ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:まんまる

7/15 まんまる@船堀

毎度おなじみ一週間遅れのボドゲ会レポ。


7/15は船堀のまんまるにお邪魔しました。
前回小岩で短い時間しか参加できなかったのでリベンジ。

小岩では子供が多い印象だったがこちらは子供はおらず。
ボドゲガチ勢が多いかな。見た顔もちらほら。

気が付けば河原さんとは3週連続で戸塚・池袋・船堀といろんな場所で会っててw。 
草場さんは二日前にも小学校インストでお会いしたし、同じくかんちょーさんにも。

知り合い増えるのは嬉しいことで。
うへへ。


とりあえず着いて色々眺めつつ。
適当に空いてる人で卓を立てる。

・ Qwixx
IMG_20130715_122638
持参品。ヘビロテ中。
とりあえず軽いのやりたいときにはいいゲームだね。便利。
人の手番にもゲームが進むからダウンタイムもないし。

リスクヘッジというかチャンスを待つかどうかの選択がメイン。
運が8割、戦略2割って感じで子供でも大人に勝てる系のゲーム。
そういうゲームは特に好きです。 


・脱獄ゲーム
IMG_20130715_125419
持参品。せっかく覚えたのでまたやる。

先日も書いた通り、隣の人と色が被るかどうかが最大の山。
今回都合よく下家の人と1の船の2色が被ったようで(゚д゚)ウマーさせてもらいました。
結果オレンジと茶色が逆になっただけで5点ゲットで勝利。

初手ゲーだけどゲーム中の一進一退の攻防が楽しいです。


・くるりんパニック
IMG_20130715_131542
これが噂の8人用ww!!すげぇぇぇー。
パテで台座くっつけて自作されたようです。
mixiで写真見て気になってたのよね。

あいにくながら場は立たなかったので持ち主の方と自分と草場さんで両手プレーw。
いやぁこれ8人でやってみたいな。ちょっとスペース的に肩身狭そうだが。


・ダイヤモンスターズ
IMG_20130715_132531
少ししたら帰られる方がいたので手早く終わるのを。

はげたかのえじきに近いバッティングゲーだが、
1は5に勝つ、負けた札は手札に戻る、勝ったら山から補充、カードによって点数が違うなどピリリとアクセントが効いたいいゲーム。
はげたかよりもさっと終わる感覚。手軽にできていいです。


ちょっと面白かったのが↓

IMG_20130715_132624

まさか全員被るとはw。



・セット
IMG_20130715_133528
 最近お気に入り。といっても買えてないしやるの2回目だけどね。

場に並べられた札から
・色
・形
・数
・塗り
の4つがそれぞれ「3枚とも同じ」か「3枚とも違う」に当てはまる3枚のカードを探す。

こういう早い者勝ちパズルは大好物。

とりあえず売ってたら即買いする予定。でも売ってないのよね…。
そろそろメビウスに入ってくるって噂。


・カタンシナリオ「仲間のフリをした裏切り者」
IMG_20130715_145136
シナリオは初プレー。
相手に親切にすることで特殊効果のあるチップをランダムに引ける。
引ける条件は「盗賊を当たり障りのない場所に動かす」「負けてる相手に資源をあげる」と1チップ。
他の人の道に自分の道を繋ぐと、繋がれた方は1チップ、繋いだ方は3チップ。これがでかい。

チップの能力は5種類
・資源を1:1交換できる
・任意の資源を1つ取る
・道を1本引く
・2チップで発展カード1枚
・2チップで勝利点1点

ちなみに勝利条件は11点。
カタンやったことある人には分かるだろうけどチップの効果かなりでかいです。
なので積極的にチップを取りに行くべきで、狙うのはやはり道の接続による3チップ。

持ち主のたけさん(彼も初プレーだが)が上手くこれを狙いに行って気づけば10チップくらい持ってる状態…。
そしてなぜか3軒建ってる12を4,5回出される。苦しすぎる…。
ちょっと狙って初手で麦港取ってみたけどほぼ使わなかったし…。

最終的に6点持ってたたけさんがロンゲスト奪うと同時に勝利点になるチップ6枚公開して11点で勝ち。
やっぱりチップでかすぎるなぁ。完全に戦略を読み違えた。

それでもなかなか面白い。普段とは違うアクセントが入るのは新鮮でいいもので。
盗賊でチップ得る為に人を攻撃しないってのもいいね。
それでもトップにはヘイト値溜まっていくけどw。

4人プレーだったけど途中1人帰られたのがちょっと残念。
次回はフルでやりたいところ。
シナリオ興味出てきたな。


・ラッツィア
IMG_20130715_155517
持参品初プレー。シュテファン・ドーラの古いゲーム。
経験者の方がいたのでインストしてもらう。

ゲームとしてはマネーダイスに近い、というかこっちが原形なんだろね。
ラウンド開始時に6か所のカード上にお金が置かれる。
各自手札から各場所に対応する色のカードを伏せて出して同時オープン。
手札はランダムなので美味しい場所を持ってないことも当然あり。

カードは2種類。ギャンブルカードと警官カード。
ギャンブルカードは普通の入札カード、
警官カードは同じ場所にギャンブルカードが出てれば無条件で勝てる。
ただし、ギャンブルカードが出ていない場合は単独だとしても収入はなし。

んでギャンブルカードのみが複数、またはギャンブルカード+警官カードが複数のとき、
左上の数字が大きい方が賞金の分配の交渉をします。
交渉決裂時はバトル。お互いサイコロを振って自分のカードの数字との和が大きい方が勝ち。

つまりはカードの数字が大きい方が有利なので、数字が小さい方は相手の分配を受け入れて戦わずに降りることができる。
逆に言えばカードの数字で負けてても出目次第では勝てるのでどちらを取るか、まさにギャンブル。

勝者が現れなかった場所のお金はババンクのように持ち越されるので、当然次はおいしい場所に。
美味しい場所に乗り込んでいくか、ここぞと警官を出すか、それとも避けて他を攻めるか。
勝ちに行こうと警官を出したらギャンブルカードがいなかったり、全員警官だったりで面白いw。

バッティングゲームとしてはかなり面白い。これは買ってよかったね。
今回は6人プレーだったので次回は最大人数の8人でやってみたいな。


・ワードバスケット
IMG_20130715_162711
安定のしりとりゲーム。
カードがマットに同化して見づらいw。

結構初心者とやりこんでる人とで差が出るので、実はちょっと手を抜きつつ。
勝手に4文字縛りとかのハンデでやってたり。
そのうち周りも慣れてくるので普通にやりますが。

よほど気に入った方がいたらしく、その後1時間以上やられてましたw。



・クランカー
IMG_20130715_172337
持参初プレー。ウヴェです。
ルールもまだ読めてなかったので読みながらインスト。
ところがなんかおかしい…。説明とカードが合わない。
分かった。版が違うんだわ。帰ってBGGで見て確信したが、昔のだとペンダントとかイヤリングの絵柄で。
自分が買ったのは宝石柄。
どうりで「ライオンの首輪」とか見当たらないわけだw。
原文ルール見てもそれっぽい記述ないし。
あとルールも一部違いました。なので今回そこはスルーで。

ゲームのルールは
・手札から任意の枚数を展示(親から順に全員)
・手札から1枚ずつ金庫へ(親から順に1枚ずつ)、もういいと思ったら番号札を取る
・番号札の若い人から自分の展示品を金庫に入れるか、他人の展示品を1金で買って金庫へ
・金庫のカードは4枚で換金できるが、金庫に入ってる他のカード1種類につき換金額が1減る

面白のは自分が展示してるカードがある人は必ず人の展示品を買うか自分の展示品を金庫に入れねばならないが、
展示品が既に買われて無くなってる人は「何もしない」選択ができる。そしてそれをすると購入フェイズはそこで終わって後手番の人に購入のタイミングは回ってこない。

展示する目的は基本的に自分で金庫に入れるか、手札を回すために人に買ってもらう。
前者は2番目のフェイズでもできるが、自分の購入順に人の展示に欲しいカードがなかったりお金が足りないと自分の展示カードを金庫に入れなければいけないのでそれを回避でき、入金をスキップして番号をすぐ取ることで他人に奪われるのも阻止できる。
下手に売れないものを展示すると自分の首を絞めるので場の空気を読むのが大切。

カードを裏返すとお金になるシステムはボーナンザと一緒。
こっちの方が新しいからボーナンザのシステムを流用したのね。
河原さん曰く「ウヴェらしいゲーム」。

中々勝ち筋が分かりにくいが何回かやれば色々分かってきそうだ。


・コラプション
IMG_20130715_180139
しばらく積みゲー消化につきあってもらいました。
こっちも持参初プレー。フェドゥッティ。

入札型エリアマジョリティ。
各公共事業にお金を置いて入札していきます。最終的に合計金額が多い人が公共事業カード(得点カード)を取る。
特殊札が3種類
・ジャーナリスト:同じ列のお金を1枚捨てる
・法律家:その列は勝者なしになる
・暗殺者:特殊札1枚を捨てる
ジャーナリスト3枚で他1枚ずつ。ラウンドまたいで使い切りです。

そしてお金カードは列に置くほかに上部に横にしておくことができ、
これをするとジャーナリストに捨てれないうえに、全部のカードがオープンしてから2枚の公共事業どちらに割り振るかを決めれる。
しかし、金額は額面の半分になってしまう。 

全4ラウンドで、全員ラウンド数と同じ枚数目まではオープンで出し、以後はクローズ。 
なお上部に横にして出すときは1枚目でも必ず裏です。


入札型エリアマジョリティとしては非常に手堅い印象。
金額半分で安全策を張るのもまたいい味で。
中々熱い張り合いが展開されていたが、気になるのは特殊札がキングメーカーになることが多かったことかな。
どっちにせよ自分に利はないから印象攻撃になってしまう。
入札金と公共事業の金額合わせて、奪った金額が自分に入ってくるとかにすればよかったのかも。
したらば大きい金額を取る大義名分が生まれるし。

難しいね。
最終戦は法律家の張り合いになるので高いお金は取っておくのがよさそう。

それなりに手堅く、手軽に楽しめるゲームでした。
欲を言えばもう一声。


・ キャッスル
IMG_20130715_191909
またもや持参初プレー。またもやフェドゥッティ。
こちらはフェドゥッティお得意の効果カードのオンパレード。
4×4の中庭、4マス×4つの城壁、4隅の塔、城壁の外へのカード配置。
各カード置ける場所が決まっていて、置くと効果があるものがほとんど。
大抵の効果は
・攻撃系:指定のカードを持ち主の手札に戻す
・防御系:指定のカードを他のカードの効果から守る
・特殊系:手札交換やカードの持ち主変更など

山札と手札を最初に使い切った人が勝ち。
自ターンには2アクションで「1ドロー」「1プレイ」「1チェンジ」のどれか。

手札上限ないし、結局山札全部使うのが目的なのでドローしまくってるのが正解な気がする。
山札の上から相手に押し付けるとかあればまた違ったかも。

基本的には出して戻させての応酬。かなり間延びします。
カード枚数減らして3×3マスくらいの方が楽しめそう。
やりこめば戦略的に戦えるんだろうな。

ちなみにその場にいたけがわさん曰くクソゲーとのことw。
辛口ですなぁ…。


・クレニアム・フープラ
IMG_20130715_194205
初プレー。
協力型パーティーゲーム。

全員でお題カードを時間内に使い切るのが目的。
自分の持っているお題カードを他の人に当ててもらうのだが、伝える方法がダイスを振って、
・絵を描く
・ジェスチャー
・頭文字縛りのヒント(あ行、さ行など)
・「~より大きく、~より小さい」のヒント
のどれかしか使えない。
一部持ち主の方による日本向けのアレンジ入ってます。

カードの裏面は他の人に見せれて、「Who」「Where」「What」のヒントはある。
全員で3回までパス可能で、それ以降は諦めるとカードが1枚増える。

とりあえずこれが今回の大ヒット。
パーティーゲームとしては最高です。

手持ちの
「カーネルサンダース」は「頭文字縛り」で使って、「ケンタッキー」の一言で成功。
「富士の樹海」は「ジェスチャー」で使って、首を吊るマネをして成功w。
「ハムレット」は諦めたw。
「~より大きい」は言う内容でヒントにしていいので、「ログハウス」を「木より大きく、世界樹より小さい」「テントより大きく、旅館より小さい」とかで乗り切る。

「地ビール」の地が出てこなかったり、テニスラケット折った人まで出てて名前が出てこなかったり(ちなみに私ははスポーツさっぱり)。

これは本当にいいパーティーゲーム。
見かけたら買います。最悪米アマゾンから輸入するやも。
日本語化必須だが。



というわけで終了。
楽しかった!!
 

6/23 まんまる@小岩

やっと追いついた!
ってのもまぁ22日ライブ行っててボドゲできなかったからだけどね…。


んで23日は大阪から来て家に泊まった友達と朝からカラオケ行って、
3時に解散してそっからボドゲ会探し。

とりあえず候補は小岩の「まんまる」か都立大学の「新ボードゲーム党の集い」。
mixi見たらかんちょーさんがまんまる行ってるとのことだったのでまんまるに決定。
まぁ距離もほとんど一緒だったからどっちでもよかったのですよ。
どっちも1時間半っていうね。
こういう日に限って近場でやってなくてなぁ…。


まぁ着いたら5時だったわけですが。
3時間でもボドゲが出来ればいいよ。ボドゲのない週末なんて嫌だもん。

んでお邪魔しましたは小岩のまんまる。
とりあえずちらっと見るとかんちょーさんはサンマロやってて、他にはラボカやってるグループとか、子供も結構多め。
前回調布のあなでカルカソンヌ大会出てて、その後一緒にテレストやってた親子がこちらにもいらしてました。
そしてまたテレストやってたw。気に入ったのね。
他にも知ってる顔が数人。 


とりあえず立った卓に参加。

・チキンフット
IMG_20130623_172601
 ドミノのゲーム。初プレー。
中央のダブル牌から6又に伸ばして、そっから数字同士が合うように置いてく。
ダブル牌は横向きでつけて、ダブル牌が出されるとそこに3枚牌が出されるまで他の場所には置けなくなる。
持ってない場合は山から引いて出せたら出す。
最終的に誰かが手牌なくした時点で手牌の合計数字がマイナス点。
そしてこのゲームのミソは0のダブル牌は-50点になるところ。
なので他の人に0ダブルを処理されないように場を作っていくのがセオリーらしい。
具体的には0の出てる場所を潰すか、他の場所にダブル牌を出して縛る。

本来9ディールやるゲームらしいけど長いので4ディールで。

持ち主の下家に座ったので0ダブル処理させてもらえずに死にましたよ…。
他の人は特に気にせず0出してくるんだけどなぁ。子供もいたし。
ぐぬぬ。

まぁ全員がセオリー把握してやれば中々いいゲーム。
そして何気に9ドミノ牌触ったの初めてだw。


・セット
IMG_20130623_174851
初プレー。
場に並べられた12枚の札から3枚組の「セット」をいち早く作って宣言する。
「セット」とは、
・色
・数
・形
・塗り
の4つが「全部同じ」か「全部異なる」を満たした3枚組のこと。
3枚のうち2枚だけ色が同じ、とかがダメってこと。
写真だと、
左下の(緑・1・四角・白塗り)
その上の(赤・2・波・色塗り)
右上の(紫・3・楕円・半塗り)
の3枚が「セット」になってる。
この例だと4つの組み合わせ全部が異なってるけど、たとえばこれが全部赤でもいい。
とにかく4つ全てにおいて「同じ」か「異なる」が満たされてればいい。

とりあえず、このゲーム超タイプww。
パズルアクションゲームとか超ツボなんですけど。
当然慣れゲー。

慣れてる小学生の子には負けたけど他の人には勝ったよ。

とりあえずこのゲームは購入決定w。近々ね。
これ系だとあとトリプルとメメントが気になってる。


・レースフォーザギャラクシー
IMG_20130623_192425
プレー自体は初。
以前JIGG行ったときに英語でインスト受けててほぼさっぱりだったこれ。
今回日本語でインスト受けたけど中々分からなかったもんw。
英語力が悪いんじゃない、このゲームが分かりにくいんだ。←

噂通りのUIの悪さ。

ゲームとしてはサンファンに近い。誰かが選んだ行動を全員でやって、選んだ人は+α。
行動選ぶのは順番でなく同時出しだけど。
あとコストを手札で払うのも一緒。

んで行動を順に解決していくんだが、その時に場にあるカードの効果が発動する。
カードには1~5の各フェイズ(4は$と4の2マスある…)に対応する効果が描かれてる。
その効果が適用可能だったら使う。
んで拡大再生産を繰り返して、点数チップが切れるか誰かが12枚目のカード出したラウンドで終了。

あとの特徴は生産→売却→消費のフェイズ。
売却で手に入るのは主に手札。あとは1の行動でも引ける。

なのでこのゲームの要は、
・生産→売却による手札の増強
・消費による余った手札の得点化
かな。
あとはカードの種類で色々作戦が練れるので、できるだけ1直線に攻めたほうがいい。
万遍なく手を伸ばすよりも間違いなく一直線に攻めたほうが強くなるゲーム。
そこは七不思議に近い?より強いか。

まぁ一旦ルール把握してしまえば拡大再生産としては面白さは高い。

隣の女性があんまり把握できてなかったみたいでそっちの効果も見ながら指摘してプレーしてたので倍疲れたw。
七不思議でいうギルドカードの戦力を点数にするやつを引いたので、戦力染めしてる相手に渡さぬように完全に手札で潰しましたw。

これは何回かやって面白さが増してくゲームだなぁ。
最初は勝ち筋も分からんし、ルールの複雑さに翻弄される。
ハンドマネージメントが大変。

拡張1入れたほうが面白いらしいから入れてやってみたいな。

終わったのは閉会ギリギリ。⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!
その後ワードバスケット数戦やる余裕はあった。 



というわけであっという間の3時間ちょい。
まぁおかげでボドゲゼロの週末は回避できました。

まんまるは親子連れや女性も多くてなかなかいい雰囲気の会でした。
また機会があればお邪魔させてもらいます。

今回はカラオケ帰りで手ぶらだったから次回は色々持ってこうw。
来月15日にあるらしいから他の会と被らなかったら行こうかな。 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ