例のごとく自分は遊ばないので遊んだのは1ゲームだけ。



IMG_2630
「Wits & Wager Party」 Dominic Crapuchettes作

持参品。
『チュッパチャップスの中心に達するには何回舐めればいい?』とかの数字で答えるクイズが出るのでそれに答える。
いいセン行きまSHOWと違うのは必ず正解があること。ソース付き。
んで全員が回答公開したら手持ちの2枚のチップを誰かの解答にビッド。
自分のに自信があるなら自分に賭ければいいし、保険で近くとか幅広そうな所に賭けたり。
解答発表して、その数字以下で一番近いのが正解になる。
なお、1のボードは常に出ていてそれが正解になると賭けた人は点数2倍。
普段は$100と$200の2枚しか賭けられないけど、最終ラウンドは手持ちの得点賭けて上乗せできる。

こんなん知るかって問題ばかりで勘で答えるしかないんだけど。
明らかにおかしい数字の人を笑ったりw。
フェルミ推定とかできると強いんだけどね。

版によって色々細かい味付けがあって。
この版はパーティーエディション。どう違うかは他を見てないから分からんがw。
一応最大18人までってなってるが、チーム戦になるのかな。ボードは6枚。
海外では人気シリーズのようで今年はカジノエディションとかが出てた気がする。
範囲賭けとかできたり。

ドイツ版はギャンビット7だったかな。
タナカマさんがちょいちょい訳そうとしては頓挫してるとかw。


そんな感じで。
後はクイズしてました。お約束。