ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

2016年12月

12/24 1830会@名城公園

この日はクローズ会。
ニートさんの呼びかけで1830をやろうということに。

面子はニートさん、自分、タクトさん、hey太郎さんの4人。


IMG_0788
まずはhey太郎さん発案でお昼を食べに清水の天ぷら屋へ。
かきあげ丼が名物らしい。9割エビで美味しかった。


して会場へ。

場所は最近ユキさんやhey太郎さんが使ってる名城公園あたりのユーススクエア。
かなり部屋代が安いが、会員の半分くらい以上が35歳以下じゃないといけない。
あと本名での会員登録がいりますよ。


IMG_0789
ボドゲの貸し出しやってた。すごい。
つってもドイツゲームはスティッキー、キャプテンリノ、お先にしつれいしますくらいか。



IMG_0790
「1830: Railways & Robber Barons」 Francis Tresham作

というわけで初プレー。
18xxシリーズの源流(といっても2作目らしいが)。

ルール多いので全部は説明できないが、
株券買って、最多の人が社長になって会社を運営。
路線伸ばしてお金稼ぐが、お金は会社の資金にするか、自分含めた株主に配当するか。
手番がプレイヤーごとでなく、会社ごとってのが特徴かな。
公称3時間~6時間という超重量級。

以下はまぁルール知ってる体でね。

1830自体は全員初プレーなので手探りで。
ニートさんとhey太郎さんはシリーズの他のは経験あり。

最初にプライベート会社の競り。
パス起きるのかなと最安の会社買ってみたら1度もパス起きずにどんどん会社が売れていく。
流石に辛いだろうとニートさん発案で仕切り直しw。

反省活かして今度は高めのに入札。専用路線にタダで駅建てれるやつ。
その後最安のとNYセントラル株に交換できるやつも落として3つ持ちスタート。

最初はとりあえずNYCを建てに行く。
hey太郎さんは今回自分で運営はせず、他人に相乗りする作戦らしく、会社やってくれるなら買いに行きますよ、と。
というわけで自分筆頭で3:3持ちで会社設立。
とは余ったお金でNNHも買っておいて、2ラウンド目くらいで4株持ちからタクトさん勧誘して2社目w。

とりあえずはひたすらNYC伸ばして、NNHは東に伸ばしてNYCに合流させに行く。
ニートさん運営のB&O、タクトさん運営のPRRも美味しくなってるのでいっちょ噛み。

まぁそんな感じで4社が同程度に伸びながら進む。
初心者卓ってことで会社の金使い切って他人に投げる、通称魚雷は禁止w。

2列車が使えなくなると段々とこのゲームの辛さが分かってきた。
プライベート会社が消える前に会社に取り込んで、自分に資金回して。
3列車も使えなくなって、列車の所有上限が2台になるとゲームが膠着。
買いたくても古い列車勝手に捨てられないらしく、新しい会社作らないとゲームが進行しない。
なので自分は既に規定位置に路線繋いでたB&Mを設立。
同じ路線内で3社回すことに。
ニューヨークの2つの駅つなげようとしたが、さすがに止められた。むぐぐ。

IMG_0791
さらに路線内に進出してきたhey太郎さん運営のエリーに駅作られてルートが減ってひぃぃ。
かなり複雑な配置になってたのでこれパズルゲーかよってくらいめんどいルート探索。
後でバイパス作って繋げたが、直進の黄色タイルが足りなくて数手番遅れる羽目に…。

ほとんど株券売られずに、分配しまくってたので会社の資金は辛い。
なんとか6列車は全社買えたが、ディーゼルに回す余裕はなかった。
タクトさんは会社のお金ない状態で列車飛んで、社長として所持金と株券はたいて自腹してたw。
なんとか飛ばずにセーフ。

終盤はディーゼルの威力を見せつけられた感。
6列車持ってても1台だけだと収入少ないね。
複数社全部伸ばそうとせず、どっかでお金まとめてディーゼル買わないとダメだったか。

だいたいどの会社も動きが決まり、株券も売れなくなってあとは銀行尽きるまでの消化試合になりかけたころ、時間切れで途中終了になりました。

インストに2時間、プレーに6時間半かかって終わらなかったよw。
慣れれば早いんだろうなぁ。
特に後半のルート追って収入計算するのが時間くった。
メモらんとあかんね。

IMG_0793
最終局面はこんな感じ。
あ、右上の方でタイル間違ってるところあるけど、中盤で気づいて協議の上そのままにした。

結果はニートさんに僅差で負けて2位。
途中エリーに路線カットされたのと、B&M売られまくって株価だだ下がりしたのが辛かった。
B&M株減らしてPRRでも買っておけば株価で逆転できたかしらん。

というわけでかなりの長時間で疲れた。
面白さの片鱗は感じたが、まだまだ理解できてない部分は多い。
これはスルメゲーだなぁ。繰り返し遊べば色んな戦略見えてきて面白いんだろう。
実際毎週のように遊んでる人いるしね。慣れれば4時間…。うーむ。

とりあえず自分はあと3年くらいは遊ばなくていいかな。
面白いとは思うが、疲れの方がデカい。
これぞゲーマーズゲームなんだろうなぁ。

結果:レン 5671、ニート 5711〇、hey太郎 4747、タクト 3759
 

全員疲労困憊で解散。

IMG_0794
hey太郎さんは帰って、3人でまぜそば食べに。 



というわけでようやく遊んだ1830。
かなりの重ゲーでした。疲れた…。 

12/23 おやこボードゲームひろば&アフター@北名古屋

おやこボードゲームひろばとその後の時間で遊んだボドゲ。

本会では4人だったが、スミさんが途中から、ユキさんが終了後二次会のために来たよw。


IMG_0770
「マッチマッドネス / Match Madness」 Jeppe Norsker作

初プレー。バネストのGM16秋枠。

ヨコイさん曰く、難しいナインタイル。
立方体2つが繋がった四角柱が5つ。
横面にはマークが2つずつ異なる組み合わせで描かれている。
お題カードめくって、早い者勝ちで同じ形にマーク揃えれば勝ち。

うん、確かに難しいナインタイル。
ナインタイルが簡単すぎてって人にはうってつけ。

これ系はまずここにしか置けないってパーツを探すのが常やね。


IMG_0776
「さわってポケモンゲットだぜ!ゲーム / Feeley Meeley」 Emanuel Winston作

昨日ゲットした、てさぐりゲームのポケモン版。
触感で対応するフィギュアを探す。

通常のカードに合うのを探す以外に、~の進化形を探せとか~タイプのポケモンを探せっていうお題カードもあり。
ポケモンは金銀までしか分からないのでそのルールは遊べないが。

全体的に丸っこい2頭身キャラが多いので、普通のてさぐりゲームよりも難易度高め。
ピカチュウならしっぽのギザギザ、みたいな特徴で探そう。 


IMG_0778
「ドラゴンの宝 /  Schatz der Drachen」 Reiner Knizia作

持参初プレー。買ったのはかなり前。
クニツィア式神経衰弱というか、クニツィア式イチごりら。

神経衰弱だが車は2つ、燭台は3つ、宝箱は4つ開けないと取れない。
好きなタイミングで終了して取れるものをすべて取る。
それらのお宝とドラゴンを同時に開けてしまうとバースト。
または3枚だけある蜘蛛の巣を開けてしまうとバースト。
ドラゴンだけ、もしくは指輪と一緒に開けて止めるとドラゴンを獲得。
指輪は1枚で取れるし、ドラゴンと一緒に開けても大丈夫。

最終的には枚数比べだが、ドラゴン最多の人は蜘蛛の巣3枚も獲得。


うむ、シンプル。
1手番でバンバン開けていくので、記憶ゲームよりはどこまで欲張って開けるかのゲーム。 
今回ドラゴン最多で蜘蛛の巣獲得のルール説明忘れてたわ。すまんぬ。

まぁ深みはないわな。
軽く遊んだり、子供と遊ぶのにはいいかね。

ドラゴンで最多取ったタクトさんが1枚勝ち。


IMG_0779
「魔法使いの夜 /  Nacht der Magier」 Kirsten Becker, Jens-Peter Schliemann作

スミさん持参品。初プレー。

コインプッシャーのように自分の駒を中央に向かって押し入れて、中央の穴に自分のマークの赤いコマを落とすのが目的。
最初中央の穴は塞がれていて、押していくと上に乗ってるディスクがズレて穴が出てくる。
回りのディスクが盤面から落ちたら手番終了。

ってゲームなんだが、本来は部屋を暗くして遊ぶ。
コマに夜光塗料が塗られていて、それを頼りに勘で押す感じ。
落ちたかどうかは音で判断。

今回部屋の明かり落とせないし、ガラス張りなので消しても暗くならないので明るいままで。
するとただのプッシャーゲーだね。宝の滝みたいな。
というわけで魔法使いの昼でしたw。

いつかまた暗い場所で遊ばせてくださいw。


IMG_0781
「ジャングルの秘宝 / Dschungelschatz」 Roberto Fraga作

持参初プレー。これもかなり前に買ったやつ。
和訳なくて積んでたけど最近英文でいいやと思えるようになったので。

同作者のタイムイズマネーやディガーのように、規定時間を自分でカウントしてその間に得点を取るゲーム。
隣の人が砂時計ひっくり返して、隠してスタート。

袋から宝石引いて、緑なら1枚、赤なら2枚のお題を達成する。
黄色の宝石は手番の最後に2個につきカードを1枚獲得できる。
宝石を投げてキャッチしたり、ブロックを積んだり、袋から指定の色の宝石を探したり。

どっか適当なタイミングでストップかけて、砂時計落ちきってなければ成功。
達成したカード枚数が得点。

なるほどタイムイズマネーにお題達成のアクションを入れてアクションゲームとしての側面を強化した感じ。
より多くの判断が問われるので、時間のカウントが難しくなってる。

最近ヴォアラってタイトルでリメイクされてバネストにも入ってたので入手はしやすいかな。


IMG_0782
「ダムかるた」

初プレー。どうしたスモール出版w。

表に写真とダムの名前、裏に貯水量とか施工年とか。
基本ルールはダムの特徴+ダム名のお題を読んで取るかるた。
それの上級ルールは全部裏面にして読まれたダム名がどれかを当てるw。
裏面にはダム名書いてないのがポイントかなw。

今回遊んだのはバトルモード。
手札配って、お題カード開けると貯水量とか施工の古さとか指定が入って、
全員1枚選んで同時公開して1番強いカードが勝ちw。 

果たしてこれが響くダムマニアがどれだけいるんだろうw。


BlogPaint
「テイクイットイージー / Take it easy!」 Peter Burley作

6人プレーでも時間変わらないのがいいよね!

1人が引いたタイルと同じタイルを全員が使い、
同色の線が繋がってると得点。

どこに置くか、どこを諦めるかのシンプルなジレンマが素敵。
往年の名作って感じね。

タイル量の割にはかなり安いし、対応人数も年齢も広いのでお勧めでっせ。


IMG_0784
「二位じゃダメなんですか? / Why First?」 Simon Havard作

持参初プレー。ゲムマで中古で買ったやつ。

手札から1枚をせーので誰かの前に出す。
オープンして出されたプラスマイナスの数字の合計分コマを進める。
これを4回やって、手札の最後1枚は自分に適用して、順位を見る。
2位の位置にいる人だけ今いる場所に応じた得点が入る。

んで、最終得点が2位の人が勝ちw。

だいたいみんな1位の人を更に押し上げながら2位を目指す。
自分の駒が3位4位くらいになるようにしておいて、最後で2位に上がれるといいかも。

最終得点2位が勝ちってのはまぁテーマに合わせたんだろうけど、かなり狙いにくい。
ぶっちゃけ途中は消化試合で、最終ラウンド命な感じ。

今回4位だったみくろんさんが2位だった自分と一緒に大量点獲得して、
自分が1位、みくろんさんが2位になって勝ち。
なかなか見事な勝ち方だが、かなり偶然っていうねw。
狙えませんよこんなのw。

悪くないがもうちょっとプレイ時間削れればよかったかも。手札4枚でいいかな。



ここで二次会の予約時間になったので終了。

IMG_0787
今回は焼き肉!
一応るどふぃ~るの忘年会ってことで。
一年間お疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。 

12/22 ぶらりリサイクルショップの旅

21日が仕事納めで暇になったので、久々にリサイクルショップ巡ってきました。

今回はブックオフ系列のホビーオフをメインに。
ブックオフは本、ハードオフは電化製品、オフハウスは日用品、ホビーオフは玩具系。
このうちボードゲームを置いてるのはオフハウスとホビーオフ。
品揃え的にはホビーオフの方が数段上です。
とはいえたまにハードオフにもちょっとだけ置いてたりもして、そこは店舗次第。

今回のルートは一宮、尾西、犬山、小牧、春日井の方をぐるっと。
大体名古屋の北西部ね。


リサイクルショップは滅多にボドゲないけど、たまに大当たりがあるからなぁ。
今までで一番の釣果はワレスのオートモービル780円ですw。
あとは穴掘りモグラ600円とか。ディジット200円とか。キャッチミー480円とか。 

なんか今回も掘り出し物あるといいなぁ。


IMG_0746
一店目でさっそく発見。バティークが3240円。
超安いわけではないが、前から欲しかったので。
国内在庫切れてるようだし丁度いいやと購入。


IMG_0749
モノポリー のFamily Game Night Championship Edition。
安いけどモノポリーやらないしなぁ。スルーで。
レア度のほどは知らない。

 
IMG_0750
パヴィリオンのタンブリング。まぁ見たままのアクションゲーム。
これもまぁスルー。


IMG_0751
ちょくちょく見かけるミリオネア。324円。
今まで見た最安は中央林間で500円だったがそれより安い。
ちょっと気になってたので買ってみる。 


 IMG_0752
スティッキーが300円!
だが黄色一本欠品のようだ。
まぁそこまで支障はないだろう。拾う。
あとバイシクルのブリッジサイズが100円だったので拾う。


IMG_0753
ベアブリックのバイシクルポーカーセット324円。
キャストパズルはなんとなく。 


IMG_0754
ピラミッドパワーゲーム。ちょっと気になってたやつだが、欠品ありなのと箱クソでかいのでスルー。


IMG_0755
早押しじゃない方のウルトラクイズゲーム。
なんと170円。買います。


IMG_0756
トリビアルパスート。この版は珍しめ。
まぁ別の版持ってるからいいや。


IMG_0757
NEW億万長者ゲーム。遊ぶ気がしないので買わないw。


IMG_0758
ヤッターマン。これ前にも見た気がする。 


IMG_0759
ガチャガチャカバくんのちっこい版。カエルです。
玉の発射機構はなくて中央に置いてスタートのよう。
小型なのは惹かれるが、まぁカバくんあるからいいや。


IMG_0760
ヒーロークエスト。なんかフィギュアいっぱいなやつ。
安かったら買ってたが、12960円…。スルーで。


IMG_0761
お、トレインレイダーだ。4320円。
昔海老名で1000円で拾ったんだっけな。
1回遊んだきりだわぁ。


IMG_0762
ちょっと気になる3Dキューブ上でのバトル。
買わないけど。


IMG_0763
ガンダム。なんか電子な感じのアブストラクトな感じの。
よく分からんし、ガンダムも分からんのでスルー。


IMG_0764
お!しっぽでバンバンのピチュー版!
存在は知ってたが初めて見た。ピカチュー版は持ってる。
シール欠品とあったが、本体に貼るシールで既に貼ってあっただけ。
箱傷んでるのはまぁいいや。旧版ベタベタしてるのはお約束。
なんと108円。買い!

ちなみにピカチュー版に比べて、表情とかの他に背景の模様もあってちょっと難易度低め。
ピチューなのでしっぽは黒いよ。

いつか混ぜて遊びたいw。


IMG_0765
ポンジャンが箱なしで324円。チップ欠品だけど支障はないだろう。
完品ならヤフオクで4000円くらい。
持ってるのはジュニアなのでちょっと悩んだがスルー。


IMG_0766
お!手探りゲームのポケモン版!540円。
これも存在は知ってたが初めて見た。
フィギュア1個欠品らしく残念。
市販のポケモンモンスターコレクションってミニフィギュアと同規格らしく、それらを入れても遊べるらしい。
カードはないのでブランクカード多めについててそれに描く感じ。

まぁとりあえず購入。
ちなみにフィギュアの違いが細かいので他のシリーズより難易度高いw。

これで手探りゲームは
・通常版
・ABC版
・海の生き物編
・ホラー編
・ポケモン版
と5種類目w。あと何があるんかね。



てなところでおしまい。もっと回りたかったけど閉店時間なもんで…。

リサイクルショップ回りは宝さがし感があって楽しいよ!

12/18 ミスボド名古屋@御器所

ミスボド名古屋へ。

朝起きるのが辛い時期。10時に着けたらいいなぁくらいで。
着いてもしばらくは受付の横でだらーっとしてました。
畳はいいよね。



IMG_0716
「Fishery」 Yuuki Doi作

REIさんがゲムマで購入した土嚢ゲー。初プレー。

ナゲッツのようにエリアを区切ってその中でマジョリティ。

最初に交互に船を置くフェイス、次に網で区切るフェイズ。
網の色は持ち主示すだけで特に意味はない。
秀逸なのは区切りのルール。
各エリアは最低1艘の船を含んでいて、外周の網を1辺は使わないといけない。
この特に後半の縛りが素晴らしい。
これによって船を網で囲いきることはできないし、置かれたくない場所に置かれないように仕込むことも可能。

特に後半戦の一手一手が重く、ミスるとかなり大きいエリアを奪われることも。
右上の縦白置くのが遅かったら先にその左下に横に置かれて、でかいエリアが黒の物になってたね。
これで終わりかと思ったエリアが予想外に区切られたりで面白い。

1点差で負けました。うぼわー。

結果:レン 18、REI 19


IMG_0717
「ファイナルバーガー / Final Burger」 四等星

ゲムマ新作。初プレー。
買ったけどこれはREIさんの。

早い話、フォロースートが常に2種類あるトリテ。
肉3種と野菜など4種。あと周りが肉だけなら勝てる切り札のピクルスと絶対勝ちの切り札のポテト。
勝ったらトリック中のカードと場に公開されたカードを獲得。

ビッド式で取りすぎてもダメ。
全部終わったら取ったトリックごとに2枚を裏にしてパンズにして、ハンバーガーを作る。
その組み合わせによりボーナス点。ただしビッドとズレて予想してたらトリックごとに捨てる分あり。 

絵に惹かれて勝ったが、正直ルールは買う前から不安。
特に全トリック終了後に得点計算のパズル要素が入る点。
以前ぴったりヤドカリってゲームがあってな。
あれは全トリック中で取ったカードでペアを作ってくからかなりパズルするのがめんどくさく、後にトリック中でペア作るように変更が加わったんだが。
こっちはトリック中のパズルなのにも関わらずどれを裏返してどれを捨てれば得点が大きいかをトリックごとに考える必要があってめんどくさいんだよねぇ。 

案の定得点計算だけで5分くらいかかって、ダレてしまった。
2ディール目に行く気力がなくなって1ディール終了。

あとはまぁ色んな人が言ってるけどポテト強すぎ。
要はウィザードなんだけど、いつでも出せるのと先勝ちなのと枚数多いのとでポテトゲーになっちゃってる。
ポテトなかった人はミゼールでいいんじゃないかってくらい。
せめてボイドしたときだけ出せるとか後勝ちとかになってればいいのかもしれないが。

IMG_0718
完成したバーガーはすごく綺麗で美味しそう。
お腹すいた。


IMG_0719
「スタンフォード / Stanford」 達磨ゲームズ

ゲムマ戦利品。初プレー。
看守たちが囚人に拷問やら洗脳やらするトリテ。
テーマで買うよねw。

基本はマストフォロー、切り札ランダムの素直なトリテ。
勝った人は自分の出したカードを並べて置いて、全トリック終了後、それらに描かれた自我と体力の数字をそれぞれ合計して、場に並べられた囚人をピック。
体力がゼロにならないように自我をゼロにできれば洗脳完了で得点にw。

ここまではまぁいいんだが、問題なのはスーパートランプのロボトミー。
場に0か10が出ていれば勝てるのだが、これで勝つと場の訓告カード1枚がオープンされる。
全部で5枚の訓告がオープンされるとプレイヤー全員負け。
自分のことだけ考えてバカバカ使ってたら全員死ぬぜってやつ。
ここに拍車をかけるのが役割カード。
最初に1枚持って始まるのだが、この中に訓告5枚オープンしたら勝ちってやつがいる。
なのでロボトミーカードをどう処分するかが肝心なんだろうけど、初回プレーじゃ分かんないよね。
3枚使われたとこから裏切り者のREIさんが2枚使ってゲーム終了。

とりあえず全同人作家に告ぐ、半協力ゲームは成功しないから作るな。
チームの勝利後に得点や貢献度比べるやつならまだしも、個人戦しながら全員死亡の可能性があるやつは成功した試しがない。
ノブナガとかな…、PAXとかな…。

このゲームも訓告システムがなければまぁ悪くないトリテなんだけどな…。
あ、でも説明書は分かりづらかった。
訓告カードを裏返すのと獲得するのでバラバラだし、単語の説明されてない独自用語があるし。

フレーバーはよかったんだけどねw。


IMG_0720
「ラミネートラミー」 四等星

ゲムマ戦利品。初プレー。
セブンを使った独自拡張。プエルのトリコのりかちさん新作。 

基本はラミー。山札2枚引いてそのうち1枚獲得か、捨て札トップ獲得。
場にはセットの条件カードが並んでいて、3カード、5ストレート、3ペアとか。
達成できる組を出したら条件カード獲得。
こっからが特殊で、獲得した条件カードは裏向きでまだ得点にならない。
達成に使ったカードは条件カードと一緒に並べて置き、全プレイヤーそこから選んでカードを取ることもできる。
並んだカードが1枚だけになったら完成して得点に。
他人のを取ると、カードを選べるメリットはあるが相手の得点を近づけるデメリット。
んで面白いのが最後に残った1枚は以後他の条件の達成に使用できる。
煌めき的な感じね。さらに他のプレイヤーのを使ってもいい。コストは手札1枚を相手に。

まず良くできてると思うのが、枚数が多い条件ほど完成するまでに時間がかかること。
誰かが15点取ったらラスト2手番ずつだが、そこで手札使って達成しても完成せずに終わって得点にならない。
なので後半大事なのは手札を使わずに、自分や相手の達成済みカードを使って条件を達成すること。
ここに若干のパズル感があって面白い。
もちろん完成途中の条件カードがあればそれを完成させて得点にしてもいい。

セブンを使ってるので7付近が枚数多くて集めやすいってのがあるが、そこまで意識はしてなかった。
合計値達成のカードがあるから基本7より大きい側に寄るかな。

なるほどこれは面白い。相変わらず綺麗なシステムを作るね。
論文を作るってテーマはちょっと分かりづらいし魅力なかったかな。
なんか別テーマで世界観出せるともっとウケそうなんだけど。

結果:レン 13、みくろん 20〇、秋山 18、ドリラ 13


IMG_0721
「トリコロール / Tricolore」 KEY商会

ゲムマ戦利品。初プレー。
なんかウォーゲームのブースで出してたカードゲーム。

同時出しバッティング。ハゲタカ系。
出す際に赤か青のどちらを奥側に向けるかで投票になる。
青が多い場合、小さい数字の勝ち。赤が多い場合大きい数字の勝ち。
同数の場合バッティングした人が勝ち。
スタートプレイヤーは中央のカードめくって、好きな向きに置く。
見えてる1票を持ってる感じ。説明書に詳しく書いてなかったけど多分。

軽いバッティングゲーとしては悪くないデザインだと思う。
ただ今回4人プレーだったから中央入れると奇数で同数が出ないね。
実質3人か5人用かな。ちょっと惜しい。

勝った人は2点、マジョリティに入った人は1点なので見えてる色に逆らう理由があんまりないのもちょっと残念。
なんか他にもあったなぁこんな感じのやつ。


IMG_0722
「Guess the Mess!」 Jack Degnan作

ゲムマ戦利品。初プレー。
書泉のセール品から発掘。箱裏でルール分かってピピっと来た。

各自が自分の場所カードを受け取ってこっそり見る。
時間内にリアルタイムで中央に積まれた写真カードからその場所に当てはまりそうなのをめくっては取り違っては戻し。
場所カードは全員分集めて、8枚になるように山から加えて、場に公開。
取った写真カードを隣のプレイヤーに渡して、どの場所か当ててもらえたらお互いに点数が入る。

非常に分かりやすくて、面白い。
砂時計短くて1、2枚しか取れずに終わることも。
場所が工具店なのに食べ物の写真ばっかりめくれたりw。
たまにゴミ置き場とゴミ処理場みたいなの並んじゃうけどそこはご愛敬。
あとホームセンターの万能感やばいね。どれでも当てはまっちゃうw。

いや、これおもろいわ。久々にいいパーティーゲーム掘り出した感。
書泉はたまにこういう掘り出し物あるから馬鹿にできない。

しばらく持ち歩こうかな。 

結果:レン 〇、tetu ×、最上 ×、ふぃっしゃー ×、ワイアルド ×、かぶ ×


IMG_0723
「Twist of Fate」 Keith Rentz作

キックしたやつ。初プレー。
オリバーツイストのカードゲームだけど原作読んだことはない。

中央に並ぶは得点トラック。8点で勝ち。豪華やね。
手番では手札1枚を相手1人の前に出す。
したらばカードには両側に別々のアイコンが書かれていて、自分側の効果を自分が、相手側を相手が使う。
効果はすべて2種類のパラメータの増減。どっちかを上げてどっちか下げたり、両方上げたり。
いずれかのパラメータが4になったら0に戻して、得点トラックを進める。
各プレイヤーに対しては最大6枚しかカードを出せず、全員出し切ったら今度は自分に使われたカードが次の手札になる。
また、カードは裏向きで出して片方プラス1、もう片方マイナス1のカードとしても使える。
表の効果で使いたくないときにどうぞ。

中々美しいシステム。シンプルだけど悩ましいってのはこういうのだな。
0より下には行かないので基本は自分が0の方を下げながらもう片方を上げるカードを使っていく。
勿論相手はその逆を打ってくる。
カードの効果は大体対照的になってるので、相手と逆のパラメータを上げていれば相手は自分に邪魔するカードを打ちづらくなってる。

トップを叩いて下位に易しくしてWin-Winを狙うゲームなので得点差はあまり出ない。
プラス2点のカードを多めに持ってれば強いかな。
いいゲームだった。

結果:レン 〇、ワイあるど ×、REI ×


IMG_0724
「トレス / TRES」 倦怠期

ゲムマ戦利品。初プレー。

相手側奥から駒を脱出させて数字分得点。
手番ではコマ1個を動かす。積まれてる場合トップのみ。
前方か左右の4方向に1歩だけ動ける。
既に他のコマがある場合、コマの数字により挙動が変わって、
相手の段数が自分の数字以上ならジャンプして進み、未満なら上に乗る。
自分の数字が乗れるMAX段数になってる感じ。
これを利用して一気にジャンプして進んだり、相手のコマに乗って封殺したり。
下の段のコマは確認不可なので若干の記憶要素もあり。

いや、これは面白い。最近倦怠期はアブストに寄って来たが、出来が良い。
個人的にはタワーチェスよりも好き。また変態トリテ出してほしい感はあるが。

いかに自分の3のコマをゴールできるかと、相手の3のコマを封じれるかが大切ね。
難しいが面白い。もっと遊びたくなるいいゲームだ。

コマはナットにシール貼っただけだが、いい重量感。
穴の上にシール貼ってるから剥がれちゃいそうで怖いが。

結果:フレイ 15〇、レン 13



ここで本会終わり。
いつもの二部へ。


IMG_0725
「レイルロードレヴォリューション / Railroad Revolution」 Marco Canetta, Stefania Niccolini作

今回のメインはこれ。持参初プレー。
エッセンではスルーしたけど早々にホビージャパンが入れてくれて嬉しいね。

基本システムはワーカーを使って4種類のアクションのどれかを発動。
その際ワーカーの色によって追加効果が使えたり、アクション強化できたり。
やることは線路伸ばして、駅建てて、電信会社建てて。もう1個はお金稼ぎ。
手持ちの電車タイルは裏返すと効果発動するが、もっかい使うには2回裏返さないと。
終了時に表向きなら得点になるので終盤は効果取るか点取るか。 
あとはシニョーリエ的な倍率トラックも。

最大の得点源は達成タイル。条件達成したうえでワーカーを送り込んで達成して得点。
必然的にワーカーが減るので上手く補充を考えて立ち回らないと。

What's your gamesにしてはかなりシンプルというか素直なプレー感。
基本的に何をやっても拡大していくのでどれが一番美味しいかの選択。
お金や株券のなさで苦しむけど、1手番かければ補充はなんとかなる。

いや、いいんじゃないかな。面白いよ。
What's your gamesの中でもかなり好き。伸びてく一方のゲームは気持ちがいいよね。

初手でオレンジワーカー取って、駅2軒建てから始まって調子よかったが、
後半伸び悩んで苦しむ。お金足りねー、オレンジワーカー足りねー。
なんとか3段階目の達成2枚クリアするも、西海岸まで伸ばして4段階目1枚達成してた最上さんが強かった。

結果:レン 175、最上 229〇、tetu 179、REI 168


IMG_0728
「松永久秀トリック」 トイドロップ

ゲムマ戦利品。初プレー。

マストフォローノートランプ。4スート8ランク。
1、2、5、8が絵札になっていて、トリック中に出た絵札が偶数だと高ランクが勝ち、奇数だと低ランクが勝ち。
得点はそれぞれの絵札ごとに奇数取れば1点、偶数取れば0点。

いや、これが思った以上に面白い。
特に得点システムがよくできていて、既に奇数枚持っている人にもう1枚押し付けに行く感じ。
シュティッヒルンみたいに投げ込むゲームだが、せっかくのプラス点がゼロになるってのが台無し感あって笑いを呼ぶ。
逆に今回だめだなぁと思ってても最後の1トリックで複数点取れたり。
面子がよかったのもあるけどね。

これは伏兵だった。こんなに面白いとは。
今のところ今回買ったトリテ系では一番かもw。

結果:レン 2、REI 3、最上 2、tetu 5〇


IMG_0729
「裏裏表」 篠原遊戯重工

ゲムマ戦利品。初プレー。
テスト版なのでコンポーネントはトランプだけどね。Kなしの。

表出しと裏出しが同時進行するトリテ。
全員出したら表の中で最大の人が勝ち。
次に裏を比べるが、表で出された最小値が裏の最大許容値となる。
許容値超えてない中で最大の人が勝ち。
んで、得点獲得後は自分が直前に勝った側では出せない。
表で勝ってたら裏で、裏で勝ってたら表で出す。

なかなか面白かったが、後半どうしても表が1人だけになっちゃうね。
必勝だが1点だし、裏で高得点狙えるので、そういうデザインなのかな。
前回の裏の勝者が打ち出しなので表から始まって指針はあるが、同ランク持ってた人が勝ち感はある。

これK抜く意味はあったのかな。まぁバランスなんだろうが。
今頃篠原さんの家にはKのカードだけがいっぱい余ってると思うので、それでゲーム作って次回出してくださいw。
そういやりかちさんも以前A~5だけで売ってたので6~Kだけのゲーム出ないのかなw。 

結果:レン 21〇、tetu 17、最上 12、REI 18



終わり。
帰りにフレイさん宅寄って、珍しくお酒飲む最上さんのグチ聞いてたら2時間経ってたよw。 

12/17 ダンジョンボード@尾頭橋

最近よく来るダンジョンボード。


名古屋駅からバスで行ったら降りるバス停間違えて2kmくらい行き過ぎたw。
そっから歩いたら1時間弱かかって、山王から歩いた方が近かったっていうね…。

バス嫌い!!

この日は主にゲムマ戦利品を。


IMG_0696
「メイズレーサー / Maze racers」 Andy Geremia作

かぶさんと2人で。初プレー。
やってみたかったのよね。
お子さんの出産間近なかぶさん、今年はボドゲ会打ち止めって挨拶済ませたのになぁw。

お互いに迷路作って、交換して同時に解いて先に解けたら勝ち。

難しい迷路作るのは中々難しい。
通れるか通れないか微妙な幅のルート作るのがいいのかな。
なるほど面白いなぁ。

結果:レン ×、かぶ 〇


IMG_0697
「ズーポリス / Zoopolice」 Lorenzo Tarabini作

初プレー。
ニートさん持参品。

1~5までのカードから4枚を場に並んだ得点カードの横に伏せておく。 
最終的にはそこに置かれたカードでハゲタカ式バッティングで得点を取り合う。
手番では誰かの裏向きのカード1枚指定して、数字を宣言。
当たれば1点もらってそのカードを除去。外せば表向きで残る。
これを全部が表になるまでやって1ラウンド。これを5ラウンド。

インスト聞いた段階ではかなり不安だったんだが、やってみたらこれが面白い。
序盤はかなり運。相手の欲しそうなカードで高い数字置いたかどうかの読みあい。
当たれど外せど、段々とオープンされることでその人の残りのカードが絞られてくる。
更に横列のカードがオープンされていくことでその得点カードが誰の元に行くかが段々絞られてきて、
自分が得点を取るには相手を除去するか、他のカードと被らせるか見えてくる。
無論相手もそう考えて数字宣言してくるので、そこから相手の数字を逆算することも可能。
バッティングさせて自分が得点取るために、わざと宣言を外すってテクニックも。
それをさせないためにお仕事で開けに行くっても大事。

これはびっくりした。推理要素とハゲタカ式バッティングがこうも上手くハマるとは。
システム同士のシナジーってのを久々に味わった気がする。お見事。
こんなゲームがまだ出てくるからボドゲってすごいわ。
ありそうでなかった感。

基本的には1枚開いた人から狙い撃ちにされるけど、まぁしょうがない。
それでも外してくれれば得点カード取れる可能性あるのと、自分で他当てに行けば得点取れるのが救い。 

結果:レン 26〇、ニート 21、かぶ 15、みなはら 16


IMG_0698
「リカーーーリング / Recurrring」 賽苑

ゲムマ戦利品。初プレー。

場のカードより強いのを出して、前のカードを引き取る。
同じ数字の複数枚出しが強く、枚数同じなら数字小さいほうが強い。
ハードパスで、自分以外全員パスしたら出したカードを得点化。

基本はアブルクセンのように、枚数少ない数字を処理しながら、手札に同じ数字を増やしていく。
出せるときに出せばいいってわけではなく、いらないカードを取らないためにパスってのもあり。
ただしハードパスで誰かが得点化するまで抜けになるので、手は遅れるし、あとから出したい状況になっても出せない苦しさがある。
手札出し切った人は最後に引き取ったカードを捨てて、誰かが得点取ったら終わり。
最弱だけど最も枚数の多いRカードは出し切った人のみが得点になる。

半信半疑で遊んでみたが、なにこれすっげぇ難しい。そして面白い。
ハンドマネイジメントがかなり重要で、適当に出してると絶対勝てない。
かといって手札そろえるように動いても、なかなか勝てない。
どうすればいいかが全くわからん。
打ち出しは1枚出ししかできないってのがかなり辛い。

正直このゲームの面白さはまだ掴み切れていない。
だけどこれは面白いゲームだって直感だけは感じてる。
戦略とか見えてくるともっと面白くなりそう。

あとデザインが素晴らしい。さすが賽苑。
これが同人だっていうから恐れ入るよね。 

説明書が遊び心からか分かりにくいのが残念ではある。
勝敗はメモり忘れたが2回やって両方とも負けたよ。 


IMG_0699
「BAKRICCO〜平原の商人〜」 米光と抜群のゲームデザイナーズ

ゲムマ戦利品。初プレー。

2色3種ずつのカードでセットを作って得点にする。
ドメモ方式で自分だけ手札は見えない。スタンドは別のゲームのやつね。
手番では自分のカード1枚を誰かに渡し、お返しに1枚をもらう。
双方手札の中身は知らないのでどれが来るかは運次第。
有効なカードが多いところに渡すのが基本かな。
カードが減れば期待値も上がる。

全員全部渡し終えたら、獲得したカードからセットを順出し。 
この時誰かが出したのと同じ種類のセットは出せない。
青2、青3、茶2、茶3、〇2、三角2、六角2の7種類。
既に自分が得点化したカードも出せるが、出すとマイナス1点。

規定ラウンドやるか6種得点化した人が出たら終わり。 

今回1ラウンド目で自分が茶色3枚を得点化。
2ラウンド目で青3種手に入ったので全種得点化してゲーム終了。
最短で終わってしまったよ。

うーん、これは…運だな。
期待値高い所狙う選択はあるが、それでもどれもらえるかは運次第。
それはまぁ自分の選択絡んでるからいいんだけど、指名されたときに貰うカードも運次第っていうのがね。
いらんもんもらって指名されてもなぁ。
せめて指名された人は好きなカード選べる方がよかったんじゃないかしら。 

ちょっと微妙な感じでした。

結果:レン 12〇、カツ丼あいす 1、かぶ 5、みなはら 1


IMG_0703
「ジャンクアート / Junk Art」 Jay Cormier, Sen-Foong Lim作

エッセンから気にはなってたやつ。初プレー。

基本は崩しちゃだめよな積み木ゲー。
ルールが色々あって、毎回3枚が選ばれて3回戦。

今回は、
・場に並べられたカードからピックして、全員で1つの積み木を作る
・2枚引いて1枚を下家が、1枚を自分が各自の前に積む
・10枚ずつ配って、めくっては積みでスピード勝負
の3枚。

なるほどこれはシンプルだけど面白い。
積み木のパーツがまた変わった形で、上手くハマるのもあれば使いにくいのも。
これはいいねぇ。分かりやすくて。

IMG_0702
ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲じゃねぇか、完成度高ぇなぁ、おい。

結果:レン 9〇、カツ丼あいす 5、ニート 4、かぶ 7、みなはら 6


IMG_0704
「オーガズミー / OrgasMe!: Sex turned into a card game Max Haupt, Michael Neumann, Laura Oechel」 Max Haupt, Michael Neumann, Laura Oechel作

キックしたやつ。持参初プレー。無駄に気合い入れて訳したよ。
18禁ゲームをオープン会で立てたやつは誰だ!私だよ!!
主催の許可は得てますよ、つか一緒に遊んだw。
 
ゲームとしては直接攻撃系。
誰かにカード使って相手はリアクションカード持ってたら反撃。
ただ使うカードが色々なプレイが描かれたカードで、ロウソクプレイとか縛りとか、ラバープレイとかまぁ子供には見せられないようなものでw。
なおダメージは興奮度で、MAXになるとオーガズムに達しますw。

また、ゲーム開始時に好みカードを4枚から2枚選んで、攻撃されたときにこの好みと使われたカードが一致していたら追加で興奮度が1上がる。
好みカードは特殊能力も兼ねていて、毎回異なる2つの能力持ちって感じ。

システムに関してはまぁありきたりな感じで。
フレーバーを楽しむゲーム。
「おら!これが好きなんだろ!!」「あ、だめ!イっちゃう!!リアクションカードで片頭痛発動!ちょっと頭痛いから待って!!」「あ、はい…(萎え)」
みたいなw。

イベントカードのフレーバーが面白く、母親から電話来て全員1萎えたりw、隣人が苦情言ってきて全員1興奮したりw。

そんな「おいこら!」って感じのゲーム。あほやわー。
自分が今回選んだ、カード2枚捨てて攻撃無効にする能力は強め。
攻撃されないと興奮度1下がるって人もいたけど、そりゃ殴られるわな。

まぁそんな感じのゲームなので、立てる場所と相手は選ぼうね!(ブーメラン)

やってる最中に看板見て見学に来た人がいて焦ったw。


IMG_0705
「6パネルクイズ / 6 Panel QUIZ」 米光と抜群のゲームデザイナーズ

ゲムマ戦利品。初プレー。

親は6文字以内の言葉を1~6のパネルの裏に書いて伏せる。
他はサイコロ振って、出た目をめくって、何の単語か当てる。
すでに開いてる目が出たら親はヒントを言う。

そんなクイズゲーだけどちょっと単純すぎるね。
2枚くらい開けばなんとなくその人の嗜好から分かって、3枚開けば大体分かる。

開幕「オーガズミー」をぶっこんでくるカツ丼あいすさんは流石w。

もうひとひねりすればいいクイズゲーになる気はするんだけどね。
並び替えて伏せて、開いてる目が出たら元の位置に戻すとか。

まぁ一発ネタということで。


IMG_0707
「サントリーニ / Santorini」 Gord!作

これも蹴ったやつ。持参初プレー。
1個余ってたのでカツ丼あいす氏に譲りました。

見た目が美しいアブストラクト。
自分のコマが2つあり、手番ではコマを周囲8マスのどこかに動かし、移動先周囲8マスのどこかに建築。
建築は階層1~3とドームの順。
移動の際登れるのは1段、降りるのは好きなだけのよくある感じ。
3段目にコマを登らせたら即勝ち。ドームはブロック用ね。

ポジットに似た感じでかなりシンプル。
邪魔するには周囲にコマがないとダメなので、勝つには相手の届かない所で3段階目を建築するか、ダブルリーチかけるか。

ただそれだけだとシンプルすぎるのでキャラクターカードを1枚最初に配る。
これによって特殊能力が手に入り、互いの特殊能力考えて戦う必要がある多様性。
この感じ好きよ。

1戦目はカードなしでプレー。
ドームで袋小路になった先に3段階目建築されて防げなくて負け。
この戦術気づいてれば先にやって勝てたんだけどw。

2戦目はカードありで。ランダムピック。
こちらのカードはアテナ。女神やね。自分が上の段に上った次のターン、相手は上の段に登れない。
相手の行動縛るのでなかなか強い。
相手のカードはカロン。ステュクスの船頭か。効果は移動前に相手を1歩押しのける。
相手の計算が狂うのと、キャラによるブロックが効かなくなる感じかな。

今回はダブルリーチかけられて負けた。
能力でしばらく粘ってたけどそのうち登れなくなって負け。

うーん、面白いね。特殊能力持ちアブストラクトは好きよ。あんまりないけど。
カードはたくさんあるので毎回違う組み合わせで遊べるのがいいね。
3人4人でも遊べるが、ベストは2人らしい。まぁアブストラクトだしね。

見た目重そう(物理)だけどプラ製なのでそれほど重くないし。
もっと遊びたくなるゲームでした。次回サシゲー会でリピートしようかしら。

結果1:レン ×、カツ丼あいす ○
結果2:レン ×、カツ丼あいす ○


IMG_0708
「スチームパーク / Steampark」 Aureliano Buonfino, Lorenzo Silva, Lorenzo Tucci Sorrentino作

主催持参品。初プレー。
持ってるけど積んでるのよねw。

全員がリアルタイムでダイスじゃらっと振って、キープして振り直しを繰り返す。
これでいいやと思った人から抜けて順番タイルを取る。早いほどいいボーナス。

建設の目の数だけ建築したり、目的カード出してお金稼いだり、人コマ袋から引いて同色のアトラクションに乗せたり。
こいつら金落としてくけど同時にゴミも落としてく。人が増えるほどにゴミも増えて、ゴミは最終的に持ってる分だけマイナス点。30個あると脱落!
なのでゴミ掃除の目でゴミを捨てるのも大事。

なるほどこんなゲームか。知らずに買ってたw。
ダイス振るアクション部分は忙しく、早抜けしたいのでどこまで振りなおすかが悩ましい。
基本的には目的カードに沿って拡大させていく感じかな。
永続効果のある施設は早めに建てると強い。ダイス目1個任意とか、ゴミ処理の目1個増やすとか。

今回ダイスの振り直しに時間かけすぎて、常にラス番。
ラス番になるとゴミが2個降ってきてつらい。
終盤は20個くらいたまってたのでラスト2ラウンドはほぼゴミ処理で終わったw。
結果はビリだったが、まぁなかなか面白かった。

ダイスアクションゲームとしても箱庭ゲーとしてもなかなか優秀。

結果:レン 76、カツ丼あいす 91、ナベ 95○


IMG_0709
「テイクイットイージー / Take it easy!」 Peter Burley作

持参初プレー。新版出てようやく買ってようやく遊べたよ。
カルバやコネクションの元になった、同じタイルを置いていく系。

親がめくったタイルを全員が任意の場所に置く。
タイルには3色の線が描かれており、最終的にこの線が同色のみつながれば書かれた点数が手に入る。
高得点の色を達成しやすい3マスの列に置くか、得点高い5マスの列に置くか。
ある程度置かれてくると、点を捨てずに置ける場所が絞られてきて、さらに進むと置きたくないけど置かざるを得ない状況に。
そんな中でどこを諦めてどこを頑張るか。残りタイルの構成とも相談して進める。

いやぁ、流石往年の名作って感じで面白い。
これくらい飾りのないのもいいよね。

親は残りタイル構成見えなくて不利な感じもあるが、まぁ人の見れば一緒だからいいっしょ。

拡張ルール色々あるけど、基本ルールで十分な気もする。
配置を隣接マスだけに制限するのはより厳しくなっていいかもしれん。

結果:レン 160○、ナベ 60、カツ丼あいす 138、みやち 121


IMG_0710
「Tokyo Highway」 ITTEN

ゲムマ戦利品。初プレー。
見た目の良さで話題の一作。

手先の器用さが問われるアナログなアブストラクト。
手番では自分の道路の先に道を伸ばす。
その際ブロックを直前に置かれた数からプラマイ1した数置く。
常に道は1段分斜めになる感じ。
置いた道が相手の道を始めて越えるか、初めて下に潜った場合、車コマを置ける。
ちょっとわかりにくいが、最上段か最下段を作ればいい感じ。
車コマを置き切った方が勝ち。
途中相手の道や車を崩した場合、手持ちのブロックを相手に渡さなければいけない。
このブロックがなくなっても負けなので慎重に。

ふむ、結構ファジーな感じだが、面白さは確かにある。
あまり鋭角な道を相手にダブル得点されたり。
得点できる箇所は限られてるので相手の先端追いかけていくと得点しやすかったり。

なるほど、面白いね。
普通のアブストラクトみたくきっちりした感じはないので、好き嫌いは分かれそう。
バランスゲー的な側面もあるしね。

でもまぁやっぱり見た目がいい。つい写真撮りたくなるゲームはいいゲーム。

結果:レン ×、カツ丼あいす ○


IMG_0712
「聖杯サクセション」 大気圏ゲームズ

ゲムマ戦利品。初プレー。2人用。

手札5枚から1枚場に出すか、場の直近5枚を引き取る。
この引き取るって行動は1ラウンドに1回しかできないので、どこまで出してどこで引き取るか。
カードはプラマイの素点と、数字ごとにマジョリティ取ると数字分得点のと、3枚全部集めると即勝利の聖杯カード。
この聖杯カードを相手が持ってるかの読み合いが勝負の肝。

ゲーム的にはクニツィアのTake it!とかの発展で、より鋭くした感じ。
1回しか取れないってのが非常に悩ましいね。

短時間で遊べていい2人用ゲーム。

今回は聖杯が2:1に分かれたので得点比べ。
マジョリティ多く取った自分が勝ちました。
終盤はそこの計算が大事になるのも面白い。

結果:レン 19○、カツ丼あいす 12


IMG_0713
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

そういや豆一緒にやりたいねって話してたので豆。
河原式ボーナンザを名古屋で普及させたい!
そして飽きるほど豆を植えたい!

交換効率や豆効率など指南。
まぁ言い過ぎも煩いので適度にね。
奥の深さを感じて貰えれば幸いです。

結果:レン 12、カツ丼あいす 13○、みやち 13○、もりやま 13○、毛糸 11



おしまい。

本日のプレーで累計プレーゲーム数が2000種類を超えました。
ブログ始めてから数えてるので正確ではないかもだが。
5年くらいなので年400種類くらいだね。
種類なので回数ならこの3倍くらいかしら。
とりあえず今年の目標はこれで達成。最後かなり駆け足でしたが。

来年は何を目標にしようかしらん。




 

12/10 名古屋サシゲークラブ@吹上

サシゲー会へ。
この日はエッセンで買ったサシゲーの消化をメインに。


IMG_0647
「銅鍋屋 / Kupferkessel Co.」 Günter Burkhardt作

エッセン戦利品。初プレー。
5×5に並べられたカードの周りをぐるぐる回ってカードをゲット。 

手番では自分の取ったカード山のトップのカードに書かれた数字分コマを進める。
その後止まった列か行のカードから1枚をゲット。
それによりまた数字が書き換わるわけだ。
四隅のマスは何も取れないのでそこを上手く考えて数字を取っていく。

最終的に獲得した同じ絵柄が1枚だとマイナス点、2枚だと0点、3枚だとプラス点、4枚だとプラス点+5点。
あとは自分の色のカードは得点が倍だったり。

一部特殊効果もあって、取った時に相手のトップカード捨てさせるのと連続手番のカードが。
せっかく点数高いのとっても捨てられたら敵わないので、相手が次に取れるカードも見ておかないと。
自分がどのカード取ったかは覚えておかないといけない、若干の記憶要素も。

これは面白いな。
類似システムのヤギの王様はどうも切れ味が悪くて売っちゃったけど、このシステムは2人がベストだね。
最近だとコテージガーデンも似た感じか。

いいゲームでした。
リメイクでグランストンベリーが出てるが、2人以外はどうなんしょ。

結果:レン 29○、tetu 13


IMG_0648
「キャピタルルクス / Capital Lux」 Eilif Svensson, Kristian Amundsen Østby作

最上さん希望で持参。

手札をハンドドラフトし、自分の前に出して数字増やすか、中央に出して効果使うか。
ラウンド終了時に自分の前のカードがスートごとに中央のカードの数字を超えてしまったらバーストで全捨て。

何度か遊んだけど、ピンクカードの効果間違えてたので今回修正。
場から取ったカードは手札じゃなくて自分の本拠地に置くが正しい。
これ修正したらかなり苦しくなった。中央に出して閾値上げたいけど、他の取っちゃうと他の色が超えてしまう感じ。
この苦しさがいいねぇ。上方修正。面白い。

ルールミスには気を付けましょう(すまんかった)。

結果:レン 61、tetu 54、最上 74○、ふしくる 70


IMG_0649
「Zappes」 Michael Schacht作

エッセン戦利品。初プレー。
ケルン限定販売。にわとりも歩けばのリメイク。

手札が配られたら好きな順にソートして、常に手札の左端か右端からしか出せないトリテ。
プラス点はなく、5の倍数のカード取ったらマイナス点。
同トリック内で複数マイナス点取ったら合計値に枚数が積算される凶悪さ。
最終トリック勝った人は途中取ったトリック1組捨てていいよ。

基本は片側を高く、片側を低くしておいて、マイナス点ないときは取りに行って、誰かが勝ちそうなときはマイナス点投げ込むのがセオリーかな。
ラストトリック取ったボーナスは美味しいので最大値の59あたりは中央くらいに仕込んでおくのがいいかもしれない。

うむ、面白かった。ガチよりはパーティー寄り。

結果:レン -190、最上 -180、ふしくる -45○、タクト -310


IMG_0650
「大聖堂の建築 / Die Säulen Der Erde: Duell der Baumeister」 Stefan Feld作

エッセン戦利品。初プレー。
フェルト作の2人用。

3×3に並んだカードの縦横斜め列3枚に自分のマーカーを置く。
相手はそれとは違う向きで3枚置く。
自分のマーカーだけのカードは確定で取れて、かぶった1枚は勝負して決める。
勝負はコイントス。表裏の合計が5になった2面ダイス。
中立ダイスは使うと戻ってこないのでどこまで押すかどこで引くか。

カード獲得してやることは素材の獲得、加工、お金の入手、建物の建設。
相手が欲しそうなカードを見抜いて、邪魔しながらも自分の欲しいのを取る。

カードバランスはある程度非対称になってて興味深い。
相手の色のカードは相手しか使えないが、カットのためにマーカー置くのもあり。

途中まで負けていたが、入手しにくい鉄を残してしまった最上さんの隙をついて追い上げ。
最終局面では二人の欲しいカードが同じだったので、ダイス勝負で勝ちw。

なかなか良作な二人用。サシゲー会っぽいね。

結果;レン 〇、最上 ×


IMG_0651
「指輪物語:二つの塔 カードゲーム/  Der Herr der Ringe: Die Zwei Türme – das Kartenspiel」 Reiner Knizia作

エッセン戦利品。初プレー。
クニツィアの指輪物語シリーズ。旅の仲間カードゲームの姉妹作。

途中決算に向けてカードを場から1枚引くか山から引くか。1枚捨てれば2枚引ける。
決算が来たらすたPから順にカードを好きなだけ出す。
各色ごとに同じマークしか出せず、決算ごとに必要なマークは違う。
どこの決算に注力していくか。
先を見据えてどのマークのカードを集めるか、なかなか戦略的。
スタPは他の動向見えない分不利だが、同数なら勝つ有利さも。

これはあれね、ベオウルフに近い。
ただしこちらは手番順に出したいの全部出すが、あちらは1枚ずつ追加していく競り上げと降りのゲーム。
ここが違うだけで大分感触が違う。 

これはいいクニツィア。指輪物語は良作が多いね。探索?なんのことかな?

結果:レン 18、tetu 13、ふしくる 19〇、ドリラ 15 


IMG_0652
「ネプチューン / Neptun」 Dirk Henn作

エッセン戦利品。初プレー。
2年位前のメビウス便にあったやつ。

スタPから順に3枚1組のカードを今のを取るか、次をめくるか。戻り不可。
次のプレイヤーは表になってるのから取るか、次をめくるか。
取ったカードは1~5までの目的スロットの好きな場所にセット。
これを5巡繰り返して目的スロット5個を埋める。

その後手札からオールカード同時出しでその手番の移動ポイントを決める。
その際カードに描かれた補正値で次の手番にプラスされる移動ポイントが変わりますよ。
ボード上の海路には数字が書かれていて、移動の際にはその分のポイントが必要。
足りない分は1ポイント1金で買えるが、かなりお金の厳しいゲームなので辛い。
目的の場所に行けたら、そのカードを捨てて達成して、対応する都市のトラック進めるかお金もらうか。
1~5のどれを達成してもいいが、ひとつを達成するとそのカードより左のカードは達成できなくなる。
なので可能な限り左から順に達成できるようにルートを組んで取っていきたい。
全員5アクション終えたら決算だが、プレイ開始時にオールカード2枚持ってるので、ゲーム中2回だけ追加手番ができる。
決算は各トラック一番進んでる人に得点。2ラウンド目は2位まで、3ラウンド目は3位まで。
トラック位置は維持されるが、船はスタート地点に戻る。
遠くの都市ほど得点は高得点になってる。

これは…面白いな!
カードの取得にも目的地と報酬の高さとオールカードの移動数が同時に絡んで。
更にオールカードは数字高いのが強いが、低いの取れば先手が取れる。
風は制御できないが、次ラウンドのが分かるのでどこでお金使って進んで、どこで節約するか。

近年鳴かず飛ばずのディルクヘンだけど2014年にこんなの作ってたのね。

今回のプレーはボード左上の高得点ゾーンを狙う。
マジョリティなので手広くやりすぎると負けるので、高得点に特化。
だがしかし、最終ラウンドに+と-見間違えるポカやらかして、追加手番使っても達成できない体たらく。
でもなんとかそれまでに稼いでた分で1位でした。あぶねぇ。

結果:レン 38〇、tetu 28、ふしくる 29、hey太郎 34、ドリラ 17


IMG_0653
「指輪物語:対決 / Der Herr der Ringe: Die Entscheidung」 Reiner Knizia作

クニツィアの指輪物語シリーズでも特に人気のこれ。持参初プレー。 
これはエッセンでなく以前ブラインドオークションで。

言うなれば非対称な軍人将棋、というかストラテゴ。
同じマスに入ったらキャラ公開して、特殊能力発動して、カード伏せて同時公開で勝負。
こんだけキャラのパワーや効果バラバラなのにバランス取れてるのがすごい。

白の勝利条件はフロドを相手の本拠地に突入させること。
黒の勝利条件はフロドを倒すか、3体を相手の本拠地に突入させること。
どれがフロドかを予想するガイスター的な要素もあり。

初戦は自分が白。
お互いに倒しあって数を減らしていき、ついにこちらは2体、あちらは3体に。
そのまま最後に残ったフロド殴られて負けました。

次は自分が黒。
果敢に攻めるも、オークとフライングナズグルがピンポイントメタキャラ殴って返り討ちw。
明らかに劣勢だったが、何とか互いにキャラ減らしあって。
坑道使われて後ろに回られて負けたと思ったが、tetuさんの油断でとあるキャラが戦闘で勝った時に帰還するマスへ。
これはチャンスとそのキャラでピピンを殴り、そのまま帰還してフロド殴って勝ち。

IMG_0654
いやぁ気持ちのいい勝ち方だった。
まぁプレミからのごっちゃん勝利だけども。

なるほど面白いなぁ。
バランスについての言及はもっと遊ばないと分からないけど。
基本黒が強いが、上手く動かせば白が勝てる感じかな。
ちなみに指輪物語は一切見てないw。

結果1:レン ×、tetu 〇
結果2:レン 〇、tetu ×


IMG_0655
「プレイヤーズプレイ / Player's play」 倦怠期

前々回くらいのゲムマで倦怠期が出してたやつ。買ったのは前回かな。
持参初プレー。

配られた手札を見て、今回参加するか降りるかを順決め。
その後、参加した人数によってプレイするゲームが変わる変態ゲームw。
1人なら捨て札混ぜて1枚ずつめくって、手札1枚ずつ出して全部に勝てば勝利。
2人なら自分の手札を山札にしたブラックジャック。
3人なら2枚チェンジ2回のポーカー。
4人ならトリテ。
降りた人は手札を2枚までリロード可能。

うーむ、変態だなぁ。制御はほぼできないのでバカゲーの域だが。
基本的にはリロードして手札に切り札増やしてから勝負に行きたい。
ただしブラックジャックやポーカーでは切り札使わないのでその人数になっちゃうと悲しい。

やっぱ倦怠期のゲームはとがってるな。毎回楽しみです。


IMG_0656
「ミューラ / MIURA」 坂口 勝彦 作

今日もミューラで。
打天九やティチュー好きな人には大体ウケるよ。

確か勝ったけど点数忘れた。

結果:レン 〇、最上 ×、ふしくる ×


IMG_0657
「Single Card Game」 Urtis Šulinskas作

エッセン戦利品。初プレー。
ブルーオレンジのブースで配ってたやつ。

カード1枚だけのゲーム!Win Lose Bananaより少ない!
手番プレイヤーはカードを裏向きで回して自分の口元へ。
他のプレイヤーはそれを見てオレンジが上向いて笑ってるか、下向いて怒ってるかをサムアップかサムダウンで答える。
その際嘘ついてもいいよ。
当てれば居残りで、外せば脱落。

うん、クソゲーだね!!
まったく根拠のないブラフ系推理。
まぁそんなガチに楽しむものでもないんだろうけどさ。
残念ながらネタとして楽しむにも、Win Lose Bananaのあの馬鹿らしさには負けるっていう。

あと何枚かあるので欲しい人どうぞw。


IMG_0658
終了後、tetuさんとみくろんさんとタクトさんと大須のホルモンセンターへ。
二次会は気心知れた面子で行きたい派。 

12/9 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。
そろそろ出かけるのも寒くなってきてなぁ…。


IMG_0289
「ファイナルタッチ / Final Touch」 Mike Elliott作

秋山さんといたるさんが遊んで即ポチしたというので自分もポチっとなw。
持参初プレー。

手札5枚から、絵を完成させるのに必要な色を好きな枚数出して絵を完成に近づける。
ただし得点を得られるのは完成させた人だけ。
もしくは絵に必要ない色出して絵を汚す。3回目に汚したら絵は台無しになって、相手の得点に。ただし得点は完成時の半分。
完成させた人、もしくは台無しにした人は即座にもう一手番で、次に出てくるカードは見えているので、そっちを狙ってあえて台無しにするのもあり。
基本はまぁ自分で完成を目指して、無理そうなら台無しにしてでも相手の得点を半分にする。

今回3人プレーだったので台無しにした絵は相手2人の間に置いて2人の得点に。
 
遊んだ感想としては大人向けゆかいなふくろ(ダミー)って感じ。
完成に近づけながらも牛歩して、どこかで一気に出して得点。
それに加えてダメそうなら台無しにして相手の得点減らすって妥協点を追加。
ただ、ゆかいなふくろと同じく、引き運はかなり強い。
そこを許容できるかどうかだね。

2:2のペア戦も面白そうなのでやってみたい。
あと題材が有名な絵画のパロディで、ややマイナーなのもあって好み。マグリットとか。

都合よく完成しまくった最上さんの勝ち。引き運やわぁ。

結果:レン ×、最上 ○、ニート ×


IMG_0290
「レストラン / Komme Gleich」 Uwe Rosenberg作

エッセン戦利品。5ユーロワゴンから拾ったやつ。初プレー。
ウヴェ作のパズルゲー。

手札5枚持ってるが並び替えちゃダメっていうどっかで聞いたルール。
中央にカードが5枚並んでいてスタPは山から1枚引いて、手札の好きな位置に加えて、好きな1枚を場に出てるいずれかのカードに上書き。
その後、手札から場のカードと並びが連続して一致している3枚以上を得点化。
他のプレイヤーは時計回りに手札を1枚ソートするか、1枚引いて任意の位置に入れて1枚捨てるかをして、同様に揃ってたら公開して得点。
10枚溜まったら得点チップに変換。
手札5枚全部揃えたらボーナスで即チップがもらえる。

そんな感じのパズルゲーム。
個人的には結構好きな部類。
スタPが場の変更権を持ってるので調整しやすいが、1枚入れ替えで出すのでぴったり合わせるのは難しい。
1巡したらスタP隣に変わるので手番順も変な感じ。

最大の欠点は時間の長さ。
終了条件がチップがなくなったらなのでまともにやると長い。
半分くらいに減らした方がいいと思う。

あとはいいゲームだと思うよ。 

結果:レン 6○、ニート 6、最上 5


IMG_0291
「デュプリク / Duplik」 William Jacobson, Amanda Kohout作

ずっと欲しかったアイデンティクが名前変えて再販。持参初プレー。

親が絵を見て説明して、他のプレイヤーはそれを聞いて絵を描く。
得点するのに必要なのは絵の上手さではなく、必要な要素を押さえられているかどうか。
ただし、親も説明してる段階ではどの要素が必要かわからないので、とにかく細かく、わかりやすく伝えるのが肝心。
子は条件満たしてる要素分得点、親は一人でも条件満たした人がいた要素分得点。

これは思った通りいいゲーム。楽しい。
絵の上手い人よりも下手な人の方が得点高かったりするので面白いね。

難点はシートの枚数の少なさだなぁ。
1回のゲームで(人数-1)×人数を消費。4人だと12枚。5人だと20枚。
あっという間になくなるのでその後は適当な紙を使うなりで。

結果:レン 33○、ニート 33○、最上 22、kome 27


IMG_0292
「キャンディ大好き! / Futterneid」 Friedemann Friese作

エッセン戦利品。6ユーロだったかな。初プレー。
まず気になる見た目が、お皿付きw。

最初に各お菓子の基本点が発表されて、それに対して各自プラスかマイナスのチップを秘密裏に伏せて価値調整。
チップは混ぜて1枚だけ公開。合計値は不明。

手番では直前の人が保留してるお菓子より1つ多いか1つ少ない数のお菓子を場から取って保留するか、誰かの保留してるお菓子をもらう。
もらう場合、相手はその中から1つだけを確保できる。
自分の手番開始時に保留してるお菓子があれば、それはすべて確保する。

場のお菓子が枯れたら終了処理に入るが、そこの和訳が不明瞭でちょっと微妙。
玉入れ方式で1個ずつ保留を確保していくのでいいんかね?
それとも普通に手番やるんかな?
買ったのがオランダ版だったから英語ルールもなくて。BGG見るのはめんどくてw。

基本は自分が高価値を仕込んだお菓子を集める。
ただし取りすぎると他人に奪われて1個しか手に入らないので、欲張りすぎないように。
逆に奪われること見越して、1個得点高いのを取って、残りを得点低いのにしておくことで、奪おうとした相手にマイナス点を押し付けることも。
それを看破されてそのままマイナス点取っちゃうかもだけどw。。

評判は微妙なゲームだけど、思ったより面白かった。いろいろドラマもあったりで。
遊ぶなら3人か4人。できれば3人の方がガチになって楽しいかもね。

ちなみにこのゲーム、電力会社や袋の中の猫フェローの拡張として使えて、
各皿に本物のお菓子入れて、それぞれに付属の達成条件カードならべて、
その条件満たしたら対応するお菓子取って食べていいよっていうw。
フリーゼこれがやりたかっただけじゃねぇのw?

結果:レン 104、最上 140○、ニート 97、kome 82



IMG_0294
終わり。マジスパへ。  


IMG_0293
komeさんに先日758BGでの取材があったフリーペーパーを見せてもらいました。
女性多めで華やかでいいねw。
こういうの見て人が増えてくれると嬉しいすな。
 

12/4 きなボド!@北名古屋

きなボドでした。
いつよりは遊んだ気がする。



BlogPaint
「ゴーゴーカニーラ」

ずっと欲しくてやっと手に入れたやつ。初プレー。
基本はパッセトラッペみたいに自分のコマをなくしたら勝ち。
このゲームだとカニの形のコマをカタパルトで飛ばす。
飛ばしたカニが網に引っ掛かるか、穴を通って相手の手元に行くと手持ちが減る。
相手に押し付ければ相手の手持ちが増えるので有利。

何度か飛ばしてると適切な力加減分かってきて穴通りやすい。
そして飛んできたカニが手に当たって痛いw。

クロマさん曰く、床が固いと飛んでったカニが壊れやすいとのこと。
きなボドの会場はカーペット敷きだからまだマシかな。

ちなみに以前落としたジャンク品はカニが2匹しかついてなかったw。
なので網だけ2セットあるよw。


写真 2016-12-04 14 51 47
「ピラミドス / Pyramidos」 Kirsten Becker, Jens-Peter Schliemann作

マジックマさん持参品。初プレー。
エッセンで売ってたけど箱でかくてなぁ…。
作者の一人はピラニアペドロのシュリーマン。

穴に置かれたボールを穴の下から指で押したり弾いたりで進めていく。
途中大きい穴があって、落ちると失敗。
手番開始時におっきいボールで1個大穴をふさげますよ。
ただしすごい大きい穴も1個あってそこは無理。
陸地に乗ったら手番終了。
ゴールはピラミッド建設予定地になっていて、ボール4つで正方形作って、その上に1個載せたらゲーム終了。
この最後の1個がムズいって話をよく聞く。
ただマジックマさんは上手かったなw。

なかなか見たままの面白さだけど、特に予想できない動きをして面白い。
大人も楽しめるキッズゲームはいいよね。


写真 2016-12-04 15 34 33
「おばけの階段カードゲーム /  Geistertreppe: Das Kartenspiel」 Jacques Zeimet作

先日イエサブでも遊んだやつ。
大人同士だったので今度はガチで覚えに行ってみた。
頭文字で覚えるのが有効かな。

遊んでたらマジックマさんとこの子が気になったらしく、その後親子でもう一回。

いいゲームだねぇ。
やっぱり大量購入しとけば…。


写真 2016-12-04 17 59 32
「ミューラ / MIURA」 プレイシングス

六本木だか銀座だかのプレイシングスが出してたカードゲーム。
デザインはJAGAだったかな?

ゲームとしては打天九が一番近い。ただし3人専用。
親は枚数(1・2・3・4・5・フルハウス)を宣言して、全員その組み合わせで伏せる。
持ってないまたは出したくないときは適当にその枚数を。
打天九と異なるのは順出しではなく、全員同時に伏せて、勝ってたらオープン、負けてたらそのまま捨てなところ。
18枚中6回勝てばやっと0点。あとは差分で点数が入ったり払ったり。
ただし1枚も勝てないと-120点になって厳しい。途中1回は勝ちたい。

初手は切り札1枚出しで勝っておくのが基本かな。
そう思わせて半端に強いの出して、相手は降りて弱いの出してるってのができると気持ちいいが。

久々に遊んだけどいいゲームだ。
再販予定あるらしいので出たら買ってね。
テンデイズだったかNGOだったか…。

結果:レン -90、みくろん 120○、ぬこ -60


写真 2016-12-04 18 23 44
「フォッペン / Foppen」 Friedemann Friese作

この日はトリテいっぱい持ち込んでみたので遊ぶ。
トリテなのに最弱出した人は1回休みで、ゴーアウトっていう異色作。
イラストの味が評判でプレ値ですな。
これをゲームリンクにつけたアークライトは英断だけど、イラスト変えちゃったからなぁ。 

いいゲームやで!

結果:レン15○、みくろん -1、ぬこ -22、ディー-6、フロイト 11、最上 -1


写真 2016-12-04 19 11 43
「アヴェニュー / Avenue」 Eilif Svensson, Kristian Amundsen Østby作

6人くらいで。
やっぱ面白いゲーム。シート使い切りそう。

自己最高記録の132点を叩き出したぜ!
ちなみに次の決算場所は一度も覗いてない。



おしまい。


写真 2016-12-04 21 21 29
二次会は恒例のスタバ…もとい、味噌ラーメン。
新作の伊勢味噌を全員食う。慣れ親しんだ味で美味い。

12/3 758ボードゲーム会@守山

最近また出席率高めの758BG。


写真 2016-12-03 14 53 02
「トゥーリアの踊る塔 / Touria」 Inka Brand, Markus Brand, Michael Rieneck作

持参初プレー。ブラント夫妻とリーネック。
エッセン前にホビージャパンが入れること決まってたから向こうではスルー。

隅の4つの塔が印象的。
それぞれの塔の自分側に向いてるアクションから1つを選んで実行。
その後塔は90度回転して次の人。
やることはお金とハート集め。
選んだ塔のアクションのマスに移動して、経路の宝石を拾う。
その宝石を売ったり、同色揃えてアクションでハートに変えたり。
秘薬を相手に払うことで相手のアクションに相乗りできるのも面白い。
7金7ハート集めて、手元の呪いの宝石全部捨てた人は中央の城へ。
そっから結婚相手の王子王女めくるまでめくり運ゲーw。
外したら宝石とかお金要求されて、払えれば連続手番。払えなければ手番終了。

この最後別の運ゲーやってる感じは密使で見たなぁw。
あっちは途中がガチなアブストラクトだったからギャップがすごかったけど、何故かこっちは許せるw。

そんな感じで結構どのアクションやっても強い系の緩めのゲーム。
ドラゴンとのダイス勝負2回失敗したうえに紫宝石払って3回目も失敗したのが痛すぎた。
遅ればせながらめくりゲーに入ろうとしたが黒宝石1個残っててアウト。
その隙に最上さんが勝利。せっかく2枚覗ける特殊タイルあったけど持ち腐れでした。

なかなか面白かった。時間も1時間くらいでいいね。


写真 2016-12-03 15 38 38
「決算日 / Zahltag」 Franz-Benno Delonge作

エッセン戦利品。初プレー。
デロンシュのカードゲーム。

手番では並んだ4色のカードを1枚取るか、交換するか、捨てるか。
その後受注カードを1枚めくって入札競り。
カードに書かれた手札を仕事させて、お金を稼ぐ。
入札なので低い金額を提示した人が受注する。
仕事させたカードは自分の前に出し、2ターン後に手札に帰ってくる。
んで大事なのが決算日カード。
これが山札からめくれたら各自手札枚数分のお金を払う。
なので手に入れた手札は仕事させておかないと給料が嵩む。
安くでも入札して受注しておかないとね。
受注に必要な手札がない人は0のカードを出してパス。
上手く自分だけが入札可能なタイミングで高値で受注できるとお得。
このシステムはホテルサモアで見たね。

これは中々渋いゲーム。面白い。
給料払えなかった人は脱落なのが古いゲームな印象で、初心者向けではないが。
ハンドマネイジメントとリスクヘッジが問われる良作です。

いぬあきさんは途中で脱落w。
3人になると自分だけ入札できる率が上がっちゃってアレだね。
やっぱ4人がいいよ。

結果:レン 25、最上 41、ユキ 48〇、いぬあき×


写真 2016-12-03 15 59 38
「百怪夜行」 ペンとサイコロ

持参初プレー。
キャンプファイアでクラウドファンディングしてたやつ。

場に並んだカードから1枚獲得。
山から遠い2枚はタダ、3枚目からは1コスト、2コスト、3コスト。
コストは手札のカード。これは中央の井戸端会議って場に出して取る。
手番では並んだカード取る他に、1枚出して井戸端会議のカード全部取ることもできる。
カードは3スートあって、同スートのランや同ランクメルド作って公開することで得点に。

後からツイッターで見て分かったが、説明書の記述が不十分でいくつかミスがあった。
9枚倍に出されたらラウンド終了とあるが、1人で9枚らしい。
全員で9枚と読めるので、それでやったら大体誰か0点で終わった。
ラウンド終了時の手札の処理が一切書いてないのもダメね。

正直これならパレードの方がいいなという感想。
唯一いいのは絵。妖怪の絵が非常に素晴らしい。 

というわけで評価は「額縁に入れて飾っておきたいゲーム」。
ルール訂正したら変わるかしらん。

頼むから同人作る人は英語ルールとか作る前に日本語ルール精査してくれ。
遊んだことない人が一回読んで遊べば分かるようなミスばっかじゃないか。

一応勝ち。


写真 2016-12-03 17 18 14
「Mi Tierra: Nueva Era」 Alberto Abudinen, Diego Benavente, Ketty Galleguillos作

キックしたやつ。持参初プレー。
農場系ワカプレ。

1個ずつワーカー置いていって、全員置いたら1番の場所から解決。
家畜檻取って、家畜取って、牛乳や卵獲得したり。
農場に種植えて、灌漑して、ワーカー置いて農作物収穫したり。
獲得した製品を加工してお金と商品得たり、市場で売ってお金にしたり。
家畜得るのはダイスロールで1~3個。緩い。

食料供給とかないので比較的緩い農業ゲー。
とはいえやりたいことは多く、手は足りない。

農業ゲーだがぶっちゃけ農作物プレーは効率悪い。
一度に1種2個しか収穫できないのに貴重なワーカー1個必要。
収穫できる農作物は闇市行けば同時に3個まで買えるのでそっちの方が早いっていうね。

今回ニワトリが勝手に卵産んでくれる特殊能力カードと、麦をアクションなしで小麦粉に変換できる特殊能力カード取れたので、その2つを基盤にして加工してお金稼ぐ。
あとは牛乳必要だったので牛も買って。 
まぁそんな感じで上級商品作ってお金稼ぐプレー。

下家のディーさんはひたすら家畜檻と牛取りまくって、アクションで生産した牛乳を売ってお金を稼ぐ。
農場全部潰して牛だらけのボードは酷かったw。
運良く牛乳が高く売れる市場カードが並んじゃったもんだから牛農家大金持ち。
牛乳生産するアクション絞るも、家畜1匹につき2金ボーナスの得点カードも出ちゃってあっちゃー。
結果ディーさんが1点差で1位でした。牛ェ…。

農業ゲーとしては最大手のアグリコラがあるが、それとはまぁ別ベクトルで。
緩めのワーカープレイスメントとしては価値があるかな。
ワカプレ入門にもいいかも。戦略は色々ありそうだし。
序盤に特殊能力カードいいのが取れるかが重要だな。

結果:レン 221、ディー 222〇、REI 114、最上 123 


写真 2016-12-03 18 54 52
「パリスコネクション / Paris Connection」 David V. H. Peters作

エッセン戦利品。初プレー。

鉄道ゲームだが、その実はシンプルな株ゲーム。
説明書2ページのシンプルさ。

手番では手持ちのコマ1個ストックに戻して、違う色1色のコマ1~2個取るか、
1色選んでストックから場に1~5個配置。
コマは同じ色のコマに繋げるように置いて、街に入ったらその色の株価が上がる。

ストックが1色だけになるか、どれかの色がマルセイユに着いたら終了。
手持ちのコマ1個につきその株価が得点。

と、非常にシンプル。
株価が上がりそうな色に手持ちを変えていくが、皆がそうやって集め出すとストックが減って株価が上げ止まる。
なかなか良くできてる。

似てるゲームはクニツィアのスペクタクラムかな。
株ゲーに見えない株ゲー。

今回黒の人気のなさが異常。
他の株価はどっこいどっこいで、一人だけ手持ちのコマをMAXの15個まで増やしてた自分が勝利。

うむ、いいゲーム。勝ち馬に乗るも先行投資も色々大事。

結果:レン 157〇、ディー 149、最上 153、REI 155


写真 2016-12-03 19 13 02
「オリンピア2000 /  Olympia 2000 (v. Chr.)」 Stefan Dorra作

エッセン戦利品。初プレー。
ドラ作のカードゲーム。

1つのカードに全スートのランクがあるのはゴーフォーザゴールドもしくはドラゴンクエスト格闘技場に似てる。
ただしこちらは1枚伏せ同時公開。
現在の勝負のスートで勝負して、勝った人は得点チップを獲得。
一番弱かった人は次の次の勝負スートが決められる。
中々良くできたシステム。

カードの補充はビブリオス的。
スタPが1枚見ては誰かに渡す。

なかなか悪くないが、なんかちょっと物足りない感じも。
ランクの粒度かなぁ。まぁ数字が被らないようになってるんだが。

まぁとりあえず格闘技場よりは面白いよ。

結果:レン 12、最上 16〇、ディー 16〇、REI 1


写真 2016-12-03 19 37 22
「コブラ / Cobras」 Chris Zinsli, Suzanne Zinsli作

キックのやつ。初プレー。蹴ったけど届くのはまだ先。
これはREIさんのプリント&プレイ自作品。タチキタのカードいいね。  

マストフォロー、ノートランプのトリテ。
トリックに負けた人は全員のカードに描かれたコブラを山分け。
トリックに勝った人は持ってるコブラを全売却。
コブラは7つで売るのが1番高くて、そっから減るか増えると安くなる。
上手く7個になるように取って、そこで勝つのが大事。
各自絶対負けるか、勝ちに相乗りできるキングコブラカードを1枚持ち。
これ出されると勝者複数になって負けた人の山分け取り分も増えて事故るw。

これは面白い。変態ではあるんだが、正統派な感じもする。
蹴っといて正解だったな。いいトリテ。

結果:レン 91〇、むら 45、タクト 57、最上 59、REI 78


写真 2016-12-03 20 15 52
「ポテトマン / Potato Man」 Günter Burkhardt, Wolfgang A. Lehmann作

マストノットフォローのトリテ。勝敗はランクのみ見る。
色ごとに勝利点が違うので、下家が高得点で勝たないようにお仕事するのが大事。
その感覚つかめてない人がいると、その下家が勝ちますw。
出せる色ないとラウンド即終了ってのがいきなり感あって面白い。
やっぱいいゲームだな。今のうちに買っておこうかな。

結果:レン 13、タクト 28、むら 19、REI 9、最上 15



終わり。


写真 2016-12-03 21 17 43
大曾根でラーメン食って帰りました。 

ゲームマーケット東京2016秋

12月なのに秋とは何かと問うならば。


というわけで今回も行ってきましたゲームマーケット東京。
お約束の優先更新。
実は直前まで行く気なかったんですが、2週間前くらいに温泉玉GOさんに聞いたらまだ車乗れるというので、一緒に行くことになりました。
今回は温玉カーにて日帰りです。 
頼むから連休にやってくれよー。3、4日滞在したいねん。 

予約は2万円分ほど。少なめ。すくな…め?


深夜3時に温玉さんが迎えに来て出発。
そのまま高速に乗り大高まで行って、ニートさん、ねくろんさん、みくろんさん、komeさんと合流。
みくろんさん以外は日本ツイクスト協会として出展側。
6人乗りなのに出展用の荷物があって乗り切らないw。
みくろんさんとkomeさんが後部座席で段ボールに圧迫されて辛そうでした。乙。

IMG_0659
駿河湾沼津のサービスエリアでうどんを食う。
サクラえびが名物らしいのでトッピング。量多め。
でもさくらえびって味しないねw。

なお温玉さんはここで食べた温玉そばに当たったのかお腹壊してました。
共食いするからw。

そんなこんなで到着したのは9時前。
のんびり並びます。

IMG_0660
Raelさん速報曰く、この時点で700人くらい?
屋内移動後なので楽でした。ちょっと厚着しすぎた感。
恒例の待機列あいさつ回りに行くも、知り合い全然いない。
全体で10人くらいじゃなかろうか。
しゅだっちさんと考察してたが、今回いつも並ぶ知り合いが皆出展側で入ってるんじゃないかと。
特にごいたブースな。神奈川支部全員身内やけんw。

IMG_0661
笹親父さんとkgwさんと話してたら豆あるからやろう、とw。
おもむろに待機列で豆を撒きだす人たち。
3山目に入ったところで待機列動き出したので終了。
急いで自分の場所に戻る。


IMG_0662
その後列はぐるっと外を回って。
よく分かんない場所から入場。
そういやアナウンスしてたね。見てなかった。
カタログの入場位置からプラン組んでたから現在位置分からなくて焦る。
ちなみに今回カタログ一切チェックしてなくて、待機列で初めてマップ見たw。
公式ブログから予約はいくつかしたけどね。


とりあえず開幕向かうはAゾーンの中古ブース。
ちらっと覗いたけどそこまで安くもなく、ラインナップも普通だったのと並んでたので退散。
とりあえずメビウスママの頒布会本買いに行きました。
というわけで開幕購入は頒布会本でしたw。

その後はどっかに中古ないかなとぶらぶらと。
Halさんの所は混むの分かってるので今回はスルーで。
整理券貰っても時間通りに行くのめんどくさいw。

一通り見たけど今回中古少ない少ない。前回も少ないがさらに少ない。
同人出してるついでに中古売るよってブースないか探したけど、1・2箇所くらい。
そんななかいつもの双天至尊堂はブースは小さいけど中古も少し。
いつも買ってるよねと顔覚えられてますw。
チケライメルクリンが3000円と安かったので即決。
ちょっと難有りでボードにカビがあるんだが、クリーニングすれば何とかなるかしらん。
ちなみに既所持なのでこれは欲しがってたもっちーへのお土産。
カビで断られたら多分タクトさんの物になります(ぉ。
アメリゴが3000円で悩んだけど箱デカいのでやめた。

あとは適当にぶらぶら。
この時間に特に目的もなくうろつくのは初めてじゃなかろうか。
なんか気が楽。 

今回の会場はかなり広め。
ただ、2ホールあって壁とかなしの通路隔てて繋がってるのに、行き来するのに入場券必要でめんどくさかった。
必然的に8ホールにはほとんど足が向かない。
ほぼイベントブースとTRPGブースだから良かったけど。
キッズゲームブース一回見に行ったきりかな。
なぜかいたやま商会もそこにあったが。
ほぼ隔離ゾーン扱いになってて可哀想だったね。
ゲムマ大賞発表の時とかは人多かったのかな?
イベントブースには興味なかったので何があったか見てないけど。


IMG_0663
恒例のホビージャパンくじはこんな感じ。
ほとんど持ってるし並ぶのめんどいから最近はスルーです。
黄金時代は持ってないけどまぁ当たらんっしょ。
むしろC賞D賞の方が持ってなくて欲しいっていう。


BlogPaint
今回おそらく最も人気あったのはバネストブースじゃなかろうか。
常時人が絶えず、列が出来てました。
コテージガーデンとかExitとか話題作が多かったからね。

 
BlogPaint
Halさんの中古ブースは案の定の待機列。
なんか変なの残ってたら買おうと思ってたけど後で行ったら完売でした。


IMG_0669
おや、これは…。
いやね、書泉ブースでセール品見てたら店員が「お買い得品入れまーす」とセール箱にスルージエイジズを投入。
値段見たら定価の半額の4500円だったので思わず購入。
いつか駿河屋で安くなったら買おうと思ってたので丁度いいっしょ。
まだ未プレーなんだけどねぇ。

BlogPaint
あ、ツイクスト仮面だ!



色々回って、予約品も引き取ってで、疲れたのでごいたブースで神奈川勢とだべる。
したらばシダマさんと笹親父さんとkgwさんが集まったので豆やろうかとw。
折角なのでフリープレイスペース使おうということにw。
別に外の椅子でやってもよかったんだが、なんとなくで空くまで待って。
ゲムマのフリープレイ卓で持ってきた豆を遊ぶ実績解除しましたw。

IMG_0670
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

隣では親子がTOKYO HIGHWAYやってます。うるさくてごめんねw。

結果1:レン 16、kgw 16、笹親父 19〇、シダマ 18
結果2:レン 14、kgw 18〇、笹親父 17、シダマ 17
結果3:レン 16、kgw 17〇、笹親父 16、シダマ 16
結果4:レン 17〇、kgw 17〇、笹親父 14、シダマ 16
結果5:レン 18〇、kgw 13、笹親父 18〇、シダマ 15
結果6:レン 20、kgw 18、笹親父 21〇

6回遊んで満足w。90分くらいかな。


IMG_0672
ごいたブースで秋山さんを発見。
髪の毛もらえなかったよ、最上さん。


その後はまーさんと一緒に試遊回り。

IMG_0673
「クイズワーカープレイスメント」 俺専用ゲームズ

クイズと聞いて!気になってたやつ。
ルール読んだけどこれワカプレじゃなくて競りだよねと購入は躊躇ってた。
せっかくなので試遊。

ジャンルだけ分かってるクイズに対して回答順をビッド。
クイズは多答になっていて、先手ほど有利。1問一律2点。
だがしかし、最後手は残ってる答え全部答えていい。ただし1問1点。 
ちょっと得点システムが微妙かな。後手ほど点高くしたほうがいいのでは?

出された問題については有限なので秘密にしておく。
ちょっと調子乗ってボードゲームジャンル自身あるから難しいの出してと頼んだら、これが中々グロ問でw。
そこで購入を決意しましたw。

ちなみに作者の方は自分が以前何かのゲームをインストしたらしく、覚えておられて。
こっちは覚えてなくてすみません。 


IMG_0674
「Turn」 TUC GAME

秘密裏に担当色を決めて、自分の色4枚で四角形を作るのが目的。
手番ではどこかのカード90度回して、そのカードと上下左右のカードにマーカー置いて次選択できなくする。
2人で遊んだが、これ収束しないわ…。
しばらくやって協議終了。
3人ならまだなんとかなるかな。4人は多い。
2人でも上手くやれば追い込めるのかねぇ?

あとは数字も書いてあるので、色と数字1枚ずつ持ってどっち揃えてもいいとか。
したらばアブストラクトとしては面白くなるが、難易度は鬼畜に。 


IMG_0675
「小さな創世記」 とあるゲーマー工房

2人用アブストラクト。
それぞれが陸地を海を担当。
手番では3アクションで、タイル置くかコマ進める。
置いたタイルで自分の担当地形が正方形になるとそれが得点になる。
動物マークのついたタイルは自分側の領地以外に置くと2アクション必要。
コマを進める場合、自分の地形なら2マス進める。
相手側の城についたら終了条件。その際相手の城タイル(2×2の担当地形)を捨てられる。
勝利条件と終了条件が別なゲーム。でも4点は減るのでデカい。

これは中々面白かった。
コリドールやイソラみたいに道を封鎖していくのはあるが繋げていくのはあんまり見ないね。 
実はこのボードは練習用で、本番はもっと大きい。
そっちだとどれくらいのプレー感になるのかしら。気にはなるが練習用くらいがちょうどいいかもしれん。


最後に中古ブースとか投げ売りしてないか見て。
ちょっとだけ購入。

ここで5時になって終了。
もっと試遊したかったな(豆植えてるから…)。


買ったゲームは会場から郵送。
翌日午前に届いたよ。はえー。


あとは挨拶して終了。
また車に揺られて帰りました。
温玉さん運転お疲れ。


IMG_0681
購入品はこちら。

商業
・スルージエイジズ
・チケットトゥライドメルクリン
・ランチマネー&拡張
・Why First?
・パーフェクトアリバイ
・Guess the mess!
・コードネームボーナスパック
・コードネームピクチャーズ拡張

同人
・TRES
・6パネルクイズ
・クイズワーカープレイスメント
・をかしや
・エンデの建国者
・チネチッタ1937
・Aコードで行こう
・松永久秀トリック
・人喰い屋敷
・ReCURRRing
・メツボウキングダム
・ファイナルバーガー
・ぷよカードAVALANCHE!!
・ぷよトリック
・BAKRICCO
・裏裏表
・スタンフォード
・TOKYO HIGHWAY
・ワンナイト新郎
・ラミネートラミィ
・トリックオブスパイ パネルボード
・聖杯サクセション
・TRICOLORE
・四色牌(紙札)

本とか
・World’s Best Abstract Strategy Games – The Classic Collection – Vol.1
・ゲームジャンボリー
・草場純の遊び百科トランプ編
・メビウスママのライブラリー メビウスのゲーム頒布会22年の軌跡
・メビウスママのライブラリー 売れ筋ランキングトップ20
・ボードゲーム会のはじめかた 


こんなもんでー。
次回行くかは未定です。GWにしてくれよぉ…。 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ