朝までボドゲして、ちょっと寝てからび~えむへ。


IMG_1326
「ビッグコイン大作戦」

持参初プレー。
前ミスボドに置いてあるのは見たのよね。
奥に見えるのはかくてさんですw。

赤と黒い棒がいい感じにメダルが通らないようにすき間を塞いでるので、
押すか引くかしてやるとひっかかてたのが下に落ちる。
一番下の4か所の穴のうち2か所が自分側、2か所が相手側。
自分の方にメダルいっぱい落ちたほうが勝ち。シンプル!
下まで落ちた時にベルに当たって鳴るのが快い。

かくてさんとプレー。
適当に動かしてみると自分の穴の方にコインが進んでいい感じ。
逆にかくてさんが動かすたびに、そのコインがまた自分の方に。
結果は大差で勝ち。
かくてさんの「えーっ!」「うそやん!」って声が響いてましたw。

楽しかったw。


IMG_1327
「コブタのレース ミニ / mini-Rüsselbande」 Alex Randolph作

ランドルフ作のキッズゲーム。初プレー。
サイコロ振ってコブタを進める。
他のコブタに丁度で乗れば一緒に運んでもらえるよ。
ゴールした時に一番上の人が勝ち!
加えてもう一味、自分の手番に一人一回だけコースを追加できる。
自分以外が勝ちそうなときはコースをのばしちゃえ!

このコマを乗せて運んでもらうってのはランドルフのお家芸。
冷たい料理の熱い戦い(原版カンガルー)からのエッセンス。
最近人気のキャメルアップは明らかに意識してますね。

出目が悪くて置いて行かれるとちょっと寂しい(´・ω・`)ショボーン


IMG_1328
「宝石の煌き / Splendor」 Marc André作

2回目のプレー。
えりえりさんの旦那さんが家で二人ではボドゲしてるけどボドゲ会は初参加とのことで、
シンプルながらジレンマと拡大再生産が楽しめるこれを。

前回の反省を活かして点数のあるカードを狙う。
最近の流行はレベル2狙いらしいですな。
でもまだ自分には回し方分からないのでレベル1も取る。
13点くらいになって次で貴族タイル取れて勝てるかなと思った矢先、
他の人にそのタイル取られて相手15点。
負けー。

むむぅ。いまいちまだ感覚が掴めんなぁ。


IMG_1329
「アッティカ / Attika」 Marcel-André Casasola Merkle作

ちょっと前に自宅でやって面白かったので持参。
今回もキングダムビルダーのお世話になりましたw。

基本建物のタイルを引きまくるも、最後の1枚まで首都が出ず…。
左上の方で連鎖多用してタイル使い切り目指すも、
一足先に緑が使い切って勝ち。

引きが悪かったなー。


IMG_1330
「ツォルキン / Tzolk'in」 Simone Luciani, Daniele Tascini作

拡張入り3人プレー。
種族は1番手2枚から、2番手3枚から、3番手4枚から選んだ。
技術上げるのが安くなって4レべ好きなところ使える種族引く。
強いと評価されてるやつなのでよしよし。

Nakajiさんと資源建築が被ったのでちょっと趣を変えて髑髏プレーしてみる。
どちらにせよやっぱり資源とコーンをうまく回すのが苦手で、
折角大量に稼いでも気づけば足りなくなってるのよね…。
むずかしいなぁ。
そんな中Nakajiさんは1ターンで60コーンとか稼いでるしw。

ある程度髑髏奉納して、髑髏の数のモニュメント取って、100点ちょい。
1位はモニュメント3つくらい建てたNakajiさんでした。
勝てんよなぁ。でも楽しい。


IMG_1331
「ハイパーロボット / Ricochet Robots」 Alex Randolph作

時間つぶしにネ!
中々対戦相手がいないのが悩み。


IMG_1332
「ペアペア連想ゲーム / LINQ」 Andrea Meyer, Erik Nielsen作 

えりえりさん夫妻やかくてさん達とペアペア。
ヒントを出して同じお題を持つペア探し。
以心伝心で伝わると気持ちいいのですよ。 

えりえり夫妻の『相性バツグンなとこ見せたるわー!』っていうフラグが見事に回収されましたw。


IMG_1333
「ザ・ボス / THE BOSS」 Alain Ollier作

名前だけは存じていたCOQさんと初会。
折角なので何か遊びましょうとザ・ボスを。
6人でのペア戦です。初。

ペア戦でもそこまでプレー感は変わらないね。
というか敵が多いのが辛い。
4人ペア戦があればヒリヒリしていいかも。 

2位でした。
あとバッヂ公開のタイミングを今まで間違えてたよ。 


IMG_1334
「タイラント」

持参初プレー。
一言で言うとナポレオンでした。
ナポレオンやったことなくて『ビッド制ペア隠匿トリテです』と紹介したけど言われて調べたらまんまナポレオン。 
自分の無知さを思い知ったわー。いやはや。


IMG_1335
「メトロネットワーク」

持参初プレー。
先のタイラントと同じ会社の和製ゲーム。 
内容は一言で言うと『スコットランドヤード東京』。
東京の地図上で一人が逃げて、他が追う。
違うのはカードを使って色で乗り換える路線を、数字で進む駅数を表すこと。
あと同じマスに入っても警察側が『確保』宣言をしないと捕まえられない。
3回失敗すると犯人側の勝ち。
何手番かに一度犯人の居場所を公開するのも一緒。

スコットランドヤードに比べるとカードの引きが入ってる一方、
1手番で3マスまで進めるので移動の自由度は高いのか?

自分だけ犯人の場所を覗き見れるメトロカードってのがあるんだが強くね?

今回は警察側が犯人を確保して勝ち。
ブラックチケットがないので場所公開時の位置取りが大事だな。



び~えむおしまい。
安定の一心で二次会。

この後更に自宅会しようとメンバー探したけど流石に見つからず。
かくてさんがもうちょっと早く決心してくれてたらなぁ(・д・)ジーッ

まぁ後々感じたが、体力的には休めてよかったw。