ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

2019年02月

2/6 フレボド@御器所

フレイさんのとこで髪切ってもらって、その後ボドゲ。



IMG_6108
「クリベッジ / Cribbage」 Sir John Suckling作

めっきり名古屋でも遊ぶ人がいなくなって、ここ2年くらいフレイさんと年に数回遊ぶだけになってしまった。
秋山さん居た頃は大会してたりもしたんだがな…。

なんかフレイさんに勝てないんだよなぁ。
まぁ4456とかやられたら勝てない。配り運。

結果:レン 112、フレイ 121〇


IMG_6109
「スパイト・アンド・マリス / Spite and Malice」

遊ぶのは二度目か。
スキップボーの元ネタ。

解説は割愛。

スキップボーに比べてキープ札の制限がキツイのと、ペア戦じゃないのでサポートもなくてどうにもならないときはどうにもならない。

1が出てくるまで相当作業ゲー。
こんなゲームだったっけなぁ。

やっぱスキップボーは相当改良されてるな。

途中終了:レン、フレイ



IMG_6110
「バルパライソ / Valparaíso」 Stefan Malz, Louis Malz作

持参初プレー。
ロココ作者の小クラマーじゃない方の2人の新作。
というかロココ共作だったか。忘れてた。

プロットゲー。
プロットしたカードを手番来たら左から使用。
使う順番変えたいときはお金払えば先のカード使える親切仕様。
あと5金払うと追加で1枚プロット可能。いつでも使える親切仕様。
更に各アクションカードにはアクションするか描かれた資源取るかの2択になってる親切仕様。
細かいやさしさが光るね!

基本的には資源稼いでそれで得点稼ぐ。
外海に出てアクションカード取ると得点になるうえに使えるアクションカードが増える。
また人を移動させて市場で交易やって資源稼いだり資源を得点化したり。
交易タイルは独特で、各市場の最下段のものが使えて、使ったタイルはボード左上のストック列の上側に移動、ストック列の最下段が新たに使った市場の上段に加わる。
中々独創的なシステムだが、5回発動しないと使えるようにならないのであまり計画的な運営はできない。
市場タイル3つくらいで良かった気がする。
市場アクション撃つと自分が人を置いてる市場全てで人数分アクションができるので、人を増やすアクションも有効。

なかなか硬派な造りだが、誰かが18点取ったら終了なので終わりは早い。
家建てると3点入ったりするからね。
ラウンド終了時に獲得したアクションカード1枚除外して得点化できるが、最後に残ってても得点になるので終了トリガー早めるだけの行為。

プロットゲーとしてはかなり無難な造りで悪くない。
ただ、いくつか気になるというかバランス取れてないと感じるところがある。

道中に家建てて通行料取れるようにできるが、道が3つに分かれてるので住み分けちゃってほとんど効果なかったり。
ある程度の枷にはなるんだが、迂回するお金の方が安いこともあって意味がない。
あとは建てれる家が1人5つしかないので、中央部でのマジョリティ争いが早々に終結して、収入とスタPが固定化されたり。
川移動できるカード強いなぁとか。

3人プレーだからの問題かもしれんが、4人プレーだとマップ広がって市場4つに分岐するので大差ないかな。
5人プレーがベストなのかもしれん。
ただし5番手が通路封鎖されて死ぬ可能性あるので、川移動カード取るのは必須だと思う。
人数多い方がプロットゲーの妙は出るかもしれない。

まぁ無難ってのが感想だな。
カード取ってくプレーで勝利。

結果:レン 25〇、フレイ 23、ゲルズ 23




おしまい。


IMG_6111
てっぺん回って開いてる一番舎は優秀。

2/3 かぼす会@刈谷

あかつきさんの刈谷でボードゲームを遊ぶ会「かぼす」に初参加。
みかぼど時代は名古屋でやった会に何度か参加したけども。

場所は刈谷駅前の文化センター。
すっげぇ金かかってる建物だった。
刈谷って金余ってるの?
刈谷氏自体初めて行ったけどこんな発展してるとは思わなかった。
尾張民にとって名古屋より東と南はもはや県外。
ボドゲ会のおかげで瀬戸・長久手・みよしに足が向くようになったよ。


IMG_6085
「ペーパーテイルズ / Paper Tales」 Masato Uesugi作

初プレー。
といってもリメイク元のヴォーパルスは何度か遊んでる。
バランス調整くらいでほとんど変わってない。

ハンドドラフトで入手したカードをお金払って出す。
前衛は戦争に参加できるが、後衛はできない。
最大の特徴は経年システム。
ラウンド終了時に全てのカードに経年カウンターが乗り、また既に載った状態のカードは取り除かれる。
カードの寿命が2ラウンドしかないって感じ。
それを見越して入れ替え入れ替えしていくか、カード効果で生き長らえさせたり。

カード出すにもお金がいるし、収入得るために建物建てるにもお金がいるしで辛い。

今回は拡張入り。
これもヴォーパルス拡張とあんまり違いはないかな。
建物が9種類くらいある中から固定4種とランダム3種ってなってるのが選択肢減るのとリプレイ性上がるのとで良い。
ただ、基本4種が基本セットに入ってる4種とは異なるのでアイコンだけ見てしまうと間違えるから注意。

原版と名前変わってないカードも多く、元の雰囲気を大切にしてていい感じ。
一部変わってるやつもいるけど。トーテムとか。
貼り絵的なイラストも綺麗で良い。個人的には前の退廃的な感じも好きだったが。

面白さはまぁヴォーパルスだ。
現時点では既にヴォーパルス持ってる人がわざわざ買い直す内容ではないかな。
今後拡張増えたら分かりませんが。

同点で1金差で負けて悔しす。

結果:レン 40、ばら 40〇、ひろ 31、ムマ 22






IMG_6086
「ゴールドウェスト / Gold West」 J. Alex Kevern作

初プレー。この時期のTMGは遊び逃してるのが多い。

マンカラって聞いたから盤面見て、中央ボード上でマンカラするのかなと思ったら、個人ボード左側で4マス一方方向のマンカラだったよ。

手番では4つのマスから1つ選び、上方向に1つずつ撒いていく。
最終的にボード飛び出した残りが今回のアクション用。
2色ある食料のどちらかがないとマイナス点喰らうので1つは使えるようにコントロール。
共通ボード上のマス1つ選んで書かれた資源を取る。
取った資源は個人ボードの4つの資源置き場の好きなマスに置く。
当然上に置けば早めに使えるが、下に置くと得点が貰える。
同じ色の食料が被っても意味がないので、上手く散らせるように調整。
アクションで使う3種類の資源はいくつかの使い道があって、
対応するトラック進めたり、カードに描かれた種類払って得点取ったり、3×3のグリッド上の対応するマスにコマ置いて終了時得点得たり。

あと方針として大事なのが、マップ上に置いたコマは、最大グループが得点になる点。
なるべくくっつけて配置しながら、欲しい資源を得ていく。
マスの色も大事で、選んだマスに応じてトラックを進めて、最後マジョリティ取れてると得点。

なかなかやってることはシンプルながら、点数要素は上手く散らしてあってどれを狙うか悩ましい。
テーマはTMGらしさがあるが、中世やら牧歌風にしたら全然ユーロゲーム。
プレイ時間も60~90分くらいと中量級。
なかなかいいゲームでした。

初手で自分以外3人が食い合ってて、自分一人だけ悠々自適。
得点カードの配分が高そうなので積極的に狙って取る。
結果勝利。初見ゲーム勝てると嬉しいね。

結果:レン 90〇、みやびん 86、キョウ 70、なべ 71






IMG_6088
「アンティクィティ / Antiquity」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

みやびさんんと遊ぶ約束してたので。

経験者は自分だけ。
とりあえず最初に助言。「病院、錬金術学部、ゴミ捨て場は可能な限り早めに建てとけ、噴水は積極的に!」。

3回目にして前回までの反省を活かせるように頑張る。
ちょっと特化してみて、初手で倉庫建てず可能な限り早く大聖堂建てて資源保管無限になる聖人を選択。
あとは病院とゴミ捨て場、錬金術学部を建てて、そこから資源集めを狙う。
これが大正解で、今までの2プレーの苦しさが嘘のよう。
墓場と汚染の心配はほとんどなくなったので、あとはワーカー足りないので食料や贅沢品取ってはワーカー増やして、都市増やして、軌道に乗ったところで資源生産。

結果、以前ほど長引くこともなく、勝利。
まぁそれでも最後2ラウンドくらいはこれもう追いつけないよねって雰囲気だったけど。
みやびんさんはあと2ラウンドくらいで建物建て切り狙えたっぽいから独り相撲ではなかったかな。

やはり面白い。段々分かって来た。
みやびんさんも気に入ってくれたようで、既にポチっているとかいないとかw。

結果:レン 〇、みやびん、キョウ






IMG_6089
「アルティプラーノ / Altiplano」 Reiner Stockhausen作

ようやく初プレー。
オルレアンの発展的作品。

基本は同じバッグビルド。
引いたタイルを個人ボードに配置してアクション。
使いたくないのは取っておいて次に使えるが引く枚数は減るってのは一緒だっけか。
最大の違いは共通ボード。
個人ボードに配置したタイルはそのままでは使用できず、共通ボード上の自分のコマを移動させて対応するタイルに行かないとダメ。
1ラウンド1移動は無料だが、2回目からの移動には移動アクションにもタイルを配置しないといけない。
それぞれのアクションについては割愛。
タイル引く枚数増やしたり、新しいタイル手に入れたり、自分専用のアクションスペース手に入れたり。
まぁやってることはオルレアンと変わらないね。数や種類が増えただけ。

得点源となるのは棚。
対応するアクションでタイルを棚に収めることができる。
同じ種類は横に並べて、横一列埋まると得点。
異なる種類は上に積んでいって、上の棚ほど埋まった時の得点が高い。
タイルの種類が多いので、全部行くのは得策でなく、1つ2つのルートに注力するのが筋。
そのため自分の使わなさそうなタイルを早めに1つ入手しておき、棚に収めることで得点のかさ上げができる。
得点低い棚をパスして、より上の棚に自分が多く狙うタイルを配置する。
もちろんアクションにも使うので、どのタイミングで棚に入れるかの見極めも大事。

今回はとりあえず数は力だとタイル引ける枚数を上げられるアクションを中心に。
いくつか通常のアクションでは入手できないタイルもあり、専用アクションスペース手に入れたり、早い者勝ちで任意のタイル取れるアクションしないといけない。
行けなさそうなルートはばっさり切って、初期タイルに応じたルート注力がセオリーかな。

ちなみに異常にでかいスタPマーカーがあるんだけど、脚が抜けやすいので拡張でタイル1枚に置き換えられましたw。
そこだけ拡張使用w。

注文カード達成による得点は行かず、棚に収めて稼ぐ方向に。


IMG_6090
最終盤面はこんな感じ。
棚をかさ上げして高得点を狙う。
ただ、みやびんさんの最後に使った、10枚引いて棚に収められる特殊効果がくっそ強かったな。
バランスブレイカーな気がする…。

取ったタイルも得点になるので基本何しても得点。
その中でどのルートで稼ぐかってゲーム。
いわゆるポイントサラダ。この名前好きじゃないけど。

なるほど面白かった。
オルレアンに比べてアクションの種類が各段に増えて自由度が高い。
とはいえ得点になるルートは決まってるので、そのうちのどれを狙って、どのルートを使ってそこに達するかなので結局は変わり映えしない感じもある。
システム的にはほぼオルレアンなのであえて両方買う理由はないかもね。
まぁドミニオンとハトクラみたいな立ち位置か。作者は同じだけど。
好みの方を買えばいいと思うよ。

結果:レン 133、キョウ 89、みやびん 183〇






IMG_6091
「オドヴィル~奇妙な村 / OddVille」 Carlo Lavezzi作

持参品。かなり久々にプレー。

何度かきなボドにも持ち込んだけど誰も遊んでくれないのは白ゴブだからかなw。
普通に面白いよ。

手番ではアクションカード1枚使用。
カードが4枚あり、アクションの強さが違う。
買える資源の種類とか、カード取るコストとか。
全部使い切ったら回収できるが、途中回収するには手札枚数分お金を払う。
フュチュロピアでもあったね。

できるアクションは資源買う、建物買う、建物建てる、お金取る。
資源は4種類あり、それぞれ最初の1人は無料、2人目3人目は1金、それ以降は2金。
ワーカーを置くことで表現して、回収して使用。空いたスペースは詰まらないので無料で買った人がどけば次の人は無料で買えるってのが独特。
建物買うのは山札から遠いほど安くなるアレ。アクションカードによって何枚目までがタダかが異なる。
買った建物は自分の前に置いて置き、建設アクションで必要な資源払って建設。
建設した建物で共通のグリッド配置。
道が矛盾するようには置けず、置いたらカードの効果で資源やお金が手に入る。
隣接するカードと道が繋がるように配置すれば、そのカードの効果も同時に発動するのがポイント。
また終了時には得点。固定点や隣接する枚数、縦列枚数など。

あと特徴となるのは特権カード。
4種類のギルドに対応したカードが2枚ずつあり、対応する建物を建てると獲得。
既に2枚取られたギルドを再度建てると、一旦2枚とも回収されてそこから1枚ってのが独特。
効果はかなり強力で、他人がお金使う度に1金もらえたり、資源買うのが常に1金安くなったり、手番に1回自分の前の建物と購入列の建物交換できたり。
強い上に最終的に持ってると得点にもなるので、積極的に奪いにいかないとw。

白ゴブの中でもかなり面白いゲーム。知名度は低いけど。
Raelさんヴァリアントだと3~4人プレーでも2人用のボード使って資源高くなるハードモードだよ!ひぃ。

誰かが一定数建物建てたら終わりなので油断すると逃げ切られるぞ。
ただし、建物建てたらワーカー置くので資源に使えるワーカーが減っていくのが良くできてる所。
いいゲームなんだけどなぁ。

結果:レン 51〇、みやびん 38、キョウ 30





おわりー。


IMG_6092
ラーメン食べて帰宅。
駐車場遠かったので雨の中カホンバッグはキツイね。傘忘れたしw。
雨弱くて助かったよ。

2/2 ファミボドみよし@みよし

IMG_6069

マジックマさん主催のファミボドみよしに初参加。
中々行けてなかったからなぁ。

ファミリー多めで、未就学児が多かったです。
インスト勢は多そうなのであまり気にしないで遊んでました。
マジックマさんはキャパオーバー気味だったらしいw。
言ってくれれば対応するよー。


IMG_6070
参加人数はなんと50人。
ファミボド日進もだけど、ファミリーだけじゃなくゲーマーも多く来てるのはすごい。
きなボド!ふぁみりーずもこういう会を目指したいんだけどなぁ。



IMG_6071
「エスノス / Ethnos」 Paolo Mori作

日本語版出る記念に持参。

手番ではカードを1枚場から取るか山から引くか。
もしくは手札からセットを出す。
セットは同じ色で揃えるか、同じ種族で揃えるか。
一番上にして出したカードのエリアにコマを配置。
ただし既に自分がコマ置いてる数より多い枚数のセットを出す必要がある。
更に一番上に出したカードの種族効果が発動。
出せずに手札に残ったカードは捨て札にしなければいけないので溜めこみ防止になってるし、手番損しないために引くか出すかの選択が悩ましい。

今回は結構基本的な種族多め。
エルフとウィザードとケンタウロスいたから手札の持ち越しは緩めだった。

いいゲームですよ。みんな買うといい。

結果:レン 59、真砂 54、もちづき 66、ピク民 74〇





IMG_6074
「タケノコ デラックス版 / Takenoko」 Antoine Bauza作

タケノコ自体も何気に初プレー。
そして豪華版。くっそデカい。
箱も立方体で、ごきげんようのサイコロくらいあるw。

農夫動かして竹育てたり、パンダ動かして竹食べたりで手札の条件達成を狙う。

手番では2アクション。
農夫移動、パンダ移動、タイル配置、水路獲得、カード引く。
農夫は直線移動して、止まったマスと周囲の竹が1つ伸びる。
パンダも直線移動して、止まったマスの竹を1つ減らして自分が獲得。
タイルは3枚引いて、うち1枚選んでどこかに配置。
水路はストックから取り、いつでも使える。竹が伸びるにはその横まで水路を伸ばす必要がある。
カードは3種類ある達成カードから1枚引く。

達成カードは竹の育ち具合、パンダで食べた竹、タイルの配置の3種類。
マジックマさんがタイル配置弱いって言うので全種セットでボーナスのハウスルール入りで。
達成してるカード引いたら引き直しってやったが、余計タイル配置の弱さに拍車かけてた気がする。
むしろ竹の育ち具合のカードが弱い。後半に少ない数指定のカード引くとどうしようもない。

手番開始時にはダイス振ってイベント発生。
竹が勝手に育ったり、手番のアクション3つに増えたり。

なるほど面白いが、引き運強めね。
他人のムーブで状況変わるので、手番来るまでに崩れないことを祈るw。
必然的に手番になってから考えてダウンタイム伸びるが、アクションがシンプルなので許容範囲か。
手持ちカードも限定されてるしね。3種に分かれてるのも良い。

とにかく豪華版の存在感がすごかった。
貴重なもの遊ばせてもらいました。

結果:レン 38〇、ピク民 20、もちづき 23、さいスケ 21






IMG_6075
「汽車は進むよ / Jedzie pociąg z daleka」 Jeffrey D. Allers作

初プレー。通称ポチョンク。

タイル山から1枚引いて配置。
伸びた線路上を、左下からスタートする4つの汽車を進めていく。
7つある駅に到着した順に早取りボーナス。
得点の高さや順位による下がり幅が違うのでどれを狙うか。

うむ、かなりシンプル。個人ボードでインディゴやってる感じ。
ソロプレイ感はかなり強い。まぁ早取りボーナスはあるけども。

思ってたよりもかなりシンプルだった。
差がつかんな…。
ちょっとシンプルすぎるかなぁといった印象。

ちなみに列車同士が衝突すると対消滅しますw。

結果:レン 47、ピク民 48〇、真砂 46




IMG_6076
「Fillit」 ラディアスリー

初プレー。
スプラトゥーン的なアブストラクトと聞く。
クニツィアでもそんなのあったよね。

手番では自分のコマを直線移動。壁か相手のコマか互いのガラスコマに当たるまで。
通った経路上に自分のディスクを置く。相手のディスクがあれば置き換えて相手に返却。
また、移動の前後どちらかにガラスコマ1つを隣のマスと交換できる。
そのマスにあるディスクやコマ全て入れ替え。

基本的には相手の行動を制限していくのが強い。
相手が多く塗れる方向のマスにガラスコマ移動させてストッパーにしたり。
勿論相手もそうしてくるので、防ぐためにガラスコマを近くに置いておき、置き換えるタイル増やしたり脱出路にしたり。

なるほど中々面白い。
自分のガラスコマがあるが相手のはないエリアに相手のコマを誘い込めると強いかな。

初戦は小さいマップで、中々感覚がつかめなくて、見逃して負け。

IMG_6077
2回目は大きいマップで。
相手の後ろついてくの強いな。
いい感じにリードして、守って勝ち。

いいゲームでした。ネスターっぽさある。

結果1:レン、ねくろん 〇
結果2:レン 〇、ねくろん

FILLIT(フィリット)
ラディアスリー(Radiuthree)
2018-11-30




IMG_6078
「エモジト /  Emojito!」 Urtis Šulinskas作

持参初プレー。

親は引いたカードの表情を真似する。
山からランダムに6枚を混ぜて並べて、どの表情だったかをダイヤルで当てる。
当てたら進めて、当てられたら進めて。

自分の得点コマのあるマスによって、表情で伝える、音で伝える、両方で伝えるの3種類。
音は中々難関。動物の鳴き声はダメらしく。
うまくその表情から読み取れる感情を擬音で表すとか。
物に由来する音はダメとかあっていまいちふわっとしてる。

うーん、まぁバカゲーだなw。
そんな顔してどうしたの?とやってることは大差ない。
デフォルメされてる分こっちのが遊びやすいかな。
人を選ぶゲームではあるw。

結果:レン、ねくろん 〇、コマジックマ、さいスケ、もちづき、ちょろ

emojito
Urtis Šulinskas
Huch & Friends
2017-05-01





IMG_6079
「のぼるカエル城 / Burg kletterfrosch」 Gunter Baars, Markus Nikisch作

初プレー。

昔からよくある、紐ひっぱってボールを穴に落ちないように登らせるおもちゃをボードゲームに。

カード1枚引いてその色のボールをその持ち主に届ける。
最初はめくったカードの人探しから。
窓タイル1枚めくって、違う人だったら空きマスに移動させて、また次めくって。
見つけたらそのマスが目的地になり、ボールをそこまで登らせる。
あんまりゲーム的な意味があるとは思えないけど。

んで実際にヒモ引っ張って登らせる、と。

難易度調整で穴をタイルで埋めたりできるのが面白いね。
でもまぁ普通によくあるおもちゃだな、と。

2人で片手ずつ使ってチャレンジとか、2つ同時にボール載せてチャレンジとか遊んでみた。

結果不明:レン、コマジックマ




おしまい。

1/27 結楽会@東枇杷島

ゆずさん主催の結楽会に初参加。
なんと参加人数50名。
ゲーマー集めてこの人数は名古屋最大規模。
すごいなぁ。人徳ですね。


この日は午前中からチャリティオークションに参加してたので午後から参加。
1人じゃ食べきれない量のパンを落札したので差し入れに持って行ったら、昼飯よりゲームなゲーマーたちに歓迎された模様w。


IMG_6042
「ハッピーサーモン / Happy Salmon」 Ken Gruhl, Quentin Weir作

初プレー。

2セット使っての12人戦!すげぇ。
基本的にはハンズに似てる。

自分の山を片手に持って、めくったトップのカードに対応するハンドサインをする。
同じハンドサインしてる人を見つけて、対応するアクション。
ハイタッチやらグーパンやら手をビチビチしたり、場所交換したり。
アクション出来たらそのカード捨てて次のカードへ。
使い切った人が勝ち。

ほぼハンズなんだけど、こっちの方がパーティー寄り。
両手アクションない分、自分の行動に集中できるし、1枚達成ごとに他の人とハイタッチしたりのコミュニケーションがあるから盛り上がるね。
子どもとやりたいけど、英語表記なので日本語版出ないかな。
絵で見分けられなくもないんだけど。

結果不明

Happy Salmon ハッピーサーモン グリーン
ノーススターゲームス(North Star Games)
2018-04-30




IMG_6043
「ノースアメリカンレイルウェイズ / North American Railways」 Peer Sylvester作

昨日に引き続き。

4人だと2人ずつ住み分けちゃうかと危惧したが、そうでもなかった。
ゲームの長さ的には丁度いい塩梅。

今回もいい感じに独占からスタートして稼がせて貰いました。
面白いねぇ。

結果:レン 6100〇、ちょろ 4300、キートン 5800、きっと 3000





「チェーテン」

写真忘れ。
ライトな方がいたので簡単なのをということでドミノで。

結果:レン 〇、きっと、きのこっち、のの



IMG_6044
「インパクト /  Impact: Battle of Elements」 Dieter Nüßle作

初プレー。ストライクのリメイク。気になってたので遊ぶ。

基本ルールはストラクと変わらず。
ダイス目がアイコンになったくらい。

上級ルールだとゲーム開始時にランダムで決めたアイコン1つに特殊能力が付く。
そのダイスが揃ったら効果発動。
今回のは火。揃ったら全員同時に手持ちダイスを積み上げる。
最初に出来た人が揃ったダイスをゲット。
まさかのバランスゲーw。ダイス多い人ほど不利になってるのは良いが。

うーん、まぁ効果はおまけだなw。
元々が良作なので、普通に遊んでも十分面白い。

箱が小さくなったのはいいが、何故か厚みが増した。
深くなったかと思ったら、まさかの上げ底。意味ねぇー。

結果不明:レン、きっと、桜庭





IMG_6045
「おいてけオバケ / Ghosts of the Moor」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

5人で遊べるものをと。

昨日も書いたけど誤訳あるので注意。

結果:レン 4、みゅう 8、おどりこ 9〇、スミ -6、小田 -1






IMG_6046
「打点九」

今日もね。

ゲーマー集まってトリテしてたのでこれ出してみた。
ヒゲボドさんと初めて遊べたよ。

結果:レン 165〇、ニート 75、ヒゲボド 96、キョウ 64



IMG_6047
「ルー / Loo」

5人で出来るトランプトリテ何があったかなと。
ルー思い出したので調べてやる。

配られた手札見て、出るか降りるかを順に宣言。
トリック勝つと得点だが、1トリックも取れないとマイナス点。
今回は調べたら出てきた伝統ルールでやったけど、草場さんルールの降り賃はいいフェアリーですね。
ミゼール時のペナルティも上げてるのでゲーム性が増してる。

結果:レン 19、ショーゴ 27、キョウ 21、ニート 38〇、ヒゲボド 35


IMG_6048
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

豆植えたよ。

結果:レン 11、ショーゴ 12、キョウ 9、ニート 13〇、ヒゲボド 13





おしまい。



IMG_6050
みやびさんと飯行こうってなって近くのお気に入りの餃子屋を提案。
何人か声かけて8人になったよ。
普段遊ばない刈谷勢の話聞けたのが良かった。
刈谷勢は若いなぁ。その若さが名古屋には足りない。
私は北名古屋ですけどね!

1/26 758BG@守山

758BGへ。



IMG_6031
「おいてけオバケ /  Ghosts of the Moor」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

持参初プレー。
相変わらずのアークライト邦題。原題は沼地の幽霊ってところか。
まぁ置いてけ堀って意味では間違ってないか。
実際置いてかれるのはお化けなんだが。

さてその実態は勝利への道のリメイク。
といってもかなり別ゲーになってるので流用というか。
なんかいい言葉ないんかな。リコンストラクション?リインプリメント?

ダイス1個振ってその数進む。人数多い時はコマ2つで、好きな方選んで。
どいたマスに他にコマが無ければタイル獲得するのは一緒。
中立コマはない。

んで新しい要素として、タイルのないマスを離れる時は、他のコマの有無によらず手持ちタイルを払う必要がある。
払うタイルは、
・マスに描かれたタイル(そのマスに)
・おばけタイル(ゴール直近の空きマスに)
・任意のタイル2枚(ゴール直近の空きマスに)
のどれか。
おばけタイルは終了時に持ってるとマイナス点だが、空きマス離れる時に代わりに捨てられるので便利。
適度に取っておいて、機を見て捨てるのが良い。
ただし最優先はそのマスに一致するタイルなので万能ではない。

また各自1枚吊り橋タイル持ってて、空きマスに止まる際に置ける。
すると空きマスじゃなくなるのでタイル捨てなくていいし、次の移動で回収可能。
ただし回収する前に誰かが同じマスに来ると拾えなくなってしまう。

あとはゴールした順に得点タイル獲得。
お宝は種類ごとに1枚1点2枚3点3枚5点…のお約束。

おばけを取るかどうかのせめぎ合いが面白い。
使ったおばけはゴール付近に溜まっていくので、後半は捨てる目途が立たないから取りたくないが、おばけだらけになるので置いて行かれると辛い。
このゴール付近に溜まっていくシステムは良いゲーム性になってるんだが、捨てるタイルによって置き場所が変わるのでややめんどくさい。

…いやな予感がしてBGGの英語ルール確認。
ああーっやっぱり誤訳だし!いい加減にしろアークライト!

×「一致するタイルはそのマスに、持ってなければ2枚かお化けをゴール直近の空きマスに捨てる」

〇「そのマスと一致するタイルを捨てる。持ってないなら任意の2枚かお化けを捨てる。タイルはゴール直近の空きマスに捨てる。」

本当はどのタイルでもゴール付近に捨てるのが正解。

あーもう、台無し。
場合分けのめんどくささで評価1くらい下げてたのが吹き飛んだわ。

とういわけで欠点無くなったよ!いいゲームなんじゃないかな!
正しいルールで遊んでみよう。

あーもう、ほんとアークライト嫌い。業界の癌。

結果:レン 10〇、安藤 4、無謀 0、雨宮 9、タガミ 3





IMG_6032
「アイスクール1&2 / Icecool 1 & 2」 Brian Gomez作

二度目の2倍アイスクール。

机が低いので中腰がキツイw。

誰も1点のトリックアクションに挑戦しない。
というか3点ばかり引いて挑戦できないw。
2点2枚出しの魚移動は強すぎると思うんだが。

結果:レン 21〇、みとりで 19、タガミ 12、雨宮 6、尾関 8、まっさん 13

アイスクール2 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-11-04





IMG_6033
「バトルフォールド / Battlefold」 Dave Choi, Yohan Goh作

持参初プレー。
Fold itのリメイク。今度は折って戦闘だ!

カード1枚めくると何個かのシンボルが指示される。
んでそのシンボルだけが見えるように布を折る。?は何でも良いが個数は必ず一致で。
折り終わった人から好きな手番順トークンを取る。
手番順トークンは人数-1しかないので最後の1人は取れない。

んで手番順に行動。出たシンボルに対応する行動ができる。
また基本行動として、1移動と1攻撃は付いてる。
手番順トークン取れなかった人は基本行動のみ可能。

移動:1マス移動
攻撃:射程距離にいる相手にダメージ1
宝箱:アイテムカード引く
薬:1回復
罠:自分が1ダメージ

使いたくない罠のシンボルがあるのが面白いね。
ダメージ覚悟で罠あっても良しにするか、それを避けるように折り方考えるか。

んでダメージ与え合って、自分以外殺したら勝ちw。
ただまた独特なのが、死んだプレイヤーは幽霊となってその後もゲームに参加する。
以後、相手にダメージ与えることはできないが、攻撃が成功する度に得点ゲージが溜まっていき、振り切ったら伝説となって勝利するw。
不思議な二段構えのゲーム。負け抜け救済としては面白い。

4キャラいるのだが、それぞれに特殊能力。
相手と同じマスにいれば+1ダメージの戦士、2マス離れた所から攻撃しダメージ与えたら1マス押し込む弓兵、罠ダメージ無効かする盗賊、斜め4方向に同時に攻撃してダメージ与えたら1回復の魔法使い。

魔法使いが強そうに見えるが、今回自分が使った離れた所から攻撃できる弓兵も中々強かった。
相手は1移動強制されるからね。さらに自分が殴れば押し込んで2移動しないと殴られない。
盗賊も罠無視できるので折り方気にしなくて良いので楽だし、先手取って相手の攻撃届かないマスに逃げることも可能。
…脳筋弱い気がするw。

Fold itに比べると難しいお題は減って、パズルゲーとしての面白さは半減してる。
あの難しさが好きだったので個人的にはFold itの方が評価は上。

結果:レン 〇、雨宮、タガミ




IMG_6034
「Crypt」 Jeff Chin, Andrew Nerger作

持参初プレー。
キックしたやつ。関東に持って行ったんだけど、プレー前によち犬さんとこの交換会出したので未プレー。
2つ蹴ったのでもう1個の方。

場にカードが3枚表、1枚裏で並ぶ。裏のカードも色だけ分かる。
手番では手持ちのダイス3つを場に並んだカードのうち欲しいものに好きな目で配置。
複数枚に分けて置くのも可。1枚に複数個置く場合は同じ目で。
後手のプレイヤーはまだダイスの置かれてないカードに置くか、既にダイスの置かれたカードに対して出目の合計が多くなるように配置して上書き。
上書きされたダイスは持ち主の手元に戻る。
ラスPだけは制限があって、カード1枚の上にしか置けない。

全員置いたらカードはダイス置いた人が獲得する。
んで、その後置かれたダイスを振り、元々置いてあった出目以上の目が出れば回収、さもなくば没収される。
高い出目にするほど没収のリスクが増える。面白いね。
没収されたダイスは手番しゃがむことで回収できる。単純に手損が辛い。

あとはカードの色ごとに特殊効果がある。ゲーム開始時に各種2つの効果からランダムに決まる。
獲得したカードを裏返して振り直しできたり。得点は消えない。
他のプレイヤーより多く持ってるとボーナス点とか、2枚使うと没収されたダイス回収できたりとか。
得点優先で狙うか、色優先で狙うか。

中々シンプルながら面白い。箱も小さくていいね。
結局はダイス目なので、許容できる人で遊ぼうw。

結果:レン 42〇、タガミ 31、雨宮 34



IMG_6035
「ヘルマゴール / Hermagor」 Emanuele Ornella作

久々に。2度目のプレー。
前回3人プレーだったので4人でやってみたかったので嬉しい。

まずはボード左下にタイル並べて獲得合戦。
各タイルの周りで最も多くコマ置いてる人が獲得。
同数ならタイルの上、横、斜めの順に優先度。
コマ置くのにもお金が必要で、複数タイルに絡む十字路は高い。ただし同数だと優先度低。

また同時にお金の収入も決まる。
各縦列横列に置いてるコマの数に応じて、1金3金6金10金だったかな。
これも交点が複数ラインに絡めて有利。
ただ、コマは4つしかないので同数決着が多く、交点ばかりに置いてるとタイルが取れない。

取ったタイルは資源が大多数で、それを使ってマップ処理。
自分のコマ動かして、移動した都市に対応するタイル払って家コマ置く。
すると資源に応じた収入が貰えて、環状の道でエリア囲めるとまたボーナス。
ゲーム終了時には主要道路上でのマジョリティでボーナス、川で区切られた3つのエリアのうち自分がコマ置いてる数が一番少ない場所のコマ数に応じてボーナス。
色々とやりたいことが多くて悩ましいが、そのためのタイル取れるかがまず問題で。

うーん、悩ましい。面白いなぁ。
見た目は地味だが名作ですよ。

最終ラウンドまさかの1枚もタイル取れず…。くっそ辛い。
まぁ取れてても勝てなかったかな…。

結果:レン 66、あおや 130〇、雨宮 58、タガミ 72

Hermagor Cardboard Game
Emanuele Ornella
Rio Grande Games
2006-06-01




IMG_6036
「打天九」

楽しい!!

ミューラが持て囃される今、これももっと遊ばれても良いと思うんだが、如何せん天九牌でのプレイアビリティが悪すぎる。
皆よち工房の打天九牌買おうぜ!(ステマ)

結果:レン +25、タガミ +52〇、雨宮 -65、あおや -12


IMG_6037
「ノースアメリカンレイルウェイズ / North American Railways」 Peer Sylvester作

持参初プレー。
エッセンで買おうと思ってたけど即行売り切れて買えなかったやつ。
今更ながら再販されてバネストに入ったので購入。

線路引きと列車なくして強制分配にした18xxって感じかな。

株式購入ラウンドでは4列並んだ株券から、各列最下段のどれかを購入。
選択者から開始の1巡競りで、落札値で落札者に買わせるか、その値段で選択者が買うか。
落札者が買えばお金は半分銀行に半分その会社に、選択者が買えば半額会社に半額は落札者に。

なお、自分が既に持ってる会社の株券選んだ場合は1000ドル固定支払いで半額会社に。
株券所持トップ者は会社の経営権を獲得。同数でも更新。

次は会社経営ラウンド。
手番が来たら自分が株券持ってる会社を1つ選んで、同じく場に並んだ路線カードを獲得。
お金は当然手元からではなく会社の資産から払う。
自分が多く持ってる会社には当然安くて収入多い路線を買いたい。
逆に自分は少ないが他が多く持ってる会社は高くて収入少ないの買ってしまって無駄遣いさせるも良し。優先度考えて。

その後配当。
会社ごとの収入を株券1枚当たりに均等割り。
またゲーム終了時には路線カードに描かれたアイコンに応じた報酬が株券1枚に対して入ってくるのでアイコン多く取れてる会社は株券買い足す意味も出てくる。

筆頭株主の利点がそこまでないのも特徴かな。なんか不思議。

凄いシンプルながら、悩ましさは抜群で面白い。
株券の並びも路線の並びも公開情報なので、手番順や出てくる順番考えて序盤に戦略を立てたい。
序盤から終盤まで自分だけ独占できると強い。
後半は定期収入取るか、終了時ボーナス取るかも悩ましくなってくる。
お金が勝利点なので使いすぎてマイナスになってはいけないし。

中量級ゲームとしてはかなり悩ましいし、会社運営感あるし、良いゲームだと思う。
きちんと利益計算できる人で遊ぶべきね。

ただ、中箱サイズで4500円なのに内容物が小箱に入るくらいのカードとコマとお金しかない。
このコンポーネントなら2000円くらいが適正価格な気がして割高感。
まぁ内容的には満足感高いんだけどさぁ。すっかすかやでぇ…。

序盤に1色独占できたので効率よく稼いで、リード保って勝利!

結果:レン 3700〇、あおや 3500、タガミ 3000、ドン 3300、リトル 2500





IMG_6038
「たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ」 CRIMAGE

初プレー。
タイトル長い!まぁラノベ感ないのでマシ。

配られたカードと汎用カード使って面白い素敵なプロポーズの言葉を作ろう。

まぁ男衆で遊んでそんなオサレなゲームになるわけもなくw。
如何に笑えるの作れるかになるよねw。

ちょっと制限時間短すぎませんかね。
汎用カード複数枚持ってる上に裏表で8つずつ書かれてるのでその把握だけでも大変。

自分の作ったの読み上げるのに笑っちゃってダメだわー。
まぁワイワイやるには良い大喜利。

結果不明:レン、あおや、etc...





おしまい。



IMG_6040
あおやさんオススメのカレー屋。ハニーチーズナン美味いがデカい!
有意義な話も出来たので良かった。

1/13 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

きなボド!ふぁみりーず。
最近は30人くらいで安定してます。
ファミリーは常連がほとんど。広報載せたけど効果なかったなぁ。
もうちょっと大人が来てくれると嬉しい。


IMG_5940
マスク揃えてみた。インフル流行ってるので自衛大事!


IMG_5961
持ち込みゲームは結構多め。8割自前。
もっと持ち込んでくれる人来てくれれば量減らせるんだけどw。



IMG_5941
「パイプワーク / Pipe Work」 Justin Oh作

持参初プレー。駿河屋で。

同じ色同士繋げてねーなパズル。分かりやすい。
必ず全マス埋めなければいけないのと、ボドゲにしたから直線とカーブに数の制限が出てゲーム性になってて面白い。

同じカードでも4つの難易度があって、十字パイプを使うかどうかと4色繋げるか3色繋げるかで難易度が変わる。

人数分透明な蓋付いてて、無駄に思えたけど、1回終わったら被せてひっくり返してパーツ回収できるようになってるのかな。便利。

途中でファミリー対応で抜けたので不完全燃焼。
またどっかで遊ぼう。




IMG_5945
「はぁって言うゲーム」 米光 一成 作

初プレー。
同人で出た『はぁって言うゲーム』が『ベストアクト』としてリメイクされて、それが幻冬舎から商品化してまた『はぁって言うゲーム』に戻ったよ。めんどいね。
個人的にはゲーム性が分かるタイトルで好きです。
これ以上長くするとラノベ感出て嫌だけど。

場に1枚出したカードにお題が複数書かれてて各自にアルファベットカードが1枚配られる。
対応するお題を実演して、他の人に当ててもらう。
お題は同じ言葉ながら言い方によって意味や感情の表現が変わるもの。
『はぁ』だと、相手の言うことが分からないときとかため息とか怒って聞き返すときとか。
全員が1枚のカードに対して順に演じるので、テンポが良くていいね。
消去法で特定できそうなのもゲーム性あって良い。

演じるゲームではあるんだけど、ほんの一言だけなのでムードみたいに演じてる感は出なくて敷居が低い。

旧版だと表情で演じるお題とかあるらしく、正直敷居上げるだけの蛇足だと思ってるのだが、この版ではどうなのかな。
他のカード見せて貰えばよかった。

小学生兄妹と遊んだけど、楽しんでくれました。






IMG_5956
「レイヤーズ / Layers」 Dave Choi, Yohan Goh作

初プレー。

穴の開いたカード重ねて、お題と同じ柄を作ってね。
ただそれだけだが、重ねる順で絵柄変わるし、裏表あるしでよく考えないと解けない。

とはいえ、1個ずつ上から考えてけば結構簡単にできてしまうのでちょっと拍子抜け。
もっと高難易度版出れば欲しいけど、これだとリプレイ性低そう。

同じ作者のFold itが難易度高くて楽しかったので、期待度高かったのだがね。






IMG_5957
「がんめんマン」 佐々木 隼 作

初プレー。

パーツで表情作って、どのお題表現したかを当てる。
まぁ見たまんまのゲーム。

思ったより多彩な表情作れるし、画力なくても結構なんとかなるので良かった。
ダミーお題ランダムで混ぜるのでたまに事故るのも盛り上がる。

まぁライト向けにはいいんでないでしょうか。

スマホの自撮りでも遊べるってあるけど敷居クッソ高いので蛇足かな。
まぁやりたい人がやればええ。



以上!


1/12 ダンジョンボード@尾頭橋

ダンボドボドボド。

何してたか忘れたけど昼から参加。寝てたんじゃない?


IMG_5933
「パンデミック:ローマの落日 / Pandemic: Fall of Rome」 Matt Leacock, Paolo Mori作

持参初プレー。持参という名のニートさんの。鞄には入ってるよ。

パンデミック歴史シリーズローマ編。
今度は伝染病じゃなくて蛮族だ!パンデミックとは…。

微風君がプレー済だったのでインストお願いして。
いくつか抜けあったけどな。修行あるのみだよ。

基本はパンデミックだが、今作の特徴として、蛮族は出てくる場所が決まってて、カードで指定された場所と出発点との間のまだその色の蛮族がいない最上流の場所に湧く。
あとは兵隊の存在。
プレイヤーは都市で兵隊をアクションで増やして、移動で連れていく。
蛮族と戦う時は兵隊の数だけサイコロ振って戦闘。
蛮族のいない都市に兵隊置いておくと湧いたときに相殺してくれる。

パンデミックお約束の同色カード集めることで蛮族と協定を結ぶ。
するとその色の蛮族コマを兵隊コマに置き換えるアクションができるようになるのが面白いね。

なお、全部の色の最下流であるローマを落とされたら即負けです。
役職とかは忘れた。


今回はローマ陥落して負けました。むっさむずくね?

まぁ結局はパンデミックヴァリエーションでとりわけの面白さはないかな。
ヴァリエーションの1つとして楽しめばよい。

結果:レン&ニート&微風 ×






IMG_5934
「マグナストーム / Magnastorm」 Bauldric & Friends作

持参初プレー。
タナカマさん推しの新作。

サブボードの上下に分かれたエリアで、上側エリアの自分の色のコマか中立コマを下のエリアに移動させて、その列に応じたコスト払ってアクション。
また、上の列でその列にあるコマと同じ色の資源払うとリーダーカードを獲得できる。
得点貰えるうえに特殊効果付いてるので協力。
これを取られないようにコマの数と色を上手く調整したい。

資源は中立の黄色と各プレイヤーの色があって、自分の色は獲得しやすく、他人に渡すことで恩恵あったりするのは経済ゲームっぽさある。

アクションでやることは中央ボードでの行動。
有効エリアが3つあり、ラウンドごとに時計回りに1つズレるので置いていかれないように移動とカメ(基地)配置を繰り返す。
エリア内に置いた個数によって収入があるのと、マジョリティ取ると得点。

あとはテラミスティカみたいな色別トラックがあって、対応するエリアにカメ置くとトラックが進んで資源やら貰える。
ここでマジョリティ取ってるとこちらもリーダーカードが貰えるので、どのトラック進めるか悩ましいところ。

目的カードが4枚並んでてそれの達成もあるよ。先着ほど得点高い。

勝利点取る手段が結構限られてて、目的カードかリーダーカードか、マジョリティか。
あとはワープポッドとかあるけど、まぁ置いといて。

そんな悪いゲームではないんだけど、とびぬけた面白さもないかな。
置いた基地どんどん無効エリアに追いやられてくし、1周でゲーム終わるので終盤の布石を打つでもなく、その場の収入と目的カードの達成狙うくらいで、拡大要素がないのよね。
爽快感がないし、ゲーム中ずっと同じこと繰り返してる感じ。
得点要素も限られすぎてて出し抜いて逆転ってのも起こりにくいし。

一定ラインの面白さはあるけど、無難ってところかな。
何度も遊びたくなるゲームではない。ノーリアくらいの立ち位置。

このゲームで一番面白いのは遊ぶ度にトロフィーカードが貰えて、次回以降面子全員がそのカード持って来てたら資源貰えてボーナス貰えるところ。
1位は金、ドベは銅、それ以外は銀が貰える。
んで全員が2枚以上持っててゲームするとき、手持ちから2枚引いて、合計値が高い(金3銀2銅1)ほど先手になる。
代わりに銀と銅のカード出した人は初期資源が増える。

試みとしては面白いんだが、あんまり意味があるとは思えないね。
先手取りたいなら金だけ出すし、資源欲しいなら銅だけ出すし、ゲーム外にも紳士協定持ち込まないといけないのでめんどくさいだけ。
あと中古に優しくないw。
無駄に120枚くらい入ってるので使わないのも勿体ないしな。
とりあえず財布に入れておいた。

結果:レン 24、tetu 25、ニート 29〇、東野K 15





IMG_5935
「トリックと怪人 / Tricks & The Phantom」 斎藤 隆 作

初プレー。
出たばっかでは結構話題になってた同人ゲームがオインクから。

全員に2枚配り、手番順に1枚裏で出す。その際カードの色をトークン置いて宣言。
全員出したら逆順にどれがトリックを取るかを予想して虫眼鏡を置く。
基本は数字が大きいカードが勝つが、効果により無効になったり他のが勝ったり。

また、怪人は数字は最小なので勝つことはないが、色宣言で嘘を吐けて、自分に虫眼鏡置いた人から得点を奪う。
人を騙せると得点になるが、どの色宣言するかが悩ましい。
下手に考えてると怪人だってバレるしね。上家だと特に。

少ないカードで中々考えられてて良い。
2枚配って1枚ずつ使って2回戦ってのも2回目の方が情報多くて推理しやすくなっててダレない。

ラブレターに近いって言う人いるけど、個人的にはダンジョンオブマンダムの方が近さを感じる。
カード同士の関係とかね。

オインク版はスタイリッシュでオシャレなんだが、イラストないので地味というか淡泊なのと、テキストが小さいのでめくった時にどのカードかが分かりづらい。
数字は大きいのでそれをインデックスにしてサマリーカードとにらめっこして、こっちが勝ったねってなる。
まぁ同人版でもそこは変わらないか。
絵柄からカード名の認識がしやすいのは同人版に利があるな。

結果:レン 8、tetu 5、東野K 10〇、ニート 7







IMG_5936
「アンティクイティ / Antiquity」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

遊びたくて持参。重いけど遊びたいの!
tetuさんとしくらめんさんに付き合ってもらいました。
ニートさんも前から遊びたがってるけどタイミング合わず。

説明は以前ダンボドで遊んだの見てね。
前回初期ボード間違えたので修正。あと漁場の配置も。
序盤が大分楽になったかな。
早めに病院建てて墓対策はしたけども、汚染に苦しむ。
都市増やして錬金術学部建ててなんとか凌ぐが、次第に墓も増えてひぃひぃ。
それでもまだ余裕あって回せてたけど、しくらめんさんは病院やゴミ捨て場もなく墓だらけになってて辛そうだったw。
それもうダメなんじゃね?ってくらいw。

IMG_5937
なんとか勝ち筋見えて来たけど、目指すルートは前回と同じ各資源3つずつ所持の勝利条件。
あと3ラウンドくらいで勝てるかなってあたりで時間切れ終了。悔しい。
4時間で終わると思ったんだけどなぁ…。甘かったか。
まぁ他2人はまだ勝利条件も確定できてなかったんで抜かれることはなさそうだったけど。

うーん、やっぱり難しいゲームだ。でも面白い。
もっと序盤から汚染対策していかないとダメねぇ。
あと飢餓メーター上がると辛いのでもっと皆噴水作らないと。
次回はそこらへん意識してインストして実践してみよう。

やはりおもろい!

結果:時間切れ終了:レン、しくらめん、tetu






IMG_5938
tetuさんと飯へ。
tetuさんオススメの店が閉まってたので鶴舞駅前のラーメン屋。
あっさりだがパンチあって美味しかった。次は二郎系食べたい。

1/11 大須イエサブ平日会@大須

イエサブ平日会へ。

この日は8bitボックスの体験会。
持ってるし、特にミニ拡張欲しいゲームでもないので参加する予定はなかったけど、人数によっては賑やかしになろうかなと。


最初人少なさそうだったので参加することにしたけど、次第に数人増えて気づけばマックス人数。
自分いらなくねw?と思ったけどねくろんさんも未プレーだったのでインスト請け負う。



IMG_5928
「8ビットボックス : アウトスピード / 8Bit Box: Outspeed」 Frank Crittin, Grégoire Largey作

無難なバッティングゲームといった印象。
2つか3つのコースの中からどれを選ぶか。
ガソリンの資源管理と置いていかれたら脱落の進度管理。
どこでガソリンやアイテム補充して、どこでスパートかけるか。
悪くはないんだが、本当に無難。

折角のコントローラーを右ダイアルしか使わないのがちょっともったいないね。
終盤ガソリン使った分だけ移動で何個使うかを中央ダイアル使うこともあるけど。

勝者が貰えるプロモは追加のコースタイル。内容は特に当たり障りない。
参加賞のチートカードは特定のコマンド入力(連続選択)するとボーナス。
いまいちねー。

結果:レン、オオヤ 〇、ねくろん、etc…



IMG_5929
「8ビットボックス : スタジアム /  8Bit Box: Stadium」 Frank Crittin, Grégoire Largey作

2回戦。

チーム戦で10種競技。
毎回変わる競技でメダル獲得するチーム戦。
8bitボックスの中ではこれが一番面白いかな。
内容は主に体力を通貨とした競りゲー。たまにバッティングとか。

勝者賞品は追加の競技タイル。これはゲーム性に影響あるので嬉しい。
競技はカーリング。キューブ投げて近い人に得点。バカゲーだw。
競りゲーの中に急に出てくるアクションゲー。笑える。

跳べると思った高さまで下がるの待つ棒高跳びとか再現性高くていいね。
決勝のテコンドーは何故か乱闘戦。テコンドーってこんなんだっけw。
誰か殴るか防御して弾くかの読み合いは面白いけどね。

結果は自分のチームの勝ち。
ただし賞品は1個しかないのでカーリングやって決めましたw。
ゲーム持ってる人がカーリング負けて悔しがってたら、勝者の方から授与。いいね。
自分もオオヤさんが買う予定ないというので貰いました。ありがとう。

結果:レン&?&? 〇、オオヤ&ねくろん&?







IMG_5930
「ベルラッティ / Belratti」 Michael Loth作

持参初プレー。
エッセンのスカウトアクションで1位になったやつ。

回答チームと出題チームに分かれる。毎回変わるのでチーム戦ではなく協力ゲーム。

まず山からカードを2枚めくって場に配置。何か物の絵が描かれている。
回答チームは今回出題チームが出すカード枚数を宣言。
その枚数だけ出題チームは相談してカードを出す。
出すカードは場に置かれた2枚から連想できるもの。適当なカンケイみたいな。
出したカードに山札からベルラッティさんが描いた贋作のカードを何枚か入れて公開。
回答チームはどれが出題チームの出したカードなのかを当てる。

当てれば得点だが、ベルラッティさんの出したカードを選ぶとベルラッティの得点に。
これが一定枚数溜まったらゲーム終了で、それまでに何点稼げるか。

ゲームというかはコミュニケーションツールって感じがするな。
本当にこれがスカウトアクション1位?組織票じゃね?

まぁ純粋にコミュニケーションゲームとして考えれば中々面白い。
ただ、何枚使うかを相談する意義をあんまり感じないな。
一応指定枚数でクリアすると特殊効果カードが復活するってのがあるが、後付け感が強い。
効果も特に必要性ないしね。枚数再選択とか。
最少の3枚指定が基本。たまに4枚っていって出題側がひぃって言うの楽しんでたけど、協力ゲームなのにな、これ。

山からランダムに加える系は私の世界の見方とかみたいに時折事故が起こって笑えるね。
岩とハサミでじゃんけんって連想を正解できた時は嬉しかった。


結果:レン、オオヤ、ねくろん、etc... 20点



おしまい。



IMG_5931
マジスパ!

1/6 きなボド!ゲーマーズ@北名古屋

関東遠征から戻った翌日の主催会。
疲れてるけど頑張る!



IMG_5888
「ソクラテスラ」 azb.studio

持参初プレー。
帰ったら届いてたクラウドファンディング品。

基本はクリーチャーズで、3つのパーツ集めて、誰かに戦い挑んでお互いの出したカードで勝負。
負けたカードは捨て札に。受けた側が勝てば回収。
攻めた側が勝ったらまた他のプレイヤーに戦い挑んで、全員に買ったら殿堂入り。

まぁそんな感じでほぼクリーチャーズなんだけど、最大の特徴というかレゾンデートルは名前を組み合わせてキメラ偉人を作れるところだね。
一発ネタなんだけど、その一発のために買ってよいと思わせる出来だった。
上手く説明文もキメラになるのはやられたね。

写真も上手く肩の位置で合うように調整されてて良くできてる。権利は知らんがw。

まぁゲームとしての面白さは薄いよw。

エカチュリオン!

結果不明:レン、温玉、?



IMG_5894
「我流功夫極めロード」 アスタリスクラボ

初プレー。
そういや遊んでなかったやつ。

漢字のカードを組み合わせて中二っぽい必殺技を作る。
手番では場と1枚交換するか、山から1枚引くか、1点取るか。
規定回数ずつ手番やったら公開。
全員気に入ったのに投票して、選んでくれた人の数×文字数が得点。

まぁネタゲーとしてはルール作られてるけど、正直このテーマならそんな内容いらんなw。
選ばれたらあんたが偉い、で十分な気がする。

まぁ横暴編集長とか、それ系のノリ。
幽白とかサガフロとかテイルズ世代にはウケると思う。

結果:レン 22〇、伊藤 18、かっちゃん 16、タケ 17



IMG_5895
「アノコロの俺ら vol.3」 熊熊飯店

このバージョンは初プレー。
古いのは以前いえろーさんと遊んだね。その新作の00年代編。

基本はタイムラインなんだけど、場に並んだ数枚から1枚選んで、列の両端にしか置けないってのが違うところ。
この版は2000年代から2010年代の出来事。
アニメゲームもあればTV映画やらスポーツやらも。

ごにょごにょタイムラインよりは一般人も遊びやすいと思う。

2000年代は青春真っ盛りなんだが、2010年代は世間と乖離してるので辛い。

結果:レン 27〇、かっちゃん 22、サイプレス 21、タケ 22



IMG_5899
「ハイパーロボット / Ricochet Robots」 Alex Randolph作

インストプレーだけど、容赦なく快勝。
一応1問おきに休んだよw。




IMG_5901
「カルペ・ディエム / Carpe Diem」 Stefan Feld作

持参品。
未プレーのみくろんさんとドリラーさん誘ってプレー。

前回と同じく小さいエリアいっぱいつくる作戦。
引いた噴水カードがどれも弱くて難儀したけど、手番順トラック上手く進めていいカード選んで失点回避して、なんとか勝てた感じ。
他2人は生産して払ってたのでそれ系のカードが早々に埋まって、最後コインが大量に余ったw。

そういやまだ3人でしか遊べてないや。

結果:レン 90〇、みくろん 83、ドリラー 64



IMG_5902
「適当なカンケイ?」

やってみたかったボードゲームタイムラインのカード使って適当なカンケイ。

これが予想以上に難しかった。
知らんゲーム揃えようがないw。箱におっさんいるとか横長とかw。



IMG_5905
全員知ってそうなゲームだけ抜き出してやったら、今度それぞれ似すぎてて難しくなったw。
うーん、辛いw。

まぁ出オチってことで。

結果不明:レン、最上、温玉、おず、ナカイ、もちもち らへんだったかな。



IMG_5906
「トラベルブログ / Travel Blog」 Vlaada Chvátil作

持参品。久々に。

ヨーロッパマップとアメリカマップあるけどヨーロッパで。

ヨーロッパの地図覚えて、閉じて、カードをボードに並べる。
スタートの国から一番安く行けそうな国を早い者勝ちで選択。
国境1個超えるのに10金、ただり隣接してる国だと30金、既に誰かが選んでると+10金とかそんな感じで旅費を払う。
最初は1つ選ぶだけだが、ラウンドが進むにつれて1つ慶友して更に他に行ったり。

解答はマップ広げて最短距離を全員で探すのでめんどくさい。

カリーニングラードはきちんとロシアになってるよw。

結構面白いと思うんだけど、この前のゲムマで中古3つくらい見たw。
なおアメリカの州マップは場所の想像すらつかんな。

ナカイさん強そうだなと一緒に遊んだら案の定強い強いw。流石知識人。

結果:レン 270、ナカイ 360〇、もちもち 320、おず 280、ドリラー 310





いじょー。



IMG_5892
あ、かっちゃんさんにクイズ本貰ったよ。
アニメゲーム限定大会の問題集。



IMG_5893
今回問題提供してみたので名前載せて貰えました。
作問はまだまだレベルが足りんな。
難易度分からなくて難しすぎ言われたw。
ボドゲに関しては結構自重したんだけどなw。

1/5 大田非電脳ゲーム倶楽部@大森

蒲田のサウナ宿泊後の大田非電脳。
電車で一駅。楽だ。

到着時5人くらい。
kgwさん来たので適当になんかやろうかと。


IMG_5878
「天下鳴動」 77spiele

初プレー。ゲムマ大賞のやつ。
木馬と英雄出した所だったのね。

手番ではダイス3個振って、2つの合計値で場所を、残り1つでコマ置く数って風に振り分け。
場に5枚公開された特殊効果は早い者勝ちで1人1枚使えるよ。
コマ全部置ききった人から優先権マーカーを取る。

決算は1のエリアから順に。
マジョリティ取るとエリアの数字が得点、2位は半分。
このゲームの最大の特徴として、1位取った人はそのエリアに隣接する未決算のエリアのうち自分のコマが1個以上あるエリア全てに援軍コマを2つ置く。
この援軍コマは自分のコマとして数えるので次以降の決算に有利になる。
このシステムがこのゲームの肝。
かなり強力なので、きちんと決算の順番や隣接状況などを見ておかないとならない。

エリアマジョリティなので牛歩して後から様子見て置いた方が強いが、先抜けすると同数勝ちになる優先権が貰える。
ここはよくある感じだが、いい調整。

なるほど、面白い。
下手するとマルチゲーになりそうなところをダイス運で上手くぼかしてる。
何より援軍システムが秀逸で、全体の動向や相手の心理も含めたインタラクションを強めてて良いね。
下手すると大味ゲーになりそうなところを上手くまとめてるね。

コンポーネントはかなりしょぼいが、値段は抑えられてる。
内容もさながら、このコンポーネントで出したゲームに大賞与えたのは英断だな。

ところで何でこんなに日本列島ぷっくりしてんだろ。
その割には沖縄?は小さいしねぇ。

結果:レン 16、kgw 31〇、タケル 31、芯D 26



IMG_5879
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

植えたよ。

結果1:レン 16、笹親父 16、kgw 14、芯D 18〇
結果2:レン 15、沢村 16、芯D 17、kgw 17〇
結果3:レン 16、沢村 17〇、芯D 16、kgw 15



IMG_5880
「八八」

さてここから八八。
草場邸で遊べなかったのもあって、この日は八八を遊びに来たぜ。
よち犬宅でも遊んだけどね。

正月記念ってことで花札は沢村さん持参の松井天狗堂の高いやつ。ウン万円?

ついに年間リーグまで始まるほど大田非電脳では遊ばれてる。いいなぁ。
名古屋だと最上さんの気まぐれでしか立たないからなぁw。
どっちでも大体kgwさんがいるのは不思議だねw。

写真は1月で絶場四光出された図。私は白札。平和だなぁ。


IMG_5881
こちらは二月大場で手四と二三本と十一。
私は白札。平和だなぁ。


IMG_5882
おや、だるま3つ持ってる人がいるぞ。
何か年末にも見たぞ!


そんな感じで、昼飯挟んで5年遊びました。いやぁ楽しかった。

結果1:レン -33.3、芯D 11.1、沢村 92.1、Mash -42.9、ねねこ -22.9、さき -156.9、kgw 126.5〇
結果2:レン -74.2、芯D -19、Ohashi 91.10〇、まー -34.5、kgw 10.1、さき -5.6
結果3:レン 7.10、沢村 -22.10、kgw -22、Ohashi 3.7、Shadowflame -99.8、芯D 97.7〇
結果4:レン -39.3、芯D -26.3、Shadowflame 38.11、笹親父 40.8〇、お弟子 -10.3、沢村 -34.10
結果5:レン -29.8、芯D 42.5、笹親父 -9.11、Shadowflame 62.6〇、kgw -26.6、沢村 41.4

いやぁ負けまくったなw。でも楽しかった。


夕方に退散。明日名古屋できなボド主催なのでw。
なければもう1日滞在してミスボド蒲田行ったかもw。

かなり強行ツアーだったけど、なんとかなりました。
いやぁ楽しかった。いい年末年始だったよ。

遊んでくれた人ありがとう。またね!!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ