ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:大須イエサブ金曜会

12/1 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。


IMG_3193
「ガルゴン / Gargon」 Rüdiger Dorn作

先日遊んだルールが間違ってたので再戦。
手番でカード出さずにパスした場合のドローは1枚じゃなく3枚。
勝負に負けた場合のドローは1枚で合ってる。

当然だがしゃがんで手札補充する重要性が上がり、手札が尽きることが少なくなった。
これなら引きゲー感も減って、相手の手札少ないタイミング見計らうっていう勝負性も出た。

まぁそれでも良作とはまではいかず、佳作かな。基準は特にないが。

あと今回5人ゲーだったが、人数増えると勝ち確になることが減って勝負は熱くなるね。
まぁその勝ち確を狙うゲームって考えるとどっちがいいかは微妙なところ。

結果:レン 31、最上 48、温玉 73〇、ニート 49、有我 28



IMG_3194
「ガリンペイロ」 Kazuo Masukawa作

持参初プレー。

SNEから出た知り合いの流星キックさん作のゲーム。
発売当初は知らなかったがご本人がブログ書いてて知りました。

ターン開始時まずはカードを選択。
手札から1枚選んで同時公開。
お金、ワーカー、影響力の3つの値が書いてあり、その後の収入フェイズでいずれかを選びその値と共通の収入カードに描かれた分が貰える。
また、カード下部にはそのターンで行える追加アクションとか、全プレイヤーに影響する収入アクションの増減とかが書いてある。
んで、影響度順に欲しい収入を選ぶが、前の人と同じものは選べない。
お金ない時にお金選べなかったりでぐぬぬとなるので影響力上げるの大事。
でもまぁこのゲームの優しい所で、ワーカーとお金は1個減らして相互変換できるので何とかなる。

結果によってまた影響度いじって、手番順決まって、今度はアクションフェイズ。
ワーカー使ってアクション選択。
同じアクションは後に使うほど必要なワーカーが多くなるが、ラウンド中に3回発動されるとリセットされる。
全員の収入カードに描かれた分のお金が貰える収入アクション、影響力上げるアクション、ラウンド持ち越し不可のお金を溜めておけるアクション、砂金掘るアクション、カード買うアクション。
主な得点源は2つ。
カードはお金払って買うことで、得点に加えて永続効果や終了時得点。
ゲームの要となってるのは砂金掘り。
使ったワーカー分のダイスを袋から引いて、付属の皿の中で振る。
出た金の数だけ得点。
一番多くある白ダイスは1面しか金がなかったりで、なかなか辛い。
数は力でワーカー多く使ってダイス増やすか、もしくはワーカー1個使えば全振り直しできるのでそちらを狙うか。
レア度高いダイスは高得点が期待できる。一定数出たら全部袋に戻る仕組みなので、攻め時を見計らって。

うん、中々に楽しい。
綿密な資金やワーカーコントロール+運ゲーっていう要はテーベとかそこらへんの系統。
嫌いじゃないよ。
運ゲーしたくないって人にはカード買って得点っていう勝ち筋も用意されてるので、そこはお好みで。
ちなみにガリンペイロってのはゴールドラッシュで砂金掘りに来た出稼ぎ労働者の名称だったかな。
あれ、金山だっけ?まぁいいや。
お金を貯金して持ち越したり、終了時に点効率上げれるけど、ラウンド開始時にしか引き落とせないってのは中々面白かった。

同人感はあるが、結構楽しめた。
ゲーム的にはクイーンぽさを感じるのでクイーンから出ないかな。

ちょっと残念なのはディベロップというか、プレイアビリティというか。
共通の収入カードでゼロを表すのに赤い斜線引いてあるが、個人の収入カードではそもそもアイコンがない。
この書き方だと普通斜線はマイナスを表すのが当然で、混乱した。
あとはダイスのシールが大きさ合ってなくてお粗末。
このクオリティの低さは残念だなぁ。
オリジナルダイス作れとまでは言わないので、見栄えのいい感じに仕上げて欲しかった。
あとミープルがやけに薄い。なんでや。

あと共通収入カードのイベントは蛇足かなぁ。

まぁそんな感じでゲームとしては中々面白いので中量級の選択肢としてはアリ。
ルールがちょっと細かいので中級者向けかな。

結果:レン 32〇、最上 30、温玉 27




おしまい。カレー食べて帰宅。




11/17 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。

エッセン行ったニートさんが帰国してるので新作遊べないかなと期待。


IMG_3093
「アズール / AZUL」 Michael Kiesling作

初プレー。
エッセン新作をねくろんさんにインストしてもらう。

丸いタイルに4個ずつタイル置いてスタート。
手番ではいずれか1か所選んで、1種類全て引き取る。
余ったタイルは中央へ。
もしくは中央に溜まったタイルを選んでもいいが、1種類全部ってのは同じ。
最初に中央選んだ人は次のスタP貰えるが、ボード下部のマイナス列に置かれる。
引き取ったタイルはボード左の1~5列の待機列へ。
引き取った数がオーバーしてる場合、余ったタイルはボード下部のマイナス列へ。
最初は1枚マイナス1点だが、右に行くほど増えていく。
同じ列に後から追加もできるが色は同じでないといけない。
また、右側の対応する列にない色は置けない。
全てのタイルが取られたら配置フェイズへ。
埋まってる列のみ配置でき、半端なのは持ち越し。
上から順に取ったタイルのうち1枚を右列の対応する絵柄の列に置く。
その際縦横に隣接したタイル数分得点。縦と横は別に数えるのでL字の角がはまると美味しい。
誰かが横列1つ埋めたら終わりで、埋まってる横列・楯列・1種全てでボーナス点。

なるほど面白い。
配置するために積極的に列を埋めるように取りたいが、数をオーバーするとマイナス点。
配置フェイズまでは左の列は消えないので、空きの少ない状態で持ち越してしまうと次ラウンド阿鼻叫喚。
他人のボード見て何が欲しいか、何が取れないかが分かるので、かなりガチなゲーム。
2人プレーはカルカソンヌくらいガチって言われたのも納得。

うむ、面白い。タイルも豪華でいいよね。
プレー感としてはQwixxシリーズみたいな、積極的に取りたいけど段々取れなくなってマイナス点になる感じ。
ただし随時サイコロを振るのではなく、ラウンド開始時に全配置なのでアブストラクト。
次の人がジャストで大量に持って行くのを防がないとだめですよ。お仕事大事。

結果:レン 52、温玉 37、ねくろん 75〇



IMG_3094
「ロンドン第二版 / London (second edition)」 Martin Wallace作

ロンドンアゲイン!
反省活かして借金しないようにお金取るプレー。
でも結局2回借金しちゃった。マイナス14点。てへぺろ。
まぁそれでも前回より点数稼げてたのでいいか。
2点負けで悔しす。

ねくろんさんが30金借りて地下鉄出しまくるプレーがすごかったw。

結果:レン 50、ねくろん 52〇、温玉 40



IMG_3095
「テストプレイなんてしてないよ / We Didn't Playtest This At All」 Chris Cieslik作

初プレー。
数年前柏木で見つけてやりたかったけど言語依存でアウト。
日本語版出てようやくやれましたわ。
まさかこれの日本語版が出るとはねぇ。

手札2枚で、1枚引いて1枚出す。
カードのテキストに従って、勝利条件満たせば勝ち。

カードの効果が名前通り酷く、じゃんけんで特定の手出したら負けとか、今月誕生日なら勝ちとか酷い酷いw。
鼻に触らなきゃ負けと鼻に触ったら負け(手番プレイヤー以外)の2種類あるのにはやられたねw。

いやぁバカゲーだw。
楽しかったが、もういいかなw。

結果なし:レン、温玉、ねくろん




IMG_3096
マジスパへ。
シーフードスペシャル。美味いが食べづらい。








10/13 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。



IMG_2926
「クエストオブヴァレリア / Quests of Valeria」 Isaias Vallejo作

初プレー。ニートさん持参品。
ちょっとだけ話題になったヴィレッジオブヴァレリアと世界観共有?

キャラカード買って、手札出して、アイコン集めて、冒険カード達成してく。
カードの左上のアイコン集めて、必要数捨てて達成する感じ。
そこはまぁ普通なんだが、ほとんどのカードに出した時に発動する効果が付いてる。
もう1枚買えるとか、手札補充とか、もう1枚出せるとか。
購入して手札に入って、それを雇用アクションして出すって段階分かれてるのも特徴。
上手くコンボして連続出しして更に効果連鎖してとかできると強い。
カードを場から買うコストは手札必要数捨てることだったりでサンファンとかRftG的な。

とりあえずアクション追加でできるカードが強く、これが自分の番に場から買えるかどうかがかなり大きい。
うーん、運ゲーだw。いいのが並べばいいなゲー。

面白いっちゃ面白いが、よくある感じだなぁ。
なんかしらんけど勝ったw。全く回ってなかったのにw。

結果:レン 15〇、かぶ 13、ニート 12、ふしくる 11、REI 10



IMG_2928
「ドルイド /  Druids」 Günter Burkhardt, Wolfgang A. Lehmann作

初プレー。REIさん持参のメビウス便。
一言で言えばマストフォローのゼロの恐怖。

マストフォローで切札なし。取ったトリックは色別に取った中で最もランク低いカードを上にしておく。
最終的に各色一番上にあるランクが得点。うん、ほぼゼロの恐怖。
ちょっと面白いのは誰かが5色全部取ってしまったらその時点でその人は0点でラウンド終了。
そんなサドンデス。

うーん、正直いまいち。
ゼロの恐怖はメイフォローだからこそ相手の色見て投げ込むっていう面白さがあったのだが。
マストフォローだと自由度低くて投げ込むってのがやりづらい。
フォローする中で誰か1人はお仕事で低いランク投げて、ボイドしたら他の色の低いランク投げて相手の色増やして、どっかでサドンデス狙う。
切札なしなので終盤にリード取って高いランク出して勝てれば強いが、色数には注意。

どうすれば強いかよく分からん系。うーむ。

結果:レン 5、REI 31、かぶ 23、ニート 44〇、ふしくる 15




おしまい。

10/6 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会。

Import/Exportを日本語化したのでスリーブ買ってREIさんと入れてたらニートさんに終始いない扱いされたのでREIさんと翌日の合宿の話して駄弁る。
何もしてない時間が1時間くらいあったような…。


IMG_2874
「ロボットX / Robot X」 Michel Baudoin作

初プレー。REIさんの。

手番では手札1枚をお金として溜めるか、手札1枚を競りに出すか、ボーナスカード取るか。
手持ちの手札かお金として溜めたカードで競る。巡競り。
落としたらそのパーツを自分のロボットにくっつける。
星の数が得点になるし、早取りのボーナスも。
右上と左上はおまけパーツでなくてもいい。誰かが完成させたら終わり。

まずお金を貯めるアクションの意味が不明。
お金足りなければ手札をお金として使えるので意味がない。手札上限ないし。
逆に溜めるお金に上限があるイミフ仕様。
払ったお金の半分は相手にいくのでそこらへんでジレンマ出したかったのかな。
それか無理やりにでも1アクションさせたかったんかね。

あとはまぁ普通の競りゲー。
2人だと相手が落として、お金貰って、その金でこっちも得点高いの競りにかけて落としてって流れになって無理にオーバービッドする必要性がない。
そもそも2人で競りゲーやるのが間違ってる気がするw。

あとボーナスカード。
指定された部位にパーツを配置、指定の色と数の星を集める、指定の数の星を持ったカードを集めるの3種。
後ろ2つが被ってるうえに最初の1つに比べて難易度が高すぎる。
バランス悪いなぁ。

なんか総じて調整不足感。
2人プレーだからってのはあるが、人数増やして面白くなる感じはしないのよね…。

結果:レン 38〇、REI 37



IMG_2875
「宝石の煌き:都市 / Cities of Splendor」 Marc André作

拡張より交易所。初プレー。
指定された色と数のカードを集めることでボードに紋章置いて特殊能力獲得。
能力は、
・カード購入時宝石1個獲得
・ワイルドが2個分に
・同色宝石2個取りしたら違う色を1個貰える
・5点
・紋章1つ1点

インフレ気味になってゲーム時間は短くなる。
通常強いとされる得点カードのみを狙うプレーに対し、弱いとされる低レベルを広く取りに行くプレーが強化されてバランス良くなるかも。
ただし条件と能力の組み合わせが固定なので、強い色弱い色がはっきり分かれる。
特に緑カードは5点の能力にしか対応していなくて、序盤は他の能力狙うために緑が放置されがち。
実際今回のプレーでも気が付けばレベル1のカードが全部緑に…。
後半は得点得るために緑集めるのはありだが。貴族も取らなきゃいけないので並び次第か。

今回自分はワイルドが2個分になる能力、REIさんはカード獲得時に宝石1個得る能力を狙って取り、それぞれを活用。
2人プレーだと相手の狙いをカットしたうえで宝石2個分になるのでワイルド強い。
同色2個取りアクションと同価値なうえに手持ち圧迫1枚分だからね強いわ。
それで得たワイルド使って、緑青2色に特化して勝ち。

うむ、派手で面白い。好き。

結果:レン 16〇、REI 14



終わり。



IMG_2876






9/1 大須イエサブ金曜会@大須

ようやく9月!追いついた!

金曜会に途中参加。
知り合いしかいなくてホーム感すごい。

IMG_2675
「アウフアクセカードゲーム /  Auf Achse: Das Kartenspiel」 Wolfgang Kramer作

持参初プレー。クローズドオークション戦利品。
ピックアンドデリバーの要素はどっか行ったw。

自分の前にカードを伏せて並べていき、最終的にオープンして、昇順になっている最後の区間だけ得点。
ラウンド中はカードを自分の前に1枚、共通の場に1枚出す。
全員出したら共通の場に出したカードをオープンして、出されたカードの数字を合計。
これが一定値を超えたらラウンド終了。
特殊カードが共通の場に出されるとそれを解決。もう1枚自分の前に出したり、一番右のを捨てたり。

小さい数字から刻んでいくか、大きい数字並べて高得点狙うか。
ラウンド終わらせたいなら大きい数字は共通の場に放り込んでいきたいが、自分の得点としては使えなくなってしまうジレンマ。
終わらせようとしてる人が何人いるかで展開が変わってくるのでそれを読んで自分の挙動を決めたい。

今回中々終わらせようとする人が出ずに、カードどんどん並べていって、とうとう昇順保てなくなってそれまでのカード全部無駄にw。
諦めて数字大きいカードで昇順狙いながら共通の場にも大きい数字放り込んでいくも中々終わらず。
また保てなくなって最後は小さい数字2枚くらいで終了。
難しいね。

場の時流を読むゲームだなぁ。古さは感じる。


IMG_2676
「ポーカーブル」

最近流行りのポーカー式ブラフ。楽しい。



IMG_2678
マジスパ。



8/18 大須イエサブ金曜会@大須

8/11に対車事故起こしたけど私は元気です。
こっちの車は廃車になっちゃったけどね…。
保険大事。


連休で東京行く予定がつぶれたのが悲しい。
まぁ自己責任。



IMG_2598
「ベアーズ vs. ベイビーズ / Bears vs. Babies」 Matthew Inman, Elan Lee作

持参初プレー。蹴ったやつ。
エクスプローディングキャット作ったメーカーの。
箱に毛が生えててキモい。

システム的にはナイトメアリウム的なモンタージュ。
手番ではカード出すと引くを合計2アクションやるか、捨て札1枚拾うか、バトル開始宣言。
怪物は頭から出していき、胴体、脚と。胴体に腕のスロットあれば腕付けれるし、アイテムスロットあればアイテム持たせて1アクション追加。
各カードに戦力書いてあって、合計値がその怪物の戦力。
カードを引く際に赤ちゃんカードが出たらそれは手札に入れずに場の赤ちゃん置き場に色別に裏向きに追加。
誰かが手番で戦闘開始を宣言したら、いずれかの色指定して表にして、その合計値を見る。
全員のその色の怪物の中で赤ちゃんのパワーに勝ってるかつ最大値のプレイヤーがそれらの赤ちゃんカード獲得して得点に。
んでその色の怪物は勝ち負けに関わらず全員捨て札に。なんと大雑把な。
なので下手に相手に勝たれるよりも全員負けるの前提で戦闘開始したり、相手が強い色の得点が場にたまる前に戦闘開始したり。嫌がらせができるw。

あとは特殊カードがあったりなそんなゲーム。
直接攻撃ではないけどアメリカンなゲーム。
折角溜めたカードを全ぶっぱされても笑い合える相手と遊ぼう。


IMG_2600
ハンサムな寿司サーモン。可愛い。



IMG_2601
「イザベラ / Isabella」 Michael Schacht作

持参初プレー。
ここ数年鳴かず飛ばずなシャハトが3年前に出したゲーム。
白ゴブな時点で避ける人は避けるw。

6色6種のチップめくっては鍋に投入。
ダイス振って色と種類指定されるのでそのチップが鍋にあると思ったら宣言。
実際にめくってあれば得点だしなければマイナス点。
終わり。

え?どうしたシャハト。

工夫点としては宣言したらそのチップが出るまでめくるので関係ないのからめくって確認できるところか…。
他に工夫は一切なく、一度入れたチップは減ることもないし、宣言は早い者勝ちの適当さだし。
どうしたシャハト。どうした白ゴブ。あ、平常運転でしたね。

シャハト枯れてしもうたん?



IMG_2602
「コールトゥグローリー / Call to Glory」 Michael Schacht作

持参初プレー。FGFであおやさんから買ったやつ。
こっちはまだ才気溢れてたころのシャハト。まぁリメイクだけど。

カード2枚引いて1枚捨てるか、セットで出す。出す場合は他人の同数字より多く。
山札2つあってどっち引いてもいいし、捨て札もどっちに捨ててもいい。
ただし捨て札から拾うのは同じ場所2回はダメ。

カードは6から20の数字で、それがそのまま枚数。だいたい偶数。
なんかどっかで聞いたね。

ラウンド終了時に各数字でマジョリティ取ってる人がその数字分得点。
3枚で得点確定の6を集めるか、枚数が必要だが高得点を攻めるか。
誰か1人が4つマジョリティ取るか、全数字誰かがマジョリティ取ってたら終了。

ほぼひねりのないマジョリティゲーだが、このサドンデスがあるので悩ましい。
誰かと睨み合ってるうちに他の人がしれっと小さい数字連打して終わったり。
どこまで集めてどこで出しに行くか。
一度出した数字は追加で出せないってのがまた悩ましい。

やっぱシャハトはこうでないとね。頑張れ。

拡張ルールとして14の忍者出したら忍者トークンもらえて、
使うと誰かのカード1枚捨てさせるっていう確定崩しの効果。
あとこの色でマジョリティ取れれば追加得点っていう秘密条件カード。
両方試してみたけどあってもなくてもって感じかな。



IMG_2604
「Bon in the SG」 さくらっこ商会

持参初プレー。
FGFで唯一事前情報仕入れて買ったゲームw。

真言読んで対応する仏を取る。
ただし取り札には当然のように名前も真言も書いてないぞ!

とりあえず最初に皆で記憶タイムw。
7種類くらいだけど覚えられるか!無理!

ゲムマで完全版出るようでw。
名前は真言カルタに変わってて分かりやすくて良し。





IMG_2605
そしてマジスパへ…。










8/4 大須イエサブ金曜会@大須

ようやく8月だ。

金曜会へ。
なんか記録残ってないや。
ニートさんとねくろんさんとREIさんはいた。
あと誰かいたような。


IMG_2530
「エレメント / Element」 Mike Richie作

初プレー。
アブストラクトの皮を被った引きゲーw。

手番では4アクションポイントをチップ引くか移動かに振り分け。
移動は周囲8マスに。引いたチップは好きな場所に置く。
4色のチップがあってそれぞれ効果がある。
赤は火、連続するように置いたらその反対側にも袋から取り出して1つ置く。
青は水、連続してる分だけチップをまとめて移動させる、曲がればついてくる。
白は風、1マスに複数置けてコマが隣にあると反対側に段数分ジャンプ可能。
黒は山、複数斜めに繋げるとその間は通れなくなる。ジャンプも不可。
手番開始時に周囲が埋まってて動けなかったら脱落。

基本的には下家を追い込んでいく。
水が強いね。周囲を一気に囲える。
斜め移動有りなので全部囲うのは結構難しい。
数マス埋めれば勝てるって時にいいチップ引けるかが大事。
風チップは相手の邪魔できないので大事な時に引くと残念。

思ったほど悪くはないのだが、やっぱり引きゲー。
あと1個白以外引ければってところで白引いて負け。



IMG_2531
「フェアプレイ / Fair Play」 Spartaco Albertarelli作

持参初プレー。結構前にゲムマで購入。
アルベルタレッリ。

レースゲームなんだが、ダイス振って進んだ後に手札から1枚を誰かに裏向きで渡す。
相手はそれを受け取るか突き返すか。その結果で誰が使うかが決まる。
ごきポな感じやね。
当然カードには良いカードも悪いカードも。
中でも直前のガソリンスタンドまで戻すカードが凶悪。
今回ガソリンスタンドのタイルが全然出なくて、実質スタートまで戻る感じw。

悪くないレースゲームだと思う。攻撃がそのまま自分へのリスクだしね。
あと車コマが金属製なのがいいw。



IMG_2532
「ミッシュマッシュ /  Misch Masch」 Bettina Katzenberger作

初プレー。

カードの上下で動物が違って、しりとり的に反対側が同じカードを出していく。
ただし、今出てるカードと上下が逆になったカードは手番無視して出せる。
なんとなくテンガロンに似てるね。

まぁ他にひねりはなくそんくらい。
子どもと遊ぶにはよさげ。



IMG_2534
「マイラミー111 / MyRummy 111」 Steffen Benndorf作

初プレー。Qwixxのベンドルフ。

最初に配られたら順番変えちゃだめよ。
出来る限り左から右へ昇順にしていく。ラミーじゃなくてラックオーだな。
手番では場の表か裏のカード1枚取って好きな場所に入れる。
そのあと入れたカードの左右どちらかのカードを表向きで場に。
場にいいのない場合は流して裏で3枚補充。
最終的に誰かが全部昇順にするか山尽きたら終わりで、各自自分の一番長い昇順のところが得点。
点はカードに描かれたピエロの数。
上がりのボーナス狙っていくか、素点高いカードを上がり無視してでも取るか。
ラックオーのアレンジとしては悪くないんだが、いかんせん枚数多くて手札保持が大変w。
カードスタンドが欲しいゲーム。
ラックオーやるならこっちやるかな。




IMG_2536
カレー。







MyRummy® 111
Schmidt Spiele Gmbh
2017-01-02

6/9 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。

この日はニコさんが名古屋出張で遊びに来るとのことで。
久々にと会いに行ったがそういやゲムマで会ったようなw。


IMG_2238
「ベルサイユの庭園 / Die Gärten von Versailles」 Günter Burkhardt, Lena Burkhardt作

とりあえず先日も遊んだベルサイユ庭園。
やっぱマーカーがデカいw。

どの色でマジョリティ狙うか、誰と競ってるか、どこで枚数増やして、どのタイル取るか、悩ましさが非常に分かりやすい。
茶色い建設用地も一応マジョリティはあるが、微々たるものなのでハズレと思った方がいいだろう。
ワイルドが活かせる形に配置していくのが強い気がする。

結果:レン 62○、最上 62、温玉 60、かずお 44



IMG_2239
「Kecke Frösche」 Peter Neugebauer作

持参初プレー。マケプレでついでに買ったやつ。

前半は手札を出していく。0枚から2枚までプレイして出した枚数プラス1枚引く。
出せるのは中央の3つの場のいずれか。それぞれ背景の柄が違う。
左上にはマークが入っていて、同じマークを連続で出せない。
コウノトリは使うと3つの場のどれかを封鎖。再度他が封鎖されるまで開かない。

引いたカードは手札ではなく自分の前に背景柄毎に並べる。
なお同じマークが連続して並んだらボーナスチップが貰える。

山札がなくなったらそこから自分の前のカードを減らしていくフェイズ。
今度は3か所の場から2か所がコウノトリで封鎖されるので、コウノトリ持ってないと辛い。
出すときは同じ背景なら一気に出せる。ただし同じマークは2回出せない。
なので同じマーク2つ並ぶと減らしにくいので補償のボーナスがある感じ。

誰かが自分のカード出し切ったら終了。
ボーナスの合計と、自分以外の前に残ってるカードの枚数が得点。

かなり引き運は強い。コウノトリ引けないと辛いし。
この2段階のゲーム性はちょっと面白いけど。
後半は完全情報なのでいかに人のコウノトリに合乗るかなゲームかも。
でもまぁそんなに見どころはないゲーム。

結果:レン 8、かずお 16○、最上 12、温玉 10



IMG_2240
「スー / Sioux」 Frank Stark作

持参初プレー。これもマケプレで。
ハイデルベルガーの細長小箱シリーズ。

バッティングゲーで1位は2位との差分だけ食料が貰える。
1位が被った場合お互いの食料交換する。
同時公開でなく順出ししていって、最後2人だけ同時公開っていうヴァリアントが人気高いらしいので入れてみた。

結論としては微妙。ヴァリアントがでなくこのゲームが。
誰かが一定の食料稼ぐまで終わらないので1ラウンド30分くらいかかる。
それで全4ラウンドくらいあるので。1ラウンドで協議終了。

ネットのプレイレポート見ると評判はいいんだけどなぁ。
どうやらRaelさんのハウスルールで遊んでるらしいので、恒例のRaelマジックだろうw。

決してつまらないわけではないんだけど、長すぎて苦痛。
手札回収のタイミングもよく分からないし。英語ルールに問題あるのかな?

結果:レン、最上、NEZ、かずお 協議終了



IMG_2241
「ゾン噛ま」 ケンビル

他の方持参。

そっとおやすみフォロワーなんだけどそっとおやすみの日本語版が出た今、完全にそっとおやすみの下位互換になり下がった気がする。
手に入れやすいってことだけが存在意義だったな。

やっぱりそっとおやすみの方がいいねって結論に達しておしまい。


IMG_2242
「アステリックスカードゲーム / Asterix: Das Kartenspiel」 David Parlett作

持参初プレー。これもマケプレ。パーレット作。

同時公開で大きい数字が得点カード持ってくハゲタカ式。
違うのはバッティングしたらカードに描かれた水筒の数で勝敗決まるのと、負けたプレイヤーは使ったカード回収するところ。
あとは同じ得点カード集めるとセットコレクションで得点入るところか。
うーん、それくらいだな。
正直長いし、バランス悪いし、作者以外に見どころないゲームw。

結果:レン 129、最上 159○、ニコ 142、NEZ 137



今日は微妙なの多かったな。
付き合わせてすまんねw。ありがとう。


IMG_2243
そしてマジスパへ。

6/2 大須イエサブ金曜会@大須

久々に金曜会。



IMG_2169
「アンコール / Encore!」 Inka Brand, Markus Brand作

持参初プレー。バネストで購入。
エッセンで見て気になってたけどどこで買えるか分からなかったのよね。
原題はNoch malだったかな。

サイコロ振って、色と数選んで、その色のマスにその数丁度の×をつける。
最初はHの列からしか始められず、次以降はHの列か既に描かれた×と隣接するマスから。
選んだ数は丁度使わないといけない。複数のブロックに分けるのも不可。
手番プレイヤー以外は手番プレイヤーが選んだダイスを除いた残りから選択して使ってもいい。
ここはQwixxというか。
なおワイルド目を使ったら下部にチェックして、終了時残ってると1つ1点。
ここはDoodle Cit的な。
A~Oの各列全部埋まったら早い者勝ちで上の点数。2人目以降は下の半分の点数。
同様に各色全部埋まったら右上にある点数。
ここはTraxxだね。

てな感じでいいとこ取りな感じのゲーム。
中央付近で列ボーナスこぼさず取るか、早めにサイドに移行して高い点数狙うか。
あまりこのゲームならではというか、これを選ぶ理由も希薄かな。
先に挙げたどれか持ってればそれでいい感じ。
持ってないなら悪くないぜ。

結果も遊んだ相手も忘れました。
最近初対面の相手がいると名前聞くの面倒でサボりがち。



IMG_2170
「フルーツハーベスト / The Fruit Harvest」 GALLERY OUCHI

初プレー。同人ゲーム。
手札からカード出して自分の前に列を作る。
木は木の列、リンゴはリンゴの列。
出した木の合計が100を超えると出したリンゴのうち1枚を得点化。
100丁度だと出したリンゴ全てを得点化。
最後に出した木と同じ数字の木は横に出すこともできて、その場合合計で見てもいいし、1枚分にしてもいい。
更にその場合、通常は達成したら捨て札になるのを、次に横に出してた分所持した状態で始まってお得。
あとは他人の列に出して手伝ったり。それで完成すれば分け前が貰える。
まぁそんな感じ。

んー、正直やぼったい。同人ゲームだなぁって印象。
まずリンゴ引けなきゃ始まらないし、その価値も差があるし。
同価値のリンゴ複数収穫するとボーナスあるのはいいんだが。
人のリンゴ奪って得点化するハトとか強すぎる。引きゲーにしたいのかな?
淡々としてて作業感。起伏もないしね。

個人的に残念なのは絵。なんか中世感というかオサレな感じでいいんだが、折角木をつなげていくのに絵が一切繋がらない。
縦横に伸ばして木が伸びる、言ってしまえばKigiみたいな絵なら伸ばすのも楽しくなるだろうに。
ただ中央に木の描かれたカード置いていってもなぁ。重ねると隠れるし。

まぁ二度目はいいかな…。



IMG_2171
「フリップオーバー / Flip Over」 シロップゲームズ

初プレー。
しろうさん作のトリテ。のっちさんとこの長男のビスコ風な写真の箱絵が気になる一品w。

開始時に1~10のチップを赤黒の裏表5枚ずつでランダムに並べる。
それぞれが1~10トリック目の得点を表していて、黒はプラス点、赤はマイナス点。
更にその数字がそのトリックの切り札になるってのが面白い。
取りたいトリックと取りたくないトリックがランダムに並んでいて、避けたいのは赤いトリックでその切り札を誘い出されること。
なので赤いトリックに切り札になるカードは先に処理しておかないと。

これだとプラスの得点高いトリックの切札多く持ってれば強いのだが、また面白いのが10トリック終わったら同じ手札で、場のチップを並び変えずに反転させてもう10トリックやること。
さっきは取りたかったトリックが今度は取りたくないトリックに変わる。
強い札の多かった手札が厄介なカードの多い手札に変わる。
これは面白いバランス取りだね。

面白かった。やるな、しろうさん。
ちなみにもう1つついてるルールは微妙らしいw。



終わりん。



IMG_2172
マジスパ。ポーク角煮にチキントッピング!

3/17 大須イエサブ金曜会@大須

金曜会へ。


新規のご夫婦?が来られてたので色々紹介プレー。
ボードゲームは簡単なのをいくつかやったことあるらしい。
謎コン勢だったかな。最近多い。


IMG_1617
「コンプレット / Completto」 Heinz Meister作

お約束。今更説明はしないよ。
なかなかお気に召していただけたようで2戦か3戦か。



IMG_1618
「コロレット / Coloretto」 Michael Schacht作

なんだか久々。
久々に説明書見たら3人プレーだと1色抜くって書いてあった。
あれ、今まで抜いてたっけ…w。

こちらは3人で1回、4人で1回。



IMG_1619
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

私が選んだんじゃないよ、誰かが出してきたんだよ。
普段あまり初心者相手には出さないんだけども。

最近ガチ豆してないなぁ。東京行きたい。



IMG_1620
「ハイパーロボット / Ricochet Robots」 Alex Randolf作

これも私じゃないよ、komeさんがチラッチラッとやりたそうに出してきたのでw。
得手不得手がはっきり分かれるゲームなのでね。
旦那さんは好きそうだったけど奥さんはちょっと辛そうだった。
まぁそれでも結構楽しんではくれてた様子。



IMG_1621
んでカレー。

今日は紹介プレーばかりでしたな。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ