ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

2021年01月

ボードゲームから距離を置くことにしました

ボードゲームから距離を置くことにしました。

とはいっても完全に辞める訳ではなく、いくつかのオープン会にも参加を続けます。
距離感を見直す、が正しいかな。

具体的には、
・「きなボド!ゲーマーズ」「きなボド!ふぁみりーず」の活動停止
・レン楽会などクローズ会の企画の停止
・オープン会への参加を減らす
・ボードゲーム購入を減らす(努力をする)
といったところです。
理由は後述するので読みたい人だけ読んでください。

とはいえ元々月に15回程度(11月は19回)遊んでるヘビーゲーマーですので、
減らしたところでそこらのボードゲーマーよりも会う頻度は高いかもしれません。



ご迷惑おかけしますが、引き続きよろしくお願い致します。








以下、女々しい泣き言の駄文となります。
気分悪くしたくない人は読まないでいいです。





きっかけとなったのは12月のレン楽会の面子不足、年末年始の遊び相手の不在、この三連休での遊び相手の不在でした。
一言で言えば疲れてしまいました。
何度か呼びかけても誰も応えてくれず、自分の人望のなさを実感し、落ち込みました。
そうか、自分はこんなにも周りに好かれてないのだなと。

自分にとってボードゲームは何か。
最大の趣味であり生き甲斐であり、逃避です。
現実からの逃避、仕事からの逃避、社会からの逃避、孤独からの逃避。
「遊んでくれ」は「助けてくれ」と同義でした。

ここ数か月、ありがたくも色々な人が遊んでくれて、充実していました。
その分、いきなり訪れた絶望にだんだんと心が疲弊しました。
愛別離苦、求不得苦、一度手に入れた物を失うときほどダメージは大きいもので。

諦めて他の事を楽しめる出来た人間なら良かったのですが、
その悲しみに暮れて無気力に寝続ける日が続きました。
悶々と過ごす中、ふとよぎってしまった考えがありました。
きなボド(特にゲーマーズ)には来てくれる人が多くいる、なのにクローズ会には来てくれない、誰も声をかけてくれない。
つまりプレイヤーとしての自分は誰にも必要とされていないんじゃないかと。
馬鹿な被害妄想だとは分かっています。
しかし一人悲嘆に暮れる中、その考えは膨らんでいき、思ってはいけないことを思ってしまいました。
「自分が満足に遊べないのに、なんで人に楽しんでもらうためにボドゲ会を開いているんだろう」と。
愚かな考えです。一笑に付すべきです。だが思ってしまった。たとえ一瞬でも。
こんなことを思ってしまう主催者の会には誰も来たくないだろう。主催する資格はない。
主催が自分の会を負担に感じてしまった時がその会の畳み時だとは前から考えていました。
その時が来てしまった。

今のきなボド!が好きです。
ゲーマー同士がワイワイ楽しんでいるゲーマーズも。
ふぁみりーが笑顔で遊んでくれるふぁみりーずも。
だが、ふぁみりーずの集客の悪さに不満を感じていたのも事実。
このまま続けてしまうと、自分で自分の会を嫌いになってしまう気がして。

そんなわけで、きなボドは終わらせることにしました。
楽しみに通ってくれた方にはごめんなさい。

弱い人間です。女々しい人間です。病んでしまいました。
このまま行くともしかしたらボードゲームまで嫌いになってしまうのではないか。
逃避先がなくなったら恐らく生きていけない。
その前に別の逃避先を探すことにします。

ボードゲームに生かされて来ました。
警察沙汰の恋に騙されて病んだときも、
鬱で起きれなくなり会社を辞めたときも、
医者に依存症だと言われたときも、
傷病保険でボードゲームをする暮らしをなじられたときも、
クレームにより職場を変わらざるを得なくなったときも、
仕事が上手くいかなくて上司の前で泣いたときも、
そして今現在も。

ボードゲームをまだ続けたいです。できれば一生。
なので、ちょっと小休止。


現状他にすることもないんですけどね。
寝るのにも飽きてきたので、何か探したい。
またジムにでも通い始めるか。
何か楽しいこと誘ってください。

あ、とりあえず病院行こう。


といっても先述の通り、ボードゲームを引退するわけではないので。
しばらくのんびりと遊んで行こうかと。
自分からは動けないけど、誰かからボードゲームに誘ってくれるにはとても嬉しいです。
無理のない範囲で遊んでいきたい。
期待はしないけど、できないけど。

また心が落ち着いて、そのときできることで満足できるようになったら、
もしくは環境も変わってやりたいことができるようになったら、
きなボドも再開すると思うので、また遊びに来てやってください。

長々と駄文垂れ流しましたが、これからもよろしくね。
なるべく面白いゲーム持ち込むのでまた遊んでやってください。
Bmゲーはしばらく封印!(注文あればよろこんで!)

12/29 クロニクルオブクライム会

クロニクルオブクライムの日本語版が発表されたので、積んでる英語版遊びたいなぁとスミさんとよこさんに呼び掛けて実現。



IMG_0946
折角なので1回しか遊べない系のゲームをいくつか持参。
まぁ先に言うとクロニクルオブクライムの基本セットだけで終わってしまったんだけど。



IMG_0949
「クロニクルオブクライム / Chronicles of Crime」 David Cicurel作

前回やろうとしたときはチュートリアルで最上さんがギブアップして中止になった。
やはり英文読める人が1人だけだと辛いよ。
今回は全員辞書持参で。『テイルズオブアラビアンナイト』に続いて。

最初スミさんのFireでやろうとしたけどどうもQRが読み込めなくてよこさんのiPhoneでやることに。
画面HDMIでモニター出力してくれたので遊びやすかった。

やることはもろにアドベンチャーゲーム。
場所移動して人に話しかけて証拠品見せて話を聞く。
その中で新たな場所や人物、証拠品が見つかるので、対応するカードをボードに配置。
特徴的なのはこれをQRコードで読み込んで行うところ。

また、事件現場では1人が3D画面360度見渡して、見つけた物を伝えて対応するカードを出す。
VRゴーグルも付いてて立体的に見ることもできる。外部機器にも対応してるよ。
今回はめんどくさいのでモニターのままで。
全員見れるので難易度は下がるが、まぁ普通の3回やってもそこまで大差ない。

移動すると20分、調査や聞き込みすると5分時間が経過する。
時間によるイベントとか決められた時間しか会えない人がいるので、意識して捜査したい。

事件の全貌が掴めたと思ったらスコットランドヤードに戻って解決。
犯人は誰?とかのいくつかの質問にQRコード読ませて答えて、正解数に応じて得点。


今回は基本セットのチュートリアルから始めて、その後3シナリオ繋がった事件に挑戦。
チュートリアルの真下にあるからそれにしたが、難易度はイージー、ハード、ハードで後ろ2つはかなり苦戦した。
基本セットには他2つの単独シナリオ入ってて、それがイージーとミディアムなので、チュートリアルの後はそっちやるのをお薦めする。
というかそういう並びにしといて欲しい…。

13時から始めて、チュートリアルと2シナリオ終わったのが19時。
そっから飯食って、最後1シナリオやったら23時に。
なので1シナリオ3時間くらい。なかなかのボリューム。
いちいちQR読みこませるので手間がかかる。この読み取り精度がまたよろしくなくてな…。

手詰まりになると適当にあれこれ総当たりするしかなく、ヒント機能もない。
ちなみに答え合わせは正解文章読むことができるが、それを知るために何をすればよかったかは教えてくれないのでもやもやするぞ。

英語レベルはそんなに必要ないが、ある程度毒物とか犯罪関係の専門用語は出てくるので辞書は必須。
最後のシナリオは口悪いキャラがいてスラング多くて訳しづらかった。

ネタバレはしないが、知っておくと良いこと下に白文字で書くので気になる人はどうぞ。
何シナリオかやると気づくと思うけど、最初から知っておいた方がスムーズなので。
・犯罪心理学者は大抵の人物について情報をくれる。初出の人物全員聞くくらいで良い。
・ハッカーは情報機器関係だけでなく、居場所の分からない人物の場所を調べてくれる。


結論としては、面白かった。
面白かったが、それはボードゲームの面白さではなくアドベンチャーゲームとしての面白さ。
単純にアドベンチャーゲーム楽しみたいなら中古のPSゲームでも買ってきてみんなであれこれ話しながら進めた方がコスパも時間効率も良いよ。
このシステムを遊ぶってことを楽しむ人じゃないとそこまで買う意義はないかな。
あとはアドベンチャーゲームの地道にあれこれ聞いてくのが嫌いな人にはまったく向かない。

最終得点減ってもいいからヒント機能が欲しかったな。
真相読むかは任意なので、既存の情報持ったまま2回3回遊んで真相追うこともできるが、1回3時間かかるとなるとなかなかそれも厳しい。
スキップ機能とかないからね。その点コンシューマゲームの方が優れてる。
マーダーミステリーなら最後に全カード見て、あれ見ていれば分かったのにーができるが、それもできない。
解決できるまで同じシナリオ繰り返す根気のあるチームでやるのが正解かもしれんな。

また時間取れたら続きやってこうかなってくらいには楽しかったよ。

今回で基本セットの3/5が終わったので、あと2事件で基本は終わり。
拡張2セットとキック限定シナリオがあるので周りのやる気があればやっていこう。



IMG_0950
飯はからあげ。混んでた。

12/27 刈重会@刈谷

刈重へ。お金ないので下道で。




IMG_0935
「パシフィックレイルズインク / Pacific Rails Inc.」 Dean Morris作

初プレー。がーすけさん持参品。

ワカプレで資源取って線路に変えて線路敷く。

手番ではワーカー1つを置くか取るかしてアクション。どっちでもってのがちょっと珍しい。
置くのはアクションが描かれた地区と地区の間。どっちのアクションするかを選ぶ。
その際に選んだアクションの周りに置いてる自分のワーカー分アクションが強化される。
周りが埋まってたら地区そのものに置いて、周りの他人のワーカーを回収させて、帽子を配る。
この帽子使ってもアクション強化させられるので他人に利益がある。

んで資源取るアクションが4つ。それぞれ自分の個人ボードの対応するマス解放させてると産出が増える。
また追加アクションとして産出上げたり得点になるコマ置いたり。
それぞれ取れる資源と違う資源がコストとして必要になるのが憎いね。

次に専門家。これを資源払って取るアクションもあり、使うアクションもアリ。
マスに対応する資源払って、それを線路タイルに変換。平野用、山用、水上用がある。
アクション撃つとその後に自分の持ってる専門家タイル発動して、同様に変換できる。

んで線路敷設アクション。持ってる線路タイルを置いて既存の線路と新しい街を繋げる。
街を繋げると客車ボード手に入れて専門家や資源取れる上限が増えるのと、家コマ配置して資源産出上げるか電信配置して得点得るか。

そんなこんなで自分の変換エンジン組みながら資源を線路に変えて線路敷いていく。
誰かがボード右側と左側を繋げる線路作ったら終了でその人に15点。
終わった時にマジョリティ見て3点貰える条件タイルが4枚最初から出てる。

線路敷くと枚数×2の得点貰えるのでそれがメインの得点源。
なかなかルートが分かりやすいんだが、どうも違和感を覚える。

まずサブアクション、家コマ置いて産出上げる序盤用と、客車強化して変換時に資源降らせる中盤用、誰かが家コマ置いてる街に電信置くのと、逆に電信置いてる街に家コマ置く週番用。
これが各資源に結びついてるものだが、序盤に必要な資源が人によって違うので、サブアクションが有用な人とそうじゃない人が出てくる。
具体的に言うと、鉄取るアクションに産出上げるサブアクションが紐づいてるから、初期配置では平原にタイル置ける場所を取るべし。

残り3つのサブアクションは撃てるタイミングが決まってる。
人の家コマある街に電信置くやつはまだ撃ちやすいが、客車の強化は自分が客車取ってからじゃないとできないし、人の電信に家コマ置くのは誰かが家コマじゃなく電信置いた後、つまり産出上げるのより得点取るのを優先し始めた後になる。
どうもこの不均等さが気持ち悪い。

あとはBGGでも言われてる、線路繋いだ15点が大きすぎる。
マジョリティ達成1つが3点っての見ても分かるように、4つ全部取っても12点でそれに及ばない。
繋ぐってことは線路敷いてるから線路点も入ってるし、電信や家置いた点数もあって大体25点くらいにはなる。
1手で25点取った上にそこからラスPまでやって終わりで場合によっては用意してた資材や線路使えずに終わる。
せめて他のプレイヤ―全員にあと1手番やらせて欲しい。
んでやっぱ15点はデカい。勝利ライン73点だもの。

しかも今回よし9さんがラス手で線路10枚くらい置いて繋いでるので、40点分くらい一気に追い上げて勝ってる。お見事。
まぁそんな感じできちんと準備してタイミング見て上手くやれば逆転できる仕組みにしてあるんだろうが、多分他の誰が繋いでも1位になってる点差なので、結局繋いだもん勝ちな気がする。

悪くないゲームだとは思うが、そこんところがどうも気になるね。
あと箱に書かれてる45~60分はどう考えても嘘だ。2時間級。

結果:レン 72、よし9 87○、がーすけ 50、ばら 53




IMG_0936
「ウル / UR」 Paolo Mori作

持参初プレー。
ミニマムなシヴィライゼーションというかアブストラクトというか。

手番では手持ちのタイルに描かれた2アクションを実行。
1アクションパスすると盤面の自分のコマのあるタイルにコマ1つ追加。
2アクションともパスするとコマ2つ追加もしくはフリーのタイルに1つ追加。
その後手持ちタイルをフリーのタイル1枚と入れ替え。

紫は自分のコマがある紫タイルにその周りの相手のコマのあるタイルもしくはボードの端の数分のコマを追加。
緑は自分の緑に隣接してない自分のタイルからコマ1つ回収して、自分の緑タイル上にコマ2つずつ追加。
青は自分のコマのあるタイル同士でコマの分配。
黄色は自分のコマのある黄色タイルに隣接するタイルに持ち主のコマを追加。
赤は自分のコマのあるタイルから他のタイルに戦争。除去する相手のコマ分自分のコマ相殺して、タイルの色が違えば更に1つ除去。その後1つ移動を殴った先に移動。

手番開始時にコマが5個あるタイルにジッグラトを建設できる。
ゲーム終了時に押さえてるタイルで色違いのセットコレクション作るが、ジッグラトは追加の1色として扱える。

正直最初何すればいいか全くわからん。
とりあえず2手パスして新しいタイル取りに行ったり、赤で誰もいないマス殴って手に入れつつ黄色や紫でコマ増やして。
そろそろ終わるなってタイミングでは他の人のコマの少ないマスを殴りに行く。
逆に自分が取られたら得点大きく減る場所はコマ増やして。

終わった後でも正直正解が分からん。なんだこれ難しい。
赤アクション複数できるっての知らなかったりルール間違いあったので直したら感覚変わるかな?
あとエラッタで赤タイルから殴ると色違いコストいらなくなったらしい。

BGGに上がってる和訳は誤訳多いし、文中に謎の☆が入ってて必要な情報消えてるしで役に立たない。
英語ルールは英語ルールで分かりにくいところあるので、BGGの修正英語ルール印刷しておこう。

なんか訳分からないまま終わったけど、慣れれば面白くなる予感がしてる。
ミニマムなマルチゲーとして良いんじゃないかな。
何度か遊ぶの前提だけど。

結果:レン 24○、よし9 24○、がーすけ 19





IMG_0938
「スタートレーダーズ / Star Traders」 David Ladyman作

持参初プレー。頑張って和訳したよ。

2016年のゲームだけど、元々は1987年のゲームのリメイク。
なんかキックスターターでトレース疑惑で炎上したらしいがw。

内容はシンプルなピック&デリバー。
盤面に落ちてる荷物を移動して、拾って、配送先に届ける。
手番では4アクション。移動か荷物拾うかステーション建設。
移動はダイス振って、出目以下の色の線に沿って移動。
移動先に誰かのステーションがあるならダイス振らずに移動できるが、相手の同意が必要なので交渉してね。
配達するとお金と名誉が貰えて、ステーション作ると名誉が貰える。
また、配達先のマスにステーションがあれば、その持ち主にお金が入る。

そんなこんなでお金と名誉稼いで、どこかで40金消費して帝国任務を受けに行く。
ダイスロールで5以上が出れば受領。持ってる名誉に応じて補正が入る。
んでそれ達成したら勝ち。

やること自体はシンプルで、それに加え特殊カード。
手番終了時に1枚引けて、上限2枚。ダイス補正したり名誉稼いだり人の邪魔したり。
強力なカードも多いので、どこで使ってどこで溜めるか。

選択ルールでキャラ能力あるよ。
今回自分が選んだのは手番で1回だけ他人のステーションをタダで利用できるやつ。
あおさんの毎手番カード2枚引けて上限3枚になるやつがかなり強かった。
ガンガン殴って来る。怖い。

やってることはお使いゲーなので、『東京男爵』に近いプレイ感。特殊カードあるけど。
多分『金星の商人』の方が近いのかな?未プレーだが。
同じ荷物を同時に拾えてどっちが先に届けられるかのレースとか、どれを拾いに行くかが問われて面白いところ。

終始あおさんがリードしていたが、ステーション建築が遅れていたので(一定数ないと帝国任務受領できない)、その隙に皆ワンチャン挑戦して成功して帝国任務受けて。
一番近かったよし9さんとカード効果で場所入れ替えて自分が一番近くに。
その後邪魔されずに任務達成して勝利!

それなりに手軽なのでまた遊びたいな。

結果:レン ○、あくあ、あお、よし9





IMG_0939
「海賊 / Freibeuter」 Reiner Stockhausen作

持参初プレー。以前から気になっててオクで競り負けたりしてたけど、駿河屋で買えたよ。

丸いタイルが並んでて、その周りが船で埋まればタイルの決算が起きる。
手番では座標カード出してその海域に船を置くか、任意のタイル上に船を置くか、列カード出してフライングダッチマンを置くか。
決算が発生したら、タイル上に船置いてるプレイヤーがタイルを獲得し、周囲に船置いてる人にお金を支払う。
獲得したタイルは最後に得点になるが、お金の収入はないのでどんどん所持金は減る。
あまり周りに他のプレイヤ―の船が多いと支払い増えるので注意。
お金足りなかったら借金で、最後に倍額返しだ。

フライングダッチマンは海域埋めて決算起こせるが、手番終了時に消えるのでここぞというときに。
その代わり1列のどこでも置けて便利。
消えるので周りの他の決算には絡めないが、自分が美味しくない決算を起こさせないという点では利点にもなる。

あとは周囲にある船の持ち主が2金貰えるタイルとか、特定のタイルの得点を2倍にするタイルとか。
これらは上に船は置かずに周りが埋まったら全員に有効になる。

基本的には自分が埋めれそうなタイルに船置いて予約していく。
他のプレイヤーは分け前をもらうためにその周りに船を置く。
周りの船が増えすぎない程度で決算起こして収支をプラスにしていく。

なるほどこれは面白いな。流石ストックハウゼン。
ルール量もハンスらしく遊びやすい。
20価値の船がちょっと強すぎる感じもするが。倍額にできれば特に。
他人への支払いも多いので決算時に資金ショートのリスクはあるが。
それに比べて5価値が弱くて倍額でも10。
ここのバランスもうちょっと取って、20は倍額にならない、5の倍額が2つあるとかにすれば5を集める意味も出たんだけど。

カードの引き運は大きくて、どっちのカード引くか選べるのとかは『オレゴン』に近いね。
それでもまぁ十分面白いゲームだった。

結果:レン 184○、キートン 252、よし9 186





IMG_0940
「タワンティンスーユ / Tawantinsuyu: The Inca Empire」 Dávid Turczi作

今日も今日とて。

今回取った能力は資源取るアクションで+1個取れるヤツ。
これで常にイモが余ってた。コーン取れるアクション中々撃てなくて辛い。
神殿なかなか進められてなかったが、最終ラウンドでデカい彫像余ってて。
破壊して3歩進めるのも考えたが、それよりタペストリー収入得た方が強そうだったので、彫像は他人のアクションに相乗りして破壊して1歩進めて、最後白ミープル置いて小さい彫像作って3点とタペストリー収入得て。
収入で金2個カード1枚取って、金1個払って神殿進めれてるのでこっちの方がプラス大きかった。
あと彫像作らずにタペストリー取る手もあったけど、最善にするには2列どちらかにないのを2枚引かなきゃいけないのでギャンブルすぎて止めた。

中毒さんに負けてると思ったが、最後のタペストリー点で追い抜いて2点差勝利。
負けてると思ったので勝てて嬉しい。

いやぁ面白いよ、タワンティンスーユ。

結果:レン 103○、中毒者 101、がーすけ 80、EG 75



IMG_0941
「オーレ! / Olé!」 Wolfgang Panning作

持参品。最後に。

なかなかウケが良かった。ここんとこ遊んだ中では一番盛り上がったな。
1ラウンド目でマイナス30点喰らったのが痛かった…。
早めに敗戦処理すべきだったな…。

結果:レン -75、きよ -67、あお -71、中毒者 -87、すぐり -46○



おしまい。


IMG_0942
開いてるか危ぶまれたが通常営業だったびっくりドンキー。
パインはマイノリティ…。でも好きなんだもの。


12/26 758ボードゲーム会@守山

着いたら主催いなくて、途中帰ってきたけどまたいなくなって、最後までいなかった。
お忙しいのねん。



IMG_0927
「Piepmatz」 Ben Pinchback, Matt Riddle作

持参初プレー。ルックアウト小箱。

手番では手札から1枚を場の3つの列のどれかの最後尾に出す。
出した列の先頭のカードと、2枚目以降の合計値を比べて、合計値の方が大きければ先頭のカードを取得して自分の場に並べ、差分分離れたエサカードを獲得。5以上なら山から。
その後列の中で最大の数字のカードが先頭に来る。
合計値の方が小さければ手札から出した数字以下のカードを自分の場に出す。

ゲーム終了時、全員手札から2枚を同時に自分の場に追加。
各種で枚数のマジョリティ見て最大の人だけ描かれた卵の数分得点。
また、同種の鳥をつがいで集めると5点入るので狙って取りたい。

要は上手く数字をコントロールしてエサで得点を得るか、取るカードをコントロールしてマジョリティで得点得るか。もちろん両方狙えるとベスト。

場合によっては連鎖して複数回カードとエサが取れるのが面白いのだが、問題はエサカードに紛れてるカラスとリスのカード。
これがめくられると一番下のエサカードにくっついて、そのエサ取ったらデメリット。
カラスは自分の場のカードから最大枚数の種類が2枚吹っ飛ぶ。
リスは持ってるエサカード2枚ランダムに吹っ飛ぶ。
こいつらがくっついてるエサは取りたくないので、差分がそれを超えるように出したい。
もしくは小さい数字出してエサ獲得しないようにするが、手札にそれ以下がないと自分の場が増えない。
カードの補充は場から選べるので、大きいカード取って合計値上げてエサ取りにに行くか、小さいカード取ってエサ取らないようにするか。

悪くないんだが、ちょっと計算がめんどい。
どの数字出したら差分いくつになって、連鎖するかしないかを常に3か所分見てないと。
良いゲームだとは思うけどね。評価高いし。

本来取りたいはずの得点カードを取りたくなくなるってのは『アールエコ』感ある。
まぁペア作るように取れれば取っても収支プラスにはできるんだが。

結果:レン 38、ぬこ 48、おやじ 51○、よし9 47



IMG_0928
「ウィズウォー:第八版 / Wiz-War (Eighth Edition)」 Tom Jolly, Kevin Wilson作

4人で遊んでみたかった。

4人ベストって言われてるが、3人でも4人でもそこまで変わらないかな。
3人だと2人が殴り合って1人が悠々自適ってなる状況があるからかしら。
まぁ今回序盤自分以外3人が集まってて、自分が楽だったが。
その後、青のボードに皆終結して、青ボードの主のよし9さんが壁できて封鎖されるわボード回されるわで苦しんでたw。

4人でもそこまでダウンタイム感じないし、楽しいね。

結果はみとりでさんが上手く隙ついて2つ目の宝持ち帰って勝ち。
同じボードに居たよし9さんは瀕死だし、残り2人は別のボードで殴り合ってて追いかけても届かなかった。

結果:レン、よし9、みとりで ○、ぬこ



IMG_0929
「フィッシュ&シップス / Fish & Ships」 Oliver Igelhaut作

持参初プレー。イーゲルハウト。

手番ではタイルを1~3枚めくる。
1枚めくればキューブが貰え、3枚めくるならキューブを払う。
めくったタイルに描かれた色の船を進める。
もしくは手札1枚捨てて任意の船を前後1マス動かす。
いずれかの船が最終マスに着いたら終了。
手札のカードそれぞれについて、同色の船のいるマスに描かれた魚の数が得点。

うーむ、正直まったく面白くなかった。
自分がタイル複数めくっても良いことが全くない。
結局残り4枚以下になるまでめくられるわけで、どれを進めるかはめくり運。
手札捨てるのはマイナスが大きいし。

今回のボードの配置もあるんだろうけど、ちょっといまいち。
せめてめくったタイルからどれを使うか選べるとかなら、どこでしゃがんでキューブ取って、どこで使うかって揺らぎがあるのに。

今回船3つが3点で茶色だけ2点だったから、茶色持ってる枚数少ない人が勝ちになった。
うーん…。

不安になってちょっと調べたら、やっぱりめくった中から1つ選ぶで合ってるっぽい!
おーっと全く別ゲーになるな!すまん!!

のーこんてすとー。

結果(参考):レン 19、ぬこ 15、みとりで 15、安藤 21○




IMG_0930
「ロゴ / Logo」 Mario Bärtschi作

持参初プレー。

手札2枚の数字を使って、場札トップの数字を四則演算で作る。
ただし1枚目の色は場札の色と一致する必要がある。

この縛りの所為で選択肢狭くてほとんどカード出せない。
あと最後の3枚は3枚使って演算。運ゲーにしても確率が低すぎる。

そして何よりダメなジョーカー。
どんな色のどんな数字にでもなるので1枚あれば絶対にカードが出せる。

初手5枚のうち2枚ジョーカー持ってれば2巡で勝ち。
何だこのゲーム。

いやぁ久々に酷いゲームに当たったぜ。
その後、ヤバいゲームだから経験しとけ、ともう一度遊ばれてたw。

結果:レン、みとりで ○、ぬこ、安藤



IMG_0931
「タワンティンスーユ / Tawantinsuyu: The Inca Empire」 Dávid Turczi作

2回目。
前回なんか振り回された感じのまま終わったので、今回は上手くやりたい。

ルールは省略。

今回取った能力は前回と一緒で2コーンと2石と金を変換できるやつ。
また、タペストリーでアイコン一致させたら即それが貰えるやつ取ったので、途中からタペストリー特化してみた。

IMG_0932
結果終盤は商人アクション撃ってタペストリー収入貰うと1金4石6点1黄カード1赤カード振ってきて1金払えば神殿1マス進めるっていう壊れ性能に。
しかも祭り起こるともっかい貰えるし、終了時に40点近く貰えるという。

このゲーム、タペストリーゲーだったのか…。
気持ちよかったですw。
引きが強かったのもあるけどね。ランダムで引いたらアイコン一致しまくったり。

とりあえず次回インストする時はタペストリー強いよ、って言おうw。

結果:レン 154○、ぬこ 128、安藤 119、よし9 95



IMG_0933
「ニャー / Meow」 Reiner Knizia作

初プレー。
パッケージの猫がくっそ気持ち悪くて正直買う意欲がまったく起きない。
他の猫はまだマシ。何故これを表紙にした。

3スートで緑が切札。マストフォロー。
ランクは1~18だが、同色の1と18が同時に出てると1が強くなる。
1ディール9トリックで、各トリックの得点が場に公開されてる。
プラスもあればマイナスもあるので勝ちたいトリックと勝ちたくないトリックが見えていてそれに合わせて手札調整する。
『フリップオーバー』にかなり近いね。クニツィアより早かった!

カードを配り切らないので、1や18が抜けてる可能性もあって緩いプレイ感。
上級ルールだと予めランク減らして配り切るようにするようだが、ガチになる分逆に遊びやすい気がする。

悪くないゲームだが、パッケージがキモいので自分は買わないよ。
日本語版を可愛い絵で出そう。
あと楕円のカードが混ぜにくいと不評だよ。

結果:レン 37○、安藤 -25、ぬこ 9、よし9 4



おしまい。



IMG_0934
麻婆刀削麺!!餃子美味かった。

12/22 BGGランキング上からやる会

BGG上から会。
今回は次回送りになってた『サイズ』と『ブルゴーニュ』。



IMG_0915
「サイズ:大鎌戦役 / Scythe」 Jamey Stegmaier作

かなり久々。
キックして届いて数回遊んで、その後ほとんど遊んでない。
数年は経ったな。4年くらいか?

ルールは略。

今回自分は同じアクション連続で撃てる赤陣営。
序盤の遭遇で民心払ってエンリストして、近くの地形から鉄生みながらメック作って川渡って食料を取りに。
その後は食料によるエンリストと石油によるアップグレードをメインに。
エンリスト全開放、目標達成、アップグレード全開放、戦力マックス、戦闘1勝でリーチかかったので人全配置でトリガー引く。
最後戦力溜めてたふしくるさんに中央マス奪われ、民心上げれてなかったので得点低くて負け。
民心上がるエンリストを早めに開けとくべきだったなぁ。
対応アクションが建築だからそんなに起きないと思って後回しになってた。
アクションで民心上げてる余裕もなかったし。

久々に遊んで、いいゲームなんだけど、なんか指針の狭さというか、窮屈感が気になる。
3人だからマップ広いんだけど、人数増えたら更にね。
面白いが、なんか好みじゃないので、今までもそんな遊んでないわけだが。
多分これからも変わらないかな。

結果:レン 71、ふしくる 78○、どん 51




IMG_0917
「ブルゴーニュの城 / Die Burgen von Burgund」 Stefan Feld作

これは1年ぶりくらいかな。フェルト会かどっかで。

例によってルール略。

初手のダイス目が5ゾロで、初期マスの周りに唯一ない数字!辛い。
どん君に初手で銀山両方取られて、5で取れた黄色タイルが銀収入の際に労働者タイル貰えるやつ。
なんとも噛み合わない…。
結果1ラウンド目1エリアも埋めれず、20点以上の差がつくし。
商品をタイミング良く取れて売却は結構できたが、得点は伸びずに負け。
うーん、何がまずかったのか。
ラウンド変わりで手番順取って得点タイル取りに行ったりはしたんだが。

これも面白いんだが視認性が悪いというかアイコンが直感的でなくてユーザビリティが悪め。
何度も遊んで体で覚える感じなのか。
個人的にフェルトの中ではそこまで順位高くはない。

結果:レン 205、どん 210、ふしくる 238○





やっぱふしくるさん強ぇーや。

おしまい。
次回は『黒ブラス』予定。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ