。
というわけで自分もアクションゲーム中心の持込み。

というかアクションゲームじゃないの豆しか持って行ってないよ!

自分もつっきぃさんも20点以上持ち込んで被ったのがキャッチミーだけ。
持ってくのを止めた魔法のラビリンスやベッポがあったのでいい偶然。


お盆なのと宣伝少なめだったのもあって参加者は7人ほどでちょっと寂しかったですが。
それでもまぁアクションゲームを満喫しました。


あ、勝敗はメモってません。楽しんだもん勝ち。


 
IMG_5735
「騎士たちの塔 / Burg-Ritter」 Christian Tiggemann作

初プレー。やってみたくてリクエスト。

4人で紐を引っ張って、中央のゴムで積み木を運んで塔を作る。

そんなゲームなのだが、どうもゴムが伸びてしまっていたらしく積み木が持ち上がらないw。
しばらく苦戦した後に諦めましたw。残念。


IMG_5736
「キャッチミー / Hasch mich!」

ルールは2種類。
親が色ダイス振って出た色のネズミをカップ被せて捕まえる。
色が出た人のみ紐を引いて逃げる。
もう1個は数字を決めて普通のダイスを振り、指定の出目が出たらだれでもいいから捕まえる。
他の人はその目が出た時だけ紐を引いて逃げる。

シンプルな反射神経ゲーム。
指定した目ばかり出ないマーフィーの法則発動w。

ライフ3持ちでやってみたけど思ったより時間がかかったな。
久々に遊べて楽しかった。


IMG_5737
「scree」 Frank W. Sinden作

持参品。ブービートラップって名前の方が有名。 

見たまんま、バネで押し付けられた壁が動かないようにコマを取っていく。
1目盛以上動いたらマイナス3点。

これもシンプルでいいね。
1目盛以上ってのが結構曖昧だけど。
 


IMG_5738
「シルエット探偵 / Kofferdetective」 Guido Hoffmann作

やってみたかったのでリクエスト。初プレー。

10数枚のカードから親はランダムで8枚選んで公開。
対応する形の板を取って、その中から2枚を覗いて箱に入れて振る。
んで箱の反対側を開けると重なったシルエットが見えるので、子は時間内に抜かれた2枚を当てる。 

特徴的な形が多いので余程固まらない限りは結構簡単。

難易度調整で入れる総数を増やしたり、抜く数を増やして遊びました。

これは大人も子供も楽しめるいいゲームだなぁ。 
ちょっと箱が壊れそうで怖いが。引出のとことか。


IMG_5739
「キピット / Kippit」 Torsten Marold作

持参品。タクトさんと。
 
最近よく遊んでるシーソーゲーム。
ただ崩れたら自分で引き取るが、シーソー傾けて崩したら相手に押し付ける。
んで手持ち全部載せたら勝ち。

シンプルでいいゲームですよ。
ときどき泥沼化するけどw。 

いかにいやらしく積めるかが大切w。


IMG_5740
「シュナップス / Schnapp's」 Carlo A. Rossi作

久々にやりたくて持込み。

2人ペアになってお題を口頭で伝えるカルタゲーム。 
似た絵がたくさんあるので如何に特定できるヒントを出せるか。

んでこのゲームの本領は2周目から。

2周目からは読む係はイベントカードを引いてプレー。
「口を2本の指で横に開きながら説明する」とか「片足で飛び跳ねながら説明する」とか。
「他の人が適当な説明を同時に言って邪魔する」とかもあって楽しいw。

まぁそんなバカゲーです。好き。


IMG_5741
「パニックタワー / Panic Tower!」 Jack Lawson, Andrew Lawson作

初プレー。

交代でカードを引いて指示に従って積み木を積む。
9マスあって、指定された色のマスに積み木を乗せたり、
ある色からある色の上に移動させたり。

ダメそうなとこ引いたらやばいっていうそんなゲーム。
シンプルでいいね。

メイクンブレイクの作者なのなー。


IMG_5744
「ハリガリリング / RinglDing」 Jeanie Gadish, Geannie Gadish, Haim Shafir作
 
ハリガリシリーズ。
カードをめくって指定された色・形でゴムリングを指に巻いて早い者勝ちでベルを鳴らす。

うむ、分かりやすい。

両手使うと簡単すぎるので片手だけルールでやりました。
いい感じに複数巻が難しくていい。

安定ですなぁ。


IMG_5745
「カイロ / Cairo」 Günter Burkhardt作

持参初プレー。まえださんに譲ってもらったやつ。

ダイスで船を進めて、船からキューブを指で弾いて飛ばす。
最後に各建設現場ごとにマジョリティ点数。
3つ以上資材があればピラミッド状に積んで上段ほど影響点が強い。

意外に難易度が高い。
3人だとあんまりピラミッドが積まれなくて寂しかったな。
人数多いともっと面白くなるだろうか。 


IMG_5746
「マッチボール / Matchball」 Jack Lawson, Andrew Lawson作

久々にやりたくなったw。

ダイス振って、出た目のマスにピンポン玉をバウンドさせて穴に入れる。
それだけのゲーム。

何がすごいって2014年にこれを出すラベンスバーガーが凄い。
そしてそれをメビウス便に入れるメビウスが凄い。

ってこれもメイクンブレイクの作者かー!


IMG_5747
「ライネン・ロス / Leinen Los!」 Alex Randolph作

持参品。

船のスリットに刺さって固定されてないパーツを押して、フラフラする船を指定のコースに沿って進める。
面白いのはタイマーで、隣のプレイヤーがロープを2本の柱に巻きつけて時間を図る。

いい子供ゲーです。

ボードの境目が難所w。


IMG_5748
「ヤギのベッポ / Beppo der Bock」 Arthur Drescher, Peter Schackert, Klaus Zoch作

紹介プレー。

ボードに埋め込まれた磁石の上にベッポコマを置き、パチンコ玉を転がして磁石にくっつく衝撃でベッポコマを飛ばす。
ベッポコマが飛んだ先の地形に従って自分のコマを進める。
ベッポコマが当たって飛び出たプレイヤーコマはスタートに戻る。

クローバーのコマを最初に超えた人は自分のコマを載せて、ベッポコマがぶつかってもだるま落としの要領で回避できる。

ギミックが最高ですなぁ。
ある程度慣れるとどこのマスにいても狙えます。

お互い殴りあっての泥沼で中々終わらねぇ…。
途中からスタートじゃなくて一番後ろのコマの1歩後ろに戻る上級ルールに変えました。

途中だるま落としで抜けたクローバーが壁で跳ね返って戻って、再度コマの下に入ったのが面白かったw。


IMG_5749
「ブロッキーマウンテン / Blocky Mountains」 Gerhard Junker作

持参品。ようやく自分で遊ぶよw。

カードに指定された形に積み木を積み、お題をこなす。
コマを棒で釣って移動させたり、紐でぶら下げて移動させたり。
ディスクをサッカーしたり、積み木の上を滑らせたり。 

やってることはばかばかしいですが本人は真剣!

楽しいですよ。

ある程度慣れると簡単になるので途中から上級レベルのカードを。
 
IMG_5750
ディスクを蹴り落として乗せるのに成功!
これは嬉しい!

拡張も買っておけばよかったなぁ。



IMG_5752
「リンゴフラミンゴ / Ring-O Flamingo」 Yakov Kaufman, Haim Shafir, Yoav Ziv作

初プレー。

柔らかいプラ製のリングをテコの原理でひっかけて弾いて飛ばす。
んでフラミンゴに引っかかれば得点。分かりやすい!

出オチゲーだと思ってたけど意外に楽しめましたw。 

箱がデカいのが難点w。


IMG_5753
「空飛ぶチーズ / Flying Cheese」 Yoshiyuki Arai作

交代で絨毯を敷き詰めていき、カタパルトでチーズを模したスポンジを飛ばす。
入ったところの色の人にポイント。
中央のマスは入ればラウンド数+1ポイント。
最後にスポンジダイスの出目が最大の色に2ポイント。

うーむ分かりやすい。

韓国ゲーだけど作者日本人なのか。ピラミッドピラミッドの人。

これ系だとチップチップフラーとかノミのサーカスの方が好きだなぁ。


IMG_5754
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

ここにきてアクションゲーム以外が!
豆です。ええ。

結果:ディー 25○、レン 24、白玉 18


IMG_5755
「秀才コースゲームけいさん / Beat the Black Ball」 Frank D. Ventura作

持参品。名作レトロゲーム。

他のプレイヤーよりは遅く、しかし中央のボールよりは早くボールを落とせ!
シンプルで熱いチキンレース。楽しいぜ。

2回目は上級モード。一番下を1点からマイナス1点に変更。
すると早すぎるとマイナス点なので他の人より遅くする緊張感が出ていい。



IMG_5756
「ダス・シュピール / Das Spiel」 Reinhold Wittig作

初プレー。積んでますw。

たっぷりのサイコロ+土台で色んなゲームが遊べる。

今回遊んだのはアスパラガスというアブストラクト。
あえてアクションゲームじゃないのを選ぶw。

適当に土台に積んで、手番では上にダイスの載っていないダイス1つを取る。
青は1点、白は2点、赤は3点、10個だけの黄色は5点、1個だけの紫は10点。

非常にシンプル。
コツは自分の上家が取りたくないダイスを取らざるを得ないように手番をコントロール。
ダイス4個取ったら元の状況に戻るような場所を取っちゃいけないってこと。

自分の下家2人が勝ってそうだったから上家のディーさんが自分に得点取らせるお仕事してくれないかなぁと思ってたけど、蓋を開けてみればディーさんがトップでした。


IMG_5758
「ファストラック / Fastrack」 Jean-Marie Albert作

ゲーム置き場に置いてあって、つっきぃさんのお手製かと思ったら普通に製品でした。
この版は初めて見るなぁ。

紐でコマを弾いて狭い門を通して相手の陣地に送り込む。
先に全部送り込んだら勝ち。
シンプル!いい!

コマが色別だったので自分の色だけってやってみた。
全部だと結構泥沼化するしね。

これもいいゲームですよ。


IMG_5759
「ルーニークエスト / Loony Quest」 Laurent Escoffier, David Franck作

タクトさんと2人で。

中央の絵に合わせて手元のシートに目測で線を引いたり点を打ったり。

姉妹作のDoodleQuestと比べるとこちらはアイテムがあったりして特殊。
あと難易度は各段にこちらが高いです。

今回はステージ1,5,7をプレー。
後半無理ゲーw。

でもやっぱ楽しいゲームだ。







これにておしまい。
中野店長がコミケ帰りで来たのでしばし雑談してました。


たまにはアクションゲームづくしもいいね。
普段の倍疲れたけどw。 

DEAR SPIELEに行ってきた

レポート以外の記事書くの久しぶりだな。


IMG_5689

DEAR SPIELE
http://www.dear-spiele.com/

調布のあなの主催かんちょーさんが新しく東中野にボードゲームスペースをオープンするとのことでプレオープンに行ってきました。
先日のクローズ会がここでやったのですよ。

場所は東中野駅から徒歩1分。
エレベーターなしの4Fですが、常設ゲームが多いのでみんな手ぶらで行くだろうし、そこまで苦じゃないかな。


IMG_5697

現在まだプレオープン中で知人のみの利用って感じです。
本格オープンは8/29とのこと。
 
料金体系は写真の通り。
他の店と比べるとかなり安いですね。
その分飲食物で補填してるらしいのでみんな頼んであげてねw。
そのためにわざわざ食品衛生管理者の資格取ったとか。わお。

貸切も可能で、人狼での利用もOKらしいので需要は高そう。
そっちばかりになるのも困っちゃうけどね。

 
BlogPaint
 
店内はこんな感じ。クローズ会中だったので人多し。
無人の写真は公式ページで見てねw。 

机は4人掛けが6卓。ゲーム用でない休憩用が1卓。

IMG_5702
 
各机には荷物入れの箱と飲み物を置くドリンクホルダーが人数分完備。
ボードゲームのよくある悩み、特に飲食物出すところだと顕著な、飲み物のこぼれや結露によるコンポーネントの破損問題。
飲み物はタンブラーで出すとのことで、その点は対応が完璧!
ここら辺は流石ボードゲーム会主催。

テーブルクロスはいつも使ってるハイミロンかな?
カードゲームが机に貼りつかず、重量感あってズレもなくて快適です。

電源タップも全席分完備。
多分各種電源ケーブルもあるでしょう。
携帯の電池気にせずに遊べるよ。
混んでなければスペースアラートなどの音源いるゲームもできるかな。


IMG_5701
 
奥にはテレビとソファーもあってくつろげます。
新旧のテレビゲームも置いてあるようです。
ボードゲーム書籍が置かれているので息抜きに読むのもよろし。


IMG_5703
 
とにかく圧巻なのはゲームの数。
かんちょーさんの私物を提供してるのでラインナップが流石です。

中でも、
・アレア全ゲームコンプリート
・ゴールドジーバー全ゲーム(ほぼ)コンプリート
は一見の価値あり。

特にゴールドジーバーは他では見たことのないレアゲーが多数。
和訳してないのは置いてないだろうけどw。
メーカー縛りで遊んでみるのもいいかもしれませんね。 

レアゲーの仕入れ販売をしてるかんちょーさんだけあって、希少価値の高いレアゲーもたくさん。
スプロッターのバスやHABAのキャンディー工場、ハズブロ版アクワイア、幻とも言われるハイジとペーターなど。
それらを遊ぶためだけに行くのも十分な動機づけ。

かんちょーさんがいれば有名所はほとんどインストしてもらえそう。
これは他のボードゲームスペースにない特権よねぇ。
忙しそうだったら遠慮してあげてねw。

遊べるゲーム一覧はこちら↓。
http://www.dear-spiele.com/games.html

なお、ポーカーセットやトランプは置いてないとのこと。
これは風営法の関係らしい。
持ち込んで遊ぶ分には大丈夫とのことだが。

あれ?と思った人、深く考えちゃダメです!(ぉ


あと写真の上部に注目。
地震対策…は置いといて、掃除用のコロコロ完備w!!
使い終わったらコロコロしときましょうね。 


あと最大の見所はゲームの販売。
ホビージャパンやメビウスの新作・人気作はもちろん、かんちょーさんならでは、ゲームマーケットでお馴染みの中古ゲーム販売も常設。
都内でこれだけのレアゲーが買える店は初めてだろうね。便利。





 
基本的に定休日はなしで、かんちょーさんとバイトの女性2人の誰かが常にいる感じとのこと。
バイトの女性は声優さんですって。さすがかんちょー(?)。

調布のあなも続けるらしいので開催日はバイトさん主体になるらしい。 
忙しいのに頑張るなぁ。

近所には飲食店多数。目の前は牛角だったかな。
1Fにはセルフキッチンがあって材料費払って自分で作って食べれる。珍しいね。


というわけで我らがかんちょーのDEAR SPIELEよろしくお願いします。
関東に住んだままだったら足繁く通ったのになぁ…。

もっかい書くけど本格オープンは8/29です。


頑張れかんちょー!
また遊びに行くよ!


ふおお、俺も名古屋でボードゲームスペース開きたい!
お金ない!知識ない!行動力ない!
 



最後に豆知識。

店名のDEAR SPIELEは、英語で「親愛なる」 のDEARに、ドイツ語で「ゲーム」のSPIELの複数形SPIELE。
ドイツ語の定冠詞Derをかけてるのかもね。Spielは男性名詞だからDasだけどもw。
ボードゲームを愛するかんちょーさんらしい名前でいいと思うよ。 

8/15 ボドゲはむはむ@伏見

mixiで募集をしてたおしゃれボドゲサロン開催のボドゲはむはむにお邪魔しました。


IMG_5713
場所は伏見のコワーキングスペース。こんなんあるのね。 

定員は20名ほど。
どんなもんか分からなかったので重量級から軽量級まで色々持ち込んでみました。

知り合いはhey太郎さんくらい。



IMG_5724
満員御礼で盛況でした。
初対面の人ばかりでしたが、カタン会には行ってるって人も何人か。

初対面の人ばかりだと名前を聞いてる余裕がなくて得点メモ諦めることが多い。
まぁあくまでオマケです。

IMG_5729
受付ゾーンも手が込んでますなぁ。




IMG_5714
「あーぎ!てくと / Ugg-Tect」 Walter Obert作

そういや初プレー。 
開幕でこれを出すhey太郎さんェ…。 

1人が設計図を見ながら他の人に指示を出して積み木を積むが、
喋れる言葉は原始人語で「あぎんぐ」とか「かぎんぐ」とか。
それぞれ回転とか前後とか対応してる。
結果が合ってたら棍棒で1回殴る。違ってたら2回殴る。

まぁそんな感じのバカゲー。

仲良い面子でやったら盛り上がるだろうが、初対面でやるゲームじゃないなぁw。
こういう恥を捨てる系のゲームは得意苦手があるからねぇ。

そこらへんのジャッジは大切。


IMG_5715
「シャイベンクライスター / Scheibenkleister」 Kristian Amundsen Østby作

持参品。
両隣がしかけるNGワードを回避しながらお題を伝えるコミュニケーションゲーム。

今回のハイライトは他の方の出した『四か国語麻雀』ってお題に『タモリ』と正答できたところ。
こういう分かる人には分かる系のヒントが出せると嬉しいね。


IMG_5716
「インフェルノ / Inferno」 Reiner Knizia作

持参品。多人数でできるライトゲーとして。

UNOのように数字か色が合うカードを出していくが、UNOと違うのは直前のカードでなく最初の1枚と同じものを出し続ける。
出せないか出したくないなら引き取ってマイナス点。
1枚マイナス1点だが、赤いカードは額面がマイナス点。
 
1枚目に出されたカードによって他の人が引き取るまで出せるかの勝負をするか、早めに降りてマイナスを小さくするかの選択。
戦略的撤退が大切なゲームです。

1ラウンド目初手でいきなり赤スタートで、いけるかなと思って勝負に出たら引き取る羽目に。
1ラウンドで65点くらい喰らってもうだめぽ…w。

4ラウンド終わってみんな60点前後で自分だけ140喰らっててダントツ最下位でしたw。


IMG_5718
「クイズいいセン行きまSHOW!」 川崎 晋 作

カワサキ工場長作の全員の解答の中央値をめざすパーティーゲーム。

これで遊ぶときはいいセンのセンの部分をレンに書き換えて名前書くのがお約束w。

安定して盛り上がるいいゲームです。


IMG_5719
「世界の七不思議 / 7 WONDERS」 Antoine Bauza作

持参品。ちょっと難しめのをとのことで、未プレーの人が多かったこれを。
手札から1枚取っては残りを隣に渡すハンドドラフトゲームの名作。

アレクサンドリアな上に資源安く借りれる黄色が両側分取れたので楽だった。
基本的には下家で経験者のhey太郎さんを絞めるスタイルでw。

2つ隣が両側とも戦争に走ってたので、その分自分の隣が戦争放棄で最小限で勝てて美味しい。

技術ゼロで久々に1位でした。

結果:レン 59○、やまぽん 48、まさ 41、くに 37、hey太郎 37


IMG_5721
「ブードゥー / Vudù」 Francesco Giovo, Marco Valtriani作

初プレー。完全にノーチェックだったダークホース。

基本的にはダイス振って、1個除外して振り直しながらお題達成していくゲーム。
んでお題達成すると他のプレイヤーに呪いがかけられる。
その呪いが、「机に頭を付けながらプレー」とか「裏声で話す」とかの馬鹿なお題で。
誰かが違反したらそれを指摘して得点が貰える。
また、得点トラックにはいくつか髑髏のマスがあり、そこを超えると永続的な呪いが自分にかかる。

いやぁバネストに入ったのは知ってたけどこんなゲームだったとは。
もっと早くに知っておけば…。

これはいいバカゲーだわぁ。
同種のゲームにはガッチャ!があるけど、あちらとは違ってこちらにはダイスを振るっていう基本的な行動がある。
なので呪いがそれに支障をきたして、結果違反せざるを得なくなって収束性がいい。
ガッチャ!は忘れない限りは失敗しないからね。
得点増えると永続で呪われるシステムもいいね。

あと面白いのが呪いが累積するところ。
今回自分は「頭を机につけた」まま「ジャンプしろ」という組み合わせ。無理ゲーw。

いやぁ今年のバカゲー大賞現状ノミネートですわw。
早速ポチッたけど店頭引き取りにしてみたからちゃんと買えてるのだろうか?

Twitterで呟いたら速攻でバネストから在庫が消えましたよw。


IMG_5722
「オレゴン / Oregon」 Henrik Berg, Åse Berg作

持参品。ちょっと中量級を立てようと。
カタンくらいはって方がいたのでオレゴンか倉庫の街かでこっちに。

土地カード2枚出して交点に人コマ置いて隣接するタイルの効果発揮。
もしくは土地カード1枚と建物カード1枚出して指定のライン上に建物建設して隣接する人コマの持ち主がタイル効果発揮。
ジョーカータイルと連続手番タイルの使いどころとそれを回復させるのが大切。

中道さん効果で値上がり中ですw。

今回手札に恵まれず、また周りの人が中々上手かった。
自分は緑だったが、なかなか連続して置けなくて辛い。

最下位でした。ここまで負けたの初めてだな。
楽しんでもらえたようでよかった。

結果:しゅん 89○、すぎ 89、こふゆ 75、レン 63


IMG_5723
「グラスロード / Glass Road」 Uwe Rosenberg作

持参品。もう一個中量級を。 

魔法にかかったみたいやブルームサービスのように15枚から5枚を選び、誰かが使ったカードを自分も持ってたら相乗り。
5枚中3枚しか自分では使えないので2回は相乗りしないともったいない。
あとは資源管理しながら建物購入。
資源管理トラックが特徴的。素材が溜まると勝手に上位素材に変換されます。

今回は場に美味しい得点タイルがなかったので建物プレー。
永続効果と即時効果で資源を増やして回す。

結果25.5点まで伸びました。
ラス手番でカード選び間違えなければ30点行けたかも…。くそー。

中々初回プレーでは勘所が分かりづらいですが、
それでも面白かったと言ってもらえたのでよかった。

結果:レン 25.5○、まさ 20.5、すぎ 18、こふゆ15.5


IMG_5725
「トラックス / Träxx」 Steffen Benndorf, Reinhard Staupe作

持参品。15分で終わるのを、と。
カードで指定された色に応じて線を伸ばして行くライトゲーム。

最近の安定軽ゲー枠。

33点で勝利。


IMG_5726
「ウボンゴ3D / Ubongo 3D」 Grzegorz Rejchtman作

持参品。経験者ハンデで自分だけ4ピース。

まぁそれでもほぼ毎ラウンド得点取ってたんだが、隣の方が引き強過ぎて、赤ばっかり引かれて負けたw。
あるぇ…?

結果:くに 35○、レン 30、まさ 22、澤口 14 



IMG_5727
「オーレ!」 Wolfgang Paning作

持参品。最後に軽いのをと。
 
手番では前に出されたカードより強いカードを出す。
強いには2種類あって色が強いか数字が強い。
両方強いカードを出したら連続手番。

誰かが出し切ったら残った手札の数字の合計がマイナス点。
また、手番で出せない時はチップ引き取って1枚マイナス5点。

手札が強いなら率先して連続手番でカード出して出し切りに行く。
手札が弱いならマイナスの大きいでかい数字を早めに出してマイナス点を減らす。
そこのジャッジが大切。

手札が弱いカードばかりでマイナスチップを何度も引き取った上で手札でマイナス点ってのは避けたい。

今手に入りにくいけどいいゲームでっせ。




8時からは自作ゲームのテストプレー会らしく。
自分はそこでお暇しました。

名古屋で自作ゲーム作ってる人は行ってみるといいのでは?

中々居心地のいい会でした。
またそのうちお邪魔します。

今度はもっとライト向け特化な持込みで行こうかね。

 

8/14 自宅にて

近所の高校生の子が遊びに来たのでボドゲを仕込むw。

以前ラブレターやハイパーロボットを一緒に遊んだことはあるんだけど。



 
IMG_5708
「クアルト / Quaro!」 Blaise Muller作

将棋好きな子なのでアブストラクトはどうかとクアルト。

難しい!と苦手なようでしたw。

3戦くらいしたけど大人げなく全勝。


IMG_5709
「おでかけブロックス / Blokus to go」 Bernard Tavitian作

んでブロックス。 

こちらも2戦2勝。手は抜かんぞw。



遊戯王のデッキを発掘したのでしばらく遊んで。



IMG_5710
「ハートオブクラウン」 FLIPFLOPs

デュエリストにはウケがいいこれを遊んでみる。
サプライは適当に使いやすいものを。

一時的に0:12までいかれるも、フラム擁立から都市を複数買い、名馬と交易船でぶん回してカリクマ買って。
またぶん回して一気に20点セットで勝ち。

大人げないね!

かなり気に入った様子で面白かったと言ってくれました。
欲しがってたよ。



このまま立派なボードゲーマーに育て上げれば今後のボドゲライフは安泰だな! 

8/11 クローズ会@都内某所

いえろ~さんとかーん君発案によるクローズ会にお邪魔しました。

場所は都内某所。詳しくはまた後日。


元はキャメロットを覆う影を7人8人で遊びたくて呼びかけたらしいですが、
気づいたら14人とか16人とかになっていたとのことw。

仲良い面子が中心なので久々に会える人もいて嬉しかったです。
Twitterでは絡んでても実際に遊んだことのないワタルさんやこださんとかも。


IMG_5690
「マルコポーロの足あと / Auf den Spuren von Marco Polo」 Simone Luciani, Daniele Tascini作

マルコポーロからスタート。3人戦。
一期さんが遊んでみたかったとのことでインストプレー。
4番手で選んだのは白ダイスマン。

白ダイスも振ってるのに13という酷い出目がw。 

目的地を体よく達成してあとは契約プレー。
と行きたいところだけど何か色々と噛み合わず。つらたん。

結果は2位でした。ふがいないw。

結果:一期一会 59○、レン 54、エル 38


IMG_5691
「ブルームサービス / Broom Service」 Andreas Pelikan, Alexander Pfister作

おばれいさんが立てようとしててやってみたかったので立候補。初プレー。

魔法にかかったみたいのボードゲーム版。KDJおめでとう。
基本システムは魔法にかかったみたいと同じで、
効果は強いけど下家が同じカード使ったら権利奪われる「強気」か、効果は弱いけど絶対使えて即発動の「弱気」を選んで使っていく。
魔法に~との違いはまず手札が4枚なのと、スタートプレイヤーでも弱気を選べるところ。

やることは魔法の薬を獲得し、それをボード上の塔に配達していく。
主に薬の獲得アクション、強気だと獲得量が多い。
移動アクション、強気だと同時に配達もできる。
配達アクション、強気だと勝利点プラス。
あと魔法のステッキを使ってボード上の雲を除去できる。
一部のエリアは雲がかかっていて除去しないと入れなく、除去した雲は終了時に得点。

ボードの四隅は行きづらいので行くとボーナスがある上に得点チップが取れる。
移動するコマは各自2つずつあるので上手く手分けしていきたい。

また、ラウンド毎にイベントカードがオープンされる。
特定の地形に居る人はマイナス点だったり、弱気アクションでボーナスがあったり。

とりあえず自分は雲除去を優先させてみる。
集めれば集めるほど得点効率が良くなってく系。
早い者勝ちなのでコスト安いのを取られる前に取る。
ちなみに薬の配達は早い者勝ちの塔と何度でもできる塔がある。 

この早い者勝ちってのがあえて弱気で即発動を選ぶ理由にもなってて面白い。
あとは魔法に~と同じでスタPを取らないように弱気ってのもあり。

これは面白かったなぁ。
魔法にかかったみたいの完成版って感じ。自分はこちらの方が好き。
買える機会あったら買おう。 

結果:一期一会 89○、おばれい 84、ハニー 80、レン 78


IMG_5692
「おさかなこいし / Fische und Steine」 Dennis Kirps, Jean-Claude Pellin作 

Raelさんがふうかさんに薦められたとのこと。初プレー。

魚カードと小石カードが3×3で並べられて、
各自、自分の前に3枚のカードを伏せる。
1枚は猫カードで残り2枚はブランク。
んでスタPから魚カードか小石カードを1つ選んで隣接するカードに重ねる。
複数ある場合は全部移動させ、空きエリアに移動させてもいい。
全員がやったらスタPからカードオープンして猫の列にある3つのカードの好きな物を取る。
複数重なってれば全部。

他人の移動の意図を読むゲーム。
子供用にしてはよく出来てる。

でもまぁ結構こういうの考えるの苦手なので適当にやっちゃうんだけど。
結果は散々でしたw。

軽いゲームとしてはなかなかいいんでない?

結果:Rael 10○、レイン 10、レン 1、ハニー 1 



IMG_5693
「ナッツ / Nuts!」 Martin Schlegel作

Raelさんに遊んでもらってなかったのでこの機会に。
いいゲームやで。 

3日連続で遊んでるなぁw。

結果:タコ 51○、ハニー 31、Rael 29、レイン 16、シダマ 6、レン 3


IMG_5694
「フォーラム・ロマヌムの商人 / Händler auf dem Forum Romanum」 Florian Isensee作

Raelさん持参品。初プレー。
Amigo小箱サイズで90~120分かかる経済ゲームとのことで。
遊ばせてもらいました。

なお、実際には3時間近くかかった気がするw。

5つの商品があるが、それぞれ場に出てる枚数がその価格。
全員3枚持ちで売り場に並べて開始。
手番プレイヤーは場から3枚を選んで競りにかける。
1人以外パスするまでの普通の競り。
ただし支払いは商品で、現在の相場換算で払う。
払った商品と落札品は一旦裏向きで倉庫として置いておく。
ここでまず相場の適用。払った商品が場から消えたので相場が動く。
次に手番プレイヤーは購入ができる。
買うのは勝利点か生産地カード。
勝利点は後半になるほど効率が悪くなるので早めの点取りが美味しい。
生産地カードは1点ついてくる上に、手番終了時に対応する商品カードが1枚手に入る。
手番までにその商品を使っていれば、なので積極的に消費したい。

んでその後手番プレイヤーは倉庫の商品を売り場に並べる。
最大8枚で5枚は表、3枚は裏。
表の商品は相場に反映されるが、裏の商品は反映されない。

ルールはこれだけで誰かが一定点数取ったら終わり。

かなりシンプルなのだが、プレイングは非常に難しい。
とりあえず生産地カードが強いので取りたいところ。
12金なので自分手番で12金分残しておきたい。
どこかで競り落とさないと自分の場が増えないので落としたいが、そうするとお金を使わざるを得ない。
また、自分の出した商品を落としてもらうのも収入源だが、相手が商品使うことによって相場が下がって自分の所持金が減ることも。

なんだこれすっげぇ難しい。
インタラクションの塊って感じで。これが経済ゲームか。

カードを裏で売り場に出すことは相手の所持金を上げすぎない意図や自分の所持金を隠せるが、
逆に自分の所持金が上がらないのでもどかしい。

これは凄いゲーム。うまく説明できんが。
他人と協同しながらも出し抜いて点を取りたい。

下家と協同するのが動きやすいんだろうな。
今回自分は上家のRaelさんと協同する流れになって辛かった。

すごいゲームです。一度遊んでみるといいよ。

結果:タコ 13○、レイン 9、Rael 8、レン 8 


IMG_5695
「ヌルボック / Null bock!」 Henning Poehl作

こちらもRaelさん持参。初プレー。 

正直さっきのゲームで疲れてしまっていてフレーバー満載のインストが辛かった。
確かにルールが直感的ではないんだけどね。

青いオスカードと赤いメスカードをそれぞれ配ってスタート。
まずは各自1枚どれかを伏せて出してオープン。そこを袋小路と呼ぶ。

手番ではカードを袋小路のどこかに出すか中央に出す。
袋小路に出す場合、オスのカードには任意のメスを出してオスカードを手札に。
メスのカードにはそのカード以上の数字のオスを出してメスカードは得点。
出したカードはそのまま袋小路へ。
中央はキャバクラで、最初はメスカードを出す。
交代でメスカードを出していくが、より大きい数字を、または+が付いてるカードを。
誰かがオスカードを出したら今度はオスカードを出しあう。
より大きい数字を出して行き、自分の出したカードがトップにある状況で自分の番に来たら、
そこにあるカード全てを獲得。得点になるのはメスだけだが。
数字0のヌルボックカードは袋小路のどのメスでも獲得でき、
中央に出せばどのオスにも勝てるが、その後数字は0なのでどのオスにも負ける。
一旦場の数字を0にできるって感じ。

手札に残ったメスカードはマイナス点になるので点数の大きい物を処分したいが、
袋小路に出すか中央に出すか。
袋小路に出せば誰かに得点にされるが、大きい数字のオスを消費させる。
まぁそのオスも誰かに持っていかれる可能性があるが。
中央に出せば総取りのチャンスだが、取られたら痛い。
大きすぎない程度にしときたい。

うーん、書いててもルールが分かりづらい。
プレイングも難しく、どうすれば勝てるやら。

手札的に中央で勝てそうなら中央を太らせて、そうでなければ袋小路で点数を稼ぐ感じか。
後半は中央よりも袋小路で点を稼いでトップに迫ったが、
2ラウンド目のミスが響いてて結果は2位。

結果:Rael 146○、レン 142、タコ 128、レイン 122


IMG_5698
「サンセットBLVD. / Sunset BLVD.」 Gunter Baars作

これも3日連続。

Raelさんやメンマさんが映画好きでこれは誰々だって盛り上がってて楽しかった。

結果:Rael ○、かーん・レン・メンマ×


IMG_5699
「いろはことば」 サイタニヤ

これも昨日ぶり。いいゲームですよ。

んでこの後に、お題カードをルドフィールのカードに変えて、
オリジナルルールの「ルドはことば」。

お題に当てはまって自分のいるマスの頭文字で始まるボドゲをいち早く叫ぶ!

「スコットランドヤードの箱より確実に大きい」のお題にRaelさんが答えた「エントデッカー」で審議。
大きさは見た目なのか容積なのかw。
結局は"確実"じゃないってことで却下されましたw。

楽しかった。


IMG_5700
「ハイパーロボット / Ricochet Robots」 Alex Randolph作

タコさんとやろうぜ!と。

結果:レン 13○、タコ 2、メンマ 1、わたる 1

いや、なんか、すみません。




これにておしまい。
ファミレスで二次会しました。
色々と話せて楽しかった。



かーん君とわたるさんとこの後どうしようかって話になったが、
とりあえずいえろ~さんやかんちょーさんを送るRaelさんの車に乗り込む。
んでどうしよどうしよと話ながらなぁなぁにしてたら結局Raelさん最寄りのたまプラーザまで来てしまったw。
結果3人でカラオケでボドゲすることにw。

最初からタクシーでかーん君宅行くのが一番良かったねw。
まぁでも車中の会話も楽しかったし。

この無計画さである。今回の遠征含め。


IMG_5704
「スペルキャスター / Spellcaster」 Aaron Weissblum, Norman Woods作

トイレ行ってる間に1戦やっててもらい、
その後3人プレーを試してみる。

3人プレーだと2:1になって2人側は交互に手番。
取って付けたようなルールだけどまぁそれでも普通に遊べた。

一部ルール間違えてて、同じカードの効果は1手番で2回は使えないのね。

結果1:レン・かーん ○、ワタル×
結果2:レン○、かーん・ワタル×


IMG_5705
「ギルド / Guild」 高天原

これも前日に続いて。丁度車中で話が出てたのよね。

特殊能力3種取ってみたが、ひたすら得点カード取りまくったワタルさんが勝ち。
かーん君は途中戦争に振ってみようとして失敗。
やっぱ戦争のバランスは悪いと思う。

結果:ワタル 46、レン 40、かーん 31



2ゲームやったら閉店時間。
新横浜に行こうとしたら逆方向の電車乗っちゃったので品川から新幹線で名古屋へ帰りました。
満席で座れなかったので乗車口のところで。
そこも人が多かったけど座って寝ました。体痛ぇ。


楽しい3日間でした。また遊びに行きます。


とりあえず9月には愛川行くので!!
 

8/10 すかいりむ@赤羽

かーん君と一緒に、りむをさん主催のすかいりむにお邪魔しました。
 

参加は5回目かな。久しぶりです。


 
IMG_5669
「オッス / OSS」 Vincent Lemaire, Jean-Michel Maman, Charles Amir Perret作

初プレー。
りむをさんが賛否両論の分かれるゲームですと言うのでw。
しゅだっちさんは死んだ目になってたらしいw。

お題を達成したら得点貰える系だけど、そのお題が骨の形のコマを投げて掴む系。
投げてるうちに他のを拾ったり、一度に投げて何個つかめるかとか。
自分がこの個数できるって数字を出して成功すればその点数。
同じお題に2人来たらその2人は対決のお題に強制移動。
そこらへんのルールは荒い。

うーむ、インストからしてバカゲーだ。オラワクワクしてきたぞw。

結果は、うん、バカなゲームでしたw。
嫌いじゃないぜ。

かーん君は死んだ目になってたよw。

結果:レン 12○、かーん 12、りむを 11、きめ 10、起き上がり法師 8、たき 8


IMG_5670
「サンセットBLVD. / Sunset BLVD.」 Gunter Baars作

昨日もやったけど今日も立てよう。この流れなら行ける!!

6人戦はやったことなかったのでちょっと恐々。
収束性悪いんじゃないかと思ってたけどそうでもなかった。

むしろ人数多い方が盛り上がるかな。
ダウンタイムは長いけど人の手番見てて楽しいし。

かーん君曰く、『ヘキセンレンネンより面白い』。同意。



IMG_5671
「シャイベンクライスター / Scheibenkleister」 Kristian Amundsen Østby作
 
持参品。きめさん希望により。

お題を伝えるコミュニケーションゲームだが、両隣が事前にお題を見てNGワードを2つずつ仕掛ける。
それを言ってしまったらアウトだが、何がNGだか分からないので、上手く遠回りに説明しましょうってゲーム。

なんか起き上がり法師さんと謎の以心伝心を発動して2回ともあっという間に答えてもらえた。
嬉しいね。

結果:かーん 7、起き上がり法師 5、レン 3、きめ 3、たき 3、りむを 1


IMG_5672
「ナッツ / Nuts!」 Martin Schlegel作

こちらも今日も。

総じてウケがいいです。 

結果:レン 35、きめ 23、起き上がり法師 21、たき 20、 かーん 20、 りむを17


IMG_5673
「アイザック / Isaac」 Emiliano "Wentu" Venturini作

初プレー。
きめさんがネスターゲーを色々買ったらしいので気になってたアイザックを遊ばせてもらう。
きめさんも初プレーらしいので英語ルールを読みながら。

交代で棒を置いていき、置き終ったら交代で自分の色を取っていく。 
棒は短い順にしか取れず、一度長いのを取るとそれ以上短いのは取れなくなる。
その際棒の長さ×その棒の延長線上にある垂直に配置されている棒の本数が得点。

面白いのが得点ボードとゲームボードが共有なこと。
そして得点コマが乗ってる棒は取れないし、得点コマが棒の延長線上にあれば得点2倍。
得点取る際に実際の点よりも低い点で止めてもいい。変わってるなぁ。

これは中々面白い。
初プレーなので勝手が分からなかったが、得点コマが移動していくのでボード上のどこに配置するかが意味を持ってくる。
得点コマの2倍がかなり大きいので上手く自分だけが得する位置にくるように調整したい。
その際なるべく得点を捨てることにはならないように。

得点コマが乗ってる棒は取れないっても面白くて、相手に邪魔されそうなことが分かっていたら短い棒を諦めてでも長いのを取りに行く必要があったりも。

今回もあと2本取るってところで相手に手番渡すとラスト1本に乗られるのが分かってたので諦めて長い方を取った。
いやぁ難しいなぁ。

面白いけどどうプレイすれば分からない系のゲームですw。

結果:きめ 75○、レン 61×


IMG_5674
「ファウンデーション / Foundation」 Emiliano "Wentu" Venturini作

Isaacのコンポーネントで遊べる別ゲーム。当然初プレー。

こちらは立体的なゲーム。
棒は短い物から順に置いていき、1番長いのを置いたら2段目に移行。
上の段に置く場合、自分の色の棒2本の上に新たに置く棒の両端が乗るようにする。 
これを繰り返してより多くのパーツを置いた方が勝ち。

これも面白いなぁ。
持ってる長さの棒を置けるように下段を配置しながら、機を見て上段へ移行。
相手の置く場所を潰すのが大切なガチアブスト。痺れる。

当然各段先に置く方が有利なので先行したいが、
持ってる棒を置ける限りは置かなければいけないって縛りが効いてる。
棒は昇順に置いていくので、ようは持ってる最大の長さを使い切れば上の段に行ける。
そのために短い棒を諦めて長いのを早めに置きに行ったり。

今回も1番短いのを置くのを諦めて上段に行ったが、
最終的に1番短い棒が1本余って負けてしまった。

難しいけど面白い。
立体アブストは苦手だが…。勝てへん。

結果:きめ 0○、レン1 ×


IMG_5675
「ハリ / Hari」 Emiliano "Wentu" Venturini作

更にこちらも同じコンポーネントで遊べる別ゲーム。初。

目的はボード上により多くのパーツを置くこと。マス数な。

手番では自分の色の棒を延長線方向にスライドさせることができ、
その後棒を新たに1本置く。
移動は何本でもできるが、移動させた場合その合計以上の棒を配置しなければいけない。

あ、さっきから長さって言ってるけど3マス分が1の価値で、1マス分増えるごとに価値も1増えます。

要は自分の棒を移動させてスペースを確保しながら棒を新たに置いていく。
スライドさせて盤の端から脱出さえてもいい。
より長いのを置けるならばプラスになる。

なんとなくパーキングゲームをやってる感じ。
ただし相手の色が邪魔なので邪魔しつつされつつ。

これも難しいけど面白いなぁ。当たりですなぁ。

結果:きめ 25○、レン 23× 


全敗でしたorz 



IMG_5676
「スフィンクス / Sphinx」 Mark Berger, Edith Grein-Böttcher作

きめさん未プレーとのことでやっておこうぜ!と。

スフィンクス楽しいなぁ。

あと1手番でゴールされるけどこちらはまだ半分しか進んでないって危機的状況から、まさかのノーミスで逆転勝ち。
これは気持ちいい!!! 

2戦目はひたすら行き止まりにハマってもらえましたw。
これも気持ちいいw。

2勝。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

結果1:レン ○、きめ ×
結果2:レン ○、きめ ×

IMG_5678
「キピット / Kippit」 Torsten Marold作

今日もキピット。

きめさんがかなりアグレッシブな置き方してきて、強かった。
なんだこれw。

負けました。

結果:きめ ○、 レン × 


IMG_5679
「スペルキャスター / Spellcaster」 Aaron Weissblum, Norman Woods作

かーん君と。
持参品。ワイズブルムのテキストゲー。

手番では3アクションできて、カードを引くか、出すか、効果使う。
効果を使えるのは自分の出したカードのみだが、場は共有。
使われたくない効果は上書きしてしまえ。

得点消費して相手ライフ削る効果でライフ削られて負けました。
やっぱり一部カードが強いなぁ。

でもまぁ短時間で終わるから面白い。

結果:かーん ○、 レン × 


IMG_5681
「ギルド / Guild」 高天原

持参初プレー。高天原の拡大再生産同人ゲーム。

握り競りで手番順決め。多く握れば先手番。
ただし握った枚数が場からカードを購入する金額になるってのが面白い。
また、購入枚数の上限にもなるのでしゃがみすぎるとカードが多く買えない。
このシステムいいなぁ。

んでカードを買って、お金と資源払って場に出す。
出すときはピラミッド状に。上段にしか出せないカードもある。

んでカード効果使うときはカード1枚を指定して、そこから斜下両方向のカード全てが発動する。
このシステムも面白いなぁ。

手番では効果発動は1回だけなので多くのカードの効果使いたいなら上段配置が必須。
ただし上段に配置するのはコストが嵩む。

あとは得点カードの購入。ピラミッドの下側に逆ピラミッド状に配置。
こちらも下の段に行けばコストが高い。
低コストで配置するには1段目を多くしたいが、そうすると効果の発動が弱くなる。
悩ましいねぇ。いいねぇ。

ある程度資源が取れるようになったら得点カードを取りに行く。
純粋点数のカードか、特殊能力ついてくるけど点が低いカードか。悩ましい。

点数カードが枯れるたびに戦争が起きて兵力コマを払う。
払えないとピラミッド最上段から1枚カードが消える。
この戦争がちょっとバランス悪いと感じた。
特に最終戦争は兵力12固定で、勝てば3点貰えるが、12兵力用意するにはかなりの手間が必要。
カードは段数分が得点なので3段目が最上段なら守れば3点分で計6点だが、
兵力用意する手間あればそれ以上の得点は簡単に取れる。
資源数で言えば3資源で6点のカードが取れるので12兵力は24点分。
終盤になると4点のカードになるが、それでも16点。
うーん、戦争弱いなぁ…。勝てば10点くらいでもいいと思う。

なんか惜しい。そこだけ。

その他はかなり良かったです。
同じ配置ゲーだと最近はミネルヴァがあったが、自分はこちらの方が好み。 

得点カード取りまくった人が勝つ気がするが、そこはまぁそういうバランスなんだろう。
絹織物を高得点変換できる建物があってもいいと思ったが。

結果:レン 49、たき 42、起き上がり法師 26 


IMG_5682
「いろはことば」 サイタニヤ

お題カードをめくり、自分の居るマスの頭文字で始まるお題に当てはまる言葉を早言い。 

日本語ワードゲームとしては傑作です。

拡張の縁いろはことば買ったけど今回は基本で。

いいゲームですよ。



IMG_5683
「ベルズ / Bellz!」 Don Reid作

初プレー。気になってたのよね。

磁石を使って自分の色のベルを集めろ!
なんだけどこの磁石がなかなか強力でベルが4個くらいくっつく。
普通にくっつけてもまず他のベルが付いてきてしまう。

じゃあどうするかというと、磁力でベルを転がして誘導する。
欲しい色を引き寄せたり、いらない色をどけたり。

なかなかスキルフルで面白い。

ただまぁ何度も遊びたくなるゲームではないかなw。

難易度は結構高め。子供には無理かもしれんw。


IMG_5684
「アメリカ横断ウルトラクイズジュニア」 トミー

何故か東京来てまでクイズw。しかも出題者。
わざわざりむをさんに電池買って来てもらったしw。

ジュニア版だと問題が簡単なのとマスが一部優しめ。
大人が遊ぶならジュニアじゃないやつの方がいいです。
問題も、ボードも。

今回問題はネットで公開されてるやつを出しました。







以上で終了。

この日の夜はまたかーんくん宅にお世話になりました。

2人でちょっと遊んだよ。


IMG_5685
「キピット / Kippit」 Torsten Marold作

昨日から遊びまくってますな。


IMG_5686
「Final Workout 分析力」 川崎 晋 作

カワサキ工場長が会社から出した2人用推理ゲーム。

シンプルだけど面白い。
2択当たるかの運が大きいけど、2択にしないようにする攻め方とかありそうね。


IMG_5687
「スペルキャスター / Spellcaster」 Aaron Weissblum, Norman Woods作

またまた。


IMG_5688
「ウォルナットグローブ開拓史 / Walnut Grove」 Paul Laane, Touko Tahkokallio作

先日遊んだやつ。かーん君積みゲーにつき。

ロンデルっぽいアクション選択と、タイル配置と資源運用。
色んな要素が入ってるけど1時間で終わって手軽な良作。

借金恐れずに人増やして、資源で借金返すプレーが強い気がする。

結果:レン 25、 かーん 15





お風呂借りておやすみなさい。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ