ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:クローズ会

8/2 平日夜ボドゲ会@大須

さて恒例になってきた平日夜会。
面子は変わらずおずさん、スミさん、NEZさん。

場所は今回もオーフリで。



IMG_4687
「Rise of Tribes」 Brad Brooks作

持参初プレー。
今回のメイン。キックしたやつ。

手番ではダイス2個振って、それを使って4種類のアクション。
アクションボードには各アクションごとに3つダイスが置かれていて、アクション選んだらダイス1個を左から入れて右に押し出すキュー式。
んで、そのあとにそのダイス列に太陽の目が2個あればアクションは強化されて、月の目が2個あれば弱体化する。

アクションはボード上にワーカーを増やす、ワーカーを移動させる、ワーカーあるマスから資源獲得、達成カードドローの4つ。
何するかは非常に分かりやすいね。そのできる数が上記のダイス目によって変わる。

手番中に達成カードに書かれた資源払えばそれ解決して得点。カードによっては永続効果も開放される。
もしくは種族ごとに指定される資源払って、村を作る。
手番開始時に自分の村1つにつき1点貰える。
得点カードは能力付きのものが1点2点、得点だけのものが4点前後。
達成条件は資源払うのと、特定のマスを規定数ワーカー置いたり、マジョリティ取ったり。
誰かが15点取ったら終了なので結構あっと言う間。

移動は人と同じマスにも入れるが、そのマスのワーカーが5個以上になると戦闘が発生。
単純に1つずつ除去を4個以下になるまで繰り返し。シンプルでいい。

あとはダイスロールで月2つか太陽2つが出たら、イベントカードを引いて解決する。
特定のアクションが一定期間強化されたり、サーベルタイガー出現してワーカー食い殺されたりw。


とまぁルールも大体こんなところで予想以上にシンプル。
プレイ時間1時間ってのも納得。

今回選択ルールの種族能力も入れてみた。
自分の種族は1ターンに1度、誰かに2資源払うと相手のワーカー1つを自分のワーカーに置き換えられる。
中々強いが、資源払って得点得るゲームなので中々使うタイミングは限られた。
指定の数のマジョリティ取る条件カード達成する時に、2資源払って置き換えて達成ってのに役立ったかな。

序盤は基本能力付きの得点カード達成して、資源算出増やしたり移動歩数増やしたり。
といってもカードの引きなので引けないとしょうがないが。
今回おずさんが序盤に得点だけのカード多くて辛そうだったな。
ただしそういったカードはマジョリティとかマス独占とかが条件で、序盤の方が達成しやすい。
序盤にスパートかけてしまうのも全然ありかと。

なるほど、悪くないね。なかなか楽しめた。
見た目的に何となくバロニィ感。アブストじゃないけど。
個人的にはこっちの方が好きです。これで2時間ゲーだったら単調だけど、1時間で納めたのもいいよね。

結果:レン 9、NEZ 10、スミ 15〇、おず 14


NEZさん帰って。


IMG_4689
「カブーム / Kaboom!」 Andrea Guerrieri, Andrea Mambrini, Roberto Pancrazi作

持参初プレー。
バネストの倉庫から出てきたやつw。

爆弾解体が目的だけど、失敗しそうならいち早く逃げろよとw。

手番では好きな枚数カード使ってアクション。
ただし上限は自分の表向き(建物内にいる)のキャラクターの枚数まで。
基本は必要な4本のコードの色を見る、その色をキャラクターにセットする、必要な4つが溜まったら解除しに行く。
また自分のキャラを裏向きにして建物から出すこともできる。
すると使えるカード枚数が減るが、カードには建物の外でしか使えないカードもある。

1周したらカウントが進んで、このカウントが尽きる前に誰かが爆弾解除に成功したらその人が勝ち。
カウントが尽きる、もしくは誰かが爆弾解除しようとして失敗したら爆弾が爆発。
その時点で最も多くのキャラを建物から出してる人が勝ち。

っていうダメなら諦めるシステムはレッドノベンバー的な。
まぁ協力ゲームではないので他人が逃げたところで影響はないのだが、カードの中にタイマー進めるカードがあるので、早々に諦めた人がそれ撃ってくると辛いw。

うーん、まぁゲームとしては普通かな。
とりわけて書くことがないw。

最初1周したらタイマー進める処理抜けてて、全然進まないねってなった。
ルール確認したら初期セットアップの最後に書いてあるという罠。
ラウンドの処理に書けよ!

結果:レン、スミ、おず 〇


スミさん帰って。



IMG_4690
「Djam」 William Attia作

持参初プレー。
ドブルやディガーと同じ丸缶シリーズのワードゲーム。

お題カードめくって数字ダイス振ってジャンルが指定。食べ物とか。
色ダイス振って、今回頭文字に使うダイスの色が決まる。
そのあとアルファベットの描かれたダイス全部振って、さっき指定された色の出目のアルファベットから始まるお題に合う答えを早い者勝ちで言う。
基本1点+他のダイスのアルファベットを使えてれば1個につき1点。

ふむ、分かりやすい。

ただ日本人が遊ぶには辛いなw。ひらがなダイス用意せんと。
もしくはダイスDEポンみたいにローマ字でいいか。

このゲームの最大の見どころは作者がケイラス作者のアッティアってところw。
先生何やってるんすかシリーズ。

結果不明:レン、おず



おしまい。



IMG_4691
近くに出来たいきなりステーキへ。
初来店記念にちょっと高めのサーロイン。美味い。

大須店は入店時に肉切りカウンターに寄って注文してから席に着く形式。
イスはあるよ。それなりに席も広くて良い。

正月に行った神保町店が狭すぎたねんなぁ…。

肉マイレージカード作ったのでこれから通おう。

6/21 平日夜ボドゲ会@大須

隔週くらいの平日会。

今回は大須フリースペースで。
面子は変わらずスミさん、おずさん、NEZさん。



IMG_4394
「アナクロニー / Anachrony」 Richard Amann, Viktor Peter, Dávid Turczi作

本日のメニューはアナクロニー。久々に。
そろそろ日本語版が出るのでその前に。

内容はもう説明めんどいので右の検索ボックスから検索してねw。
ワーカー裸で使っての個人ボードアクションと、外部活動スーツ着せての中央アクションが特徴。
実質スーツがワーカーなんだけども。
あとは未来から資源やら借りて後から返す。


ボードは全員A面で。

久々にやったが、やっぱこの自分のアクションマスを資源使って増やしていく感じがかなり好き。
今回タイムマシン1つと、スーパープロジェクトでも過去に返せるやつが取れたので毎ラウンド借りては返すプレー。
だがしかし、ダイス運に恵まれずパラドックスが大量にw。
すると本当は救済のはずの1つ踏み倒せる処理が得点源減らされて邪魔になってしまって辛い。
スーパープロジェクト置いた所為で赤タイル3枚取る条件達成できなくて最後避難できなかったしw。
なんとかブラック企業にはならないように頑張ったんだけどなぁw。

結果は2点差で勝利。
資源返済で14点稼げたのが大きかった。
NEZさんが最後借りてたの返せてれば負けてたよ。

ドゥームズデイ拡張とスート改良拡張も遊びたいなぁ…。


IMG_4395
インスタ映え!

みんな気づいたらスーツをメックって呼んでてワラタw。

結果:レン 44〇、スミ 42、NEZ 42、おず 39



IMG_4396
おずさんとはやぶさ。
オマール海老エスプーマ!

5/29 平日夜ボドゲ会@今池

平日夜の仕事終わりに集まって遊ぶ会。

今回はNEZさん、スミさん、おずさんが参加してくれました。
場所は今池のレンタルスペースを使ってみた。
終わる時間に余裕見て1時間くらい多く取ったけど、1人800円くらい。
冷房も効くし悪くないな。

机がそんな大きくないのであまりデカいゲームはできないが、
2卓あるので8人くらいなら使えそう。

IMG_4239


IMG_4236
「北のヴェネツィア /  La Venise du Nord」 Sébastien Dujardin作

持参初プレー。トロワ作者。
北のヴェネツィアとはサンクトペテルブルクとかブルッヘの別名らしい。

手番では自分のダイス2個振って、1つで移動、1つでアクション。
アクションは資源取ったりカード買ったり。
誰のダイスもないマスでアクション、もしくは誰かのダイスあるマスでより小さい目でアクションするとそのダイスを配置できる。
ダイス配置すると他人がそのマスでアクションするときに相乗り可能。
ダイス目強いほどアクションも強くなるが、小さいほど相乗りしやすくなる。
流れとしては資源生産して、その資源で店カードを起動して、店カードから商品生産して、売るための注文取って、注文書使って商品を売却。
それぞれが別のマスでアクションするのでめんどくさい。順序上手く考えないと。
隣接する2マスにダイス配置できると橋を建設できて、橋があるとフリー移動できるうえに終了時得点。
全体で一定回数商品売却されたら終わるので結構スピーディー。

後半に店カード取る必要がなくなって、死にアクションになるのが残念だな。
ダイス目調整要素が橋くらいしかないのでダイス運が最後に関わってくる。
まぁ何出てもいいように橋作っとけってことかもしれんが。

初期配置で相乗りしても美味しくない位置に置いてしまったのが失敗だなw。

なかなか面白いが、なんか荒い感じ。
ボードがモジュラーボードで並びどころかマップの形まで組み替えれるのでリプレイ性は高そう。
もう数回は遊んでみたいかな。

結果:レン 33、おず 38、スミ 32、NEZ 42



IMG_4237
「Plunder」 Jonathan Franklin作

持参初プレー。このタイトルのゲーム多すぎぃ!
温玉さんがイエサブに売ったのを購入w。直接買えよとw。

各自に配られた3枚のカード当てる系。
手番では場に並んだ3枚のカードを使って質問。
その前に任意の1枚を山めくって上書きできる。
んで他の人はその3枚のいずれかを持ってる持ってないを答える。枚数は分からない。
推理系としてはかなりシンプル。全員のを同時に推理ってのが珍しいかな。

んで最大の特徴は解答方法。
3色のアイコンが並んで描かれたカードがあり、そのうち3つに丸を付けて箱に投入。
特に誰がってのは指定せず、その3つの組み合わせで持ってる人がいたら得点。
回答カードの枚数は数枚余裕あるので、2択なら両方描いて出してしまえってのも有り。

んで当てた数だけ得点。当てられた数だけ点が減る。
正直自分を当てられるかは運次第なのに、それで点が減るってのは微妙。

まぁ全体的に見ると普通の推理ゲー。可もなく不可もなく。
これ系だとブラックウィーンがやっぱ1番だな。

結果:レン 8〇、おず 8〇、スミ 1、NEZ 1


IMG_4238
「積みゲークイズ」 サイ企画

最後にちょろっと。
ゲーマー同士でやるには最高に楽しい。



これにておしまい。
平日に重ゲー遊べると満足感あるわぁ。


IMG_4242
おずさんと近くの天ぷら屋。
コスパ考えると焼き肉の方が良かったなw。



5/17 平日ボドゲ会@大須フリースペース

仕事帰りにボドゲできる知人集めて平日会。
面子はスミさんとNEZさん。
本当はもう1人いたけれどドタキャン。面識ない人は誘うもんじゃないね。

場所は大須フリースペース。
以前きなボドにも来てくれた瀬戸さんが大須で始めたフリースペースです。
ちょっと前に偵察に行ったけど、利用は今回が初。
18時~22時で1人500円という破格な価格設定が魅力。

IMG_4114

ただ、冷房が故障してるらしく、結構暑かった。
5月でこれは夏場ヤバいだろうなと思ってたが、これ書いてる現在(7/10)、冷房取り付け工事中とのこと。

IMG_4170
卓はこんな感じで。あと1部屋あります。


IMG_4115
備え付けゲームも。ほぼ寄付品らしいw。


ブログ溜めてる間に気づいたら大須がボドゲカフェ/スペース激戦区になってたよ。



IMG_4168
「メルリン / Merlin」 Stefan Feld, Michael Rieneck作

NEZさんとやろうって言って大分経つメルリンを。
キック特典のミニ拡張が遅れて届いたので自分以外初回だが入れてみた。

基本ゲームはまぁ何度か遊んでるので省略して。
上級ルール入りで。

IMG_4169
ミニ拡張1はキック特典で最初からついてたやつ。
エリアタイルの効果なしのタイルを入れ替えて、全部効果タイルに。
塔タイルが埋まった後でも建設アクションが弱くならないのはいい。
聖杯やエクスカリバー取れる機会増えるのもいいね。杖も増えます。
その分建物アクションが強くなりすぎる感じもあるが。
点数効率もかなり高いので、序盤にデカいエリア押さえちゃえばかなりの得点。
塔を狙ってエリア散らすか、得点高いエリアに注力するかってジレンマは薄れた気がするね。
そこはちょっと微妙。
まぁお好みで。

ミニ拡張2は今回届いた封書タイル。
各地域でワーカー置いてアクションする代わりに、ワーカー配置せずに封書タイルを引ける。
裏にはコマか紋章か旗が描いてあってそれが貰える。何枚か得点だけのハズレもw。
それだけじゃなくて、使い終わった封書タイルを捨てることで特別なアクションが可能。
1枚捨てるとダイス目を±1できる。
2枚捨てると好きなコマ/旗/紋章/影響力1つ貰えるとかだったかな。
3枚捨てると5点。微妙。
このダイス目補正がかなり大きい。
元々ダイス目補正する方法が聖杯しかなく、しかもそれが取りづらいのでダイス目如何なゲームだった。
それがこのミニ拡張で補正されたのがかなり大きい。
ダイス目の都合で特に欲しくないエリアでアクションするときに、代わりにランダムピックすることで、別の色の資源を得ることもできるし、それがダイス目補正にも繋がる。
このミニ拡張は必須と言っていいんじゃないかな。これ入れて完成するゲーム。
その分考えること増えて長考気味になるけどね。

結果は大勝。やっぱエリア点が強すぎるな。
影響力と同じで、決算後に1個残して回収とかでもいい気がする。

結果:レン 103、スミー 47、NEZ 60



おしまい。平日に重ゲできるとやっぱいいなぁ。
隔週くらいでやれたらなぁと。

4/29 半クローズ重ゲー会@桜山

タクトさん主催で半クローズ重ゲー会。


IMG_4041
「パルサー2849 / Pulsar 2849」 Vladimír Suchý作

持参初プレー。やたらと評判の良い新作。

ダイスプレイスメントだが、手番のダイスは基本2個しかない。
最初にまとめて全員分+1のダイスを振りカタン周りでピックする。
基本大きい目ほど強いが、取った目が中央値からどれだけズレてるかによって、2つのトラックどちらかの自分のコマを移動させる。
1つは手番順トラック、1つは工学収入トラック。小さい目取れば左に、大きい目取れば右に。
つまりは強い目取るほど手番順遅くなったり、収入減ったり。逆もまた然り。
なるほど良いバランス取り。

取ったダイスは手番で全部使用。工学キューブ4つ払ったり、ダイス配置の効果で追加の赤ダイスが取れるが1手番1個のみ。
全部で8ラウンドなので最小16手、最大24手。少ないね。ロレンツォ以下。

ダイスの使い道は宇宙船移動、ジャイロダイン獲得、ジャイロダイン起動、技術獲得、本社効果発動、転送機獲得、補正タイル取得。
メインになるのが宇宙船移動。ボード上のラインをダイス目だけ移動する。
惑星群タイルを通り過ぎるか止まったらめくって、止まったら居住可能惑星、通り過ぎたら居住不可能惑星に自分のコマを置く。
まぁそんな書き方だと分かりづらいが、止まった時に居住可能惑星にコマ置けたら描かれたボーナス貰えるってだけで、他に違いはない。
どちらにせよ置いたコマの数で最後得点が貰える。16か所中13か所置ければ最大効率で50点貰えるのでそれを目指す。
また、ボード上のパルサーってマスに止まると、リング置いてそれを予約。
別のアクションでジャイロダインを取得し、フリーアクションでリングにはめ込んで、また別のアクションで起動する。
全部で3アクションはかかるのだが、これやると毎ラウンド得点収入。
この得点がなかなか大きく、取るジャイロダインによって1~3点なのだが、それにラウンドごとの固定値が1つ当たり加算される。
大体8ラウンドだと10点分くらいか。
なので、1ラウンドに3点ジャイロ起動できれば34点行動。まぁ相当難しいが。
せめて2ラウンド目で31点が現実的か。
コマ置きがゲーム通してやって50点って考えると1個で31点はかなりデカい。
まぁ移動にはボーナスやらパルサー取得も絡んでくるから一概には言えないが。

技術取得はよくある特殊能力獲得。指定のダイス目使って永続、即時、収入、終了時得点の特殊能力が手に入る。
ラウンド経過に従って取れる能力が増えるので、どうしても欲しい能力あるなら前のラウンドでスタP狙いたい。
1~3のボードが2種類両面あるので、4*4*4で64通り。まぁ今回は初期推奨の全部A面で。
赤ダイス取る効果は使ったダイスも目下げて戻ってくるので便利。
あとは本社ボード。自分専用の即時効果。ピラミッド状で下から埋める。ペンパ。
そこまで効果は強くないんだが、特殊なゲートランって効果があり、解放後に移動する時に使用して、移動時に通った指定のマスの数に応じて得点が貰える。
上手くコントロールできれば40点くらいは取れる可能性あるので、移動と上手く組み合わせていきたい。

転送機は指定のダイス目1~3個使って獲得。1つ使っておけば残りは後ででも。
全部使用できたら裏返して、即時収入と継続収入。得点もあるが工学キューブもあって赤ダイス獲得に役立つ。
更にタイルの端には赤い長方形が描かれていて、2つ裏返して合わせると正方形が完成、描かれたピップ数ので赤ダイスを獲得できる。貴重な赤ダイス源。

補正タイルは±1か+2がある。ないと辛い局面もあるが、1アクション使って取るのはもったいないので移動時のボーナスや本社効果で取るのが良い。

あと得点源として達成条件が3つオープンされてる。
終了時に達成できてれば得点もらえて、更に工学キューブ払って得点購入する機会が貰える。
通常は2つで1点なのだが、3つ払って6点貰えたりと効率はかなり良い。
自分の達成できる条件把握して、必要分の工学キューブを確保しておきたい。

まぁそんな感じで。正直ルール読み段階でワクワクしたよね。久々。
ブルゴーニュ並みの少ない手数で何を伸ばすか。
必要なダイス目考えてダイスをピックするが、手番順や収入も考えないと。
1番手は最初に動けて、ダイスも最初に1つ選べて良いが、逆に2つ目のダイスは最後に選ぶので選択肢が2分の1。妙味を感じるね。

今回、惑星群タイルめくるのが楽しくて、移動中心プレー。
欲しくないボーナスでも、放棄すれば惑星タイル引いて主に得点貰えるので便利。
その代わりジャイロダインがあまり取れず、得点収入でビハインド。
ボーナス狙いで通り過ぎるよりも止まるの重視してたからコマ数得点もそれほど伸びず。
得点的には微妙でした。

が、これは楽しい。とにかく楽しい。
基本どのアクションもプラスの伸びしかないので、どれを狙うかが悩ましい。
ジャイロダインの強さに序盤気づけず、気づいたときには取れるパルサーがほとんどない状態。
4人プレーはパルサーの取り合いになるね。
一応今回スタPは積極的に取って、美味しそうな技術は取れるように。
達成条件に技術数があったので、その狙いは悪くはなかったが。

いやぁ面白い。しばらくはヘビロテの予感。

結果:レン 164、みくろん 201〇、おず 152、まるだ 173



IMG_4042
「エスノス / Ethnos」 Paolo Mori作

先日に続いて。もうちょっと遊びたいなと。

ジャイアントは出した数に応じてマジョリティタイブレイクの優先タイルを取れる。
また、最大数出したら得点とジャイアントタイル貰えて、ラウンド終了時に持っていればボーナス。
他は使ったことある種族、というかこれで全種使ったかな。

手札残せるエルフ、連続出しできるケンタウロス、手札補充できるウィザードらへんがいるかどうかで大分ゲームの様相が変わるね。

手軽ながら悩ましい良ゲーですよ。

結果:レン 80、みくろん 96、最上 95、おず 114〇



IMG_4043
「支離滅裂 / Krass Kariert」 Katja Stremmel作

最近の小箱ではトップレベルのお気に入り。

並び替え不可の手札をどこから使って並び順をビルドしていくかが悩ましく面白い。
まだ買えてないんだけどね。

結果1:レン 2、最上 1、ハヤシ 3、タクト 0×
結果2:レン 2、最上 0×、ハヤシ 1、タクト 0



この後は食事会。
秋山さんが結婚されたのでそれを祝しての祝賀会です。

ミスボド名古屋勢やフレイさん、バネさんも来てくれて20人近く賑やか。

IMG_4049
オリジナルケーキw。
ファラオは2年前のエッセンで撮った写真提供したら使われてしまったよw。


IMG_4046
秋山さん(夫妻)おめでとうございます。末永くお幸せに。

それはそうと馬肉が美味しかった。初めて食ったよ。


23時頃に終わって、一部はフレボドへ。
tetuさんが奥さんいなくて暇らしいので、かぶさん誘ってtetuさん宅へ。

IMG_4054
「パルサー2849 / Pulsar 2849」 Vladimír Suchý作

もいっちょパルサー!
技術全部B面で。条件タイルはランダム。

ジャイロダイン点の+?は中央値分得点なのだが、+4点とかヤバみある。
一応ジャイロダイン強かったよって言っておいてからのジャイロ狙い。
3人だとパルサーに余裕あるので4人に比べると早取り感は薄い。

本社はゲートラン特化しないと弱いなぁ。

ちょっと得点配分が分かってきて、強い得点源無視しちゃだめだと考えると、戦術の代わり映えがない気がしてきた。
まぁもうちょっと遊んで検証してみよう。

結果:レン 219〇、かぶ 181、tetu 187



おしまい。2時くらいw。充実した1日だったな。

1/13 八八会@御器所

気づけば恒例の八八会。前回は秋だったか。

山梨からkgwさん呼んで、今回は桃と梨はないけども。



IMG_3462
「八八」

正月に遊んだばっかりですが。
1年目、2年目奮わず、突入した3年目で爆発した。
絶場での四光を2回出して40貫オール×4で120貫美味しいです。


IMG_3463
手に光札2枚で、打ち出しで場に桐の光あって桐持ってたので三光確定。
あとは坊主次第だったけど、絶妙なタイミングで山から引いて勝利!


IMG_3464
いやぁ儲けた儲けた。
実はそのあと無謀に突っ込んで20貫くらい減ったけどまだこれもんで。



IMG_3465
一気に捲って総合1位。いやぁ気持ちいいね!
kgwさんだって相当勝ってるんだけどなぁw。


八八楽しいなぁ。もっと頻繁に遊びたい。


IMG_3466
「 美少女戦士セーラームーン カードゲーム マスカレイドバトル」

久々に。
知る人ぞ知る名作、そして迷作。

・マストフォローのトリテ
・チーム戦
・招待隠匿
・各カードにランク2種類
・どっちのランクで何勝するかを最初にビッド

ほらもう訳分かんないでしょ?
ちなみに説明書は全部会話形式で書かれてるので数倍分かりにくい。

詳細書くと、

チームカード配るけど非公開の正体隠匿。
最初にどっちのスートで何トリック勝つかをビッドして入札。
最高ビッドした人のチームはそのトリック数を「チーム員の誰かが」取る。合計ではない。
反対のチームの人はそれを阻止する。
なお自分の陣営と一致する側のビッドしてれば2トリック分ボーナス。(詳細は違うが略)
マストフォローのトリテで、どっち側のランクで出すかは自由。
勝った場合、自分の出した側の勝利トリックとしてカウント。
そのスートの最強カードであるアクションカード、それよりも強いが取ったトリックは誰かに渡す必要があるサポートカード、勝利判定スートを変更するマークチェンジカード、他人の出したカードのランクを逆側に変更するサイドチェンジカードなど特殊カードも色々。
あぁもう書いててめんどくさい。

まぁそんな盛り盛りなルールだが、決して破綻してなくてよくできてるのがすごい所。
ちなみに一部ルール簡略化してて、本当はビッドあたりがもっとややこしい。

ある程度トリテに習熟してる人にしか出せないし、そんな人が5~7人いるとか相当ハードルは高い。
トリテ好きなら一見の価値はあるゲーム。
当時遊べた人がいるかは定かではない。

結果は1勝2敗だったかな。


おしまい。


IMG_3467
なんか新しくできた中華で飯食って。



IMG_3468
フレボドポーカーやって終了。
結果はフレイさんのブログ見てね(サボる)。

1/8 クローズ会@千年

クローズ会。

中井さんがテラフォ未プレーというのでメインはそれ。



IMG_3450
「ヘブン&エール / Heaven & Ale」 Michael Kiesling, Andreas Schmidt作

初プレー。出る前から期待してたやつ。

好きなだけ進んでいいけど1周しちゃったら他の人来るまで待てよ方式。
基本的には止まったマスの作物タイルや修道士タイルを購入。
日陰に置けば表示値で、日向に置けばその2倍で買う。
タイルは買っても発動はせず、発動させるのは2通りの方法。
1つは決算ディスクを取る。
作物ごと、修道士ごとに発動し、同じのは2回発動できない。
もう1つは空き地の周りをタイルで埋めて小屋を建てる。
周りに置いた数字の合計によって置ける小屋が変わり、
数字が小さいほど醸造人がトラック上を多く進むが、数字が大きいほど発動できるタイル枚数が増える。
発動すると日陰においたタイルはお金、日向に置いたタイルは対応するコマをトラック上で進める。

最終的に進んだ醸造人の位置によってまず変換レートが決まり、
その変換レートに沿って、一番進んでいない作物を、進んだ作物を払って進めていく。
最終的に一番進んでいない作物の位置の数字と、醸造人の位置による倍率を掛け合わせたのが得点。

更にゲーム中に条件達成すると取れるタイルがあるが、取るためには一旦それ用のマスに止まる必要がある。
あとは決算ディスク2つをペアで埋めるとボーナスあったりうんぬんかんぬん。

まぁ詳細はいいとして。
えー、まず盛大にルール間違えました。
というか説明書がまじ分かりにくい。
決算ディスクによる効果は「起動」であり、小屋や起動した修道士による効果は「発動」。
作物タイルは起動しても発動しても効果は一緒だが、
修道士は「起動」すると周囲の作物タイルを「発動」させて、
「発動」すると隣接して繋がってる修道士タイルの数だけ醸造人が進む。
この違いが非常に分かりにくく、修道士を連鎖「起動」させてしまっていた。
そりゃ強いわ。もっといい単語なかったんかね…。

というわけでノーカウントとしたいが、同じ条件で完敗してるのでしょうがないw。
金が足りねぇよ…。

結果:レン 34、温玉 79、中井 96〇



IMG_3451
「テラフォーミングマーズ / Terraforming Mars」 Jacob Fryxelius作

テラフォ。基本マップで。
中井さんなら大丈夫だろうと企業有りドラフト有りで。

今回は電力企業。
とりあえず電力タグ取りまくって電力収入上げまくる。
3電力で酸素濃度上げられるやつが来たのでそれでTR稼ぐが、いまいち展開できず。
そんな中、温玉さんが流してくれた電力をお金に好きなだけ変換できるやつが大活躍!
カットしないでくれてありがとうw。
電力収入20とかあったので、20金にできます本当にありがとう。
最高30まで行ったよw。

まぁ結果は電力収入をTRに変えられるカードを使うタイミング間違えた、というか効果勘違いしててかなり得点逃したのが痛く、3点差で負け。
ぐぬぬ…悔しい。


IMG_3455
電力タグ多すぎw。

ドローソースが科学タグ出した時のみだったので後半使えなくて手が足りなかったのが痛い。
魚は熊に食べられて1点しか稼げないしw。お約束。

結果:レン 94、温玉 97〇、中井 89



おしまい。2ゲームだけかw。



IMG_3457
終了後カレー食べに行きました。
3年前くらいに来たきりの店。温玉さんや最上さんと出会った当初かなー。

1/6 クローズ会@千年

遊ぶ人募集したら中井さんから返答もらえて。
他にいなかったから流れるかと思ったが、中井さんの友人が捕まったので3人で遊ぶことに。

場所は最近よく使うプレイズ千年。


IMG_3418
「ペロポネソス / Peloponnes」 Bernd Eisenstein作

中井さんの積みゲー。
4、5年前に自宅会でやったきり。
追い出し式の競りと人がバタバタ死んでくのだけ覚えてるw。

ラウンドごとに並ぶタイルを競り。
相手より多く積めば追い出せて、追い出された方は移動できるが、お金の追加はできないので追い出されても他に入札できる額で入れておく保険大事。
まぁ3人だとそこまで追い出しも起きないね。
取るタイルは直前のタイルと収入が一部は一致してないといけない制限があるので誰が何欲しいかは分かりやすい。
建物は資源必要だが、支払いは次の決算フェイズまで先延ばし可。
決算フェイズごとにイベントタイルめくって、同じ種類が3つ出るとイベントが起きる。
大体、というか全て悪いやつ。人口半分飛んだり食料飛んだりw。
それでまでにしっかり稼いで置くか、特定のイベントに耐性できるタイル取って置くのが大事。

記憶より大分プレイ時間も短く、軽い感じだった。
その割にはプレー感は辛くて遊んだ気になれるのがいいね。
今回は中々米が取れなくてキツかった。
木材は多めに取れたので、振り切った分を贅沢品に回せてまだ何とかなった。
でも自転車操業なので辛み。資源支払えずにマイナス喰らったり。

拡張もいっぱい出てるし、去年出たカードゲームも気になるね。

結果:レン 30〇、中井 25、水内 18


IMG_3419
「ナンバーナイン / NMBR9」 Peter Wichmann作

まだまだ飽きません。

結果:レン 77〇、中井 44、水内 50



IMG_3420
「ローマ:ライズトゥパワー /  Rome: Rise to Power」 Elad Goldsteen作

持参初プレー。
温玉さんがイエサブに売ったのを買ったやつw。

ダイスプレイスメントで、小さいほど優先権取れるんだが、
同じ場所に追加した2つ目は1つ目の数以下じゃないといけなくて、
総数じゃなく結局は1つ目の数しか参照しない謎仕様。
まぁ要は大きい目置くと追加しやすいけど手番遅い、小さい目置くと追加しにくいけど手番早いってデザイン。
ただ、そのために小さい目いっぱい出た方が強いっていうね。
一応他のカードは数字大きい方がいいの取れたりするのでバランス取ってるんだろうが、得点比率的に小さい目で取れる地区カードの方が強いのと、
人物カードの特殊能力使うのにも地区カードに描かれたアイコンが必要なので、やはり地区カード大事。
うーん、な感じ。悪くはないんだけど。

正直人物能力が微妙なのが多すぎて、1手かけて取る必要性が薄い。
ただ、得点系能力が強すぎるのでそれが出た時だけ競争率高くなる。
どう考えても得点比率がおかしいんだよなぁ…。

結果:レン 17、水内 18、中井 20〇


IMG_3421
「イル・ベッキオ / Il Vecchio」 Rüdiger Dorn作

久々に。
個人的にトップ10くらいに好きなゲームなんだが、認知度は低い。
ゆるくも辛い感じが好きです。

手番ではお金でコマ移動させてアクションするか、新しいコマ投入するか、使用済みのコマ全部復帰させるか。
早めに投入して起こす手番減らした方が強いけど、得点行動である県への送り込みコストがどんどん高くなってくから優先度が悩ましい。
これだけでもう悩ましいのが分かるよね!

あとのルールは検索してちょうだいw。

序盤にお金が沸く効果タイル取れると強いね。
今回初期で取ったのは復帰アクション時に1コマ投入できるやつ。
これはこれで手番浮いて便利なんだが、基本使い切るまで復帰させないので、コマの応用がきかなくてお金が辛い。
終始金欠気味でした。中盤に司教取ると車輪と3金貰えるのが取れてちょっと楽にはなったけど。
結果はギリギリの勝利。なんとか経験者の面目が立ったぜ。

結果:レン 51〇、中井 47、水内 49




「ナンバーナイン / NMBR9」 Peter Wichmann作

最後にもっかいナンバーナインやっておしまい。
好きって言うからには勝率は高めですよ。

結果:レン 87〇、中井 69、水内 79

12/24 クローズ会@千年

最上さんがテラフォしたい!というのでテラフォ会。

海上は熱田区のイオンタウン千年(ちとせ)にあるプレイズというTCGショップ。
ボドゲは現状取り扱ってないけど、プレイスペースが100席以上あって好きに使って構わないとのことで。
最近しくらめん氏がよく使ってるので、行ってみました。

したらばカツ丼あいす氏としくらめん氏がいたよw。


IMG_3311
かなり広い割には客はまばら。交通の便がちょっとねぇ。
先日潰れたプリニークラブ金山に比べて、立地は悪いが席は多くて使いやすい。
ドリンクバーはないが1Fがマックスバリュで持ち込み自由。
何より無料で22時まで使える。便利。

むしろ金取ってくれていいくらいで、不安になるw。
TCGの大会ある日でも半分くらいしか埋まらないのでスペース探してる人は利用してみてください。
ストレージとかでも買ってあげるとWin-Winだね。




IMG_3310
「テラフォーミングマーズ / Terraforming Mars」 Jacob Fryxelius作

4度目か5度目か。
拡張マップの未プレーだった面で。
マップによって称号と褒賞に違いがあり、戦略に有利不利が出るので、ダイスかなんかでランダムに決めるのがよろし。

今回自分の企業は都市が建つと収入増えるやつ。
初期で1都市持ってるのが強い。

その後同じ効果のカード出したので誰かが都市建てると2収入増えるマンになって気持ちよかったが、出せたのが後半だったのであまり役には立たず。

今まで盤面無視しすぎて負けることが多かったので今回は盤面重視で攻める。
だがしかし、それ以外を疎かにしすぎて、称号を1つも取れなかったのが痛い。
結果は4点負け。うーむ。

いやぁ飽きないね。面白い。

結果:レン 82、最上 82、かぶ 86〇



IMG_3312
「タウンセンター /  Town Center」 Alban Viard作

初プレー。
先日遊んだCard City XLのボード版。正確には逆だが。

スタPが袋からキューブを人数分×2引いて、2つずつ積む。
それをカタン周りで取っていく。もちろん下段は上段が取られないと取れない。
切り分けるのがスタPなのにスタPから取り始めるのはどうなんかね。

取ったコマはボード上に配置。

黒キューブは1Fが駐車場、2F以上がエレベーター。
駐車場は隣接キューブ数分の収入。
エレベーターがないと他のキューブを上の段に積めない。

黄色は電力施設で、エレベーターや商業施設などは黄色に隣接してないと稼働しない。

赤はオフィスで特に効果はない。
緑は住居で取った緑キューブは隣接させては置けない。
その代わりにそのブロックに含まれる緑キューブの数より多いオフィスに隣接することで成長してキューブを増やせる。
それによって大きくし、複数のブロックを繋いだりする。
ゲーム終了時、ブロックに含まれるキューブ数により、1点、3点、6点…の階差点数。

青は商業施設で、ブロックに含まれる青キューブ数より多い緑ブロックに隣接してると成長。
緑キューブではなく緑ブロックなのが難しい所。
こちらは毎ラウンド収入を生み出す。1金3金6金…の階差。

お金はオフィスの配置時に5金かかるのと、エレベーターと電力施設を追加で買うのに必要。
余ったお金は5金1点くらいになる。

プレイ感はカード版とほとんど変わらず。こっちの方が立体的な思考があってパズル感は強い。
カード版は切り分けが時間かかったのでこっち方がスピーディー。
序盤に商業施設と電力施設揃えられないとかなり出遅れる。
買えるところでは惜しまず買った方がいいかもね。
駐車場なくて頭打ちってのも辛いし。

個人的にはカード版よりこっちかな。見た目いいし。

結果:レン 42、最上 49〇、かぶ 35



IMG_3313
「ケイラス / Caylus」 William Attia作

最上さんが以前から未プレーと言っていたので持参。久々。

ワカプレの源流と言われるゲームの一つ。
詳細はまぁ昔の記事にあるので検索してくれぃ。

かなり久々なので感覚もほとんど覚えてないが、
3人プレーなのでタイミング被らないように城建築で特権取ってお金を補充。
後半は建築の特権で建築機会稼いで、金少なめで建てられる建物複数建てて稼ぐ。
結果まくって1位。なんとか経験者の面目立ったな。

今となっては古めかしさを感じるデザインだが、飾りっ気のない凝縮された楽しさがあるね。

結果:レン 88〇、最上 82、かぶ 71



IMG_3314
「ナンバーナイン / NMBR9」 Peter Wichmann作

お気に入りなんですよ。
100点超えたぜ!

結果:レン 104〇、かぶ 95、最上 56



IMG_3315
肉行っておしまい!



あ、2017年ボドゲ納めがこれでした。
28日から休みだったんだけど遊ぶ相手がいなくてなぁ…ずっと寝てたよ。
誰か遊んでくれよぉ…。

11/3 クローズ会@吹上

特に予定がなかったのでクローズ会。
1、2日前に声かけて集まってくれる仲間に感謝。


IMG_3034
「アーグラ / agra」 Michael Keller (II)作

持参初プレー。本日メイン。
ラグランハ作者新作。

斜めになったサブボードが特徴。特に斜めの意味はないw。
というか手が滑ると下まで滑り落ちるので注意w。
あとメインボードがでっかいよ。

インドの王様が即位したので贈り物をしようとかそんな感じ。

手番ではまず瞑想アクションを行える。
メインボード上のワカプレした自分のコマを倒すことで瞑想ポイントが出る。
出るポイントは自分の瞑想レベル次第。
これを使ってアクション。大体メインアクションでできる一部のアクションだったり、資源変換などの補助的なもの。

メインアクションは自分のワーカーをメインボードに配置してアクション。
誰かのいるマスのアクション撃つと相手を追い出す。
既に自分のコマがあるマスのアクションを行うには2金払う必要があるので、相手に追い出してもらうことが重要。
追い出すコマが瞑想済みで寝ていれば特に恩恵はないが、まだ立っているコマを追い出したら相手に補償の好意ポイントが入る。
この好意ポイントは手番中にいつでも使ってサブアクション。瞑想と2種類あるのが分かりづらいね。

このゲームでは資源が12種類もあって、メインボード上に自分の資源コマ置いて表す。
といっても基本資材4つ、それから派生する中級資材が2種類ずつ、中級の片方から派生する上級資材が1つずつなので、難しくはない。
資材マスは同時にアクションマスでもあって、基本資材のマスでは自分の個人ボードに応じて資源が出る。
中級以上の資材マスでは1つ下のレベルの資材を1~3つまで加工してレベルを上げる。
ただしゲーム開始時には初級以外は未建築で誰かが建てないと使えない。

あとは人物アクションが4種類。
資源のうち建材と呼ぶ4種を使っての建築、集めた資源をボード上の名士カードやサブボードのギルドに配達、資源の価値相場を上げ下げして資源変換、個人ボードの発展。
このゲームのメインとなるのは2つめの配達。

まず名士カードは特定の資源2~3つが描かれていて、配達すると得点が入って、全部埋まると最も多く置いた人にカードが行く。
あれだな、トロワ的。
カードは全て特殊効果があり、永続効果だったり終了時得点だったり。
かなり強力なので序盤はこれの取り合いになる。
段々と必要な資源が中級上級となっていって停滞する感じ。
一定量の名士に配達するとボートが進んで、配達可能な名士が増える。

もう1つはギルド。
サブボード上には自分のギルドメーターと、各ギルドが要求する2種類の資源が描かれている。
対応する資源を払うと現在の自分のギルドメーターの位置に応じてお金が貰える。
ただしギルドメーターの進みが2位以下なら1金少ない代わりにギルドメーターが上がる。
他に上げる方法は名士に配達したときと、人物アクションと、好意アクション。
まぁ貰えるお金増やしてから配達した方が得だぜ、ってことで。
ちなみに配達は手番終了時にノーコストでもできる。アクションで撃つと追加でできるって感じ。
ただし手番終了時の配達は名士には不可。
代わりに王へ献上する選択肢があり、中級以上のそれぞれの資源早い者勝ちで先着1名。
ゲーム終了時にそこに置いてある個数に応じて得点。

この配達繰り返して、ボートが進み切る、誰かがいずれかのギルドメーターマックスにする、いずれかのギルドが配達で埋まるのどれかが満たされるとゲーム終了。

他にも相乗りルールがあったり、細かい処理はいくつかあってルール量はそれなり。
手番はメインアクション1つ撃つだけってのはシンプルなんだが、付随するサブアクションの選択肢が広くて悩む。

序盤~中盤とみんなまず名士に配達してどんどんボート進んで、早々にゲームが終わるんじゃないかと不安になったが、後半のコストの高さに停滞。
そっからはギルドに納める流れに切り替わり、自分は建築を行って建築ボーナスで稼ぐ。
ただこのとき、本来建築した建物のアクションをすぐ撃てるってのを忘れてた。
終盤に気付いて、今回はなしってことで。弱くなってたわー。
あとは王への献上を多く撃って得点稼ぐ。上級資源納めるのは重いので中級資源をどこで納めるか。

うーん、難しいどうすればうまく戦えるのか。
資源の産出量がいずれか増やしていずれか減らす感じなのでどれかに特化するのがいいかな。
一応単純に片方増やすこともできるが。
まずは建材増やして建築しにいくのがいいか、カレーと油には倒れてるコマ立てる効果あるので瞑想上げてそっちに振るか。
色々戦略はありそう。戦略に合う名士を取れると強いね。

時間はかかったが面白かった。もう何回か遊びたい。
所々これいるのかって感じる処理があったり、洗練されている感じはしないが、まぁ色々盛り込んで押す感じだね。
コンポーネントは無駄に豪華でいい。斜面に置くコマは斜めにカットしてあるしw。

結果:レン 54、温玉 43、最上 61〇、中井 60



IMG_3036
「メルリン / Merlin」 Stefan Feld, Michael Rieneck作

メルリン3度目。
中井さんと温玉さんには申し訳ないが上級入りで。

上級ルールだと個人用ボードが1つ増えて、
いずれかの条件カード達成した時に、得点を取る代わりにそのカードの種類とレベルに応じて対応する場所に達成済みマーカーを置ける。
すると以後特殊能力が備わる。
レベル1の能力は以後その種類の条件カード達成すると得点+1、レベル2はその種類のコマをエリアアクションで配置するときに任意のエリアに置けるようになる。
レベル3は種類ごとに違って、建築するときに2軒建てできたり、敵を1体倒せたり、影響力置いてあるマスに人配置するときに2つ置けたり。
ただしレベル3は2ラウンドに1回しか使えず、決算後に回復する感じ。
マーカーは4つしかないのでどれを置くかの選択。

なるほどこれ入れた方がフェルトっぽいが、必須かと言われるとそうでもない。
正直レベル2以下の能力はあってもなくても。そう上手く狙えないしね。
レベル3の能力を1・2ラウンド目で取れるかが肝かな。
後半に取っても美味しくないからね、3点捨ててるし。
敵倒せるやつとコマ2個置けるやつを序盤に取れればかなり楽になると思う。
正直そんな余裕ないのでかなり無理やりな気もするが。

今回へクス配置が3マスエリアが多く、序盤に複数置いて得点源稼げたのが美味しかった。
3マスエリアの2マス目は殴り込みにくいからねぇ。

結果:レン 76〇、最上 74、温玉 34、中井 61



IMG_3037
「ダイスエイジ / Dice Age: The Hunt」 Toshiki Sato作

持参初プレー。
さとーふぁみりあのさとーさん作、ホビージャパン製。
同人リメイクじゃないのが出版社から出るのは何か嬉しいね。

ゲーム内容はほぼベガス。
じゃらっと振って1種置く。マジョリティでカード取り合い。

違いとしてまず、初期ダイスは小4個大1個。大は1.5個分。
ラウンド中ダイス使い切った人から2枚1組で並んでる効果カードを取る。
これにより小ダイスが増えたり、大ダイスに進化したり。
単純に得点もらえたり、次ラウンドで使える効果タイルもらえたり。
ダイス増やしたり強くしたりはキングスフォージ感ある。
あとタイブレイクは2位回しじゃなく、後置き勝ちに。
殴り込みがしやすくなった。
各マスで負けたダイスは予備マスに送られて、そこでもマジョリティ。
ここはジャッカルに似てるな。
んで、取ったカードは生点の他、種類ごとにマジョリティと全種コンプリートボーナス。
狙いが分かりやすくていいね。

ルール読んだ時点ではベガスの焼き直し化と思ったが、これはこれで個性が出てていい。
ベガスでは序盤1つずつ置いて牛歩するのが強かったが、その対策として早抜けボーナスが入ってる。
ただ、結局最後に抜けても2枚は取れるので、1位3枚4位1枚くらいの偏りあってもよかったかな。
ちょっとやりすぎか。まぁバランスは置いといて。
マジョリティゲーなのでダイスが増えるのが単純に強い。
カードのマジョリティやセットコレクションボーナスはプレイヤーによって美味しい場所が散りながら、他人の手元見れば狙いが分かるので戦いやすい。
いいアレンジだと思うよ。

ただ、ベガスの洗練された感じはなくなってるので好みかな。
少なくとも今ベガス持ってて気に入ってる人は買う必要はないかな、結局やることは変わらないので。
プレイ人数4人まででベガスは5人なので、そこはちょっと残念。
ダウンタイムってのは分かるが。
まぁベガスは1位タイのルールがあったから人数多くても殴りこむ理由があったので、そこ考えると4人まででいいのかも。

あ、あと下箱がダイストレーになってるのいいね。
わざわざ布張してあるのが最高。

結果:レン 490、最上 780〇、中井 450、温玉 340



IMG_3038
「ドラゴンダイス /  Drachen Wurf」 Wolfgang Panning作

持参初プレー。
ちょっと古めのイージープレイシリーズ。
ふと調べたら作者パニングだったので購入。

場に3枚のドラゴンタイルが並ぶ。
手番ではダイス6個振って、1個以上キープで振り直し。
どっかでやめて、場のドラゴンを取る。
同じ目2個で取ったら、自分の手元の2の位置に、3個で取ったら3の位置に。
手元のドラゴンはまだ確定してなくて、他人がその数以上の目を出せばそのタイルを奪える。
奪われたくないならいっぱい目出しとけよと。
ちなみに振った時に場か他人の手元にない色しか出なかったらバースト。
1巡して自分の手番開始時に手元にタイルが残ってればそれを得点化。
タイルはドラゴンの色と背景地形で異なっており、同じ色か同じ地形を組みにして並べていく。
枚数多いほど得点高くなるのは分かりやすい。

他人に奪われた場合、補償としてドラゴンの卵が1つ貰える。
使うとダイス目2つに増やせる、列の組み換えができる、終了時1点のどれか。

なるほど、すごく真っ当なダイスゲー。
殴り合いというかお仕事感はあるが、まぁダイス運なので。
一部地形が見分けづらいが、まぁいいだろう。

普通のゲーム。普通に面白い。
イージープレイシリーズの中でも遊びやすい方。
他のは意外とガチゲーだったりするのでw。

結果:レン 32、温玉 19、最上 34〇、中井 16




IMG_3039
「ごいた」

ごいたやって終了。
ようやくmyごい牌を買いましたよ。
行書体にしてもらった。渋い。
金文体とかも惹かれるけど、読みにくくなるのでね。

結果:レン&最上 130、中井&温玉 150〇




おしまい。



IMG_3040
晩飯は鶴舞のHIROSHIでパスタ。
大学時代に行ったきりなので8年ぶりくらいか?
おいしゅうございました。





ダイスエイジ
ホビージャパン
2017-11-02



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
記事検索
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ