岐南平日会へ。どんさん乗せてGO!



IMG_8396
「紅茶かコーヒーか /  Tee oder Kaffee」 Heike Risthaus, Stefan Risthaus作

初プレー。ヒゲさん持参のエッセン新作。
バネストが入れるけどゲムマには間に合わないらしい。

非常にシンプルなセットコレクション。
手番では1枚引くか、好きな枚数捨てて同じ枚数引くか、特殊カードのジャムかウィンナー使うか、セットを出すか。
出せるセットはカード下部に描かれてる。手札上限は7枚だったかな。

手札全部使い切ったら5点貰ってから5枚補充でお得。
基本はそれ狙うゲームだな。
ジャムは捨て札から1枚拾える。ウィンナーは山から2枚引いて、1枚は自分に、もう1枚は自分含め誰でもいいのであげる。

誰かが40点行ったら、次に誰かが手札使い切るまでやって終わり。
最後の1人だけ5点じゃなく10点貰えるよ。

とりあえず手札増やしながら出すセット考えて、手札使い切れる組み合わせになったら出しまくる感じで。
5枚補充は大きいからね。

最後31点くらいのところで、ジャム、ジャム、紅茶、ケーキ、ケーキって来たので、ケーキ2枚で5点→ジャムでケーキ拾う→ジャムでケーキ拾う→ケーキ2枚で5点でトリガー引く→紅茶1枚で1点で10点貰って終了。

まぁシンプルでいいんだが、深みはないねw。
金属製の小さいケースがお洒落。

結果:レン 51○、ヒゲボド 31、どん 21、キョウ 29



みやびんさんは安定の現れず、で気にせず次へ。


IMG_8397
「マスターオブルネッサンス /  Masters of Renaissance: Lorenzo Il Magnifico – The Card Game」 rSimone Luciani, Nestore Mangone作

こちらもヒゲさん持参のエッセン新作。初プレー。
ロレンツォカードゲームって位置づけだが、本家よりカード枚数少ないよw。

手番では資源取る、資源払ってカード買う、カード使って生産のどれか。
資源取るのは3×4に並んだ玉から縦か横1列選んで、対応する色を。
青は軍事力、紫は従者、黄色はお金、灰色は石、赤は宗教トラック進める、白はハズレ。
資源管理が独特で、大きさ1・2・3の棚が1つずつあり、同じ棚には同種しか入らない。
越えた分は捨てるが、その際他のプレイヤ―が捨てた分だけ宗教トラック進めるってのが面白いな。
なお、生産で得た資源は別の置き場に入るので制限に含めないってのがミソ。

カード取るのは4色のカードがレベル1・2・3各1枚ずつ並んでるので、必要な資源を払って取る。
最初はレベル1しか取れず、1の上に2を、2の上に3を上書きする。色は違って良い。
スロットは3つあるので、レベル1を3枚取って同時発動枚数増やすか、枚数押さえながらレベル上げて効果強くするか。
誰かが7枚取ったらゲーム終わるので、結構早い。

発動は一番上に置いてるカードを発動。あと2:1交換を1回できる。
基本は資源払って他の資源得たり宗教進めたり。
生産で得た資源はすぐに他の生産には使えないってのはロレンツォだね。

んで宗教トラック。最終的に進んだ数に応じて得点。
途中3つチェックポイントがあって、誰かがそのマスに到達した時点で対応する枠内に入ってない場合、得点タイルが失われる。トップに遅れず付いて行けよ系。
ロレンツォに比べると大分緩くなったもんだw。

あとリーダーカードもあるよ。

そんな感じでロレンツォっぽくはしてるけど、正直プレイ感は別物。
キツさはそんなないかな。
自分が取れるカードのレベルは決まってるのに、欲しい色の欲しいレベルのカードは1枚しか見えてないので、誰かに先に取られるとかなり計画が狂う。
色気にしないなら動きようはあるが、リーダーカードで色指定されるから狙いたいしね。
相手の手元見て、どのカードを狙ってるかを把握する必要がある。
まぁどの色でも取れば得点にはなるので、諦めも肝心。

今回配られた中から選んだリーダー2枚は、払うお金コストが1安くなるリーダーと、資源で白玉が紫として扱えるやつ。
どちらもカードの色指定で、黄色カード被ってたので狙って出しに行く。
だが、最初に獲得したカード2枚がどちらも宗教進めるやつだったので、資源やりくりできなくて辛いw。まぁ狙って取ったんだけどさw。
基本の資源所持数が各種最大3個なのに対してレベル2から4つ5つの資源必要としてくるからね。
上手く生産で所持上限非カウントの資源貯めないとカード取れない。
なんとか無理くり2:1交換でお金得て、棚にお金3つ貯めて、リーダー効果で1金安くして5金を達成。
そこからもう1枚のリーダー狙って、取れたカードが運よく従者払って宗教進めるやつだったのでリーダーとの相性が良い。
リーダー効果で従者3つ取る→カード効果で従者1つで2宗教、従者2つで軍事2つと2宗教、軍事1つで2金2宗教とループ組めてあとはそれの繰り返し。
十分数撃つ前にキョウさんが7枚達成して終わったが、なんとか勝利。
前半宗教上げれてたから得点全部取れたのが幸いしたね。

なかなか面白かった。ロレンツォっぽさは求めない方が良いけどw。
上手くリーダー効果が噛み合うと強いが、取れるカード次第ってのもあるからな。
本家よりはリーダー出すの狙って、効果活用に繋げるのは難しいかも。今回は上手くいったが。
良作だが、ロレンツォほどのやりこみ系ではない気がする。
とりあえず買うのは急がなくていいかな。

ただ、カードゲームではないよなぁw。

結果:レン 57○、キョウ 49、ヒゲ 47、どん 46



IMG_8399
「ジェットラグ / JetLag」 Eric Flumian作

持参初プレー。
ちょっと使いたい場があったので先日バネストで購入。

1人が問題を連続で出し、他の人が答えるが、答える質問は1つ前に出された質問。
正直クイズ界では結構前からやられてる形式の変化球クイズ。

前の問題を覚えておいて、それの答えを考えながら次の問題を聞き取らないといけない。
マルチタスクが苦手な人には辛いゲームだ。俺だよ!
いやね、マルチタスクにも同時進行と細かく区切って交互に進行の2種類があると思うんだけど、私前者がとても苦手。
後者はそれなりに得意なので処理能力は高いと自負してるんだがね…。

さて、ここで問題点。
このゲーム、問題の質が非常に悪い。
問題によってかなりバラツキがあり、基礎知識が必要なものとか、ジェスチャーとかもあったり。
写真の一番上、仲間外れはどれ?なんだけど麦茶・烏龍茶・紅茶。
正解は原料が違う麦茶なんだが、これ別解どうとでも作れるよな。
烏龍茶だけ漢字三文字とか。
せめて「麦茶・烏龍茶・紅茶、原料が違うのは?」とかしてくれないと。
あとブリーチーズとか知らんしな。

てな感じで皆でうーん…。

ちなみにどんさんは1問目のドラえもんのしっぽの色が分からなくて終了w。

遊ぶ際は問題良く精査して、面白そうなやつだけ遊ぶことをお薦めする。
ローカライズするのはいいんだけど、問題の質もチェックしてくれよ!

結果不明:レン、キョウ、どん

ジェットラグ 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-09-15




IMG_8400
「ファーストスロース / Faultier」 Friedemann Friese作

こちらもヒゲさん枠エッセン新作。初プレー。

いち早くチェックポイント9か所中8か所を回って自分の色の葉っぱを集める。
ただしプレイヤーはナマケモノなので自分では動けず、他の動物に運んでもらうよ。

手番ではまずカード取得。
並んでるカードから各種1枚まで取る。取れる枚数は最初3枚だが、葉っぱ集めるほど減っていく。
んで、その後1種類の動物のカード好きな枚数使用。
書かれた数字の合計分その動物を動かす。
最後に手札制限適用して終わり。

カードは取られる度に段々と数字が大きくなっていくが、使ったカードは山札の下に入るので、1巡してからは全プレイヤーの動向次第。

んで、動物を動かす際に、1マス以内にある自分のナマケモノを拾って貰い、移動先で1マス以内に降ろす。
動物によって移動できるマスと効果が違ってる。今回いたのは、
ロバ:水以外入れる、山は歩数使わない、数字小さめ
ウサギ:草原のみ、合計値に2プラス
キリン:草原と水、2歩先に降ろせる
イルカ:水のみ、歩数多め
人間:歩数3につき村と村の間を移動
オランウータン:直接ナマケモノを運べないが、2歩使って3歩先にぶん投げる。他のオランウータンと歩数割り振って動いて、連続投げ可能

てな感じ。

初期位置は手番逆順に選択なので、ウサギが近い所取ったが、ボード中央上端だったので、ルート組み辛くて失敗だったな。最初は端が良かった。
3つ取るまでは順調だったが、その後、最も近い所がロバか人しか入れないような場所だったので、ロバが遠くにあったのもあって、行きづらい場所。
なので結局さっき通ったルートを帰ることになってかなり手損。そのまま負け。
一度遅れると巻き返しは辛いね。

手近な動物のカード取って移動しながら、いずれかのカードを溜めて一気に大移動狙うのが強い手。
人間とかオランウータンとかコンボ性高い感じのやつを。
運の要素がないし、他人の動向で使いたかった動物動かされたりで計画狂うので、実は結構ガチなゲーム。
人数多いと特にね。

フリーゼっぽい毒はないが、ヒネリは聞いた良作でした。

結果:レン 6、ヒゲ 8、どん 6、do 8、キョウ 8○




IMG_8401
「インスラ / Insula」 Radim Jurda作

持参初プレー。駿河屋にて。
アートワークが最高の半協力アドベンチャー。

手番では基本1アクション。2アクション目するなら1エネルギー消費。
移動、花カード使用か引く、回復、呪いを解く。
移動は隣接するマスに。空白だとタイル引いてね。棘の描かれたルート通ると2ペナルティ。
ペナルティは2喰らうごとに呪いが降って来て任意のアクション1つが封鎖される。
花カードは花畑タイルでのみ引けるよ。アクションで使う黄色、戦闘で使う赤、特殊の緑。
回復は疲労状態のエネルギーコマを3回復。
呪い解くとアクション封鎖解放できるが、カードのテキスト処理して自分や全員に悪いことが。

敵のいるマスで移動終えると、全員アクション終了後に戦闘。
敵の戦力以上のエネルギー消費すれば倒せる。
複数人で戦う場合、秘密裏に戦力決めて同時公開。交渉OK。
倒したら経験値獲得。複数人だと最も戦力高かった人にボーナス。
負けると相手の強さに応じたペナルティ喰らう。

ダイス目で月が出る度に時間マーカー進んでいって、振り切る前にボスを倒せば勝ち。
複数人で倒した場合は消費戦力高かった人が勝ちだ。

システム的にはよくある感じの協力型アドベンチャーなんだが、
特にイベントとかないので淡々と処理してる感じはある。

最初どんさんだけ違うルート行って、しかも敵が出まくって辛い感じ。
その隙に他4人はぐいぐい進んで。
あ、これ月斎さんがplaygameに書いてたのと完全に同じ流れだw。
まぁ別ルート行ってたのがまだ救いか。後ろ追いかけても最大1歩しか進めないから完全に追いつけないからねw。

経験値稼いでトラック1周すると時間マーカー1マス戻すかエネルギー1つ増やせるんだが、誰も時間戻さずにエネルギー獲得して、時間切れで全員負けで終了。おいこらw!

まぁ普通に遊べるゲームではあったけど、とりわけ面白くはないなw。
良いB級ゲームだった。

EJp5veVVAAABNJY
EJp5vZ6UUAASqZl
このアートワーク最高じゃねw?

結果:負け:レン、どん、キョウ、ヒゲ、do




おしまい。




IMG_8402
王将食べて帰った。
個人的に王将ってそこらの中華飯店より下なんだけど、人気あるの何で?