2日連続のすかいりむ秋葉原!

この日の方が人は多め。


 
IMG_3251
「ショウマネージャー / Show Manager」 Dirk Henn作

昨日に続いてショウマネージャー。
りむをさんも興味持ってたようなので、大人数でやってみたく6人プレー。
6人でもプレー感ほとんど変わらず。
NPCがいないので基準が分からずちょっとムズイ。
借金でいくら下げればいいか非常に悩む。いい感じ。
途中まで1位だったが最後にまくられて負け。悔しい。

何人でも面白いゲームはいいゲーム!


IMG_3253
「エッセン:ザ・ゲーム / ESSEN The Game: SPIEL'13」 Fabrice Beghin, Frédéric Delporte, Etienne Espreman作

人数空いてたので入る。
先日遊んだ時にちょっとルール間違えてたのでもう一度やりたかった。
群衆の処理と購入時のアクションポイントを間違えてた。
ほとんど変わらないけどちょっと楽に。群衆はちょっと厳しく。

IMG_3254
 
有名ゲームいっぱい買えたよヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ
負けたけどいいもんw。

アルコンやりてぇ。


IMG_3255
「ファウナ / FAUNA」 Friedemann Friese作

持参初プレー。何気に積んでたのよね。
動物の生息地や体長・体重・尻尾の長さを当てるゲーム。
ニアピンでも点が入るが、外すと使ったキューブがしばらく帰ってこないので注意。

大体ルール分かってて予想通りの面白さ。
セイウチが北極にいるか南極にいるかとか知らないよー。

安定のゲームでした。
これは初心者におススメしたいね。


IMG_3257
「秦 / Qin」 Reiner Knizia作

持参初プレー。これも積んでたのよ。
タイル出して、同じ色が2つ以上並んだらコマを置ける。
5マス以上になったら2段に。
村には接してるエリアに多くコマを置いてる人がコマを置ける。
エリアが合併したら元々エリアが広かった方に合併。
2段重ねた県は合併されない。
んでコマ置き切ったら勝ち。

ルール読んだら予想以上にシンプル。
やってみたがこれはどうなんしょ。
引きゲーというか淡々とタイル置いてコマ置いてで終わってしまったよ。

2人プレーがいいらしいがどうなんしょ?


IMG_3258
「グラスロード / Glass Road」 Uwe Rosenberg作

テンデイズから日本語版が出たばかりの新作。当然初プレー。
アグリコラのような箱庭ゲーだが、ワーカープレイスメントではなく、カードでアクション。
15枚のカードから5枚を選び、各自3枚使用できる。
残った2枚は他人のアクションに相乗りしないと使えない。
相乗りが誰もいなかった場合、カードに書かれた2つの効果を使えるが、相乗りされると1つだけ、した側も1つだけ使う。
全員1枚伏せてから順に公開なので、同じ巡に伏せていると後の人だけが単独で使えてお得。
システムとしては魔法にかかったみたいに似てるが、適度にバッティングさせたいシステムが面白い。

資源管理も独特のシステム。
資源ダイヤルを使い、コマを置く場所で個数を管理。
全ての基本資材が1つ以上になり、0のマスが空になると、針が時計回りに動き、
結果全ての基本資材が1つ減り、上位資材のガラスやレンガが1つ増える。
必要個数が溜まると勝手に上位資材に変換されてしまう仕組み。
これが資源トラックとしてよくできてる。 

最初にボード上に茂ってる森は障害物でもあり、コストでもある。
森を切り開いて木や墨を得て、池などの数に応じて対応する資源が手に入る。

中央ボードには3種類の建物が5枚ずつオープンされており、効果で資源を払って建設する。
手番中に使える永続効果を持つ建物、取ったらすぐ発動する即時効果、最終的に点数になる建物。
最初は効果のある建物を取り、資源の変換をしながら段々得点を取れるようにしていく。

ゲームは4ラウンドなので結構あっという間。1時間で終わる。

これは面白かった。ここんとこやったゲームでは一番かも。
資源の数が多く、上手く調整するのが難しい。
手札を余らせるよりは相乗りされてでも使い切りたい状況が多いな。
終盤は建設効果ばかりになるので余計そうなる。
となると伏せる順番が大切。 

これは何度もプレーしたくなるゲームだなぁ。
買おうかしら。


IMG_3259
「エイジ・オブ・リバイブ / Age of Revive」 チキンダイスゲームズ

GM新作。持参初プレー。
資源を払って建物を建てて勝利点を稼ぐリソースマネイジメントだが、
建てた建物がそのままロンデルのマスになるというアイデア。
当然自分も使えれば他人も使う。
何となくケイラスに似てるね。
時計回りにロンデルを移動しつつ止まった場所の効果を使うか、中央のマスに戻って効果を使う。
中央のマスからは自分の前のマスに戻ってこれる。

最初はほとんどマスもなく、止まった場所に伏せられたカードを手札に補充する。
段々資源を得ていき、建物建てるとその建物の効果で一層資源が取れるようになり拡大していく。
中々よく出来てる。

コストが高い建物が多いので最初建てるまでがちょっと時間がかかるが。
自分の下家がいいカード出してくれないと辛いなぁ。
馬払って加速することはできるが。

中々面白かった。
上級カードなしでやったので上級入れてやってみたいところ。


IMG_3260
「ヤバラス / Yavalath」 Cameron Browne作

いつものヤバラス。
相変わらず初見の人が1回やって『あ、そうなるのか!』と唸るゲーム。
なので初戦は完全に殺しに行きますw。

シンプルイズベスト。大好きです。

ちなみに画像の状況だと黒番でも白番でも白の勝ちが確定してます。
分かるかな?



以上で終わり。楽しめました。

次の日水曜会行こうと思ったけど体力もたなかったよw。