ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:刈重会

7/7 刈重会@刈谷

すぐりさん主催の刈重会。



IMG_7411
「ブラックアウト香港 / Backout: Hong kong」 Alexander Pfister作

三度目。

今回は前回手札足りなくなった反省を活かして、ならばもういっそ4つめのスロットは無視しようと。
計画重点的に達成して、スロットは開けず、手札回収枚数を開放して計画の効果も使いやすく。
これでもまぁ手札少なくてスカウトはしづらいけど、定期収入多いのは助かるね。
なんかお金が凄い余ったw。

前回より1点アップ!

結果:レン 119〇、すぐり 83、EG 78、中毒者 91






IMG_7412
「カツカレー食ってる場合か」 トイドロップ

数年ぶり2度目。あんまり覚えてないや。

同時出しバッティングで高い値段出した人が勝つけど、その1つ下の人より2倍以上離れてたらキャンセルされる。
んでまたその下と比べて、の繰り返し。

たまに一番低い値段出した人が勝ったりするのが面白い。

まぁこのゲームの面白い所はそれよりもフレーバーで、競り落とす対象の内容で全体の相場観がなんとなく決まる所。
んで、その結果競り落とした人の払った額を見てネタにして笑えるところ。

正直価値を狙えるゲームじゃないので、パーティーゲームと割り切った方が楽しめる。

使ったカードは下家に渡すので、少人数なら心理戦になるかもね。
多人数だとちょっとノイズが多すぎる。

結果:レン 18〇、よし9 13、中毒者 7、EG 6、yuji 11




IMG_7413
「ガンジスの藩王 / Rajas of the Ganges」 Inka Brand, Markus Brand作

二度目。

前回遊んで結構気に入って、持ち歩いてるんだけどなかなか立たない。

ダイスプレイスメントではなくダイスが資源のワカプレ。

今回は序盤から市場タイルを集めて金満プレー。
お金が豊富で、上がる量も多いので動きやすかった。
お金上げた時のボーナスも取りやすい。
お金ボーナスのあるエリア振り切ったので、そこから名誉点に走る。
建物いっぱい取ってるとタイルも多く、道連結ボーナスも取りやすい。

流石に後半は失速したけど、何とか交差させて、勝利。
今回もダイスギリギリ運用で置き場8個も埋まらんて。

なんとか勝てたけどあまりうまくいった感はないな。
序盤は良かったので中盤以降だなぁ。

うん、やっぱ面白い。

結果:レン 9〇、yuji 4、よし9 ×、中毒者 ×






IMG_7414
「故宮 / Gùgōng」 Andreas Steding作

1度遊んだきりだったので。

前回間違えてた長城のルールを修正。
除去するのは1位だけね。

だが、これはこれであかんかった。
自分と他1人が2個ずつ置いてて、あと3個置けば埋まる状態。
ここに2個分の資源持ってる人が飛び込むと、2個置きで3個分おいてマジョリティ取って埋めれる。
んで結局除去されるのはその人の2個だけなので、また次の手番で2個分資源戻せば同じことができる。
これはダメじゃないか?
まぁ2人が2個ずつ置いてるのが悪いんだろうけど。
だって3つ目置く余裕がないし、置いても美味しくないし…。
まぁ流石にこれ以上はやばいと思って途中で置きに行ったけど。

今回は2個分資源も取れなかったし、アクション数増やすのにも時間かかってダメダメでした。
うーん、結局長城アクションの評価が向上してないぞ。

結果:レン 33、桜庭 27、中毒者 39、がんすけ 48〇






IMG_7415
「ボードゲームギークゲーム /  The BoardGameGeek Game」 Richard Breese作

久々に。何度か持って来てたんだけど立たなくてね。

以前4人で遊んでちょっと寂しかったので5人で。
多分ベストは6人な気もするけど。

BGG10周年記念で出したゲーム。
作者はキーシリーズのリチャード・ブリーズ。

プレイヤーはパブリッシャーとなりゲームショップにボドゲを卸す。
各自が担当するのは、ハンズ・クイーン・エガート・イスタリ・ツリーフロッグ・R&Dだ!
なお、今回5人プレーなのでイスタリ不在。(´・ω・`)ショボーン

さて、プレイヤーは自分のタイルデッキを持ち、ランダムに引く。
第1ラウンドでは8枚、以後は3枚で、最終ラウンドは0。
持ち越せるのでどこで使ってどこで貯めるか考えて。
スタPから順にタイル1枚を裏向きで場に配置。
場には6つのボードゲームショップがあり、配置できるのはその店の1~6の番号から±1以内のタイル。
価格は3種類あり、任意の価格帯に置く。
各自これを好きなだけ配置。パスした人は手持ちのダイス3つを積んでおく。
Dice Towerを模してるらしく、笑う。

したらば、全員ダイス3つ振って、出た目の番号の店に配置。
最終的に自分のダイスが置いてある店から買い物ができるのだが、その前に調整フェイズ。
1点払うことでダイス1つを縦横斜めに隣接する店に移動させる。
タイルを買いたい店に自分のダイスを送り込むのが主目的だが、誰のダイスでも動かせるので相手の邪魔もできる。
勿論返す刀で戻すこともできるが、互いに点数消費するだけで他が得しちゃうからね。
また、1点払って振り直しもできるが、2歩でどこでもいけるのであんまり意味がない。

その後、タイルを表にして手番順に自分のダイスを欲しいタイルに載せて購入。
自分のタイルが買われたら、その値段分の得点が入る。
当然相手に得点はあげたくないので、基本安い物から売れていく。
ただしタイルの数字がそのまま点数なので価値の高い物なら1金2金高くても買う理由があるのと、最後にセットコレクションがあるので、中盤以降は敢えて高いの買ったり価値低いの買う理由も出てくる。
既に持ってるのと同一のタイル買っても得点にならないので、何も買わないって選択もできる。

これを繰り返して終わり。
最後に買ったタイルを価値別に分けて、同じ価値の他プレイヤー全員分のタイル持ってるとボーナスで1枚6点扱いになる。
なので4や5のタイルをコンプリートしても恩恵は低いし、6のタイルはボーナスはなし。
如何に1や2の低いタイルを集めて価値を上げられるか。
ただし揃わなかったら価値が低いのでリスキーだぞ。最初から高いの買うのが安全牌。

以前遊んだ時の記憶はほとんどなく、人数多い方が良さそうってくらい。
いえろ~さん家で遊んだのは覚えてる。

正直それくらいの感想だったが、今回遊んでみて思ってた以上に面白かった。
前回人数少なかったので、タイルのコンプリートが簡単過ぎたんだよね。
人数多いとコンプリートまでに集めなきゃいけない枚数が増して、低価値タイルのリスキーさが上がる。
4人プレーだと簡単にコンプリートできて、実質どのタイル買っても一緒になる。
しかも各3枚あるからね。重複しても得点にならないので全員分あるっていう。
まぁ邪魔するために買うことはできるが、自分も手損だしな。
やはり5人以上じゃないと成立しないと思うよ。

相手が、欲しいタイルをどの店に置いたかは分からないので、2択3択は運任せ。
どうしても買いたいなら両方の店にダイス置いとけ。
手番順も大事。

ゲームとしての問題点はキングメーカーが出やすいことかな。
終盤、セットコレクション防ぐために相手のダイス動かすことがあるが、点数さえ払えばいくらでも邪魔できて、それを戻しての泥仕合。
勝ち目のある人がやる分には互いにどこまで払って1位をキープできるかの熱い勝負なんだけど、勝ち目ない人が勝利無視で食い下がるとゲームが崩壊する。
この点は事前に紳士協定結んどいた方がいいかな。

1・2・4あたりで全種コンプして勝利。
最後、邪魔されたけど食い下がってたら相手が引いてくれてセーフ。
自分が勝てる手を打とうね!
まぁ相手のタイル見えないからトップっぽい人叩くのは当然だが。
2人くらいで協力してやるのがいいかもね。酷いマルチだがw。

5人は丁度よいバランスだったが、6人はどうだろう。
セットコレクション難しくなって価値の高いタイルに人気が集まるのかね。
試してみたい。

結果:レン 138〇、キートン 100、桜庭 120、ばら 114、よし9 103




IMG_7416
「ポンコツロボット大乱闘 / Moon-Bots」 Franz Couderc作

初プレー。
テンデイズが日本語版出したが、BGGに写真すらないってすごくね?

ゲームはキングオブトーキョー的な殴り合い。
点数はないので他を殴りまくるラストマンスタンディング。

手番では並んでるカードを購入して自機を強化。払うのはライフ。
2列あって、値段スライド式の例のアレ。
両手両足胴体頭をそれぞれ強化して攻撃力や防御力上げる。
振れるダイスの数増やしたり、攻撃力防御力補正のカードを3枚まで買える。

その後左右どちらかのプレイヤーに攻撃。
振れる数のダイス振って、出目に対応する体のパーツを発動して攻撃。
攻撃は二種類あって、パンチとミサイル。
攻撃補正や防御もそれぞれに対応したものが必要。

そこらへんは分かりやすいんだけど、分かりにくいのが複数攻撃の概念。
「6の目でミサイル2つ」のカードがあった場合、2ダメージではなくて1ダメージを2回。
何が変わるかというと防御時。ミサイル1つをガードする防御カードがあったら、前者は1ダメだが後者は0ダメ。
なので防御カード持ってる人には攻撃補正カード持ってない人の攻撃は通らなくなる。
このルールがめんどくさいし、正直残念なところ。
なんでこんなルールにしたのか。利点がない。

正直このルールなけりゃ買ってたんだがな。子どもら用に。
ルール難しくするしゲーム停滞させるしで無駄ルールすぎる。うーむ。

というわけで感想はキングオブトーキョーでいいや、で。
そのルールなければこっちが手軽で良いだったんだけどな。

結果:レン、ばら、よし9、桜庭






IMG_7417
「ルドフィール / Ludoviel」 Friedemann Friese, Thorsten Gimmler, Martina Hellmich, Hartmut Kommerell, Andrea Meyer作

例によって。Ludingo。
すぐりさんとみやびんさんに遊んでもらいたかった。

結果1:レン 〇、オゼキ、すぐり、よし9、桜庭
結果2:レン、すぐり、オゼキ、がんすけ、みやびん 〇




おしまい。



IMG_7422
帰路でチャンポン!ポンチャン!

4/6 刈重会@刈谷

刈重会に参加。



IMG_6579
「トランプトリックゲーム / Auf der Pirsch」 Günter Burkhardt作

4人目がなかなか来なかったので短めのを。
結構久々。日本語版は良いこと。

マストフォローのトリテで、1人4トリックしか取れず、取ったトリックが次の手札になる。
取ったカードに描かれた足跡の数に、足あと付いてるカードの色数を掛け算したのが得点。
4ラウンド目だけは取ったカードが全て得点になるので、それに向けて強い手札を集めていけるか。

今回3ラウンド目がダメダメで、当然4ラウンド目もダメでした。
勝たされちゃう手札辛い。

結果:レン 135、ショーゴ 74、キートン 155〇


その後、30分ほどしてもまだ人が来ない。
3人で重ゲー始めればよかったね…。
といってもあまり3人ベストのがなかったってのもあってな。






IMG_6580
「ヴィニョス:デラックスエディション / Vinhos Deluxe Edition」 Vital Lacerda作

蹴って、富山で遊んで、それっきり遊んでなかった。
久しぶりにやりたくなったので、新たに買ったショーゴさんが立てるのに参加。
ルールは今回も新版ルール。

ルールめんどいのでこっち見れ。

なんとなくお金が厳しいってのは自分のレポで読んでたので、初期の追加アクションタイルでワイン売却できるのを選ぶ。
弱くはなかったが、他の人が使った品評会トラック進められるのが強かったな。上手く金策できればなんだろうけど。

ちょっと畑増やし過ぎたかな。後半は得点タイル取るために捨てるワインが必要だが、序盤~中盤はもっと1つ1つの畑を強化した方が良かった。
品評会は1回目はそこそこ頑張ったが、2回目3回目はダメダメ。
3回目は頑張っても勝てなさそうだったので、評価上げることより条件マッチ優先させて安いの出した。

得点タイル多めに取れて、海外売却もそんな悪くはなかったんだけど、品評会で得点取れてなかったのが響いて負け。

久々にやったが面白いな。
ルール複雑に見えるが、分かってしまえば結構シンプルだし。

結果:レン 123、ショーゴ 101、キートン 97、タカ 144〇






IMG_6581
「コールカントリー / Coal Country」 Kane M. Click作

持参初プレー。

いやぁとにかくルールが分かりづらい。
しゅだっちさんが難産って言ってたのが分かったよ。
インストグダグダで失礼しやした。

石炭掘って、それを売って稼いでくゲームなんだが、特徴的なのは累進課税制度。
売却で利益出せば出すほどに払うコストが上がる。
最初安値で掘って少量売ってで稼いでたのが、段々高値で掘って数売って稼ぐことに。
拡大してるんだかよう分からん。なんだこのゲームw。

システムはワカプレ、といっても全員同時に裏向きで置いて、全員置いたら同時公開。
場所に寄っては数字の大きい順、場所に寄っては小さい順に処理。
置いた数字によってボーナスやペナルティもあるので、どこにどの数字を置くか。

自分の炭鉱タイルにワーカー置くと置いた数字によって石炭を産出。
ただし、3種類の資源がそのタイル上に載ってないと産出量は半分になる。
石炭売るアクションでは世の中にある石炭量によって売値が変わるので、後手番取って他のプレイヤーが売ってから自分が売った方が得。
同値置いた場合利益上げてる方が先ってのはここでマイナス方面に効いてて面白い。

ゲーム中至る所で支払いが発生する。
資源買うとき、炭鉱掘る時、建物買うとき。
その値段の設定がかなり特殊で、feeという単位が出てくる。
資源は1つ2fee、炭鉱や建物は置いたワーカーとの差分1につき1feeとか決まってるんだが、このfeeの値段は今までに自分が石炭売却して得た額によって決まる。
具体的には20金売るごとにfeeは1金増える。
序盤は全然いいんだが、後半は石炭大量に売って100金とか稼ぐと1feeが10金とか20金になってくる。
資源1つ最初2金で買えてたのが、後半だと20金とか40金になる。超辛い。
ここら辺がかなり分かりづらいんだよなぁ。
説明書の文章中の支払い単位がfeeを指してるのか金額指してるのかが読み取りづらい。

炭鉱広げることで産出量増やせるが、資源載せないと大して掘れないし、しかも終了時足りない資源1つにつき2feeとか3fee取られる。

2ラウンドごとに四半期決算があって、feeを決める利益トラックが手持ちの金額にフィックスされる。
お金使ってればまたfeeが下がるので、2ラウンドおきのどこでお金貯めておくかが戦略的になる。
まぁ基本毎ラウンド使うんだけどね。

お金稼いでるはずなのに、どんどんfeeが上がって、資源買ったら所持金ゼロになったり。
どれだけ炭鉱広げても得点源にはならず、逆に資源調達しないとマイナス点になる。
稼げる額は増えていくんだけど、使う額も増えていき、それが得点に対して繋がっていない。何だこれ。

なんというか、奇妙なゲーム。
最終的にはお金多いと勝ちなので、最後売り抜けて如何にfeeの支払いをしないで済むかなんだけど。
一応最後に稼げる額で勝負なので、拡大はしてるのか。
炭鉱拡大して出る資源不足のマイナスを資源買って埋めていくかなのかな。

結果:レン 192〇、ショーゴ 172、キートン 34、タカ 190






IMG_6582
「メルカトル / Merkator」 Uwe Rosenberg作

久々に持参。

資源が8色あり、それぞれ2つの資源に対応してるので16種。
同時に複数獲得した場合、1つずつは両方の種類に割り当て、残りは好きに割り振っていい。

手番では共通のコマをボード上移動させて、移動先の資源取って、対応する都市の注文カード達成。
他のプレイヤーは手番プレイヤーに砂時計マーカー払うことで自分もその都市の注文を達成できる。
このゲームの特徴として、使い終わった注文カードを捨てないで持ち続けて、達成することで1つ上のレベルの注文カードを得られること。
また注文カードは同時にお金としても使えるので、もう使わないカードはお金として使って得点カードを買うのに使えばいい。
最終的に持ってる注文カードのレベルが得点になるので、5つのスロット全てを高レベルにするために古いものはどんどんお金として使う。
なんか不思議な感覚。

注文カードの引きは大きく、達成が難しいものを狙うより、以前達成したカードを再度達成するのが良いことも。
そこらへんの判断が大切なんだろうな。

砂時計を取得できる都市に行くと時間ボード上から砂時計を獲得。
これがなくなるとゲーム終わるので、そういった都市に移動させる人が多いと結構あっという間に終わる。
プレイ人数多いと特にね。今回も1時間くらいだったんじゃないかな。

中々面白くて好きよ。

今回は中々注文カードをレベルアップできなかったのと、得点カードが高いのが並んでしまったので大して取れなかったな。

結果:レン 39.5、ショーゴ 55.5〇、桜庭 48、尾関 47





IMG_6583
「タップル / Tapple」 USAopoly

久々に持参。フィラーとして。

お題ジャンルに当てはまる単語を、頭文字のボタン押しながら言っていく。
どんどん使える文字が減っていくのが面白い。
一定時間つっかえたらタイマーなって終了。

なんか記憶よりボタンの下がりが悪くて、どれ使ったかが分かりづらい。
内部構造見てみたが、これより下がる仕組みではなかったので記憶違いのようだが。

焦ると簡単なお題でも出てこないもんで。楽しい。

Tapple Board Game【直輸入品】
ティーエフジージャパン (T.F.G.-JAPAN)






おしまい。

終了後は大人数でびっくりドンキー食べて帰りました。

3/3 刈重会@刈谷

長久手から刈重会へ。

主催はすぐりさんとみやびんさんなのかな。
参加は二度目。



IMG_6372
刈谷着いてとりあえずラーメン屋へ。
かり屋だったかな。美味い。混んでるだけある。


さて着いて。



IMG_6373
「シディババ / Sidibaba」 Perepau Llistosella作

持参初プレー。
いきなり重ゲじゃないけど、まぁ時間調整ってことで。

1人がGMになり、他が冒険者。
ゲームはリアルタイムで行われる。砂時計ひっくり返してスタート。
マップはGMしか見えず、冒険者に提示されるのは女神転生とかウィザードリー的な一人称視点。
今向いてる方向の次のマスがどっちに曲がるか、T字路か十字路か行き止まりか。
隊列トップの冒険者は次の移動方法を選んでプレイ。
基本は一歩進んで左右向くかそのまままっすぐ向くか。
あとは後ろ向く、左右向くってのもできる。
これをリアルタイムで処理して、その後のマスからの光景がまた示される。
マップの各マスには番号が書いてあり、その番号のタイルを出して今の光景を知らせるのだ。
これをGMがリアルタイムで入れ替えて処理する。超忙しいw。

宝箱を見つけたらお宝の分配が起こる。
人数分のお宝が出されて先頭から順番に選んでいく。
財宝を見つけるとその倍。2周する。
基本先頭ほど好きなもの取れるので有利。
ただしイベントがあると先頭ほど被害を受けやすいのでリスクもある。

砂時計が落ちきったら、プレイヤーはランプタイルを1つ払って冒険を続ける。
この際隊列を組みなおすことができるが、その相談中も砂時計が再度進むので仲間内で揉めるとGMの思う壺だ。
その為わざとイベントで宝箱を出現させて、時間使わせるってのもある。

冒険者は時間内に財宝を見つけて、出口も見つけて脱出すれば勝利。
ただしチーム戦ではなく、お宝が多い人が勝ち。
GMは時間使い切らせて、ランプ足りなくしたら勝利。

という何とも不思議なゲーム。
なぜこれをボードゲームでやろうと思ったし。

とにかく言えるのは、GM疲れる!ゲームした気がしないw!
ルールは把握できたので次は冒険者やりたい。誰かGMやって!
2回以上遊ぶの前提で立てるべきね。

今回はGM勝利。
財宝は見つけられたんだけど、出口を見つけられずに同じ場所をグルグルとw。
流石に脳内マッピングは厳しいよね。メモ禁止だし。

ゲームした気しないけど、とりあえず積み崩したぜw。

結果:レン 〇、ゆずetc...






IMG_6374
「キングスウィル / The King's Will」 Hans-Peter Stoll作

持参初プレー。

プエルトリコ式アクション選択。各タイルには2つのアクションが描かれている。
選んだタイルに描かれたアクションを選んだ人は計2回、他の人はどちらかを1回発動。
9枚並んでるうち、左側4枚は使用不可。5枚から選択する。
選んだタイルはアクション後左端へ。選べるタイルが押し出されて変わる。
1枚だけ選択不可なタイルがあり、それが右端に来るとラウンドが終わる。
なのでそのタイルよりも左からタイルを選んでればラウンドは終わらない。
ただし、一番右のタイル選ぶと1点貰えるので、それ目当てに撃ってれば終わるし、どのタイミングで終わらせるかはプレイヤー次第。

アクションで出来ることは、土地を増やす、土地に人を増やす、徴税してお金を増やす、建物を建てる、土地に対応した資源を人の数だけ獲得する、技術獲得、などなど。
建物にも2種類あって、施設コマを土地に置いて人を増やせるようにしたり資源所持上限増やすか、建物タイルを獲得して特殊能力得るか。
建物タイルは場に20数枚並んでいて、そこから選べるので選択肢が非常に多い。
まぁ持ってる資源に対応するの建てるしかないんだけど、欲しい能力あったらそのための資源用意したいよね。
あと民の機嫌っていうパラメータがあって、徴税すると下がり、技術上げて学習奨励したり特定の建物建てるとすると増える。
これが下がり切ると人が死ぬw、更にラウンド終了時、機嫌が良いほど得点効率が良くなるので上げておきたい。
ラウンドタイルに描かれた変換のうち自分の機嫌マーカーの位置の変換ができる。
基本ノルマの達成も忘れずに。

さてもう一つこのゲームの肝になる部分が王の要請カード。
場に8枚カードが伏せられていて、王の要請とボーナス点が描かれている。
ラウンド終了時この8枚のうち1枚に自分のディスクを置く。
全4ラウンドなので終了までに4か所置くことになる。
終了時、いずれかのプレイヤーのディスクが1枚でも置かれてる要請を全プレイヤーが満たさないといけない。
失敗するとマイナス点だ。
さらにディスクを置いてる人は要請満たしてると対応するボーナス点が貰える。
効率良いボーナスを取りに行きたい。
このカード、ゲーム開始時に1枚だけ見れて、その後はアクションの1つに見るアクションがある。
このアクション選んで情報得るか、他人の動きから推測するか。

終わってから気づいたんだが、このゲーム1点の価値が重い。
ラウンド終了時の変換で稼げるのはせいぜい2点か3点か。
なので一番右のアクション選ぶ1点がかなり強い。
勿論やりたいアクションはあるが、特に不利益ないなら一番右選んでおいて損はない。
むしろそれ前提とした作りなんだろうね。それ知らないとかなり差が出るわ。

あとは王の要請ボーナス。これも上手くすると1枚10点とか取れる。
今回ラストに覗いた1枚が麦の数だけ得点で、偶然にも麦大量に余らせてて美味しかった。

なるほど面白いな。
得点バランスが結構ピーキーなのでプレイ前に共有した方が良いね。
資源算出アクションも4つの資源のうち2つ2つで分かれてるので、他人が選んだ時に無駄撃ちにならないように管理したい。
デザイン的にお金の使い道が少なくて、ほぼラウンド終了時の変換だけ、それも出るかは運次第なのかちょっと残念。
徴税アクション撃つ人誰もいなかったよ。

悪くないんだけど、調整が甘いなーって印象。

あとオゼキさんはインスト中寝ないように!

結果:レン 60、オゼキ 28、エル 63〇






IMG_6375
「打天九」

4枚出しできると思うじゃろ?
できないんだなコレが!!

結果:レン 0、ショーゴ -9、キョウ -16、よし9 +25〇




IMG_6376
「テキサスショーダウン / Texas Showdown」 Mark Major作

大勢でワイワイとトリテやるならこれやね。

マストフォローだけど今までに出たスートのうちどれかをフォローする。
最も多く出たスートの中で最大の人がトリックを取ってマイナス1点。

避けたつもりが被弾したりと事故が多くて面白いw。

結果:レン 8、よし9 1〇、ショーゴ 8、すぐり 5、がーすけ 8、キョウ 10





おしまい。


次の日健康診断だから21時までに飯食べるために早めに退場したが、店探してるうちにでっかい道路出ちゃって店が一切ない。
主幹道路みたいな?道の名前は知らない。
結局21時過ぎてしまったよ。ちょっぱやでココイチを流し込んだ。

12/23 刈谷重ゲ会@刈谷

みやびんさん主催の重ゲ会。
刈谷行ったことなかったので折角なので行ってみようと。
そろそろ高速乗れるようになりたいと頼んだETCカードが丁度届いたので練習がてらに。
いやぁ怖いけどスピード出せるのは楽しいな。

あとこの日はずっとゴホゴホ言ってましたが、翌日熱出してインフル診断。
潜伏期間1日くらいなのでこの日か前日あたりにもらったっぽいなぁ。
ゴホゴホ言ってたのは数週前から出しね。収まったり再発したりで。

皆さんお気をつけて。感染してたらごめんなさい。




IMG_5760
「カルペ・ディエム / Carpe Diem」 Stefan Feld作

持参初プレー。
メビウス流通前に駿河屋に5000円で出てた中古。

手番では今いる場所から繋がってるマスにコマ動かして、そこのタイル1枚取って配置するだけ。
反対側結んだ七角形だけど、実質円と一緒ってのはBGGスレに。
パン1個払えば好きなマス行けるよ。

取ったタイルは自分のボードに配置。
最初のマスは決まってて次からは隣接するように。
建物や畑が完成したら資源貰えたり効果発動したり。
7枚ずつ取ったらラウンド終了。

ラウンド終了時には決算があり、旗トラック一番進んでる人から好きなカード2枚の間にディスクを置いて対応する得点計算。
資源払って得点得たり、完成した建物に応じて得点得たり。複数あれば複数。
またパン3つ払えば1回達成にできる。
選んだ決算を1回も達成できてないとマイナス4点。手番順大事。

4ラウンドやったら各別荘、煙突の数に応じて得点。
これを別荘の数って間違えてた。失礼しました。
あと個人ボードの枠に描かれた、指定の地形がライン上をまたぐように配置できてれば得点。
何故かこれを2つずつって勘違いしてたので大分得点低かった。

なるほど、手番のアクションはとてもシンプル。移動して取って置くだけ。
どの地形を優先して完成させるか、どの決算を狙うか、決算のために手番順上げに行くかと悩ましさは十二分。
いいゲームだな。倉庫の街より軽いかも。
決算のマイナスが重い。美味く資源やパンを用意しないと。
あと噴水強いね。得点条件カード引けるんだが、噴水1つ2点があるので連鎖して強くなる。

いいゲームなんだが、タイルの裏の色が分かりづらいのと黄色と茶色の区別がつきづらいのはもっとどうにかならなかったのか。
2版だと改良されるらしい。

結果:レン 59、あお 87、える 109〇






IMG_5761
「サンティアンノ / Santy Anno」 Alain Orban作

持参初プレー。
ゆずさんに持って来てと言われて持ってきたが、ゆずさんなしで立つw。
まぁ積み崩せるならOK。

5年くらい前にふうかさんのブログで見て買った気がするけどどこで誰から買ったか忘れた。
ハイパーロボットとかレオナルドに近い。
あとあれかシェッフェルンの早い者勝ちヴァリアント。

カードの指定で「同じ色の帆の船」「頭文字が同じ船」「黄色以外の帆で、同じ色の帆の船」とか指定されるので、その対象先をどんどん辿っていく。
各要素一致する船が1つだけある。何人で遊んでも8席必要。
移動先が分かったらその席まで行って椅子に座り、自分のタイルをボードに置く。
最後1つずつ公開して答え合わせ。合ってた中で早かった人に随時得点。

ラウンド経るごとにめくるカードの枚数は増えていき、最後の2ラウンドは移動する前に机の周りをぐるっと回る必要がある。
バカゲーだなぁ。いいねw。

これはいいね。面白い。なんで積んでたんだろ。
5ラウンド中4回1位、1回3位で圧勝してしまったが。
こういう系は得意なのよ。

結果:レン 23〇、みやびん 12、すぐり 16、がーすけ 8、える 9




IMG_5762
「キャプテンオブインダストリー /  Captains of Industry」 Michael R. Keller作

初プレー。気になってたがタイミング逃してたやつ。
みやびんさんとやりたいって話してたのでようやくプレー。

生産した資源を他人に買ってもらうと点数になる経済ゲーム。

手番では資材の生産、工場建設、工場拡張、住宅建設、技術取得のどれか。
資源作るにはまず工場が必要で、基本資材の工場以外は工場建設に他の資材が必要。
必要な資材は他人から買う。もしくは銀行から最高値で買う。
工場は拡張すると生産量増やせるが拡張にもまた資材が必要。
生産を選ぶと自分の工場1つから描かれた数の資材が産出される。
この時左下に描かれたお金を払うと倍の量が出る。当然倍にしたいがお金が苦しい。
生産した資材は自分で値付け。他人が買ってくれればその額貰えるが、あまり高いと買ってくれないし、より安く同じ資材生産する人がいたらそちらが先に買われてしまう。

ラウンドごとに終了条件カード引いて、都市カードが6枚出たら時代終了。
ハズレカードは山に戻るので出る確率は薄まらない。
ラウンド中に住宅が建つとカード引く枚数が増えるので加速していくのが面白い。
時代終了時には住民が資材を買っていく。要はNPC。
その需要は住宅建設することでコントロールできるので、上手く自分だけが売れる資材を高値で買って貰う。
後半はここで値下げ競争が起きるのが面白い。

技術は所謂技術ツリー。特殊効果が増える。

なるほどかなり硬派な経済ゲーム。
だがコンテナとかに比べると何が得点になるのかが非常に明瞭。
生産した資源を買って貰えればそれでいいので。
ただ自分で自分の生産した資源を使うのはタダだが得点にならない。
住宅作ったり工場拡大のために必要になるので、どれだけ作って、どれだけ売って、どれだけ自分で使うか、悩ましい。

あと人物カードが最初に4枚配られてて、時代終了ごとに1枚捨てる。
自分に合わないのを捨てて行くが、途中ドローすれば得点条件増やせるぞと。
15点取れるカードもあれば頑張っても6点ってのもあってバランスは如何なものか。

今回鉄鋼工場から始まったので、技術で鉄鋼売ったら得点+1のやつを序盤に取得。
ちまちまと点数稼いで、上級資材作って住民に買って貰って金稼ぎ。
終盤で他の人が下級資材を上級資材として売れる効果取って、こちらの上級資材売れなくなって値下げ競争始まるかって時に終了トリガーが切られてそのまま終了。
今回住宅が建つのが早く、2時間もかからなかった。
結果は1点差書類。あぶねぇ。

なるほど面白かった。
今回4人戦だったが、これは5人の方が面白そうだな。
コンテナと違って各資材の使い道があるので需要の大きい資材を被らせに行くのは有り。
4人だと完全に住み分けになっちゃってたからね。その方が平和だけどw。

TMGは硬派なゲーム多いよね、意外に。

結果:レン 70〇、みやびん 69、える 62、ふーり 61





IMG_5763
「ターボタクシー / Turbo Taxi」 Friedemann Friese作

久々に掘り出したので、帰る前にゆずさんと遊ぼうと。

中央のタイルだけ指定された状態で、黒い家と車、黄色い家と車の位置が道で繋がるようにタイルを配置。
他の辺からは道が出ちゃダメってのが難しい。

好きなゲームなんだけどタイルの視認性がいまいちなのがねぇ。
Flick Werkの方が視認性はいい。ペラいけど。

圧勝しときましたw。

結果:レン 10〇、ゆず 1、える 0、中毒者 1




3時にお暇する予定だったが、結局4時くらいに退散。
焼き肉行く胃腸ではなかったのもあってね…。
この後は瀬戸ボドに合流。続く。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ