ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:その他

9/29 ボドゲ難民を救う会@北名古屋

ゆずさんとこの日何もないねーって話してて、んじゃなんかやろうかと合同企画。
ゆずさんが募集して、自分が場所取って、まぁそれだけだけど。

結果ほぼ満員。ギリギリに募集しても集まるもんだね。
自分だけじゃこうはいかないので、ゆずさんの人徳だろうな。

ちなみに二人とも主催業する気ないので、適当によろしくね。




IMG_8052
「ボルダリングレース」 エポック社

持参初プレー。
家でテストプレーはしてて、1人用だから実質そちらが初プレーか。

今年のおもちゃ大賞。
左右のレバーを操作して人形を登らせていく。
落ちずに上まで到達すれば成功。

途中のブロックに体がひっかかって浮いたり、腕を開きすぎるとひっかかりの開口部が上を向いて外れたりで、落下する。
片腕外れたら掛け直せってあるが、大人が遊ぶなら片腕外れたら失敗で一からやり直しでいいと思う。

なお、ブロックの位置付け直すことで難易度調整が可能。

基本両方同時にレバー押し下げて両腕同時に上げるのが早い。
ボルダリング感ないけどw。
体の角度どかでそれじゃ引っかかりにくい場所は片方ずつ、場所によって右右左と順番を考える必要があってトライ&エラーでクリアする感じ。

熱中するよね。良い。
ゲームと言うかは玩具だけど。






IMG_8053
「ミステリーデートゲーム / Mystery Date」 Marvin Glass作

持参初プレー。
かんちょーに貰ったんだっけか?

ルーレット回して外周を進む。
基本は山からカード引いたり、誰かからババ抜きしてカードを集める。
カードにはジャンルと1~3の数字。
同ジャンルの1~3を集めるのがまず目的。
んで、チャンスマスに止まったら、ダイヤルを回してドアをオープン。

IMG_8054
中から現れた男性が自分の揃えたカードのジャンルと一致してれば勝利。
そうでなければ閉じてやり直し。

仕組みとしてはページによってダイヤルの切り欠きの位置が違ってて、回したダイヤルの角度によって開くページが変わるようになってる。
どの角度でどの絵が出るかは固定なので、前回どこ開けたかが分かってれば任意のページ狙って開けれるんだが、まぁ無粋よね。

運が悪いといつまでも終わらない系。時代だね。

結果:レン、きっと ○、ゆず、B






IMG_8055
「アンティクィティ / Antiquity」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

やりたいと言われたので持参したら、自分抜きで立てられそうになって悲しくなったぞ!

さて遊ぶのは5度目くらいか?

すぐりさんも先日遊んで気に入ったようで、大分研究してきたようで。
初動から二人とも大聖堂建てるの前提で動く。
自分はいつものパターンで倉庫なしで資源保管可能な聖人で資源コンプ狙い。
すぐりさんは全特殊効果使えるが、勝利条件2つ達成しなきゃいけないやつ。

作戦としてはいつも通りダンプとアルケミー、病院を早めに建てて。
種は今回はマーケットで交換して取ることでバイオロジー建てる場所を削る。
途中ブルワリー立てたが一度もイン作らなかったのでそこは完全に失敗した。

ある程度基盤が出来たので、あとはひたすら資源獲得していく。
全部収穫出来たら3つ残るように、余った分をマーケットに回して。
自分もすぐりさんもゆずさんもあと1ラウンドあれば勝利条件満たすって状態になったけど、
そのラウンド中になんとかこねくり回して資源変換して勝利条件達成。
1ラウンド差の勝利でした。

IMG_8056
今回初めて気づいたが、この勝利条件に木と石はいらんのね。
今までそれも集めてたので実際もうちょっと楽だったわ。
都市2つで最後まで乗り切ったぜ。
汚染も墓もきつかったが。
収穫に人回してるから病院・アルケミー・ダンプを全部撃つだけの人が足りない…。

ブルワリーが完全に失敗だったなー。

数か月ぶりにやったがやっぱり面白い。
次回は違う勝ち筋に挑戦してみたい。速攻戦略とか。

結果:レン ○、すぐり、ゆず、オセロ







IMG_8057
「Escape from the Aliens in Outer Space」 Mario Porpora, Pietro Righi Riva, Luca Francesco Rossi, Nicolò Tedeschi作

持参初プレー。
オスプレイから出てるアルティメットエディション。安かったので。

宇宙飛行士側とエイリアン側になって、宇宙飛行士は脱出ポッドに辿り着いて逃げることが目的。
エイリアンは宇宙飛行士の居場所を特定して、同じマスに入って殴って殺す。
殺された宇宙飛行士はエイリアン側になって復活する。

陣営カード配って誰がどの陣営か不明の正体隠匿。
手番では宇宙飛行士は1歩、エイリアンは2歩動いてその場所を自分のシートに記入。
灰色のマスに止まった場合、カードを引いて指示に従う。
今いるマスを明かすカードや、関係ないマスを宣言して嘘をつけるカード、色々な効果のあるアイテムカードなど。
あと各陣営のキャラクターにも特殊能力があるよ。

デザインにこだわり過ぎたんだろうが、カードが全てアイコン化されていて、しかもアイコンはどのカードか区別するだけで能力を表してるわけではないので非常に分かりづらい。
これはあかんなとサマリー自作。必須だわ。

今回5人プレーだったので人間2人とエイリアン3人。
誰がもう1人の人間かは分からないが、Bさんは明らかにエイリアンな挙動してるので反対方向のポッドへ向かう。
途中嘘吐けるカード引いたので、左上に移動してるように見せかけながら左下へ。
その後、居場所言うカード引いたが、どうやらそちらが嘘だと勘違いしてくれたようでセーフ。
とはいえ大分他のプレイヤ―からも距離があったようで、そのまま逃げ切って脱出成功。
その直前でもう一人の人間だったヒゲさんはエイリアンに食われましたw。

うーん、ちょっとエイリアン側辛いかな。
まず誰が人間か分からないので相打ちもあり得る点。
居場所の特定も難しく、宣言が嘘か本当かも分からない。
スコットランドヤードみたいに確定で居場所言うってことが少ない。
一応相手の居場所聞けるアイテムがあるが、それ引かないとダメだしね。
そもそもエイリアンはアイテム使えないし。
エイリアン側の能力は一部のアイテム使用できて人間と見せかけられるだけで、特定できるわけでもない。
せめて正体明かすと探査能力使えるとかにならなかったのかね。

ちなみに自キャラの能力は1回だけ居場所バラすカード引いても嘘吐けるやつだったが、使わずに終わった。

これ、エイリアン引いた人は自分から正体バラして手分けして各方向に散るとかしないと無理そうだな。

ちょっとイマイチだなぁ。
マップも複数種類あるので、もっと狭いマップだと頭脳戦になるかもしれん。

結果:レン ○、ヒゲ、B、ぬこ、よし9



IMG_8058
「ペトリコール /  Petrichor」 David Chircop作

初プレー。
阿多丸さんに買ったので付き合ってほしいと言われたので。
丁度気になってたし遊ぶ。インストは要練習!

手番ではカード1枚出して対応するアクション。
雲に自分の雨コマ載せてボードに配置、雨コマ2つ追加、雲を移動、雲から雨コマ1個を2か所まで降ろす。
さらに自分の投票マーカーを出したカードに対応するマスか、その時計回りに次のマスに追加。
更に1アクションできるが、その場合は同色カード2枚出す。
カードは任意の2枚でワイルドになる。

雲は盤面と手元の間の1ステップで、盤面にコマ配置するのに雲経由で降ろす必要がある。
雲同士が同じマスに入ると合体して1つの雲になる。
コマ4つ以上で雷雲になり、8個以上で崩壊して全部のコマが降ろされる。だっけか。

全員がパスしたらラウンドが終わって、投票が最多だったマスのアクションが起きる。
雲が全部雷雲になる、任意の雲に雨コマ追加、全ての雷雲から1つずつ雨降る、とかそんな感じ。

んで盤面上の雨コマでマジョリティ。
タイルによっては2位の方が得点高いとか、人数によって得点変わるとか、色々条件があるので得点高そうなところを押さえる。
決算のために必要な最低コマ数があるってのがほぼ共通。
他人と相乗りするのが得策だが、自分が1位になりたい場所や2位になりたい場所がある。

なんか分かりづらいテーマだが、思ったよりもシステマティックな印象。
ちょっと特徴的なのが、決算起きるタイミングで、ゲーム終了時には1回あるんだが、それ以外はプレイヤーが自分で起こさないと発生しない。
手番で投票コマ置く代わりに、中央の3つのダイスのいずれかの目を1つ減らして1点獲得。
全てのダイスが底値になったラウンドで決算が起きる。
当然盤面点高い人がこれやらないと他の人やらないよね。
まぁ1点狙いにやるのは有りだが、それで何点かビハインドするようじゃ意味がない。

こんかいショートゲームだったのでゲーム中に決算1回しか起きず、終了時合わせて2回だけ。
まぁロングゲームが基本なんだろうが、ちょっとどうなんだろうね。

まぁ悪くはないゲームだったが、どうも印象に残らないな。
デザインが質素すぎるのが主な理由か。
白背景多用はスマートに見える反面、地味になるのがデメリット。

ちなみにペトリコールってのは雨上がりの土から香る臭いのこと。
語源は何語か忘れたけど「石のエッセンス」。
クイズに出るよ。覚えといてね。

結果:レン 65○、きっと 59、阿多丸 40

ペトリコール 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-08-23






IMG_8059
「Buffalo: the name dropping game」 Mary Flanagan, Sukdith "Sukie" Punjasthitkul, Max Seidman作

先日もやったやつ。
特に終了条件もなく、きっと君とだらだらとやってた。

総じて、辛い。



IMG_8060
「フィッシュクック / Fish Cook」 James Ernest作

持参初プレー。チーパス。

アーネスト作なんだけど、元ネタがあるようで。
なんかどっかの日本やら台湾やらのゲームが元だけど、それにもまた元ネタがあるって感じ。
なんか良く分からんからいいや。そんな興味ないし。

魚(ダイス)と材料買って料理作るよ!
ラウンド開始時にダイスじゃらっと振ってより分けて魚が市場に並ぶ。
材料の列は各列1回ダイス1つ振って、出目に対応する列まで材料が埋まる。
手番順に魚買うか、材料買うか、カード買うか。
魚と材料はマスに描かれた価格。カードは公開されてるのは5金、山札トップは2金だったかな。
いずれかの材料列が売り切れるか、魚が完全になくなったら購入フェイズ終わり。
もう1巡だけするが、材料は特に思いがけず終わるので注意が必要。

んで達成。よくあるレシピ達成系。
材料は描かれた材料を、魚は描かれた出目以上を。
達成すると描かれた金額が貰えるよ。手札から達成するか、既に達成した自分の前に置かれたカード再達成で右下のボーナス込みで収入。
他人の前のカードを達成することもできて、その場合ボーナスは相手に行く。
ただし、その後ダイス1つ振って、ボーナス値以上の出目が出ればカードを奪える。

最後にカードのダイス目でマジョリティあるよ。
このマジョリティがダイス目分のお金しかもらえないので超空気。
最大で6金て、レシピ達成で40金とかもらえるのに。無視だ無視。

バランスがいまいちすぎるな。
特に上記のマジョリティな。他人の奪ってマジョリティ取るより手元のレシピ達成してボーナス貰う方が確実だし美味しい。
あとは材料の値段。1金2金しか変わらないので売り切れさえしなければ後手番になってもそう苦しくない。
ここの段階付けは失敗してるね。もっと派手にして良い。

ちなみにレシピカードにデフォルトで日本語の名前が付いてるんだが、どうも中途半端な日本語話者に頼んだのか、意味的には合ってるんだが変な日本語で気持ち悪い。

結果:レン 205○、ヒゲ 166、どん 165、きっと 193



IMG_8061
「ザ・スパイ / The Spy」 KONAMI

持参初プレー。
なんか結構集めてるコナミの古いボードゲームシリーズ。
ムーンウォーク、マネータワーに続いて遊ぶのは3つ目かな。
なんかもう1個くらいあった気がする。大財閥か。

サイコロ2個振って、1つは自分のコマをもう1つは警備員を進める。
サイコロの色決まってるから特に選べはしないんだけどね。
金庫のマスに止まったらもっかいダイス振ってチャレンジ。
数字の青い目が出たら成功で置かれたカード見て好きなのを貰える。
どちらにせよ警備員はまた進む。
機密文書カード、暗号カード、もう1つ名前忘れたけどなんかのカードの3枚集めて脱出したら勝ち。
手札上限3枚なので全枠使うんだけどね。

警備員と同じマス入ったら捕まって警備室へ。指定の目が出るまで出られない。
他のプレイヤ―と同じマスに入ったらダイス勝負。
負けた方は医務室へ。スパイ治してくれる医務室。
あと負けると手札ババ抜きされる。辛い。

うーん、ひねりもなく面白くないw。
只管に殴り合う泥沼ゲーでした。

山札4つあって内容覚えとけってのは当時としてはやや新しいか?
ムーンウォークは海底探検のような共通の酸素があった。
マネータワーはまぁモノポリーのパクリ。
大財閥はどうだろうな。期待はしないが。

結果:レン、きっと ○、どん、ヒゲ





IMG_8062
「ダチョウサーカス」 カワサキファクトリー

持参初プレー。

「俺が行くよ!」「どうぞどうぞ!」なカード取得ゲー。

場に並んだカード5枚中2枚がオープン。
手番では手元のカードで「俺が行くよ」か「どうぞどうぞ」を宣言。
「どうぞどうぞ」をしたら現在裏になってる枚数+1のチップを取得。
「俺が行くよ」を出してる人が2人以上いたら裏のカード1枚表にしてもう1周、を3回まで。
1人だけになったらその人が表向きのカードを全て受け取り、枚数分のチップを払う。

というと早めに抜ければお得な気がするが、このゲーム、カードは同色1枚で3点、2枚で6点だが、3枚以上あると枚数分のマイナス点になる。
なので取りすぎると死ぬ。
更にチップは残ると1枚マイナス2点だったかな。つまりお金ではなくペナルティチップ。
早めに抜けるとペナルティ喰らう。
この認識がないと死ぬね。つか死んだw。

チップ引き取ることでカードを拒否して、ペナルティチップを受け取る。
カード引き取ることでペナルティチップを減らせる。
ある程度までは得点になって美味しいが、取りすぎるとマイナスになる。

この感覚の把握が難しい。
とりあえず初手で降りちゃって苦しんだよ…。
一回分かっちゃえばシンプルなんだけどね。

あと最後まで複数人残った場合、手番順に交互にカードを受け取るので、誰が残ってるかで自分の引き取るカードが決まる。
win-winならいいが相手に都合が悪いと相手が降りちゃうので、こちらが先に降りないと。
そんな睨み合いが中々熱い感じ。

分かった上で再戦したいな。

結果:レン -2、ヒゲ -9、どん 1、ゆず 8○




おしまいー。

半分くらいB級ゲーム会だったなw。

9/8 犬山ボドロジー@犬山

こばやしさん主催の犬山ボドロジーに初参加。
中々タイミング合わなくて来れなかった。

IMG_7892

こばやしさんの知り合いの外人さんが来るってのが特色。
今回はお二人ほど。

なんとなくあまり遊ぶ機会のない英語系のゲームを多く持って行ってみる。
相手がアメゲー好きな方だったのであまり遊ばなかったけどw。


IMG_7886
「Fantastic Gymnastics Vault Challenge」 Hasbro

持参初プレー。
大車輪てつぼうくんの続編。今度は跳馬だよ。

バネ使ったカタパルトで選手を加速して、跳馬に当たったタイミングで跳馬を持ち上げて跳ばす。
上手く着地できれば成功。

まぁ動画見てもらうのが手っ取り早い。


中々難易度が高いのは前のと一緒。
コツとしては押すタイミングはかなり遅めで、跳馬に当たったと認識してから。
当たることで人形が前方に傾いて、斜めに出してる手を跳馬で持ち上げる感じ。
なので結構跳馬としての再現度は高い。体を持ち上げるんじゃないのよ。

一日使ってたら人形の下部の自動で引っ込む部分が稼働悪くなってきた。
原因は人形じゃなくて本体にある気がするんだけど。

余談だが、箱から出して跳馬組み立てると元の箱に二度と入らないw。
これは酷いな。BGGでも言われてるし。
ハズブロとしては箱は捨てる物って認識なのか。






IMG_7888
そして始まる大運動会w。
あとてつぼうくんもやったよ。




IMG_7889
「サンセット大通り / Sunset BLVD.」 Gunter Baars作

久々に持参。バースの初期作。

カード並べたコースは最初全部裏向き。
サイコロ3個振って、1個選んでその数進む。
裏向きのカードに止まったらオープン。
同じカードが2枚ずつあって、既に1枚オープンされてたらそのマスへと移動。
両方表になってても以後相互ワープ。誰かが反対側にいたら場所チェンジになる。

目的は手札に持ってる4枚の絵柄のカードに止まること。
もし手札残した状態でゴールしてしまったら、スタートに戻って手札1枚回収。

面白いのが後半の動きで、後半の裏向きのカードは大抵どこ踏んでも前に戻されることになる。
だが戻った後にまた他のカードでより先のマスにワープすることができる。
なので戻されることが決して悪いことではなくなるってのが面白い点。
まぁ出目死ぬとスルーしてやり直しだけどねw。

あと全体的に裏のカード開けずに先に進む流れだと、欲しいカードが前の方にあると辛い。
今回は地道に開けていく流れだったのでその点は楽だった。

ちなみにカードの絵柄は往年の映画スターたち。
映画好きには嬉しいね。何故かETやアルフがいるけどw。

結果:レン 〇、てる、do




IMG_7893
「アノミア /  Anomia: Party Edition」 Andrew Innes作

これも久々に。

6デッキ入ったパーティー版だけど、2デッキくらいあれば十分。
今回は各デッキから30枚ずつ使ってみた。

各自の山を配って、手番では1枚めくる。前のを上書き。
カードにはアイコンとお題が書かれていて、もし誰かとアイコンが揃ったら、相手のカードに書かれたお題に当てはまる言葉を早い者勝ちで言う。
いわゆるジャングルスピード系のパーティーゲーム。
先に言えたら相手のカードを獲得。下から出たカードで連鎖することも。

ワイルドカードめくったらテーブル中央に置く。
2つのアイコンが描かれていて、以後その2つは同じアイコンとみなすので難易度アップ。
もう1枚出たら上書きされるので常に1枚。

今回「食器用洗剤」ってお題がパワーカード過ぎたw。誰も取れねぇ。
ようやくジョイを思い出した頃にはもう終盤でした。

カードには上下に英語でお題書かれてて、片方だけ訳してシール貼ったんだけど、外人さんいる場では片方英語で残しておいたのは正解だったな。
いくつかローカライズしてるので整合取れてないけどどっちでもOKってことで。
間違ってるって言われてちょっとムカついたけど。

結果:レン、do、ながい、マルコ、ライアン、おおのん 〇





IMG_7894
「投扇興」 お座敷遊び

日本っぽいゲーム持って行こうと思って投扇興を。

扇を飛ばして、蝶と呼ばれる的を倒し、その後の形で得点。
基本的には扇と蝶が被ってるか、扇が枕と呼ばれる台にもたれてるかなど。

役名は源氏物語の帖名になってて雅です。
帚木、空蝉、常夏、夢浮橋など。

IMG_7897
折角なので色んな人に遊んでもらって、その中で出た珍しい役。
枕に扇が乗って、蝶が肩の部分でひっかかった。
鈴の紐が引っかかれば篝火という最高点50点の役なのだが、これは篝火でいいのかな?
肩でひっかかるってのがそもそも役にないので、ただ乗ってるだけの扱いなのか。
判定に悩むね。でもすごい物を見た。





IMG_7895
「クウィックス / Qwixx」 Steffen Benndorf作

適当に鞄に突っ込んどいた手軽枠。

ダイス振って、全員が白2つの合計値を使用可能。シートに×を書く。
その後手番プレイヤーは白1つと色ダイス1つを合計して使用。

各列左から右にしか書けず、一旦過ぎると戻れない。
一番右の数字はその数字が出て、さらにその列に×が既に5個以上ある場合のみ使える。
したらば右のロックにも×書いて、全員その色はもう使えない。

手番プレイヤーがどちらの数字も書けなかったら-5点のチェックマークを入れる。
4回チェックされるか、全員合計で2列がロックされたら終了。

久々にやったがロール&ダイスの流行りだしたきっかけの良い作品。
まぁSDJノミネートしてるしね。
色んな派生作品が出たが、結局これが一番かな。

結果:レン 58、マルコ 75、ながい 45

クウィックス (Qwixx) ボードゲーム
Steffen Benndorf
Nürnberger-Spielkarten
2012-10-30






IMG_7896
「トランスアメリカ&ジャパン /  TransAmerica & Japan」 Franz-Benno Delonge作

初プレー。

トランスアメリカが今になってようやく日本語版が出た。
しかも日本マップも付いたよ。

新ルールとしてルールカードと拒否権ってのが増えたが、今回は使わず。
なお拒否権マーカーは自色の線路コマなのでかつての拡張ルールにも使えて素晴らしい。
ルールブックには記載してないけどね…。

さて今回は日本マップ。変な形だ。
中央の長野が強いんじゃないかと思ったが、結局みんな他のを引いてるわけで、それ以外に協力して伸ばせるのでそうでもない。

問題は北海道かな。左半分がコストの高い海からのアクセスになるので中々そっちに行く人がいない。
今回5ラウンドくらいやったが、全部右半分の根室か釧路、中央の旭川がせいぜいで誰かが達成して終了。
これ北海道左半分引いた人辛すぎるな。
せめてまだ青も左側引けてれば海ルート頑張って開拓するが、青森とか引いてたらまず無理。
うーん、な感じ。

個人的に元々トランスアメリカはそんな好きじゃなくて、カードの引きが大きすぎる印象。
拡張あればまだ駆け引きはあるんだが、基本手なりで打つしかない感じ。
まぁ手軽っちゃ手軽なんだけど、作業感強い。
その印象は今回も変わらないな。

あ、ちなみに旧版は足りなかった距離をカウントしていって、閾値超えたらバーストで負けて終了だったが、残り距離に応じて得点が入る方式に変更。
これはちょっと前の海外版かららしい。見たことあったっけな。

結果:レン 13、こばやし 14〇、マルコ 11、ながい 9






IMG_7898
「Melee」 Steve Jackson (I)作

初プレー。アメゲー好きな外人さん持参。
スティーブ・ジャクソンってことで嫌な予感がするが、まぁやってみよう!

最初にキャラメイク。
Str.(力)とDex(敏捷)を基本値8に加えて8を振り分け。
あと武器の選択。武器チップが10種類くらいあって、Str.の必要値があったり。
ちなみに全て攻撃方法や特殊処理が異なる。む、ヤバくなってきたw。
まぁ適当に選んで説明してもらうだけだからそう難しくはないが。
あと片手武器なら盾持てるし、両手武器でもサブ武器でダガーとか持てる。

今回自分は弓を選択。弓でもライト・ミドル・ヘビーの3種類がある。
あと弩弓はまた別である。
サブ武器はマインゴーシュにしたが、使わなかった。
防御もできる剣。再現度高いぜ。

あとはアーマー値を決める。0~5。
防御力上がるが敏捷が下がる。

んで戦闘開始。
全員ダイス1個振って手番順決定。最大値の人は1番かラストか選択。
相手の行動見て動けるので後手が基本有利かな。
基本は移動。移動歩数は武器によって決まってる。
また移動攻撃もできるが、その場合は移動は最大値半分まで。

自分の弓は10歩移動できるが、移動攻撃する際は1歩しか移動できない。
弓は遠距離から攻撃できるが、近接戦闘では連続攻撃ができない。

攻撃は必要な距離にいる際に選択するが、処理は後。
また一度攻撃すると互いに臨戦態勢に入って、次のターンは普通の移動は不可。
代わりに相手の隣のマスにシフトして攻撃するか、防御か逃げるかの選択になる。

全員アクションしたらコンバットフェイズ。
敏捷の高いプレイヤーから処理。逃げるなら1歩移動。
攻撃する時はまず3D6、合計値が自分の敏捷以下なら成功。
なお相手が防御してるときは4Dになる。
クリティカルならダメージ数倍、ファンブルだと武器落としたり壊れたりw。
成功したらダメージ処理。武器により異なるが基本は1D6。
その値から相手のアーマー値引いたのがダメージ。
あとバックアタックなら敏捷が4増えて、サイドアタックなら2増える。

基本この繰り返し。思ったよりはシンプルだ。

今回自分とライアンさんは弓。ステータス配分は一緒だが自分はアーマー1であちらは2。
この1の差敏捷の差がかなり大きい。
doさんはランスでアーマー2、Tomさんはロングソードだったかなでアーマー4。かったい。

最初近接vs.弓の1:1戦闘2つで始まったが、自分が反対の2人を撃ちに行って、doさんがそっち2人の戦闘に加わる。
しばらくはそっち3人が殴り合ってるのを遠くから見て弓でブスブスしてたが、見かねたdoさんが攻めてきたので逃げるw。
スマブラでサムス使ったときと同じ戦法しとるなw。

3人ともライフ半分くらい減ってて自分はほぼノーダメージ。そりゃ狙われるわなw。
隙をついたTomさんがライアンさんの弓兵殺して1人脱落。
ダメージ的に有利だったが、寄って来たTomさんの攻撃をまぁ一撃くらい大丈夫だろうと思ったらそれがクリティカルで2倍、しかもダメージ判定6の目出て、10ダメ―ジ一気にくらって死亡w。クソワラタw。
Tomさん残りライフ1で瀕死状態でDex.低下してるのにw。
んであと二人で殴り合って、1ダメ入ったTomさん死亡してdoさん勝利。

いやぁ、思ったよりは大分面白かったしシンプルだった。
たまにはアメゲーも悪くないね。
ちなみに魔法使いルール追加されるとまた大量の魔法の種類があるらしい。
もうお腹いっぱいですw。

余談だが、珍しく詳細書いてるのは、珍しく遊んだ当日にレポ書いてるから記憶が鮮明なのよw。

結果:レン、ライアン、do 〇、Tom




IMG_7899
「グローバリッシモ / Globalissimo」 Günter Burkhardt作

持参品。国際色あるゲームを持ち込もうと思って。

並んだ6つの国の順位を当てる。
当てるのは人口・人口密度・国土面積・GNP・CO2排出量・囚人数・舗装道路総延長距離・医者の数・海外からの旅行者数・あと2つ忘れた。
これが毎ラウンド変わって全10ラウンド。

面白いのは上位を当てるのではなく、任意の国1つの順位を当てる。
当たれば3点、1位違うと2点、2位違うと1点。
迷ったら真ん中らへんの数字出しておけば点数は取れる。
スタPから国1つ選んで予想チップを置く。同じ国は選択不可。
全員置いたら裏見て並び替えて得点。

得点トラック上にはチェックポイントが頻繁にあって、最初に超える人は山札トップの国の「首都」か「場所」を答える。
失敗したらそこで止まるので上位に対するハンデになってる。

今回マジックマさんが地理得意らしくバンバン答えてて強かった。
流石にセントルシアの首都とかは分からなかったけど。自分も知らん。
最後は自分とdoさんとマジックマさん並んで、タイブレイクはチェックポイント通過数なのでマジックマさんが勝ち。

好きなゲームなんだけど、知識要素があるから人は選ぶね。
あと2008年出版なのでデータが大分古いw。リビアの国旗がまだ緑一色だ。
新版出ないかなー。

ちなみに外人のライアンさんは「南アメリカってアフリカ?」って言ってたw。

結果:レン、マジックマ 〇、do、ライアン




IMG_7900
「5 Second Rule: Uncensored」 PlayMonster

持参初プレー。
以前通常版はフレボドで延々と遊んだが、そのアダルト版。
基本のカードも箱に入れてたけどね。

問題文読んで、5秒以内に当てはまる単語3つ言えたら成功。

以前ちらっと読んだらそんなヤバくないかなと思ったが、そうでもなかったw。
「あなたが隠しカメラを仕掛けたい場所」とか「体液」とかは序の口。
「オーラルセックスの種類」とか普通のゲーム会では遊べないなw。

今回は終了間際で人いなかったからこっそりとねw。

結果不明:レン、マジックマ、do






IMG_7901
「ギークアウト / Geek Out!」 Dan Rowen, Elisa Teague作

最後に先日も遊んだギークアウトやって終わり。

架空の学校名でバカ田大学、開盟高校、くぬぎが丘中学校、不動高校を答えたよ。


結果不明:レン、do、マジックマ、うみ、キナコ、てつ






おしまい。



IMG_7902
帰り道適当に入ったらラーメン。うーん、中の下。
本当は違う店行く予定だったが、道に迷ったw。

8/25 あさひボードゲーム会@尾張旭

尾張旭市で開催されてるあさひボードゲーム会に初参加。

存在を知らなかったが、名古屋ボードゲームマップの件で認知したので。
なかなか他と被って行けなかったが、ようやく。
どうも開催時間短い会は後回しになっちゃうね。

ファミリー向けの会なのでそれ用の持ち込みで行ったが、この日は夏休み末なのもあり、常連の小学生が皆宿題終わってなくて来れないとのことw。
結局は大人ばかりで遊んでました。

IMG_7772
なんか展望台みたいなところが会場。たかーい。



IMG_7773
「アートライン:エルミタージュ美術館 /  Artline: Эрмитаж」 Till F. Teenck作

初プレー。絵画テーマで気になってた。

タイムライン的な知識ゲーかと思ったらかなりふわっとしたゲーム。

縦横ラインに絵画を並べていくんだが、2枚目を置く際にその列のテーマを決定。
「人が描かれてる」とか「植物がある」とか。
基本1枚使ったら1枚引いてなんだけど、2テーマ以上に合致するカードを出したらドローがない。
んで手札出し切ったら勝ち。

うーむ、ふわっとしてるなぁ。
あんまり狭いテーマにしても自分含め全員が苦しむので緩いテーマにしがち。
「人が描かれてる」「女性が描かれてる」「人がたくさん描かれてる」いいのかそれでw。

IMG_7774
『エルミタージュといえばブノワの聖女だよね』、とか『お、ヴァニタス画』とか言ってたが私もギャラリーフェイクで読んだくらいの知識しかないよ。
貧乳といえばクラナッハ!

それにしてもエルミタージュって暗い絵が多いよね(偏見)。

結果:レン 〇、うりお 〇、ぴき、?






IMG_7775
「レスアルカナ / Res Arcana」 Thomas Lehmann作

二度目のプレー。
全員経験者でドラフト入れてやるというので気になって入る。

今回キャラが任意の資源捨てて金取れるやつだったので他のカードも金取れるのを中心にピック。
ドラフトルールだと4枚4枚で2回ドラフトする。

IMG_7776
結果組まれたエンジンがコチラ。
金が取れるモニュメントも取れたので、毎手番4つの金が出てモニュメントを毎手番獲得。
最後は勝利判定時に資源払うと一時的に得点増えるモニュメントで11点取って勝利。
本当は得点タイルを取りたかったんだけど、出遅れたのでカードだけで。
ただ、ギリギリでドラゴン戦略の人に追いつかれて、資源数勝利だったので危なかった。
最終手番初手パスで1点獲得してたのでカード効果余りまくりで負けたら悲しいわ。

なるほど、これはドラフト必須だな。
テラフォ並みというかテラフォ以上。テラフォはなんだかんだでカード得る機会多いからいいが、こちらは初期8枚で固定されるので、それが噛み合わないと最後までどうにもならない。
ある程度ゲーム慣れしてる人なら初回からドラフトで良い。
資源の収支考えることとドラゴンの説明は必須かな。

結果:レン 11/8〇、こばやし 4、みやもと 9、さわぐち 11/3






IMG_7777
「サキヨミ対戦!アニマランブル」 するめデイズ

初プレー。

カード5枚プロットして順処理。
移動して攻撃範囲に入って相手を攻撃。
攻撃カードは3枚目からしか置けないとか優しい調整。

見どころは可愛いキャラコマだろうね。
個別能力あるけど1枚だけだしそこまで大きくない。

プロット系はなんだかんだでロボラリーが強い。
最近だとエムブリオマシンも似たような感じだ。
キャッチ―って点ではいいんじゃないかな。
新しさは正直皆無。

ライフ1同士の自分とこばやしさんがごっちんこして相打ちw。嫌な予感がしたんだ。
パートナーがライオンの懐に飛び込んでいって、連続噛みの2発目にやられたw。

結果:レン&みやもと 1、こばやし&さわぐち 3〇



IMG_7778
「クマ牧場:拡張 がんばれグリズリー /  Bärenpark: The Bad News Bears」 Phil Walker-Harding作

クマ牧場の拡張。拡張は初プレー。

2つモジュールあるけど両方入れてみた。

1つはグリズリータイル。
手番で緑地1つと飼育小屋1つ捨てると取れる。
得点高い上に大きいので上手く使わないと活用はむずかしい。
基本だと後半タイル余るのでそれを解消できるのはいいね。
でも早めに取らないと置くスペースなくなるよ。
大きいタイル使うことで手数稼いで早めに埋めにいけると良い。
あ、この拡張入れるとベースタイルが5枚に増えるよ。

2つ目はモノレール。
緑地タイル置いたときにその上に柱を建設。
2マス分離れた場所にもう1つ柱建てるとモノレールタイルかけて得点。
最初10点から始まるのでなかなかの高得点。
その代わり柱を90度曲がりながら建てて行かないといけなくて、ベースタイルの置き方もそれで制限される。
何より緑地を多く置く必要があるため、タイルによる得点を取りにくい。
飼育小屋の点数とどちらを優先するか悩み物。

どちらも中々良い拡張。悩ましさアップで軽ゲーとは呼べなくなったな。

今回目標タイルの2ベース同時に完成させるが難しそうだったので諦め。
何のアイコンも覆わずにオレンジタイル置くのも悩んだが諦めて。
クマタイル3枚だけは早期に達成。
モノレールは4つで限界。

結果あと4点届かず。モノレールだなぁ…。

結果:レン 165、さわぐち 106、みやもと 168、こばやし 169〇






IMG_7779
「コリントス /  Corinth」 Sébastien Pauchon作

持参初プレー。
イスファハン作者による同ゲームのダイスゲーム化。

ラウンド開始時にダイスじゃらっと振って、一番高い目はお金、一番低い目はヤギに、残りは下詰めで目ごとに分ける。
この時1金払うとスタP専用の黄色ダイス足せるよ。
ってまではイスファハンと同じ。

んでアクションはお金と山羊はダイス個数分の獲得、残りは同じ色の商品獲得。
商品のグループ全部埋めると得点。未完成は優先的に埋める。
下3つは最初に全部埋めたらボーナス点。

また、ダイスは行商人の移動に使える。
シート右上の行商人を一筆書きで移動する。歩数はダイス目。お金で調整可能。
止まったマスに〇を付けてボーナス獲得。
お金・ヤギ・商品がもらえたり、永続的に黄色ダイス増えたり。
得点マスが3つあって、それまでに付けた〇の数と+1の描かれたマスの数が得点。
+1のマスは毎回数えるので早めに取れば3点足される。

手番最後にお金と山羊払って建設。
もらえるお金が+2、行商人2歩まで無料調整、貰える商品+1、建物1つ3点の4種類。

ルール間違えてて、1つ目の得点マスでカウントするマスを、行商品の歩く市場じゃなくて左側の店の〇の数を数えてしまっていた。
名前が紛らわしいよ。シートに書いておいて欲しい。あとルールの該当部が非常に分かりづらい。
申し訳ない。
でも正しいルールだと行商人は特化しないとあんまり得点にならなさそうだなぁ。

ゲームとしては悪くない。
イスファハンのダイス選択の悩ましさが活きてる。
建物はコスト的にも右から全部建てていくのが常かな。
商品増やすの取るか取らないかの選択くらい。

箱がコンパクトなのとシート枚数非常に多いのは良い。

結果:レン 54、みやもと 52、こばやし 56〇

コリントス(CORINTH) 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-08-24




これにておしまい。
夕方には終わるので早い。遊び足りないなぁ…。
元々ファミリー対応でインストする気で来てるので思ったよりは遊べた。
ファミリー対応は次回リベンジ。


IMG_7780
たまにはじゃんじゃん亭で一人焼肉。厚切り牛タンを10人前は食べたよ。

7/15 キョウさん会@枇杷島

キョウさん主催で突発会。

場所は枇杷島スポーツセンター。
なんか今館内工事中で良く分からんことになってる。
途中靴脱いで、その靴持って廊下進んで2Fに上がり、また靴履いて廊下進んで、大会議室の中通って違う廊下に出て小会議室へ。
訳が分からん。
こんな状態で運営するなよな。しばらくは利用しないのが賢明。



IMG_7485
「ラマ / LAMA」 Reiner Knizia作

とりあえず人数揃うまで。
フィラーには最適!
その点ではSDJでも良かったね。

結果不明:レン、氷牙、大笑、おず、キョウ、一人



IMG_7486
「バラージ / Barrage」 Tommaso Battista, Simone Luciani作

持参初プレー。

期待のルチアーニ新作だが、キックが炎上中。
BGGの評価も1だらけでそこは切り離せよと思う。
実質平均レート8.0くらいの神ゲーだよ。

ダム作って、導管に水通して発電所に送り込んで発電。

基本システムはワカプレ。12個のワーカーをどこに使うか。
建物建てるには資源と、対応する建物の建設タイルが必要。
どちらも使ったらダイアル上に配置して1回し。何度も建設するか追加で回すアクションして一周したらタイルも資源も回収できる。
資源は掘削機とコンクリートミキサーで建物によって必要な資源と数が変わる。
建設すると個人ボード上の収入が解放されてくのは皆好きなアレ。
収入解放時即1回得られるのはマルコポーロ的。
アクションは資源買ったり、追加でダイアル回したり、達成タイル取ったり。
発電アクションやるにはダムと発電所とその2つを繋ぐ導管が必要。
発電所は自分の、ダムは自分のか中立の、導管は誰のでも良いが利用料かかる。
発電したら発電量記録して、ラウンド終了時にマジョリティと進度によって収入と得点条件適応。
また、発電時にその発電量以下の達成タイルを達成可能。
お金や得点、資源がもらえたり、ダイアル回したり建設できたり。

このゲームの肝となるのが水量管理。
毎ラウンド各川に0~2つ基本で流れ、アクションや達成タイルによって増える。
水コマは上流から下流へと流れ、ダムがあるとそのレベルまでの数はそこに溜まる。
ダムのレベルを超えた分は下流に流れ、次のダムへ。
発電アクションを行うとダムに溜まった水を導管を通して発電所まで流すので、本来流れるはずだった下流には行かなくなる。
各エリア無料のダムエリアの真上に有料のダムエリアがあり、水の奪い合いが熱い。
安く建てられる方優先するか、3金はらって安全策撃ったり乗っ取るか。
アクションでお金得るには1金に1ワーカーかかるのでお金の価値は結構重い。

今回ルール間違えてて、発電に使った水を導管通さずに下流に流してしまってたのでその点は緩いゲームになってしまってた。
それでもゲーム全体としてはかなりキツキツ。
お金も足りないしワーカーも足りない。

いやぁ辛いゲームだ。面白いわコレ。
発電までに建物3つ必要なのでかなり資源が厳しい。
序盤は上手く中立の建物にすり寄って発電するか、発電諦めて導管使ってもらってお金と得点得るかが必須。
自分だけで何とかしようとすると死にますw。

死ぬと言ってもフードチェーンみたいに脱落レベルではないので、上手くやれば復帰は可能レベル。
ここまで骨太な新作は久々。終わった後に反省点色々見えてきてまた遊びたくなる。

コンポーネントも水コマが扱いにくいのとダイアルが浮きやすい以外は言うほど悪くないし。
これはマストバイやで。

結果:レン 81、おず 87〇、キョウ 69、ナカシ 55



IMG_7487
「アクワイア新版 / Acquire」 Sid Sackson作

新版初プレー。新版といってももう3年前か。

旧版に比べるとボードが正方形になったのと、何より3位まで収入が得られるようになったのが大きい。
あと株券の枚数も変わったのかな。
プレイ人数も6まで。あれ、元々だっけ?4人でしかやったことないや。
今回は5人プレー。これも初。

以前は2位から3位に落ちると収入なくなるので、株券の4分の1を超える量の確保が必須だったが、3位でも良いとなると全体的に緩めになる。
まぁそれでも上位の方が良いのは当然だけど。

途中収入も得やすいので、以前みたいにしばらく何もできずにタイル置くだけってことも起きづらいかな。

それでもアクワイアの根幹は揺らがないのはすごい。
やはり名作は多少いじられても名作。

おずさんが序盤全然ホテル作れなくて辛そうだった。
まぁ経験者補正ってことでw。

結構上手く動けて、序盤で吸収させて収入得た後、3つくらい1位2位に絡めてかなり稼げたが、キョウさんに負け。

結果:レン 49600、キョウ 53000〇、ゲン 39200、ナカシ 39400、オズ 33400






IMG_7488
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

豆。もはや語ることはない。

結果:レン 13、おず 15〇、キョウ 12、ゲン 12、ナカシ 10


IMG_7489
またラマ。
ひっどい手だなw。それでも11点なのが救い。

結果:レン 37、キョウ 31、おず 48、ナカシ 22〇



IMG_7490
「スライドクエスト / Slide Quest」 Nicolas Bourgoin, Jean-François Rochas作

おや、この日にやった記憶がないぞw。
…やったらしいよ!

写真は片付け中。



おしまーい。

5/4 みどりの会@守山

IMG_6855
この日はみどりの日ということでフリーゼのゲームを遊ぶ会をヒゲボドさんが企画。
なお、会場は緑生涯学習センターではなく守山生涯学習センターですw。


IMG_6856
うーむ、壮観。自分の持ち込みはそう、そこ、ルドフィールの辺り。


IMG_6859
カップまで緑!
各種フルーツジュース!
徹底してるなー。
名札も緑でした。


IMG_6857
「もぐりな仕事 /  Schwarzarbeit」 Friedemann Friese, Andrea Meyer作

ヒゲボドさんが最近購入。自分も持ってるが1回遊んだきりだ。

アルファベットのカードが3枚ずつ。昼・夜・休日勤務。
そのうち休日勤務のカードを全員非公開で2枚ずつ持つ。
それが何なのかを当てる。
山札が段々場にめくられていき、自分の手番では隣のプレイヤーに自分のカードに当てはまらない枚数を教えて貰える。
それを頼りに推定するのと、休日勤務のカードが場に出ればそれは誰にも配られてないことになる。
これだと思ったカードを裏向きで取って、最後に当たれば得点。
疑わしいのがなければカード1枚を表向きで取って、誰も持ってない人物なら得点。
深夜勤務なら確実だし、既に深夜勤務のカードが見えた昼夜のカードも安心。

そんな感じのゲームなんだが、とにかくルールの書き方が悪くて分かりづらい。
和訳だけの問題なのか…?

自分の持ってるカードと同じ人物取ったら-99点だから絶対にやるなよ!
って言ったのに取ってる人いるし…。

結果:レン 6、ニート 22〇、ヒゲボド 11、みらのさん -107



IMG_6858
「Flickwerk」 Friedemann Friese作

ヒゲボドさん持参のこれ。
自分はリメイクのターボタクシー持参したけど、こっちで。
こっちの方が視認性が良い。コンポーネントはしょぼいけど。

3×3にタイルを並べる。中央だけは指定される。
んで3辺の周囲12か所のうち2か所2組が指定されて、そこにコードが出るように。
同じ色のコマの場所は必ずつながるように配置する。
まぁ大体全部繋がるんだけどね。

早いもの勝ちのパズルゲーム。良き。

結果:レン 5〇、ニート 3、ヒゲボド 4


IMG_6860
「ロビンソン漂流記 / Freitag」 Friedemann Friese作

持参初プレー。
何故かソロゲーを始める。ニートさんと一緒に二卓w。
いやぁこんな機会ないとお互い積んだままだろうからw。

山からめくったカードに手札で応戦。
倒したカードは捨て札に入り、デッキに戻って使えるカードになるスンポー。
負けたら食料払うのと、マイナスのカード圧縮するのにも食料が必要。
食料はカードの効果でしか増えないので上手く回転させて食料増やしたい。
どのカードに勝ってどのカードに撒けるかの判断が必要。
食料払うことでデッキからカードを追加で引けるのでどこで押してどこで引くか。

デッキが回転する度に敵のレベルが緑黄赤と上がっていく。
段々必要な戦力が増えるので序盤でどれだけデッキを強化できるか。
弱い敵は強くなってもそれほどでもないが、強い敵は更に強くなるので雑魚を狩っておくか頑張って強いのを序盤に倒すか。

っての繰り返して3つ置かれた船のどれか倒したら勝ち。

なるほど、よくできてる。
所謂デッキ構築に入るんだが、倒した敵がデッキに来るサンダーストーン系。
食料払ってカード引くガチャの要素が大きいが、そのためにデッキを圧縮しておけよと。

ちなみに二人とも負けましたw。むずい。

結果:レン× (ニート×)


IMG_6861
「ルドフィール / Ludoviel」 Friedemann Friese, Thorsten Gimmler, Martina Hellmich, Hartmut Kommerell, Andrea Meyer作

ヒゲボドさんとこれをやりたくて探したんだけど見つからず。
数時間探したのちに去年の正月に草場邸に持って行ったDodge Cityの中から発見。
そうか、そんなに遊んでなかったんだな…。
このせいで2時間ほど遅刻してしまったよ…。
みんな、箱を入れ子にしたら帰ってすぐ戻しておこうね!

さてボードゲーム知識が問われるボードゲーム。
いつぞやの秋葉原の個人宅でやばいゲーマー3人によるルドフィール会が行われたのは最早伝説。

今回遊んだのはLudingoとLudostyle。まぁいつものだ。

Ludingoはワーバス風に手札持ってて、誰かがゲーム名言ったら当てはまるカードを早い者勝ちで出す。
手札無くしたら勝ち。手札任意枚数捨てて+1枚引いて良い。

これはまだ初心者向け。ある程度ゲーム知ってれば遊べる。

Ludostyleは最上級。
カード1枚出して、それに当てはまるゲーム名、作者、出版社、特徴を順番に答えていく。
他のゲームにも当てはまること言っちゃうと途中で変えられて困る。
「マテウス・ドリスのアートワーク」のお題にエルグランデのつもりでハンスイムグリュックって言ったらゲーム名豚小屋って言われたり。
これが一番面白くて好きなんだが、人を選びすぎての…。

これ以来遊んでくれる人数名見つけたので喜々として取り出してますw。

結果(Ludingo):レン、ニート、ヒゲボド 〇
結果(Ludostyle):レン 〇、ニート、ヒゲボド


IMG_6862
「むかつく友達、行きたくないパーティー / Fiese Freunde Fette Feten」 Friedemann Friese Marcel-André Casasola Merkle作

持参品。
酒やタバコ、ドラッグなどをパラメータにした黒い人生ゲーム。
カードを競りで獲得してパラメータを上げ下げ。
競りに参加するのもカードの条件によって制限される。
パラメータ上げ下げして最初に配られる目的カードを達成してく。

プレイヤーの誰かやNPCと恋人になって結婚してセックスして子ども作って。
あ、セックスは他人とでもできるよ。同性でもできるが当然子どもは生まれないよ。

ゲームとしてはいたって無難なシステム。
電力式のオークショニアが競り落としたら手番交代の競りと、ラウンド早抜けで収入増。
まぁテーマありきのゲームですw。

面白いんだが電話チップ当たりのルールが不明瞭で毎回BGG参照してる。
誰か補完して和訳してください(人頼み)。

IMG_6863
こんな感じ。
悪い仲間とロックバンド組んで貧乏だが幸せな同棲生活も離婚して売春宿に通ってセックスマニアに。
独身だがまぁまぁ幸せだが、バンジージャンプをきっかけに昔の仲間とよりを戻して今や良い仲間に。
悪い仲間と良い仲間の対比した2枚取れたのがいいねw。
なおゲームには負けた模様w。

結果:レン、ニート 〇、オゼキ、ヒゲボド


IMG_6864
「キャンディ大好き / Futterneid」 Friedemann Friese作

持参品。

5種類のお菓子の得点を全員裏向きでタイル置いて合計値で決める。
その中身は明かされないままラウンド開始。
手番では直前のプレイヤーが待機エリアに置いてる個数より1つ多いか1つ少ない任意のお菓子を皿から取る。
もしくは誰か1人を選んで待機エリアから奪う。その際1つだけは持ち主が確保。
自分の手番開始時に待機エリアにあるお菓子は確定エリアへ。
これ繰り返してお菓子が尽きたら得点タイル公開して取ったお菓子で得点計算。

そんなゲームなんだが正直内容はいまいち。
普通に何も考えずに遊んでるとどんどん取る量が増えていく。
あえて空気読んで奪うのが必要。プレイヤーにバランスが任されてる感じ。
まぁ確定させたくないからね。その前に奪う。
当然多く取った人ほど奪われやすいので、あえて少なく取ったり、人から奪うことで個数1個減らしたり。

正直得点情報がブラインド過ぎてなぁ。相手の行動から読むにもな。
フィローみたいに1周するたびに1枚公開していくとかならまだいいのに。

このゲームの良いところは皿が付いてるところと、実際に本物のお菓子で遊んでもいいよってところw。
あと電力会社とかのミニ拡張が付いてて、更にお菓子入れて達成条件カードをその前に置いておいて、ゲーム中にその条件達成したらお菓子食べていいよってのw。

結果:レン 152〇、ヒゲボド 150、オゼキ 110



IMG_6868
「ファンフェア / Rummelplatz」 Markus Brand, Inka Brand, Peter Eggert, Philipp El Alaoui, Friedemann Friese, Michael Rieneck, Martin Schlegel, Stefan Stadler, Tobias Stapelfeldt, Birgit Stolte作

持参品。エッガート15周年記念に出たミニゲームアソート。

各ステージ2つのアトラクションからどちらかを選択して行い、全4ステージ。
終了時の得点でチケットをもらい、そこからはくじ引きが始まるw。

遊ぶの2回目だけど、前回と全く同じルートになったよw。

最初はダイス積み。
色のダイスを指定の並びに積んでいく。ただし積む際は同じ色同士が接触するように。
段数によって順位。

次はUFOキャッチャー。写真の。
1人が目隠ししてアーム役。もう1人が指示出して移動させて宝石をキャッチ。
宝石の色で得点。

次はバイキング船。
数字のマスにコマ置いて、その数だけトラックを進みその数のダイスを振る。出目によってライフが減る。
誰かのライフが尽きた段階で進んだ歩数で順位点。
沢山進むほどリスクが増える感じ。

最後はゴーストコースタ―。
各自2枚の担当ゴースト持っていて、カードめくると4体のゴーストが描かれていて、自分のに当てはまっていたらギャーっと叫ぶ。
それ繰り返してって誰が何持ってるかをタイル置いて予想。
全員同時にやるからどこに注目するかが大変。

くじ引きは順位順にチケット多く貰えて袋から宝石引いて、当たり引いた人が勝ち。
当然順位良いほど引ける回数も多いが、運次第では最下位も勝てるよ!


そんなゲーム。まぁバカゲーです。
BGGによるとフリーゼが作ったのはゴーストコースタ―らしいが、全体的に話し合いで携わってるとのこと。
ダイス積むやつだけはブラント夫妻単独で作ったみたいね。

良い感じに盛り上がりました。

結果:レン、みらのさん、ヒゲ、こうすけ、ショーヘー 〇



IMG_6867
うーむ、濃いなw。



IMG_6869
終了後は中華。
青菜炒め頼んだのは別に緑だからじゃないよ。

4/19 マジスパボードゲーム会@大須

以前にもやったマジスパボードゲーム会、大須のスープカレー店マジックスパイスで常連のニートさん主催でやってるやつですが、店長さんの計らいで今回は店舗バックアップの元オープン会になりました。
誰でも参加できるけど食事はしていってね!

IMG_6746


正直人来るかも読めなかったが、とりあえずインスト対応で参加。
蓋を開けてみれば20人前後来て、びっくり。
しかも半分くらいは初見の人。身内会で終わると思ってたのにw。


持参ゲーム中心で遊びました。
特に初プレーのはないので軽く。


IMG_6747
「インフェルノ / Inferno」 Reiner Knizia作

同じ色か数字を出せなくなったら引き取ってマイナス点。
ダメそうな時は早めに諦めて引き取って傷口広げないのが大事。

うちのやつはエンボスなしのエラー品なんだが、交換タイミング逃したー。


IMG_6748
「いろはことば」 サイタニヤ

お題に当てはまる言葉を早い者勝ちで言うが、頭文字は自分が今いるマス。
言った文字数だけ進める。グリコ的な。

ワードゲームの傑作だと思ってるんだけどな。
今回のゲムマで再販されるらしいのでぜひに。


IMG_6749
「適当なカンケイ / Qui Paire Gagne」 Stephen Glenn作

11枚のカードから5組のペアを作って、他の人と多く被るほど得点。
いかに空気読めるかw。


IMG_6750
「アヴェニュー / Avenue」 Eilif Svensson, Kristian Amundsen Østby作

めくったカードの形の道を全員が描いて、決算建物に繋いだ葡萄が得点。
前ラウンドより点数高く取らないとダメって縛りが難しい。
基本は前使った道を再利用できるようにしていくのが大事。

今回終わるタイミングかなり早くて、ダメダメでした。
23点て、調子いいと100点超えるのにな。


IMG_6751
「二位じゃダメなんですか? / Why First?」 Simon Havard作

進む歩数が描かれたカードをせーので誰かに渡す。自分可。
その分進めて、を繰り返して、ラウンド終了時に2位の位置にいる人がそのマスに描かれた得点。
これを数ラウンドやって、2位の人が勝ちw。

プレイ感は軽いんだけど、どうしたらいいかよく分からない。
基本は出遅れないように3位くらいをキープして、最後で追い抜くのがいいが、そう狙えないよね。


IMG_6752
「シックス / SIX」 Steffen Mühlhäuser作

FoxMind版買ったんだけど、SteffenSpiele版よりタイルが薄い…。

交互に並べて、ピラミッドか直線か円形に6個並べたら勝ち。

ギガミックが好きな方だったけど、2人用ゲーム会来てくれないかな…。



おしまい。




4/14 岐阜ボドゲ会@岐阜

かなーり久しぶりの岐阜ボド。
3年ぶりくらいw?

特に車移動になってから駅直結の施設には逆に行きづらくてなぁ。


会場は以前の倍くらいの大きさの部屋になってたが、それでもこの日は30人超来て卓が足りないほど。
定員は椅子の数じゃなくて卓の数×4で設定した方がええで。



IMG_6713
「リバーフィーバー /  Flussfieber」 Friedemann Friese作

持参初プレー。
なんとなく最近駿河屋でポチったフリーゼ旧作。

2つある自分のコマをカードを出して進めていく。
カードは自分の山札にしておいて、どちらのコマを進めるかが色指定。
このプレイヤーの持ち色がプレイ人数によってなんか気持ち悪い指定されてて、プレイヤーによって1色だったり2色だったり、なんかよく分からんがまぁいいや。
基本空きマスを進んでいくが、直線方向に2つまでならコマを押せる。
これはプレイヤーコマもだし、途中にある邪魔者の流木も。
また、ボードのマスには矢印が描かれていて、そこで移動を終えたコマは自動的に矢印方向に流される。
更にこれによって押しのけも発生してで、中々めんどくさい。

コースは可変でボード2枚を組み合わせる。
無駄に7枚くらいボードがあるので可変性は高い。全部両面だし。

流木はただの邪魔者なんだが、今回の後半コースは中々いやらしい配置。
道を塞いでるのでトップが押しのける必要があるのだが、押してしまうとショートカット用の道が開いて下位が進みやすくなる。いいマップだ。

IMG_6714
5人プレーだったのでゴール間際の大混雑がひどかったw。
流木で角に閉じ込められる人がいたりw。
これ場合によっては3コマ以上で閉じ込められたら移動不可能になって詰むぞw。

フリーゼにしては変な要素もなくて普通に面白いゲーム。
4人以下なら広々とできるのかな、いいのか悪いのかは分からないけど。
むしろこの大混雑のカオスさがフリーゼの狙いかw?

BGGによるとボードによって戦略が変わるようにしたかったようなので、色んなボードで遊んでみて違いを楽しむのがいいんだろうな。
ちなみにカードで進むのはアヴェカエサルのインスパイアらしい。

結果:レン 〇、みやびん、ショーゴ、キョウ、ワタナベ






IMG_6715
「プレーンズ / Planes」 David Short作

持参初プレー。

Okazuさんのトレインズと勝手にシリーズものにされたやつ。
あと車のAutomobilesもあるよ。ワレスではない。

さて、ゲームはマンカラムーブメント。
自分含む一か所のコマ全部持って、時計回りに1つずつ撒いていって、最後のマスでは自分のを。
特徴としては撒ききらずどっかで残り全部撒いて止めてもいい。
あとコマが6個だか7個だか以上になったマスは通行規制がかかり、そのマスを通り過ぎるような撒きはできない。
んで目的は2つ。
1つは自分の色のコマを自分の色の飛行機に送り込む。
ラス1の自分のコマを自分の飛行機の前の三角形のマスに置ければ、飛行機に載せて得点。
もう1つが目的カード。
描かれた条件を達成できれば得点。条件はコマの配置状況とマスのアイコン。
この目的カードは上半分は特殊効果が書かれていて、目的カードとして使うか、特殊効果として使うかが選べる。
目的達成で1枚引けるが、中立の黒コマを中立の飛行機に積み込んでも2枚引ける。
どっち目指すかと流れ次第。

なるほど悪くないが、4人で遊ぶにはちょっと多いな。
人の手番でガンガン盤面変わるから自分の手番にならないと考えられない系。
必然的にダウンタイムが長くなるね。
コマを搭乗させると移動の選択肢が減って自由度下がる辺りはよくできてる。
カード3枚引くカード強すぎね?引き得やん。

ちなみに裏面は上級モードで盤面が∞の字型。思考難易度アップ!

毎手番目的達成重ねて、飛行機も3つ送り込んで、勝利!
積み重ねが大切ね。

結果:レン 30〇、日和屋 27、あこ 19、たーぼー 21

AEG Planes Board Game [並行輸入品]
Publisher Services Inc (PSI)





IMG_6716
「モンドサピエンス / Mondo Sapiens」 Michael Schacht作

持参初プレー。
モンドの続編というかバージョン違いというか。

モンドについてはggって貰うとして、違いを説明。

・道が書かれてるタイルがあり、総延長が得点だが、道の本数がマイナス点。1本を伸ばせよと。
・村タイル3つ持ってて、任意のタイミングで配置。
・タイルに3種類の人が描かれてて、対応する村置いてると得点。それぞれでマジョリティもあり。

あとは大体一緒。基本ルールは。
上級ルールはまた違って、場に建物置き場があり、4枚特殊建物が置かれている。
それらを早い者勝ちで取れる。
特殊建物は自分のボード上の対応する建物や建物の周囲の地形によって得点。
それぞれの建物でもマジョリティあったかな。

それくらいかな。

ゲーム性が大きく変わったのは達成目標タイルがなくなったこと。
その分ソロプレイ感は増えたけど、自分のボードに集中できるのはいいかも。
マジョリティはあるけど、正直種類多すぎて他人の見てる余裕ないし。

まぁヴァリエーションとしては有りだけど、結局はモンドなので両方買う意味はないよ。
普通にモンドを拡張入れてタイルとプレイ人数増やして持ってる方がよろし。

モンドは小っちゃい地形いっぱい完成させるのが強いって分かってはいるんだが、久しぶりすぎて中々上手くいかず。
道があるのでそれも難しくなったかもしれない。

結果:レン 126〇、たーぼー 87、なる 46、あこ 123






IMG_6717
「グレートジンバブエ / The Great Zimbabwe」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

ショーゴさんとスプロッターをやろう!
立つか怪しかったけどあこさんが参加してくれてセーフ!

久々でかなりルール忘れてたけど。
そしてインストミスで、神様1枚しか取れないっての抜けてて多神教ゲーにw。
これはこれで面白かったけど、正直スマンかった。
一神教だって説明はしたんだけどなw、複数おるやんけw。
どうりで目標勝利点振り切って危機感覚えるはずだw。

ルールは端折る。昔の記事探してくれ。

今回自分の作った工芸品が中々二次職人作られなくてちょっと楽だった。
3人だと競りで使われた牛多く貰える神が中々強かった。
1/3から2/4に増えるからな。1.5倍。
あと何買っても1牛で買える神。
皆3牛に設定してたから便利わー。
多神教いくないw。

そんなこんなで牛余りまくって、終盤は牛投入しまくってスタP取っても半分返って来て美味しいです。
1手番で資源潰しまくって無双して勝利。酷いw。

ルールは分かりづらいんだけど、慣れると結構シンプルで早い。
今回も2時間かかんなかったんじゃないかな。
あんまり長考する人がいなかったのもあって。

結果:レン 38/38 〇、ショーゴ 18/36、あこ 21/33






IMG_6718
「キングコマンド /  The King Commands」 Magnus Esko作

持参初プレー。長らく積んでていつ買ったのか記憶にない。

剣のカード使って誰かに攻撃して、通ればそれを得点化。
同色の盾で防げば防御側が盾と剣を得点化。
同色の剣で受け流せばお互いに剣を得点化。
あとは何枚同時に出すかで防ぎ方と受け流し方が変わる。

あまり細かいルールは忘れたが、要は手札薄そうな相手に殴りかかるゲームw。
勝ったら相手の持ってる金貨も貰えるので、あまり同じ人ばかり殴っても稼ぎは少ない。
防がれにくい利点はあるけどね。

特殊カードの王冠が強いんだが、防御不能攻撃できるのに王冠自身を得点化するってアクションもできて意味ないよねと。
協議の結果王冠での攻撃では王冠は得点にできないってしたけど合ってるんか?

直接攻撃ゲーって聞いてあまり取り出しづらかったが、思ったよりはかなりライトだったので良かった。

エクスカリバーが緑の剣と見分け付きづらいぞ!

結果:レン 30〇、みやびん 19、ショーゴ 18、キョウ 12






IMG_6719
「イモムシイモムシ / Worm Up!」 Alex Randolph作

ショーゴさんの。
同じ出版社のは持ってるけど、うちのはダイスじゃなくてタイルの版。

全員同時に進みたい歩数をプロット。ダイスの任意の面を上に向けて隠して持つ。
同時公開して数字少ない順に進めるが、バッティングすると進めない。
半球並べたイモムシを、末尾のコマを先頭に移動させて移動。
他人の進路塞ぐのはお約束。
×の目は誰も選ばなかった数字を後から選べるのと、ゴールをピボット移動できるw。

久しぶりにやったが、おもろいな。
4人くらいがちょうどいいね。

結果:レン、ショーゴ 〇、みやびん、キョウ





IMG_6720
「ハードナッツ / Harte Nuß」 Theora Design作

久々に。

お題カードが並んで、ダイスで頭文字が指定される。
それぞれ書いて発表するが、人と被ったらダメよ。

分かりやすいルールが良い。
ジャマイカ的なダイス機構も素敵。

井上順で年齢がバレるな!(そんな老けてないです)

結果:レン 〇、ショーゴ、みやびん、キョウ、みゅう、…?




おしまい。



IMG_6721
岐阜駅内のリンガーハットで飯食って解散!

12/31 年越しボドゲ会@本郷三丁目

数日前まで特に予定なかったんだけど、大晦日暇だと呟いたらパンダマン氏から教えてもらった年越しボドゲ会。
主催はぐらさん、自分は面識ない方。

場所はどこかのオフィスというかクリエイトスペースというか。
正直ボドゲとは縁の遠そうな所だけど、備え付けボドゲのラインナップが異常だった。
すごい場所だ…。

重ゲーも軽ゲーも大量にあるが、無名なゲームはほとんどない感じ。
こういう構成は個人宅とは違う感じね。
全部ぐらさんのなのかな。


知り合いだとかーん君やひろぴさん、沢村さん、パンダマンにさむすさん、河原さんらへん。
結局ほとんど河原さんとパンダマンと未プレーゲーム掘ってたけど。


IMG_5779
「ファイブ・シールズ・オブ・マジック / Five Seals of Magic」 Thorsten Reichwein作

初プレー。備え付け。

某氏曰く王への請願っぽいやつ。

全員同時にダイス3個振って、1つずつ使ってアクション。
振るダイスの色は前のラウンド終了時に選ぶ。
基本は同色のチップをその目以上のダイスで消して部屋を進んでいく。
特殊効果タイルに辿り着いたら、こちらも同色のダイス使って獲得。
その効果でダイス目いじってまた他のをゲットしていく感じ。

効果はダイスの色変換とかチップの置き換えとか。
なるほど王への請願というかファラオの寵愛というか。

正直ボードのデザインがイモい。どこの古いアメゲーだって感じ。
ボードの材質もちゃちいし、接合部いまいちだし。

移動は好きなだけできるから下手にチップだけ除去して終わると他の人に妨害される。
その為に使い魔召喚して道塞ぐ手があるけど、これまたイモいよなぁ。

特殊効果タイルが複数セットあって、ゲーム毎に変えられるのはいいけど。
正直今売るには魅力が少ない。王への請願でいいやと。

初期配置で強いタイルへのルート絞って取りに行くゲーム性はいいけどね。
先手有利か?逆順ピックだっけか?

結果:レン 19、河原 15、Shadowflame 30〇、大仏 11





IMG_5781
「ロケッツ / Rockets」 Chris Bayliss作

持参初プレー。
あまりマイナーな備え付けゲームがないので、持参したのをやる。

前の人より大きい数字出せばその差分得点マーカー進む。
小さいの出したらその差分得点戻すか、差分の手札を引く。
誰かが手札無くしたら終了で得点マーカーの場所の得点と、手札は1枚マイナス1点。

超シンプルなのはいいんだけど、大きい数字持ってる人が強いだけのゲームだなw。
運ゲー!

結果:レン 2、河原 10、大仏 23〇、Shadowflame 0



IMG_5782
「ロングケミストリー / Wrong Chemistry」 Tony Cimino作

持参初プレー。
昨年、いや今年か、の書泉セールで1000円くらいで拾ったやつ。
拡張2つ付いてた。

去年あたりに新版出てるようなのでそれなりに売れてるらしい。

手札達成系の共通ボードパズルゲーム。

手番では4アクションだったかな。
コマ1つ動かすか、コマ1つ除去か、コマ1つ置くか、ボード1つ移動させるか、カード1枚捨てて引くか。
その結果、手札のカードに描かれた並びに場のタイルとコマを並べられたら出して得点。
ちなみにボードとコマはいつでも初期位置にリセット可能。

あー、何だろなんかすごい見たことある。
似たようなゲームやったはずなんだけど思い出せない。

人の手番で大分動くので、自分の番まで考えられない系。
そして大分悩むしね。長考誘発ゲーだわ。
4人でやるゲームではなかったなw。2人か3人だな。

ちょっと面白いのが、得点カード1枚捨てることで追加で3アクションできるシステム。
1点のカード捨てて、難しい3点のカード達成する感じ。

思ったより面白かった。
カードが元素名をパロッてるのが面白い。

結果:レン 10、河原 12〇、Shadowflame 11、大仏 10







IMG_5783

「Wo war's mini」Roberto Fraga作

持参初プレー。Keiさんに貰ったやつ。

同じくフラガ作のWo war's(どこにいるの?)のミニ版。
元ゲーは電池式メカが音を出す仕組みだったが、こっちはプレイヤー1人がその役をやるw。

解答タイルにはスタート地点と移動経路が描かれている。
移動経路はマスのアイコンが描かれていて、GMはそのアイコンに当てはまる声を出す。
牛ならモー、ニワトリならコケコッコーみたいな。
その鳴き声からルートを解析して、終了地点を予想して、終わった時に終了地点に居れば勝利。

ただ、コマの移動がダイス振って0,1,2のランダムなので、経路分かって近づいても最後0出たら動けずに負けるっていうね。
同じマスも通るみたいだから終了地点予想は4択だし。

うーん、な感じ。
そしてGM役つまらないなw。大仏さんありがとうw。

結果:レン&河原 ×、大仏 〇






IMG_5784

「カイトファイト / Kite Fight」 Jason Kotarski作

持参初プレー。
よち犬さん宅の交換会で貰ったやつ。

三種類のゲームが遊べるので全部遊ぶ。

これは『Catch the Wind』。
十字に並んだ風カード(中央山札)の斜め4か所に自分のカードを出す。
出すカードには制限があって、隣接する2枚の風カードの合計値未満しか出せない。
空いてる場所には制限満たすどのカードでも出せるが、上書きするには元のカード以上のカードで。
基本手番には1枚だが、元あるカードと同じ数字で上書きしたら続けて1枚出せる。
あと特徴として、奇数の上には奇数、偶数の上には偶数しか出せない。(このゲームだっけか?)

自分の手番開始時に自分のカードが一番上にあるスタックがあれば、それに隣接する風カード1枚獲得してスタックは全捨て。
なんとなくリフィフィとか似てるね。

まぁ誰を叩くかってゲーム。
連続で出せると強いね。引きゲーか?

結果:レン 8、河原 12〇、大仏 3


IMG_5786
『Ride the Skies』

風カードが並んでて、その上にカードを出していく。
出せるカードは潰すカードと隣接するカード最大4枚のうち1枚との合計値。
ただし1のカードはどこにでも出せる。

出し切ったら得点判定。
各スタックに一番多くカード置いてる人が風カードを獲得。
同数だと無効だったかハゲタカだったか先優先だったか。忘れた。

これは中々いいね。
得点高いカード攻めるには高い数字のカードが必要で、その結果更に必要な数字が高くなる。
1のカードはどこにでも置けて強いが、数字が低くなるので上書きされやすい。

まぁあえて言うなら後手番有利かなw。

結果:レン 27〇、河原 8、大仏 18



IMG_5787
『Full of Air』

最後。変則七並べ。
1~5の風カードが並んでいて、その左右に数字カード出して列完成したらマジョリティ取ってる人が風カード獲得。1枚1点。
雷カード出すと相手のカード1枚捨てて代わりに出せる。

5点中何点取れるかってゲーム。
どの列に注力するかを手札と相談。
終盤はどの数字使ってるかの把握が大事かもね。

まぁ普通のマジョリティゲーだね。

結果:レン 2〇、大仏 2〇、河原 1


以上3ゲーム。
とりわけいいってのもなかったけど、無難な3ゲームって感じ。悪くはない。
すごく同人感はある。カワサキさん辺りが作ってそう。Ni-goあたりで。







IMG_5789
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

そして豆。
かーん君はそっと逃げていったよ。

結果1:レン 16、大仏 17〇、河原 15、沢村 14
結果2:レン 17、大仏 16、河原 15、沢村 19
結果3:レン 17、大仏 15、河原 18〇、沢村 15

万年2位!



IMG_5790
「リスの冬ごもり / Winhard」 Reinhard Pichler, Erwin Pichler作

持参初プレー。よち犬さんから交換会で貰ったアドルング。

3つある場札に対して同色昇順か同じ数字を出して行く。
手札無くしたら任意のスタック1つ取って得点化。

カゴカード持ってる人は手番に1枚カゴにカードを捨てられる。
強いんだが、山札から風カードを誰かが引いたら、載ってるカード全て取ってマイナス点になる。
ちょっと面白いのが、カゴカードの持ち主は他のプレイヤーの手番終了時にカゴカードを左隣のプレイヤーに渡せる。
すると風カードの被害防止になるのと、同色昇順出しが降順出しにひっくり返る。逆も然り。

リスク覚悟でカゴ持っておくか、手札出すために隣に渡すか、リスク回避のために隣に渡すか。
中々変わった感覚。

でもまぁ、そんな面白くはないかなw。

結果:レン 15〇、さむす 9、河原 -1、沢村 12




また豆。
この三人いるなら豆でいいじゃんってw。

結果4:レン 22、河原 21、沢村 23〇
結果5:レン 23、河原 24〇、沢村 21
結果6:レン 23〇、河原 20、沢村 23
結果7:レン 22、河原 23、沢村 24

余は…満足じゃ…。



IMG_5792
「ギズモ / Gizmos」 Phil Walker-Harding作

初プレー。最近話題の。

玉集めてカード取ってく煌きっぽいやつ。
あ、インスト中に新年迎えました。おめでとうw。

カード獲得すると玉の所持上限増えたり、カードキープ上限増えたり、特定の色の玉を2つ分に出来たり他の色にできたり、特定の色の玉取った時にランダムで1個引けたり、特定の色のカード達成した時にボーナスあったり。

おや、説明終わってしまったぞw。

特徴的なのは玉のランダムディスペンサー。
常に5個並んでその中から1つ取れる。
使った玉は上から投入。
ちょくちょく内部で玉が落下するんだがw。

立ち位置で言うと煌きのちょっと上かな。
特殊効果増えてくのはワクワクするよね。

黄色取ったらもう1つ取れる能力を2枚取ったので黄色取ると3個増えて強かった。
ただ、カード出した時の能力が他の色ばかりだったのがいまいちだったな。
黒カード取ったら3個ランダム引きとか楽しかったけど。
黄色溜めて、高コストの黄色カード取ったのはいいけど、効果はキープから出したら+2点。
強いっちゃ強いんだけど、2手番かかるからいまいちだなぁ。

拡大再生産好きなら、丁度良い中量級だと思う。

結果:レン 40〇、ひろぴ 32、Shadowflame 36、きとう 25







IMG_5793
「ミスティックベール / Mystic Vale」 John D. Clair作

初プレー。備え付け。
ようやく日本語版が出そうなやつ。読みインストで。

スリーブに入ったカードに透明なカード重ねて強化していく。
ってシステムだけで面白そうで気になってたやつ。

手番では山から好きな枚数めくる。
赤いアイコンが4つ出てしまったらバーストでその手番何もできない。
その前に止めようね。

めくったカードに描かれた丸いアイコンのマナで透明カード購入して、今回めくった中の1枚を強化。
また四角いアイコン使って普通のカード取って得点にしたり、永続効果得たり。

欠点としては、カード触った厚みでどれくらい強化されてるかが分かってしまうことw。
一応対策なのか、デッキトップめくったカードは降ろさずに上に乗せておいて、次めくるときに降ろす。
他の意図あるのか知らないけど。

早めに四角アイコン獲得して、永続効果増やしたのが強かった。
得点もどんどん取れるしね。

面白いんだが、カードプール少ないのと、コンボ感が薄いのと。
もっとカード同士にシナジーあればいいんだけど、兜アイコンの数だけ~ってのがあるくらいか。

拡張で化ける系のゲームだと思う。
海外だと既にいっぱい拡張出てるしね。
日本語版遅すぎやねん。

あとバーストした時のペナルティが重すぎる。
一応いつでも使える1マナ貰えるが、寸志。
拡大再生産なので出遅れると辛い。

点差がおかしい。

結果:レン 54〇、Shadowflame 25、きとう 14、ひろぴ 24







IMG_5794
「ニュートン / Newton」 Simone Luciani, Nestore Mangone作

きとうさんリクエストで。
他3人経験者。

なんかもう書くことないやw。

3回目だけど、今まで通り本棚右半分埋めて、終了時得点や人物カードで得点追加。
初手で技術トラック1人ゴールさせて、アクション強化タイル取って人コマ1人増やすボーナスタイル取って。
あとは業績だったか、お金貰えるトラック進めるプレーしてみた。
お金には困らなかったが、得点に繋がらないな。
まぁ終盤お金つぎ込んで無理やり終了時得点取るプレーできたけど。
本が自前で調達できるならお金取らずに業績と旅やるのが無難かな。
お金取る代わりに旅捨てるのもいいか。

流石に経験者と初プレーだと差が出るね。
きとうさんにサンペテ並みのトラウマを植え付けてしまったよw。

結果:レン 101、Shadowflame 108〇、ひろぴ 99、きとう 43






IMG_5795
「ダイスセトラーズ / Dice Settlers」 Dávid Turczi作

初プレー。備え付け。
どうもテオティワカンと比べて人気がないやつ。
ぐらさんにプロモタイル交換してもらってたかーん君ずるいw。

バッグビルドだが入れるのはダイス。クォーリャーズみたいね。

ラウンド開始時全員ダイス引いて振る。引く数はパラメータ上げれば増える。
んでダイス消費して振り直しとか好きな目に変えるとかやって、そのあと1人1アクションずつ実行。
ダイスいくつあっても1ラウンドには基本2種類しか実行できないのと、次ラウンドに1つだけ持ち越しできるってのが引く数の多さ=強さを抑制してて良いね。

ダイスでやることはボード上にコマを置くかストックからコマを補充する、ダイスを増やす、資源を得る、特殊能力取るとか。
ダイス取るには対応する色のタイルの上に自分のコマがないとダメ。
ダイスの色によって出目が違うので状況や戦略に合わせて。

新しいタイル配置するアクションが変わってて、自分はストックからタダで1つコマをそのタイル上に置けて、置いたタイルに隣接するタイルにコマ置いてるプレイヤーに順に置くかどうかを聞いていく。
起きたい場合は手元から1つ置き、手番プレイヤーも手元から1つ置ける。
タイルにもそれぞれ効果があり、配置した人が資源貰えたり、手番でコマ1つ除去して特殊効果使えたり。


自分が他のプレイヤーより3つ以上多くコマ置いてれば、3つ除去して家コマ置ける。
するとマジョリティ得点が確定される上に、終了時家コマの数の二乗が得点。

今回自分は特殊能力を取りに行くプレイ。
最初に特殊能力取るのに必要なランプの出目を1つ削減できる能力を取る。
途中出たタイル効果が強力で、コマ1つ回収して発動することでストックからコマを2つ補充できる。
結果手元に3つ増えるので便利。
このタイルを自分とひろぴさんだけで囲い込んでたのでかなり他と差がついたね。
んで特殊能力の隣のタイルからコマ回収してタイル効果発動できるやつでそのタイル効果毎手番のように撃って手数を確保。
後半は人増やすダイス目を大量に使って一気に得点高いマスに3つ以上置いて家に変換して得点。
特殊能力で置いた家1つにつき2点プラスの能力もあって、大量に点数稼いで勝利。

なるほど思ったよりは面白かったが、あんまり受けないのはボードの無機質さかな。
何故か遊んでて504を彷彿としたよ。
直接攻撃のあるシステムなのもね。相手のコマを自分のコマに変えるアクションがある。
決して悪くはないんだが、地味なのは感じる。
あんまり拡大しないしね。特殊能力でも取らないと。

まぁこれなら買わないかなぁってくらい。テオティワカンのプロモは欲しいがw。

結果:レン 91〇、ひろぴ 85、きとう 49、かーん 32







IMG_5798
「ペンタゴ / Pentago」 Tomas Flodén作

初プレー。
何気に自分もかーん君も未プレー。

5目並べ。
手番後に四分割されたボードの1つを90度回せる。
それだけ。

まぁ先行強いよね。
それはそれとして5手で勝ったんだがw。


IMG_5799
2戦目。7手で勝ったw。

まぁシンプルで悪くはないんだが、先行強いよ。
あとかーん君弱いよw。

結果1:レン 〇、かーん
結果2:レン 〇、かーん






以上でおしまい。
朝方に解散しました。


かーん君やひろぴさんと遊んだのいつぶりだろう。

10/28 一宮ボードゲーム交流会@観音寺

久々に初めていくボドゲ会。
主催の方は何度かきなボド!来てくれてたんだけどこちらは中々顔出せず。
今回ようやく初参加。
実は誰が主催か分かってなかったんだけど、やぶさん、覚えましたし。


ちなみにこの日、午前中は長久手でNEZさんと一緒に学習支援事業教室でボドゲ。
最初なかなか遊んでくれなかったけど、1人遊んでるとだんだん気になって寄って来て遊んでくれました。
主催者の方は2年前くらいに一度ヨコイさんと一緒にボドゲ体験やりにきたときと同じ方。
その後一時期自分の職場で働いてました。
今回もその伝手で。奇なり。

IMG_5306
昼飯は勝川駅前で刀削麺。
一時期ハマって通ってました。
久々に食ったが美味い。今度は麻辣刀削麺食う。


さて、一宮。
一宮は母の実家があるし、高校通ってたしでそれなりに来る機会はあったんだけど、観音寺は初めて来たな。
とはいえ行動圏から外れてはないので単に来たことがない場所。


IMG_5307
「バトルライン / Battle Line」 Reiner Knizia作

かなり久々。何年ぶりかのバトルライン。
戦術カードなしで。相手の方はそのルールは初めてらしい。

久々にやったがいいゲームですね。

結果:レン、ケン 〇





IMG_5308
「アヴェニュー / Avenue」 Eilif Svensson, Kristian Amundsen Østby作

新版のKokoroが出たので久々に持ち出し。
紙ペンゲームでは結構好きな部類。

カードめくって出た形の道を書く。
黄色いカードが4枚出たらラウンド終了。
ラウンド開始時に今回の決算建物が発表されるので、その建物に葡萄を繋いでいく。
縛りとして前のラウンドより多くの点数を取らないと、そのラウンドは0点になる。
0点取ると最後にマイナス5点くらうので、実質マイナス5点。
以前使った経路でも連結させれば得点になるので、上手く連結させて最終的に一筆書きにできると強い。
あと左下と右上の城はゲーム終了時に繋がってる同色のブドウが点数に。

いやぁ久々にやったらダメダメでした。
3ラウンド0点という酷い結果に。
その分最終点数は稼げて悪くない点数になったけど、途中ダメすぎたな。
前は100点とか取れたのになー。

結果:レン 54、ケン 30、モーリ 63〇、清水 61、もりし 34





IMG_5309
「クルセイダーズ / Crusaders: Thy Will Be Done」 Seth Jaffee作

昨日に続いて。

今日のキャラはマンカラ逆に回せるマン。
なかなかトリッキーだけど使う予定のないアクションに撒くの避けれるのは良さそう。
中盤までは得点取るアクション使わないので、そこを避ける感じで。

前回の失敗を反省して、早めにアクションを強化。
特に移動+十字軍、移動+建築、十字軍+建築の3か所を。
この3か所は早めにアップデートしたいね。
敵ディスクのパワーが低いうちに移動と十字軍アクション組み合わせて打って。
パワー上がってきたらパラメータ開放がないと使い辛くなるので。

前回よりは上手く立ち回れたかな。
それでも勝てなかったけど。うーん、むずかしい。

インスト込90分はやはり手軽で良い。

結果:レン 80、清水 92〇、ケン 63、やぶ 86






IMG_5310
「宝石の煌き / Splendor」 Marc André作

やりたいという方がいたので。
正直もうやり飽きたゲームではあるが、勝てるとは言ってない。

1戦終わったら、好きだけど中々遊べてないって方がいたので再戦。
持ち主の方なんですけどね。金コインを金属製に置き換えてていいね。
しかもツォルキン柄。アガる。

結果は3戦1勝。

結果1:レン 15、ヤブ 18〇、清水 15
結果2:レン 16〇、清水 10、タカヒロ 11
結果3:レン 14、清水 12、タカヒロ 15






IMG_5312
「イカス!波乗り野郎! / Surf's Up, Dude!」 Alan R. Moon, Aaron Weissblum作

持参初プレー。書泉で買ったんだっけか?

沖から波に乗って、海岸まで落ちずにいれば得点。
ラウンド開始時新しい波カードが公開される。小中大の3種類。
手札から対応するカードを出せばその波に乗れる。
その後スタPがダイス振って、1種類の波で競争が始まる。
その波に乗ってる人がカード同時公開して、数字が小さい人が波から振り落とされる。
最も大きいカード出した人はリードポジションへ。
新しい波が出ると古い波が海岸方向に押され、波が海岸に着いたら決算。
波の大きさに応じて得点トロフィーが貰え、リードポジションにいた人はカワイコちゃんカード獲得。まぁ3点なんだけど。

その後各プレイヤー3アクション。
カード引くか、海岸にいるコマを浅瀬へ送るか、浅瀬のコマを沖に送るか。
沖からしか波に乗れないので、沖には常に一定数送り込んでおきたい。
カード補充もここしかないのでしゃがんで補充も大事。

ダイスでサメが出たらスタPが一か所選んでサメ襲来。
乗ってる人はカード1枚ずつ出して、合計値が一定値達してたらセーフ。
そうでなければ全員波から逃げる。協力が必要だが使い過ぎたくない系。
なんかそこだけミスマッチ感を感じた。つかサメ出過ぎた。

なるほど、テーマも合っててなかなかいい。
ただネタゲーに見えるのは箱絵の所為か、邦題の所為かw。
カードを数字として使うか、波に乗るためや効果を使うかが悩ましい。

今回途中で金トロフィー切れてしまったんだが、ダイスでサメが出過ぎて競争がほとんど起きなかったせいかと。
そこらへんはまぁダイス運なのか。

悪くはないけど、これやる理由もないなぁってゲームでした。
ミープルはデカいし、片足出して波に乗ってるスタンスで良くできてる。
あ、1色1個少なくて他が1個多かったのは封入ミスだろな…。

IMG_5313
ところでこのトロフィー、左から金銀銅なんだが、一番右のは何色やねん。
まぁ金なんだろうけど色違いすぎ…。
そして金と銅似すぎ…。

結果:レン 41、アサイー 40、キョウ 51、氷牙 54、かずなり 59






IMG_5314
「シャイベンクライスター / Scheibenkleister」 Kristian Amundsen Østby作

こちらも久々に持ち出し。

隣のプレイヤーがNGワード指定しておくお題当て。

今回「黄昏」がお題だったので、「ドラグスレイブ。~よりも暗きもの…」って言ったら「暗い」がNGワードでアウト。ぐぬぬ…。
キョウさんには言いたいことは伝わっていたので惜しかった。

結果不明:レン、アサイー、キョウ、氷牙、かずなり、ひろ、モーリ




IMG_5315
終了後カレー。チーズナン美味い。

8/9 名古屋ごいた会@大須

長野からの刺客、ちょろさんがオーフリで始めた名古屋ごいた会。

ごいた会といえばREIさんら主催でよち犬さんとかコルトさん呼んでやったのが何年前だったか。
確かその後うちでランダム積みゲ会した記憶があるw。
あの時はなんか5卓くらい同時に立ってて壮観でしたな。
すっかり名古屋ではごいたする人も減りました。

ごいた会やらないのー?とか名古屋支部作らないのー?とかREIさんに丸投げしてたけどw。


というわけで今回はちょろさん主催ごいた会の第0回ってことでちょっとお邪魔しました。
平日夜の開催でふらっと行くには良い。
流石に1日ごいたは疲れるというか飽きるからね…。


IMG_4791
「ごいた」

当日は2卓立ってたので8人参加。
知り合いはヨコイさん、温玉さん、ねくろんさん、NEZさんとほぼ知り合いじゃんかw。

というわけで面子変えつつ数戦。

結果1:レン&凹石 150〇、ヨコイ&温玉 140
結果2:レン&ねくろん 150〇、NEZ&温玉 130
結果3:レン&温玉 50、ヨコイ&ちょろ 150〇
結果4:レン&ねる 0、ねくろん&ちょろ 150〇
結果5:レン&NEZ 150〇、ちょろ&ヨコイ 100
結果6:レン&温玉 0、ねくろん&ちょろ 150〇
結果7:レン&ねくろん 150〇、ちょろ&温玉 100


この日温玉さん一勝も上げてないw。
私はまぁ無難な感じで。どうにもならんときはどうにもならん。

そういや凹石さんはTwitterで補足してたボドゲ置いてる雀荘の人でした。


IMG_4792
三角ごいた初めて使った。
んーまぁ普通。


そんな感じでおしまい。
続いて人数増えるといいですね。


IMG_4793
オーフリ近くのいきなりステーキへ。
前回登録してクーポン貰ったので。リブロース。
400gくらいならペロリだ。お肉は飲み物。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ