ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:きなボド!

6/2 きなボド!ゲーマーズ@北名古屋

きなボド!ゲーマーズ。




IMG_7061
「スタッカビディ /  Stack-A-Biddi」 Grzegorz Rejchtman作

持参初プレー。ウボンゴ作者。
定価高くてスルーしてたのが安くなってたので買う。

線がつながるようにパーツを積む。
高さは最初7段から始まり、最後には全部のパーツを使う。
パーツは自分の色がたくさんと4つの色違いパーツ。
ラウンド毎に4つのダイス振って、ダイスの出目に対応する段にはその色のパーツを積まなければならない。
ゾロ目出た時は振った人がどちらかを選ぶ。高さより高い目が出たらその色は使わない。

線の位置がパーツにより、面により、上下により異なるので、上手くバランスが取れるものを探す。
色違いパーツは小さいので特にその上下はバランスを考えないと。
色違いパーツには顔が描いてある面があり、これを正しい向きで使えてるとボーナス点。
ただし最初に積み終わった人のみなので急がないと。

誰かがストップかけたら、その人は高さ分の得点と顔によるボーナス点。
他の人は現在の高さ分の得点。当然線がズレてたりしたらその下まで。

なるほどバランス要素のあるパズル。悪くない。
パーツの質も良くて好感が持てるね。
顔に固執せずに、無理そうな配置は早々に諦めて積める面で積んだ方が良さそうかな。

自分向きに積んでるので、隣の人に確認してもらうときにちょっと大変w。
悪くはないが定番になる面白さはないかな…。

結果:レン 42、北村 34、きっと 58〇、おず 49

スタッカ・ビディ (STACK A BIDDI)
ブロードウェイ・トイズ(Broadway Toys)
2018-05-26





IMG_7064
「世界の七不思議 / 7 Wonders」 Antoine Bauza作

久々に。
タクトさんが未プレーだったかな。

最上さんからギザ渡されて拒否ってランダムで引いたらギザだったw。

まぁ今更書くこともないよ。
安定、定番、神ゲー。

緑カットマン。辛い。

結果:レン 50、みくろん 50、デック 55〇、タクト 55、最上さん 39






IMG_7067
「ナインタイルパニック / Nine Tiles Panic」 Jean-Claude Pellin & Jens Merkl作

初プレー。オインク新作。
ナインタイルの続編。

前作よろしく3×3のタイルを裏表含め並び替えて揃える。
道を揃えてくのはターボタクシーにも似てる。
今回は固定のお題はなく、3つの得点条件が公開される。
『道の数が多い人』『女の子の数が多い人』『エージェントの前方方向にいるモンスターの数』など。
完成したら優先度タイルを取る。

ナインタイルの発展としてはなるほどねといった感想。
固定の正解がない分、単に揃えるのは簡単だが、条件満たそうと欲張ると完成すら難しい。
難易度は上がってるのでやはり発展形としての立ち位置で。
コンポーネント増えてるのはちょっと残念感。シンプルさが良かったのに。
増えすぎてオインク箱が正四角柱w。ふくろと金貨よりは薄いか。

ところで黄色が見づらすぎるんですが、これ配色ミスじゃないかな。

結果:レン 26、マイクル 26〇、きっと 21、技の一号 11






IMG_7070
「ツインイット!ゲーマーズエディション / Twin it! French Cannes festival edition」 Nathalie Saunier, Rémi Saunier, Thomas Vuarchex作

適当にインストしたら適当すぎてルール違ってたし終了条件ガン無視だった。
ごめんねごめんねーw。

ツインイットのボードゲーム絵バージョン。
まさか日本語版が一般流通するとは思わなんだ。
せいぜいゲムマ限定で出すくらいかと…。
というわけで輸入したフランス語版がいくつか余ってるので誰か1500円くらいでいかが?

置いといて。

ボードゲームテーマのアートワークはいいよね。
結構マニアックなゲームもあって何のゲームか考え合ってるのも楽しい。
たまに唸るような抽象化があって良い感じ。

結果不明






IMG_7072
「プラネットメーカー / Planet」 Urtis Šulinskas作

初プレー。ちょっと気になってたやつ。
立体パーツにマグネットの面を貼っていく。

場にはラウンド毎の決算カードが並ぶ。
『砂漠に隣り合ってない最大の海』とか『氷河タイルが最も多い人』とか。

ラウンドの処理は簡単。人数+1枚並べたタイルを手番順に1枚取っていくだけ。
全員が配置したら決算カードの条件判定して、当てはまる人が獲得。
同点の場合は消えるんだっけな。

これ繰り返したら終わり。
最後に各プレイヤー隠匿で持ってるこの地形のタイル多く取ると得点のカードをオープンして得点。

なるほどシンプルで良い。
決算カードは全部見えてるので、どれを重視するかが悩ましい。
隣り合う地形に制限があるので、折角地形大きくしてカード取れてもその先のカード複数枚取れなくなったら意味がない。
ある程度は先を見越して配置しないと。

マグネットタイルはあまり見ないコンポーネントね。劣化が怖いがまぁ大丈夫か。
最初は決算カードのアイコン把握するのがちょっと大変かも。種類は多くないが。

結果:レン 20〇、ナカイ 8、技の一号 15、マイクル 14






IMG_7074
「ジニー / Jinni] Haim Shafir作

持参初プレー。
ヤフオクで1000円くらいで落としたけど、その後ツイッターで某氏がイスラエルからわざわざ購入してたようで、結構レアなようだ。
なお、箱と取説はヘブライ語で書かれてて読めませんw。

ゲームはいたってシンプルなトリテ。
マストフォローで、赤が1失点スート、各数字の9も3失点。赤の9は5失点だったかな。
それ以外に得点はない。超シンプル。

面白いかと言われると、くっそ普通w。

普通にハーツやればいいのではないかな。
ブレイクとかないのはシンプル。

結果:レン 19〇、yuji 20、ナカイ 30、オゼキ 24



IMG_7075
「ルドフィール / Ludoviel」 Friedemann Friese, Thorsten Gimmler, Martina Hellmich, Hartmut Kommerell, Andrea Meyer作

NEZさんが興味持ってくれたので布教。

恒例のLudingoからのLudostyle。

気に入ってくれたようで良かった。
タクトさんも巻き込んだよw。

ようやく名古屋でもルドフィールが遊べるようになってきたけど、以前ほどの知識がないんだよね…。
自分も衰えたもんだ…。

結果不明




IMG_7076
「パール / Pearls」 Christian Fiore, Knut Happel作

シンプルさが非常に良い。
生点狙うか枚数点狙うかに絞ったジレンマが分かりやすい。
テンポ超早くてストレスフリー。

結果:レン 51〇、タクト 47、ナカイ 42、立花 34






IMG_7078
「クリプティド / Cryptid」 Hal Duncan, Ruth Veevers作

こちらも最近のオススメ枠。
ナカイさんとマイクルさんが興味持ってたので。

特にマイクルさんはかなり琴線に触れたようで。
英語版買って良かった。日本語読めない方なので原文のヒントブックが活躍したよ。
余程面白かったらしく、その後もっかい遊んでたけど小学生にはちょっと難しいと思うよw。
というわけで途中から交代して入りましたw。

マイクルさん、ゲームに興奮すると英語の独り言が増えるので分かりやすいw。

結果:レン 〇、ナカイ、マイクル、立花、たけ






IMG_7079
「パシャ / Pasha」 Stefan Dorra作

以前3人で遊んでちょっとイマイチだったので。
再戦したくて何度か持ち込んでたけど立てれてなかった。

ダイス5個振って、3回まで振り直して役を作る。
5カード、4カード、フルハウス、3カード、2ペア、1ペアと分かりやすい役。
同じ役なら数字高い方が強いってのも普通。

ゲーム最大の特徴は得点システム。
各自自分のデッキから3枚カード引き、手番開始時にそこから1枚を出す。
ラウンドが終わったら出されたカードの中から役が強い順に高い数字を獲得して点数化。
ただしマイナス1のカードだけは最下位が全部引き取る。
自信があるなら高い数字出して高得点狙う、他の状況見て抜けそうにないなら自分がマイナス点にならなさそうなカードを出す。
あまり全員が自信満々に高い数字出しちゃうと、後手は1ペアだけで高い得点取れちゃったり。

なかなかそこが独創的。ドラだなぁ。
やはりこのシステムは人数多い方が良いね。

ランダムに美味しい出目が出来てそれ狙うか高い目狙うかとか、
特に持ってるマイナス点全部捨てれるタイルは弱者救済に良い。
出目操作や振り直しができるキューブもアクセント。

結果:レン 20、たけ 22、ナカイ 32〇、きっと 25




IMG_7080
「アクシオ / AXIO」 Reiner Knizia作

持参初プレー。
ちょっと前に出た頭脳絶好調のリメイク。

タイルが六角形から四角形に。
これによって相乗りはかなりしにくくなった。
取れる時に取るの大事。
なお、黄色はリストラされて5色にw。

あとはピラミッドの追加。
配置によって1マスの空きマスが出来たらそこにピラミッドを配置。
隣接する四方の色に1点ずつ入る。

基本次の人がピラミッド置けないように配置をしていくゲームになった。
特に序盤はその睨み合いが顕著。
中盤になると次の人に点取らせてでも自分が伸ばしたい色が出てきて、流れが変わる。
後半ではピラミッド置ける状況でも伸びてない色伸ばした方が良いことも多くなる。
中々不思議な流れを生んでて面白い。

頭脳絶好調は六角形タイルで、大体どう置いてもエリアが膨らんでいく感じでどこで相乗りするかのゲームだったけど、正方形になったのですぐにエリアが埋まるので優先して取らないと辛い状況が増えた。
この感覚は結構異なってて、同じ感覚で遊ぶと結構凹むこともありそう。

タイルは頭脳絶好調新版と同じく紙製なのでややしょぼい。
でもまぁこれが駿河屋で3000円切ってるんだから買っておいて損はないタイトル。

結果:レン 13、きっと 13、ナカイ 14〇、ねくろん 12

Axio
Reiner Knizia
Pegasus Spiele GmbH
2017-11-01





IMG_7081
「ワードスナイパー・イマジン」 小川昌洋 作

初プレー。

ワードスナイパーの続編。
お題はなんかふわっとしたのとか増えて想像力というか大喜利感w。
あと狙った感じでエロよりになりそうなお題とかw。『すぐ固くなるもの』とかねw。
ひらがなの新カードは蛇足だと思うな。『が』『ん』『ば』『れ』のカードとか。
『ん』とか、ンジャメナとかンゴロンゴロとかしか使えないじゃないか!

結果:レン 〇、ねくろん、きっと、ナカイ






IMG_7083
終了後は一人でお寿司。
大トロが100円セールだったもので。


5/6 きなボド!ゲーマーズ@北名古屋

GW最後はきなボド!ゲーマーズ。
おかげさまでほぼボドゲして過ごせました。



IMG_6892
「パール / Pearls」 Christian Fiore, Knut Happel作

持参初プレー。
メモの評価良かったので購入。

場に6枚並んだ中から同色を全部取る。手札上限10枚。
もしくは手札から同色を任意枚数出して得点化。
場に4~9の得点カードが並んでおり、最初にその枚数出した人がそれを持って行く。
なので自身は0点だが好きな色として使えるワイルドカードは枚数稼ぎに重要。
得点カードか山札涸れたら一周して終わりで、残った手札はマイナス点。

かなりシンプルで分かりやすい。
点数低いが枚数多いのを取って得点カード狙うか、パールカード自身の得点が高いのを集めるか。
終盤は得点カードか山札涸れるタイミングを読んで、その前に手札使い切るようにしたい。
誰がトリガー引くかの睨み合い。大体得点カードがなくなる。

なるほど、良き。

結果:レン 46、こばやし 35、きっと 41、うみ 47〇


IMG_6893
「クリプティド / Cryptid」 Hal Duncan, Ruth Veevers作

最近のお気に入り。

ちゃんと推理した感があるし、それでいて手軽。
分かったって感じる瞬間が対戦相手の人数分だけあるのもいいねw。

1回目はカトケンさんがクマとピューマ勘違いしててノーコンテストだったかなw。

結果:レン 〇、カトケン、タイゴ






IMG_6898
「パトリツィア / Patrizier」 Michael Schacht作

中量級名作枠。

まぁ語ることもないね。

カード出して対応する都市にコマ置いて、規定の個数置かれたら2つの塔でマジョリティ争い。
出したカードによって次に補充するカードも決まるのでどれから出すか、どれを握っておくか。

この頃のシャハトは輝いてたなー。

結果:レン 64〇、カトケン 39、タイゴ 41






IMG_6900
「ダイスフォージ / Dice Forge」 Régis Bonnessée作

めっきり自分じゃ持ち歩かなくなったけど。
きなボドではインストプレーするよ。

ダイス振って得たお金でダイスのフェイスを買ってダイスを組み替えていく。
赤と青の石でカード買って、それで得点や特殊効果。
ダイスをお金、赤、青、得点のどれに寄せていくか。

いいゲームやで。
拡張まだやってないんだよなー。

結果:レン 76、タイゴ 102〇、カトケン 92、きさらぎ 86

ダイスフォージ 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2017-05-25






IMG_6903
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

豆。
持ってるけど遊べてないって人がいたので。

常に布教中。

結果:レン 14、てん 13、hiko 16〇、すじ 40、六花 7






IMG_6907
「トレジャーハンター / Treasure Hunter」 Richard Garfield作

持参初プレー。ヨドバシで安売りしてたときに買ったけど遊べなかった。

手札ドラフトしてカードを取っていく。
場は3つのエリアと洞窟。
3つのエリアはそれぞれ対応する色のカードがあり、合計値が最大の人と最少の人が取れる得点タイルが並んでる。
マイナスのタイルもあるので取りたくない状況も。
洞窟は犬のカード集めて、ゴブリンを倒す。
倒せなかったら罰金で、倒した人はそのお金が貰える。
あとは生点のお金カードも。

とりあえず言えるのは、各色にある合計値2倍にするカード強すぎ。
明らかに強いので、初手にあったら取るし、初手になかったらその色の最大値は諦めた方が無難。
バランスブレイカーじゃね?

どの色に注力して、どの段階で犬取るかかな。
結構犬は少ないのですぐなくなる。他でそのマイナス点分取れれば無視もありだが。
戦力低いが罰金多いゴブリンが出てるときはその分だけは確保しておきたい。

まぁ悪くないんじゃないかな。2倍以外w。
ガーフィールドが作るゲームではないねw。

結果:レン 83、すじ 40、きっと 83、うみ 98〇、きさらぎ 62






IMG_6914
「キャッチミー / Catch me!」 HABA

久々に持参。
キッズゲームだが大人がガチでやって盛り上がるやつw。
ケンゴ君が好きだったなー。

ルールは2種類。

ダイス振って出た色のネズミを木製のカップで捕獲。
その色の人は捕まる前にヒモ引っ張って逃げる。他の人動いちゃだめよ。

もう1つは数字ダイス使って、特定の目が出るまで何度も振る。
その目が出たら全員同時に逃げる。カップ持つ人は誰捕まえてもいい。
こっちの方が盛り上がる。

いやぁいいねw。楽しい。






IMG_6916
「ミステリーエクスプレス / Mystery Express」 Antoine Bauza, Serge Laget作

持参初プレー。数年前にゲムマのホビージャパンくじで当てたやつ。

抜かれた人物、凶器、動機、犯行時間のカードを当てる系。
カードは時間以外は2枚ずつあり、ボードに伏せられてるのと各自の手札。
手番ではラウンドで指定されたアクションポイント使って複数のアクション。
全員に指定した種類のカード公開させたり、1枚ずつ右隣に回したり、場のカードと自分の手札交換したり。
各カード2枚ずつあるので同じカードを見てもそれが前に見たのと同じカードなのか別のカードなのかをはっきりさせないといけない。
一度見たカードは各自の前に裏向きに置かれるので、同じラウンド中に見てれば2枚目だと確定するが、ラウンドをまたぐと手札に戻って来てしまって同じなのか分からなくなる。

犯行時刻だけは特別で、各3枚ずつある上に配られない。
ゲーム中に3回それを特定するラウンドがあり、1枚ずつ場に出して上書きしていくリアルタイム記憶ゲームになるw。
描かれてるのはアナログ時計なので瞬時の判断が難しい。
短針だけ、長針だけにあたりを付けておいて、3回のチャンスで少しずつ特定していくのがいい。
今回それやってなくて1回目のチャンスほぼ無駄にしちゃったよ。

うーん、これは推理ゲーの中でもかなり難しい。
推理の難易度が高いというよりは、システムとしていまいちというか。
確定情報を得るチャンスが少ないのよね。
情報が累積していかない。ラウンド過ぎたらリセットされるようなもんで。
正直推理ゲーとしての面白さは低かった。
コンポーネントはかなり豪華で良いんだけどね。デイズオブワンダーだし。

結果:レン 2、まるだるま 2、ぬこ 3、すじ 3〇







おしまい。

4/30 未プレーゲーム会@北名古屋

この日は未プレーゲーム会。
一応きなボド!ゲーマーズ特例回と銘打ってますが、北名古屋市でやるってことくらいしか関連ない。
例によって主催業はしませんよ。お金もそこらへん置いとけの適当っぷり。



IMG_6827
「Luck of the Draw」 Don Scott作

持参初プレー。
タイトル直訳すると『引き運』。イディオムでは『運任せ』。
やばい予感しかしないよねw。

さてゲームはお絵かきゲー。
なんかお題指定されるのでその絵描いてね。
全員書き終わったら形容詞カードに一番一致してた絵選んで投票して得点だよ。

最大の特徴にして問題点はその形容詞カードが絵を描いた後に引かれることだ!
ぶっちゃけ何の指針もない。適当に描いとけ。何なら文字書いとけ。

出たお題「イルカ」とか「人形」とか。
形容詞は「子供っぽい」とか「いやらしい」とか。

そんな中出た形容詞カードで「朝食に一番砂糖を使ってそうな」ってのがあって笑うw。
どこのアンユージュアルサスペクツやねん。

まぁバカゲーの類だけど、瞬間風速はそれなりだった。
ルール読んだ時はヤバい予感しかしなかったけどw。

結果:レン 0、北村 2、しそ 1.5〇、すじ 0.5、おず 0.5






IMG_6828
「Wer hat's」 Hartmut Kommerell作

持参初プレー。アドルング。

山から1枚カード引いて、何を引いたかを宣言。
その後誰か1人指名して持ってるカードを当てれば1枚奪える。
要はオーサー系。
でもこのゲームの良い所は2枚でペアになって得点になるのと、持ってないカードでも宣言できるところ。
するとどうなるかというと、回転が速くなってどのカードが残っててどのカードが得点化されたかが分からなくなるw。
各カード4枚ずつくらいあるんだったかな。
なのでさっきペアに使ったのがまた出てきて、まだあったっけなーって混乱する。

カードのありかは他の人の宣言で判明するので、視覚じゃなく聴覚情報で入ってくるのも特徴かもね。
まぁ移動してくからどこ行ったかは視覚でも分かるんだけど。

なかなか面白かった。
序盤はどうしても消化試合だけどね。

結果:レン 〇、北村、青井しそ、すじ、おず





IMG_6829
「アルカトラズスケープゴート / Alcatraz: The Scapegoat」 Rafał Cywicki, Krzysztof Cywicki, Krzysztof Hanusz作

持参初プレー。
駿河屋で安かったので最近購入。

このゲーム存在自体はボドゲ始めた初期から知っていて、というのもよく行ってたナスカに置いてあって気になってたからだけど。
7年越しくらいのプレーになりました。
2011年のゲームだから当時としてはまだ新しかったのな。

ゲームは協力ゲーム。
囚人の皆で協力して脱獄に必要なパラメータを集めて、脱獄する。
だがしかし、脱獄の際には誰か1人を置き去りにしなければならない。
なので皆必死に自分が置いて行かれないように、脱獄に不可欠なパラメータを自分だけ得ようと頑張る。

システムとしてはアクションポイント使って、移動と場所アクションを繰り返す。
必要な道具を拾って、達成カードのある場所で消費することで達成してパラメータを得る。
特に人がまだ持ってないパラメータを優先的に。
あと毎ターン看守コマが増えていって、増えすぎると全員負ける。

また毎ラウンド、このラウンドのスケープゴートを決める。相談でw。
スケープゴートはデメリットとしてパラメータの取得ができない。
パラメータ集めるゲームとしては致命傷だが、メリットとして追加のアクションポイントとスケープゴート専用のアクションカードが使える。
まぁどちらかといえばデメリットの方が大きいんだが、基本勝ってる人に押し付けるものなのでw。

んで特定のタイミングで、1人以外でパラメータ揃ってたらその人置いて残りの人が脱獄して勝利。

今回中々独自のパラメータ取れず、このまま置いて行かれる予感がひしひしと。
道具集めて次達成できるって状況でスケープゴートにされて取れなくなったり。
そんな中何とか終盤にパラメータを獲得。気づけばその段階でしそさん以外でパラメータ揃ってて、しそさん置いて脱獄して終了w。
うーん、酷いゲームだw。笑える間柄でやれば楽しいよ。

結果:レン 〇、ぬこ 〇、タイゴ 〇、青井しそ ×






IMG_6830
「27番目の乗客 /  27th Passenger: A Hunt On Rails」 Christos Giannakoulas, Manolis Zachariadis作

持参初プレー。
以前バネストに入った時に気になってたが、値段の折り合いがつかず。
駿河屋に安く入ってたので購入。

さて推理ゲーム。
各自人物カードを持っていて、3種類ずつある3つの特徴が書かれてる。
ちょっと珍しいのが、他人のカード当てたらその人は脱落の脱落式。
3×3×3=27で、最後の1枚=自分のカードってことね。

メインシステムは4つあるアクションカードのどれを出すか。
基本1から順に解決するが、バッティングしたら各自持ってる優先度カードを見る。
1は人に質問できるが、4のカード出してるとそれをキャンセルして聞き返せたり。
あとはボード上に駅によって決められた数の人物カードが置かれていき、ラウンドが過ぎると右にずれていき、3ラウンドすると右から追い出されたカードが全員に公開される。
3ラウンド待てば全員が手に入る情報だが、それを先に見れるアクションもある。
序盤でやっても弱いけど終盤には強力。それ理解できず序盤に撃ちまくっちゃったけどw。

質問は3つの特徴3種類、27枚の中から任意の3枚を渡して、合致したを返してもらう。
変装カードを使うと当たってる「外見」カードの代わりにそれを返せる。
これを使うのが中々難しくて、例えば外見カードが1枚しか渡ってきてないのに変装カード使ってもバレバレ。
2枚以上同じ種類の特徴カードが渡された時に効果を発揮する。

人物カードが公開されていくことで選択肢減っていって消去法にできるのは良い。
他人のカードが分かったら当てるアクション。
当たれば脱落させて、外せばお約束の自分が脱落。
一応当てた報酬もあるよ。

脱落式はどうしても早期に脱落しちゃう人がいると暇になるね。
いつでも殺せる相手をどのタイミングで殺すか。他人にヒントにもなっちゃうしね。

推理ゲームとしてはまぁ悪くないんだが、どうもテンポが悪い。
特に質問のとき、27枚あるカードからどれを渡すか、毎回考えないといけない。
ここが推理の要だから適当に渡すわけにもいかないし。序盤以外は。
同種3枚渡せば確実に1つは判明するが、防御されやすい。
バラバラに渡せば確率次第だがヒントは少なめ。そういのも考えないと。

うーん、これならスルースとかやってれば十分かなぁ。
色んな種類の推理ゲーにチャレンジしたい人はやればいい。
雰囲気はいいしね。

4人中残り2人まで残ったが、しそさんに当てられて負け。
2択くらいには絞れてたのにな…。

結果:レン、ぬこ、タイゴ、青井しそ 〇





IMG_6831
「ブランケンブルクの建築士たち / Builders of Blankenburg」 Peter Schultz作

持参初プレー。

建物建てて、客呼んでお金を稼ぐ。

最大の特徴として、やってくる客が毎ラウンド1枚公開されて場に並んでいく。
全12ラウンドくらいだったかな。最終的には12枚並ぶ。消えない。
各カードには優先的に泊まりたい建物の種類が3つ書いてあり、上位の建物が空いてればそこに泊まって持ち主にお金が入る。
なのでその需要を考えながら建てる建物を選ぶ、といっても建物2枚引いて1枚残しなのでまともに選べないけど。
一応手持ちの捨てれば追加で引けるけど、それでも1枚しか取れないからアド損だしね。

このゲーム、お金稼ぐ手段がかなり限定されてて、9割くらいは客から貰う宿賃。
なので折角建てても誰も来ないと、正直死ぬw。
毎ラウンド資源1種は取れるが、2種類目からは買わないといけない。
資源売却するとそのラウンドは買えないし。しゃがむのが痛い。

一応固定客以外にも流れの客が毎ラウンド1枚山から引いて出てくるので、それによって客の入りが変わるが、大差ないわな。
さっきまで3金稼げてた建物が、より優先度高い建物建てられて閑古鳥ってのが起きるのが面白いところ。
あとイベントカードも毎ラウンド1枚引かれて、それによって建物壊れたりして酷いw。

んであとは建物建てた点数と、終了時に各建物エリアごとにマジョリティがあったり。

まぁ悪くはないゲームなんだが、流れによってどうしようもならないときがあるな。
あとカードの視認性がとても悪い。必要な資源がカード下部に色付き長方形で描いてあるんだが枠がないので背景との区別が辛い。
特に黒資源、背景大体黒っぽいからかなり紛れる。建てようとしたら黒も必要だったってのがややあるw。

なーんかいまいち流行らない感じのゲームだった。
BGG評価高いけどキックスターター発のゲームはレート当てにしちゃいかんな。
アートワークは良い。

結果:レン 21、yoshida 24〇、安藤 16






IMG_6832
「テンプス / Tempus」 Martin Wallace作

持参初プレー。これも駿河屋で安かったので。
ワレスの文明発展ゲーだけど2時間で終わるよ。

5つのアクションから1つ選んで実行。
移動、増員、戦闘、カード引く、都市建てる。
増員すると自分のディスクがある平原のマスにディスクを追加。
それを移動させて他の土地に進出していく。

特徴として、毎ラウンド誰か1人だけ文明が進む。
その判定は指定された種類の土地に置いてるディスクの数で、またカードの背景も土地に対応していて対応するカード出すことでプラスできる。
文明の段階によってそれぞれのアクション数や上限などが決まっていて、最初は同じマスにディスク2枚までしか積めないのが段々上がって行ったり、アクション数増えたり。
次のラウンド終わったら全員が同じ段階まで進んだ後に、次の進歩判定をするので1ラウンドの差なんだけど、アクション数とかは結構大きい。
自分だけ海移動ができるラウンドがあったりとか。

中盤以降は人の持ってる土地を奪うために戦争も起こる。
戦争は自分のディスクあるマスから隣の誰かのディスクあるマスを指定、ディスク数と周囲のマスのディスク数が基本戦闘力で、それに加えて戦闘地の地形と一致するカード出すとプラス。
攻撃側からカード出して、防御側が出す。
まぁよくある感じだけど、地形一致必要なのが悩ましい所。
どこでも使えるカードもあるけどね。

カードには特殊効果もあるので、引きに行くタイミングや、どのカード残しておくか、効果と背景の両方から判断が必要。

なるほど面白いな。そして確かに二時間文明発展。
アクションも至極シンプルで分かりやすい。普通に面白かった。
シヴドンとかに比べると個体差とか出ないけど人が殴ってくる場所も分かりやすいし、遊びやすい。
まぁ文明発展というよりは陣取りとしての側面が強いと思おう。
どうしてもワレスの陣取りというと身構えちゃうけど、かなり遊びやすかった。

結果:レン 16、温玉 18、yoshida 19、おず 19〇






IMG_6833
「カラーフォーム /  Col-Or-Form」 Jürgen P. Grunau, Wolfgang Kramer, Hans Raggan作

持参初プレー。アドルング。
クラマーとグラナウだったか。つかブロエックスの3人。

パターン認識ゲー。リアルタイム。
手持ちのシンボルカードを場に重ねて、配置カードを満たすように。
配置カードにはシンボルが描かれているが、描かれたシンボルに対して色か形のどちらかが一致していればいい。
手持ちのシンボルカードを出して場を上書きして、達成できれば得点。

早い者勝ちだけど、遅くても結構なんとかなる。
あと配置カードの難易度が結構差があって、簡単なの来ると強いw。

まぁこういうパターン認識ゲー好きなら良いと思うよ。
トリオビジョンマスターとか。

結果:レン 9〇、温玉 8、おず 8





終了。
いやぁ積みゲー消化が捗って非常に助かりますなぁ。



IMG_6834
久々に肉。
じゃんじゃん亭初めて行ったが、ここは厚切り牛タンが美味いな。

4/7 きなボド!ゲーマーズ@北名古屋

2週連続となったきなボド!ゲーマーズ。
この日は例年のるどふぃ~るで桜祭りに出るために会場開けて主催者は不在にw。

太陽皇子さんやあーちゃさんに手伝って頂いてボードゲーム体験ブースを出しました。
その様子はるどふぃ~るのブログの方で(未更新)。


さて戻って運営しながら少し遊ぶよ。



IMG_6591
「マニキ / Maniki」 Dominique Ehrhard作

ちょい古名作持参枠。tetuさん枠ともいうw。

手順系パズルなんだけど、その手順をマとかニとかの文字の組み合わせで宣言するのが特徴。
左側の下の動物を上に上げるのがマ、右側だとソ、それぞれのトップを交換はニとか。
思いついた答えを「マニソマロ!」とか宣言して合ってれば得点。

とにかくこの版は動物が可愛い。角ばってて。
リメイクのクレイジーサーカスだとでっかい木ゴマにシール貼っただけで寂しい。
あのデカさはあのデカさで特徴的ではあるんだけど。

エッセンで両方買ったのでクレイジーサーカスの方はタクトさんに里子に出しました。

これ系は得意です。ハイパーロボット然り。

結果:レン 〇、tetu、温玉


IMG_6592
「バンディード / Bandido」 Martin Nedergaard Andersen作

初プレー。
最近人気のヘルヴェティク。

協力して道を塞いでいく。
手番ではカード出して道を繋げていき、中央から伸びる道を全て塞げたら全員勝利。
ただし手持ちは3枚だか4枚だかなので出したくないの出さざるを得ない時も。
行き止まりカードは強いけど数が少ないのでどこで使うか。
例によって持ってるカードは言っちゃいけないが、ここは任せろくらいは言えるふわっとした感じ。
このふわっと感は苦手なんだけど、まぁこれくらい軽いゲームなら許せるかな。

如何に複数の道を1つにまとめていけるかが大事ね。

結果:成功:レン、tetu、温玉、ヨシダ



IMG_6601
「ガラパゴス /  Galapagos」 Björn Heismann作

持参品。リアルタイムアクション。
各自ダイスじゃらっと振って、1つ以上を使う順にボードに並べる。
最初に完成した人は砂時計返して、落ちきったら終わり。
ボード上にはカメチップがあってこれを集める。
自分のコマが今あるマスから、ダイスを使って隣接するダイス目に一致するマスに移動。
角のマスからは両隣の角のマスへ移動可能。

軽いゲームとして悪くないんだが、問題点上げるならダイス目死ぬと何もできないところw。
自分だけ1歩も動けなかったりするからね。辛い。
あと行動順が砂時計返した人から時計回りなので、後手は辛い。
上家が砂時計返してくれればそれなりに美味しい。ちょっと理不尽。
よくある終了順早取りトークンとかあればよかったのに。

まぁそんな感じですが、軽く楽しむには悪くない。
3手番くらいほとんど動けなくて死んだよ!つらみ!

結果:レン 4、エース 11〇、アサイー 7、オオイシ 11



IMG_6602
「バリ / Bali」 Uwe Rosenberg作

持参初プレー。

インドネシアの影絵劇ワヤン・クリをテーマにしたゲーム。
このワヤン・クリってのをクイズで覚えたんだが、まさかここで繋がるとはね。
操者はダランっていうのも覚えたよ。

さてゲームはカードをフォローできるかの出し合いなんだが、特徴として自分の手札が4つあり、どの手札を使うかはダランコマの位置によって決まること。
そして現在使ってない手札からカードを引いたり、置いたりできる。
変なゲームだ。

リードが手札からカード1種類何枚か出して、時計回りに同じカードを出せるかどうか。
基本は1枚出すとフォローしてアクションできるが、2枚出せればリードを奪える。
逆に言うと奪わない限りはリードが動かずに何回でもカードを出せる。

カードはアクションカードと移動カード。
アクションは手札リロードしたり、他の手札にカードを置いたり取ったり。
あと最大枚数出した人が島に置く2種類のチップの所有権を取れるアクション。
攻撃アクションは強力で、フォローできなかった人はリードが変わるまで脱落。
移動カードは島の名前が2つ書いてあって、選んだ島にダラン駒を移動。
移動すると手札が変わるのと、移動先の島にあるチップを自分が持ってたら得点タイルが貰える。
なので人に得点させないために、移動カードは同じ移動カード出すことでキャンセルできる。
このキャンセルをさせないため、またチップの所有権取るために、攻撃カードで相手を振るい落として、その後攻めるのが基本か。

かなり独自のプレイ感で、慣れるまで訳が分からない。
分かってくるとどのタイミングでチップの所有権取って移動狙うかが要になってきて面白い。
チップの所有権を片方が自分が得てる場合、誰かが移動させても自分も得点が貰える。
むしろこれを利用して残ってる相手が邪魔してこないタイミングを狙って移動をする感じ。

なかなか面白かったが、慣れるまで結構かかった。
もう何度か遊べば勘所分かって面白そうだが、こんな変なゲーム何度も遊んでくれる人がいるかどうかw。

結果:レン 22〇、ふぃっしゃー 20、tetu 13、かぶ 12



IMG_6603
「ブルータス / Brutus」 Frédéric Bizet, Michel Bussi作

持参初プレー。
駿河屋で買ったマイナーな大富豪系ゲームなんだが、丁度数日前にtwitterでプレイレポ見かけて驚いたね。

基本は大富豪で、前の人と同じ枚数でより大きい数字を出す。階段はなし。
1のカードは最大の13のカードにだけ勝てる。
自分以外パスしたら場は流れてまた自分から出せるんだが、流れる前に自分のカードに勝つカードを出せる。
何故かというと、場が流れたら勝ったカードに応じた特殊効果が使える。
強いのだと1枚誰かに押し付けたり、無論数字が大きいほど効果は弱め。
手札出し切った順に役職カードを取っていく勝ち抜け式。
ラウンド開始時にトップの人は0~3枚の交換したい枚数を宣言、全員その枚数裏向きで出して混ぜて、トップから順に好きなカードを取る。
手札交換があるところまで大富豪だ。
当然上位ほど欲しいカード取れるが、一概に数字大きいカードより自分が多く持ってるカードや逆に1枚で余らせてるカードを取れるのがいいね。

あと2位の人は次のラウンド手札見たうえで、同値出しができるかどうかを決めれる。
これやると次の人の手番がスキップされるw。
戦略的に意味あるのかは分からなかったけど、エンターテインメント性は増すねw。

ちなみに最下位だった人は奴隷になって、カードのシャッフルと配りをやらされるw。
いいルールだ。

安かったから期待してなかったけど、それなりに面白かった。
基本が大富豪だからね、まぁ安定してるよね。
数字のループとか特殊効果の細かい部分がいい調整で、かなり遊びやすかった。
ちなみに10人まで遊べる。今回は6人戦でした。

結果:レン 23〇、tetu 16、かぶ 18、みやびん 14、りょう 9、ふぃっしゃー 12



IMG_6607
「タップル / Tapple」 USAopoly

先日も遊んだやつだけど、帰って家でバラした時に失敗したようで、うまくボタンが下がらなくなっててうあー。

とりあえず外国人のマイクルさんと英語でゲーム遊べたのが嬉しかったね。




IMG_6608
「セカンドチャンス / Second Chance」 Uwe Rosenberg作

初プレー。
ちょっと気になってたパズルゲーだが予想の数倍シンプル。

カード2枚めくってどちらかを描いていく。
両方描けなかった場合、山札から1枚めくって描けるかどうかのセカンドチャンス。
それも描けなかったら脱落。
空きマスが少ない人が勝ち。

うーむ、シンプル。
正直ひねりがなさすぎるが、このライトさはこれはこれで魅力なので後日購入。
小学生くらいと遊ぶには良き。

結果:レン 19、きっと 7〇、おず 9、みやびん 9




おしまーい。


IMG_6613
スタバ!

3/31 きなボド!ゲーマーズ@北名古屋

2月は会場が取れなかったので、2か月ぶりのきなボド!ゲーマーズ。
こちらも月末になっちゃったからほぼ3か月振り。
ちなみに4月分は翌週でした。



IMG_6544
「ナンバーナイン / NMBR9」 Peter Wichmann作

久々に。
なんかいい感じに4段行けた。
3桁行ったのも久々だ。

結果:レン 115〇、よし9 52、きっと 78、ぴーきち 79






IMG_6548
「シールズ / Seals」 Frank Crittin, Grégoire Largey, Sébastien Pauchon作

詳細は昨日の記事見てね。

前回4人だったので今回3人でやってみた。
欲しいカードが残ってる可能性は上がるけど、まぁどっちもどっちだ。

お手軽ゲーとしては良い。

結果不明:レン、エース、誰だっけなー



IMG_6549
「洛陽の門にて / Vor den Toren von Loyang」 Uwe Rosenberg作

初プレー。機会のなかった洛陽。

このゲーム、個人的な思い出で、昔横浜のロロステで2800円くらいで売ってたのを買わなかったのをいつまでも後悔してる。

さてゲームは農作物育成が主。
1つ植えると畑全部に同じの増えて、1ラウンド1個回収のアレ。

互いにカードを4枚か5枚ずつ配るけどお互い取れるのは2枚だけ。
その取り方がかなり特殊で、先手から場に1枚を出す。
後手は自分も1枚出すか、場に出てる1枚と手札の1枚を取得する。それやると残りの手札は全て場に放出。
相手が欲しそうなのは手札に残して渡さないようにしたいが、最後まで残すと自分が取らないといけない。
なのでちょっと良いくらいのを相手が取ってくれるように仕向ける。変なの。

カードは畑、常連客、一見客、交換市場、助手。
基本は増やした野菜を常連客に売るが、2ラウンド売るのに失敗すると怒って罰金。
計画性大事。
畑に植えてない野菜や種になる野菜の取得方法は市場から買うか、交換市場で任意の野菜1つと交換するか。
ただし交換市場と助手を増やしすぎるとドローアクションで引けるカードが減る。

あとは得点システムも面白い。
毎ラウンド1点得るのに1金払う必要があり、もう1点得るためには今いる得点トラック上の数字分のお金を払う。
序盤は安いが、段々高くなる。いいね。

なるほど面白いな。アグリコラより余程農業してる。
このゲーム欠点が、手番はやりたいアクションをやりたいだけできるから、長考誘発ゲー。
みくろんさん曰く1人プレーがベストらしいw。次に2、4、3。
4人が3人より良いのは、向かい合ってる2人が同時に手番を行うという阿呆な解決案w。
まぁカード取ってからはほぼソロゲー出しな。

今回初プレーだったけど最終ラウンドで上手く売りぬいて得点カンストしたぜ!
まぁお互い借金1回してたからそのあと1点減ったけどw。

面白かったです。
くそーあの時買ってれば…。

結果:レン 19〇、みくろん 17






IMG_6550
「ボンベイ / Bombay」 Cyril Demaegd作

持参品。久々に。

象で資源運ぶピックアンドデリバー。
背中に資源載せるので同時に2つまでってのが分かりやすい。

手番では象を移動させるか、資源マスにいるときに資源買うか、塔にいるときに資源売るか、資源消費して建物建てるか。
資源の買値はラウンド開始時に袋から引いて供給量によって変わる。
売れる資源は塔ごとに3種類あり、売値が違う。誰かが売るとその色は一番安くなり他が上がる。
建物建てておくと誰かがそこ通るたびに銀行から1金貰えるよ。銀行からってのが優しい。

ルールほぼそれだけ。
あとは稼いだ額と、何種類の塔に売ったかの早取りセットコレクション。
安値で売っても人物タイルが貰えて、その数で最後マジョリティあるよ。

非常に分かりやすい。良いね。
人が多く通るところに建物建てるの優先するか、セットコレクションのために塔に売るのを優先するか。
早取りってのが効いてるね。
資源マスの配置と売れる資源は準備段階でランダムに決まるから、どこが熱くなるかを見極めたい。

ちょっと先手有利感かるけどね。良い場所に建物建てやすい。

今回ボード左側から攻めたら、右側が激戦区になって、あれよあれよと塔タイルが売り切れてあああああ。
諦めて左側で資源取って売ってを2種類の資源で繰り返して中値で稼ぐ。
まぁ勝てないよね。

結果:レン 16、キョウ 33〇、立花 26、すじ 26





IMG_6553
「ファインサンド / Feiner Sand」 Friedemann Friese作

初プレー。
ヒゲボドさん持参のフリーゼ新作。

世にも珍しいデッキ解体ゲー。フリーゼらしいわ。

全員が共通のデッキを持ち、最初は並びも共通。セッティングめんどいw。
パラメータが4つあり、ドロー枚数(前)、建築数、ドロー枚数(後)、持ち越し枚数。
ドロー枚数(前)分だけカードを引き、その後建築するか更にドローするか選択。
建築は手札から必要枚数をコストとして捨てるサンファン式。建築数上げると同時に複数建てれるがコストは必要。
ドロー選んだらドロー枚数(後)分だけ更に引けるが、ラウンド終了で持ち越せる枚数は持ち越し枚数のパラメータで決まるのでこっち上げておかないと捨てる羽目に。
建築することによってこれらのパラメータを上げていけるので、どれを上げるかが悩ましい。

また、手番に1枚を左隣のプレイヤーにパスできる。
コスト低くていらないカードを渡すか、コスト高くて今回使わなそうなのを渡すか。
渡したカードはすぐにデッキには入らず、全員が1枚以上パスした状況になったら捨て札へ。
場合によっては何枚も溜まってから降ってくる。

あと面白いのが手番はなくて全員同時にアクション。
ほぼソロゲーだからこその思い切った調整。スピーディで良い。

誰かがドローフェイズで捨て札リシャッフルしても引ききれなくなったら終了。
残りのデッキ枚数が少ない人が勝ち。

とりあえずドロー枚数(前)と持ち越し枚数は正義。
ドロー枚数(後)を上げるとしゃがんだラウンドのドロー枚数上がるので、高コストを狙うのに良い。持ち越し上げてないと意味ないが。
建築枚数は序盤はあまり意味がないが、後半はデッキが特に効果のないがコストの安いカードばかりになるので、ラストスパートをかけやすい。
早めに上げておいて、効果なしカードを出すことでデッキ圧縮するのも良い。
2コスト3コスト分になるカードのめぐりが良くなる。

なるほどこれは面白い。思わず2回連続で遊ぶほど。
どこのパラメータを重視するか、パターンは少ないが戦略的。
また、最近恒例のフルーツジュースシステムでカード入れ替えてくのもできるらしい。

これは日本語版出たら買おうかな。
エラッタ止めてよアークライト…。

結果1:レン 13、ヒゲボド 7〇、みやびん 11、中毒者 12
結果2:レン 12、ヒゲボド 10、みやびん 6〇、中毒者 14





おしまーい。

3/24 きなボド!ゲーマーズ@北名古屋

ゲーマーの参加が少なかったので、遊んだゲームは1つだけ。
こばやしさんありがとう。


IMG_6497
「ヤムヤムパンケーキ / Yummy Yummy Pancake」 Yohan Goh作

初プレー。

5種類くらいの絵柄があるパンケーキをいくつか引いてフライパンに並べる。
振る人以外それを覚えたら、1枚以上裏返るようにフライパン返し。
この時5枚以上裏返ってたらボーナスで1枚を得点化。
その後振った人以外に順番にパンケーキ1枚を指定して、何の絵柄だったかを質問。
当たれば当てた人の得点になり、外したら振った人の得点。

うむ、シンプルで分かりやすいキッズゲーム。
記憶ゲームにアクション絡めてきたのが面白いな。
フライパンはプラ製だけどちゃんと付属品です。いいね。

あとはずっとインストしてたかな。




おしまい。ベンベン。

2/24 きなボド!ゲーマーズ特例回「フェルト会」@北名古屋

久々に特例回。
通常回との違いは主催業せずに遊ぶことです。
初心者にはお勧めしないよ!



今回はフェルト会。
皆好きでしょ?

参加者は14名ほど。


IMG_6328
色々集まりました。
8割は持ってるんだけど、全部持ってくるのは重いので表明あったのはおまかせでw。
持ってないのはヨービックとアメリゴとストラスブールかな。

今回集まらなかったのはマカオ、ルナ、ブルゴーニュダイス、ローマ2、ドリブルフィーバー。
ローマは2持ってくるつもりが間違えて1持ってきちゃった。
ドリブルフィーバーは国内で持ってるの2人しか知らないので諦めてるw。
ルナは新版蹴ってるし、ブルゴーニュダイスはあんまりおもしろくないからいいやw。
マカオェ…10周年版はどうした…。



IMG_6329
「ストラスブール / Strasbourg」 Stefan Feld作

初プレー。
今回集まった中で唯一未プレー。

競りゲーなんだけど、面白いのはラウンドで使うお金を個人の山から好きな枚数引ける。
ただし、全体の枚数には限りがあるので、後のラウンドのこと考えて枚数残しておかないと。
んで引いたカードを複数の組に振り分けておいて、ラウンド中はその組ごとにしか使えない。
なので人の手元見ると総額は分からないが、枚数と、組の数つまり何回競りに参加してくるかが分かる。

各ラウンド9回の1巡競りがあるが、当然全部には参加できない。
多くはギルド競りで、1位は対応する色のマスにコマを置いて商品タイルを貰える、2位は商品タイルだけ貰える。
コマ置くのにはお金がいるので、売却用の競りで買って商品売ってお金にしないといけない。
まとめて売った方が効率よいが、1位しか売れないのでどこで売りに行くか。

また、競り負けた人は使ったうちの1枚を山札の下に戻せる。
完全に無駄にはならないが手損には変わりないのでどこで勝負に行くか。

あと特徴として、ゲーム開始時に達成条件カードが配られて、そこから1枚以上任意の枚数保持できる。
んでチケライよろしく達成すればプラス点だが、失敗したらマイナス点。
ゲーム中補充はできないのでどれを残すか悩ましい。

今回指定された建物の隣にコマ2つ以上置く条件残したら、その建物を外周マスに置かれて、無条件で1マス潰されたんですけどw。
結果1マスしか取れなくて失敗。ぐぬぬ…。
ボード四角に3つ置くのは達成したけどバレバレだったねw。

なるほど、フェルトで競りって珍しいけど中々面白かった。
どこで勝負かけるかのマネイジメントが難しいね。
重くはないけど上級者向けな気がする。

結果:レン 43、おーの 51、ニート 55〇、ショーゴ 32



IMG_6330
「リアルト橋 / Rialto」 Stefan Feld作

二度目のプレー。
ヴェネツィア舞台のゲーム多すぎてどれがどれだかw。

これも競りっちゃ競りか。

場に人数+1列、8枚ずつ並んだカードから1列を選んで取る。
カードによりアクションが変わるのでどれを重視するか。
全員取ったらボードに記された順にアクション。
指定されたカードを手番順に出していき、枚数に応じてアクション。
最も多く出した人にはボーナスがある。
ワイルドカードをどこで使うかも悩ましい。

手番順トラック進めて、お金得て、建物建てて、橋作る権利得て、ストックから駒補充して船置く権利得て、コマ配置。
それぞれ出した枚数分のコマやらお金得たり、そのレベルまでの建物建てたり。
建物は特殊効果があるが、発動にはお金が必要。
かなり強いので計画的な資金調達が必要。
橋と船の配置は1位だけだが、出した枚数分だけ得点になる。
コマ配置は現在のラウンドのエリアに配置。

最終的に各エリアでコマ最多の人に、そのエリアに隣接してる橋と船に描かれた数字の合計点が入る。
2位はその半分。
なので自分が勝てそうなエリアには得点高い橋を置きたい。
船は置いた場所に隣接するエリアにラウンド関係なしで1人送り込めるので強い。


そんな感じで、ヴェネツィアでカードセット選んで取ってアクションしてマジョリティってのはサンマルコに似てるよね。
まぁこちらはケーキ切り分けはしてないけど。特殊効果あるけど。

手札枚数増やす建物を安定発動できるかが大事。
今回最終ラウンドでお金切らしてしまって、辛かった。
とはいえ船の効果でエリア達成ボーナスとか取れてたし、マジョリティもほぼ1位2位に絡めてて勝利。

倉庫の街くらいの長さで面白い中量級なんだが、如何せん品薄なのがね。
ドイツで30ユーロくらいで買えたのは僥倖だった。

結果:レン 82〇、ショーゴ 68、オオヤ 74



IMG_6331
「ブルージュ /  Bruges」 Stefan Feld作

折角なのでフェルト好きのショーゴさんに遊んだことないゲームを選んでもらう。
リアルトもそうだけど。

久々にブルージュ。ニートさんの。
スリーブ入れたらホルダーにハマらなくなったようで、深めの皿入りw。

久々なのであまり覚えてないが、即時効果全部再発動が壊れ性能ってのは覚えてるw。
天文学者だっけか。
あとカード効果テレコになってるエラッタがあったのも…。どのカードか知らんが。

基本はいつものアレコレできるけどどれやろうのフェルト。
特徴としてはカードの色によって各アクションの対象(取る資源とか、水路置くマスとか)が変わり、カードは背景からでも色が分かって2つの山から選んで取るってところか。

あとはどのカードをどのアクションに使って必要な資源やお金、建物を入手して、災害対策して、水路作って人物効果使っての割り振り。
うん、いつものフェルトだ。悩ましい。

このゲーム、序盤にどれだけお金や資源ブーストできる効果取れるかが勝負だと思ってる。
今回そのどっちも全然来なくてかなり辛かった。
商人1人につき2金とか来ても商人全然来ないし…。
災害起きて人死ぬし、攻撃されて水路ぶっ飛ぶしw。

面白いんだけど引き運強いのよねー。

結果:レン 40、ショーゴ 44、オオヤ 47〇



IMG_6332
「ラムと名誉 / Um Ru(h)m und Ehre」 Stefan Feld作

持参品。これまた久々。

共通のコマを動かしながら、通った経路に自分のコマを置いていく。
ドーン歩きというかなんというか。

移動先のマスでアクション。
お金取ったり、2枚揃えると得点になる地図取ったり、残り手持ちコマ数で勝負して得点取ったり、他の人と合計が目標値超えたら負けのダイス振り合いしたり。
この何やっても得点になる感じはフェルトだね。
まぁ特殊効果とか得点ブーストもないのでその時その時で出来る効率良い手を撃つだけなんだけど。

任意のタイミングでラウンド抜けして、全員抜けたら手元に残したコマを使ってダイス勝負があるので、使い切るかいくつか残すかも悩ましい。

びっくりするくらい軽くて、個人的には結構好き。

結果:レン 90〇、ショーゴ 71、オオヤ 70




IMG_6333
「アメリゴ / Amerigo」 Stefan Feld作

ショーゴさん持参積みフェルト。
自分は2回目のプレー。もう5年以上前なのであまり覚えてないけど。

将軍のようなキューブタワーが特徴。
内部にキューブがひっかかるようになってる。

現在のフェイズの色のキューブをじゃらっと入れて、出てきたキューブのうちどれか1つの色に対応するアクションを、最も多く出た色のキューブの数のパワーで行う。

アクションは船進めて、島に入植して、開拓タイル取って、開拓タイル配置して、技術トラック進めて、手番順トラック進めて、戦力強化して、といつものあれやりたいこれやりたいなフェルト。
どのアクションができるかをキューブタワーっていうランダマイザで散らした感じ。

入植も開拓も早い者勝ちなのでインタラクションも十分。
戦力はプレイヤー間ではなく、ラウンド終了時に襲ってくる海賊を撃退。
失敗すると得点マイナスされるのはいつものフェルト。

久しぶりにやりたいなぁと思ってたので遊べてよかった。

欠点は箱の大きさ。
以前ゲムマで3000円で売ってたのを荷物量敵にスルーしたので、それ以上の値段では買えない呪いにかかってしまった…。

結果:レン 176、ショーゴ 178、オオヤ 188〇



おしまい。
ほぼ同じ面子で遊んでたな。
重ゲ会はしゃあない!



IMG_6334
終了後はポンチャン。



IMG_6335
分かりにくいが、一品一品の量がすごいよ。




いやぁ楽しかったな。またやりたい。


ガイア持ってくるの禁止な!

1/6 きなボド!ゲーマーズ@北名古屋

関東遠征から戻った翌日の主催会。
疲れてるけど頑張る!



IMG_5888
「ソクラテスラ」 azb.studio

持参初プレー。
帰ったら届いてたクラウドファンディング品。

基本はクリーチャーズで、3つのパーツ集めて、誰かに戦い挑んでお互いの出したカードで勝負。
負けたカードは捨て札に。受けた側が勝てば回収。
攻めた側が勝ったらまた他のプレイヤーに戦い挑んで、全員に買ったら殿堂入り。

まぁそんな感じでほぼクリーチャーズなんだけど、最大の特徴というかレゾンデートルは名前を組み合わせてキメラ偉人を作れるところだね。
一発ネタなんだけど、その一発のために買ってよいと思わせる出来だった。
上手く説明文もキメラになるのはやられたね。

写真も上手く肩の位置で合うように調整されてて良くできてる。権利は知らんがw。

まぁゲームとしての面白さは薄いよw。

エカチュリオン!

結果不明:レン、温玉、?



IMG_5894
「我流功夫極めロード」 アスタリスクラボ

初プレー。
そういや遊んでなかったやつ。

漢字のカードを組み合わせて中二っぽい必殺技を作る。
手番では場と1枚交換するか、山から1枚引くか、1点取るか。
規定回数ずつ手番やったら公開。
全員気に入ったのに投票して、選んでくれた人の数×文字数が得点。

まぁネタゲーとしてはルール作られてるけど、正直このテーマならそんな内容いらんなw。
選ばれたらあんたが偉い、で十分な気がする。

まぁ横暴編集長とか、それ系のノリ。
幽白とかサガフロとかテイルズ世代にはウケると思う。

結果:レン 22〇、伊藤 18、かっちゃん 16、タケ 17



IMG_5895
「アノコロの俺ら vol.3」 熊熊飯店

このバージョンは初プレー。
古いのは以前いえろーさんと遊んだね。その新作の00年代編。

基本はタイムラインなんだけど、場に並んだ数枚から1枚選んで、列の両端にしか置けないってのが違うところ。
この版は2000年代から2010年代の出来事。
アニメゲームもあればTV映画やらスポーツやらも。

ごにょごにょタイムラインよりは一般人も遊びやすいと思う。

2000年代は青春真っ盛りなんだが、2010年代は世間と乖離してるので辛い。

結果:レン 27〇、かっちゃん 22、サイプレス 21、タケ 22



IMG_5899
「ハイパーロボット / Ricochet Robots」 Alex Randolph作

インストプレーだけど、容赦なく快勝。
一応1問おきに休んだよw。




IMG_5901
「カルペ・ディエム / Carpe Diem」 Stefan Feld作

持参品。
未プレーのみくろんさんとドリラーさん誘ってプレー。

前回と同じく小さいエリアいっぱいつくる作戦。
引いた噴水カードがどれも弱くて難儀したけど、手番順トラック上手く進めていいカード選んで失点回避して、なんとか勝てた感じ。
他2人は生産して払ってたのでそれ系のカードが早々に埋まって、最後コインが大量に余ったw。

そういやまだ3人でしか遊べてないや。

結果:レン 90〇、みくろん 83、ドリラー 64



IMG_5902
「適当なカンケイ?」

やってみたかったボードゲームタイムラインのカード使って適当なカンケイ。

これが予想以上に難しかった。
知らんゲーム揃えようがないw。箱におっさんいるとか横長とかw。



IMG_5905
全員知ってそうなゲームだけ抜き出してやったら、今度それぞれ似すぎてて難しくなったw。
うーん、辛いw。

まぁ出オチってことで。

結果不明:レン、最上、温玉、おず、ナカイ、もちもち らへんだったかな。



IMG_5906
「トラベルブログ / Travel Blog」 Vlaada Chvátil作

持参品。久々に。

ヨーロッパマップとアメリカマップあるけどヨーロッパで。

ヨーロッパの地図覚えて、閉じて、カードをボードに並べる。
スタートの国から一番安く行けそうな国を早い者勝ちで選択。
国境1個超えるのに10金、ただり隣接してる国だと30金、既に誰かが選んでると+10金とかそんな感じで旅費を払う。
最初は1つ選ぶだけだが、ラウンドが進むにつれて1つ慶友して更に他に行ったり。

解答はマップ広げて最短距離を全員で探すのでめんどくさい。

カリーニングラードはきちんとロシアになってるよw。

結構面白いと思うんだけど、この前のゲムマで中古3つくらい見たw。
なおアメリカの州マップは場所の想像すらつかんな。

ナカイさん強そうだなと一緒に遊んだら案の定強い強いw。流石知識人。

結果:レン 270、ナカイ 360〇、もちもち 320、おず 280、ドリラー 310





いじょー。



IMG_5892
あ、かっちゃんさんにクイズ本貰ったよ。
アニメゲーム限定大会の問題集。



IMG_5893
今回問題提供してみたので名前載せて貰えました。
作問はまだまだレベルが足りんな。
難易度分からなくて難しすぎ言われたw。
ボドゲに関しては結構自重したんだけどなw。

12/22 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

今回大人だけの参加者がほとんどいなかったので忙しめ。
りょうさんにはかなりお世話になりました。

16時すぎから余裕できてきたのでちょっと遊ぶ。



IMG_5745
「ハピエストタウン」 佐藤敏樹 作

持参初プレー。
ダイス振らない街コロみたいな。

手番ではカードから収入得て、その後場のカードを1枚購入。
カード山はコスト別に3つに分かれていて、好きな山から3枚場にめくって1枚買える。
誰かが10枚取ったら最終ラウンドで、得点はカードに描かれた人口の合計と幸福度の合計の積。
あと宝石の煌きよろしく、指定のアイコンのカードを集めたら貰えるインフラカードも場に3枚出てる。

かなりシンプルな買い物ゲーム。
パラメータもお金と2種類の得点に限定して、場に並んだカードを好きな枚数捨ててコスト別の山から補充できる優しいルール。
こういうのが欲しかったのよね。街コロの前段階くらいの立ち位置。
ゲーム慣れした大人が遊ぶにはちょっと物足りないが、小さい子向けにはテーマも内容も良い。
ただ、得点は掛け算なので2年生以上。小さい子向けに足し算にしてインフラもなくすルールもあって良い。
んで2000円しないって来たもんだ。非の打ち所がないね。
まぁあえて言うなら先手有利ってとこかな。インフラ的に。

大人3人と小2の子ども1人で遊んで小2が勝利w。
その後自分抜けてまた3人で遊んで再度小2が勝ったようでw。
気に入ったらしくお年玉で買うとのこと。いいねぇ。

結果:レン、tetu、?父親、?息子 〇





IMG_5748
「フック! / Hook!」 Marco Teubner作

前回遊んだ時ルール間違えてたのでリベンジ。
全員のカードから早取りするのを自分のカード限定にしちゃってたので。

結果、当然こちらの方が盛り上がるな。
そして回復薬大事w。
取られないように急いで置いたら自分攻撃してたりで笑える。

今度は多人数でやってみたいな。すぐ死にそうだが。

結果:レン 26、tetu 29〇、りょう 脱落





IMG_5749
「ラストブレイブ / Last Brave」 カナイセイジ作

持参初プレー。
送料上がる前に最後に駿河屋で予約したやつ。

各自手札3枚持ってスタート。
手番では手札枚数多い人を攻撃。
1ダメージ受けたら手札1枚を場のスキルエリアに出すか、スキルエリアのカード1枚をダメージエリアに移動させるか。
カードが全てダメージエリアにある状態で更にダメージ受けたら負け。

ダメージ受けたら有利になるってシステムはデュエルマスターズとかにもあるね。
こちらでは手札が増えるではなく手札を出すためにダメージを受ける必要がある。
出したカードには効果が2つ描かれていて永続効果かタップして使う効果、裏返して使う効果がある。
裏返すとアンタップする効果も効かなくなるし、永続効果も使えなくなるが、その分強力。

基本は攻撃を防御したり反射したりでダメージ与えていく。
相手の効果は見えてるのでどの段階でそれらの防御や反射を消費させられるかが大事。
相手のカード裏返す効果で打ち消したりとか。

各自キャラカード裏に奥の手が描かれていて1回だけ使える。
攻撃力+1とかあれば防御反射もある。
この奥の手の反射がちょっと強すぎるな。
チーム戦の時は1人チームになる色だからいいが、個人戦の時は抜いた方が無難。

うーん、なんというか、ゲームの厚さの割には効果が多くてめんどくさい。
ゲーマー向けではないが、初心者や子供に教えるのもなぁと。
TCGやってる子どもにはウケると思うのでそこ向けかな。

結果:レン 〇、りょう、tetu

The Last Brave
ディライトワークス(DELiGHTWORKS)
2018-12-13




「トロール&ドラゴン / Troll & Dragon」 Alexandre Emerit作

写真忘れた。
以前太陽皇子さんに遊ばせてもらったバースト系ダイスゲーム。

ダイス5個振ってクリスタル出たら貰って、何度でも振り直せるが、トロール出たダイスは没収されて全部トロールになったら今回の報酬全没収。
その前に止めないといけない。
また、鍵とドアの目が揃った状態で止めるとチャンスタイム突入。
黄色ダイス2個振って、金塊の目出る度に金塊貰えるが、隣の人がドラゴンダイス2個振ってて両方ドラゴン出たらタイムアップ。
それまでに止めないとこちらも当然全没収。

こういう誰かがダイス振ってる間が制限時間のゲームが盛り上がらない訳ないよね。
フリッツ&ミーツとか。

やっぱりいいゲームだな。今度はファミリーに遊ばせようw。

結果:レン 59、tetu 70〇、りょう 59






IMG_5750
「スペースインベーダーダイスゲーム /  Space Invaders Dice!」 Daryl Andrews作

持参初プレー。米尼漁ってたら気になったので購入。

こちらもダイスゲーだが、サイコロ回してくだけのほぼソロプレー。
人数分買って同時にやったほうが良いよって書いてあるw。
一応振った中からピックしてくヴァリアントもあるけどね。

手番ではまずレーザーダイスを2つ振り、合計値の下端のマスに1つ置く。
また2つ振って1つ置き、最後は余った1つ振ってそのマスに置く。
その3つの列は今回使えなくなる。

次に射撃ダイスを振る。個数は8個から空白列2つにつき1個を引く。
最初は左端だけが空白なので8個振れるが、段々減っていくのは逆に新しい。
ダイス目は×か青緑ピンクそれぞれか青緑混合かトーチカ。
対応する色のインベーダーを倒せるが、下から倒せないってのはまぁ言わなくても分かるだろう。
トーチカはレーザーダイス1つを無視できる。
×は体力が減る。空白マスに×描く。
ダイスは何度でも振り直せるが×の目は振り直せない。明確に書いてないけどw

最上部のUFOは何色でもいいので射撃1回で倒せて、倒したらUFOダイス振って得点。
50点~300点があって幅が大きい。
複数人プレーだと誰かが倒した列のUFOは全員使えなくなるので他人に注意が必要。

終了条件書いてないんだけどw、誰かが体力なくなるか全部倒すかでいいんじゃないかな。
死ななかった人はボーナスあるし。

うーん、なんというか、ソロゲーだね。説明書もソロルール基準だし。
まぁいたって普通のロール&ライトかな。
レーザーダイスはほとんど存在意味がない。

ま、とりあえずテーマだけでね。
TM付いてるから一応正規品っぽいよ。多分。

結果:レン 1390〇、tetu 990、りょう 1280





IMG_5751
「ビッツ / BITS」 Reiner Knizia作

久々に。FITの姉妹作。あちらがテトリスならこちらはぷよぷよ。消えないけど。

基本システムはカルバとかテイクイットイージーとかの同じタイルを全員が使うシステム。
ただし初期タイルだけは全員バラバラのを1枚置いて開始。
タイルは2つの色が描かれていて、上から落としていく落ちモノパズル。

ラウンドごとに条件タイルが公開されて、その条件に応じた配置ができれば得点が入る。
2ラウンド目以降は前ラウンドの条件も有効ってのが面白いところ。

1ラウンド目は同色4つ繋いだ形。1種は2点で他のは1点。5つ以上はダメよ。
2ラウンド目は色指定の得点。この色で2マスや3マスの指定の形作れば2点。
3ラウンド目はマイナス点。孤立した1マスとか2マスとかができたらマイナス1点。
4ラウンド目は5マス6マス使った大きな形作れれば4点とか。
どれを重要視するかが面白い。
たまにこれらが被ることがあるので、その場合引き直した方が良い。
青の2マス作れば1点なのに2マス作ったらマイナス1天とか。

個人的には結構好き。テイクイットイージー系ではシンプルで分かりやすいし。
段々と条件増えてくのがやっぱりいいよね。4ラウンド飽きない。

結果:レン 29〇、tetu 25、りょう 14





IMG_5753
終了後tetuさんと気になってた浄心の台湾もつ鍋。中辛なんだが中々の唐辛子。

IMG_5756
塩台湾にしてアサリトッピング。美味い。
冬は鍋だねぇ。辛くなくてもいいよ。

12/2 きなボド!ゲーマーズ@北名古屋

きなボドで遊んだゲーム。
軽いのばかりですが。



IMG_5600
「NLT - No Later Than」 倦怠期

やはりこれはいいゲーム。
たった2ピースの立体パズルがこんなにも難しい。
ゲムマ大賞これでいいよ。他に同人やらないし。

タクトさんは向いてないらしいw。

結果:レン、みくろん 〇、タクト、すじ



IMG_5601
「スリーバイエイト / 3 x 8」 Christian Fiore, Knut Happel作

評判いいのでこの日よく遊ばれてた。

個人的にはそこまででもないかな。
今のところ何とでもなる展開しか経験してないし、全勝してるし。

ゲームの終わるスピード知ってる経験者が有利な感じ。
ブロックカードがそこまで有用でないのでトップ止めようにもなぁ。

結果:レン 〇、みくろん、タクト、すじ






IMG_5603
「テーブルカーリング / Table Curling」 Christian Vennerød作

ヨコイさんが持ってるのはボードがロールした1枚だが、tetuさん持参のこれは中央で折り曲げ。
表面は折り目はあるが1枚なので段差ないのは一緒。
ただし、箱がデカいw。

うちの古い国産のはパズルボードなので境目できちゃうのがな。

一応この版は初プレーってことで。
ルールは普通のカーリングです。記載なしw。
ただし用語集は付いてたw。

Amazonで安かったらしいけど、一時のカーリングブームで仕入れて余ったんだろうなw。







IMG_5609
「ゴモジン」 郡山 喜彦 作

持参初プレー。彼葉さん作。
ゲムマで買ったやつ。どうせすぐ流通するの分かってたけど。

お題に対して漢字二文字+カタカナ三文字でヒントを出して当てて貰う。

ちょっと工夫されてるのが、お題の発表順を自分で選択できるところ。
早く書けた人から好きな番号タイルを取り、1の人から発表。
お題が難しくて1番じゃ当たらないと思うならやや後ろを取って、ヒントを累積できる。
これはいいシステムね。

得点は当てた人はヒント1つ目なら30点、2つ目20点、以下10点。
当てて貰えた人は基本10点と、漢字二文字が熟語なら10点、カタカナ三文字がカタカナ言葉なら10点。

ちょっと期待してたが、思ったほどの盛り上がりはなかったな。
お題が簡単すぎるのと難しいのに二分されてる気がして、3人目で正解とかがあまり出なかった。
1人目で答え出るか、最後まで出ないが大半。問題運かなぁ。

個人的にクイズ勢で難しい言葉縛りでやりたい。
ルサンチマンとか、ニルアドミラリとか、ヰタセクサアリスとか、ペルソナノングラータとか。
ボブジテンの時も同じこと言ってた気がする。

ちなみにこのゲームは元々、マンモスの日本語版をヘムズが絶滅ダウトってダサい名前で出したのを揶揄って□□〇〇〇って名前で作ったやつ。
そのタイトルもパッケージに模様として描かれてるし、ゴモジンのロゴの中にも入ってるのは見事としか言えない。
今年のロゴ大賞。

あ、写真は終了後に撮影用に書いたやつ。
マンモスのお題出ないかなw。

結果:レン、タクト 〇、ニート、カトケン、デック







IMG_5610
再度NLT卓に乱入!

4人プレーしてたのに果たしてパーツをどこから調達したのか!
謎は深まるばかり!

そして三連答。酷いね。
結局勝ったが、しばらくはかかったよ。手は抜いてない。



IMG_5614
「オナガー / Onager」 Néstor Romeral Andrés作

持参初プレー。
ゲムマで買ってネスターにサイン貰ったやつ。
今思えば袋よりボードに書いてもらうべきだったな。

ぶっちゃけ買わなくてもYabalath&Co.に載ってるからヤバラスあれば遊べるんだけどね!
まぁ記念記念。

エパミノンダスにインスパイアされたらしく、相手側の端に到着するのが目的。
ただし、次の手番で相手にも到着されたら勝ちにはならない。
手番開始時に相手以上の数到着すること。

開始時に交互に障害物になる池コマを計3つ配置。

手番ではコマを1つ隣接マスに動かすか、間に遮蔽物のない直線状に並んだ2つのコマのうちの1つをもう1つのコマを起点に反対側の同じ距離のマスまでジャンプさせる。
奥側は障害物あっても飛び越えられる。
その際相手のコマのあるマスに着地すれば、そのまま再度ジャンプしても良い。
このジャンプでしか相手のコマに乗れないってのは新鮮だな。

重なったスタックは最上段のコマのみが動ける。
強いけども、動くと相手を解放してしまうので動けないって状況が多い。

これは面白いなぁ。
最奥目指すのはエパミノンダスと同じだが、カタパルトのシステムが面白い。
この等距離先までジャンプするのはどこかで似たのをやった記憶があるんだが、何のゲームだっけか。
上手く布石を打って、飛んだ先がまた他の自分のコマの直線状になるようにできると強いんだが、中々ヘクスの感覚もつかめない。
最初最奥には相手のコマが並んでるので、隙間に入っても横から隣接で飛ばれて押さえつけられる。
だがそれも無駄ではなく、相手の防御コマを減らしたと考えて、その後防御されなくなった位置を攻める。
言うは易しだが、実際そこまで考えるのは非常に難しい。

これは何度も遊びたくなるなぁ。面白い。

結果:レン、ニート 〇



IMG_5615
「スタック / Sutakku」 Curt Covert作

持参初プレー。ローマ字表記は誤字じゃないよ。
ダイスアブストラクトのStackとは別のゲーム。

グリードのような手番でどれだけ稼げるかのバーストゲーム。

手番ではダイス3個を振り、そのうち2個を配置。
配置はダイスを積んでいくが、直前の数字以上の数しか置けない。
置けない出目の場合、1個除外することで残り2個振り直せる。これ失敗したらバースト。
成功したら高さ×10点。
いくつかボーナスもあり、トップが5の状態で続けて成功したら50点、
トップが6の状態で成功したら100点。
サイコロ12個全部積んだら250点だったかな。無理無理。

無駄に和テーマで、サイコロも漢数字。
外人には読めないのでわざわざボードに対応する数字が書いてあるw。無駄w。

まぁ手軽なバーストゲーとしては悪くないけど、グリードに劣るなw。

結果:レン 142、ニート 202〇、おず 0、失念 182






IMG_5616
「ボードゲームタイムライン」

本日も。

これも誰とやったか忘れたけど、BGGランキングでやったら熟練ボードゲーマー3人が新人ゲーマーに負けたぜw。

表に作者名書いてあるので、裏向ければ作者当てゲームもできそうだな。


IMG_5619
「愚かなウシ / Blöde Kuh」 Florian Racky作

初プレー。
ラッキーさん作のカードゲームなのにラッキーシュピールじゃない!
あと夕陽のドライハーゼンがアミーゴサイズの小箱出したのもびっくり。

ゴーアウト系のゲーム。
手番では動物1種を1枚出すか2枚出すか。

1枚出すと効果発動。
羊は特になし、馬は全員左隣に1枚プレゼント、豚は左隣が1枚引く、牛は自分が1枚引く。
2枚出すとマイナス点カードを左隣のプレイヤーに押し付ける。
既に誰かが持ってる状態で同じ動物2枚出すとそれが現在の位置から左隣に移動する。
つまり上家が持ってるときに2枚出すと自分の所に来る。

誰かが手札無くしたら残った手札が多い二人にもマイナス点。
2枚出しのために抱えておきたいけど、減らさないとヤバいぞと。

おや、面白いぞ、どうしたラッキーw。
ラッキー氏最高傑作かもね!他全部未プレーなんだけどなw。

いいゲームでした。
あんまり人数多いと下家に取らせたのが1周しにくいので、4人くらいが丁度いいかもね。

結果:レン -13、ニート -12、オオヤ -9〇、すじ -32




IMG_5620
「コリドールキッズ / Quoridor Kid」 Mirko Marchesi作

持参初プレー。リサイクルショップで980円で拾ったやつ。
このギガミック版だと原題はキッズ付かないんだけどな。

ルールは普通のコリドールと一緒。
コマ進めるか壁置くか。最奥着いたら勝ち。
ただしマスが9x9から7x7になり、壁も各自10枚から8枚に。

まぁ戦略とかは一緒かな。言うほど遊んでないが。

相手側に九十九折り作られて負けた。
その前に壁置いてガードしなきゃダメだったな。

結果:レン、カトケン 〇






IMG_5621
「チャーリー / Charly」 Inon Kohn作

以前草場邸で遊んで面白かったので駿河屋で購入。
tetuさん好きそうだなぁと持参。

エサカード2枚公開し、各自1枚秘匿。
手番では山か捨て札トップから1枚引いて1枚捨てる、もしくはパーティー宣言。
パーティー宣言されたら他のプレイヤーは1手番ずつやって。
全員の秘匿エサカードを公開し場に並べる。
パーティー宣言したプレイヤーから動物カード1枚を対応するエサの横に置く。
動物カードには必要なエサとその数が描かれていて、対応するエサカードからその数が消費される。
これを繰り返してエサを消費していき、最終的に出せなかった動物1匹につき手元のハチミツコマを1つ払う。
ただし豚はワイルドで必ず2匹描かれている。どこにでも出せるが、最後に余ってしまったら1匹につきハチミツ2つ、つまり4つ払う必要があるので怖い。

誰かが手持ちのハチミツコマ無くしたら終了。残りが多い人が勝ち。

いやぁやっぱり面白いな。
他人の動向見ながら持ってるエサカードを予想して、場に少なそうなエサは自分も対応する動物を捨てていく。
ブラフもありで、あえて持ってるの捨てたり。まぁどこかで軌道修正しないと死ぬが。

途中場にエサが2種類しかないラウンドがあって辛かった。
周りが何持ってても対応できるように、広めの待ちにしてたのが逆効果。
8個くらい払う羽目にw。

隠れた名作。オススメです。
無駄にはちみつ入れるエサ箱が付いてる所為で箱が大きい。
それなければアミーゴサイズくらいになったんじゃないか説。

結果:レン -2、おず -1、tetu -5、温玉 3〇





IMG_5622
「おきらく旅行会社 / Easy Breezy Travel Agency」 J. Alex Kevern作

持参初プレー。みんな大好きダイスヘイトミーゲームズだよ!
ゲムマで500円で回収。

場はグリッドになってて、各目的地の運賃が示されている。
乗客カードはカードの色が目的地で、中央辺りに出発地が示されてる。あれ、逆か?
手番で場に並んだ5枚の乗客から2枚を取り、補充した際にその乗客の出発地の都市の運賃が上がる。

場のグリッドにある旅券カードに描かれた枚数の乗客カードを出すことでその旅券カードを獲得。
出した乗客1枚あたり現在の運賃が貰える。
ワイルドカードはどの色としても使えるが、運賃は貰えない数合わせ。

ちょっと面白いのは手札は4枚まででそれを超えた分は自分の前に並べて保持する。
並べたカードからも払って得点できるが、手番で再編成アクションを選択すると、手札を任意数自分の前に並べ、他人の前に並んだカードと2枚まで交換し、手札を4枚になるまで自分の前から手札に移動させることができる。
当然多く持つほど対応しやすく大量得点しやすいが、他人に奪われる可能性が増える。
なかなかよくできてる。

各目的地3枚ずつしか旅券がなく、1箇所補充できなくなると終わりなので終わりは早い。
溜めこんでたら終わらせられて、不良債権に…。読み違えたなぁ。

最後一番多く持ってる旅券の色と一番多く持ってる旅券の数字で点数が入るので、どちらかに特化できると強いかな。

4人だとあっという間すぎるので3人がいいかも。
2人だと相手のカード覚えるガチゲーになりそう。

中々悪くないゲームでした。

結果:レン 18、おず 41〇、tetu 26、温玉 29





IMG_5623
「ダイナー / Diner」 Matthew O'Malley作

こちらもダイスヘイトミー。持参初プレー。ゲムマ500円。

料理取って、注文取って、達成して点数。
よくある感じだが、システムが非常に個性的。

手番制ではなく、最初に全員にチップ1枚(スタPは2枚)配り、リアルタイムで1アクションしたらチップを左隣に渡す。
あえてゆっくりやって他を牽制するのもいいが、上家から回ってこないとやきもきする。

アクションは、3つの表向き山札のどれかからカードを取る、場に並んだ注文を取る、注文を達成するのどれか。
一応あと場の注文を捨てるがあるけど、腐った時用なので基本やらない。
ちなみに達成できなかった注文はマイナス点です。

いやぁとにかく忙しい。そして回ってこないw。
今回tetuさんがかなり疲れてたようで、処理能力が遅くてチップ溜まる溜まるw。
万全な状況で遊びましょうw。

いやぁすごいゲームだ。面白い。

結果:レン 23〇、おず 12、温玉 15、tetu 5






以上でおしまい。
結構遊んだな。



IMG_5626
終了後はtetuさんと私が最近お気に入りの浅間町の餃子屋福沢へ。
餃子2種、麻辣煮込み、角煮チャーハン、担々麺頼んで合計2000円くらい。
かなり腹も膨れて、味も良い。いい店だわぁ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ