ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

2018年11月

11/24 愛川ボードゲーム合宿2日目@愛川

さて2日目。
起きて朝飯食べて。


IMG_5531
「世界の七不思議:アルマダ / 7 Wonders Armada」 r Antoine Bauza作

アルマダ拡張入りは初プレー。

大きな変更点として航海ボードの追加。
赤黄青緑の4つの列があり、対応する色のカードを出した時に追加資源を払って対応する列の船を進める。
また1か所だけワンダーマーク付いてて、差した時にも追加資源払って進められる。
あと黄色だけはカード捨てて3金にしたときに、お金貰う代わりに進めることもできる。

赤は海戦力。時代終了時に全員と比べて、トップと2位が得点。ドベはマイナス点。
黄色はお金収入。また、進めると他のプレイヤー全員に進み具合に応じてお金を捨てさせる。
ある程度は進めないとどんどんお金減って辛い。
青はそのまま得点。
緑はまた特殊で、2マスごとにマークが付いてて、そのマスに入ったら島カードを4枚引いて、そのうち1枚取得。
強いのだと資源2つがORで付いてたり、黄色のお金捨てなくてよかったり、文化付いてたり。

あと追加カードもあって、任意の船進めるカードとか。
一番多い文化1枚分ってのも強いな。
ギルドの得点が10点打ち切りになったのも結構大きいかもね。

まぁそんな感じで。リーダーや都市入れても大丈夫だが、バベルは相性悪いらしく特殊ルールが増える。
まぁバベルやってないから分かんないけど。

なるほどこれはいいね。
都市やリーダーと比べて、どこで船進めるかの悩ましさが増えてる。
リーダーとかあっても結局やること変わらなかったけど、こちらは資源やお金払って船進めるかの割り振りが大事。
いい拡張だね。島の引きはデカい。

結果:レン 68、ナカイ 79、起き上がり法師 59、おず 67、笹親父 100〇



IMG_5532
「麻雀」

昼飯までの時間潰しに麻雀。
結果昼飯後まで食い込んだけど。
タコさんがノーテン罰符で飛んで終わりw。

結果:レン -1、タコ -30、酒樹 -12、おず 43



IMG_5533
「レイルロードバロン / Railroad Barons」 Helmut Ohley作

先日ニートさんとやって時間切れになったやつ。
18xx好きのタコさんは結構前にやりこんだらしいけど、色々忘れてるようで。
流石に経験値差あるので胸を借りるつもりで。

タコさんが列車20%OFFで買える投資家取って、それ利用してガンガン列車買ってどんどん時代遅れになっていく。
うーむ、辛い。こちらもどんどん買い替えて行かないと。
あっという間に列車は涸れていき、お互い1社ずつのまま8列車に。
流石に会社の資金も尽きてたので、もう1つ会社初めて、その資金で最初に持ってた会社から6列車を買い上げて全額投入。
投入した資金で8列車を購入。
そこからはしばらく会社にお金入れて、なんとかギリギリのお金で8列車もう1つ購入。
この1つ買えたのがかなり大きかった。

列車が涸れて、株券も涸れたらあとはもう自動処理。
いずれかの株価が上げ切るまで特にすることないので、9ラウンド分収入貰って終わり。
最後の8列車1枚が効いて勝利。

うーん、たしかに聞いた通り列車売り切れるね。枚数重要。
最後9ラウンド完全に自動処理なのでもっと終了条件短くて良いと思うが、まぁその間の収入で差がつくようにしておけってデザインなのかな。
あと20%ディスカウント強いわ。初期値60ってあり得ん。

なるほどねぇ。やはり18xx入門には良い。
最後9ラウンド分の収入、紙幣足りないの明らかなのでメモで。
これはどうなんだ?うーむ…。

結果:レン 18515〇、タコ 15748





IMG_5534
「Azul: Stained Glass of Sintra」 Michael Kiesling作

初プレー。アズール続編。
日本語だと何と呼べばいいのか。シントラのステンドグラスでいいかな。

タイル取るシステムはアズールと一緒。
余剰タイルやスタPタイルは置いてマイナス点ではなく、メインボードの自分のマイナス点マーカー進める。ゲーム中累積なのが辛い。
個人ボードには細長いボード上にタイル置くマスが並ぶ。
最初職人コマが一番左の列におり、手番で取ったタイルは任意の1列の色の一致するマスに配置し、その列に職人コマを動かすが、職人コマは右方向にしか動けない。
任意の手番でパスすると職人コマを一番左の列に戻せる。手番調整にもなるので上手くタイミングを調整したいが、基本手損。

1列が埋まったら、その最下部に描かれた得点が貰えるが、その際それよりも右の列で既に決算起こした列の得点も再度貰える。
なのでなるべく右の方を先に決算起こしていきたいが、右に進み過ぎると職人コマ戻すのに1手番かかってしまう。
また、ラウンドごとにボーナス色が決められており、その色のタイル使ってる列で決算起こすと1枚につき1点。結構大きいので4枚5枚ある列はその色がボーナスの時に決算したい。

決算したら1枚を下側の上段に置いて、残りは捨て。捨てる箱が付いてるのが無駄に良いね。
んで決算した列タイルは裏返す。裏で必要な色は表側にも描かれてるので、それも考えて決算順決めたいし、下部に置くタイルは袋に戻らないので自分に必要ない色を除去したい。
その列で2度目の決算したら、今度は下側下段に置いて、その列のタイルは除外。

ゲーム終了時、ボード下側に描かれた2×2のマス4つそれぞれで何マス埋まってるかで得点。
2×2が全て埋まってると10点貰えるので中々大きい。

なるほど面白い。無印よりも計画的な運用が必要。
パズルチックな部分は減ったが、職人コマの位置調整が必要でより綿密に取る順番や色を考えないといけない。
ただしラウンドで取れる枚数の上限は増えたので、マイナス点喰らう状況は減っているし、持ち越しがデメリットになることも少ない。
その分手数は大事で、パスするのは痛手になる。

タイルはステンドグラスを表してるので半透明で綺麗。美味しそうw。
赤とオレンジがやや紛らわしいが、許容範囲だろう。

いい感じに下部埋めて30点近く稼いだが、スタPタイル取りすぎた所為か、最後のマイナス点で負け。
色ボーナス無視しすぎたのもあるかな。

結果:レン 79、タコ 86〇





IMG_5535
「クアックサルバー /  The Quacks of Quedlinburg」 Wolfgang Warsch作

初プレー。ようやく遊べたよ。

基本はバッグビルドなんだが、どこまで引いてどこで止めるかのチキンレース。
ラウンドでは全員同時に自分のバッグからタイルを引き、それをボードに配置。
中央のマスから始まり、引いたタイルの数字分だけ進んだマスにタイルを置いていく。
より遠くまで進むことを目指すが、白いタイルの合計値が7を超えてしまうとバースト。
そのラウンドは買い物するか得点するかのどちらかしかできなくなる。
どこかのタイミングで止めるを選択すれば両方できる。

全員止めるかバーストしたら終了。
バーストしてない人の中で最も先まで進めた人はダイス振ってボーナス。
その後いくつかの色のタイルの処理があり、手番順に得点を得て買い物。
ただしバーストしてるとどちらかしかできない。
得点と買い物ポイントは自分が最後にタイルを置いたマスの次に描かれた数字。
また、そのマスにルビーが描かれてたらルビーを獲得。
ルビーは2つ消費することでスタート位置を1つ先に進めることができ、また引き直しタイルの回復にも使える。

ラウンド開始時にイベントカードを引いて全員が適用。大体良いことだが、悪いこともある。
また、トップ以外のプレイヤーはトップと自分の得点マーカーの間にいるネズミの数だけネズミコマをスタート位置から先に進める。
そのマスの次のマスから置き始めるので負けてる人ほど次有利になる救済要素。
早めに点数取りすぎるのも考え物。

買い物で買うタイルは6種類。ゲーム毎に効果が変わる。今回のは、
オレンジ:効果なし、安い
青:ルビーの描かれたマスに置くと得点
緑:最後に引いた2枚のうちに存在してれば、ルビー1つ払ってスタート位置コマを進める
黄:引かれたらバースト上限を増やせる
黒:両隣より多く引ければスタート位置を進められる
赤:このタイル以後に白1を引けば+1マス進める
紫:このラウンドで引いたタイル1つをレベルアップ
だったかな。各ラウンドでは2つまで購入可能。

なるほど、これは確かに手軽で面白い。
ビルド系でよくある圧縮というシステムでなく、バーストしないようにどんどん違う色のタイルを買って薄めていくってのが面白い。
メルカドもそんな感じだったか?忘れた。
白以外のタイルは何枚引いてもプラスにしかならないし、引く枚数に上限がないから、買えば買うほど強くなる。
ただし良いタイル買うためには高いポイント得るために先に進まなきゃいけないし、どこで止めるかどこまで引くかが悩ましい。

これはいいなぁ。丁度いい重さで、パーティー感もあって良いゲーム。
今回のサプライだと早めに黄色をどれだけ取れるかで差がついたかな。
上限突破強い。

結果:レン 52、笹親父 54、タコ 56〇、ナカイ 41






IMG_5536
「東京男爵 ver.2」 Sakurakai

やりたかったのでリクエスト。あざっす!
ナカイさんと以前なごや男爵遊んで、東京の路線の方が分かると言っていてそのうち遊ぼうと約束していたので。
名古屋だと東京の路線が分からないからなごや男爵しか立てれなくてな…。

まぁ細かい説明は省くけど、路線買ってく桃鉄だよ。
各自目的地ランダムに決めて、ゴールしたら路線が買えるよ。
他人の持ってる路線使うと高くつくよ。

スタートで日比谷線あたり買うも、横浜~東京ラインが全然取れず。
あとは町田周辺の路線買うも、東と西繋ぐ路線がなくて後半辛かった。
武蔵野線買えたのは大きくて、後半遠回りだけど遠方まで行きやすかったが。
あとは千葉の当たりにかなり苦しめられた。

笹親父さんが帰還宣言したが、ダイス目ギリギリで捕まえて50金奪うw。
その後ナカイさんが宣言し、他人の路線使っても勝利条件満たしてゴールして勝ち。

いやぁ面白いなぁ。大好き。
未だに新幹線買ったことないので使ってみたいが、なかなかねぇ。

結果:レン、ナカイ 〇、タコ、笹親父



IMG_5538
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

今日もやるよ!
折角なのでナカイさんとおずさんも巻き込んでw。

河原式は手札公開が当たり前で、交渉は秒で終わるので慣れないと圧倒されますw。
一応これでも加減してるんだけどねw。
終盤は風呂の時間押してたので本気めで、1手番15秒くらいw。

あぁ豆はいい。

結果1:レン 12、ナカイ 14〇、笹親父 14〇、タコ 11、おず 12
結果2:レン 17、ナカイ 19〇、おず 19〇、タコ 15


IMG_5539
「八八」

再度八八。たのしいなぁ。

大分凹んでダルマ2つw。辛い。
ホンダラモーンさんがツキにツいてやばかった。
そして酔っぱらっててウザかったw。
楽しそうで何よりですw。

笹親父さんのインストは丁寧なんだけど、所々説明端折ってて基礎知らない初心者を置き去りにするので注意やで。
でもにっしーさんは中々勘所も鋭くて、楽しんで貰えたようで良かった。

結果:レン -112、ラモーン 126、タコ -10.7、笹親父 6.9、おず -11.10、にっしー -33.10



「麻雀」

麻雀やったがこれが酷い酷い。満貫以上1回しか出ない。
しょっぱい局が続いて、西場入るかと思ったら最後の最後で自分が三万点丁度になってて終了。
しょっぺぇぇ。

結果:レン +20、おず -2、にっしー -16、タコ -2



IMG_5540
「アニマルズオンボード / Animals on Board」 Wolfgang Sentker, Ralf zur Linde作

持参初プレー。
ケーキの切り分け問題なんだけど、むしろどこまでしゃがむかというか。
これが今回の合宿ラストゲームになったな。

場に10枚タイルが出せれて、最初はそれで1グループ。
手番では分割するかタイル取るか。
分割は1グループ選んで、それを2グループに分割。並びとかはない。
したらば食料タイル1枚獲得。
タイル取る場合は1グループ選んで全部取るが、取る枚数分の食料を払う必要がある。
食料は5枚しか持てないので、5枚以下で取ることになるが、どこで溜めてどこで取るか。
タイル取った人はラウンド抜けのコロレット式。

ちなみに食料5枚持ってて分割したら、逆に1枚払って4枚になる謎処理。

誰かが10枚以上取ってたらゲーム終わり。
点数計算前に、1種類の動物が2匹しかいなかった場合、つがいになって逃げだしてしまう。
1枚だったら数字が得点、3枚以上だったら1枚につき5点。
なので基本は同じ種類を多く取るようにし、枚数少なくなりそうなのは高得点タイル1枚だけ取って2枚目を避ける。

なかなかシンプルなんだけど、なんか切れ味がいまいち。
正直どれ取っても良い感じで、最終的に2枚にならないようにさえできればよくて苦しさが足りない。

結果:レン 49〇、イチロウ 49、おず 43





その後しばらく雑談して、按摩勉強してるイチロウさんにマッサージ試してもらったり。
りらくるとかのマッサージ店より指圧療法行った方が良いと言われたので、試してみようかしら。



その後就寝。この日は5時間くらいは寝ました。
次の日は朝ナカイさんを駅まで送って、その後予定はないので、じゃあゲムマ行こうかと。
前からどうしようかとは話していたけど結局決めたのは直前だよ。

てなわけで愛川合宿はこれでおしまい。
思ったよりも遊べたけど、遊ぶメンバーが少ないのはやっぱり残念だったな。
その分、タコさんや笹親父さんといっぱい遊べたのは良かったが。

年々TRPGの割合が増えてて、しかも今回ボドゲ面子が少なかったのが非常に残念。
申し訳ないが、来年もこの感じならスルーかな…。
ボードゲームオンリーのShun.さんの会の方にお邪魔したい。
関東まで来るにはそれなりに多くの友人と遊びたいので。


さて、次はゲムマ記事です。内容は薄いよ。

11/23 愛川ボードゲーム合宿1日目@愛川

毎年恒例の愛川合宿。
毎回楽しみにしてるのだが、今回はゲムマと被ったらしく知り合いのボードゲーマーがほとんど不参加。
かなり迷ったけど、まぁ表明しちゃったし。
少ないけど何人かは知り合い来るのでそこらと遊ぼうと。

去年と同じく運転手はおずさんで。
今回はナカイさんが同行。

九時半に拾ってもらって出発。
愛知県あたりの高速が結構混んでたので思ったより時間がかかった。


IMG_5522
昼食は前回よろしくさわやかで。昼過ぎに着いて。
前回御殿場店で1時間半待ちだったが、今回は空いてる店を選んで来店。
美味いんだけど、超美味いというよりはこの値段でこの味なら通いたいくらいの味。



さてそこからまた3時間ほど。
途中買い出しもあったので到着したのは既に五時前。


IMG_5537
こんな感じの部屋。コテージ1つ貸し切りで。
なんかもう毎度のことなので外観とか撮ってないや。


久々に会ったよし坊が横に成長してたのでお揃いだねと笑うw。



IMG_5523
「機関車工場 / Lokomotive Werks」 Dieter Danziger作

初プレー。
Raelさんに誘われて参加。

Raelさん曰く、オートモービルの原型になったであろうゲーム。
このクイーン版が出たのが2012年とオートモービルより後なので順序逆だと思われがちだが、初版は2002年のゲーム。

列車を開発し、工場拡張し、生産して売却。
各列車ごとに需要を表すダイスが置かれており、誰かが売るたびにダイス目を減らしていく。

まずは開発フェイズ。任意の列車を開発できるがコストは高い。
最新の列車を買うと次の列車が市場に出てくる。
その際ダイス1個振って最初の需要が決まるので参考に。
次に工場拡張。
最初は列車1台しか生産できないが、拡張することで2台3台と増やせる。
決められた価格を払うか、自分の持つ古い工場から差分払って移設が可能。
んで売却。
スタPから順番に売却を行うが、1手番で売却できるのはいずれかのダイス1つ分まで。
丁度のダイス目があればそれを減らすが、少ない場合は最大のダイス目をその数分減らす。
ダイス目合算で売るってことができないので、ここで手番順の妙があって面白い。
ちなみに売ると言っても一旦列車カードから工場マーカーどけるだけで、次ラウンドではまた同数生産される。無駄なく売るのが一番効率が良い。

ラウンド終了時、売り切ってどかされたダイスに加え、列車による上限数に達してなければダイスが1つ追加で振られる。段々需要が上がって美味しくなる。
ただし、売り切れなかったダイスはその目のまま残るので一時的に需要が下がる。
まぁ追加してもダイス次第なので波はあるが。

更に、列車は複数の色に分かれていて、同色の新しい列車が開発されると古い列車は時代遅れになる。
いきなり消えるわけではなく、ラウンドごとにダイスが1つずつ減らされていく。
ただし同色の2つ先が開発されると、2つ前の世代のは即座にお払い箱。
どのタイミングで乗り換えて新しい列車を買うか。
どの段階で工場移設していくかが悩ましい。
ここはオートモービルもそうだけど、18xx感あるね。

ルールは以上で、誰かが200金行ったら終わり。

おっと忘れてた、ラウンド終了時には税金が徴収される。
税金は所持金の10%。なんたる暴利。
なので220金行ったら勝ちだね。実質。

ちなみに本来のルールだと300金らしいが、Raelさんの調整で200に。
確かに300は間延びするだけだな。
実質200でも最終列車まで買われたし。200で丁度良さそう。

いやぁ確かにこれはいいゲーム。面白い。
オートモービルが需要は全員裏向きで出した合計だったが、こちらはダイス次第、ただし需要が見えるのでどのタイミングで工場拡張するか新しい列車開発するか計画的にできて面白い。
まぁ次ラウンドの需要は運次第だけどね。

列車によって開発可能な枚数も異なるので、どの列車を何人で競合させるかも考える必要があり、熱い。
1人しか作れないが、ダイス1つしかない列車とかね、運次第。買ったがw。

いやぁ面白いが、勝つのは難しい。
出遅れて辛かったが、所持金少ないと手番早くなるので売却はしやすくて楽だった。
流石に経験者のRaelさんが強かったね。

結果:レン 124、Rael 240〇、ナカイ 146、おず 100







IMG_5524
ここで夕飯。正直愛川の飯は学校給食レベル。
特に食べたくはないんだけど、居残りも寂しいのでね。

この後は4人で去年も行った温泉へ。
合宿所の入浴時間は短すぎて刑務所かってくらい。
到着すぐだったのでパスして温泉を選びました。

Raelさんはここで帰宅。
わざわざ日帰りで参加してくれてありがたい。


IMG_5525
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

ひゃっほー!豆だ!豆だ!

八八待ちの時間調整で。
久々にやるガチ豆。くっそ楽しい。

ああ、豆楽しいよ…豆。

結果:レン 20、タコ 24、親父 24〇





IMG_5526
「セット / SET」 Marsha J. Falco作

八八のインスト中にタコさんとセット。

タコさんはセットガチ勢なので胸借りるつもりで。
でもまぁ結構取れた。

インスト終わったのでこちらも終わり。

結果不明:レン、タコ







IMG_5527
「八八」

今回の愛川の目的は八八、豆、麻雀、東京男爵です。
というわけで八八。

まぁ今更説明はしないよ。

四光いえーい。ここでやめたけど次めくったら五光だったわw。
まぁ2貫違いなのでね。これで十分。

いい感じに勝利!

結果:レン +22貫2文〇、おず +1貫2文、ホンダラモーン -32貫、壺 -1貫、笹親父 -22貫2文、タコ -2貫1文


さて時刻は深夜1時過ぎ。
体力的にはまだまだ遊べるぞと。
だが、それが悲劇の始まりだったw。


IMG_5528
「ダックディーラー / Duck Dealer」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

持参初プレー。公称180-240分のスプロッター。やな予感しかしない。

基本はお使いゲーで、資源取って、それを上級資源に変換して、それを使って建築したり売却したりで得点に。
だが、システムが頭おかしくて、全員合わせて合計24回アクションしたらゲームが終わる。
手番ではアクションディスクを獲得するか、それを使ってアクション。
このディスク所持数に上限がないので、溜めて溜めて溜めて撃つ感じ。
一応一色涸れるとその後の人は補充とアクション両方できてしまうのでそれをさせないために吐き出すようになってる。
あとはまぁ手番考えて、他人より先に狙ってる行動するためにアクション。
それ以外ストッパーがないので、ディスク20枚くらいためて撃つような。

アクション自体はかなりシンプルで、
赤ディスクは移動。最初は1ディスクで8歩動けるが、船の部屋や乗組員増やすと5歩2歩と減っていく。
青ディスクは資源の獲得や工場の起動。対応する場所まで移動して使う。
黄色ディスクは建設。指定の資源払って工場作ったり、市場裏返して得点得たり。
また、1枚払うごとにボード上の空きますに自分のキューブ置いて、移動歩数を軽減できる。
12マスとかいい感じに2歩じゃ到達できないような数字になってるので早めに置いておくと同じルート使うのが便利になる。
また、3ディスク払うといずれかの鉱山や工場を青ディスク1枚で何回でも起動できるようになる。
とはいえ資源所持数も上限あるので、元が取れるかは戦略次第。

基本的な得点源は、工場の建設。
描かれた資源2種類払って、建設して得点。
それにより上級資源が産出できるようになり、更に上のレベルを目指せる。
また、未開の惑星に止まるとボード上に置かれた市場タイルが置かれる。
対応する資源を持って行くと裏返して得点。以後は何個でも売却して小得点。

とりあえずまずおかしい所がアクション上限のなさ。
溜めに溜めたディスクのアクションをあれこれこねくり回す。
そりゃダウンタイムも半端ない。

そしてもう一つが得点バランス。
工場建てる、市場裏返すと最初は5点とかなのが、最上級レベルだと50点とか入る。
その後資源売却しても中級で3点、上級で10点、最上級で30点とかなので、最初に作ったもん勝ち。
最上級作るのは2つの基本資源から中級資源作り、中級資源2つから最上級資源作るので、そんなに難しくない。
ちなみに上級資源は中級と基本資源からだが、点数効率考えると美味しくないね。

マップの初期配置見て、資源ツリーと見比べてどの上級、最上級を狙えるかを考えるのだろうが、ちょっとシステムが大雑把すぎてなぁ。

レビュー見ると人数多い方がダウンタイム少ないらしい。
つか3人だと全くディスク涸れなかったし。個数調整ないのもおかしい。

色々と面白さは感じるんだがなぁ。残念な感じ。
ちなみに終わったのは6時過ぎ。4時間以上かかったw。
ちょっともう遊ばないでいいかなw。辛い。

そして一人で50点建物建てまくったので点差がおかしい。

結果:レン 220〇、タコ 100、おず 88




1日目はこれでおしまい。1時間半ほど寝ました。今年はちゃんとベッドで!

11/19 月曜2人用ゲーム会@大須

月曜2人用ゲーム会。この日の会場はボードボード。

今回珍しく人数多め。
うち女性2人は店員さんがずっと相手してたから実質普通に店舗利用。
それでも6人、7人と多めでした。
これくらい来れば店にとってもWinWinでよろしいね。

ただ、初めての人が多いと持ってきた2人用謎ゲーが取り出せないw。
ジレンマ!!


IMG_5493
「パッチワーク / Patchwork」 Uwe Rosenberg作

ボドゲは1回オフ会行ったくらいって人が来られたので。

ボタンが豪華なプラ製です。BGGストアで買えるよ。

初めてながら時間管理も空きマス埋める大事さも見抜いてて、なかなかゲーム勘ありそうな方でした。
これを機に通ってくれると良いですね。

辛勝。
流石に一見さんに名前聞くのは憚られる。

結果:レン 13〇、? 4






IMG_5494
「インタープレイ / Interplay」 Philip Shoptaugh作

持参品。好きなゲーム。

5目並べなんだが、コマが3種類。棒と中空の短い円柱とただの円柱。
勝つためにはこれらの2つの高さのコマを指定の並びに縦横斜めに並べる。
中空の円柱には棒を通せて、両方有効。逆もまた然り。
ただし自分の円柱と棒は一緒にできない。

逆に言えば、自分が中空の円柱置いたマスには相手は棒を置けるし、その逆も。
なので完全な防御にはならなく、相手が勝ちパターン出来ないように置く必要がある。
んで強いのがただの円柱。こちらは完全防御。どこで使うかが肝。

N in low系では結構好きなゲーム。
ねくろんさんと遊びたいなと思ったがまた今度。

結果:レン〇、?



IMG_5495
「コインエイジ / Coin Age」 Adam P. McIver作

初プレー。遊び損ねてたので。

互いに1を4枚、2を3枚、3を2枚、4を1枚持ってスタート。
手番では各種を1枚ずつ握って、テーブルに落とす。
自分の色が出た枚数によっていくつ配置できるかが変わる。

配置は空白のマスに置くか、より数字の大きいコインの上に置く。
最終的にトップのみ有効で、額面が得点。
大きいコインは邪魔されやすいが、得点高い。

全マス埋まったら終わり。
エリア内でマジョリティ取ってると得点2倍。
手元に残ったコインも得点です。

額面大きいコイン早く置いても邪魔されるだけであまり意味がないね。
1を置いて確定しながら、隙を見て相手が置いてもマジョリティ取れないマスに2や3を置く感じか。
残ったのも得点になるってルールがいまいちな気がする。
置く利点がなくなってる。残した方がいいじゃん。
ん、あれ…もしやと思って確認したら残ったのは枚数が得点。
oh...そりゃそうなるわ。失礼しました。
それなら置く意味あるな。というかラス番取れる方が強いな。うーむ。

うん、でも2点減っても勝ってる。セーフ。

そもそも財布に入れて置いて遊べるゲームってコンセプトなのに、買うのに1500円くらいするのはどうなんだろうね。
プリント&プレイで十分っちゃ十分。

結果:レン 18〇、? 14






IMG_5496
「ロータス / Lotus」 Dominique Tellier作

持参初プレー。

各自1段2段3段4段のスタックを置いてスタート。
手番ではいずれかのスタックのトップのコマを段数分動かす。
ほぼそれだけで、全部ゴールしたら勝ち。

工夫としては止まったら今進んだ歩数もう一度進む花のマスと、2手に分かれたスタート地点はどちら行ってもいいのと、自分が動けなくてパスする代わりに相手のコマ動かしていいのと。

特に最後のはこういったハメゲーになりやすいのを緩和する良い手だな。

まぁとはいえニートさんに動かせるの無くならないように選択肢ほぼない状況回されまくったんだけどな!

うーん、これスタート地点の最下段コマに被せてた方が勝つんじゃね?
後は上手くそのコマ動かさないといけない状況にならないように動くくらいで。

2人なのがいまいちかも。4人は多すぎるだろうから3人でやってみたい。

結果:レン、ニート 〇


IMG_5498
「レイルロードバロン / Railroad Barons」 Helmut Ohley作

持参初プレー。
露鉄作者による18xxカードゲーム。まぁ元々18xx系作ってた人だからね。
ニートさん18xx好きだから興味あるかなと。

先に言ってしまうと、時間内に終わらなかったよ。
誰だよ公称45分って書いたの!
まぁ平日会でやるのが間違ってたなw。

内容は18xxからそのまま路線抜いただけって感じ。
勝手に金降ってくる。楽でいい。

とはいえ、自分も1830を一回遊んだきりなのでほとんど覚えてない。
まぁ胸借りるつもりで。

開始時まずは投資家の競り。
競りといっても1枚選んで値付けして、相手はそのお金貰うか投資家貰うか。
自分は相手が取らなかった方を取る。

ラウンドはまず株式ラウンド。
持ち株会社1つの株を1枚買うか、任意枚数売るか、両方やるか、パスするか。
株券は40%,30%,20%,10%があり、最初は40%を買わないといけない。
値段は10%につき70,80,90,100のどれかを選ぶ。その4倍払って得る。
ある会社の株が50%以上買われたら、株価の10倍が資本金となり会社の運営が始まる。
より多く株持ってる方が運営権握るが、通常は40%取った方。よほど頑張って買うか売られないと移動は起きない。

んで運営ラウンドが2回。これはプレイヤーではなく会社順に手番が来る。
運営権持ってる人がその会社のアクションを担当。
まずはコマの配置。このラウンドで買う鉄道の枚数と鉄道の保持上限に割り振る。
もしくは除外することで収入+10できるが、返ってこないので慎重に。
全除外してから運営権手放すプレイとかできるかな。鬼畜の所業。

その後収入。保持してる鉄道から収入を得て、それを会社のお金にするか、プレイヤーに分配するか。
分配する場合、合計を10で割って、株券10%毎に配布。分配すると株価が上がる。

んで購入フェイズ。
会社のお金使って、鉄道を購入。所謂2列車から始まって8列車まで。
段々時代が進んでいき、4列車が買われると2列車が時代遅れになって捨てられる。
同様に6列車で3列車、8列車で4列車が廃れる。それ以降は廃れない。
なので定期的に鉄道の買い替えが必要で、その為のお金をどこで会社に入れるか、どこで株式買うために分配するか。
当然時代進むほどに値段も上がるし、収入も増える。

また鉄道買う代わりに投資家を付けることもできる。
それぞれ効果があって、収入プラスしたり鉄道コスト割引したり。
ニートさん曰く、付ける際に会社のお金をプレイヤーに払う処理がなくなってるらしい。
覚えてねー。

これが終わったらまた株式フェイズ。
いずれかの株価が振り切るまで続く。

こうやって書くと思ったよりシンプルだな。
ただ、どこで会社にお金入れるかどこで分配するか、どの株を買い足すか、どの段階で列車を買うかなど考えることは非常に多く悩ましい。

正直18xx経験値が足りなくてひぃひぃ言ってた。
18xx入門には良いかもね。それでも2時間くらいかかるけど。
というかこれで十分感もあるw。2人だから配分も分かりやすいし。

路線引きとか、プライベート会社とか、あともう覚えてないけど煩わしい要素取っ払って、分配するかとどの株買うかと鉄道購入のみに絞ったので大分骨子は分かりやすくて良い。
つか自分にはこれくらいが丁度いいなw。18xxは要素多すぎて頭回らない。

なかなか面白さは感じられたので、そのうちまたリベンジするかね。
この軽さ(2時間)なら気軽に取り出せる。6時間とか勘弁。

あ、あとお札の絵柄がルックアウトのゲームでテンション上がる。
アグリコラ、ルアーブル、三頭政治の終焉、メルカトルなどなど。
これ手に入れるために買うのもありじゃないかなw!

結果 途中終了:レン、ニート







おしまい。
2人ゲーまだまだ積んでるので誰か遊ぼう。

11/17 ダンジョンボード@尾頭橋

この日は午前中は日進市の小学校でボドゲ体験。
ちゅうたろんさん企画のお手伝いしてきました。



IMG_5465
小1~小6まで35人揃ってのイベントは珍しいね。
9卓中ほぼ3卓担当してたので忙しかった。
もっとみんな付きっ切りじゃなくて回っておくれよー。
こういったイベントはヨーイドンの直後が一番大変。
講師足りてないとどうしても待たせる卓が出来ちゃうので。
いかにインスト短いゲームを選んで、効率よく始められるかが大事です。
一旦始まっちゃえば終わるタイミングはズレるので、次は楽。
ただ、それも色んな卓見れる人がいてこそなので、1人で3卓回してたらどっかでタイミング被って死ぬよ!

るどふぃ~る始めてそこら辺の経験値は大分溜まった気がする。


さて、終わって。
しばらくリサイクルショップ巡った後ダンジョンボードへ。

IMG_5466
コリドールキッズ980円とかほくほく。


さて、ダンジョンボード着いたが、予想はしていたが18xx卓が1つ、テラフォ卓が1つ。
まぁ参加者見た段階で分かってたんだけど、この卓全く動かないから参加者4人5人の会行くのと変わらないんだよね。
まぁダンジョンボードはそういう会なので分かった上だけども。

セレブリアやりたかったんだけど、重ゲー適正低そうな人がいると出せないよね。


IMG_5473
「アイスクール2 / Ice cool 2」 Brian Gomez作

初プレー。
正確には1と2合わせてアイスクール1&2!

巨大マップだ!
中央の部屋は手番開始時にスライドできます。

2の要素として増えたのは1のカードに特定のアクションチャレンジがついた。
手番開始時にカード出してこのアクションするって宣言して成功するとカード1枚獲得。
ジャンプで壁超える、扉2つ通過、壁にバウンドさせて扉通過。
最後のがムズ過ぎね?
あと2のカードを2枚出すことで好きな魚の位置変更できます。
自分のを呼び寄せるもよし、他人の妨害するもよし。

ちなみに2の魚はプラ製です。1のが割れること結構あったからかな。

まぁとりあえずでっかいアイスクールって段階で面白いに決まってるよね。
ちょっと欲しくなってしまったぞw。
でもうちの1ボロいから、そっちも合わせて買い替えないとな…。

それはそうと、カードの裏の色合い違うんですけど…w。
まぁこのゲームならいいか!

結果:レン 19、カツ丼あいす 28〇、しくらめん 24、yoshida 5

アイスクール2 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-11-04





そっから1時間くらい見。
駄弁ったりカロム見守ったり寝たりw。

あと重ゲーやる人、終わったら帰るつもりなら周りに知らせような。
特に少人数の会では。待たれるので。


IMG_5474
「ダウンタウン / Downtown」 Bernhard Weber作

持参初プレー。

先日メモで6点で隠れた名作って書かれてたゲーム!
って言わないと皆興味持ってくれないんだもん…。

都市開発ゲー。
スタPはラウンド開始時にボードの左半分か右半分に対応する山から番号タイル1枚公開。
偶数が出たらもう1枚。
まずはその番号のエリアに置かれる建物の種類を投票。
建物は住宅、商業、工場の3つ。隣接するエリアによって良エリアかが決まる。
対応するカード伏せて同時公開。同数ならスタPが選ぶ。
各自1回だけ+1票タイルが使える。

その後全員同時にダイヤル使ってエリア選んでコマ配置。
ダイアルでコマを置くエリア選び、カードで1~3個の個数を選択。
同時公開してスタPから順に配置。
既にタイルがあるエリアは高く、まだ置かれてないエリアは安い。
当然複数置こうとすると値段が上がる。
番号バッティングして自分の番で空いてる場所がないプレイヤーもお金は払う。辛い。
手番順考慮して場所選ばねば。

いずれかのタイルのあるエリアにコマが4つ置かれたら決算。
コマ1つにつき、そのエリアに隣接しているタイル1枚につき1金。
そのエリアが良物件なら収入2倍。
住宅地は工場が隣接しないこと、工場は商業地が隣接すること、商業地は2つ以上の住宅が隣接することが条件。
また、4つのコマを1人で独占すると10金プラス。2人だと2金プラス。

全部のエリアにタイルが置かれたら終了。決算されないエリアも出てくる。
お金が多い人が勝ち。

このゲームの本質何かって聞かれたらバッティングゲーだと思う。
被って置けずにお金消費が痛すぎるので、スタPなら美味しいエリアを、2番手はその次に美味しいエリアを、後手番は当たり障りないエリアを、と。
その住み分け意識しないと一気に辛いバッティングゲームと化す。
まぁそれさえ意識できれば、良い都市開発。

独占が強いのでどう妨害するか。それこそスタPが妨害する必要あるときも。
タイル未配置の土地でも4つ埋めて置けばいつかは決算されるので、収入高くなりそうなエリアに先行投資する。
ただ、収入が遅くなるのでどこかで決算して稼がないと資金が底を尽きてしまう。
自転車操業を繰り返しながら、ここぞって時に稼ぐ感じ。

今回中盤である程度美味しいエリアを独占できて32金とか取れたのでかなり財布は潤って楽だった。
しくらめん氏なんかは資金尽きて辛そうだったけど。

良物件の中で住宅地だけは工場が隣接しないことっていう後からダメになる条件になってるのが非常に上手い。
序盤ほど良物件になりやすいので、序盤に稼ぐには持ってこい。

あとはタイルの色形ごとに枚数制限があるので、良物件に必要なタイルが涸れてしまうことも。
今回終盤に大量得点狙ってたエリア、工場置ければ良物件になったんだけど、かぶさんとしくらめん氏の談合により消費されて辛かったわー。
まぁそういうゲームだと思うよ。+1票をどこで使うか。手番順も大事。

これは中々いいゲームだと思う。隠れた名作ってのも分かる。
良物件独占3回くらいできたので圧勝気味でした。
いっちょ噛み大事!

結果:レン 143〇、かぶ 96、しくらめん 105、村田 87




IMG_5475
「エイトビットボックス / 8bit BOX」 Frank Crittin, Grégoire Largey作

からアウトスピードを。一度これも多人数でやりたかったので。

まぁバッティングゲーだから多人数で盛り上がらないわけがないね。
大体予想通りの面白さ。
あと人数増えるとアイテムの有用性上がって、選択肢も悩ましくなったのは予想外。
3人がマリオカートでいうバナナ同時に置いたのは面白かった。

まぁ1ゲーム1500円って思えばこれはこれで十分ありな気がする。

結果失念:レン、かぶ、しくらめん、yuji、村田、yoshida






ここで皆帰宅して、自分としくらめん氏だけに。
下の階でゆずさんや午前中一緒にいたちょろさん達がクローズ会してたので挨拶がてら覗きに行ったりw。

撤収するのもアレなので2人でまだ遊ぶ。



IMG_5476
「マルティニーク / Martinique」 Emanuele Ornella作

持参初プレー。作者はオルネラ。気になるね。

目的は宝の座標を当てること。
列と行示すタイルを各1枚脇に伏せて、残りはボードの対応するマスへ。
残りのマスにアイテムタイル埋めてスタート。

最初は手持ちのコマ4つをボード外周のマスのいずれかに置く。
3つ以上置いてたら、移動ができるようになる。
移動は今いるタイルに描かれた数字分縦横移動して、元居たタイルを獲得。
獲得したアイテムタイルは指定の組み合わせで支払うことで船に積み込めて得点に。
地図タイル取れば使われてない座標の行か列1つが分かるので、消去法で選択肢が狭まっていく。
また、移動の際に相手のコマを追い抜けば、相手の持つ地図タイル1枚を表にできる。

中央のマスに入ったコマは除外して酒場に並べる。
その際早いもの勝ちで地図タイルかワイルドアイテムタイルを入手可能。
また、動けなくなったコマも除外して酒場へ。

全部のコマが酒場に行ったらそこから推理タイム。
先に酒場に行ったコマから順に、自分がここだと思う座標に配置。
全部コマ置いたら座標確認して、当たってればそのプレイヤーが勝ち。
両方外してたら得点勝負になる二段構え。不思議なシステムだ。

大量に地図取ったが、それでも行列それぞれ3つ選択肢があって。
今回自分が先に4つ置ける感じだったので、勘で4か所置く。
だが、置いた場所が相手の裏向きの3枚に全ヒットした悲しみ…。
置いた場所によっても相手にヒント与えちゃうので、先手が有利ってわけではなかったな。
結果相手に当てられて負けました。

なるほどなかなか面白いな。
座標特定の運に賭けるか、外すと決め込んで得点稼ぐか。
運に賭けるならその選択肢を狭めるために地図を集めて。
なかなか変わったプレイ感のゲームでした。

結果:レン、しくらめん 〇





IMG_5477
「文絵のために」 カナイセイジ 作

先日シナリオ1を遊んだ文絵のために。
持ち込んだしくらめん氏に確認したら、氏もシナリオ1までしか遊んでないということでシナリオ2に挑戦。

まぁ細かいことは書けないんだけど。
結果は時間いっぱいまで繰り返したけど失敗でした。
クリアルートはほとんど見えたんだけどなぁ。そこからが難しい。

いやぁこの探り探りのプレイ感はやはり面白いな。
海外展開しないの?これ。

結果失敗:レン、しくらめん





おしまい。


IMG_5478
帰りに気になってた浅間町の餃子専門店。
皮が厚めの餃子は美味しかったし、四川マーラー煮込みも後引く味で良かったです。

IMG_5479
刀削麺は不味くはないけど、勝川のもちもち麺には勝てないな。
というか中華牛肉麺はやはり癖がある。分かってたけど…。

気に入ったのでまた行きます。今度は刀削麺炒め食う。

11/16 一宮突発金曜ボドゲ会@一宮

一宮王の洞窟金曜会。いつも突発で決まります。



IMG_5456
気づいたら棚が変わってる!

ボドゲにジャンル書いたシールが貼ってあったんですが、これがかなり適当でw。
パッチワークが協力ゲームになってたり。ツッコミどころ満載。
詳しい人いないのかな。それでも頑張ってるんかな。



IMG_5457
「アメーバ / Amoeba」 Masahiro Nakajima作

白玉さんと。

なんか遊ぶたびにルール忘れてるんだよなぁ。

手番では自分のコマが一番上にあるスタックを動かす。
移動はスタックの段数分直線移動。
もしくはスタックを崩して移動。所謂ドーン歩き。これも直線。

相手の形の違うコマを含むスタックを乗っ取ったら勝ち。

この日は見逃しが多かった。疲れてたのかしら。
うーむ、何度やっても難しい。

結果1:レン、白玉 〇
結果2:レン、白玉 〇



IMG_5458
「シチュー / Stew」 Jason Glover作

初プレー。

山から1枚引いてそれを鍋に仕込むか、場のカードを1枚消すか。
かなりダンジョンオブマンダム。まぁあれも言うなればガントレットオブフールズ。

任意のタイミングでシチュー宣言。優先権は手番プレイヤー。
鍋のカードを1枚ずつ公開するが、場に対応する動物が残ってれば1つ奪われる。
結果鍋の中に12点あれば宣言者が2点。なければ他プレイヤーが1点。

具材によって得点が違い、ニンジンや西洋ネギは1枚2点と3点。
ジャガイモは3枚中何枚あるかで得点が変わる。
ニンニクは1枚なら6点だが、2枚あると1点。
ニワトリは5点だが1枚しかない。石はマイナス3点。
それぞれに対応する動物がいて、あと放浪者はニワトリ入ってなければ3点だが入ってればマイナス3点。

なるほどプレイ感はかなりマンダム。
12点は中々渋い点数で、ニンニクかニワトリが片方はないと達成できないくらい。

ただマンダムに比べて、消した場のカードに対して対応するカードが少ないので、情報の粒度が異なる感じ。
個人的にはマンダムの方がまだ情報の重さがあって好きかな。

結果:レン 4、キョウ 5〇、白玉 1



IMG_5459
「イスタンブール / Istanbul」 Rüdiger Dorn作

3年ぶりくらい。コーヒー拡張入り。拡張は積んでた。

経験者と遊ぶと毎回、初期準備でカード1枚配るってのを知らない人がいる。
今回も経験者2人知らなかったよ。

基本ルールは省略。ググってね。
拡張要素としてコーヒー資源の追加。
コーヒーで取れるルビーと、コーヒー専門の仲介人と、コーヒーで取るモスクタイルと、コーヒーで撃つアクション追加。
モスクタイルは直線移動無制限と仲介人無料。どちらも強い。
アクションは2コーヒーで敷居に柵置いて他人を通れなくさせるうえに自分はその隣接したどちらかのアクション撃てる。
もしくは先述のモスクタイル取得、4コーヒーと指定資源3つ払ってお金か資源払って取るルビーのどちらかから一個獲得。
勝ち筋増えたのと、他人を邪魔できる要素の追加。それも足を引っ張るだけじゃなくて自身の利になるのも良い。

あとは通常のカードに加えてギルドカードの追加。
通常のカードと違い、手番を放棄して発動。その代わり強い。
運が良ければ1アクション以上の価値はあるが、引き運はあるのでどうするか。
とりあえず引きたくなるよね。

なお、コーヒーは専用のタイル上で2金、資源1つ、カード1枚を捨てることでそれぞれ2個ずつ入手可能。

中々いい拡張だと思う。ゲームの横の解像度が増えるので、基本に飽きた人には持ってこい。
かといってゲーム性には大きな変化加えないので初プレーの敷居はそこまで上がらない。
マップ広くなる分移動の制限は苦しくなるけども。

今回最大の失敗は最初にギャンブル補正タイル取ったのにギャンブルに行かずにコーヒーに行ったことだな。
実質そこで2手損してる。結果2手負けしてるからしょうもない。
コーヒーは使いやすくて助かるが、お金と資源とカードをそれぞれ必要とするので幅広いプレイングが必要になって難しい。
あと引いたアクションカードが荷車連続購入とか戦略に合わなかったのも悲しみ。
ギルドカード引いたはいいが、そこまで強くなかったし。運だなぁ。

結果:レン 5、ショーゴ 6〇、キョウ 5、白玉 4



IMG_5460
「セレブリアカードゲーム / Cerebria: The Card Game」 István Pócsi, Frigyes Schőberl作

持参初プレー。
キックしたセレブリア…のおまけでついてたカードゲームw。
本編より先に遊ぶことになったよ。
精神世界での正と負の感情の闘い。

手番では2アクション。
3列ある列のトップの公開カードを取るか、カード1枚出すか。
カード出したら宝石乗って、それを消費してフリーアクション。
他人の手札奪ったり、宝石奪ったり、キャラ交換したり。
ただし他のプレイヤーはそのカードと上部のアイコンの色が同じカード捨てるとキャンセルできる。
カードに乗った宝石も得点源なのでそれを消費するかどうか。
ただし、同色の基本感情を場に出してれば消費した宝石をそちらに移せる。
他のカード出す際に一緒に持ってれば重ねて出してスロット圧迫しない。
自分の前には最大4体しか出せないので。

場の3つの列のいずれかが涸れて補充できなくなったらラウンド終了。
カードに乗った宝石が得点として獲得できるのと、自分の前に出したカード上部のアイコンでセットコレクション。
ラウンド開始時のコイントスに従った色の宝石を獲得できる。

いずれかの色を12個集めるか、両方を7個集めたら勝ち。同時なら12個優先。

とりあえず言っておくが、本編とは全く別ゲームw。
設定やキャラが共通してるのと、カードに宝石乗せるってのくらいかな。
本編では消費もしないし効果もない。

ゲームとしては、うーん、いまいちw。
かなり攻撃的な効果が多いのでそれを許容できるかどうかかな。
2色のうちどちらを出して、宝石維持狙うかセットコレクション狙うか。
普通に遊べるレベルではあるが、これといった良さもない。

まぁ絵は綺麗だよw。
早く本編遊びたいなぁ…。

結果:レン 12/5〇、ショーゴ 6/8、白玉 10/9、キョウ 10/4



IMG_5461
「ブクブク / Land Unter」 Stefan Dorra作

これまた3年ぶりくらい。

手札1枚同時出しで、最大値が場に出た2枚の水位カードのうち低い方を、2位が高い方を獲得。
その後水位が最も高い人が1ライフ失う。
取らなければいいゲームかというとそうではなく、自分が高い水位持ってるときはより低い水位を取りに行かないとダメージ喰らい続ける。

手札は高いか低いほど使いやすく、そのため真ん中のカードをどれだけ持ってるかでライフ初期値が違うのがよくできてる。
んでまた、ラウンド終わったら手札は隣に渡すデュプリケーション方式。
非常にバランスが良い。

名作だわねぇ。何故か去年くらいに日本語版出たんだっけか。
久しぶりにやったが、システムの美しいゲームはやはりいい。

結果:レン 7、ショーゴ 7、白玉 8〇、キョウ 6



IMG_5462
「マンハッタン / Manhattan」 Andreas Seyfarth作

新版は初。

とりあえず、視認性が悪い!
段数分かりづらいのと、黄色とオレンジの区別が付きづらい。何故この色にしたし。

ルールは基本一緒。
ラウンド開始時にそのラウンドで使うコマを6個選ぶ。
手番ではカード1枚出して、好きなエリアの対応する位置のマスにコマを置く。
他のコマに被せる時は、その中で自分が最多(タイ可)になるようにしないといけない。
全員6個置いたら決算。
全体で一番高い塔に3点、各エリアでマジョリティ取ってる人に2点、各ビルトップに置いてる人に1点。
以上を4ラウンド。

うーむ、こうやって書くとシンプルだな。美しい。
伸びたビルに途中参戦がしづらいデザインなので、絡みたいなら競い合うか遅れないようについていくか。
高い塔にこだわるか、マジョリティ狙うか。バラまいたビルは上書きされやすい。
手札の引きもあるのでどこを重視するか。コマの配分も悩ましい。

いいゲームだねぇ。
旧版に比べてちょっとコマが小さくなったかな?倒れにくくなった気がする。
ボードは小さくなったよ。トラックがクラマートラックになったのは良し。

最大のビルで競い合って消費したのが痛すぎるなぁ。
体よくばらまいた2人がその分抜きんでた感じ。

なお新版は拡張ルール付いてて、ラウンドごとのボーナス条件がある。
計画性なくなる分、先まで考えて戦略組むプレイヤーには辛いが、そうでないプレイヤーには逆転要素になっていいかな。

結果:レン 42、ショーゴ 44、白玉 44〇、キョウ 34



IMG_5463
「アップ&ダウン / Up & Down」 Karsten Adlung作

持参初プレー。
アドルングで珍しいアドルング作のゲーム。何を言ってるか分かんないぞ。

プラスとマイナスのカードがそれぞれ1から5まで。
手番では場に並んだ6枚から1枚選んで、それに合うように正負反対のカード出して打ち消すか、その数だけ手札増減させるか。
プラスのカードなら山から引いて、マイナスのカードなら捨てる。

打ち消しした場合、場の使ったカードを消すか残すか選べる。
全部消されたらラウンド終わり。

手札のカードの合計が得点。プラスはプラス点、マイナスはマイナス点。
ただし手札内で打ち消してゼロに出来たら50点のボーナス。
打ち消しは総和ではなく、1枚に対して1枚以上で対応させて打ち消していく必要がある。

うーむ、これはダメだw。
誰かが打ち消して場を消費しないと終わらないし、折角手札打ち消してゼロに出来てもラウンド終わらないとまた手番来るし。
マイナスのカードを減らすために場のプラスを潰してしまうのでドローできなくなって停滞に拍車がかかる。

なんだかなーなゲーム。
最初ルール間違えたので勝敗はお預け。

結果不明:レン、白玉、キョウ、ショーゴ



おしまい。

11/11 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

今回は人数は29名と多めで、長い時間遊ばれる方が多かったので賑やかでした。
一般参加も多めでした。毎回こんな感じだと嬉しいなぁ。


遊んだのはちょっとだけ。



IMG_5435
「ハチャメチャバーガータイム」

脅威の稼働率w。

常連の子に遊んで!と言われたので一緒に。
写真はその子の手遊び中。

とりあえずピンセットが噛み合って開かないのは無理ゲー過ぎるw。






IMG_5438
「フロッサムファイト / Flotsam Fight」 丸田ともゆき 作

初プレー。
バイバイレミングの海外向けリメイクだけどそっちも未プレー。
ルールは結構いじられてるらしい。

皇子さん意見でいきなりハンドドラフト有りの上級ルール。
まぁゲーマーなら問題ないだろう。


手番ではカードを1枚出す。各カードはその数字の約数の列に出せる。
ただし全体で人数分の列しか作れない。
今回4人プレーなので4列出たら残りの列は使えない。
更にカード出すとき、列は昇順になるようにしか出せない。
どの列を始めるか、どのカードを優先して出すか、なかなか悩ましくて良い。

全員がパスしたら場を流して小休止。
その際手札1枚だと2枚追加されるので出し切り狙うか2枚くらいで止めておくか。
誰かが出し切ったらラウンド終了。
その人トップで、残りの人は手札の一番大きい数字比べて小さい順に得点。

なるほど中々面白いね。
3や5や7のカードはその列の最初にしか出せないので非常に使い辛い。
確かに配り運大きいのでドラフトは有効。
9や6の倍数のカードを3の列に出すか、9の列に出すか、手札との相談。

バイバイレミングはこれに比べてかなり荒いらしいが味があるとな。
気にはなるがシステム派としてはこちらが好みだろうな。

結果:レン 4〇、太陽皇子 3、あーちゃ 0、ゆず -1





おしまい。


IMG_5439
mozoのフードコートで食事したり、皆でハンズ見たりで終了。

11/10 758ボードゲーム会@守山

758BGへ。最近出席率高し。



IMG_5423
「エイトビットボックス / 8bit BOX」 Frank Crittin, Grégoire Largey作

持参初プレー。コンセプトに惹かれて購入。
共通コンポーネントでコントローラー型のプロット盤やキューブがあり、複数のゲームが遊べる。

コントローラーはダイヤルが3つ付いていて、アルファベットABCDの選択、8方向の選択、数字0~9の選択ができる。

今回はその中のピクソイド。パックマン?知らないよ。

言ってしまえばプロット鬼ごっこ。
3人鬼で1人が逃げる。3人以下で遊ぶ時はダミープレイヤーを代わりばんこで。
移動方向と移動歩数を全員同時にプロットして公開。逃げる側が最初に動く。
捕まったら、逃げる側は逃げたターン数+拾ったキューブが得点。
鬼はストックに残ってるキューブが得点。

ただそれだけ。正直面白くはない。
正直そこらの同人以下のレベル。

まぁそんなの置いといて、テーマを楽しめばいい。
存在を楽しむゲーム。もうやらないだろう。

結果:レン 15、よし9 16、K&K 26〇



IMG_5424
同じく8bitボックスからアウトスピード。F-ZERO?なんのことだか。

2つか3つの選択肢から1つ選ぶバッティングゲー。
コースによっては人数制限があり、一定数以上選んでたら不発。
ガソリン使ってダッシュしたり、ガソリン補充したり、アイテム取ったり。
ガソリンなくなったら脱落、誰かが3枚目のボードに移動したラウンドで1枚目にいた人は脱落。

まぁこれも特にひねりのないバッティングゲーム。
見どころはほとんどない。

とりあえず3人で遊ぶゲームではなかったw。
人数多ければそれなりには楽しいと思う。
ただまぁ、これもテーマ命のゲームだね。同人レベル。

3人中2人ガス欠で死亡w。

結果:レン、よし9 〇、K&K


IMG_5425
「ズーロレットダイス / Zooloretto Würfelspiel」 Michael Schacht作

持参初プレー。

ダイス2個振って配置するか、どこか一か所引き取るか。
ちょっとひねってるのは1回引き取った荷車も使えるところか。
取ったら対応する動物にチェック。
基本1個1点で、最初にその動物埋めた人は左のチェックでボーナス点。
ただし、溢れたら下の厩舎にチェックしてマイナス2点。
コインは3つ、2つ、1つで1点になるのと、代わりに厩舎のマイナス点1つ消せるのと。

ルール終わり。シンプル。

ちょっとシンプル過ぎるな。
基本どれ取ってもいいのでジレンマ少ない。
逆に1回溢れたらあとどんだけその動物取ってもマイナス増えないのでかなり緩い。
まぁそれ考えて自分は取って良いが他人が取りたくないようにするんだろうが。

ちょっと数多くのロール&ライトゲーがある中でこれをやる利点が薄いよね。
紙が無駄にいい印刷。テカってる。

結果:レン 13、K&K 10、よし9 15〇





IMG_5426
「アゴラ / Agora」 Harald Lieske作

持参初プレー。すごろくやで2000円くらいだった。Spielworxxなのに。

5つ持ってるワーカーの弁論力をそれぞれ上げていく。
手番順に裏向きでアクションエリアに置いていき、エリアごとに公開して処理。
市場では資源が取れる。置く順番によって貰える量が変わる。
資源が足りない場合、弁論力合計の高い人から取る。
ただ、そこまで涸れることは少ない。1、2回はあったかな。
大学では資源1枚払って弁論力強化。
建築現場では資材払って得点。
交易所は資源を2:1か3:2で交換できるが、基本アド損なので誰も行かない。

裁判所では最も合計値高い人が検事になり、市場の商人を訴える。
全員のワーカーから各自2つがランダムに選ばれ、弁論力合計高いプレイヤーが裁判官になる。
裁判官が有罪か無罪かを好きに決める。
有罪なら、検事は1点、裁判官は1点と資源2枚獲得、またその商人の列に並んでたワーカーは弁論力1ダウン。
無罪なら、検事はマイナス1点、裁判官は資源1枚獲得。
ちょっと検事に旨味がなさすぎる。自分が裁判官にならないと無罪になってマイナス点くらうので弁論力上げてる人しか検事になろうとしない。
また、その場合、検事プレイヤーが並んでない商人選んでくるので他のプレイヤーの弁論力下がってデフレスパイラル。
当然だが弁論力ゲーだな。あまりに一方的な展開になりすぎる。

うーん、バランス悪い。さして面白くもない。
作者は納得、腫れたらいいねの人か。また晴れなかったよ。
あと一作、インカの秘宝遊んでないけど、ダメそうだよね。ニートさん持ってたな。

結果:レン 17、よし9 26〇、K&K 18





IMG_5427
再度8Bitボックスから、スタジアム。

4人or6人と限定的な。2チーム戦。
10個の種目を順に公開してこなしていくデカスロンそのまま。
各種目でメダルを獲得して得点を稼ぐ。

やることはその実、HPを消費する競りゲーチック。
順競りだったり、同時公開だったり、ダッチオークションだったり、バッティングだったり。
いくつか面白いのもあったが。

バスケはシュート打つかパス回すか。
守備側は対応する妨害を選ぶ。シュート防ぐならHP使用。撃たれなくても。
なのでどのタイミングでパスを回してどのタイミングでシュート撃つかの読み合い。
ただしパスはパスでインターセプトされる可能性もある。

最終協議はテコンドー。
攻撃する相手を選んで攻撃するか、防御するか。
防御したら攻撃してきた相手のHP減らすが、誰も来なかったら自分のHPが減る。
赤ずきんは眠らないみたいな。
テコンドーってこんな乱戦競技だっけw?

3つのゲームの中ではこれが一番楽しかったかな。
誰のHP減らして誰がしゃがんでとかチーム戦ならでは。
まぁとりあえず人数多くてワイワイできるのが良い。

てな感じで3つやったが、定価考えるとちょっと高く感じるな。
まぁ一本1500円くらいって考えればアドルングくらいだから有りか。

折角なのでこのシステム使ったコンベンションとかやるといいと思う。
昔ゲムマで共通コンポーネントでゲーム作ったらって話してたしね。

あとボザが作った格ゲーが出るらしいよ。

結果:レン&安藤&K&K 30〇、あおや&いぬあき&無謀 27






IMG_5428
「トレイン&ステーション / Train & Stations」 Eric M. Lang作

持参初プレー。ダイスで線路敷設。

手番では手持ちのダイス5個振る。
1金払えば任意数振り直せるが、ロックされた線路の目は振り直せない。
またロックされた線路が3つ出てしまうとマイナス2点。
建物の目は同じの3つ出れば好きな駅に対応する建物を建てる。
お金の目は2金獲得。
線路の目、ロックされた線路の目はボードに配置。
2つの都市間が埋まると決算で、その区間に置いてある人全員に繋がった都市数分得点。
また最も多く置いてる人はそれらの都市に描かれたボーナス獲得。カードだったり得点だったり。
んでそれらの都市に建物建ててる人は対応する資源カード獲得。
資源は最後種類ごとにマジョリティ取ってる人に得点。
資源1種涸れると上位資源が出てきて、以後代わりにそちらが取れる。
その際任意の資源2つ捨てて上位資源1枚取れるのはアクワイアチック。

まぁそんな感じ。
んー、なんというか惜しい。色々惜しい。
決算起きたらダイス回収するので線路敷いてる感薄いのとか、ダイス目のバランスとか、終了条件とかなんか色々惜しい。

もうちょっといじれば面白くなりそうな気もするんだが、ちょっと淡泊すぎる。

結果:レン 32、無謀 32、安藤 24、あおや 23、K&K 40〇





おしまい。


IMG_5429
終了後あおやさんたちと謎のアメリカーンな店へ。
油まみれのガーリックライスとチーズと目玉焼き乗ったハンバーグは大体想像通りのお味。
美味しいが、ハンバーグダブルは多かったな。

11/9 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。久々かな。



IMG_5414
「オルビス / Orbis」 Tim Armstrong (II)作

初プレー。
ペンギンパーティー方式でのタイル配置。

手番では3×3に並んだ中から1枚取得。コストあれば払う。
すると隣接タイルに取ったタイルの色の資源が湧く。
湧いた資源はそのタイル取れば獲得できるし、そのタイル自身のコストにしてもよい。

取ったタイルはペンパ方式、上に乗せる時は下の2枚どちらかと同じ色で配置。
裏向きで取ればノーコストで、ワイルド色になるのでその上は好きな色置けるが、マイナス点。

タイルは色ごとに効果があり、赤は指定された資源を場から消して得点。
青は指定されたタイルの上に載ってれば得点。
白は神殿ポイントで最後マジョリティ得点。
黄色は特定の色資源無限産出と、取得時資源払って得点の二種。
緑は特定の色のタイルに必要数触れてれば得点。

黄色の無限資源は強いが、こればかり取っても得点は伸びない。
タイル同士の相性も考えて配置し、ワイルドをどこで使うかが悩ましい。

あとは得点条件ある神タイルの早取り。

今回初プレーなのでなんとなくでプレーしたら、青を1段目に2つ隣接させて取ってしまった。
青は基本他の色の上に載らないと得点ないので、2枚隣接は強制的にもう1枚死ぬ。
悪手にもほどがあるな。適当すぎた。

神タイル、難しい条件達成して3点なのに、無条件で2点の神あるの強すぎないか?
まぁ可能なら3点取りたいが、引っ張った挙句0点になっては元も子もないので。
2点妥協は全然ありなんだよなぁ。

あと黄色の無限資源に1点付いてるのはバランスどうなんだろう。
今回3枚取ったのでかなり資源は楽だった。
得点伸びなかったけどそれは黄色より青の所為だし。

まぁ悪くないゲームだけど、買うほどではないなぁという感想。

結果:レン 17、ニート 19〇、オオヤ 16




IMG_5415
「ネットワーク / Netzwerk」 Corné van Moorsel作

持参初プレー。クワリじゃなくてジャンボからコルネ。

自分のコマを1マス動かして移動先の資源を取得。
取った資源払って棒を置いてネットワーク構築。
必要な資源は置く棒の左右端どちらかの色。黒い街同士を繋ぐように置く。
既に誰かが置いてる場所に置くなら2倍の資源が必要。
各街には直接つながった街の数分の家コマを置くので、枝分かれさせて置くと強い。
誰かが家全部置くか、資源1色枯れたら終わりで、置いた家のポイントと繋いだ街のポイント合計高い人が勝ち。

なかなかシンプルで良い。
コマを動かしてどの色の資源を取っていくか、取った資源でどのルートを繋ぐか。
2つのアブストラクトをやってる感覚。

ちなみに駿河屋で欠品ありで買ったんだが、調べたらジャンボ版は説明書とコンポーネントの数が元々合ってないらしく。
それ見て買ったので実際は完品です。安くしてくれてありがとう。

結果:レン 51〇、ニート 43、オオヤ 42



終わり。

うーん、なんというか、イエサブ会は正直環境というか面子というか、他人にオススメできない会になってしまったなと思っている。
少なくとも私にとっては非常に居心地が悪かった。誰とは言わないが。
まぁ気にならない人にとっては金曜に名古屋で無料で遊べる良い場所です。



IMG_5417
マジスパ食べて終わり。

11/5 月曜2人用ゲーム会@大須

ツイボド主催の月曜2人用ゲーム会。
今回はジェリカフェです。

残念ながら今回は3人だけでした。



IMG_5389
「ジュモク / JeuMok」 Y.Kotani作

初プレー。学研のシリーズ。アルゴとかの。

袋がボードになってるのはお洒落だが見栄えはしない。
マスのうちどこか1つを丸い布で塞いで。
あとは交互にブロック置いて、最後に置いたら勝ち。

まぁ2Dニムだね。そんだけ。
必勝手見つけられるかのゲーム。

各辺が1:2:4になってるブロックは美しいね。

結果:レン 〇、ねくろん






IMG_5390
「オーバーボード / Overboard」 Alex Randolph作

持参品。2度目かな。
ランドルフ作のアブストラクト。

ボードにランダムでコマ置いていって。
手番では自分の色のコマ1つをスライドさせて、どちらのでも良いのでコマ1つ以上をボードから落とす。
1つも落とせない場合は1歩だけ移動。
最後に残ったら勝ち。

残り1コマずつになったらその時点の位置で勝敗が確定してるね。
中盤までは相手のコマどれだけ減らせるか、後半は複数落とされないように相手を落としてく感じで。

超シンプルやで。

結果:レン、ニート 〇





IMG_5391
「ブレイクスルー / Breakthru」 Alex Randolph作

こちらも持参品。ランドルフ作のアブストラクト。
Twixtと同じ3Mブックシェルフシリーズ。

非対称アブストラクト。

手番では2個のコマを動かす。
直線には好きなだけ動け、他のコマは飛び越せない。
斜めに動いて相手のコマをキャプチャできる。
ランドルフお得意のルークとポーンのチェスムーブ。
金色のプレイヤーは大きいコマ1つ持ってて、こいつ動かすのは2ムーブ分。

銀プレイヤーは大きいコマをキャプチャしたら勝ち、金プレイヤーは大きいコマを外周のマスに到達させたら勝ち。

金プレイヤーは道を開くために相手の邪魔なコマをどれだけ減らせるか。
ただし取り合いになると数が少ないので不利に。
銀は逆に邪魔なコマをどけて、大コマに迫りたいが、あまり取りすぎると大コマの移動の自由度が上がってしまう。
下手に取るより、動いたら取れるように牽制しておいて、味方を障害物にしてしまうのが手か。

個人的には結構好きなゲーム。
だが難しい。

結果1:レン(銀) 〇、ニート(金)
結果2:レン(銀)〇、ねくろん(金)





IMG_5394
「文絵のために」 カナイセイジ 作

初プレー。
評判良いがやれてなかった文絵。2人用協力ゲー。

ねくろんさんは遊んだらしいので、未プレーのニートさんと。
途中からニートさんが飽きてねくろんさんにチェンジw。

詳細はネタバレになるので書けないが、システムだけ。
それも遊ぶまで知りたくない人は読まないでね。

双方が相手プレイヤーのデッキを持ち3枚引く。並び替え不可。
最初カードは全部裏向きにスリーブに入ってる。
交互に、相手から受け取った手札の最初のカードを、表向きで使うか裏向きで使うか選択。
表向きで使ったら、裏向きのカードを表向きにスリーブに入れ直し、効果発動。
裏向きで使ったら、手札1枚の順番入れ替えるか、手札1枚デッキに混ぜて引き直し。

基本の終了条件はどちらかのプレイヤーが4枚裏向きで取るか、デッキ尽きて手札補充できなくなったら終わり。
また、カードの効果でもいくつか終了条件が指定されている。
終了条件満たしたら、エンディングブックの対応する終了条件のページを読み上げ。
基本的に正解の終了条件は1つだけで、それに達するまで何度も繰り返す。
設定としては文絵の死を回避するために何度も時間を遡るタイムリープもの。
サイケまたしてもの序盤とか。そんな感じ。
バタフライエフェクトとか時をかける少女とか。多いよね。最近特にまた。

非常に難しいが、面白い。
最初カードの効果すら1つも分からない中、段々ゲームの骨組みが明らかになっていく。
終了条件見つけたらそれが正解かは分からないが達成目指して、またやり直しての繰り返し。
個人的に全ルート回収する派なので明らかな不正解でも踏みにいくよ。

正直最初は訳が分からない。
それぞれの効果がどんな意味があって、何が必要なのか分からない。
一つずつ明らかにしていって、こうすればいいんじゃねっていう終了までのルートを構築していく。
この感覚は今までになくて非常に新しい。

終了ルートが確定してからはそれを達成できるかの作業ゲーになってしまうが。
内容分かってても達成難しいんだこれが。カードの巡り次第なのもあって。
協力ゲームとしての難易度は高め。
何度も何度もやり直す感じはタイムループものとしての再現度が高いね。

今回は初回シナリオ。
10回くらいは挑戦したが、結局達成できなかった。ムズイ。
ルートはほぼ掘りつくしたので正解ルートは見えたんだが、それに至る道のりが複雑で、カードのめぐりが良くないと。
サブルートが同じ終了条件でも使ったカードによってエンディング違ってて、流石にそれは回収できてない。

カナイさんすごいなぁと。
遊べてよかった。

結果失敗:レン、ニート→ねくろん





おしまい。


IMG_5395
帰り道でラーメン食べて帰宅。

11/4 きなボド!ゲーマーズ@北名古屋

さて、きなボド!ゲーマーズ。
先月から夕方過ぎたら遊ぶようにしてるけど、今日はまぁ重ゲはやらなくていいかなと。
細かいのをちょちょっと。

気づいたら前日の数倍遊んでたわw。



IMG_5368
「バンボレオ / Bamboleo」 Jacques Zeimet作

初プレー。
何度かtetuさんが持ち込んでたし、横で遊ぶの見てたけどプレーは今回が初。

柱の上にコルク球置いて、その上にブロック乗せた円盤置いてバランスを取る。
まずこのセッティングが大変。バランス取るのが難しい。

んで1つずつ取っていく。皿が倒れたら負け。
本当は取ったピース払ってパスとかあるみたいだけど、まぁこれだけでも十分だね。

位置の微調整しながら慎重に取っていくのが面白い。
普通のバランスゲームは置くのが主体だからね。逆アプローチ。

結果1:レン、tetu ×、タニヤマ
結果2:レン ×、tetu、タニヤマ





IMG_5369
「くるくるハンバーガーゲーム」

tetuさん希望で。

プレイヤー個人用のレシピが中央で回転。
自分のを見ながらハンバーガーを組み立てる。

ほぼそれだけのゲームなんだが、見ては作って見ては作っての忙しさが楽しい。

結果:レン 3〇、tetu 2、マジックマ 2、デック 0



IMG_5370
「ナッツ / Nuts!」 Martin Schlegel作

久々に。シュリーゲルのマイナーゲーム。
個人的にはシュリーゲルの最高傑作だと思ってるんだけど、まぁ他がさw。

このラウンドの得点と次のラウンドの得点が公開。
カード同時出しして、コマ動かして、一番数字高いマスにいる人が得点タイル取れる。
ただし2人以上同じマスにいたらハゲタカ式。

このゲームならではの工夫がいくつかあって、
左隣の出したカードを奪うリスカードの存在、2マス戻れるカードと1のマスと12のマスの繋がり、次の得点見えてる状態でタイルを取ってスタートに戻るか取らずに現在の位置に留まるかの選択。
それらがかなりいい味出してる。

いいゲームやで。

結果:レン 31、マジックマ 22、yuji 11、北村 38〇、氷牙 7、りょう 27



IMG_5371
「コスタリカ / Costa Rica」 Matthew Dunstan, Brett J. Gilbert作

持参初プレー。
遊ぶタイミング逃してたやつ。1年前くらいにタクトさんから譲ってもらったんだけどそれでも遊べてなかった。

六角形に並べたヘクスタイルの6つの角にプレイヤーのコマを置く。
手番プレイヤーは自分のコマに隣接したタイル1枚をめくり、取るか選択。取らなかったら時計回りに取るかの選択が回る。
全員が取らなかったら隣接タイルをもう1枚めくる。
可能なら多くの枚数を一度に取りたいが、美味しすぎると他に取られてしまう。
ただし取るときにコマも回収なので今取ってしまうか、後でライバルいない状態を狙うか。

タイルの背景で描かれた動物と脅威の割合は分かる。
脅威アイコンが描かれたタイルを2枚めくってしまうとそれ以外のタイルは取れるが手番強制終了。
どこまでめくるか、どのタイルをめくるか悩ましい。

インカの黄金と聞いていたけど、めくり運による行くか戻るかの選択はそこまでシビアじゃない。
最悪脅威2つ出ても他のは貰えるしね。めくった枚数少ない時に出ちゃうと悲しいが。
なので最初は脅威の割合少ない地形からめくっていくのがセオリー。
残って美味しいのをまとめ取りできるかと、俺の魚的な残りタイルの奪い合い。
結構考えることはあるが、ゲームとしてはシンプルで良い。

なるほど面白いね。
何故かかなり音探ししてるので、買っておいて損はないかな。
プレイヤーは多すぎない方が面白いと思うよ。

結果:レン 89〇、かっちゃん 58、氷牙 70





IMG_5372
「コロモ / Colomo」 Steffen Mühlhäuser作

先日に続いて。まずは「グッドダース」。

1人がタイル覚えて、時間来たら伏せる。
ペアをめくってく。外した回数を競う。

ちょっとゲームと呼ぶにはお粗末すぎる。
酷いね。

結果:レン 2、ナカイ 1〇

IMG_5373
続いて「ダラ」。伝統ゲームらしい。
ドイツのミューレのナイジェリア版がダラで、それにセネガルのボーロトゥドゥのルールを足しただとか。

最初にコマを交互に全部置いていく。
手番ではコマを1つ縦横に1マス移動させるか、斜めに1枚飛び越えてジャンプするか。
結果、自分の色が3つ並んだら隣接する相手のコマを1つ消去できる。

あと5枚取り除かれると移動が増えるルールあったけど当日忘れてたわ。
なんというか攻め手が強いゲームね。
2マスを行ったり来たりして相手の除去しまくって勝てる。
まぁその為の救済ルールなんかな。忘れてたけど。

でもまぁそれでもこの中ではかなりマシ。

結果:レン 〇、ナカイ


IMG_5374
んで「クリーンナップ」。

コマを縦横斜めに1マス移動するか、隣のコマ飛び越えてキャプチャするか。
連続で飛べる時は何度でも。
まぁチェッカーやね。縦横にも飛べるけど。
ちょっと変わってるのが、縦横に飛び越えたら自分のコマでも相手のコマでもキャプチャするけど、斜めに飛び越えたコマはそのまま残る。
上手く自分のは斜めに飛んで、連続ジャンプを継続させたい。

中々面白かったんだけど、後半になって一気に収束性が悪くなった。
正直ゲームにならない。ただの端に追い詰めていくだけに。
これは残念過ぎるな…。

…ん、あれ、今確認したら相手の無くすんじゃなくて自分の無くしたら勝ちじゃん!
おうふ…ノーコンテスト!!収束しないわけだ。
そのうちどっかでリベンジ!

ノーコンテスト:レン、ナカイ

あと今確認したら、日本語ルールにあるバランスゲームとおはじきチキンレース、原文ルールにはないんですけど。
おいこら、テンデイズ。何しとんねん。品位が下がるわ。


IMG_5377
「レストラン / Komme Gleich」 Uwe Rosenberg作

持参品。二度目のプレー。
古めの小箱好きなtetuさんと遊ぶ用に。

手札の5枚と場札の5枚の並びを合わせていく。
手札並び替え不可な豆風味。
親は手札1枚引き、好きな場所に入れ、好きな1枚を場の5枚のどれかに上書き。
子は場は上書きできないが、手札1枚引いて好きな場所に入れ、1枚捨てる。
手札と場の並びが3枚以上一致したら、手番最後に公開して得点。捨てて枚数分補充。
枚数分チップを貰い、10点以上取るとそれを得点カードに交換できる。
ただし5枚全部一気に並び合わせるといきなり得点カード貰える。
細かく揃えていくか、一気に合わせるのを狙うか。

なかなかオリジナリティあって面白いんだが、初手がどれだけ合うかで大分難易度が変わる。
全く合わないとしばらく何もできなくて辛い。

親番の場を変えられるのが強いので、その直前の手番に親番に備えて調整しておくのが大事だね。
個人的には結構好きなんだが、終了条件が長い。

結果:レン 3、マジックマ 3、tetu 4〇、最上 4〇


IMG_5378
「もぐりな仕事 / Schwarzarbeit」 Friedemann Friese, Andrea Meyer作

持参初プレー。長らく積んでたフリーゼ&マイヤー。
推理ゲームしながら得点稼いだり。

各カード、昼勤務・夜勤務・特別勤務の3種類。
ゲーム開始時にそのうち特別勤務のカードが各自に2枚ずつ配られ闇稼業に、他人のこれを当てる。
残りのカードは全部混ぜて、場に5枚公開。
手番では場から1枚取得。
表向きで取れば1点になるが、他人の闇稼業と同種は得点にならない。
逆に相手の闇稼業と同種だと思ったら、裏向きで取って推理。
当たればプラス点だが、外したらマイナス点。
他人の推理が外れたと思ったらキューブ乗せることもできる。
こちらは外れてれば得点、当たってたらマイナス点。

手番の最初に、左隣のプレイヤーの闇稼業と一致しないカードが場に何枚あるかを教えて貰える。
それによって推理していくのと、場に特別勤務のカードが出たらそれは絶対に人の闇稼業にないことになるので、表で取れば1点だし、消去法で推理ができる。

中々面白いが、運要素は強めかな。あと記憶大事。
途中自分の闇稼業カードが場に2枚あって、一気にヒントがw。辛い。
正直フレーバーでルールが分かりづらい。
けがわさんのブログにも日本語ルールが分かりづらいって書いてあるな。
安定のTGiW訳でした。うぉん。

結果:レン 14〇、tetu 6、マジックマ 12、若槻 7



IMG_5380
「キューバード / CuBirds」 Stefan Alexander作

初プレー。

同種カードを集めて、右上に描かれた左の数字分集めると1枚を得点化、右の数字分集めると2枚を得点化。
当然効率よいカードほど総枚数が少ない。

手番では手札からカードを出して、場の4列のいずれかの左右どちらかに付けて、そのカードと同じ種類で挟んだカードを取得。なければ2枚引く。
ただし、カードを出す場合、持ってる同種カード全てを出さなくてはならない。
カード取った結果、出したカードより得点に近づかないと意味がない。

なお、列が1種類だけになったら、違う種類が出るまで山から1枚端に補充。
ここの運が結構強い。自分の持ってるカードが来れば大量ゲットのチャンス。

7種類全て得点化するか、2種類を3枚得点化すれば勝ち。
どちらを狙うかで動きが変わるのがいいね。

なるほど、面白いね。システムが新しい感じ。
絵も可愛いし、無駄にユニークだしでいいゲーム。

結果:レン、tetu、マジックマ、若槻 〇



IMG_5381
「テネキー / Tenakee」 Michael Feldkötter作

これも2度目。tetuさん向け枠。

トーテムポールを作っていく。
最初に羽飾りカード3枚、男性カード2枚、女性カード2枚を配り、ランダムにトーテムカード配って開始。
各ラウンド、持ってるカードから3枚だけ選んで開始。
場に3列のトーテムポールを作る。
羽飾りを出したらその列を得点化。トーテムカードの数字が得点。
男性カードはそれ以上トーテムカードと羽飾りを置けなくする。
女性カードは男性カードの上に出せばその列を得点化。

他人がどのカードを今回選んだかを予想し、自分の使う手札を決める。
特に自分が最終手番で場が溜まった時に得点化できると美味しい。
羽飾りと男性・女性をどのタイミングで選ぶか、どこで使うか。
場はラウンド持ち越しなので、次ラウンド初手版取れるなら場を美味しくしたまま流すのもいい。

軽いながら悩ましくて結構好き。良い旧作。

結果:レン 52〇、tetu 47、若槻 47、マジックマ 44


IMG_5382
「クラスク / Klask」 Mikkel Bertelsen作

tetuさんがよく持ち込んでるが、最近はあんまり見てなかったかな。
二人とも結構慣れて、熱い試合だった。
お互いゴールさせるより、磁石弾き飛ばしてくっつけるの狙って。

最後、こっちに飛ばされた磁石を近づいて引っ張って相手側に転がして、それに沿わせるようにボール転がしてゴールしたのがくっそ面白かった。
これ出来れば強いねw。でもまぁまだ磁石付いてなかったから1ダメ覚悟で当たりに行けばよかったんだけど。

いやぁ楽しいね。エッセンで有ったって言う相手側見えない壁プレーやってみたいな。
ボール来たと思ったら磁石だったとかあるんだろうなw。
誰か壁作ってw。

結果不明:レン、tetu





IMG_5383
「ごいた」

人数足りなさそうだったので人数合わせに入る。

したらば0点で終わったよ!NPCでした!
どうにもならんときはどうにもならん。

2回目はチーム点は取れたが、自分は何もしてない。安定のNPC。

結果1:レン&タニヤマ 0、キョウ&デック 150〇
結果2:レン&デック 90、キョウ&たにやま 150〇





IMG_5384
最後はクイズ。久々に立ったな。
やりたいって人がいれば立てるよ。
ルドルフさんは最近来ないので持参のピンポンブーです。




ボドゲクイズ本読んだが、tetuさん曰く、こういうのじゃなくてルールとか聞いてボドゲ名当てるのがしたいと。
激しく同意だが、それルドフィールだね!やろう!


おしまい。


IMG_5386
中華食っておしまい。
安定のポンチャン。多いよ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ