ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:王の洞窟平日会

12/15 電力会社拡張マップ完走定例会…?@岐南

電力会のはずだったが、雪予報でレン君が物怖じして3人で何かする会。
結果全然この時間には全然降らなかったけど。まぁ予想通り。



IMG_0877
「黄昏の篝火 / Bonfire」 Stefan Feld作

3度目。

いやぁ今回はダメダメだったね。
ワイルドタイル2枚分になる能力と、個人ボードでボーナスマス埋めたら2倍貰える能力取ったが、絵柄繋げるの重視しちゃってボーナスマス全然埋められない。
ボーナスマスでワイルドタイル取って2枚分にしてでアクション稼ぐべきだったわ。
あとポータル任意配置もあんまり活きてないし。
これ取ったらしばらくひたすら篝火回して取りまくるのが正解かな。
篝火アクションでワイルドタイル取れれば美味しいんだけど、そのタイミング全部潰されちゃってねぇ。

結果キョウさんに1点負け。
カット日和って得点カード早めに取ったりしてたので、そこの順番変えてるだけであと2点3点取れてたなぁ…。

ヒゲさんには合わなかったらしい。あんたやっぱりオールドユーロゲーマーだよ。

結果:レン 77、キョウ 78○、ヒゲボド 48





IMG_0878
「オンツアー / On Tour」 Chad DeShon作

初プレー。ヒゲさん持参。

カード3枚並べてダイス振って。出た目でできる2桁の数字2つ(例:1と5なら15と51)を書く。
書くマスは並んだカードから2枚選んで。
指定のエリアに書くか、指定の都市に書く。都市に書けば丸を付ける。
ゾロ目の時と場のカード3枚が同じエリアの時はワイルドの星を書けるぞ。

最終的に一筆書きで昇順で辿れるルートの都市数+丸の数が得点。

ヨーロッパマップは構造が複雑。裏面のアメリカマップは分かりやすい。
初期配置で50台60台が離れた位置に複数出たので辛かった。
ゲーム中も小さい出目ほとんど出なくてなぁ。

なかなか面白いが、箱がデカすぎる…。『Welcome to...』くらいにして欲しい。
あとどのルートが最大点か探すのが大変。

結果:レン 22、ヒゲボド 24、キョウ 31○





IMG_0880
「ドゥーム博士のクレイジークリーチャー / Crazy Creatures of Dr. Doom」 Michael Schacht作

持参初プレー。
大須のイエサブにずっと前から置いてあったのは知ってるが、3000円台だったので買わず。
駿河屋で1000円前後だったので購入。

シャハト作のゴーアウト。
4色で1~6が各2枚ずつ。
手番では1枚出すかパス。出す場所は色ごとに。
最初は全部昇順に出す。6の上には1が出せる。
同値出すことも出来て、同値を出したらいずれかの列の昇順降順を逆転させるか、誰かに1ドローさせるか。
誰かが出し切るか全員パスしたら残った手札に描かれたドクロマークがマイナス点。

手札の出せない数字を昇降逆転させて出すか、1と6で繋げさせて出すか。
3と4がマイナス点大きいので優先的に処分したい。

1と6にマイナス点ないのがちょっとねぇ。
出てこないと場が循環しないのに、持ち殺されちゃう。

悪くないが、シャハトにしてはいまいちな方。最近寄りだな。

結果:レン 6、キョウ 3、ヒゲボド 0○





おしまい。
次回は年明け予定。

12/4 電力会社拡張マップ完走定例会@岐南

電力会。今回は朝鮮半島マップです。




IMG_0783
「電力会社:韓国マップ / Funkenschlag: Erweiterung Korea」 Friedemann Friese作

中国マップの裏面。

最大の特徴として市場が2つあり、毎ラウンド各プレイヤーはどちらか片方からしか買えない。
さらにウランは韓国側でしか売ってないので、原子力取った人はかなり選択肢が狭くなる。

マップ的に気になるのは中央に無料接続の4都市がある。

今回初手で最安落として、とりあえず4軒建てしてみた。
まぁ案の定周り囲まれてそのあと苦労したけど。

IMG_0784

終盤はかなり熱く、2人が18軒発電での勝負だった。
自分は発電17で足切りくらった。7発電2枚抜けてるとか辛い。
毎回思うんだが、山の下に埋められた発電所覚えとかないとだめだなー。
次回はそれを心がけよう。

ここにきてレン君が腕を上げてる。二連勝。
終盤の資源の溜め方が上手い。

結果:レン 17、ヒゲボド 18/26、岐阜レン 18/79、キョウ 16




IMG_0785
「ハットトリック / Hattrick」 Klaus Palesch作

先日doさんとやったやつ。ヒゲさんも買ってた。

3色中2色しか出せず、それぞれで勝者判定してその色を取る。
最終的に取った色のうち1色が得点、他はマイナス点。

ほぼそれだけなのに面白い。
4人だと色被った2人が損するね。6人で2:2:2に分かれるのが良いのかな?
あと下家と色被ると辛いぜ。

結果:レン 15、岐阜レン 38○、ヒゲ 28、キョウ -6





IMG_0787
「四匹の龍 / Four Dragons」  Frank Branham, Sandi West作

持参品。そういやヒゲさんとこれ遊んでないなと。

ペア戦トリテでマストノットフォロー。ただし黒だけはいつでも出せる。
2と4が得点カードでこの組を多く取ったチームが勝ち。
得点カード取ったら右隣に手札1枚ババ抜きされるのが辛いぜ。
あとは特殊カードの使い方に悩む。
ペア同士で1枚交換するカードでどの情報を教え合うか、色ワイルドのカードをどこで使うか。
そして一番奇妙なのが質問カード。誰かに「はい」「いいえ」「数字の0~10」で答える質問をできる。
これをどう使うかが腕の見せ所。

今回上級ルールで、フリーで使える質問ディスク3枚持ちってのを入れた。
これはあった方が戦略的になって良いね。

基本は最大値の11とそれを無効化する3のカードに注目して、下家に自分が持ってない方のカードを持ってるか聞くのが良い。
あと今回した質問は、手札2枚の状態で「2枚のカードの合計値の下一桁」を聞いた。
そんなトリッキーな使い方もできるぜ。

変なトリテ好きなら是非。どうすれば強いか良く分からないけどw。

結果:レン&ヒゲ 5○、キョウ&岐阜レン 3



おしまい。



IMG_0782
往路で食べたラーメン載せとく。

11/27 電力会社拡張マップ完走定例会@岐南

電力会。



IMG_0727
途中に気になってたラーメン屋に寄り道。まぜそば。


さて今回は中国マップです。


IMG_0728
「電力会社:中国マップ / Funkenschlag: Erweiterung China」 Friedemann Friese作

さてどんどん変態ルールになってくるぞ。
中国マップでは発電所が番号順に出る!30まではね。
毎ラウンド補充は2枚固定。買えなかった人は残念だ!

この30までは固定ってのがミソやね。それ以降はランダム。
発電所の順番覚えてればガチガチになりそうだが、そこまで覚えてない。
要は30までにあと1枚で17狙えるようにしておけと。

IMG_0729
とりあえず今回原子力独占してみたw。
いやぁ石炭も石油もゴミも高い高い。
ウランが下限まで行ってたのでこれは人に渡したくないと。
そのため資源購入が安くてお金は余ってたんだけど、発電量が原子力だけじゃ17行かないのよね。
この後6の原子力も落として15発電までは行ったんだけど、そのラウンドでレン君が17行くの見えてたのでもう負け確。
30より後は誰かが買うと補充入るのでカットもできず。
前ラウンドから資源も確保してたのは上手かった。
その直前のラウンドで購入パスしたのが失敗だったなぁ。
ウランに拘らず発電量多いのを1つ買っておきたかった。

まぁこれはこれで気持ちよかったので良しw。
ちなみにお金が余りまくったので19軒建てたよw。
後手のヒゲさんに勝ちの目ないのも確認済みなのでキングメーカーはしてないぞ。

結果:レン 15、岐阜レン 17○、キョウ 16、ヒゲ 15



IMG_0730
「キャットインザボックス / Cat in the Box」 操られ人形館

初プレー。自分も買ったけども。

カード出すまでの色の決まらない量子トリテ。
1~8のランクのカードが5枚ずつあるが、スートは4つ。
全員手札1枚捨てて、スタPから1~3のビッドをしてスタート。

カードを出す時は色宣言カードを使って、どの色かを宣言して出す。
んでグリッド上に自分のマーカーを置いて、その色がもう出されたことを記録。
マストフォローなので他のプレイヤ―も同じ色を宣言するのが基本だが、
自分がその色を持っていないことにして他の色を出すこともできる。
その色をボイドしたことをボイドシートに記録して、以後その色は出せなくなる。
ちなみに赤は切札。

出せるカードがどんどんなくなっていき、手札のカード全てが出せない状況になったらパラドックスが起きてその人は負け。トリック数分マイナス点。
もしくは手札1枚残るまでトリックやって終了。
パラドックス起こした人以外は、1トリック1点。
ビッドが当たればグリッド上で自分の色のマーカーが繋がっている最大マス数が得点。

なるほど噂通り面白い。
トリック数調整を優先するか、出せなくなりそうな色を出しておくことを優先するか。
あまり早めにボイド宣言してしまうと、その色出せない分他の色で多く出さなくてはいけないので出し切りが難しくなる。
これもあってエリアを大きくしていく陣取り要素が面白い。
どこまで流れに任せるか、無理してエリアを広げに行くか。多少はギャンブルも。

今回赤はブレイク必要ってルール抜けてたし、何も言われず上級モードだったが、問題なく面白かった。
ヒゲさん一言言っておくれよー。

これはここ数年の和製トリテの中ではかなりのヒット。
『落水邸物語』に匹敵する変態度合いだと思う。よく出来てる。
変態トリテ好きはマストバイ。

結果:レン 15○、ヒゲ 6、岐阜レン 13、キョウ 3



おしまいよ。

11/17 電力会社拡張マップ完走定例会@岐南

電力会。

今回はレン君が来れないけど連続はアレなので、3人で日本マップです。



IMG_0645
時間あったので近くの中華飯店で海鮮麺。
オブラート的な意味でなく、優しい味で美味しかった。



IMG_0647
「電力会社:日本マップ / Funkenschlag: Erweiterung Japan」 Friedemann Friese作

というわけで3人日本マップ。初プレー。

細長い日本列島、なので1人2つの送電網を持てるよ。
初期位置は10のマスが2つあるので2人入れるのもポイント。

とはいえそれでもやはり狭くて、これは3人用だね。
きっつい!

最終局面、手番順最後でヒゲさんが余計に買えばゴミ資源涸れて自分が死ぬ感じに。
前回叩いて買えなくしたヘイトがあるので殺されるかと思ったけど、残してくれた優しさ!
まぁどう見てもトップじゃないしね。叩いて勝てるならいいが、勝ちの目潰してまで叩くのはやめてな!
まぁ結果叩いても叩かなくても負けてたんだけど、残してくれたのは優しいね。

というわけでキョウさんが勝ち。またお金負けだー!悔しい。

結果:レン 17/30、キョウ 17/34○、ヒゲボド 16





IMG_0648
「ガンランナーズ / Gunrunners」 Steve Finn作

持参初プレー。フィンゲームズ。

3つの場所でマジョリティ争い。
特徴はカードは場所の左側に裏向きで出し、元々裏向きであったカードを右側に表向きで移動させる。
つまり配置にワンクッション必要の時間差配置。
各自1枚だけは右側に直接裏向きで出せるよ。
いずれかの場所の表向きのカードが4枚になったら裏向きも表にして数字争い。
1位が置かれた武器コマの半分切り上げ、2位が残ってる半分、って繰り返し。

一部のカードには特殊効果。左から右に移動して表になった瞬間に発動。
表のカード移動させたり、裏のカード見たり、自分だけ2枚裏で直接配置できたり。

まぁそんな感じ。シンプルね。
分かりやすいジレンマで、分かりやすく面白い。普通に良いゲーム。
逆に言えば際立った面白さもないんだけどね。

結果:レン 20○、キョウ 18、ヒゲボド 11





IMG_0649
「ロジスティコ / Logistico」 Corné van Moorsel作

持参初プレー。クワリ。

3つの輸送手段で資源配達。移動するほど金がかかるよ。

各自船、飛行機、トラックを1つずつ持ち、ラウンドも船フェイズ、飛行機フェイズ、トラックフェイズと進行する。
各エリアには需要ディスクと資源キューブが置かれていて、1アクションで載せたり降ろしたり。
需要と同色の資源を降ろすと現在のラウンドに応じた収入。段々上がる。
それぞれの乗り物移動させるのにもお金が必要。何歩移動するかで値段が上がっていく。
また、荷物載せたままラウンド経ると保持コストがかかるので、1ラウンドで配達したいが、後半ほど残ってる組が遠くなってくので時間がかかる。
その段階で複数の乗り物が同じマスにいたら積み替えが可能。
また、各自最初に配られる秘密の目的地カードがあり、そのマスに配達すると値段が上がる。
誰かに先にやられた場合でもそのマスに行ければ少額ボーナス有り。

輸送手段組み合わせて配達するのは面白いし、やりたいことも分かるんだが、何分船とトラックの移動が大変すぎる。
飛行機は空港のあるマスしか行けず、そのマスの資源しか拾えないので、飛行機移動の前後に輸送が必要。
船で飛行機のマスに輸送、積み替えて飛行機で遠くに運んで、飛行機からトラックに積み替えってやりたいんだろう。移動順的に。
ただ、積み替えできるのはラウンド終了時なので上手くいかないし、一旦降ろして後で積んでだと他人に奪われる危険性も高い。
自分の他の乗り物からでも1アクションで積めればいいのに。

また、自分の船とトラックが近くにあるとその組み合わせもできない。
離れて動くように管理しろってことだろうが、初期位置ランダムで今回自分の乗り物全部同じ島から始まったんですけど。

せめてトラックだけでも2台欲しいし、飛行機でトラック運べたらすごい楽だし面白そうなんだが。
なんか惜しい。かゆい所に手が届かない。うーん。

あと目的地カード見づらくて、3枚中2枚場所間違えたw。
後半頑張っていっぱい移動して積み替えて配達ってやったけど多分収支マイナスw。
普通に地道に運んだヒゲさんが勝ち。

5人まで遊べるが、ダウンタイムやばそうだ。

結果:レン 63、キョウ 86、ヒゲボド 113○




おしまい。

10/30 電力会社拡張マップ完走定例会@岐南

土曜はクイズ会、日曜はふぁみりーず大繁盛で1ゲームも遊ばずだったので10日ぶりのボドゲは二連続で電力会。
月末木曜のボードボード謎ゲー会は誰も来なかったので卓立たず。(´・ω・`)



IMG_0531
「電力会社:中央ヨーロッパマップ / Funkenschlag:Zentraleuropa」 Friedemann Friese作

今回のマップはベネルクスの裏面、中央ヨーロッパ。
あ、原題をドイツ語だったり英語だったりしてるのは特に意味ないのでお気になさらず。

パッと見て目に付く特徴はボード上の禁止マーク。
禁止マークのあるエリアにしか発電所持たないプレイヤーは原子力発電所に入札できない。
正直まったく意味のないルールだった。
序盤に原子力出ないし、みんな安い所建てるとすぐに他のエリアに建てて条件逃れるし。

あとウィーンに建てた人は永続的にゴミが1金安く買えるよ。
これは終盤結構大きい。

そしてこのマップの最大の特徴の特徴は送電網の高さ。
一部安いルート建てるとあとはほとんど10金以上。これがまぁ苦しいのなんの。
また、後半の資源補給が少ない。


IMG_0532
よって普段4人プレーでは中々起きない、資源涸れが発生。
というか下家が発電できないように余分に買って潰す。
流石に買って捨てるプレーは起きなかったけど。

先に自分の最大買いによりヒゲさんに無言の重圧与えて、キョウさんへの資源カットさせて。
最後はゴミ3つ必要なヒゲさん相手に1つ余分に買って残り2つにしてはいどうぞw。

結果3人17軒で並んで、お金貯めてたキョウさんが勝ち。
くそー、あと1金あれば18軒建てて電力供給も出来たんだが…。
まぁそしたらヒゲさんへのカットはできないので、18軒二人になってお金で負けてるけど。
ヒゲさんには悪かったが、やるしかなかったのだよ…。

いやぁキッツいマップだった。こんなにプレイ感変わるとは。
裏面のベネルクスが緩いマップだったのに対してこっちはキッツいキッツい。
そのギャップを楽しむが良しw。

原子力禁止ルールがいまいち機能してないのが残念。
潰すマップ次第では変わったかな。両方禁止マークなしのエリアでも良いかもしれん。

結果:レン 17/31、岐阜レン 17/53、キョウ 17/115、ヒゲボド 11



IMG_0533
「ソビエトキッチン / Soviet Kitchen」 Andreas Wilde作

初プレー。
アプリを使った協力ゲーム。

客からの注文の料理に対して、各自1枚食材カードを投げ込んでできるだけ色を近づける。
食材はジーンズだったり陶器だったり、ちょっと何言ってるか分からない。
まぁ要は、出したカードの色を混色して目的の色に近ければOK。
カードの裏にQRコードがあって、置いたスマホのカメラにかざす。
裏ってのが思い切ってていいね。普通は表に載せて裏から分からなくするところを、どうせQRコード見ても分からんだろと、カード裏返す手間をなくしてプレイアビリティ向上。

あとは特殊効果付きのカードで色々。
ハンマーと鎌合わせると絶対成功するってのはソ連のマーク的なアレ。

カード入れるごとに左上に書かれた分の毒素が溜まっていって、閾値超えると客が死ぬ。
でもいいの、成功してれば。ライフは減るけど3ライフまでは大丈夫。色合わないよりマシ。
ウォッカ投げ込めば毒素が減るぞい。

変なゲーム。

正直面白くは思えないんだけど、変な緩さがある。
協力ゲームとしては暗め明るめの選択肢あるときにどっち入れるかとか、手りゅう弾投げ込んで不要なカード捨てたりとか、ハンマー&鎌で絶対成功させるタイミングとかそこら辺の相談。
似た色がないときに上手く補色出したり、混ぜて目標の色に近づくような色出しあうのが肝なんだろうが。

最大の欠点は得点は増えるけど特にクリアとかなくて死ぬまで続けてどこまで点稼げるかってだけって所。
ネット連動するとランキングがあるらしいが、正直どうでもいい。
『ジャストワン』みたいに何点で~レベルってのもないので、終わった。1000点だったね、で終了。
それが低いのか高いのかもよく分からない。

プレイ中はまぁステージクリアする達成感はあったが、こんな後味悪いゲームはそうないぞ。
せめてクリア基準をくれ。

結果:レン&岐阜レン&キョウ&ヒゲボド 1446



おしまい。



IMG_0534
ラーメン食べて帰った。サービス券溜まってたので餃子に。

10/20 電力会社拡張マップ完走定例会@岐南

前回一人体調不良でできなかった電力会。




IMG_0490
「電力会社:ベネルクスマップ / Power Grid: Benelux」 Friedemann Friese作

さて今回はベネルクスマップ。

特徴としては全体的に送電網が安い。
特殊ルールとしては、マーケットの5番目に風力発電が出たらそれも購入対象になることくらいか。正直これは大きな違いは感じなかった。
あと毎ラウンド市場の最安の発電所が強制的に消える。展開が非常に速くなる。

全体的にお金がガバい。送電網でお金使わない分、軒数を多く建てられる。

まだ誰も発電所17行ってないし、まだ終わらないよなーと思ってたら、レン君が17軒建てしてトリガーを引く。
発電17行かなくてもトリガー引けるのねー。
したらば自分とレン君が16軒建てで同点、お金で勝った。

いやぁ危なかった、しかも直前のレン君建設で自分が建てられる安い場所が全部潰されてて、非常に強い1手だった。
なんとかギリギリ勝てたんだが、勝った気がしないw。

非常にスピーディーなマップだった。90分かかったかな?
ヒゲさん曰く、今の所一番好きだと。
好きかどうかは置いといて、今の所一番違いを感じられたマップってのは確か。

結果:レン 16/14○、岐阜レン 16/9、ヒゲボド 13、キョウ 13



IMG_0491
「ミュッケンシュティッヒ / Mückenstich」 Martin Osteroth, Harald Schroeter作

持参初プレー。アーチゲームズの小箱福袋で当たったやつ。

なかなか変則なトリテ。
マストフォロー。蚊のカードは最高ランクで各スート3枚ずつ。同値は後勝ち。
誰かが蚊を出したら、その人は切札を好きな色に変えられる。
基本的に数字カードは1枚1点、蚊カードはマイナス5点。ただし同色の蚊は2回カウントしない。
全トリック終了後、トリック取得数が単独最小の人は得点を2倍にするスートを決める。その後、蚊カード単独最大の人が得点が0になるスートを決める。
ちなみにどちらも蚊カードには影響ないよ。

ちょっと間違えて、蚊カード最多じゃなくてトリック最多の人が0点スート決めてたけど、確かにマイナス多い人が決めるのは納得感があるな。

基本的にはボイドした際に蚊を投げ込んで、切札を出したスート以外にすることで相手に蚊を押し付ける。
ただし下家も蚊を出すと自分の出した色を切り札にされるので出すタイミングは大事な。
蚊を恐れてトリックなるべく取らずにいたら、結局点が増えない。
トリック最小の人が多く取った色を覚えて置いてその色を集めて、蚊のマイナス点を2倍で返済してプラスにしていくのが正解かな。出来れば。

なかなか面白かった。

結果:レン 4、岐阜レン -6、キョウ 5、ヒゲボド 12○



IMG_0492
「ハーフパイント・ヒーローズ:拡張 ハッピーアワー / Half-Pint Heroes: Happy Hour」 Johannes Goslar, Roland Goslar, Søren Schaffstein作

持参初プレー。拡張は。
前回基本は復讐したので、満を持して拡張を。
レガシー系だと思って数回に分けるつもりだったが、1ゲーム中だけのレガシー要素で後を引かないタイプだった。
ワクワク感増すためにルールもその場読みなのでねw。

基本と変わるのは、各自にシールシートを1枚ずつ配り、自分のビッド数に従ってラウンド中に一度手札のカードにシールを貼って出せる。
それによってランクが加減されたり、0になったり、2枚分になったり、得点が増えたり、付け札できたり。
一度シールを貼ったカードはまた次のラウンド山札に混ざるので、手札に来るとワクワクするぜ。
あとは特に変わらず。プレイ人数が増えたくらいか。
あ、シールはゲーム終了後に全部剥がすよ。貼りっぱなしにすると剥がせなくなるらしいから注意だ。

とりあえず勝敗よりシール貼りたいw。
引いたカードにシール貼られてると嬉しいw。
まぁ効果強いのもあるので引いた人が強いけど。

レン君がサドンデス勝利リーチしてる状態で、後は頼んだと初手から数枚出ししたらキョウさんとヒゲさんもそれに被せてきやがる。ちょ、勝つ人止めてよ。
まぁ自分も仕事押し付けて抜けようとしてるから強くは言えんが、押し付けられたお仕事してくれよw。
そのままレン君がストレート勝ち。

結果:レン、岐阜レン○、ヒゲボド、キョウ



おしまい。



IMG_0488
途中に出来てたプレハブっぽいラーメン屋。寄ったのは行きだけど。


IMG_0489
なかなかのがっつりで味濃い目。好み。また行こう。
唐揚げはイマイチだったが…。

10/13 電力会社拡張マップ完走定例会…?@岐南

電力会…だったんだけど岐阜のレンさん病欠。

中止にするのも寂しいので3人で遊ぶよ。
ショーゴ君に売ったゲーム渡す目的もあったので。
電力の日本マップやる案もあったけど、ヒゲさんが忘れたので別のをw。



IMG_0422
「種の起源 /  On the Origin of Species」 Gerard Ascensi, Ferran Renalias作

持参初プレー。キックした奴。

手番ではボード上のタイル2つにキューブ置くか、キューブ消費してタイルを置く。
各タイルには資源が1~3つ描かれていて、載せたキューブはその数の資源として扱う。
もちろん数が多いタイルの方がいいんだが、タイルの位置が重要。
タイル配置する際は1マス指定し、そのマスおよび周囲のマスにあるキューブを取り除いて指定された資源を出さなければならない。
なのでどこにタイル置くかも考えてキューブを配置する必要がある。
また、タイルはより上級のタイルで置き換えることが出来る。
したらば自分に1点入り、更にそのタイルにキューブ置いてた人も1つにつき1点。

タイル配置すると得点とカードドローのボーナスがあり、船が進む。
船が一定のマスまで進むと決算。
決算方式はゲーム開始時にランダムで3つ決まる。
導入ゲーム用だとトリガー引いた人だけに得点入って微妙なのでそこはランダムでやった。
したらば決算時に人物カード多く持ってる人、指定の資源多く持っている(キューブを置いてる)人となって決算に備える必要性ができて面白かった。
なので初回からそこはランダム推奨。

ドローするカードは本が描かれてるか人物か。
本は終了時決算に関わる。今回は色毎にマジョリティ。
人物は特殊効果。効果はまぁ色々だ。

なかなかこれは渋くて悩ましい。かといって閉塞感はなく、適度に苦しい。
基本得点に向けて走って行くだけなのでストレスが少ないが、どの資源でどの場所にどのタイル置けるかを考えるのはなかなか頭を使う。
普通にいいゲームだな。
上級だと秘匿目標があるようだ。またそのうち。

今回、カード引いても引いても本が来ない…。
1枚持っていれば置けるタイルの選択肢増える地図カードが3枚も来るしw。
これちょっとどうにかならんのかねw。

あと丁度資源使い果たしたタイミングで決算来たの辛かったな。
タイミングコントロール失敗した。

結果:レン 34、ヒゲボド 42○、キョウ 40



IMG_0423
「フェリニア / Felinia」 Michael Schacht作

ヒゲさん持参品。自分も持っててプレーは2度目か3度目かくらい。
とりあえず5年くらいは遊んでない気がする。

ワーカー置いて、上に置いた人から購入権くるけど置かれた数が値段の『倉庫の街』方式。
ただし購入対象が3枚あるので、上手く他人と需要が被らなければ下に置いてても欲しいのが安く買えるぞい。
買った資源を船の需要に合わせて払って人コマを島に送り込み。
得点タイルは同色集めると強く、また人コマが隣接するとべき乗点、置く場所によってはボーナスもあるよ。

とにかくお金が苦しく、毎手番1アクションはお金取るのに使わないといけない。
その中で上手く節約したりボーナスでお金取って、お金取る手番を浮かして別のアクションできるか、かな。

結構効率よく毎ラウンド人コマ送り込めてたが、隣接があまりできない。
取る得点タイルの色も2つに割れちゃってたし、その片方しか+1ボーナスが取れず。
また、1枚全く関係ない色のタイル取っちゃってたので勝てるか怪しかったが、ギリギリ勝ってた。

久々に遊んだが、良いシャハト。なお視認性は悪い。

結果:レン 46○、ヒゲボド 39、キョウ 44





IMG_0424
「ミュー&メアー:ラストパンサー / Mü & Mehr: The Last Panther」 Doris Matthäus, Frank Nestel作

持参初プレー。6つのゲームが入ってるよ。
ミューだけは『4 in 1』で遊んでるけど他は未プレー。

まずはその中の『ラストパンサー』。
マストフォローのトリテ。切り札なし。3枚左にパス。
リードスートの最大値がトリックを取る。
最後のトリックは+50点、黄色1枚+5点、赤1枚-10点、黒7は-50点。
黒7は2枚あったかな。構成忘れた。

かなりシンプル。黒7取っちゃいけないのは『ブラックスパイ』っぽいが、フォローは普通に色だけだよ。
普通に投げ込みゲーだな。
1トリック目でヒゲさんがボイドしてて黒7投げ込んできたのは事故だわw。
そして全員ラストトリック50点忘れてたw。

うーん、まぁ普通w。
本来は誰かが-200行くまでだけど、なんか1回でその半分行ったしもういいかとw。

8人まで遊べるらしいが、面白いのかそれ?

結果:レン -100、ヒゲボド -45、キョウ 50




IMG_0425
「ミュー&メアー:カルコリー / Mü & Mehr: Calcory」 Doris Matthäus, Frank Nestel作

こちらも初プレー。なんか新版には入ってないらしい。

基本は神経衰弱なんだが、めくったカードの合計を13にする。
面白いのがバーストしそうだと思ったらそこで止めて、めくったカードに自色キューブを置く。
他人がより高い合計で止めると除去されるが、除去されずに自分の手番になればキューブが乗ったカードを獲得。そこで手番は終わり。
なお、13丁度にできた場合は即獲得。
獲得時、1枚は場に戻す。

なかなか変則的で面白い記憶ゲーム。
途中で止めると保険かけれるが、獲得すると1手番休みになる。
13丁度にできれば手番消費なしで獲得できるが、揃えるのが難しい。
枚数勝負なので0のカードめくると+1枚できるが、2枚めくってしまうとバースト扱い。
上手く13が作れる、もしくは近づけられるときについでに1枚めくっておきたい。

ちょっと残念なのが細かい処理の不明瞭さ。
13丁度で取った時、場のキューブは除去するのかどうか。
日本語訳の書き方的には除去しないようだけど、ルール的には除去した方が良い気がする。
今回は除去しないでやったけど、13丁度にするより止めた方が相手のカットもできて美味しかったりした。
あと終盤、高い数字ばかりでもう13が作れない状況になると、一番大きい数字めくった人が1周して取って、次の人がまた、の繰り返しになる。
んでルール的には1枚は場に戻すので終わらないんだな、これが。
流石にその場合は1枚でも獲得可能ってやったけど。

なんかそこらへのルールが惜しい。
でもまぁ神経衰弱系としてはそれなりに面白かったよ。

結果:レン 24○、ヒゲボド 20、キョウ 16




IMG_0426
「ハーフパイントヒーローズ / Half-Pint Heroes」 Roland Goslar, Johannes Goslar, Søren Schaffstein作

持参品。
ちょっと前にこれの拡張買ったんだけどなかなかやる機会なく、この会でやろうと、マウラだし。
キョウさん未プレーだったので今回は基本。
まぁ3人で遊ぶゲームではないのであくまで予習として。

配られた手札と場に公開されたカードを使ってポーカー役勝負。
その手札で何回勝てるかをビッドし、また誰がビッド外すかを予想する。
役に関係ないカードは出せず、1~5枚で役を作る。
手札なくなったら抜けなので、自分だけ手札残ってればあとは1枚出しで絶対勝てる。
また、ラウンド中3回連続で勝ったらその時点でラウンド勝利。
10ラウンドやるが、6ラウンド連続でビッド成功するかサドンデス勝ちするとゲーム自体に勝利。
そうでなければ得点勝負。

やはり3人ではちと寂しい。
人数による手札や場札の枚数補正がほぼないので、ビッド成功しやすい。
あとラス手が来る機会も多くて勝ちに行きやすいしね。

まぁルールは思い出したので、そのうちまた。
2ラウンドほどやって終わり。

結果:ノーコンテスト:レン、ヒゲボド、キョウ





終わり。

10/6 電力会社拡張マップ完走定例会@岐南

第二回。


IMG_0359
「電力会社:イタリアマップ / Funkenschlag: Italien」 Friedemann Friese作

今回はイタリアマップ。フランスの裏面。

4人だと2エリア消すんだけど、電力網配置的に半島の先から削っていって、ローマが消えたw。
半島の根本に安いラインが集中してるので、そっち消すと色々辛いのよ。
なので初期配置も根本の安い所から始まって、散会していく感じ。
時代が変わったら2つ目3つ目の発電所が開放されて、安い送電網の取り合いが再発。
これ人数多いとくっそ辛そうだ。
半島の先に初期配置せざるを得ない人が出て、伸び悩んで死ぬ未来しか見えない。

安い送電網が集中してる反面、資源は高め。

IMG_0358
中央から始めたら周り囲まれて辛い辛い。
まぁそうなるよねー。それを狙ってコスト安いの中央に配置されてるもの。
その後ちょっと頑張って上に伸ばした。そういやお金払えば遠くまで行けたね。

24のゴミ発電所4と31の火力6を取った時点で、これは7の発電所取って17軒丁度目指す流れだな、と。
なのでその後石炭/石油の7をちょっと頑張って落として、17軒建て。
ヒゲさんとレンさんはその時点で17発電なかったので、敵はキョウさん。
結果お金で負け。またか…。

動きとしては間違ってなかったと思うんだけどなぁ。悔しい。

結果:レン 17/17、キョウ 17/31○、ヒゲ 16、岐阜レン 15






IMG_0360
「看板娘 / Fische Fluppen Frikadellen」 Friedemann Friese作

初プレー。
ついにヒゲさんが看板娘3つ揃えたぞ。これはBタイプ。
15人プレーの前哨戦として遊んでおかねば。
以前杏談亭で立ったときに入り損ねたずっと後悔してるので…。主催は辛いよ。

手番ではコマを3歩移動し、店で買い物したり売ったり交換したり。
船着き場ではそこにイカダがあれば空いてる隣の船着き場へ1歩で移動。
もしくは1歩消費することで隣からイカダを呼べる。
店で何かしらすると、その店タイルに描かれた商品が他の店に補充される。
商品価格は変動制で、誰かが売ったり、特定の店効果で変わる。
また、在庫が多いほど安くなるので、在庫の多い店で買い物したいところ。
店によっては特定の商品を1:2交換で他の商品に変えてくれるので上手く増やしたい。
んでその商品買い取ってくれる店で売ってお金にして、また別の商品を買う。
目的は商品3種、4種、5種と払って勝利条件である像を買う。3つ揃えたら勝ち。

店タイルはランダムではなく、推奨セットがあってこれはその2セット目。配置はランダム。
像買うのも同種集めたり別種集めたりと変わるらしい。

手番で3歩移動ってが非常に苦しくて、店と店の距離は大体4歩。
ただし、人がいるマスは飛ばして進めるので、他人を踏み台にして手番を浮かせられる。
逆にそれされないように位置取りして進みたいが、行きたい方向に行けないとそれはそれで辛いので時にはしょうがないと。

収入はほぼゼロなので初期金で商品買って、増やして売って、安く買って高く売ってをして上手くやりくりしないと詰む。
思った以上にシビアだ。

ちなみに15人プレーはこれを3卓同時で立てて、船を使って隣のボードへ移動できる。
現在の手番プレイヤーの右隣に入るので、人数少ない所に移動すれば手番が早く来る。
もし1人だけになれれば手番やりたい放題。まぁ絶対誰か来るけど。
誰かが長考するとその卓に居る人全員が遅れるからブーイングが酷そうだ。
ちなみに勝利条件は各卓で1つずつ像を買うこと。お金と商品は持って移動。

さて、ゲームの感想が特にないw。
結局その時やれることやってるだけだからな。
近くの店に移動して商品売り買いして、在庫多い店狙ってたくさん買って、それを変換して。
店のセットによって手に入りやすい商品と手に入りにくい商品があるので、上手く交換ルートを考えて買って交換して増やしていくのが必要。

まぁそんなもんだ。正直ゲームとしての面白さはそこまでではない。
やはりこれは2卓以上同時に立ててこそのゲーム。楽しみにしておこう。

結果:レン 3○、ヒゲ 1、キョウ 2、岐阜レン 1





おしまい。



IMG_0361
かつやのやつ。ご飯の上にうどん載せるとか言うけしからんやつ。

2/18 王の洞窟平日会@岐南

平日会へ。



IMG_9197
「テケリリ / Tekeli-li」 佐藤 敏樹 作

持参品。
キャンセレーショントリテ。

マストフォローで切札なし。
高ランクの7と8は3枚ずつあって、2枚出るとキャンセルされて双方0になる。
3枚とも出ると後ろ2人がキャンセルってのが面白い所。
最初に出してキャンセルされて安心してると急になかったことにされるw。

トリック取った人の左隣が打ち出しってルール忘れてたけど、正直必要性感じないからいいか。
それよか負けてる人が次ディール打ち出しってルールがいまいち。先手弱いのに。

英語版ルール見てみたら次ディール打ち出しは黒6取った人になってたね。
ちょっと改善されてるのかもしれんが、結局黒6取ってるってマイナス喰らいまくってるよな。

キャンセレーションブラックレディよりもキャンセル起こりやすいのが楽しい。
パーティー系トリテとして捉えた方がよいかも。

結果:レン 0〇、どん 4、ヒゲボド 0〇、do 0〇、yoshida 8、キョウ 11



IMG_9198
「クアドロポリス / Quadropolis」 François Gandon作

持参初プレー。
何故か日本に全然入ってこなかったデイズオブワンダー。

各自が1~4のワーカータイルを所持。
手番では中央ボードの5×5グリッドの1列選んでワーカータイルを配置。
その列の手前から数えて、ワーカータイルの数字枚目のタイルを取る。
既にワーカーがある列には置けず、直前のプレイヤーの取ったタイルと同じ縦列横列のも取れない。
取ったタイルは自分のボードに配置。
その際、使ったワーカータイルの数字に一致する縦列か横列に配置。
また、タワーマンションに限っては階数と一致しても良い。3なら任意のマスの3階層に置ける。

タイル取ると描かれた資源を獲得。エネルギーか住人か。
どちらも特定のタイルを得点化するが、余るとマイナス点。

タイルは階層に応じて得点、同じ列にある同種タイルにより得点、周囲にある特定の建物によって得点、載ってる住人の数で得点、など。
基本的に得点するには住人かエネルギーどちらかが必要。
多く取ってから帳尻合わせるか、必要な分だけ取りに行くか。

今回3人プレーだったので盤面のタイルを一部裏にして取れなくする。
選択肢は減るが、置ける列はほとんど減らないのでやや楽か。4人プレーは列の制限が厳しそうだ。

普通に面白かった。手軽で悩ましい良作。
なんで日本入ってこなかったんだろ…。
上級だと個人ボードのグリッド増えて、配置条件が複雑になる。
あとワーカーが個人持ちじゃなくて場に共有してるのから取っていくから欲しい数字がなくなったりとか。
どっかで遊んでみたい。

結果:レン 48、どん 57〇、do 55


IMG_9199
「ジャンクオービット / Junk Orbit」 Daniel Solis作

初プレー。どんさん持参。
円筒形のゴミ箱みたいな箱が特徴的。
2年ほど前の年越し会に置いてあって気になって以来ようやく。

火星、月、地球の周囲を8の字型に周回しながらピックアンドデリバー。
進むためには荷物タイル1枚ぶん投げると、その反対方向に数字分の推進力。
ぶん投げたタイルも数字分進んで、その先のマスに落ちる。
それによって目的達成しても良いってのが雑で面白い。

移動先のマスでは落ちてるタイルを拾うか、手持ちの対応するタイルを得点化。
火星で拾えるのは地球で、地球で拾えるのは火星が目的地なので、ある程度の数拾ってから逆の惑星に行くのが効率良い。
月で拾えるのは半々。

上手く調整して投げたタイルと止まったマス両方で達成していくのが良いだろうと。
その分考えることは増えるが。どれ投げて移動して、そこからどれ投げれば目的地に届いて、反対側の目的地に移動できるかってのを複数考えるのが大変。
こんかい自分のキャラ能力が、隣接するタイルを拾っても良いだったので更に選択肢が広い。
その分、上手く動ければ連続で複数達成もしやすくて強かった。

そんなこんなでほぼ毎手番2達成できるように動いて、倍近い得点差で勝利!
作戦はまって勝てると嬉しいね。

結果:レン 53〇、どん 28、do 29


IMG_9200
「スペースエクスプローラーズ / Space Explorers」 Yuri Zhuravljov作

持参初プレー。宇宙の煌き。

カードに描かれた資源を払って、場か手札から達成してカードを出す。
手持ちの資源タイルを使うか、手札1枚捨てて任意の2資源出すか。
資源タイルは使うと左隣のプレイヤーに渡す。
カードは色毎に対応する列に出して行き、その列にあるカードに描かれた同色アイコン分、以降のカードのコストが下から順に安くなるってのが特徴。
同じ色を重ねていくとどんどん安くなるが、各カードの固有能力はトップにないと発動しないので潰してしまうかが悩ましい。
なお得点能力は潰れてても最後使えるので、早めに取りたくもある。
あと人工衛星という名の貴族もあるよ。

同じ色集めるほどコスト安くなってくって点ではやはり宝石の煌き感。
カードにレベル分けはないので、時局に合わせて丁度いいコストのカードを確保したい。

ちょっとアイコンが分かりにくくてサマリーとにらめっこになるのでめんどくさい。
それさえクリアしちゃえば煌きフォロワーとしては十分面白い。
レトロな雰囲気の絵も素敵ね。

結果:レン 31〇、どん 31、キョウ 22


IMG_9201
「アンロックド / Unlocked: The Mansion of Mana」 Sean Howard作

持参初プレー。

資源カードを指定の順序に並べて鍵を獲得していく。
手番では山から3枚引くか、場・捨て札・山の組み合わせで2枚引く、だったかな。
手札のカードを自分の前に最大2列まで出せる。
各鍵カードにはカードに対応するアイコンが並んでいて、それを上から順に出して行き、全部出せたら達成してマーカーを置く。
するとその鍵の能力を使えるようになる。即時だったり永続だったり手番1回だったり。
目的は各縦列の全てのカードにマーカー置くこと。
効果の強い鍵を先に取って、上手く効果使って有利に動きたいところ。

まぁこちらもよくある資源達成系だが、並び順が関係あるってのが特徴かな。
あと同じ色だけで達成できたら追加で1個置ける。効果2回使える感じ。

山札に混ざってる特殊カードがアホみたいに強い。
他人の並べてるカードから任意の1枚奪って、それ以降に出したカード全捨てとか。
アホって思う。

鍵の効果がアイコンで分かりづらいのも欠点だな。
10枚近く並ぶから最初に把握するのが一苦労。

うーん、似たようなゲームがわんさかある中、これを選ぶ理由が乏しいな。
無駄に時間かかるしねぇ。

結果:レン、どん、ヒゲボド、キョウ 〇




終わり!

1/28 王の洞窟平日会@岐南

岐南へGO!



IMG_9011
「上海 / Shanghai」 Sid Sackson作

持参初プレー。

コマを向かい合う4つのマスのどこに移動させるかを競る。
透明なディスクを回してコマの位置に合わせると移動可能なマスが4つ矢印で指定されるのが分かりやすい。
競りについては適当にルール決めろっていうガバガバなルール。
今回はリアルタイムのイングリッシュオークションで。
落とした人はコマを移動させて、移動先のマスに対応するカードを出して、描かれた得点を得る。
他の人も同様にカード出して得点。
落とした人の利点は自分で移動先を選べること。どこ行っても大丈夫ならあまり頑張る意味はない。
あとお金払ってカード買う権利貰える。
お金は直接得点にはならないので、カードの補充が大事。
カードには得点の数字が6つ描かれていて、ラウンドにより1つずつ有効な数字がズレていく。
数字が大きいタイミングでそのカード出せるように移動させたい。

今回初回プレーなのもあってどれくらい頑張ればいいか、どのタイミングで落とすべきかが中々掴めない。
まだ大丈夫かなと日和ってたら、あっという間にゲームが進んで、結局1度も競り落とさずにゲーム終了w。
ちょっと様子見過ぎたw。
うーむ、難しいな。

調べて気づいたが、これマロニーの遺産のリメイクか。
性格にはその元になったホリデイのリメイク。
全然記憶になかったが、確かに行先競り落としてカード出すゲームだったな。
印象薄いのはプレイアビリティの低さ。
上海はカードの数字の並びがラウンド順なので良かったが、マロニーの遺産は数字高い順に並んでて横に曜日を表すアルファベット3文字が描かれてて非常に分かりづらかった。
それ考えると良いリメイクだ。

結果:レン、do、キョウ、店長 ○



IMG_9012
「パイレートトリックス /  Pirate Tricks」 Jeff Van Ness, Craig Van Ness作

初プレー。doさん持参。
なかなか独創的なトリテ。

手札3枚くらい配って、場に人数分公開したカード列を握り競る。
5枚表で2枚裏かな。
なお、手札に持ってると得点になるカード、トリックで取ったカードの得点条件、トリック数の得点条件のカードが事前に公開されてるので、それに合わせて競り落とそう。
3スートでマストフォロー。事前に3枚くらい選んで捨てれる。
捨てがあるのでボイドはしやすく、赤が切札。
トリックが得点になるラウンドでは赤が多い列が人気になるし、マイナス点なら赤が少ない列が人気になる。
誰も握らなかった場合、2金積まれて後回し。
どれでもいいならお互い共謀して2金積みにいくのもありだね。

なかなか独創的で面白かった。
ルールカードは結構おとなしめ。まぁシステムには影響与えないからね。オンザカーズとは違うw。

キョウさんがルール理解できてなくて、取ったらマイナス点のラウンドで赤多い列落として積極的に取りに来たもんだからかなり他がガバい場に。
流石に修正は利かなかったよ。
自分は3ラウンド目くらいでマイナス点ラウンドなのに赤多くてランク高いの取らされて無事死亡w。

結果:レン 18、店長 23、キョウ 4、do 38○



IMG_9013
「ラガミ / Ragami」 Gil d'Orey作

持参初プレー。大分積んでた。
最近どんさんがGil d'Orey好きなのでようやく。

表紙の黒皮コートでヒゲでサングラスの天使っていう素敵なキャラに惹かれたw。
守護天使らしいよ、ラガミ。

システムとしてはスタPがダイス3つ振って3つのアクションに割り当て。
手番でアクション1つ選んでダイス目1下げる。0になったアクションは撃てない。
アクション駆使して街で起きた事件をラガミや聖人動かして解決。
あと悪魔がいる場所にラガミ送り込んで討伐して得点。

アクションは全部2通りあって、全部のアクションにラガミの移動が共通。
隣接するビルに飛び移ったり、道路に降りたりできる移動が変則的。
あとのアクションはアクションカード引く、聖人移動、紛争解決の3つ。
基本は紛争ダイスがある場所に自分のラガミと聖人送り込んで解決。
解決力は聖人があると+1、他人のラガミがいると+2、自分のダイスが隣接してると目を減らしてその分プラス。
ダイスは1ラウンドに1回移動できるが、移動させると目が1にリセット。ラウンド終了時に隣接してるラガミの数だけ目が上がる。

まぁそんなこんなで紛争解決したり、悪魔のいるマスにラガミ移動させて得点。
紛争解決は紛争ダイスの目が得点になるので、目が高いダイスは得点源になるが解決が難しい。
得点とともに紛争いくつ解決したかをトラック管理するのだが、これをしょっちゅう忘れる。
これで最後マジョリティ得点があるのだが、全員忘れまくっててかなり適当。
しかも得点団子だったので最後それで勝敗決まって、なんとも言えない結果にw。
解決処理忘れない様にねw。

結果:レン 30、キョウ 32、どん 33○



IMG_9014
「キャプテントレジャーブーツ / Captain Treasure Boots」  James Ernest作

持参初プレー。チーパス。
海賊になってお宝集めたり撃ち合ったり。

手番では移動力使って移動。
風向きの概念があって、風上には行けず、風上の両脇へは2移動力。
その他のマスへは1移動力。あと風下方向への移動は1回だけ無料。
これで船動かしてお宝のあるマスに入ったら回収。
それを港のある島に運んで得点。
またお宝は持ってる間には特殊効果を生む。
移動力上がったり、攻撃力上がったり。

特徴としてはボードの外もマスになってて、外海扱い。
外海からは他のプレイヤ―を攻撃できるぞ。
ボード配置時に離して置いてもよくて、その間も外海ってのがアーネストらしいわ。
戦闘はダイス勝負。あとお宝補正。まぁノリゲーだ。

お宝は一度にたくさん売る方が儲かるが、たくさん持ってると狙われやすい。
まとめて売った方が手番も浮くしね。そこらへんはきちんとしてる。

まぁでもとりわけ大きな特徴あるわけでもない、無難なゲームだ。

結果:レン 8、どん 0、ヒゲ 7、岐阜レン 10○、キョウ 0、店長 2




おしまい。


IMG_9016
ラーメン食って帰宅!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ