ダンボドボドボド。

何してたか忘れたけど昼から参加。寝てたんじゃない?


IMG_5933
「パンデミック:ローマの落日 / Pandemic: Fall of Rome」 Matt Leacock, Paolo Mori作

持参初プレー。持参という名のニートさんの。鞄には入ってるよ。

パンデミック歴史シリーズローマ編。
今度は伝染病じゃなくて蛮族だ!パンデミックとは…。

微風君がプレー済だったのでインストお願いして。
いくつか抜けあったけどな。修行あるのみだよ。

基本はパンデミックだが、今作の特徴として、蛮族は出てくる場所が決まってて、カードで指定された場所と出発点との間のまだその色の蛮族がいない最上流の場所に湧く。
あとは兵隊の存在。
プレイヤーは都市で兵隊をアクションで増やして、移動で連れていく。
蛮族と戦う時は兵隊の数だけサイコロ振って戦闘。
蛮族のいない都市に兵隊置いておくと湧いたときに相殺してくれる。

パンデミックお約束の同色カード集めることで蛮族と協定を結ぶ。
するとその色の蛮族コマを兵隊コマに置き換えるアクションができるようになるのが面白いね。

なお、全部の色の最下流であるローマを落とされたら即負けです。
役職とかは忘れた。


今回はローマ陥落して負けました。むっさむずくね?

まぁ結局はパンデミックヴァリエーションでとりわけの面白さはないかな。
ヴァリエーションの1つとして楽しめばよい。

結果:レン&ニート&微風 ×






IMG_5934
「マグナストーム / Magnastorm」 Bauldric & Friends作

持参初プレー。
タナカマさん推しの新作。

サブボードの上下に分かれたエリアで、上側エリアの自分の色のコマか中立コマを下のエリアに移動させて、その列に応じたコスト払ってアクション。
また、上の列でその列にあるコマと同じ色の資源払うとリーダーカードを獲得できる。
得点貰えるうえに特殊効果付いてるので協力。
これを取られないようにコマの数と色を上手く調整したい。

資源は中立の黄色と各プレイヤーの色があって、自分の色は獲得しやすく、他人に渡すことで恩恵あったりするのは経済ゲームっぽさある。

アクションでやることは中央ボードでの行動。
有効エリアが3つあり、ラウンドごとに時計回りに1つズレるので置いていかれないように移動とカメ(基地)配置を繰り返す。
エリア内に置いた個数によって収入があるのと、マジョリティ取ると得点。

あとはテラミスティカみたいな色別トラックがあって、対応するエリアにカメ置くとトラックが進んで資源やら貰える。
ここでマジョリティ取ってるとこちらもリーダーカードが貰えるので、どのトラック進めるか悩ましいところ。

目的カードが4枚並んでてそれの達成もあるよ。先着ほど得点高い。

勝利点取る手段が結構限られてて、目的カードかリーダーカードか、マジョリティか。
あとはワープポッドとかあるけど、まぁ置いといて。

そんな悪いゲームではないんだけど、とびぬけた面白さもないかな。
置いた基地どんどん無効エリアに追いやられてくし、1周でゲーム終わるので終盤の布石を打つでもなく、その場の収入と目的カードの達成狙うくらいで、拡大要素がないのよね。
爽快感がないし、ゲーム中ずっと同じこと繰り返してる感じ。
得点要素も限られすぎてて出し抜いて逆転ってのも起こりにくいし。

一定ラインの面白さはあるけど、無難ってところかな。
何度も遊びたくなるゲームではない。ノーリアくらいの立ち位置。

このゲームで一番面白いのは遊ぶ度にトロフィーカードが貰えて、次回以降面子全員がそのカード持って来てたら資源貰えてボーナス貰えるところ。
1位は金、ドベは銅、それ以外は銀が貰える。
んで全員が2枚以上持っててゲームするとき、手持ちから2枚引いて、合計値が高い(金3銀2銅1)ほど先手になる。
代わりに銀と銅のカード出した人は初期資源が増える。

試みとしては面白いんだが、あんまり意味があるとは思えないね。
先手取りたいなら金だけ出すし、資源欲しいなら銅だけ出すし、ゲーム外にも紳士協定持ち込まないといけないのでめんどくさいだけ。
あと中古に優しくないw。
無駄に120枚くらい入ってるので使わないのも勿体ないしな。
とりあえず財布に入れておいた。

結果:レン 24、tetu 25、ニート 29〇、東野K 15





IMG_5935
「トリックと怪人 / Tricks & The Phantom」 斎藤 隆 作

初プレー。
出たばっかでは結構話題になってた同人ゲームがオインクから。

全員に2枚配り、手番順に1枚裏で出す。その際カードの色をトークン置いて宣言。
全員出したら逆順にどれがトリックを取るかを予想して虫眼鏡を置く。
基本は数字が大きいカードが勝つが、効果により無効になったり他のが勝ったり。

また、怪人は数字は最小なので勝つことはないが、色宣言で嘘を吐けて、自分に虫眼鏡置いた人から得点を奪う。
人を騙せると得点になるが、どの色宣言するかが悩ましい。
下手に考えてると怪人だってバレるしね。上家だと特に。

少ないカードで中々考えられてて良い。
2枚配って1枚ずつ使って2回戦ってのも2回目の方が情報多くて推理しやすくなっててダレない。

ラブレターに近いって言う人いるけど、個人的にはダンジョンオブマンダムの方が近さを感じる。
カード同士の関係とかね。

オインク版はスタイリッシュでオシャレなんだが、イラストないので地味というか淡泊なのと、テキストが小さいのでめくった時にどのカードかが分かりづらい。
数字は大きいのでそれをインデックスにしてサマリーカードとにらめっこして、こっちが勝ったねってなる。
まぁ同人版でもそこは変わらないか。
絵柄からカード名の認識がしやすいのは同人版に利があるな。

結果:レン 8、tetu 5、東野K 10〇、ニート 7







IMG_5936
「アンティクイティ / Antiquity」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

遊びたくて持参。重いけど遊びたいの!
tetuさんとしくらめんさんに付き合ってもらいました。
ニートさんも前から遊びたがってるけどタイミング合わず。

説明は以前ダンボドで遊んだの見てね。
前回初期ボード間違えたので修正。あと漁場の配置も。
序盤が大分楽になったかな。
早めに病院建てて墓対策はしたけども、汚染に苦しむ。
都市増やして錬金術学部建ててなんとか凌ぐが、次第に墓も増えてひぃひぃ。
それでもまだ余裕あって回せてたけど、しくらめんさんは病院やゴミ捨て場もなく墓だらけになってて辛そうだったw。
それもうダメなんじゃね?ってくらいw。

IMG_5937
なんとか勝ち筋見えて来たけど、目指すルートは前回と同じ各資源3つずつ所持の勝利条件。
あと3ラウンドくらいで勝てるかなってあたりで時間切れ終了。悔しい。
4時間で終わると思ったんだけどなぁ…。甘かったか。
まぁ他2人はまだ勝利条件も確定できてなかったんで抜かれることはなさそうだったけど。

うーん、やっぱり難しいゲームだ。でも面白い。
もっと序盤から汚染対策していかないとダメねぇ。
あと飢餓メーター上がると辛いのでもっと皆噴水作らないと。
次回はそこらへん意識してインストして実践してみよう。

やはりおもろい!

結果:時間切れ終了:レン、しくらめん、tetu






IMG_5938
tetuさんと飯へ。
tetuさんオススメの店が閉まってたので鶴舞駅前のラーメン屋。
あっさりだがパンチあって美味しかった。次は二郎系食べたい。