自宅で遊びましたよ。
 

 
IMG_4547
「シャンハイ / Shanghaien」 Roman Pelek, Michael Schacht作

ダイス2個振って、どちらかを対応する目のカードにおいて各カードでマジョリティ。
ラウンドを終了してカードを分配するのをプレイヤーが選べるので、
自分に利が大きいときに分配したい。

特徴的なのは得点方法。
1色を独占できればその数字がそのまま得点。
お互い持ってる場合、合計が多い方に相手の数字分の得点。
独占できると美味しいが、1枚取られてジャマされると点数が低い。
競い合って勝てばその分点数が高い。よく出来てる。


IMG_4548
「サンマルコ / San Marco」 Alan R. Moon, Aaron Weissblum作

望月氏がやってみたかったらしいので。
カードの分配によるケーキ切り分け問題。
人数分に分けるけど選ぶのは最後のジレンマ。
得たカードによってコマを置いてエリアマジョリティ。
決算カードを誰が取るか、その美味しさを鑑みて分配を決めるのが難しい。

名作でっせ。


IMG_4549
「エルグランデ / El Grande」 Wolfgang Kramer, Richard Ulrich作

先日も遊んだエルグランデ。
こちらも望月氏希望により。

エリアマジョリティ名作中の名作。 
手番順とコマの補充のバランスと、特殊効果とコマ配置数の選択。
ジレンマたっぷり。

序盤の点数取り合いに出遅れて辛い感じに。
その分警戒されないので動きやすかったけど、その後も点が伸びず。
手持ちコマを全てストックに戻すの被害を一人だけ被ったのが痛かった。


IMG_4550
「魔法のラビリンス / Das Magische Labyrinth」 Dirk Baumann作

見えない迷路を探ってお宝探索。
ボード下には木の壁で迷路。
磁石でボード下にパチンコ玉をくっつけたコマを動かして、お宝のマスまでの経路探索。
壁に引っかかるとパチンコ玉が落下します。
トライ&エラーで壁の位置を覚えて、段々と迷路の構造が分かってくる。

ギミックが最高の一言に尽きます。


IMG_4552
「プエルトリコ / Puerto Rico」 Andreas Seyfarth作

おーのさん持参。プレーは2回目。これも名作中の名作。
交代でアクション選択。
他人が選んでもアクションできるが、選んだ人には特権効果。
タイルを購入し、入植者を配置し、商品を生産し、売却したり輸出したり。

前回いえろ~さんに輸出で走られて惨敗だったので今回輸出メインに。
タイルが安くなる鉱山はあえて取らずに行く。
とにかくとうもろこしを生産して輸出して得点を稼ぐ。
戦略のバッティングがいなかったので悠々と点数稼ぎ。
最終ラウンドは止められそうだったので専用の船買って対策。
そのまま逃げ切り勝ち。
やはり1人だけに出荷作戦させちゃいけないね。


IMG_4553
「ツォルキン / Tzolk'in」 Simone Luciani, Daniele Tascini作

経験者の望月氏は資源建築を避けて神殿プレーに行ったが、自分は資源建築でw。
結果はよく覚えてないやw。

久しぶりに遊べて楽しかった。


IMG_4554
「アール・エコ / R-ECO」 川崎 晋 作

手札管理が大切なリサイクルゲーム。
手札が増えすぎると不法投棄してマイナス点。
うまく手札を増やしすぎないように消費して、点数を稼ぐ。
得点山に1枚だけマイナス点が入っていて、
その時だけ誰も取ろうとしない洗面器ゲーに変わるのが面白い。 

上手く得点カードを集め、不法投棄もせずに勝利!


IMG_4555
 「タルバ / Taluva」 Marcel-André Casasola Merkle作

望月氏と2人で。
タイルを配置してコマを置く。
上手くコマを複数置きできるようにタイル配置すると美味しい。
条件満たすと塔や神殿が置ける。
タイル配置により塔や神殿を切り離すことで再度条件満たして塔や神殿を置けると美味しい。

どう戦うかがいまだに見えてこないなぁ。
上手く自分の家を潰せるようにタイル置くべきなのか。
相手の美味しい状況を潰すべきだが、それも上手く立ち回れず。
難しい。まだつかめてませんわ。

2戦2勝。

IMG_4556
「アッティカ / Attika」 Marcel-André Casasola Merkle作

同じくメルクル。
2人だと神殿繋ぐのはかなりムズイ。
タイル全配置を目指すのが定石か。
これもどう打つのが強いのかが分かりにくい。
タイルをめくるのと配置するタイミングとか。
引き運も強い気がするけども。 

全置きされて負けー。


IMG_4557
「デュボン / Dvonn」 Kris Burm作

ギプフシリーズ。初プレー。
自分の色がトップのスタックをその段数分動かして他のスタックに重ねていく。
面白いのは、3つある赤いコマから繋がらなくなったコマは全て除外されるところ。
自分のコマが切り離されないように注意しながら相手のコマに重ねていく。
終盤は移動歩数と位置間隔の読み合い。
面白い。

最初に交代でコマ配置していくが、この部分が冗長かな。
どう置けばいいかよく分かんないし。適当でいいんじゃないかしら。




おしまい。