3連休にShun.さん主催の愛川合宿に参加。
おずさんカーで神奈川までビュビュンと。

愛川合宿はマッツさんのしか行ったことなく、Shun.さん主催のにも以前誘われたが行けなくて、今回初参戦。
マッツさん主催のは最近TRPG色が強くなっちゃってあんまり参加意欲がなぁ。
10月に開催予定だったけど台風で流れて、まさかの今回同日バッティングだったが、人数集まらなくてお流れに。
日程もあるが、ボードゲームしたい人はボードゲームがより立ちそうな方に行っちゃうのはしょうがないと思う。
両立は難しいよ。

基本的に自分は関東の友人と遊びたいから遠征するので、そこら辺の人が来ないと食指が伸びないしね。
Shun.さんの方も半分くらいは面識ない人だけど、いえろ~さんやまーさんがいるので遊び相手には困らなさそう。


さて、今回の旅程。
恒例のさわやかはそこまでモチベーション高くないので、んじゃ相模原にとんかつ食べに行こうと。

IMG_9209
というわけで車で4時間ほど。早かった。
そこから40分くらい並んで入店。

IMG_9211
この分厚さ!食べ応え抜群!
思えば以前ヒリュウさんと来たのが6年半前。
人気衰えず続いてることに感謝。


IMG_9210
前回気になったポークソテーを注文。6年半越しの念願。
半分ずつおずさんと交換して食べたよ。
ちなみに食べきるので精いっぱいの量。

いやぁ美味しかった。満足。


そっから1時間くらいで愛川へ。


IMG_9212
毎度毎度合宿のたびにやらかすのだが、荷物重すぎてたどり着くまでに体力使って死ぬw。


IMG_9214
持ち込みはこの一角。麻雀牌と麻雀マットが特に重い原因だ。


しばらく体力使って死んでたのでゲーム始めるまでにラグあり。

しばし後、回復してきたので遊ぶよ。



IMG_9215
「ジャストワン / Just One」 Ludovic Roudy, Bruno Sautter作

持参初プレー。
協力お題当て。

回答者以外がお題見て、それぞれヒントを書く。
出題者に見せる前に公開して、被ったヒントは伏せられる。
残ったヒントだけを見て回答者は答える。

正解で1枚クリア、パスすると1枚捨て、誤答は2枚捨て。
13枚のお題中何枚クリアできるかの勝負。

写真のはマグロがお題。
『大間』って書こうとして間違えたw。
他に『おうま』って書いた人もいたから、きちんとかけてれば消えてたかな。結果オーライ?

シャイベンクライスターと同じく、ド直球狙うか、変化球で攻めるか。
全員が変化球だと伝わりにくいから誰がどの路線で行くかが悩ましい。
でも暗黙の了解で常に直球な人が分かっちゃったらあまりゲームにならない気がするな。
まぁそういうものか。
1問目見て直球の人と変化球の人で以後も推し進めた方が良い気がする。

なるほど、まぁそりゃおもろい。

結果:レン、おず、Shadowflame、しゅん、たあぬぬ 9



IMG_9216
「打天九」

まーさん持参のミニ天九牌。
天九牌で打天九やるのは数年ぶりだ。よち犬さんの打天九リメイクばっかやってるからな。
何度やっても天九牌の構成が理解できなくてな…。
慣れなんだろうが、そのプレイアビリティの低さからリメイクの方でいいやってなる。
いくつかルールは削られてるんだけどね。出来役とか。

伝統は伝統として好きだが、プレイアビリティ損なってる伝統は悪しき風習だと思う。
バックギャモンのボードの分かりづらさとかさ。

インデックス付きの打天九牌作ろうぜ。
そしたら打天九も遊びやすいし鹿狩りも遊べる。

結果:レン -39、まー 55〇、ゆい 23、Shadowflame -37



IMG_9217
ここで夕食。え…?早くない?
まだトンカツとポークソテーでお腹膨れてるんだけど…。

まぁ愛川だといつものこと。
かなり少なめにしたら非常に貧相な食事になった。
題して北朝鮮の給食。
本来はまぁ日本の給食くらい。



IMG_9218
「モンテーニュとの旅 / Voyages avec Montaigne」 Serge Comba, Ivan Jacquemard作

持参初プレー。去年か一昨年かにゲムマのフリマで買ったやつ。
マイナーなタイトルだが、持ち込み表明したらけがわさんとまさかの被り未遂。

カードには都市名が書かれていて、あとアイコンだったり本の巻数と章名だったり。
手番では今いる都市と別のカードだして移動するか、今いる都市出して滞在して1枚補充か、2枚補充。
遠くの都市に移動するにはコストとして手札捨てる必要がある。
一度出した都市を出た後に再度戻ることはできないので、なるべく貯めてから複数出したい。

終了条件は3種類ある本を1枚ずつ以上出して、出発地に帰ること。
帰った順に得点が貰える。
またゲーム中に達成条件でタイルの早取り。3冊ある本のいずれかを完成させたり、各色アイコンを3つ以上出したり。
他の人より早く達成したいが、都市の関係で出すのが難しかったり。

なかなかシンプルだが、悩ましくて良い。

なおカードに書かれてる文章は全部フレーバーなので言語依存は都市名と章名だけよ。

結果:レン 13、おず 23〇、まー 2、いえろ~ 7



IMG_9219
「クアドロポリス / Quadropolis」  François Gandon作

先日も遊んだクアドロポリス。やはり未プレーの人多いね。
今回は4人プレー。3人に比べると並んでるタイルは多いが、置ける列が少なくなって厳しさが増して良い。

個人的にはかなり好みな重さと悩ましさのバランス。
上級も遊んでみたいな。

結果:レン 52、まー 51、いえろ~ 58〇、おず 53



IMG_9220
「クリプティド / Cryptid」 Hal Duncan, Ruth Veevers作

遊びたいって人がいたので。

3人までは条件確定したんだが、あとの1人が分からなくて、勘で2択に絞った条件の片方狙ったら外して、直後に正解されて負け。
うーむ、惜しい。

なお、おずさんの条件は初期配置間違えてやりなおした時点で判明してたw。

日本語版出たのは良いね。
箱の側面の1つが本の背表紙になってたのは箱サイズでシリーズ化してるのかな?
これルドフィールに出ますよ。

結果:レン、いえろ~、おず、遊理 〇、じゃにー



IMG_9221
「ショウビズ / Showbiz」 Derek Carver作

持参初プレー。
ドイツ語版で英語ルールさえないので、dinoさんにカワダかどこかの訳貰ったが、なんか色々怪しい…。
言語統一がされてないし、チップを取ったプレイヤーって誰の事かが不明。

手持ちのディスクが世の中の需要とどれだけ一致してるかで得点が入る。
ディスクの獲得は競りで。
手番プレイヤーは引かれたディスクから1枚を取る。
他のプレイヤーはそれにチャレンジして横取りできる。
同時にお金を握って公開。同額握ってれば手番プレイヤーが、そうでなければチャレンジしたプレイヤーがディスクを取得。お金は両方支払い。
なので基本はチャレンジした方が有利。
欲しいのは自分で取りに行くより誰かのを取りに行く方がいいのか?
複数人がチャレンジした場合、最大額握った人が取る(手番プレイヤーが同額握らなければ)ので、ライバル多いと辛いが。
獲得したディスクは自分で何ラウンド持ち越すかの寿命を設定する。途中で捨てるにはコストがかかるので適切な寿命を決めたい。
ボードには先のラウンドの需要が見えてるのでそれを見て寿命を決める。
ただ、ダイスの振りによって需要がそのまま残るか、消えるか。
ここんとこがちょっと微妙だなぁ。需要が変わると計画がいきなり狂う。

ルール見るに人数居た方が良いかなと6人でやってみたが思った以上に時間かかって申し訳なかった。
結果途中打ち切りに。

うーん、正直期待したほどの面白さはなかった。
人数少ない方が面白さも増すのかな?敵が多いとしゃがむタイミングも難しいしね。

結果:途中終了:レン、まー、じゃにー、おず、いえろ~、たあぬぬ


この後は風呂入ったり。
コロナウイルスの影響もあってか、利用客少なかったのか風呂のフリータイム長くて楽だった。
いつも30分だけで烏の行水だからなぁ。


IMG_9222
「麻雀」

湯上りに麻雀。

半荘2回やったが、満貫以上を1回しか見てないw。
いやぁクソゲーだった。しょっぺぇ。
この麻雀牌、赤入ってないからなぁ。

あ、百円玉置いてあるけど起家マーカーなのでw。賭けてないぞ。
別に抵抗ないというかボドゲ始める前は毎回賭けてたんだが、ボドゲ始めてからは賭けなくなったなぁ。
面子の問題だろうか。

結果1:レン -10、いえろ~ 1、まー -13、おず 22〇
結果2:レン -5、いえろ~ -11、まー -13、おず 29〇



IMG_9223
「ディ・クルー /  Die Crew: Reist gemeinsam zum 9. Planeten」 Thomas Sing作

持参品。
全員経験者だったからちょっと飛ばして20からスタート。
13くらいまでしかやったことないけどな…。毎回そこらへんで終わるもんで。

20台になると中々一筋縄じゃ行かない難易度。
何度かごっちゃんゴールもあったが、クリアできるときはできるし、死ぬときは死ぬ。

25面まで行ったが、5回くらいは失敗してるかな。もっとか?

結果:レン、たあぬぬ、じょにー、しゅん




これで一日目終了。

3時くらいには寝たよ。健康的!