ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

2016年01月

1/11 突発クイズ会@北名古屋

祝日で暇してる人を集めてクイズ会。

IMG_6971


ふぃっしゃーさん、みくろんさん、ユキさん、最上さん、タクトさん、もちづきくんが遊びに来てくれました。
自宅には7人は入らないので健康ドームの一室借りて。

12:30から始めて閉館の21時までひたすらクイズ。
いやぁ楽しかった。 

「なぜ山に…」のベタ中のベタ問をもちづき君に押し負けたのが悔しい。 
ナナマルサンバツで見た問題は是非とも答えたいね。

クイズ楽しいよ!!!

定例会しようかしらw。


終了後、6人で回転ずしへ。
寿司食べながらみんな寿司ネタからクイズ問題考えて出しあうw。
いやぁ楽しいなぁもう。

帰りの車でも3人でクイズしてました。




いやぁもうクイズ楽しい!! うっひょー!!!

1/10 きなボド!@北名古屋

記事にするほどゲームしてないけど。

この日のきなボド!はボドゲフリマの翌日ってことで、遠征に来た道化師さんやカッチャマンさんたちが遊びに来てくれました。
席も足りないくらいで大繁盛。嬉しいね。

 
IMG_6943
「闘球盤 / Crokinole」 エポック社

びっくりどっきり枠。持参品。

闘球盤、またの名をクロキノール。昭和天皇も遊んでたっていうアレです。
ルールは簡単。盤の縁からコマを指ではじいて、相手のコマを弾き飛ばす。
交互に繰り返して最後に残ったコマに応じて得点。

以前柏木で遊んだやつはプラ製だが、こちらは木製。
ちょっとボードの滑りが悪いかな。ニス塗ろうかしら。

純粋に楽しいアクションゲーム。


IMG_6944
「クイズ」

あとはひたすらクイズしてたよ。
エースさんがオリジナル問題作ってきてくれました。
ジャンル別のパネルクイズ。手が込んでるなぁ。

楽しかった。

最近暇さえあればクイズ立ててるのでみんなクイズしよう!


おわり。
4人でラーメン食べて帰りました。 

1/9 名古屋ボードゲームフリーマーケット

2016/1/9に名古屋のウインク愛知にてボードゲームフリーマーケットが開催されました。
去年行けなかったので今年が初参加。

いつもは客として参加する側だが、今回は中の人。
ミスボドブースにて秋山さんと温泉玉GO!さんと一緒に売り子をしてました。
出し物は中古ゲーム。
自分も当日25ゲームほど持ち込み。


ぶっちゃけると客として参加したくなかったので。
このイベント、事前評判が最悪でして。
何故かと言うと去年の第2回が酷かったようで、会場が狭いのに客が多く、身動きとれないほどだったとか。
聞いた話、東京フリマと同じかそれ以上ってことでそれはヤバいなぁと。
今年は去年よりブースが増え、客も増えることが予想されてどうなることやら。

周りの前評価も悪く、行くの止めるって人が多数。
色んな人が主催に対して苦言呈しても改善しようとする様子が見えないとのことで。
某ショップも出展取り止め。うーむ。
地元名古屋でボードゲームイベント開いてくれるのは嬉しいんだが…。

イベントのためにできることがネガティブキャンペーンっていうね…。

 
IMG_6912
 
会場はこんな感じ。
正直言って狭いです。
去年は身動きとれないほど人がいたらしく、どうなることやら。 


BlogPaint
ミスボドブースはこんな感じで。
見えないけど自分たちの左右後ろにも段ボール。

秋山さんは列の処理、玉GOさんは会計処理、自分は言われたゲームを探す係w。
名前聞いて見た目が分かるからとの人選w。

かなりの混雑が予想されるので、自衛のために開場時間からの販売は避け、整理券を配って30分後から列形成して番号順に販売する感じに。


BlogPaint
他にも中古専門のブースあり。
メンマさんの所だねw。 


BlogPaint
時間が来て開場。
さっそく押し寄せる人波。

去年の反省で、今回は会場直後から入場規制してたらしい。
待たされる人が損してるんだけどね…。


ミスボドブースの売れ行きは好調。昼前までに7割くらいは掃けました。
整理券システムは成功だったかな。秋山さんの整列のおかげでスムーズに販売が行えました。
一部クレームもあったりしたが、こちらも素人なので許してもらいたい。
反省点は客がブースで物色する時間が取れなかったところ。
これはもっとシステムを周知する必要があったな。
せめてリストだけでも十分用意して待ち行列で見えるようにすべきだった。
少数しかないうえに持っていかれてしまって活用できなかった。

ブースの中に居たので全体の混み具合は把握できなかったけど、他の中古ブースはどんなもんだったんだろう。

昼ごろには大分客の流れも落ち着いて。
自分もブース任せて他を物色する余裕がありました。
去年に比べて早めに人が引いたらしい。 

また、それなりに時間が経っても結構いい中古ゲームが残ってた。
ハチエンダ3000円とか、カーソンシティ拡張込6000円とか。
中古ブースが多かったのでやや供給過多だったんだと思う。
足りないよりはいいが、持ち帰るのは悲しいね。

自分が出したゲームはダコタ以外は売れたかな。
いくつか捨て値で掃いたモノもあるが。

 
てな感じで終了。

来場者は400人以上とのこと。

見た感じ、まったくの初心者やベテランゲーマーは少なく、その中間層が多く来ていた気がする。

終わってみればなんとかなった感じだが、某店長が言っていた通り、これは成功ではないと思う。

最大の問題はやはり会場のキャパシティが需要に見合っていないところ。
これが改善されないなら来年以降も同じ結果だろうね。
出展料上げてでももっと広い開場取らないと、出展側も参加側も嫌な思いをするんじゃないかな。

運営スタッフのミーティングも開催数日前までなかったというし。
もっと積極的に周りの意見を取り入れるようにしないとダメだと思う。

少なくとも自分はまた来年この感じだったら、今回の当初の予定同様、朝イチからの参加はしない。
昼過ぎに空いたころに見に来るとは思うが。入場規制される時間には来ない。 


感想といえば、楽しかった。
売る側に立ってみて感じることもあるし。以前同人は売るの手伝ったことあるが、中古は初。
普段中々会えない関東関西の人に会えるのも嬉しいし、普段遊んでる名古屋勢が買いに来てくれるのも嬉しい。

この楽しさが最大に発揮される環境でないのが残念。
是非とも改善して、名古屋のボードゲームイベントの看板となってもらいたい。 
良いイベントになるならば、微力ながら協力は惜しまないので。


CYRzWluUwAARoz2
戦利品。右のは違うよ。

三忍者とぴったりやどかりはかぶけんさんに「酷評歓迎です!」と頂いたのでしっかり遊んでレポート書かないとね。 




ディーさんやあおやさんおススメの二次会の店は美味かった。
酒飲まない人とまた行きたい。 

1/8 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会。


IMG_6902
「ナンジャモンジャ / Головоноги」 Лебедева Алёна

そういや最近遊んでなかったな。
久々にねんそさん訳のハードモードでw。

それにしてもナンジャモンジャって言いにくい。


IMG_6903
「ブラフ / Bluff」 Richard Borg作

これまた久々。
いいゲームなんだが、大分やり飽きた感があって誰も持ち込まない系のゲームw。

基本すぐ死にますw。


IMG_6905
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

はい豆。

結果:レン 13○、ニート 13○、フロイト 12、ユキ 10、大笑 9


IMG_6906
「ヒスパニョーラ / Hispaniola」  Michael Schacht作

シャハト作のボード有トリテ。持参初プレー。

マストフォロー切り札ありで、トリック取ったらリードカラーの船に自分のコマを置く。
もしトリック中に3色以上出てたら無色の船へ。
3つあるマスのうち、中央に置いて、すでにあったら左右に押しのける。
左右にもすでにあったら中央の島へ押しのける。
繰り返して終了時に各船の中央のマスが3点左右が1点、中央の島は左からマイナス1、マイナス2、…。
 
あともう一個、取ったトリックは左右のどちらかに渡して、ラウンド終了時に1番多く持ってる人がマイナス点。
とにかく終盤にトリック取るのが大切。

全体的に平凡な感じ。手札運も大きいし。

このゲームで一番面白いのは切り札の決め方w。
手札1枚同時公開で、最大値の色が切り札。
バッティングした場合、両方無効でその次が切り札のはげたか式。
使ったカードは捨て札になるので大きいの出すかが悩ましい。
このシステムだけ他で使いたいねw。
 
そんな感じで。
3ラウンドやって、もういいかねと途中終了。


IMG_6907
「マンテル」 倦怠期

ゲームマーケット新作。持参初プレー。

スートとランクが別々のトリテ。というと同倦怠期のdoisっぽいが。
このゲームでは1~12の公開情報のランクカードと非公開情報のスートキューブに分かれる。
手番では手持ちのキューブのうち1つをいずれかのランクカードの上に置く。
するとそのスートでそのランクって扱い。ほうほう。
ランクカードは12トリック使い切りなのと、同じトリックで人と同じ数字には置けない。 
マストフォローで白は切り札。

ディール開始時に取れるトリックを予想するビッド方式。

これは面白い。倦怠期らしい不思議なプレイ感。
同時に出たdadosがちょっと残念な出来だったがこちらは面白かった。
まぁあっちの残念さの大部分は切り札ありなのに取るほど得点だから運ゲーなとこだけど。
せめてビッド式だったらなぁ。
 
どうすれば強いか、どうすれば点差がつけれるかは正直分からん。
でもシステムの機能美に惹かれて遊ぶのが楽しい。

ビッドがふせんに書いてねなのはお金なかったんでしょうねw。

これはもっと遊びたいな。


IMG_6908
「ウィーウィルウォックユー / We Will Wok You」 Sebastian Bleasdale作

キーフラワーとかのブリーズデール作カードゲーム。
これもシステムが美しいゲーム。

場のお金を取るとカードの値段が下がって下家が得して、
購入すると使った金額分値段が上がる。
高いから買いたくないけど、お金取ると下家が美味しいから取りたくないってジレンマ。

いいゲームだねぇ。

各カードごとに構成枚数も書いてあったりで、プレイアビリティも最高。

模範作って感じのゲーム。面白いよ。

結果:もちづき 39○、レン 36、みくろん 33



最後にまた豆。 

結果:もちづき 24○、みくろん 23、レン 17



終了後は恒例のマジスパへ。

IMG_6910
 
待ち時間にみくろんさんが買ったLCRカードゲームw。 

「LCRカードゲーム /  Left Center Right Card Game」 George & Company

Lが出たら左へ、Rが出たら右へ、Cが出たらテーブル中央へチップを渡す運だけのゲーム。
先日オリジナルのダイス版をやったが、こっちはカード版。
総数が決まってるので運の割合は軽減されてるよ!

だからどうした!!

プレイヤーの意志の絡まない自動処理ゲーム。
うぇーい!と楽しもうw。

馬鹿なゲームに盛り上がれる面子でなら楽しいもんだ。



んでカレー食って帰りました。

おわり。 

1/5 みくろんさん宅会

みくろんさん宅で遊びました。
面子は自分、みくろんさん、もちづき君、タクトさん


IMG_6890
「LCRダイス」 
 
クソゲーと名高いLCR。
昔バンガードミッションで遊んだなぁ。

所持チップの数(最大3個)のダイス振って、
Lの数だけ左のプレイヤーに、Rの数だけ右のプレイヤーに、Cの数だけテーブル中央にチップを払う。
最後までチップ持ってた1人が勝ち。終わり。

運だけのゲームです。うへへ。

ダミープレイヤーとして架空のもちづき君入れてやったら架空のもちづき君が勝ちましたw。

なお、タクトさんの記憶からは消去された模様w。


IMG_6892
「ボラボラ / Bora Bora」 Stefan Feld作

持参品。以前遊んで面白かったので買いました。

ルールは説明しきれないので省略!

ダイスプレイスメントだけど、既に置かれてるダイスより小さい目しか置けないってのが面白い。
ただ、ダイス目小さいと弱いんよね…。救済がない。

前回やったときは建築メインで勝ったが、今回は人物タイル多めに取ってみた。
女性取って貝稼いで、装飾品も取る。

あんまり強い効果取れなかったのもあって点伸ばす手段が確保できず。
ダイス目にも嫌われました…。

うーん、難しいなぁ。
何か初回プレーの方が強いっていう法則がw。

でもやっぱおもろい!

結果:もちづき 164○、みくろん 161、レン 132、タクト 111



8時間滞在して、LCR3分、ボラボラ2時間半。

あとの時間はクイズしてました!!!

うへへへ。クイズ楽しい。 

1/3 自宅クイズ会

というわけで明けました。
3日からボドゲ!

この日はみんなで集まってクイズしようということに。
クイズ楽しいよ!クイズ!

すっかり病み付き。


午前中から遊べる人も2人いたのでボドゲもするよ。


IMG_6878
「スフィンクス / Sphinx」 Mark Berger, Edith Grein-Böttcher作

新年初ゲームはスフィンクスでした!
元同僚の長谷と。

いい感じに思惑通りのルートに迷い込んでくれましたw。

個人的ベスト2人ゲーの1つです。


IMG_6879
「上洛 / Jyoraku」 月並いおり

ようやく初プレー。
藤沢に来てるいおりさん作のゲーム。
初ゲームで企業からってすごい。

トリックテイキング+陣取り。
マストフォローのトリテで、出した数字のエリアにコマを置くか、その数字分アクションポイントにしてアクション。
忍者は6に勝てる。
トリックに勝った人の武将コマのあるエリアでマジョリティ比べて得点。
手札全部出し切ったら、各エリアでマジョリティ比べて得点。

どちらかといえば陣取りの要素がメイン。
ラウンドエンドに向けて上手くマジョリティ取って行きたいが、途中の点も無駄にはできない。
 
これは中々。段々と京都周辺の得点が上がってくのはいかにも上洛って感じでいいね。
エリアマジョリティなので最終手はラス番取りたくて、その前はしゃがんで左が勝つようにしたり。
序盤でコマ多く置いて、終盤で移動させてマジョリティ狙う感じ。

ちょっとコマ除去するアクションが強いかなぁ。
その後すぐ置きなおせるが。
最終手で除去で単独点にしまくって勝ったw。

あとは強い数字持ってるとやっぱり強い。
初手666忍者忍者とかパスするカードに困ったw。

拡張ルールも毎回展開が変わって面白そうなので試してみたい。

結果:レン 100○、長谷 80、tetu 75


IMG_6880
「ハイジとペーター /  Der Berg ruft」 Thomas Sackl作

初プレー。
先日のゲムマで安く買えたレアゲーム。7000円でした。 

手本引きのようなゲームとは聞いていたが。

ついたての中で15本の旗を好きな本数倒し、左隣がその本数を当てる。
1回目の回答より多いか少ないかを伝えて続けるか、そこでオープンして止める。
最大3回まで回答させて、オープン後自分のペーターコマを回答と正答の差分進め、自分のハイジコマを回答させた回数分だけ進める。
ただし、丁度を当てられてしまうとペナルティを喰らう。
ペナルティはスタートに戻るって厳しいルールだが、今回は公式推奨のヴァリアントで3歩戻り。
ハイジはペーターを追い抜けないのがポイントで、ハイジは最大3歩しか進めないのもポイント。
誰かが頂上に行ったら終了だが、勝利条件は頂上行くことではなく、ハイジとペーターの距離が短い人。
その距離にペーターがいるマスの石の数をかけた数字が小さい人が勝ち。
  
これは面白いぞ!
いたずらにペーターだけ進ませればいいのではなく、なるべく距離を空けないように、また追いつかないように加減が必要。
相手の回答聞いてまだ行けそうと思えば続けて、次で当てられそうと思えばそこで止めて。
あまりニアピンになりすぎてもハイジが追いついてしまうので加減が難しい。

遊べば遊ぶほど面白くなりそう。相手の進みたいマス数とか意識できると更に。
これはもっと遊びたいなぁ。名作と言われるだけある。

4人だとダウンタイム長いので3人がいいだろうね。

結果:レン ○、長谷 ×、tetu ×


IMG_6881
「チャイナ / China」 Michael Schacht作

先日購入した王と枢機卿のリメイク。初プレー。

基本は王と枢機卿だが、違いとして、
・中間決算がない
・場の公開カードが4枚
・得点2倍にできるコマ(通称座布団)が存在

座布団は1アクション使って置いて、そのエリアの得点2倍、4連以上ボーナスも2倍とかなり凶悪。
ヴァリアントだからこれはなくてもいいかなぁ。

したらばまぁ選択肢の広い王と枢機卿なんだが。
中間決算ないことで枢機卿コマの価値が上がってるのがいいね。

プレー感は大差ないですw。
元が面白いから変わらず面白いね。

結果:長谷 60○、tetu 57、レン 56


IMG_6882
「アメリカ横断ウルトラクイズ」

ここで秋山さん、最上さん、温泉玉GOさん到着して6人でクイズ!
部屋の収容人数ギリギリですw。

3時間ほどクイズしました。楽しい!


IMG_6883
「シャイベンクライスター / Scheibenkleister」 Kristian Amundsen Østby作

せっかくなので6人で遊べるゲームを。
ということでシャイベンクライスター。

「砂場」のお題で「エヴァで子供の頃のシンジがネルフ本部の模型作ってた所」って言っても伝わらなかったw。
そういう分かる人には分かるヒントが伝わると楽しい。

得点チップ尽きるまでやったが、2,3周やった方が感覚掴めていいね。

IMG_6884
「ラストチャンス / Last Chance」 Sean McGuire, Thomas McGuire作

指定された目を指定された回数以内に出せるかの挑戦権を競る。
失敗したらその途中状態から同じ回数挑戦できるので期待率が上がって、競り値も上がるいい仕組み。
他人の成功失敗に賭けるのも盛り上がっていい。

オールインで次々脱落していって、最後自分と長谷の一騎打ち。
だがしかし、自分が成功させてもすでに金額が抜けない…。
無難にパスされたのでいっそ全額ぶっぱして失敗して負けましたw。


IMG_6885
「ハステボルテ / Haste Worte?」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

最後はこれで。
この面子とはそれほど遊んでないからね。

やっぱ楽しいなぁ。



この後みんなでしゃぶしゃぶ食べに行きました。

今年もよろしくー! 

12/28 上郷ボードゲーム合宿3日目@上郷

最終日!


IMG_6860
「トラム / Trambahn」 Helmut Ohley作

起き抜けにトシさんと。初プレー。

ケルトというかロストシティ式にカードを並べる。昇順のみ。
手番では2枚まで右の停留所に出す。
この時同色が4枚になったらその色の決算。

その後手札からカードを場に出す。昇順に。
手札のカードを裏向きにしてお金にしてもいい。
出したカードには動力機関を購入して付ける。

決算はカードに書かれた価値の合計×動力の倍率。
倍率はゲーム後半に出るカードほど上がっていく。
相手の決算でも双方に点数が入るので、相手だけ点が入るのを避ける為に同じ色を出したい。 

また、1列のカードが一定枚数に到達すると自分だけ決算できる。
金額がゼロだが枚数を増やせるワイルドカードを利用したい。

悪くはないが、手札運が強いなぁ。
手札のキープに固執しないでどんどん回転させた方が強そう。
得点メモるのもめんどくさいしね。

個人的にはケルトカードの方が面白いです。 
ロストシティは何気に未プレーだ。

結果:レン 153○、トシ 150 


IMG_6861
「ルドフィール / Ludoviel」 Friedemann Friese, Thorsten Gimmler, Martina Hellmich, Hartmut Kommerell, Andrea Meyer作

かーん君にやりたい!と言ったら3枚出して当てはまるの言うやつ。
俺がやりたいのはそれじゃないんだよヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

でもまぁこれですら最近遊べてないから嬉しい。

ほんと、誰か遊んで…。
一番好きなゲームを半年以上遊べてない悲しみ。


IMG_6863
気づけば隣ではプライバシー激辛に興じるダメな大人たち。
入りたかったなー。ちぇー。


IMG_6864
「パカルのロケット /  Pacal's Rocket」 Günter Burkhardt作

ツイッタ―で評判よかったの。初プレー。

スタートプレイヤーがサイコロ振って、全員が手番でその数字使う。
自分のロケットをその数動かす。
直線移動ならその後エネルギーチップを2つ、自分と誰かのロケットに入れる。
途中で曲がったら自分のに1個入れる。
ロケットが移動すると入れたチップがそのマスに残される仕組み。
なお、同じマスに自分のを2つ以上入れてしまうと除去されるので記憶もちょっと大事。 

やることはパズル的な陣取り。
エネルギーチップを縦横斜めに連続、1マスおき、2マスおきに並べると建物を建てられる。
建てたらそれらのチップのうち1つを建物に置き換えて、残りは回収。
人のも一緒に回収させるので手番順大事。
面白いのが一度建てた建物も以後チップとしてカウントしていい。当然消えない。
うまく建築プランを立てて、連鎖的に建てていけたら強い。

建てたことで、各エリア内で建物の階数が1位に躍り出たら得点。
最初は何段建てても1位になれるので我先にと取り合いが激しい。
終盤は何とか1位になろうと画策。メキシカっぽい。
川岸に建ててる階数でもマジョリティがあったりで悩ましい。

確かに面白かったが結構好みが分かれると思う。
パズルチックなゲーム苦手な人は好みじゃないかもね。
人数多いとカオスそうだw。

色々プレミして建てた建物を有効に使えず。くそー。

結果:よち犬 93○、レン 88、らすく 83 


IMG_6865
昼飯は喫茶店で。


IMG_6868
「わくわく金魚すくい」 BIGFUN.大玩卓遊

初プレー。台湾ゲー。

ポイを裏向きで散らばったカードに挿し込んでおりゃーとひっくり返す。
表になったものから2枚獲得。

うーん、シンプルなバカゲー。

ただし得点条件が結構複雑。
単純点があったり、累積点があったり、マジョリティがあったり、セットにすると点が上がるのがあったり。

正直ゲーム内容に対して得点条件が複雑でめんどくさい。
もっと得点もシンプルにして分かりやすくした方がいい。
子ども対象にするにしてもね。

一発ネタだなぁ。


IMG_6869
「横暴編集長」 プロディジ

小説のタイトルの上半分と下半分を組み合わせる大喜利。
元ネタが分かるのが楽しい。

「マリア様がバーにいる」
「俺の妹は沈没」
「クリスマスイッパイアッテナ」
「探偵は漢字が読める」
「そして誰も出家」
「恐るべき猫である」
「100万回いきたハイド氏」
「限りなく透明に近いありえないほど近い」

選ばれたのは「探偵は漢字が読める」でしたw。

面白いんだけどルールがちょっと残念なのよね。


IMG_6870
「フードチェーンマグネイト / Food Chain Magnate」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

色々話題のマグネイト。初プレー。

低レベルの従業員カードを獲得し、進化させて強化する。
んで商品を生産して、広告売って、客に売って資金を得る。
全てがカードの効果で、使える枚数もカードの効果で増やす。
上手く必要なカードを集めて給料拵えて。

一定の条件を達成すると強力な永続効果が得られる。
他人と同ラウンド中なら自分も得られるので人の動向も大事。

あとの細かいルールは割愛!

正直すげぇ難しい。流石スプロッター。
言われてる通り、序盤ミスると脱落する。実際自分がしたw。
勝ち目ないというか勝負にもなってない状況で長時間ゲーム続けるのは辛いなぁ…。
死んだ魚の目をしていたと思う。
3人プレーだからまだマシか…。

敗因は雇ったカードをすぐランクアップできるの忘れてて給料安くする効果取り損ねたからです。
それで初動遅れたうえに、かーん君の広告に乗り損ねて自分だけ辛い感じ。
序盤で広告に走ったのも悪かったね。

これは経験値ゲーだなぁ。苦手だ。
面白いか面白くないかだと確実に面白いんだろうけど。
何度かやれば上手くなって面白くなる系のゲーム。
アグリとかナコノミーに近い感じ。
ただ、何度もやるには時間が長いねん。

あぁキツかった。 
点差10倍て。無理矢理破産したいくらい。キングメーカーになるからやらないけど。

ショートルールで何回か遊んだ後にロングルールで本番やることをお勧めしたい。 

結果:bluerose 505○、かーん 460、レン 45 


IMG_6871
「百科審議官」 千石 一郎 作

久々に百科審議官。
書いたモノがベン図のどこに当てはまるかヒントを得ながら、相手の条件を推測していくゲーム。

今回自分とかーん君の条件がちょっと辛い感じ。
自「コンビニで売ってるもの」
かーん「自分の身長より大きい物」
bluerose「遊べるもの」
だったかな。 

コンビニに売ってて身長より大きい物…思いつかんなぁ。


IMG_6872
「Between Two Cities」 Matthew O'Malley, Morten Monrad, Pedersen Ben Rosset作

最後はこれで〆。

手軽なドラフトゲーながら、隣と協力して街を作っていくのが楽しい。
 
勝ったのはトシさんだったかな?





これにて合宿終了。楽しかった!!
パンデミックレガシーが長すぎたねw。

ネカフェにでも泊まって翌朝帰ろうかと思ったけど、新幹線間に合いそうだったのでこの日の夜に帰りました。

またねー。 

12/27 上郷ボードゲーム合宿2日目@上郷

2日目。

皆口を揃えて「寝たんだね」って言うw。
遊び相手いなかったからだよ!!

IMG_6848
朝食。


IMG_6849
「パンデミック:レガシー シーズン1 / Pandemic Legacy」 Rob Daviau, Matt Leacock作

ご飯の後は前日に続いてパンデミックレガシー。
そろそろボード上見せられなくなってきた。


IMG_6851
昼食はカレー。

そしてまだまだパンデミックレガシー。

IMG_6852
あっという間に夕食。たっぷりだ。


IMG_6854_mono
そしてついに終局!
見せられないコンポーネント多いので白黒だよ。
3回負けて合計15回プレー。
3回は前回なので2日で12回プレー。
1日目4時間、2日目12時間くらいかけて終焉。無事世界は救われました!

いやぁ長かったね。
面白かったかと聞かれると間違いなく面白かった。
ただ、マラソンするもんじゃないやw、後半作業感きつかった。
地道に1日1,2回で遊んだ方が楽しめます。

中々ドラマチックな展開が多くて楽しめた。
完全に作者の手の平で踊らされた感じw。

2回目遊んで楽しめるかは微妙だなぁ。
初見殺しのビックリが大きいと思うので。

ねくろんさんとかは既に3周目入ってるけどw。

さて、うちにある2箱どうしよw。
シーズン2は出るのかしら…。


IMG_6855
「ブラッディ・イン / The Bloody Inn」 Nicolas Robert作

今回は青赤緑で建物建てまくるプレーしてみた。
が、弱いわこれ。緑の収入少なすぎ。
やっぱ殺して埋めなきゃだめだなー。
捨て札得点効果も2枚取れたが、それらは上限ひっかかるのでやっぱり他に収入源がいる。

ラストアクションでロンダリングして、目いっぱい換金して、40金プラス。
それでもなんとか1位。2桁だけど。

残した死体がマイナス点になること伝え忘れたw。ひどいw。

結果:レン 95○、一期一会 78、いえろ~  75


IMG_6857
「ポルタニグラ / Porta Nigra」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

初プレー。
レガシー終わったので後の目的は新作プレーすること。 
気になってたポルタニグラ。

ちっちゃいロンデルみたいに自分の騎士を動かしながら、各エリアから建材買ったり、建物建てたり。
手番では2枚の手札からカード1枚出してアクション。
アクションの選択肢とアクション数が描かれているので、アクション数分やりたいアクションを選ぶ。
この時たいまつタイル持ってると追加でアクションできるので便利。
資材購入は欲しい色のエリアにお金払って移動して購入。色によって値段違うのはアサラ的。
場の建材が一定数以下に減るまで補充がないので先に買われたりでぐぬぬ。
建築は同様に移動して、指定された色の建材を指定された個数払って建設。
人コマがないと建築できないので補充しておくのも大切。
各エリアごとに得点条件があり、色毎にマジョリティだったり高さ毎にマジョリティだったり。
更に3個建てるごとに貰えるボーナスがエリア毎に違うのでどれを狙うか。
更に更に指定されたエリアに指定された色の建物建てるとボーナスカードが貰えるのでそれも狙う。
糸巻きタイル使うと貰える特典も魅力。
やりたいことが多すぎてうひー。

色々なプレーが考えられるが、今回自分は指定されたエリアに指定された色建ててもらえるボーナスカードメインに。
エリア別に集めると得点が上がっていくよくある方式。
これを4エリア分集めると基本20点くらいだが、糸巻きタイルのカードでその得点を上げて行けるのがあるので、そちらも取って。
結果1セット目は得点35点くらいになって、2セット目も3枚目まで獲得。
場のマジョリティも取れてないわけではないのでちょいちょい点が入って結果1位。

いやぁこれは楽しかった。欲しい。ちょっと高いんだよなぁ。

結果:レン 182○、いえろ~ 171、bluerose 156、一期一会 126


IMG_6859
「4つの評議会 / Das Konzil der Vier」 Simone Luciani, Daniele Tascini作

昨日も遊んだ4つの評議会をアゲイン。
blueroseさんは経験者だったが。

とにかくblueroseさんが強かった。
手札運強すぎ。引いたカード引いたカード色が合致する。
1人勝ちでしたわぁ。

なんでやるたびに弱くなるんだろうw。

結果:bluerose 76○、こだ 53、レン 44 


2日目これで終わり。4時くらいに就寝。

12/26 上郷ボードゲーム合宿1日目@上郷

神奈川の上郷で行われたトシさん主催のボードゲーム合宿に参加。
知り合い限定だったので参加者は全員知人。超ホーム感!!
都合合わずに来れなかった人が多いのが残念。

この合宿の最大の目標は、パンデミックレガシーのクリア!
前回関東来た時に3月までクリアしたので、合宿中に終わらせる所存。
いえろ~さんが直前で入院したのでひやひやしたけど、無事退院できたようでなにより。


IMG_6837
場所は神奈川の上郷森の家。保養施設らしい。
2泊3日で2万くらいだったかな。

IMG_6836
山の中にある施設。周りにはなんもないよw。


IMG_6839
昼間は会議室借りて、15時からチェックイン。
最終日の朝までは部屋でボドゲして、夜まで再度会議室。

到着したらアンドールとアンタークティカとバスシュティッヒで埋ってたのでバスシュティッヒ待ち。


IMG_6840
「ルールの達人 / Master of Rules」 川崎 晋 作

持参品。初プレー。
カワサキファクトリーのカードゲーム。Z-MAN版。

手札には数字カードとルールカード。
手番が来たら好きな方を出し、同じ種類のカードを場に並べた中から補充。
二巡目はさっき出してない方を出す。
全員が出し終えたら各自の出した数字カードをチェックして、出したルールが達成できていたら得点。
同じ色か数字が3枚以上出る「トリオ」や、合計数字23以下、自分の右隣が達成すれば達成、他人と色も数字も被らなければ達成など。
これが中々面白い感じで、トリオと色も数字も被らずは相反しているので、同時に出されると辛い。
できればルールは後に出した方が達成しやすいが、他人と同じルールは出せない縛りがあるので、非常にもどかしい。
達成したルールのセットコレクションもあるので、先に補充したさもある。

これは悩ましくていいなぁ。
4人以下だとダミープレイヤー入るので5人ベストだろうな。

結果:bluerose 6○、よち犬 5、レン 4、らすく 4、いつき 3


IMG_6841
「ノブセリ (セブンより)」

初プレー。
変わった構成のカードセットで色んなゲームが遊べる「セブン」より。
七つの紋章、七つの部族もこれに収録されて話題だったね。 

ゲームとしては花合わせというか、釣魚というか。
場に公開された2枚のどちらかと自分の出した1枚の合計値が7,14,21になったらその2枚を得点化できる。
ただし7を2枚で得点化したときのみ、それは得点にはならず、得点対象になるスートとなる。
繰り返していくと7スートのうち1スートは得点化できない仕組み。
さらに場にダイスが2つ置かれていて、合計7で得点化すると左のダイスが、21で得点化すると右のダイスが1減る。
こちらは得点対象にできるスート数。このスート数分、自分の取ったカードからスートを選ぶ。
ちょっと面白いのは、ダイスが1より下がった場合、その時点でゲームは終わって、カードを一番得点化してない人が勝ちになる。
負けそうなら7や21を作って終わらせてしまえ。

カード構成の妙で、必ず21と7の組数は同じになるように出来ている。
これが最初理解できず、説明書の「2つのダイスの目は同じになります」が良く分からなかった。
やってみてなるほどねと。これは美しいなぁ。

ゲームとしての面白さはちょっと微妙。
悪くはないんだけども。

それにしてもカードの視認性というか、プレイアビリティが悪い。
七七は各スートの構成がカードに書いてあったが、こちらはデザイン重視なのか最小値と枚数がアイコン化されて載ってる感じ。
未だに七七の再版を願う声が多いのも分かる。勿体ないなぁ。

結果:いつき 6○、レン 6○、よち犬 5、らすく 5、bluerose 5

こっから部屋に移動。

IMG_6842
「ハステボルテ / Haste Worte?」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

関東ではまだまだ遊んでないので持ってきたよ。
名古屋では遊びすぎて大分飽きたけどw。
それでもやっぱり楽しい。

IMG_6843
「ハードナッツ / Harte Nuß」 Theora Design作

トシさん提案で全体ゲーム。
自分持参のハードナッツを全員でやりました。12人くらいw。

バッティング無効の発想ゲーム。
これだけ人数いると被る被る。
あと2人ってところでいえろ~さんと被って悲しかったりw。

Tで始まるボードゲームのお題で、被ったのがティタニアだけってのが面白かった。
トーレス、ティカルとか一切被らず。
自分が書いたのはたんばですw。


IMG_6844
夕飯はこんな感じ。釜飯!


IMG_6845
「4つの評議会 / Das Konzil der Vier」 Simone Luciani, Daniele Tascini作

昨日遊んだ4つの評議会を。持参品。
ボードとボーナスタイルがランダムなので、おいしい配置を見ぬいて攻めれるかが鍵かな。

補充タイル多く攻めて動きは楽だったけど得点源がなくて負けた。
貴族トラック進めるボーナスが2つ連続してて、そこを序盤に攻めれなかったのが敗因。

結果:Xeil 76○、ミヨ 72、レン 36、一期一会 27
 

IMG_6846
「ローリングワールド / Rolling World」 OKAZU Brand

ローリングワールドよりドイツマップ。
ルールは端折るよ。
ドイツマップは各マス接してるマスの数が多くて大変。 

他のマップは特殊能力が使えるらしいので遊びたいね。

結果:一期一会 9○、Xeil 10、レン 11、いえろ~ 12、ありきり 17


IMG_6847
「パンデミック:レガシー シーズン1 / Pandemic Legacy」 Rob Daviau, Matt Leacock作

始まりましたよパンデミックレガシー。
22時から初めて2時くらいまで。4,5,6月までやったのかな。
その間1回負けました。序盤でアウトブレイク3連鎖くらいしてw。

色々書きたいけどね!ネタバレになるからね!
写真もまだギリギリ見せられる感じw。

楽しいよ。指令カードめくるのがワクワクする。

果たして合宿中にクリアできるのか!



本日はこんなところで。 

12/25 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。


IMG_6831
「FLY」 Chris Handy作

REIさん持参。初プレー。

最近気になってたガムシリーズ。
1つのゲームがガムサイズのケースに入って、アルファベット3文字の名前が付けられてるのが共通点。

カードを敷き詰めて並べて。
上から蠅叩きカードを落として、覆った蠅のカードを取得。
最終的に各色3枚以上集めると得点。

うーむ、バカゲーだw。
左の箱に挿したカードは落とす高さの目安。バカゲーだw。

むふふ。


IMG_6832
「4つの評議会 / Das Konzil der Vier」 Simone Luciani, Daniele Tascini作

ツォルキンコンビの新作。持参初プレー。

場のベランダだったかゴンドラだったかに乗った人コマと色が合うように手札を使ってアクション。
4色合えばカードだけで、3色合えば+4金、2色合えば+7金、1色だけなら+10金必要。
んで公開されたタイルを取り、描かれたボーナス得る。
次の手番以降、そのタイルを裏にすることで描かれたアルファベットの都市に建設。
既に人が建ててる都市なら追加で助手タイルを払う。電力会社みたいな。
この建設が独特で、建てた都市のボーナスが得られるのに加えて、その都市と道がつながった都市に既に建設していれば、そちらのボーナスも再度得られる。
その隣もって感じで建設済みの都市がつながっているだけボーナスが重複するので、いかに自分の都市網を伸ばすように建設できるかが鍵。なんとなく郵便馬車っぽい。

同じ色の都市全部や、3つに分かれた各ゾーン内の全部に建築できるとボーナス点。
いずれかのボーナス点を取るとついでに更にボーナス点が付いてくる。
この付いてくるボーナス点がかなり大きくて、1枚目とか25点ある。
青の都市は2つでボーナス取れるので、速攻で取りに行くのもあり。
ただその分道が繋げないもどかしさ。

とにかくお金が足りない、手札が足りない、助手が足りないと苦しくて楽しいw。
道の構成や都市のボーナスは毎回ランダムなので、最初に美味しいルートを見つけてその通りに建設できるかが鍵。マルコポーロっぽい。
手札補充やお金・助手が多く貰えるように序盤から動けるといい感じ。
ただそれでは得点源がないので、どこかで得点も絡めたい。悩ましい。

いやぁこれは面白い。気に入りました。
マルコポーロのような派手さはないし、新しいシステムもないんだけど、既存ルールを上手い感じに組み合わせて作ってある感じ。流石。
ボーナスの得点配分はかなり大味な気がするけどw。

結果:レン 81○、もちづき 61、タクト 52、REI 17


IMG_6833
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

〆のボーナンザ。
ただし今回は拡張入り。
アドベントカレンダー2015に入ってるミニ拡張。

1金払うと4クオータービーン(QB)貰えて、場に5枚常に並べて、山札から遠い順に1QB、2QB、…、5QB。
手番中に1枚だけ買える。んでこの購入権を人に売ってもいい。
このカード買わせてあげるからなんかくれよって感じ。新しいな、面白いw。

追加コンポーネントはQBチップだけなので、適当なトークンで代用できますw。
詳しいルールは公式サイト見てね。
 
まぁ結局一番面白いのは基本ゲームなんだけどw。

結果:REI 16○、レン 15、タクト 15、もちづき 14



終わり―。 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ