逗子のシネマアミーゴでけがわさんが毎週やってるボードゲームナイトにお邪魔しました。

前回は8人麻雀の時だったので2回目だけど例会には初参加って感じかな。
遠いと思ってたが1時間ばかしで行けるので意外と近かった。
駅からは遠いけども…。


今回来た理由は、以前からけがわさんと話しててチグユーやってないのはありえないと言われててw。
正月あたりからやりましょうって言われてたけどタイミング合わずで。
杏談亭でもできなかったのでじゃあやりに来ますよと。

 
IMG_3879
 
いつもながら素敵な佇まいで。



IMG_3881
 
到着時は皆さんでDTCやってました。
大人のボードゲーム会って感じで素敵です。



BlogPaint
「シャイベンクライスター / Scheibenkleister」 Kristian Amundsen Østby作

お気に入りなのよー。
「猛暑」のお題を伝えようとするけがわさんが「40度」というえらくピンポイントなNGワードを踏んだのが楽しかった。
「モーセ」の名前が中々出て来なかったり。今映画やってんのね。エクソダス?
映画館の館主らしいヒントでかっこいい。


IMG_3883
「フェレーノ / Veleno」 Alex Randolph作

持参品。
ランドルフのアブストラクトではかなりシンプルでよく出来た方なのでけがわさんに紹介までに。

手番では銀色コマを1マス動かしてそこのコマを取る。
コマが取れなくなったら終了。
白が10点で、他は色ごとに個数の二乗が点数。
最大の特徴は自分の得点に下家の点数を足したものが勝利点になる。

下家は助けたいが、その次には点を渡したくないというジレンマ。
ただし全プレイヤーが同じことを考えているのでチーム戦というわけではない。
この不思議な感じである。

基本ルールがシンプルなので3手先くらいなら読める。
他のプレイヤーの考えも読まなきゃいけないのが難しい。

これもやりこめば色々分かってきそうなんだけどな。
やりこむような面子が周りにいないw。

なお、2人プレーだとただのシンプルアブストラクト。
まぁそれはそれで。


IMG_3884
「マスクメン」 佐々木 隼,新澤 大樹 作
 
オインクのマスクメンを3人戦。結構久々か?
カードが出されるまでその強弱が確定しない量子大富豪。
いいゲームなんだが、どうしたら勝てるのか全く分からん。

個人的にはテーマにまったく興味がないので食指が動かんのよね。
ノンテーマなら買ってた。


IMG_3885
「ダンジョンオブマンダム」 I was game

けがわさん未プレーらしく。
ガントレットオブフールズはつまらなかったって言ってたからこれもダメかなと思ったら思ったより好評。
まぁ短いしね。

内容はまぁ今更なので省略。
結果も省略。あ、死にましたよw。


IMG_3886
「チグリス&ユーフラテス / Eufrat & Tigris」 Reiner Knizia作

本日メイン。初プレー。
チグユーカードゲームなら以前やったんだけどね。
そんときの感想はルールが煩雑でよく分からん、だった。
再現率高いとの話だがさて如何に。

手番2アクション使ってタイル置いたり、自分のリーダーコマ置いたり。
基本的にはリーダーと同じ色のタイルを置いて点が入る感じ。
人と同じ色のリーダーコマ置いたり、複数の都市をくっつけたら戦争。
内戦と外戦でルール違うがまぁ略。
戦争で勝つことでも得点キューブが貰える。

得点で特徴的なのは赤黒青緑のうち最も所持数の少ない物が点数になる。
頭脳絶好調とかと一緒ね。ワイルドのキューブ取っておくと便利。

あとは省略。

結論言うと、やはりルールが煩雑でよく分からん。
なんだろうなぁ、ルール総量が多いわけではなくて、睨みを利かせなきゃいけない項目が多いというか。
ルールに翻弄されて、ゲームしてる気がしなかったというか、何をすればいいかがいつまでたっても見えてこない感じ。

この間隔最初に味わったのはボトルインプとかアクワイアだな。
経験値ゲーというやつかもしれぬ。

というわけで結果は散々たるもの。

やっぱり何に近いかというとアクワイアだと思う。
戦い方知らないとゲームの流れに絡めない所とか特にw。

思考のベクトルが合ってないんだろうな。
こういうのをノットフォーミーというんだと思う。 
面白いゲームであるとは感じるんだけど、自分には遊び熟せない。

まぁやれてよかったです。
アプリで練習しとこうかな…。 


IMG_3887
「ごいた」

ごいたカードにて。
経験者は自分とけがわさん。経験は全然及びませんが。

勝敗は…忘れたw。

け、けがわさんのブログで…(こればっか)。







んなとこで朝になって終わり。

素敵な空間でした。
どうもお邪魔しました。