また飛ばして書いてしまったよ。


例会報告はこちらで。
 

6月の杏談亭。
会場費払い忘れてて青くなった話はリンク先でしてるので置いといて。


IMG_1614
「ヤバラス / Yavalath」 Cameron Browne作

昨日の記事にも書いたヤバラス。
自前品はこちらが初だったね。
3目を作ってはいけない4目並べ。
シンプルなルールがイカス。
中々上手くなれません。


IMG_1617
「みーときゃっち」 をしだや

1~5のカードを場に並べられた得点カード5枚に対してプロット。
基本的には数字が大きい方が強く、同じカード複数いたら無効に。
1のカードは最弱だが、5がいれば勝利する。
ただしその場合、更に2がいれば2が勝利する。

オーソドックスなバッティングゲームだが、プロット式なのと二段構えにしたことで面白くなっている。
はげたかのえじきとダイヤモンスターズを合わせて+αしか感じか。

たった5枚の並び替えなので、勝負所は分かりやすいし他人の手も読みやすい。
適当に置いても勝てることも結構あるので子供とも遊びやすそう。


IMG_1621
「タイトル不明」

ARIAって漫画の二次創作らしいがよく知りません。 
一戦だけつきあってよと言われたので。

ゲーム内容はケンケンのそれゆけすりぬけ大作戦やマリオカートカードゲームと一緒。
一人一枚キャラカードがあって、そのキャラが先頭にいるときしかゴールできないウノ。
それ以上でも以下でもなく。
まずテーマとゲームが合ってないよね。
まだマリオカートとかの方がレースってテーマでよかった。

ファンゲームですね。以上。


IMG_1623
「彼女のカレラ トリックテイキングゲーム」 Product Arts

こっちはちゃんとしたオリジナルゲームですよw。
GM新作。初プレー。

マストノットフォローのトリックテイキング。
ただし手持ちの赤いガソリンチップを使うことで数字をプラスできる。
使ったガソリンは場に溜まって行き、カードを裏向きで出すことで補充可能。
獲得は最大5枚、同トリックで裏で出した人で頭割り。余りは消滅!
1のカードには4,5のカードを0にする能力、
2のカードにはガソリンチップ1枚を補充する能力がある。 
勝つたびに青のチップを獲得でき、これはラウンド終了時まで使い放題。
5本のキュウリよろしく、最終トリック以外は準備期間。
最終トリックで勝てば勝利点を得られます。3点先取だったかな。

基本的にはラス番が有利なゲーム。
ガソリンチップさえ使えば必ず勝てるようにカードが出せるので。
それ以前のプレイヤーは場に出てない色と下家の手持ちチップ数を見てカードとチップを出す。
ガソリンチップは使える時に使うべきだが、補充を上手くやらないと他の人によってゲームから消されてしまう。
後半ラウンドほどガソリンの総数が減っていくので辛い。
4,5をゼロにできる1が強いかというと実はそうでもない。
3に勝つためには最低2枚のチップがいるので。
勝負手は3になりやすいが、誰かが先に1を出してることが前提。

中々考えどころも多くていいトリテでした。
どちらかといえば変態よりなルール。でも正統派に感じるのは何故だろう。
GMプロモの色だけ2のカードになってる1のカードも中々面白かった。
勘所が狂うのよね。

ただ、これ版権使う必要あったのかな。
元々トリックテイキングを買う層のことを考えるとキャラものにしたことで敷居が上がったんじゃないかと思ってしまう。
漫画から流れて買ってくれる人がそれなりにいるならば別だが、
そういう人は普段ボドゲしない層が多いだろうからいきなりトリックテイキングと言われても分からないんじゃないかな。
まぁ購読層は年齢高そうだからこれくらいのルールなら理解できると思うが。

ところでこの漫画元々知ってたボードゲーマーってどれくらいいるんだろう。
私は知りませんでした。サイレントメビウスの作者って言われて『へぇ』となったがそちらも読んだことなし。


IMG_1630
「秀才コースゲームけいさん / Beat the black ball」 Frank D. Ventura作

今回は大会を開いたので自分も参加。
勝っちゃったら最悪だったがw。

中央の球が落ちるギリギリで自分の球を滑り込ませるチキンレース。
詳細はこちらで。 

なんかみんなすごいガチだなぁw。
かなりレベルが高かったです。
リンク先に動画上がってるので参考にねw。

大人が熱くなれるおもちゃってのはいいもんだ。


IMG_1632
「漢コレ!」 ぼどバラ!

これもすごく見たまんまなゲーム。
偏と旁を組み合わせてオリジナルの漢字を作るよ!

システムとしては、旁カードを数枚持っていて、場に人数分の偏カードが置かれる。
早い者勝ちで好きな偏を取って、発表。

写真の例だと「王+選」で『王位選挙』。うーむ、微妙だ。
『コンクラーベ』とかのほうがセンスあったか。変わらんか。

こんな感じのパーティーゲーム。
んー、でも思ったより盛り上がりに欠けたかな。
きっと下ネタがなかったからだと思う!




IMG_1647
「襲ノ色目」 桜遊庵

先日に続いて。
詳細は略。やはりいいゲーム。

今回は12枚出し成功。ボーナスもあって1位でした。



IMG_1659
「クウィックス / Qwixx」 Steffen Benndorf作

前回気にってくれた参加者がいたので今回もプレー。
サイコロ振ってマス目を埋めてくゲームですが、
写真見れば分かるように早期終了でひどい成績…。
3回やったがうち2回がこんな感じ。
速攻型の人がいるとこうなるのか…。


IMG_1660
「エスカレーション / ESCALATION!」 Reiner Knizia作

クニツィアの作った大富豪というかページワンというか。
これ系のゲームなんて言うんだろ?

前の人よりも大きい数字のカードを出す。
同じ数字のカードは同時に複数出して加算可能。
出せない場合は捨て札を引き取ってマイナス点。

1~7になるワイルドとパスカードがある以外はそれだけのシンプルルール。
小さい数字の使いどころが非常に難しい。

誰かが手札を無くした時点で引き取った札と手札の合計枚数がマイナス点。
なので勝つためにはわざと引き取るという選択も出てくるかも。

人数多いと引きゲーになりがちなので3、4人が良さげ。

まぁ何がいいって、とにかく絵がいいw。


IMG_1669
「チェックメイズ」 39芸夢

初プレー。
ニコ動のゲームフェスかなんかで賞を取ったらしいゲーム。
ホームセンターで買えるコンポーネントが素敵。

手番ではブロックを置き、自分のコマを飛車移動。
ブロックは縦でも横でも置けて、コマは1段だけなら登れて降りるのは不可。
なお、前のターンいた場所には移動不可。
これを繰り返して相手のコマを動けなくするか、ブロック置き切った時点で低い場所にいる方が勝ち。
ポジットは高い方が勝ちだがこちらは低い方が勝ちこれがよく出来てる。

これはかなり面白いアブストでした。
先述のポジットやプラトーXにも似てるが、できるだけ登らない方がいいというのが新感覚。
基本的には相手を動けなくする方向に追い詰める。
自分が追い詰められそうなときは足場を作って登ってしまう。

豪華な専用コンポーネント作っても売れるんじゃないかな。


IMG_1673
「王と枢機卿 / Kardinal & König」 Michael Schacht作

お馴染み王と枢機卿。
修道院コマと枢機卿コマによる2種類の陣取りの相関。
何度やってもいいゲームです。

枢機卿に注力しすぎて負けました。ぐぬぬ。


IMG_1679
「5本のキュウリ / Fünf Gurken」 伝統ゲーム Friedemann Friese作

最後はお約束のキュウリで。
安定安定。



というわけで何とかなった杏談亭。
よかったよかった。