ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:TREEボードゲーム名古屋

3/4 TREEボードゲーム名古屋@徳重

この日はTREEへ。

高木さんのお子さんの相手がしたくてw。


行ってみたが、なんとこの日自分以外参加者なし…。
高木さんと奥さんとの3人とで遊びました。

 
IMG_7458
「ドクターエウレカ / Dr. EUREKA」 Roberto Fraga作

この日バネストで買って持参初プレー。
去年のエッセンで出ててきになってたやつ。
コンポーネント見れば大体ゲームが分かって素敵。
 
カード1枚めくって最初のその並び作れば勝ち。
ただし途中で落としたら参加権なくなる。
パズル+アクションゲーム!

この時読み飛ばしちゃったけど試験管逆さにして完成させてもいいらしい。
いるのかそのルールw。

いやぁ見たまんまの楽しさ。素晴らしい。

その後しばらく高木さんのお子さんの手遊び道具になってましたw。



IMG_7459
「マイクロロボット / Micro Robots」 Andreas Kuhnekath作

これもバネストで購入。初プレー。
ハイパーロボットのオマージュ作品。

サイコロ振ってゴール決めて、ロボットを移動させて導く。
ロボットは今いるマスの直線上にある、今いるマスと同じ数字か色のマスに止まれる。

あとハイパーロボットと違うのは最小手更新せず、最初に言った人が勝ち。
このルールは正直微妙。協議して最小手ルールでやりました。
多分砂時計分値段上がるのが嫌だったんじゃないかな?

とりあえずロボットが踏んでる数字が4か5かが見えない。
透明だけど上手く透けないのよね。気泡入ってるんだけどデフォ?

内容的にはハイパーロボットを鈍くした感じ。
正直ハイパーロボットの方が数倍は面白い。
こっちの利点は可搬性くらいかなぁ。

ハイパーロボットが複数のロボット駆使して組み合わせを探すパズルなのに対して、
こちらは決まりきった道を辿る迷路って感じ。


IMG_7460
「2枚目が好き / 3 sind eine zu viel!」 Christoph Behre, Reinhard Staupe作

先週イエサブで購入。持参初プレー。

正直メビウスの邦題は糞。
原題の3と邦題の2が矛盾してて分かりづらい。
それまでの流通名の「3は多すぎる」でよかったのに。

やることは難しいニムト。
手番ではカード1枚出して、対応する列の昇順に対応する場所に入れる。
結果列が5枚になったらカード獲得。
その列の最大値出した時は最小値の1枚を、それ以外出した場合は出したカードの数字より大きいの全てを引き取る。

終了時に獲得したカードの色ごとに1枚だと1点、2枚だと5点。
しかし同じ色の3枚目を取ってしまうと3枚とも裏返ってマイナス3点に。
ここはなんかはんか通っぽいね。

また、プレイ中に全色コンプリートするとボーナス点。
終了時に持ってる色数に応じてボーナス点。
カード取りたさと取りたくなさのジレンマ。いいね。

ちょっと視認性が悪いのが難点。赤とオレンジが特に分かりづらい。
というか列ごとに数字の幅決まってるんだからデザイン変えればいいのに。

高木さんが5色くらいで2枚集めてて強かった。


IMG_7461
「カルバ / Karuba」 Rüdiger Dorn作

やれてなかったのでやってみたかったドーンの大人HABA。初プレー。

クニツィアのコネクションみたいに全員が親が引いたタイルと同じのを使う。 
配置して道を伸ばすか、タイルを捨てて、捨てたタイルの外周に伸びてる道の数(2~4)分だけ探検家駒を動かす。
宝石のあるマスに止まれば獲得。
同じ色のイセキに到着したら得点タイル獲得。早い者勝ち。

うん、シンプルでいいね。ドンキホーテより分かりやすいし。
ついたてとかないから真似して置いたら負けないけどまぁ紳士協定で。

上手く繋いで、探検家動かして、4色中3色で到着ボーナス1位を取って勝ち!


IMG_7462
「ペンギンパーティー / Penguin Party」 Reiner Knizia作

最後に軽く。

黄色潰しが酷いw。




終わり。


こういう人数に波があると参加費高くなっちゃうのも仕方ないなぁと思えた。

しばらく金曜会おやすみするとのことです。 

1/29 TREEボードゲーム名古屋@徳重

今まで行ってなかったTREEの金曜会に行ってみました。
地下鉄の逆端だから遠いのよね…。
参加費がやや高めなのもあって中々行く気がせず、ようやく。


 
IMG_7047
「マンマミーア / Mamma Mia!」 Uwe Rosenberg作

確か前回やったのがバンガードミッション初回か浜logの初回くらい。
3年ぶりくらいのプレー。

交代で材料を1種類好きな枚数出して行き、レシピに描かれた材料が溜まったと思ったらレシピカードを出す。
補充は材料かレシピの好きな方から。
山札亡くなったら場札ひっくり返して判定。
レシピカードが出てきたタイミングで十分な材料がそろっていればレシピ達成。
その際手札から材料追加しても良い。
達成に使った材料は消える。足りなかったらそのまま。
繰り返してレシピの達成数を競う。 

記憶ゲーがあまり得意じゃないので避けてたけど、まぁいいゲームですよ。
 
1ラウンドやって2人浮いてたので抜け。

 
IMG_6864
「パカルのロケット / Pacal's Rocket」 Günter Burkhardt作

写真撮り忘れたので前回やったときの。

ロケットを移動させて、入れたエネルギーチップを所定の形に並べて建物建設。
一度建てた建物もチップと同じ扱いなので、利用できる形に建てていくのが大事。

前回プレー時は建て方が悪くてあまり活かせなかったので、
今回は多少無理してでも再利用を目指す。
右上中心に攻めて池の周りの点と、周囲の初建設点取って。
中央の7点ゾーンはNEZさんと2人で更新し合って取り合い。
他が絡んでこなかったので美味しかった。

上手く一定間隔で建物建てて高層建築を繰り返す。
点数重ねて終了トリガー引いて、逃げ切り勝ち。
高い建物建ててたのでマジョリティ点もちょっとは取れたのがよかった。

結果:レン 80○、NEZ 67、高橋 57、高木 56


IMG_7048
「ハステボルテ / Haste Worte?」 Michael Kiesling, Wolfgang Kramer作

NEZさん来たらやるかな、と持ってったら役だった。
以前フレイさん宅で1ラウンドだけやって消化不良だったようなのでw。

身内間では結構やり尽くした感があるが、未プレーの人にはまだまだ推していきたい。
内容はまぁ検索かけてねw。

中々好評でした。



これでおしまい。

ゲームしながら高木さんのお子さんの相手するのが楽しかった。
クラックで遊ばせるのがいつもの定番。
たまに子守しに行かせてもらうかもですw。 

普段行かない会に行くと普段会わない人と遊べるのもいいよね。 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ