この日はtetuさん宅会。
かぶさんが来れなかったのでタイムストーリーズはお休み。
代わりにおずさんを召喚。
まぁ朝まで一緒に合宿いたんだけどね。

互いに車なので近くのカレー屋で待ち合わせ。


IMG_8296
美味。


そっからtetuさん宅へ。最上さんはおずさんに拾って貰って。



IMG_8297
「Escape Room: The Game – Murder Mystery」

この日の目的その1。
以前遊んだエスケープルーム:ザ・ゲームの拡張を買ったのでそれを遊ぶ。
今度基本セットは日本語版が出るね。何かシナリオ1つリストラされてるけど。

とりあえずタイトルがマーダーミステリーなので紛らわしいが、マーダーミステリーではないよ。
ちょっと何言ってるか分かんないね。

あと脱出要素はない。

さて、まぁネタバレはできないんだが、とりあえず1つ目の謎が解けずに30分が経過w。
かなりふわっとした答えで正直閉口…。
それ以外は普通だったけど、そのせいで評価は地に落ちたわ。
BGG見たらマヤに次いで2番目にクソとの意見がいくつか。
あ、マヤは上記のリストラされたやつねw。

他のに比べると言語依存が高めかな。
あと謎本体と別にストーリー的な謎をぶっこんできて、要はフレーバーなんだが正直邪魔。
何か暗号あったと思って解いたらゲームの進行には関係ないとか…。いまいちだわ。



IMG_8298
「Escape Room: The Game – Welcome To Funland」

こちらはサーカス小屋の楽屋からの脱出。

全体的にはさっきのよりは良質な謎が多くて楽しかった。
唯一1個解き方が分からなくて、4択くらいだったので総当たりで解いたのがあるが…。

このシリーズの謎はどうも納得感が低いのと、3パートに分かれてるので乖離感がある。
EXITシリーズの方が上とは思うが、あれはあれでたまに酷いのあるしね。
ファラオとか、ファラオとか。
仕掛けは面白いんだけどなぁw。

コチラの方が値段が安いのは魅力。
基本買っちゃえば1000円くらいで拡張シナリオ買えるし、基本もデコーダー入ってる割には3000円程度と安いし。

あとなんかVR版の2つシナリオがあるので、それはまたいずれ。
他の買うかは未定です。


IMG_8299
「クロニクル・オブ・クライム /  Chronicles of Crime」 David Cicurel作

初プレー…なのだが、都合により未カウントで。

アドベンチャーゲームをアナログ+QR+ARでやる。
人物に対する聞き込みを、その場所のQR読んで移動→話しかける人物のQR読んで選択→聞きたい対象のQR読んで選択って流れで情報を集める。
場所によってはAR機能使って、プレイヤーの1人が部屋を見渡して、何があるかを説明、他のプレイヤーは対応するカードを探し出して、それらを読み込んで証拠品を獲得、って感じ。
やってることはまんまアドベンチャーゲーム。
1つQR読むごとに時間が経過して、時間によって成績が決まる。
謎が解けたと思ったら、スコットランドヤードに帰還して、謎についての質問をされるので対応するQR読ませて解答。正答数と時間で評価が決まる。

それ読んだ感じは面白そうなんだが、チュートリアルが終わった段階で最上さんからギブアップ宣言。
多人数でやるゲームではないと。
正直、これメインでやるつもりで招集かけてたので、内心不愉快だったが、まぁ嫌がるのを無理にはできんし、ここで終了。

まぁ確かに協力ゲームとしても全員で何やるかを決めるだけなので参加してる感は薄い。
あと言語依存かなりあるので英語達者な人が複数いないとつらい。
自分もある程度は読めるが、流石に科学用語とか専門的なのは辛いわ。随時ググるしか。

というわけでプレーはノーカンで。
チュートリアルは遊んだ感ないしね。

やるなら2人かな。
1人だとARの部分が意味ないし。
BGGベストも2人だ。

というわけで誰か英語に抵抗なくて、2人で遊んでくれる人を募集。
別に手持無沙汰な退屈に耐えきれる人なら3人以上でも良いよ。



IMG_8301
「イッツアワンダフルワールド /  It's a Wonderful World」 Frédéric Guérard作

予定してたクロニクル・オブ・クライムがなしになったので、じゃあ代わりにIt's a Wonderful Worldのキャンペーンモード付き合ってよ、と。

とりあえず基本で1戦。
感触悪くなかったので、そこからキャンペーン開始。

キック版はキャンペーンの青箱と紫箱入り。
今回は青箱。
それぞれ封筒が6つ入っていて、全5回戦。
1回戦ごとに封筒1つ開封していって、多分最後はシナリオ分岐。
封筒とは別に追加のコンポーネントが入った箱もある。
最終戦で勝った人が優勝!

まぁ細かい内容は秘密にしておくが、それほど大きな変更はない。
せいぜい追加のカードが入るくらい。デッキに入るか最初から持ってるか。
一応公開されてる情報としては、ラウンドごとに報酬カードがあり、そのカードはキャンペーン中保持し続けるので、指針になっていく。

結局やることは変わらないので同じゲームを5回遊ぶと思って貰えれば。
1回が45分と短いのでそれほど苦ではない。
連続して遊ぶのも苦ではないし、むしろ遊びたくなる面白さなのが良い所。

ちなみにキャンペーンクリアすると基本ゲームで使える追加カードが貰えるよ。
といっても元々箱に入ってるので、ブリスター開ける許可が貰えるw。

とりあえず6回連続で遊んでも楽しかったので、やっぱりこのゲームは面白い。
キャンペーンはまぁ有っても無くてもって感じかな。単発だしね。

結果1(基本):レン 54、最上 69○、おず 37、tetu 41
結果2(青キャンペーン1):レン 70、最上 52、おず 49、tetu 37
結果3(青キャンペーン2):レン 50、最上 54、おず 36、tetu 56
結果4(青キャンペーン3):レン 55、最上 69、おず 95、tetu 52
結果5(青キャンペーン4):レン 51、最上 39、おず 62、tetu 71
結果6(青キャンペーン5):レン 45、最上 87○、おず 50、tetu 35

うーむ、やる度に下手になってる気がする…。
周りが上手くなったと信じたい。




以上でおしまい。



IMG_8302
終了後は萬珍軒。人気店だお。
天津麺は卵とじラーメン+フーヨーハイだったので卵だらけで幸せ。