ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:758ボードゲーム会

9/21 758BG@守山

復活した758BGはあおや夫妻が御子連れて主催。
特に泣いたりしてないから気にならないけど、遊んでる横でオムツ替えるのはやめた方がいいと思う。
オムツ台付きトイレがない守山生涯が悪いのか…?知らんけど。

あとほぼ毎回夫婦喧嘩してますが、あれがデフォルトなのでw。
初参加の方は居心地悪そうだけど。慣れよう。



IMG_7977
窓から戦車が見えるボードゲームはここだけ!多分。




IMG_7975
「宇宙将棋」 Qlios

初プレー。
みくろんさんが数年前に買ったらしい。引っ越しで出てきたとか。

宇宙将棋でググると別ゲーが出てくるので検索性は悪い。

互いに王、飛、角、馬、騎、全の6つのコマを持つ。
馬は縦横方向に2歩移動。飛び越え可能。
騎は縦横に1歩移動、他のコマに乗って動けなくする。
全は王と同じ動き。

将棋と違うのはコマを取るにははさみ将棋のように相手を挟む必要があること。
んで盤面はないが、仮想盤面として4×4に収まる必要がある。
相手の王を取るか、動けなくしたら勝ち。

手番では既に置かれてるコマを動かすか、手元から打つ。
手元から打つ場合、自分のコマに縦横斜めで隣接してる場所に。

なるほど中々面白い。
騎の使いどころが結構大切。馬は難しいが奇襲ができるな。
盤面が狭いので下手な手を打つと自分のコマで自分の王の逃げ場がなくなる。
ここら辺はまぁ普通の将棋の終盤煮詰めた感じね。

結果:レン ○、みくろん



IMG_7976
「ラグーザ / Ragusa」 Fabio Lopiano作

初プレー。みくろんさん持参品。
評判良いので気になってた。

建物を配置してパラメータ上げたり効果使ったり。
郊外に配置すれば木・石・葡萄・オリーブといった資源産出が上がる。
街の周りや中に配置すれば特殊効果が発動。
あと海沿いに置けば魚の産出が上がる。
郊外に置ける数は木の所持数が上限、街に置ける数は石の所持数が上限。

なのでまずは郊外に置いて木の産出上げることからスタート。
あとは石も上げに行って、どの段階で街に手を出すか。

街の効果もマスによって違い、
対応する資源を加工して商品にするのが3か所、得点条件カード引いたり、壁を建設して隣接した自分のコマ数だけ得点したり、門を置いたり。
壁は最後に自分の建物と壁が繋がってる最大値が得点になる。
各外周マスは建物と門が同居できて、どちらかがあれば繋がってることになるので、他人が壁伸ばしてくれそうな所に自分も門作って相乗りしたり。
あと得点源として大事なのが商品輸出アクション。
ボード下部に並んだカードに描かれた商品と、その下のボードに描かれた商品払って得点。
左ほど追加の商品が安くて済む、例のアレ。
あとは魚の産出の半分だけ得点貰えるってマスも。

得点条件カードで輸出の得点底上げするのが来たので輸出メインで攻める。
あと魚が得点になるのも来たので、海沿いに置いて街のアクションしながら魚産出増やして。
壁伸ばす前半は手を出さず、門置くのは序盤完全にミスって意味のない所にいくつか配置してしまった。
後半は海沿いに伸ばしたはいいが、結果はみくろんさんと同点タイブレーク負け。
あと序盤の門さえ得点になる場所に置けてれば…。悔しい。

なるほど面白い。
プレイ時間はそう長くなく、1時間程度で終わる。
一手一手が重めで、インタラクションも壁の延長と建設場所の早取りで強め。
良いゲームでした。

何があるとすれば初期相場がランダムで決まるので、手番の綾で乗り遅れた人が辛いかな。
今回銀の相場が初期で1つだけ高くて、銀と木を取れる場所が3か所しかないから4番手が泣いたね。
相場下がるアクションがその商品が追加で必要な輸出やった時なので、高い価値の商品は輸出するより売るアクションした方が得点になるので、相場が下がりづらい。
相場上げるのはどうやるんだっけな。忘れた。

まぁそれ指しおいても良作だと思う。

結果:レン 97、川村 71、安藤 44、みくろん 97○







IMG_7978
「ギルド / Guild」 高天原

久々にやりたくて持参。
高天原の旧作で、フリーゼがいつかの年の2人用ベストゲームとして挙げたことで有名。

ラウンド開始時にコインを握って、このラウンドでのカード購入上限と1枚当たりの価格を自分で決める。
更に握った数が多い人から手番になるので、欲しいカードがあるときは高くしてでも多く握りたい。
握る数が少ないと安くはなるが買える枚数が減る。

んでその値段で場からカード買って、必要資源払って自分の場にピラミッド配置。
配置にもお金かかって、置く段数に応じたお金が必要。ひぃ。

その後ワーカー置いてカードを発動するが、発動できるカードはワーカーを置いたカードと、そこから右下と左下方向に連続するカード。
への字型とでも言うか。2段下の中央のカードは発動できないのが中々効いてる。
各段はどこまででも伸ばせるが、横に伸ばすと発動できる枚数が増えない。
上に伸ばすと発動できる枚数は増えるが、置くのにお金がかかる。
中々良いジレンマ。

効果は基本的には資源産出。上級だと同時に2つ3つ出たり。
また、得点カードを買うこともできて、これはプラミッドの下に逆ピラミッド状に配置。
こちらも配置にはお金がかかる。取るには資源いるしね。

得点カードが一定枚数取られたら戦争が起きる。
山からカード指定枚数引いて、そのレベルに見合った数の兵士コマ(資源)を払えないと最上段の建物が1つ吹っ飛ぶ。
勝てばタダでカード1枚貰えるので、頑張って兵士用意しておくか、飛んでも良いように最上段に安いカード置いておくか。
強いカードは上段にしか置けない仕様なので、上手くピラミッドを横にも縦にも伸ばさないといけない。

久々にやったが小箱サイズにしてはかなりの満足感。
プレイ時間は90分くらいかな。
兵士無視プレーしたら当然のごとくレベル高いカードが飛んでいくw。
いやぁもう1ラウンド伸びると思ってたんだよ…。用意できるはずだったんだよ。

なんで海外リメイクされないのかが不思議な作品。
むしろ今ならホビージャパンとかで出せるのでは?

結果は大敗。みくろんさんが上手かったなー。

結果:レン 41、みくろん 64○、川村 39、安藤 35




IMG_7979
「LCR」

久々にやったw。

3枚チップ持ってスタート、持ってるチップの数だけダイスを振る。上限3つ。
Lが出たら左のプレイヤーに、Rが出たら右のプレイヤーに、Cが出たら中央のポットにチップを払う。
空白の目はセーフ。
チップ持ってるのが1人だけになったら勝ち。簡単!

チップなくなっても他人のダイス次第でまた復活するのが笑えるね。

一時期なんか凄い流行ってたんだよなぁw。
ゲムマで中古で買ってもっちーに貢いだのはいい思い出w。

結果?知らんよw。



IMG_7980
「カメレオン / The Chameleon」 Rikki Tahta作

持参初プレー。
TLに流れてきてちょっと気になったやつ。米尼で。

16個のお題から1つが指定され、それを全員が共有するが、1人だけお題を知らないカメレオンがいる。
んで各自1ワードずつヒント出して、誰がカメレオンかを当てる。

要はまぁワードウルフなんだけど、ヒントは1語で1回ずつっていう縛りがあるのと、カメレオンがお題を当てれば正体バレてても勝ちってのが正式にルールになってるのが特徴か。
あとはワードウルフとは違って、お題の選択肢が並んでるので検討をつけやすい。
ここはどちらかというとスパイフォールだね。

お題カードが20枚くらいあるのでスパイフォールよりはリプレイ性があるかな。
動物とか国とか、教科とか。
たまに知らない人がいそうなのもあるので最初に読み上げ大事な。
あとは日本語化しろよと。

自分でお題考えれる空白シートとホワイトボードマーカー付いてるから、それに日本語訳その場で書くのもアリかな。時間はかかるが。

プレイ感としてもワードウルフとスパイフォールの中間な感じ。
広すぎず狭すぎずの良いヒントを考えるのが難しい。
当てはまるのが多すぎるとカメレオンと疑われるし、狭すぎるとお題バレるし。

そういやリンクにも似てるよね。こういうゲームの宿命か。
単語1つだけ言うってのはリンクだな。あっちは2周するけど。

1回が短いので何度か遊びました。
面子と結果は不明。






IMG_7981
帰りに守山自衛隊前駅近くのラーメン。
クイズ会でここ使う度に誰か行ってるので気になってた。
あっさり系の優しい味でした。物足りないっちゃ物足りない。

6/22 758ボードゲーム会@守山

758BGへ。

あおやさん夫妻に子ども生まれて2か月ほど休止してたが、今月から復活。
月1で18時までの短縮営業だけど。


IMG_7271
「スライドクエスト / Slide Quest」 Nicolas Bourgoin, Jean-François Rochas作

今日もね。
この日は20面まで全部クリアしたよ!
流石に後半は鬼畜難易度。

上級ライフから始めてクリアできたので、次はタイマーありだな。

結果:クリア:レン、きっと、あと不明






IMG_7272
「ハンザの女王 / The queen of Hansa」 畠山大 作

持参初プレー。
同人ゲームがホビージャパンから。この流れはいいね。
あとイラストをクレメンツ・フランツが担当してるのが良い。
買っちゃうわー。

システムはかなりシンプル。
手札2枚から1枚出して、その色の列の左2枚のどちらかを取る。
取ったら左詰めはお約束。
取ったカードは手札になり、出したカードで効果やらマジョリティやら。
カードを裏で出すこともできて、任意の場所から取れるがカードの効果や途中決算に使えなくなる。

まずは出した色別で合計値マジョリティ。
商品コマが置かれたカード取るとそのコマ獲得して、同色影響力1として数える。
その色の価値は場の補充列が涸れた順で上がったり下がったり。
裏向きで出した時にも1つを上げ下げできる。
人物カードは描かれたアルファベットでセットコレクション。
商品コマも何種持ってるかで得点、持ち越しには船カードが必要。

なるほど、シンプルながら得点手段を複数用意することでどれをやるかの悩ましさ出してるのがいいね。
裏向きカードも最後枚数でマジョリティになるので、どこで効果使ってどこで裏にするか。
基本人物カードが裏で出してもデメリット少ない。影響力は使えないけど。

ただ、どうも得点が大味で、そこは同人ゲームだなというか、日本のゲームだなと。
所謂ポイントサラダというやつで、どれで得点を取るか、これはまぁフェルトとかもそうだから国産に限った事じゃないけど。
入る得点がガバガバで、どれだけ効率良いルート辿れて得点できたかで、あまり悔しさがないというか。
うーん、なんだろなこの。

全体的には悪くないんだけど、得点の味付けだけが気に入らない…。

結果:レン 213、きっと 259〇、無謀 230、南無 194

ハンザの女王 THE QUEEN OF HANSA
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-06-23





IMG_7273
「ワードスナイパー:イマジン」 小川昌洋 作

ワードスナイパー続編。

今度のは発想力が大事、というか大喜利っぽいお題が増えてる。
あと下ネタw。

小文字カードがあるのは専用ルールがあるのかな?

結果:レン、きっと 〇、安藤、よし9





ここで一旦退散。
サマセミの下見会へ。
だがしかし、ワードスナイパーに時間使いすぎて遅れたw。
いや、告知されてた時間には間に合ったんだけど、もう閉められてたのよ…。
書いとけ!
まぁ部屋割りと駐車券貰えたからいいか。



IMG_7275
「ゲシェンク / Geschenkt ... ist noch zu teuer!」 Thorsten Gimmler作

戻って来て1ゲームだけ。
久々。


取りたくないなら1金払えよのリバースオークション。
引き取ると積まれたお金も貰えるのでどこまで払ってどこで受け入れてお金補充するか。
取ったカードはマイナス点だが、肝になるのは連番取ると一番下の数字しかマイナスにならないところ。
自分に取っては連番は取ってもデメリットがないが、他人には大きなデメリット。
これを利用して他人のお金をどれだけ巻き上げるかがこのゲームの肝。
あまり欲張りすぎると相手のお金が尽きて取られちゃうからね。
適度に待つ。
連番の真ん中とかなら即取りが有効。

かなり久々にやったけど、やっぱいいゲームだね。






おしまい。



IMG_7276
勝川で麻婆刀削麺。好き。

3/30 758BG@守山

758BGへ。

スタッフのいぬあきさん出産のためしばらくお休みになる758BG。
2月あたりから段々回数減らして運営中。

4月で一旦中断して、再開は6月以降。
4月は顔出せなかったのでこれが一旦最後の参加に。



IMG_6524
「ペンク / Penk!」 Simone Luciani作

持参初プレー。
ルチアーニ作のダイスゲーがクラニオから!買うよね。

手番ではダイス6個振る。2回までキープと振り直しが可能。
決まったダイスから最大三か所まで〇を打つ。
横列はダイスの出目、縦列は個数。
一番左下だと1の目を5個とかそんな感じ。
!の目はワイルドだけど単体では使えず、同じ組には1つまで。

誰かがいずれかの縦列横列埋めたら、その列はロックされて他の人はもう書けない。
ダイス振って書けるマスがなかったらどこかの縦列を潰す。

最終的に自分が〇を3つ以上つけた縦列・横列が得点源。
得点はマスに描かれた数字。下ほど高い。

なんというかまぁよくある感じ。
この人の手番中見てるだけ、振り分けて淡々と書いてくだけってシステムは最近のゲームっぽくないね。
20年前のゲームだと言われても納得する。なぜこれを今出したか。

まぁゲームとしてはまさしく無難で、得点化のために3つ〇つけるの優先だが、ダイス1個の列はすぐ埋まりやすいので早めに取るか、無視して得点高い列優先するか。
悪くはないんだが、新しさは一切ない。
特に書くべき感想もないw。ふ・つ・う!

結果:レン 76、あおや 87〇、無謀 50、安藤 71



IMG_6525
「シールズ / Seals」 Frank Crittin, Grégoire Largey, Sébastien Pauchon作

持参初プレー。
8bitボックスの作者コンビとイスファハンのポーションによる共作。
とりあえず買ってみた。

手番では場に並んだ4枚から同じ色全てか同じ数字全てを取る。
最初に役が揃った人が出して得点で、場は流れる。
役は1~5の同じ数字5枚が1点、
6~10の同じ数字が5枚で2点、
お金5枚で3点。
任意の色の1~10を揃えると4点。5点で勝ち。

意図的に美味しいお金のカードを作ることで競争率を上げて、お金集めるか次に人気ある高い目を集めるか、いっそ全ランク集めるか。
全ランク狙う人がいると各ランクのカードが散って揃いにくくなるのも狙っての事か。

うーん、なんというかこれも今風のデザインではないな。

とりあえず運の要素は非常に強い。
誰かが上がったらラウンド終わりってのが余計に。
麻雀のように点を高くするって行為が上がる容易さ故にやりにくい。
一応複数組できるまで待つこともできるんだが、相手のめくりによって一瞬で終わるからな。
取るカードは公開情報なので、相手の揃い具合覚えておけばできなくはないか、無理だけど。

8bitボックスの作者って言われればふーんって感じだけど、ポーション作って言われるとどうしたポーションって感じ。

クソゲーってほどじゃないけど、これやるならコロレットかなつのたからものやるわー。

結果:レン 0、無謀 4、安藤 5〇、あおや 3



IMG_6526
「アーキテクチュラ /  Architectura」 Pavel Atamanchuk作

持参初プレー。

アークライトから日本語版出るらしいので、あえて原語版を購入。
どうせエラッタ出るし。
まぁ英語版と思ったらドイツ語版だったんだけどな。

プレイヤー人数×8のグリッド上にカードを配置。左詰め。
カードを配置すると左側のカードの価値が変動。
より弱いカードを置くと価値が上がり、強いカードを置くと下がり、二倍以上のカードを置くと破壊される。
あとはカードごとに効果があるのでそれを解決。

手番では自分の山から引いた手札3枚から1枚を配置。
全員置ききるか置けなくなったら終了。カードの価値が得点。

価値を上げるよりは如何に破壊されずに得点にできるかが大事かな。
左隣にしか影響しないから同じカードに対して価値の上げ下げはあまり起こらない。
位置入れ替える効果とか出た時のみか。

特に得点の高い、置いた縦列の数字が得点のカートとか左のカードの得点をコピーするカードとかをいかに守れるか。
まぁ破壊するカードも1枚ずつくらいしかないんだけどね。

悪くはないんだが、これも際立った面白さはないな。
上級カード使ってみたいところだが。

点数同じだったので枚数で勝ち。

結果:レン 59〇、あおや 43、ヨシダ 59






IMG_6527
「帆をあげろ! / Alles an Bord?!」 Carlo A. Rossi作

持参初プレー。
ロッシ作でメモの評価高かったので。

円状にカードを並べてヨーイドン。
欲しいタイルを探して取っていくリアルタイムゲーム。
裏表混在してるのもゲーム性。
取ったタイルは船に置く。一部は隠せる。
あと商品コマも2つ取って置ける。

誰かが取り終えたら、その人はカードを全部回収。
他の人は記憶を頼りにタイルを取る。埋まるまで取れるのが優しい。

カードにはタイルや商品の交換条件が描かれていて、シャッフルして1枚ずつ処理していく。
タイル払って商品にしたり、商品を他の商品に変換したり。
海賊船はめくる前に逃げるか戦うか決めて、闘って変換できなかった場合マイナス点。
商品をお金に変えるカードは最後に処理されるので、そこまでを見据えて如何に必要な商品を確保しておくか。
どのカードでどの色の商品を作っておくかの計画が必要。

とはいっても商品は2つで1金にはなる。変換は効率が良い。
また商品はタイルを捨てたマスに配置するので、空きマスと商品数の管理も必要。
中には商品2つ置けるタイルもあるので、多く取れそうなら置き場増やしておくのも大事。

なるほどこれは面白い。
適当に取っては高得点には繋がらないし、どのカードでタイル使うべきかを把握しておかないといざってときに必要なものが足りなかったり。
特にタイル置き場と商品置き場が共通ってのが面白いところ。
必然的に倉庫タイル取って置き場増やすのが大事。

んで、ラウンド終了時10金で宝箱1個に変換するのだが、この宝箱はタイル置き場に置く必要があり、得点取るほどに次のラウンドのタイル置き場が少なくなる。
これは良い傾斜付け。とはいえ得点は前半後半変わらないのでしゃがむ意味はあまりないが。

タイル隠すのはあまり意味がないかな。人の見ないし。
見て真似するの防ぐって意図だろうが、まぁどうしても忘れた人は人の見えてるタイルと同じの取ればいいって感じかな。
逆にオープンな場所があるってことは、人の見ろってことなのかもしれんが。

とりわけた新しさよりは安定して遊べる面白さがある。
これはいいね。

結果:レン 45〇、yoshida 38、尾関 32、無謀 43





IMG_6528
「チェーテン / 長天」

たまには人の牌で。知らないようだったので。
ドミノはこれが一番好きだな。得点計算めんどくさいけど。
何より分かりやすい。

結果:レン 59、yoshida 338、尾関 278、無謀 381〇



IMG_6529
「イクアツ /  Iquazú」 Michael Feldkötter作

初プレー。遊び損ねてたやつ。
タイトルはイグアスの滝をモチーフにしたようだが造語かな。

滝から岩肌が一部見えてるデザイン。
ラウンドが終わると開いてる部分が一つ右にズレていく。
やることはカード出して自分の色の宝石を置く。
いずれかの縦列が埋まったら決算。
横列で見て一番多く置いてる人が特殊効果やら得点やらのタイルを取得。
縦列でマジョリティ1位と2位に得点。

左端の列に置くとラウンド終了時に滝タイルで隠されてしまって消えるが、右の列におけば数ラウンド決算に絡む。
その分、右の列に置くにはコストが高い。
具体的には左端の列にはカード1枚で置けるが、2列目は2枚、3列目は3枚必要。
分かりやすいね。

カード補充するには1手番しゃがむ必要があるので、如何に特殊タイルで補充できるか。
勿論補充だけしてても勝ちには繋がらないので、得点に絡めないと。

シンプルなマジョリティながら中々面白い。
横軸が位置とともに時間軸を兼ねてる感じが良い。
有効範囲が移動するマジョリティゲーはいくつかあるが、滝に見立てたのは発想の勝利かな。
宝石を隠すってシチュエーションは意味不明だがw。

今回上手く手札補充タイルが取れずに、手札が心もとない状況が多くてダメだった。
途中まではリードしてたものの、終盤で息切れして追い上げられて負けた。

結果:レン 49、尾関 45、みどり 60






IMG_6531
「ギャングスター /  Gangster」 Czarnè作

持参初プレー。
ツァルネ作。木箱に惹かれて大分前に買ったが長らく積んでた。

各自自分の色の1・2・3のギャングを持ち、残りは全部混ぜて2枚公開。
手番では公開されてる2枚か、手持ちから1枚配置。もしくは場の自分のタイルを移動。
いずれかの縦横列が埋まったらマジョリティ見て、1位は2位との差分得点。
1位タイだと権利が次点に移るハゲタカ式。

当然自分のタイルが出てればマジョリティに絡む場所に、他人のいいタイルは美味しくない場所に置きたい。

競い合って勝っても得点は低く、1人試合されるとヤバイので2位を伸ばさないと。
自分が2位だと美味しくないので、他人を投げ込んで得点縮める。

移動は隣接マスに移動だが、2ターンかけて元の場所に戻ることで連続決算が可能なので、妨害大事。
相手のタイルを無効化できる銃弾をどこで使うかも悩ましい。
なお銃弾は実物大金属製。豪華。

なかなか独特な思考が必要で面白かった。
めくり運はあるので、自分の色なかなか出てこないと辛いが。

結果:レン17 〇、あおや 9、? 7





おしまい。


IMG_6532
適当に見つけた牛骨ラーメン。美味かった。また来よう。

3/2 758ボードゲーム会@守山

758BGへ。



IMG_6361
「ピクトマニア第二版 /  Pictomania (second edition)」 Vlaada Chvátil作

新版初プレー。

大きな変更点として、カードスタンドが1つ減って同時に出すカードが3枚に減った。
1つのカードにつき担当者が最大2人いるので、一概に消去法じゃできなくなった。
といっても2枚以上のカードの内容が被らなきゃそこまで影響ないかな。

あとボードが紙になったよw。
鉛筆付いてて削られてないので焦ったが、なんと鉛筆削りも付属w。

あとは4回戦になったのと、カードレベルも4段階に。
得点システムはほぼ同じだが、以前あった誰にも当てられなかったら早取りボーナスがマイナスになるってのがちょっと変更。
誰にも当てられなかったら早取りボーナスが0になり、最も外した人が早取りボーナスマイナスに。
適当に描くのを防止するシステムだったんだけど、新版だと適当に置く方を罰則重くされてるな。
得点取れてない人に罰則ってのがイマイチなので、個人的には前の方が良かった気がする。

あと絵を描き終わってからカードを置くってのが明文化されてる。
描くの重視するか当てるの重視するかは戦略だと思ってたのだが、違ったのかな。

まぁ他は変わらないので、ゲーム性には大きな違いはないかな。
変わらず面白いのでオススメです。
廉価版って感じで安っぽくなっちゃったけど、値段安くなってるならいいね。

れみさんがヒッピーのお題で鳥の絵描いて全員から正解されてたのはズルいと思うw。
ヒッピーが分からなかったらしい。だって他にそれっぽいお題ないしー。


IMG_6360
お題は旧版に比べるとことわざとか慣用句が増えた。
ローカライズ難しいところなのでよく頑張った。

難点としては、まさかのギークエディションのカードが一部収録されている。
難易度たっかいんだよ。画像中央アメコミヒーローはまだマシな方。
流石に高難易度のミスリルとかアダマンタイトとかは削られてたけど。

圧勝したぜ!
最後は引き運w。お題が良かった。

オヌヌメ。

結果:レン 45〇、あおや 8、みくろん 28、川村 23、れみ 19






IMG_6362
「インフォメーション / i9n」 Dirk Strothmann作

持参品。久々に遊びたくなって。
タイトル読めるか!で有名なゲーム。i[nformatio]nの間が9文字でi9n。読めるか!

テーマは油田発掘。
手番ではダイス振ってその数だけアクションポイントにして、コマ移動するか発掘カード買うかカード消費して発掘する。

箱の中に大きなタイルをラウンド数分入れてて、それぞれに64マスのグリッドの32個の穴が開いている。
発掘は今自分のいるコマに対応するカードを払って、そのマスが指し示す座標の穴に棒を通す。
下まで棒が通れば発掘成功。

最初は棒が通るマスが32マスあるが、2ラウンド目では2枚重なることで16マスに減り、3ラウンド目では8マス、4マス、2マス、1マスと限定されていく。面白い仕組み。
最終的には一番多く油掘れた人が勝ち。ラウンドごとに採掘量も増えるので、どの段階で狙いに行くか。

遊んでてなんかおかしいなぁと思ってきて、推理に矛盾が。
どうもセットアップに不安が出てきた。
もしやと思い説明書確認。げ、セットアップ間違えた。
1番から6番のタイルが2枚ずつあって、それぞれを混ぜて1枚ずつ使うんだけど、6枚6枚で混ぜちゃったよ。
これじゃ同じ番号被って通る穴が1つもなくなる。おうふ。
というわけで協議終了を宣言。

確認したら、完全に偶然で1~6番が揃ってた。
ただそのうち2枚が裏返しになっててそれでおかしくなってた。
最初に2枚引いて見る処理があるので、そのとき誰かが裏向きで戻したようだ。
自分だけのミスではなくてちょっとほっとしたが、完遂できなかったのは残念。
近いうちにリベンジしたい。

言い訳なんだが、バネスト訳が分かりづらかったんだよ。
「12枚のパンチカードを、互いに相反する6つのカードの組に分け」ってのが6つの組なのか6つのカードなのかが不明瞭。
よく考えれば枚じゃなくて~つだから組なんだろうけど、カードというかタイルだから~つで受け入れてしまった。
「2枚のカードの組6つに分け」とかにて欲しかった。

カードの特性やルール忘れてたから起きた事故なので次回はきちんとできるはず。
ほんと申し訳ない。

カードの裏表はなぁ、基本よく見ないようにセッティングするんだから気づけないよ。
せめて触感で分かるように切込みの位置を左右にずらすとかして欲しかった。
何で中央に切り込みがあるんだよ。

結果:協議終了:レン、みくろん、れみ、あおや





IMG_6363
「キーフロー / Key Flow」 Sebastian Bleasdale, Richard Breese, Ian Vincent作

初プレー。

キーフラワーをカードにして競りをなくしてドラフトゲーに。

季節ごとにハンドドラフト。1枚取ってせーので公開、残りは隣に。
カードは上に置く街カードと、下に置く海辺カード。建物起動させるワーカーカード。
ワーカーは矢印が描いてあって、向きによって自分の建物か両隣の建物が起動可能。
同じ建物2度目起動させるにはワーカー2つ以上描かれたカード使うか、ワーカータイルを追加で払う必要がある。
キーフラワーのマストフォローの要素はなくなって、ワーカーの色は季節ごとに変わる。
他人が使ったワーカーが手に入る要素は、ラウンド終了時に自分の村に使われたワーカーを裏返しておいて終了時に得点源になるように変更。

カード上に資源運んで建物効果パワーアップさせるのも一緒。
冬には得点カードが多いので、どこで得点稼ぐか。ゲーム開始時に1枚持って始まるので指針に。

なるほど、キーフラワーしてるわ。競りなしで。
個人的にキーフラワーの殴り合い感ある競りが好きではないので、こちらが好み。
慣れれば1時間かからなさそうだ。

今回開始時の得点カードで夏ワーカー1体につき何点ってのを取って、更に船の効果で春夏ワーカーを互換する効果取れたので大量得点。
あとは金資源の得点パンプするの取れたのでひたすら金資源を稼ぐ。
それなりに稼げたが、みくろんさんに負けて2位。

いいね、これは。
難点はほぼカードゲームなのにキーフラワーより高い値段だな。
資源全部タイルにしてくれればよかったのに。3500円くらいで。

IMG_6364
最後はこんな感じ。金いぱーい。

結果:レン 97、みくろん 104〇、あおや 80、れみ 55





IMG_6365
「ウェルカムトゥ / Welcome」 Benoit Turpin作

正直もう書くことねぇな。

今回序盤からプールが良く出て、プール祭り。
公園もいい感じに最下段に使えるように出たので早めに下段カンスト。
あ、写真のやつ5のエリア数え忘れてるので+5点ね。
街の名前はダンウィッチです。

結果:レン 100〇、ぬこ 81、みくろん 97、れみ 85、みとりで 77、あおや 94




IMG_6366
「シティタイクーン / City Tycoon」 Hubert Bartos, Łukasz S. Kowal作

久々に遊びたくなって最近持ち出してた。2度目。

タイルをハンドドラフトして配置するか捨ててお金にするか、発電所か浄水場作るか。
全員が手札使い切ったら、自分の建物に電気や水を輸送。
自分のタイル上は無料で通れるが、他人のタイル上はその人にお金を払う。
また、誰の発電所/浄水場からでも取れるが、それにもお金が必要。

建物はどんどん高くなってくので、お金をどれくらい稼ぐか、どこで得点取りに行くかが悩ましい。
隣接する対応する色の建物効果発動したら得点入る建物が強いね。お金も得点も同時に稼げる。
そういった建物は持ち主じゃなくても効果使えるので、他人の置いたのに相乗りしに行きたいし、自分が建てる時は相乗りされないように配置したいところ。

普通に面白いタイル配置。一時期安売りされてたが。
難点はランダマイザがないのでリプレイ性が低い所かな。
ドラフトの妙味があまりないと言われたけど、このゲームのドラフトは事故防止用だと思うよ。
あと隣接建物色参照効果使うかどうかで評価が変わるかな。

今回は商品(輸送不要資源)を中心に据えてプレー。
競合がいなかったのも相まって、後半はこれで大量点。
商品つえー。これ念頭に遊んだ方がいいよ。

結果:レン 42〇、みとりで 30、みくろん 36、あおや 22、れみ 17





おしまい。

終了後は男衆で中華食いに行きました。

1/26 758BG@守山

758BGへ。



IMG_6031
「おいてけオバケ /  Ghosts of the Moor」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

持参初プレー。
相変わらずのアークライト邦題。原題は沼地の幽霊ってところか。
まぁ置いてけ堀って意味では間違ってないか。
実際置いてかれるのはお化けなんだが。

さてその実態は勝利への道のリメイク。
といってもかなり別ゲーになってるので流用というか。
なんかいい言葉ないんかな。リコンストラクション?リインプリメント?

ダイス1個振ってその数進む。人数多い時はコマ2つで、好きな方選んで。
どいたマスに他にコマが無ければタイル獲得するのは一緒。
中立コマはない。

んで新しい要素として、タイルのないマスを離れる時は、他のコマの有無によらず手持ちタイルを払う必要がある。
払うタイルは、
・マスに描かれたタイル(そのマスに)
・おばけタイル(ゴール直近の空きマスに)
・任意のタイル2枚(ゴール直近の空きマスに)
のどれか。
おばけタイルは終了時に持ってるとマイナス点だが、空きマス離れる時に代わりに捨てられるので便利。
適度に取っておいて、機を見て捨てるのが良い。
ただし最優先はそのマスに一致するタイルなので万能ではない。

また各自1枚吊り橋タイル持ってて、空きマスに止まる際に置ける。
すると空きマスじゃなくなるのでタイル捨てなくていいし、次の移動で回収可能。
ただし回収する前に誰かが同じマスに来ると拾えなくなってしまう。

あとはゴールした順に得点タイル獲得。
お宝は種類ごとに1枚1点2枚3点3枚5点…のお約束。

おばけを取るかどうかのせめぎ合いが面白い。
使ったおばけはゴール付近に溜まっていくので、後半は捨てる目途が立たないから取りたくないが、おばけだらけになるので置いて行かれると辛い。
このゴール付近に溜まっていくシステムは良いゲーム性になってるんだが、捨てるタイルによって置き場所が変わるのでややめんどくさい。

…いやな予感がしてBGGの英語ルール確認。
ああーっやっぱり誤訳だし!いい加減にしろアークライト!

×「一致するタイルはそのマスに、持ってなければ2枚かお化けをゴール直近の空きマスに捨てる」

〇「そのマスと一致するタイルを捨てる。持ってないなら任意の2枚かお化けを捨てる。タイルはゴール直近の空きマスに捨てる。」

本当はどのタイルでもゴール付近に捨てるのが正解。

あーもう、台無し。
場合分けのめんどくささで評価1くらい下げてたのが吹き飛んだわ。

とういわけで欠点無くなったよ!いいゲームなんじゃないかな!
正しいルールで遊んでみよう。

あーもう、ほんとアークライト嫌い。業界の癌。

結果:レン 10〇、安藤 4、無謀 0、雨宮 9、タガミ 3





IMG_6032
「アイスクール1&2 / Icecool 1 & 2」 Brian Gomez作

二度目の2倍アイスクール。

机が低いので中腰がキツイw。

誰も1点のトリックアクションに挑戦しない。
というか3点ばかり引いて挑戦できないw。
2点2枚出しの魚移動は強すぎると思うんだが。

結果:レン 21〇、みとりで 19、タガミ 12、雨宮 6、尾関 8、まっさん 13

アイスクール2 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-11-04





IMG_6033
「バトルフォールド / Battlefold」 Dave Choi, Yohan Goh作

持参初プレー。
Fold itのリメイク。今度は折って戦闘だ!

カード1枚めくると何個かのシンボルが指示される。
んでそのシンボルだけが見えるように布を折る。?は何でも良いが個数は必ず一致で。
折り終わった人から好きな手番順トークンを取る。
手番順トークンは人数-1しかないので最後の1人は取れない。

んで手番順に行動。出たシンボルに対応する行動ができる。
また基本行動として、1移動と1攻撃は付いてる。
手番順トークン取れなかった人は基本行動のみ可能。

移動:1マス移動
攻撃:射程距離にいる相手にダメージ1
宝箱:アイテムカード引く
薬:1回復
罠:自分が1ダメージ

使いたくない罠のシンボルがあるのが面白いね。
ダメージ覚悟で罠あっても良しにするか、それを避けるように折り方考えるか。

んでダメージ与え合って、自分以外殺したら勝ちw。
ただまた独特なのが、死んだプレイヤーは幽霊となってその後もゲームに参加する。
以後、相手にダメージ与えることはできないが、攻撃が成功する度に得点ゲージが溜まっていき、振り切ったら伝説となって勝利するw。
不思議な二段構えのゲーム。負け抜け救済としては面白い。

4キャラいるのだが、それぞれに特殊能力。
相手と同じマスにいれば+1ダメージの戦士、2マス離れた所から攻撃しダメージ与えたら1マス押し込む弓兵、罠ダメージ無効かする盗賊、斜め4方向に同時に攻撃してダメージ与えたら1回復の魔法使い。

魔法使いが強そうに見えるが、今回自分が使った離れた所から攻撃できる弓兵も中々強かった。
相手は1移動強制されるからね。さらに自分が殴れば押し込んで2移動しないと殴られない。
盗賊も罠無視できるので折り方気にしなくて良いので楽だし、先手取って相手の攻撃届かないマスに逃げることも可能。
…脳筋弱い気がするw。

Fold itに比べると難しいお題は減って、パズルゲーとしての面白さは半減してる。
あの難しさが好きだったので個人的にはFold itの方が評価は上。

結果:レン 〇、雨宮、タガミ




IMG_6034
「Crypt」 Jeff Chin, Andrew Nerger作

持参初プレー。
キックしたやつ。関東に持って行ったんだけど、プレー前によち犬さんとこの交換会出したので未プレー。
2つ蹴ったのでもう1個の方。

場にカードが3枚表、1枚裏で並ぶ。裏のカードも色だけ分かる。
手番では手持ちのダイス3つを場に並んだカードのうち欲しいものに好きな目で配置。
複数枚に分けて置くのも可。1枚に複数個置く場合は同じ目で。
後手のプレイヤーはまだダイスの置かれてないカードに置くか、既にダイスの置かれたカードに対して出目の合計が多くなるように配置して上書き。
上書きされたダイスは持ち主の手元に戻る。
ラスPだけは制限があって、カード1枚の上にしか置けない。

全員置いたらカードはダイス置いた人が獲得する。
んで、その後置かれたダイスを振り、元々置いてあった出目以上の目が出れば回収、さもなくば没収される。
高い出目にするほど没収のリスクが増える。面白いね。
没収されたダイスは手番しゃがむことで回収できる。単純に手損が辛い。

あとはカードの色ごとに特殊効果がある。ゲーム開始時に各種2つの効果からランダムに決まる。
獲得したカードを裏返して振り直しできたり。得点は消えない。
他のプレイヤーより多く持ってるとボーナス点とか、2枚使うと没収されたダイス回収できたりとか。
得点優先で狙うか、色優先で狙うか。

中々シンプルながら面白い。箱も小さくていいね。
結局はダイス目なので、許容できる人で遊ぼうw。

結果:レン 42〇、タガミ 31、雨宮 34



IMG_6035
「ヘルマゴール / Hermagor」 Emanuele Ornella作

久々に。2度目のプレー。
前回3人プレーだったので4人でやってみたかったので嬉しい。

まずはボード左下にタイル並べて獲得合戦。
各タイルの周りで最も多くコマ置いてる人が獲得。
同数ならタイルの上、横、斜めの順に優先度。
コマ置くのにもお金が必要で、複数タイルに絡む十字路は高い。ただし同数だと優先度低。

また同時にお金の収入も決まる。
各縦列横列に置いてるコマの数に応じて、1金3金6金10金だったかな。
これも交点が複数ラインに絡めて有利。
ただ、コマは4つしかないので同数決着が多く、交点ばかりに置いてるとタイルが取れない。

取ったタイルは資源が大多数で、それを使ってマップ処理。
自分のコマ動かして、移動した都市に対応するタイル払って家コマ置く。
すると資源に応じた収入が貰えて、環状の道でエリア囲めるとまたボーナス。
ゲーム終了時には主要道路上でのマジョリティでボーナス、川で区切られた3つのエリアのうち自分がコマ置いてる数が一番少ない場所のコマ数に応じてボーナス。
色々とやりたいことが多くて悩ましいが、そのためのタイル取れるかがまず問題で。

うーん、悩ましい。面白いなぁ。
見た目は地味だが名作ですよ。

最終ラウンドまさかの1枚もタイル取れず…。くっそ辛い。
まぁ取れてても勝てなかったかな…。

結果:レン 66、あおや 130〇、雨宮 58、タガミ 72

Hermagor Cardboard Game
Emanuele Ornella
Rio Grande Games
2006-06-01




IMG_6036
「打天九」

楽しい!!

ミューラが持て囃される今、これももっと遊ばれても良いと思うんだが、如何せん天九牌でのプレイアビリティが悪すぎる。
皆よち工房の打天九牌買おうぜ!(ステマ)

結果:レン +25、タガミ +52〇、雨宮 -65、あおや -12


IMG_6037
「ノースアメリカンレイルウェイズ / North American Railways」 Peer Sylvester作

持参初プレー。
エッセンで買おうと思ってたけど即行売り切れて買えなかったやつ。
今更ながら再販されてバネストに入ったので購入。

線路引きと列車なくして強制分配にした18xxって感じかな。

株式購入ラウンドでは4列並んだ株券から、各列最下段のどれかを購入。
選択者から開始の1巡競りで、落札値で落札者に買わせるか、その値段で選択者が買うか。
落札者が買えばお金は半分銀行に半分その会社に、選択者が買えば半額会社に半額は落札者に。

なお、自分が既に持ってる会社の株券選んだ場合は1000ドル固定支払いで半額会社に。
株券所持トップ者は会社の経営権を獲得。同数でも更新。

次は会社経営ラウンド。
手番が来たら自分が株券持ってる会社を1つ選んで、同じく場に並んだ路線カードを獲得。
お金は当然手元からではなく会社の資産から払う。
自分が多く持ってる会社には当然安くて収入多い路線を買いたい。
逆に自分は少ないが他が多く持ってる会社は高くて収入少ないの買ってしまって無駄遣いさせるも良し。優先度考えて。

その後配当。
会社ごとの収入を株券1枚当たりに均等割り。
またゲーム終了時には路線カードに描かれたアイコンに応じた報酬が株券1枚に対して入ってくるのでアイコン多く取れてる会社は株券買い足す意味も出てくる。

筆頭株主の利点がそこまでないのも特徴かな。なんか不思議。

凄いシンプルながら、悩ましさは抜群で面白い。
株券の並びも路線の並びも公開情報なので、手番順や出てくる順番考えて序盤に戦略を立てたい。
序盤から終盤まで自分だけ独占できると強い。
後半は定期収入取るか、終了時ボーナス取るかも悩ましくなってくる。
お金が勝利点なので使いすぎてマイナスになってはいけないし。

中量級ゲームとしてはかなり悩ましいし、会社運営感あるし、良いゲームだと思う。
きちんと利益計算できる人で遊ぶべきね。

ただ、中箱サイズで4500円なのに内容物が小箱に入るくらいのカードとコマとお金しかない。
このコンポーネントなら2000円くらいが適正価格な気がして割高感。
まぁ内容的には満足感高いんだけどさぁ。すっかすかやでぇ…。

序盤に1色独占できたので効率よく稼いで、リード保って勝利!

結果:レン 3700〇、あおや 3500、タガミ 3000、ドン 3300、リトル 2500





IMG_6038
「たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ」 CRIMAGE

初プレー。
タイトル長い!まぁラノベ感ないのでマシ。

配られたカードと汎用カード使って面白い素敵なプロポーズの言葉を作ろう。

まぁ男衆で遊んでそんなオサレなゲームになるわけもなくw。
如何に笑えるの作れるかになるよねw。

ちょっと制限時間短すぎませんかね。
汎用カード複数枚持ってる上に裏表で8つずつ書かれてるのでその把握だけでも大変。

自分の作ったの読み上げるのに笑っちゃってダメだわー。
まぁワイワイやるには良い大喜利。

結果不明:レン、あおや、etc...





おしまい。



IMG_6040
あおやさんオススメのカレー屋。ハニーチーズナン美味いがデカい!
有意義な話も出来たので良かった。

11/10 758ボードゲーム会@守山

758BGへ。最近出席率高し。



IMG_5423
「エイトビットボックス / 8bit BOX」 Frank Crittin, Grégoire Largey作

持参初プレー。コンセプトに惹かれて購入。
共通コンポーネントでコントローラー型のプロット盤やキューブがあり、複数のゲームが遊べる。

コントローラーはダイヤルが3つ付いていて、アルファベットABCDの選択、8方向の選択、数字0~9の選択ができる。

今回はその中のピクソイド。パックマン?知らないよ。

言ってしまえばプロット鬼ごっこ。
3人鬼で1人が逃げる。3人以下で遊ぶ時はダミープレイヤーを代わりばんこで。
移動方向と移動歩数を全員同時にプロットして公開。逃げる側が最初に動く。
捕まったら、逃げる側は逃げたターン数+拾ったキューブが得点。
鬼はストックに残ってるキューブが得点。

ただそれだけ。正直面白くはない。
正直そこらの同人以下のレベル。

まぁそんなの置いといて、テーマを楽しめばいい。
存在を楽しむゲーム。もうやらないだろう。

結果:レン 15、よし9 16、K&K 26〇



IMG_5424
同じく8bitボックスからアウトスピード。F-ZERO?なんのことだか。

2つか3つの選択肢から1つ選ぶバッティングゲー。
コースによっては人数制限があり、一定数以上選んでたら不発。
ガソリン使ってダッシュしたり、ガソリン補充したり、アイテム取ったり。
ガソリンなくなったら脱落、誰かが3枚目のボードに移動したラウンドで1枚目にいた人は脱落。

まぁこれも特にひねりのないバッティングゲーム。
見どころはほとんどない。

とりあえず3人で遊ぶゲームではなかったw。
人数多ければそれなりには楽しいと思う。
ただまぁ、これもテーマ命のゲームだね。同人レベル。

3人中2人ガス欠で死亡w。

結果:レン、よし9 〇、K&K


IMG_5425
「ズーロレットダイス / Zooloretto Würfelspiel」 Michael Schacht作

持参初プレー。

ダイス2個振って配置するか、どこか一か所引き取るか。
ちょっとひねってるのは1回引き取った荷車も使えるところか。
取ったら対応する動物にチェック。
基本1個1点で、最初にその動物埋めた人は左のチェックでボーナス点。
ただし、溢れたら下の厩舎にチェックしてマイナス2点。
コインは3つ、2つ、1つで1点になるのと、代わりに厩舎のマイナス点1つ消せるのと。

ルール終わり。シンプル。

ちょっとシンプル過ぎるな。
基本どれ取ってもいいのでジレンマ少ない。
逆に1回溢れたらあとどんだけその動物取ってもマイナス増えないのでかなり緩い。
まぁそれ考えて自分は取って良いが他人が取りたくないようにするんだろうが。

ちょっと数多くのロール&ライトゲーがある中でこれをやる利点が薄いよね。
紙が無駄にいい印刷。テカってる。

結果:レン 13、K&K 10、よし9 15〇





IMG_5426
「アゴラ / Agora」 Harald Lieske作

持参初プレー。すごろくやで2000円くらいだった。Spielworxxなのに。

5つ持ってるワーカーの弁論力をそれぞれ上げていく。
手番順に裏向きでアクションエリアに置いていき、エリアごとに公開して処理。
市場では資源が取れる。置く順番によって貰える量が変わる。
資源が足りない場合、弁論力合計の高い人から取る。
ただ、そこまで涸れることは少ない。1、2回はあったかな。
大学では資源1枚払って弁論力強化。
建築現場では資材払って得点。
交易所は資源を2:1か3:2で交換できるが、基本アド損なので誰も行かない。

裁判所では最も合計値高い人が検事になり、市場の商人を訴える。
全員のワーカーから各自2つがランダムに選ばれ、弁論力合計高いプレイヤーが裁判官になる。
裁判官が有罪か無罪かを好きに決める。
有罪なら、検事は1点、裁判官は1点と資源2枚獲得、またその商人の列に並んでたワーカーは弁論力1ダウン。
無罪なら、検事はマイナス1点、裁判官は資源1枚獲得。
ちょっと検事に旨味がなさすぎる。自分が裁判官にならないと無罪になってマイナス点くらうので弁論力上げてる人しか検事になろうとしない。
また、その場合、検事プレイヤーが並んでない商人選んでくるので他のプレイヤーの弁論力下がってデフレスパイラル。
当然だが弁論力ゲーだな。あまりに一方的な展開になりすぎる。

うーん、バランス悪い。さして面白くもない。
作者は納得、腫れたらいいねの人か。また晴れなかったよ。
あと一作、インカの秘宝遊んでないけど、ダメそうだよね。ニートさん持ってたな。

結果:レン 17、よし9 26〇、K&K 18





IMG_5427
再度8Bitボックスから、スタジアム。

4人or6人と限定的な。2チーム戦。
10個の種目を順に公開してこなしていくデカスロンそのまま。
各種目でメダルを獲得して得点を稼ぐ。

やることはその実、HPを消費する競りゲーチック。
順競りだったり、同時公開だったり、ダッチオークションだったり、バッティングだったり。
いくつか面白いのもあったが。

バスケはシュート打つかパス回すか。
守備側は対応する妨害を選ぶ。シュート防ぐならHP使用。撃たれなくても。
なのでどのタイミングでパスを回してどのタイミングでシュート撃つかの読み合い。
ただしパスはパスでインターセプトされる可能性もある。

最終協議はテコンドー。
攻撃する相手を選んで攻撃するか、防御するか。
防御したら攻撃してきた相手のHP減らすが、誰も来なかったら自分のHPが減る。
赤ずきんは眠らないみたいな。
テコンドーってこんな乱戦競技だっけw?

3つのゲームの中ではこれが一番楽しかったかな。
誰のHP減らして誰がしゃがんでとかチーム戦ならでは。
まぁとりあえず人数多くてワイワイできるのが良い。

てな感じで3つやったが、定価考えるとちょっと高く感じるな。
まぁ一本1500円くらいって考えればアドルングくらいだから有りか。

折角なのでこのシステム使ったコンベンションとかやるといいと思う。
昔ゲムマで共通コンポーネントでゲーム作ったらって話してたしね。

あとボザが作った格ゲーが出るらしいよ。

結果:レン&安藤&K&K 30〇、あおや&いぬあき&無謀 27






IMG_5428
「トレイン&ステーション / Train & Stations」 Eric M. Lang作

持参初プレー。ダイスで線路敷設。

手番では手持ちのダイス5個振る。
1金払えば任意数振り直せるが、ロックされた線路の目は振り直せない。
またロックされた線路が3つ出てしまうとマイナス2点。
建物の目は同じの3つ出れば好きな駅に対応する建物を建てる。
お金の目は2金獲得。
線路の目、ロックされた線路の目はボードに配置。
2つの都市間が埋まると決算で、その区間に置いてある人全員に繋がった都市数分得点。
また最も多く置いてる人はそれらの都市に描かれたボーナス獲得。カードだったり得点だったり。
んでそれらの都市に建物建ててる人は対応する資源カード獲得。
資源は最後種類ごとにマジョリティ取ってる人に得点。
資源1種涸れると上位資源が出てきて、以後代わりにそちらが取れる。
その際任意の資源2つ捨てて上位資源1枚取れるのはアクワイアチック。

まぁそんな感じ。
んー、なんというか惜しい。色々惜しい。
決算起きたらダイス回収するので線路敷いてる感薄いのとか、ダイス目のバランスとか、終了条件とかなんか色々惜しい。

もうちょっといじれば面白くなりそうな気もするんだが、ちょっと淡泊すぎる。

結果:レン 32、無謀 32、安藤 24、あおや 23、K&K 40〇





おしまい。


IMG_5429
終了後あおやさんたちと謎のアメリカーンな店へ。
油まみれのガーリックライスとチーズと目玉焼き乗ったハンバーグは大体想像通りのお味。
美味しいが、ハンバーグダブルは多かったな。

11/3 758BG@守山

さて、一週間以上連日遊びまくって体調悪くしたのは水曜くらい。
快復はしたんだけど、まだ引きずってるし、これ書いてる現在も完全ではない。

この日も体調悪くはなかったんだけど、流石に疲れと次の日きなボド!なのもあって省エネ運転。
遊んだゲームも少なめです。


IMG_5361
「スプリングメドウ / Spring Meadow」 Uwe Rosenberg作

初プレー。例の3部作。
個人的には1作目のコテージガーデンで嫌な思いしたのであまりそれから買う気もないんだけど。

今回は落ちモノパズル的な。実際には落ちモノではないが。
タイル取るのはコテージガーデンと同じく自分の列の4つから選ぶ。
ただしタイルの補充は決算が起きるまで行わない。

タイルには穴が開いていて、この穴同士を隣接さえて配置すると、隣接した穴の数ー1の石タイルが貰えて好きな場所に置ける。
またボード上には巣穴の絵が描かれていて、ここにタイルの穴を一致させると決算時にプラスになるが、タイル自体で覆ってしまうと、マーモットタイルで先の得点源になる穴を塞がないといけない。

手番で取れるタイルがないだったか1枚以下だったかで決算。
全員自分のボードが下から何列埋まってるか数えて10掛け。直近の埋まり切ってない列は埋まってるマス数を足す。
まぁ1列10マスなので、要は下側から埋まってるマス数なんだけど。
これに例のタイルの穴から見えてる巣穴の数も加算。
その数が一番多い人だけが得点タイル獲得。
得点取ったらタイルの穴から見える巣穴は塞ぐ。
最初に2点取ったら勝ち。

大きいタイルを取ってマスを埋めるか、穴を隣接させて取った石でマスを埋めるか。
当然両方狙いたいんだけど、1か所でも空白あったらその列までしか決算対象にならないのでバランスよくやっていかないといけない。
巣穴は避けて置いてもOKだが、タイルの穴を被せると得点取りやすくなる。
これが1回得点取ったら潰れるってのがどのタイミングで勝負に行くか悩ましくなってて良い。

うん、面白かった。
タイル取るシステムはコテージガーデンと一緒なのでダウンタイム怖かったが、面子がよかったのもある。
2作目は経験値ゲーだったけど今回は結構誰でも戦える感じでこっちの方が好き。
というわけで3部作では一番良いと思うよ。

結果:レン 1、尾関 1、みくろん 2〇、あやむ 1





IMG_5362
「ポテトマン / Potato Man」 Günter Burkhardt, Wolfgang A. Lehmann作

とりあえず。

マストノットフォローのトリテ。

得点の枯れ具合を鑑みた出し方とか、手番順と残りの色に応じた出し方とかできないと正直ゲームの面白みがなくなるので、そこを判断できる人と遊びたいね。

最終ラウンド開始時でみくろんさんと同点。
序盤で黄色で勝てたので、手札の偏りもあり早々にラウンド終わらすために手札染めに行く。
早々に出せなくしてラウンド終わらせて、結果1点差で勝利。良し。

結果:レン 28〇、みくろん 27、尾関 7、あやむ 19





IMG_5363
「トロワ / Troyes」 Sébastien Dujardin, Xavier Georges, Alain Orban作

久々に。
ルールは省略。検索してたも。

射手でキューブバラまくのは先にやられたので、白カードで黄色ダイスの出目をプラスして、影響点をお金にして、お金の力で人のダイス買って、黄色カードの得点取れるカードで稼ぐ。

あんまり上手くコンボできなかったけど、ギリギリ勝利。
お金超余ったけど誰もお金得点になるカード持ってないでやんの。
上家もお金稼いでたから持ってそうな気がしたんだけどなあl。

結果:レン 36〇、みとりで 34、こたろう 34



IMG_5364
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

豆布教中。

結果:レン 12、みとりで 13〇、こたろう 12、無謀 10、安藤 11





IMG_5365
みくろんさんとラーメン食べて終了。
にんにく入れた方が美味いラーメンは個人的に結構珍しい。

10/27 758BG@守山

758BGへ。一時期疎遠気味だったけど最近行く頻度がまた増えてきた。
土曜の会が減ったのか、クローズ会が減ったのか。
何にせよ遊ぶ人、席は募集中。



IMG_5296
「Geister & Gespenster」 Eugen Wyss作

持参初プレー。アドルング。

場に表になってる2枚のうち1枚取るか、山札トップ引くか。
カード裏には表の幽霊の色が1択か2択で描かれてるので参考に。
同じ色を3枚獲得したら得点化。
他のプレイヤーは同じ色のお化けので、背後に木の扉が描かれたのを持ってれば得点化。
背景にはあとカーテンと鉄格子があり、カーテンは取ると連続手番。
鉄格子は特になし。

どうせならカーテン取りたいので山引くか、他人が決算起こしても得点になる木の扉取るか、見えてる欲しい色を鉄格子でも取るか。

最後に獲得したカードを色ごとに比べて最も多くないと木の扉以外は逃げて消えるようだが、ルール解釈間違ってたな。
獲得したカードじゃなくて最後に前に残ったカードだと思った。
失礼をば。

となると木の扉の価値が上がるのと、その場当たりで美味しいのをではなく狙った色を取りたくなってゲーム性変わるのか?

とりあえずアドルングのルールは図もほとんどなくて非常に読みづらい。

まぁそのルールでの評価は、普通なゲーム。
悪くはないがこれといった特徴もなかった。

結果:レン、あおや 〇、よし9、ゆう、まっさん、無謀


IMG_5297
「ノスタルジア / Nostalgia」 高天原

持参初プレー。りんちゅさん作。トリテボックスのやつ。残ってたラス1か。

動物がスートのトリテ。
マストフォローだけど、一部特殊な珍種カードがある。

全員出したら、全員フォローしたらリードはその中から2枚獲得。
フォローしなかった人がいたら、その人のみが出された中から好きな1枚獲得。複数人可。

最初手札3枚なので誰も持ってない可能性も高い。
毎トリックごとに山から1枚引くのでどんどん手札は増える。
ただしリードをフォローした場合、リードがフォローされなかった場合は減ることになる。
んで同じ種類4つ集めれば得点化して1点、3枚捨てる。
全7種類の動物集めたら公開して3点。これ書いてないけど全部捨てるでいいんかな?

貴重マークの付いたカードはそのスートがリードされても出さなくて済む。
2枚以上そのスート持ってても意味がないが、1枚しか持ってない時にフォロー切れるので便利。
変種マークの付いたカードはいつでも出せるが、常にフォロー扱い。
数多く持ってるスートでこれを持ってると、他のを守れて便利。
取説だと珍種になってるけど、カードでは変種。どっちや。

うーん、なんだこれ、難しい。
基本子はボイドした時に余ってる色を出すくらいしかないので、リードの時に何出すかが悩みどころか。
全員持ってるスート出せれば得だが、貴重カードが入ってくると変わってくる。
実は記憶ゲームなのか?

うーん、変な感じ。正直よく分からん。
1点はしょぼいので基本3点狙うんだろう。ただ多くのスート持つとフォローの可能性が増える。
如何に貴重カードを集められるかなのか、引きゲーなのもある。

トリテとしての妙味はいまいちかな…。

結果:レン 4、ゆう坊 7〇、安藤 4、あおや 3



IMG_5299
「辛いだけでいいのか? /  Scharfe Schoten」 Arve D. Fühler作

久々にやるトリテ。2回目かな?買ったけど遊んでないや。

スキャンよろしく背面でスートが分かる。4種類。
自分の手札見て、どの色を一番多く取り、どの色を一番少なく取るかをビッド。
マストフォローで、スートの強さあり、スーパートランプがスートごとに1枚あり。
余ったカードは場に伏せて置いておき、序盤トリック取った人が1枚追加で貰える。

ビッドが当たると点数貰えて、更に両方ヒットしたら最多色と最少色の差分だけ得点。

3回両的中させ、1回片方だけだったが、負けた。くそぅ。

背面でスート分かる系トリテでは一番遊びやすいし面白い。
スキャンは基本ルールが運ゲーだからなぁ。他のルールやってないからやりたいけど。

結果:レン 48、ゆう坊 55〇、あおや 40、安藤 30





IMG_5300
「クルセイダーズ / Crusaders: Thy Will Be Done」 Seth Jaffee作

持参初プレー。キックしたやつ。

いわゆるマンカラアクションで、6マス。
トラヤヌスとは違って、マンカラの終着点でなく開始地点のアクションを置いてあるコマの数のパワーで打つ。
手番では1か所選んでアクションするか、マスを1つ裏返すか。
裏返すとアクションが2つになり、パワーを分割して両アクションできる。

基本はシンプルで移動アクションでコマ移動させて、十字軍アクションでマップに置かれたディスク倒して、建築アクションで建物建てる。
影響アクションで勝利点貰って、スカウトアクションで十字軍アクション強化。
もう1個は移動がもう1つ。

スカウトアクションや十字軍アクション、建築アクションするには指定された数のパワーが必要。
コマを集めてパワー上げるか、スカウトや建築をすることで個人ボードのアイコンを開放してアクション強化。
城建てればマップに騎士増やして移動を分割でき、修道院建てれば得点稼ぎやすくなり、商館建てればスカウト強化でき、神殿建てれば建築しやすくなる。
どこから建てるか、どこまで建てるか、悩ましい。

大体どのアクションやっても得点降って来て、特に十字軍アクションは倒したディスクのパワー分得点。
後半ほど大きくなるので稼ぎやすい。その分パワーいるのでスカウトして強化しないと。

あとは個別能力。
最初に2枚配って1枚選ぶ。
マンカラの種を増やすことで動きやすいキャラや、種は減るが撒くときに1つ飛ばせたり、2つ同時に撒けたり。
ピーキーなのだと通常12個ある種が6個しかないけど常にどのアクションも+1パワーとか。

今回使ったキャラは撒くときに1か所だけ2つ撒けるマン。
計画的にアクションしてれば強力だが、場当たり的な対応はできないので上級者向けかな。
上手く使えば強い。初回なのでそうはいかんが。

序盤は空きマスへの建築レース。中盤からディスク討伐に変わり、終盤までその流れ。
マス裏返して2アクション出来るようになると、移動+建築とか移動+十字軍とかできるようになるので、2手番かかってたのが1手番で済むので手番得。
ただし他人のアップデート具合も良く見ておかないと、とりあえず移動だけしておいて次で倒そうと思ってたのが奪われたりするので注意。

うん、面白い。なんというか超優等生。
キャラ能力が適度なアクセントになってて良い。
満足度高めながらインスト込90分で終わるのは魅力。
トラヤヌスは盛り盛りだからね。非常に正道。
シンプルながらマンカラの悩ましさとパラメータ開放考える楽しさが良い感じにマッチしてて良い。

いやぁ今回はマス強化するタイミングと順番完全にミスったね。

結果:レン 69、ゆう坊 86〇、よし9 72、あおや 73






IMG_5301
「グナーデンロス / Gnadenlos!」 Klaus Teuber作

持参初プレー。トイバー作。
かなり前に買ったけどようやく遊んだ。

お金と証書っていう2つの通貨があるのがポイント。

基本はカードにパラメータ3つ付いてて、1つ指定されて勝てそうなカードを出す。
1位だったらカード捨ててアクションなのでどのタイミングで高いの使うか。
イベントは3種類あり、お金取れるイベントは1位2位が貰えて、カード消費しないで少額稼げる2位が美味しめ。
決闘は最低値だった人もカード捨てる。勝つと証書が補充できる。
ギャンブルは勝つと得点トラックを進む。最下位は戻る。

手番プレイヤーの手持ちカードが3枚未満だと競りが始まる。
手持ちの証書を出して、順競り。アンダービッド可能だが同額は不可。
高い順に3人が並んだカードを獲得。
カード増やす手段はこれしかないのでどのタイミングで取りに行くか。

んでゲームの根幹になってるのは証書。
使った証書はボード脇に並べて、これが4列埋まったら決算が発生。
ダイス振って出た目の列の最も外側にある証書をめくって、その持ち主は書かれた金額を払う。
なので証書使いすぎるとお金払う確率が増える。
誰かが破産するか、1列掘りつくされてめくれなかったら決算終了。
このシステムがなかなか面白く、盛り上がる。
4出すにしても確率下げるために4のカード使うか、確率上がるけど払う金額減らうために2を2枚に分けるか、決算タイミングも変わってくるので重要。

いやぁ思った以上に面白かった。
唸る面白さではなく、笑える面白さ。
決算でサイコロ振るたびに誰かが悲鳴上げるのが楽しいw。それが誰か破産するか列が枯れるまで続くもんだからw。

運要素は強いので、運ゲーを楽しめる人向け。
途中まで自分の証書ほとんどめくられなくて、お金持ち。
途中から一気に取り立てられて厳しくなるも、一度も飛ばずに勝利。
最後場に残ったの見たら自分含めて2色しかなかったw。

結果:レン 〇、よし9、スギ、無謀



IMG_5302
「テラフォーミングマーズ / Terraforming Mars」 Jacob Fryxelius作

かなり久々。最近はもう飽きたので遊んでない。

今回が金星初プレー。
企業は産出上げるとその資源1つ貰えるマン。弱いと思ったが、案外使いやすかった。
上家から資源価値上げるカード回って来たからウハウハ。
気づけば建材産出8くらいになっててかなり楽。
収入上げるカードも色々来たのでお金楽だったわ。
最後建材余りまくった。ドローソースが少なかったのが残念。

久々にやったが、まぁ楽しいな。
こればっかりやってるのは飽きたのでたまにでいいや。
金星はまぁ可もなく不可もなく。

ずっとやってる人は好きだなぁと。気がしれん。

結果:レン 76〇、よし9 67、わか 46、とくたけ 62






IMG_5303
「ゴキブリキング/  Kakerlakenpoker Royal」 Jacques Zeimet作

初プレー。そういややってなかった。

蜘蛛がリストラされて7種類に。
ただし各絵柄に1枚ずつ王冠被ったロイヤルカードが。
そのカードはその絵柄としても扱うし、ロイヤルって宣言しても当たりになる。
あと特殊カード2枚あるけど、まぁどうでもいいや。

正直蛇足だね。妙味はほとんどない。
シンプルさが売りのゲームなのにいらんスパイス加えなくていいよ。

結果:レン、よし9、みくろん ×




おしまい。



IMG_5304
みくろんさんと大曾根うろついて餃子屋入ったけど微妙でした。
こんな飾りっけない醤油ラーメン久々に食べた。これはこれでいいが。

9/29 758BG@守山

758BGへ。
なんか台風来てた気がするけど気にしない。


IMG_5107
「コヨーテ / Coyote」 Spartaco Albertarelli作

久々に遊ぶ。

インディアンポーカー形式の合計値予想。

完勝しましたw。
いやぁみんな素直で読みやすいぜw。

結果:レン 2〇、あい 0、尾関 0、kazuki 0、あやむ 0





IMG_5108
「ふたつの街の物語 / Between Two Cities」 Matthew O'Malley, Morten Monrad, Pedersen Ben Rosset作

これも久々に。

タイルをハンドドラフトするが、隣のプレイヤーとの間に協力して街を作るのが特徴。
左右の街のうち得点低い方が自分の得点。

基本的に下家に任せて大丈夫なやつは任せる。
赤タイルのバッティングとか勿体ないしね。

結果:レン 56〇、尾関 52、無謀 53、あおや 50




IMG_5109
「倉庫の街 / Die Speicherstadt」 Stefan Feld作

1時間くらいで手軽なのをと。

行列並んで先頭から購入権来るけど、並んでる人数が値段だよと。

特定資源1金で売れるカード3枚取れたのでお金はたくさん。
ただ、注文カード1枚しか取れてなかったので得点が稼げず。
船は買いまくって、1隻1点になるカード取れたのはいいが、結果得点足りずに負け。
最後火事2回くらったの痛かったな。上手く調整されてしまった。

結果:レン 20、尾関 20、あやむ 25〇



IMG_5111
「テオティワカン シティオブゴッズ / Teotihuacan: City of Gods」 Daniele Tascini, Dávid Turczi作

持参初プレー。話題の新作。ツォルキン続編。

基本はロンデルで自分のダイスを1・2マス時計回りに動かして止まったマスでアクション。
上手く自分のダイスを集められるとアクション強くなる。
アクション撃つとダイス目が上がり、効果も強くなる。
ダイス目6になると昇天、1になりスタートマスに戻るがボーナスが貰える。
一時的にダイス目下がるのでアクションは弱くなるが、ボーナス狙いで行くも良し。

アクションは置いてあるダイスの色数+1だけカカオ取るか、置いてあるダイスの色数だけカカオ払ってメインアクションするか、置いたダイスをロックして礼拝アクション。
一旦ロックされてしまうと誰かに追い出されるか、手番パスして全開放するか、3カカオ払ってフリー開放するかしないと使えなくなるので計画的に。

基本の流れは資源取るアクションで資源得て、資源使って永続効果の技術取って、資源使ってピラミッド作ったり草食タイル置いたりで得点を稼ぐ。
また、それらのアクションに付随して、もしくは祈祷アクションで3つの神殿への信仰度を上げていく。
そこはツォルキンっぽいね。
ツォルキンと違うのが決算で得点入るのではなく、資源・得点・カカオに対応する神殿があり、上げる度に報酬が貰える。
それによって資源やカカオ得て手番を浮かしていきたい。

まぁ細かいルールはどっかググってね。

今回準備段階で並べた草食タイルが、1つも神殿上げるボーナス取れるものがなく、かなり停滞した。
ここ腐っちゃうと辛いな。特に対応する技術取って装飾狙いで行った人が死ぬ。
誰かが消費して補充しないと美味しいの出てこないし、その戦略やってる人がやらないと誰もやらないし。
結果出た美味しいタイルは次の人に取られたりで辛すぎる。
カカオ払ってでもフラッシュできるようにしておいて欲しかった。

後から気づいたが、初回プレーなのでいくつか間違いが。
カカオ貰うアクションの+1忘れてたり、ピラミッドの空白マスもアイコンの1つなの気づかなくて得点貰ってなかったり。
後者は説明書見ても例からしか読み取れないのが良くないね。

初回プレーなので初回オススメ配置で。
これだと技術がピラミッドと装飾に行くの前提だからその流れに沿うのが大事。
まぁメイン得点源だから技術なくてもやらないと得点稼げないんだけど。

自分は技術取るたびに得点貰える技術を取り、その後技術取りまくる戦略。
まぁ正攻法だな。この配置だと。
ピラミッド建てにはあまり参加せず、装飾タイル技術取って追加点込みの装飾タイルで得点稼ぐ。
途中カカオ使い切ってしまって、稼いで使っての繰り返しで辛かった。

いやぁ面白いな。期待通り。
ただ、ツォルキンと比べるとどうしても劣るな。化け物すぎた。
ちょっとバランス気になる箇所も多い。
前述のタイル腐りもあるし、マスクの弱さ、赤神殿の弱さとか。

これ書いてる現在4回くらい遊んでるけど未だ上級ルールで出来てない。
初期配置ランダムになったらちょっとは感覚変わるのかしら。

まぁもうしばらくは遊べそうだ。

結果:レン 154、川村 187〇、みとりで 64




IMG_5112
「満載 / Voll Verladen!」 Frank Stark作

持参初プレー。アドルング。

神経衰弱というかラックオーというか。

手番では1枚めくって取るか戻すか。昇順にしか取れないよ。
誰かが10枚取ったら終わりだよ。

連続する同色数字3枚取れればボーナスだよ。
広告のついたカード取れればボーナスだよ。

まぁなんて分かりやすい。

個人差なく最初はみんな小さい数字探し。どこで妥協するか。
あとは他人のめくったカード覚えながらいい数字探して。
ひたすら妥協するかいいの狙うのかの選択。

まぁ手軽で悪くはないな。運ゲーだけど。
なんかいいカードいっぱい引けたので勝ったよw。

結果:レン 27〇、みとりで 8、川村 7



おしまい。


IMG_5113
ラーメン食って帰りました。
台風はほとんど影響なかったな。


8/4 758ボードゲーム会@守山

758BGへ。



IMG_4715
「支離滅裂 / Krass Kariert」 Katja Stremmel作

ゲーム中写真忘れ。
まぁ安定安定。

結果:レン 2〇、あおや 1、安藤 1、みとりで 0



IMG_4716
「なにやってんの? / Was klotzt du?」 Inka Brand, Markus Brand作

持参初プレー。

親は色んな形の積み木使って、時間内にできるだけ多くのお題を伝える。
なお色付きのピースは一度使うともう使えない。
また、色付きのピースを1つ消費することでお題のジャンルを伝えることができる。
んで、答えた人と親に得点。得点は使用した色付きピースの数に応じて変わる。

積木ジェスチャーゲームとしては結構シンプルなんだが、お題がやけに難しい。
最初全然答えでなくて大丈夫かと心配した。
慣れてきたら少しずつ分かる問題出てきてよかったけど。
一応難易度低い面のお題にしたんだけどなぁ。ムズい。

写真のは葬儀屋だったかな。
人型大事なのでどれだけ温存できるかが肝な気がする。お題次第だけど。

結果:レン 13、あおや 17〇、いぬあき 11、安藤 12、みとりで 10、ゆず 9



IMG_4717
「メルカド / Mercado」 Rüdiger Dorn作

初プレー。

バッグビルド、といっても増減するのは使い切りワイルドの白とお邪魔の黒だけだが。
手番では自分のバッグからディスクを3枚引く。
引いたディスクは任意のタイルの自分の色側に置く。
プレイヤーによって置く場所が決まってるのはキーフラワーっぽい。
各タイルには必要な色が指定されており、それを全部置けたらそのタイルを獲得して、点数と効果。
その際2番目に多くディスク置いてた人には証文タイルが貰える。
証文タイルは自手番で使用すると追加でもう1枚引けるやつ。
使用したディスクはバッグには直接戻らず、自分のタイル上に置いておく。
手番で回収アクションをするとそれらをバッグに戻す。スパイスロード的な。
あとは得点トラック上にボーナスがあって、そこに入るとボーナス貰える。

そんな感じでそこまで目新しいルールはない感じ。
あ、得点トラックの始点を最初に決めて、そこから1周したらゴールってのは新しいかも。

基本先に置いた方が有利だからあまりかち合うことがなくて住み分けになるかな。
引いたディスクによっては置かざるを得ないこともあるが、補償の証文狙いでいっちょ噛みもあり。
人数多いともっと混雑するんだろうけど、今回3人だったのもあって緩め。

タイル効果で黒ディスク除外して圧縮したり、他人に黒ディスク送り込んだり。

IMG_4718
ただ、今回1度も回収アクションすることなくほぼ全部のディスク使い切っただけで勝ってしまった。
余った1つはワイルドだし。
展開早いのはいいんだけど、ちょっとバランス調整上手く行ってないんじゃないかなぁ。
最初にいくつか自分のタイル上に置いておいて、しゃがんで回収するようにしてもいいか。

3.0分くらいで終わるので手軽に遊ぶにはいいんだけど、もうちょっと回収して回す楽しみがないと圧縮にもあまり意味を見出せないかな。

正直このゲーム内容の割には値段が高すぎる。定価7000円越えだからな。
3500円くらいならまぁいいんじゃないのってなったんだが。

結果:レン 〇、タクト、REI


IMG_4719
「食べちゃうぞ / All you can eat」 Kevin G. Nunn作

初プレー。

全員同じ構成の手札持ってて、そこから1枚同時公開。
ハトとミミズが居たら、ハトがミミズを食べて、自分のカードの下に入れて得点に。
ただし、猫とハトが同時にいたら、猫がハトを食べて得点に。
その際先にミミズ食べてたらそのミミズも一緒に猫が獲得。
それがミミズ→ハト→猫→犬→ノミと続く。

間が途切れたりで何も食べられなかったカードは中央に残り、次のカード出すときに食べる対象になる。
どのカード出すのが美味しいかが分かりやすくて読み合いが熱くなる。

これは中々シンプルな読み合いで面白い。
対象が複数いる時は優先権カード持ってる人から時計回りで、1ディール中に優先権は動かないっての結構荒いが。
まぁ人数分ディールやれば平等だろうってデザイン。
この軽さならそれもいいだろう。

ミミズが場に多いからハトが来るだろうと猫を出す人が多い時に、自分だけ犬出して全部回収して美味しかったり。
まぁハトいなかったけどw。

これは面白かったので買いました。

結果:レン 68、タクト 77〇、REI 52、あてぃ 75


IMG_4720
「コスプレごきぶり / Party Bugs」 Martino Chiacchiera作

初プレー。

これも同時公開系だが、自分の山札から3枚手札でそこから1枚出す。
小さい数字を出した人から中央にある4枚のカードから1枚獲得。
全員が1枚ずつ取ったら、今出したカードが中央に並ぶ。
なお、13のカード出した人がいたら、その人が全部取る。
優先権は最初から動かないのはさっきと一緒。

できるだけ取ったカードの数字の合計を小さくするのが目的だが、
同じ数字を2枚取るとそれらは打ち消してゼロになる。
なので基本的には自分が既に持ってるカードを狙って取るゲーム。

相手が欲しがってるカードが見えてるので、勝負に来るかどうかが分かりやすい。
人の邪魔する余裕はないので、自分の利益優先で。
その点では先の食べちゃうぞよりは戦略的。
パーティーゲームとして楽しみたいなら食べちゃうぞの方がオススメ。

個人的にはこちらはあまり刺さらなかったので食べちゃうぞ派。

あてぃさんと並んで3点に抑えたけどタイブレイクで負け。

結果:レン、タクト、あてぃ 〇、REI


IMG_4721
「ブラス:ランカシャー / Brass: Lancashire」 Martin Wallace作

持参初プレー。
何気に遊んだことのないブラス、新版をキックしてようやく初プレー。

手番ではカード1枚プレーしてアクションを2回。
建物建てる、綿花の出荷、路線敷設、開発、借金。
建物建設以外はどのカードでも良いが、建物は都市カード出せばその都市に、建物カード出せば指定の種類の建物を自分の輸送網に建築する。
得点行動になるのはまずは建物。建てるだけではだめで何らかの手段で裏返す必要がある。
綿花工場と港は出荷アクション、炭鉱と鉄工所は対応する資源の消費と裏返す手段は異なる。
また路線を敷くと時代終了時その路線の両端にある都市の裏返った建物1つにつき1点。

建設には建物によって鉄か石炭が必要で、それらは港経由で海外から買うか、誰かの建てた鉄工所や炭鉱から買う。
鉄工場と炭鉱は建てると上に対応する資源が乗り、それを誰でも使用できる。
使い切ることで鉄工所も裏返るので使ってもらうのもWin-Win。

初手はどこでも建てられるが、次からは対応する都市カードがないと離れた場所には建てられない。
なので路線を敷いて自分の輸送網を伸ばし、その先で建物指定のカード使って建築する。
また、建築にも路線敷設にもお金が必要。
毎ラウンド収入があり、収入を上げるには建物を建てて裏返す必要がある。
建物によって収入増加量も得点もコストも違うし、他の人の行動によって鉄や石炭の需要と供給も変わってくるので、周りを見た行動をしなければならない。
その点は経済ゲーム的な様相。

あとはワレス恒例の借金もある。
収入を1金下げるごとに10金借りれて、1アクションで30金まで。
返す必要のない借金だが、収入は1金上げるには2~3ポイントの増加が必要。
収入低いほど上がりやすく、高いほど上がりにくくなるのでどのタイミングで借金するかも重要。

山札枯れて手札使い切ったら運河時代が終わり、得点計算。
その後、運河路線は全て消え、レベル1の建物もすべて消える。
レベル2以上を早めに建てておけば両時代使えて美味しいが、下のレベルから順にしか建てられない。
その為に下のレベルの建物を立てずに捨てる開発アクションがあるが、レベル低いほど収入増加多い傾向にあるので、捨ててしまうかも悩ましい。

後半の鉄道時代では路線建築にも石炭が必要になるので、需要が前半と変わるのも面白い。
綿花工場と港を裏返すためのにらみあいはゲーム中常にあり、インタラクションが熱い。

今回自分は鉄工所戦略。
鉄工場は建てられる場所が少ないので多く抑えて独占を狙う。
すると他のプレイヤーが載った鉄を使ってくれて、手間をかけずに裏返して収入を上げられる。
鉄道時代に入ると手軽に得点得られる路線敷設が熱くなる。
あとは得点の高い造船所を建てる。
建てられる場所が極端に少ないが、開発必須のアクションなので、周りとの兼ね合い。
今回建てられるのが自分しかいなかったので楽だった。コスト高いけど。

結果は1位。
いやぁ面白い。流石の名作。
複数ある建築ルートのどれを主体にするか、手札を無駄にしないためにどのカードをどの順で使ってどのカードを最後に残すか、手番順得るために使用するお金を減らしてしゃがむタイミング、借金するタイミング、考えることは多く濃厚。
それでもインスト込み3時間くらいで充実感の割には時間もかからない。
かといってガチガチではなく手札運もあるし、失敗したからって脱落するようなこともない。
これは非常にいいゲーム。名作。
何度も遊んで色んな戦略を試したくなるね。

結果:レン 152〇、みとりで 118、REI 112、あてぃ 101



IMG_4723
「アリババ / Ali Baba」 Alex Randolph作

持参初プレー。
サイコロ振って移動ポイント分まで動かす。
必要なポイントは最初のマスは1ポイント、次は2ポイント、3、3、2、1と折り返し。
自色コマは大きさが3つあり、それぞれが三竦みになってる。
小は中に勝ち、中は大に勝ち、大は小に勝つ。
それぞれ止まった地点に勝てる相手のコマが居ればそれをスタートに戻してもう1手番。

いやぁ予想ついてたけど、4人でやると終わらないw。
進んでは戻し進んでは戻しの繰り返しで、大分手番経ても結局は1つ2つのコマが数歩進んだだけ。
サイコロ振って、その出目で戻せるコマを探すだけになるので作業感も強い。

うーん、これはあかんなw。
3つともゴールしないと勝てないので時間も無駄にかかる。
ゴールするほど選択肢減って連続手番できにくくなるのはいいんだけど。

まぁ古いゲームだなぁと。
ちなみにこれ小箱版だけど、大箱版も持ってる。

結果:レン〇、みとりで、REI、あてぃ



終わり。


IMG_4724
この日はあおやさんたちとオススメのラーメン屋へ。
スープ、麺の種類、具を組み合わせて選べる変わった店。
内装とかもかなり独特で面白い。
ラーメンは美味しかったんだが、周りのチャーシューが薬品っぽい味がして正直美味しくなかった。
角煮は美味しかったので次回はそっちだけにしよう。


おしまい。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ