調布とバンガード迷って、まなちゃんが調布行くっていうから調布へ。
トレインズやる約束で持って行ったけど結局やれなかったよ…。

この日はカルカソンヌの日本大会予選が同時開催でした。
参加しないよ。
BlogPaint



・シークレットガーデン
IMG_20130519_122701
浜logのヒリュウさんとヴロンさんが丁度空いたので前回15戦したシークレットガーデンをリベンジ。
カナイさんのGMテスト版。通称ラブレター人狼。
前回ルール間違えてたからさ…。今度は姫と旅人顔合わせありでちゃんとやりました。
あとルール通りに会話なんでもありにしたら大臣側かなり有利な感じ。
兵士は率先して正体明かして信じてもらうゲームになるから人海戦術で攻められる。
でも当てられても脱落しないのがこのゲームのミソやね。
姫と旅人は1人目は公開されると有利になるから中々当てに行きづらい。
逆に姫側は大臣一人当てればいいので消去法で行ける。
やればやるほど奥の深いゲームだな。
難点を言うなら事故死の確率が高いことw。NPC効果で死ぬのが多い。
なのでプレイヤー側は事故死さけるために積極的にNPCのカード交換するべきなんだろうな。
特に情報のない兵士は。


・ 爆発(エクスプロージョン)
IMG_20130519_125236
 初プレー。
シャハトのカードゲームってだけでwktk。
全員1~8までのカードを持っていて、場には人数+1の列。
手番にはどれかの列にカードを1枚出す。
同じ列に同じカードは出せない。ただし8は何枚でも出せる。
自分のカードが2枚連続するようには置けない。
出せる列があるときは必ず出す。ないときは1枚除外。
全員手札出し切った終了時、一番下にカード置いてる人は+2。
カードが8枚出された列は得点カードが裏返ってマイナス点に。
合計数字が多い人が点数を取る(マイナスも)。
そんな感じ。

最初はプレー感が掴めず、 適当にプレー。
2ラウンド目から掴めてきた。
「他の人が8枚目を出したら自分以外がマイナス、出されなかったら自分が最多になるように7枚目のカードを置く」のが勝ち筋。
7枚目の時点を自分が置いた時点で、
・+2を入れると自分が最多
・入れないと他の誰かが最多
な状況を作る。でもこのままだと全員との誤差を+2以内にする必要があってムズい。 
同じ列には同じ数字を置けないのがここで生きてて、
全員の手札にどの数字が残ってるか分かってるから、必然的に狙ってる列に置ける人は限られてくる。
なのでその人との差を2+その人の持ってる数字以内に収めればいい。
あと気を付けるのは8。
最多になれなくてもバースト狙いで8をつけてくることは十分ありえるので、そこも管理。
具体的には8持ってる人との差を2+8=10以内に収める。

これやって最終ラウンドは5列のうち3列をプラスのままゲット。
一気にトップに躍り出て勝ちました。

必ずしも常に勝ちに行ける状況ではないので、この人がこうしてくれないかな、って運と勘も必要。
可能なら誘導しちゃえw。

いやぁ、面白い。でもすごい考えるわこれ。ダウンタイム半端ないw。
シャハト先生流石です。


・ ピクトマニア
IMG_20130519_135200
今日もやるよ!
簡単?お絵かき早当てゲーム。
説明は前日の見てね。

今日は誤答が多かった…。焦るとどうしてもねぇ…。
分からない問題をどこまで考えてどこで手を引くかの駆け引きも大事。
もうしばらくヘビロテで!


初参加らしいご家族がいたので一緒にゲームしないかと声をかける。
お父さんと小学生の姉弟(小3、小1)で、お母さんはカルカソンヌ大会。
お父さんはすでに他の場所で決勝の切符獲得済みとのこと。

小学生でもできそうなゲームを、と提案してみる。

・ ビッツ
写真撮り忘れた!
クニツィア流落ちモノパズル。
フィッツの兄弟作。
1×2マスのタイルがいっぱいあって、赤青黒黄紫で1色か2色に塗り分けられてる。
山札から親がカード引いて、その色のタイルをボードに上から滑らせてく感じ。
フィッツがテトリスならこっちぱぷよぷよ。ただし4つ繋げても消えません。

んでラウンド開始時に得点タイルが公開されてて、
「Tの形作ったら2点、その他4つ組作ったら1点」みたいに得点獲得条件が書かれてる。
これに合うように色を繋げていく。4つ組は5つになったらアウトです。

全部で3ラウンド(上級は4ラウンド)やるんだけど、得点タイルは交換じゃなく、毎ラウンド追加されていく。
つまり3ラウンド目では3つの条件が出されてる。
ちなみに3枚目はマイナス条件です…。

とはいえ毎ターンやることは回転させて落とすだけなので難しくはなく。
どの色に備えて配置するかが大切。あと残り枚数管理。

ちなみに1枚灰色のタイルがあって、指定されたタイルの代わりに使えます。
要は4つ組を5つにしたくないときに無理矢理壁を作るためのタイル。

シンプルだけどなかなか面白かった。
フィッツもやってないからやってみたいな。


・インディゴ
IMG_20130519_153801
初プレー。またクニツィアです。お父さんが好きらしくw。
タイルを1枚持っててどこかに置く、宝石が道につながったら端まで辿るように宝石が移動する。
宝石同士がぶつかったら消滅します。
外周まで宝石がたどり着いたらその色の人に点数が入る。
4人の場合どこにたどり着いても常に2人に点が入ります。
全員分の組み合わせがあるのでチーム戦ってわけではない。
これだけの簡単ルール。
時折思いもよらぬところに宝石が飛んで行って楽しいw。

姉弟にもウケて2戦しました。
2戦ともお姉ちゃんの勝ち。別に手は抜いてないよ…。

これは中々面白かった。
もう一戦とリクエストが入ったので3人ルールも楽しんでもらおうと自分は抜けました。
3人だと自分だけに点が入る場所ができるのでゲーム性がやや変わる。

ちなみにお母さんは無事にカルカソンヌ大会1位抜けΣ(゚Д゚)スゲェ!! 
決勝頑張ってください。


・テレストレーション
また写真撮ってないな。
6人、から途中で2人増えて8人プレー。
さっきとは違う小学生の姉弟が参加。子供多いなー。
流石に小学生には難しい単語が多いので「わからなかったら他の選んでいいよ」とヴァリアント。

小学生の絵は、その、なんだ、ムズいw。

まぁ楽しめたし楽しんでくれたようで幸い。
「これ欲しい」って言ってたので「お父さんに買ってもらいな」と振るw。


・ウボンゴ3D
IMG_20130519_172702
やらいでか!
そのままその姉弟とお父さんと。
ハンデで自分だけ4の面。
でもまぁうんそれでも初プレー3人には負けないね。小学生だし。
まぁソロゲーだし、得点なんておまけだw。


・ロンド
IMG_20130519_182035
初プレー。かんちょーさん達と。
先日ドイツ年間ゲーム大賞推薦作にも入ったロンド。
プレーできてよかった。
手番には
・タイルを好きな枚数出して1枚補充
・2枚補充
のどちらか。
タイルを出す条件はすでに置かれているor今自分が置いたタイルの隣で、数字の色とタイルの色が合っている場所。
同じ場所に同時に何枚でも置けて、数字×枚数の点数。
タイルを裏向きで置くこともできて、点は入らないが高い点数のマスまで伸ばして置きたいときや、高い点数を他の人に取られないように潰すことができる。
なお、自分が置くタイルは必ず一直線上に。分かれちゃだめよ。
んでタイルがなくなるか、黒いマスが全部埋まったら終わり。

見た目が綺麗で気になってたけど、思ってたよりも簡単なルールでした。
とにかくやりたいことは手札に同色を揃えて高得点マスに一気に置く。
なのでどのマスを狙って色を集めるか、どこで点を取りに走るかがすごく重要。
狙ってたマスを他人に取られることも多々。しかも1枚で…。

シンプルで面白いゲームでした。インタラクションも十分。
まぁ運ゲーなんだけどね。
納得の推薦作。ノミネートには運ゲーすぎたのかな。深みないし。


・ダイスDEポン
IMG_20130519_184443
持参。
ダイス振って「ジャンル」「頭文字子音」「頭文字母音」「文字数」を決めて単語早い者勝ち連想。
ボードは上級ルール。ジャンルのダイスを無くして、勝った人が次のジャンル決めます。
「アニゲー」熱い!「えっち」辛いww!!

参加者の女性が「えっち」で頑張ってくれたので満足しました。←セクハラ
いやぁノリがいい人とやると楽しいね。


・ボーナンザ
IMG_20130519_190058
豆植えるよ!
交渉で豆を交換しつつ規定枚数貯めて得点に変えていきます。
手札から出した後山札から2枚めくって、この2枚は必ず処理しなければいけないので、
自分で植えるか他人と交換するか。時には芽が出る前の豆を刈り取って植えたり、タダで他人にあげたほうがいいことも。
このゲーム重要なのは「手札の順番を変えちゃいけない」こと。
手札は前からしか使えないのでいらない豆は他人に押し付けたほうが自分の利益にもなる。
もちろん交換でほしい豆が手に入れば万々歳。
これを繰り返して山札リシャッフル3回で終わり。

いやぁ安定の面白さ。拡張とかいらないよ、基本で十分。
プレーは5回目くらいかな。持ってるし。


・ジャングルブランチ
IMG_20130519_195621
初プレー。
カードをスタPから順に2枚出す。一枚は表、一枚は裏。
同時にオープンして数字の大きい順に食べれるエサを取っていきます。
・ゾウ 木の実→バナナ
・サル バナナ→木の実→草
のように優先順位が決まってて一番優先度の高い中で一番大きい数字を取る。
さらにトラのエサは「イノシシ」「サル」…。ええ、食うのですよ。
当然食われるとエサは取れません。
これを守るために2枚同じ動物を出すと「群れ」を作って他の動物に狙われなくなります。
ただし数字は小さい方に統一され、合わせて1枚しかエサを取れない。
他には誰かの数字を2下げる「コウモリ」や、数字の一番高いカードを殺す(逃げさせる)「毒ヘビ」などの特殊カードも。

正直トラに食べられるのが一番痛い…。群れを作るにも手札は山から引いた5枚。
1枚表だからそこでブラフをかけるか、群れを作ってトラを消費させるか。
色々と相手の動向考えるのがムズいです。
複雑なはげたかのえじきって感じ。

中々面白かったな。最下位だったけどw。


最後にシークレットガーデン2回やって終了。


調布は人数多めだけど多すぎず、部屋も広くて居心地がいいね。
来月も来たいけど会社のと被ってるんだよなぁ…。どうしよ。