ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

2020年06月

6/20 どん君宅会

どん君宅会。

今回もゆうさんときっと君を誘って。




IMG_9673
「テラマラ / Terramara」 Flaminia Brasini, Virginio Gigli, Stefano Luperto, Antonio Tinto作

持参初プレー。
ようやく届いたテラマラ、ようやく遊べたよ。

アッキトッカの4人作なんだが名義がアッキトッカじゃないのはなんか変わったのかな。

基本はワカプレなんだが、置く場所によってワーカーが返ってくるラウンドが決まってる。
未来のスペースほど効果は強いが、返ってくるまでに時間がかかる。
それだけのバックがあると見込めるタイミングで未来置きしたい。

全5ラウンド。
毎ラウンド返ってくるアクションが4つと、1~4ラウンドそれぞれで帰って来る各6か所。
5ラウンド目は2列あるので12か所あるが、ゲーム終了まで返ってこない。
最初からほぼ全てのスペースが使えるが、先のアクション撃つと先述の通り返ってこない。
ラウンド終了時、現在のラウンドのタイルからワーカー返って来て、その後タイルを裏返してアクションは消えるので後半ほど見通しがつきやすい。
まぁ別の条件付きアクションがあるんだが、条件満たしてないと撃てないし1か所だけだ。

ほとんどのマスはワーカー2人まで入れるが、2人目は既に置かれたワーカーのプレイヤーよりも戦力が高くないと置けない。んで戦力1下がる。
アクションの選択肢増やすために戦力上げておくのも大事。
戦力は他にも使い道があって、襲撃アクションを撃ったら他のプレイヤ―全員から資源を奪う。
奪う量はアクションしたプレイヤーの戦力レベルに応じて、対象プレイヤーの戦力レベルを参照して所持資源の2分の1~8分の1まで。同じレベルだと5分の1。

基本は資源獲得と精錬。
4種類の資源があり、それを精錬して裏返すと上級資源に。
手番ではワーカー1つ配置とともに場のカードを取得。
そのためには上級資源が描かれた数必要。
また、川トラック進めると獲得できるカードの選択肢が増え、1枚予約できるようになる。
道トラックの馬車すすめるとボーナスがあるのとタイル裏のアクションや終了時得点が取れる。
また、各プレイヤー1つだけ酋長コマを持っていて、未来のアクションには置けないが、戦力関係なしに2人目として入れて、また酋長コマのマスには2人目は入れない。
アクションの選択肢増やすのに使うか、他人をシャットアウトするのに使うか。

あとは獲得したカードで資源変換とか割引とか。即時、永続、終了時得点。
皆好きやろってデザイン。大好きだ。

あとはツォルキンやマルコポーロよろしくキャラ能力がある。
表は永続の強化能力で、裏は得点能力。
任意のラウンドで裏返せるが表には戻せない。どこで得点に切り替えるか。面白い。

今回自分が取ったのは最初からワーカー1人多いマン。数は力。裏にすると消える。
元々ワーカーは川トラック進めることで増やせるので、なるべく早めに川を進めて、川でワーカー増やせるタイミングで得点の方に切り替える目論見。
3ラウンド目開始時にあと1マスでワーカー増えるところまで進めれてたから裏返して、そのラウンドで更に川進めて無駄なくワーカー増員。
裏の能力は酋長コマを誰もいないマスに置くと5点、誰かいるマスに置くと3点。
これを3回前者で撃ったので15点稼いでくれて美味しかった。

あとはひたすらカードプレー。得点源だからね。
最初に特定の色を割引するカードを2枚取れたので、その2種に絞って取る。
割引効果も4種類あるのでどれ取ってもよかったが、場のタイル裏の得点効果に特定の色のカード枚数が2種類あったのでその2種の割引を取って取るカードの色を染める作戦。
これも上手くいって15点ほど稼いでくれた。

あとは途中で取った資源3つまで払ってその数車進めるカードが強かったね。
襲撃でレベルを1つ上に扱うカードも何度か活躍。ヘイト溜めるプレーだったけどw。
中盤は襲撃で下級資源集めて、終了まで返ってこない下級資源で2枚カード購入できるアクションを撃つ。
ワーカー回収するカード取ってそのワーカー拾って、再度撃つっていう加速プレー。


IMG_9674
結果カードたくさん買って得点稼いで1位。なかなかうまく動けたと思う。

いやぁ面白かった。ここんとこ遊んだゲームでは1番好き。
アッキトッカ作品でも1番だと思う。

初プレーなので3時間半かかったが、ルールも覚えたし次回は3時間切れるかな。

結果:レン 145.5〇、どん 101、ゆう 80、きっと 106






IMG_9675
「メンタルブロックス / Mental Blocks」 Jonathan Gilmour, Micah Sawyer作

初プレー。
ちょっと軽いのを挟もうと、遊べてなかったこれをリクエスト。

早い話4人でラボカ。
ただし各プレイヤーに『喋れない』『黄色いブロックを触れない』とかの制限が入るのでパーティーゲーム寄りだ。

レベル低めのからチャレンジしたらデメリットありでも3分くらいで完成した。
んじゃ一番難しいのやろうぜと全員適用のデメリット入れて最大難易度を。
デメリットは『全員喋れない』。こりゃ辛い。
パズルの方もかなり難しく、段々諦めて喋れない制限解除、各自の制限も解除、カード公開ってやってやっと完成。
むずかった。カードの向きも不定ってのが。

5人以上で遊ぶ場合、色は分からないが置くパーツの全体図を持ってるプレイヤーが出てくる。
これが入ると多分極端に簡単になる予感がする。
4人がベストだと思う。

面白かったが、値段考えると買う対象ではないかな。
ラボカ持ってるからいいや。ウレタン素材の割には値段が高いんだよなぁ。





IMG_9676
「スピリットアイランド / Spirit Island」 R. Eric Reuss作

初プレー。どん君の。
日本語版出るってことで遊ぼうと。

重量級協力ゲーム。
各自能力と専用の手札を持ち、外敵の襲来に立ち向かう。

手番制ではなく全員同時に処理。
まずは基本アクションとして使ったカードの回収、新しいカードの取得、エネルギーの取得、住処の配置を行う。
各自3つの選択肢があるが、キャラによりその内容は異なる。
住処を配置することで個人ボードのパラメータが解放されていくのはよくあるやつ。

その後エネルギーを使ってカードを使用。
エネルギー収入とカードの使用可能枚数は個人ボードの解放パラメータ。
また、カードを複数枚使うことで描かれたアイコンに応じて特殊能力が使える。
なので新しいカードを取得する時に効果を取るか、アイコンを取るかの悩みがある。

外敵は人、町、都市とどんどん拡大する。
対象の地形がラウンドごとにズレていき、3ラウンドかけて人が増え、町や都市を作り、土地を攻撃と移り変わる。
この土地の攻撃により土地が荒廃していくとパンデミックが起こったりで最終的にはプレイヤーの敗北になる。
なのでその前に敵の除去と土地の回復をさせていく。

協力ゲームなんだが、1人1枚のボードが大体自分の対応範囲で、手が余った時は他を手伝って、手が足りない時は助け求めてなのでプレイヤー間の絡みがあまりない。
今回この地形重点的に守ろうって方針を話し合って、各自できることをする。
個人個人ができることが違って、やれることをする。これで奉行問題を解決してるのは見事。

今回自分のキャラは攻撃主体。
街や都市を破壊しやすいが、防御は弱くて敵の拡大を防げない。
魔力は少な目だが使えるカード枚数は多いので、コスト安いカード集めてアイコン集めて破壊効果を狙う。
ただし新しいカードの取得タイミングが使用済みカード回収時なので、なるべく効率よく回収したいし、住処も展開したいがそうするとカード得られないし。
他のキャラに比べて即効性のある能力持ってるし、他人に速攻付与するカードもあるのでそれらによる場のコントロールとサポートがお仕事。

攻撃能力活用して自分のボードからはほぼ敵の建物を消せた。
そのまま各自が自分のボードを抑え込み、最後残った数か所を協力して殴って勝利。
思ったよりも簡単な終息を見せた。
パンデミックとかとは違って除去しきれば勝ちだから終盤はこうなるわな。

もうちょっと早くカード枚数の解放と新カードの取得を行いたかったが、それらが相反するから難しい。
高コストのカードを使ってる余裕はないので、低コストのカード集めまくってアイコンで戦うキャラだな。

なるほど面白い。協力ゲームとしては出色の出来。
個別キャラ特性とパラメータ解放強化、手札構築と流行りの要素を多く取り入れて、バランス調整も絶妙。
モジュールによる難易度調整もあって飽きない人は何度も遊べるだろう。

だが壁となるのはやはり重量級協力ゲームという存在の需要。
協力ゲームの金字塔パンデミックは1時間程度の長さだからこそ人気が出たと思うが、果たして2時間超えの協力ゲームを好んでプレイする人がどれだけいるのか。
まぁレガシーよりはハードルは低いと思うが。

確かに面白いゲームではあったが、自分はそんなに協力ゲームを回さないと思うので購入はしないかな。

あ、ソロゲーとしても良作だと思うよ。

結果:レン、どん、きっと、ゆう 成功



おしまい。
3ゲームで終わった。




IMG_9678
黒川のてるてる坊主。
汁なしラーメンだがたれの味は濃いめ。
次回はまぜそば食べよう。どう違うかしら。

ボドゲ闇市

いい加減ボドゲ置く場所も限界なので、ちょっと減らそうとオークションしてます。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1srSmXT6mII5CBV6KT8Wmxsg8rC5-Jn_3gd_W39iD-eg/


各ゲームにはブログでのプレイレポを貼ってますので参考にどうぞ。
読めば大体放出する理由も分かるでしょうw。

それでも遊んでみたいって方は是非。

ちょっとだけレアなゲームもあるよ。



日曜の夜までなのでお早めに!

6/14 ゆずさん宅会

ゆずさん宅へ。

面子はどんさんと哲郎さん。多分初。



IMG_9639
「ピクチャーズ / Pictures」 Christian Stöhr, Daniela Stöhr作

先日もやったやつ。
パーティーゲームとしてはかなり優秀だと思う。
正直SDJ取ると思ってるよ。

あとこのゲーム、その人のゲーマー度以前の勘の良さというか常識的な思考力を測れる試金石になると思ってるんだけど、どうでしょね。

結果:レン 16、ゆず 17、どん 18〇、哲郎 15



IMG_9640
「ビバ破産 / Go For Broke」 MB

持参初プレー。

基本はすごろくなんだけど、破産したら勝ちという、おかしな遺言の数十年先を行くゲーム。
アンチモノポリーとかもそれ系なのかな?

止まった目でお金使ったり貰ったりは人生ゲーム的。
ホテル建てるとお金払えるが、誰かが止まると利用料貰うのは遺言だしモノポリーだ。
株式は10万で買えるが、株式市場マスで専用ルーレット回して、黒字だと儲かっちゃうし赤字なら更にお金払える。
あとはギャンブルが3種類。
スネークアイはダイス2つ振って出目×5000を払う。何度でも振れるが、1が出たら強制終了な上に払えずに10万獲得。
競馬は全員参加で好きな馬に5万まで賭ける。専用ルーレット回して当たったら配当。
馬によってマスの広さが違って配当も違うのが面白い。
当たる確率高い馬ほど配当が低いので儲からない保険になるぞ。
カジノは5万かけて3ドラムスロット回して、2つ以上揃うと配当。
あとは36ルーレット回すが、単勝掛け、3区分賭け、赤黒賭けができる。前者ほど賭ける金額が低いし配当もでかい。

まぁおかしな遺言もそうだけど、結局全ての収支が逆になってるだけでやってること自体は普通のゲームと変わらないんだけども。
これも一種のフレーバーで、株式全没収されて喜んだりと普段とは違う感覚が味わえて楽しい。
初回の競馬で一人だけ大穴4番に賭けて20万儲かってしまうお約束w。

結構長丁場になるかなと思ったら哲郎さんがかなり調子よく資金減らして1時間くらいで終わった。

まぁ色々書いたが、このゲームの一番のアイデンティティは、
ドイツ語タイトルがMANKOMANIAって所です。

結果:レン、どん、ゆず、哲郎 〇




IMG_9641
「モンド / Mondo」 Michael Schacht作

ゆずさんからリクエスト受けて持参。

リアルタイムタイル配置。
動物や条件タイルで得点。空きマスや地形不一致はマイナス点。
分かりやすく楽しい。

ひたすら動物取りながら小さいエリアたくさん作ると強いんだけど、久々で勘所も忘れてたよね。
あと火山ルールちょっと間違えてたが、まぁいいや。

結果:レン 81〇、どん 54、ゆず 43、哲郎 -11



IMG_9642
「イエサブのボブジテン」 TUKAPON

初プレー。

イエサブ限定販売のオリジナルボブジテン。
TRPG、プラモ、模型、TCG、ボドゲ用語がお題になってて難易度高い。

アナウンスってなんだろなー。他の用語見るとブリッジかな?
プライマーとかどんなのか知らない。

普通のボブジテンが簡単で飽きてる人にはいい感じ。
ちょっと欲しいな。

結果不明


IMG_9643
「グラバー / Glover」 赤瀬よぐ 作

持参初プレー。
交渉ゲームというか資源交換ゲーム。

手番プレイヤーは交渉カードを山から3枚引いて、1枚保持1枚捨て1枚山の上に戻す。
んで手元から交換に出したい資源を提示し、他のプレイヤ―はそれに対して自分も資源出して答える。
交換相手決まったら交渉カードを公開。
自分が得するやつは信頼度下がって、相手が得するやつは信頼度が上がる。

特殊効果や得点得るのには資源の色数が必要ってのがいいね。
各資源はプレイヤーカラーに対応してて自分の色の資源は手に入りやすい。
4人だと1色はプレイヤーがいないので任意の色取れる能力や3:1交換でしか手に入らずに価値が高くなって面白い。
ちょっと経済ゲームの様相。

協力者カードによって得点取りに行きたいラウンドや特殊効果取るのが安くなるラウンドが出来て、メリハリが効いてる。
また、早いラウンド程得られる得点も高くなってる。

なんというか全体的に台湾ゲーな匂いがする。
システマティックに無駄がない感じ。遊びが無さ過ぎて人を選ぶ感じも。
やっぱりNGOが好きそうだw。

今回1ラウンド目に得点取るともう1枚付いてくるってのが出たので得点取りに行ってみたが罠だったな。
やっぱ収入増やすのが強いや。

信頼度減ると得点も買えなくなるので基本皆良い取引をしてくる。
信頼度振り切ってる状況なら多少減ってもいいかなって思うが。
協力者で追加で信頼度下がる時に限って信頼度下がるカードしか引かなかったり…。

なかなか面白かったが、たまに詐欺られる感じは人を選ぶ気もする。

結果:レン 36、哲郎 36、どん 48〇、ゆず 40



IMG_9645
「キャプテンヴァッケルプディング / Kapitän Wackelpudding」 Sean McGuire, Thomas McGuire作

持参初プレー。
ebayだったかマケプレだったかで数年前に購入。

まぁ見ての通り、船にコマ積んで指で押すゲーム。

手番になったら今いる島のコマ積んで、ダイス振って目的地決めて、そこまで指で押す。
落としちゃったら引き取りで、少ない人が勝ちだよ。

白の島だけは特別で、コマ載せる代わりにカードを引く。
持っておいて好きなタイミングで使えたり、即時~しろって命令されたり、全員に指令があったり。
中には逆の手でやれとか目を閉じて載せろとかあってヤバイ。

まぁ見た通りの面白さなんだけど、カード引く目も6分の1なのでちょっと寂しい。
3分の1くらいにしてもらいたかったね。

あと指で押すのに席移動するから個人宅でやるゲームじゃないなw。

結果:レン 〇、ゆず、どん、哲郎



IMG_9647
「ドラゴンナイト / Die kleinen Drachenritter」 Marco Teubner作

初プレー。

ダイス振って、出た色のタイルを積む。
十分高くなったら騎士タイル載せて、5秒制止で勝ち。
灰色の目が出たら上から石ディスク落とされて、タイルが崩れたら除去。

それだけだとほとんど倒れないので簡単。
上級ルールだと置くタイルは相手が選んで渡す。
当然積みづらいの渡されるのでバランスよく積むのが難しい。
大人が遊ぶ場合はこっちがいいね。

ゆるくて良い。

結果1:レン 〇、ゆず、どん、哲郎
結果2:レン、ゆず、どん 〇、哲郎



IMG_9648
「フラッシュ / Flash!」 Thierry Denoual作

どんさん持参。初プレー。

リアルタイムヤッツィー的な。
全員せーので振って、キープして振り直して、役が出来たら得点タイルを取る。
1度使った役は再度使えないよ。雷の目はワイルドよ。

基本ルールだと誰かが役決めて、全員それを目指して振るらしいんが、今回はヴァリアントで各自好きな役を狙える。
確かにこっちの方がまだ良い気がするね。

どの役でも得点変わらないので、難しいのから狙うよりは何でもいいから早抜けして4点確保するのがいいだろうと実践したら、勝てた。
後半は難しいの残ったから得点低かったけど、まぁ想定内。

結果:レン 26〇、ゆず 22、哲郎 12、どん 18



IMG_9649
「ひとつの文でどうぞ / EinSATZ bitte!」 Reinhard Staupe作

持参初プレー。日本語化したので。
ヒントをもうひとつの姉妹作。

2人がペアになってお題を伝える。
ただしお題カードと共に文章カードを引いて、そのカードに書かれた文章しか言えない。
『棺桶』のお題で『それが濡れたら~』だったので『それが濡れたら、ドラキュラが寝るのに困るだろう』みたいな。
たまに無理ゲーな組み合わせもあって辛い。『電源につなぐと~』+『発明』とか。

いかに特定できるような語彙を絞り出せるかだなぁ。難しい。
なかなかハードルは高いゲームだが、面白かった。

結果:レン&ゆず 2、どん&哲郎 5〇



IMG_9650
「ボックスウォーク / Boxwalk」 Sophia Games

初プレー。ゆずさん積みゲー。

コンポーネント見て、正体隠匿だよーって言われて、大体察した。
インスト聞いて9割あってた。

手番順にカード置く、重ねてもいいが人は覆っちゃダメ。
最終的に見えてる自分の色の色数が得点。
他人の色当てれたら相手-3点。

特徴としては手札6枚配られて3枚捨てることかな。なので3巡で終わる。

正直これは面白さを感じない。何番煎じだか。
まだHUEの方が工夫があるし、エルタイルの方が悩ましい。
5分で終わるってのがアイデンティティ。それ以外は没個性。

色数4色しかないので自分だけ紛らわしく動いても消去法でバレるし。
動き見てたら簡単にバレるしね。全部当てたよ。
その点では使わない色がある3人プレーがいいかも。
マイナスが大きいので選ぶカードは自分の色多く残すよりは自分の色に人が描かれてるやつが無難かな。

なんというかキャンディーチェイサー枠だ。
遊べないゲームではないんだけど面白みに欠ける。
最近の同人ゲーだな。

結果:レン 4〇、どん 4〇、哲郎 4〇、ゆず -2



IMG_9651
「ピッ漢」 DIY卓屋

初プレー。
居椿さん作の漢コレをリメイク。漢コレは持ってるが。
ルール色々追加されてるっぽいが読んでないから分からん。

基本は部首カードと漢字カードを組み合わせて、新しい漢字を作る大喜利。
今回やったルールは手札に漢字5枚、場に人数分部首カード公開して早取り。
まぁ別に急がなくていいかと残ったの取ってたけど。

ライトに遊べるゲームだけど、個人のセンスが結構出るのでどうしてもね…。
ある程度選択肢は狭めてあるんだけども。

あと拡張の熟語カードは完全に蛇足だと思う。
漢字作るってコンセプトどこ行った。

IMG_9652
『ペトリコール!』(クイズ知識言いたかっただけ)。
ボドゲタイトルになったけども。

結果:レン 6〇、ゆず 2、哲郎 2、どん 6



IMG_9653
「クレイジーレース / Crazy Race」 Michael Schacht作

持参初プレー。シャハト鉄道3部作。
ステーションマネージャーだけ持ってないな。

場に出たカードの四方向にクローズドビッド。ソフトパス。
3巡やってオープンして最大値の人がその絵柄の列車を書かれた歩数進ませる。
他の列車は飛び越えて進めるので、うまく飛び越えて歩数を稼ぎたい。
解決の処理順は矢印で決まってるので、それを考えてどこを攻めるか。
一番奥まで進んだら得点取って折り返し、スタートに戻ったらまた得点。

全8ラウンドだが、手札はたった8枚。
ゲーム中任意のタイミングで捨て札を1回だけ回収できるので最大16枚をどのラウンドに割り振るか。
早めに使い切る人がいたら後半は残った人が簡単に取りやすいが、得点は早取りで枚数決まってるのでなるべく早く取りたいジレンマ。

これがなかなか渋くて面白い。
同値の場合は先に置いた人が勝つので先手が強く、相手の手を見て動けるので後手が強い。
相手が何使ったか覚えて置けば有利だが、4人だと把握は難しいな。
3人プレーだとそれなりに覚えられそう。まぁシャハトだし。

なかなか切れ味よくて面白く、アンコールされて2戦。
1戦目は上手く立ち回ったが、2戦目は途中頑張りすぎて失速。
最後1つを確実にゴールさせるか、2つゴールさせるかゼロかの賭けするかで後者選んで結局失敗して負けw。

結果1:レン 23〇、どん 15、ゆず 10、哲郎 12
結果2:レン 14、どん 24〇、ゆず 3、哲郎 16




おしまい。

早めに終了したのでお腹減ってなくて解散。

6/13 きっとメゾン会

今週もきっとくん宅で。
面子は3か月ボドゲしてないエースさんと先週TSGCで知り合ったゆうさん。
ゆうさんは大阪から名古屋に来たばかりなので、積極的に誘ってクローズ面子確保していく所存w。
ゲーマー度はあまり分からないが、テーブルオンに揉まれてきた勢なので大抵のゲームは大丈夫だろうw。



IMG_9629
「アクワイア / Acquire」 Sid Sackson作

久々に。エースさんといえばアクワイア。

流れで中高1つずつ買ったうえにインペにつぎ込んでお金がショート。つらたん。
ど真ん中にアメリカン始めたはいいけど中々飲まれないし。
エースさんと共謀してやっとインペにアメリカ飲ませてなんとか頑張る。
持ってない株の合併タイルばかり引くの止めてほしい。まぁ他人に引かれるよりマシなんだが。

その後再発したアメリカンは1位タイ確定の残り枚数だったが、ホテルが大きくならず、1位タイと2位に700の違いしかなかったので、いっそとなりのコンチを飲ませて大きくする。
2:1交換されて2位になるけど1位タイより伸びるので。1位の人は儲かるけど。

急所引いて持ち殺したラグザと最大になったタワー買えなかったのが響いてドベ。
なかなか僅差の試合だった。アクワイア楽しい。

ところでエースさん初手設立率低すぎませんかねw?

結果:レン 34200、ゆう 38100〇、エース 37300、きっと 35300




IMG_9630
「フリークショップ / Freak Shop」 Henri Kermarrec作

持参品。先週やって軽くてよかったので。
決算条件変わるとどれくらい変わるかと思って。

ランダム引きしたら3枚中2枚前回と一緒だったんだけどねw。
「合計値/10の得点」が「各数字ごとにマジョリティで5点」に変わった。
だがこれだけでプレイングがかなり変わった。
特にランクごとの枚数把握が必須になった。
12引く各ランクが枚数になってる。8なら4枚。
マジョリティタイは双方満額なので、できるだけマジョリティは維持したいが、高ランク出して低ランクをかっさらいたい。

ゲームシステムが至極シンプルな分、決算条件変わるだけでこれだけゲームが変わるのかとびっくりした。
なかなか他のゲームでは得られない感覚。よろしくてよ。

結果:レン 51、ゆう 53、きっと 67〇、エース 46



IMG_9631
「ラインレンダー / Rheinländer」 Reiner Knizia作

持参初プレー。
クニツィア式アクワイアといわれる作品。
アクワイアやるってので被せてみたw。

手番ではカード出して紋章置くだけ。
表で出して数字のマスに置くか、裏で出して任意の自分の紋章の隣で他人の紋章の隣でないマスに置く。
2つ以上の紋章が隣り合うと領土を形成して、マジョリティ取ってる人が公爵コマを置く。
つまり裏で出せばワイルドで置けるが、他人の領土を合併できない。
合併したいなら表で出してね。
合併すると紋章数少ない方が飲み込まれるが、その時点での領土の価値分の得点を貰える。
公爵コマ1点、建物タイルで1~4点。
ゲーム終了時まで残ってれば公爵コマもタイルも全て5点になるので、途中で飲ませるか最後まで残すか。
アクワイアと違って資金はないのでショートしない。
大きい領土作って奪われにくくするか、小さい領土いっぱい作って終了時点数大量に得るか。
だが小さい領土は奪われやすいぞ。奪って奪われてで途中点稼ぐのも良い。

なんか左端できっと君と殴り合ってたらエースさんとゆうさんが右の方で悠々と領土複数取ってエースさん勝利w。
まぁそうなるわなww。

正直まだこれからってところで紋章尽きて終わったんだけど。
数間違えてないしなー。なんか残念。
もっとバチバチに殴り合うべきなのか?

チグユー苦手だからこれもそんな好きでもないかな。
やっぱクニツィアはそんな合わん。

結果:レン 36、きっと 43、エース 60〇、ゆう 51



IMG_9632
「レーベンヘルツ 新版 / Löwenherz」 Klaus Teuber作

持参初プレー。中世騎士繋がりで。
エッセンで買ったけど遊んでなかった。4年積んでたな。
旧版は以前買って1回遊んで売った。というか元々売るつもりで仕入れて1回遊んだ。
導入ルールだったうえにルール間違えてたので正確な評価できなかったけど。

初期配置で全員城3つとその隣に騎士コマ1つずつ配置。
カタン周りでないのは何故かしら。

手番では手札1枚を場に売るか、必要なお金払って使って捨てるか。
その後1枚補充は山から引くか、場のカードを拾うか。

カード出したら描かれたアクション。
壁を置く、騎士を置く、他人の騎士寝返らせる、領土広げる、同盟組む。
壁で区切ったエリア内に城が1つだと領土を形成。
序盤はとりあえず壁置いて領土を作りに行く。
領土が出来たらそれを広げていくか、別の領土を作るか。
領土広げるのは誰の領土でもない場所は無条件だが、他人の領土へは相手より多い騎士数が必要。
同盟組むと相互不可侵になるが、それに1手番とお金かけていいものかどうか。

とにかくお金が厳しく、序盤は1枚売ってやっと1枚使えるくらい。
自転車操業脱するために収入が欲しい。収入は領土内の鉱山の種類数。
なのでまずは鉱山が取りやすい所、かつ領土形成しやすいボード端を狙っていく。

面白いのが置くのは境界線なので、その向こう側が誰かの領土になるところ。
壁を置くことが相手の利にもなる。できるだけ鉱山や森はこちら側に収めたい。

後半は騎士を増やして守りを固めつつ相手の領土を奪うか、騎士数勝てなさそうな所は同盟で守って他を伸ばす。

なるほどこれは面白い。
誰かが一定得点取ったら終わりなので、後半はひたすら殴られる。つか殴られたw。
最後騎士2つ増やして、村奪い返してで、カード切れ終了。勝利。

正直旧版遊んだ記憶がほとんどないんだがw、手番順にアクション選択してバッティングしたら交渉ってのは覚えてる。
順出しのバッティングなのであえて被せにいってお金巻き上げるってのがえげつない。
そっちの方が重厚なのは分かるが、個人的には新版くらいのが丁度良い。

まぁどこかで旧版もまた遊んでみて再評価したい。

結果:レン 26〇、ゆう 9、エース 20、きっと 18



IMG_9633
「ザ・マインド / The Mind」 Wolfgang Warsch作

エースさんが未プレーらしく、ガキ使で見て気になったと。
初回プレーで普通に最後までクリアしたからそこでほぼ満足してそれ以上遊んでない。

特に手裏剣ルールとか無視して4ラウンドくらいまで。
攻略法などは触れずにやったが、数字1違いで1ミスしたでそこまで行ったよ。

個人的には攻略法ありきのゲームなので、別に隠す必要ないと思うんだが、まぁ一応伏せておこう。
そういうの模索する楽しみもあるだろうし。

ザ・マインド 日本語版
アークライト(Arclight)
2018-11-08




IMG_9634
「スクエアオンセール / Square On Sale」 Taiju Sawada作

持参品。以前3人で遊んだが4人は未プレー。

落札までに2ターンかかる時間差競りと挟んで塗り替えるオセロ陣取り。
中央エリアに入札したお金は1ターンに1つずつ返ってくるが、辺エリアは入札パスしないと返ってこず、角エリアは永遠に返ってこない。
人が置いたエリアも再入札できるので急いで高入札するか、後から低入札するか。
他人に上書きされると経過ターン数込みで権利奪われるのが面白いが辛い。

やはりよく出来たゲーム。研ぎ澄まされたルールの美。
新版出た今、もっと海外にも売られていいと思うの。

お仕事感はある程度あるゲームなので、技量の近いゲーマー同士で遊びたいね。
ともすればキングメーカーになりがち。

個人的には4人よりも3人の方が好きかな。
所持金と戻ってくるお金の算段が立てやすい。

最後エースさんが何故かこっち殴ってくるからー。
下家のきっと君止めてよー。

結果:レン 14、ゆう 12、エース 10、きっと 41〇


IMG_9635
「ラトルボーンズ / Rattlebones」 Stephen Glenn作

持参品。久々に。

ダイスフォージよりも前に出たダイスビルド。
ダイス振って、コマ進めて止まったマスのフェイスを獲得してダイスにセット。
複数振りが出来る目や様々な得点条件の目があるよ。

まぁそれだけで要はどの得点手段が一番儲かるかなんだけど、結局はダイス運なので緩い。
だがその緩さが好き。

きっと君から「今日一!」頂きましたーw。

結果:レン、ゆう、エース 〇、きっと



IMG_9636
「セット / SET」 Marsha J. Falco作

お約束。

実はそれほど得意じゃない。

結果:レン 6〇、きっと 6〇、ゆう 6〇、エース 5
セット (SET)
SET Enterprises





おしまい。


IMG_9637
ら・けいこ。揚げチャーシューが美味い。

6/7 東海シミュレーションゲームサークル@聚楽園

この日はこの時勢に珍しく3つのボドゲ会が被ってた。

岐阜ボドは予約満員だし、豊橋は流石に遠いので、もう1つの東海シミュレーションゲームサークルへ。
清州と東海市のどちらかで開催。以前一度清州の方には参加してる。
清州だと車で15分くらいなので近いんだが、東海市は遠いな。
基本第一日曜開催なのできなボド!ゲーマーズと被ってなかなか行けないんだけど。



IMG_9605
「電力世界 / Electropolis」 Chang Yu Di, Ku Chun Wei, Wang Liang作

初プレー。NGOが日本語版出して気になってた。遊べて僥倖。

場に環状に並んだタイルから何枚取るかを順に選択。
枚数が少ないほど手番が早い。おかしな遺言的な。
タイル取るときはその枚数の連続するタイルを取らなくてはならない。悩ましい。
更に同時に場に並んだカード1枚を取って、その下段に描かれた場所にタイルを配置する必要がある。
後手番だと置きたい場所のカードが残ってなくてタイルが無駄になることも。悩ましい。
あとカードには終了時得点や即時ボーナス。

取ったタイルは先述のようにカードに一致する場所に配置。
さらに既に置かれたタイルに隣接する必要がある。
基本的には発電所+資源のセットで得点。
赤の発電所+石炭、橙の発電所+石油の組み合わせ。同じ発電所が隣接すると得点が増える。
ただし、それぞれ大気汚染を起こして汚染トラックが進む。
隣接する発電所の大気汚染を軽減する建物もあるので活用したい。
青い原子力発電所は核燃料とともに最終処理施設が必要。
最終処理施設はボードの四隅にしか建設できない。

紫色の建物は支持率の増加。
最終的に汚染トラックが支持率より高いと差分の二乗がマイナス点。
あと取ったタイル置けないと廃棄して支持率減るよ。

なるほど確かにNGOが好きそうだ。
新しさはないが隙のない作り。美しいがこのストイックさは台湾らしい。
ある意味人を選ぶ。切れ味良すぎてね。

毎回3枚のルールカードが追加されるのでリプレイ性も高い。
今回は「空きマスが-3点になる」「汚染高い人ほどマイナス点」「原子力発電所ないと12点」の3つ。
原子力は1セットで10点なので2セット以上作れればプラス点。半端に原子力発電所だけあって核燃料足りないとかだと最悪。
でもまぁ流れで取れそうなら取るし、取らないで済むなら取らない。
ただ、空きマスの失点がデカいのでできるだけタイル枚数を確保したい。

なので1ラウンド目はどれ取ってもいいやと最大枚数6枚を選択。
んで24マス中5マスが埋まる。あれ、8ラウンドあるんだが…。
んで気づいた。これ燃料多く取ってボード配置枚数減らすか、そもそも取る枚数減らさないと溢れるぞ。
更に流れ的に赤橙の発電所はあまり取らない感じになったので、燃料もそこまでいらない。
なので以降は基本3枚取りで手番を早める。カードも好きなの選べて配置自由度高いし得点高いの取れるしね。

というわけで最終的には1マス空きで終了。1枚も捨ててないよ。
核燃料と最終処理施設余分に持って6ラウンド目終えたが、残り2ラウンドで原子力発電所1枚も出ないでやんの。
出てればもう10点増えたんだけどな。
まぁ勝てたから良し。

なるほど非常に面白い。タイル配置の気持ちよさよりは苦しさが強いけど。
これ4人でも常にカード4枚らしいんだが、4番手辛すぎね?
3人ならまだ3番手でも2択だから救いがあった。
この苦しさを楽しいって思える人ならタイル配置系のベストになる可能性は十分ある。

面白かったが、買うかは悩むな。

結果:レン 97〇、ハヤシ 82、コタケ 72



IMG_9606
「カウチャク / Kauchuk」 Yaniv Kahana, Oren Shainin作

買って1回しか遊んでないから立ててみた。
輪ゴムでエリア囲い。

途中で気づいたが、3人プレーで4人用ボード使ってた…。
そりゃ広いよなぁ。ほぼ絡みなしで終わってしまった。
申し訳ない。

ボードは5番。
輪ゴム同士の外側でエリア囲んで、4マス以上だとその数分追加点。
元々それでも資源は貰えるので、つまりは狙って得点取れと。
6ラウンドしかないので、最終ラウンドでどかっと囲って大量得点。
勝った。

今度はちゃんとマップ合わせないと…。

結果:レン 42〇、ハヤシ 19、コタケ 31



IMG_9607
お昼休憩。カレー。



IMG_9608
「探偵稼業 / Detective Life」 麻生忠嗣 作

持参初プレー。
推理ゲーと思って買ったら記憶ゲーだったよ。
NGO力作のスタンド15本付。

8色のカードに絵柄が6種。48枚。
手番では1枚引いて、その後情報交換か捜査。
情報交換は他人のカード1枚貰って、自分も1枚返す。
捜査は同じ絵柄を探して連続で当てて行く。相手の選ぶと相手が1点。外したら終了。

このゲームの特徴として、カードの位置は公開情報でどのカードがどの絵柄なのかを覚えておかなければならない。
色は背面から確認できるので、あのカードがあの絵柄だったなぁって覚える。
カードがあっち行ったりこっち行ったりで忘れるし、場所固定されてても同じ色が同じスタンドにあるとどっちがどっちだったか…。

んで捜査。
自分のでも相手のでも1枚指定して、相手のなら相手は1点獲得し、自分だけタイルを見る。
基本的にはその1枚目の絵柄を対象に捜査していくが、既に自分が捜査して公開してる絵柄だと失敗。
そうでなければあとはその絵柄のカードを探す。
指定するときは絵柄だけじゃなくてどのカードかも指定なので誰が持ってるだけじゃなくてどのカードがその絵柄かを覚えておかないといけない。

3回捜査してカード公開した人はゲームから抜ける。早抜けボーナス有り。
また、同種の絵柄5枚以上公開されたらマークしておき、4種マークで終了。全員抜けても終了。
各絵柄でマジョリティ見てトップは枚数×2の得点、2位は枚数+2、それ以外は枚数が得点。

各絵柄8枚で、タイでもフル得点なので、なるべく4枚公開を狙いたい。
あとから追加公開はできないので、4枚が確定するまで待ちたいが、他の人に先に捜査されてしまうと無駄になる。
なので3枚くらいで妥協してやっておけば、運が良ければトップ、ダメでも2位で+2点は取れる。

更に後半になるとどの色のどの絵柄が公開されてるってのが場を見て分かるので、見てないタイルでも絵柄が推理できる。
特に同じ絵柄集めてる人が持ってるのに出さなかったやつは除外して考えれたり。
そこらへんはしっかりと推理ゲームしてる。

それなりに記憶力は必要だが、思った以上にライトな感じで悪くない。
外しても相手に1点入るだけってのも気が楽。

結果:レン 29、ウチダ 22、アンドウ 15、ゆう 30〇



IMG_9609
「天下鳴動」 与儀新一 作

製品版は初かな。
プレイ自体は3度目くらい。

何度遊んでもルールがシンプルで美しい。
コンポーネントも製品版になって豪華になったので良いね。

サイコロ振り直すルール間違ってたけどまぁいいや。

今回東日本で3人が殴り合って、西日本がスッカスカw。
そこを一人で蹂躙したゆうさんが圧勝w。まぁそうなるわな。点数高いし。

結果:レン 21、ウチダ 19、アンドウ 25、ゆう 41〇



IMG_9610
「フリークショップ / Freak Shop」 Henri Kermarrec作

持参初プレー。

手番では2択。
・同種カードN枚出して場から他の同種カードN枚取る
・任意の枚数のカード出して、その合計値に等くなるようにカードを何枚でも取る
その後山札から場に2枚公開。

つまりは上のアクションで数字小さいカードを数字大きいカードに交換して、下のアクションでそれを数字の小さいカード複数枚に交換する感じで手持ちのカードを増やして行く。
当然数字が大きいほど枚数は少ない模様。

勝利点は場に出てる3枚の得点条件タイル。
プレイ毎に変わるのでランダム性。
今回は「カードの合計値÷10の得点」「数字が連続する枚数×3点」「値札タグが付いてないカードの枚数×2点」。

なのでできるだけ各数字1枚は残しながら、大きい数字のカードを集めて、選択肢あれば値札ないのを取る。
もしくは大きい数字のカード1枚吐き出して、値札のないカード数枚取れれば美味しい。

なるほどシンプル、そして豪快。
毎手番2枚場に補充なので場がどんどん増えて行く。
終了条件は山札の下の方に入ってる閉店カード出たらなので、結構あっという間だ。

そんなに深みはないが、遊びやすいゲーム。

結果:レン 56〇、笠松 47、ハヤシ 29



IMG_9611
「四人議会 / Council of 4」 Simone Luciani, Daniele Tascini作

久々に。ツォルキンコンビ。あまり遊ばれてるのを見ないね。

議員の色に合うようにカードを出してタイルを獲得。
タイル裏返して家建ててボーナス。複数が道で繋がってれば連鎖発動。

富める者がどんどん富むゲームなので出遅れると辛い。
カードの引きは大きいしね。
ゆうさんが独走だったなー。

結果:レン 45、ゆう 93〇、ウチダ 失念



IMG_9612
「ジンジャーブレッドハウス / Gingerbread House」 Phil Walker-Harding作

持参品。もっと遊ばれていいゲームなんだけどな。

ドミノタイル重ねて資源獲得、資源払ってカード達成の煌き系。
階層完成させるとボーナスカード取れるのでどれを優先するか。

なんか後手番辛いなと思ったら、初期で逆順カードピックするの忘れてた!
インストの最後に言おうと思ってたら…、触れておかないとダメだなぁ。
失礼しました。インストミス多いなぁ…。

逆に言うと手番順補正ない煌きは…。

結果:レン 62〇、ウチダ 58、ゆう 50



IMG_9613
「ふくろキャッチ / Schnapp den Sack」 Wolfgang Kramer作

持参初プレー。
アーチゲームズの小箱福袋から。
そういや出てたなこんなの。

直立するズタ袋が気になる。ご想像の通り、リアルタイム早取りだ!

自分の山から1枚めくる。
カードは4色あって、場には対応する列。
めくったカードをその列に加えるか、1枚を上書きして、合計数を6にできると思ったら袋を掴む。
スルーなら場に加える。6を超えてたら最大値を上書き。

うむ、分かりやすい。
ヴァリアントで合計値を7~12に変えたり、列ごとに別の数字にしたりできる。

軽ゲーとしては中々悪くない。
常に全員参加のジャングルスピードとかそんな感じ。ハリガリか。未プレーだ。

結果:レン 23〇、ゆう 15、タカ 18




終わり。
リサイクルショップ巡りして帰ったよ。

バティークキッズを300円で買えてホクホク。

6/6 すぐりさん宅会

少しずつオープン会も復活してきたけど、まだまだ空きが多い。

クローズ会で動ける人も限定されてるしね。

この日はすぐりさんがアグリやりたいって呟いてたのでアグリじゃないのやろうぜと誘うw。
同じく土曜暇とリプくれてたハヤシくんことカキヌマくんを誘って。
あとえるさんが釣れたよ。

すぐりさんの所持ゲーム初めて見たけど経済ゲームがお好きなのね。
マネージャーとか持ってるからてっきりレガシー系の古き良き名作系が好きかと思ってたが。
なんか経済ゲーム探しておこう。



IMG_9600
「ガーデンコンペティション / Garden Competition」 Ken Stevens作

持参初プレー。というわけでレガシーゲーム。
国内で遊んでる人がatogさんとmoonさんしか見つからないw。

全員得点条件になる花の情報を持ってる。
各自に1枚と隣のプレイヤーとの間に1枚、場に伏せられた3枚。
最終的に全ての条件カードに応じて得点。

手番では2アクション。
花を買う、隣人への紹介、隣人での仕事、2金で伏せられたカードを見る、雑草を刈る。
隣人はプレイヤー間に置かれたボードと中央ボードの3か所。
隣人宅で仕事するには先に紹介してキューブを置く必要がある。
報酬はお金貰うか、好意キューブを置くか。
好意キューブがトップのプレイヤーは規定ラウンドのイベントで花が無料で貰える。

場に伏せられた3枚の条件カードは規定ラウンドごとに公開される。
花は各2~3つずつなので先にお金払って情報を得ておくかどうか。

また、花は前半ラウンドで買えば1金で済むが、後半では3~5金と高くなる。
情報は少ないが前半のうちに投資しておきたい。

基本的には他人の買った花を自分も買っておけば問題ない。
わざわざ得点にならない花買わないもんね。
なのでこれ見よがしに買うよりはタイミングを狙って買いたい。
花は日照度により3タイプに分かれ、それぞれ個人ボード上の対応するエリアにしか置けない。
そして後半重要になってくるのが雑草。
7ラウンド目開始時に左隣の隣人ボードに雑草を1つ配置する。
するとその雑草はその両隣のプレイヤーボードに1つずつ増え、裏向きになる。
そのまま放置するとまたプレイヤーボードから両隣の隣人ボードへと繁殖する。
雑草はゲーム終了時マイナス1点になるのでできれば生やしたくない。
対応する日照度のマスを全部花で埋めてしまえばそれ以上生えなくなる。
よって後半には自分にとって得点にならない花でもとりあえず買うってのが有効になってくる。
後半だと値段高いから前半から後半に変わるギリギリで買うのが良さそう。

最初に見た左隣との間のカードがダリア。
全3枚のうち隣人ボードに2枚配置されてて買えるのが1枚だけだったのでとりあえず初手で買うよね。
自分のカードと右隣のカードが2枚しかない色指定の赤と黄色カードだったので、これは強いんじゃね?と。ダリアも黄色だし。
伏せられてるカード2枚見たらポピーと紫陽花。
公開された1枚はヒヤシンス、場には2枚で自分は2番手。買えた。

で気づいたがカードが公開されるタイミングの手番順大事ね。
初手番なら残ってれば確実に買える、2番手は運次第。
手番遅いプレイヤーはそれより前にカード見ておかないと買えない。
普通は公開タイミングが遅いカードから見るが、手番順考慮するとその限りではないってのが面白い。
まぁやや不公平感は感じるが。

とりあえず皆1エリア埋めてそのエリアに対応する雑草バラまくよね。
後半はかなり生い茂って辛かった。結果4点マイナス。辛い。
隣人から花貰って埋まる目論見がカキヌマ君にカットされたし…。

情報戦、トレンドに乗る、マジョリティ、お金管理、雑草管理、考えることは多いがルール自体はシンプル。
なかなか面白かった。

マス埋めるためだけに買える芝が存在感空気。無駄に高いし。
後から花を植え直せるので情報ないうちに埋めるのには使えるが、花買った方が安いからなぁ。
まぁそんな荒さがレガシーゲーらしいわ。

結果:レン 10、すぐり 19〇、える 15、カキヌマ 11


IMG_9601
「ピークオイル / Peak Oil」 Tobias Gohrbandt, Heiko Günther作

初プレー。

とりあえず先に言うと、和訳のクオリティがクソだった。
エラッタシール付けて、サイトでエラッタ発表して、それでもまだ誤訳がある。
インスト聞きながら英語ルール読んで訂正。酷いなこれ。
無性単数形のtheyを複数形と間違えて主語間違えて訳すのはまだしも、書いてある内容がまるで違ったり。
説明書のデータが古かったんかね?ややある。

さて、ゲームは石油採掘。段々枯渇するよ。
システム的にはバヌアツに近い。
マジョリティ取ってるアクションを発動。同数でも弱いアクション出来るのがやや救い。
ただし毎手番ワーカーの再配置を行うので、毎手番誰かを叩く。キツい。

手番ではまずアクション。アクションエリア1つ選んでマジョリティ単独なら描かれた2つのアクション、同数ならどちらか片方。
その後手元かボード上のワーカー1つを好きなエリアに再配置。2金払えばもう1回再配置。

得点になるのは会社カード、それにボードの対応する代替資源マスに置かれたコマ数(A)+対応する代替資源の描かれた採掘カード(B)の枚数を掛けたのが得点。
会社カード買うには(A)に応じたお金が必要なので、安いうちに買っておいて価値を上げたい。
まぁ全員が同じこと考えるのでそのアクションの人気出てなかなか撃てないんだけど。

このゲーム、お金稼ぐにはマップ上の原油輸送するしかなく、それでも1アクションで1~4金。
原油は誰かが採掘アクションしないとボードに湧かなくて、2~4つ。
また、採掘、輸送、同率マジョリティアクションする時に袋からオイルコマ引いて、黒以外が出たらペナルティカードが飛んでくる。
なので必然的に採掘や無理な輸送は撃ちたくない。そして市場が滞る。辛い。
どんどん黒コマは引かれていって当たりの割合高くなるしね。後半は地獄だ。

明らかに狙ったバランスなんだろうけど、明らかに辛いゲーム。
石油が枯渇するってテーマ再現度はいいんだけど、代替資源探してるだけで代替できてないからどんどんと尻すぼみ。
特に終盤は袋の中ほぼハズレだから誰もアクションしたくない。
移動して終わりってなりやすいので、これは構造的欠陥。強制的な何かが必要。

というわけでマジョリティアクションの閉塞感と市場枯渇の閉塞感でWマゾゲー。
まだバヌアツの方が稼いでる感あるわ。バヌアツやりますw。多分もうやらねぇw。

結果:レン 17〇、える 15、すぐり 14、カキヌマ 12




IMG_9602
「スチームワークス / Steam Works」 Alex Churchill作

2回目のプレー。
前回遊んで結構面白かったので。

動力タイルとパーツタイルで機械作る、ワカプレ。
誰の機械でも発動できるが、人のを使うと相手に1点。

まぁ詳細は以前の読んでもらうとして。

今回はキャラ差ありのB面で。好きじゃろ?
自分のキャラは追加ワーカーのオートマトン君が最初から使用可能。
ただしオートマトン君は個人ボード上のアクション専用。
その代わり通常ワーカーのコストがやや高い。他のアクションは通常通り。
これ普通に強キャラな気がする。まぁ毎ラウンド数金浮く感じと、前半からワーカー多いので動きやすい。

他のだとえるさんのお金の代わりに電気タイルでワーカー使うのとか面白かったな。
なかなかトリッキーな効果が多いので初回プレーでは入れない方がいいかと思ってたが、入れた方が個人差出た結果やりたいアクションや欲しいタイルが分かれていいかもしれん。

こういうアクションを構築してく系のワカプレが好き。
アナクロニ―とかね。

得点効果は自分で作って自分で撃たないとだめだなー。

結果:レン 42、すぐり 36、カキヌマ 37、える 44〇




IMG_9603
「サイコロコロンブスの卵」 なるしすエンターテイメントカンファレンス

初プレー?

なーんかやったことあるような。ないような。
ちょっとだけ触れた感じかな。

だってTUFなんだもの。これTUFじゃんって突っ込みした記憶がある。
Twitterで見ただけかな。

数字ダイスと記号ダイスじゃらっと振って、3つの等式を作る。
×0は禁止ね。
余ったダイスや=タイルの数がマイナス点。

ちなみにTUFなら指数演算もできるし、logやπやtanのダイスも入ってるよ。
=が複数ある分こっちの方が難易度は低いかな。
使い切らなきゃいけないので逆に難しい可能性もある。

結果:レン -6〇、すぐり -7、カキヌマ -7、える -12




IMG_9604
つけ麺食べて終わり!




駿河屋アフィリエイト使ってみたがどうかな。
箱絵貼るのが目的なのでAmazonよりヒット率が高いので良いかと。
タグ張り付けるのめんどくさいのが欠点だが。アマゾンはブログの機能であるので。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ