半クローズの刈重会。
時勢的にも人数は少な目。
そして刈谷勢少ないw。



IMG_9412
「マネージャー / Manager」 Burkhardt Münchhagen, Peter Pfeifer, Waltraud Pfeifer作

遊ぶの何年ぶりだろう。7年くらいか?

全員が欲しい金額をダイヤルでビッドして、低いビッドした人から順にお金貰えるが前の人と1000ドル以上差額が空くとそれ以上の人は貰えなくなる。
JAGA作のマネージャがの元になったゲーム。

その後手番順に機械の購入と株の売買。
機械は1つ5000ドルで買って、1つにつき収入が500増える。
株は誰のでも買えて、ビッドの低い順に0、1、以後2と株価が上がる。収入なかった人は株価が下がる。

序盤でうまく動けて機械の数はトップだったが株にお金割けてなくて、自分の株買いまくったすぐりさんが株価マックスになった後売って、一度に機械マックスまで買って終了。
もっと株に注力すべきだったのと、途中キートンさんと機械数が並んだ時点で二人で協調して他の人の株価下げまくるべきだったな。
機械数3つ以上離れてると他の人が最安ビッドしても収入貰えないってプレイができるので。
まぁそれやると確実に他の人脱落だから、あまりマナーの良いプレーとは言えないからな。

こんなゲームだったか、プレイ感ほとんど覚えてなかった。

結果:レン 45000、きっと、すぐり 51400〇、キートン、アッキー


IMG_9413
「チョコレート会社 / Schoko & Co.」 Yves Hirschfeld, Gilles Monnet作

持参初プレー。これも長く積んでたな。

チョコレート会社の社長になってカカオの仕入れからチョコ生産、そして売却。

まずは手番順に従業員を雇う。
労働者はカカオをチョコに加工、セールスマンは売却権獲得、秘書は売却契約を売り上げに、会計は売上の処理。

次にカカオの仕入れだが、世の中の流通量を各プレイヤーが決めれる。
最大で自分の空いてる倉庫数まで。順にいくつ供給するかを宣言。
全員がマックス値で供給すれば全員最安値で手に入る、が他プレイヤーにも美味しすぎる。
カカオは5つの山に分けて、各山ごとにビッドしていく。
各自紙に欲しい個数と単価を書いて、書いた単価が高い人からその数購入。
これを5回繰り返す。
その後手持ちのカカオをチョコレートに加工。労働者1人につき3加工。
んで販売。
売却カードをめくり、個数と初期値と最大値が提示される。
その売却に参加するかどうかを宣言。最大参加回数はセールスマン1人つき4回まで。
売却できなくても権利は消費するので、どこに参加するかは慎重に。
スタPから順に初期値で売るかを決定、全員拒否したら銀行係が値段を100~500釣り上げて再度時計回りに聞く。
銀行係はスタPの右隣。不思議な役割だ。
売ったらそのお金は手元には来ずに、ビニールバンドを付けて秘書に回される。
秘書1人つき1つしか処理できないので、複数落札するなら複数雇いたい。
秘書が処理した契約は会計係に回される。会計は1人つき2契約を処理。それでようやく収入に。

従業員は雇ってる全員に給料払う必要があるので、上手く活用して収入得ないとお金が足りなくなる。
雇い止めするにも給料の半分が必要。

カカオの供給量がプレイヤー依存というのが何とも危うい。
何人かが締めにいかないと場がインフレしてセールスマン多くて売る機会多い人が強くなりそう。
だが締めすぎるとカカオ買えなくて収入ゼロになる可能性もあるし。難しい。
売却は参加権多い人が強いが、参加券少ない人は多い人がチョコを売り切るのを待ってれば自分にも売る機会は来る。
場がインフレしてると全員のチョコ在庫が多くて売り切るのも大変。
しゃがんでても他が涸れないので、どこかである程度安く売らないと。

特に序盤でカカオが買えないと何も出来なくなるってのは危ういところ。
正直ゲームバランスが良いとは言えない。
また、ゲーム開始時に配られるイベントカードがかなり凶悪なものが多く、時代を感じる。

今回6ラウンド戦にしたが、十分それでも長く感じた。
12ラウンドとか辛いだけだわ。変化に乏しい。

興味深いゲームではあったが、面白いとは思えないな。もう1回やることはなさそうだ。

結果:レン 602000〇、おず 533000、中毒者 542000、すぐり 549000



IMG_9414
「ダイスアカデミー / Dice Academy」 Yannick Gobert作

持参初プレー。時間潰しに。

ジャンルダイス5個振って全員で確認、その後頭文字ダイス5個振って早い者勝ちで頭文字ダイス1つとジャンルダイス1つを取り、当てはまる言葉を宣言。

ダイスでポンとか、ワードスナイパーとか、それ系。
分かりやすいね。

結果:レン 〇、キョウ 〇、おず、中毒者、すぐり



卓待ちしてたら取り残されたり、あまり好みでないゲーム立つから抜けたりで、寝不足気味だったので寝てたら中途半端な睡眠で逆に頭くらくらしてしばらく休憩。

1・2時間くらいぼーっとしてた気がする。
別に体調が悪いわけではないが。脳が死んでた。


IMG_9415
「ポルタニグラ / Porta Nigra」  Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

持参品。久々に遊びたくなった枠。

手番では手札2枚のうちどちらかを出す。いくつかアクションが描かれていて、またアクション数も描かれているのでその数選んで実行。
基本の流れはレンガ買って建築。
各色のレンガはボードの4ブロックのうち特定のブロックでしか買えないので、隣の色が欲しければ1金払って隣のブロックに移動して買う。
買ったレンガ使って建築。各ブロックにより得点条件が異なり、必要な色や戸数も変わる。
建てたいブロックにお金払って移動して、レンガ使用して建築。
段数別でマジョリティだったり、置く列ごとにマジョリティだったり、どれを狙うか。
また各ブロック3つ置くごとにボーナスがあるのでそれも狙うのと、特定のブロックで特定の色建てると得られるボーナスカードが場に並んでいるのでそれも目安に。

久々に遊んだが面白いね。
見た目以外にあまり大きな特徴のないゲームだけどw。

結果:レン 176〇、すぐり 176〇、キョウ 143、中毒者 130




おしまい。


IMG_9416
黒川のハヤブサ。