金曜会へ。

スカラビアが届いたので持って行く。
本日のノルマ。


したらば、到着した時丁度スカラビア立ってて終わったところ。

終わったばかりのねくろんさんの計らいでもう一戦!



IMG_6129
「スカラビア / Scarabya」 Bruno Cathala, Ludovic Maublanc作

初プレー。

カードめくって指定された形のパーツ置いていく系。
最初は中央4マスに1マス以上被るように、以後は置いたパーツに隣接するように。

このゲームの最大の特徴となるのは得点方式。
いかに綺麗に埋めたかではなく、ボードに描かれたスカラベを埋めないようにパーツを配置。
4マス以下の空白エリアができたら、そこに描かれたスカラベ1つにつき空白マス数分の得点。
近くにあるスカラベをまとめて4マスの空白にできると強い。

どうしてもゲーマーの性、綺麗に埋めたくなっちゃうんだが、このゲームだとそれが必ずしも正解ではない。
中々新鮮な感覚で難しい。
なるほど面白い。

ただなぁ、ボードの裁断が適当なのか、枠に収まりきらないのはどうなのよ。
無理にはめようとすると枠が歪んじゃうし。
海外版では枠とパーツの帳合が違うらしく、綺麗にハマるようで。
わざわざ日本語版で変えたのは向こうのメーカーかアークライトか。

残念極まりない。

結果:レン 47〇、ねくろん 45、吉田 27





「ケルトカード / Keltis: Das Kartenspiel 」 Reiner Knizia作

写真忘れ。

まぁ特に今更語ることもないか。
ケルトシリーズはこれで十分。

結果:レン 26〇、ねくろん 22、吉田 0






IMG_6130
からのスカラビア再戦。ねくろんさん本日3回目w。

そしてまた問題発生。
全員高得点取った結果、得点チップが足りない。
高い数字足りなくなったら小さいの組み合わせて置けと説明書にはあるけど、それすら足りない。
残念すぎるわ…。

結果:レン51、ねくろん 55、吉田 55、NEZ 56〇



IMG_6131
「トリックと怪人 / Tricks & The Phantom」 斎藤 隆 作

2度目かな?

今回初戦は怪人なしで遊んだが、個人的にはこちらの方が好み。
どうも怪人は論理的に色主張しなきゃいけない割には考える時間がないので適当に出さざるを得ないんだよなぁ。
じっくり考えて良いなら相手騙せる色を決められるんだが、他のプレイヤーは悩む要素が最大2択なので、悩んでたら即バレる。特に2周目は。
なんか残念。

まぁ手軽に遊べる点では良いんだけどさぁ。

2回目はねくろんさんが上手く得点倍決めて勝利。

結果1:レン、ねくろん、吉田、? 〇
結果2:レン、ねくろん〇、吉田、?





おしまい。


IMG_6132
マジスパ。
トムヤムリゾット初めて食べたけど好みじゃないな。
雪下キャベツ頼んでみた。確かに甘みはあるが、キャベツはキャベツ。