あかつきさんの刈谷でボードゲームを遊ぶ会「かぼす」に初参加。
みかぼど時代は名古屋でやった会に何度か参加したけども。

場所は刈谷駅前の文化センター。
すっげぇ金かかってる建物だった。
刈谷って金余ってるの?
刈谷氏自体初めて行ったけどこんな発展してるとは思わなかった。
尾張民にとって名古屋より東と南はもはや県外。
ボドゲ会のおかげで瀬戸・長久手・みよしに足が向くようになったよ。


IMG_6085
「ペーパーテイルズ / Paper Tales」 Masato Uesugi作

初プレー。
といってもリメイク元のヴォーパルスは何度か遊んでる。
バランス調整くらいでほとんど変わってない。

ハンドドラフトで入手したカードをお金払って出す。
前衛は戦争に参加できるが、後衛はできない。
最大の特徴は経年システム。
ラウンド終了時に全てのカードに経年カウンターが乗り、また既に載った状態のカードは取り除かれる。
カードの寿命が2ラウンドしかないって感じ。
それを見越して入れ替え入れ替えしていくか、カード効果で生き長らえさせたり。

カード出すにもお金がいるし、収入得るために建物建てるにもお金がいるしで辛い。

今回は拡張入り。
これもヴォーパルス拡張とあんまり違いはないかな。
建物が9種類くらいある中から固定4種とランダム3種ってなってるのが選択肢減るのとリプレイ性上がるのとで良い。
ただ、基本4種が基本セットに入ってる4種とは異なるのでアイコンだけ見てしまうと間違えるから注意。

原版と名前変わってないカードも多く、元の雰囲気を大切にしてていい感じ。
一部変わってるやつもいるけど。トーテムとか。
貼り絵的なイラストも綺麗で良い。個人的には前の退廃的な感じも好きだったが。

面白さはまぁヴォーパルスだ。
現時点では既にヴォーパルス持ってる人がわざわざ買い直す内容ではないかな。
今後拡張増えたら分かりませんが。

同点で1金差で負けて悔しす。

結果:レン 40、ばら 40〇、ひろ 31、ムマ 22






IMG_6086
「ゴールドウェスト / Gold West」 J. Alex Kevern作

初プレー。この時期のTMGは遊び逃してるのが多い。

マンカラって聞いたから盤面見て、中央ボード上でマンカラするのかなと思ったら、個人ボード左側で4マス一方方向のマンカラだったよ。

手番では4つのマスから1つ選び、上方向に1つずつ撒いていく。
最終的にボード飛び出した残りが今回のアクション用。
2色ある食料のどちらかがないとマイナス点喰らうので1つは使えるようにコントロール。
共通ボード上のマス1つ選んで書かれた資源を取る。
取った資源は個人ボードの4つの資源置き場の好きなマスに置く。
当然上に置けば早めに使えるが、下に置くと得点が貰える。
同じ色の食料が被っても意味がないので、上手く散らせるように調整。
アクションで使う3種類の資源はいくつかの使い道があって、
対応するトラック進めたり、カードに描かれた種類払って得点取ったり、3×3のグリッド上の対応するマスにコマ置いて終了時得点得たり。

あと方針として大事なのが、マップ上に置いたコマは、最大グループが得点になる点。
なるべくくっつけて配置しながら、欲しい資源を得ていく。
マスの色も大事で、選んだマスに応じてトラックを進めて、最後マジョリティ取れてると得点。

なかなかやってることはシンプルながら、点数要素は上手く散らしてあってどれを狙うか悩ましい。
テーマはTMGらしさがあるが、中世やら牧歌風にしたら全然ユーロゲーム。
プレイ時間も60~90分くらいと中量級。
なかなかいいゲームでした。

初手で自分以外3人が食い合ってて、自分一人だけ悠々自適。
得点カードの配分が高そうなので積極的に狙って取る。
結果勝利。初見ゲーム勝てると嬉しいね。

結果:レン 90〇、みやびん 86、キョウ 70、なべ 71






IMG_6088
「アンティクィティ / Antiquity」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

みやびさんんと遊ぶ約束してたので。

経験者は自分だけ。
とりあえず最初に助言。「病院、錬金術学部、ゴミ捨て場は可能な限り早めに建てとけ、噴水は積極的に!」。

3回目にして前回までの反省を活かせるように頑張る。
ちょっと特化してみて、初手で倉庫建てず可能な限り早く大聖堂建てて資源保管無限になる聖人を選択。
あとは病院とゴミ捨て場、錬金術学部を建てて、そこから資源集めを狙う。
これが大正解で、今までの2プレーの苦しさが嘘のよう。
墓場と汚染の心配はほとんどなくなったので、あとはワーカー足りないので食料や贅沢品取ってはワーカー増やして、都市増やして、軌道に乗ったところで資源生産。

結果、以前ほど長引くこともなく、勝利。
まぁそれでも最後2ラウンドくらいはこれもう追いつけないよねって雰囲気だったけど。
みやびんさんはあと2ラウンドくらいで建物建て切り狙えたっぽいから独り相撲ではなかったかな。

やはり面白い。段々分かって来た。
みやびんさんも気に入ってくれたようで、既にポチっているとかいないとかw。

結果:レン 〇、みやびん、キョウ






IMG_6089
「アルティプラーノ / Altiplano」 Reiner Stockhausen作

ようやく初プレー。
オルレアンの発展的作品。

基本は同じバッグビルド。
引いたタイルを個人ボードに配置してアクション。
使いたくないのは取っておいて次に使えるが引く枚数は減るってのは一緒だっけか。
最大の違いは共通ボード。
個人ボードに配置したタイルはそのままでは使用できず、共通ボード上の自分のコマを移動させて対応するタイルに行かないとダメ。
1ラウンド1移動は無料だが、2回目からの移動には移動アクションにもタイルを配置しないといけない。
それぞれのアクションについては割愛。
タイル引く枚数増やしたり、新しいタイル手に入れたり、自分専用のアクションスペース手に入れたり。
まぁやってることはオルレアンと変わらないね。数や種類が増えただけ。

得点源となるのは棚。
対応するアクションでタイルを棚に収めることができる。
同じ種類は横に並べて、横一列埋まると得点。
異なる種類は上に積んでいって、上の棚ほど埋まった時の得点が高い。
タイルの種類が多いので、全部行くのは得策でなく、1つ2つのルートに注力するのが筋。
そのため自分の使わなさそうなタイルを早めに1つ入手しておき、棚に収めることで得点のかさ上げができる。
得点低い棚をパスして、より上の棚に自分が多く狙うタイルを配置する。
もちろんアクションにも使うので、どのタイミングで棚に入れるかの見極めも大事。

今回はとりあえず数は力だとタイル引ける枚数を上げられるアクションを中心に。
いくつか通常のアクションでは入手できないタイルもあり、専用アクションスペース手に入れたり、早い者勝ちで任意のタイル取れるアクションしないといけない。
行けなさそうなルートはばっさり切って、初期タイルに応じたルート注力がセオリーかな。

ちなみに異常にでかいスタPマーカーがあるんだけど、脚が抜けやすいので拡張でタイル1枚に置き換えられましたw。
そこだけ拡張使用w。

注文カード達成による得点は行かず、棚に収めて稼ぐ方向に。


IMG_6090
最終盤面はこんな感じ。
棚をかさ上げして高得点を狙う。
ただ、みやびんさんの最後に使った、10枚引いて棚に収められる特殊効果がくっそ強かったな。
バランスブレイカーな気がする…。

取ったタイルも得点になるので基本何しても得点。
その中でどのルートで稼ぐかってゲーム。
いわゆるポイントサラダ。この名前好きじゃないけど。

なるほど面白かった。
オルレアンに比べてアクションの種類が各段に増えて自由度が高い。
とはいえ得点になるルートは決まってるので、そのうちのどれを狙って、どのルートを使ってそこに達するかなので結局は変わり映えしない感じもある。
システム的にはほぼオルレアンなのであえて両方買う理由はないかもね。
まぁドミニオンとハトクラみたいな立ち位置か。作者は同じだけど。
好みの方を買えばいいと思うよ。

結果:レン 133、キョウ 89、みやびん 183〇






IMG_6091
「オドヴィル~奇妙な村 / OddVille」 Carlo Lavezzi作

持参品。かなり久々にプレー。

何度かきなボドにも持ち込んだけど誰も遊んでくれないのは白ゴブだからかなw。
普通に面白いよ。

手番ではアクションカード1枚使用。
カードが4枚あり、アクションの強さが違う。
買える資源の種類とか、カード取るコストとか。
全部使い切ったら回収できるが、途中回収するには手札枚数分お金を払う。
フュチュロピアでもあったね。

できるアクションは資源買う、建物買う、建物建てる、お金取る。
資源は4種類あり、それぞれ最初の1人は無料、2人目3人目は1金、それ以降は2金。
ワーカーを置くことで表現して、回収して使用。空いたスペースは詰まらないので無料で買った人がどけば次の人は無料で買えるってのが独特。
建物買うのは山札から遠いほど安くなるアレ。アクションカードによって何枚目までがタダかが異なる。
買った建物は自分の前に置いて置き、建設アクションで必要な資源払って建設。
建設した建物で共通のグリッド配置。
道が矛盾するようには置けず、置いたらカードの効果で資源やお金が手に入る。
隣接するカードと道が繋がるように配置すれば、そのカードの効果も同時に発動するのがポイント。
また終了時には得点。固定点や隣接する枚数、縦列枚数など。

あと特徴となるのは特権カード。
4種類のギルドに対応したカードが2枚ずつあり、対応する建物を建てると獲得。
既に2枚取られたギルドを再度建てると、一旦2枚とも回収されてそこから1枚ってのが独特。
効果はかなり強力で、他人がお金使う度に1金もらえたり、資源買うのが常に1金安くなったり、手番に1回自分の前の建物と購入列の建物交換できたり。
強い上に最終的に持ってると得点にもなるので、積極的に奪いにいかないとw。

白ゴブの中でもかなり面白いゲーム。知名度は低いけど。
Raelさんヴァリアントだと3~4人プレーでも2人用のボード使って資源高くなるハードモードだよ!ひぃ。

誰かが一定数建物建てたら終わりなので油断すると逃げ切られるぞ。
ただし、建物建てたらワーカー置くので資源に使えるワーカーが減っていくのが良くできてる所。
いいゲームなんだけどなぁ。

結果:レン 51〇、みやびん 38、キョウ 30





おわりー。


IMG_6092
ラーメン食べて帰宅。
駐車場遠かったので雨の中カホンバッグはキツイね。傘忘れたしw。
雨弱くて助かったよ。