ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

2020年03月

2/16 ファミボドみよし@みよし

今回はどんさんとゆずさん拾ってGO!

きなボド!ふぁみりーずと同じく、参加ファミリーは少なめ。
後半は結構増えたから良かった。


IMG_9176
「ストラータ 5 / strata 5」 Milton Bradley

持参初プレー。

手番では自分のコマを2つ移動し、その後正方形に繋がったブロックを1つ配置。
コマには数字が2~5で描かれていて、その数丁度移動する。
地面には降りれず、ブロックの上のみ。1段ずつなら昇降可能。
相手と同じマスに丁度止まれば相手のコマキャプチャして自分のとして使える。
目的は4段目に登ること。

基本は相手のコマから丁度の位置を避けるように自分のコマを移動させていく。
ブロックの配置は1マス浮いても良く、特に面白いのはコマを台座として埋めてしまえるところ。
なので置かれたブロックの隣に陣取るのは危険。
基本数字の大きいコマが強いので、自分の小さいコマを相手の大きいコマの近くに寄せて、ブロックで両方埋めてしまうってのも手。

ポジットとかプラトーXとかに似た配置系なんだが、このコマごとに異なる移動数でのヒットの睨み合いと、ブロックで埋めれるってのがかなり効いてて面白かった。

隠れた良作。箱がデカいのが難点。

結果:レン 〇、どん




IMG_9177
「クヴィーク! / Quiek!」 ブレーメンゲームズ

持参初プレー。
ハイパーロボット的なアブストラクト。

手番ではタイルを1枚配置する。置くタイルは相手が選ぶ。
その色のエリアにしか置けず、既に置かれたタイルの2マス以内には置けず、チーズコマの直線状には置けない。
タイルは2段積まれていて、上段を使い切ってから下段が渡せるようになる。
また手番ではタイル置く代わりにチャレンジが出来て、ハイパーロボット的な移動でネズミを移動させてチーズに辿り着いたら勝ち。

やりたいことは分かるんだが、何かルールが直感的じゃないんだよな。
手番で置いて渡すってなってるから、最初相手から渡されたのを置くってのが理解できなかった。
クアルトに慣れてると余計に違和感あると思う。

ハイパーロボット的と言えど、ネズミコマは1つしかないのでゴールできるかどうかは簡単に分かる。
なのでチャレンジ宣言ってのはただの勝利宣言であって、置ける場所が限られてて置いたらゴールに繋がるタイルを渡すのが勝ち筋で、それを狙って盤面構築していく感じ。

発想としては悪くないし、それなりに面白いんだが、なんかあと一歩足りない感がある。

結果:レン、どん 〇



IMG_9178
「スパイコード:ブレイクフリー / Spy Code: Break Free」 YULU

昨日に続いて。

難易度低いのは撒けたが、一番難しい赤は解けた。

基本行き止まりとか分かれ道はほとんどなく、あってもほぼ手戻りないくらい。
奥まで差し込む途中で横に入るとか、そんな感じ。

なんかもう一歩難しいのが欲しいな。




IMG_9179
「バイバイレミング / Bye-Bye Lemming」 丸田ともゆき 作

持参初プレー。海外版のリメイクはやったが。

打ち出しはカード1枚を場の任意の列に出す。
その列には描かれた数の倍数のカードしか出せない。
次のプレイヤーはその列の倍数であり、前のカードより大きい数字を出すかパス。
パス1周したら流して次。

直前のカードの次の倍数(その列の数字分だけ大きいカード)が出されたら即流し。
また、最小のカード(列の数字)は直前のカードに関わらず常に出せる。

リメイクのブロッサムファイトは人数分の列を作れたのでかなり違うな。
最少はどこでも出せるルールもなかったし、連番もなかった気がする。

まぁ好みだと思う。
個人的にはコチラの方が好みかな。
最小の数字が強すぎるので、配り運はこっちの方が強いが。

結果:レン、どん、F 〇、南無




IMG_9180
「アウトオブギアーズ / Out of Gears」 Andrea Nani作

持参初プレー。

3種類のアクションカードと対象の番号を伏せて出して同時公開。
『攻撃』は誰かの番号指定して、その人の手持ちタイル全部奪う。
自分の番号出して攻撃すると防御になって、奪われるの防ぐ上に相手からタイル1つ奪う。
『収穫』は場の番号指定して、そのマスにあるタイル全部獲得。複数いたら等分。自分の色は優先で取れる。
『トラップ』は場の番号指定して、そのマスに対して『収穫』出した人がいたら自分が代わりに全部取る。『収穫』がいなかったら貰えない。
自分の色のタイルは2点、他色は1点。

ラウンド終了後、手持ちタイル2つを確保スペースに置いて、奪われなくできる。
最初ここの扱いが良く分からなかった。用語定義が甘い。

極めてシンプルなバッティングゲーながら、相手のを奪うか、場のを取るか、トラップ仕掛けるかで分かりやすく悩ましい。
自分の色は優先して取りに行きたいので、思惑が交差して良いね。

8人まで遊べるのは貴重だが、8人で遊びたいかと言われると微妙。
人数増えてもプレイ時間ほとんど変わらないのは良いが。

結果:レン 14、ねくろん 16、どん 21〇、do 12、F 14、南無 3



IMG_9181
「シャッセ / Sashay」 Claus-Peter Bickel作

持参初プレー。
木製のボードが目を引く。衝立も木製だ。

衝立をした状態で初期配置を決めて公開。
目的は相手の小さいコマの1つに隠れてるスパイを取ること。背面に赤い棒挿してある。ガイスター的。
もしくは自分のスパイを相手側の最奥列まで持って行けば勝ち。

手番ではコマ1つを移動。
小さいコマは飛車移動。
大きいコマは角移動か、隣接マスに移動か、周囲8マスの他のコマと場所を交換。

相手のコマを動けなくするとキャプチャ。
小さいコマは周囲4マス囲えばいいが、大きいコマは8マス囲う必要がある。
当然外周ではキャプチャしやすい。

ガイスター的な心理戦と、動きのバリエーションの多いアブストラクトでしっかり考えさせられて良い。
場所交換のアクションが、スパイのために道を開けるってのに効いてていいね。

もう何度か遊んでみたい。

結果:レン、ねくろん 〇



IMG_9182
「フリーマーケット / Flea Market」 Leo Colovini作

先日も遊んだやつ。
前回3人で今回5人。
人数による差は、誰も落札せずに流れるってことが減ったかな。

ダイスでの同時公開入札は、自分が買うには高いけど、次点に回すと安く買われて悔しいってのが見えてて面白い。

どうしたら儲かるかがやっぱりよく分からないなぁ。

結果:レン、どん、ひろ、F,マジックマ 〇





IMG_9184
「レタージャム /  Letter Jam」 Ondra Skoupý作

持参初プレー。去年CGEから出てて気になってたやつ。
アルファベット並べて単語作るので言語依存高くて立てづらい。

各自アルファベットのカードをインディアンポーカーしてる。
誰かがヒントとして、見えてるアルファベットを使って単語を作り、数字チップを置いて行く。
他の人はそれを見て単語を想像し、自分のアルファベットを当てていく。
協力ゲーム。

写真は自分がT,K,I,C,Oを使ってTICKTOCKのヒントを出した図。
かなりファインプレーだと思うんだが、いかがだろう。


自分の前にはカードが5枚あり、これはゲーム開始時に隣のプレイヤーが5文字の英単語を作って、それをシャッフルして受け取っている。
ヒント出されて自分のオープンしてる1枚が分かったと思ったら次に進んでいって良い。
規定回数以内に全員が自分の5枚のアルファベットが分かったと思ったら、それらを並び替えて単語を作り、公開。
無事英単語が出来れば成功。なお、最初に隣のプレイヤーが考えた英単語とは違っても良い。

IMG_9185
今回4人中3人が成功。マジックマさんに渡したのはBOARDだったが、BROADでもOK。
ひろさんのはDEATHだったが気づかなかったらしい。
ところで猿の惑星にTHADEってキャラクターがいるらしいが、これはOKなのかw?

言語依存は高いがかなり面白いゲーム。
いかに見えてるアルファベットで特定しやすい単語を作れるか。
全員に当てて貰うために判明したアルファベットが少ない人を優先してヒント出したい。

英語得意な面子で何度か遊んでみたい。
あとワードバスケットのカード使って日本語で遊べないかも試してみたいな。

結果:4人正解:レン、どん、ひろ、マジックマ




IMG_9186
「バグアウト」

先日も遊んだやつ。

ハンマーで虫叩いて相手のゴールにシュート!

楽しい!




本編ここでおしまい。

この後はココケンに移動していくつか遊ぶ。




IMG_9187
「アップワーズ /  Upwords」 Elliot Rudell作

初プレー。
以前から気になってたスクラブル系。一応シリーズなのかな。

スクラブルよろしくアルファベットタイル置いて単語を作る。
出来た単語の文字数の2倍の得点。

特徴としては既に置かれたタイルの上に置くこともできる。
その場合、単語に使われてるタイル枚数が得点。重ねた部分はその枚数得点。

同時出しするなら直線上に。クワークル的な。

言語依存ゲーなのでかなり人を選ぶし、スクラブルに比べて盤面が狭く、上に重ねても元の列も単語になるようにしなければいけないので難しい。
一段目に汎用性低い単語ばかり並べちゃうとゲームが進まないね。
誰だOPTIONALとか置いたの。

1時間以上かかったがやり遂げたぜ…。

全員が電子辞書持ってやりたい。

結果:レン 148〇、どん 100、マジックマ 117
アップワーズ
ハナヤマ(HANAYAMA)





IMG_9188
「スパイクラブ / Spy Club」 Randy Hoyt, Jason D. Kingsley作

持参初プレー。協力ゲーム。

中央ボードに同色5枚並べるとその色を達成。5色全部達成で勝ち。
カードは両面になってて、裏返すアクションしない限り裏の色は分からない。

手番ではアクションポイント使って数アクション。
手元のカードを裏返す、並んでるカードを取る、中央にカードを送る、虫眼鏡動かして同色カード1枚につきアイデアトークン1つ貰う、など。
中央にカード送るには虫眼鏡の置かれてる場所から離れてる分のアイデアトークンが必要。

手番終了時、場のカードめくると犯人コマが書かれた数字分、全員のカード上を移動する。
止まったカードの色によってイベントが起き、ゲームが失敗に向かう。
アイデアトークンがストックから捨てられたり、カードがストックから消えたり、逃亡トラックが進んだり、全部終了トリガーに繋がる。
なので上手くカードを裏返したりしながら踏まれてもダメージの少ないイベントを起こして行くのが大切。

最初この感じがつかめなくて、アイデアトークンがガンガン削られて終了。
悔しいので今度はイベントの対処念頭に置いてリベンジ。
2回目は無事クリアできました。


IMG_9189
クリアすると事件の詳細が判明する。
今回はゴミ回収のおっちゃんが犯人で、空腹を動機にゲームショップでボードゲームを盗んだらしいw。

なかなか難しめの協力ゲーム。
キャンペーンモードがあるので試してみたい。基本ゲームの倍くらい特殊カードがある。

結果1:失敗:レン、マジックマ、ゆず
結果2:成功、レン、マジックマ、ゆず
Spy Club [並行輸入品]
Renegade Game Studios




これにておしまい。


IMG_9190
寿司食って解散!

2/15 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

前回はかなりの人数だったが、今回はコロナウィルスの影響もあるのか、普段通りの感じ。



IMG_9154
「スパイコード:ブレイクフリー / Spy Code: Break Free」 YULU作

持参初プレー。

全員片手に手錠をして、鎖でつなぐ。
迷路パーツをセットしてスタート。
鍵を挿しこんで、内部の迷路をクリアしていち早く手錠を開錠しよう。

内部構造は見れないので、鍵を動かす感触で道をたどるのが難しい。
ワチャワチャして楽しい!

裏面には安全装置の開錠機構も付いてるから安心だ!

結果不明:レン、ミフィルア、ゆず、B




IMG_9161
「パフボール セット2/ Puff Ball Set2」

初プレー。どんさん持参品。

ピンポン玉を息で飛ばしてゴールに入れるのだが、スタート時点ですでにカップに入ってるってのが難しい。
斜め上から上手く息を吹きかけるとカップから飛び出す。
その上で丁度いい力加減でゴールへと。むずい。

シリーズというか拡張セット色々あるらしく、これは2。

すっげぇ疲れる。



IMG_9162
「Freddy Frosch」 Reiner Knizia作

持参初プレー。KEIさんに貰ったやつ。

蓮タイル1枚めくって色が指定。
裏がその色のカエルコマが1つだけあるので、コマ1つ選んで裏見て当たれば蓮タイル獲得。
選んだコマは空きマスへ移動。場所が変わっていく。

分かりやすい記憶ゲーだが、場所が変わると覚えられないなー。
ビーアラートの系統かな。

結果:レン 〇、どん



IMG_9167
「宇宙のハダカデバネズミ / Mole Rats in Space」 Matt Leacock作

2回目のプレー。リーコック作の協力キッズゲーム。

手番で使うカードは1枚で公開なので選択肢は少なく、色ワイルドのアクションでどの色を動かすかくらい。
先までよく見ておかないと、想定外の動き強要されて死ぬ。

今回も緩めにプレーしてたら、最後ヘビの移動で自分のコマにぶつかって無事死亡。
むずいな…。真面目に考えないとクリアできないぞこれ。




IMG_9168
「ピカシーモ /  Picassimo」 Carlo A. Rossi作

持参初プレー。
職場で生徒とは遊んだけど、ポンコツペイントのカード使ってたからノーカン。

今回は正規のカードで。英語だけど。

各自お題の絵を描いたら、カードの指示に沿ってタイルを2組入れ替え。
1人ずつ公開して何を描いたかを当てる。
どのタイルを入れ替えたかは分かってるので頭の中で並び替えるのが難しい。
正解が出なかったら元の絵に戻してから再度公開。

入れ替えると予想以上に難しい。
シンプルな絵でも分からなくなるもので。
大事な情報を1マスに収まるように描くのがいいのかな。
一応ルール上は全タイルに広げて描くので、決定的なパーツを境目を避けて描く感じか。

ちょっと難易度高すぎー。




おしまい。

2/13 きっと君ち会

きっと君がなごや男爵やりたいと呟いてたので馳せ参ず。



IMG_9141
「なごや男爵」 Nakanishi作

持参品。

たまにやりたくなるよね。
東京男爵と両方持ってってどっちがいいって聞いたが、ダイス振ってこっちで。

ダイスで目的地決めて、ダイス振って進んで、ゴールしたら収入貰って路線買って。
他人の路線使うと高いのでできるだけ自分の路線と共有の路線を上手く使ってゴールを目指す。
路線をまんべんなく買って広く受けるか、端の方を買い占めてその目出した人を狙い撃つか。

3人だとダミープレイヤーのダミ子さんが入る。
規定ラウンドごとにランダムで路線買っていくので辛い。
しょっぱなから東山線が買われた!ひぇえ!

東山線・桜通線・鶴舞線・名城線はどれか買わないとね。
序盤はあおなみ線か名港線が欲しい。名鉄本線も良い。

今回は西の方の路線が買えてなくて辛かったな。

結果:レン 184、きっと 240、どん 267〇



IMG_9142
「Die Zauberberg / Stebuklingasis kalnas」 LOGIS

初プレー。どんさん持参品。

ダイス2つ振って進む。
止まってるマスによって、2つの数字を足し算する・引き算する・掛け算する・割り算するかが変わる。
足場が崩れてるマスに止まったら外周に落ちる。その際、羽チップ持ってれば消費して隣の足場へ進める。
黄色いのチップ何枚拾えたかで勝負

ダイス運9割だが、それなりに楽しめた。

結果:レン 5〇、どん 2、きっと 3



IMG_9143
「Nacht der Sterne」 Reinhold Wittig作

持参初プレー。ヴィティヒ。

手番ではタイル1枚引いて配置。角の切り欠き具合で外周か角か内周かが分かる。
タイル4枚で正方形作れたら中央にキューブ置いて1点。
星座を完成させたら構成タイル枚数分得点。
手番ではタイルを置かずにパスしても良い。パスするには1点払う。5回まで連続でパス可能。
ラス1置くのが強いので我慢比べの洗面器だ。

発想はいいんだが、いまいちゲームに落とし込めてない感。
あと星座の位置が超分かりづらい。箱の中敷きが完成した一覧になってるのでにらめっこ。
ここら辺のプレイアビリティ考慮しない感じはいつものヴィティヒだ。

結果:レン 37、きっと 41〇、どん 31



IMG_9182
「フリーマーケット / Flea Market」 Leo Colovini作

持参初プレー。画像忘れたので後日の写真。
コロヴィーニ作の競りゲー。

手番プレイヤーはダイス2つ振って競り対象になるタイルを決定。
ボードにあればボードから、誰かが持ってればその人の手元から。
手元から出した人はボーナスとして盤面の空きマスに応じて収入。
その後競りに使ったお金はボードからなら銀行に、誰かの手元からならその人に支払い。

特徴的なのは値付け。
全員ダイス2個を秘密裏に振り、どちらか一方のみ1回だけ振り直し可能。
同時公開して、合計値が多い人から競り落とす権利。値段は出目。
パスしたら次点に回る。
手元からの出品だと持ち主はダイスを振らない。誰も買わなかったら持ち主に戻るのでボーナス丸浮きで美味しい。

このダイスを使った値付けがかなり変則。
人から競り落としてる分には世の中のお金は減らず、逆にボーナスで増える。
出やすい7周辺のタイルは高値が付くが、端の方は安くなる。確率を買ってる感じで面白い。

儲かった額以上に使ってしまうといつまでもお金が増えないので、儲かってる実感があまりなくてこれ終わるのかって感じる。
終盤ボーナスが増えた頃に、連続で出品されればボーナスと落札料で儲かってくる感じ。
なんかすごい不思議な感じがする。

結果:レン 14、きっと 49〇、どん 17



IMG_9145
「ツインイット!ゲーマーズエディション / Twin It! Board Games Edition」 Nathalie Saunier, Rémi Saunier, Thomas Vuarchex作

雑にこれやって終わり。

ルール上は規定枚数取ったら勝ちなんだが、最後までやるよね。


結果不明。






終わり!

2/11 オンマーズ会@北名古屋

オンマーズが届いたのでショーゴ君と遊ぼうの会。

あとバスとインハビットジアースも。
多分1日で終わる…はず。


IMG_9132
「バス / Bus」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

持参初プレー。新版。

ケイラスと並んでワカプレの元祖と言われるが、こちらの方が6年前。
そして確かにワカプレだ。

最大の特徴といえるのはワーカーはゲームを通して使い切りなこと。
1ラウンドで使える数に決まりはなく、使い切ったらあとはパス。
どの段階で注力するか、どこでしゃがむかが非常に悩ましい。

アクションはワーカー置いた瞬間ではなく、全員がパスしたら上から順に解決。
アクションによって先に置いた人に早く手番が来たり、後から置いた人が早かったりする。
またアクション数も異なって、例えば最初にある道コマの補充アクションは、最初に置いた人はラウンド数分、次はラウンド数引く1、その次は引く2と減っていく。
また、バスの台数増やすアクションなんかは1人しか入れない。
どれを優先して撃つか、非常に悩ましい。

ゲーム目的はピックアンドデリバー。
自分のバス路線に沿って乗客を届ける。
乗客は届けても消えず、次のラウンドでは行きたい先が変わるのでまたその場所から輸送するってのが特徴。
行く先は3種類が順繰りなので先は読みやすい。
需要を変化させない『時間を止める』アクションがあるが、マイナス点が付くのであまり有用性は感じない。
自分以外が大量得点しそうなときくらいかな。
それにしても急にSF要素でビビる。

限りあるワーカーを無駄にはできないので乗客や目的地の数、それに伴うルートをしっかり考えてのアクションプロットが必要で、1手がかなり重い。
それでもゲーム時間自体は2時間かからないくらいで中々シンプル。

これを1999年に出してたってのが恐れ入るね。オーパーツだ。

ショーゴ君は序盤にワーカー2つくらい不発にしちゃってて辛そうだった。
みゅうさんはきちんとこちらを締める手を撃ってくる。成長したね(上から目線)。
序盤から得点行動した甲斐もあって、何とか逃げ切って勝った感じ。

うむ、面白かった。これは名作だ。

結果:レン 15〇、みゅう 13、ショーゴ 11、キョウ 11



IMG_9133
「インハビットジアース / Inhabit the Earth」 Richard Breese作

持参品。ショーゴ君が動物ゲー好きらしいので。
プレイは2回目。前回はテキストの量に翻弄されたが、今回もまぁ同じだw。

2回目なのでルールは省略。

前回も思ったが、早取りのボーナスタイルの得点がかなり大きい。
早めにスパートかけて取りに行きたい。
動物全種やるのは無理があるので、3種類くらいに絞って、他のはスタートだけさせて早々に得点カードを載せてしまうのも手か。

カードの効果は手番で1回ずつってのを前回もインスト忘れて、3ラウンド目くらいに修正。
忘れやすいね。

誰かが2つめゴールした時点で即終了なので、終わりそうな時は早めに進めるの諦めて得点カード出したりしておきたい。
せめて1周して欲しいな。

結果:レン 32〇、みゅう 31、ショーゴ 17、キョウ 19



IMG_9135
「オンマーズ / On Mars」 Vital Lacerda作

初プレー。これはショーゴ君のだけど一緒に蹴ってもらったのでうちにもあるよ。

ヴィニョスやリスボアといった要素盛り盛りのゲームで有名なラチルダの新作。
今回も今までにも増して要素盛り盛りだ。

基本はワカプレだが、特徴は火星上と周回衛星上でアクションが分かれていて、自分が今いる方のアクションしかできない。
同じアクションは3人までできるが、誰かがいるとコストが高くなる系。
また置いたワーカー回収するのは、行き来して着いた先のを回収。
周回軌道上からは1アクション使うことで火星に移動できるが、逆のアクションはない。
定期船が規定ラウンドごとに行き来してるので、それに合わせて乗っていくか、自身のロケットを消費して移動。

周回軌道上では特殊効果のタイルや達成カード取ったり、資源取ったり。
火星上では火星を移動したり、資源使ってタイル配置したり、建物建てたり。

とにかくやること多くて、書ききれない。
特殊効果タイル強化して得点、契約カード達成で得点、火星開拓で得点。
あちこちに得点源があるので、どれをメインに動くか。
また、行き来する定期便に合わせてワーカーとアクションを管理して、ワーカーの回収と反対側のアクションを上手く反復する。

今回最初の手番から定期便のタイミング図って、1人1個しかワーカー置けないアクションをワーカー回収する効果を交えて連続で撃ちに行った。
狙ったのは科学者取るアクション。科学者持ってると人の達成した特殊効果のフリーアクションをコピーできるのと、終了時に条件に応じて得点。
その後も狙って取ったので6枚くらいある科学者のうち4枚獲得。
効果も便利だったが、それよか得点が強かった。大差勝ち。
早めに契約カード達成してフリーアクション増やしたのも効いたね。
フリーアクションといっても手番に1回だからそれほど拡大はしてないが。
それ自体が得点源でもあるので、枚数多く達成したのも効いた。

いやぁ面白かった。考えること多いので時間はかかったが。4時間半くらい?
ラチルダ作品では一番好みかもしれん。

ちょっと残念なのは終盤の間伸び感。
共通の達成条件をいくつ達成するかと宇宙船レベル上げるアクションをどれだけ撃つかが終了トリガー。
なので、誰かがそのアクション狙わないとゲームが終わらない。
得点源アクションであるので、他に良い得点源がないなら撃たざるを得ないんだが、得点源は多いのでそれら全てより優先される状況にならないとゲームが進まない。
最後30分くらいは誰がそのトリガー引くかの睨み合いだったな。そこが残念。

でもまぁ面白さはかなりのもの。プレイ時間長いから中々遊ぶ席はなさそうだが。

結果:レン 168〇、ショーゴ 89、キョウ 107、みゅう 103



IMG_9136
「薔薇の名前 / Der Name der Rose」 Stefan Feld作

フェルト会でみゅうさんとは遊んだがショーゴ君とは遊んでなかったので。
数少ないショーゴ君未プレーフェルト、のうち自分が持ってるやつ。

こちらもルールは省略。

前回ラウンド終了トリガー引きすぎてそのマイナス点が辛かったので、今回は避けたい。
まぁカード次第なんだけどね…。

最後予想全部外した気がするw。
人の動向に気が回らないのよなー。

結果:レン 30、ショーゴ 31、みゅう 35、キョウ 29〇



おしまい。いやぁ楽しかった。満足した。

2/9 ボドゲプラス@春日井

最近きなボドと被ってることが多くてご無沙汰だったボドゲプラス。
久々に行けたよ。


IMG_9108
今回の持ちこみテーマはレトロアクションゲーで。
無駄にデカい。



IMG_9109
「吹っ飛ばしゲーム」 タカラ

持参品。

自分の前の任意の穴にポンプ挿して叩く。
盤面のどっかの穴に通じてるので、嵌められたコマが吹っ飛ぶ。
吹っ飛んだコマに描かれた数字だけ盤面回転させる。
他人の吹っ飛ばしたら手元に持っておいて、相手が自分の吹っ飛ばしたら交換だ。
自分の全部飛ばしたら勝ち。

大体想像つくのだが、段々とハズレが増えていくので、終わらないw。
しかも外しても盤面回すので、収束しない。
辛いゲームだw。

コマが真上に撃ちあがるのは面白いんだけどね。

結果:レン、マジックマ 〇、ちょろ、B



IMG_9110
「ウェイブレングス / Wavelength」 rAlex Hague, Justin Vickers, Wolfgang Warsch作

初プレー。ヴァルシュ新作のパーティーゲーム。

『硬い⇔柔らかい』みたいなお題が出されて、出題者だけが盤面を確認。
左端が『硬い』右端が『柔らかい』として、4点の部分を狙って、ヒントを1つ出す。
写真の位置だと左端よりやや上だから『石』とか?
他の人はそれ聞いてどこかを想像して、針を合わせて、開けて得点。

基本はチーム戦で交互にやって先に一定点稼いだチームが勝ち。

やってる感覚としては『ヒントをもうひとつ』が近いかな。
サイケデリックな見た目がお洒落だが、人を選びそうではある。
個人的には敵チームがやってる間のダウンタイムが気になるので、ヴァリアントの全員協力ルールの方が良いと思う。

ふと思ったが、上に書いたお題だと『コランダム』って出したらクイズ勢には伝わりそうだw。

結果:レン&きっと&マジックマ 10〇、B&ちょろ&ピキ 5



IMG_9111
「くるりんパニック魔改造版」

持参初プレー。
ヤフオクで落札したモーター改造版。

速くなっててふわっと浮かせて下家を殺すができないw。
むしろ1.25周させて殺そうw。

モーター音が五月蠅いよ。

子どもに遊ばせる速さじゃねぇw。




IMG_9113
「ノックアウト / Knock Out」 Milton Bradley

持参初プレー。

六角形オセロ。ほぼそれだけ。
相手の挟んだら裏返すんじゃなくてこちらの面からコマ押し入れて相手のを落とすってのがアイデンティティ。
あと隣接してれば挟まない場所でも置ける。

当然角が強いよ!

結果:レン 21〇、きっと 15



IMG_9125
「フライパンゲーム /  What's Cooking?」 Reuben Klamer作

持参初プレー。

指定された材料コマをスプーンですくって、フライパンへ。
フライパンは円錐の上に乗ってるので、バランス崩すと倒れて全部やりなおし。
上手く置くバランス考えながらやろう。

それだけのゲームだがわちゃわちゃして楽しい。

桃とトマトの区別がつかないのと、ハンバーガーが平ぺった過ぎて何のコマなのかが分からんのがなぁw。

結果不明:レン、きっと、ゆうほ、さとちゃ



IMG_9115
「バグアウト / Bug Out」

持参品。

ネットの下に入れた虫コマをハンマーで叩いて相手のゴールにシュート!
虫コマはどら焼きのように中央が膨らんだ形になってるので、端を叩けば猛スピードで飛んでいく。

ネットがあるのでどっか飛んで行かないのが良い。
通常は虫コマ1つですが、ハウスルールで2つにしてみたり。



結果:レン、さとちゃ、toysan、なごみん〇


IMG_9117
「危機一髪ゲーム ダイナマイト / Dynamite」 Parker Brothers

持参初プレー。

ダイス振って出た数だけ自分のコマから時計回りに足場を建築し、行けるところまで進む。
爆弾の目が出たら中央のレバーを押すと、四辺のうち一辺が吹っ飛ぶ。
コマが乗ってたらスタートに戻る。
1周したら勝ち。

まぁ細かいことはいいから動画を見てくれ。


結果:レン 〇、きっと、おぷと、toysan



IMG_9119
「アルボスアップル / Arbos Apfel」 Martin Arnold, Armin Müller作

持参初プレー。

穴に枝や葉っぱ、林檎を挿して行って、落としたら引き取り、置ききったら勝ち。
難易度は台座から幹をはみ出させる加減で調整できるよ。

これくらいかなと適当に出したらそれでもかなりむずかった。
初回は平らにするくらいで良い。

序盤に枝置かないと後半辛くなるってわざわざルールに書いてあって伝えたのに皆葉っぱばかり置きやがって、おいコラー!

通常のアルボスに比べると林檎が追加されたっぽいね。
あと手番でカード使えるルールもあるみたいだが、元からかは不明。

結果不明:レン、きっと、親子母、親子息子


IMG_9120
「ひやひやゲーム」 タカトク

持参初プレー。

適当に入れたボールのうち、自分の色を1つ選んで蓋をする。
手番ではハンドル回すと盤面が動いて、穴が開通していずれかのボールが落ちる。
蓋を開けて自分のボールがなくなってたら脱落だ。

やってから気づいたが、これ落ちたボール見えるとゲームにならんなw。
蓋をして遊ぶが正解だったか。いずれリベンジ。

結果:レン、桜庭、do、岐阜レン 〇


IMG_9121
「どきどきゲーム」 タカトク

持参初プレー。
上のやつの姉妹作。

ルーレット回して出た数だけ自分のボールを盤面から取得。
取った下の穴が赤かったら失敗で、穴全部手持ちのボールで埋める。
その後中央のダイヤル回して赤い穴の位置が変わる。

まぁ運ゲーだが、緩くて良い。
これ系のゲームは場合によっては延々と終わらないのが怖いが。

ルーレットの赤マスは何個でも取って良いので、どこで止めるかのバーストゲーでもある。

結果:レン、桜庭 〇、do、岐阜レン


IMG_9122
「花とりて 束ねて送る 君がため」 インスタント・インスト

初プレー。doさん持参品。

ペア戦のトリテ。マストフォロー切札固定。

ペアは最初のトリックを取った人がトリックを誰かに渡して決まる。
最終的には個人戦ってのがちょっといまいち。

ラウンド開始時にダイス振って、得点になるスートとランク、減点になるスートとランクが決まる。
全員でせーので指さして振り直すダイス決める処理がある。

トリックを取ると味方に1点入るので自分で取るより味方に取ってもらった方が良い。
そのルールは良いのだが、どうも説明書が分かりづらくて最初10分くらい読解協議してた。
同人ゲームはこれが多くて嫌になる。

変動ペア戦はトッププレイヤーと最終ラウンドペアになった人に勝ち筋がほぼないのが欠点。
味方がトリック取ると自分だけ1点なのでまだマシだが、点差離れてるとどうにもならんね。

それ以外はまぁ無難なトリテ。
もうちょっと説明書分かりやすくしてくれ。

結果:レン 27〇、岐阜レン 17、桜庭 23、do 23


IMG_9123
「EVANGELION:2015 使徒、襲来」 昭和二千円札

初プレー。doさん持参品。
明らかに許可取ってないやつー。

ゲームはキュウリ亜種。
ノースートのトリテ。

勝てるの出すか、手札の最弱を出す。
最後のトリックだけは最小の人が勝つ。

カードに色んな効果付与してるが、正直いまいち。
何よりいけないのはいっぱいあるランク2つ書かれててどっち使ってもいいカード。
最小カード捨てるときもどっちの数字として扱ってもいいので、1/18のカード最後まで握っておけば絶対勝てる。
テストプレーしたのかってレベル。

同人によくある、既存作品に自分の好きなガワ着せて、俺の作った最強テキスト足したぜってやつ。
悪い見本だな。はい、解散。

あ、絵は好きよ。エヴァ好きなので。
人間キャラじゃなくて使徒とゼーレモノリスってのがまた良い。
モノリスは漢数字インデックスだが、上下逆に持てばアラビア数字インデックスになってるところがこだわりとプレイアビリティ両立させてて良い。

結果:レン 〇、桜庭、do、岐阜レン


IMG_9124
「アストロトラッシュ / Astro Trash」 The Op

持参初プレー。米尼ウロウロしてたら目に付いたので。

色んな形のコマ持ってて、リアルタイムでダイス振って、出た色のコマを出た数出た場所に送る。
Lは左、Rは右、太陽は中央の捨て場に。?はワイルドだ。

そう、これはリアルタイムLCR!

手持ちコマ全部なくしたらストップ宣言して得点。3点で勝ち。

LCRをリアルタイムにして、コマなくすのが良いことにしただけでこんなに面白くなるとは。
まぁ言うて想像の域を出ない面白さだけども。

ダイス振りまくる右手が途中で疲れてくるw。3点長いよw。

結果:レン 0、マジックマ 0、桜庭 3〇、ピキ 2



最後もっかいフライパンゲームやっておしまい。
相手は忘れた。



IMG_9126
お約束の刀削麺食べて解散!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ