今週中に追いつくよ!


徹夜明けでそのままヒリュウさんと一緒に下北沢でいえろ~さん主催のボドゲ会。
眠気はレッドブルで吹き飛ばす!←

ペットボトルのレッドブル飲んだけど炭酸薄いね…。
後日商品回収されましたとさ。


・アイランド
BlogPaint
数時間前にやったばっかりだけどもう一度!
小学生くらいの子がいたので手持ちで対応できそうなのがこれくらいで…。
いや、でもリスクヘッジとか考えて行動できる頭のいい少年でした。

徹夜明けでテンションおかしかったですがw。


・ コード破り
IMG_20130609_120742
 初プレー。クニツィアのダイスゲー。
サイコロを5個振って残す目を選んで場に出てる三枚のカード上の対応する数字に置いていく。
サイコロにはマイクロチップマークの目があって、これを二つ確保すれば、5個使い切ったときにもう一回5個から振れる。
場のカードにない数字だけが出たらアウトで当然マイクロチップ2個あっても手番終了。
複数のカードを同時にゲットも可能、その場合は1枚目満たした段階でゲットを保留し、2枚目満たす際に一緒に取る。
その状態でバーストしたら満たした方のカードは山札ボトムに戻ります。

プレー感としてはヴァンチェンタンチェンに近いかな。
あれは1枚のカードの途中で続けるかやめるかだったけど、こっちは2枚目を狙うかどうかのジレンマ。

赤いチップで数字が隠れて×が浮かぶひとネタが素敵。



・ Flick Werk
IMG_20130609_124815
初プレー。
全員同じ組のカードを持って、中央の1枚がまず決められる。
親はボードの外側12か所のどこかにオレンジと緑のマーカーを二つずつ配置。
せーので配置を始めて、マーカーで示されたオレンジ同士、緑同士をコードで繋ぐようにカードを配置する。
マーカー置いてない場所はコード繋げちゃだめです。

これは面白かった。パズルゲー大好き。

誰の作品かと思ったらフリーゼだったよ。
なるほど、カードの裏が緑なわけだw。

中々売ってないレア物ですが、調べたらTURBO TAXIって名前でリメイクもされてました。
実はすでにポチった後だったりw。

ふうかさんのとこだと評価低いけどね…。個人的には4つ星くらい。


・ジャストインタイム
IMG_20130609_130728
初プレー。先日駿河屋で購入。
ウボンゴ系のタイル配置だけど最大の違いは、マスが何マスか余るようになっていて、そこから見えてる数字が得点になること。
誰か一人が合計点宣言したらスタートで、砂時計ひっくり返して落ちるまでに数字言えた人も点がもらえます。
ただし、同じ数字は言えない。
上の写真の場合は青が10点宣言したので他の人は10以外の組み合わせで配置しなければいけない。

なお1位から11点以上負けてる人は正方形タイルを1つ他の代わりに使っていいハンデがつく。
他のタイルは5マス分なので置きやすい。

これが個人的に大ヒット。この日だけで4回プレーしましたw。
ウボンゴ系って似たようなのが多いけど、その中でも個性があっていい作品。
しばらくヘビロテしますよ。


・メンバーズオンリー
IMG_20130609_135438
 初プレー。クニツィアの絶版ゲー。
システム的にはディヴィナーレの原型でお互いの手札のカードを晒しながらそれぞれの枚数を当てていく。
違いは丁度でなく「以上、以下」でいいこと。1~4は「X枚以下」で5~8は「X枚以上」。
また出したカード以外の所にもコマは置けて、同じスートに複数置くことも可能。同じマスは駄目ね。
複数コマ持ってるんだけど、配当2倍の大コマと一緒に置いて2倍にする白コマがあり、予想を外したコマは没収され、残りコマ1つ以下になるまで返ってきません。
白コマだけは毎ターン返ってきます。
あとは合計枚数を下げる×カードと、手札最後の1枚はゲームから除外して枚数に数えないことかな。

ディヴィナーレでは出したカードの枚数しか予想できなくてそれが残すカードの戦略性を生んでたけど、こっちはこっちで段階踏んでていい感じ。
枚数が以上以下なので、1ターン目では無難なところに賭けて、2ターン目で場の動向を見て高めに賭けに行ける。 
外すと没収のペナルティが痛く、残り2つになったら他の人よりも1つ少ない状況で勝負せざるを得ないのでいっそ片方わざと外して残り1個にして回収するのも有り。

まぁそうしようと思ったら何故か立て続けに高得点当てて2ラウンド連続でコマ2つで9点稼いじゃいましたがw。

ディヴィナーレ持ってるからいいかなと思ってたけどこれはこれで面白くて欲しいな。
そのディヴィナーレこそザ・ボスでいいやと思って未開封だったりするw。



・アウグストゥス
IMG_20130609_144835
 初プレー。おそらく今年のドイツ年間ゲーム大賞。
今のうちにプレーしときたかったのでいえろ~さんに持ってきてもらいました。
一言で言うとビンゴって例える人が多いけどw、まぁそんな感じ。
親が引くチップの絵柄が手元の3枚のカード上にあれば、そこにコマを乗せていく。
1枚のカード上のマスが全部埋まったら「アヴェ・カエサル!」宣言して達成。
次のカード補充して誰かが7枚行くまで繰り返し。
あとはカードに特殊効果あって拡大再生産風なのと、一人一回しか取れない枚数達成タイルと早い者勝ちの条件達成タイル。

事前情報通りのシンプルなルール。でも結構好き。
ほぼ運ゲーだけど一応拡大再生産で能力選択と得点タイル狙っての取り札マネージ、どのカードを優先して埋めるかの選択がある。
チップの枚数が絵柄ごとに異なるのでそこも戦略になるし。まぁ最後にはワイルドが引かれるからそこまでヘビーでもないですが。

面白かったですが年間大賞には軽すぎるって意見も分かりますね。
個人的にはもうちょっと値段が安かったら買いなんですが…。


・ワイン商
IMG_20130609_163749
 初プレー。ゲームマーケットで買って未プレーだったので持参してやっとプレー。
場にめくった4枚を手札で競るんですが、その獲得が特殊。
1位は場札をゲットして、2位は1位の競りに使った札をゲット、3位は2位の使った札をゲットします。
その札を適当なタイミングで場に並べて、ビンの大きさ+セットコレクションで得点。

何が面白いかというと、場札よりも他の人の使った札が欲しい状況が多々あること、そしてそれを狙って札を出せること。
人の出した札を取るにはその人の1つ下の順位に着けなければならない。
ハードパス制なのでパスしてしまうと他の人に間に入られるから、パスをせずに手札を吐き出さなければいけない。
そんなジレンマがたっぷりです。

相手が欲しがるカード出すことで相手にしゃがませたりね。
でもやりすぎると相手に美味しすぎるので難しい。
というか勝ち筋が分かりませんw。ムズし。
 

・ステステマーケティング
IMG_20130609_171802
最近何故か人気のステマ。途中ルール違ってたので1回やりなおし。
プレーは2枚引いて、手札から1枚捨てるだけ。
山札が尽きた時に各カード1番持ってる人に場に出てるそのカードの枚数分の点数、2位には1位が持ってるそのカードの枚数分の点数が入ります。

各カードは書かれている数字分の枚数が存在。
なので過半数を得るには(合計枚数-場に出てる枚数)÷2の枚数が必要。
正確には+1ね。

同人の割にすごくドイツゲームライクなルールでしかもそれが絶妙のバランス。
数人で同じ枚数抱えて頭割りってことが非常に多い。
人数少ないと誰が何集めてるか考えてやれるんだろうな。



・ラコタ
IMG_20130609_180246
初プレー。
武骨なまでのシンプルなコンポーネントが気になってたゲーム。
バランスゲームというかギリギリを攻めるゲーム。

手持ちの角材をボードの上に置いていく、
同じ高さの角材2つを上に載せて繋げば連続手番、ただし一つの角材には2つ以上乗せられない。
んで手持ちの角材使い切ったら勝ち。

なので何するかというと、次の手番の人が角材を置けない位置ギリギリに自分が置いていくゲーム。
これが非常に厳しくてミリ単位の勝負になります。
奥の角材の浮き具合を見るとよくわかるw。

いったん上に乗せちゃうと、その土台の角材はもう重ねられないので付近は安全になったり。

とりあえず自分には向いてないゲームでしたw。
面白いんだけどねw。


IMG_20130609_181028
ちなみに最終局面w。



・ワイルドラッシュ
IMG_20130609_191936
 初プレー。先日CUBEで購入。
カワサキファクトリーのアクションゲーム。
手元に持ってる1~人数分のカードを、場にめくれた数字から降順昇順を守って1ずつ小さく・大きくなるように入れていく。
最初の数字が4だったら「3」か「5」、「3」を入れた場合は「2」と続ける。1と最大数は繋がります。
入れる回数は一人一回で、入れ終わったら後は見てるだけw。
最後に一人余るのでドボン。もしくは途中でミスした人がドボン。
そんなシンプルなアクションゲーム。シンプルな割に意外と燃えます。
6人以上推奨なので中々プレーしづらいですがw。


・ウントチュース
IMG_20130609_193642
これもゲームマーケット以来結構やってるな。
 数字の同時出しで数字が低い人から場札の一番小さいのを取って抜ける。
2回目以降は前回との合計で勝負、んで最後の一回だけは合計が大きい方が取る。
場札にマイナスがある場合はそれを避けてある程度大きいのを出してからしゃがみに行く、
でもそれで競り負けたら最後の合計が大きい方にはなりづらくなるので、最後の札狙うなら初めから大きい札ばかりを出すべき。
そんなゲーム。 



・ダイスDEポン
IMG_20130609_200410
これもゲムマ以来ヘビロテ中。
サイコロ振って文字数と頭文字、ジャンルを決めての単語思いつきゲーム。

とにかく「えっち」がひどいwww。
思いつくけど言いたくねぇww。
得点は取れるけど人として何かを失う気がするww。

「せ」の「7文字」「企業名」でセブンイレブンはよく出てきたなー。 感心した。



・ハイパーロボット
IMG_20130609_204744
二人でハイパーロボット。つきあってくれてあざっす!
「7手!」『6手!』「…あ、4手だ」『あ…』
そんな場w。 

一番悩んだのが写真の。
悩んだ末に21手くらいで宣言。
その後二人で見直して19手。
んで帰って次の日考えたら17手がありましたとさ。



ヒント:青11、黄4、青2 





というわけでおしまい。
会自体は途中でしたが翌日の為に帰って寝ました。