9:30頃に起床。

草場さんと近所のジョナサンで朝食を。


帰還してさぁ今日も遊ぶぞ!

IMG_0917
「Ritter Kunibert's 12er Stich」 Jürgen Hagedorn作

初プレー。
一言で言うと、大人向けピッグテン。

手番ではカードを1枚出す。
場のカードの合計値が0か12になったら場のカードを獲得。
出せない場合は山から1枚引く。出せたら出す。
それだけのルールだが、カードには黒いプラスと赤いマイナスのカードがある。
黒の12は場が0の打出しにしか出せないが、例外的にカードは取れない。
次の人がマイナスの12を持ってれば美味しい。
各カードの数字の絶対値が得点になる。
まぁ引きゲーなんだけど、悪くないね。
ピッグテンほどの工夫もないが、手軽に遊べる。
カードの絵柄というか色味が好み。

結果:レン 315○、エース 280、河原 200、ホーマルハウト 90、rkusaba 225、ゆう 95


IMG_0918
「ゴルフ / Golf」

トランプゲー。初プレー。遊んでみたかったのよね。
人数多いので2デッキ使用。

カード配って裏のまま2×3に並べ、好きな2枚をオープン。
手番では山から1枚引くか、捨て札トップを取る。
取ったカードは自分の場の好きなカードと交換。
誰かが全部表にしたら終了で、全員裏のカードを表に。
数字がそのまま失点になるが、絵札は10、10のカードは0、2のカードはマイナス2扱い。
更に上下のカードが同じだと両方ゼロになる。

手軽なギャンブルゲーで面白い。
前の人が美味しいカード落としてくれたらお礼言ってもらう感じ。
いいゲームやね。

たぶん草場式ルールは2のマイナスと10がゼロなのと、BGGだとキングがゼロらしいので。
終了タイミングもいじってるかな?

結果:レン 56○、草場 93、河原 100、ホーマルハウト 102、rkusaba 69、ゆう 94、エース 87


IMG_0920
「ファットキャッツ / Fat Cats」 Wolfgang Riedesser作
 
初プレー。
昨日掘り出した謎ゲー。作者はアヴェカエサルのリーデッサー。今知ったわw。

手軽なバッティングゲーム。
4か所に並んだカードのどれが欲しいかを手持ちのコマを出して同時公開。
1人だけなら獲得してそこに描かれた食べ物の数だけ進める。
バッティングしたら全員取れないうえに、次のラウンド今使ったコマは使えない。
なんと敗者に厳しいゲーム。
カードの裏にはお化けが描かれたカードがあって、獲得したカードにお化けがいたら進むんじゃなく戻らなきゃいけない。
数が多いカードに比較的多くのお化けがいるようなので、ワンチャン大きいの狙うか、妥協して小さく行くか。
まぁ小さいカードにもお化けいないわけじゃないんだけどねw。
人のいるマスは飛ばして進むので逆転要素はある。
あと各自トレーカードを1枚持ってて、お化け引いたときに使うことで人に押し付けることができる。
ただしトレーカードも一緒に渡すので相手の防御力が上がっていく感じ。

なかなか手軽ながらいいバッティングゲームでした。

結果:レン ×、ゆう ×、河原 ○、エース ×、えたん × 


IMG_0921

「フウウウウウ / Huuuuu」 Rik van Even作
 
初プレー。

サイコロ振って自分のコマを進める。
2つ・3つ・4つ目のコマを出すには対応するマスまで他のコマを進めないといけない。
自分の色のマスに止まったらチャンスでサイコロ振って対応する目の自分の色のマスまでワープ。
他人の色のマスやゴール付近の4色のマスに止まってる時にその色のコマに乗られたらスタートに戻る。
また、自分の色のマスに止まってるコマを他の人は追い越せない。
ゴールした順に得点。1位下がるごとに1点減る。

それだけのすごろくゲー。
要はパチーシ系列なんだが、6出さないとスタートできないとかはなくて優しいね。

結果:レン 15、河原 42、一味 44○、エース 32


IMG_0922
「コロッセウム / Die Baumeister des Colosseum」 Klaus-Jürgen Wrede作

エッセン新作。初プレー。
ヴレーデ新作。買おうか悩んでやめたやつ。

手番では共有ロンデル的にコマを回してアクション。
移動力メーター消費するか、お金払えば移動数増やせる。
地形タイルが並ぶ列では最も手前のタイルを取り、次のタイルの地形で全プレイヤー生産。
生産すると自分の持つその地形タイルの数だけ同色のカードを得る。
そうして手札溜めて、建築マスで対応する色払って建築。
建築したタイルを箱に刺してコロッセオが出来上がってくのが最大の見せ場というか特徴というか。
あとはカード1枚払って手札上限上げるタイルを取れるマスがあったり。
コロッセオ完成したらゲーム終了で、各地形タイルごとにマジョリティで得点。

悪くはないが、まぁ無難な感じやね。これといって独自性がない。
生産のときにいらなかったりその地形持ってなかったら代わりに1点取れるのは優しい世界。

まぁそんな感じ。

結果:レン 38、エース 45○、河原 45○、一味 41


IMG_0924
「Enqutes el Filatures」 jeux TM

初プレー。BGGにもない謎ゲー。

手番では1枚引いて1枚捨てて、殺人事件の証拠や犯人、現場などをそろえる。
セットコレクションかと思いきや、揃ったらそのカードを使って事件解決のあらましをプレゼンする。
まさかのプレゼンゲーw。いやぁびっくりしたねw。

面白くないよ!!


IMG_0925
「X警部 / Kommissar X」 Nik Sewell作

初プレー。名前だけは知ってたが。

船・車・ヘリコプターのカードがあり、進行方向がそれぞれ直進と左右。 
たまにスーツケースが描かれてて、あと各乗り物の乗り換えカードがある。

まずは全員手札から直前のカードと一致する乗り物を出していく。
乗り換えカード使えば乗り物が変わる。

全部終わったらマンマミーアのように捨て札を裏返す。
裏には現在の乗り物と、進行方向かスーツケースか乗り換えかが3択で書かれている。
手番順に現在のトップカードがどのカード化を当てる。
スーツケースを当てればプラス点、外したらマイナス点。

そんな感じの記憶ゲーム。思ったより面白かった。
スーツケース取れるかは運だけどねw。

結果:レン 0、河原 -1、一味 3○ 


IMG_0926
「オンライン / Online」 Hartmut Kommerell作

初プレー。持ってるけど積んでるw。

秘密裏に自分の担当する製品・会社・言語を受け取る。
手番では公開されてるタイルから1枚を場に配置。
空きマスならどこでも置けるが、すでに置いてるタイルを置き換えるには条件がある。
隣接する繋がったマスに置かれたコマと共通する製品・会社・言語の数がリンク度になっていて、現在のリンク度より高くなるなら置き換え可能。
置き換えたタイルは他の空きマスに置くか、中央の捨て場に捨てるか。
捨て場は4つまでで流すのにも1手番かかる。
んで、エリアごとにマジョリティを見て、製品・会社・言語ごとにマジョリティ取ってる人に得点。
つまり3つの要素が同時進行するエリアマジョリティ。
なかなかハードな思考戦。難しい。

なんかみんなほとんど考えずポイポイ置いてくから大丈夫かと思った。
3つの要素を並行で考えるからかなり悩むはずなんだけどなぁ。
まぁそれで勝ってる秋山さんは流石ってことで。

ちなみにこのゲーム、版によっては名前がOfflineになってて、どっちやねんっていうw。

結果:レン 14、河原 10、一味 13、秋山 19○ 


IMG_0927
「緑の砂漠」 Product Arts

ゲムマ新作。初プレー。

手番ではアクションポイント制で、森林伐採したり、小屋建てたり。
伐採したタイルはコストとしてアイテム買ったりに使える。
逆に植樹も出来て、要はいらない木を刈って、有用な木を植えろ、と。
一つだけ孤立した緑の木には鳥が飛んできて、周りにいる人が得点。
あとは小屋の接している森ブロックに応じて得点。
各森ブロックは同種の木を含めない。違う種類を増やしていく。

キャラによって特殊能力があるが、そこまで派手なのはないかな。
今回自分はカエデ植えると得点、パワーアップさせるとカエデを通り抜け可に。
ちょっと残念なのは木の種類が分かりづらいところ。
説明書見ていちいちどの木がどの名前なのか探さないといけない。
能力には言葉で書いてあるのに、タイルは色だけなので。
プレイアビリティ悪いなぁ。

得点手段は鳥を呼ぶか、現在の森ブロックの上限数になるように森ブロックを拡大させてどんぐりチップ取り、動物を呼ぶ。
全ての鳥か動物が出たら終了で、気になったのは鳥がバンバン出てくる。
ボードの隅はダメなのかなとも思ったが、説明書によれば木タイルに隣接しなくなったらなのでOKみたいだし。
みなが好きに鳥呼びまくってると3ラウンドくらいで終わるんじゃないかな?
うーん、一緒に遊んでた一味さん曰く、五番街みたいだと。
全プレイヤーが終了条件気にしてバランス取る必要があるゲームの代表例。
 
今回は鳥呼びまくって、鳥の得点増やすアイテム取った自分が勝利。
このアイテム強くね?
カエデ引きまくってキャラ能力で点取ったのも美味しかったか。

タイルは分厚いし、絵も綺麗でいいんだが、ちょっと内容が薄いかなぁ。
これからって時に終わってしまうのと、得点バランスが吟味されてない気がする。
なんか間違えてるんかなぁ?

というわけで森の五番街でしたw。

結果:レン 29○、河原 17、一味 21、秋山 20


IMG_0928
「メツボウキングダム」 ワンドロー

秋山さんがインストしてよというのでw。
3度目のプレー。
とりあえずタイルの抜きやすさをプッシュしておいたw。

今回みんな積極的にネズミとニワトリ捨てて、逆にニワトリ捨てすぎて調整できずに困った。
1匹は列調整用に残しておきたいね。死神取るなら特に。

だんだん回り始めて、これからって時に秋山さんが財宝で山札トップを獲得して、
獲得したのが獲得時に国力3払うやつだったので、それで国力ゼロになって死亡w。
この終わり方は予想外だったw。

結果:レン 4、河原 3、一味 6○、秋山 脱落


IMG_0929
「コードネーム / Codenames」 Vlaada Chvátil作

エッセンのグッディボックス拡張。
ボードゲーム名と作者名の並ぶ、かなり人を選ぶ拡張。
持参したので立ててみたよ。

初戦はゲーム名。
自分のチームの出題者はかーん君、回答者は自分と一味さん。
相手チームは河原さん出題で秋山さん回答。 

複数に当てはまるヒント出すのがかなり難しい。
かーん君にラクダ、2って言われたけどラクダいねぇ…
河原さんがワーカープレイスメント、3っていったのでストーンエイジ選んだら違って物言い入ったりw。 

IMG_0930
2戦目はデザイナー側。
出題は自分、回答はかーん君。 向こうのチームは一味さん出題、秋山さん河原さん回答。
これはゲーム名よりムズイぞw。
この2人だから当然この作者が何作ってるかは分かってるんだけど。
あ、ロビンソンクルーソーの人だけ分からんかった。
露鉄コンビは相手チーム誰も分かってなかったなw。
シドサクソンとトイバーでおじいちゃん、2って言ったが当ててもらえず。
この2人ですらこの域なので、日本で他に遊べる人どれだけいるやらw。
最後は相手チームが暗殺者開けてアウト。あと1枚だったのにな。

いやぁ面白かったが、人を選びすぎるなw。

結果1:かーん・レン・一味 ○、河原・秋山×
結果2:レン・かーん ○、一味・河原・秋山× 


IMG_0931
「パーフェクトアリバイ / Das perfekte Alibi」 Christian Lemay, Pascal Roussel作

持参初プレー。最近エストビーが同名のゲーム作ったが、それとは別。

プレイヤー2人が容疑者となり、カードで指定された場所にいたアリバイを口裏を合わせてでっちあげる。
他の人はその2人にする質問を考え、1人ずつ呼び出して質問する。
一致した答えの数が点数になる、そんな感じ。

まずは河原さんと秋山さんが容疑者。
場所はジャングル。とりあえず定番な感じで国とか滞在期間とか何人で行ったかとか。
予想外の質問されるとフリーズするのが見てて楽しいw。
秋山チームの得点は6点。持ち物ボーナンザって決めてたけど秋山さん度忘れw。

続いて自分と一味さん。場所はコンビニ。
コンビニの種類はファミマ、場所は上石神井、おにぎりを1つずつ買ったとか決めて。
質問の半分くらいは想定通りだったが、いくら使ったかで二人分なのか一人分なのかで回答がズレたのが失敗。
あと上手いなと思ったのが流れてたBGM。
秋山さんメタで初音ミクって答えたけど撃沈w。
結果は4点で負け。

なるほど、これは面白いね。どう相手チームの裏をかけるか、それを読めるか。
ぶっちゃけカードなくても遊べるけどねw。
あと本当は犯行の新聞記事みたいなカードもあるんだけど、訳すのめんどいからスルーしたw。
まぁフレーバーだしね。

結果:レン・一味 4、河原・秋山 6○


IMG_0932
「タイムボムエヴォリューション」 新ボードゲーム党

初プレー。
タイムボムは何度か遊んで、2は未プレー。

SAFEカードとBOMBカードがなくなって、全部爆弾に。
同じ種類の爆弾を4枚開けてしまったら負け。
SUCCESS開ける度に1種類にガードが貼れる。
爆弾は種類によって効果が違い、3枚でボムるのや、最終ラウンドのめくれる枚数を減らすのとか。

初代タイムボムはとりあえず両手の指で爆弾とサクセスの数同時出しが最適解だと思ってるので、
今回もやるが、セーフカードがすべて爆弾なのでサクセスの数しか示せない。
 
とりあえずまぁ全員の証言信じて無難に開けてくしかない。
初代はボムのところさえ避けてれば何とかなったけど、今回はどれ開いても結局は爆発が近づくので辛い。
これはかなり難しいなぁ。セオリーはあるのかしら。

3ラウンド目に3枚で爆発する爆弾3枚目開いて負け。
テロリストは秋山さんでした。

結果:秋山 ○、一味・レン・河原 ×


IMG_0933
「ラビリンス:トレジャーハント / Labyrinth: Die Schatzjagd」 Gunter Baars作

初プレー。

せーので迷路カードをめくって、何個の宝を取れるかを早勝ち宣言。
裏に答えが描いてあるので合っていれば得点。
1点取るごとに鍵を獲得。
鍵を持っていると同色の扉が開くようになり、問題が自分だけ難しくなる。
なかなかいいバランス調整。
最後は全員リーチからの河原さんが勝利。

なかなか手軽で楽しいが、これ目悪い人辛いねw。

結果:レン 4、一味 4、河原 5○


IMG_0934
「フォーメルファン / Formel Fun」 Terry Goodchild作

初プレー。
カードを使ったレースゲーム。3人だとちょっとさびしいw。

各自3台持ち、だが長そうなので2台で。
先頭の車から順に手番が来て、カード使って進める。
基本は3歩だが、赤丸の数字とマスの数字が一致してればその数進める。
+5カードは移動数をプラス5できるが、使っても補充は1枚だけなので手札が減る。
単体で5のカードとして使えば補充可能。
誰かがゴールした時点で、最下位の車が脱落。これを繰り返す。

基本10だが、1のマスでは1のカードがあって、それがちょっと強すぎるかな。
かなり引き運が大きいゲームだった。 
まぁ古いゲームだわね。

結果:一味 ○、レン ×、河原 ×


IMG_0935
「ドミンゴ / Domingo」 山田 大夏 作

初プレー。
山から引くか、捨て札から取るかで同じ数字3枚揃えて公開のラミー系。
あれ、それ以上の説明なくねw?

数字小さいカードは得点も小さいけどみんな捨てるから集めやすいって感じかな。
それは普通のラミーだよなぁw。

カードは角とがってて質悪し。
次行こう、次。

結果:レン 0、河原 13○、一味 3、かーん 5


IMG_0936
「水道管ゲーム / Water Works」 Mattiene Moustakas作

初プレー。何気にみんな遊んだことないのね。
かーん君はボドゲ始めたきっかけでもあって思い入れ深いらしい。
内容は昨日やったパラレルターンと大体一緒。まぁパクリだしねw。

手番では水道管伸ばすか、相手の邪魔するか、修理するか。
カードは回転不可ですよ。銅の管は邪魔されませんよ。
修理は同じカード出して上書きして、もう壊れない。
もしくは最初から2枚持ってるレンチを使う。

豪華版でカード置場は浴槽、レンチは金属製のミニチュアになってる。
まぁそんなとこやね。

あ、パラレルターンと違うのは、あっちは段数が終了条件だったけど、こっちは総延長距離。
まぁそんなとこやね。

結果:レン ○、河原 ×、かーん ×、一味 ×


IMG_0937
「エニクス / ENIX」 Stefan Kögl, Andreas Rudin作

初プレー。某ゲーム会社とは関係ないよ!
名前だけ知ってたやつ。

手番では手札1枚同時公開して数字が小さい人から解決。
その数字がそのまま移動数に。
山札が複数あってそのトップだけ背面の色が見える。
その色のタイルに入ったらそのカードがもらえる。
終了時、相手のいるタイルにいると相手からカードが奪える。
何か特徴的な黒いのは木製のカバーでカードの効果で1つのエリアを侵入禁止に。
人がいるところも選べて、被せられると出れないw。
カード全種集めたら終了宣言できるけど、合計値が26以上だと脱落。
残りの中で合計値高い人が勝ち。

結構大味なゲームでした。それ以外の感想がないなぁw。

結果:レン 2、河原 8、かーん 25○、一味 -11


IMG_0939
「シングシング / sing sing」 Karl-Heinz Schmiel作

初プレー。シュミール作の記憶ゲーム。遊んでみたかったやつ。

プレイヤー1人が目隠しして、その隙に隣のプレイヤーは棒を1本隠す。
目隠し取って、どこの何色の、どっちの長さの棒が無くなったかを当てる。
当てれば連続手番で出題係が交代、外したら回答係が後退。
短い棒を取った時にそれを当てれば下の囚人タイルがもらえる。
これでセットコレクションで勝利条件。

かなりシンプルだけどなかなか面白い。後半が本領。
後半に長い棒なくなると分かんないね。

なるほどねー。

結果:レン ×、かーん ○、河原 ×、一味 ×


IMG_0940
「ブラスト / Blast! Card Game」 Waddington's Games, Inc.
 
初プレー。
サイコロ2個振って、片方で色が、両方の合計値で数字が決まる。
その色、その数字持ってる人はそのカードを出して次ダイスを振る。
すでに誰かが出したカードの目を振った人はイベントカード引く。
相手の出したカード1枚奪えたり、もっかい振るとか。

まぁそんだけの運ゲーなんだけど、なかなか楽しめた。

なんか似たようなゲーム遊んだ記憶があるんだが、気のせいかな。
ニューマーケットじゃないしなぁ。

結果:レン 48○、河原 23、かーん 30、一味 35 


IMG_0942
「ピン / Pin」 Dieter Drkosch作

初プレー。SDJノミネートでびっくりね。

交代で色ピンを刺していく。
全部刺し終わったら紐で結ばれた2本の白ピンを、紐を他のピンにかけながら伸ばし、刺す。
紐が触れてるピンが得点。赤5点黄色4点…とかそんなん。

そんな感じの目測アブストラクト。不思議なゲームね。 

結果:レン 36、河原 38○、かーん 32、一味 35


IMG_0943
「シュネッケンレンネン /  Schneckenrennen」 Volker Schwägerl作

初プレー。ゴールドジーバー小箱。
つかこの絵フォーヴィンケルかよ。

手番では1枚カタツムリカードを出す。
色別に並べて、5枚目出したら得点化。他の人は同色1枚捨てる。
ワイルドありーの、途中で終わらせるやつありーの、手札交換ありーの。
手札交換は場に並んだ3セットのどれかと。そのために並べるなんか無駄感。 

んー、まぁ普通なゲームだった。

結果:レン 14、一味 15○、かーん 15、河原 7


IMG_0944
「ブタとキノコ / Schwein gehabt!」 Zoltán Aczél作

初プレー。
各自が1・5、2・6、3・7、4・8の数字を担当。
カードめくって自分の担当の数字の数だけ描かれた色のカードを叩く。
1つもないときは好きなカードを叩く。

それだけのアクションゲームでそこまで悪くもないんだが、
これ4・8のプレイヤー不利っしょw。
せめてカタン周りに担当数字決めてくれよ。

結果:レン 10、かーん 14、河原 9、一味 15○ 


IMG_0945
「ドナーヴェッター / Donnerwetter」 Peter Lewe作

初プレー。箱が水色のHABAの大箱。

4×4に裏返しのタイルに、各列各行あと斜めに家、これが2つ。
交代で自分のベットタイルを家に置いていく。
晴れは3F、曇りは2F、雨は1Fに。
その後交代でタイルをめくるか、置かれてるタイルを雲の部分にあるタイルと入れ替える。
ある家に対応する4枚タイルがすべてめくられたら、タイルの雲マークを足して決算。
晴れ雲か雨雲を相殺して、1つ以下なら曇り、2つ以上なら晴れか雨。
当たればカエルコマを進めて、外れたら戻る。

それだけのゲームだが、HABAにしてはシステム寄りなゲームな気がするね。
コンポーネントはカエルコマとかがまぁ豪華だが。
面白さは微妙ですw。なんかよくある感じ。

1ラウンドやっておしまい。3人タイ。

結果:レン ○、かーん ○、河原 ○、一味 × 


IMG_0946
「宝石の首飾り /  Das Kollier」 André Frobel作

初プレー。これはかーん君遊んだことあるらしいのでインストお任せ。

親が山からカードをめくって、それを競りにかける。
競りの方式は2通りで、通常の値上げ競りと値下げしていくダッチオークション。
払ったお金は半分が親に、半分は銀行に。
支払いを宝石で行うこともできて、額面が金額。
この場合親は宝石1枚を取るか、お金があればその半分をもらう。
目的は首飾りを作ることなので、価値の最も高い宝石を中央に据え、左右をシンメトリーに。
価値の合計×宝石の種類数が得点。

やってみると中々独自の感覚。
落とした宝石もお金として使えるので額面までは元が取れる。
早々に資金は底をつくので、ダッチオークションで高く買ってくれるのに期待。
後半はいらない宝石を使って必要な宝石を落とす。
いくら高く払っても、相手に取って価値のない宝石なら得するのは自分だけ。
1枚しかないけど相手の持ってる1枚より価値が低いやつとかね。

思ったより厳しく、面白かった。
競りゲーとしては良作。もっと認知されてもいい系。

結果:レン 180、中沢 252〇、かーん 45、河原 30


IMG_0948
「スターオブデビッド」

昨日やったフロッグの逆側。ソリティア。
ゲームというかパズル。

ペグを1本差して線に沿って移動を繰り返して全部刺せれば成功。
え?これ1個ずらしで刺してけば終わりじゃね?

よく分からん。


IMG_0950
「スフィンクス / Sphinx」  Invicta Games

初プレー。

マスのない五目並べ。
交互にピラミッドを置いていき、置ききったら移動。
移動は2辺以上空いているピラミッドのみ。

とまぁシンプルだが、3人向けじゃあないな。2人がいいか。

ルールよく読んでないけど、たぶん島を分離させちゃダメだろう。
最後黄色を一番右につけたことでその左の赤が動けなくなり、結果黄色のリーチを防いでる赤をどかさざるを得なくなったのがなかなか綺麗な勝ち方だった。
黄色の河原さんよく分かってなかったけどw。

結果:レン ×、河原 〇、かーん ×


IMG_0951
「コークス / Corx」  Rob Manley, Jon Unsworth作

初プレー。
これも存在は知ってたけど遊ぶのは初。

2つのコルクをテーブルに落として、立ったら得点。
ただそれだけだが、意外と難しい。

まぁおぶたダイス系やね。
特に得点気にせず遊んでおしまい。


IMG_0952
「ムー公認オカルトかるた UFO・エイリアン編」 望月哲史 作

初プレー。
以前遊んだ無印オカルトかるたは7割くらい分かって面白かったが、
こちらはUFO系が多く、そっちの知識はあまりなくてダメ。
まぁそれでもあれやこれや言って楽しむのが楽しいね。

アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーがいないよ!! 
あとデザイン協力カナイ星人に笑ったw。

結果:レン 13〇、河原 10、かーん 9


IMG_0954
「シャットザボックス / Shut the box」

最後にかーん君と。
サイコロ2個振って合計値使って1~9の数字を消していく。
それだけのスコアアタック。
隙なんだけどこれのためにでっかいの買うのは何かねw。



これにて草場邸新年会終わり。
時刻は23:45頃。

いやぁ疲れた。後半頭惚けて回ってなかったよ。
最終日のプレー数も30ゲームで2日合わせて60ゲーム!
いやぁ遊んだ遊んだ。楽しった。

2年ぶりだけどくっそ楽しかったのでまた来年も行きたいね。
一緒に遊んでくれた方、草場さん、ありがとうございました。


この後はかーん君の家でちょっとゲームして寝ました。
また別記事で。


あ、帰り道で日付超えて三十歳になりました。
オーバーザミソージ。