ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:るどふぃ~る

2/11 おやこボードゲームひろば@北名古屋

カテゴリ追加してみた。

おやこボードゲームひろばで遊んだゲーム。


この日は小学5年生2人組が来訪。
ボードゲームに興味あるらしくチラシ見て来たと。
1人はナンジャモンジャとかワードバスケットとか知ってて、もう1人は家族でブロックスを遊んでるらしい。
嬉しいねぇ。

 
IMG_1294
「Hang on Harvey」 Perry Grant, Reuben Klamer, Harvey "Hank" Kramer作

米尼で買って持参初プレー。
以前柏木で見てずっと気になってたやつ。

棒2本で引っかかってる人形を下に2本刺して上のを抜くことで少しずつ下に降ろしていく。
落ちてしまったら最初からやり直し。
板の下部から一部が出た状態でひっかかれば勝ち。

数センチずつ地道に行くもよし、一気に勝負に出るもよし。
地道に行っても落ちる時は落ちるw。

下層の穴の位置が絶妙で、簡単には引っかからない位置にしか穴がない。
あとは引っかかってくれることを祈って引き抜くのみ!

これは名作だね。古くから残ってるだけはある。
子どもらにも人気で1日中遊ばれてました。


IMG_1295
「オンザドット / On the Dot」 Dominique Bodin作

これも米尼から。以前DDTで遊んだね。

4色の円が1つずつ描かれたカード4枚組み合わせてお題の形を作る。
お題には各色3つ以下のこともあって、その場合でも4枚使って、1つは他の色の下に隠さないといけない。
カードの回転、裏表、重ねる順を合わせなければいけないゲーム。
難しそうだが、コツが分かれば結構簡単。

こういうゲームは好物です。


IMG_1298
「ゴルフ / Golf」

トランプゲー。正月に草場さんに教わって以来活躍してます。

各自3×2にカードを並べて2枚だけオープン。
なるべく得点を取らないことを目指す。

2のカードは最高のカードでー2。
10のカードはゼロ扱い。これは草場式。
絵札はすべて10扱い。
んで上下2枚のカードが同じ数字だと両方ともゼロになる。
手番では山札トップか捨て札トップを取って、どこかと入れ替えるかそのまま捨てるか。
捨てたカードは捨て札にいくので次の人が拾える。
誰かが裏向きのカード全部入れ替えたら、全員裏のカードを表に。
先の方式で得点計算して次へ、の繰り返し。

自分の利益を優先して下家が欲しいのを捨てるか、カットするか。
山札めくったときのワクワク感と、捨てた札が良い札だった時のショックが一喜一憂できて面白い。
小学生の子が気に入って、10回以上遊んでました。
最後帰る時間延長してアンコールw。嬉しいね。 


BlogPaint
「ブリンク / Brynk」

持参初プレー。米尼から。

三角、四角、五角形のプラ板の角に切れ込みが入っていて、
その切れ込み同士をつなげていくバランスゲーム。
最大の特徴は、土台の底が丸くて、その下にローラーを置いてすり鉢状のベースに乗せて遊ぶ。
このローラーがかなり動きやすくて、重心変わるとグラグラ揺れる。
不安定さを加速させるバランスゲーム。
面白くないわけないよね!

意外に早期決着ですw。



おわりん。

1/28 おやこボードゲームひろば@北名古屋

いくつか初プレー。


IMG_1208
「お宝詰めホーダイ / Schatz-Rabatz」 Karin Hetling作

持参初プレー。

各自の宝箱に時間内にお宝を詰めたいだけ詰める。
時間経過後、カードをめくってそこに描かれてたお宝は没収されるよ。
1番多く残った人が点数。
かなり運ゲーなんだけど、まぁ楽しい。
小さいのは盗られやすいがたくさん入る、って感じかな。
コマの大きさが絶妙で、綺麗に並べたり上手く組み合わせると綺麗に入って気持ちいい。

なるほど面白い。 
一緒に遊んでた親子も気に入ったようで、3回くらい遊んでたw。


IMG_1210
「プレストプレスト / presto! presto!」 Berhard Lach, Uwe Rapp作

持参初プレー。BGG載ってないね。ピアトニックあるある。

いろんな絵が描かれたタイルがざわーっとあって。
一枚めくっては取って右に並べて7枚取るのを目指す。 
並べる順番はルール次第で、基本ゲームは頭文字の五十音順。
上級ルールの同じ文字2度使っちゃいけないってのが難しくて面白かった。

あとルールにはないけどワギャンしりとりルールで遊んだり。

まぁ悪くないんだが、ちょっとタイル枚数少ないし、Gess the Messのカードで遊べばいいんじゃないかなw。



こんなもんで。 

12/23 おやこボードゲームひろば&アフター@北名古屋

おやこボードゲームひろばとその後の時間で遊んだボドゲ。

本会では4人だったが、スミさんが途中から、ユキさんが終了後二次会のために来たよw。


IMG_0770
「マッチマッドネス / Match Madness」 Jeppe Norsker作

初プレー。バネストのGM16秋枠。

ヨコイさん曰く、難しいナインタイル。
立方体2つが繋がった四角柱が5つ。
横面にはマークが2つずつ異なる組み合わせで描かれている。
お題カードめくって、早い者勝ちで同じ形にマーク揃えれば勝ち。

うん、確かに難しいナインタイル。
ナインタイルが簡単すぎてって人にはうってつけ。

これ系はまずここにしか置けないってパーツを探すのが常やね。


IMG_0776
「さわってポケモンゲットだぜ!ゲーム / Feeley Meeley」 Emanuel Winston作

昨日ゲットした、てさぐりゲームのポケモン版。
触感で対応するフィギュアを探す。

通常のカードに合うのを探す以外に、~の進化形を探せとか~タイプのポケモンを探せっていうお題カードもあり。
ポケモンは金銀までしか分からないのでそのルールは遊べないが。

全体的に丸っこい2頭身キャラが多いので、普通のてさぐりゲームよりも難易度高め。
ピカチュウならしっぽのギザギザ、みたいな特徴で探そう。 


IMG_0778
「ドラゴンの宝 /  Schatz der Drachen」 Reiner Knizia作

持参初プレー。買ったのはかなり前。
クニツィア式神経衰弱というか、クニツィア式イチごりら。

神経衰弱だが車は2つ、燭台は3つ、宝箱は4つ開けないと取れない。
好きなタイミングで終了して取れるものをすべて取る。
それらのお宝とドラゴンを同時に開けてしまうとバースト。
または3枚だけある蜘蛛の巣を開けてしまうとバースト。
ドラゴンだけ、もしくは指輪と一緒に開けて止めるとドラゴンを獲得。
指輪は1枚で取れるし、ドラゴンと一緒に開けても大丈夫。

最終的には枚数比べだが、ドラゴン最多の人は蜘蛛の巣3枚も獲得。


うむ、シンプル。
1手番でバンバン開けていくので、記憶ゲームよりはどこまで欲張って開けるかのゲーム。 
今回ドラゴン最多で蜘蛛の巣獲得のルール説明忘れてたわ。すまんぬ。

まぁ深みはないわな。
軽く遊んだり、子供と遊ぶのにはいいかね。

ドラゴンで最多取ったタクトさんが1枚勝ち。


IMG_0779
「魔法使いの夜 /  Nacht der Magier」 Kirsten Becker, Jens-Peter Schliemann作

スミさん持参品。初プレー。

コインプッシャーのように自分の駒を中央に向かって押し入れて、中央の穴に自分のマークの赤いコマを落とすのが目的。
最初中央の穴は塞がれていて、押していくと上に乗ってるディスクがズレて穴が出てくる。
回りのディスクが盤面から落ちたら手番終了。

ってゲームなんだが、本来は部屋を暗くして遊ぶ。
コマに夜光塗料が塗られていて、それを頼りに勘で押す感じ。
落ちたかどうかは音で判断。

今回部屋の明かり落とせないし、ガラス張りなので消しても暗くならないので明るいままで。
するとただのプッシャーゲーだね。宝の滝みたいな。
というわけで魔法使いの昼でしたw。

いつかまた暗い場所で遊ばせてくださいw。


IMG_0781
「ジャングルの秘宝 / Dschungelschatz」 Roberto Fraga作

持参初プレー。これもかなり前に買ったやつ。
和訳なくて積んでたけど最近英文でいいやと思えるようになったので。

同作者のタイムイズマネーやディガーのように、規定時間を自分でカウントしてその間に得点を取るゲーム。
隣の人が砂時計ひっくり返して、隠してスタート。

袋から宝石引いて、緑なら1枚、赤なら2枚のお題を達成する。
黄色の宝石は手番の最後に2個につきカードを1枚獲得できる。
宝石を投げてキャッチしたり、ブロックを積んだり、袋から指定の色の宝石を探したり。

どっか適当なタイミングでストップかけて、砂時計落ちきってなければ成功。
達成したカード枚数が得点。

なるほどタイムイズマネーにお題達成のアクションを入れてアクションゲームとしての側面を強化した感じ。
より多くの判断が問われるので、時間のカウントが難しくなってる。

最近ヴォアラってタイトルでリメイクされてバネストにも入ってたので入手はしやすいかな。


IMG_0782
「ダムかるた」

初プレー。どうしたスモール出版w。

表に写真とダムの名前、裏に貯水量とか施工年とか。
基本ルールはダムの特徴+ダム名のお題を読んで取るかるた。
それの上級ルールは全部裏面にして読まれたダム名がどれかを当てるw。
裏面にはダム名書いてないのがポイントかなw。

今回遊んだのはバトルモード。
手札配って、お題カード開けると貯水量とか施工の古さとか指定が入って、
全員1枚選んで同時公開して1番強いカードが勝ちw。 

果たしてこれが響くダムマニアがどれだけいるんだろうw。


BlogPaint
「テイクイットイージー / Take it easy!」 Peter Burley作

6人プレーでも時間変わらないのがいいよね!

1人が引いたタイルと同じタイルを全員が使い、
同色の線が繋がってると得点。

どこに置くか、どこを諦めるかのシンプルなジレンマが素敵。
往年の名作って感じね。

タイル量の割にはかなり安いし、対応人数も年齢も広いのでお勧めでっせ。


IMG_0784
「二位じゃダメなんですか? / Why First?」 Simon Havard作

持参初プレー。ゲムマで中古で買ったやつ。

手札から1枚をせーので誰かの前に出す。
オープンして出されたプラスマイナスの数字の合計分コマを進める。
これを4回やって、手札の最後1枚は自分に適用して、順位を見る。
2位の位置にいる人だけ今いる場所に応じた得点が入る。

んで、最終得点が2位の人が勝ちw。

だいたいみんな1位の人を更に押し上げながら2位を目指す。
自分の駒が3位4位くらいになるようにしておいて、最後で2位に上がれるといいかも。

最終得点2位が勝ちってのはまぁテーマに合わせたんだろうけど、かなり狙いにくい。
ぶっちゃけ途中は消化試合で、最終ラウンド命な感じ。

今回4位だったみくろんさんが2位だった自分と一緒に大量点獲得して、
自分が1位、みくろんさんが2位になって勝ち。
なかなか見事な勝ち方だが、かなり偶然っていうねw。
狙えませんよこんなのw。

悪くないがもうちょっとプレイ時間削れればよかったかも。手札4枚でいいかな。



ここで二次会の予約時間になったので終了。

IMG_0787
今回は焼き肉!
一応るどふぃ~るの忘年会ってことで。
一年間お疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。 

11/26 おやこボードゲームひろば@北名古屋

るどふぃ~るでやってるおやこボードゲームひろばとそのアフター。


写真 2016-11-26 13 58 38
「ゆらゆらバランスゲーム 空飛ぶじゅうたん / Aladin's fliegender Teppich」 Jean-François Rochas作

持参初プレー。
去年のエッセンに出てたやつ。日本語版が出ましたよ。

下から糸でつながってる絨毯を磁力で吊って、重し載せて落ちたら負け。
なんとまぁ分かりやすい。
この磁力の調整がほんっと微妙で、寄せすぎると全部載せても落ちないし、遠いと1個で落ちるw。
つか調整ダイアルがサソリって何さ?握りづらいんじゃボケ。

うん、まぁ見たまんまのゲーム。


写真 2016-11-26 16 33 50
「スピードカップ2 / Speed Cups 2」 Haim Shafir作

エッセン戦利品。初プレー。
一応拡張だけどスタンドアローンでもある。ベルだけ1のやつ借りて。

2のカードだと縦横が両方同時に問われる。
あと奥行って概念も。

大人向けとまではいかないけど、1よりも難しくなっていいね。

あと一緒に買ったファン拡張も使ってみたけど、手描きの絵だからわっかりづれぇw。

タクトさんに圧勝w。


写真 2016-11-26 17 55 37
「ディガー / Digger」 Roberto Fraga作

エッセン戦利品。初プレー。
アスモデのドブルと同じタイプの缶シリーズ。
内容は同じくフラガのタイムイズマネーのリメイク。

手番プレイヤーはダイスじゃらっと振って、そのうち1個しか出てない出目の色のキューブを持って行く。
これを好きなだけ繰り返し、好きなタイミングで振るのを止めて、取ったキューブをカードの上に積んでストップをかける。
砂時計は隣のプレイヤーが隠して持っておいて、時間内にストップかけられれば成功。落ちきったら失敗。
失敗したら今獲得しようとしたのは全没収ですよ。

タイムイズマネーとの違いはキューブを積む必要があることと、黒い目が出たら他人の手持ちから取れること、黄色のキューブ1個目取ったらその時点でまた砂時計がひっくり返ること。
終了条件が青いキューブなくなったらなんだけど、0点なのでトップ以外取りにいかないわなぁ。

あと上級ルールでプレイヤーごとの色の価値変えられるけどあんまり意味ないかな。 

個人的にはタイムイズマネーの方が紙幣取ってくアレな感じで好きw。
我を忘れて時間も忘れるのよねw。


写真 2016-11-26 18 12 44
「Muuli」

スミさん持参品。初プレー。
ボドゲというか木のおもちゃ。BGGにも載ってない。

ゴム紐で筒が縛られて固定されてて、1個ずつ抜いていく。
どっかではじけてアウト。まぁシンプル。

ゲームとしてはブービートラップ系のやつなんだが、はじけたら負けってのが分かりやすい。
途中動くことにペナルティはなく、取った衝撃で全体が収縮するのがドキッとして面白い。

なお自分が負けましたw。
残った筒が辺りに散らばるw。スミさん曰くゲーム会では遊べないw。

面白かった。


写真 2016-11-26 18 41 56
「火災発生!いそげ消防隊! / Tatü-Tata, die Feuerwehr ist da!」 Reinhard Staupe作

エッセン戦利品。初プレー。
まぁ国内流通してるけどね。みくろんさんも買ってたし。

指定の位置にカードを並べて、指定の消防士チップ載せて、消防車を指一本で操って目的地へ。
ふうかさんの評価も高かったので期待してたんだが、これは…微妙だw!

まず難易度が低すぎる。誰かがあっという間にゴールして終わり。
上級ルールでもそんな感じ。
結構バカゲーやキッズゲーを楽しめる面子だったんだけど微妙な空気になってしまったよw。

うーん、これは低学年よりは未就学児向けかな?
机の滑りによるのかもしれん。
なんか惜しい。


写真 2016-11-26 18 55 32
「ネコとネズミの大レース / Viva Topo!」 Manfred Ludwig作

Amazonで安かったので購入。何気に初プレー。
定番だけど機会がなくてねぇ。

サイコロ振ってネズミを進める。
猫の目が出たらネズミ1歩進んだ後猫が進む。
猫は後半2マスずつ進むので一気に加速するよ!
捕まる前に巣穴に逃げ込んでチーズを獲得。遠いほど高得点。

非常に分かりやすいルールで、コマが豪華でいいね。
ミッドナイトパーティーに比べると捕まりたくないってのに加えて少しでも遠くに行って点を取りたいって欲求があってこっちのほうが熱いかな。
ミッドナイトパーティーは得点配分がなぁ。

でもまぁおっさん4人で遊ぶゲームじゃないねw。子供と遊びたいw。


写真 2016-11-26 19 32 26
終了後地元駅前に出来たラーメン屋へ。
美味しいけど店員が五月蠅い。来る気なくなるわー。 

9/10 おやこボードゲームひろば@北名古屋

るどふぃ~るでやってるおやこボードゲームひろばでした。
まぁそっちの報告はそっちのブログ見てもらうとして(まだ書いてないけど)。


そのあとにスタッフ面子で1ゲームだけ。


IMG_9258
「マクロスコープ / Macroscope」  Martin Nedergaard Andersen作

持参初プレー。
穴から見える絵柄はなんでしょねゲーム。アタック25の最後のアレ。

手番ではサイコロ2個振って、各出目に対応する窓を1個ずつ開ける。
見えてる絵が何か分かったら回答できる。回答パスしたら2点もらえます。
手番プレイヤーが回答しない場合、他の人が手を挙げてもいい。

誰かが回答したら次の絵が見えないように窓閉めてから紙引き出して答え合わせ。
当たってたら残ってた閉じた窓の分得点。外したらその分マイナス点。

段々と絵が特定されていく感じは面白い。
誰か1人が答えたら終わりってのがちょっと寂しい感じもある。

個人用ホワイトボード用意して、分かった時点で答えと点数書いて伏せるってするといいかも。


IMG_9259
さて何の絵でしょうか?
正解は実際に遊んで確かめてねw。 

7/9 おやこボードゲームひろばアフター@北名古屋

今年の4月から北名古屋で主催しているおやボードゲームひろば。
親子を対象としたボードゲーム会で、今回20名程度の方に遊びに来てもらえました。


置いといて。


その開催後にスタッフで数ゲーム遊んだのでその記録w。



IMG_8684
「ターゲット / Targets」 Wilfried Fort作

もちづき君、えむくろさん、hey太郎さんと。
そういやえむくろさんと同卓するの初めてっていうね。何度も会ってるのに。

初プレー。
ダンジョンファイターというかタンブリンダイスをミニマムにした感じ。

手番では自身のダイスを縦に積んで、一番上を指で弾いて的を狙う。
各的中央の目に触れてたら即獲得、そうでなければラウンド終了時に仮獲得。
仮獲得の的は自分のダイスの下に置いておいて、他人が狙って乗ったら奪われる。
場の自分のダイスの目がぞろ目になったらダブル宣言して回収できるのが面白い。
まぁそんな感じ。

まぁ見たまんまの面白さなんだけど、細かいルールが非常に多いのが残念。
人の的狙うルールとか、相手の積んだダイス崩した時の処理とかないほうがすっきりしてよかった。

シンプルイズベストなタンブリングダイスにそこが劣る。

最多取って勝ち。


IMG_8685
「ベガス / Las Vegas」 Rüdiger Dorn作

hey太郎さんと2人戦。
白ダイス入りで。 

ルールは省略な。
出目で置く場所決まって各場所でマジョリティ。
白ダイスヴァリアントで中立ダイスを一緒に振って一緒に置く。
これで相手の邪魔したり、自分の邪魔になったりw。

人数少ないときはこのヴァリアントは必須だね。
多くてもゲーマー向けに悩ましくしたいなら入れていい。

勝ちー。
最終ラウンドの出目がよかった。


IMG_8686
「ラッキーナンバー / Lucky Numbers」 Michael Schacht作

最近コンプレットが人気ね。
hey太郎さんが未プレーらしいのでこれを。

基本はコンプレットと変わらず、連続手番がない、移動がない、上下自由がない。
あとは縦横両方で昇順っていう。

2人戦だと数字の残り枚数チェックがしやすくていいね。
2人だと自分は特にいらないけど相手が欲しがってるタイルが場にあったら、手持ちの相手がいらないタイルと入れ替えて邪魔するってのが大事になるね。
どれが入れ替えられるかちょっと考えちゃうが。

まぁこの手軽さがやっぱ面白い。
正直これあればコンプレットいらないし、コンプレットあればこれいらないし。

ラスト引かれて負け。 こっちのほうが当たり確率は高かったのにー。


IMG_8687
「クワークル / Qwirkle」  Susan McKinley Ross作

えむくろさんと。ルールに分からない所があるので教えてほしいと。

色か絵柄のどちらかが一致して、もう片方が異なる列を作っていく。
つなげた分だけ点数入るよ。6枚並べたらクワークルで6点ボーナス。

序盤はえむくろさんがクワークル多発してやばいなぁと思ったが、
後半引きに恵まれて自分がクワークル連発。おいしいです。

結果勝利。 

2人戦だと手牌交換してクワークル狙いに行ったほうがいいかもね。




そんな感じでおしまい。


IMG_8688
その後もっちー帰って3人でカレー食べに。スンニマ! 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人
カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ