ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:王の洞窟平日会

10/8 王の洞窟平日会@岐南

岐南会。

今回もどんさん乗せてGO!GO!




IMG_8093
ヒゲさんが念願のルドフィールを手に入れたぞ!と。
この規模の会でこれが2つ揃うとか頭おかしいw。



IMG_8094
「マンテル / Mantel」 倦怠期

久々に持参。いや、持参はずっとしてたんだが3人専用なので中々遊ぶ機会なくてね。

4色のキューブを12個ずつ引く。白は切札。
手番ではキューブを1~12の任意のカード上に載せて、キューブの色がスートでカードの数字がランクになる。
マストフォローで、同じトリック中に同じランクには置けない。
んで恒例の何トリック取れるかのビッド式。
1回使ったカードは裏向きになって使えない。丁度12トリック。

うーむ、面白いな。これはトリテなのか展。
使ったキューブは裏にしたカードの上に置かれるので総数は見える。
あとどの色がいくつ残ってるか考えて、相手の手元のカード考えて勝ち負けを調節。
後半のアブストラクト感が凄い。まぁ手持ちキューブの色は確定してるかは分からんが。

やっぱり倦怠期のトリテは一味効いてて良いね。好き。

結果:レン -30、どん 80○、ヒゲ -40



IMG_8095
「海賊の宝島~オクラコーク~」 でじ作

初プレー。

良い評価聞かないのであまり興味なくて遊んでなかったが、どんさんが買ったというのでここで遊ばずどこで遊ぶw。

手札4枚、残りは山。
マストフォローのトリテだが、フォローできない場合は山から1枚引く。
またリードはパスして山から引くを選んでも良い。
取ったトリックは宝石と髑髏で分けて置いておく。
手札使い切ったら脱出で、その時宝石3個以上取ってれば得点。
そうじゃなければチキン扱いされてライフタイル1枚裏返してチキンの面に。
2人以上脱出したらラウンド終わりで残った人はライフ1失う。
誰かがライフ失うか、誰かが一定の点数取ったら終わり。
チキンはタイブレイク。少ない方が上位。

うーん、確かにこれはいまいち。引きが全てのゲーム。
ライトゲーとしてはまぁ楽しめなくはないんだが、トリテではないな。

結果:レン 8、どん 20○、ヒゲ 9






IMG_8096
「ドゥッベ / Dubbe」 Klaus Geis作

初プレー。自分のも持参してたがこれはヒゲさんの。
今日はこれをやりに来たよ。
3人とも持ってて2人積んでるのでw。

5スートでマストフォローのトリテ。
手札見て、ディーラーの左隣が切札を決める。
ただし、切札で勝つとマイナス点なので要は自分の持ってないのを指定しろと。
んでその左隣からリードでトリテ開始。
今まで出ていない色のカードが初めて出たら、その色のダイスをタイル上に載せ、そのトリックをその色で勝った人が出たらタイルを引き取る。
その際元々の持ち主にダイス目分の得点・失点が入り、ダイス目を1つ増加。
誰かが勝つたびにタイルが移動していく感じ。
持ち主が勝てばダイス目1つ増加するだけ。
1枚目のタイルは切札でマイナス点、2枚目はプラステン、3枚目はマイナス点、4枚目はダイス目常に3で移動時には得点貰えずラウンド終了時に持っていれば3点で更にこれを持っている人だけメイフォローになる、5枚目はプラス点。
ラウンド終了時にも自分の前にあるタイルは得点になるので、急いで渡す必要はない。

なるほど、分からんw。
といっても思ったよりは素直なゲーム。
基本自分が新しい色出せる時はプラス点になるなら勝てそうな色、マイナスの時は勝たなさそうな色を出して色を決める。
ここは前作のEbbesと近いね。
アクセント加えてるのが4枚目タイルのメイフォローと切札。
これによって負ける局面で切札出して相手を阻止したり、勝たざるを得ない局面を回避したりできる。
この切札の使い方がかなり特殊。
切札で勝つとマイナス点だが、序盤はそれによって手番取って自分で色決める権利貰った方が良いこともある。

また、自分で持ってるタイルの色で勝ってダイス目上げるのもいいが、一旦他人に渡してから奪い返す方が得点は伸びるので、そのコントロールが大事。面白い。

思った以上にしっかりしたトリテだった。
メイフォローの件と切札の扱いをしっかり把握できればだけど。
今回3人プレーだったからコントロールが効いたってのもあるかね。
5人プレーとかだとカオスだと思う。

ヒゲさんに赤のカードが1枚除いて集まって、それをどんさんが切札指定したのが楽しかった。
どんさん1枚、自分0枚なので8トリックヒゲさんが取ってマイナス6点(ダイス目上限)喰らうことが確定w。

ちなみに上級ヴァリアントだと、取ったトリックを集める人が決まっていて、他の人がカードに触るとペナルティ喰らう謎ルールw。
なんかそんなフリーゼ作のゲームこの前ここで遊んだぞw。

結果:レン 11○、どん -2、ヒゲ -12




IMG_8097
「やあこんにちは /  Aber Hallo!」 Thorsten Gimmler作

変態枠。ヒゲさんリクエスト。

トリック中に新しい色が登場するとその色の強さが変化。
0~5出せば強くなり、6~11だと弱くなる。
一番上からさらに強くなったら今度は一番下に移動するよ。逆も然り。

最強出した人はトリック取ってカードを貰い、最弱出した人はトリック取ったカードの色のチップを貰う。
最終的に各色のカードに描かれたベルの数×その色のチップ枚数が得点。
チップのない色のカードと、カードのない色のチップは1枚マイナス1点。

ね?変態でしょ?

この訳の分からなさが面白い。
基本的にチップの方が取りにくいし早い者勝ちなので序盤は負けれるときに負けてチップを集めたい。
後半になってフォローが切れるようになると強さがダイナミックに変わって来て面白い。
低ランクで強く、高ランクで弱くなるってのがまた効いてて、他に同じ色出す人がいたら抜かれやすい。

うーん、やっぱり好きだなぁ、この頭悪い感じw。
点数がプラスだったりマイナスだったり振れ幅がすごいw。

結果:レン 24○、どん -1、ヒゲ -29、キョウ 18




IMG_8098
「ルドフィール / Ludoviel」 Friedemann Friese, Thorsten Gimmler, Martina Hellmich, Hartmut Kommerell, Andrea Meyer作

とりあえずどんさんにルドフィールの洗礼をw。Ludingoね。
人のルドフィールで遊ぶのいつぶりだろう。初めての可能性w。

流石にまだ経験少ないので辛そうだった。
1年後に期待してるよw。

結果:レン ○、ヒゲ、キョウ、どん


IMG_8099
「LCR Wild」

なんとなく久々に持参。

手持ちチップの数(最大3)だけダイス振って、Lが出たら左に、Rが出たら右に、Cが出たらポットにチップを渡す。
最後の1人になったら勝ち。
一旦手持ちチップなくなってもまた他の人から渡されて復活するのが楽しい。

このバージョンはWILDの目があって、
1つ出たら誰かからチップ1枚奪う、2つ出たら誰かから2枚奪う、3つ出たらポット総取りw。

死ににくくはなってるが、無駄に間延びするので普通の方が楽しいかなw。
ワンチャンあるのは夢があるが、チップ減ってる人はそもそも3つダイス振れないんだよなぁ…。

結果:レン、キョウ ○、どん、ヒゲ






おしまい。



IMG_8100
どんさんとラーメン食べて帰宅。

10/1 王の洞窟平日会@岐南

岐南へ。

今回はどんさんが同行。庄内通で拾ってからGO!



IMG_8066
「七つの紋章、七つの部族」 高天原

久々。1、2回しか遊んでないのよね。
持ってるけどカードの封入ミスがあってな、っていつも言ってるな。
交換時期逃してしまったのよ。

7スートあり、各7ランクだが、最小値と最大値がカードによって差がある。
目的は7のカードを取ることなので、スートによって7の強さが違うところがミソ。
2:2のチーム戦で7のカードを4枚取ったチームが勝ち。
ただし7トリックが上限で、7トリック取ったら残りのカードは全て相手チームの物に。

以前やったときはあまり巷で言われてるほどの面白さを感じなかったが、
なるほどこれは良いね。
最初のパスの悩ましさ、どのスートの7を狙うか、余計なトリックを取らないようにしないといけないので最小限の勝ちを狙う。
カード構成もルールも美しいよね。

ちょっと前にリメイク出た気がするので手に入りやすくなったとは思うよ。
セブン?知らないなぁ。

2ディールでストレート勝ちw!

結果:レン&do 7○、ヒゲ&どん



IMG_8067
「七つの予言」 Bluete Spiele

久々に持参。桜遊庵の変名サークル。
七つの繋がりでw。

手札配って、場に各トリックのリードカードが並ぶ。
それを見て、自分がトリック中の1~4位を何回取るかをそれぞれビッド。
1~4のカード上にそれぞれの数のコマ置いてスタート。
直前のトリック取ったプレイヤーからカードをプレイするが、既にリードはされている状態。
そのカード持ってればマストフォロー。切札はない。
んで順位判定して、カード並べて、対応する順位カード上の自分のコマを出したカードに移す。
勿論ビッドしてない、残ってないなら移せない。
誰かが全部移したら終わり。もしくは最終トリックまで行ったら終わり。

全達成で2点、1個残りは0点で、2個以上残ると残った数引く1のマイナス点。

面白いが、これはトリテなのか展だねw。
よくこんなの思いつくなぁと感心する。

1位と4位は狙いやすいが、問題は2位3位。
手札で確定で1位4位取れそうな枚数見て、残りを2位と3位に振って、なんとかするw。
そのなんとかの調整が難しいんだけどねw。

いいゲーム!

結果:レン 5○、どん 2、do 3、ヒゲ 2



IMG_8068
「オンザカード / On The Cards」 Sebastian Bleasdale作

さて今回も始まるヤバいやつw。

4枚のカードの組み合わせでルールが決まるよ!
たまにトリテじゃなくてノイになったりするよ!

今回は9割がたトリテじゃなかった気がするw。
いや、途中まではホイストルールだったのでトリテだったか。
シーケンスで出すとかポーカー役で強いの出すとか、闘地主かっての。

2枚以上同時出しできるけど引けるのは1枚だけってルールが長かったな。
バケツ崩しかしら。

ルールブックに「手札残ってない人が1人出たら終わり」と「手札残ってない人はパスする」って矛盾した記述があるんだけど、多分後者はそのトリック中はってことで、誰かが手札使い切ったら終わりでいいと思う。
そうしないと只管パスした方が強いって場面が出てくるので…。

いやぁ楽しいなぁ。ヤバイ。

結果:レン 4○、どん 4○、do 2、ヒゲ 2



IMG_8069
「打天九」

これまた久々に。

打天九楽しいよ、打天九。

それ以上は特に言うことないw。
たまに一部長天のルールと混じるのよねw。

結果:レン +5.3○、do +1.5、ヒゲ -6.1、どん -0.7




おしまい。



IMG_8070
どんさんとかつやで飯食って、最寄りまで送って帰宅。

9/10 王の洞窟平日会@岐南

すっかり恒例の岐南会。

酒魅人が3000円で売ってたので拾う。
駿河屋の買取5000円だよ。得したね。


IMG_7908
「トリックオブザレイルズ / Trick of the Rails」 Hisashi Hayashi作

海外版。同人版は前に遊んだね。内容は多分一緒。
正直覚えてないが、よく分からなかったことは覚えてるw。

マストフォローノートランプ。
交換ラウンドと機関車ラウンドを交互に行う。
交換ラウンドは勝者は出したカードを交換用のカードと交換して株券に。
他の人は出したカードをそのまま株券に。
機関車ラウンドは出した全てのカードが場に色別に並ぶ。列の左右端どちかに。
勝ったプレイヤーは機関車カードをどの色に割り当てるかを決める。
これを繰り返して最後に得点計算。
持ってる株券1枚につきその色の価値になる。
価値は機関車によって決まった枚数連続した線路の数字を足して、そこから機関車の数字を引いた分。

うーん、相変わらず初見での感覚が全くつかめないゲームだ。
交換ラウンドで勝つ意味が、出した株券を捨ててそのラウンドでの色の株券を手に入れるだけ。
低い価値の株券を捨てて高い価値のものを手に入れるのが理想だが、序盤~中盤ではそれもまだ分かってないのであまり勝つ意味がない。
価値上げたい路線の数字低いカードを株券にするか、価値下げたい路線の数字高いのを株券にして場に出なくさせるかくらいか。

何度か連続で遊べば勘所も分かるんだろうか。

結果:レン -7、ヒゲボド 1、キョウ 11○、葉雪、do 6






IMG_7909
「モンスター画家 / Monstermaler」 Friedemann Friese, Marcel-André Casasola Merkle, Andrea Meyer作

持参初プレー。
日本語版出てすぐ買ったけどずっと積んでた。
ちなみにヒゲさんも未プレー。
リメイクのジャジャーン!はやったけどね。

笑い声大きいと注意される場所でパーティーゲーム出すヤツw。

紙を半分に折って、お題の人物の絵を半分描いて隣に渡す。
隣から来た絵は反対側見ずにお題だけ見て残り半分を描く。
んで発表して誰が描かれてるか当てる、と。

ジャジャーン!との違いはあちらは人物じゃなくて物のお題だったところ。
あとあちらは観音開きのホワイトボードだったけどこちらはメモ帳です。

ジャジャーン!とは違って人間(じゃないのもあるがw)限定なので、左右の絵が位置もバラバラってのは起こらない。ガイドあるしね。
なので実質2つの絵を同時に見てるのと大差ない感じ。
人物なんてどっちの半身かで違いでないしね。
物だと大きさや向きをどう描くか悩むけど。

なのでこちらは2人の描いた絵の違いを楽しむゲーム。
難易度は低め。

個人的にはやっぱジャジャーン!が好きだな。

結果:レン 2、ヒゲボド 6○、キョウ 0、こばやし 2、葉雪 2、do 0






IMG_7910
「ファウルプレイ / Fowl Play!」 Richard Breese作

持参初プレー。キーシリーズ作者の軽めのゲーム。

狐で家禽を捕まえる。

最初に4枚ずつ家禽カード配って1枚を伏せて担当隠匿。
家禽には色・形・鳥の種類の3要素があり、それぞれが得点源。

ラウンドでは3枚の手札から1枚伏せて同時公開。数字の小さい順に手番。
まずは家禽の移動。出したカードと要素が1つ以上一致する家禽1匹を3マス動かす。
この時狐から2マス以内には入れず、既に2マス以内にいるなら近寄れない。
全員やったら今度は自分の狐を動かす。
狐は2マス移動できて、ボード上の穴同士は1移動でワープ可能。
家禽のいるマスに入ったら捕食。
その後、誰も家禽を捕食していなかったらラウンド表示カードを進める。

家禽が残り8匹以下になるか、ラウンド表示カードが3まで進んだらゲーム終了。
担当家禽カードオープンして、残ってる家禽それぞれについて一致してる要素数が得点。
完全一致の家禽はボーナス1点で4点。
次に捕食した家禽の得点。
色と形毎にマジョリティ比べて、マジョリティ取った人は更にその中で何種類の鳥がいるかを見て、その数得点。
最後に鳥の種類コンプリート1組で5点だったかな。

思った以上に軽いゲームだった。
基本は毎手番家禽をもぐもぐする。より多く食べれるように移動していく。
得点高い家禽を他に食べられないように逃がすか、自分に家禽近づけて食べやすくするか、そのどちらを優先するか。
捕食すればマジョリティ取れれば大量得点のチャンスだが、マジョリティ取れないと折角食べても無駄になる。
逆に残った家禽は1要素でも一致してれば得点になるので、得点しやすくはある。
あとはどれを食べてどれを残すか。2点以上ある家禽はできれば食べずに残しておきたいね。

基本家禽の方が足が速いので他のプレイヤ―に逃がされたら追いつけない。
上手く2マス以内に寄れないのを利用して隅に追い詰めていけるか。
他の狐と挟み撃ちにして分け合うのも良い。

うーん、軽い。ブリーズ感はないね。

結果:レン 25○、キョウ 20、do 16




IMG_7911
「アトラス:エンチャンテッドランド / Atlas: Enchanted Lands」 J. Alex Kevern作

持参初プレー。駿河屋で安かった。

4スートで1~7のカード。4人なら8も使う。
カードは1枚残して配り切って、各自チップを14枚持つ。

手番ではカードを1枚出して場に配置。
スートごとに列作って、左から1~並ぶように場所を空けて。
出したカードが縦に4枚(うち1枚は裏でも可)なら「場所」が、横に4枚以上(裏向きはスキップ)なら「時間」が完成。
いずれも完成しなかった場合、置いたカード上に0~5枚のチップを配置できる。
チップは裏表で「場所」と「時間」になっており、そのカードがどちら側で完成するかを予想して配置する。混ぜては置けない。
完成した場合、それらの上に乗っていたチップは、予想が当たっていれば残り、外れていれば除外。
その後カードを裏にする。
完成時にはチップは配置できないのが辛いね。

最終的に残っているチップ枚数と、何か所当てたかの合計が得点。

いや、これ面白い。
配られた手札見て何処を完成させやすいか、逆にどこの完成を妨害できるかを予想して、どのカードから出してどちらに何枚賭けるか。
なるべく多く賭けた方が得点しやすいが、多くの場所当てた方が得点は伸びる。
少ない方が外した時の保険にもなるしね。
完成する時にはチップ置けないので終盤はチップ配置できない状況が多い、それを見越してどの時点でチップを使い切るかも悩ましい。
縦が2枚裏返るともうその場所は完成しないし、3人プレーだと横は7枚なので1度完成するともう同じライン上で時間は完成しない。
4人プレーだと8枚になるので2回完成する可能性もある。
1枚ランダムに抜かれてるのもまた憎いね。

いやぁこれは久々に当たりを引いたな。良いゲームだ。
絵も美麗だしね。表紙のおばちゃん妖精は微妙だけどw。

結果:レン 12○、do 8、キョウ 7



IMG_7912
「モンサンミシェル」 るりるりゲームズ

初プレー。doさん持参だけど自分も積んでる。
るりるりゲームズトリテコレクションvol.4より。

2スートあってマストフォロー。
リードが1枚出したら、全員それを見て殉教者コマを握る。
同時公開した後、残りのプレイヤーは1枚出す。
カードにはランクの他に殉教者アイコンが描かれていて、トリック勝者の左隣から順番に自分の握った殉教者を1つずつ中央に送り込む。
足りない分は送れないし、余った分は中央とストックの間の道に残って次のラウンド使えない。トンボロかな。
全てのコマを送り込んだプレイヤーが勝ち。

まず1つ、スートが満ち潮と引き潮で上向きの波か下向きの波なんだけど、印刷のムラが酷くて印刷薄いカードがどっちのスートだか分からんw。
手作り感が特徴のサークルだが、プレイアビリティに関わる部分はちゃんとして欲しいね。

んでゲーム内容だが、いまいち噛み合ってない。
握ったけど余ったコマが次のラウンド使えないってのは面白いが、序盤はコマに余裕あるからマックスの5個握らない意味がない。
余っても次握る分余裕であるので。

あと終盤、最期全員1個残りになって、このラウンド握るか次握るかの睨み合いに。
結果自分だけ握らなかったんだけど、ラスPだったので出すカードによって他の2人のどちらかが勝つ完全なキングメーカーになってしまった。
まぁシステム的にはしょうがないんだが、とりあえずトリック取ったプレイヤーからじゃなくて左隣からの意味がよく分からんな。
結局どちらかが勝つカード2枚からランダムに出したよ。
これはまぁトリック取ったプレイヤーから送りこむとしても変わらないけどね。

発想は悪くないんだけどなんか調整がいまいちかなぁ。

結果:レン 1、キョウ 0○、do 1



IMG_7913
「ジェゼル / Jezel」 るりるりゲームズ。

初プレー。こちらも同じセットから。

NEWSの方角4スートに1~6までの数字カードとお宝2枚と砂嵐1枚。
方角マストフォロー。

出したカードは方角ごとにまとめて中央へ。
お宝が出たトリックで、リードスートをフォローしたのが1人以下だとお宝出した人がお宝獲得、2人以上だとお宝は左隣のプレイヤーの手札へ、だったかな。
砂嵐が出されたら、中央にあるその方角のカードを全員に配りなおし。
最終的にお宝多く獲得した人が勝ち。

とりあえず、ルールライティングが酷い。まともに遊べないレベル。
お宝出された時に誰がトリック取るか書いてないし、砂嵐とお宝の処理順も分からん。
~と同じ処理って書いてあるが、それがどの処理を指しているか分からない。

なんとかその場でルールはこうだろうと決めて遊ぶが、システムもいまいち。
お宝の出終わったスートを再配布する意味が全くないし、砂嵐は使ったら除外なので序盤に出ても完全に無駄。
砂嵐出た瞬間に配り直すならまだ上家がお宝出して下家がフォローできないっての防げるが、その順番書いてないし。
リードスートなくて他のスートの砂嵐出しても、再配布されるのは砂嵐カードのスートなので意味がない。せめてリードスートなら。

特に最悪なのが3人プレーと4人プレーで一切調整がない。
2人以上フォローするかどうかで分岐があるのにそこに人数調整がないので3人で遊ぶのと4人で遊ぶので完全にバランスが変わる。
というか多分、実質4人専用。3人プレーのバランスが取れてない気がする。

うーん、これはないなー。
あと後半の予定調和感よ。

結果:レン 3○、do 3○、キョウ 2



IMG_7914
「ザナドゥ / Xanadu」 Javier Velásquez作

持参初プレー。

手札を建物として使うかワーカーとして使うか系。

手番では資源使って建築。
資源は自分の建物の左上に描かれた物が自動で出て、また手札をワーカーとして自分の建物か誰かの建物に配置して産出。
4段に分かれている下から順に埋めて、覆った資源を使える。
覆った段の左端に描かれた資源はその建物の持ち主の永続産出資源になるので、他人の使うと相手の利になることも。
また、右端に描かれたのは建物の売値。
手番開始時に現在の値段で売却する。使われるほど高くなるのもあれば逆もある。
手番終了時、建物売却してれば3枚、してなければ1枚ドロー。
また手番全てをパスすると手札を6枚まで補充。
あと最終段階まで埋まった建物は手番最後に強制売却される。これはドロー後なので引ける枚数には影響しない。

なかなかオリジナリティを感じる良いシステム。
他人の場を把握する必要があるので人数多いとちょっと辛いかな。3人くらいがちょうど良い。
覆った資源が使えるので、何を今出したかを忘れがち。
全体的にもう1段上にシフトして、ワーカー置いても出た資源見えるようにした方がよかったかもね。
まぁ配置時に右端にずらして置いて、手番終了時に重ねればいいかな。

結構面白かった。

結果:レン 33○、do 33○、キョウ 30




おしまい。


IMG_7915
からあげ食べたくて中華行ったが、麻婆丼500円に惹かれて両方頼んで量の多さに後悔。

9/3 王の洞窟平日会@岐南

岐南会。



IMG_7868
「ギークアウト / Geek Out」 Dan Rowen, Elisa Teague作

倉庫整理してたら久々にやりたくなった。
とりあえず人数揃うまで。

オタク系知識の多答クイズに答える。
ダイスでジャンル決めて山めくって読むと問題と最低ビッド数が書かれてる。
順にビッドかパスしていって、最大値の人が挑戦。
「ゴッサムシティに住んでる人の名前」とか「イギリスが舞台の作品」とか。
成功すれば1点、失敗したら-2点。

イギリス舞台のやつはアーサー王系とバラ戦争系のボドゲで達成したぜ!

ちなみにジャンルは「ゲーム」「マンガ・アニメ」「SF」「ファンタジー」「その他」です。

結果:レン 〇、キョウ、ヒゲボド、葉雪






IMG_7869
「ポテトマン / Potato man」 Günter Burkhardt, Wolfgang A. Lehmann作

マストノットフォローだけどブルクハルトとしては結構真面目なトリテ。
そのうち買おうかと思って結局買ってないんだよね。

なんかショーゴ君がグロかったw。

結果:レン 18、ショーゴ 33〇、ヒゲボド 20、キョウ 10







IMG_7870
「ドイス / dois」 倦怠期

倦怠期の変態トリテはもっと推して行きたい。

スートとランクが別のカードになってるトリテ。
ランダムに配るけど極端に寄ってればマリガン。

第1トリックだけそれぞれ1枚出して、以降はどちらか1枚出して上書き。
マストフォローで、リードスートを持ってるならそちらを出す。
元々フォローしてる状態なら、ランクカード出すか同じスートを出す。
同値なら後出し勝ち。

んでビッド制。切り札アリのトリテはビッド制が正解だと思う。
成功はプラス点、失敗はマイナス点ってのが結構ピーキーだが。

ビッドの基準になるのはハイランクと切札スートをどれだけ持っているか。
このゲームの面白い所は手札のスートカードを涸らせば以降ずっと同じスートを出し続けられるところにあると思う。
切札残して勝ちに行くならハイビッド、それ以外残すならランク低いカード残してロービッド。
手札によって戦略が取れて面白い。

よいゲーム。好き。

結果:レン 50〇、キョウ -30、ヒゲ -10、ショーゴ 0




IMG_7871
「ルドフィール / Ludoviel」 Friedemann Friese, Thorsten Gimmler, Martina Hellmich, Hartmut Kommerell, Andrea Meyer作

この面子で4人なら久々にHaste Ludoをやってみる。

クラマーのHaste Worteを元にしたゲーム。
カード引いてお題が決まって、そのお題に当てはまるゲームを時間内に書けるだけ書く。
なお、砂時計は誰かが任意のタイミングでひっくり返す。
んで落ちきったら、全員自分の回答数をビッド。
ビッドが低い人からその数発表して、できたら得点。
後手の人は先に言われてしまった答えはもう使えない。
なのである程度消えることを前提としてビッドする。

やっぱ面白いなぁ。大好き。

「タイトルに数字が入ったゲーム」で一人だけ18xx思いついたのはいいんだけど、どの数字がタイトルになってるか覚えてねぇw。
数字覚えるの苦手なのよ。
覚えてる18C2C、18OE、18EUだけ書いたよ。当然遊んだことはない。

結果:レン 42〇、キョウ 19、ショーゴ 23、ヒゲボド 20



IMG_7872
「グレッグのダメ日記カードゲーム / Gregs Tagebuch: Von Idioten umzingelt!」 Friedemann Friese作

邦題は適当な。ルドフィール流に言うとフリーゼ作の緑のコンポーネント含まない唯一かもしれないゲーム。

絵本シリーズを題材にしたライトゲーム。
基本システムはババ抜きで、スクールカースト1を目指す。

「チーズの呪い」がかかったプレイヤーはチーズカード1枚に山からカード3枚引いて混ぜて、左隣のプレイヤーがそこからババ抜き。
カードには-2~+2くらいの数字が書かれてて、チーズ引かなきゃ何枚でも引ける。
任意の段階で止めて、合計値分カーストが進む。
チーズ引いたら-3くらって、それまでの分は0に。んで呪いがかかる。
いずれにせよまた3枚引いて次の人が引く。
誰もチーズ引かずに1周したら、手番プレイヤーの分は隣のプレイヤーが引く。最低3枚。
チーズ引かなかったら呪いを誰かに押し付けて、相手を3マス下げる。

繰り返して誰かが1位になったら、あと1回ずつ引く権利来て終了。
カースト最上位のプレイヤーが勝つが、最期呪いかかってたら強制負け。

ゲームとしてはいたって普通なギャンブルゲー。
フリーゼらしいところといえば、カードのシャッフルとかは呪いのかかったプレイヤーが行い、他のプレイヤ―がやろうとしたらそっちに呪いが移るっていう盤外要素w。

ドイツ語から英語に自動翻訳したルールだからどこまで合ってるか不安だが。

考えどころはないけど、フィラーとして盛り上がるには良いゲーム。
なお原作は未読です。

結果:レン、ヒゲボド 〇、ショーゴ、キョウ



IMG_7873
「トランペット / Trumpet」 Phil Orbanes Sr.作

これも久々に発掘。

トリテに勝ったら進むレースゲーム。
まぁ得点トラックみたいなもんだが。

カードは6スートでマストフォロー。スーパートランプが数枚。
7枚配って、使い切ったらまた7枚配る。
勝ったプレイヤーはコマを進める。人のいるマスは飛ばす。
紋章のあるマスに止まったら、トランプスートを指定できる。
誰かが紋章マスに止まる度にどんどん新しくより強いトランプスートが決まる。
5回やると全スートの強弱が決まる具合。
次からは紋章マスに止まったら任意の2スートの位置を変更。
ゴール前の色違うスペースに居たら、進む代わりに同じくスペース内の誰かを1歩下げても良い。

1991年にゲームマガジンの年間ゲーム大賞取ってるとのことで、シド・サクソンも賞賛したというね。
手札の配り運は大きいが、上手く切札変更駆使すれば連続勝ちも可能。
古いながら今でも全然遊べるデザイン。

正直最後の相手戻せるルールはいらないかな。
それより自分進めた方が有利だし。2歩戻せるくらいにしないと。

箱の右上に「UNOを出したメーカーだよ」って書かれてて不安を煽るのは何故だろうw。

結果:レン、ショーゴ、キョウ、ヒゲボド 〇




IMG_7874
最後またルドフィールで、Ludostyleやって終わり。

いやぁ幸せだ。
ありがたいね。



おしまい。

8/27 王の洞窟平日会@岐南

岐南平日会。



IMG_7781
道中気になってたから良しで飯。美味い。


IMG_7782
「ルドフィール / Ludoviel」 Friedemann Friese, Thorsten Gimmler, Martina Hellmich, Hartmut Kommerell, Andrea Meyer作

Ludofacts。

絶版でスコットランドヤードの箱より大きいゲームで、考えてたプラネットスチームをヒゲボドさんに先に言われて悶える。

いやぁ楽しい。
こうやってまたルドフィールが遊べる喜び!

結果不明:レン、ヒゲボド、do


IMG_7783
「東印度公司 / East Indiaman」 David Wang作

初プレー。去年くらい噂になったやつ。

資源やりくりしてカード獲得。
獲得する資源も、それに払うコストも、獲得のための拠点も全部同じコマを用いるってのが独創的。

手番では拠点作る、資源獲得、資源交換、得点倍率アップ、パス。

拠点作るにはマスに描かれただけの船コマを手元からストックへ。
一次的に手持ちコマは減る。
ただし、拠点持ってると対応する資源を獲得する時に必要なコマが安くなる。
多く取りたい資源には拠点を置きたい。
また、最後に港ごとに拠点のマジョリティ点もある。

資源獲得は対応する港に船を置いて獲得。
最初は2つ、次3つと増えていく。拠点あると割引。
それとは別に手元から1つを資源として資源マスに移動させる必要がある。

資源交換は特定資源を現在の相場分払って、他の資源をそっちの相場分獲得。
阿片はレア資源でワイルドなうえに相場は常に2つで他資源+1個獲得。

最大の得点源はカードで、これを獲得するには描かれた資源を払う。
カードには株に色とアイコンが描かれていて、各ラウンド特定のアイコンでマジョリティ。
どのアイコンが必要かはゲーム開始時に全て分かっているので、先を見て。
また、アイコンと共に色が描かれていて、この色が個人ボード上の色トラックに対応。
1枚あたりの得点と、得点可能枚数上限。2なら2枚まで2点でつまりは二乗が最大点。

んでこれ上げるアクションもあるよと。
対応する資源を手持ちコマに戻してレベルアップ。
更にストックから1つを手持ちに。手持ちコマ増やすにはこれが必須。

そんな感じで資源をやりくりしながら、カード獲得と得点レベル上げを繰り返す。
ふーむ、面白い。資源買うにもどんどん高くなるのでどれを優先するか。
とはいえ手持ちコマにも限りがあるので、資源をカードに使うかレベル上げに使うか、どのタイミングで使うかと悩みどころが多い。
誰かがパスしたら追加でコマ払わないとボード上アクションできないってのも効いてる。

予想してたほどのキツさはないけど、とにかく悩ましい。良いゲーム。

でもなんだろう、交響曲第九番やったときにも感じた独特の感覚。
乖離感というか、システムが独特すぎてテーマが浮いてる感じというか、なんか言葉にしづらい感覚。
別にテーマが合ってないとかじゃないんだが、なんか没入感がないのよね。
カルチャーショックに近いんだろうか。

面白さは間違いなく上級でした。

結果:レン 40〇、do 39、ショーゴ 27



IMG_7784
「コリントス / Corinth」 Sébastien Pauchon作

先日に続いて。
ルールも引き続き間違えてます。ごめんねー。

でも個人的にはこの間違えたルールの方が全体の連動感あって良いかも…w。

結果:レン 71〇、do 65、ショーゴ 57



IMG_7785
「エッベス / Ebbes」 Klaus Geis作

かなり久々。

トリック出して行く中で切札・得点スート・マイナス点スート・最多最少以外が得点になるスート・マジョリティで次のスタP決めるスートが決まる。
ラウンド開始時にランクが指定されて、そのランクが出された順番で各スートの役割が決まる。

変態っちゃ変態だが、トリックの流れ自体はいたってまとも。

なーんか、このゲーム苦手なのよね。
全然勝てない。
そしてどうしたら勝てるか分からないから、ゲームとして苦手w。
今回も散々でした。

ドゥッベも積んでるんだよなー。もっとキモイっていう話w。

結果:レン -3、ショーゴ 0、ヒゲボド 10、do 8



IMG_7786
「ルイス / Luz」 倦怠期

一言で言うとインディアントリテ。背面で色は分かるし昇順に並んでる。

最近似たようなピココが出たけど、あれば隣の手札出して行くんだっけか。
んで自分のトリック数を予想すると。未プレーだが。

こちらは出すのは自分の手札で、予想するのも自分のトリック数。
使われないカードが一定数あるので、全体のカードと自分のカードの並びから自分の手札を予想して特定していく。
推理ゲームに近い感覚。

個人的には大新さんの最高傑作と思ってるんだが、どうだろう。
あとトリック数予想で2つの数に保険かけれるが得点の減る半ビッドは発明だと思う。

結果:レン 90〇、ショーゴ 70、ヒゲボド 70、do -40




おしまい!

8/20 王の洞窟平日会@岐南

岐南の日。



IMG_7738
「ブレイントピアプラス / Braintopia+」 Johan Benvenuto, Nicolas Bourgoin作

+は初プレー。
いくつか続編があってヒゲボドさんが集めてるが、BGGにはほとんど載ってないね。

元々ミニゲームというかミニパズル寄せ集めなので要はその種類が増えるだけ。
あ、脳味噌チップが立体コマになったよw。

良いフィラーです。

結果:レン 〇、キョウ、ヒゲボド、みよしの



IMG_7739
「ヴィアネビュラ /  Via Nebula」 Martin Wallace作

久々。出たばっかの頃に藤沢で遊んで以来。
調べたら2016、あれそんな最近だっけか。

建設予定地に資源運んで建物建設。
特徴としては初期資源以外、誰かが産出アクションしないと資源が増えないところ。
産出タイルは得点になるが、資源が取られずに余ってしまうとマイナス点になるので、使ってもらえそうな資源を選んで出したい。

手番では資源算出する、建設予定地押さえる、資源運ぶ、平原タイル置く、建設するから2アクション。
ほぼ全部1アクションだが、平原を荒れ地に置くときだけ2アクション必要。
上手く自分の建設予定地と資源マスを平原タイルで繋げて、資源を運んで建設。
この際資源を余分に運んで余ってしまうとマイナス点なので、必要最小限で。
建物カードは場に並んでて早い者勝ち。他人がどれ狙ってるかにも注意。

とりあえず需要のあるうちに資源産出して得点を得ておく。
場の需要と供給をよく見定めて。
産出できるのは2か所までで、1か所取りつくされないと次が出来ないので。

その点数頼りに、建築は資源少ないが得点低いのを狙って、早めに終わらせに行く。
結果、トリガー引いてそのまま勝利。

1時間くらいで終わって手頃ながら遊んだ感のあるゲーム。
にもかかわらずあんまり好きじゃないのは何故かな。
資源の早い者勝ち感か、初見で資源産出誤ると死ぬからか、展開の変わらなさからか。

結果:レン 28〇、キョウ 23、ヒゲボド 19、みよしの 22





IMG_7740
「ジンジャーブレッドハウス / Gingerbread House」 Phil Walker-Harding作

先日に続いて。

やはり得点効率の良い得点カードを早めに取るのが勝ち筋、というか取らないと負けるね。
資源貰える2点のカードは相当うまくやらないとバックがないな。
4つ5つは貰いたい。

後半は意外にキープ能力で山札4枚引きが大事。
手持ちと自分のボード見て達成可能なカードをキープしたい。
後は安くてもいいのでひたすら達成してワイルド置いて手数稼ぐ。

キョウさんにクリティカルヒットしたようで、さっそくぽちってたよw。

結果:レン 〇、キョウ、ヒゲボド、みよしの






おしま。

8/6 岐南王の洞窟平日会@岐南

2日連続で岐南だよ。

ヒゲボドさん不在で、キョウさんが代理主催。
のハズだけど普通にヒゲボドさんも居る。ちょっと何言ってるかよく分からない。



IMG_7646
「一枚一秒 / 拼分奪秒」 水水 作

初プレー。原題は中国語なので読めないね。
災害レスキューテーマだが、まぁ特に必要ないので置いといて。

カードの指示通りに置いた被災者タイルの周りに、その被災者に必要な資源を配置。
タイル配置するときは辺に描かれた絵柄同士が一致するように。
手持ちのタイルから置くか、山から引くか、他人の手持ちから置くか。
手持ちタイル多すぎると最後マイナス点になるので、適度に他人のも使おう。

各辺の絵柄と中央の資源を置き換えられる補正タイルを各種持ってる。
残しておくと1枚0.5点なので、ここぞって時に使いたい。

最初レベル低いのでやったら簡単すぎて3秒で完成。
流石にちょっとレベル上を要求してレベル10だったか7だったか。
そしたらいい感じの難易度になりました。
悪くないパズルゲーム。面白かった。これ系は得意。

ちょっと気になったのが、これ8人まで遊べるみたいだけど、人数多いとそもそもタイル足りなくなる気がするんだが…。
今回も全タイル引ききって、誰もマイナス点ない状況で終わった。ギリギリだ。
そこんとこどうなんだろな。

あとちょっとタイルの質が悪いかな。
余談だが、のっぺりとしたCG絵の人物が苦手。何十年前だよ。
お先に失礼しま~すのあの感じ。あれも絵が嫌いで買ってない。

結果:レン 37〇、ショーゴ 19、キョウ、みゅう、みなしの、ひこ



IMG_7648
「ブラックアウト香港 / Backout: Hong kong」 Alexander Pfister作

四度目かな。自分としては遊んでる方。

今回の方針は、なるべく手札増やしながら4つ目のスロット開放。
計画は無料で貰えるの取るくらいで。

まぁそうはいっても流れによるので、結局はブレブレなんだが。
手札のアイコン1つにつき1金貰えるカード取ったのでお金は楽。
4スロット目と手札補充緩和の両方開放出来たのは初かな。

全体的に上手く立ち回れて、130点越え!

結果:レン 132〇、ショーゴ 109、キョウ 99、みゅう 91




おしまい。重ゲできると満足感。



IMG_7649
帰りに中華。回鍋肉飯。


IMG_7650
豚足は可食部位が少ないな。

8/5 突発岐南王の洞窟平日会@岐南

ヒゲボドさんが夜暇になったので遊べる人いないかとTwitterでつぶやいてたので手を挙げる。



IMG_7640
「トレインズ / Trains」 Hisashi Hayashi作

AEG版は初プレー。
同人版持ってるけどかなり前に1度遊んだきりだな。

OKAZUブランドの同人ゲーがAEGから。
基本はドミニオンクローンだけど、カード使ってボードの陣取り。
今思えばクランクの先駆けか。

流石に6年は前のことなのでルールは覚えてない。
なんかゴミがいっぱい出て辛かったのは覚えてるw。

手番での行動は基本ドミで、買い物していく流れも一緒。
出した線路アイコンにつき線路コマをボードに置ける。
平地は1、川は2、山は3つ必要。誰かが既に置いてる場所は+1。2人なら+2。
都市は駅コマが置いてある分プラス。
駅アイコン出すと任意の都市に駅コマを置ける。
最終的に駅コマ1つある駅に線路敷いてると2点、2つで5点3つで10点とかそんな感じだったか。
駅コマは誰のものでもないので自分でやるよりは人にやってもらいたいが、後から入るのは重くなる。
まぁ得点行動なので、自分だけいる場所を美味しくしてくのが基本か。

特徴として、線路敷いたり駅建てたりすると廃棄物カードが捨て札に入る。
要は何かするたびに呪いが増えていくので辛い。
手札の廃棄物全除外するカードを取って対応するか、手番パスすることで同様の効果が使える。
適切な枚数で前者をこなすか、手損覚悟で後者で対応するか。
なるほどこんなゲームだったな。

陣取りではあるけど早い者勝ち感があるのは郊外の得点マスくらいで、コストは嵩むがあまり人との競合は考えずに伸ばしていける。
個人的にはそこの焦点がぼやけてる感じがして好みじゃないってのがあまり遊んでない理由かな。
キツキツなゲームに慣れ過ぎてるのかもしれんが。
インタラクション薄いゲーム好きって言ってる割には逆の感想な気がするが。

悪くないゲームだが、個人的にデッキ構築はハトクラが最高峰なのと、ボード使うデッキ構築だとクランクも今は存在するので、取り分けてこれを遊ぶ理由は薄いかな。
鉄道好きな人のためのデッキ構築ゲーということで。
前回も今回も基本デッキしか遊んでないので、他のカードで遊んでみたら印象変わるかもしれないけど。

それはそうと、銀貨金貨にあたるカード、急行・快速・特急って感じに分かれてるんだけど、どう見ても絵が急行が新幹線で特急が急行電車。
日本の電車知らない人が作ったんだろうか…。そこが残念。
日本語版出るなら直して欲しいが、まぁ今更出ることはないかな。

結果:ナフタレン 24、ヒゲボド 30〇、レン 30






IMG_7641
「ミゼルカ」

3人トリテの最高峰。

6枚ずつ配った時点で親が切札を決定。
スペード・ハート・ダイヤ・クラブ・ノートランプ・ミゼルカの6種。
一度自分が選んだのは再選択不可で、これを全員が使い果たすまでやるから6×3の18ディール。
選んだら、追加で7枚ずつ配って手札13枚。余りも13枚。
その後、親から順に、手札を好きなだけ捨てて余りのカードから引き直せる。
なくなったらそれ以上引けないので、大抵三番手は1枚も変えられない。

んでマストフォローのトリテをするが、取ったトリック数から親は7トリック、2番手は4トリック、3番手は1トリック引いた物が得点になる。
先手程有利なのでノルマも大きい。
7トリックは意外と重くて、かなり頑張ったつもりでも1点2点が関の山。
逆に3番手は手札は弱いが、2トリック取れば得点になるのでワンチャン高得点を狙える。

なお、ミゼルカ選択時はトリック取らないようにして、取ったトリック数を1番手は1、2番手は4、3番手は7から引いた物が得点になる。

基本的に親は自分が多く持ってるスートを切り札に選んだ方が良いが、手札半分しか見れてないのでその後の配り次第。
全体的に強いランク持ってればノートランプ、弱かったらミゼルカ。
後半は選択肢なくて配り運だけど。
それよりも大事なのは手札のチェンジ。
切札以外はハイカード以外全部捨てるのが基本。切札引ければその方が強いからね。
あとは手持ち枚数の少ないスートは捨てて、ボイド狙えるようにしておくのも大事。
早めにボイドできれば切札出して、低ランクの切札でトリック取れるので。
交換枚数十分にあるなら枚数よりも低ランクばかりのスートを優先して交換したいが。

18ディールのフルゲームやるのは初めてかな?
2時間くらいかかったが、それに見合う面白さはある。楽しかった。
長丁場に関わらず、結果が非常に僅差になって驚いた。
ラス前の親で切り札選択失敗して、マイナス5点くらいくらったのが痛かった。
あれで逆の切札選んでれば十分勝てる枚数はあったのに。配りが悪い…。

結果:ナフタレン 1、ヒゲ -3、レン 2〇


IMG_7642
「シェリフ」 河童の三平 作

初プレー。河童さん作だったのか。

3人専用の非対称目的トリテ。
10~Aで4スートを使用。ジョーカー1枚。

ジョーカー配られた人が、シェリフ・強盗団・市長の役職のどれかを選択。
時計回りに全員役職選んだら、市長選んだ人が切り札を決める。
その後市長から打ち出してマストフォローのトリテ。
なおジョーカーは最弱カード。

強盗団は獲得した10のカードが1枚1点。
シェリフは獲得したKのカードが1枚1点。
市長は獲得したJQのカードが1枚1点だが、強盗が獲得した10の枚数とシェリフが獲得しなかったKの枚数がマイナス点。
誰かが8点取ったら勝ち。
サマリーカードがあって分かりやすかった。

ちょっと複雑だが、10のカードはお金、Kのカードは強盗って考えると、強盗団に取られたお金とシェリフが捕まえそこなった強盗がマイナスってなるので分かりやすい。

市長は切札決めれる優位があるが、マイナス点になるリスクを孕む。が、唯一最高8点取れる可能性もある。
市長になるとシェリフとは協力して、強盗とは敵対するチーム戦要素も生まれるのが面白い。
まぁ他二人の邪魔をしても最大4点取れるので得点状況次第で。

うーむ、これは面白い。が、非常にプレイングが難しい。
カード枚数少ないのも相まって、無駄な手がほとんどない。
これはいいゲームだ。なぜもっと広まってないのか。
得点が一見複雑で、役職カードサマリーが必須なのが原因か。

1ゲーム目は3ディールくらいで自分が市長で大量得点して勝利。
2ゲーム目はなかなか長引きました。

結果1:ナフタレン 8〇、ヒゲボド 1、レン 5
結果2:ナフタレン 7、ヒゲボド 0、レン 7



IMG_7643
「フーズ フー / Who's who」 David Parlett作

初プレー。気になってた3人用トリテ。
作者はおなじみパーレット。

2~4を抜いてジョーカー2枚。
ジョーカー配られた同士がチーム、1人に集まったら他2人がチーム。
ただし誰がペアなのかはプレイ中にジョーカー出すまで判明しない、ナポレオン的な。

マストフォローだが、トリックに勝つのは2番目に強いカード。
ただし誰もフォローできなかった場合は、リードが勝つ。
ジョーカー出したら、出した人が誰にトリックを取らせるかを決める。
ジョーカー2枚出されたら、残りの1人が決める。

目的は1:2の1人のプレイヤーは自分が取ったトリック数単独2位になる、もしくは他2人の獲得トリック数を揃える。
他2人はそれを阻止すること。
1人の方が成功したら10+トリック数が得点、失敗したらその分が他2人に。

なかなかチャレンジングで面白い内容なんだが、どうもバランスはいまいち。
特にジョーカーの存在。強すぎないか。
1人にジョーカー2枚来た場合、それらを使わずにラスト2トリックに取っておけば、ラスト2トリックは好きにトリックを押し付けられるので自分が2位になるのも他2人揃えるのも簡単すぎる。
防ぐにはチーム2人がトリック数3以上離したうえで、1人の方がそれより3以上多いか少ないトリック数じゃないといけない。
平たく取ってたらまず不可能。ちょっと強すぎだろう。

逆にジョーカーが分かれてる場合、使わずに取っておけば単独2位やトリック数同数を避けるのも簡単。
そこでバランス取ってるのかもしれんが、どちらにせよジョーカーが強すぎる。

プレイングとしてはジョーカー分かれてる場合、早々にどちらかが持ってることバラして、もう1人に調整してもらって、その動きからペア推察して平たくなるように動くのがセオリーかな。
単独の人は他のどちらかに偏らせながら自分も取っていくのが必要だが、1:2なので難しい。
ジョーカー2枚持ってるときにブラフで1枚早めに出して、どちらかが敵だと思わせるプレイングも考えられるが、先述のジョーカーの優位性考えると勿体ないな。

うーん、なんか惜しいゲームだ。

結果:ナフタレン 84〇、ヒゲボド 65、レン 39



おしまい。

ほぼトリテ、あと電車で終わった。岐南会っぽい会だったw。




IMG_7644
松屋!

7/30 岐南王の洞窟火曜会@岐南

岐南会へ。

ヒゲボドさんは炎天下の農作業でダウン。



この日岐阜勢のレンさんと初遭遇。
同じ名前で紛らわしいw。
そういう席ではナフタレンと呼んでくれよな。


IMG_7596
「ラマ / LAMA」 Reiner Knizia作

とりあえず最近はフィラーといえばラマだよね。

もう大して思うこともないけれどw。

良いゲームやで。

結果:ナフタレン 19〇、ショーゴ 27、キョウ 25、葉雪 41、レン 20






IMG_7597
「オンザカード / On The Cards」 Sebastian Bleasdale作

ルールが組み合わせで決まるヤバいトリテ。
この日は特にカオスだった。

まず手札が1枚ずつ引いていって合計値が規定値を超えたら終わりのアルハンブラ方式。
トリック取る条件が同じランク3枚か連続ランク3枚とかリスティコントラっぽくなったり。

なんかトリック数勝負になったが、フリーパスで全員出し切った後に自分だけ出して手札枚数分トリック取る謎の気づきゲーになったり。
基本ルールに「誰かが手札なくなったらラウンド終わり」と「手札ないプレイヤーはパスする」の両方が書いてあるのはどういうことだ?
前者ならまぁ納得なんだが。

何度やってもヤバいゲームだ。

結果:ナフタレン 3、葉雪 4〇、キョウ 3、ショーゴ 1、レン 1




IMG_7598
「ノルダーヴィント / Norderwind」 Klaus Teuber作

持参初プレー。
北風がバイキングを作った!
結構前に出たゲームだけどやり損ねてたので半年くらい前に駿河屋で。

めくりゲーだが、3つの山の構成は変わらないのでどこに何があったか覚えておこうね。
同じトイバーの宇宙船カタンに近いね。

手番では3つの山のどれか選んでめくる。
めくったタイルの効果使うか、無視して次めくるか。
めくれる枚数は初期4枚で、船のマスト改良すると増える。
だが実行できるタイルは2枚でこれは変わらないので、良いタイル引けるまで待てるようになる。
ただし、海賊のタイルが出たら闘うか1金払って逃げるか。
逃げたら次めくるが、戦闘はダイスロール。負けたらそこで航海終了。
勝てば船長捕虜にして、得点源に。
アクション数余って終わったら相乗りタイル貰って相手のアクションに相乗りできるよ。

各山1枚ずつ都市タイルが入っていて、アクションすると必要な資源払ってボードにキューブ置ける。
必要な資源は島によって違って、お金・交易品・捕虜と特色があるので、どれを狙うか。
誰かが達成するごとにどんどん高くなっていく。
一定数のキューブを配置できたら勝ち。
各島のマジョリティや全島達成ボーナスでもキューブ置けるよ。

最大の特徴はコンポーネントだよね。
1人1つ船の模型持ってて、そこに資源やら差し込んで、船強化すると大砲増やしたりマストの位置上げたり。
船員雇うと特殊能力が増えます。

あんまり遊んでる人見ないけど、悪くないゲームだった。
まぁトイバーってことでカタンレベル期待すると肩透かしくらうけど。
紀元1503よりは面白かったよ。圧敗したけど。

結果:ナフタレン 3、ショーゴ 8〇、レン 6、キョウ 4





IMG_7599
「レイクホルト / Reykholt」 Uwe Rosenberg作

2回目。

前回Aセットだったので今回はBセット。
枚数多めで使わないカードも多い。
今回出たのが即時効果ばかりで永続効果が少なかった。
キョウさんが取った特定のマス使うとキノコ降ってくるのは普通に便利だった。
ちょっと貸してと共有。

畑多めに取って収穫回して、適当なタイミングで畳んで伸ばすつもりだったが、ちょっと畳むのが遅かったな。
貧乏根性があかんかった。
2マス分くらい負け。

結果:ナフタレン、キョウ、レン 〇






おしまい。



IMG_7600
吉村家!
美味いんだが、豚骨系で店内が臭いのが問題だ!慣れるが。

7/16 岐南王の洞窟火曜会@岐南

岐南会へ。



IMG_7493
「ルドフィール / Ludoviel」 Friedemann Friese, Thorsten Gimmler, Martina Hellmich, Hartmut Kommerell, Andrea Meyer作

人揃うまでルドフィール!
ヒゲボドさんとオゼキさんとでLudofacts。

縦横4枚並べ、4×4の交点上にキューブ置いて、縦横2つの条件に当てはまるゲーム名言えたらキューブ獲得。
初めての場所は2点、2個目は1点。

いやぁ最近ルドフィール遊べる機会増えて嬉しいなぁ。
久しぶりにHaste Ludoもやりたい。
あとはLudostyleできる濃い面子集まらないかなw。

結果:レン 14〇、ヒゲボド 12、オゼキ 9



IMG_7494
「フリーゼマテンテン / Friesematenten」 Friedemann Friese作

初プレー。新版の方。流石に旧版は入手難すぎる。
フリーゼが自分の名前冠したゲームってことで気になってた。

並んだカードから1枚選んで競り。
工場取ると収入増えるが3つまでしか持てないのは電力会社だね。

どんなゲームかというとひっどい殴り合いのゲーム。
他人のカード捨てさせたり、工場奪ったりするカードが山ほどある。
うーん、これはかなり人を選ぶなぁ。
というかフリーゼファン以外にはウケないだろうw。

カード名はウィットに富んでて良い。フリーゼらしい。

カード1枚の得点2倍にするカードを序盤に取るも、得点高いカード得る機会がなくて持て余したわー。

とりあえず感想としてはフリーゼファン以外はやらなくていいw。
旧版はランダム封入のTCGなのよね。くっそレアいのにw。

結果:レン 15、ヒゲボド 41〇、キョウ 34、アグリンゴ 23


IMG_7495
「ロレンツォ・イル・マニフィーコ / Lorenzo il Magnifico」 Flaminia Brasini, Virginio Gigli, Simone Luciani作

かなり久々。

なんか今まであんまり上手く動けたことなくて苦手感ある。

今回兵力上げるのが条件のリーダーを2枚取ったので、序盤から狙う。
2ラウンド目くらいにリーダー2枚出せて収入と無色ワーカー強化できて美味しい。

IMG_7496
あとは黄色主体で。未だに黄色以外のプレイングしたことない気がするw。
リーダー出した後は緑にも行かないので兵力使い放題で紫取りやすいのは良かった。

今までで一番上手く動けた気がするが、緑主体のヒゲさんに負け。
ちょっと苦手感は払拭できた気がする。面白かった。

結果:レン 121、ヒゲボド 130〇、オゼキ 89、キョウ 51






IMG_7497
「マインツ / Meinz」 Günter Burkhardt作

4 in 1より。
ヒゲボドさんが唯一遊んでないやつらしいので。
自分は杏談亭で1度遊んだきりかな。4年ぶりくらい。

マストフォローのトリテだが、各自3トリックしか取れない。
最大の特徴はカード出した後にマインツって言えば自分がトリック取ることが確定する。
自分が言わないならカード出し終わってる上家にマインツ権。
ただし4番手だけはマインツ権はなく、出したら普通に勝敗判定。
トリック取ったらその中の1枚を手札の1枚と入れ替えて伏せる。

最終的に取ったカードの合計値が一番多い人が3点、2位の人が1点、3位の人が0点、4位の人が2点。
取るなら1番取れ、取らないなら一番低く取れ。途中で進路変更がしづらい。

1枚入れ替えができるのが秀逸で、3番手は下家に1枚投げ込まれても交換で全部大きく・全部小さくできる。
2番手でも3枚は欲しいカードが狙えるのでやる価値はある。

かなり久々に遊んだが、面白いなぁ。
前回遊んだ時はまだそこまでトリテ経験値が高くなかった。
今なら存分に楽しめるぜ!ヒャッハー!

結果:レン 15〇、オゼキ 14、キョウ 13、ヒゲボド 6



おしまい。



IMG_7498
帰り道の吉村家。
何故人は中盛りにしたうえにチャーマヨ丼を頼んでしまうのか。
しかもチャーシューも追加しとる。うっぷ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ