この日は夜からフレイさんのお店を予約してたので、髪切ってもらってからのフレボドでした。

昼間はらのボド行くか迷ったんだけど寒さに負けて寝てました。
はよ冬終われ…。


この日はトランプ大全の適当に開いたページを遊ぶ会、とその場で決めたw。
写真撮っても変わり映えしないのであんまり撮ってないよw。



「ネイブ / Knaves」

初プレー。
3人用のハーツ系トリテ。
マストフォローでノートランプ。
ジャックを取ったらマイナス点。スートによって-1~-4。
それ以外は1トリック1点。
非常にシンプルで分かりやすい。パスもないし。
Q以上のランクをどう処分するかが大事で勘所も分かりやすい。
なかなかいいんでない。入門用にも。

結果:レン 13○、最上 5、フレイ 5
 

IMG_1179
「ピッチ / Pitch」

伝統ゲー。初プレー。
ちょっと変わっててマストフォローだが、切り札はいつでも出せる。
んで手札はたった5枚。

最初に取れる得点をビッドするが、最高でも4点。
「切り札ハイカード」「切り札ローカード」「切り札のJ」「絵札合計ポイント」の4つ。
手札を見て順にビッドして1人以外パスしたらスタート。
ビッドしたプレイヤーが打出して、そのスートが切り札になる。
最終的にビッドしたプレイヤーは達成してればその分が得点。失敗したらビッド分マイナス。
他のプレイヤーは取った得点分プラス。
なのでまぁ1:他で邪魔する形になるな。

リードで切り札を決められるのでエース持ってれば1点は確定。
切り札枚数多ければ勝ちやすいので点数も多く取れるが、Jは配られてない可能性もあるので不確定要素。

ふむ、これはなかなか面白い。
かなり配り運のゲームなので手札悪いとどうにもならんが、1回が短いので気にならない。

フレイさんが気に入って2回遊びました。

結果1:レン 2、フレイ 0、最上 11○
結果2:レン 9、フレイ 13○、最上 -1


IMG_1180
「象棋麻雀」 

32枚。手牌5枚だけの麻雀。
スピード感が売り。
バカトークしながら適当に遊ぶのが楽しい。
何度やっても役が覚えられねぇw。


IMG_1181
「麻雀」

かぶさんが来て4人で。普通の麻雀。東風。
一応勝ったけど誰も三万行かずでしょっぱい。
フレイさんが南入しようしようって食い下がってたけどもちづき君来て待ってるんだからやめようと窘めるw。

結果:レン 16○、最上 -2、かぶ -5、フレイ -9


IMG_1182
「ノックアウト / Knock out」

初プレー。
ラウンドごとに手札が減っていくトリテ。
マストフォローで山札トップが切り札。
各ラウンド最低1トリック取らないとその人は脱落。
ラウンドごとにアンティ1金払って、勝ち残った人は総取り。
どんどん手札が減るのでトリック総数が減って、どんどん脱落していくのが楽しい。

ヴァリアントが楽しそうだったので入れる。
最初に脱落した人は犬の生活を送って、脱落こそしないものの手札1枚だけ配られる。
任意のラウンドでパスするか手札使うかができて、それで勝てれば復活。
今回はもちづき君が犬から復活して盛り上がった。
配られた1枚が切り札のハイカードだったのが強い。

まぁノリで遊ぶ飲みゲーだね。楽しかった。

結果:レン、もちづき、最上、かぶ、フレイ○


IMG_1183
「ポリニャック」 

初プレー。
使うのは7以上のカード。5人だと黒の7を2枚抜く。
Kが一番強く、以下QJA10…とAが絵札の下ってのが特殊。

あとはマストフォロー切り札なしのトリテ。
ネイブと同じでジャックがマイナス1点。スペードのJはマイナス2点。 

シンプルで対応人数も広いが、あえてこれをやる理由はないかな。
普通な感じ。ランクの強さも直観的じゃないしね。

勝敗は忘れた。


「オーサー / Author」 Anne W. Abbott作

初プレー。名前は知ってた。 
スイリーカードの元ネタかな。
元は専用カードで遊ぶゲームだったらしい。

手札配りきって、手番では誰かに「スペードのエース持ってますか?」のように質問する。
持ってたらその人はそのカードを手番プレイヤーに渡して連続手番。
ただし質問するにはそのランクのカードを最低1枚持っていないといけない。
よって自分の情報も晒すことになる。
これによって誰が何持ってるかの情報を集めて同ランク4枚揃えて得点。
移動したカードのありかはバレてるので、どのスートを質問した人が持ってるかのギャンブル。

これはなかなか面白いね。ちょっと時間はかかるが。 

結果:レン 3、最上 2、もちづき 3、かぶ 4○、フレイ 3



以上でおしまい。終電あるので帰りました。