ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

2018年10月

9/9 ミスボド名古屋@御器所

ミスボドへ。



IMG_4985
「マルコポーロの足あと / Auf den Spuren von Marco Polo」 Simone Luciani, Daniele Tascini作

遊びたがってた親子にインストプレー。
最近色んなボドゲ会に来てくれてて、小6の男の子もお母さんも重ゲ好きで期待の星w。

一応キャラ選びだけは控えめに北京マン取って。
お母さんは初手でダイス目自由マンを、もうお一方は流した上乗せ自由マンを取って。
息子君は残った中から市場おこぼれマンを。

ただまぁ3人初プレーだったので、市場がにぎわっておこぼれマンが強かったね。
特にプレイングは手加減してないけど普通に息子君に負けました。
いやぁ将来有望ですね。
中々先を考えたプレイングが出来ててすごい。

結果:レン 63、しゅん 74 〇、GRD 58、にゃご 56





IMG_4986
「くるくるハンバーガーゲーム」

持参初プレー。

5年くらい前に調布のおもちゃ屋で買ったやつ。
散々寝かしてたけどようやく持ち出してみたよ。

注文に合うようにハンバーガーやサイドメニューを取って作るんだけど、注文票が真ん中でぐるぐる回転してますw。
その中の自分の注文を見ながら、組み立て。忙しいw。

いやぁ噂通りの面白さだね。

ミニ四駆用のモーターで魔改造して高速モード作った人がいるらしいので遊んでみたいなw。

結果:レン 〇、ニート、最上、エース



「トランスアメリカ / Trans America」 Franz-Benno Delonge作。

あ、写真がない。
拡張のダイヤの乱れ入りは初プレー。

個人的にそこまで評価高くないトランスアメリカ。
結局目的地近い人が強い気がするんだよねぇ。

拡張入れると変わるかと思ったけど、そこまで変化なかった。
使いどころなのかもしれないけど。
まぁないよりはあった方が駆け引き感はやや強くなって良いか。

シンプルなのはいいんだけどねぇ。

最初ぶっちぎりで負けてたけど、最後はギリギリで生き残ったw。

結果:レン、ニート ×、エース、最上 〇、GRD




IMG_4987
「ドッツ / Dots」 Bernhard Naegele作

先日も遊んだドットカウントゲー。

手軽に遊べる感じは好きです。

結果:レン、ニート、エース 〇、おーの、東野K、フレイ



IMG_4988
「スキップボー / Skip Bo」 Hazel "Skip" Bowman作

初プレー。

この新版も持ってるし、旧版2つほどこの前拾ったけど未プレーでやんの。
元ネタのスパイアンドマリスは遊んでるけどね。

今回はペア戦。ペア戦が面白いらしいので。

各自自分のゴール山を持ち、トップ公開。
場には4つの共有スタック。ここに1から順にカードを出す。
手番では共有スタックにカードを好きなだけ出し、1枚自分の3つの捨て札のどこかに捨てる。
共有スタックに出すのは手札からか、自分の3つの捨て札トップか、パートナーの捨て札トップか、自分のゴール山トップか、パートナーのゴール山トップか。

基本は自分かパートナーがゴール山消費できるように、それより小さい数字をいつでも使えるように捨て札にしておく。
あとはまぁいい札引けるかって感じ。

ゴール山に小さい数字が多いほど強いので配り運は強いね。
極論、1~12の順に並んでれば1手番で終わるw。
せめて全部の数字1枚ずつ入れておくとか。その方が並ぶ可能性高いか?

まぁ運ゲーではあるんだけど、とりあえず2人でスパイ&マリスやったときより確実にペア戦が面白かった。
捨て札6か所になってるのでかなり救われるね。

運ゲーではあるけどそれなりに面白いのでクソゲーではないよ。
まぁそれを楽しめる人でどうぞ。

結果:レン&ニート ×、東野K&エース 〇




おしまい。この日は二部はなし。
消化不要だなぁ。

9/7 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。



IMG_4977
「シシミジ / Sisimizi」 Alex Randolph作

先日2人で遊んだシシミジを4人で。

いやぁ4人はきっつい!
一応乗り越えが2回できるようになってるが、それでもキツイ。
虎の子の乗り越えをどこで使うか、どこまで迂回で耐えるか。

キチンと下家叩かないとダメよ。
対面叩くのなんて下家と協力しないと叩けない時くらいでいいんだから。

途中明らかに優位になったから叩かれる叩かれるw。
まぁ分かってたけども。
上家がニートさんだからなぁ。見逃してくれないなw。

結果はニートさん勝利。

IMG_4978
最終局面はこんな感じ。ワイ紫。


IMG_4979
「ゼヘツ / ZÈRTZ」 Kris Burm作

またゼヘツ。

誰と遊んだんだったか。メモってないや。
たしかねくろんさん。

先にリーチかけた方が圧倒的に強いやね。




おや、月曜と同じゲームしか遊んでないぞw。



IMG_4980
カレー食って終わり。


9/3 平日ツイクスト会@大須

ツイクスト協会定例会。

場所は大須イエサブだけど金曜会とは違ってツイクストメインのアブストラクト主体会。
こっちには行ってなかったけど顔出してみたよ。
これで応援してますって言えるね!



IMG_4956
にゃんこならべ…と見せかけて何故かツイクストやってるw。
ただの悪ノリです。

IMG_4957
「ツイクスト / Twixt」 Alex Randolph作

というわけでツイクスト。
かなり久々。ただしkomeさんと。
ニートさんやねくろんさん相手だと3目置いても勝てないよ!

komeさん相手でも負けましたけど。
定期的にやってるだけあってかなり強くなったね。
成長しおって…謎の親心。

ちなみにワタクシ、ツイクスト協会はニートさんにTwixt初めて教えた功績により名誉会員になってますw。
私はまぁあまりやりこむ気はないので。
たまーに遊べばいい感じ。

結果:レン、kome 〇


IMG_4958
「トスカナ / Toscana」 Niek Neuwahl作

初プレー。なぜツイクストのボード上で遊ぶのかw。

自分の山からタイル引いて交互に置く。
タイルは必ず自分の色6マス相手の色2マスの構成。
最終的に自分の一番多く繋がってるエリアが得点対象。
ただし、マス数でなくてタイル枚数が得点になるので小さいエリアでも繋ぐのが大事。
なるほど、分かりやすいが難しい。

結果:レン 17〇、kome 12


IMG_4959
「シシミジ / Sisimizi」 Alex Randolph作

持参初プレー。
3年くらい前にJohn powerさんから買ったけどようやく初プレー。

手番ではコマを3個置く。
蟻塚コマを置くのは手番で1個まで。それ以外は蟻コマを。
ゲーム中1回だけ相手の上に置けるよ。3アクション消費。
配置の代わりに置き換えもできるが、その手番は置き換えだけ。

目的は中央5個、外周4個あるエリアのうち、対角の外周2つと中央5つに蟻塚を置き、それぞれを蟻コマで繋ぐこと。

かなりシンプルで、特に2人だと邪魔のし合い。
相手が蟻塚置こうとした位置に先に置いたり、通れないようにブロックしたり。
蟻塚の置き換えも可能なので、予め置き換えも視野に入れて動いておくのが大事ね。
3個まで置けるので中々先が読みづらいが、急いで繋げてしまうか、早めに手を伸ばしていくか。
急ぐ場合は桂馬で置いておけば相手は3個全部邪魔に使わないと邪魔できないので対応がしやすいかな。

3人以上だとどんなプレイ感になるのか気になるね。

結果:レン 〇、kome



IMG_4960
「ゼヘツ / ZÈRTZ」 Kris Burm作

komeさんと。

何度やっても上手く誘い込むのが難しいな。
研究し甲斐があるのでもう何度か遊びたいんだが。

三連勝!

結果:レン 〇〇〇、kome



IMG_4962
「オストル / Ostle」 雅ゲームズ

初プレー。
最近ねくろんさんが推してるので気になってた。

なお、ボードは別のゲームのやつ。コマはREIさん製のTAKのやつ。
下に敷いてる紙が本物。プリント&プレーのだけど。

自分のコマを上下左右に押して、相手のコマを2個押し出すと勝ち。
特徴的なのが真ん中のディスク。
これは穴で、この穴に対しても相手を落とせる。
さらに自分のコマの代わりに穴を押して動かしても良い。
当然空きマスにしか動かせないが。

なるほど、これはシンプルで良いね。
シンプルで切れ味の良いアブストラクトが好物なので、結構気に入った。

早めに1点取れれば、あとは肉を切らせて骨を断つができるので強い。
まぁ上手い人相手だとそこまで読まれるだろうけど。

結果:レン 〇〇、kome



komeさんとしか遊んでないやw。



IMG_4963
肉食っておしまい。

9/2 きなボド!ゲーマーズ@北名古屋

なんかもう夕方からは自分も遊んでいいかなぁと思えてきたので遊ぶ。
最近クイズやってない分余計にね。



IMG_4925
「Orion: Auriga」

先日リサイクルショップで2個目(1個譲ったので実質3個目)を購入したロータリースター。
Orionというゲームの日本語版。
これの付属ルールは完全に劣化版のクソルールなので、ダウンロードしたOrionのルールで遊ぶ。
10個くらいルールあって色々遊べるやつ。

基本はダイアル回すことで自分の色のアーモンド型のコマを移動させていく。
この1回の90度回転をクリックと呼ぶ。

今回はAurigaというレースゲーム。初プレー。
中央縦3マスは動かせないマスで、その周りを反時計回りに自分のコマを進めていく。

手番ではダイス振らずに3クリックするか、ダイス振ってその数クリックするかだったかな。
これは完全にダイス目勝負だな。
相手を邪魔するムーブは取りづらいし、相手利用して進むのもほぼ無理。
どちらもできて1クリック分の邪魔にしかならないので自分の利益と相手の邪魔を両方できる状況じゃないと利益にならない。
一方方向に進む性質上、そんな状況はほとんどないので難しい。

結果:レン、ちょろ 〇、コマジックマ



IMG_4927
「Orion: Lepus」

次はLepus。初プレー。

一方の角の6マスに自分のコマ入れた状態で始まり、規定回数クリックしていき自分のコマを反対側に初期配置と同じ形に到着させたら勝ち。
これは全員の進行方向が異なり、中央辺りで交わるので、いかに他人のムーブに相乗りできるかがカギだね。
とはいえ中々自分の利には相手が動いてくれないので、逆に如何に邪魔されずに進むかなのかもしれない。

結果:レン 〇、ちょろ、コマジックマ



IMG_4928
「Orion: Hydra」

続いて2人でHydra。初プレー。

所謂コネクト系で、自分の側の辺と相手の側の辺を繋いだら勝ち。
Twixtとは違って繋ぐ方向は一緒だよ。

これは難しいなぁ。
回転による移動の特性をきちんと把握できないと勝てない。
自分を進めると同時に如何に相手の邪魔ができるか。
これぞアブストラクトって感じで面白い。でも苦手だw。

結果:レン、ちょろ 〇



IMG_4929
「Yesss!」 Romaric Galonnier作

持参初プレー。
usalapbitさんのブログで見てずっと欲しかったのが駿河屋に入っていたので喜び勇んで購入。

ゲームとしてはコードネームと適当なカンケイを合わせたようなゲーム。
場に並んだカードから2つがお題にされて、その2つを当てられるようなヒントを単語1つで出す。
各プレイヤーはどの2つかを指で番号ボードの数字指して解答し、当たった人とヒント出した人が得点。
ちょっと特徴的なのが、正解ペアを指定するタイルを最初に出題者の右隣が3枚引いてそのうち1枚を出題者に渡す。
簡単すぎるの渡すと大量得点されるので、難しいのを渡したいが、あまりに難しいと判断されたら出題者の権利を押し付けられる。
なので簡単すぎないが、無理過ぎない程度のペアを渡すというのが必要。難しい。

個人的には好きな部類なんだが、思ったより盛り上がらなかったな。
コードネームよりカード少ない分簡単そうなんだが、意外に他の避けながら2つにだけ共通するヒント出すのは難しい。
コードネームと違って邪魔なのを予め潰させることができないからね。

うーん、なんか惜しい。

結果:レン、最上、オースミ 〇、エース、ちょろ




IMG_4931
「ルミ / Rumis」 Stefan Kögl作

久々持参枠。
別名ブロックス3D。

自分の色が接するように置いていって、最後に上から見た色数が多い人が勝ち。
この塔のマップは段数が同じで狭い分考えやすいが、高さが高いので如何に上段で多く置けるようにできるかが難しいね。
後半は持ってるパーツの形見て相手が置けないようにできるかが肝。

結果:レン 8〇、かぶ 5、tetu 6





IMG_4933
「コード破り / Code Knacker」 Reiner Knizia作

久々に。tetuさん持参品。

ダイス複数振って、好きなのキープしてその数字のマスにディスクを置く。
タイル1枚のマス全部埋まったらそのタイル獲得して得点。
置ける数字がないかダイス使い切りで手番終わって、ディスクは残るので次の人が得。
最大の特徴はマイクロチップの目。
数字の代わりにいつでもキープできて、2つ以上キープした状態でダイス使い切って手番を終えるともう1度手番。
上手くいけばずっと俺のターンでタイル3枚とも獲得できる。
ただしダイス使い切る必要があるので、バーストするとダメよ。

あとはテストの暗記シートよろしく、赤いディスク被せると数字が消えてバツ印が見えるようになるギミックが良い。

バースト系ダイスゲームとしては悪くない。
ヘックメックほどの盛り上がりはないけども。

結果:レン 14、tetu 13、最上 18、かぶ 22〇



IMG_4940
「コインブラ / Coimbra」 Flaminia Brasini, Virginio Gigli作

さて先述の通り重ゲーを。
二度目のコインブラ。

前回の反省活かして終了時得点カードを多少無理してでも取る。
結果3枚取って、いい感じに得点になって勝利。
やっぱ得点カード大事ね。

あと緑のカード多く取って、得点収入重ねたのも強かった。
その分移動はほぼ捨てて、お金と兵力の収入も少なくて辛かったけど。

結果:レン 166〇、タクト 142、キョウ 115、若松 72

コインブラ 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-08-25



IMG_4941
それにしても緑取りすぎ。よく息続いたもんだ。


IMG_4942
「ザンベジ / Sambesi」 Jens Rademaker作

持参初プレー。アドルング。
主催してると暇な時間多くて、英語ルール読みが捗るw。

かるた系。
中央のカードめくると、水に映った動物が描かれてるので、対応する動物をいち早く取る。
ただし水に映った姿なので、鏡像。
動物の違いの他に3つほど要素があって、どれが正解かを探すのが難しく面白い。

これは中々いいね。

結果:レン 4、やぶ 6〇、ショーゴ 6〇、中毒者 1


IMG_4947
「パルス / Puls」 Marion Dettelbach, Andreas Dettelbach作

持参初プレー。アドルング。

カード出すと矢印が描かれていて、次にプレイする人が決定する。
1人だけの場合もあるが、両隣とか右の人以外とか複数指定される場合は早い者勝ち。
出せるカードは前のカードと色が違い、約数でも倍数でもないカード。

これはアドルングらしいな。変なプレイ感。
一応ピンボールテーマっぽいんだが、よく分からん。
悪くはないんだが。

というか視認性が悪い。もっと見やすいカードにしてくれ。

結果失念:レン、おおや、エース、マイクル、おず、氷牙


IMG_4948
「ドッツ / Dots」 Bernhard Naegele作

持参初プレー。アドルング。

全員同時にカード1枚めくって、そこに描かれた球の数を数える。
全員分の合計値を数えて、対応する数字カードを出す。
複数枚の合計値で出すんだが、手札構成が1,2,4,8,16と要は2進数の和算になってるのでそこの計算でちょっと頭使うよと。

なるほど悪くない。手軽に遊ぶには良い。
二進数に慣れてる理系がやや強いかもw。

結果:レン〇、おおや、エース、マイクル、おず、氷牙


IMG_4949
「オーシャン / Ocean」 Peter Schurzmann作

持参初プレー。アドルング。消化が捗って嬉しい。

手番では魚を出していずれかの動物の価値を上げるか、動物出して得点。
各動物4枚ずつあり、1枚目は魚の合計が得点、2枚目はその2倍、3枚目は3倍と後に出すほど点が上がる。
カードの補充は魚の山か動物の山か好きな方から。オレゴン的。
動物は公開して魚は手札に。
基本は動物引いた方が強いが、自分の動物の価値高めるか相手の動物の価値上げないために0を置くかで魚を引きたいときも。
また、魚の山にはワイルド動物であるシャチが何枚かあり、非公開で持てるので強い。
各動物には魚も動物カードも4枚ずつしか出せないので、シャチを出されると誰かの動物カード1枚が完全に腐る。
その為、洗面器だが腐る前には出したいジレンマが面白い。
動物カードは公開情報なので手番順考えて自分の動物が無駄にならないように動ける。

単純にシャチが強いが、まぁ引き運。
魚多く引いてればその分動物減ってるしね。まぁ少ない魚引きで引かれたらしゃあないw。

これも思ったほど悪くないね。
後半動物カード腐らせられると数十点吹っ飛ぶので辛い。どこで見切り付けるか大事。

結果:レン 68〇、エース 66、マイクル 66、おおや 59、氷牙 62、おず 22



おしまい。いっぱい遊べて楽しかった。
運営問題ない程度には遊びたいね。


IMG_4951
3人で市内のトルコ料理屋に行ってみる。
トルコ料理ってケバブ以外ほとんど知らない。世界三大料理なのにな(クイズベタ)。
まぁ食べたのもケバブだけど。
あとナスのトマトソース煮とトルコ風ピザ。
ピザはチーズが甘くなくて特徴的ね。
サービスでパン貰って食べきれねぇw。
折角なので中くりぬいてケバブサンドにしたよ。

8/26 長久手ボードゲームホリック@長久手

この日は午前中はるどふぃ~るの活動で、子ども会からボードゲーム出張お願いされたので行ってきました。


IMG_4894
人数は少な目だったので自分1人で。
1人で三卓はギリギリだね。忙しい。


終了後、NEZさん主催の長久手ボードゲームホリックに参加。
移動時間1時間くらいで、終わるの早いので2時間くらいの参加だけども。
ファミリー多くて良い会でした。
主にインストプレー。

IMG_4897
「クマ牧場 / Bärenpark」 Phil Walker-Harding作

上級タイルはなしで。

ソロプレー感強いゲームなので、まぁ手加減はしないよw。
1・2マスタイルを置く手損をいかに減らせるかがこのゲームの肝かな。

結果:レン 89〇、はねこり 70、まりこ 71




IMG_4898
「考古学カードゲーム / Archaeology: The Card Game」Phil Walker-Harding作

持参初プレー。図らずしもまたハーディング。
新版出たので購入。旧版は未プレー。

手番では山から1枚引き、場と等価交換し、同じカードを集める。
泥棒引いたら相手から1枚ババ抜きして、砂嵐引いたら全員手札半分捨てる。
一度だけ砂嵐から守れるテントを1枚だけ持ってるのでどこで使うか。
地図カード集めるとカード大量に獲得するチャンス、もしくは価値3で交換か得点3点。

なるほどまぁ最近のデザインではないが、無難に面白い。
砂嵐警戒して手札は減らしたいが、泥棒警戒するなら価値低いカードは抱えておきたい。
価値高いのは早々に得点化したいが、多く集めるほど価値が増すのでどこまで伸ばすか悩ましい。
この分かりやすさはいいね。

まぁ引きゲーっちゃ引きゲーだけど。
地図カードの効果変える建物が何通りかあってゲーム毎に変えれるので、それでプレイ感は変わるのかしら。

結果:レン 57、はねおり 71〇、こばやし 57





IMG_4899
「キピット / Kippit」 Torsten Marold作

遊んだことないという東野さんと。

シーソー傾けて押し付けろ!なゲーム。
旧版ばっかで遊んでるので気づかなかったけど、新版って両端の段がちょっと高くなってるのね。
どう影響するのかは分からないけど。

結果:レン〇、東野K




IMG_4900
「クアルト / Quarto!」 Blaise Muller作

上級ルールで。2×2の四角で作っても勝ち。
一度遊ぶとこっちの方がいいね。
経験者同士だと引き分けかラストピースで詰まることが多かったので。
まぁ上手い人だとその前にハメられるんだろうけど。

今回上級入れても引き分けたけどね。
結局上手く考えないとこうなるのね。

結果1:レン 〇、東野K ×
結果2:レン △、東野K △
結果3:レン ×、東野K 〇




ここでおしまい。
終了後まだ時間あるので人集めて遊ぶことに。
場所はオーフリで。
折角なので全員で気になってた上階のコダマへ。



IMG_4901
ジブr…ごほん、「森」をテーマにしたカフェで。


IMG_4903
店内至る所にどっかで見たグッズが!


IMG_4902
メニューも独特です。
運よく全員ジブリ映画(言っちゃった)それなりに見てる面子だったので話が盛り上がりました。


IMG_4906
目的はこれ。ずっと気になってた「カリオストロのスパゲティ」!

IMG_4907
そして始まる早い者勝ち!これがやりたかった!

本来は1人1皿なんだけど、大皿に盛れないか聞いたら2人前ずつならいけるとのこと。
店長さんも初めてこんなオーダーされたとのことで喜んでましたw。
美味しかったです。


IMG_4905
ちなみに東野さんのドリンクは赤まむし。




さてオーフリへ。

IMG_4908
「コインブラ / Coimbra」  Flaminia Brasini, Virginio Gigli作

持参初プレー。アッキトッカの2人による期待の新作。

基本はダイス選択とプレイスメント。
ボードは広いが置く場所は4つだけ。
スタPがじゃらっと振ったダイスから手番順に1つ取り、自分の下駄を履かせて配置。
1か所はタイルを取り合い、3か所はカードを取り合う。
全員置いたらダイス目に従い、タイルは昇順に、カードは降順に手番が来る。
タイルは収入やマップ上移動などの効果と次のスタP決め。コストはなし。
カードはお金と兵力の2種類のコストのうち取るカードに描かれた方を、置いたダイス目分払って取得。
ダイス目大きいほど早く選べるがコストが増える。分かりやすいジレンマ。
取りたいカードがない場合、収入貰うこともできる。
カード取ったら、対応する職業トラックが上がる。
更に取ったカードの効果が発動、即時、永続、収入時、終了時の4種類。
全員終わったら収入があり、ここでは先ほど取った3つのダイスの色が重要。
ダイスの色に従って、お金、兵力、移動歩数、得点の4つのどれかが貰え、その量は対応する職業トラックの進み具合による。
如何にそのトラック進めても、その色のダイス取れなかったら収入は貰えず、逆もまた然り。
よってダイスを選ぶ際にはダイス目と色を考慮して、どこに置いてカードを取るか、それで何番目に選べてどのカードが取れそうかを考える必要がある。

ボード上の移動はカードの効果やタイル効果によって行い、都市に到着する度に報酬がある。
特にレベル3の効果は終了時得点効果で強力。

ラウンド終了時、場に並んだ得点カード6枚のうち1枚の権利を購入できる。
普通にやって最大4枚、タイル効果でも購入できるので2回取れば全達成は可能だがコストは高い。
自分の戦略に合った得点カードを購入したい。
何人でも同じの買えるので早いもの勝ちではないが、計画的に買わないと買う機会を失う。
しかし、そこでお金や兵力使いすぎると次のラウンドで使える分が減り、辛くなる。悩ましい。

ルールはそんなところで意外に難しくはない。
あとはカードの効果で収入や移動を行ったりコスト安くしたりと自分に合った戦略を探す。
特にカードの終了時決算効果は強力なうえに早めに出てくるので、先んじて取っておきたい。
一度遊ばないとその重要さが把握しづらいので、そこの経験差が出るかな。

いやぁ面白い。ルールは簡単だがプレイングが非常に難しい。
1手が3つ4つと他の行動に波及するので非常に重たい。
必然的にダウンタイムは伸びるがしょうがない。
最初はみんな1の目を取り合って、タイルを狙う。次に3くらいで様子を見て、最後どうしても欲しいカードあれば6で確保。その優先度も随時切り替えて。

うーん、面白いなぁ。
4ラウンド3ダイスで実質12手番しかないんだが、かくも悩ましい。
初期カードのピックで自分が安く買える資源や買ったら恩恵のある色が決まるので、それに従って動くのがベストか。
今回自分はお金の支払いが1安くなるカードと兵力の支払いが1安くなるカード両方取ったので中々強力だった。
ただ、買ったら恩恵あるカードに比べると再生産しないので他で補充を賄う必要があり、動きが難しいね。まぁ一長一短。

結果はおずさんが勝利。
捨て札拾えるカードで得点カード拾って、終了時大量得点が強かった。

これはまた何度か遊びたいな。
ロレンツォよろしく、カード使い切るゲームなのでその出る順番だけが変わるランダムだが、都市や得点カードは毎回複数余る中で出方が変わるのでそれに合わせて戦略を立てるのはリプレイ性が高い。
そのうちまた拡張が出るだろうしね。

結果:レン 148、おず 191〇、東野K 123、こばやし 140

コインブラ 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-08-25



おしまい。ありがとうございました。

8/25 八八会@桜山

この日は八八会。先月だったかな、台風で中止になったのでそのリベンジ。


IMG_4885
お昼は一人で芳乃屋。幅広きしめんがもっちもち。



IMG_4886
「八八」

さて八八。
この八八会も三度目か四度目か。
kgwさんが山梨から果物買ってきてくれるので待ち時間は果物食べ放題。
今回は時期的に桃は終わって梨と李とシャインマスカットでした。

八八のルールは割愛。
この日のメンバーは自分、最上さん、kgwさん、REIさん、tetuさん、おずさん。

八八は何度やっても面白い。
個人的には麻雀の次くらいに中毒性が高いゲーム。
1回にかかる時間も長いけどね。


IMG_4887
大勝!


IMG_4888
「うんちしたのだあれ? / Who Did It?」 Jonathan Favre-Godal作

途中温玉さん合流待ちでちょっと小休止。
このメンバーなら何遊んでも楽しいので、まぁこのゲームならよっぽどだ。





IMG_4889
「デクリプト / Decrypto」 Thomas Dagenais-Lespérance作

まだ来ないのでw。
ほぼ山勘で当てに行ったら当たったw。
3回目くらいで相手のお題1つはなんとなく分かったので、あとはまぁジャンルで分類して当てて終了。
上手く考えないとあっという間に終わるなこれw。

デクリプト
Le Scorpion Masqué/すごろくや




んで温玉さん合流して再度八八。


IMG_4890
はねけん+赤!
絶場だったので72貫w!!
と思ったら四光上がられて44貫回収されるw。
ドラマがあるねぇw。



IMG_4891
最終結果はこんな感じ。
kgwさんが安定して強い。
最上さんは最後の四光にやられたなぁ。



IMG_4892
中華食って解散。



楽しかった。またやりましょう。

8/18 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

いやぁこの日はファミリーが全く来ない…。
2組くらいだったかな。
スタッフとはしてないけどるどふぃ~る会員の方が多くて手持無沙汰だった。
まぁそれならそれで一緒に遊んでるからいいんだけどw。

うーん、何かテコ入れ必要かなぁ。


IMG_4866
「デクリプト / Decrypto」 Thomas Dagenais-Lespérance作

持参初プレー。あ、でもこれは太陽皇子さんのだっけか?

チーム戦で味方に4つのキーワードのうち指定された3つをヒント出して伝える。
相手チームはそのヒントを聞いてお題を推測して、味方より先に正解の番号2当てれば勝ち。
お題自体は分からなくても対応する番号が当たればいいってのがミソね。
当たろうと外れようと、それぞれのヒントが何番を指してたかは相手に明かすので、どんどんお題を推理するヒントが増えていく。
ちなみに味方に伝えるのを2回失敗すると負け。
変わってるのが、これを両チーム同時に、交互にやっていくところ。
ダウンタイム無くす手段としてはかなり思い切った斬新さ。

あまり直接的なヒントばかり出してしまうとすぐにバレるので、時々分かりにくいのを混ぜていくのが大事。
ただし味方に伝わらないと意味がないので、その難易度が難しい。

今回の自分たちのお題は「レシピ」「伝染病」「ガラス」「電話」。
それぞれ伝えるのは簡単だけど如何に紛らわすか。
自分が取った手段は「くもり」のヒントで3番を伝えて、「天気予報」のヒントで4番を伝える。
これを別々のターンにやったので案の定相手は「天気予報」のヒントを3番だと誤認。
結果、こちらチームが相手のお題2回当てて勝利。相手のお題は忘れたけど。

うん、面白い。が、難しいね。
ゲームとしてはペアペア連想ゲームに近い。いかに紛らわしいながらも伝えるか。
その為に結構熟考する必要があり、ダウンタイムは長め。むしろそうしないと面白くない。
ある程度裏をかける人ばかりじゃないとすぐにバレて終わってしまうので、人は選ぶかもしれない。
個人的には大好きな部類。もっと遊びたい。

結果:勝利(プレイヤー忘れた)

デクリプト
Le Scorpion Masqué/すごろくや



IMG_4867
「ハチャメチャバーガータイム」

初プレー。太陽皇子さん持参品。ツイッターでちょっと気になってた。

ベルトコンベアで流れていくバーガーが落ちる前にレシピ通りに具材積んで完成させる。
最後は上手くお皿に載せる。これが中々難しい。

とりあえずピンセットが閉じたら噛んで開かないw。難易度かなりアップ!
焦るゲームだけどワチャワチャ感はないね。
ハンバーガーテーマだとくるくるハンバーガーゲームっていう巨塔があるからなぁ。
この時点未プレイだけど。

小さい子の遊ぶゲームとしてはアリね。




IMG_4868
「トロール&ドラゴン / Troll & Dragon」 Alexandre Emerit作

初プレー。
リアルタイムダイス振り。ワチャワチャ系。

手番ではダイスじゃらっと振って宝石出たら取って振り直してを何度でも。
トロールの目は振り直し不可で、全部トロールの目になってしまったら今回ゲットしたの全没収。

扉と鍵の目をセットで出したら、ボーナスチャンスに挑戦できる。
今回取ってた宝石はなくなるが、より価値の高い宝石ゲットのチャンス。
金塊か空の目のダイスを2個振って金塊出る度に金塊獲得。何度でも振れる。
ただし同時に隣のプレイヤーがドラゴンダイス2個振ってて、ドラゴンの目が2個揃ったら強制終了。
そこまでに終了宣言してないと今回ゲットした金塊没収。

なるほど、これはいいね。分かりやすい。
地味に得点を取るか、鍵と扉狙ってチャンスを狙うか。
そのチャンスもどこまで粘るか、どれだけ欲を出して残るか。
隣が終了トリガーダイス振る系は否が応でも盛り上がるね。フリッツ&ミッツとか。

結果:レン 40〇、太陽皇子 31、エース 31、マジックマ 22




IMG_4870
「食べちゃうぞ / All you can eat」 Kevin G. Nunn作

軽くこれも。
最近の同時出しバッティングとしてはなかなか好き。

結果不明





終わりー。

8/17 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。



IMG_4863
最近遊んで面白かったのいくつか買ったり。
あ、ボドゲ所持数現在2259個です。



IMG_4861
「ザンジバル / Zanzibar」 Franz-Benno Delonge作

持参初プレー。
あんまり評判良くないよと前置きw。

手番ではコマを3つまで移動。
コマには2~6の番号があり、それが移動歩数。
相手のコマがあるマスに入った場合、相手の数字より小さいなら相手を1歩押しのける。逆はそもそも入れない。
自分の決算カード山10枚から2枚引いて持っており、手番最後に決算を起こしても良い。
指定エリア内のコマ数に応じて得点か、指定された色のマスにあるコマ数に応じて得点。
当然多ければ多いほど得点は高いが、達成が難しい。
その手番だけで動かせる分で満足するか、より高得点を目指して次手番まで待つか。
ただし、相手によって押しのけられるのでより難しい。

なるほど、システムとしては悪くないんだが、如何せん人の行動で自分のコマが押されるので計画が狂う狂う。
自手番での移動は相手の押しのけも含めて考えて完全にアブストラクトなのでダウンタイム長め。
んで人の手番中に考えても状況変わるので、自手番になってからしか考えられないと…。
こりゃあ辛いね。
今回3人だからまだマシだったけど、これ5人とか絶対遊びたくないわ。
1人当たりのコマの数は減るけど、人数増える分ムーブは増えるしね。

2人ベストだろうねぇ。
あとはあまり高得点にこだわらず中くらいで決算しまくるのがいいか。

結果:レン 50〇、kome 33、ねくろん 46



IMG_4862
「ポンペジ / Pompeji」 Frank Brandt作

持参初プレー。アドルングから。
視認性の悪さで有名w。

手番ではカード1枚配置。同じ数字、同じ色は隣接できない。
置いた結果、縦横斜めに繋がった道で決算。
同じ色が複数あれば、そのうち数字の小さいのが点数。
同じ建物が複数あれば合計値が点数。だったかな。

全方向考えるのが中々難しい。
同じ色・建物の縦横ラインの交点が空いてればチャンス。
ただし配置制限で思うようにいかない。

ゲームとしては中々悪くない。問題は視認性かw。
せめて道以外の部分べた塗りにしてくれたら…。
むしろカード全体に色付けてくれれば…。

結果:レン 164、ねくろん 164、kome 167〇


おしまい。


IMG_4864
この日はお肉。

8/15 魚会@御器所

ぎょにくさんが御器所でやってる魚会へ。魚は食べないよ。
普段は平日会なんだけど、この日は祝日だったので終日。

IMG_4845
「ミントデリバリー / Mint Delivery」 Justin Blaske作

持参初プレー。蹴ったやつ。ミントシリーズ第2弾。

基本はすごくシンプルなピック&デリバー。
4つまでミント持てるよ。中央都市ではミント4つ取れるよ。周囲辺都市ではミント2つ取れるよ。
周囲辺都市では白ミント2つで緑ミントにできるよ。中央都市ではそれに加えて白ミント3つで赤ミント1つにできるよ。
周囲角都市では2枚オープンされてるカード獲得できるよ。
カードに書かれた角都市で対応するミント払って得点化できるよ。

大体そんな感じ。非常にシンポー。
ちょっとこれだと味気なさすぎるのでヴァリアント1つ追加。
特殊能力が4つオープンされてて、得点化したカード2枚ごとに1つ能力獲得できる。
歩数増やしたりとか、達成すると1ミント降ってきたりとか。

まぁこれ入れればやや面白みが出るかな。
とはいえ、やはりシンプルには変わりなく、
特にこのゲームを選んで遊ぶほどの良さはないかな。
シンプルなの遊びたいとか、鞄に忍ばせておきたいならアリかw。

個人的にはPack-OゲームズのBUSの方が悩みどころがあって好きかな。
より小さいしね。

結果:レン 20〇、bigdream 17、ニート 18、ハヤシ 19


IMG_4846
「ブラス:バーミンガム / Brass: Birmingham」 Gavan Brown, Matt Tolman, Martin Wallace作

持参初プレー。通称白ブラス。
旧版ブラスを更にゲーマー寄りにアレンジだ!

基本的な流れややることはほとんど変わらないんだけど、最大の変更点はビールという資源の追加。
商品タイル裏返すのと線路2本引きするのにビールが必要。石炭よろしく連結輸送。
商品タイルに限っては、ボード外周部の外国都市に早いもの勝ちのビールが置かれているので、それの取り合いから始まる。
その分、外国市場は廃止されて運ゲー要素はなくなった。
黒ブラスは他人の港や石炭にすり寄っていくのでボード中央から周囲に伸びて行ったが、白ブラスは周囲のビールの取り合いから始めるのでボード外周各所から伸びて、段々繋がっていく感じ。

また、2枚出しワイルドは廃止されて、3枚出すことで場所ワイルドと種類ワイルドが1枚ずつ手に入る。
結構強力なので後半カード腐るくらいなら早めに取って戦略に組み込みたい。

あとの違いは個人ボード上のコストやら収入増加やらの配置。
新しく陶工が造船所の代わりに入ったり。
特に商品タイルはコストや収入増加が昇順降順一辺倒でなく入り乱れてて把握しづらい。
開発のタイミングが問われるね。


IMG_4848

あ、あと借金が30金固定になった。まぁどうせ皆30金借りるだろうと。

遊んだ感想はかなりゲーマー向けになった印象。
その分、個人的にはより一層面白かった。
ちなみにプレイ時間も1.5倍。インスト込み4時間くらいかかったかも。
ビールの取り合いがかなり熱く、他の資源と違って他人に取られたくない。
勿論ブルワリー裏返すには空にする必要あるけど、それより自分で使うビールが欲しい。
なので如何に自分だけ使えるビールを確保できるかが大事になってくる。

ニートさんが郊外の方に建てたブルワリーに何とか伸ばして繋いで、吸い取ったぜw。

うーむ、面白いなぁ。黒ブラスより好き。だが疲れるね。
1点差で負けて超悔しい。

結果:レン 139、tetu 140〇、ニート 116、おず 119



IMG_4849
「うんちしたのだあれ? / Who Did It?」 Jonathan Favre-Godal作

初プレー。何となくルールは読んでたけど未プレイ。

全員が猫、ハムスター、ウサギ、金魚、オウム、カメのカードを持つ。
初番手はどれか1枚出して、うんちしたのは自分じゃないよと誰かに嫌疑を押し付ける。
『自分の猫じゃないよ、誰かのウサギだよ!』みたいに。
他のプレイヤーは宣言された動物をまだ持っていれば早い者勝ちで出す。
最初に出せた人だけ有効で、また宣言して押し付けていく。
負け条件は最後の1人になるか、宣言した動物を誰も持っていなかった時、自身の動物がうんちしたのが確定して負けw。
なので他人が何を出したかをなんとなく覚えておかないとならない。
人数多いと覚えきれないので、多く出された動物、あまり出されてない動物くらいはなんとなくチェックしておこう。
負けたらうんちの形のうんチップを引き取るw。素敵な名前だw。

いやぁ面白い。思った以上に面白い。
結構淡々と進みながら、どこかで誰も出さなくなった瞬間の一瞬の沈黙の後の笑いがとても楽しい。
早抜けできればセーフなので抜けたいが、その分多く宣言することになるので、中盤以降になると宣言失敗する確率も増えてくる。
あえて出さずに枚数カウントしておくのもありかもね。
まぁみんながやってたらいずれ負けるけど。

これはいいなぁ。早速買ったよ。
テーマ的に女の子は避けそうだけど。

結果:レン 1〇、ハヤシ 1〇、tetu 2、カトケン 3×




IMG_4850
「スフィンクス / Sphinx」 Gunter Baars作

持参初プレー。迷路作らないスフィンクス。バース作。
これまた長らく積んでたな。

サイコロ3個振って、好きな順に使って迷宮を進む。
止まったマスが回転扉の前なら、扉を押して180度くるっとな。
このギミックはバースらしいね。
目的は各色のチケットを集めて、中央に行って、中央にいる三体のスフィンクスの色に対応するチケット持ってれば勝ち。
そのためにまずは情報収集。移動時にミイラのマス通ることでどこか1か所のスフィンクスの下を覗き見できる。
ただし、サイコロでヘビの目が出ると、中央三体のどれかと、ボード脇のどれかを入れ替える。
それによって必要な色が変わるし、どこにどの色があったかを覚えておかないと。
チケット手に入れる手段は対応するマスを通るか、誰かを追い越して盗むか。

いやぁ終わらない終わらないw。全員記憶力が死んでるw。
たった6色の並びなのになぁ。覚えられん。
ブラスで疲れてたのもあるが。
折角必要な色集めて、よし中央向かうかってなっても誰かに入れ替えられてチケット足りなくなってw。
全色集めて行けば確実なんだが、色の並びも当てる必要あって、外すと全部捨ててスタートからやりなおし。辛い。

決して出来の悪いわけじゃないけど、記憶力が地獄だと延々と終わらないゲームw。
頭が疲れてないときにやりたいねw。

結果:レン 〇、カトケン、tetu



IMG_4852
「オアシス / OASE」 Alan R. Moon, Aaron Weissblum作

良作を久々に遊ぼうシリーズ。良作会で遊べなかったのもあって。

手番順を競るために、自分の山札からカードを1~3枚公開する。
全員公開したら手番順に好きなセットを取り、早く取られた人ほど次の手番が早くなる。
カードには土地か得点タイルか、ラクダかカードが描かれている。
得点タイルはそのまま貰えて、土地はボード上に配置。配置時にコマ置いてエリア所有権を主張。
最終的に得点タイルの枚数×対応する土地のマス数が得点。
ラクダはラクダコマ繋げて置いていって、これまた得点。

手番早いほど好きなカード選んで取れるので、早い手番欲しい。
その為には相手が欲しがるようなカードを提示したいが、あまり出し過ぎると相手が得しすぎる。
めくり運も結構あるので悩ましい。
あと自分の山札の補充枚数は4引くめくった枚数なので、どこでしゃがんでどこで補充するかも重要。
山札減らしすぎると必要な時に多くめくれなくなるからね。

いいゲームなんだけどあんまり見ないのよね。
かぶさんのラクダが凶悪な量になってて負けるかと思ったが、得点タイル多く取ってたので何とか勝利。
土地広げるだけじゃ点数伸びないからね。両方伸ばすのが重要。うっしゃ。

結果:レン 125〇、かぶ 110、tetu 93、bigdream 71




本編ここまで。
この後中華食べに行って、ちょっとだけフレボド。


IMG_4853
「ごいた」

ごいた打っておーしまい。

結果1:レン&三品 150〇、ニート&魚肉 50
結果2:レン&魚肉 40、ニート&三品 150〇



8/14 きなボド!ゲーマーズ特例回「ちょっと前の良作ゲーム会」@北名古屋

この日は前日に次いできなボド!特例回。
テーマはちょっと前の良作・佳作ゲーム。

とはいえ重ゲーメインになるだろうとは思ってたので、Twiplaには主催業しない注意書きと自己責任で参加する旨と、重ゲー慣れしてない未成年は参加できませんと書いていたんだが、途中でファミリーが来訪。
初対面ではないので、Twipla読みましたよねと聞いて、まぁ追い返すのもアレなので自己責任ならいいかと放置して自分は別の卓へ。
結果よし9さんが一緒にオートマニアやって、子どもは途中で飽きちゃったようで。
うーん、って感じだが、とりあえずよし9さんには失礼しました。

こういう不幸なマッチングを無くすためにTwiplaにあれこれ書いて、参加制限も付けているので、どのボドゲ会でもそうだけど参加される場合は必ず注意書き読んでくださいね。
カレンダー見て来る場合も必ずリンク先を参照のこと。
よろしくお願いします。


さて。


IMG_4836
持ち込みゲームはこんな所。
あまり攻めずに無難な感じです。
まぁ安定して面白いゲーム選んだら大体こうなるよね。


IMG_4837
「プラトーX / PlateauX」 Hendrik Simon作

まずはこれから。
手番ではブロック置くか、自分のコマを動かすか。
コマは最初地面に置いて、そこからは移動で、1段は上り下りできる。
各平面には1人しか入れない。
最終的に一番高い平面に居る人が勝ち。

ブロックは基本L字型で、各自2つの2マス分と、1つの1マス分を持ってる。
使いどころが大切ね。
自分のコマもあんまり早く登場させてしまうと動かせる範囲が決まってしまうので、ある程度待ってから満を持して登場させる手もある。

こういうブロック配置系だとポジットと同じくらいシンプルで良い。
同じ山のてっぺん狙ってたら、いつの間にか別ルートでぐるーっと迂回されてトップ取られるってことがあって面白い。

今回はかなり穴開きな盤面になったので分かりやすい展開だったかな。

結果:レン 〇、yuji、いの




IMG_4838
「天空の巨人 / Giganten der Lüfte」 Andreas Seyfarth作

久々に。遊ぶのは2回目かな。
ザイファルトの作った王への請願とでも言える作品。

カード1枚選んでダイス振って、目標達成したら獲得してダイス目補正やらダイス増えたり。
特徴としてはカードにカテゴリがあって、同種は上書きでしか取れないところと、
最初白ダイスから始まり、中位色の赤、上位色の黒と進化していくところ。
完全上位互換なわけではなくて、赤指定のカードは赤ダイスでしか取れない。
手番では自分の使えるダイスから3つ選ぶので、どの色でも使えるようにしておくか、どれかに極振りしてしまうか。
カードには赤ダイスそのまま出すやつとか、白ダイス2個を赤ダイス1個に変換するやつとか、当然後者の方が取りやすい。
適当なタイミングで得点カードである飛行船を狙っていく。

失敗したときに貰える救済用補正タイルと、成功したら貰えるけど他の人が成功したら取られる連チャン狙いの飛行船マーカーもあるよ。

個人的には王への請願よりちょっと下な評価。理由はめくり運の強さとか。
以前一緒に遊んだトシさんはこっちの方が好きって言ってたな。

まぁどっちにせよ良作です。
いやぁ序盤なかなか色ダイス取れなくて辛かった。

結果:レン 13、いの 15〇、温玉 12、yuji 12




IMG_4840
「ティナーズトレイル / Tinners' Trail」 Martin Wallace作

こちらも久々に。
資源掘ったら水が出る。掘るには水の分のお金がいるので水除去しないといけない。辛い。

まぁルール書くのめんどいからここでも見てもらって。

ワレスらしい苦しいゲームだけど、プレイ時間は90分程度と短め。
得点手段がラウンド終了時にお金で買うだけなので、得点効率の良い早めのラウンドでどれだけ得点にお金を割くかが大事ながら難しい。
当然使いすぎると次のラウンド何もできなくなる。

久しぶりに遊んだけど面白いなぁ。
あまり知られてないのはメーカーがマイナーだからかな。JKLMだったか。
まぁツリーフロッグ版はくっそ高いのもあって。

早めに得点投資したぬこさんが強かったね。

結果:レン 73、カトケン 49、ぬこ 85〇、yuji 79




IMG_4841
「オールドタウン / Old Town」 Stephan Riedel作

こちらも久々。つってもまだ遊んでる方か。

忘れ去られた街の配置をみんなで思い出すってテーマが素敵。
消去法で特定していって、確定したら消去できた選択肢の数だけ得点。

不思議なプレイ感が面白いんだけど、なんかよく分からないまま遊んでるとなんかよく分からないまま終わるw。

微妙にルールが曖昧な感じで、よく覚えてなかったのもあるw。

結果:レン 35〇、yuji 31、ぬこ 20



IMG_4842
「ボラボラ / Bora Bora」 Stefan Feld作

もいっちょ重ゲーしたいとボラボラ。
個人ボードの半分がサマリーだけど、その半分はタイル構成なのでそんな複雑ではない。
ルールはここ。サボるぜ。

3人は初だけど、陸移動と海移動が同一アクションにされて辛いね。
なんか色々奮わず悲しい感じ。
儀式マジョリティ無視しすぎたなぁ。ワイルドタイルが超羨ましい。
男性女性タイル全然取れなかったので貝が稼げず、装飾品も取れなかった。
最後1アクション足りなくて資源使ってタイル建設できないし。何とか資源でマスは埋めたが。
ボード上の建物コマは得点高い所最後に入って魚点たくさん取れたので良し。
でもマイクルさんがより強かったね。

結果:レン 66、ぬこ 41、マイクル 74〇




IMG_4843
「Sherlock Holmes and Moriarty's Web」 Lucy Keifer, Jim Keifer作

初プレー。こちらはたけさんが書泉で買ってきた新作。
といっても2016年か。

相談しながら個人の特殊能力活かして対処するパンデミック系協力ゲーム。
目的はボトル状の事件タイルを全てモリアーティタイルから繋げること。
タイルには接続部となる模様が描かれており、同じ模様同士を繋げて伸ばしていく。

手番では場所タイルや目撃者タイルなどから任意のタイルを1枚めくる。
ある程度描かれた模様に特性があるので、今欲しい模様がありそうなのを優先に。
タイル同士を接続するには接続したいどちらかのタイルに自分がいなければいけない。
規定歩数移動ができるので、移動して、タイル繋いで、を繰り返す。
手番終了時、繋げられていない事件タイルの枚数だけイベントカードめくって、描かれた種類のタイルが吹っ飛ぶw。
もしくは事件タイルが増える。辛い。

そんな感じでどんどん繋げていくんだが、一度火が付くとどんどん辛くなるので無理ゲーにw。
まぁそんなところもパンデミック。
放置して治療薬作るって手段がないからより辛いか。

吹っ飛ぶタイル上に誰かがいるとモリアーティに捕まるので、誰かが助けに中央のタイルまで行かないといけない。
2人以上まとまってればそのタイルは安全になるので、団体行動が大事ね。

キャラ能力としては、2枚のタイルの間に乗って両方吹っ飛ばなくしたり、タイル山のトップをそれぞれ見たり、イベントを先見できたり。まぁよくある感じ。
ホームズ、ワトソン、アドラーとかホームズ知ってる人にとってはニヤっとできるよ。

まぁそんな感じで大体よくある協力ゲームなんだけど、特徴的なのはちょっとパズル要素があるところだね。
模様同士繋げて最適解見つけるのもそうだけど、次に置くための余白も考えとかないといけない。
そこがまぁ独特な感じだったかな。

ちなみに圧敗でした。無理ゲーw。

結果×:レン、ぬこ、たけ、マイクル




これでおしまい。


IMG_4844
ポンチャン!からあげは小です。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ