きなボド!ふぁみりーず。
最近は30人くらいで安定してます。
ファミリーは常連がほとんど。広報載せたけど効果なかったなぁ。
もうちょっと大人が来てくれると嬉しい。


IMG_5940
マスク揃えてみた。インフル流行ってるので自衛大事!


IMG_5961
持ち込みゲームは結構多め。8割自前。
もっと持ち込んでくれる人来てくれれば量減らせるんだけどw。



IMG_5941
「パイプワーク / Pipe Work」 Justin Oh作

持参初プレー。駿河屋で。

同じ色同士繋げてねーなパズル。分かりやすい。
必ず全マス埋めなければいけないのと、ボドゲにしたから直線とカーブに数の制限が出てゲーム性になってて面白い。

同じカードでも4つの難易度があって、十字パイプを使うかどうかと4色繋げるか3色繋げるかで難易度が変わる。

人数分透明な蓋付いてて、無駄に思えたけど、1回終わったら被せてひっくり返してパーツ回収できるようになってるのかな。便利。

途中でファミリー対応で抜けたので不完全燃焼。
またどっかで遊ぼう。




IMG_5945
「はぁって言うゲーム」 米光 一成 作

初プレー。
同人で出た『はぁって言うゲーム』が『ベストアクト』としてリメイクされて、それが幻冬舎から商品化してまた『はぁって言うゲーム』に戻ったよ。めんどいね。
個人的にはゲーム性が分かるタイトルで好きです。
これ以上長くするとラノベ感出て嫌だけど。

場に1枚出したカードにお題が複数書かれてて各自にアルファベットカードが1枚配られる。
対応するお題を実演して、他の人に当ててもらう。
お題は同じ言葉ながら言い方によって意味や感情の表現が変わるもの。
『はぁ』だと、相手の言うことが分からないときとかため息とか怒って聞き返すときとか。
全員が1枚のカードに対して順に演じるので、テンポが良くていいね。
消去法で特定できそうなのもゲーム性あって良い。

演じるゲームではあるんだけど、ほんの一言だけなのでムードみたいに演じてる感は出なくて敷居が低い。

旧版だと表情で演じるお題とかあるらしく、正直敷居上げるだけの蛇足だと思ってるのだが、この版ではどうなのかな。
他のカード見せて貰えばよかった。

小学生兄妹と遊んだけど、楽しんでくれました。






IMG_5956
「レイヤーズ / Layers」 Dave Choi, Yohan Goh作

初プレー。

穴の開いたカード重ねて、お題と同じ柄を作ってね。
ただそれだけだが、重ねる順で絵柄変わるし、裏表あるしでよく考えないと解けない。

とはいえ、1個ずつ上から考えてけば結構簡単にできてしまうのでちょっと拍子抜け。
もっと高難易度版出れば欲しいけど、これだとリプレイ性低そう。

同じ作者のFold itが難易度高くて楽しかったので、期待度高かったのだがね。






IMG_5957
「がんめんマン」 佐々木 隼 作

初プレー。

パーツで表情作って、どのお題表現したかを当てる。
まぁ見たまんまのゲーム。

思ったより多彩な表情作れるし、画力なくても結構なんとかなるので良かった。
ダミーお題ランダムで混ぜるのでたまに事故るのも盛り上がる。

まぁライト向けにはいいんでないでしょうか。

スマホの自撮りでも遊べるってあるけど敷居クッソ高いので蛇足かな。
まぁやりたい人がやればええ。



以上!