ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:その他

12/13 ボドゲプラスアフター会@screen

ボドゲプラス終了後に10人くらいでscreenに押しかける。

toysanたちはお喋り目的であまりゲームしないが、自分やどん君はゲームしたいのでひたすら遊ぶよ。



IMG_0857
「アニミックス / Animix」 Mathieu Bossu作

初プレー。店の。
日本語版出たらしいが一切聞かないね。

カードをランダムにグリッド状に並べて、手札配って。
手番では手札1枚を確保するか、場のカード1枚と入れ替えてそのカードを確保するか。
最終的に各種カードでマジョリティ取ってると得点。タイは分配。
カードの州類によって点数条件が違って、横列に並んだ最大数とか接してるカードの種類の最大数とか。
自分が狙ってるカードの得点を上げるように場を工作しつつ、周りの様子もうかがってマジョリティ複数を狙う。
とはいえ6手番で終了なのでかなり一手が重い。
場から確保したカードは公開だが、手札から確保は非公開なので、他人の取ったカードと場に並んでるカードで何枚確保すればマジョリティ取れるかをきちんと考えないといけない。
場の調整は自分の集めたいカードと配置が噛み合わないといけないので難しい。

手札に持っておきたいが場に出して得点源にしたいってのはクニツィアっぽさがあるし、それでいてマジョリティ争う点は『ステステマーケティング』に近い。
盤面ある点では『ステステレールロード』かな。未プレーだが。

なかなか面白った。6人までできるが、多いと焦点ブレるので3人4人がいいだろう。

結果:レン 12○、桜庭 8、さとちゃ 3、おぷと 9





IMG_0858
「マンガマンガ / Manga Manga」 Peter Neugebauer作

持参初プレー。箱絵のB級さが有名w。

リアルタイムゴーアウト。
中央のカードの下部に描かれた色のカードを手札から出す。全部出したら勝ち。
勝ったら得点タイル、手札1番多かったら残念賞タイル貰えるよ。

さすがにこの内容で9ラウンドやらせるのは飽きる。
つまらなくはないが、とりわけ面白くもない。

イラストのイモっぽさがすごい。20年くらい前のイラスト投稿雑誌のハガキ欄に載ってそうな。
SimplyFan版はそれなりに綺麗な絵になってるみたいよ。

まぁわざわざこのゲーム買うことはないべな。

結果:レン 8○、哲郎 2、さとちゃ 0、おぷと 0





IMG_0859
「アイルオブキャッツ / The Isle of Cats」 Frank West作

初プレー。気になってた猫島。

カードをドラフトして全部取り終わってから魚払って欲しいものを購入。
個人目標カードや財宝カードなど。
メインになるのは緑枠のカードで、猫を捕まえる数と手番優先度が描かれている。
同時に何枚使うか選択して、優先度合計高い人から手番。
場に並んでる猫タイルから選んで購入。コストは魚なのでカード買いすぎ注意。
取った猫タイルは自分のボードに、1枚以上に隣接するように配置。
同色の猫が3匹以上隣接するとボーナス点。
また、描かれてるネズミを覆ったり、部屋を全て埋めるとボーナス点。

パズル要素自体はあまり大きくなく、結構どうにでもなる。
1マス2マス空いても財宝で埋められるので。
指針となるのは個人目標カード。
この色の猫をこの数丁度取れとか、縁に接している数が得点とか、この部屋埋めるなとか。
その指針に合わせて行動して点数を稼いでいく感じ。

感覚としては『バニーキングダム』に似たものを感じる。
ドラフトで個人目標取る感じとか。

なるほど面白かった。軽すぎず重すぎずで丁度良い重さ。
大体何取ってもプラスになるのでストレスは少なく、どれ買ってどれだけ魚残すかが悩ましい。

IMG_0861
今回最大の群を作る個人目標を取ったので狙って青猫の群を大きくして、10匹まで増やして見事達成。
4匹以上の群の数ってのも取ったので黄色猫も4匹にして。
他人の出した共通目標に相乗りしてくのも大事ね。

これはちょっと欲しいな。日本語版のテキスト部分どうなってるかしら。

結果:レン 76○、桜庭 60、hoge砲 40





IMG_0860
猫島中座してご飯。ルーンストーンやったのでカキフライだw!
料理出てくるボドゲカフェは珍しいんじゃないでしょか。



IMG_0862
「ナイツポーカー / Knights Poker」 Reiner Knizia作

初プレー。
簡易版バトルラインとしか言いようがない。

手牌4枚、場は3列。2列制したら勝ち。
ストフラ>スリーカード>フラッシュ>ストレート>ブタ。
超シンプル。

5分で遊べるってのが利点だが、それ以外はバトルラインの劣化品って感じ。
捨て場がなさすぎるので引きが全て。狙った役に合う牌を引けるかどうかだ。
正直バトルラインでいいよ。
コンポーネントは豪華で良い。

結果:レン、hoge砲 ○





IMG_0863
「デカルコ / Dekalko」 Sébastien Decad, Roberto Fraga作

初プレー。店の。

写真なぞった線で何の絵か当てる。
正直簡単すぎるだろうと手を出さずにいたが、果たして。

まぁルールはほぼそれだけで。
普通に描けばまず正解が出る難易度。
時折難しいのがあって、悩む。

早い者勝ちで得点なので、複雑な絵をどこまで手を抜いて描くかって感じ。
かといって当てられなかったらダメだしね。


IMG_0865
えぐぴさんのこれ分からんくて笑ったw。

正直難易度は低めなんだけど、ゆるーく遊べるのは良い。
子どもと遊ぶには丁度いいかもね。
駿河屋で1500円くらいになってるので、これくらいなら買ってもいいかもね。

結果:レン 19○、レン 11、えぐぴ 12






IMG_0866
screenでは現在蟹の注文を受け付け中です。実物見せて貰った。
ボドゲカフェ…だよね?




IMG_0867
「リスのお仕事 /  Purzelbaum」 Harald Fecher, Thomas Liesching作

初プレー。店の。初めて見た。やるっしょ!

太い棒に細い棒の枝挿した樹。その枝に葉っぱと木の実が刺さってる。
手番ではボードのタイル1つ取って穴を開けて、いずれかの葉っぱを持って木の実を落としてその穴に入れる。
入れば葉っぱを獲得。外したら木の実を近くの穴に入れて、葉っぱを置く。
木の実無くなったらタイル全てを裏にして後半戦。

今度は木の実入ってる穴を探してタイルをめくっていく。
木の実見つかったら回収して、タイルは裏のまま。外したら表に戻る。
どれめくったか覚えておかないとハズレ引くぞ、と。元々ハズレもあるしね。

アクションゲーからの記憶ゲームと妙なゲームだが、ゆるーく楽しいね。
こんなの出てたのねー。
二連続同じタイルめくるポンコツ具合でしたw。あれー。

結果:レン 10、どん 14○、えぐぴ 8






IMG_0868
「カラベラ / Calavera」 Klaus-Jürgen Wrede作

初プレー。店の。
ヴレーデ作のダイスゲーム。あまり良い予感はしないがw。

ダイスじゃらっと振ってキープして振り直しを3回まで。
ドクロの目は振り直せない。よくあるやつ。
なおドクロ3個出たらバースト。
出目から1つを選んでその数分をその列にチェック。
使わなかった目で相手もチェック。強制。
ワイルド目は他の目と組み合わせずにそれだけ選択して任意の列にチェック。
また、黄色いゾーンに入ってればワイルド目2~3個を使ってその列を確定して得点できる。
確定するとそれ以降選べないが、黄色いエリアからオーバーしてしまうとマイナス点になるのでどこで確定させるかのチキンレース。

ピンク線まで全部埋める早取りボーナスもあるので、なるべく平たく上げていきたい。
相手の手番でもチェックはマストなので、このゲーム相手がオーバーするような出目であえて終了して殴るのがセオリーなんじゃないか?
そう考えると2人ベストな気がする。

なかなか悪くないが、まぁ無難なロール&ライトだ。
mosesこんなんばっかね。

結果:レン 32、どん 45





おしまい。
ボドゲプラスと合わせてこれだけ遊べれば満足だな。
きちんと前日に寝て毎回参加しよう。

あ、猫と犬の写真ないけどきちんともふったよw。

12/6 screenにて@春日井

六会後にscreenへ。

ボドゲプラス勢が守山でかやさんの会やってるの知ってたので、その後screen来るだろうなと行ったら案の定合流。


IMG_0807
犬(ルカくん)もふってー。


IMG_0811
猫(カーヤたん)もふってー。


よし!



IMG_0812
「ありがた迷惑 / Piraten-Beute」 Tim Rogasch作

初プレー。店の。HABAの小箱。

タイルを2枚めくって、自分で取るか誰かに渡す。
貰った人は「ありがとう」と言って受け取りましょう。
最終的に同じ絵柄2枚は対消滅。残ったのが得点。
タイルは自分の前に積んでいって、確認不可ヨ。

分かりやすいね。誰が何を何枚取ったかを覚えておかないといけない。
欲しくないタイルもらってもお礼を言わなければならないのが憎らしいw。

全然覚えれないのよねー。歳だわー。

結果:レン 7○、マジックマ 7○、どん 3





IMG_0815
「スピンイット / Spin it!」 Kristin Mückel作

初プレー。店の。これもHABA小箱。

ルーレット回して止まった列の端に合う色を出す。カードはドミノ的な。
特殊カードで相手にカード渡せたり、ワイルドがあったり。
まぁそれだけ。

IMG_0814
あぁああコンポーネントがじがじしちゃらめぇ!!
滅多にしないので店長も驚いてた。
目の前でルーレット回して煽ってスンマセンシタ!!

まぁゲームは、子供向けだね。

結果:レン、マジックマ ○、どん





IMG_0816
「腹ぺこヒナの成長物語 / Kleiner Vogel, großer Hunger」 Tim Rogasch作

初プレー。店の。またHABA。

ダイス振って自分のタイルにある絵柄ならチップを置く。
全部埋まったらタイル裏返してヒナが成長していくよ。
最後まで掘って勝ち。

1回もミスなしでストレート勝ちしたw。

流石3歳以上。緩い。

結果:レン ○、マジックマ、どん




IMG_0817
「ゴジラバトル~怪獣カード対決!~」 株式会社スロウカーブ/大野真樹 作

初プレー。店の。

ゴジラ、モスラ、キングギドラ、メカゴジラのどれかを担当。
基本はじゃんけんで勝った方が負けた方にカードに書かれたダメージ与える。
必殺技は特殊効果。キャラによってユニークだ。
ライフ5以下でのみ使える超必殺技もあるぞ。

カード一覧はあるのである意味限定じゃんけん。
読み合いだが、手札は3枚なので引き運も強い。

キャラ特性はまぁ色々だ。

IMG_0818
キャラ変えてもっかい。

特に深みはないが、ノリでワイワイ楽しむのが吉。
子どもは喜んで遊びそう。

結果1:レン(モスラ) ○、toysan(メカゴジラ)
結果2:レン(ゴジラ)、toysan(キングギドラ) ○




IMG_0819
「ザ・キー:岸壁荘の盗難事件 / The Key: Raub in der Cliffrock Villa」 Thomas Sing作

そういやこれもHABAね。未プレーのマジックマさん希望で。

リアルタイムでカード拾って証拠集めて推理。
当てた人の中で最もカードコストの少ない人が勝ちだ。

1回目は当てたけどコスト高すぎて負け。
2回目は当てて勝ったが、途中既に分かってるコスト4のカード2枚拾ってるので負けても仕方なかった。勝てたのが奇跡。
ちなみに両方鍵は自分が取ってる。

やはりこのゲーム初手で4コストカード2枚くらい取っておいて、それに関連するコスト低いカード拾っていくのが正解ね。

結果1:レン 27、どん 38、マジックマ 20○
結果2:レン 23○、どん 24、マジックマ ×





IMG_0820
「スピーディーロール / Speedy Roll」 Urtis Šulinskas作

初プレー。店の。
今年のキッズゲーム大賞。

対戦モードと協力モードがあるが、今回は対戦モードで。

マジックテープのチットの上をもさもさのボール転がして、くっついたチットによって道を進む。
ただし、一度に5枚以上くっついてしまうと失敗。
うまく4枚以下で、自分が進める道のアイテムを狙おう。

ほぼそれだけ。まぁ分かりやすく楽しいね。

協力ゲームだと交代で手番やってキツネから逃げる感じ。
上級モードだと反対の手で投げるとか目を閉じて投げるとか。

結果:レン、どん ○、マジックマ





IMG_0821
「2人でお茶を / Tea for 2」 Cédrick Chaboussit作

初プレー。店の。
評判悪くて気になってたw。

基本はトランプの『戦争』。個人デッキトップめくって数字勝負。
大きい方が勝って、相手との数字差分で買い物するかカードの効果使うか。

どう考えても運ゲーで、しかも勝った方ばかり強くなっていくので、下手すると9回中8回勝つやんか。
そういった運の振れを無視して、それなりに両方勝てるっしょ?でデザインされたゲーム。
この時点で評価低いのが分かる。

まぁ元の『戦争』がただの運ゲーだしね。
ちなみに本当に『戦争』オマージュって説明書に書いてあった。

そういった「適当に勝敗ばらけるっしょ?」を前提に見ると、どのカード買うか、どの得点狙うかはそれなりに悩ましいんだが。
デッキ一周すると1のカード降ってくるのもデッキ少ない方をより弱くしてるんだよなぁ。
得点ついてるけど、このゲーム、デッキに入ってれば得点じゃなくてそれを効果で除外したら得点。
しかも自分除外のカードもあれば相手除外のカードもあるので、結局1のカード貰っても有利にはならない。

せめて敗者は片方、勝者は両方できるとかさぁ。何かしらできなかったのかね?
まぁ遊べてよかった。批判するなら遊んでからしたいものだ。
一応それなりに遊べるゲームではあったよ。
ゲームとして成り立ってるかは置いといて、それなりに楽しめた。

結果:レン 25○、どん 18






IMG_0823
「ワードン」 ナナワリ

初プレー。
潜水艦ゲーム+ワードゲーム。

最初に各自はジャンルを決めてお題を三つ作成。3文字、4文字、5文字(初級なら2文字)。
今回はボドゲタイトルジャンルにしたら、予想外にむずかったw。

手番では1マスを選んで相手に聞く。
その文字使ってれば○、使ってないが隣の文字使われてれば△、それもないなら×で答える。
もしくは相手のお題が分かったと思ったらそれを当てることもできる。
全部当てれば勝ち。

段々使われてる文字は分かって来るんだが、それが3つの単語をどう形成するのか当てるのが超ムズイ。
沈んだら教えるって書いてあるが、どの文字数なのかは教えるのか?
ちょっとルール記述が甘い。
潜水艦ゲームと違って配置からサイズ分からないしね。

今回自分のお題は「カロム」「メディチ」「サンマルコ」。
「お」「と」「ん」から「ドミニオン」当てたのは褒めてくれw。残り2つ未確定だった。
とりあえずボドゲタイトル、ムズイw。

なんかもうちょっといじれば名作になりそうな予感がするんだけどなぁ。
当てたらどの単語の何文字目かを知れる1マス攻撃と、当たった文字のみ知れる2マス攻撃、何文字当たったかも分からず是非のみ知れる十字攻撃とか。

結果:レン、どん ○






IMG_0824
「すみっコぐらし みんなでわくわくテント作り」 スロウカーブ

初プレー。店の。

カードの数字を加減算してピラミッド配置の協力ゲーム。
…おや、『どんぐりやま』かな?
未プレーなのでルール見てみたが、かなりそのまんまだな。
ルールデザインは『THE 残業』作ったところらしいが。というか上のゴジラと同じ人w。

一応こんなツイートがあった。
テーマ的にはゆるキャンのやつのリメイクっぽいね。


横列は7枚で手札結構余る上に、ゲーム中2回下段のカードを置き換えて使う「かわうそ」が使えるのでクリアはかなり楽。

なので子ども向けかね。ゆるキャンの方は大人向けの難易度だったりするのかしら?

結果:レン&どん&toysan ○




IMG_0825
「ハリウッドセンセーション / Hollywood Sensation」 しぶ作

初プレー。店の。
数寄ゲームズから出た2人用トリテ。気になってた。

マストフォローでスートの強さ有り。
手札5枚であとは山札。
4スートあって、最終的に取ったカードどそれぞれマジョリティ。
赤と黄色はマジョリティ取ると1点、青と緑はマイナス1点。
山札トップ公開で、トリック取った方がそれを引き、負けた方は裏のまま引く。
このルールが秀逸で、強いカード引くために無理して勝ちに行ったり、弱いカード押し付けるためや情報与えないために負けに行くって選択肢が生まれる。
また、同スート全部取ってしまうと得点はゼロになるので、相手に数枚渡す算段と自分も数枚だけ取る算段が必要。

これは凄い、面白い。
『オクラコーク』とかで散々だったトリテにおけるタブーともいえる山札引きを戦略に昇華してる。
似たような感じで『スキャン』が引くカードのスートが分かるが、あれば引く全員がスートだけ公開されるので、その上位互換と言える。

正直『泥棒と乞食』に並ぶ2人用トリテの名作と言えると思う。
『泥棒と乞食』は切札の高ランク多く来れば強い欠点があるので、下手すると超えるぞ。
トリテ好きはマストバイ!

惜しむらくは、どのスートがプラス点マイナス点かの表記がないところ。
一応枠の形で見分けられるが、それを覚える必要があって、せめてその下にプラスとマイナスのアイコン付けて欲しかったな。

あとは最強スートの最強ランクは絶対勝てる、最弱スートの最弱ランクは絶対負けるので、この2枚出た時だけ強弱反転させるとか。
まぁこれはこれで最強カードを取りに行く、最弱カードを押し付けるって戦略になってるのでいいか。
初手に来たときだけ山に戻せる処理とかでも良かったが。

結果:レン ○、どん




おしまい!

12/6 六会@黒川

六花さん主催の六会へ。重ゲ解禁らしいので重ゲしたい。



IMG_0797
「オーレ / Olé!」 Wolfgang Panning作

とりあえず人数揃うまで、6人でできるやつを。

結果:レン 36○、よし9 57、simahei 78、六花 77、エース 87、ひで65


もう1人来ないので始めるよ。



IMG_0798
「黄昏の篝火 / Bonfire」 Stefan Feld作

今日もボンファイア。

今回は全員手広くアクションしたので良い感じにゲームが進んだ。
目標タイル取得もきちんと手を出して。
やっぱりこれが想定通りの流れな気がするな。誰だ昨日特化したのは。

結果、人コマ4つ取って、カード6枚取ってで共通目標2つ起動した。
初手で取る能力、ポータル自由配置かボーナスコマ同色配置可能かで悩んで後者に。
昨日後半、置きたいボーナス先に撃たれてて泣いたので。

結果勝利!得点カード6枚中3枚取ったのが効いたかね。
ポータルもコンプして、共通目標も3つ得点。
今回はちゃんと篝火灯したし、人コマも2つゴールしたよ
やりたいことやれた気がする。

昨日の3倍面白かったw。
やはりある程度はやりたいことやれんとな。

あと昨日も今日もだが、最終アクションでアクションタイル取って2個で1点だ!ってやって、運命タイル1枚3点なの忘れてて得点増えてないのが情けないw。
パス5点が正解だったなー。読めねぇ。

結果:レン 82○、六花 76、よし9 59




IMG_0800
「氷河と空 / La Glace et le Cie」 Florent Toscano作

持参初プレー。
なんかフランスのドキュメンタリー映画を元にしたゲームらしい。

協力ゲーム。
目標カード2枚を自分だけ見えないように手札に持つのが特徴。

手番では手札から1枚を場に出す。横列は色で決まるが、縦列は好きな位置に。
横列埋まってたら上書き。
置いた結果、誰かの目標が「達成された」か「達成ではなくなった」ことのみ伝えられる。
目標はいずれかの縦列か横列に3~6の合計値のカードが置かれること。
置いた場所と数字から自身の目標を推測して、同時に他人の目標を達成できるように動く。

カードは全て配置するので、最終的な上書きで上手く数字が合うようにしたい。
また、カードに二酸化炭素マークが描かれてるのが見えてると、ラウンド終了時に氷山ポイントが減る。

得点は氷山ポイント×累積点数なので、実は初期3しかない氷山ポイントの方が大事だったりする。
なので二酸化炭素マークを優先的に埋めながら目標達成するのが正解かな。

今回は目標達成優先で、二酸化炭素は1つ見えてもしょうがないやでやってたので、結果氷山ポイント1しか残らず、結果は5点。しょぼい。

なかなか協力ゲームとしてはよく出来てる。
自分の目的の予想は結構簡単で、特に置いた場所の縦横反対側を誰かが持ってれば一発で確定する。
それよりも数字の調整が難しい感じ。
縦横が被ってない場所を捨て場として使い、最後の1枚で上手く数字を合わせられるように。

3人だからまだ楽だったが、これ4人になると一気に難しくなる気がするな。
ちょっとどっかでやってみたい。氷山大事って念は押してw。

結果:レン&六花&よし9 5




IMG_0801
「ヘイヨー / HEY YO」 齋藤隆 作

初プレー。オインク新作。協力ゲーム。
『トリックと怪人』作者の作品。こちらも同人のやつのリメイクらしい。

ボタン押すとリズム刻みながら一定間隔でビープのなるメカが付属。
このビープに合わせて手番プレイヤーはカードを出す。
同じマークが連続するように出していき、黄色い○のついたマークを出せればそこまでの連続数が得点になる。
その前に他のノーツで途切れてしまったらダメ。
相談は可能なので、自分が途切れるカードしか持ってない時や得点化カード持ってるのは積極的に開示して、途切れる前に得点化していかないといけない。
だが、そこは手番のタイミング指定のゲームなので限られた時間で共有できるかどうか。
そのリアルタイム感がなかなか面白い。

対戦ゲームと勘違いしたエースさんがしょっぱなから潰してきたりw。
まぁ自分もタイルに対応する2色しか得点対象じゃないと思ってたのでどっこいどっこい。

なかなか面白いが、こういう緊張感のあるゲームはちょっと苦手。心が疲れるね。
まぁ人狼とかに比べたら全然マシだが。時間的緊張か嘘を吐く緊張か。
昔からバイオハザードとかの時間制限あるイベント嫌いなのよw。

あとこのメカ込みでオインク箱に収めたコンパクト感はすごいね。

結果:レン、六花、エース、よし9 36



IMG_0802
「クスコ / Cuzco」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

持参初プレー。何度か持ち歩いてようやく。
怖い顔三部作の『ジャワ』のリメイク。
『ティカル』『メキシカ』に比べると元々マイナーなゲームだけど。

手番でアクションポイント使ってアクションするのはシリーズ共通。
このゲームではタイル配置して、池囲って得点、自分のコマ投入して、村でマジョリティ取って、村に神殿建てて得点、祭り開いて得点。
特徴的なのは他の作品に比べて高さの概念がある。
コマ数に関係なく、より村の中で高い位置にいる人が優位。複数いればその段で多い方、同数なら次の段を見る。

得点源となるのは神殿の建設と祭り。
神殿は村の大きさに応じて高くしていくので、どんどんタイル配置で村を大きくして神殿を建てる。
建てれるのは村で優位な人だけ。ただし1つでも最上段に置けば上回れるので結構奪うのも簡単。
祭りは村の中に置いてるプレイヤー同士で手札出し勝負。
負けても使ったカードは返ってこないのでどこで勝負かけるかが難しい。
順出しで同数だと分け合いになるので基本はWin-Winで手札消費押さえたい。

終盤はまた状況が一変して、各神殿のある村で優位取れてると段数に応じた得点になる。2位は半額。
ここで有効なのが、村をぶったぎって小さくする戦術。
相手が高い位置に居ようがお構いなしで自分がトップになれる。
最終決算は各自の最終手番終了時にそれぞれ行うので、その手番でいくつの村で優勢取れるか。
他人と同率でも満額貰えるので、なんとか複数個所決算に絡みたい。

IMG_0803
今回、神殿建設での得点の美味しい所をひでさんに持っていかれて得点は負けていたが、最終手番で8個中6個の神殿で得点取って、逆転勝利!

素直に面白かった。個人的にはめくりのある『ティカル』より好き。ガチだが。
祭りでの手札運はあるけどね。

序盤は池配置で得点、それにより地形が固定されて、その中で神殿作って優位奪い合うって流れが良くできてる。
後半見据えながら池作るのは難しいので、とりあえず得点高い所で池作って、それによりマップが可変的に形成されて、そこからの地形を考えた陣取り。美しいね。

良いゲームでした。コンポーネントも豪華で良い。

結果:レン 100○、よし9 84、エース 81、ヒデ 84



おしまい。




IMG_0804
勝川で刀削麺食べてからscreenへ。
エースさん誘ったけど帰ったよ。

11/4 職場にて

職場の放課後子ども教室で生徒と。
普段は書かないけど、新しいゲーム遊んだ時だけは書いてる。



IMG_0581
「マインクラフトカードゲーム? /  Minecraft Card Game?」 Mattel

持参初プレー。アマゾンで安かったので。
ルール読んで、生徒同士では何度か遊ばせてるし、先日のきなボド!ふぁみりーずでも遊ばれてたが、自分で遊ぶのはようやく。
所謂煌き系。名前の後の?は何の意味があるんだ?

場には資源が5山、得点カードが4山。トップは公開。
手番では2アクション。
資源取る、得点カード達成、得点カード予約。
まぁ大体想像のままだ。
特徴は資源に1~3の数字が書いてあってその数の資源として使える。
つまりはカードの強弱が激しいのでめくり運が強い。
ダイナマイトを取ると、山のトップカード全部取ってそこから2枚獲得。残りは捨て。
山のトップにクリーパーが出ると全員持ってる資源1枚捨てる。
得点カードは獲得したら裏返して、特殊効果を1回だけ使える。
木材2つとか、クリーパー防御とか、もう1アクションとか。

非常にシンプルというか、煌き系としての特徴が薄い。
まぁ逆に言えば無難に遊べるゲームである。悪くはない。

予約したカード用のマイクラっぽいブロック状のカード立てが付いてて、子どもはこれに期待するけどただのカード立てですよーと。

そして撒けた。




そんな感じー。

10/10 いぬボド@犬山

acoさんが犬山で始めた犬ボド(仮)。
最近acoさんと遊んでないなーと思って、一緒に遊びたくて行く。
そもそも1年くらい会ってさえいない気がするw。
岐阜ボド行かんとなー。前回はあっちが不参加だったし。



IMG_0384
場所はなんか郷土資料館みたいな公民館。
趣があります。


和室2つなので2卓で7人定員だよ。
8じゃなくて7なのは何故?


IMG_0380
「ウィッツ&ウェジャー:パーティーエディション / Wits & Wagers Party」 Dominic Crapuchettes作

持参品。パーティーゲーム枠。

数字を聞くクイズに同時に答えて、その後どれが正解に近いかを予想する二段階クイズ。
『いいセン行きまSHOW』に比べるときちんと正解があるよ。

お題が結構アメリカ国内のことなので、ローカライズしたいね。
「モナリザの絵の縦の長さは?」とか普遍的なのもあるけど。

別に正解出そうな問題その場で作って、ググって答え合わせしても良し。

ゆるゲー。

結果:レン、aco ○、ハヤトン、団悟、森3つK、すみよし





IMG_0381
「スカル / Skull」 Hervé Marly作

全員揃うまでとりあえず。

以前会社のボドゲ会行ってた頃は毎回見たのに、最近あんまり見ない。
周りで遊ばれるゲームが変わったというかコミュニティが変わったというか。
そもそも神奈川のゲーム会でもあんまり見てないか?あれ?

その時期は鬼のように遊んだだけどねー。
最近はからっきし。

ゆるーく攻めにいって、ゆるーく脱落w。

結果:レン、ハヤトン、団悟、aco、すみよし、森3つK





IMG_0382
「トレッキング ザ ワールド / Trekking the World」 Charlie Bink作

持参初プレー。キックしたやーつ。届きたて。
世界遺産(だけじゃない観光名所だが)めぐりとかテンションだだ上がり。
システム派といえど好きなテーマには惹かれるのよさ。

手番では任意枚数のカード出して、その数字分移動。
他人は飛び越えれず、最低1枚は出して丁度の数動く。
止まったマスにあるお土産キューブを獲得。
その後、手札補充か世界遺産訪問か特殊アクションか。
カードは2枚補充。場か山から。
世界遺産は場に並んでるカードに対応するマスに行き、描かれたマークのカードを払う。
山から遠い2枚にはボーナスついてるセンチュリー式。
特殊アクションはゲーム毎に変わる2種。ボードにカードが置かれてるよ。
今回は「カード2枚捨てて、追加移動して3枚補充」「カード2枚捨てて1枚安く世界遺産訪問」の2つだったかな。後者は要は2:1ワイルドだ。

得点は世界遺産による点と、拾ったお土産キューブの全色セットコレクションと各色ごとのマジョリティ。
あと1つのエリアの最後のお土産拾うとボーナス点。

非常に素直な優等生ゲーム。
世界遺産メインにするかお土産メインにするか。

ドローアクションで2枚引くのに対して、毎手番何しても1枚は使用するので手札がなかなか増えない。
基本的には数字大きいカードを移動に使って、小さいのを達成に使うか歩数調整用に。
序盤はとにかく近くのお土産を拾いながら手札貯めて、隙を見て取れそうな世界遺産を狙う。
中盤はエリアの最後のお土産渡さないようにラス2を取らないよう注意して。
終盤はマジョリティとセットコレクションの睨み合い。
常に手札に余裕できたら世界遺産を狙ってる。売れ残りボーナスが3点5点とかなり大きいのでできるだけピンポイントに狙いたいね。

先にも言ったが、非常に優等生。そつがない。
逆に言えばオリジナリティもあまりないのだが、安心して遊べるゲーム。
テーマに惹かれる人には特に訴求力が高いんじゃないかしら。

知ってる名所出る度に「ウユニ塩湖だ!」「タージマハールだ!」ってワクワクするね。
名前だけでも日本語化したいなぁ。中学生くらいの子にやらせたい。

マジョリティ取れなかったのが痛かった。

結果:レン 87、aco 76、団悟 56、森3つK 91○




IMG_0383
「ボーンハンザ / Bohn Hansa」 Uwe Rosenberg作

持参初プレー。以前かぶさんから買ったやつ。
都市移動して豆の売買。メルカトルの元になったって言われてるね。

手番ではコマを移動し、その場所の豆を買う。
特徴的なのが手札システム。ボーナンザと同じく順番変えてはいけないのと、注文カードが先頭に来たら場に出て、手番終了までに達成できないと捨てられる。
確かボーナンザ拡張がこんな感じだったね。
ただし他のカードは豆ではなくてただの枚数カウンタに近い。
特定のカードが出てくると税金払うので、あまり回しすぎてもいけないよ。
んで移動の際、移動歩数+1のカードを前から順にプレイする。
税金カードを出したら税金払うし、補充カード出したら補充山めくって場に豆が湧く。

そんなこんなで豆を買い集めて、達成カードに対応する都市で描かれた豆捨てて収入。

あと特徴的なのが招待。
移動した後、任意のプレイヤーを同じ都市に招いてもいい。
移動が浮くので招かれた側は助かる。その代わりに豆よこせ、とw。
招かれたら手札前から1枚捨てるんだが、税金捨てれば普段の半額で良い。タイミング大事。
あとは交換前提で自分の欲しい豆を人に買っておいてもらったり。
お金のやりとりはできないんだったかな。

基本的には悪くないんだが、なんか色々と思うようにいかない。
欲しい豆が近くになかったり、達成したい都市が遠いとどうも不利。
まぁ招いてもらえってことなんだろうが…。
なんか惜しいなぁ。やはりメルカトルの方が面白い。

豆の所持上限少ないのがいまいちな気もする。
全部の達成はできないので、目的地被ったやつに絞って達成したいが、所持上限あるし豆集めづらいし…。
もっとボーナンザの相場観を入れ込めれば面白そうだが、それ単にボーナンザ拡張だな。

結果:レン 96、aco 127、森3つK 109、団悟 137○





IMG_0385
「ラスベガスロイヤル / Las Vegas Royale」 Rüdiger Dorn作

初プレー。
ベガスのリメイク。aleaの新ナンバリング。

ベガスの基本に加えて特殊効果を付与。
特殊効果なしの旧版ルールでも遊べるよ。

違いを書いていくと、まずお金は全部2枚ずつで低い順に1の目のマスから順に置く。
今回のルールだと1~3のマスには特殊効果。値段安い分のプラスアルファでバランスが良い。
あと拡張に入ってた大ダイスも入ってて。
また、チップ払うことで置かずにパスが出来る。チップは毎ラウンド2個ずつ降ってくる。

マスの効果はまぁ色々だ。早置きボーナスでお金やチップ貰えたり、ギャンブルでお金貰えたり、ダイス回収できたり。

正直チップは蛇足感ある。
置きたくなくても置かざるを得ないのが苦しくて良さの一つだったのに。
あと毎ラウンド2枚降ると枚数足りないんだけど、使うの前提なのか?

まぁパーティー感とかリプレイ性とか求めるならこっちが良いが、シビアさと運のバランスが良いのは旧版かな。
まぁこっちでも旧版ルールで遊べるので、買うならこっちで。

結果:レン 50、aco 43、Kuni 54、すみよし 66○





IMG_0386
「チャーリー / Charly」 Inon Kohn作

持参品。認知度低いけどいいゲームやで。

各自1枚のエサカードと、場にも2枚。
それを見ながら手札の動物カードを調整していく。
手番では1枚引いて1枚捨てる。捨て札トップを引いても良い。
もしくはパーティーを宣言。すると他の全員あと1手番。
その後、各自のエサカードを場に公開し、手番順に動物を出してエサを消費していく。
犬は骨、猿はバナナ、ウサギはニンジン、ネズミはチーズ、豚は何でも食べるよ。
場に必要なエサがなくなって出せなかったカードに描かれた動物の分、終了時に蜂蜜コマを払う。
なお、豚は蜂蜜4つ食べるので、ワイルドだが早めに出しておかないとデメリットが怖い。

他人の挙動を見つつ、場に少なそうなエサを予想し、それを捨てに行く。
あとはどのエサが先に無くなりそうかを考えて、ヤバそうなやつから出す。

良いゲームなんだが、3人だとちょっと少なかったね。
4~5人が良い。

結果:レン -1、あこ -5、すみよし 4○





IMG_0387
「Qシャーロック:考古学者の墓 /  Sherlock: The Tomb of the Archaeologist」 Francisco Gallego Arredondo, Martí Lucas Feliu, Josep Izquierdo Sánchez作

持参品。日本語版だとタイトルにQが付くのね。知らんかった。

3つのシナリオのうち、残ってた最後の「考古学者の墓」を。
ちなみに海外だと全部バラ売りだよ。

まぁ毎度ネタバレはできないので書けることは少ない。
手番では手札を1枚出すか捨てて、1枚引く。
出したカードは公開で、捨てたカードは非公開。
ゲーム終了までに一定枚数捨ててないと全員負け。
また、事件に無関係のカードを出してしまうとマイナス点。

なるべく関係ありそうなカードを出して行って、捨てたカードでも内容しっかり覚えて置けば後で共有可能。

今回のは正直さっぱりだった。
とはいえ、色々考えた結果かなりいいところまで推理できた。
肝心な犯人外したけどなw。それ以外はほぼ合ってたよ。逆にびっくりだ。

犯人外したのは結構致命的なカードが1枚捨てられてたからだけど…。

個人的にはこの箱の3つのシナリオだと、
7月4日の死>考古学者の墓>ラストコール の順で面白いかな。

結果:ワトソンレベル:レン、aco、すみよし、ハヤトン、団悟、森3つK





おしまい。


IMG_0388
なんか近くで良さげな店に入ろうとして見つからなかったので北区まで行って幸の鳥のカレーラーメン。





10/4 六会@黒川

六花さん主催の六会に初参加。…したけど知り合いしかいねぇw。
あと8割方昨日見た顔だ!

場所は北生涯。バネストの近く。何度か他の会で来たね。



IMG_0347
「バイツ / Bites」 Brigitte Ditt, Wolfgang Ditt作

ビッグポイントのリメイク。2度目かな。

ゴールした時の得点や白黒の効果がカードで決まるのでリプレイ性は増してるけど、たまにいまいちなカードもある。
今回の「1つ飛ばして進む」は結果取れる数かなり減ってロースコアゲーになって得点高い色取れたかの勝負になるし、「白は1つにつき白持ってる数得点」はしっかりお仕事して全員1点だし、黒と白に止まるゼブラアリは黒が0点で誰も取らないので進みが悪いし。
結果、得点高い色取れるかなんだけど、42031の順で置くやつのせいで3点の色狙い辛いし。

正直どれもいまいちだった。
特に前者2つによって強制飛ばしによって白取れない状況が作られて点が伸びない。
とりあえず黒無価値ってどういうことよ。せめて交換したアリの色として扱うくらいしてほしい。

かなりカードに左右されるんだなぁと分かった。

結果:レン 12、どん 14○、ろっか 9、みなしの 10






IMG_0348
「八八」

わーい、立ったよ!

みずてんしたらダルマ2個になったけど気にしない!

結果:レン -95.4、よし9 -86.7、エース 37.1、よこ 56.7、みなしの -7.11、ピキ 64.10




IMG_0349
「ミツバチダンス / Waggle Dance」 Mike Nudd作

持参初プレー。ダイスプレイスメント。

ダイスじゃらっと振って、1つずつ配置。
ダイス目が描かれたマスにはそのダイスを置き、中央の花は色と対応するダイスを置く。
また、自分の巣にダイス配置して行うアクションもある。

全部置き終わったら左から順に解決。
巣を増やす、ゾロ目と卵消費してダイス増やす、卵増やす、花蜜取って巣に配置、花蜜2:1交換か卵と花蜜1:1交換、花蜜の場所移動、花蜜同色4つとゾロ目消費して蜂蜜作る、カード引く。
蜂蜜を一定数作れば勝ち。
蜂蜜タイル置いたマスは使えなくなるので巣を広げるのは必要で、広げた巣には花蜜や卵を置ける。

とりあえずダイス増やすのが正義だが、そのためには卵とゾロ目が必要。
序盤は基本毎ターン増やしに行きたいが、どこまで増やすかも悩みどころ。
花蜜の取得はマジョリティで、1位が2つ、2位が1つ貰える。
6色あるので他のプレイヤ―のいない所に行きたいが、同色4つ必要なので欲しい色もあって悩ましい。
複数色持っておいてバラして取るのも良いが、その分場所圧迫するし、同じマスに置くと後で入れ替えが必要になる。

かなり正当なダイスプレイスメント。多少カードで相手の邪魔するのはあるが。
狙いも分かりやすく、ゴールが見えてるので、そこに向かってどこまで巣を広げるか、どこまでダイス増やすか。

悪くないゲームだが、やや単調さは感じるのでショートゲームくらいがバランスいいかも。
ロングゲームは間違いなくダレる。

今回3人だったのでやや広々と遊べたが、人数増えたらマジョリティ争いがキツくなるかしら。
ベストは4人らしいが。

結果:レン 5、ピキ 7○、エース 8





IMG_0350
「ギアワークス / Gearworks」 Kirk Dennison作

持参初プレー。

5×4のグリッドにカードを出していき、各列各行で最後にカードを出した人が部品タイルを獲得する。
カードを出す際、縦列に同じ色は置けず、横列は昇順か降順になるように。
段々と置けるカードが絞られていく。
条件守ってれば既存のカードを上書きしても良い。

カード置いた際に、四方に一番近いカード4枚を見て、そのうち2枚の和か差が置いたカードのランクと同じならエネルギーコマを獲得。
エネルギーコマ消費してカード引いたり、設計図カード引いたり。

また、手番ではパスが選べるが、その後自分の番になったときに1エネルギー払うと復帰できるってのが変わってる。
基本後手はカードは配置しづらいが部品取りやすい。
部品取るの狙ってしばらくしゃがむが、全員がパスするとラウンドが終わってしまう復帰チキンレース。
まぁそんな起きないけど。

部品は1つ1点になるが、手持ちの設計図に合うのを取れると加点される。
設計図に合う場所をとにかく狙うか、広く狙って得点拾うか。エネルギーも2つで1点になる。

全体的によくできていて丁寧な造り。普通に良いゲームだな。
ちょっと誰かの私訳の出来が悪くて分かりづらかったけど。

とりあえず写真の手札酷すぎない?5色あるんだけど…。

結果:レン 35、よし9 37○、よこ 19





IMG_0351
「クオータークエイク」 エルビット

持参品。国産のマイナーゲーなんだけど、なんか妙に中毒性があって好き。

黒ダイス2つと白ダイス2つ降って、交点を見る。
空きマスなら自分のコマを置き、相手のコマは追い出し、自分のコマならその隣にコマを置く。
自分のコマが2つ以上並んだらお金払って建物タイルを置ける。
他人の建物タイル踏んだら相手に支払い。グリッド式モノポリー。交渉はない。

7の目のラインはイベントカード。
7・7が出たらクオータークエイクが起きて、マップの1ブロック選んで建物全部吹っ飛ばす。
お金さえあれば自手番で建て直しできるけどね。

少しずつコマ置いて行って、建物増やして相手からお金奪う。
他のモノポリー系とやってることは変わらないんだが、なんか妙に楽しい。
お金払ったり払わされたり、破産しかかったり、それを見て笑ったりを楽しめる面子ならオススメ。
認知度低いので値段も安いよ。

難点はカホンバッグからもはみ出す箱の横長さ。
どうしてボードをもう半分に折らなかった…。

今回大枚はたいて建てた遊園地は1度も踏まれずに倒壊してw、破産寸前で数ラウンド耐えてたけど「いっそ殺してくれー」って泣いてたw。
そんな中、色隣接で2倍ボーナスが刺さって、建て切って勝ち!楽しかった。

結果:レン ○、よこ、よし9



IMG_0352
「ポーカーブル」

久々に。

『ブラフ』式に宣言を上げて行くか、ないと思ったらチャレンジ。
宣言するのはポーカー役。ただしフラッシュとストレートはない。
最初全員手札1枚持ってて、そのカードを集めてできる役を予想して宣言。
宣言は「Aのワンペア」のようにランクと役を宣言、その丁度の役ができないと失敗となる。

ダメージくらうごとに手札増えて行くのが良い。
『ブラフ』のフェアリールールでもあったけどね。最初1個から増えて5個超えると負けっての。

基本は相手の宣言信じて、相手がそれ持ってると予測して自分の手札と合わせて役を上げていく。
ただしブラフの可能性はある。
「10のハイカード」「10のワンペア」「Aのワンペア」「10とAのツーペア」って宣言の流れがセオリー。

場の枚数が段々増えて行って高い役が出来てくるのが面白く、誰かが4ダメ受けて脱落すると一時的に枚数が減るのが感覚狂わされて面白い。

一時期流行って毎週のように立ってたけど、最近見なくなったね。
『ごいたブル』なんてのもあったよ。

結果失念:レン、どん、よこ、simahei、よし9、エース



おしまい。16時半終了なので早い。

暇なので漫画喫茶行ったよ。

9/5 screenに行ってみた@春日井

オープン会がなく遊び相手いなくて暇だと呟いてたら唯一、名古屋・デ・ハングアウトのヤスさんが声かけてくれたので二人とも行ったことのない春日井のボドゲカフェscreenで遊ぶ。
ちなみに初対面です。
積んでる二人用でもやりましょー、と。


IMG_0103

場所はボドゲプラスの会場よりちょっと近かった。
道空いてれば自宅から20分くらいかな。思ったより近い。


IMG_0104
住居を改造したような二階建て。
1Fは販売スペースと珈琲店?
2Fがボドゲスペース。
トイレは男女あるので民泊でもやってたのかな?
駐車場は3台ほど。



IMG_0118
あちこちにボドゲ棚があったが、一番マニアックな棚w。
映画系ボドゲやってみたいなぁ。



IMG_0105
2Fでは猫が放し飼い。
苦手な場合は離してもらえるよ。
自分は猫派なので嬉しい。



IMG_0106
ゲームしてるとたまに机に乗ってきます。
そこ座られると遊べないんだけど…(嬉しい)。


IMG_0107
「パゴダ / Pagoda」 Arve D. Fühler作

持参初プレー。

公開手札5枚と非公開手札2枚。
手番では任意枚数使って柱や屋根を建築。ただし柱は3つまで。
同じ段には同じ色の柱を建て、その上に同じ色の屋根を建てる。
置いた屋根タイルによって次の柱の色が決まる。
柱は一本につき段数分が得点。4段まで。屋根は1点だが特殊効果が貰える。
四段目を完成させる屋根を置いたら、その上に同時に柱2本を積まないといけない。
カードが2枚いるが、本数カウントは1本分で、5点。
手番終了時、手札マックスまで補充。

屋根置く度に能力獲得して2回使える。
能力は屋根の色によって決まってる。
カードを追加で引いたり、2:1ワイルドに出来たり、引き直せたり。
柱4本建てれるやつと手札2枚増やせるやつが強いかな。

ちょっと引きゲー感が強いかな。
結局は今得点の高い段の色を引けるかどうか。
そうでなくても一気に柱置いて屋根建てるために同じ色3枚以上引けると強い、というか引けないと弱い。
そこを能力でなんとかしろって事だろうが、能力得るにも屋根置けないとなのでね。

結果:レン 97○、ヤス 92






ここでマジックマさんが偶然来店。
折角なので一緒に遊ぶ。2人用積みゲはまた今度。
ツイートに気付いてほしかったな…。


IMG_0108
「プッシュ / Push」 Prospero Hall作

初プレー。マジックマさん持参。
箱絵の古っぽさが気になってた新作。

手番プレイヤーは好きなだけカードをめくり、3列に振り分ける。
同じ列には同じ数字も同じ色も置けない。
ダイスカードは1列1枚までで、矢印カードは場に並ぶ。
引くの止めるかバーストしたら分配。1列選んで取る。矢印が奇数出てたら逆回り。
当然バーストしてたら自分は取れないよ。

取ったカードの数字が得点になるのだが、肝となるのはダイスカード。
ダイスカードを取ったらダイスを振り、出た色の得点カードを全部捨てなければならない。
当然得点を取るほどリスクが高まる。
なので自分の手番をパスすることで1色選んで確保できる。

シンプルな、リスクヘッジもある運ゲー。

15点近くなった色を確保を繰り返してたら点数増えなくて負けた。
あんまり捨て札にしてないんだけどなー。
マジックマさんの運がよかった。もっと捨ててよw。

結果:レン 76、マジックマ 99○、ヤス 73



IMG_0109
「ラストミニット / Last Minute」Günter Burkhardt作

持参初プレー。
写真撮り忘れたので、猫で遊んでるときのをw。

リアルタイムゲーム。
山札3つあり、好きな山から1枚引き、自分の3つの列のいずれかに配置。
いずれかの列が3枚になったら得点チェック。
色も絵柄も異なるカード3枚で1点、指定の絵柄3つで2点、指定の絵柄2つだけで3枚で3点、同色3枚で4点。
どの役も満たしてなかったら山札の上に戻す。

めくっては置き、めくっては置きのスピード。
どの山でも引けるってのは自分が捨てたカード引かないようにするためでほとんど意味はない。

絵柄は7色8種類ずつだっけか。逆か。
同色3枚で4点が意外に簡単で、点数配分おかしくない?
絵柄の一致とかチェックするのに時間かかるし。
2色決め打ちで狙って、それ以外はもう1列に捨てるでいい気がする。

うーん、な感じ。
せめて各条件を同セット数まで得点化とか欲しい。

結果:レン ○、マジックマ、ヤス



IMG_0110
「バナナバンディード / Banana Bandido」 Michael Loth作

初プレー。マジックマさん持参。

手番ではまず場に4枚並ぶ収入カードのいずれかを取る。
両面になってるので両方貰える。バナナか棒。
その後棒をコストに手札のカードを出すか、他人の出してるカードを破壊するか。
出したカードからは毎手番収入が得られる。
他人のカード破壊したら自分の手札に来る。
破壊は複数プレイヤ―で協力しても良い。他のプレイヤ―に利益はないが美味しい効果を放置したくない時に。
金バナナ(5本分)を5枚取るか、秘密の条件達成したら勝ち。
条件はカードに描かれた特定のアイコン3つが描かれたカードを出すこと。
そのサドンデスもあるので、他人のは破壊したい。

なかなか攻撃的なゲーム。
序盤で棒収入のカード出せると強いな。
アイコンは手札にせめて2枚は揃ってないと辛い。1枚は破壊して奪うとして。

まぁ可もなく不可もなく。バネストらしい。

結果:レン、マジックマ、ヤス



IMG_0111
「メルヘンの森で / Im Märchenwald」 Markus Nikisch作

持参初プレー。
子供向け協力ゲーム。2001年KDJノミネート。

ドワーフ7枚をめくる前にお宝7枚集めて城カードめくれば勝ち。
手番では1枚めくるだけの神経衰弱。
狙ってるお宝発見したら次に狙うお宝が同時に指定される。
魔女カードめくると2枚入れ替え、カラスめくるとお宝1つ没収。

最大の特徴としては相談可能ってとこだろう。緩い。

狙ってるカードが出てないとき、残りのカードめくってくしかないんだよね。
んで最後のドワーフ引いて負けた。

魔女は正直意味為してないな。
ドワーフじゃない2枚入れ替えれば、時間制限もないので手損もない。
まぁまだ見てない2枚入れ替えるのが一番影響ない。

うーん、子供向けだなぁ。
未就学児くらいと一緒に遊ぶのが良さそう。

結果:失敗:レン、マジックマ、ヤス



IMG_0113
「アーボレータム豪華版 / Arboretum Deluxe Edition」 Dan Cassar作

持参品。この版は初プレー。
わざわざ豪華版を買ったので、全カードホイル仕様で木箱入りだよ。
まぁルール的な変更や追加は1つもないけどw。

手番では山札か誰かの捨て札トップから2枚引いて、1枚出して1枚捨てる。
最終的に各自の手札比べて合計値のマジョリティ取ってる木で得点計算。
なお1のカードを誰かが持っていると誰かのその木の8のカードは0になる。
得点は自分の場のその種類の木から始まって、昇順で辿って、その種類の木に到着する経路枚数。
途中の木ば別種で良い。同種で揃えて4枚以上だと1枚あたり2点になる。
また、1を使ってると+1点、8を使ってると+2点。

出したカードが得点だが、手札でマジョリティ取る必要があるってのはクニツィアっぽい。
人の場と自分の場と手札見れば特定の木のどの数字が残ってるか分かるので、マジョリティ負けない程度に手札を残して出す。
捨て札は覚えておこう。

自分の得点用のカードは確保したいし、他人に渡したくないカードはマジョリティ邪魔するためにも取っておきたい。
手札は終始7枚なので無駄なスペースはなくて厳しい。

得点は1種類をそろえるか、複数種類を経路共有するか。
まぁ1種類やったうえでその経路利用して他の得点伸ばすのが一番かな。

良いゲームやで。去年一昨年あたりに何故か日本語版が出たね。

IMG_0112
自分の場だけ他のプレイヤーから隠してくれる猫ちゃんw。

結果:レン 23、マジックマ 25○、やす 24
Renegade Game Studios Arboretum Deluxe, Game
Renegade Game Studios
2018-12-12





IMG_0114
「GEM」 Chris Handy (I)作

持参初プレー。
板ガムサイズの小箱シリーズPack-O Gamesの1つ。
20種くらい買ってまだ半分くらいは積んでるんだよねw。

宝石カードを場に3枚公開して1順競り。
使ったお金は上下逆さにして表現。宝石は赤を上にして獲得。
その後残った2枚、残った1枚も競る。
競りが終わったら手持ちのお金消費して獲得した宝石を活性化できる。緑を上に。
したらばその宝石も競りに使えるようになる。
なおお金だけは毎ラウンド自動で回復する。

最後に宝石の種類でマジョリティてボーナス点、また宝石1つ1点。
ただし終了時に赤くなってる宝石は捨てられるので、それまでに活性化しておかないといけない。
最終ラウンドで獲得する宝石だけは活性状態で獲得できるよ、

悪くないんだが、結局は毎ラウンド活性化する分のお金残して入札するって感じになる。
お金が余ってる状態で取らない利点がないのよね。
3人で場が3枚だから1人1枚って流れになりやすい。
4人だと変わるかもしれんが、落とせないとお金無駄になるのは辛い。

やりたいことは分かるが、どうもパッとしない感じでした。

結果:レン 18、マジックマ 17、ヤス 19○


IMG_0115
「フラッシュ8 / Flash 8」 Joan Dufour作。

初プレー。店の。
概要読むとただの早解きスライドパズルで、それ以上の要素が何かあるのか気になってた。

結論からいうと、早解きスライドパズル以上でも以下でもなかった。

場に人数分のカードが公開されてて、好きなやつを狙ってその配置になるようにスライドパズル。
難しいお題は2点だよ。

まぁ同じの狙って早い者勝ちになるってのは分かるが、それにしても工夫がない。
あと誰かが完成させるたびにストップかかってチェックタイムになるのがテンポ悪い。
この感じ、この前やった『東京住宅』と一緒やな。

正直くっそ微妙。なんのジレンマもない。
『ブレインコネクト』の方が難易度高くて数倍面白い。

コマとボードの出来はいいよ。

結果:レン 16○、マジックマ 9、ヤス 11
フラッシュエイト
Scorpion Masqué





IMG_0116
「ネズミとヤギとクマ / Da bockt der Bär」 Treo Game Designers作

初プレー。店の。メビウス便かな?

全員がカードを1枚ずつ引いて、手番順に好きな相手に渡す。自分でもいい。
既に渡された人には渡せないよ。
んでカードオープンしてコマを進める。
駒が3種類の動物の巴模様になってるのが特徴で、上向いてる動物が有効。
カードによっては有効な動物によって効果が違ったり。
有効な動物を変更するカードの場合は対応するダイス振って進む。
進むときはブルーベリー、キャベツ、コーンのその次にその絵があるマスまで進む。
後者ほど間隔が広い。

各自が好きな相手に渡せるってシステムは中々面白い。
良いカードは自分で取りたいし、弱いのは押し付ける。
後手は選択肢ないので、自分で取りたいのに既に押し付けられてて取れないって辛さ。
分かりやすいね。

まぁ結局は引き運とダイス運なんだけど。
ルーレット回すカード1度も出なかった。

ゲームとしてはそんなに面白くないですw。

結果:レン、マジックマ ○、ヤス



おしまい。
まだ18時頃だったけど2人とも帰っちゃうので自分も帰る。
野良で遊んでもよかったが、大体常にもう1組いるくらいの集客だったので。
もっと認知度上がったら賑わうかしらん。

最近遊び相手が見つからないことも多いので、ちょっとボドゲ環境見直して遊ぶ機会増やしたい。
その為にも野良で遊べると助かるんだが。

とりあえず猫を存分にもふったので満足。数年ぶりだわ。

近いので平日夜とかに集まりたいなー。誰かー。

6/7 東海シミュレーションゲームサークル@聚楽園

この日はこの時勢に珍しく3つのボドゲ会が被ってた。

岐阜ボドは予約満員だし、豊橋は流石に遠いので、もう1つの東海シミュレーションゲームサークルへ。
清州と東海市のどちらかで開催。以前一度清州の方には参加してる。
清州だと車で15分くらいなので近いんだが、東海市は遠いな。
基本第一日曜開催なのできなボド!ゲーマーズと被ってなかなか行けないんだけど。



IMG_9605
「電力世界 / Electropolis」 Chang Yu Di, Ku Chun Wei, Wang Liang作

初プレー。NGOが日本語版出して気になってた。遊べて僥倖。

場に環状に並んだタイルから何枚取るかを順に選択。
枚数が少ないほど手番が早い。おかしな遺言的な。
タイル取るときはその枚数の連続するタイルを取らなくてはならない。悩ましい。
更に同時に場に並んだカード1枚を取って、その下段に描かれた場所にタイルを配置する必要がある。
後手番だと置きたい場所のカードが残ってなくてタイルが無駄になることも。悩ましい。
あとカードには終了時得点や即時ボーナス。

取ったタイルは先述のようにカードに一致する場所に配置。
さらに既に置かれたタイルに隣接する必要がある。
基本的には発電所+資源のセットで得点。
赤の発電所+石炭、橙の発電所+石油の組み合わせ。同じ発電所が隣接すると得点が増える。
ただし、それぞれ大気汚染を起こして汚染トラックが進む。
隣接する発電所の大気汚染を軽減する建物もあるので活用したい。
青い原子力発電所は核燃料とともに最終処理施設が必要。
最終処理施設はボードの四隅にしか建設できない。

紫色の建物は支持率の増加。
最終的に汚染トラックが支持率より高いと差分の二乗がマイナス点。
あと取ったタイル置けないと廃棄して支持率減るよ。

なるほど確かにNGOが好きそうだ。
新しさはないが隙のない作り。美しいがこのストイックさは台湾らしい。
ある意味人を選ぶ。切れ味良すぎてね。

毎回3枚のルールカードが追加されるのでリプレイ性も高い。
今回は「空きマスが-3点になる」「汚染高い人ほどマイナス点」「原子力発電所ないと12点」の3つ。
原子力は1セットで10点なので2セット以上作れればプラス点。半端に原子力発電所だけあって核燃料足りないとかだと最悪。
でもまぁ流れで取れそうなら取るし、取らないで済むなら取らない。
ただ、空きマスの失点がデカいのでできるだけタイル枚数を確保したい。

なので1ラウンド目はどれ取ってもいいやと最大枚数6枚を選択。
んで24マス中5マスが埋まる。あれ、8ラウンドあるんだが…。
んで気づいた。これ燃料多く取ってボード配置枚数減らすか、そもそも取る枚数減らさないと溢れるぞ。
更に流れ的に赤橙の発電所はあまり取らない感じになったので、燃料もそこまでいらない。
なので以降は基本3枚取りで手番を早める。カードも好きなの選べて配置自由度高いし得点高いの取れるしね。

というわけで最終的には1マス空きで終了。1枚も捨ててないよ。
核燃料と最終処理施設余分に持って6ラウンド目終えたが、残り2ラウンドで原子力発電所1枚も出ないでやんの。
出てればもう10点増えたんだけどな。
まぁ勝てたから良し。

なるほど非常に面白い。タイル配置の気持ちよさよりは苦しさが強いけど。
これ4人でも常にカード4枚らしいんだが、4番手辛すぎね?
3人ならまだ3番手でも2択だから救いがあった。
この苦しさを楽しいって思える人ならタイル配置系のベストになる可能性は十分ある。

面白かったが、買うかは悩むな。

結果:レン 97〇、ハヤシ 82、コタケ 72



IMG_9606
「カウチャク / Kauchuk」 Yaniv Kahana, Oren Shainin作

買って1回しか遊んでないから立ててみた。
輪ゴムでエリア囲い。

途中で気づいたが、3人プレーで4人用ボード使ってた…。
そりゃ広いよなぁ。ほぼ絡みなしで終わってしまった。
申し訳ない。

ボードは5番。
輪ゴム同士の外側でエリア囲んで、4マス以上だとその数分追加点。
元々それでも資源は貰えるので、つまりは狙って得点取れと。
6ラウンドしかないので、最終ラウンドでどかっと囲って大量得点。
勝った。

今度はちゃんとマップ合わせないと…。

結果:レン 42〇、ハヤシ 19、コタケ 31



IMG_9607
お昼休憩。カレー。



IMG_9608
「探偵稼業 / Detective Life」 麻生忠嗣 作

持参初プレー。
推理ゲーと思って買ったら記憶ゲーだったよ。
NGO力作のスタンド15本付。

8色のカードに絵柄が6種。48枚。
手番では1枚引いて、その後情報交換か捜査。
情報交換は他人のカード1枚貰って、自分も1枚返す。
捜査は同じ絵柄を探して連続で当てて行く。相手の選ぶと相手が1点。外したら終了。

このゲームの特徴として、カードの位置は公開情報でどのカードがどの絵柄なのかを覚えておかなければならない。
色は背面から確認できるので、あのカードがあの絵柄だったなぁって覚える。
カードがあっち行ったりこっち行ったりで忘れるし、場所固定されてても同じ色が同じスタンドにあるとどっちがどっちだったか…。

んで捜査。
自分のでも相手のでも1枚指定して、相手のなら相手は1点獲得し、自分だけタイルを見る。
基本的にはその1枚目の絵柄を対象に捜査していくが、既に自分が捜査して公開してる絵柄だと失敗。
そうでなければあとはその絵柄のカードを探す。
指定するときは絵柄だけじゃなくてどのカードかも指定なので誰が持ってるだけじゃなくてどのカードがその絵柄かを覚えておかないといけない。

3回捜査してカード公開した人はゲームから抜ける。早抜けボーナス有り。
また、同種の絵柄5枚以上公開されたらマークしておき、4種マークで終了。全員抜けても終了。
各絵柄でマジョリティ見てトップは枚数×2の得点、2位は枚数+2、それ以外は枚数が得点。

各絵柄8枚で、タイでもフル得点なので、なるべく4枚公開を狙いたい。
あとから追加公開はできないので、4枚が確定するまで待ちたいが、他の人に先に捜査されてしまうと無駄になる。
なので3枚くらいで妥協してやっておけば、運が良ければトップ、ダメでも2位で+2点は取れる。

更に後半になるとどの色のどの絵柄が公開されてるってのが場を見て分かるので、見てないタイルでも絵柄が推理できる。
特に同じ絵柄集めてる人が持ってるのに出さなかったやつは除外して考えれたり。
そこらへんはしっかりと推理ゲームしてる。

それなりに記憶力は必要だが、思った以上にライトな感じで悪くない。
外しても相手に1点入るだけってのも気が楽。

結果:レン 29、ウチダ 22、アンドウ 15、ゆう 30〇



IMG_9609
「天下鳴動」 与儀新一 作

製品版は初かな。
プレイ自体は3度目くらい。

何度遊んでもルールがシンプルで美しい。
コンポーネントも製品版になって豪華になったので良いね。

サイコロ振り直すルール間違ってたけどまぁいいや。

今回東日本で3人が殴り合って、西日本がスッカスカw。
そこを一人で蹂躙したゆうさんが圧勝w。まぁそうなるわな。点数高いし。

結果:レン 21、ウチダ 19、アンドウ 25、ゆう 41〇



IMG_9610
「フリークショップ / Freak Shop」 Henri Kermarrec作

持参初プレー。

手番では2択。
・同種カードN枚出して場から他の同種カードN枚取る
・任意の枚数のカード出して、その合計値に等くなるようにカードを何枚でも取る
その後山札から場に2枚公開。

つまりは上のアクションで数字小さいカードを数字大きいカードに交換して、下のアクションでそれを数字の小さいカード複数枚に交換する感じで手持ちのカードを増やして行く。
当然数字が大きいほど枚数は少ない模様。

勝利点は場に出てる3枚の得点条件タイル。
プレイ毎に変わるのでランダム性。
今回は「カードの合計値÷10の得点」「数字が連続する枚数×3点」「値札タグが付いてないカードの枚数×2点」。

なのでできるだけ各数字1枚は残しながら、大きい数字のカードを集めて、選択肢あれば値札ないのを取る。
もしくは大きい数字のカード1枚吐き出して、値札のないカード数枚取れれば美味しい。

なるほどシンプル、そして豪快。
毎手番2枚場に補充なので場がどんどん増えて行く。
終了条件は山札の下の方に入ってる閉店カード出たらなので、結構あっという間だ。

そんなに深みはないが、遊びやすいゲーム。

結果:レン 56〇、笠松 47、ハヤシ 29



IMG_9611
「四人議会 / Council of 4」 Simone Luciani, Daniele Tascini作

久々に。ツォルキンコンビ。あまり遊ばれてるのを見ないね。

議員の色に合うようにカードを出してタイルを獲得。
タイル裏返して家建ててボーナス。複数が道で繋がってれば連鎖発動。

富める者がどんどん富むゲームなので出遅れると辛い。
カードの引きは大きいしね。
ゆうさんが独走だったなー。

結果:レン 45、ゆう 93〇、ウチダ 失念



IMG_9612
「ジンジャーブレッドハウス / Gingerbread House」 Phil Walker-Harding作

持参品。もっと遊ばれていいゲームなんだけどな。

ドミノタイル重ねて資源獲得、資源払ってカード達成の煌き系。
階層完成させるとボーナスカード取れるのでどれを優先するか。

なんか後手番辛いなと思ったら、初期で逆順カードピックするの忘れてた!
インストの最後に言おうと思ってたら…、触れておかないとダメだなぁ。
失礼しました。インストミス多いなぁ…。

逆に言うと手番順補正ない煌きは…。

結果:レン 62〇、ウチダ 58、ゆう 50



IMG_9613
「ふくろキャッチ / Schnapp den Sack」 Wolfgang Kramer作

持参初プレー。
アーチゲームズの小箱福袋から。
そういや出てたなこんなの。

直立するズタ袋が気になる。ご想像の通り、リアルタイム早取りだ!

自分の山から1枚めくる。
カードは4色あって、場には対応する列。
めくったカードをその列に加えるか、1枚を上書きして、合計数を6にできると思ったら袋を掴む。
スルーなら場に加える。6を超えてたら最大値を上書き。

うむ、分かりやすい。
ヴァリアントで合計値を7~12に変えたり、列ごとに別の数字にしたりできる。

軽ゲーとしては中々悪くない。
常に全員参加のジャングルスピードとかそんな感じ。ハリガリか。未プレーだ。

結果:レン 23〇、ゆう 15、タカ 18




終わり。
リサイクルショップ巡りして帰ったよ。

バティークキッズを300円で買えてホクホク。

2/29 まいたーん!サタデーボードゲーム倶楽部@今池

岐阜でメインに活動してるまいたーん!さんが名古屋で隔月くらいでやってる大人向けボードゲーム会に初参加。

初参加だけど他に目ぼしい会がなかったので見知った顔が覆いw。

特徴といえるのは主催者側で卓の時間管理をして、メンバーのシャッフルを率先して行ってることかな。
窮屈っちゃ窮屈だけど交流という点では良いね。
そこまで厳格なものではなく、重ゲーやってる卓は続投できるし。
あとスタッフの人が結構多いのが珍しいね。



IMG_9266
「チケットトゥライド拡張マップ日本&イタリア / Ticket to Ride Map Collection: Volume 7 – Japan & Italy」 Alan R. Moon作

今回は日本マップ。初プレー。きっと君持参品。
最近出たやつ。

日本マップは細長いのがどうなるかだが、このマップでは共通路線である新幹線が登場。
誰でも引けて、自分がどれだけ引いたかを新幹線トラックで記録。
最後にマジョリティ見て得点。
あと東京だけ地下鉄路線があって、東京駅を玄関に乗り入れ。

新幹線があるので、長距離の目的達成も以外と簡単で、自分から率先して引かなくても勝手に達成できることも。
ただし、全国引ききるだけの新幹線コマはないので、北寄りになるか、南寄りになるかは展開次第。
面白いのは新幹線コマが尽きたら新幹線路線は普通の路線と同じく個人路線として使えること。
しかも全部単線なので早い者勝ち。
ある程度自分で新幹線引いて自分が伸ばしたい方をコントロールして、新幹線コマが減ってきたらマジョリティに絡めるように手札管理、枯れてからはクリティカルな路線を押さえて達成を狙う。
マジョリティ得点はかなり大きいので無視はできない。1位差は10点刻みくらいなので無理に1位は狙わなくてもいいが、3位くらいには入りたいところ。

目的達成が他のマップに比べてやりやすい分、どれだけ良い路線多く引けるかが大事。
10枚くらいは達成したかな。すごい量。
地下鉄は細かい路線が多くて狭い分、絡んでると得点が高め。
玄関口となる東京周辺は押さえておきたい。

拡張マップはそんなに遊んでないが、個人的には好きなバランス。

新幹線置いてかれない程度について行って、最後の1個で2位タイに。
あとは目的引きまくって達成。最後の1枚は失敗したけど。
短い路線ばかりで路線点は低めだったが、目的地大量達成で1位。

結果:レン 96〇、あんどう 77、大臣 57、きっと 79、ガースー 46





IMG_9267
「ジャストワン / Just One」 Ludovic Roudy, Bruno Sautter作

2回目。
ヒント被っちゃだめよのお題当て。

人数多いとヒント多く出せるが、その分被りやすい。
でもまぁ被らなかった時は当てやすいので多い方が良いかな。

写真のは「登山」だったが、回答は「雪山」。あー、惜しい。
そこの区別は難しいなぁ。

あと「横断歩道」のお題で最初「アビィロード」って書いて書き直して「ビートルズ」にしたがどっちにせよ伝わらなかったよ。

結果:レン&きっと&do&あんどう&大臣&がーすー 8
ジャスト・ワン 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2020-02-20




IMG_9268
「ジャストインタイム / Just in Time」 Günter Burkhardt作

持参品。なんか軽めの枠。

ウボンゴ的なパズルだけど、埋めずに残せた数字のマスが得点。
他人と同じ数字は宣言できないよ。

終盤で満点出せたので勝ち!接戦だった。

結果:レン 79〇、きっと 75、do 77



IMG_9269
「ストーンエイジ / Stone Age」 Bernd Brunnhofer作

持参品。なんか初心者でも遊びやすいやつってことで。

資源集めて契約タイル達成やカード買って得点。
特徴としては資源の集め方が置いたワーカー数分だけサイコロ振って、合計値を対応する資源の単価で割った分だけ資源が取れるところ。
木材だと3で割って、金だと6で割って。

今回普段あんまりやらないカードのセットコレクション点を狙ってみた。
結果全種コンプリートして64点取って勝った。
競合いなかったから集めやすかったね。

結果:レン 194〇、ハヤト 148、ガースー 88、かにかま 98




IMG_9270
「ダイスシティ / Dice City」 Vangelis Bagiartakis作

持参初プレー。安くなってたので。

手持ちダイスじゃらっと振って、対応する色の対応する数字のマスに置く。
手番では任意のダイス消費して、ダイス1つを隣接するマスに移動したり、ダイスの置かれたマスの効果発動したり。
効果で資源獲得して新しいカード購入してマスを強化。もしくは戦力で敵や他のプレイヤ―の建物殴って得点稼げるぞ。

結局はカード買っても6分の1でしか効果発動しないから、移動も込みで考えたい。
悪くないんだが、相手殴って建物壊したり、それを1手使って直したりと、なんかイモい。
拡大してく感じが地味で、気持ちよさがあまりない感じ。
一応資源特化とか戦力特化とか、得点効果に振ったりとか戦略は複数あっていいんだけどね。
ダイス増やす要素があればもっと派手になった気もするが。
まぁバランス的に難しいのだろう。

結果:レン 68、きっと 55、大臣 72〇
ダイスシティ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2016-05-14




IMG_9271
「クロンダイクラッシュ / Klondike Rush」 Ryan Laukat作

持参初プレー。これもホビージャパンが入れたのがかなり安くなってる。

競りでカード手に入れて、配置用のキャンプコマを獲得。
誰が落としても手番プレイヤーがキャンプコマを配置。
任意数配置できるが、同色のコマからの経路に描かれた分のお金が必要。
他色コマがある経路は常にコスト1になる。
コマ置いたマスにあった資源チップ獲得して、手持ちの契約達成できたら収入。
このゲーム、お金得る条件がかなり厳しく、契約による収入でちまちま稼ぐか、ゲーム中1度だけ使える収入カードで手持ちのカード1枚につき既に建てられた同色キャンプコマ1つにつき1金稼ぐか。
収入カードはゲームが進むほど貰えるお金が多くなるので、なるべく使わないで耐えて大きく稼ぎたい。
だが、その前にお金使い切ってしまうと何もできなくなって苦しいので、上手く契約達成して生き長らえたい。
非常に苦しい洗面器。辛くて楽しい。

あまり早く収入得てもそれを使い切ってしまったら今度こそ何もできなくなる。
なるべく無理な支払いはせずに、機を待ちたいが、自分の手番までにカード競り落としておかないと置くキャンプコマもなくて何もできない。
適切なタイミングで、適切な価格で、必要な時にはちょっとだけ頑張っての資金管理が必要。

んんん…面白いぞ、これ。
非常にお金が苦しいなかでの資金管理、コマ確保、収入カードの洗面器。
見た目とは裏腹な良質な競りゲー。
お金尽きた人は何もできなくなるので、辛いゲームでちょっと上級者向け。
それでも全体で1時間程度で終わるのでそこまで重さはない。
これ2000円切ってたのはおかしいな。良作!

結果:レン 198〇、あんどう 115、マジックマ 89、きっと 129




IMG_9272
「フィニート / Finito! 」 Hartmut Kommerell作

マジックマさん持参。
遊ぶのは数年前の草場邸以来で2回目。

20面ダイス振って出たマスにランダムに引いたタイルを配置。
全部埋まったら今度は出たマスに他のタイルを移動。
全部昇順に並べたら勝ち。

悪くはないんだが、最近だとコンプレットが面白さ的に上位互換なのよね。
ラッキーナンバーしかり。
同じ感想を前回も思った気がする。

結果:レン 〇、きっと 〇、あんどう、マジックマ


IMG_9273
「ウエーブレングス / Wavelength」 Alex Hague, Justin Vickers, Wolfgang Warsch作

最後にこれ。

やっぱり相手チームのダウンタイムが気になる…。
まぁふんわり遊ぶのが吉。

結果:エース&do&マモル 10、レン&マジックマ&早川 6



おわり。



IMG_9274
fくろうでまぜそば!



2/7 マジスパゲーム会@大須

久々に参加。

大須のマジックスパイスでカレー食べてから遊ぶよ。




IMG_9079
イエサブ会通ってた頃は毎週食べてたんだけどな…。
最近はめっきりです。



IMG_9080
「スカウト! / Scout!」 ワンモアゲーム!

とりあえずスカウト。

5人だと出したカードが残ったまま戻って来て終わることがほとんどないやね。

誰かが出し切ったら終了なので、下手にため込んでもマイナス喰らうだけやで。
少しずつでも出した方が得点は伸びる。出せるなら出した方が無難。
まとめてドバっと出せるようになるなら別だけど。

やっぱり個人的には支離滅裂の方が好き。

結果:レン 30〇、うめゆ 19、シママ 20、れみ 5、ねくろん 21



IMG_9081
「ループトラックス / Loop Trax」 David L. Smith作

ねくろんさんと。
ある程度アブスト強い人とやったら引き分けになりやすいな。
もうちょっとレベル上がれば勝ちの手も見えてくるんだろうが。

うーむ。

結果:引き分け:レン、ねくろん



IMG_9082
「マウマウボードゲーム / mau mau!! Das Brettspiel」 Reiner Knizia作

持参初プレー。クニツィア作のボード版マウマウ。
マウマウってのはドイツのウノな。クレイジーエイトともいう。
正式な読みはマオマオだけど。

ゲームとしてはロンドとエルファーラウスボードゲームの合いの子って感じ。

手番では直前のタイルと同じ色か同じ数字を出す。
どちらも一致したら2点貰える。
☆の描かれたマスに置ければ1点。
出せないなら1枚引く。
残り1枚になったら「マウ!」、全部出し切ったら「マウマウ!」って言って5点取って5枚補充。

この時は5枚補充忘れてたけど。

あとは自分以外1ドローのマス、置かれた数字が以後何枚でも出せる塔のマスがある。
特殊タイルはワイルド、2ドロー(連鎖可能)、スキップ。
まぁそんな感じ。

ほぼ手なりで出すしかないんだけど、次のプレイヤーが☆のマスに置けないようにしたい。
途中分かれ道があったりするので、その場合はどっちに出すかで選択肢がある。
下家が持ってない色や数字覚えておければ強いのか?
まぁそこまでガチでやるゲームでもないか。

ゆるーく遊べます。

結果:レン 23、うめゆ 31、れみ 21、シママ 45〇



IMG_9083
「ペーパーブロックス / BLOXX!」 Klaus-Jürgen Wrede作

持参初プレー。ヴレーデの紙ペンテトリス。
名前の読みがブロックスと同じだからペーパーブロックスって邦題だが、関連性はないよ。
駿河屋で中古買ったらBLOXXじゃなくてBRIKKSの和訳が入ってたんだがw。

手番プレイヤーはダイス2個振ってどちらか選ぶ。
ペンタミノが描かれてるのでそれを自分のシートに記入。
〇が描かれてる部分には〇を描き、数字のあるマスに〇を描ければその数字分得点。
他のプレイヤ―はもう1つのダイスの出目を使って描くか、手番プレイヤーが使ったダイスを使えるがその場合は〇は描けない。
あと色のラインは全部埋めると早取りで得点があるよ。

うむ、シンプルだ。
セカンドチャンス、パッチワークドゥードゥル、ブリックスにペーパーブロックスと立て続けにテトリス紙ペンゲームが出たが、まぁどれもどれだ。
特に出色なのはないので好きなのを選べばいい。
紙ペンが嫌ならアハイアルとかスプリングメドウとかもあるぞ。

結果:レン 32、シママ 33〇、れみ 31、うめゆ 13




IMG_9084
「ブクブク / Land Unter」 Stefan Dorra作

希望があったのでブクブク。

カード同時出しで水位カードを取るが、最大値が低い水位、二番目が高い水位を取る。
3位以下狙ってしゃがむか、取るなら1位を取りたい。
既に高い水位を持ってる人は水位低くするためにカード取りに行きたい。
今回の高い水位よりも高い水位を既に持ってる人がいるなら2位取ったとしても、その相手が1位じゃない限りはライフ失うのはその相手だ。

久しぶりにやったがやはり名作だな。

結果:レン 4、シママ 7、うめゆ 11〇、れみ 4



IMG_9085
「トリックパーティー / Trick Party」 FR@ games

持参初プレー。500円シリーズのやつ。なんとなく買った。

マストフォローのトリテだが、カードに描かれた革命アイコンが奇数枚出たトリックでは数字の強弱が逆転する。
アップ&ダウンっぽいね。
まぁそれでも切札は強い。

毎トリックごとに得点カードが公開されて、トリック取った人がそれを取る。
取りたいトリックと取りたくないトリックがランダムに出てくるわけだ。
ちなみに最終トリック取った人は脱落です。

まぁシンプルなトリテ。
下手にいじってない分悪くはないね。
500円ならさもありなん。緩く遊ぶには良いのでは。

結果:レン -1、シママ -7、うめゆ ×、れみ 0〇



おしまい。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ