ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:るどふぃ~る

9/22 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

ふぁみりーず。
久々に大人単独の参加よりも親子連れが多い日でした。

日中は忙しかったが、夕方からは暇だったので遊ぶ。



IMG_7996
「クロノボム / Chrono Bomb」 PlayMonster

持参初プレー。
というかまぁ自分はセッティングしてテストプレーしただけだが。

ヒモを張って、カードを配置して、ヒモに触れずに集めろ!
というまぁレーザー避けるスパイごっこ。
ヒモに触れると繋がった光センサーが反応して、制限時間が20秒減るよ。

まぁ子どもは大好きだよね、こういうの。
出しといたら子どもらが代わる代わる遊んでました。
なんかどこぞのユーチューバーが遊んでたらしく、知ってる子もいた。

難しい配置にするのが中々難しいね。
机だけだと高低差付けづらいしな。

写真は大きいお友達のこばやしさん。






IMG_7998
「かるたジャン100」 集英社

以前テーブルオンで遊んで面白かったジャンプカルタ。
値段高いので買わないでいたが、そろそろ中古も安くなったので購入。

片面は普通に頭文字書いてあるカルタなんだが、もう片面はコミックス1巻の表紙。
名セリフとかが読まれるので当てはまるの取れよ!ってカルタ。

20年以上ジャンプ読んでるのでかなり刺さる。
ジャンプ読まない人には辛いだろうけどw。

短期連載漫画編とか出ないかな。即買い。






IMG_7999
「ジンジャーブレッドハウス /  Gingerbread House」 Phil Walker-Harding作

やってみたいって人がいたので。きっと君な。

資源獲得&達成系ではかなり面白いゲームだと思うんだけど、あまり遊ばれてないよね。
カードのめくりが強いってのもあるが、まぁ煌きやギズモもそうじゃんよ。

良作ですよー。皆買おう。

結果:レン、きっと ○、B






IMG_8001
「コンプレット / Completto」 Heinz Meister作

これもきっと君希望だったかしら。

一次的にパッと流行って、定番になったけどそこまで見かけなくなった感じ。

入れ替えタイミングを意識できてからが勝負やで。

結果:レン ○、きっと、B






IMG_8002
「ラミィキューブ / Rummikub」 Ephraim Hertzano作

あとこれ。たまにやりたくなるよね。

久々にタコさんとかガチ勢と遊びたいな。
ちょっと訓練しなかんが。

結果:レン ○、きっと、B

Rummikub(ラミィキューブ)
増田屋コーポレーション
2011-11-18





IMG_8003
「いろはことば」 サイタニア

最後みんなで遊べるやつを。

お題のジャンルに当てはまる、今自分のいるマスが頭文字の言葉を言う。
言った言葉の文字数だけ進めるのはグリコ的な。

早言い系ワードゲームとしてはかなり良いゲームだと思ってるんだけど、何分出回ってないのがね。
先のゲムマで再販されたのでみんな買うといいよ。

結果不明。





おしまい。ゆるい。

6/29 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

きなボド!ふぁみりーず。

あんまり遊んでないけど、後半はちょっとだけ。

この日は4時半くらいまで人少なくてそっから一気に倍になった不思議。



IMG_7340
「ポーションエクスプロージョン / Potion Explosion」 Stefano Castelli, Andrea Crespi, Lorenzo Silva作

持参初プレー。
ずっとやりのがしてたのよね。タクトさんから譲ってもらったのも1年以上前だ。
常連の双子の少年らと。

手番では排出機に並んだビー玉を1つピック。
その結果、下のビー玉と転がって来た上の同色ビー玉がぶつかったら連鎖が起きてそれらも獲得。
獲得したビー玉はフラスコの対応する色のエリアに置いて、埋まったら完成。
完成したら得点と、任意のタイミングで1回使える効果。
なお、ビー玉は3つまでストック可能。

どこを取れば多く取れるか、いたずらに多くてもだめで、自分の欲しい色が多く取れる場所を探す。
3つ並んでる真ん中を取れば連鎖して3つとも取れるってのも慣れない感覚。
なかなか面白い。
効果が結構強力なので、バンバン達成してバンバン効果使っていくのが良いんだろうな。

容赦なく勝利!

結果:レン 〇、りっくん、たっくん






IMG_7341
「りすと木の実 / Hanna Haselnuss」 Kathrin Hein, Isabel Roos作

持参初プレー。
えーと、これは6年くらい前に大和のリサイクルショップで100円で買ったんだっけか。
キャッチミーと一緒に。どっちかが100円でどっちかが400円とかそんな感じ。

手番ではサイコロ振るよ。
出た目の色の一番近い空きマスに進むよ。
マスに木の実が描いてあれば木の実貰えるよ。
サイコロで木の実出たら木の実貰えるよ。
王冠のマスに止まったら一番多く持ってる人から木の実1つ奪うよ。

うむ、シンプル。
これは本当に小さい子向けのHABAだな。

結果:レン、ゆず 〇



IMG_7342
「小さなカエルの唄 / Kleine Froschmusik」 Anja Wrede作

持参初プレー。駿河屋で400円くらい。

サイコロ振って出た色探す神経衰弱。
3枚捲れたら得点カード獲得。
3匹のカエル描いてあるから、それに合わせて3種類の音程で歌ってね。
そんなゆるゲー。

上級ルールだと得点カードめくってその三匹を探すとかなんとか。
んでまた歌う。緩い。

私カラオケじゃないと声色変えれない人なのよね…。

結果不明:レン 〇、ゆず






IMG_7343
「ナンバーナイン / NMBR9」 Peter Wichmann作

ゆるーくナンバーナインやって終わり。






IMG_7354
終了後は最近お気に入りの鳥白湯ラーメン幸の鳥。
でもこの日はつけ麺食べたよ。
つけ麺としてはかなり好みだが、やっぱ白湯の方が美味しいな。

5/26 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

最近大人の参加は増えてきて嬉しいんだけど、ファミリーの参加が減少気味…。
みよしや長久手はどうやって広報してるのか知りたいところ。

あと今回、3月で職場の小学校卒業した現中一の女の子がお父さんと妹と来てくれて嬉しかった。
誕生日にカルカソンヌやペンギンパーティー買って貰ったってのを現生徒の妹から聞いてたしw。
さいころ倶楽部好きの良い子です。
翌日から中間テストらしいが大丈夫かw?



「ポイズン / Poison」 Reiner Knizia作

写真なし。SNE版。

その子らが姉妹で選んだのがこれ。
大丈夫かなぁと思ったけどとりあえずやらせてみる。

合計13以上にならないように3色のカードを対応する窯に出していく。
越えたら出したカード以外引き取りでマイナス点だが、ラウンド終了時各色最も多く持ってる人は失点がなくなる。

取らないなら取るな、取るならたくさん取れのジレンマ。
ここら辺が難しいかなと思ったが、お姉ちゃんは余裕で理解してたし、妹も思った以上に遊べてた。
むしろゲーム慣れしてないお父さんが失点多くて辛そうだったよw。

その時は1ラウンドで終わったけど、後からまた姉妹で遊んでたので楽しんでくれたようだ。







IMG_7014
「ズーポリス / Zoo Police」 Lorenzo Tarabini作

次はこれをやらせてみる。

1~5のカードを4枚の得点カードに対して全員1枚ずつ伏せる。1枚は余る。
手番では誰かのカード1枚指定して数字を当てる。
当たればそのカード除去して1点、外したらそのカードは表で残る。
全部のカードが表になったら各列で一番数字の大きい人が得点カードを獲得。
最大がバッティングした場合、次点が取るハゲタカ式。

得点カードはプレイヤーカラーによってボーナス点があってどこを積極的に取りたいかが判断できる。
あと得点カードの色3色までしか得点化できないって縛りもあるが、正直気にしてられんな。

このゲームの面白い所は場の状況見て、当たれば除去して美味しいが、外しても自分が最大取れて得点カード取れるような数字を言う判断が求められるところ。
また、当てても1点だが、外すと3点取れるような状況ならわざと外すっていう選択肢もある。

ここら辺が分かってもらえるかなと思ったが、3人ともそれなりに理解してくれて良かった。
わざと外すってのは分からなかったようなので、最終ラウンドでそんな局面来たので披露しました。

大人気なく勝利w。



IMG_7018
「お邪魔者 / Saboteur」 Fréderic Moyersoen作

超久々。6年ぶりくらいかw?
お姉ちゃんリクエストで。さいころ倶楽部で見てやってみたかったらしい。
他にも気になってた親子がいたので混ぜて。

誰がお邪魔者かは何となく分かったんだけど、あまりお邪魔者に良いカードが回らなくて普通に3回金塊発見されて終わったよ。
まぁ3回中2回お邪魔者だったんだけどな!

なんか故障カード数枚飛んできたしw。







IMG_7023
「レイクホルト / Reykholt」 Uwe Rosenberg作

持参初プレー。
ファミリー掃けた後に。

洛陽の門にての野菜育てる部分だけを抜き出してアクションをワカプレにした感じ。

ラウンドでは3手番のワカプレ。ワーカーは増えないよ。飯いらないよ。
基本は畑取る、野菜取る、野菜植えるがメインアクション。
植えたら種として1つ使って、空きの畑にストックから1つずつ降ってくるのはお約束。
収穫フェイズでは各畑1つずつ収穫できるよ。
畑は小さいやつほどレアな野菜植えれるよ。

得点トラック進むには得点フェイズで次のマスに描かれた種類と数の野菜を払う。
ちょっと独特なのが、得点フェイズごとに1回、払うのを貰うにして良い。
要は1マスだけ払わずに進めて、更に次のために野菜貰える。
上手く育ててる野菜と貰う野菜を調整して、必要な分だけを育てるようにしたい。
中盤以降は追加収穫するアクションも大事になってくる。

終盤大事なのが畑を捨てることで得点トラック進めるアクション。
当然収穫はできなくなるのでどの段階で捨てに行くか。
ビール侯爵みたいってレビュー読んだが、この時未プレイ。後日遊んだがなるほど。

アクションマスが3人プレーで24個、4人だと32個あるので中々とっつきにくい。
マスによっては効果二択だったりするし。
とはいえアクションは超シンプル。

あと特徴なのが特殊能力カード。
毎ゲーム数セットある中からセットを選び、更に1枚は使わないのでバリエーションが出る。
種植える度にキノコ1個降ってきたり、ラウンド開始時に1撒きできたりとかなり強効果。
これを取るアクションは当然人気だが、面白いのは隣のプレイヤーの特殊能力カード1枚を共有させるアクションがある。
3人だと相手全員なのであまり妙がないが、4人だと誰が取るかで共有できるかも変わるのが面白いね。


なるほど面白いは面白いが、ちょっとシンプル過ぎる、いやマスの多さはシンプルではないんだがw。
畑取る、野菜取る、撒く、収穫、得点進めるって流れが一辺倒過ぎるというか。
正直深みがないな。特殊能力カードの違いしかゲーム毎に変わりがないのに対して、それが必要に足るジレンマを生み出せていない。
結局どのカードが強いかだけを自分がカード取れる手番、共有できる手番で考えるだけであとは一緒。
まぁそれを活かして戦えるかってことなんだろうが、ちょっと地味すぎるよね。
ポイントサラダに毒されてるんだろうか。

アクション1つ1つが非常にシンプルで地味ってのも大きい。
手番3アクションやっても大して動きがないのよ。
まぁその分読みやすいっちゃ読みやすいんだけど。

個人的にはあんまり好みじゃないかなって感じ。
一応違うカードで遊んで違いは見てみたいところ。

結果:レン 〇、あこ、長谷川






おわ。

4/27 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

ふぁみりーず。
この日はファミリー少なくて大人同士で色々遊んでました。


IMG_6791
「ドッツ / Dots」 Bernhard Naegele作

1枚配ったカード同時にオープンして、描かれた球の数を数える。
んで早い者勝ちで対応する数字カード出す。
それだけなんだけど、面白いね。

数字カードは1,2,4,8,16しかないので足し算で出す。
要はビット計算なので理系が強いw。

結果:レン 〇、きっと 〇、北村、toysan、りょう







IMG_6792
「落ち葉の下に / Wühlmäuse」 Guido Hoffmann, Jens-Peter Schliemann作

初プレー。シュリーマンなのね。

1人が虫や花が描かれたタイル1枚を覚えて箱に投入。無地のタイルもいっぱい。
よーいどんで他の人はそれを探す。
んで、毎ラウンド1つずつ増えていく、と。
何が増えたかをきちんと覚えておかないと見つけた物が新しいやつかどうかが分からなくなる。

記憶ゲーなんだけど、見つけたと思ったら違いますって言われたりのバカゲー感w。

そして投入するタイルも30枚くらいあって全部やると長いよw。

キッズゲームとしては良いんだが、何分箱がデカいね。
あと描かれてる物の名前が分かりませんw。

結果:レン 〇、太陽皇子、あーちゃ、Fujita




IMG_6794
「エンドレスリバー / Der unendliche Fluss」 Guido Hoffmann作

持参初プレー。
偶然にもさっきのと作者一緒だ。

ボードに無数のビー玉が埋め込まれてて、ボードを机の上で滑らすと船コマが動く。
動かす人は自分の持ってるカードの船が描かれた動物のエリアに入ることを目指すが、
他の人もカード持ってて、自分のが達成されたらストップかけて自分が得点できる。

なので上手く他のを動かさないように狙ったやつだけを動かす。ムズイ。
何となくバイナリーランドを思い出す。

この操作が予想以上に難しい。
ビー玉の回転方向考えると、ボードを滑らせた方向に船が動く。
何となくこれが直感に反するのよね。FPSで上下ボタン逆になってるような。

なのでそんな上手く他のを壁にひっかけてとかはできないので、とにかく自分の狙いを達成しようと頑張る。
んで運が悪いと誰かのを踏む、とw。

まぁ操作は面白いんだけど、人の踏むのが完全に事故だからなw。
そしてプレイ人数増えるほど踏む確率上がる、とw。

結果:レン、太陽皇子 〇、あーちゃ、Fujita






IMG_6795
「ゴーストボール / Geisterfalle」 Gunter Baars作

持参初プレー。バース作。
そろそろ安くなってきたのでポチっと。

斜面に空いた穴に向かってボールを指で弾いてシュート!
全部入った人はストップかけて、その時点でボールが入ってる穴に応じて得点。
得点トップの人は赤いボール追加で持たされて、得点にはならないけど入れないとストップできない。
まぁ別にハンデにはならないな、特に。

ほぼそれだけ。
1つタイル引ける穴あるけど、まぁ得点取れたり次のラウンドのある色の得点伸びたり。
上級ルールだと得点トラックの位置によってある色の得点変わるけどそんな変化ないな。
得点下がる場所に入らないようにするくらいだけど、そんな狙えないしね。

見たまんまのゲームで、見たまんまの面白さ。

結果1:レン、きっと 〇、Fujita、あーちゃ
結果2:レン 〇、きっと 〇、Fujita、あーちゃ






IMG_6796
「コリドールキッズ / Quoridor Kid」 Mirko Marchesi作

最後にこれやっておしまい。




他の時間はインストしてるかぼーっとしてるかですw。
ファミリー少ないと主催が暇になるので遊びに来てね!!

1/13 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

きなボド!ふぁみりーず。
最近は30人くらいで安定してます。
ファミリーは常連がほとんど。広報載せたけど効果なかったなぁ。
もうちょっと大人が来てくれると嬉しい。


IMG_5940
マスク揃えてみた。インフル流行ってるので自衛大事!


IMG_5961
持ち込みゲームは結構多め。8割自前。
もっと持ち込んでくれる人来てくれれば量減らせるんだけどw。



IMG_5941
「パイプワーク / Pipe Work」 Justin Oh作

持参初プレー。駿河屋で。

同じ色同士繋げてねーなパズル。分かりやすい。
必ず全マス埋めなければいけないのと、ボドゲにしたから直線とカーブに数の制限が出てゲーム性になってて面白い。

同じカードでも4つの難易度があって、十字パイプを使うかどうかと4色繋げるか3色繋げるかで難易度が変わる。

人数分透明な蓋付いてて、無駄に思えたけど、1回終わったら被せてひっくり返してパーツ回収できるようになってるのかな。便利。

途中でファミリー対応で抜けたので不完全燃焼。
またどっかで遊ぼう。




IMG_5945
「はぁって言うゲーム」 米光 一成 作

初プレー。
同人で出た『はぁって言うゲーム』が『ベストアクト』としてリメイクされて、それが幻冬舎から商品化してまた『はぁって言うゲーム』に戻ったよ。めんどいね。
個人的にはゲーム性が分かるタイトルで好きです。
これ以上長くするとラノベ感出て嫌だけど。

場に1枚出したカードにお題が複数書かれてて各自にアルファベットカードが1枚配られる。
対応するお題を実演して、他の人に当ててもらう。
お題は同じ言葉ながら言い方によって意味や感情の表現が変わるもの。
『はぁ』だと、相手の言うことが分からないときとかため息とか怒って聞き返すときとか。
全員が1枚のカードに対して順に演じるので、テンポが良くていいね。
消去法で特定できそうなのもゲーム性あって良い。

演じるゲームではあるんだけど、ほんの一言だけなのでムードみたいに演じてる感は出なくて敷居が低い。

旧版だと表情で演じるお題とかあるらしく、正直敷居上げるだけの蛇足だと思ってるのだが、この版ではどうなのかな。
他のカード見せて貰えばよかった。

小学生兄妹と遊んだけど、楽しんでくれました。






IMG_5956
「レイヤーズ / Layers」 Dave Choi, Yohan Goh作

初プレー。

穴の開いたカード重ねて、お題と同じ柄を作ってね。
ただそれだけだが、重ねる順で絵柄変わるし、裏表あるしでよく考えないと解けない。

とはいえ、1個ずつ上から考えてけば結構簡単にできてしまうのでちょっと拍子抜け。
もっと高難易度版出れば欲しいけど、これだとリプレイ性低そう。

同じ作者のFold itが難易度高くて楽しかったので、期待度高かったのだがね。






IMG_5957
「がんめんマン」 佐々木 隼 作

初プレー。

パーツで表情作って、どのお題表現したかを当てる。
まぁ見たまんまのゲーム。

思ったより多彩な表情作れるし、画力なくても結構なんとかなるので良かった。
ダミーお題ランダムで混ぜるのでたまに事故るのも盛り上がる。

まぁライト向けにはいいんでないでしょうか。

スマホの自撮りでも遊べるってあるけど敷居クッソ高いので蛇足かな。
まぁやりたい人がやればええ。



以上!


11/11 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

今回は人数は29名と多めで、長い時間遊ばれる方が多かったので賑やかでした。
一般参加も多めでした。毎回こんな感じだと嬉しいなぁ。


遊んだのはちょっとだけ。



IMG_5435
「ハチャメチャバーガータイム」

脅威の稼働率w。

常連の子に遊んで!と言われたので一緒に。
写真はその子の手遊び中。

とりあえずピンセットが噛み合って開かないのは無理ゲー過ぎるw。






IMG_5438
「フロッサムファイト / Flotsam Fight」 丸田ともゆき 作

初プレー。
バイバイレミングの海外向けリメイクだけどそっちも未プレー。
ルールは結構いじられてるらしい。

皇子さん意見でいきなりハンドドラフト有りの上級ルール。
まぁゲーマーなら問題ないだろう。


手番ではカードを1枚出す。各カードはその数字の約数の列に出せる。
ただし全体で人数分の列しか作れない。
今回4人プレーなので4列出たら残りの列は使えない。
更にカード出すとき、列は昇順になるようにしか出せない。
どの列を始めるか、どのカードを優先して出すか、なかなか悩ましくて良い。

全員がパスしたら場を流して小休止。
その際手札1枚だと2枚追加されるので出し切り狙うか2枚くらいで止めておくか。
誰かが出し切ったらラウンド終了。
その人トップで、残りの人は手札の一番大きい数字比べて小さい順に得点。

なるほど中々面白いね。
3や5や7のカードはその列の最初にしか出せないので非常に使い辛い。
確かに配り運大きいのでドラフトは有効。
9や6の倍数のカードを3の列に出すか、9の列に出すか、手札との相談。

バイバイレミングはこれに比べてかなり荒いらしいが味があるとな。
気にはなるがシステム派としてはこちらが好みだろうな。

結果:レン 4〇、太陽皇子 3、あーちゃ 0、ゆず -1





おしまい。


IMG_5439
mozoのフードコートで食事したり、皆でハンズ見たりで終了。

10/21 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

きなボド!ふぁみりーず。
参加人数は21名と決して少なくはないんだけど。
参加時間が短い親子も多く、全体的に人が少ない雰囲気。
うーん、どうすればもっと来てくれるかな。


というわけでインストの手も必要ない場面が多かったので遊ぶ。



IMG_5248
「ピュンクト / PÜNCT」 Kris Burm作

ギプフシリーズ。初プレー。

対辺コネクト系。
手番では自分のピース1つを配置。
中央の色付きゾーン以外ならどこでも置けて、他のピースに乗せることもできる。
基本浮いちゃだめだけど、橋を架けるのはOK。
また、置く代わりに既に置いたピースを動かせる。
その場合、選んだピースの色の付いた窪みを中心に6方向の延長線上に移動。
回転させるのもOK。
移動でなら中央の色付きのゾーンも入って良い。

うーん、これは難しい。勘所が掴みにくいというか。
上に置かれたら下のは無効なので、たとえ上に載られても乗り返せるように自分のピースを配置していくのが良いか。
乗られた後の形を考えていくのが大事。

結果:レン 〇、白玉

ピュンクト(PUNCT)
Kris Burm
Huch! & friends
2017-07-08




IMG_5249
「リンク / LYNGK」 Kris Burm作

初プレー。GIPFプロフェクト最新作。これで全部制覇かな。

交互にコマを他のコマにぶつかるまで直線移動して重ねていく。
同じ色は積めない。5色のスタック作ったらそれが得点。
自分の色は何段のスタックに対しても乗せられるが、中立の色はより低いスタックに対してしか乗せられない。
またこのゲーム最大の特徴は担当色が開始時に決まっていない所だろう。

自分の手番で色を指定して自分の担当色にできる。最大2色。
それまでは中立色として扱うので、どのタイミングでどの色を自分のものにするか。
早く決めた方が動きやすくはなるが、応用が利かない。
なるほど、難しい。

あと特徴としてリンクムーブという特殊な移動がある。
移動の際に同色のスタックにぶつかったら、そこを経由してまた別の方向に移動できる。
これを利用して上手く遠くまで移動できると良いが、かなり活用が難しい。
空きマスには移動できないので、計画的に動かして行かないとダメ。

うーむ、これは今までのシリーズでも屈指の難易度な気がする。
正直今でも感覚がつかめてない。
もう何回か遊んだら見えてくるのかしら。

結果:レン 〇、白玉

というわけでGIPFシリーズ全部遊べたが、ツァールとインシュが個人的にはトップ。あとはゼヘツとギプフが並んでその下に他のかな。
あ、タムスクは別格です。除外だしね。

リンク(LYNGK)
Kris Burm
Huch! & friends
2017-07-08




IMG_5250
「クラブ / Crabz」 Henri Kermarrec作

こちらも2人で。

大きい蟹は1歩、中蟹は2歩、小蟹は3歩移動。
空きマスは通れず、他の蟹の上を移動して着地。
ただし自分の大きさ以下の蟹にしか乗れない。
最終的に動けなくなった方が負け。

最初は結構手探りで相手のを潰しに行くが、後半はどの順で動かしたらどの蟹が解放されてってのを考えるハノイの塔的な。
ゲームでいうならバベルの塔だね。アブストの。
あちらは記憶要素あったけどこちらはそれがない代わりに大きさ制限がある。

やけに評価高いゲームだけど、自分はまだそこまでこのゲームの面白さを味わえてないなぁと。

結果:レン、白玉 〇





IMG_5251
「テキサスショーダウン / Texas Showdown」 Mark Major作

パーティ的トリテとしては最近の中では良いゲーム。
考えどころはあるんだけど、マストフォローだしどうにもならんところも。
上家を勝たせてへへーんってするゲーム。

やっぱ人数多い方が面白いね。

結果:レン 4、太陽皇子 7、白玉 9、ゆず 3、アイ 1〇





IMG_5252
「うんちしたのだあれ? / Who Did It?」 Jonathan Favre-Godal作

こちらも軽く。

反射神経ゲーだけど記憶要素も大きくて、面白いね。






IMG_5253
「13諸島の秘宝 / Der Schatz der 13 Inseln」 Marco Teubner作

持参初プレー。

めかくし迷路ゲー。
お宝の島を見つけるのが目的。

手番ではどこかの島に移動する。
まず移動先の島決めて、そこまでコマを指で押していくが、その最中見ることはできない。
上手く頭の中で経路を描いて、目測(見えないけど)で辿る。
着いた島でタイルめくって、目的の絵柄2つ集めればヒントカードを1つ見える。
3枚のヒントカード全てに一致する島が正解の島。

なるほどようやく遊べたが、面白い。
意外に難しいね。短距離ならまだしも、長距離移動は辛い。
何処の島にどのタイルがあったかも覚えておかなくちゃならない。
正解のヒントも覚えないといけないしね。

いいゲームだね。箱デカいけど。

結果:レン、ゆず 〇、あと誰だっけw





IMG_5254
久しぶりにスタバこと田所商店。



9/22 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

前回かなり人が少なかったので不安だったが、倍の24人参加。
うーむ、読めないなぁ…。



IMG_5055
「ファンファーム / Fun Farm」 Luca Bellini作

初プレー。

カードめくってダイス振る。そのダイスが描かれたカードに対応する動物を取る。

それだけなんだけど、ダイスが2色あって、2つ同時に振る。
ダイスの色と目の色の両方が一致してないとダメ。
カードには白黒ダイス両方描かれてるのでそのうちどっちかが合えばOK。

うーん、まぁシンプルなキッズゲームだね。
動物が可愛くて良い。

中身空洞かと思ったらまふっとした感じ。
握ったら音鳴るかと思ったのにw。

結果:レン 8、マジックマ 7、コマジックマ 9〇




IMG_5059
「ウィングスピリッツ / Wing Spirits」 Grandoor Games

持参初プレー。先日マジックマさんから購入。

ゴムバンドの上に並べられたコインをピンポン玉にバックスピンかけて弾いて相手側に落とす。
ただそれだけだが、まぁ面白くないわけないよね!


IMG_5060
こちらは別ルール。コインを踏み台にジャンプさせて箱に入れる。
レベル1は置いた箱に入れるだけだが、レベル上げると立てた蓋の上に置いた箱を狙う。
これが難しくて楽しい。特にゲームとか気にせずに皆でチャレンジしてたよ。
段々コツが分かってきて何回か成功しました。

まぁこれはゲームというかただピンポン玉で遊んでるだけっぽいけどw。
思った以上に盛り上がった。

マジックマさんに「これレンさんの?」って聞かれたけど貴方から買いましたよw。



IMG_5061
「きらめく宝石 / Funkelschatz」 Günter Burkhardt, Lena Burkhardt作

初プレー。今年のSDJキッズ部門受賞作。

真ん中にリング積み重ねて宝石が入ってる。
スタPの左隣から順に、今回どの宝石が多く落ちそうかを予測して、タイルを取る。
全員取ったら一番上のリングを持ち上げて、宝石が落ちる。
自分の予測した色の宝石を獲得。
スタPは他の全員が選ばなかった色が担当色。

ボードには穴が開いてるので取れると思ったやつが落ちちゃったり。
取った宝石は四隅の穴に入れて、最後にオープンして数比べ。
この仕組み中々良いが、穴がちっちゃくて入れにくいな。

なるほど面白かった。見た目がいいよねぇ。

結果不明:レン、しくらめん、しくらめん姪、しくらめん姉






IMG_5062
「すみっコぐらし つみあげるんですげーむ」

初プレー。
キャプテンリノのパクリって話題になったやつ。鬼太郎と一緒に。

だがしかし、フィギュアが無駄によく出来てておっもいw。
難易度くっそ高いんですけどww。

うん、無理w。





IMG_5064
「おねだりマシーン / Wunschmaschine」 Oliver Igelhaut作

持参初プレー。

子ども向け推理ゲーム。
親はアイコン1つだけ描かれたカードを1枚選んで秘密裏に持つ。

山から3枚オープンして、その中に選んだアイコンがあるかないかを宣言。
繰り返して、他の人は分かったタイミングで一覧タイル叩いて正解を当てる。

うむ、シンプルで良い。
アイコン1個だけ描かれたカードは各2枚ずつしかないので、それが2枚出ちゃえば親が選んでないのが確定するってのが中々いい感じ。

2択で行くゲームじゃないっすよw。

結果:レン〇、ヨコイ、おず、マジックマ、コマジックマ



おわんり。


IMG_5065
肉食べたよ。





8/18 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

いやぁこの日はファミリーが全く来ない…。
2組くらいだったかな。
スタッフとはしてないけどるどふぃ~る会員の方が多くて手持無沙汰だった。
まぁそれならそれで一緒に遊んでるからいいんだけどw。

うーん、何かテコ入れ必要かなぁ。


IMG_4866
「デクリプト / Decrypto」 Thomas Dagenais-Lespérance作

持参初プレー。あ、でもこれは太陽皇子さんのだっけか?

チーム戦で味方に4つのキーワードのうち指定された3つをヒント出して伝える。
相手チームはそのヒントを聞いてお題を推測して、味方より先に正解の番号2当てれば勝ち。
お題自体は分からなくても対応する番号が当たればいいってのがミソね。
当たろうと外れようと、それぞれのヒントが何番を指してたかは相手に明かすので、どんどんお題を推理するヒントが増えていく。
ちなみに味方に伝えるのを2回失敗すると負け。
変わってるのが、これを両チーム同時に、交互にやっていくところ。
ダウンタイム無くす手段としてはかなり思い切った斬新さ。

あまり直接的なヒントばかり出してしまうとすぐにバレるので、時々分かりにくいのを混ぜていくのが大事。
ただし味方に伝わらないと意味がないので、その難易度が難しい。

今回の自分たちのお題は「レシピ」「伝染病」「ガラス」「電話」。
それぞれ伝えるのは簡単だけど如何に紛らわすか。
自分が取った手段は「くもり」のヒントで3番を伝えて、「天気予報」のヒントで4番を伝える。
これを別々のターンにやったので案の定相手は「天気予報」のヒントを3番だと誤認。
結果、こちらチームが相手のお題2回当てて勝利。相手のお題は忘れたけど。

うん、面白い。が、難しいね。
ゲームとしてはペアペア連想ゲームに近い。いかに紛らわしいながらも伝えるか。
その為に結構熟考する必要があり、ダウンタイムは長め。むしろそうしないと面白くない。
ある程度裏をかける人ばかりじゃないとすぐにバレて終わってしまうので、人は選ぶかもしれない。
個人的には大好きな部類。もっと遊びたい。

結果:勝利(プレイヤー忘れた)

デクリプト
Le Scorpion Masqué/すごろくや



IMG_4867
「ハチャメチャバーガータイム」

初プレー。太陽皇子さん持参品。ツイッターでちょっと気になってた。

ベルトコンベアで流れていくバーガーが落ちる前にレシピ通りに具材積んで完成させる。
最後は上手くお皿に載せる。これが中々難しい。

とりあえずピンセットが閉じたら噛んで開かないw。難易度かなりアップ!
焦るゲームだけどワチャワチャ感はないね。
ハンバーガーテーマだとくるくるハンバーガーゲームっていう巨塔があるからなぁ。
この時点未プレイだけど。

小さい子の遊ぶゲームとしてはアリね。




IMG_4868
「トロール&ドラゴン / Troll & Dragon」 Alexandre Emerit作

初プレー。
リアルタイムダイス振り。ワチャワチャ系。

手番ではダイスじゃらっと振って宝石出たら取って振り直してを何度でも。
トロールの目は振り直し不可で、全部トロールの目になってしまったら今回ゲットしたの全没収。

扉と鍵の目をセットで出したら、ボーナスチャンスに挑戦できる。
今回取ってた宝石はなくなるが、より価値の高い宝石ゲットのチャンス。
金塊か空の目のダイスを2個振って金塊出る度に金塊獲得。何度でも振れる。
ただし同時に隣のプレイヤーがドラゴンダイス2個振ってて、ドラゴンの目が2個揃ったら強制終了。
そこまでに終了宣言してないと今回ゲットした金塊没収。

なるほど、これはいいね。分かりやすい。
地味に得点を取るか、鍵と扉狙ってチャンスを狙うか。
そのチャンスもどこまで粘るか、どれだけ欲を出して残るか。
隣が終了トリガーダイス振る系は否が応でも盛り上がるね。フリッツ&ミッツとか。

結果:レン 40〇、太陽皇子 31、エース 31、マジックマ 22




IMG_4870
「食べちゃうぞ / All you can eat」 Kevin G. Nunn作

軽くこれも。
最近の同時出しバッティングとしてはなかなか好き。

結果不明





終わりー。

7/21 きなボド!ふぁみりーず@北名古屋

この日の参加者は23名。
少なくない数字なんだが、何かガラガラ感あった。
家族は家族で、大人は大人で遊んでる感じなのでもっと気軽に来て欲しいんだけどねぇ。


IMG_4633
「名称不明」

持参初プレー。
ゲームというかは完全にパズル。
特に名前が書いてなくて『パズルゲーム』とだけ。

カード1枚セットして、その地形に合うようにピースを配置する。
海の生き物は海に、陸の生き物は陸に。分かりやすいね。

何がいいって、これフライングタイガーで100円だったのよ。
採算取れてるのかってレベル。コスパ最強。

意外に難易度は高め。トライ&エラーでかなり悩む。

どこまでがパズルでどこまでがソロゲーかってのは結構謎。
クニツィアなんかもパズルゲー色々出してるしね。


IMG_4636
「スウィッシュ / Swish」 Zvi Shalem, Gali Shimoni作

最近米尼で購入。
以前どこかで遊んでるはずだけど、どこだか思い出せない。

手持ち4枚組み合わせて指定の並び作るオンザドットとちょっと似てる。
こちらはセットのように場にカードを並べて、同色の輪と円を合わせられる組み合わせを見つけて宣言する。
上手くやれば3枚4枚同時に使うのも可能。
つか2枚完成が簡単すぎるので、大人が遊ぶなら3枚以上の縛りがいいかも。

カードの組み合わせに加えて裏表上下のバリエーションもあるので中々難しい。

あと箱があやつり人形よりやや大きい長細い箱なんだが、上半分シースルーになっててゲームは下半分に入る。
ゲーム性は分かりやすい見た目だが、無駄でしかない。



IMG_4639
「覇王龍城 /  Dragon Castle」 Hjalmar Hach, Luca Ricci, Lorenzo Silva作

初プレー。巷で話題の上海ゲー。

中央の共通ボードに積まれた牌を上海っぽいルールで取っていって自分のボードに配置。
同じ色を4つ以上くっつければ裏返して得点化。その時屋根置けば高さに応じて追加点。

牌の取り方にも縛りがあって、同じ種類の牌を現在の最上段1枚と好きな段から1枚ずつ取る。
ただし取れるのは左右のどちらかの端がフリーの牌のみ。
もしくは1枚だけ取って屋根1つ獲得。

できるだけまとめて裏返した方が高得点なので溜めていくか、高い位置に屋根置くためにどんどん裏返していくか。

山が最下段まで達したら得点もらって終了トリガー引くアクションが追加される。
そのアクションが合計3回行われたらゲーム終了。
プレイヤー次第では終了が伸びるので、どこまで粘れるか。

これは思った以上に面白かった。
屋根点得るためにどこでしゃがんで屋根を取るか。
パズルチックな要素もあれば、相手の行動考えるアブストチックな要素もあり。
牌も豪華でいいよね。これで内容お粗末だったらブーイングものだけど。

上級ルールの特殊効果も気になるね。
1回目ちょっとルールミスがあったので2回プレー。

結果:レン 27〇、カトケン 23、ヨコイ 24
結果:レン 36、カトケン 33、ヨコイ 39〇


IMG_4641
「ズーロレット / Zooloretto」 Michael Schacht作

何気に持参初プレー。

結構前に買ってはいたし、ズーロレットミニでは遊んだことあるけど、本家は初。

ルールの基本はコロレット。1枚タイル引いてホルダーに載せるか、いずれかのホルダーを引き取るか。
取った動物タイルは自分の動物園に配置。
檻が3つあり、同種を集めていく。埋まれば満点、1個空きなら半分が得点。
タイルにたまに♂メークと♀マークが描いてあり、揃うと子供が生まれる。
それも1枚に数えるのでボーナスではあるが、それが原因で動物があふれることも。
溢れた動物は宿舎に置いてマイナス点。
売店は複数種類集めることでセットコレクション点数。また、置いた隣の檻は2つ以上空きがあっても1枚1点になる。

もう1つ特徴なのがコインアクション。コイン消費して特殊行動が撃てる。
檻を1度だけ増やしたり、他人の宿舎から動物買ったり、自分の動物再配置したり。

まぁそんな感じ。
うーん、個人的にはコロレットの無駄のないルールに蛇足加えた感がある。
結構簡単に檻埋まっちゃったしね。
3人より人数多い方がいいのかもしれん。シャハトだけど。

結果:レン 36〇、ヨコイ 20、カトケン 31



おしまい。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ