ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:その他

7/4 ラスゲー会@吹上

名古屋の会でたまーにお会いするラスカル先生主催のボドゲ会。

比較的ライト寄りなので参加してなかったけど、今回他に会がないのと知り合い数人参加してそうだからなんとかなるやろと参加。



IMG_9738
「マンスキーケイパー / The Mansky Caper」 Ken Franklin作

初プレー。
バーストゲーというかPress your luck系。運ゲーともいうw。

金持ちの家に集団で忍び込んでお宝を盗むw。

部屋には金庫の形の箱が置いてあって、お宝・イベント・爆弾のチップが入ってる。
手番では任意の部屋に移動してチップを引くか、車に戻って手持ちチップを確保。
引いたチップにお金が描かれていたらその部屋にいる皆で山分け。
爆弾引いたらダイス振って、出目によって自分だけお宝失ったり、部屋ごと爆破されたりw。
なお、最後の1個の爆弾引いたら強制部屋ごと爆破w。
まぁ爆破されても部屋なくなって、手持ちのお宝捨てて、車に戻るだけだがね。

最初は部屋が2つしかないが、金庫から引いた鍵を使うことで新しい部屋を開放できる。
したらば最初の1人なので引いたお宝は独り占め。鍵は3金の価値なので元が取れればいいが。

あと特徴としてはキャラ能力。
能力は自分では使えずに、やりたい能力持った相手に能力トークン渡して発動。
お宝2個引いたり、2個引いて1つ選んだり、爆弾戻したり。
1手番で1回しか使えないので、引く数増やすか保険かけて残しておいて爆弾に備えるか。

お宝いっぱい持った人が車に帰る前に、よってたかってその部屋に押し寄せてわざと爆弾引いて部屋ごとその人吹っ飛ばしに行くのが酷いw。
目立ちすぎると殴られる好例ですねw。
まぁシステムがそうしろって言ってるんだもの。
そういう時に限って爆弾引かずにその人の懐が更に潤っちゃったりするんだけど。

お宝じゃらじゃら持ってるゆうさんにまさか帰ったりしないよねぇ?って煽ってたらノリでつっこんで爆死したw。
いや、帰っとこうよw。言っといてなんだけど。
その隙にしれっと自分はお宝持ち帰ってるから酷いやつだな!俺だよ!

まぁノリで楽しむには良いゲーム。

結果:レン 33〇、ラスカル 19、夢魔 16、ゆう 22、プリン 32、ごる 22







IMG_9739
「シャドウブロックス / Shadow Blocks」 Jeppe Norsker作

持参初プレー。ウルトラプロのゲームってちょっと珍しいね。

カードに描かれた三面図を見て、そのシルエットに一致するようにブロックを積む。
システムとしては倦怠期のNo Later Thanそのまんま。
ただしこちらはブロックの数が違って、ビギナーで3つ、マスターで4つ、クレイジーでは最大5つ。
なお、クレイジーだけはどのブロックをいくつ使うか描かれてないよ。

思った以上に難しく、それが面白い。
これは良いパズルゲームだ。
No Later Thanはちょっと簡単すぎたのよね。3パーツだもの。

マスターレベルですら大人が数分うんうん唸ってやっと解けるレベル。
ラスカル先生は苦手そうだったけどw。

本来は1人1枚配って各自で解く。最後の1人だけ無得点。
ドベはビギナー、1点差はマスター、2点以上差はクレイジーってルール。

今回は初なのもあって全員同じカード見ながらビギナーから挑戦していったよ。
人の手元見ないようにしないといけないけどね。

いやぁいいゲームだ。気に入りました。

結果:レン 6〇、ひろ 6〇、ラスカル 1






IMG_9740
「八八」

ダメ元で募集してみたけど、やはり立たずに諦めて、その後空いてる人数が丁度6人になったのでじゃあさっきのやろうかって言って貰えて立卓。

わーい。

なかなかルール量が多くてインストが大変だけど、一旦覚えてしまえばシンプルだし超面白いよ。
なかよし村花札はいいよ。インデックスないと難易度が数倍。

今回絶場が1回あったけど他全て平場。地味だ…。

エースさんいたから自分が出てる時でも手札確認お願いできて助かった。
二人とも出たときはまぁ頑張れ!

八八楽しいよ、八八。
なんか北名古屋のボードゲーム会だといつでも遊べるらしいよ(ステらないマ)。

結果:レン 9.4、エール -23.5、ノリス -17.8、しのじ 28.8、ラスカル 0.5、エル -27.3



IMG_9741
「アトリエ / Atelier: The Painter's Studio」 AEG

初プレー。気になってたのでリクエスト。

絵画テーマのゲームは好きなんだが、ちょっと前に出たアートラインはかなり微妙だったので、これも買うの迷ってた。

流れとしては必要な色の絵具集めて、払って絵画取って得点。
フレスコの煌きw。

手番では手持ちダイスを全て振って、その中から好きな数を使用。
残ったダイスはまた次の手番で振る。全員が全部使い切ったらラウンド終了。
ダイスは出目によって効果が違って、
1・2:絵具工房に弟子駒を1つ置く
3:弟子駒を違う色の絵具工房に移動
4:弟子駒がマジョリティ取ってる絵具工房から絵具を1つ獲得
5:絵具を払って絵画を取得
6:任意の絵具1つ獲得
基本6が強いが、弟子大量に送り込んでマジョリティ取っておくと4のアクションで複数絵具取れて効率が良い。
手番で複数アクションできるので、3で移動して4ってできるのがね。
3の移動は各プレイヤーの弟子を1つずつ移動できるのでマジョリティ調整しやすい。
まぁそれでも3つ以上マジョリティ取るのは難しいので、結局6が強い感はあるが。

んでこのゲームの肝となるのは絵画カード効果。
ほとんどが永続能力や即時効果を持ってる。
今回自分が最初に取ったのは『グランドジャット島の日曜日の午後』。
クイズベタですね。何かもうこれ取っただけで満足したw。
効果は「以後、絵画取るコストが絵具1つ安くなる」。確実に強い。そりゃ狙う。
あと取ったのは「マジョリティ取ってる色の絵具1つ取る」とか「6の目で絵具2つ取れる」とか。
とにかく強そうな能力狙って取る。得点は低いんだけどね。

最後6の目出たら高得点カード取れる賭けしたら出ずに無事死亡。
んで僅差で負ける。妥協して安いカード取っておけば買ってたなw。
酷い舐めプだったw。

それほど新しさはないんだが、能力コンボが楽しいし、ダイス目の運もあって遊びやすい中量級だと思うよ。
そして何より絵画テーマがアガる!!
スーラ以外もミレーとかターナーとか有名どころばかりだったのでキャッチ―だし。
多分そのうち安くなったら買うだろう。
定価では、まぁ買わないかなくらいw。

結果:レン 40、しのじ 13、ラスカル 42〇






IMG_9742
「ライズ・オブ・トライブス / Rise of Tribes」 Brad Brooks作

持参品。
かなり前にキックして、一度だけ遊んだやつ。
それ以来遊んでなかったので久々に。
その為に最近日本語化したよ。

手番ではダイス2つ振って、それぞれを4種のアクションエリアにそれぞれ置かれた2つのダイスを押し出すように配置してアクション。
太陽の目が2つあればアクションが強化されて、月の目が2つあれば弱体化される。
振ったダイスがゾロ目だとイベントが起こる。

入植で人コマを自分の人コマある場所に増やして、移動でコマを移動させて、資源採取でタイルに合う資源得て、達成カード引く。
達成カードは特定の資源払ったり、特定のマスに描かれた数のワーカー配置したりマジョリティ取ったりで達成して得点と効果。
また、指定の資源払うと村を作って、手番開始時に村の数だけ得点。
誰かが15点取ったら終了なので結構すんなりと終わる。
公称45分だからね。見た目の倍は軽い。

一つのマスの人コマ上限は4つで、5つ超えたら戦闘。1:1で1色になるまで取り除く。
分かりやすいね。

際立った面白さはないんだけど、普通に良いゲーム。
この軽さを良とするか悪とするかは人次第。

勝ちに王手かけたラスカル先生の村が1周するまでに3つ潰されたのは笑うw。
こっちもあと1点だったんだけどなー。ちぇー。

結果:レン 14、ラスカル 12、しのじ 15〇
Rise of Tribes [並行輸入品]
Ad Magic%カンマ% Inc





おしまい。



IMG_9743
ら・けいこのつけめん。
細切りチャーシューとフライドチキンの肉の暴力。
美味いが、ちょっとキャパギリギリだったな。うぷ。

6/7 東海シミュレーションゲームサークル@聚楽園

この日はこの時勢に珍しく3つのボドゲ会が被ってた。

岐阜ボドは予約満員だし、豊橋は流石に遠いので、もう1つの東海シミュレーションゲームサークルへ。
清州と東海市のどちらかで開催。以前一度清州の方には参加してる。
清州だと車で15分くらいなので近いんだが、東海市は遠いな。
基本第一日曜開催なのできなボド!ゲーマーズと被ってなかなか行けないんだけど。



IMG_9605
「電力世界 / Electropolis」 Chang Yu Di, Ku Chun Wei, Wang Liang作

初プレー。NGOが日本語版出して気になってた。遊べて僥倖。

場に環状に並んだタイルから何枚取るかを順に選択。
枚数が少ないほど手番が早い。おかしな遺言的な。
タイル取るときはその枚数の連続するタイルを取らなくてはならない。悩ましい。
更に同時に場に並んだカード1枚を取って、その下段に描かれた場所にタイルを配置する必要がある。
後手番だと置きたい場所のカードが残ってなくてタイルが無駄になることも。悩ましい。
あとカードには終了時得点や即時ボーナス。

取ったタイルは先述のようにカードに一致する場所に配置。
さらに既に置かれたタイルに隣接する必要がある。
基本的には発電所+資源のセットで得点。
赤の発電所+石炭、橙の発電所+石油の組み合わせ。同じ発電所が隣接すると得点が増える。
ただし、それぞれ大気汚染を起こして汚染トラックが進む。
隣接する発電所の大気汚染を軽減する建物もあるので活用したい。
青い原子力発電所は核燃料とともに最終処理施設が必要。
最終処理施設はボードの四隅にしか建設できない。

紫色の建物は支持率の増加。
最終的に汚染トラックが支持率より高いと差分の二乗がマイナス点。
あと取ったタイル置けないと廃棄して支持率減るよ。

なるほど確かにNGOが好きそうだ。
新しさはないが隙のない作り。美しいがこのストイックさは台湾らしい。
ある意味人を選ぶ。切れ味良すぎてね。

毎回3枚のルールカードが追加されるのでリプレイ性も高い。
今回は「空きマスが-3点になる」「汚染高い人ほどマイナス点」「原子力発電所ないと12点」の3つ。
原子力は1セットで10点なので2セット以上作れればプラス点。半端に原子力発電所だけあって核燃料足りないとかだと最悪。
でもまぁ流れで取れそうなら取るし、取らないで済むなら取らない。
ただ、空きマスの失点がデカいのでできるだけタイル枚数を確保したい。

なので1ラウンド目はどれ取ってもいいやと最大枚数6枚を選択。
んで24マス中5マスが埋まる。あれ、8ラウンドあるんだが…。
んで気づいた。これ燃料多く取ってボード配置枚数減らすか、そもそも取る枚数減らさないと溢れるぞ。
更に流れ的に赤橙の発電所はあまり取らない感じになったので、燃料もそこまでいらない。
なので以降は基本3枚取りで手番を早める。カードも好きなの選べて配置自由度高いし得点高いの取れるしね。

というわけで最終的には1マス空きで終了。1枚も捨ててないよ。
核燃料と最終処理施設余分に持って6ラウンド目終えたが、残り2ラウンドで原子力発電所1枚も出ないでやんの。
出てればもう10点増えたんだけどな。
まぁ勝てたから良し。

なるほど非常に面白い。タイル配置の気持ちよさよりは苦しさが強いけど。
これ4人でも常にカード4枚らしいんだが、4番手辛すぎね?
3人ならまだ3番手でも2択だから救いがあった。
この苦しさを楽しいって思える人ならタイル配置系のベストになる可能性は十分ある。

面白かったが、買うかは悩むな。

結果:レン 97〇、ハヤシ 82、コタケ 72



IMG_9606
「カウチャク / Kauchuk」 Yaniv Kahana, Oren Shainin作

買って1回しか遊んでないから立ててみた。
輪ゴムでエリア囲い。

途中で気づいたが、3人プレーで4人用ボード使ってた…。
そりゃ広いよなぁ。ほぼ絡みなしで終わってしまった。
申し訳ない。

ボードは5番。
輪ゴム同士の外側でエリア囲んで、4マス以上だとその数分追加点。
元々それでも資源は貰えるので、つまりは狙って得点取れと。
6ラウンドしかないので、最終ラウンドでどかっと囲って大量得点。
勝った。

今度はちゃんとマップ合わせないと…。

結果:レン 42〇、ハヤシ 19、コタケ 31



IMG_9607
お昼休憩。カレー。



IMG_9608
「探偵稼業 / Detective Life」 麻生忠嗣 作

持参初プレー。
推理ゲーと思って買ったら記憶ゲーだったよ。
NGO力作のスタンド15本付。

8色のカードに絵柄が6種。48枚。
手番では1枚引いて、その後情報交換か捜査。
情報交換は他人のカード1枚貰って、自分も1枚返す。
捜査は同じ絵柄を探して連続で当てて行く。相手の選ぶと相手が1点。外したら終了。

このゲームの特徴として、カードの位置は公開情報でどのカードがどの絵柄なのかを覚えておかなければならない。
色は背面から確認できるので、あのカードがあの絵柄だったなぁって覚える。
カードがあっち行ったりこっち行ったりで忘れるし、場所固定されてても同じ色が同じスタンドにあるとどっちがどっちだったか…。

んで捜査。
自分のでも相手のでも1枚指定して、相手のなら相手は1点獲得し、自分だけタイルを見る。
基本的にはその1枚目の絵柄を対象に捜査していくが、既に自分が捜査して公開してる絵柄だと失敗。
そうでなければあとはその絵柄のカードを探す。
指定するときは絵柄だけじゃなくてどのカードかも指定なので誰が持ってるだけじゃなくてどのカードがその絵柄かを覚えておかないといけない。

3回捜査してカード公開した人はゲームから抜ける。早抜けボーナス有り。
また、同種の絵柄5枚以上公開されたらマークしておき、4種マークで終了。全員抜けても終了。
各絵柄でマジョリティ見てトップは枚数×2の得点、2位は枚数+2、それ以外は枚数が得点。

各絵柄8枚で、タイでもフル得点なので、なるべく4枚公開を狙いたい。
あとから追加公開はできないので、4枚が確定するまで待ちたいが、他の人に先に捜査されてしまうと無駄になる。
なので3枚くらいで妥協してやっておけば、運が良ければトップ、ダメでも2位で+2点は取れる。

更に後半になるとどの色のどの絵柄が公開されてるってのが場を見て分かるので、見てないタイルでも絵柄が推理できる。
特に同じ絵柄集めてる人が持ってるのに出さなかったやつは除外して考えれたり。
そこらへんはしっかりと推理ゲームしてる。

それなりに記憶力は必要だが、思った以上にライトな感じで悪くない。
外しても相手に1点入るだけってのも気が楽。

結果:レン 29、ウチダ 22、アンドウ 15、ゆう 30〇



IMG_9609
「天下鳴動」 与儀新一 作

製品版は初かな。
プレイ自体は3度目くらい。

何度遊んでもルールがシンプルで美しい。
コンポーネントも製品版になって豪華になったので良いね。

サイコロ振り直すルール間違ってたけどまぁいいや。

今回東日本で3人が殴り合って、西日本がスッカスカw。
そこを一人で蹂躙したゆうさんが圧勝w。まぁそうなるわな。点数高いし。

結果:レン 21、ウチダ 19、アンドウ 25、ゆう 41〇



IMG_9610
「フリークショップ / Freak Shop」 Henri Kermarrec作

持参初プレー。

手番では2択。
・同種カードN枚出して場から他の同種カードN枚取る
・任意の枚数のカード出して、その合計値に等くなるようにカードを何枚でも取る
その後山札から場に2枚公開。

つまりは上のアクションで数字小さいカードを数字大きいカードに交換して、下のアクションでそれを数字の小さいカード複数枚に交換する感じで手持ちのカードを増やして行く。
当然数字が大きいほど枚数は少ない模様。

勝利点は場に出てる3枚の得点条件タイル。
プレイ毎に変わるのでランダム性。
今回は「カードの合計値÷10の得点」「数字が連続する枚数×3点」「値札タグが付いてないカードの枚数×2点」。

なのでできるだけ各数字1枚は残しながら、大きい数字のカードを集めて、選択肢あれば値札ないのを取る。
もしくは大きい数字のカード1枚吐き出して、値札のないカード数枚取れれば美味しい。

なるほどシンプル、そして豪快。
毎手番2枚場に補充なので場がどんどん増えて行く。
終了条件は山札の下の方に入ってる閉店カード出たらなので、結構あっという間だ。

そんなに深みはないが、遊びやすいゲーム。

結果:レン 56〇、笠松 47、ハヤシ 29



IMG_9611
「四人議会 / Council of 4」 Simone Luciani, Daniele Tascini作

久々に。ツォルキンコンビ。あまり遊ばれてるのを見ないね。

議員の色に合うようにカードを出してタイルを獲得。
タイル裏返して家建ててボーナス。複数が道で繋がってれば連鎖発動。

富める者がどんどん富むゲームなので出遅れると辛い。
カードの引きは大きいしね。
ゆうさんが独走だったなー。

結果:レン 45、ゆう 93〇、ウチダ 失念



IMG_9612
「ジンジャーブレッドハウス / Gingerbread House」 Phil Walker-Harding作

持参品。もっと遊ばれていいゲームなんだけどな。

ドミノタイル重ねて資源獲得、資源払ってカード達成の煌き系。
階層完成させるとボーナスカード取れるのでどれを優先するか。

なんか後手番辛いなと思ったら、初期で逆順カードピックするの忘れてた!
インストの最後に言おうと思ってたら…、触れておかないとダメだなぁ。
失礼しました。インストミス多いなぁ…。

逆に言うと手番順補正ない煌きは…。

結果:レン 62〇、ウチダ 58、ゆう 50



IMG_9613
「ふくろキャッチ / Schnapp den Sack」 Wolfgang Kramer作

持参初プレー。
アーチゲームズの小箱福袋から。
そういや出てたなこんなの。

直立するズタ袋が気になる。ご想像の通り、リアルタイム早取りだ!

自分の山から1枚めくる。
カードは4色あって、場には対応する列。
めくったカードをその列に加えるか、1枚を上書きして、合計数を6にできると思ったら袋を掴む。
スルーなら場に加える。6を超えてたら最大値を上書き。

うむ、分かりやすい。
ヴァリアントで合計値を7~12に変えたり、列ごとに別の数字にしたりできる。

軽ゲーとしては中々悪くない。
常に全員参加のジャングルスピードとかそんな感じ。ハリガリか。未プレーだ。

結果:レン 23〇、ゆう 15、タカ 18




終わり。
リサイクルショップ巡りして帰ったよ。

バティークキッズを300円で買えてホクホク。

2/29 まいたーん!サタデーボードゲーム倶楽部@今池

岐阜でメインに活動してるまいたーん!さんが名古屋で隔月くらいでやってる大人向けボードゲーム会に初参加。

初参加だけど他に目ぼしい会がなかったので見知った顔が覆いw。

特徴といえるのは主催者側で卓の時間管理をして、メンバーのシャッフルを率先して行ってることかな。
窮屈っちゃ窮屈だけど交流という点では良いね。
そこまで厳格なものではなく、重ゲーやってる卓は続投できるし。
あとスタッフの人が結構多いのが珍しいね。



IMG_9266
「チケットトゥライド拡張マップ日本&イタリア / Ticket to Ride Map Collection: Volume 7 – Japan & Italy」 Alan R. Moon作

今回は日本マップ。初プレー。きっと君持参品。
最近出たやつ。

日本マップは細長いのがどうなるかだが、このマップでは共通路線である新幹線が登場。
誰でも引けて、自分がどれだけ引いたかを新幹線トラックで記録。
最後にマジョリティ見て得点。
あと東京だけ地下鉄路線があって、東京駅を玄関に乗り入れ。

新幹線があるので、長距離の目的達成も以外と簡単で、自分から率先して引かなくても勝手に達成できることも。
ただし、全国引ききるだけの新幹線コマはないので、北寄りになるか、南寄りになるかは展開次第。
面白いのは新幹線コマが尽きたら新幹線路線は普通の路線と同じく個人路線として使えること。
しかも全部単線なので早い者勝ち。
ある程度自分で新幹線引いて自分が伸ばしたい方をコントロールして、新幹線コマが減ってきたらマジョリティに絡めるように手札管理、枯れてからはクリティカルな路線を押さえて達成を狙う。
マジョリティ得点はかなり大きいので無視はできない。1位差は10点刻みくらいなので無理に1位は狙わなくてもいいが、3位くらいには入りたいところ。

目的達成が他のマップに比べてやりやすい分、どれだけ良い路線多く引けるかが大事。
10枚くらいは達成したかな。すごい量。
地下鉄は細かい路線が多くて狭い分、絡んでると得点が高め。
玄関口となる東京周辺は押さえておきたい。

拡張マップはそんなに遊んでないが、個人的には好きなバランス。

新幹線置いてかれない程度について行って、最後の1個で2位タイに。
あとは目的引きまくって達成。最後の1枚は失敗したけど。
短い路線ばかりで路線点は低めだったが、目的地大量達成で1位。

結果:レン 96〇、あんどう 77、大臣 57、きっと 79、ガースー 46





IMG_9267
「ジャストワン / Just One」 Ludovic Roudy, Bruno Sautter作

2回目。
ヒント被っちゃだめよのお題当て。

人数多いとヒント多く出せるが、その分被りやすい。
でもまぁ被らなかった時は当てやすいので多い方が良いかな。

写真のは「登山」だったが、回答は「雪山」。あー、惜しい。
そこの区別は難しいなぁ。

あと「横断歩道」のお題で最初「アビィロード」って書いて書き直して「ビートルズ」にしたがどっちにせよ伝わらなかったよ。

結果:レン&きっと&do&あんどう&大臣&がーすー 8
ジャスト・ワン 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2020-02-20




IMG_9268
「ジャストインタイム / Just in Time」 Günter Burkhardt作

持参品。なんか軽めの枠。

ウボンゴ的なパズルだけど、埋めずに残せた数字のマスが得点。
他人と同じ数字は宣言できないよ。

終盤で満点出せたので勝ち!接戦だった。

結果:レン 79〇、きっと 75、do 77



IMG_9269
「ストーンエイジ / Stone Age」 Bernd Brunnhofer作

持参品。なんか初心者でも遊びやすいやつってことで。

資源集めて契約タイル達成やカード買って得点。
特徴としては資源の集め方が置いたワーカー数分だけサイコロ振って、合計値を対応する資源の単価で割った分だけ資源が取れるところ。
木材だと3で割って、金だと6で割って。

今回普段あんまりやらないカードのセットコレクション点を狙ってみた。
結果全種コンプリートして64点取って勝った。
競合いなかったから集めやすかったね。

結果:レン 194〇、ハヤト 148、ガースー 88、かにかま 98




IMG_9270
「ダイスシティ / Dice City」 Vangelis Bagiartakis作

持参初プレー。安くなってたので。

手持ちダイスじゃらっと振って、対応する色の対応する数字のマスに置く。
手番では任意のダイス消費して、ダイス1つを隣接するマスに移動したり、ダイスの置かれたマスの効果発動したり。
効果で資源獲得して新しいカード購入してマスを強化。もしくは戦力で敵や他のプレイヤ―の建物殴って得点稼げるぞ。

結局はカード買っても6分の1でしか効果発動しないから、移動も込みで考えたい。
悪くないんだが、相手殴って建物壊したり、それを1手使って直したりと、なんかイモい。
拡大してく感じが地味で、気持ちよさがあまりない感じ。
一応資源特化とか戦力特化とか、得点効果に振ったりとか戦略は複数あっていいんだけどね。
ダイス増やす要素があればもっと派手になった気もするが。
まぁバランス的に難しいのだろう。

結果:レン 68、きっと 55、大臣 72〇
ダイスシティ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2016-05-14




IMG_9271
「クロンダイクラッシュ / Klondike Rush」 Ryan Laukat作

持参初プレー。これもホビージャパンが入れたのがかなり安くなってる。

競りでカード手に入れて、配置用のキャンプコマを獲得。
誰が落としても手番プレイヤーがキャンプコマを配置。
任意数配置できるが、同色のコマからの経路に描かれた分のお金が必要。
他色コマがある経路は常にコスト1になる。
コマ置いたマスにあった資源チップ獲得して、手持ちの契約達成できたら収入。
このゲーム、お金得る条件がかなり厳しく、契約による収入でちまちま稼ぐか、ゲーム中1度だけ使える収入カードで手持ちのカード1枚につき既に建てられた同色キャンプコマ1つにつき1金稼ぐか。
収入カードはゲームが進むほど貰えるお金が多くなるので、なるべく使わないで耐えて大きく稼ぎたい。
だが、その前にお金使い切ってしまうと何もできなくなって苦しいので、上手く契約達成して生き長らえたい。
非常に苦しい洗面器。辛くて楽しい。

あまり早く収入得てもそれを使い切ってしまったら今度こそ何もできなくなる。
なるべく無理な支払いはせずに、機を待ちたいが、自分の手番までにカード競り落としておかないと置くキャンプコマもなくて何もできない。
適切なタイミングで、適切な価格で、必要な時にはちょっとだけ頑張っての資金管理が必要。

んんん…面白いぞ、これ。
非常にお金が苦しいなかでの資金管理、コマ確保、収入カードの洗面器。
見た目とは裏腹な良質な競りゲー。
お金尽きた人は何もできなくなるので、辛いゲームでちょっと上級者向け。
それでも全体で1時間程度で終わるのでそこまで重さはない。
これ2000円切ってたのはおかしいな。良作!

結果:レン 198〇、あんどう 115、マジックマ 89、きっと 129




IMG_9272
「フィニート / Finito! 」 Hartmut Kommerell作

マジックマさん持参。
遊ぶのは数年前の草場邸以来で2回目。

20面ダイス振って出たマスにランダムに引いたタイルを配置。
全部埋まったら今度は出たマスに他のタイルを移動。
全部昇順に並べたら勝ち。

悪くはないんだが、最近だとコンプレットが面白さ的に上位互換なのよね。
ラッキーナンバーしかり。
同じ感想を前回も思った気がする。

結果:レン 〇、きっと 〇、あんどう、マジックマ


IMG_9273
「ウエーブレングス / Wavelength」 Alex Hague, Justin Vickers, Wolfgang Warsch作

最後にこれ。

やっぱり相手チームのダウンタイムが気になる…。
まぁふんわり遊ぶのが吉。

結果:エース&do&マモル 10、レン&マジックマ&早川 6



おわり。



IMG_9274
fくろうでまぜそば!



2/7 マジスパゲーム会@大須

久々に参加。

大須のマジックスパイスでカレー食べてから遊ぶよ。




IMG_9079
イエサブ会通ってた頃は毎週食べてたんだけどな…。
最近はめっきりです。



IMG_9080
「スカウト! / Scout!」 ワンモアゲーム!

とりあえずスカウト。

5人だと出したカードが残ったまま戻って来て終わることがほとんどないやね。

誰かが出し切ったら終了なので、下手にため込んでもマイナス喰らうだけやで。
少しずつでも出した方が得点は伸びる。出せるなら出した方が無難。
まとめてドバっと出せるようになるなら別だけど。

やっぱり個人的には支離滅裂の方が好き。

結果:レン 30〇、うめゆ 19、シママ 20、れみ 5、ねくろん 21



IMG_9081
「ループトラックス / Loop Trax」 David L. Smith作

ねくろんさんと。
ある程度アブスト強い人とやったら引き分けになりやすいな。
もうちょっとレベル上がれば勝ちの手も見えてくるんだろうが。

うーむ。

結果:引き分け:レン、ねくろん



IMG_9082
「マウマウボードゲーム / mau mau!! Das Brettspiel」 Reiner Knizia作

持参初プレー。クニツィア作のボード版マウマウ。
マウマウってのはドイツのウノな。クレイジーエイトともいう。
正式な読みはマオマオだけど。

ゲームとしてはロンドとエルファーラウスボードゲームの合いの子って感じ。

手番では直前のタイルと同じ色か同じ数字を出す。
どちらも一致したら2点貰える。
☆の描かれたマスに置ければ1点。
出せないなら1枚引く。
残り1枚になったら「マウ!」、全部出し切ったら「マウマウ!」って言って5点取って5枚補充。

この時は5枚補充忘れてたけど。

あとは自分以外1ドローのマス、置かれた数字が以後何枚でも出せる塔のマスがある。
特殊タイルはワイルド、2ドロー(連鎖可能)、スキップ。
まぁそんな感じ。

ほぼ手なりで出すしかないんだけど、次のプレイヤーが☆のマスに置けないようにしたい。
途中分かれ道があったりするので、その場合はどっちに出すかで選択肢がある。
下家が持ってない色や数字覚えておければ強いのか?
まぁそこまでガチでやるゲームでもないか。

ゆるーく遊べます。

結果:レン 23、うめゆ 31、れみ 21、シママ 45〇



IMG_9083
「ペーパーブロックス / BLOXX!」 Klaus-Jürgen Wrede作

持参初プレー。ヴレーデの紙ペンテトリス。
名前の読みがブロックスと同じだからペーパーブロックスって邦題だが、関連性はないよ。
駿河屋で中古買ったらBLOXXじゃなくてBRIKKSの和訳が入ってたんだがw。

手番プレイヤーはダイス2個振ってどちらか選ぶ。
ペンタミノが描かれてるのでそれを自分のシートに記入。
〇が描かれてる部分には〇を描き、数字のあるマスに〇を描ければその数字分得点。
他のプレイヤ―はもう1つのダイスの出目を使って描くか、手番プレイヤーが使ったダイスを使えるがその場合は〇は描けない。
あと色のラインは全部埋めると早取りで得点があるよ。

うむ、シンプルだ。
セカンドチャンス、パッチワークドゥードゥル、ブリックスにペーパーブロックスと立て続けにテトリス紙ペンゲームが出たが、まぁどれもどれだ。
特に出色なのはないので好きなのを選べばいい。
紙ペンが嫌ならアハイアルとかスプリングメドウとかもあるぞ。

結果:レン 32、シママ 33〇、れみ 31、うめゆ 13




IMG_9084
「ブクブク / Land Unter」 Stefan Dorra作

希望があったのでブクブク。

カード同時出しで水位カードを取るが、最大値が低い水位、二番目が高い水位を取る。
3位以下狙ってしゃがむか、取るなら1位を取りたい。
既に高い水位を持ってる人は水位低くするためにカード取りに行きたい。
今回の高い水位よりも高い水位を既に持ってる人がいるなら2位取ったとしても、その相手が1位じゃない限りはライフ失うのはその相手だ。

久しぶりにやったがやはり名作だな。

結果:レン 4、シママ 7、うめゆ 11〇、れみ 4



IMG_9085
「トリックパーティー / Trick Party」 FR@ games

持参初プレー。500円シリーズのやつ。なんとなく買った。

マストフォローのトリテだが、カードに描かれた革命アイコンが奇数枚出たトリックでは数字の強弱が逆転する。
アップ&ダウンっぽいね。
まぁそれでも切札は強い。

毎トリックごとに得点カードが公開されて、トリック取った人がそれを取る。
取りたいトリックと取りたくないトリックがランダムに出てくるわけだ。
ちなみに最終トリック取った人は脱落です。

まぁシンプルなトリテ。
下手にいじってない分悪くはないね。
500円ならさもありなん。緩く遊ぶには良いのでは。

結果:レン -1、シママ -7、うめゆ ×、れみ 0〇



おしまい。

2/2 きっずタウンきたなごや@北名古屋

るどふぃ~るできっずタウンきたなごやに出展。

イベントの記事はこっち見てもらうとして。

準備中にちょっと遊んだゲームをば。



IMG_9052
「フライングフライパン /  Pfannen-Pannen」 Frank Bebenroth作

ゆずさんがやりたがってたので。
フライパンは飛ばない。

たまにあるフライパンでひっくり返すやつ+よくある指定の並びにするやつ。
出来たらベル鳴らして得点だ。
たまにコックさんが必要なものを要求してくるので、必要なアイテムが描かれた料理を投げ込め!
つか料理に入れ歯とかクシとか入れるんじゃないよ!



IMG_9053
「お菓子の魔女 / Knusperhexe」 Heinz Meister作

初プレー。なお魔女はどこにもいない。

積まれたカードから1枚抜く。裏返して自分が直前に取ったのと同じお菓子なら返す。
崩したら負け。枚数多い人が1点。
非常に分かりやすい。

なんか最近周りで流行ってるんだが、2009年のゲーム。何故だ?



IMG_9055
「流れ星をつかまえろ / Catch a Falling Star」 Christian Sovis作

クリカドのリメイク。ハリネズミから流れ星になったよ。
この版は初プレー。

いくつかの棒には金属が付いてて、最初は磁石のパーツにくっつけて配置。
金属が付いてない棒は他の棒や磁石パーツに乗るように配置。
落としたのは引き取りで、置ききりで勝ち。

よくあるバランスゲームだが、見た目がいいよね。

なんか不器用すぎてあーちゃさんに笑われた!!



こんなもんで。


イベント自体は小学生70人以上に遊んで貰えて盛況でした。

12/12 メビウス頒布便ゲーム会@大須

この日はボードボードにてメビウス便ゲーム会。
対象はここ3か月くらいのメビウス便ゲーム。

メビウス便を知らない人の為に説明すると、メビウス取り扱いのゲームを一般流通前に月一で勝手に送ってくれる定額サービスだよ。

先月行ったときに店長にやりません?と言ったらやってくれたよ。
謎ゲ会よりは人が来やすいかなと思ったが、自分とどんさん以外誰も来ず。淋しい。



IMG_8564
「ハイロー / HiLo」 Knut Strømfors, Eilif Svensson作

初プレー。

自分の前に裏向きで3x3のカード。2枚選んでオープン。
手番では山から1枚引くか捨て札トップを取り、自分のカード1枚と置き換え。
数字の合計がマイナス点。

うん、ゴルフだね!

オリジナリティとしては、縦横斜めに色が揃った場合、それらのカードを捨てて列が減る。
斜めや中央列が揃ったら、隙間は詰めてな。

低い数字を集めるか、数字高くても色揃えるのを優先するか。
ゴルフは高い数字集めるのは他人が捨てやすいからだったが、こちらは数字の大小に関係なくとりあえず色リーチさせとくのが良い感じ。
まぁ低い数字捨てても効果薄いから、揃えるなら高い所が良いが。

あと良いのが、引いたカード捨てた場合、自分の裏カード1枚オープンする。
全部表になったら終わりなので、引いて捨ててでなかなか終わらないのを防いでるし、終わらせたくないなら大きい数字引いても列に入れなきゃいけないジレンマもあっていい感じ。
ゴルフだと4枚しか裏向きないからすぐ終わりすぎちゃいそうだけど。

結果:レン 90、れみ 103、どん 76○



IMG_8566
「ロボット工場 / Ausser Rand & Band」 Holger Schmidt作

初プレー。

手番ではダイス2個振って、コンベア上の対応するマスに配置。
その後手元のダイス1個をコンベア周囲のアクションマスに配置してアクション。
最後に山から1枚タイル引いて、コンベアの後ろから差し込むと最も右のタイルが落下する。
するとタイルに載ってたダイスが転げ落ちて、その出目を見て最大の人が落ちたタイルを獲得。
このダイスの振り方は新しいなw。

アクションはダイス1個振って対応する場所に追加、自分のダイスを右に移動、自分のダイスを左に移動、他人のダイスを1つ左に移動、一番右のタイルに自分のダイス1つ追加、埋まってるアクションコピー、アクションマスにある自分のダイスを隣のタイル上に移動、とか。
どんどん埋まっていくとやりたいアクションできなくなり、どこかで最後のアクション解放してマスを解放。
溜まってた分のダイスが戦力として入ってくるので強いが、他人の選択肢は増やしてしまう。
やるなら自分にとって欲しいタイルにダイスが載るタイミングにやりたい。

ロボットタイルは頭・胴体・足に分かれていて、1枚1点だが、3パーツ揃えると5点、色もそろってると8点。
2色のパーツはどちらの色としても使えるよ。

シンプルながら悩ましくて、ダイス運もあって良い。
欠点は箱の大きさだな…。
タイルとダイス合わせてもコンベアの中に納まるのに、このコンベアが大きい製で箱がラベンス大箱サイズだ。
ナイアガラみたいに箱使う工夫すれば小箱でいけたんじゃないかな。

あとタイル落ちたら、タイルだけ引っかかってダイスは下に落ちるようになってるんだが、たまにダイスも一緒に引っかかってイマイチ。

ダイス運良くて圧勝したんだが、自分で振ってないのでいまいちダイス運良いと感じないねw。

結果:レン 24○、れみ 5、どん 17



IMG_8567
「グリズリー / Grizzly Lachsfang am Wasserfall」 Stefan Kloß, Anna Oppolzer作

初プレー。
エグいナイアガラって聞いて気になってたやつw。

手番では自分のグリズリーを好きなだけ動かす。魚のいるマスでストップ。途中で止まるも可。
全員動いたらダイス振って、出目に従って対応する列が流れたり、魚が追加されたり。
魚は滝に近いマスから追加されるが、クマのいるマスは飛ばして次に配置。
帰ろうと思ってたルートが魚で封鎖されたりw。食欲の権化!

滝に近い方が魚が増えやすいが、自分も落ちる危険性高いってのは分かりやすいね。
獲得した魚は巣穴まで持ち帰らないと得点にならない。滝に落ちたら消える。

欲張って大量に魚集めた人が帰ろうとするのを、他の人が自分のクマでブロックして妨害するw。
そんなゲーム。

3人だと1列減るが、それでもちょっと広めだったね。
4人が良さげ。

最後にどんさんが大量に持ち帰って勝ち。
2人がかりでブロックしたが、最後の出目にやられたよ。

結果:レン 9、れみ 9、どん 18○



IMG_8568
「パニックアイランド / Panic Island!」 Antonin Boccara作

初プレー。

協力ゲーム。砂時計使うのでプレイ時間は2分だ!

2分以内に神経衰弱でカードを集める。
2色の人・ドードー・タマゴがあり、人とドードーをめくるとドードーを、ドードーとタマゴをめくるとタマゴを獲得。
ドードー減りすぎるとタマゴ取れなくなるので、先にタマゴから集めたい。
それ以外にイベントカード。
もう1枚と位置を入れ替えたり、全員その場で立ち上がってくるっと回ったりw。バカゲーだったわw。
ちなみに間違えて中央の火山めくると即死ですw。

ゲーム中1度だけ、全員両手上げて神様に助けを請える。
したらば、そこからはカード名宣言して1枚めくる行動に変わり、正解する限り各自の手番でそれを繰り返す。
1回でも失敗したら元の手番に戻る。

なので、中盤までは2枚めくりでドードーとタマゴ減らしつつ、適度なタイミングで神に祈って人を回収しろよと。
そのタイミングの見極めが難しい。

手軽な協力ゲームとしては悪くない。
なお、回収枚数による得点制。

上級ルールだとカードが1色増えるのと、イベントが色々増える。
なんかめくったら服を1枚脱ぐってのがあったんだが…、合コンゲーだったか(違う)。

結果不明:レン、れみ、どん



IMG_8569
「ムシがいっぱい /  Voll verasselt」 Carlo A. Rossi作

初プレー。

手番では場のカードか直前の人が獲得したカードを選択し、ダイスを4~7個振る。
出た色のカードを獲得できるが、1色でもカードより多くの出目が出たら失敗。
変わってるのが、振らなかったダイスの目も有効であること。
更に出目は直前のプレイヤーから引き継ぐので、何を残して何を振るか。
場を狙ったら、最後に出目の中の=の数×2だけ場にカードを補充。

また、ダイス振る前に自分のディスプレイから狙った場か相手の獲得カードにカードを追加できる。
枚数少ない色を増やして保険をかけれるが、失敗したらカードを放出するだけになる。

獲得したカードはすぐに回収せず、次の人が狙えるので並べて置く。
狙われなかったり、狙ったが失敗したら得点化。狙われて成功したら残った分だけ得点化。
その際にディスプレイに追加しても良い。得点にはならないが保険になる。

最初ルールが分かりづらく難航したが、理解できたら結構面白かった。
どの目を残すか、カードを足すかが悩ましい。

ここでも結構なダイス運を見せて勝利。
今度は自分で振ったから実感あるぜw。

これは良いゲームだった。

結果:レン 37○、れみ 21、どん 17



IMG_8570
「ウンチに気を付けて / So ein Mist」 Rüdiger Dorn作

初プレー。
同名のクラマー作のゲームとは別よ。

ダイス振って時計回りに進む。
1個振ってその結果を受け入れるか、違うサイコロまた振るか。
以前振ったのと同じ目が出てしまったらそれで確定される。
止まったマスのカードを獲得。
誰かが既にいたらその人が代わりに獲得。2人以上なら後優先。

カードにはプラス点とマイナス点があるので、プラス点のマスに止まれるようにしたい。
もしくは誰かが既にいるマイナス点に止まってマイナス押し付けるか。

なかなか手軽で良いゲーム。
3人だとちょっと寂しいので5人くらいで遊びたいね。

結果:レン 35○、どん 24、れみ 15



IMG_8571
「レッドピーク / Red Peak」 Carlo A. Rossi作

初プレー。これまたロッシ。
協力ゲーム。

せーので砂時計ひっくり返して、全員手札を見る。
持ってる手札のアイテム使ってどのタイルを配置できるかを全員で相談。
いけそうなタイルを配置して道を繋ぐ。
んでカード使って人コマ進める。どっかで終了を宣言。
時間オーバーしたら砂時計落ちきるごとに火山タイルをめくる。

その後、置いたタイル上をテントコマが進む。動くテント…。
タイルには達成ボーナスが描かれてるので、カード引いたりタイルを場に追加したり、中には火山タイル引くのもある。

火山タイルは何も起きないやつと、溶岩1枚置くヤツと、溶岩1枚置いてもう1枚めくるやつがある。
溶岩は火山から道をたどって追いかけてくる。人かテントが呑まれたら負け。


やってみたら3ラウンドくらいで溶岩に呑まれて死亡。
火山タイル3枚引く道配置したのが失敗だったな…。
リアルタイム協力ゲームの中ではかなり成功が難しいゲームだと思う。
その分成功したら達成感ありそうだが。
なんか簡単って言ってる人もいるのでなんか間違えてたか…?

どれ置けるって話し合ってないで、これ置くって決めて置けるなら即置くってのが良いか。

結果:失敗:レン、れみ、どん



IMG_8572
「おどる指輪 /  Ring der Magier」 Kirsten Hiese作

これは2回目。時間的に最後にこれを。

磁石仕込んだリングを指で弾いたり、反発で飛ばしたり、ぐるぐる回したり。
基本的には穴から見えてる色の宝石を獲得だが、最後のだけは全員何色が出るかを予想して当たった人が宝石獲得。

前回も思ったんだが、最後の予想のアクション引いた人だけ自分が宝石もらえること確定してなくて手損じゃね?

バランス悪いので、全員1枚ずつ持って各自の山にするとかが良い気がする。

なんかここでも強運で、一度に宝石2つ獲得を2回くらいやって、勝利w。

結果:レン 8○、どん 5、れみ 3




おしまい。

手ごたえあれば月1でやっても良かったが、思ったより消化が捗ったのと、人気なかったので定例化はしなくていいかな。
また3か月後くらいに集まってやるかね。



IMG_8573
麻辣刀削麺。見た目ほど辛くなかった。ちょっと残念。

10/18 マジスパボドゲ会@大須

マジスパボドゲ会。前回不参加だったので4か月ぶり?

ライト向けな会なので行くか迷うが、濃い面子が確認できたので行くw。

IMG_8169
まずはカレーを食す。久々。



IMG_8170
「ワードアラウンド / Word A Round」 Thinkfan

持参初プレー。

山からカード1枚めくって、山の一番上のカードの背で色指定。
めくったカードのその色を見て、並んだアルファベットをどこから読めば英単語になるかを早い者勝ちで宣言。

うむ、分かりやすい。そして英語力が問われるw。
それほど難しい単語はないんだが、複数形や過去形もあって分かりにくいことも。
画像手前のだと黒:language、赤:elbows、青:labelだね。

普通に面白いし、英語の学習にも良いよ。
ひらがなバージョン作ったら簡単すぎるかねぇ?

余談だが、蓋が緩いので上部持つとストンと抜け落ちるw。

結果:レン 10○、ヒゲボド 9、NEZ 6





IMG_8171
「ルドフィール / Ludoviel」 Friedemann Friese, Thorsten Gimmler, Martina Hellmich, Hartmut Kommerell, Andrea Meyer作

やばい面子で。
当然やばいルールで。

ペロポネソスとか久々に出題したぞ。

ショーゴ君は入ってくれなかったよ!
この面子揃うことめったにないのにー。

結果:レン 27○、ヒゲボド 16、NEZ 12


IMG_8172
「セカンドチャンス / Second Chance」 Uwe Rosenberg作

お腹もいっぱいで眠くなってたらニートさんに誘われる。

頭ぼーっとしながら適当にやる。
負けるw。

まぁ運ゲーですから!

結果:レン 4、ニート 3、きっと 1○






IMG_8173
「ファイブアライブ / 5 Alive」 Eamon Bloomfield作

初プレー。存在は知ってたが。

基本ノイ系のカウントアップ。
数字合計してって21を超えたらライフが減る。
場はリセットされてそのまま続行。
特殊カードがふんだんにあって、パス、スキップ、リバース、21にする、ゼロにするなど。
ゼロ捨てなかった人はライフ失うっていうヤバいのもあれば、全員の手札集めて配り直しっていう違う意味でヤバいのもw。

でもまぁ引きゲーですなw。
5ライフ、意外と長いぜ。

結果:レン ×、ヒゲボド ×、ショーゴ ×、温玉 1、みゅう 2○



終わり。

9/29 ボドゲ難民を救う会@北名古屋

ゆずさんとこの日何もないねーって話してて、んじゃなんかやろうかと合同企画。
ゆずさんが募集して、自分が場所取って、まぁそれだけだけど。

結果ほぼ満員。ギリギリに募集しても集まるもんだね。
自分だけじゃこうはいかないので、ゆずさんの人徳だろうな。

ちなみに二人とも主催業する気ないので、適当によろしくね。




IMG_8052
「ボルダリングレース」 エポック社

持参初プレー。
家でテストプレーはしてて、1人用だから実質そちらが初プレーか。

今年のおもちゃ大賞。
左右のレバーを操作して人形を登らせていく。
落ちずに上まで到達すれば成功。

途中のブロックに体がひっかかって浮いたり、腕を開きすぎるとひっかかりの開口部が上を向いて外れたりで、落下する。
片腕外れたら掛け直せってあるが、大人が遊ぶなら片腕外れたら失敗で一からやり直しでいいと思う。

なお、ブロックの位置付け直すことで難易度調整が可能。

基本両方同時にレバー押し下げて両腕同時に上げるのが早い。
ボルダリング感ないけどw。
体の角度どかでそれじゃ引っかかりにくい場所は片方ずつ、場所によって右右左と順番を考える必要があってトライ&エラーでクリアする感じ。

熱中するよね。良い。
ゲームと言うかは玩具だけど。






IMG_8053
「ミステリーデートゲーム / Mystery Date」 Marvin Glass作

持参初プレー。
かんちょーに貰ったんだっけか?

ルーレット回して外周を進む。
基本は山からカード引いたり、誰かからババ抜きしてカードを集める。
カードにはジャンルと1~3の数字。
同ジャンルの1~3を集めるのがまず目的。
んで、チャンスマスに止まったら、ダイヤルを回してドアをオープン。

IMG_8054
中から現れた男性が自分の揃えたカードのジャンルと一致してれば勝利。
そうでなければ閉じてやり直し。

仕組みとしてはページによってダイヤルの切り欠きの位置が違ってて、回したダイヤルの角度によって開くページが変わるようになってる。
どの角度でどの絵が出るかは固定なので、前回どこ開けたかが分かってれば任意のページ狙って開けれるんだが、まぁ無粋よね。

運が悪いといつまでも終わらない系。時代だね。

結果:レン、きっと ○、ゆず、B






IMG_8055
「アンティクィティ / Antiquity」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

やりたいと言われたので持参したら、自分抜きで立てられそうになって悲しくなったぞ!

さて遊ぶのは5度目くらいか?

すぐりさんも先日遊んで気に入ったようで、大分研究してきたようで。
初動から二人とも大聖堂建てるの前提で動く。
自分はいつものパターンで倉庫なしで資源保管可能な聖人で資源コンプ狙い。
すぐりさんは全特殊効果使えるが、勝利条件2つ達成しなきゃいけないやつ。

作戦としてはいつも通りダンプとアルケミー、病院を早めに建てて。
種は今回はマーケットで交換して取ることでバイオロジー建てる場所を削る。
途中ブルワリー立てたが一度もイン作らなかったのでそこは完全に失敗した。

ある程度基盤が出来たので、あとはひたすら資源獲得していく。
全部収穫出来たら3つ残るように、余った分をマーケットに回して。
自分もすぐりさんもゆずさんもあと1ラウンドあれば勝利条件満たすって状態になったけど、
そのラウンド中になんとかこねくり回して資源変換して勝利条件達成。
1ラウンド差の勝利でした。

IMG_8056
今回初めて気づいたが、この勝利条件に木と石はいらんのね。
今までそれも集めてたので実際もうちょっと楽だったわ。
都市2つで最後まで乗り切ったぜ。
汚染も墓もきつかったが。
収穫に人回してるから病院・アルケミー・ダンプを全部撃つだけの人が足りない…。

ブルワリーが完全に失敗だったなー。

数か月ぶりにやったがやっぱり面白い。
次回は違う勝ち筋に挑戦してみたい。速攻戦略とか。

結果:レン ○、すぐり、ゆず、オセロ







IMG_8057
「Escape from the Aliens in Outer Space」 Mario Porpora, Pietro Righi Riva, Luca Francesco Rossi, Nicolò Tedeschi作

持参初プレー。
オスプレイから出てるアルティメットエディション。安かったので。

宇宙飛行士側とエイリアン側になって、宇宙飛行士は脱出ポッドに辿り着いて逃げることが目的。
エイリアンは宇宙飛行士の居場所を特定して、同じマスに入って殴って殺す。
殺された宇宙飛行士はエイリアン側になって復活する。

陣営カード配って誰がどの陣営か不明の正体隠匿。
手番では宇宙飛行士は1歩、エイリアンは2歩動いてその場所を自分のシートに記入。
灰色のマスに止まった場合、カードを引いて指示に従う。
今いるマスを明かすカードや、関係ないマスを宣言して嘘をつけるカード、色々な効果のあるアイテムカードなど。
あと各陣営のキャラクターにも特殊能力があるよ。

デザインにこだわり過ぎたんだろうが、カードが全てアイコン化されていて、しかもアイコンはどのカードか区別するだけで能力を表してるわけではないので非常に分かりづらい。
これはあかんなとサマリー自作。必須だわ。

今回5人プレーだったので人間2人とエイリアン3人。
誰がもう1人の人間かは分からないが、Bさんは明らかにエイリアンな挙動してるので反対方向のポッドへ向かう。
途中嘘吐けるカード引いたので、左上に移動してるように見せかけながら左下へ。
その後、居場所言うカード引いたが、どうやらそちらが嘘だと勘違いしてくれたようでセーフ。
とはいえ大分他のプレイヤ―からも距離があったようで、そのまま逃げ切って脱出成功。
その直前でもう一人の人間だったヒゲさんはエイリアンに食われましたw。

うーん、ちょっとエイリアン側辛いかな。
まず誰が人間か分からないので相打ちもあり得る点。
居場所の特定も難しく、宣言が嘘か本当かも分からない。
スコットランドヤードみたいに確定で居場所言うってことが少ない。
一応相手の居場所聞けるアイテムがあるが、それ引かないとダメだしね。
そもそもエイリアンはアイテム使えないし。
エイリアン側の能力は一部のアイテム使用できて人間と見せかけられるだけで、特定できるわけでもない。
せめて正体明かすと探査能力使えるとかにならなかったのかね。

ちなみに自キャラの能力は1回だけ居場所バラすカード引いても嘘吐けるやつだったが、使わずに終わった。

これ、エイリアン引いた人は自分から正体バラして手分けして各方向に散るとかしないと無理そうだな。

ちょっとイマイチだなぁ。
マップも複数種類あるので、もっと狭いマップだと頭脳戦になるかもしれん。

結果:レン ○、ヒゲ、B、ぬこ、よし9



IMG_8058
「ペトリコール /  Petrichor」 David Chircop作

初プレー。
阿多丸さんに買ったので付き合ってほしいと言われたので。
丁度気になってたし遊ぶ。インストは要練習!

手番ではカード1枚出して対応するアクション。
雲に自分の雨コマ載せてボードに配置、雨コマ2つ追加、雲を移動、雲から雨コマ1個を2か所まで降ろす。
さらに自分の投票マーカーを出したカードに対応するマスか、その時計回りに次のマスに追加。
更に1アクションできるが、その場合は同色カード2枚出す。
カードは任意の2枚でワイルドになる。

雲は盤面と手元の間の1ステップで、盤面にコマ配置するのに雲経由で降ろす必要がある。
雲同士が同じマスに入ると合体して1つの雲になる。
コマ4つ以上で雷雲になり、8個以上で崩壊して全部のコマが降ろされる。だっけか。

全員がパスしたらラウンドが終わって、投票が最多だったマスのアクションが起きる。
雲が全部雷雲になる、任意の雲に雨コマ追加、全ての雷雲から1つずつ雨降る、とかそんな感じ。

んで盤面上の雨コマでマジョリティ。
タイルによっては2位の方が得点高いとか、人数によって得点変わるとか、色々条件があるので得点高そうなところを押さえる。
決算のために必要な最低コマ数があるってのがほぼ共通。
他人と相乗りするのが得策だが、自分が1位になりたい場所や2位になりたい場所がある。

なんか分かりづらいテーマだが、思ったよりもシステマティックな印象。
ちょっと特徴的なのが、決算起きるタイミングで、ゲーム終了時には1回あるんだが、それ以外はプレイヤーが自分で起こさないと発生しない。
手番で投票コマ置く代わりに、中央の3つのダイスのいずれかの目を1つ減らして1点獲得。
全てのダイスが底値になったラウンドで決算が起きる。
当然盤面点高い人がこれやらないと他の人やらないよね。
まぁ1点狙いにやるのは有りだが、それで何点かビハインドするようじゃ意味がない。

こんかいショートゲームだったのでゲーム中に決算1回しか起きず、終了時合わせて2回だけ。
まぁロングゲームが基本なんだろうが、ちょっとどうなんだろうね。

まぁ悪くはないゲームだったが、どうも印象に残らないな。
デザインが質素すぎるのが主な理由か。
白背景多用はスマートに見える反面、地味になるのがデメリット。

ちなみにペトリコールってのは雨上がりの土から香る臭いのこと。
語源は何語か忘れたけど「石のエッセンス」。
クイズに出るよ。覚えといてね。

結果:レン 65○、きっと 59、阿多丸 40

ペトリコール 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-08-23






IMG_8059
「Buffalo: the name dropping game」 Mary Flanagan, Sukdith "Sukie" Punjasthitkul, Max Seidman作

先日もやったやつ。
特に終了条件もなく、きっと君とだらだらとやってた。

総じて、辛い。



IMG_8060
「フィッシュクック / Fish Cook」 James Ernest作

持参初プレー。チーパス。

アーネスト作なんだけど、元ネタがあるようで。
なんかどっかの日本やら台湾やらのゲームが元だけど、それにもまた元ネタがあるって感じ。
なんか良く分からんからいいや。そんな興味ないし。

魚(ダイス)と材料買って料理作るよ!
ラウンド開始時にダイスじゃらっと振ってより分けて魚が市場に並ぶ。
材料の列は各列1回ダイス1つ振って、出目に対応する列まで材料が埋まる。
手番順に魚買うか、材料買うか、カード買うか。
魚と材料はマスに描かれた価格。カードは公開されてるのは5金、山札トップは2金だったかな。
いずれかの材料列が売り切れるか、魚が完全になくなったら購入フェイズ終わり。
もう1巡だけするが、材料は特に思いがけず終わるので注意が必要。

んで達成。よくあるレシピ達成系。
材料は描かれた材料を、魚は描かれた出目以上を。
達成すると描かれた金額が貰えるよ。手札から達成するか、既に達成した自分の前に置かれたカード再達成で右下のボーナス込みで収入。
他人の前のカードを達成することもできて、その場合ボーナスは相手に行く。
ただし、その後ダイス1つ振って、ボーナス値以上の出目が出ればカードを奪える。

最後にカードのダイス目でマジョリティあるよ。
このマジョリティがダイス目分のお金しかもらえないので超空気。
最大で6金て、レシピ達成で40金とかもらえるのに。無視だ無視。

バランスがいまいちすぎるな。
特に上記のマジョリティな。他人の奪ってマジョリティ取るより手元のレシピ達成してボーナス貰う方が確実だし美味しい。
あとは材料の値段。1金2金しか変わらないので売り切れさえしなければ後手番になってもそう苦しくない。
ここの段階付けは失敗してるね。もっと派手にして良い。

ちなみにレシピカードにデフォルトで日本語の名前が付いてるんだが、どうも中途半端な日本語話者に頼んだのか、意味的には合ってるんだが変な日本語で気持ち悪い。

結果:レン 205○、ヒゲ 166、どん 165、きっと 193



IMG_8061
「ザ・スパイ / The Spy」 KONAMI

持参初プレー。
なんか結構集めてるコナミの古いボードゲームシリーズ。
ムーンウォーク、マネータワーに続いて遊ぶのは3つ目かな。
なんかもう1個くらいあった気がする。大財閥か。

サイコロ2個振って、1つは自分のコマをもう1つは警備員を進める。
サイコロの色決まってるから特に選べはしないんだけどね。
金庫のマスに止まったらもっかいダイス振ってチャレンジ。
数字の青い目が出たら成功で置かれたカード見て好きなのを貰える。
どちらにせよ警備員はまた進む。
機密文書カード、暗号カード、もう1つ名前忘れたけどなんかのカードの3枚集めて脱出したら勝ち。
手札上限3枚なので全枠使うんだけどね。

警備員と同じマス入ったら捕まって警備室へ。指定の目が出るまで出られない。
他のプレイヤ―と同じマスに入ったらダイス勝負。
負けた方は医務室へ。スパイ治してくれる医務室。
あと負けると手札ババ抜きされる。辛い。

うーん、ひねりもなく面白くないw。
只管に殴り合う泥沼ゲーでした。

山札4つあって内容覚えとけってのは当時としてはやや新しいか?
ムーンウォークは海底探検のような共通の酸素があった。
マネータワーはまぁモノポリーのパクリ。
大財閥はどうだろうな。期待はしないが。

結果:レン、きっと ○、どん、ヒゲ





IMG_8062
「ダチョウサーカス」 カワサキファクトリー

持参初プレー。

「俺が行くよ!」「どうぞどうぞ!」なカード取得ゲー。

場に並んだカード5枚中2枚がオープン。
手番では手元のカードで「俺が行くよ」か「どうぞどうぞ」を宣言。
「どうぞどうぞ」をしたら現在裏になってる枚数+1のチップを取得。
「俺が行くよ」を出してる人が2人以上いたら裏のカード1枚表にしてもう1周、を3回まで。
1人だけになったらその人が表向きのカードを全て受け取り、枚数分のチップを払う。

というと早めに抜ければお得な気がするが、このゲーム、カードは同色1枚で3点、2枚で6点だが、3枚以上あると枚数分のマイナス点になる。
なので取りすぎると死ぬ。
更にチップは残ると1枚マイナス2点だったかな。つまりお金ではなくペナルティチップ。
早めに抜けるとペナルティ喰らう。
この認識がないと死ぬね。つか死んだw。

チップ引き取ることでカードを拒否して、ペナルティチップを受け取る。
カード引き取ることでペナルティチップを減らせる。
ある程度までは得点になって美味しいが、取りすぎるとマイナスになる。

この感覚の把握が難しい。
とりあえず初手で降りちゃって苦しんだよ…。
一回分かっちゃえばシンプルなんだけどね。

あと最後まで複数人残った場合、手番順に交互にカードを受け取るので、誰が残ってるかで自分の引き取るカードが決まる。
win-winならいいが相手に都合が悪いと相手が降りちゃうので、こちらが先に降りないと。
そんな睨み合いが中々熱い感じ。

分かった上で再戦したいな。

結果:レン -2、ヒゲ -9、どん 1、ゆず 8○




おしまいー。

半分くらいB級ゲーム会だったなw。

9/8 犬山ボドロジー@犬山

こばやしさん主催の犬山ボドロジーに初参加。
中々タイミング合わなくて来れなかった。

IMG_7892

こばやしさんの知り合いの外人さんが来るってのが特色。
今回はお二人ほど。

なんとなくあまり遊ぶ機会のない英語系のゲームを多く持って行ってみる。
相手がアメゲー好きな方だったのであまり遊ばなかったけどw。


IMG_7886
「Fantastic Gymnastics Vault Challenge」 Hasbro

持参初プレー。
大車輪てつぼうくんの続編。今度は跳馬だよ。

バネ使ったカタパルトで選手を加速して、跳馬に当たったタイミングで跳馬を持ち上げて跳ばす。
上手く着地できれば成功。

まぁ動画見てもらうのが手っ取り早い。


中々難易度が高いのは前のと一緒。
コツとしては押すタイミングはかなり遅めで、跳馬に当たったと認識してから。
当たることで人形が前方に傾いて、斜めに出してる手を跳馬で持ち上げる感じ。
なので結構跳馬としての再現度は高い。体を持ち上げるんじゃないのよ。

一日使ってたら人形の下部の自動で引っ込む部分が稼働悪くなってきた。
原因は人形じゃなくて本体にある気がするんだけど。

余談だが、箱から出して跳馬組み立てると元の箱に二度と入らないw。
これは酷いな。BGGでも言われてるし。
ハズブロとしては箱は捨てる物って認識なのか。






IMG_7888
そして始まる大運動会w。
あとてつぼうくんもやったよ。




IMG_7889
「サンセット大通り / Sunset BLVD.」 Gunter Baars作

久々に持参。バースの初期作。

カード並べたコースは最初全部裏向き。
サイコロ3個振って、1個選んでその数進む。
裏向きのカードに止まったらオープン。
同じカードが2枚ずつあって、既に1枚オープンされてたらそのマスへと移動。
両方表になってても以後相互ワープ。誰かが反対側にいたら場所チェンジになる。

目的は手札に持ってる4枚の絵柄のカードに止まること。
もし手札残した状態でゴールしてしまったら、スタートに戻って手札1枚回収。

面白いのが後半の動きで、後半の裏向きのカードは大抵どこ踏んでも前に戻されることになる。
だが戻った後にまた他のカードでより先のマスにワープすることができる。
なので戻されることが決して悪いことではなくなるってのが面白い点。
まぁ出目死ぬとスルーしてやり直しだけどねw。

あと全体的に裏のカード開けずに先に進む流れだと、欲しいカードが前の方にあると辛い。
今回は地道に開けていく流れだったのでその点は楽だった。

ちなみにカードの絵柄は往年の映画スターたち。
映画好きには嬉しいね。何故かETやアルフがいるけどw。

結果:レン 〇、てる、do




IMG_7893
「アノミア /  Anomia: Party Edition」 Andrew Innes作

これも久々に。

6デッキ入ったパーティー版だけど、2デッキくらいあれば十分。
今回は各デッキから30枚ずつ使ってみた。

各自の山を配って、手番では1枚めくる。前のを上書き。
カードにはアイコンとお題が書かれていて、もし誰かとアイコンが揃ったら、相手のカードに書かれたお題に当てはまる言葉を早い者勝ちで言う。
いわゆるジャングルスピード系のパーティーゲーム。
先に言えたら相手のカードを獲得。下から出たカードで連鎖することも。

ワイルドカードめくったらテーブル中央に置く。
2つのアイコンが描かれていて、以後その2つは同じアイコンとみなすので難易度アップ。
もう1枚出たら上書きされるので常に1枚。

今回「食器用洗剤」ってお題がパワーカード過ぎたw。誰も取れねぇ。
ようやくジョイを思い出した頃にはもう終盤でした。

カードには上下に英語でお題書かれてて、片方だけ訳してシール貼ったんだけど、外人さんいる場では片方英語で残しておいたのは正解だったな。
いくつかローカライズしてるので整合取れてないけどどっちでもOKってことで。
間違ってるって言われてちょっとムカついたけど。

結果:レン、do、ながい、マルコ、ライアン、おおのん 〇





IMG_7894
「投扇興」 お座敷遊び

日本っぽいゲーム持って行こうと思って投扇興を。

扇を飛ばして、蝶と呼ばれる的を倒し、その後の形で得点。
基本的には扇と蝶が被ってるか、扇が枕と呼ばれる台にもたれてるかなど。

役名は源氏物語の帖名になってて雅です。
帚木、空蝉、常夏、夢浮橋など。

IMG_7897
折角なので色んな人に遊んでもらって、その中で出た珍しい役。
枕に扇が乗って、蝶が肩の部分でひっかかった。
鈴の紐が引っかかれば篝火という最高点50点の役なのだが、これは篝火でいいのかな?
肩でひっかかるってのがそもそも役にないので、ただ乗ってるだけの扱いなのか。
判定に悩むね。でもすごい物を見た。





IMG_7895
「クウィックス / Qwixx」 Steffen Benndorf作

適当に鞄に突っ込んどいた手軽枠。

ダイス振って、全員が白2つの合計値を使用可能。シートに×を書く。
その後手番プレイヤーは白1つと色ダイス1つを合計して使用。

各列左から右にしか書けず、一旦過ぎると戻れない。
一番右の数字はその数字が出て、さらにその列に×が既に5個以上ある場合のみ使える。
したらば右のロックにも×書いて、全員その色はもう使えない。

手番プレイヤーがどちらの数字も書けなかったら-5点のチェックマークを入れる。
4回チェックされるか、全員合計で2列がロックされたら終了。

久々にやったがロール&ダイスの流行りだしたきっかけの良い作品。
まぁSDJノミネートしてるしね。
色んな派生作品が出たが、結局これが一番かな。

結果:レン 58、マルコ 75、ながい 45

クウィックス (Qwixx) ボードゲーム
Steffen Benndorf
Nürnberger-Spielkarten
2012-10-30






IMG_7896
「トランスアメリカ&ジャパン /  TransAmerica & Japan」 Franz-Benno Delonge作

初プレー。

トランスアメリカが今になってようやく日本語版が出た。
しかも日本マップも付いたよ。

新ルールとしてルールカードと拒否権ってのが増えたが、今回は使わず。
なお拒否権マーカーは自色の線路コマなのでかつての拡張ルールにも使えて素晴らしい。
ルールブックには記載してないけどね…。

さて今回は日本マップ。変な形だ。
中央の長野が強いんじゃないかと思ったが、結局みんな他のを引いてるわけで、それ以外に協力して伸ばせるのでそうでもない。

問題は北海道かな。左半分がコストの高い海からのアクセスになるので中々そっちに行く人がいない。
今回5ラウンドくらいやったが、全部右半分の根室か釧路、中央の旭川がせいぜいで誰かが達成して終了。
これ北海道左半分引いた人辛すぎるな。
せめてまだ青も左側引けてれば海ルート頑張って開拓するが、青森とか引いてたらまず無理。
うーん、な感じ。

個人的に元々トランスアメリカはそんな好きじゃなくて、カードの引きが大きすぎる印象。
拡張あればまだ駆け引きはあるんだが、基本手なりで打つしかない感じ。
まぁ手軽っちゃ手軽なんだけど、作業感強い。
その印象は今回も変わらないな。

あ、ちなみに旧版は足りなかった距離をカウントしていって、閾値超えたらバーストで負けて終了だったが、残り距離に応じて得点が入る方式に変更。
これはちょっと前の海外版かららしい。見たことあったっけな。

結果:レン 13、こばやし 14〇、マルコ 11、ながい 9






IMG_7898
「Melee」 Steve Jackson (I)作

初プレー。アメゲー好きな外人さん持参。
スティーブ・ジャクソンってことで嫌な予感がするが、まぁやってみよう!

最初にキャラメイク。
Str.(力)とDex(敏捷)を基本値8に加えて8を振り分け。
あと武器の選択。武器チップが10種類くらいあって、Str.の必要値があったり。
ちなみに全て攻撃方法や特殊処理が異なる。む、ヤバくなってきたw。
まぁ適当に選んで説明してもらうだけだからそう難しくはないが。
あと片手武器なら盾持てるし、両手武器でもサブ武器でダガーとか持てる。

今回自分は弓を選択。弓でもライト・ミドル・ヘビーの3種類がある。
あと弩弓はまた別である。
サブ武器はマインゴーシュにしたが、使わなかった。
防御もできる剣。再現度高いぜ。

あとはアーマー値を決める。0~5。
防御力上がるが敏捷が下がる。

んで戦闘開始。
全員ダイス1個振って手番順決定。最大値の人は1番かラストか選択。
相手の行動見て動けるので後手が基本有利かな。
基本は移動。移動歩数は武器によって決まってる。
また移動攻撃もできるが、その場合は移動は最大値半分まで。

自分の弓は10歩移動できるが、移動攻撃する際は1歩しか移動できない。
弓は遠距離から攻撃できるが、近接戦闘では連続攻撃ができない。

攻撃は必要な距離にいる際に選択するが、処理は後。
また一度攻撃すると互いに臨戦態勢に入って、次のターンは普通の移動は不可。
代わりに相手の隣のマスにシフトして攻撃するか、防御か逃げるかの選択になる。

全員アクションしたらコンバットフェイズ。
敏捷の高いプレイヤーから処理。逃げるなら1歩移動。
攻撃する時はまず3D6、合計値が自分の敏捷以下なら成功。
なお相手が防御してるときは4Dになる。
クリティカルならダメージ数倍、ファンブルだと武器落としたり壊れたりw。
成功したらダメージ処理。武器により異なるが基本は1D6。
その値から相手のアーマー値引いたのがダメージ。
あとバックアタックなら敏捷が4増えて、サイドアタックなら2増える。

基本この繰り返し。思ったよりはシンプルだ。

今回自分とライアンさんは弓。ステータス配分は一緒だが自分はアーマー1であちらは2。
この1の差敏捷の差がかなり大きい。
doさんはランスでアーマー2、Tomさんはロングソードだったかなでアーマー4。かったい。

最初近接vs.弓の1:1戦闘2つで始まったが、自分が反対の2人を撃ちに行って、doさんがそっち2人の戦闘に加わる。
しばらくはそっち3人が殴り合ってるのを遠くから見て弓でブスブスしてたが、見かねたdoさんが攻めてきたので逃げるw。
スマブラでサムス使ったときと同じ戦法しとるなw。

3人ともライフ半分くらい減ってて自分はほぼノーダメージ。そりゃ狙われるわなw。
隙をついたTomさんがライアンさんの弓兵殺して1人脱落。
ダメージ的に有利だったが、寄って来たTomさんの攻撃をまぁ一撃くらい大丈夫だろうと思ったらそれがクリティカルで2倍、しかもダメージ判定6の目出て、10ダメ―ジ一気にくらって死亡w。クソワラタw。
Tomさん残りライフ1で瀕死状態でDex.低下してるのにw。
んであと二人で殴り合って、1ダメ入ったTomさん死亡してdoさん勝利。

いやぁ、思ったよりは大分面白かったしシンプルだった。
たまにはアメゲーも悪くないね。
ちなみに魔法使いルール追加されるとまた大量の魔法の種類があるらしい。
もうお腹いっぱいですw。

余談だが、珍しく詳細書いてるのは、珍しく遊んだ当日にレポ書いてるから記憶が鮮明なのよw。

結果:レン、ライアン、do 〇、Tom




IMG_7899
「グローバリッシモ / Globalissimo」 Günter Burkhardt作

持参品。国際色あるゲームを持ち込もうと思って。

並んだ6つの国の順位を当てる。
当てるのは人口・人口密度・国土面積・GNP・CO2排出量・囚人数・舗装道路総延長距離・医者の数・海外からの旅行者数・あと2つ忘れた。
これが毎ラウンド変わって全10ラウンド。

面白いのは上位を当てるのではなく、任意の国1つの順位を当てる。
当たれば3点、1位違うと2点、2位違うと1点。
迷ったら真ん中らへんの数字出しておけば点数は取れる。
スタPから国1つ選んで予想チップを置く。同じ国は選択不可。
全員置いたら裏見て並び替えて得点。

得点トラック上にはチェックポイントが頻繁にあって、最初に超える人は山札トップの国の「首都」か「場所」を答える。
失敗したらそこで止まるので上位に対するハンデになってる。

今回マジックマさんが地理得意らしくバンバン答えてて強かった。
流石にセントルシアの首都とかは分からなかったけど。自分も知らん。
最後は自分とdoさんとマジックマさん並んで、タイブレイクはチェックポイント通過数なのでマジックマさんが勝ち。

好きなゲームなんだけど、知識要素があるから人は選ぶね。
あと2008年出版なのでデータが大分古いw。リビアの国旗がまだ緑一色だ。
新版出ないかなー。

ちなみに外人のライアンさんは「南アメリカってアフリカ?」って言ってたw。

結果:レン、マジックマ 〇、do、ライアン




IMG_7900
「5 Second Rule: Uncensored」 PlayMonster

持参初プレー。
以前通常版はフレボドで延々と遊んだが、そのアダルト版。
基本のカードも箱に入れてたけどね。

問題文読んで、5秒以内に当てはまる単語3つ言えたら成功。

以前ちらっと読んだらそんなヤバくないかなと思ったが、そうでもなかったw。
「あなたが隠しカメラを仕掛けたい場所」とか「体液」とかは序の口。
「オーラルセックスの種類」とか普通のゲーム会では遊べないなw。

今回は終了間際で人いなかったからこっそりとねw。

結果不明:レン、マジックマ、do






IMG_7901
「ギークアウト / Geek Out!」 Dan Rowen, Elisa Teague作

最後に先日も遊んだギークアウトやって終わり。

架空の学校名でバカ田大学、開盟高校、くぬぎが丘中学校、不動高校を答えたよ。


結果不明:レン、do、マジックマ、うみ、キナコ、てつ






おしまい。



IMG_7902
帰り道適当に入ったらラーメン。うーん、中の下。
本当は違う店行く予定だったが、道に迷ったw。

8/25 あさひボードゲーム会@尾張旭

尾張旭市で開催されてるあさひボードゲーム会に初参加。

存在を知らなかったが、名古屋ボードゲームマップの件で認知したので。
なかなか他と被って行けなかったが、ようやく。
どうも開催時間短い会は後回しになっちゃうね。

ファミリー向けの会なのでそれ用の持ち込みで行ったが、この日は夏休み末なのもあり、常連の小学生が皆宿題終わってなくて来れないとのことw。
結局は大人ばかりで遊んでました。

IMG_7772
なんか展望台みたいなところが会場。たかーい。



IMG_7773
「アートライン:エルミタージュ美術館 /  Artline: Эрмитаж」 Till F. Teenck作

初プレー。絵画テーマで気になってた。

タイムライン的な知識ゲーかと思ったらかなりふわっとしたゲーム。

縦横ラインに絵画を並べていくんだが、2枚目を置く際にその列のテーマを決定。
「人が描かれてる」とか「植物がある」とか。
基本1枚使ったら1枚引いてなんだけど、2テーマ以上に合致するカードを出したらドローがない。
んで手札出し切ったら勝ち。

うーむ、ふわっとしてるなぁ。
あんまり狭いテーマにしても自分含め全員が苦しむので緩いテーマにしがち。
「人が描かれてる」「女性が描かれてる」「人がたくさん描かれてる」いいのかそれでw。

IMG_7774
『エルミタージュといえばブノワの聖女だよね』、とか『お、ヴァニタス画』とか言ってたが私もギャラリーフェイクで読んだくらいの知識しかないよ。
貧乳といえばクラナッハ!

それにしてもエルミタージュって暗い絵が多いよね(偏見)。

結果:レン 〇、うりお 〇、ぴき、?






IMG_7775
「レスアルカナ / Res Arcana」 Thomas Lehmann作

二度目のプレー。
全員経験者でドラフト入れてやるというので気になって入る。

今回キャラが任意の資源捨てて金取れるやつだったので他のカードも金取れるのを中心にピック。
ドラフトルールだと4枚4枚で2回ドラフトする。

IMG_7776
結果組まれたエンジンがコチラ。
金が取れるモニュメントも取れたので、毎手番4つの金が出てモニュメントを毎手番獲得。
最後は勝利判定時に資源払うと一時的に得点増えるモニュメントで11点取って勝利。
本当は得点タイルを取りたかったんだけど、出遅れたのでカードだけで。
ただ、ギリギリでドラゴン戦略の人に追いつかれて、資源数勝利だったので危なかった。
最終手番初手パスで1点獲得してたのでカード効果余りまくりで負けたら悲しいわ。

なるほど、これはドラフト必須だな。
テラフォ並みというかテラフォ以上。テラフォはなんだかんだでカード得る機会多いからいいが、こちらは初期8枚で固定されるので、それが噛み合わないと最後までどうにもならない。
ある程度ゲーム慣れしてる人なら初回からドラフトで良い。
資源の収支考えることとドラゴンの説明は必須かな。

結果:レン 11/8〇、こばやし 4、みやもと 9、さわぐち 11/3






IMG_7777
「サキヨミ対戦!アニマランブル」 するめデイズ

初プレー。

カード5枚プロットして順処理。
移動して攻撃範囲に入って相手を攻撃。
攻撃カードは3枚目からしか置けないとか優しい調整。

見どころは可愛いキャラコマだろうね。
個別能力あるけど1枚だけだしそこまで大きくない。

プロット系はなんだかんだでロボラリーが強い。
最近だとエムブリオマシンも似たような感じだ。
キャッチ―って点ではいいんじゃないかな。
新しさは正直皆無。

ライフ1同士の自分とこばやしさんがごっちんこして相打ちw。嫌な予感がしたんだ。
パートナーがライオンの懐に飛び込んでいって、連続噛みの2発目にやられたw。

結果:レン&みやもと 1、こばやし&さわぐち 3〇



IMG_7778
「クマ牧場:拡張 がんばれグリズリー /  Bärenpark: The Bad News Bears」 Phil Walker-Harding作

クマ牧場の拡張。拡張は初プレー。

2つモジュールあるけど両方入れてみた。

1つはグリズリータイル。
手番で緑地1つと飼育小屋1つ捨てると取れる。
得点高い上に大きいので上手く使わないと活用はむずかしい。
基本だと後半タイル余るのでそれを解消できるのはいいね。
でも早めに取らないと置くスペースなくなるよ。
大きいタイル使うことで手数稼いで早めに埋めにいけると良い。
あ、この拡張入れるとベースタイルが5枚に増えるよ。

2つ目はモノレール。
緑地タイル置いたときにその上に柱を建設。
2マス分離れた場所にもう1つ柱建てるとモノレールタイルかけて得点。
最初10点から始まるのでなかなかの高得点。
その代わり柱を90度曲がりながら建てて行かないといけなくて、ベースタイルの置き方もそれで制限される。
何より緑地を多く置く必要があるため、タイルによる得点を取りにくい。
飼育小屋の点数とどちらを優先するか悩み物。

どちらも中々良い拡張。悩ましさアップで軽ゲーとは呼べなくなったな。

今回目標タイルの2ベース同時に完成させるが難しそうだったので諦め。
何のアイコンも覆わずにオレンジタイル置くのも悩んだが諦めて。
クマタイル3枚だけは早期に達成。
モノレールは4つで限界。

結果あと4点届かず。モノレールだなぁ…。

結果:レン 165、さわぐち 106、みやもと 168、こばやし 169〇






IMG_7779
「コリントス /  Corinth」 Sébastien Pauchon作

持参初プレー。
イスファハン作者による同ゲームのダイスゲーム化。

ラウンド開始時にダイスじゃらっと振って、一番高い目はお金、一番低い目はヤギに、残りは下詰めで目ごとに分ける。
この時1金払うとスタP専用の黄色ダイス足せるよ。
ってまではイスファハンと同じ。

んでアクションはお金と山羊はダイス個数分の獲得、残りは同じ色の商品獲得。
商品のグループ全部埋めると得点。未完成は優先的に埋める。
下3つは最初に全部埋めたらボーナス点。

また、ダイスは行商人の移動に使える。
シート右上の行商人を一筆書きで移動する。歩数はダイス目。お金で調整可能。
止まったマスに〇を付けてボーナス獲得。
お金・ヤギ・商品がもらえたり、永続的に黄色ダイス増えたり。
得点マスが3つあって、それまでに付けた〇の数と+1の描かれたマスの数が得点。
+1のマスは毎回数えるので早めに取れば3点足される。

手番最後にお金と山羊払って建設。
もらえるお金が+2、行商人2歩まで無料調整、貰える商品+1、建物1つ3点の4種類。

ルール間違えてて、1つ目の得点マスでカウントするマスを、行商品の歩く市場じゃなくて左側の店の〇の数を数えてしまっていた。
名前が紛らわしいよ。シートに書いておいて欲しい。あとルールの該当部が非常に分かりづらい。
申し訳ない。
でも正しいルールだと行商人は特化しないとあんまり得点にならなさそうだなぁ。

ゲームとしては悪くない。
イスファハンのダイス選択の悩ましさが活きてる。
建物はコスト的にも右から全部建てていくのが常かな。
商品増やすの取るか取らないかの選択くらい。

箱がコンパクトなのとシート枚数非常に多いのは良い。

結果:レン 54、みやもと 52、こばやし 56〇

コリントス(CORINTH) 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-08-24




これにておしまい。
夕方には終わるので早い。遊び足りないなぁ…。
元々ファミリー対応でインストする気で来てるので思ったよりは遊べた。
ファミリー対応は次回リベンジ。


IMG_7780
たまにはじゃんじゃん亭で一人焼肉。厚切り牛タンを10人前は食べたよ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ