名古屋の会でたまーにお会いするラスカル先生主催のボドゲ会。

比較的ライト寄りなので参加してなかったけど、今回他に会がないのと知り合い数人参加してそうだからなんとかなるやろと参加。



IMG_9738
「マンスキーケイパー / The Mansky Caper」 Ken Franklin作

初プレー。
バーストゲーというかPress your luck系。運ゲーともいうw。

金持ちの家に集団で忍び込んでお宝を盗むw。

部屋には金庫の形の箱が置いてあって、お宝・イベント・爆弾のチップが入ってる。
手番では任意の部屋に移動してチップを引くか、車に戻って手持ちチップを確保。
引いたチップにお金が描かれていたらその部屋にいる皆で山分け。
爆弾引いたらダイス振って、出目によって自分だけお宝失ったり、部屋ごと爆破されたりw。
なお、最後の1個の爆弾引いたら強制部屋ごと爆破w。
まぁ爆破されても部屋なくなって、手持ちのお宝捨てて、車に戻るだけだがね。

最初は部屋が2つしかないが、金庫から引いた鍵を使うことで新しい部屋を開放できる。
したらば最初の1人なので引いたお宝は独り占め。鍵は3金の価値なので元が取れればいいが。

あと特徴としてはキャラ能力。
能力は自分では使えずに、やりたい能力持った相手に能力トークン渡して発動。
お宝2個引いたり、2個引いて1つ選んだり、爆弾戻したり。
1手番で1回しか使えないので、引く数増やすか保険かけて残しておいて爆弾に備えるか。

お宝いっぱい持った人が車に帰る前に、よってたかってその部屋に押し寄せてわざと爆弾引いて部屋ごとその人吹っ飛ばしに行くのが酷いw。
目立ちすぎると殴られる好例ですねw。
まぁシステムがそうしろって言ってるんだもの。
そういう時に限って爆弾引かずにその人の懐が更に潤っちゃったりするんだけど。

お宝じゃらじゃら持ってるゆうさんにまさか帰ったりしないよねぇ?って煽ってたらノリでつっこんで爆死したw。
いや、帰っとこうよw。言っといてなんだけど。
その隙にしれっと自分はお宝持ち帰ってるから酷いやつだな!俺だよ!

まぁノリで楽しむには良いゲーム。

結果:レン 33〇、ラスカル 19、夢魔 16、ゆう 22、プリン 32、ごる 22







IMG_9739
「シャドウブロックス / Shadow Blocks」 Jeppe Norsker作

持参初プレー。ウルトラプロのゲームってちょっと珍しいね。

カードに描かれた三面図を見て、そのシルエットに一致するようにブロックを積む。
システムとしては倦怠期のNo Later Thanそのまんま。
ただしこちらはブロックの数が違って、ビギナーで3つ、マスターで4つ、クレイジーでは最大5つ。
なお、クレイジーだけはどのブロックをいくつ使うか描かれてないよ。

思った以上に難しく、それが面白い。
これは良いパズルゲームだ。
No Later Thanはちょっと簡単すぎたのよね。3パーツだもの。

マスターレベルですら大人が数分うんうん唸ってやっと解けるレベル。
ラスカル先生は苦手そうだったけどw。

本来は1人1枚配って各自で解く。最後の1人だけ無得点。
ドベはビギナー、1点差はマスター、2点以上差はクレイジーってルール。

今回は初なのもあって全員同じカード見ながらビギナーから挑戦していったよ。
人の手元見ないようにしないといけないけどね。

いやぁいいゲームだ。気に入りました。

結果:レン 6〇、ひろ 6〇、ラスカル 1






IMG_9740
「八八」

ダメ元で募集してみたけど、やはり立たずに諦めて、その後空いてる人数が丁度6人になったのでじゃあさっきのやろうかって言って貰えて立卓。

わーい。

なかなかルール量が多くてインストが大変だけど、一旦覚えてしまえばシンプルだし超面白いよ。
なかよし村花札はいいよ。インデックスないと難易度が数倍。

今回絶場が1回あったけど他全て平場。地味だ…。

エースさんいたから自分が出てる時でも手札確認お願いできて助かった。
二人とも出たときはまぁ頑張れ!

八八楽しいよ、八八。
なんか北名古屋のボードゲーム会だといつでも遊べるらしいよ(ステらないマ)。

結果:レン 9.4、エール -23.5、ノリス -17.8、しのじ 28.8、ラスカル 0.5、エル -27.3



IMG_9741
「アトリエ / Atelier: The Painter's Studio」 AEG

初プレー。気になってたのでリクエスト。

絵画テーマのゲームは好きなんだが、ちょっと前に出たアートラインはかなり微妙だったので、これも買うの迷ってた。

流れとしては必要な色の絵具集めて、払って絵画取って得点。
フレスコの煌きw。

手番では手持ちダイスを全て振って、その中から好きな数を使用。
残ったダイスはまた次の手番で振る。全員が全部使い切ったらラウンド終了。
ダイスは出目によって効果が違って、
1・2:絵具工房に弟子駒を1つ置く
3:弟子駒を違う色の絵具工房に移動
4:弟子駒がマジョリティ取ってる絵具工房から絵具を1つ獲得
5:絵具を払って絵画を取得
6:任意の絵具1つ獲得
基本6が強いが、弟子大量に送り込んでマジョリティ取っておくと4のアクションで複数絵具取れて効率が良い。
手番で複数アクションできるので、3で移動して4ってできるのがね。
3の移動は各プレイヤーの弟子を1つずつ移動できるのでマジョリティ調整しやすい。
まぁそれでも3つ以上マジョリティ取るのは難しいので、結局6が強い感はあるが。

んでこのゲームの肝となるのは絵画カード効果。
ほとんどが永続能力や即時効果を持ってる。
今回自分が最初に取ったのは『グランドジャット島の日曜日の午後』。
クイズベタですね。何かもうこれ取っただけで満足したw。
効果は「以後、絵画取るコストが絵具1つ安くなる」。確実に強い。そりゃ狙う。
あと取ったのは「マジョリティ取ってる色の絵具1つ取る」とか「6の目で絵具2つ取れる」とか。
とにかく強そうな能力狙って取る。得点は低いんだけどね。

最後6の目出たら高得点カード取れる賭けしたら出ずに無事死亡。
んで僅差で負ける。妥協して安いカード取っておけば買ってたなw。
酷い舐めプだったw。

それほど新しさはないんだが、能力コンボが楽しいし、ダイス目の運もあって遊びやすい中量級だと思うよ。
そして何より絵画テーマがアガる!!
スーラ以外もミレーとかターナーとか有名どころばかりだったのでキャッチ―だし。
多分そのうち安くなったら買うだろう。
定価では、まぁ買わないかなくらいw。

結果:レン 40、しのじ 13、ラスカル 42〇






IMG_9742
「ライズ・オブ・トライブス / Rise of Tribes」 Brad Brooks作

持参品。
かなり前にキックして、一度だけ遊んだやつ。
それ以来遊んでなかったので久々に。
その為に最近日本語化したよ。

手番ではダイス2つ振って、それぞれを4種のアクションエリアにそれぞれ置かれた2つのダイスを押し出すように配置してアクション。
太陽の目が2つあればアクションが強化されて、月の目が2つあれば弱体化される。
振ったダイスがゾロ目だとイベントが起こる。

入植で人コマを自分の人コマある場所に増やして、移動でコマを移動させて、資源採取でタイルに合う資源得て、達成カード引く。
達成カードは特定の資源払ったり、特定のマスに描かれた数のワーカー配置したりマジョリティ取ったりで達成して得点と効果。
また、指定の資源払うと村を作って、手番開始時に村の数だけ得点。
誰かが15点取ったら終了なので結構すんなりと終わる。
公称45分だからね。見た目の倍は軽い。

一つのマスの人コマ上限は4つで、5つ超えたら戦闘。1:1で1色になるまで取り除く。
分かりやすいね。

際立った面白さはないんだけど、普通に良いゲーム。
この軽さを良とするか悪とするかは人次第。

勝ちに王手かけたラスカル先生の村が1周するまでに3つ潰されたのは笑うw。
こっちもあと1点だったんだけどなー。ちぇー。

結果:レン 14、ラスカル 12、しのじ 15〇
Rise of Tribes [並行輸入品]
Ad Magic%カンマ% Inc





おしまい。



IMG_9743
ら・けいこのつけめん。
細切りチャーシューとフライドチキンの肉の暴力。
美味いが、ちょっとキャパギリギリだったな。うぷ。