ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:愛川ボードゲーム合宿

9/21 愛川ボードゲーム合宿3日目@愛川ふれあいの村

そういや今回の合宿は3泊4日です。去年よりも1日長い。
たっぷり遊べてよろしくてよ。

つっても4日目は朝撤収なので事実上この日がラスト。

折角だから重ゲー遊びたいわん。


 
「麻雀」

朝一で麻雀したらしいんだけど。
あれ、覚えてない…。

寝ぼけてたのかしらw。
象棋麻雀か?あるぇ?

結果:シダマ 30○、ま~ 2、Xeil -8、レン -20 


IMG_6118
「ボラボラ / Bora Bora」  Stefan Feld作

トシさんと約束してたボラボラ。初プレー。
朝飯後に始めて、昼飯またぎの長丁場。まぁゆうても3時間くらいか。

個人ボードの半分サマリーっていうルール量。恐々だったが、思ったよりルールはシンプル。
最近流行のダイスプレイスメント置いたダイスの目の数がそのままアクションの強さ。
同じ場所にはより小さい目しか置けない。なるほど。

アクションは陸路移動、海路移動、男タイル獲得、女タイル獲得、信仰トラックへのコマの送り込み、資源を使ってタイル建設、予備アクション。
これを順番にやった後、各自持ってる男タイルと女タイルを1枚ずつ発動。
基本これだけ、シンプル。

フェルトらしさといえば手番順は刺青トラックの順位で決まる。
毎ラウンド終了時に手持ちの達成条件のどれかを満たして得点。

神様カードが便利で悩ましい。
ダイス目関係なしで置けたり、置いた目を6に出来たり、追加で人物タイル使えたり。
使うためには供え物が必要なのでその獲得も悩ましい。

得点源は色々あるが、今回狙ったのは資源使っての建築。ボード中央上部。
資源を得るには中央ボードで移動して家建てて土地に対応する資源を得る。
もしくは予備アクションで2アクション使うと任意の資源。
人物タイルで資源得るやつもあったけど取れず。残念。
この建築やると得点貰える上に神様カードor供え物+刺青orお金が貰えてお得。
このアクションを追加で撃てる女タイルが取れたので、毎ラウンド通常アクションと女タイルで2枚ずつ埋めていく。
資源の取得はこれまた女タイルで、海路移動のタイルが2枚取れたので4の目までの海路を動ける。
女タイル2つ使うために緑の神様カードを使う必要があるので、カードの取得と捧げものも取って。

なんとかうまくいって最終ラウンドでコンプリート。
資源で全マス埋めると6点、さらに全部建築すると6点で12点のボーナス。うまい。
ボーナスでお金も手に入るので土産品の購入での得点も遅れずに。
魚の終了時ボーナスも高得点を押さえて1位でした。

あ、要素の説明半分くらいは端折ってるよw。
人物の活性化とか、赤い神様での魚点数とか。

面白かった。これはいいフェルト。
個人的にマイナスに追われるゲームより数あるプラス行動からどれを取るかってのが好き。

ちょっと初期タイルの配り運が気になるかな。
今回来たのが刺青トラック1位だったので序盤無理矢理頑張って辛めだった。

でもこれはまたやりたいゲーム。欲しい。

結果:レン 165○、トシ 160、けんご 141、ryo 138


IMG_6119
「64枚象棋麻雀」

リベンジ。やっと上がれたよ…。


IMG_6120
「ブロードウェイ / The Broadway Game」 Ernie Parmentier作

本日のRaelさん秘蔵ゲーム。初プレー。
所用時間4時間超w。

基本的にはモノポリーのようにボードを回りながら各映画に投資。
どれかの映画の10個の投資枠が埋まったらその映画は地方巡業に。
投資でマジョリティ取ってる人がプロデューサーに。同率なら左に居る方。
その人は手番が来るたびに自分のコマを動かす代わりにサイコロ1個振ってその映画をボードの外周を動かす。
外周にあるマスは基本的には収入と支出。
収入のマスは決められた金額がその映画の資金に入る。美味しい。
支出は逆に映画の資金からお金が出ていく。もし尽きた場合、足りない分は投資者が払う。
払う分は投資数で頭割り。
全マスの半分は支出です。ひぃ。2倍支出もあり。
無事1周できたら1個サイコロ振って出た目×規定ボーナスを投資者で頭割り。
0の目もあるよw。
途中一回も破産してなかったらプロデューサーにはボーナス。
また10枚の得票カードも分配。

巡業を終えた映画は誰かがマスに止まる度に配当が入り、また他のマスで投資者に分配される。

まぁそんな感じで、全部の映画が巡業終えたら最終フェイズ。

ジャックポットの分配。マスの1つに自分が投資してる数×1000のお金を供託するマスがあり、その供託金を誰かが総取りする。
最優秀映画のプロデューサーが総取り。決めるのはダイスロールw。
順番にダイスを振って出目によって何も起こらないか、一定金額払うか、得票10枚払うか。
できない場合は映画を閉めて残ってる資金は投資者で分配。
繰り返して最後に残った映画のプロデューサーは供託金総取り+ベストプロデューサー賞50万ドル。
これがでかい。
よって自分が残るために行われるのは得票カードの売買。
この時だけ交渉ゲームになる、変な感じ。
ワンチャン残れば50万なので得票カード1枚数万で売れる。うわぉ。

そんなゲーム。

巡業するプロデューサーは投資者全員のプラマイを担ってるので、マイナスのマスに止まると非難轟轟w。
今回はマッツさんが酷かったなぁ…。マイナスに次ぐマイナスで破産者続出w。
破産した場合投資枠を売買してプロデューサーが変わることもあるんだが、それでプロデューサーがblueroseさんに変わった時のみんなの嬉しそうな顔w。
まぁ自分はその公演関わってなかったのでマイナスの度に(・∀・)ニヤニヤしてたけどw。

全公演が終わったところで自分がプロデュースしてたのは2つ。
1つは安い公演なので捨てて、もう1つに注力。報酬でゼロの目出したのが痛かったなぁ。
あとは意地の張り合いで、マッツさんから得票カード1枚1万で買って。
次の手番では1枚3万に値上がりしてたけどw。以後はダイス目に助けられた。
そのまま他の公演全て得票カード足りずで吹っ飛んで最優秀賞!
最後に得票カード高値で売って稼いだRaelさんと4000ドル差で1位でした。あぶねぇ…。

古いゲームなので 大味さは否めないし、時間はかかるし、だけど面白かった。
ほぼダイス運だけどw。

結果:レン 928000○、Rael 924000、bluerose 868000、マッツ 456000、白鳥 241000、トシ 165000



「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

ブロードウェイ途中で夕飯休憩後にひと豆。
思ったより長くなってご迷惑おかけしました。

りっきーも豆師に育ってきたようで。すばら。

結果:sasaoyaji 18○、レン 17、りき 13、シダマ 12


IMG_6121
「世界ふしぎ発見ボードゲーム」

先日XeilさんがRaelさんとリサイクルショップに行った時に見つけて買ったらしいw。
いやぁやばい臭いがプンプンするぜ。飛び込めー!

ルーレット回して移動して各地に3つずつあるクイズマスへ。
クイズはその地方に関わる、TV番組で実際に出された問題。
正解したらクイズチップを表に。当たりのマスなら宝石獲得。違ったら残念。
2人目以降は既に表のマスに行ってクイズに正解すればいいが、最初に正解した人に3000円払う。
各自最初に目的カードを受け取っており、4つの地域が描かれている。
その4つの宝石を集めて、最後に東京に行ってクイズに正解すれば勝ち。

えー、一言で言うと、苦行でした。

無駄にマス目が多いのでまず移動に時間がかかる。
お金払えば飛行機使えるけどお金稼ぐ手段も限られてるし。
クイズも難しいのでヤマ勘。3分の1。
2時間ほどかけてやっと全員宝石2個ずつくらい。
そんな中で出たイベントカード「宝石1個失う」。
・・・協議終了でw!

いやぁ久々だぜ、この感覚w。
コルトさんも参加してたら喜んでただろうなw。 


IMG_6122
「打天九」

ケンゴ君の色入れ途中の牌でw。見辛ぇw。


IMG_6123
「手本引き」

コルトさん胴による手本引き。初プレー。
あ、お金は玩具銀行ですよw。

コルトさんによる用語解説からスタート。
各自200万のズク持ち。お金はコルト組からの借金ですw。

胴が1~6の札のどれを選ぶかだけの賭け。完全な心理戦。
最近の履歴が表示されるのでそれを参考に。
1枚賭けだと4.5倍(賭け金は戻るので実質5.5倍)、同時に4枚まで賭けられて、当然配当は低い。

個人的にこういう読み系は得意。
まして相手は遊び親しんだコルトさんだし。

IMG_6124

全12回中8回ほど当ててプラス収支。
+413万でした。
 
ただしミヨさんが最後に1点張りで全額賭けて的中させて2000万くらい稼いで勝ちw。
そりゃどうにもならん。

コルトさんもコルト組からの借金で払ったのできっと今頃内臓でも売ってる頃でしょうw。

楽しかった。雰囲気大事。



IMG_6125
「ザ・ゲーム / The Game: Spiel... so lange du kannst!」 Steffen Benndorf作

5人で。中級の3枚出しルール。

協力ゲーム。
手番ではカードを3枚以上出す。
2列は昇順、2列は降順で。
ただし数字が丁度10違う時のみ巻き戻せる。
当然数字を伝えるのはアウト。 なんとなく良い、ダメで。
何度かやってると言い方で大体分かってきちゃうけどね。

今まで初級の2枚出ししかやったことなかったけど3枚キツイな。
それでも巻き戻しが上手く効いて全部出し切り成功。
一応残り10枚以下になれば成功。

上級でやるのはパスして休憩w。


IMG_6127
「パレロワイヤル / Palais Royal」 Xavier Georges作

持参品。
3×3のマップ上をコマを移動させながら、各マスのコマの数でアクション。
移動数や補充数もコマの数で決まるので上手くマネイジメントするのが大切。

何気に3人戦は初かな。

普段は斜め移動の特殊タイル重視するけど、今回は追加ワーカーを最初に取ってみた。
その後斜め移動、移動数プラスと取るが、ミヨさんと被る被るw。

ミヨさんのカード引きまくる戦略も中々強かったが、途中息切れしちゃったね。
引いたカードで増強できて次につなげれば強かったが、引きに恵まれずか。

紋章のマスが門に近かったので紋章送り込みの特殊タイルは弱いと踏んで取らず。
お金が辛かったので収入プラスのタイルは取って。

点数高いタイルを多めに取れて勝ち。

結果:レン 92○、コルト 87、ミヨ 55



IMG_6128
「セット / SET」 Marsha J. Falco作

またセット。勝てません。

結果:タコ 10○、コルト 9、レン 5


IMG_6130
「クリベッジ / Cribbage」 Sir John Suckling作

コルトさんとクリベッジ。インストから。絶賛布教中。

勝ったよ。


「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

これが今回の合宿最後のゲームとなりました。 

結果:レン 26○、まーしゃる 21、むらさきみつる 20


1日中遊んでたのに遊んだゲーム数が少ないw。



コルトさんはこのあと1時間ほど就寝。
自分は片づけとかしてそのまま。

川崎のクローズドボドゲフリマに参加するために朝6時半に退去しました。

撤収に参加できずにごめんなさい。




というわけで今年の愛川合宿終了。
去年に続いて楽しかったわー。
気の知れた仲間と遊びまくれる幸せ。

また来年も絶対行くでよ! 

今度は近い方のバスで…。 

9/20 愛川ボードゲーム合宿2日目@愛川ふれあいの村

起きて朝食。あんまり寝れてないけども。


IMG_6102
「ル・アーブル / Le Havre」 Uwe Rosenberg作

朝一で重ゲーを。KaiさんとKanaさんは初プレー。自分とryoさんは既プレー。

前回みくろんさんが出荷プレーやって強かったので真似しようとするが、
思ったようにいかず。ムズイなぁ。

ちまちま鉄鋼作りながら後は牛を売る。
今回出荷する人が多かったので人気で中々アクション撃てず。
造船も人気で取り合いが中々熱かった。
終盤は終了時に2資源が1金になる建物が買えたので、前回同様数の多い資源を取って点を増やす。

結果はryoさんと同着1位でした。

結果:レン 156○、ryo 156○、Kai 145、Kana 102


IMG_6103
ル・アーブルプレー中に昼飯の時間に。早いのか長いのか。

 
IMG_6104
「爆弾くんランナウェイ / Boom: Runaway」 Christwart Conrad作

先日バネストで購入。初プレー。
置いてるのは知ってるけど韓国ゲームってことで気に留めてなかったが、先日調べたら作者が胡椒袋やナゲッツのコンラートと知る。気になって買いました。

5スートのカードがあり、最初に中央のリミットカードをオープン。
各スートごとの上限値が書かれている。
全員手札から1枚伏せて出して同時オープン。
次にそれを見て全員2枚を伏せて出して同時オープン(5人だと1枚)。
んでスートごとに合計値がリミットを超えていないか見る。
超えていた場合、最も大きい数字を出してる人がそのカードを手札に戻す。
超えていない場合、最大値を出してる人がそのカードを表向きで得点化してその数字が点数。
他の人は裏向きで得点化して1点。
数が大きい方が得点化しづらいが、最大値で出せれば美味しい。

ふむ、なるほど結構面白い。
スートごとに上限があるのはLimits、同時出しで色ごとに点数を狙うのはFBIに似てる。

軽く遊べていいゲーム。

終盤手札が染まっちゃうとどうにもならないが、そうならないように動けってことかね。
あとリミットカードの枚数が少なく、スートごとに最大値が違って有利不利があるのが残念かな。

結果:Kana 26、ryo 25、ま~ 18、レン 15、kai 7


IMG_6105
「カカオ / Cacao」 Phil Walker-Harding作

最近、というかちょっと前かな、よく名前を聞いた人気作。ようやっと初プレー。
手番では手持ちのタイルを1枚配置。
プレイヤータイルと建物タイルは市松模様になるように配置。
プレイヤータイルが斜めに並んだらその間に建物が増える。 
なんとなくサムライカードゲームっぽいね。こっちは自分の2つでも増えるが。
自分のタイルには各辺にミープルが描かれていて、それがアクション数。
タイルや建物を置いた際にその個数分だけアクションができる。
カカオコマを得たり、それを描かれてる値段で売ったり、個人ボードのメーターを進めたり。
それ以外のルールはほぼない。シンプル。
お金が多い人が勝ち。

稼ぐ手段としてはカカオを得て、3金や4金で売るのが第一。
あとは個人ボード上のメーター。最初マイナスだが、どんどん点が上がり、最後は1手で4点とか美味しい。
あとは周りに置かれたミープルのマジョリティで点数になる遺跡。最大6点。

今回4金でカカオを売れるタイルに絡めなかったので狙いはメーター上げ。
終盤まで出てこなかったので3ミープルついたタイルを使わずに溜めて。
全力で注力してメーター振り切り。
あとは遺跡でマジョリティ点数も稼いで勝ち。 

なるほど確かにいい感じに軽くて面白い。初心者向けにいいね。
そこまで新しい要素なくて無難って声にも納得。
展開は変わらなさそうなのでリプレイ性は低いかな。

結果:レン 62○、ryo 51、いさりび 44、たく 42


IMG_6106
「オルレアン / Orléans」 Reiner Stockhausen作

こちらも日本語版出たばかりの人気作。やっと遊べたよ。初プレー。
たくさん持参品でドイツ語版、バージョンアップキットでチップが木製コマに替わってます。

バッグビルドで、獲得したコマを袋に入れ、ラウンド毎に一定数引く。
引いたコマの色によってできるアクションが変わる感じ。
言うなればクォーリヤーズもこんな感じだったね。

各アクションには複数のコマが必要で色が指定されてる。
引いたコマをどう割り振ってアクションするか。
アクションはお金を取ったり、引けるコマ数増やしたり、自分だけのアクションマス増やしたり。
そこらへんはやるごとにコマが手に入る。
あとはワイルドのコマ取ったり、中央ボード上の道を進んで家建てたり。
コマが増えすぎるとワイルドが引けなくなったり、欲しい色が出にくくなるので、
圧縮してお金に替えるアクションも。

世間で強すぎと言われてる浴場タイル、白1個で発動できて袋からコマ3個引いて2個即配置。
なるほどルール聞くとそりゃ強いわ。
今回は日本語版でエラッタされた通りに、2個引いて1個配置に変えました。

今回の自分は歯車タイルが手に入るマスを手に入れてひたすら歯車入手。
歯車タイルは自分のボード上のマスに置いて、常に埋まってる扱いにできる。
通常獲得するには3ワーカー必要だが、このタイルで2ワーカーに、さらに歯車載せて茶色1個で毎ラウンド歯車獲得。強い。
周りがあまり歯車取るアクションしなかったのでどんどん歯車取ってボードが埋まる。
経験者のトシさん曰く、「それやらせちゃだめでしょw」とのことw。
毎回人より1,2アクション多く打てる。そりゃ強いわ。

食糧の安定確保ができなかったのでイベントで食糧必要になる度に5金飛んでったけどw。

あとはひたすら家建てて点稼ぎ。
最終的に建てた軒数×中央ボード下部のトラックで進めたレベルが得点。
1人だけトラック進めまくって1軒につき6点の最大まで上げて、その甲斐あって勝利。

なるほどこれは面白い。かなり好きなタイプ。重さ的にもいい塩梅。
さっそく日本語版ポチりましたよw。
 
結果:レン 143○、たく 122、ryo 107、一期一会 103


IMG_6107
「ヴァイキング / Wikinger」 Michael Kiesling作

やってみたかったのでトシさんに持ってきてもらったヴァイキング。初プレー。

タイルとコマを同時に購入して配置。
毎ラウンド12枚のタイルとコマが並び、コマは決められた色順で並ぶ。
中央のダイヤルが値段で、0~11金。
当然安く買いたいが、0だけ特殊で同じ色のコマが残っていると買えない。
0金のタイルが売れると次の残ってるタイルが0金になるようにダイヤルが回る。

取ったタイルとコマは自分のボードに配置。
各列で色が決まっていて、取ったコマと同じ列に置けばそのタイルにコマを置く。
違う列に置いた場合は一旦左上にコマを置く。
決算前に灰色のコマを払うことで各色1個か、1色全部を再配置できる。

ラウンド毎にお金の収入と点数の収入が交互に起きる。
お金は黄色いコマの数だけ収入。
点数は赤が2点、緑が1点プラスその下にある黄色と水色のコマの数。
最上段に海賊タイルが置かれていたら、その下に黒いコマを置けていないと海賊タイルの色までのコマが無効化される。
逆に黒いコマを置けていれば海賊倒してお金や得点が入る。

最後に最長の島や島数最多でボーナス。
あと自分の持ってるコマ数÷5の数の水色のコマがないとマイナス点。

なんとなくプレー感は同作者のサンスーシに似てる。
タイル置いて上手く繋げて得点してく感じが。

とりあえず再配置大事ね。

細かく島を完成させて最多ボーナス取って、左2列全部コマ埋めて点数を稼ぐ。
海賊がお金の収入ばかりだったので、点数海賊取りまくってたミヨさんに負け。

なるほど面白かった。

結果:ミヨ 52、レン 43、一期一会 35、トシ 26


IMG_6108

ここでまた爆弾くん。なかなか好評。

結果:一期一会 39○、レン 31、ミヨ 30、トシ 29 


IMG_6109
「ハイテンション利休」 チキンダイスゲームズ

テーマが話題のw。初プレー。
全員同じ手札5枚持ち。
最初の1人が表で出して、あとは時計回りに表でも裏でも。
はげたか式に単独トップが勝ち。んー、フラムルルイエ?巨竜の歯みがき?

んで買った人はそのカードに描かれたテンション数分の得点カードを引いて、中見て時計回りにドラフト。
なのでトップとバッティングさせて、自分が美味しい位置にいるならバッティングさせる戦略も。
なるほどこれはいい。

んで最大の特徴が勝利条件。
全5ラウンド終わった際に、各ラウンドで勝ったカードのテンション数を合計して、それが利休のテンションになる。
取った得点が利休のテンションを超えてる人の中で、一番点が低い人が勝ち。
わびさびだってさ。 

なのでいたずらに点を取ればいいわけではなく、上手く勝利ラインをコントロールしていく。
自分の所持点が低いなら上位をバッティングさせて勝利ラインを下げたり。

なるほどねぇ。
テーマがネタ寄りなのでネタゲーに見られるけど、内容は思った以上にしっかりしてました。
もったいないっちゃもったいない。

チキンダイスは毎回カードの質が残念…。


この後は夕食で、その後Raelさんの提案で近くの温泉に行きました。
12人くらい。楽しかった。駐車場の時間もあるので1時間半くらいだったけども。
ハル坊がロッカーの鍵失くすお約束w。見つかってよかったが。

楽しいなぁこの非日常感。


IMG_6110
「麻雀」

今日もね。半荘だけだったかな。

結果:sasaoyaji 46○、レン 3、イチロウ -16、ま~ -33 


IMG_6111
「ハステヴォルテ / Haste Worte?」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

こちらも今日もね。
メンバー変えて2会ほど。
いやぁ楽しいなぁ。


IMG_6113
「ジェットコースターに乗ったカバ / Das Nilpferd in der Achterbahn」 Bertram Kaes, Heiner Wöhning作

先日和訳したので持参したパーティーゲーム。初プレー。

サイコロ振って進んでイベントマスではアクションを。
ピンクのマスではジャンルカード引いて、そのジャンルにあった答えのお題を伝える。
マスによって伝え方は違って、口頭で説明したり、粘土で作ったり、ジェスチャーで伝えたり、物音立てて伝えたり。
緑のマスではアクションカードを2種類引いてそれに従う。
IIのカードは条件が書かれている。「メガネをかけている」とか「この部屋に窓がある」とか。
それに合えばクリア。合わないとそこで手番終了w。
Iのカードはお題が描かれている「~を絵に描いて伝える」とか「次の7つの単語を読み、誰かに暗唱してもらう」とか。

本来はI、IIの順なんだろうけど、IIのカードで閉められたときがあまりに理不尽なのでII、Iで。

いやぁ楽しかったが、長かったw。2時間くらいかかったよ。
単語覚えるお題は深夜なのでみんな眠くて覚えれないしw。
物音で表現とかムズすぎる…。これどうやるんだ?

なんとか自分がゴールして終了。みんな安心w。

IMG_6114
某氏が作った粘土。
これスカイツリーですってよw。


IMG_6115
「64枚象棋麻雀」

前回1度やって以来なのでほとんど忘れてたが。
分かってきたころにRaelさんに地和上がられて終わりましたw。


IMG_6116
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

寝る前にタコさんとTKCさんとやろうと。
1度やったので入りたいという人がいてやーな予感。
眠いのでレベル合わせてる余裕がないw。

「意味が分からない」と言われたw。そんな河原式ボーナンザ。

手札フルオープンが基本で流れ作業で交渉が進むからね。
2度目はちょっと優しめにやりました。最初からやれよw。
 
何度かやるうちに段々分かってきたとのことw。


結果1:レン 15○、タコ 15○、TKC 15○、白鳥 13
結果2:レン 18○、タコ 16、TKC 11、白鳥 14
結果3:白鳥 17○、タコ 13、シダマ 12、レン 10、TKC 10
結果4:タコ 14○、白鳥 13、シダマ12、TKC 12、レン 11
結果5:タコ 26○、レン 22、シダマ 20

5回やって終わり!
豆楽しいヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ!

就寝! 

9/19 愛川ボードゲーム合宿1日目@愛川ふれあいの村

今年も合宿の季節がやってきました。

去年は神奈川に住んでたから行きやすかったが、今年は名古屋からの参戦。

去年は11月で寒かったが今年は9月のシルバーウィーク。
一応上着は持って行ったが出番はなかった。丁度いい気温でした。

今回の参加人数は50人。うわぉ。
ほとんどが知り合いで非常にホーム感。
マッツさんのTRPG関係の人は知らないけども。

10時ごろ名古屋を出て新幹線で。
12時ごろ新横浜について町田に移動して食事。
本厚木で100均でタオルやら歯ブラシやら買って2時。

そっからバスに乗って30分。
会場に近いバス停行きと、徒歩30分くらいのバス停行きがあり、どちらも1時間に1本くらい。
来たのが後者だったのでまぁいいやと乗り込んだのが悪かった。

バス停から歩いたが思った以上に遠く、場所が分からない。
何度か地元の人に道を聞く。

背中にはおよそ20kgのカホンバッグw。
手には着替えと100均の荷物。
そして履きなれない買ったばかりの厚底で来てしまったので歩くのが辛い。

30分ほど彷徨ってようやく見覚えのある場所に到着。
件の近い方のバス停。
ここで体力尽きてしばらく休憩。
ここまで疲れたのはいつぶりだろう。

ようやく会場に着いたときには4時過ぎ。
すでに20人ほど集まってゲーム中。
しばらく疲れて動けなかったよ…。


食事の時間になったので行く。
前回同様バイキング。前回申し込まなくて居残りが寂しかったので今回はフルで。

 
BlogPaint
こんな感じで5卓。
あと和室に1卓とロビーに1卓。そちらは主に麻雀卓。

手前には使えないけど暖炉、寝床は2階。トイレは中二階。
去年のところとは作りが違うね。


IMG_6101
持ち込みゲームはこんな感じ。
日によって来たり帰ったりなのである程度入れ替わったり。



あ、飯と風呂の合間にちょっとゲームしてた。


IMG_6094
「セット / SET」 Marsha J. Falco作

まだ疲れてたのでフル参加はせず。

並べられたカードから、色・形・塗り・数の4つの要素がそれぞれ全部異なるか全部同じな3枚セットを探す。

パズル系は得意だけどコルトさんやタコさんには敵いません。


IMG_6095
「クリベッジ / Cribbage」 Sir John Suckling作

タコさんが未プレーらしいのでインストから。

互いに6枚配られた手札から2枚捨てて手札4枚に。
交互に1枚ずつ出して合計値を宣言。31は超えられない。
出せなくなったら最後の1枚出した方に1点。
あとは出してく途中で場役が入る。
同じカード出してペア2点、3枚でペアロイヤル6点、階段で出してラン3点など。
全部終わったら手役の得点。ノンディーラーから。
手役は手札4枚と山札トップの計5枚から、こちらも同じようにペア2点など。
ノンディーラーが計算、ディーラーが計算、その後最初に捨てた4枚(クリブ)もオープンして同様に計算してディーラーの得点。 
繰り返して先に121点取った方が勝ち。

運は強いが、その中でどれだけ上手く立ち回るかが大切。
その感覚は打天九に近いかも。
自分がディーラーなら捨て札は自分が得点できるので美味しいの捨ててもいいが、相手がディーラーならそうもいかない。
得点を取らせないプレイングも大事。

中々奥が深くて面白い。秋山さんに教わって以来ちょくちょく遊んでます。

結果:レン ○、タコ ×


IMG_6096
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

関東来たからには豆だよね!

結果:タコ 23○、sasaoyaji 22、レン 20


飯食ってすぐだけどお風呂です。慌ただしい。
汗かいたので助かったけど。
ヨシ坊の頭洗うのが楽しかったw。


IMG_6097
「麻雀」

こっから風呂の後。

早速の麻雀。楽しいなぁ。
麻雀は至高のボードゲームの一つですぜ。

レン     53○、 -4 : +49
ヨシミネ   -16、 -9 : -25
sasaoyaji -26、 22○ : -4
kgw     -11、 -9  : -20

1人勝ち。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
あ、ノーレートですよ。

最初の半荘勝つとあと負けるジンクスあるんでとっとと終わりたかったw。


IMG_6098
「ハステヴォルテ / Haste Worte?」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

今の一押しってことで。当然持参。 

まだまだ楽しいぜ。ひゃっほう!


IMG_6099
「曼荼羅」 麻生忠嗣 作

やってみたかった曼荼羅。持って来てる人がいたので遊ばせてもらいました。
初プレー。

手番では手持ちのディスクを1枚ずつ置いていく。
置くのは横のボードにオープンされたタイル上か、特殊効果の4枚のカード上。
全員が置き切ったら、各場所1番枚数が多い色、同数なら下優先を残して手元に戻ってくる。
タイルはその向きのままボード上のマスのうち数字が最も小さく、タイルを複数に分断しない場所に置かれる。
また、特殊効果もそこで多数を取った人が発動。
手持ちのコマを増やす人間道は終盤までは常にあり、何人でも入れる。
他の3枚はランダムで、タイルを置く位置を選べたり、置いてあるタイルを回転させたり。

んでラウンド終了時に得点計算。
自分の色のディスクが一筆書きで最も長くつながってる数だけ得点。
得点はトップのプレイヤーから入れていき、他人のコマのあるマスはスキップ。
得点が一番低い人が次のスタートプレイヤー。

これを繰り返して終了時には追加得点。
もっとも繋がってる数が長い人に追加点、各タイル上のコマのマジョリティ比べて1位に1点。
使わずに残ってしまったコマはマイナス点。

基本的にはタイルが置かれる位置を考えながら自分のコマが繋がるようにコマを置く。
厄介なのが特殊能力。せっかくそのように置いてもタイル置く位置変えられたり、回されたり。
他人の目論見を砕いていくゲーム。うひぃ。

コマは毎ラウンド1枚補充だが、タイルへの配置により減っていく。
人間道の効果で補充をするのをどこでやるかが大切。
後のラウンドほど補充に必要な配置数も減る。 

今回自分は最初からしゃがんで人間道でコマを増やす。
序盤の点数は諦め、数は力と。
他の人がほぼ置き切るまで減らしたのでしばらくは楽だった。
その分点は取れてないが、スタPが取れるのでまぁOK。
人に譲りたくないところに早めに置くことで同数勝ちの牽制。

中盤あたりで周りはコマ増やしに入り、その隙に得点が稼げるようになってきた。
毎ラウンド10点ほど入るようになったので一気にスパートで1位に。
そのまま逃げ切りを目指す。

最終手番は非常に悩ましい。
どの効果を使うか、効果をどう使うかで点数がどうなるかが読めるので考えてしまう。
これは頭が痛くなるな…。
他のプレイヤーの点を下げに行ったが、3位を上げてしまう手。危うい。

最終決算の結果なんとか逃げ切り1位。ふぅ…これは疲れるゲームだ…。
Raelさんが1回やればしばらくはいいやと言った理由が分かるw。

非常に悩ましくてインタラクション豊富でいいゲームですよ。
ただしインタラクションが強すぎてお互いせめぎ合って苦しい。
しばらくはいいかなw。

それにしてもアートワークが素晴らしいなぁ。布製ボードもグッド。

結果:レン 59○、たく 50、エンドウ 47、イチロウ 39


IMG_6100
「バザリカードゲーム / Basari: Das Kartenspiel」 Reinhard Staupe作

疲れたので軽めのを最後にと。
そこまで軽くもないけども。

各自の前にオープンされたカードの報酬を見て、やりたいアクションをプロット。
点数のために人を増やすか、得点とるか、宝石取るか。
同時オープンで、1人だけならそのまま実行。3人バッティングは全員無効。
2人バッティングなら交渉。
お互いに宝石出し合ってどちらかが引き取って降りる。
数優先で数が同じなら価値が高い宝石を含む方が強い。
誰かのカードの人の合計が15以上になったらラウンド終了。
各色の宝石を最も持ってる人に得点。その後その人は半分捨て。 
また、人が15人以上集まってる人は得点。

ボードゲーム版に比べて人を増やすアクションが非常に弱い。
15人行ければいいんだが、打ちまくったあげく1人のカードばかり引いて15人行かないと辛すぎる。
というわけでヴァリアント入れてます。
人を増やすアクションした場合、4引く出た人数分の得点。
これはボード版のサイコロ振って6引くその目の得点を踏襲。

交渉の際は互いにマジョリティを狙う色が分かるのでそれを考えて相手が欲しがる色を出すのがポイント。
ただし互いにせめぎ合ってる色は出したくないね。
互いに1位になってwinwinならまぁそれでも。

小箱にしては十分なボリュームで楽しめます。
ボード版の再現度が高いのでこっちあればボード版不要ってくらい。
ただ、人増やすアクションの部分はいじることをおススメ。

結果:たく 72○、レン 65、イチロウ 64、エンドウ 62 


一日目はこれで終了。
流石に体力的に疲れたので今年はちゃんと寝ましたw。

あまり寝付けなかったので2,3時間だけども…。 

11/22~24 愛川ボードゲーム合宿@愛川ふれあいの村

11/22~24とマッツさん主催のボードゲーム合宿に参加しました。

場所は愛川ふれあいの村。
本厚木からバスで40分。意外に近いね。

なお、1泊1000円と格安。
食事は別料金で申し込みです。

IMG_3029
 
バスを降りたら山。いい天気。自然はいいね。
そこから10分ほど歩いて会場に到着。

IMG_3030
 
こんな感じの施設。1番乗り!

今回いつものカホンバッグに加えてほぼ同容量のトートにもゲーム詰め込んで、
着替えやタオルも持ったりで超大荷物。
帰って測ったら全部で30kgありましたw。

しばらくしてKaiさん一家やラモーンさん一家と合流。
子供たちもはしゃいどります。

泊まったのはコテージですが最初に集会所で簡単な研修を。
サッカー少年らに紛れてボードゲームやりに来ました、と自己紹介w。
シーツの使い方とか。 

マッツさんやタコさんらも到着してコテージセッティング開始。
途中建物が違ってたので移動したりのハプニングもありw。

IMG_3036
 
こんな感じで5、6卓ほど。
結構寒いですがストーブがあって助かった。
去年はなかったらしい。ひえぇ。


IMG_3034
 
子供らは2段ベッドではしゃいでますw。



というわけでゲーム開始!


IMG_3038
「枯山水」 山田 空太 作

先日もやった枯山水。
今になってルールミス指摘されましたがw。
誰かタイル置き切ったら強奪、譲渡、廃棄ができなくなるのね。
諸兄、失敬しました。

まぁでも間違ったルールもゆるくていいよw。



IMG_3039
 
段々人も増えてきました。
8割は知った顔なのですごくホーム感。 


IMG_3041
「酋長ボンバボン / Häuptling Bumm-ba-Bumm」 Stefan Dorra, Manfred Reindl作

初プレー。やってみたかったのよね。
親が叩く太鼓のリズムを聞いて並んだカードから当てはまる物を当てるゲーム。
リズムといっても太鼓叩くかおでこ叩くかなんだけど。
見たまんまのバカゲーですなぁ。いいゆるさ。
でもなんか勝てないわこのゲームw。


IMG_3042
「ローリングジャパン / Rolling Japan」 OKAZU Brand

GM新作。初プレー。
親は袋からサイコロを2個取り出して振る。
全員その色と目を見て、対応する色のマスにその目の数を書きこむ。
配置にルールがあり、隣り合うマスの数字プラスマイナス1以内の数しか書けない。
書けるマスがない時は×を書く。逆に書ける場合は必ず書く。
7色(1色はワイルド)から2個ずつ3回振って1ラウンド。
8ラウンド終了時に×の数が少ない人が勝ち。
ゲーム中3回だけサイコロの色を無視して好きなマスに書ける。
使いどころが肝心。

これは中々手軽で悩ましい。
Qwixxやエクストラに似た感じだが、同等のクオリティ。
日本の形がそのままゲーム性に反映されてるのが素晴らしいね。

全員×15個と14個と似た結果に。
使ってる目が同じだからそこまで大差は出ないね。
カラーチェンジの代わりに数字をプラマイ1できてもいいかも。


ここでお風呂+夕食タイム。
とはいっても自分は食事申し込んでないのでお預け。
同じく暇な人とだべってましたw。

お風呂はみんなで大浴場。といってもそんな広くないけど。
普段ゲーム会でこんなつきあいない仲だから新鮮だな。
裸のつきあいもいいものです。

風呂上がってもしばらくゲームしないでだべってました。
先は長いのでゆるーくね。

普段髪を上げてるコルトさんがこれ以降髪を下してたので誰だっけと3度見!


IMG_3043
「ニュルンベルクの開拓者たち / Die Siedler von Nürnberg」 Klaus Teuber作

持参初プレー。
カタンの派生ゲーム。舞台はドイツのニュルンベルク。
大きな特徴としてまずボードが2つに分かれていて市内と市外。
市外ではこれまで通りカタンしていくが、コマの建て方がちょっと特殊。
道(料金所)は5つある街道に沿ってニュルンベルクに近いところから建てていき、
開拓地は街道上であればどこでも建てれる。都市は存在しません。
資源にはお金が追加され、対応する資源を払って商品を生産することでお金が取れる。
ただし対応する街道の所有者に税金を払う必要がある。
市内には作業場を建てる。
建てたマスによって港と同じ効果や、商品の売値が倍になる。
お金と資源を使って外壁を建てると名誉点が貰える。
名誉点を1番稼いでる人には4勝利点とかなり大きい。12点で勝ち。

もう1個特徴としてダイスを使わない。
2~12までの目が書かれたカードを代わりに引く。
これによってダイス目の偏りがなくて期待値通りに収束しやすい。
カードにはイベントも書かれていて同時に処理される。

とりあえず初回なので説明書記載のおススメ配置で。
自分の色はいい道の所有権に絡めずにちょっと辛い位置。
イベントによる街道上の他のプレイヤーからの収入が入ってこない。 
まずはセオリー通り開拓地を増やして資源産出を上げる。
道の所有権争いにも介入して。
作業場は行きたかった場所が取られたので鉄の2:1を取って。
税金対策のために対応する商品の道を狙う。
城壁も建てて名誉点も1位争い。
結構あっという間に展開が進み、気づけば10点前後。
最後に鉄が連続で産出されて、交換駆使して作業所建てて勝利。

なかなか変わった感覚で面白かった。
特に面白いのはお金の概念。
収入倍にしていると4資源使って12金とか入ってくる。
お金も4金で1資源に交換できるので中間資源としても成り立っている。
盗賊によって盗られることもないし。イベントによる徴税はあるけども。
終盤はお金を貯めて名誉点の1位を争いながら余ったお金を変換して鉄工所を建てる感じ。
鉄工所の場所による商品とその材料、開拓地のバランスを上手く取れると強いね。


IMG_3044
「ライクワイズ / LikeWise!」 Dugald Keith作

お気に入りのライクワイズ。
形容詞+名詞でお題が出されるフラッシュ。

『強烈なダンス』でキタキタおどりが一致したのが嬉しかったw。


IMG_3045
「バトルライン / Battleline」 Reiner Knizia作

特殊カードぬきで。リキ君と。
2人用としては手軽さと悩ましさのバランスが良くてかなり好き。

大人げなく圧勝してしまった。しまったね。


IMG_3046
「マスタービルダー / Master Builder」 Wolfgang, Kramer Hartmut Witt作

持参初プレー。先日のGMで中古購入。
建物を競り落とし、人をお金で雇って建物のパーツを建てていく。
実際に立体の家を組み上げていくのが楽しい。
ただし酷いのが毎ラウンド起こるイベント。
この性格の労働者がストライキ起こして仕事しませんとか、この種類の労働者を1人徴兵に出してくださいとか。
建築計画丸つぶれw、酷いw。

どれだけ綿密にリソース調整してもイベントで吹っ飛ぶので、それに対応できるように多めに雇って後はイベントを乗り切れるように祈るギャンブルゲームですw。
イベントの内容にギャーギャー騒ぐのが楽しみ方の正解だと思うw。

IMG_3047
 
結果非常に寂しい街になりましたw。
簡単に建つ城壁強い。城壁ゲーだわw。

ある意味バカゲーでこれはこれで楽しかったw。


IMG_3048
「アトリビュート / Attribute」 Marcel-André Casasola Merkle作

メルクル作のパーティーゲーム。持参初プレー。
これも先日のGMで中古購入。
全プレイヤー4枚の形容詞などの物の特性が書かれたカードを持つ。
親は何か物の名前を宣言し、全プレイヤー手札からカード1枚を出す。
各プレイヤーには秘密裏に羊カードが配られており、
緑の羊を持ってる人はお題に1番合うと思うカードを、
赤い羊を持ってる人はお題に1番合わないカードを出す。
全員カードを同時オープンしてそこからは早者勝ちで、この人は緑だと思うカードを取っていく。
取ったカードの持ち主が緑なら得点、赤ならマイナス点。
逆に取られずに残ったカードは赤なら持ち主が得点、緑ならマイナス点。

これは面白いわ。
親は自分の手札と羊を見てお題を出す。
当然手札に合うお題を出すので親のカードは分かりやすい。
しかし他のプレイヤーのカードは4枚から選ぶので思うようにいかないことも多々。
微妙なラインのカードを緑なのか赤なのか予想して悩むのが楽しい。 
なんとなく『ヒントをもうひとつ』に近いね。

最大の欠点は和訳シールが非常に小っちゃくて近くで見ないと読めない。
プレイアビリティ―を非常に損なってる。勿体ない。
これは作り直したいなぁ。 


IMG_3049
「プライバシー激辛 / PRIVACY : Scharf wie Chili」 Reinhard Staupe作

気づけば時刻は深夜2時。
というわけで始まりました深夜のプライバシー激辛。
夫婦2組を含んだ10人プレー。
みんな深夜のテンションなので感想戦が酷い酷いw。
 
『1日に2回以上イったことがある』で出てしまったよ10人全員"YES"www。
なお、プライバシーのため参加者の名前は明かせませんw。事故!!

他にもヤバそうな結果が色々と。うひゃーw。

最終問題は『この中のパートナー以外に性的に惹かれている』で4,5人がYESを出して微妙な空気で終わりましたとさw。

いやぁ楽しかった。恐らくこの合宿で一番の山場w。 


IMG_3050
「麻雀」

ほとんどの人は寝て。残った4人で麻雀。4時ごろ。
半荘やって終わり。連荘して長かった。


その後他の3人は就寝。
あともう1卓麻雀立ってたのでそれをストーブに当たりながら見学。
途中30分ほど寝ました。

その後、最後までやってたヒリュウさんやマッツさんも寝て。
自分は布団に入ると朝起きるのが億劫なのでストーブの前で横になって。


30分ほど寝たらタコさんが起きてきたのでだべる。



曖昧な感じで2日目開始。
睡眠時間は1時間くらい。 

 
また数人起きてきたので朝一麻雀。
タコさんが倍満、親跳と上がって2局で終わったりw。
また面子変えて打ちなおしたり。

のっちさんのとこの寝起き悪いよし坊が起きてきたので一緒にストーブで暖取って。
この日は子守してる時間が長かった。
普段機会がないので嬉しい。

みんな起きてきて朝飯へ。
申し込んでなかったけどみよさんが眠いのでとキャンセルした分をもらう。


戻ってゲーム開始。

IMG_3051
「聖刻のレムリア」 Manifest Destiny

こちらも先日プレーしたGM新作。
前回の反省活かして食糧大事と注釈して開始。
前回強いと悟られて潰しあって働かなかった得点のエリア効果を狙ってみる。
一応2番目に強いとは最初に言ったぞ!
何度か効果使って点数稼いで。そのうち止められたけど。
今回も食糧難に喘ぐ。

IMG_3052
 
結果は前回同様同点1位。
そしてこちらも前回同様、ラス前でスタP取ってたので勝利!


昨日やったアトリビュートを再度やったりでお昼に。
昼食はなし。お菓子うめぇ。

食べ終わって帰ってきたヨシ坊が外行こうというので一緒に散歩したり。
厚底で斜面降りるのきっついんですがw。
しばらく散策した後、肩車して帰宅w。


IMG_3053
「マデイラ / Madeira」 Nuno Bizarro Sentieiro, Paulo Soledade作

最近ヒリュウさんが甚くお気に入りなマデイラを初プレー。
重ゲーも重ゲー。4時間ほどかかりました。
14時ごろ始めて、途中風呂と夕食挟んで再開して終わったのが20時。

やることは結構分かりやすいんだけど選択肢が多めなのと、単純な処理時間。
基本的にはワーカープレイスメント。
ワーカーはコマじゃなくてダイスだけど。
手番順でダイス取って、パンで出目補正したりでアクション。
コマを島に置いて生産力上げたり、街に送って貰えるボーナス量上げたり。
特殊効果使えるタイル取ったり、それを再度使えるようにしたり。
ランダム配置されたタイルにダイスを置くときのアクションと、
その後に置いた場所によってアクションがあって悩ましい。

ルール量多めでとてもじゃないが書き切れません。 
結果は2位タイ。難しいわー。でも面白かった。

色々とプレイミスが多かったな。経験値不足。



先述の通り合間にお風呂。
ラモーンさんが仕事で帰宅してたので代わりにヨシ坊のお世話。
気分屋なのでカラスの行水。全然風呂入った気がしないw。
いやぁ親ってすごいね、これを毎日だもんなぁ。

普段しないから我儘に付き合うのも楽しんだけどね。
日ごろのボドゲ会だとあまり一緒に遊ぶ機会も作れないし。
構ってもらえるのが嬉しいようで、レンさんレンさんと絡んでくるので折角なので最大限相手せねば。


IMG_3056
「ごいた」

マッツさんの木コマでごいた。
最近竹駒とごい牌が多かったので墨入れしてない駒ってこんなに見辛かったっけw。
何度やっても飽きないね。
一晩中やっててもいいで。


ここら辺でまた麻雀やってた気もする。


IMG_3057
「薔薇の名前 / Der Name der Rose」 Stefan Feld作

持参初プレー。
フェルト作の正体隠匿推理ゲーム。
カードを使って他のプレイヤーの担当色の疑惑を上げ、確証に変え、
最終的に自分の担当色の確証ポイントが1番少なければ勝ち。
ゲーム終了直前に他のプレイヤーの担当色を当てて相手の確証ポイントを増やせるので正体を推理するのも大切。

幻影探偵団で参考にしたと思われる、アクションによって時間が進んで、1日の終了フラグ引くとマイナス点になるシステム。
時間経過を減らすタイルを取って、トリガーを引くのを押し付けあいするのが楽しい。

ラウンド毎に自分はこの色ではないというのを明かしていくんだが、
自分の担当色の青の確証ポイントが高くなったタイミングでその処理が来て、
自分以外全員が青ではないとカミングアウト。これはやばい…。
なんとか勝ちの目を見出すために黒かもしれない素振りを見せる。
どう見ても青だが、もし黒だったらヤバいと臭わせて推理を分散させる。

コルトさんは普段から赤が好きでプレイヤーカラーに使ってるので冗談半分で如何にも赤っぽく振る舞う。
まぁ違うだろうなと思ったが案の定。

最終的に全員オープンしたら予想的中は半分ほど。
最下位でした。(´・ω・`)ショボーン

中々面白かった。
アンダーカバー系なんだけど少しずつ明かしていく感じがいいね。 
アートワークの雰囲気も抜群。


 
しばし手が空く。
のっちさんがアグリコラ初心者卓で忙しそうなので代わりに眠そうなヨシ坊を寝かしつけ。
眠そうな時は大人しくて手がかかりませんなw。


IMG_3058
「詠み人知らず」

みんなでストーブ囲って詠み人知らず。
いいねぇこのキャンプ感!

なお、男しかいなかったので出来上がった句はひどいものでしたw。

下ネタに持っていこうとする人と何とか補正しようとする人の駆け引きが伺える句で楽しいw。

ちなみに時刻は深夜。


IMG_3060
「スタンプグラフィティ」 うずまきスイッチ

久々のプレー。
親が出したお題を、他の人は交代で手札のカードを使って絵を描いて解答者に伝える。
解答者が正解すれば絵を描いた人たちが得点。
正解できなければ出題者がカード使って描き足して再度解答。
正解したら出題者が得点。
なので出題者は、他の人が描いた絵では正解が出ず、自分が持っているカードで描き加えて正解が出そうなお題を出すのがいい。
これがなかなか難しい。
なお、お題はジャンルだけ解答者にも公開されます。 

写真のは自分が出題した『投扇興』。
手札に持ってたのはいちょうのカード。ジャンルは『あそび』。

誰かが人間のカード持ってて描いてくれると期待してもくろみ通り。
扇子の部分は伝えたいことは分かるけど難しい感じに。
1度目の解答では正解でなかったので、いちょうのカードで的を描き、扇子を上書き。
無事正解してもらえました。やったね!

このゲームやってて凄いと思ったのは、ジャンルさえ分かれば伝わりそうにない絵でも正解が出るところ。
今回もかなり正答率は高め。
自分の解答のときは外してしまったが、その後もっかい解答したら正解だった。
人間ってすごいなぁ。


この日はこれでゲーム終了。 



そして3日目。


今日もベッドには行かずストーブの前で。
昨日よりは寝たよ。1時間半くらい。 


3日目は朝の10時に撤収。
起き抜けに麻雀やったくらいで、あとはヨシ坊と一緒にストーブあたってましたw。 


机片づけて、掃除して、撤収。


2日ちょいお疲れ様でした。 
非常に楽しかったです。
どっちかといえばゲームよりも交流メインで過ごしてたので遊んだゲームは少なめかな。
普段ボドゲ会で遊ぶ友人と、ボドゲ会以上に親密に付き合える場として合宿はいいものだ。
子守も楽しかった。子供好きだけどなかなか機会がないもので。


いい思い出になりました。
来年も来ます。絶対。


なお、この後はまーさんとたくさんと共に下北のび~えむに直行しました。
2日で3時間くらいしか寝てないけどな!!

ヒリュウさんとマッツさんも行く予定だったが体力的に断念した模様。 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ