ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:フレボド

2/6 フレボド@御器所

フレイさんのとこで髪切ってもらって、その後ボドゲ。



IMG_6108
「クリベッジ / Cribbage」 Sir John Suckling作

めっきり名古屋でも遊ぶ人がいなくなって、ここ2年くらいフレイさんと年に数回遊ぶだけになってしまった。
秋山さん居た頃は大会してたりもしたんだがな…。

なんかフレイさんに勝てないんだよなぁ。
まぁ4456とかやられたら勝てない。配り運。

結果:レン 112、フレイ 121〇


IMG_6109
「スパイト・アンド・マリス / Spite and Malice」

遊ぶのは二度目か。
スキップボーの元ネタ。

解説は割愛。

スキップボーに比べてキープ札の制限がキツイのと、ペア戦じゃないのでサポートもなくてどうにもならないときはどうにもならない。

1が出てくるまで相当作業ゲー。
こんなゲームだったっけなぁ。

やっぱスキップボーは相当改良されてるな。

途中終了:レン、フレイ



IMG_6110
「バルパライソ / Valparaíso」 Stefan Malz, Louis Malz作

持参初プレー。
ロココ作者の小クラマーじゃない方の2人の新作。
というかロココ共作だったか。忘れてた。

プロットゲー。
プロットしたカードを手番来たら左から使用。
使う順番変えたいときはお金払えば先のカード使える親切仕様。
あと5金払うと追加で1枚プロット可能。いつでも使える親切仕様。
更に各アクションカードにはアクションするか描かれた資源取るかの2択になってる親切仕様。
細かいやさしさが光るね!

基本的には資源稼いでそれで得点稼ぐ。
外海に出てアクションカード取ると得点になるうえに使えるアクションカードが増える。
また人を移動させて市場で交易やって資源稼いだり資源を得点化したり。
交易タイルは独特で、各市場の最下段のものが使えて、使ったタイルはボード左上のストック列の上側に移動、ストック列の最下段が新たに使った市場の上段に加わる。
中々独創的なシステムだが、5回発動しないと使えるようにならないのであまり計画的な運営はできない。
市場タイル3つくらいで良かった気がする。
市場アクション撃つと自分が人を置いてる市場全てで人数分アクションができるので、人を増やすアクションも有効。

なかなか硬派な造りだが、誰かが18点取ったら終了なので終わりは早い。
家建てると3点入ったりするからね。
ラウンド終了時に獲得したアクションカード1枚除外して得点化できるが、最後に残ってても得点になるので終了トリガー早めるだけの行為。

プロットゲーとしてはかなり無難な造りで悪くない。
ただ、いくつか気になるというかバランス取れてないと感じるところがある。

道中に家建てて通行料取れるようにできるが、道が3つに分かれてるので住み分けちゃってほとんど効果なかったり。
ある程度の枷にはなるんだが、迂回するお金の方が安いこともあって意味がない。
あとは建てれる家が1人5つしかないので、中央部でのマジョリティ争いが早々に終結して、収入とスタPが固定化されたり。
川移動できるカード強いなぁとか。

3人プレーだからの問題かもしれんが、4人プレーだとマップ広がって市場4つに分岐するので大差ないかな。
5人プレーがベストなのかもしれん。
ただし5番手が通路封鎖されて死ぬ可能性あるので、川移動カード取るのは必須だと思う。
人数多い方がプロットゲーの妙は出るかもしれない。

まぁ無難ってのが感想だな。
カード取ってくプレーで勝利。

結果:レン 25〇、フレイ 23、ゲルズ 23




おしまい。


IMG_6111
てっぺん回って開いてる一番舎は優秀。

12/13 フレボド@御器所

ニュートンとマグナストームを買ったので、遊びたいなぁと呟いてたらフレイさんからお誘い。



IMG_5688
「ニュートン / Newton」 Simone Luciani, Nestore Mangone作

持参初プレー。
マルコポーロのルチアーニとエキスポ1906のマンゴーネの共作。

手番では手札1枚使って、描かれたアクション。
自分の個人ボード上にある同じアイコン1つにつきアクションパワーが上がる。
また、カード上部には本棚アクションや終了時得点取るために必要な本や、特別な追加アクションが描かれている。
1ラウンド5枚使って、使った5枚のうち1枚をボード下部に差し込む。
するとそのカードは使えなくなるが、アイコンのみが残る。
どのアクションを強化するかは重要だし、計画的に手札増やさないと辛くなるのはモンバサっぽいね。

アクションは5種類。名前は覚えてないので適当に。

学者アイコンは手札増やす。パワー1~3の列があり、対応するパワー以下の列から取れる。
取ったカードは手札に来てすぐ使える。
お金払えば山札からカードめくれるのは運要素。
追加アクションを取るか、本を取るか。

道具アイコンはパワーの分だけお金トラックを進める。
進んだ分だけお金が貰えて、局所に止まるとボーナスのマスがある。

歯車アイコンはツリー状ボードの人を進める。
何本かの分かれ道があり、終着点が6つ。その途中に色々なボーナスがある。
終着点には人物カード出せるマスや終了時得点などが。
5金払うとスタート地点に人を追加。
どのボーナスを取るか、どの終着点を狙うかが悩ましい。
アクションパワー増やすタイルやお金や薬の定期収入タイルなどが取れるので、便利。

コンパスアイコンは旅。マルコポーロ的な。
止まった場所のボーナス貰って、キューブを置ける。
止まった場所しか置けず7個目以降は得点つき。マルコポーロやね。
大学と古代の地にキューブ置くと本棚アクションの条件達成。

んで本棚。個人ボード上のパワーに応じた段に本タイルを置ける。
ただし条件があり、対応する大学や古代の地にキューブ置いてることや、対応する色の本がこのラウンド使用済みのアクションカード上に描かれていること。
アクションする順番も大事。
薬タイルを1つ払うと必要な本1つを無視、3つ払うと必要条件無視。
本タイル3枚置くごとにボーナスもある。

また、開始時から1枚ワイルドカードも持ってる。
使用時には好きなアイコンに出来るが、以後のアクションからは参照されないので、基本的には最後のアクションで撃つのが良い。

んで得点源は本棚の定期収入と終了時得点。
本棚は区切られた横ライン縦ラインごとに埋めるとラウンド終了時ごとに得点が入る。
全部埋めるだけの余裕もタイルもないので、主に左半分狙うか右半分狙うかで分かれるかな。
上手く埋めればラウンドごとに20点とか稼げる。

終了時得点はお金トラックの最後や歯車トラックの最後、旅トラック上にある。
よくあるゲーム終了時に達成した項目について得点。
ただし入るためにはどれも描かれた本が必要。狙ってカードを取っていきたい。

あとはロレンツォよろしく人物カード。
開始時に4枚配って、上級ではドラフト。
これも各トラック上の対応するアイコンのマスに入るか、本タイル9枚置くかで1枚出せる。
ロレンツォと違ってカードごとに必要な条件はない。
即時ボーナスで何か貰えたり、本が描かれてて本棚アクションや終了時得点マス入るときに参照できたり。
また、カードに得点も付いてる。

さてこんなとこかな。これを全6ラウンド。

結論から言うと、本棚必須。切り捨てるとまず勝てない。
上手くやれば4ラウンド目から20点くらいになって、合計70点くらい稼げる。
他の終了時得点や人物カードで得点取っても同じくらいにはなるが、本棚だと達成した5ラウンド目以降をそちらの得点狙いに行けるので当然得点は上がる。
まずはこれを全員で共有できないと勝負にならないんじゃないかな。
パルサー2849でパルサー取らないと勝てないよくらい。

まぁただ本棚埋めるには旅アクションで大学と古代の地を上手く取るか薬タイルを計画的に取って、必要な本が描かれたカード取る必要があるので、計画性重要。
まぁ本がいるのは終了時得点も一緒か。

このゲーム問題なのが他に同等の得点ルートがないんだよね。
本棚+αのαを何で稼ぐかのゲームになってる。
終了時得点狙うか、人物カード狙うか、旅でコマ置ききるか、など。
それも本棚進めてればカードの本アイコンは増えてるはずだし、旅で大学や古代の地回ってるはずだしで、結局本棚に全てが収束してる。

つまりはどのルートから本棚に繋げるかがこのゲームの焦点。
旅を放棄して大学などを薬で補う、本アイコン放棄して薬で補う(これは終了時得点も取れなくなるので弱い気がする)、お金トラック放棄して他を手広く進める(お金が辛い)など。
それを、どのルートに特化するかと勘違いして、本棚を捨てるルートの選択肢に入れてしまうとまず勝てなくなる。
それならそう書いといてくれって感じ。デザインが美しくない。

また、各アクションが全く別のことを行って、それを本棚で参照するっていう継ぎ合わせ感というかキメラ感。
各アクション上で書いたように2、3行で説明できてしまうので深みがない。
浅く狭いルートをどの程度の割合で掘っていくかのゲームで達成感がない。

個人的にはうーんって感じ。
カードの運用システムとかは面白いんだけど、点数周りの調整がなんだかなぁ。

今回は自分は本棚重視、最上さんは本棚適度に終了時得点重視、フレイさんは本棚やらずに人物カードやアクションカード運用重視でやったが、まぁ勝つよね…。
一応圧勝ではなくて最上さんもそれなりになってたが、こっちプレミで終了時得点取りっぱぐれてるから上手くやれば100点超えたはずだし。

やはりうーん、な感じ。
旅を適度に本棚達成だけして、お金トラック捨てて、本アイコンのカード取って、歯車トラックで定期収入とアクション強化取りながら終了時得点狙うってルートが一番強いんじゃないかな。

そんな感じで、評価は低めです。
カウンシルオブフォーとどっこいどっこい。
要素的にはこっちの方が好きなんだが、完成度的に。

結果:レン 88〇、最上 72、フレイ 58





終わり。

10/11 フレボド@御器所

フレボドしましょうと誘われて。



IMG_5171
「テオティワカン シティオブゴッズ / Teotihuacan: City of Gods」 Daniele Tascini, Dávid Turczi作

今回も初期セットアップ。
そろそろ書くことがないぞ!

あ、でも今回重大なミスして、ダミープレイヤー置き忘れたw。
2時代目入るころに気付いたけど、まぁノーカンでw。

戦略変わらず!そして勝てない!ぐぬぬ…。
でも得点は上がったぞ!

結果:レン 198、ナカイ 141、フレイ 202〇



IMG_5172
その後焼き鳥屋へ。謎のメニューがイカス。

8/10 フレボド@御器所

誘われてフレボド祭り。



IMG_4796
フレボド来たら恒例のデブソバリパブリック。
アブラマシで。ジャンクですばら。



IMG_4797
「支離滅裂 / Krass Kariert」 Katja Stremmel作

とりえあず時間潰しに。

1人だけ出して勝った場合打ち出しは右隣に移るってルールがメビウス和訳だと抜けてるけど、なんかあんまりスマートじゃないよね。
STOP連打で勝つの避けるためなんだろうけど。
何気に結構発生するしね。

結果:レン 2、最上 2、フレイ 0×



IMG_4798
「コンテナ:10周年記念盤 / Container: 10th Anniversary Jumbo Edition!」 Franz-Benno Delonge, Thomas Ewert, Kevin Nesbitt作

ようやくコンテナ初プレー。

10周年記念盤giochstarterで蹴ったはいいけど届くより前に日本語版が発売。
二度とイタリアからは蹴らねぇ。

資源生産して、生産した資源を他人が買って倉庫に並べる、その並んだ資源をまた他人が買って船に積む、その積んだ資源を島に運んで競りをする。
競り落とした資源は最後自分の持つ換金レートに従ってお金(=得点)になるが、競り落とした時に払ったお金は売り主に倍額になって渡る。
なお最も多く競り落とした色は得点計算時に捨てることになるので、レート高いやつばかり買っていてはダメ。
全種持っていることで価値が上がる色もあるので、手広くながらも安い色と高い色を等しく伸ばしたい。
手番では2アクションで上記の行動のどれかをやるか、工場増やすか倉庫増やすか。
工場増やせば1回の生産で生産する資源が増え、倉庫増やせば他人から買って倉庫に並べられる量が増える。
どちらも手番を浮かせられるが建築にもお金がかかるので、利益出すには値付けが難しい。

あとは新版の追加ルールとして投資銀行。
銀行に対して資源を売ってお金にするか、お金で資源を買うかの入札ができる。
自分の番になった時に入札が残っていれば落札できるが、オーバービッドされると完全に手損。
まぁこれは生産特化した人が売れずに死ぬのを防ぐためかな。

全体的にダンピングも高騰もしない中、経験者の最上さんはほとんど競り落とさずに自分で競りに出すことによって売却で稼ぐ。
自分がプラスになればいいやで落としてると、売り手がその数倍得していくからダメだね。

結果は最上さんの圧勝でした。

うーん、これは難しいな。
システム的な担保が一切なく、全ての相場がプレイヤーの値付けで決まる。
1人お祭り状態な人がいるとゲームが崩壊するレベルだが、今回は相場観は落ち着いてたね。
ただやっぱりどこで稼ぐのかってのをきちんと意識してないとダメだな。
あぁ難しい。

確かに経済ゲームとしては非常によくできてる。
何よりコンポーネントがグレートだぜ。

結果:レン 78、フレイ 98、ゲルズ 64、最上 124〇



IMG_4799
「ごいた」

ごいたやっておしまい。

結果:レン&フレイ 150〇、最上&ゲルズ 70




お疲れ様でした。

7/5 フレボド@御器所

フレイさんに誘われて。
中井さんがカットに来るので、そのあとに。


IMG_4504
御器所行ったらデブソバ行くよね。
でも食べたのはビフテキ丼。美味い。



IMG_4505
「パルサー2849 / Pulsar 2849」 Vladimír Suchý作

何回目かしら。最近のゲームとしてはかなり遊んでるね、

なんか書くことないくらいダメダメでした。
目標タイル狙わないとダメねー。

セットアップランダム性高いので、最初にそれ見て強い戦略考えなきゃだめだな。

結果:レン 161、フレイ 163、中井 176〇


IMG_4506
「クリベッジ / Cribbage」 Sir John Suckling作

最後にフレイさんとクリベッジ。

最近全然勝てないんだけど久々に勝てたよ。

写真は何だこの手って局面。
お互いクラブしか持ってねぇw。
スターターもクラブなら完璧だったんだがw。

結果:レン 121○、フレイ 114



おわ。

6/7 フレボド@御器所

髪切ってもらいに。
ちょっと予定合わなくて、フレイさん夜研修で忙しい日に。
それでも1ゲーム。



IMG_4293
「クリベッジ / Cribbage」 Sir John Suckling作

最近フレイさん相手の勝率がとても低い。
というかフレイさんとしかしてないんだけど。
それも数か月おきくらいにしかしてないんだけど。

秋山さんいなくなって名古屋でクリベッジする人がかなり減った気がする。
布教せねば。

スコンクだけは免れたぜ…。

結果:レン 93、フレイ 121〇



IMG_4294
大須に出来たはやぶさで潮混ぜそば。玉ねぎが美味い。

5/12 フレボド@御器所

ダンボド後のフレボド。
泊っていいよって言われたけど次の日ミスボドだから普通に帰ります。



IMG_4136
「スティンジー / Stingy」 Reiner Knizia作

持参初プレー。シャークトレードとか知らない。

手番ではタイル1枚めくって取る。
そのあと相手の持ってるタイルから1種類を選択。
それは絶対貰えるが、その前に相手は選んだタイルの価値以下になるように自分のタイルを取っていく。
タイルの価値は種類によらず、同種の枚数によって増える。

例えば3枚組を取ったら2枚組2組と等価になる。
なので同種は揃うが、枚数は減る。
これを利用して時に枚数増やし、時に種類を揃えてセットを作っていく。
瓶なら3枚、鳥なら4枚揃えば得点化。

最終的により多くの枚数を得点化できた人が勝ち。
こまめに得点化できる瓶や鳥を狙うか、揃えて一気に得点化する海賊旗やダイヤを狙うか。

なるほどシステマティック。面白い。
クニツィアがたまに作るシステム先行のゲーム。

手軽で面白いんだが、後半は予定調和感が大きいかな。
人数増えれば揃わないままならなさが増えるかもしれん。

結果:レン 106、tetu 116〇、最上 99



IMG_4137
「麻雀」

フレイさんがどうしても麻雀したいというので。

そして最上さんの九連に振り込んだ!ぎゃーす!!
染まってるとは思ったがまさか九連とは。
四麻で見たのは初だな。

ちなみにこの二週間後くらいに最上さんは胃腸風邪になりましたw。
生きてて良かったね!!

あと2半荘くらいやったけど収支は不明。

結果不明:レン、最上、フレイ、もちもち




おしまー。

4/12 フレボド@御器所

フレイさんに呼ばれてGO。

友人にドイツ土産でボドゲ貰ったというのでBGGにある和訳ルールを何故か自分が印刷して持って行って読みインスト。


IMG_3957
時間あったので行ってみたかった萬珍軒。
卵とじラーメンの有名店。
あとナス丼が美味しいらしいが、エビマヨの誘惑に負けた。
味はまぁ普通かな。
そもそも卵とじラーメンをそんな好きではない可能性。


さて。


IMG_3959
「ルター:ザ・ボードゲーム / Luther: Das Spiel」 Martin Schlegel, Erika Schlegel作

初プレー。
昨年はルターが95か条の論題を発表して500周年らしく、ルターテーマのゲームが色々出ました。
これもその一つ。作者はシュリーゲル。最近だとウェストオブアフリカが有名かな。

ラウンド最初に食料分配。
人数+1の2枚のカード組を場に並べ、親から順にピック。
カードの裏にはパン、チーズ、ビールが描かれていて、パンとチーズは価値は小さい(1~3)が対応する山の特殊カードが引ける。ビールはカードは引けないが価値が高い(3~5)。
特殊カードも裏から3種類が見て取れて、赤いイベントカード、緑の特殊効果カード、青のルターカード。
赤は引いたら即発動、いいことも悪いことも。緑は取っておいて好きなタイミングで使う。
青は特殊で場に4×5で並んだ20枚のタイルのうち1つに対応している。
手番で使うとそのタイルを除去して、2+同じ列と行の空きマス×1点。
得点の期待値はどんどん上がるんだが、ラウンド終了時にランダムで1枚除去されて、それが自分の持ってるカードのタイルだと損してしまう。
ギャンブル覚悟で持っておくか、安全策で早めに使うか。
手番で1枚しか使えないのも中々効いてる。
ちなみにタイルはルターが聖書翻訳するのに使った単語らしい。むっさ見づらい。

さて手番。
ボード上には胡椒袋のように街とそれを繋ぐ道、そこに描かれた移動コスト。
手番で3マスまで移動でき、その合計コストを食料で払う。
したらば、その半分切り捨てが勝利点。移動で点が入るってのは珍しい。
更に止まったマスにある人物タイルをゲット。
街は3つのエリアに分かれてて、1つのエリアが全部取られたらそのエリアに補充。
この人物タイルでセットコレクション。異なる種類を集めると点が上がる。
なお、人物タイルは全てルターの関係人物。
ルター、ルター夫人、あと誰いたっけな。レオ10世?歴史疎いの。
ちなみにルターだけ特別で最後マジョリティで点数貰えるよ。

そんな感じで、得点手段は食料取って道移動して生点と人物点、カード引いてルターカード使って得点の2つに分かれる感じ。

中々普通に面白い。もっと地雷かと思ったのにw。
結構何やっても点数になるのでストレスがない感じで良い。

1ラウンド目から持ってるルターカードのタイルが除外されたんだがw。
20分の1ェ…。
まぁ最悪捨てれば食料カード1枚引けるからいいんだけど。
あれ、そう考えるとカード引いた方が美味しいのか…。青か緑に限るけど。

まぁ普通に面白いゲームでした。
でも普通過ぎて特徴がそんなにないというか。無難なゲーム。

結果:レン 111〇、中井 103、フレイ 93


IMG_3960
「ファラオの墓 / Der Zerstreute Pharao」 Gunter Baars作

こちらは持ってるので記憶インスト。簡単に。
つっても新版になってて追加コンポーネントもあったが。

スライドパズルで絵探し。
4分の3は何もないマスで、目的の絵柄のマス引けば得点。違えば手番終了。
なので上手く目的の絵柄に辿り着くには空白のマスを辿っていかなければならない。

記憶ゲーとしては面白いゲームなんだけど、フレイさん向きではないなぁと遊ぶ前から分かってたw。

上級モードになったらイベント起きたりあるんだけどね。
ボード180回転ってのがあって難しそうに思えるが、ボードの横の収納部は取れないので見分けがつく。
これは旧版から変わらずか。

IMG_3958
新版の違いとして、1枚1枚別だったタイルが4枚1組になったよ。
元々正方形のうち1つ絵柄置く仕組みだったから最初からこうしとけよってくらい便利。
あ、なので上に載せるのは抜型ではなく特注の穴開きボードに。
やや分厚くなってた。いいね。
あと追加ルール用のタイルも増えたけど、そっちのルールは不明。
まぁそんな感じです。

結果:レン 15〇、中井 11、フレイ 5


IMG_3961
「カルカソンヌダイス / Carcassonne: Das Würfelspiel」 Olivier Lamontagne, Klaus-Jürgen Wrede作

カルカソンナーたちと。

得点2倍チャンス使ったフレイさんが次の手番で8個使って規定点以上取って終了。
なんたるクソゲーw。

結果:レン、中井、フレイ 〇



おしまいです。



3/1 フレボド@御器所

そろそろ年度末だし髪も伸びたのでフレイさんに切ってもらう。
ついでにフレボド。



IMG_3679
お約束のつけ麺。生る。
ラーメンマップ買ったのでちまちま埋めてます。
王道ながらこだわりを感じる感じでよかった。




IMG_3680
「クランズオブカレドニア / Clans of Caledonia」 Juma Al-JouJou作

日本語版の出たカレドニア。久々。
何度もやってるのでルールは端折るよ。


IMG_3681
今回は3人置いてスタートおじさんで。むしろ船上がってるのが嬉しい。
2ラウンド目くらいで人は全部置いて、達成ボーナスで道具裏返して収入強化。
このゲームどのキャラ選んでもこのムーブ必須な気がするね。道具はなくてもいいが。
4ラウンド目くらいの決算に家畜置いてる数があったので完全家畜プレーで。
お金はるので達成用資源はお金で買う。無くなったら牛乳売る。
エリアも広げて、達成も重ねてマジョリティ両方ゲット。
勝ったよ。他のラウンド得点タイルほぼ無視してたけど。

個人的には結構好きなゲームだけど、テラミ好きな人はテラミでいいらしいね。
フレイさんもその類。

私はテラミの一度出した建物戻さなきゃいけないのが好きじゃないので、こっちの方がいいかな。
まぁ達成タイルで肉戻しはするけど。

結果:レン 164〇、ディー 124、最上 126、フレイ 109



この日はこれだけよ。

11/29 フレボド@御器所

フレイさんに髪のカットお願いしたついでにフレボドです。

IMG_3172
いい肉の日なのでホルモンぶっかけラーメンアブラマシニンニクスクナメ!



髪切ってもらった後、最上さんとかぶさんの到着待ってゲーム開始。

IMG_3173
「百花繚乱」 りんちゅ作

持参初プレー。
トリックテイキングボックスのやつ。ようやく遊べた。

同スート同ランクを複数出しできるトリテ。
枚数はピラミッド型。
マストフォローだがフォローできない場合はどのスート出してもよく、その際スート関係なしに同ランクを複数出しできる。
勝敗はスート関係なく合計値を見る。
勝っても負けても消費するのは最初に出した1枚だけで、残りの札は回収。
勝ったらその1枚を得点化、負けたら捨て札。
最高札の13だけは負けたらマイナス1金なので慎重に。

なるほど発想は面白いが、バランスが気になった。
フォロー切れたら強いのでボイドを目指すが、能動的に行えるその機会が最初に行う3枚のパスしかない。
なので極端に枚数少ないか、同スート同ランクたくさん持ってるかが強い、総じて配り運が大きい。
まぁトリテって得てしてそんなもんだけども。

基本的に枚数多い最低ランクの同スートを複数持ってる人が大量出しで勝って、1枚得点化してまた出して勝ってを繰り返して、枚数減ったところでボイドした他のプレイヤーが勝ちを狙う感じかな。
手札バラバラだと辛い。ボイドして複数出しできるのを待つ。
高ランクのカードは複数枚出せる枚数に制限があるので、逆に高ランクいっぱい持ってるのも辛そうな。

あと勝ったカードに描かれた3金につき1点(前半は4金1点)なのだが、13で負けたペナルティがマイナス1点じゃなくマイナス1金らしく、大して痛くない。
これはどうなんだろなぁ。リードで出して負けたらマイナス1点とかでどうだろう。

うーん、どうなんだろ。やりこむと見えてくるかしら。
複数出しトリテってのはそこまで多くないので目新しさはあった。

結果:レン 7、最上 6、フレイ 4、かぶ 8〇



IMG_3174
「キーストーン」 田邉 顕一 作

持参初プレー。これもトリテボックス。

5スート10ランクかな。切札が3枚。
マストフォローで、勝ったらトリック取って、取ったカードで自分の前に列を作る。
列はランクが昇順か降順になるように。
もしくは新しい列を始めてもいい。

最終的に一番枚数の多い列は裏返して、残りのはランクの下に描かれた得点を合計。
ただし1列につきマイナス3点くらうので元が取れるように。
ようはトリテ+ケルトな。

とりあえず絵柄はどっかのポッドキャストの人か誰かをデザインしたらしいが、内輪ネタを絵柄にされてもなぁ。
別に見づらくもないんだが、興味のかけらもないのでマイナス印象しかない。
天使と悪魔が~って世界観付けるなら素直に一般ウケする絵にしてほしかった。

んでゲーム性だが、切り札が強すぎる。
絶対勝てるうえに下にあるカードの数字と得点をコピーするので、そりゃ最大の6点取るようにするわな。
3枚中2枚来たからそりゃ強い。
それは置いといても、昇順降順って縛りがあまり効いていない。
新しい列始めても3点くらいのマイナスはすぐ返せるので。
点の低いカードは枚数最多な列に投げ込んで、高いのは別の所へ。
そのコンセプトはいいんだが、それが簡単に出来過ぎてしまう気がした。

総じて緩い。ゲーマーにはちょっと物足りない。

トリックを取った順番にカードを置かなくてはいけないとか、同色は2枚までしか連続してはいけないとか、1列目マイナス2点2列目マイナス4点…とか、もっとキツくした方が楽しくなる気がする。
あと切り札は最初からマイナス点にしとかないと。強いんだから。

昇順降順ってアイディアはいいんだがなぁ。惜しい。

結果:レン 17、最上 7、フレイ 19〇、かぶ 12


トリテボックス、これで全部遊んだかな。
今のところ一番遊んでて面白かったのはサバンナトリックかな。
トリテとしての面白さというかパーティーゲーム的な面白さだったけどw。
七七はそこまで妙味を感じられてないんだよなぁ。
やりこめば面白くなる予感はしてるんだが、うちのは封入ミスで同じカードが2枚あって他のが1枚足りないので遊べないw。
今更交換対応もできないだろうしねw。
セブンはプレイアビリティ悪いし。


IMG_3175
「テキサスホールデム / Texas Hold'em」

魚会組合流してホールデム。
3回やって2回目は飛んだよ。
いい手入った時に限ってほぼ全員降りてやがるw。



おしまいー。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ