今週もきっとくん宅で。
面子は3か月ボドゲしてないエースさんと先週TSGCで知り合ったゆうさん。
ゆうさんは大阪から名古屋に来たばかりなので、積極的に誘ってクローズ面子確保していく所存w。
ゲーマー度はあまり分からないが、テーブルオンに揉まれてきた勢なので大抵のゲームは大丈夫だろうw。



IMG_9629
「アクワイア / Acquire」 Sid Sackson作

久々に。エースさんといえばアクワイア。

流れで中高1つずつ買ったうえにインペにつぎ込んでお金がショート。つらたん。
ど真ん中にアメリカン始めたはいいけど中々飲まれないし。
エースさんと共謀してやっとインペにアメリカ飲ませてなんとか頑張る。
持ってない株の合併タイルばかり引くの止めてほしい。まぁ他人に引かれるよりマシなんだが。

その後再発したアメリカンは1位タイ確定の残り枚数だったが、ホテルが大きくならず、1位タイと2位に700の違いしかなかったので、いっそとなりのコンチを飲ませて大きくする。
2:1交換されて2位になるけど1位タイより伸びるので。1位の人は儲かるけど。

急所引いて持ち殺したラグザと最大になったタワー買えなかったのが響いてドベ。
なかなか僅差の試合だった。アクワイア楽しい。

ところでエースさん初手設立率低すぎませんかねw?

結果:レン 34200、ゆう 38100〇、エース 37300、きっと 35300




IMG_9630
「フリークショップ / Freak Shop」 Henri Kermarrec作

持参品。先週やって軽くてよかったので。
決算条件変わるとどれくらい変わるかと思って。

ランダム引きしたら3枚中2枚前回と一緒だったんだけどねw。
「合計値/10の得点」が「各数字ごとにマジョリティで5点」に変わった。
だがこれだけでプレイングがかなり変わった。
特にランクごとの枚数把握が必須になった。
12引く各ランクが枚数になってる。8なら4枚。
マジョリティタイは双方満額なので、できるだけマジョリティは維持したいが、高ランク出して低ランクをかっさらいたい。

ゲームシステムが至極シンプルな分、決算条件変わるだけでこれだけゲームが変わるのかとびっくりした。
なかなか他のゲームでは得られない感覚。よろしくてよ。

結果:レン 51、ゆう 53、きっと 67〇、エース 46



IMG_9631
「ラインレンダー / Rheinländer」 Reiner Knizia作

持参初プレー。
クニツィア式アクワイアといわれる作品。
アクワイアやるってので被せてみたw。

手番ではカード出して紋章置くだけ。
表で出して数字のマスに置くか、裏で出して任意の自分の紋章の隣で他人の紋章の隣でないマスに置く。
2つ以上の紋章が隣り合うと領土を形成して、マジョリティ取ってる人が公爵コマを置く。
つまり裏で出せばワイルドで置けるが、他人の領土を合併できない。
合併したいなら表で出してね。
合併すると紋章数少ない方が飲み込まれるが、その時点での領土の価値分の得点を貰える。
公爵コマ1点、建物タイルで1~4点。
ゲーム終了時まで残ってれば公爵コマもタイルも全て5点になるので、途中で飲ませるか最後まで残すか。
アクワイアと違って資金はないのでショートしない。
大きい領土作って奪われにくくするか、小さい領土いっぱい作って終了時点数大量に得るか。
だが小さい領土は奪われやすいぞ。奪って奪われてで途中点稼ぐのも良い。

なんか左端できっと君と殴り合ってたらエースさんとゆうさんが右の方で悠々と領土複数取ってエースさん勝利w。
まぁそうなるわなww。

正直まだこれからってところで紋章尽きて終わったんだけど。
数間違えてないしなー。なんか残念。
もっとバチバチに殴り合うべきなのか?

チグユー苦手だからこれもそんな好きでもないかな。
やっぱクニツィアはそんな合わん。

結果:レン 36、きっと 43、エース 60〇、ゆう 51



IMG_9632
「レーベンヘルツ 新版 / Löwenherz」 Klaus Teuber作

持参初プレー。中世騎士繋がりで。
エッセンで買ったけど遊んでなかった。4年積んでたな。
旧版は以前買って1回遊んで売った。というか元々売るつもりで仕入れて1回遊んだ。
導入ルールだったうえにルール間違えてたので正確な評価できなかったけど。

初期配置で全員城3つとその隣に騎士コマ1つずつ配置。
カタン周りでないのは何故かしら。

手番では手札1枚を場に売るか、必要なお金払って使って捨てるか。
その後1枚補充は山から引くか、場のカードを拾うか。

カード出したら描かれたアクション。
壁を置く、騎士を置く、他人の騎士寝返らせる、領土広げる、同盟組む。
壁で区切ったエリア内に城が1つだと領土を形成。
序盤はとりあえず壁置いて領土を作りに行く。
領土が出来たらそれを広げていくか、別の領土を作るか。
領土広げるのは誰の領土でもない場所は無条件だが、他人の領土へは相手より多い騎士数が必要。
同盟組むと相互不可侵になるが、それに1手番とお金かけていいものかどうか。

とにかくお金が厳しく、序盤は1枚売ってやっと1枚使えるくらい。
自転車操業脱するために収入が欲しい。収入は領土内の鉱山の種類数。
なのでまずは鉱山が取りやすい所、かつ領土形成しやすいボード端を狙っていく。

面白いのが置くのは境界線なので、その向こう側が誰かの領土になるところ。
壁を置くことが相手の利にもなる。できるだけ鉱山や森はこちら側に収めたい。

後半は騎士を増やして守りを固めつつ相手の領土を奪うか、騎士数勝てなさそうな所は同盟で守って他を伸ばす。

なるほどこれは面白い。
誰かが一定得点取ったら終わりなので、後半はひたすら殴られる。つか殴られたw。
最後騎士2つ増やして、村奪い返してで、カード切れ終了。勝利。

正直旧版遊んだ記憶がほとんどないんだがw、手番順にアクション選択してバッティングしたら交渉ってのは覚えてる。
順出しのバッティングなのであえて被せにいってお金巻き上げるってのがえげつない。
そっちの方が重厚なのは分かるが、個人的には新版くらいのが丁度良い。

まぁどこかで旧版もまた遊んでみて再評価したい。

結果:レン 26〇、ゆう 9、エース 20、きっと 18



IMG_9633
「ザ・マインド / The Mind」 Wolfgang Warsch作

エースさんが未プレーらしく、ガキ使で見て気になったと。
初回プレーで普通に最後までクリアしたからそこでほぼ満足してそれ以上遊んでない。

特に手裏剣ルールとか無視して4ラウンドくらいまで。
攻略法などは触れずにやったが、数字1違いで1ミスしたでそこまで行ったよ。

個人的には攻略法ありきのゲームなので、別に隠す必要ないと思うんだが、まぁ一応伏せておこう。
そういうの模索する楽しみもあるだろうし。

ザ・マインド 日本語版
アークライト(Arclight)
2018-11-08




IMG_9634
「スクエアオンセール / Square On Sale」 Taiju Sawada作

持参品。以前3人で遊んだが4人は未プレー。

落札までに2ターンかかる時間差競りと挟んで塗り替えるオセロ陣取り。
中央エリアに入札したお金は1ターンに1つずつ返ってくるが、辺エリアは入札パスしないと返ってこず、角エリアは永遠に返ってこない。
人が置いたエリアも再入札できるので急いで高入札するか、後から低入札するか。
他人に上書きされると経過ターン数込みで権利奪われるのが面白いが辛い。

やはりよく出来たゲーム。研ぎ澄まされたルールの美。
新版出た今、もっと海外にも売られていいと思うの。

お仕事感はある程度あるゲームなので、技量の近いゲーマー同士で遊びたいね。
ともすればキングメーカーになりがち。

個人的には4人よりも3人の方が好きかな。
所持金と戻ってくるお金の算段が立てやすい。

最後エースさんが何故かこっち殴ってくるからー。
下家のきっと君止めてよー。

結果:レン 14、ゆう 12、エース 10、きっと 41〇


IMG_9635
「ラトルボーンズ / Rattlebones」 Stephen Glenn作

持参品。久々に。

ダイスフォージよりも前に出たダイスビルド。
ダイス振って、コマ進めて止まったマスのフェイスを獲得してダイスにセット。
複数振りが出来る目や様々な得点条件の目があるよ。

まぁそれだけで要はどの得点手段が一番儲かるかなんだけど、結局はダイス運なので緩い。
だがその緩さが好き。

きっと君から「今日一!」頂きましたーw。

結果:レン、ゆう、エース 〇、きっと



IMG_9636
「セット / SET」 Marsha J. Falco作

お約束。

実はそれほど得意じゃない。

結果:レン 6〇、きっと 6〇、ゆう 6〇、エース 5
セット (SET)
SET Enterprises





おしまい。


IMG_9637
ら・けいこ。揚げチャーシューが美味い。