ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:その他

5/6 かぶさん宅会

かぶさん宅でボードゲーム。
面子はかぶさんと自分とニートさん。



IMG_1943
「キーハーベスト / Key Harvest」 Richard Breese作

初プレー。
マス指定のタイル配置系だが、各マス1枚しかなくて全員同じマップで取り合いってのが特徴。

場に並んだタイルを自分の市場に持ってきて、手持ちの資源で値付けする。
誰かがそれを買えば値付けした分の資源を相手から貰って値付けに使った資源も回収。
誰も買わなければ自分の手番で値付けした資源を払ってタイルを購入。
どちらにせよ買ったタイルは自分のボードに配置。
複数のタイルに隣接するマスには特殊タイルを配置できるので、なるべく近くのタイルを集めたい。
特殊タイルはどれも強力で隣接するタイルから資源を得たり、なんか能力得たり。
当然のごとく隣接する枚数が多ければ多いほど強力になる。
また、効果の弱い特殊タイルはより強いもので置き換えることで、弱い方を再利用できる。
積極的に再利用したいが、弱い方にも配置による勝利点があるので、終盤は手数や配置場所を考慮して。
資源はタイルから生産するが、隣接してる分だけ一気に生産できるので、隣接してるのを買ってまとめて生産して手番浮かせたい。

これは何というかキーシリーズらしいガッチガチのインタラクション。
自分で買いたいタイルは相手に買われないように高くしたいが、できれば安値で買いたい。
相手が欲しそうなタイルはできるだけ高値で売りたいが、買ってもらえなきゃ意味がない。
資源は同じ資源でしか払えないので、相手の持ってる資源持ってない資源を考慮して。

今回黄色資源を開始時自分しか持ってなかったので、とりあえず場に並んでた黄色タイルを黄色で値付けして独占。
しばらくは誰も黄色持ってないので欲しいタイル取れたけど、その分他の資源ないので他人の値付けしたのを買えない。

得点効率的には特殊タイルで4枚5枚隣接が飛びぬけてるので、後半は他人にそれを取らせないためのカット合戦。
これは買えないだろうって量の同色資源で値付けしたら買われてこんなにこの色の資源いらねぇってなったりw。

なんというかインタラクションの塊って感じのゲームでした。
最近気づいたんだけど、自分あんまりボードゲームにインタラクション求めてないのよね。
楽しいんだが、してやられた感とか悔しい感じがどうも。

あとちょっとニートさんが長考気味で途中から明らかにダレた…。
3人で4時間くらいかかったヨ。その分評価下がってるやも。
まぁ本人も連休で遊び疲れ酷かったと言ってますので。
かぶさんと二人してディスりまくってた気がするw。

結果:レン 34、ニート 31、かぶ 36○



IMG_1944
「 Yippie Yippie Yeti」 Frank Bebenroth作

初プレー。
去年のエッセンで猛プッシュされてたやつ。
米尼で安かったらしく、ニートさんがエッセン後に購入。

最初受けたインストがなんかおかしいなぁと思ったので説明書見せてもらったら全然違うでやんのw。
おいこらw。

紐で繋がれた2つのコマで雪山登るクレイジークライマー。
手番では1移動+サイコロで決まったアクション。
もう1移動できたり、どこかのバー移動したり、イエティ移動したり。
コマはピッケルで穴にひっかけてあって、バーを移動させると穴が塞がってひっかかってたコマが落ちる。
片方落ちてもセーフだが、両方落ちると最初からやり直しなので同じ高さに2ついるのは避けたい。
目的はボード下に並んだイエティの写真を撮ること。
同じ絵のイエティの前の穴に行けばOK。
規定点集めて頂上行けば勝ち。
イエティはどっかのコマの前に移動させて、イエティどくまでそのコマ移動不可。

とりあえずコマのひっかかりが非常に悪い。ポロポロ落ちる。
片方落ちた衝撃でもう片方も落ちる。ルールによると元に戻せってさ。
かといってギュッと差し込んじゃうとバー移動しても落ちないし。
ちょっと出来が悪いんじゃないの?非常にストレスだった。

あ、あと紐の長さが微妙で、桂馬飛びはアリなのかナシなのか。
ちょっと無理すれば届く感じ。下のコマ浮くけど。

ゲーム性は、まぁ見たまんまだ。一発ネタだねw。
イエティににらまれると動けないってのも、イエティのポーズも含めて。
エッセンであれだけプッシュされてたのにBGGの評価数一桁ってとこで推して知るべし。

結果:レン ○、ニート、かぶ



IMG_1945
「アーク / Ark」 Doris Matthäus, Frank Nestel作

初プレー。ドリスフランク。
拡張入りらしい。初プレーの人に拡張入れるかぶさんはどうなのよってのもあるが。

食物連鎖というか相性というか、ゾフィンズー系列かな。
箱舟に動物を載せていく。右舷左舷があって重さのバランスを考えて。
手番ではカードを2枚プレー。
既にある船室に乗せるかチップ払って新たに船室を作る。
同じ船室には肉食と草食は同室できないとか、背景色同じやつしか置けないとか、なんか細かいルールがいっぱい。
動物を載せると船が傾くので重差分だけマーカーを動かす。
マーカーが範囲超えるような置き方はできませんよ。
動物によって5種類の分類があり、カード置いたら対応するマスに自分の駒を置く。
このコマ数で最後マジョリティ見るので出す動物を選ぶ参考に。

とにかくどこに置けるかが分かりづらい。
選択肢は多いようで消去法で消されて少ない。
その判断するのが非常にめんどう。

そしてニートさんがまた長考w。「ダメですこのゲーム」しか言わないw。
かぶさんはかぶさんでアイコン系のルールは把握してるのに背景色ばかり何度も間違えるw。
まぁ自分は自分でたまにやらかしてるので全員ダメw。

にしても辛いわこのゲーム。プレイ感が辛いんじゃなくて遊ぶのが辛い。
あと途中でマジョリティ用のコマ尽きたんだけどどうするんだ?
拡張入れた所為かしら。うーむ。

うん、なんというかもういいやw。
全員疲労困憊w。

結果:レン 35、ニート 38○、かぶ 28


IMG_1946
「セブンセブンズ / Seven7s」 Jason Tagmire作

初プレー。
アークライトから日本語版出たけど誰も気にかけてなくて知らないんじゃないかってゲーム。

カードには色と数字とキャラの3つの特徴がそれぞれ7種類。
手番では1枚出して1枚補充。
出す場合はキャラ別に列を作って出して、キャラ効果が発動。
場の札拾ったり、もう1枚出せたり、好きな列に出せたり。
どこかのカードが7枚出たら終了。
手札に残った3枚の合計値が得点になる。
ただし、場に出てる人生の七段階ってカードが曲者で、
1枚出てたら7は0点、2枚出てたら7と6は0点と得点になる敷居を上げてくる。
場に何枚出るか考えて数字を残しましょうねと。

うーん、まぁ悪くはないんだが、これといって特徴的な面白みがない。
なんというか、普通。同人っぽい感じ。

あ、一番面白かったのは七福神。
色か数字宣言して山札めくって当たれば得点。
ひたすら皆七福神拾ってはギャンブルしてた気がするw。
このゲームの面白さはそれでいいのか!?

結果:レン 12、ニート 9、かぶ 15○


IMG_1947
「木馬と英雄」 77 spiele

持参初プレー。去年のゲムマで買ったけど遊べてなかったのよね。

カード配置マジョリティ系。
5×6のグリッドにカード配置して列ごとにマジョリティで得点カードの取り合い。
カードは1~10で1枚は最初に手番決めに使用。
1のカードは斜めに隣接する自分のカートの数字を2倍。
各プレイヤー2枚まで裏向きで置いてもいい。
最終的に自分のカードの隣接するエリアが最大の人にはボーナス。
そしてこのゲームの最大の特徴は、いずれかの列の最期の1枚を置いた人は即ゲームから抜ける。
負けるわけではなく、もう配置できないってことね。

エリアマジョリティの最期の1人が強いってのをこのルールでいい感じに解消してる。
見切り付ければ上回りに行ける最後の一手。熱いね。
裏向きで置ける心理戦要素もいいね。当然強い10や2倍できる1を裏で置きたい。
必然的に相手の裏向きのカードを2倍だと読んで斜めを潰しに行く。
その裏をかいて序盤にブラフをしかけて、ここぞってときに2倍を出したり。

ただ、手札3枚なので引き運で戦略が決められる感じがあるね。
いっそ全持ちスタートとか、山札仕込んでスタートとかでもよかったかも。

カード小っちゃいのはなんか寂しいけど、配置場所考えたらまぁしょうがないか。

結果:レン 6、かぶ 5、ニート 6○


IMG_1948
「多すぎる料理人 / Too many Cooks」 Reiner Knizia作

以前全ファミかどこかで遊んだはずだが、全く記憶にないw。
トリテっぽいけどトリテではない。

最初に全員今回の自分の得点条件カードを同時出し。
得点になる色を指定するが赤はマイナスになるやつ、赤がプラスになるやつ、ミゼール狙うやつ。
5ラウンド使い切り。
んでリードからカードを1枚出す。マストフォロー。
だがトウガラシが出たらそこからメイフォローになる。
んでトリテじゃないって言ったように、数字比べではなく数字を合計していって10以上になった人が取る。
場が自分の得点カードや無害なカードなら取ればいい。
マイナス点カードは取りたくないが、基本マイナス点のトウガラシ出たらメイフォローになってるので取らないのも難しくはない。
インフェルノのように場を真っ赤にして誰が取るかのドキドキゲーにしたいが、トウガラシが得点対象の人がいると取られてしまう。

うーん、なんか書いててよく分からん。

途中まで圧勝してたけど、最後にむっちゃマイナス喰らって死んだw。

結果:レン 14、ニート 12、かぶ 19○



終わり。




IMG_1949
大須でカレー。マジスパじゃないよ。

4/16 tetuさん宅会

tetuさん宅で自宅会。

面子はtetuさん、自分、かぶさん。



IMG_1837
「グアテマラカフェ /  Guatemala Café」 Inka Brand, Markus Brand作

初プレー。
tetuさんの積みゲーを積極的に消化しようということで。
自分も未プレーだったこれをチョイス。

でっかいボード2枚使うのが珍しい。
片方のボードでは共有コマが外周ぐるぐる回りながら止まった列上のコマ1つ選んでアクション選択。
規定歩数しか進めないけどお金払えば追加で進めますよ。
下家を縛ったりとか、次の自分がどこらへんになってどのアクションできるかとか結構考える。

もう片方のボードでは建物建てて、作業員配置してエリア広げて収入。
港に船置いて工場まで道繋げれば収入2倍になる。
当然港から遠いほど収入も高く、コストも高い。
道は共有なので上手く相乗りしたいね。

得点決算も列上のコーヒーコマ選んでアクション選択。
対応する色の建物で点が得られるので他人と同じ色で相乗りしたい。
面白いのがゲーム開始時に決算コマをいくつか持った状態で始まり、決算起こした人が新しいコマを手元からボード上に補充する。
決算を起こす色をコントロールできるようになってる。
手持ちに合わせて多く決算できる建物建てていく。他人への相乗りも忘れず。
あとは決算起きた際に同じ色のコマ捨てることで妨害できるルールがあるが、今回全員これ忘れてて全然妨害起きなかった。
終盤で思い出したので終盤何回かは起きたが。

決算コマと道コマ以外は補充されないのでアクションの取り合いやにらみ合いが熱い。
空いたマスには道コマを補充して、後半ほど道が引きやすくなる。

これは中々面白かった。いいゲーム。
手持ちの色が結構偏ってたので、後半妨害されても打ちたい決算打てたのが強かったね。
勝って満足。

結果:レン 41○、かぶ 29、tetu 18



IMG_1838
「20世紀 / 20th Century」 Vladimír Suchý作

持参初プレー。エッセンで買ったやつ。

資源が2種類あり、お金のようなもの。
2つの競りがあって使うお金が違うのでどっちを注力して増やすか。

最初にフリーゼっぽい競り。
手番プレイヤーが場に並んだタイル1枚選んで競りにかける。
1人何枚でも落とせるが、抜けた順に特殊タイル取れるのでどこまで粘るか。
また同じラウンドで複数枚落とすと受け取らねばらなない廃棄物の量も増える。

全員抜けたら今度はボード中央のトラックで競り。
各列には受け取らなくてはならない廃棄物の量とかが書いてあり、好きな列にコマを置く。
誰かがいる列に置く場合はより高い値段のマスに。
これを全員違う列に置くまで繰り返し、置いたマスの数字分支払い。

そっからタイル配置。
線路をつなげて収入を増やす。
各タイルには複数の駅が描いてあるが、基本的にはそのうち1つだけ選んでコマ置いて収入。
特殊タイルで置くコマ数増やせたり、後から移動できたり。
基本的には赤資源増やすか、青資源増やすか、得点増やすか、廃棄物処理するか。
廃棄物はゲーム終了時に各タイルに2つ以上乗ってるとマイナス点。
受け取る量を減らすのはもちろん、できるだけ処理しておきたい。

赤資源増やせば1つ目の競りでいいタイル取れるし、青資源増やせば2つ目の競りで受け取る廃棄物減らせる。
でもまぁ最後は勝利点比べなので点も取りたい。悩ましい。

今回できるだけ得点を取るように動いてみた。最後には点だしね。
その結果資源不足でかなり苦しかった。
なんとか赤資源だけは少し増やして、タイルは買えるようにしたが、青はほぼ無視で廃棄物を甘んじて受ける。
かなりの量になったが、処理できるタイルも積極的に取って減らす。

結果逃げ切り勝利。
決算カードの4ラウンド目が得点2回入るやつだったのが強かった。
それも考えて戦略練らなきゃね。

これは面白いな。
3人だとちょっと寂しい感じもあるので4人くらいでまた遊びたい。

結果:レン 160○、かぶ 137、tetu 97



IMG_1840
「ドスリオス / Dos Rios」 Franz-Benno Delonge作

かぶさん持参品。初プレー。うちにも積んでるけどw。

アクションポイント使って自分の駒を配置して、2つの川の流れてるマスで決算。
決算対象はマスの種類だったり、どちらかの川だったり。
資源の木を取ることでダムを作れて、川の流れを遮るように置くことで川の流れるマスを変化させられる。
その際にはルールがあって、山、森、平地の順で高さがあって低い所に優先して流れる。
同じ高さなら手番プレイヤーが選んで置ける。

アクションポイントは基本的にはコマ移動。
高いマスから低いマスに移動すれば相手のコマを除去できる。
同じ高さの場合はより多くのコマで。
なので結構殴り合い。ひぇ。

自分の手番までに川の流れが大分変ってしまうので、人数多いと辛いゲームって話は聞いてた。
確かにこれは多くて3人、2人がベストな気がするね。

中々考え方が難しいが予想以上に面白かった。

結果:レン ○、かぶ、tetu


IMG_1841
「クレイジーココナッツ / Crazy Coconuts」 Walter Schneider作

初プレー。

猿のカタパルトでココナッツを飛ばす。手番制。
入ったカップは自分のボードに並べていき、3段ピラミッド作ったら勝ち。
赤いカップなら連続手番。
相手のボードのカップに入ればそれを奪えるってのが面白い。
ココナッツがゴムなのか柔らかく、いい感じに跳ねる。
入ったと思ったら跳ねて出たり、逆に机に跳ねて入ったりと面白い。

これはいいねぇ。面白い。
何度か遊びました。



おしまいー。



IMG_1842
かぶさんと大須でローストビーフ丼食べて解散!

4/15 バネスト土曜のかつどう@黒川

バネストの中野さんがファミリー向けにボードゲーム体験イベントをやってみようと企画。
ちょっと告知がギリギリだったので参加者は少なかったけど、お手伝いしてきました。

場所は黒川のレンタルスペース。
バネストから徒歩5分くらい。

IMG_1820


IMG_1821
普段は子育て教室とかヨガとかやってる場所らしい。


今回参加者は2家族くらい。
バネスト常連の親子とこのスペースのオーナーの親子かな。


IMG_1822
最初に他のお手伝いの方のインスト練習も兼ねてナンジャモンジャ。
あとドブルをやったかな。


IMG_1823
実際インストしたのはヒューゴと、あと忘れちゃったけど2、3ゲーム。



IMG_1824
「ホワッツアップ / What's up?」Dennis Kirps, Jean-Claude Pellin作

これは参加者と一緒に遊ぶ。初プレー。

いわゆる両面系の神経衰弱だが、目的は各色の鳥を1~3の順に取っていく。
カードには1~3匹の1色の鳥が描かれていて、表と裏は色か数が共通している。
場の状況を見つつ、どの裏に目的の鳥がいるかをなんとなく絞れる。
まぁそれでも運次第だけどね。

なかなか軽くていいんだが、最後誰かがリーチ状態になって、最後の鳥が場に複数見えてる状態になるとちょっとあかん。
自分がそれめくっちゃうとリーチの人が上がれる状態になっちゃうので誰も触れず、
リーチの人は自分でめくりにいって、誰かがそれまた使えなくするお仕事しないといかん。
キングメーカー問題というか、ちょっとシステムが破綻してる気がする。

あとタイトルとテーマやゲーム性があってないよね。
それがどうした(What's up?)って感じだよ。




IMG_1825
終了後お手伝いの方々と近くの喫茶店でブラックカレー。
ココアとか入ってるらしく結構美味。



IMG_1826
「クウィント / Qwinto」 Bernhard Lach, Uwe Rapp作

あとクウィントやりました。
序盤に端埋めないとキツイねー。



おしまい。

ちょっとこれ以降会場が取れないようで開催できてないようですが、
ショップ発信のイベントは敷居が低くて参加しやすいので続けて広まって欲しいですね。

3/20 ユキさんを送る会@吹上

一緒によく遊んでるユキさんが福岡に転勤することになったので、
自分発案で壮行ボドゲ会をすることに。

るどふぃ~るでもお世話になってて感謝しきれません。
向こうでも良いボドゲ環境が作れますように。


というわけで名古屋でユキさんに面識ありそうな人に一通り声をかけて、
結果24人ほどに参加して貰えました。
惜しくも来れなかった人も数名いて残念。

壮行会といっても普通に遊ぶだけ。
ユキさんが名古屋のオープン会の雰囲気が好きというのでオープン会にしました。

一応一通り人が揃ったところでユキさんに一言頂いて。
餞別に会費から新版カルカソンヌの塔拡張、自分からは先日中古で安く買ったカタンw、バイシクルドミノカードを。
引っ越し直前に荷物増やしてごめんねw。



IMG_1650
「たほいや」

先日に引き続き。ユキさんと遊ぶ約束してたので。
あとクイズ勢のかっちゃんさんとも遊んでみたかったので誘う。

先日に比べて前半あまり上手く騙せなかったが、後半は調子戻してまた1位!
まるださんのあえての直球を見抜いてからが調子よかった。

結果:レン 38〇、かぶ 8、ニート 15、まさ 13、ユキ 11、かっちゃん 13、まるだるま 7



IMG_1654
「マハラジャ / Raja: Palastbau in Indien」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

これはユキさんやもっちーと遊びたくて持参。
ちょっと前に遊んで面白かったので。

ダイヤルで2アクションプロットして手番順に実行。
都市や村に家を建てたり、特殊効果&手番順のキャラクター変えたり、決算順入れ替えたり。
都市に建てた家や宮殿は決算のマジョリティに関わり、村に建てた家は移動の際に支払いに関わる。
自分の家のある村はタダで通れるが、他人の色ならその相手に1金払う。
都市に家や宮殿建てるには自分の建築家をその都市に移動しないといけないのでお金が大事。
次の決算を狙うか、今回しゃがんでその次に決算起きそうな都市に行くか。

面白さは評判通り。楽しいよ。
今回は自分と中井さんが宮殿建て切って、所持金の差で勝利。
建て切りが数手番前から見えてたので、いかに多く稼げるかに頭を使った。
結果最終ラウンドで都市マジョリティ取ってお金稼いで、勝利。
あと1金あれば前ラウンドで1人で建て切れたんだけど、さすがにもっちーに止められたw。

結果:レン 7/12〇、中井 7/7、ユキ 6、青井しそ 6、望月 6


IMG_1655
ここでかっちゃんさん用意のビジュアルクイズ。
残念ながらユキさんは他の人とも遊ぶために不参加。
開催時間短いので、折角だから色んな人と遊んで欲しいもんね。
アニゲー問題多めで中々難しいが楽しかった。
写真のは段々モザイクが晴れていく早押しクイズ。


本編はこれでおしまい。
皆のおかげで良い会にできました。


IMG_1656
その後は普段仲良い面子だけでユキさん囲んで中華。
人数の都合上あらかじめ誘った人だけに限定で。
本編参加できなかったtetuさんや仕事終わりのフレイさんも駆けつけて。


その後フレボドへ。
まぁ記事分けなくていいか。


IMG_1657
「テキサスホールデム / Texas Hold'em」

恒例の。ひどい場だw。

ユキさんは時間の都合で1戦でご帰宅。
お疲れ様でした。楽しかったよ!


その後持ってきてた地下クイズ本をみんなで出し合って。
そんなクイズ好きじゃないフレイさんはお酒が進むw。


IMG_1658
「ディクシット / Dixit」 Jean-Louis Roubira作

中井さんがやりたいらしく持ってきてて。
皆そんな得意じゃないので渋い顔してたけど、まぁやろうかとw。

案の定ビミョーな雰囲気にw。
ゲーマー集まってやるもんじゃないね。

フレイさんはお酒回っててこれ嫌いと機嫌悪そうで面白かったw。



IMG_1659
「5秒ルール / 5 second rule」 Michael Sistrunk作

持参初プレー。
2卓に分かれて、最上さんと中井さんと。

5秒間で鉄球が落ちきるタイマー使って、お題のジャンルに当てはまる言葉を5秒以内に3つ言えれば成功。
交代で出し合っていく。

お題はそんなに難しくない物が多いけど、5秒しかないので焦る。
これが妙に楽しくて、1時間くらい3人で回してた。
訳してないので文化依存のが出ると辛い。
ジョン・トラボルタの映画とか、分かんねぇ。
ピクサー作品でトイストーリー1・2・3はズルいw。

予想以上に楽しめました。


以上フレボド終わり。
ちょっとフレイさんには可哀相な日だったねw。



ユキさん今までお世話になりました。
忙しい中時間割いて頂いてありがとうございました。

離れてもまた会えるさ。ボードゲーマーだもの。

3/19 ミスボドアフター会@金山

ミスボド後に金山プリニークラブでアフター会。


面子はみくろんさん、REIさん、tetuさん、ルドルフさん。



IMG_1643
「シュートザムーン / Shoot the Moon」 Garrett J. Donner, Michael S. Steer作

持参初プレー。米尼でポチったやつ。
マストフォローで赤が切り札。
絶対勝てるビッグムーンと、取るとマイナス点のスモールムーンのカードもある。
取ったトリック数が奇数だと1点、偶数だと0点。
2点スタートで7点で勝ち。
1ディールで1点しか取れないのにスモールムーン投げられるとマイナス1点でかなり痛い。
マイナス点取らないようにするゲームだねこれは。

とりわけ特徴的な面白さもなく、まぁシンプルなトリテだ。
パーティー寄り?

結果:レン 3、みくろん 7〇、tetu 4、REI 3、ルドルフ 1



IMG_1644
「ライフイズライフ / Life is life」 Lorenz Kutschke作

初プレー。
場に1~4枚の4列のカード。
手番では交換したい列と同じ枚数のカード出して同じ枚数の列を引き取る。
誰かがノックしたら一周して終了。
まず枚数の少ない三種類のカードでサドンデスがある。
その種類のカードを独占してると問答無用で勝ち。他全員2点マイナス。4と5だっけ?
サドンデスが起きなければ得点計算。
各種類ごとにマジョリティ取ってる人が得点。
数字が枚数、よくある感じ。
トップ以外はマイナス1点、最下位はマイナス2点。
まぁそんな感じ。

交換する感じはゼロというかタウシュラウシュのような。
サドンデスを狙いに行くか、得点高いカードを抑えるか。
サドンデス狙ってそうな人いたらカットしないとね。

悪くないんだが、最近よくある感じ。特徴がないなぁ。

結果:レン 2、みくろん 2、REI 0、ルドルフ 3〇、tetu 2



IMG_1645
「たほいや」

ミスボドでは最上さんにクイズに分類されて遊べなかったので。抗議ニダ!!

クイズ勢と遊んでみたいなと思ったのでルドルフさんと遊ぶ。
広辞苑から選んだワードの意味を全員ででっちあげて、1個だけ混ざった本物の意味を探す。
最近ニコ動で昔やってたテレビ番組が復活してます。面白いよ。

今回はみくろんさんの出した「からておどり」が上手かったなぁ。
他の問題は忘れた。

なんか当てまくって、だましまくって勝った。いえーあ。
『イスラム建築に見られる聖地の方向を示す壁の窪み』とか書いた気がする。
これは適当ではなくそういう言葉が他にあるのよ。ミフラープ。
そういうでっちあげも有りってわけだ。誰か知ってたらあかんけど。

折角なのでもう1周。そっちも勝ったぜw。

結果1:レン 28〇、tetu 10、REI 13、みくろん 5、ルドルフ 19
結果2:レン 34〇、tetu 13、REI 6、みくろん 17、ルドルフ 5


IMG_1646
「ハステボルテ / Haste Worte?」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

久しぶりに。
多答クイズの答えを時間内に列挙して、回答数をビッド。
回答数低い人から発表して、人が使った答えは使えない。
回答数分答えればその分得点、1個でも足りないと0点。
大きい数字出すとどんどん潰されて残らないっていう。

これもクイズ勢と遊びたくてルドルフさんと。

やっぱ楽しいわぁ。
2、30回遊んで遊びつくした感あるけどたまにやるとやっぱ面白い。
このシステムでクイズレギュレーション作りたいけど、人数あまり多いと多答の答えが残らないからなぁ。
8人までってのはかなり適正。




これにておしまい。


IMG_1647
焼き肉!
近くの店混んでて、結局どこ行ったんだっけ?

3/18 メーカル:カルカソンヌ会@新瑞橋

もっちー主催のメーカルへ。
4月から福岡に赴任するユキさんに会える機会もそうないので見学に。



IMG_1631
「カルカソンヌ / Carcassonne」 Klaus-Jürgen Wrede作

見学に来たはずなのになんか気づいたら参加させられてたよ。
あれれ~おかしいなぁ。

タイマー使っての対戦とかかなり久々。
3年前の日本選手権本選ぶりじゃね?

うん、出てたんですよ、日本選手権。
調布のあなで予選通って。
今となっちゃタイル枚数すら覚えてませんが。
いや、まぁ当時もそこまで覚えてなかったけど。

そんなんでも日本29位まで行けたので、それから3年、競技人口というかレベルが上がったなぁと。

流石にもう頑張る気にはなれない。
あの緊張感苦手なのよ。

でも今回白玉さんには勝ったよw。
他の方には全敗です。

結果1:レン 155〇、白玉 110
結果2:レン 102、へにょべー 118〇
結果3:レン 75、ゆう 93〇


うん、しばらくはカルカソンヌいいかなw。消耗が激しいw。



IMG_1632
そして望月君とリアルタイムカルカソンヌw。
だーめだ、判断迷って全然敵わないw。

ちなみにもっちーとは未だに普通にカルカソンヌしたことがないw。




IMG_1633
近くのラーメン屋で3人くらいで飯食って解散。

3/3 放課後子ども教室

昨日でボードゲーム最後の予定だったが、今日もやりたいというので。


 
IMG_1433
「勝利の女神~セブンフォース2~」 みさき工房

初プレー。

みさきさんの新作。
神戸初売りなので当時未発売だが、きなボドでテストプレーで何度か遊んでくれた6年生の子の卒業祝いとしてみさきさんと自分の連名でプレゼントしました。 
わざわざお母さんに電話して持ってきてもらいおってからに。

結構テキストゲーなのでお母さんとスタッフの先生には辛そうだが、まぁ生徒がやりたがるのでよしとして。
折角なのでインストもしてもらいました。
フォローはしながら。初見だが。

システムはワーカープレイスメント。
個人ボードのアクションをするか、1金払って中央ボードのアクションをするか。
中央ボードのアクションはカードが6枚並んでて、ラウンドごとに3枚ずつ入れ替え。
国力、兵力、戦力、都市の4つのパラメータがあり、最終的に合計が多い人が勝ちだが、国力だけは2倍して合計する。

兵力と戦力2つがあるのがややこいいが、兵力は永続値、ただしラウンドごとに半分になる。
戦力は一時値。ラウンドごとに半分になった兵力値まで下がる。
兵力を上げればつられて戦力も上がるが、やや上げにくい。
対して戦力は上げやすいが、持ち越しができない。
ラウンド終了時に戦力比べてトップから順に国力が増減されるので、周りを見ながらうまくパラメータ調整したいところ。
都市のパラメータは毎ラウンドの収入に関わる。お金大事。

と、なかなか硬派な作り。
ワーカーはカードで2種類のパラメータがある。
そのパラメータによって戦力などを増減するのでどのワーカーをどこに使うかが悩ましい。
最初に選ぶ勢力によってパラメータにも差がある。
更に選んだ勢力によって特殊能力もある。
収入が2倍だったり、毎ラウンド戦力が上がったり。
マルコポーロの足あとオマージュらしく、中々強力で面白い。

今回自分は兵力が毎ラウンド自動で上がって強いが、ワーカーのコストが高めで戦力上げる個人ボードのアクションにお金が嵩む勢力。
なかなかトリッキーというか上級者向け。
常にお金が辛い感じで。 
周りがゲーム慣れしてないのもあって、中央ボードの美味しいアクションが手番遅くても取れたのが救い。
そっちで戦力上げたりお金稼いだりで戦争にも勝ってていい感じ。

だがしかし途中で時間切れ。生徒が塾の時間なので打ち切りました。
その時点で勝ってたのは国力が初期15から始まる逃げ切りキャラ。
まぁ途中で終わったらそりゃ強いね。

中々面白かったです。
みさきさんの作品は数年前にセプターを遊んで以来かな。
あまりキャラ絵が得意でないので…。

アクションマスもワーカーも同サイズのカードなので、重ねて見えなくなっちゃうのがちょっとプレイアビリティ悪いかな。
ボードの外側に置くデザインにできればよかったかも。
あと神様カードが2金+1アクション使う割にはあんまり強くなかったです。
いいアクション取られちゃうので、ラウンド持ち越しができればまだよかったかな。 

そんな感じで。
機会あればフルで遊んでみたい。




おわり。 

3/2 放課後子ども教室

放課後子ども教室のボードゲーム体験日。

生徒の希望で難しめのゲームをやりたいとのことだったので。

 
IMG_1430
「アグリコラファミリーエディション / Agricola Family Edition」 Uwe Rosenberg作

持参初プレー。 

生徒は6年と5年が1人ずつ。1人はきなボドで大人に混じって遊んでる子だからまぁ行けるだろうと。
むしろ問題はスタッフの50代くらいのおばちゃんかなw。

ゲームは簡略化されたアグリコラ。
まずカードが一切なく、大進歩はすべてタイルに。
ラウンドで増えるアクションはボードに描かれていて常に固定。
あとは野菜や石がなかったり、パンを焼くアクションがなくて竃持ってれば麦木を払って任意に焼けたり。
見た目的には個人ボードがなくてタイルを並べていくのが大きな違い。
空きマスのマイナス点もなく、全てのタイルが1枚1点。
あと動物も種類によらず1匹1点。牛にこだわる必要は食べないならばない。 

そこまでアグリもプレーしてないが、感じたのは食料の厳しさ。
職業や小進歩がないぶん、見えてる食料しかない。
家畜基盤かパン基盤作れないとタイミングよく拾えないとかなり飢える。
4人だと更にバッティングして辛い辛い。
非公開情報なくしたらガチ化した典型例。
木やレンガ齧るのもそれらの大進歩がラウンド指定されたせいで後半まで使えなくて辛い。

今回自分はパン基盤。
畑で麦増やしながらパン食べるが、どうもうまく噛み合わず。
2つ同時に植えたいところだが、収穫のタイミングがかみ合わなくてなぁ。
家族は全員増やしたので後半は物量作戦。
家畜はほとんど取れなかったけど、マイナス点ないから気が楽。

結果は1点差で勝ち。
2位は家畜増やしまくったスタッフのおばちゃん。すげぇ!
ある程度アドバイスはしてたけどね。

なるほどこれは面白い。まぁもともとが面白いから安定なんだが。
アグリ入門としてはフタリコラより向いてるかな。
スタPアクションが弱いって声聞くが、4人だと結構大事。
まぁ上家が取ってくれるのが一番いいんだがw。

結果:レン 37〇、スタッフ 36、6年生徒 26、5年生徒 29




終わり。あとはぴっぐテンやったり。 

2/19 突発クローズ会@金山

かぶさんとtetuさんが暇なようなので、何かしようとプリニーに集まる。
結果面子は自分、かぶさん、tetuさん、最上さん。


IMG_1339
「ファイブハンドレッド / five hundred」

今日も今日とてトランプゲーム。
今日のトランプは灰色。絵札がティムバートン風で素敵。ブラックライトで光るらしいよw。 

初プレー。トリテ。
スカート構成にジョーカー加えた構成。
ジョーカー、切り札スートのJ、同色スートのJ、A,K,Q、…、7の順に強い。
他のスートはAKハイで。
手札10枚配って中央に3枚伏せてビッド。最低6トリック、最大10トリック。
トリック数と同時に切り札にしたいスートも宣言。
ノートランプ、ハート、ダイヤ、クラブ、スペードの順で強い。
あとミゼール宣言もできて、7.5ビッド分の強さ。
手札公開のオープンミゼールは最強だが、まぁ無理だろw。
1人以外パスしたらデクレアラーは中央に置いた3枚を手札に加え、3枚捨てる。 

デクレアラーはビッド達成を狙い、他のプレイヤーはそれを妨害。
達成したらビッド数とスートによって得点。
他のプレイヤーは単純にトリック数が得点。
誰かが500点取ったら勝ち。

最低6ビッドってのがきっつい。どう頑張っても7が限界。
手札弱ければミゼール狙うが、相手は全力で妨害しにくるからなぁ。
ピンポイントで1トリック取らされて失敗したりw。くそー。

切り札枚数が2枚多くなってるので、枯らしに行くのがちょっと遠い。
7ビッド以上するとどこで負けるかが非常に難しいね。

なかなかシンプルながら面白かった。

結果:レン 310○、tetu 300、かぶ -80


IMG_1340
「EXIT:研究所からの脱出 / EXIT: Das Spiel – Das geheime Labor」 Inka Brand, Markus Brand作

初プレー。tetuさん持参品。
去年エッセンで話題になった使い捨て脱出ゲーム。

説明書に載ってる内容しか書かないので安心して読んでねw。

ふと目を覚ますと知らない部屋にいて~ってのはお約束。
最初持ってるのは謎のダイヤルと謎の冊子のみ。
ある謎を解くと3つの薬ビンが出てきて、それをダイヤルに入力すると数字が指定される。
その数字の謎カードをめくると正解か不正解かが分かって、正解なら新たな謎が出される。
この繰り返しで最後の謎を解くまでの時間を競う。
どうしても分からなかったらヒントカードを見るとヒントが出る。
ただし使ったヒントの枚数によって最後の評価が下がりますよ。

やってることはほんと脱出ゲーム。
どうしてわざわざボードゲームでこれをやるのかって感じはする。
面白いかと聞かれたらそりゃまぁ面白い。
アナログならではの仕掛けもあったりで。

脱出ゲーム好きな人ならどうぞって感じかな。
使い捨て3000円はちょっと高いが…。

結果:レン&最上&tetu&かぶ ☆4


IMG_1343
「リスティコントラ / Ristikontra」

先日遊んで面白かったこれを。

ノートランプメイフォローでリードランクを最後にフォローした人が勝つ。
ペア戦なので得点札投げ込み系。カウンティングが非常に重要。

やっぱ面白いなぁ。
枯れたランクでリードできると強いけど、枯れたランクばかり集めると受けが弱くなる。
終盤に向けて得点札を溜めて置くか、誰も持ってなさそうな低ランクを持っておくか。
山札トップガチャれるのが楽しいね。

いいゲームよ。

結果:レン&かぶ 4○、最上&tetu 2


IMG_1342
「グレートジンバブエ / The Great Zimbabwe」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

今日もジンバブエ。

今回序盤にみんな二次職人作って、牛が少ない人が沈んで辛かった。
もっと周り見ないとだめだね。難しい。
今回選らんだ神は資源輸送が6歩になるやつ。普通に強い。
ただ先述の通り、二次職人が早く出て牛が辛い場に。
必然的に牛を取る能力を持った人が強くなった。
職人置く位置にも失敗して買ってもらえなくて辛い。
まずは牛基盤を構築しないとダメだなぁ。難しい。

でもまぁ終盤にはなんとか3位にまでなれたので致命的ではない。
FCMはなぁ…。一回沈むと死あるのみだからなぁ…。

結果:レン 27/34、最上 29/40、かぶ 40/38○、tetu 33/34


IMG_1344
「セドマ / Sedma」

初プレー。トランプゲー。スカート構成。
リスティコントラと同系統?

メイフォローでペア戦。
リードランクを最後にフォローした人が勝つが、7が出てれば最後に7を出した人が勝つ。
Aと10がそれぞれ10点で、最終トリック取ったペアも10点。

手札が配りきりなのでカウントできててもどうにもならないことも。
リスティコントラに比べるとドラマ性がないね。
ガチャもないし、手札補充もない。 
これならリスティコントラが完全に上位互換だな。

結果:レン&かぶ 13、最上&tetu 23○



IMG_1345
「スパー / Spar」

初プレー。トランプゲー。
2~5抜き。AKハイ。
マストロフォーでノートランプ。
出したカードは集めずに自分の前に重ねる。
目的は最後のトリックを取ること。1点。
最弱の6で勝てば3点、7で勝てば2点。

うーん、まぁキュウリ系なんだが、なんのひねりもねぇ。
エスタブリッシュしようにもなあ。
最後の1枚でじゃんけんするゲームってことでw。

結果:レン 1、かぶ 5○、最上 1、tetu 2


IMG_1347
「バベル / Babel」Robert Abott作

初プレー。トランプゲー。

手札10枚配ってスタート。
手札でポーカー役を2つ作るのが目的。
ピットのようなリアルタイムトレード。
ただし枚数は非対称でもいい。宣言も自由。
全員が了解したら山札引いて手札増やすのも有り。
フラッシュ以上を2つ作った人が出たら終了で、手役で点数。

うーん、変なゲーム。
手札増えたらスペード1枚くれたら3枚あげる!とかもできるんだろうが。
大体その前に適当に交換しまくってるうちに終わっちゃう気がする。
まぁ新鮮味はあった。

以下結果とメンツパスでw。


IMG_1348
「ネスターズ / Nestors」 All Safaaei作

初プレー。トランプゲー。

かなりな変態ゲー。ペア戦。
まず4人用なのに1トリックは3枚で1人は完全に参加しない。
1人目は何出してもいいが、2人目が出したスートによってマストフォローかマストノットフォローかが変わる。
3人目がフォロー規則に従えないときは2人目が勝ち。
従った場合は切札がいれば切札、いなければスート無視でランク比べ。
そして次の打ち出しは休んでた人から。何だこれw。

あとはビッド式で点数ビッド。5枚配った後。
ビッダーはA,10,Jのうちどれを切り札にするか決める。
得点は切札15点、切り札にならなかった2種10点と5点。
1トリック5点、スペード過半数取れば10点。

さらに1トリック目がまた変な感じで、
まずビッダーは中央に1枚裏3枚表で出されたカードから、裏向きのカードを手札に加える。
その後全員に3枚ずつ配って9:8:8:8に。
好きな手札のカードでリードを始めるが、他の人は手札出さずに、中央に残った3枚のカードから2枚を出した体になって、しかもビッダーの強制勝ち。
その後ビッダーが残った1枚を打ち出した体で始める。
何だこれw!

あとまだ例外処理があって、2人目と3人目が切り札出してるときに、1人目と3人目が同じスート出してると2人目が勝つ。
何だこれw!

いやぁ変態だ。久々に意味が分からない系の変態だ。
変態感に翻弄されて焦点が掴めない感じ。ミューで味わったやつや。
遊んでると段々分かって来て、3人目がブレイクするように2人目が頑張るゲーム。
ってのは分かるんだがいったいどうすりゃいいのやら。
もうちょっと遊んでみたくはあるけど、全員翻弄されてたので打ち切りw。
またどっかでやろう。


「ティエンレン / Tien Len」

初プレー。トランプゲー。

トランプ大全曰く、日本の大富豪から手札の交換をなくしたゲーム。
良い得て妙。ただそれだけだw。

役はダブルシーケンスがあるくらいで。
2が強いのも大富豪。スートに強弱あるのは特徴といえば特徴。
あとは2のシングルの後に4枚出しや3続き以上のダブルシーケンスが出せる。
ボムですね、分かります。

うーむ、特徴がない。まぁ原型ってことで。


「ラウス / Laus」

初プレー。トランプゲー。

Jが切り札であとはAハイ。J同士にも強弱あり。
マストフォローで切り札は切り札スート。
あとはシンプルなトリテ。
絵札が得点だが、Qは追加のマイナス点。
クラブが300、スペードが200、ハートが100。ただしダイヤQ取れば無効。

プラス点に対してQのマイナス点が強烈すぎるので、基本的には相手にマイナスを押し付けるゲームかな。
あとはディーラーの左隣から2枚ずつ場札2枚と交換できる。
次の人は前の人が捨てたやつと交換。

まぁそんなところ。
あまり特徴はない。


「ゴルフ(6枚ゲーム)/ Golf」

かぶさん帰って3人で。
意外にみんな遊んだことないのね。
多分関東が特殊ケース。草場さんが布教してるからねw。
まぁこっちは何回も登場してるので略。


IMG_1346
「ゴルフ(4枚ゲーム) / Golf」

4枚でやるゴルフ。
最大の違いは獲得したカードも裏向きで入れるところか。
覚えておけよ、と。
あとは上下揃いのキャンセルがなし。
2のマイナスもなし。
打ち消しがないので正直小さくした所はもう忘れていい。
4枚とも小さくできたら終了宣言のノック。
あんまり駆け引きがないなぁ。
やっぱ6枚ゲーが優秀。


「チシャチャ / Tysiacha」 

初プレー。トランプゲー。
8以下使わない24枚。

得点はスカート系でマリッジあり。
得点ビッドでデクレアラーは場札3枚手札に加えて、両プレイヤーに手札から1枚ずつ渡す。
その際誰かの手札に9が4枚揃ったら流局。
マストフォロー、マストラフのトリテ。
ただし切り札は最初決まっておらず、誰かがトリック取った時にマリッジ(同スートのKQ所持宣言)すれば得点取った上にそのスートが切り札に。
マリッジが起こるたびに切り札が変わるのが特徴かな。ほとんどないけど。

まぁそんな感じ。
これもあんまり特徴がないかな。
 


ここで終了。

IMG_1349
みくろんさんが合流したので一緒に大須にとんちゃん食いに行きました。 


トランプゲーたくさんできて楽しかった!
つきあってくれてありがとう。 

1/12 放課後子ども教室@北名古屋

職場なんですがね。

買ったばかりのゲームを持って行ったので。


IMG_1049
「カステリーナのたからもの /  Der Schatz von Castellina」 Carlo A. Rossi作 

先日セールで買ったやつ。持参初プレー。
数年前全ファミで見たときからきになってたんだが。

自分の色のコマの位置を見て覚えて、
その後目隠しの壁越しに手を伸ばして自分の色のコマを取る。
相手の取っちゃったら相手に得点で手番終了。
白は3個取っちゃうと脱落です。

うむ、分かりやすい。
形の違うコマでなんとなく判別できるのもいいね。




まぁそんな感じでたまに生徒とボードゲームで遊んでますよ。 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ