Twitterや調布などで知り合ったkentaさん主催の新宿ボードゲーム会のプレ回に参加。

IMG_1742

初利用とのことで16人上限の部屋でした。



IMG_1744
「ソルターニーエ / Sultaniya」  Charles Chevallier作

豪華なコンポーネントが気になってた作品。初プレー。
手番では4レベルあるタイルの山のどれか一つを選んで3枚までオープン。
その後、オープンされているタイルから1枚獲得。今開いたやつじゃなくても可。
個人ボードにはキャラクタと得点条件が描かれている。
宮殿を作っていくのだが、数種類の装飾があり、得点条件になっているものを集めると得点になる。

下から上に建てていくので横に広げるか縦に広げるかのバランスが大切。
6点の装飾はタイル3枚の組み合わせで完成。
タイルは柱や装飾が合わないようには配置できない。そもそも取れないので注意。
置いたタイルに宝石が描かれていたら入手。もしくは取るタイルないならパスで宝石2つ。
この宝石を使うことで4種類のアクションが可能。
「オープンタイルをシャッフル」「タイルを1枚建てなおす」「連続で2枚建てられる」「山からタイルを1枚選んで建てられる」 。
強い方が消費量は多い。使ったらジンを模したコマが手元に。

最終的に集めた得点が高いと勝ち。
なお、最初に全員秘匿条件2枚持ってます。ボード下部左右のやつ。
 
今回、3点の装飾がたくさん取れ、6点の装飾も2つ+最上階で1個獲得。
秘匿条件の一つは同じ階にある窓の最大数と終了時に持ってるジンコマの個数。 
勝ったかなぁと思ったが隣が別の6点の装飾を4つ取っていて数点差で負け。
ぬぉぉ負けた。

なんというかやってることはかなり普通。
無駄をなくしたアクションは宝石の煌きを彷彿とさせる。
コンポーネントの豪華さと美麗なイラストが最大の特徴やね。
とにかく点数に繋がるタイルを取っていくのと、宝石を使って2枚建てをどれだけやるかが勝負か。

それなりの面白さはあるけど値段に見合うゲーム性かと言われると微妙かな…w。


IMG_1745
「ルドフィール / Ludoviel」 Friedemann Friese, Thorsten Gimmler, Martina Hellmich, Hartmut Kommerell, Andrea Meyer作

お馴染みボドゲクイズゲーム!
以前もやったLudofacts。
縦横に交差する条件カード両方に当てはまるゲーム名を宣言して得点するゲーム。
『高さが大切なゲーム』に毎回泣かされるな…。

いつでも参加者募集ですよ。


IMG_1746
「マウアー / Die Mauer」 Thomas Fackler作

持参品。
親が握ったパーツを当てる手本引きのようなゲーム。
何も握らないという選択もあり、失敗のデメリットはでかい。
成功したパーツは場に並べられてどんどん使えるパーツが減っていくので、
誰が何を使ったかも大切。
パーツごとに残ったときのマイナス点も違うので参考にしましょう。


IMG_1748
「ツォルキン / Tzolk'in」 Simone Luciani, Daniele Tascini作

拡張入りで4人戦。
今回引いた種族は一個飛ばして置けるやつ。
ただ勘違いしてて、手番で飛ばすのは一回でやってたが、
手番中ずっと1マス埋まってる扱いにするのが正しいみたいね。 
資源建築プレーだが、美味しいモニュメントが建物×2点だけだったので、
その点数メインで建物を建てて、スカルを2,3個最奥に奉納し、神殿も上げる。
あとは技術レベルと黄色神殿の災いで点数を稼いで。
107点で1位でした。
やっぱりあれこれやってると点数上がらないね。
災いに助けられた100点越えかな。
まだまだ練習が足りません。

ところで拡張建物で後半四半期にスカル2回貰えるやつ強くね?
これだけで7点分あるし。 


IMG_1749
「ピクトマニア / Pictmania」 Vlaada Chvátil作

先日久々にやって面白かったので今回も。
似たお題の描き分けが難しいリアルタイムお絵かきゲーム。

写真はマグロのつもりだったんだけど、カツオと紛らわしかったかな。
缶、おにぎり、寿司ってとこで察して欲しい。


IMG_1750
「忍者問答」 タンサンファブリーク 

4つのヒントをドラフトしていくクイズゲーム。
最初は1個しか見えないヒントが段々2つ、3つと増えていきます。
親になった人は1つ2つでは分からないが3つ4つになると分かるようなヒントを上手く出せると盛り上がります。
中々出題が難しいもんで。

自分が出したお題は「ハニー」。
ヒントで「ハント」「フラッシュ」「トースト」「トラップ」と書いたら、
「トースト」と「ハント」を見たプレイヤーに2つ目で当てられました。 

「道」「草原」で「カルカソンヌ」を当てたのがファインプレーかなw。

もうちょっと得点ルールとかちゃんとしてれば定番になってもいいゲームだと思う。
問題作るのが難しいので各自宿題でw。


IMG_1752
「イスタンブール / Instanbul」 Rüdiger Dorn作

やってみたかったイスタンブール。初プレーだけど中級マップ。
大賞取りましたね、おめでとう。

タイル上の自分のコマを2歩まで動かして、着いたマスに弟子コマを置く、もしくは回収して効果発動。
お金を稼いだり、商品を増やして売ったり。
ルビーを5個集めるのが目的で、主な手段はお金で買うか、商品と交換。
どちらも段々と価格と必要な商品が上がっていくので早い者勝ち。
商品の持てる数を荷台買って増やしたり、特殊カード取ったりも。
刑務所につかまってる親族を解き放つと好きなアクションしてくれたり、謎w。

ドーン先生お得意のドーン歩き。移動してコマを減らしていく。
このゲームの場合それに加え回収を行うのでどこで回収を挟むかが大事。
新しいアクションしたいのにコマがないって状況は避けたい。

今回は商品を売ってルビーを取る方向で。
商品の獲得をメインに特殊タイル も早めに押さえて。
一旦売ってお金作って荷台も補充。
特殊タイル2枚取ってルビー1個、商品交換で2つ獲得したところでお金プレーしてた人が5個獲得。
早っ。

んー、お金プレーが強いのかねぇ…。
それとも単に無駄が多かったか。
親族コマを人気のないマスに飛ばしてしまってそれ以降帰ってこなかったのが失敗。

思った以上に軽いプレー感ながらもしっかりゲームした気になれる。
エキスパート賞には軽すぎないかと思うが、ゲームとしては文句なしに面白い。

後日中級で再戦したらお金プレーで勝ちました。
次は上級でやってみたい。




ここでおしまい。
というかレジスタンス:アヴァロン始まったので抜けてぼーっとしてました。

新しいボドゲ会もまだまだ増えますなぁ。
アクセスもいいし上手く軌道になるといいですね。