ボドゲ色のすたるじぃ

名古屋のボドゲ会をふらふらと渡り歩いてはレポを書いてます。 その他えらく頻度の高い購入報告など。 とにかくボドゲのことしか書きませんよ。

主にボドゲ会やら購入報告やら。
写真載せてますが顔が認識できないように注意してます。
気になった方は削除依頼頂ければ対応いたします。

ちなみにリンクフリー。

ボドゲ会:岐阜ボードゲーム会

3/29 岐阜ボードゲーム会@岐阜

新型コロナウィルスの影響で活動できるボドゲ会もほぼなくなって、この時生き残ってたのは岐阜ボドと一宮ボードゲーム会くらい。

これ書いてる今ではそのどちらも閉まっちゃったけど…。

なので現時点で最後に参加したオープンボドゲ会。
またみんなで遊べる時が来るといいなぁ。



さて、1年ぶりの岐阜ボド。
前回は知り合いが多く参加してたけど、今回は皆自粛気味。
でも他の会やきなボドで知り合った人が結構居たのは嬉しいね。
うみさんとかホーリーさんとか。
acoさんと久々に遊べそうで楽しみにしてたけどお休みだったので悲しみ。


今回もどんさんを乗せて。
岐阜駅近くで何か食べようと思ったら南側なんもねぇ。
北側行けば色々ありそうだったけど、めんどいのでちょっと南下した松屋で済ます。



IMG_9389
「ブレイントピア / Braintopia」  Johan Benvenuto, Nicolas Bourgoin作

最近日本語版が出たね。もう出たっけ?

早解きミニパズル集。
色と色名が一致してる文字探しとか、最も多い形はどれとか、覚えろとか、迷路のゴールはどれとか。
同じジャンルのカード2枚獲得したら脳味噌チップに交換。

ゆるくて良い。
手触りで当てるカードは一度触っておくと良いよ。

結果:レン 〇、どん、うみ、KOBU、あーげん、ゆず



IMG_9391
「コロンバ / Columba」 Laurent Escoffier作

持参初プレー。以前usalapbitさんがオススメしてたので気になって購入。
駿河屋で安かったのでね。

プレイヤーコマが無駄にデカくて色ごとに形が違うのが良い。

手番では2×2のカードを1枚配置。隣接させても良いし重ねても良い。
ただし相手がコマ置いてるエリアは潰せないよ。
個人ボード上のカードに対応するエリア潰したらカードにタイルを置く。
4つとも置けたら完成で、置いたタイルは右にずらして獲得し、カードは即配置できる。
獲得したタイルは手番中いつでも置けるので自分のエリア増やすのに使える。
その後、自分のコマ1つを誰もいないエリアに置いても良い。
最終的にコマのあるエリアの大きさが得点。

また、手持ちのタイル2枚を消費することでハヤブサの卵を獲得。
また2枚消費すると孵化させてハヤブサに。
ハヤブサタイルは相手のエリアに置けるので分断用。3手番かかるので早めに動こう。

序盤は誰もコマ置いてないのでガンガン達成できるが、誰かがコマを置き始めると潰せないマスが増えてきて苦しくなってくる。
なるべく大きくなりそうなエリアを確保したいし、自分のエリアを伸ばすように置きたいが、条件達成できる場所が限られてるのでどちらを優先するかが悩ましい。

達成は必ずしも必須ではなくて、最終的な目的は自分のエリアの拡大。
達成できるとタイルでエリア伸ばせるし、カード追加配置できるのでお得。
達成カードの引きは結構大きくて、序盤は連続達成できるようなの引けるとかなり強いし、中盤以降は自分のコマ置いた色のカード引けないと自分のエリア伸ばせるタイルが取れない。
その場合ハヤブサ取ることもできるので無駄にはならないけど。

これは予想以上に面白かった。終盤はどうしてもハヤブサで人を叩くゲームになっちゃうけどね。
まぁトップは目に見えてるので理不尽さはないかな。

結果:レン 26、どん 38〇、あーげん 33



IMG_9392
「ノックアウト / Knock Out」 Wolfgang Panning作

持参初プレー。パニング作なので買ったが、かなりの間積んでたな。

ボクシング勝負で周りはそれに賭け。惹かれないテーマだw。

手番プレイヤーは他のプレイヤーのボクサー1人を対戦相手に指名。
全員同じ構成のデッキを持っていて、そこから4枚を選んで手札に。
まずは賭け。手番プレイヤーが最初に賭け、相手プレイヤーが賭け、その後他のプレイヤ―が時計回りに、を2周。
賭けるのはどっちが勝つかと掛け金。
誰かが賭けた内容の反対に賭けて賭けを受けることもできる。受けられなかった賭けは銀行との賭けになる。

んで試合。やることはカードの同時出し。
1~5の数字で大きい方が勝ちで、差分が相手にダメージ。ただし1は5に勝って4ダメ。
数試合やるのでどの試合にどのカードを割り振るか。
負けてもファイトマネーは貰えるのであえて弱いカードばかりにして負けにいってもいい。
闘うプレイヤーが最初に賭けるので、他のプレイヤ―はそれを見て勝ちに行ってるか負けに行ってるかを予想して、どちらに賭けるかを判断する。
ここら辺はよく出来てるね、パニングらしい。
4枚手札にするけど3回勝負で1枚戻ってくるのも選択肢生んでて良いね。

勝ったプレイヤーはファイトマネーの倍を獲得してファイトマネーが上がる。
負けたプレイヤーはファイトマネーの額を獲得してファイトマネーが下がる。
K.O.負けしたら引退なので、ある程度は防がないと辛い。

古いゲームなので野暮ったさはあるが、悪くなかった。
ただ5人は多かったね。長いよ。4人くらいが良い。

結果:レン 192000〇、どん、うみ、日和屋、しま



IMG_9393
「ナンバーナイン / NMBR 9」 Peter Wichmann作

とりあえず時間が余ったらナンバーナイン感。

結果:レン 97〇、どん 76、しま 93




IMG_9394
「ディープブルー / Deep Blue」 Asger Harding Granerud, Daniel Skjold Pedersen作

持参品。殺戮は起きないしサメも出ないよ。古いか。

以前やったときは3人プレーだったので、4人以上でやってみたくて持参。

お宝のサルベージ。自分でやるか他人に相乗りするか。

手番ではカードを買う、船を移動させる、サルベージする、カードを回収するのどれか。
カード買うには手札のカードをお金として使用。山札に近いほど高いアレ。
船の移動は移動力の描かれたカードを使用。
カード回収は自分の捨て札の上から3枚を回収。
大事なのはサルベージ。
誰かがサルベージをするとき、その1マス以内に居る人は寄って来て参加できる。
同じマスに先に入ってるとボーナスの描かれたマスに船を入れて、ボーナスがある。
サルベージは袋から宝石を引く。
1個引くことに全プレイヤー手札からカードを出すかを選択。
この色の宝石1つにつき何点って描かれてるので、どれを使うか。
手番プレイヤーは更に引くか止めるかを決める。
もし青か黒が出たらトラブル発生。1つ目はセーフだが2つ目以降はアウト。
手札から対応する対処カードを出せないプレイヤーは浮上する。
浮上しても今までに出した得点カードは有効で、出した後に引かれた宝石に対しても有効。
基本カードは使って得点損はないんだが、得点にならないうちに引くの止められたりバーストしては美味しくないし、使うと回収するまで再利用できない。
また、浮上せずに最後まで残ったプレイヤーは引かれた宝石から基本収入が得られる。

まぁそんな感じで、自分でサルベージする上手さは止め時を得られるのとボーナス点があるくらい。
他人のサルベージに相乗りしていくのも十分美味しい。

今回ピンク宝石が高得点になるカード4枚を2人が2枚ずつ買い占めて、サルベージの度にピンク出まくってガンガン稼げたのが美味しかった。
序盤が全員カード買いまくってたので全体的にインフレ場。得点チップも足りなかったくらい。
これもっと序盤からサルベージに行くゲームなんだろうな、本来はw。

結果:レン 202、ホーリー 249〇、ゆず 163、とも 153
ディープ・ブルー 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-10-03




IMG_9395
「クアドロポリス / Quadropolis」 François Gandon作

持参品。個人的に結構気に入って何回も遊んでる作品。
今回いきなり上級でもいいって言ってくれたので初の上級!

基本ルールの中央ボードにワーカータイル置いて、ワーカーの数字の枚数目のタイルを取って、ワーカーの数字に対応する列・行・ブロックに置くってのは一緒。

初級だと4×4のグリッドで、各行各列1~4と2×2のブロック4つに分かれてたが、
上級は4×5のグリッドで中央縦4マスのブロックと2×2のブロックが4つ。
また行列はなくて、各ブロック左上からマスにブロック番号を飛ばした番号が振られてる感じ。
タイル枚数が増えたので、ラウンドも1ラウンド伸びた。

さらに初級では全員1~4のワーカーを持ってたが、上級だと場に共有の1~5のワーカーが4枚ずつ置かれていて、好きなのを使える。
涸れた数字は使えなくなるのでどれを優先的に使うかが悩ましい。

あとは新規建物が2種類。
タワーマンションは同種が連続したマス数とその中の各マスの高さに応じて得点。
モニュメントは隣接する建物によって得点。公園と何だっけな。
タワーマンションは1人に独占されるとヤバイことになるので誰かが止めに行かないと。
モニュメントはちょっと難しいね。

今回折角なので両方狙ってみた。
タワーマンションは公園の得点条件にもなってるので、タワーマンションの周りに公園配置して、その隣にモニュメント置く感じで。

上級だと配置場所が複雑になってて難しくなった感じはするが、プレイ感はそこまで変わらず。
同じ番号残ってれば複数使える分、ちょっと柔軟になった感じもある。
ラウンド長いのはその分やりたいことやれていいね。
まぁお好みで。

結果:レン 83〇、うみ 77、トゥクス 82、しま 82



IMG_9396
「スーパーハザードクエスト / Super Hazard Quest」 Ben Famiglietti, Mike Mendizabal作

持参初プレー。
ファミコンゲーっぽいドット絵、外人は好きそうだ。いかにもキックっぽい。

手札から左移動、右移動、上移動、下移動の移動カードと、4種類の敵キャラに対応する攻撃、防御、踏む、隠れるのアクションを使用して進んでいく。
手番の最後は必ず旗のあるチェックポイントにいないとダメよ。

目的はバックベアードみたいなボスを倒すこと。そのためには対応する色のクリスタルが必要。
クリスタルは中ボスを倒すと得られる。中央ボス倒すには4つの対応するアクションが必要。

なので序盤はまずダンジョン広げて行って中ボス探し。同時にボスも探して。
マップカードのない場所に移動すると新しくマップカードを引くよ。

初手版からボスの部屋が出て笑う。なお、クリスタルないと死にますw。
死んだらアイテムとか全リセットしてスタートからやり直し。
あと壁だけの即死部屋もある。いしのなかにいる!


pic4745832
プレイヤーキャラはいずれもどっかで見たようなキャラで、大丈夫かこれw。
ちなみにこれはトークンじゃなくて付属の缶バッヂw。
画像はBGGから。

レトロゲー好きが複数人集まってワイワイできるゲーム。
クリスタル奪ったり、マップ入れ替えて邪魔したり。
結構面白かったのでまたどこかで遊ぼう。

駿河屋で買ったら拡張が3つ4つ入ってたけど使うまで遊ぶ気がしないなw。

IMG_9397
最終盤面こんな感じ。

結果:レン、トゥクス 〇、うみ、しま




IMG_9398
「おばけキャッチ / Geistesblitz」 Jacques Zeimet作

ホーリーさんとサシ勝負。

言い訳がましいが、本調子ではなかった。
ホーリーさんは強かったよ。
練習せねば…。

結果:レン 26、ホーリー 31〇




おしまい。


IMG_9399
横綱食べて帰宅!

4/14 岐阜ボドゲ会@岐阜

かなーり久しぶりの岐阜ボド。
3年ぶりくらいw?

特に車移動になってから駅直結の施設には逆に行きづらくてなぁ。


会場は以前の倍くらいの大きさの部屋になってたが、それでもこの日は30人超来て卓が足りないほど。
定員は椅子の数じゃなくて卓の数×4で設定した方がええで。



IMG_6713
「リバーフィーバー /  Flussfieber」 Friedemann Friese作

持参初プレー。
なんとなく最近駿河屋でポチったフリーゼ旧作。

2つある自分のコマをカードを出して進めていく。
カードは自分の山札にしておいて、どちらのコマを進めるかが色指定。
このプレイヤーの持ち色がプレイ人数によってなんか気持ち悪い指定されてて、プレイヤーによって1色だったり2色だったり、なんかよく分からんがまぁいいや。
基本空きマスを進んでいくが、直線方向に2つまでならコマを押せる。
これはプレイヤーコマもだし、途中にある邪魔者の流木も。
また、ボードのマスには矢印が描かれていて、そこで移動を終えたコマは自動的に矢印方向に流される。
更にこれによって押しのけも発生してで、中々めんどくさい。

コースは可変でボード2枚を組み合わせる。
無駄に7枚くらいボードがあるので可変性は高い。全部両面だし。

流木はただの邪魔者なんだが、今回の後半コースは中々いやらしい配置。
道を塞いでるのでトップが押しのける必要があるのだが、押してしまうとショートカット用の道が開いて下位が進みやすくなる。いいマップだ。

IMG_6714
5人プレーだったのでゴール間際の大混雑がひどかったw。
流木で角に閉じ込められる人がいたりw。
これ場合によっては3コマ以上で閉じ込められたら移動不可能になって詰むぞw。

フリーゼにしては変な要素もなくて普通に面白いゲーム。
4人以下なら広々とできるのかな、いいのか悪いのかは分からないけど。
むしろこの大混雑のカオスさがフリーゼの狙いかw?

BGGによるとボードによって戦略が変わるようにしたかったようなので、色んなボードで遊んでみて違いを楽しむのがいいんだろうな。
ちなみにカードで進むのはアヴェカエサルのインスパイアらしい。

結果:レン 〇、みやびん、ショーゴ、キョウ、ワタナベ






IMG_6715
「プレーンズ / Planes」 David Short作

持参初プレー。

Okazuさんのトレインズと勝手にシリーズものにされたやつ。
あと車のAutomobilesもあるよ。ワレスではない。

さて、ゲームはマンカラムーブメント。
自分含む一か所のコマ全部持って、時計回りに1つずつ撒いていって、最後のマスでは自分のを。
特徴としては撒ききらずどっかで残り全部撒いて止めてもいい。
あとコマが6個だか7個だか以上になったマスは通行規制がかかり、そのマスを通り過ぎるような撒きはできない。
んで目的は2つ。
1つは自分の色のコマを自分の色の飛行機に送り込む。
ラス1の自分のコマを自分の飛行機の前の三角形のマスに置ければ、飛行機に載せて得点。
もう1つが目的カード。
描かれた条件を達成できれば得点。条件はコマの配置状況とマスのアイコン。
この目的カードは上半分は特殊効果が書かれていて、目的カードとして使うか、特殊効果として使うかが選べる。
目的達成で1枚引けるが、中立の黒コマを中立の飛行機に積み込んでも2枚引ける。
どっち目指すかと流れ次第。

なるほど悪くないが、4人で遊ぶにはちょっと多いな。
人の手番でガンガン盤面変わるから自分の手番にならないと考えられない系。
必然的にダウンタイムが長くなるね。
コマを搭乗させると移動の選択肢が減って自由度下がる辺りはよくできてる。
カード3枚引くカード強すぎね?引き得やん。

ちなみに裏面は上級モードで盤面が∞の字型。思考難易度アップ!

毎手番目的達成重ねて、飛行機も3つ送り込んで、勝利!
積み重ねが大切ね。

結果:レン 30〇、日和屋 27、あこ 19、たーぼー 21

AEG Planes Board Game [並行輸入品]
Publisher Services Inc (PSI)





IMG_6716
「モンドサピエンス / Mondo Sapiens」 Michael Schacht作

持参初プレー。
モンドの続編というかバージョン違いというか。

モンドについてはggって貰うとして、違いを説明。

・道が書かれてるタイルがあり、総延長が得点だが、道の本数がマイナス点。1本を伸ばせよと。
・村タイル3つ持ってて、任意のタイミングで配置。
・タイルに3種類の人が描かれてて、対応する村置いてると得点。それぞれでマジョリティもあり。

あとは大体一緒。基本ルールは。
上級ルールはまた違って、場に建物置き場があり、4枚特殊建物が置かれている。
それらを早い者勝ちで取れる。
特殊建物は自分のボード上の対応する建物や建物の周囲の地形によって得点。
それぞれの建物でもマジョリティあったかな。

それくらいかな。

ゲーム性が大きく変わったのは達成目標タイルがなくなったこと。
その分ソロプレイ感は増えたけど、自分のボードに集中できるのはいいかも。
マジョリティはあるけど、正直種類多すぎて他人の見てる余裕ないし。

まぁヴァリエーションとしては有りだけど、結局はモンドなので両方買う意味はないよ。
普通にモンドを拡張入れてタイルとプレイ人数増やして持ってる方がよろし。

モンドは小っちゃい地形いっぱい完成させるのが強いって分かってはいるんだが、久しぶりすぎて中々上手くいかず。
道があるのでそれも難しくなったかもしれない。

結果:レン 126〇、たーぼー 87、なる 46、あこ 123






IMG_6717
「グレートジンバブエ / The Great Zimbabwe」 Jeroen Doumen, Joris Wiersinga作

ショーゴさんとスプロッターをやろう!
立つか怪しかったけどあこさんが参加してくれてセーフ!

久々でかなりルール忘れてたけど。
そしてインストミスで、神様1枚しか取れないっての抜けてて多神教ゲーにw。
これはこれで面白かったけど、正直スマンかった。
一神教だって説明はしたんだけどなw、複数おるやんけw。
どうりで目標勝利点振り切って危機感覚えるはずだw。

ルールは端折る。昔の記事探してくれ。

今回自分の作った工芸品が中々二次職人作られなくてちょっと楽だった。
3人だと競りで使われた牛多く貰える神が中々強かった。
1/3から2/4に増えるからな。1.5倍。
あと何買っても1牛で買える神。
皆3牛に設定してたから便利わー。
多神教いくないw。

そんなこんなで牛余りまくって、終盤は牛投入しまくってスタP取っても半分返って来て美味しいです。
1手番で資源潰しまくって無双して勝利。酷いw。

ルールは分かりづらいんだけど、慣れると結構シンプルで早い。
今回も2時間かかんなかったんじゃないかな。
あんまり長考する人がいなかったのもあって。

結果:レン 38/38 〇、ショーゴ 18/36、あこ 21/33






IMG_6718
「キングコマンド /  The King Commands」 Magnus Esko作

持参初プレー。長らく積んでていつ買ったのか記憶にない。

剣のカード使って誰かに攻撃して、通ればそれを得点化。
同色の盾で防げば防御側が盾と剣を得点化。
同色の剣で受け流せばお互いに剣を得点化。
あとは何枚同時に出すかで防ぎ方と受け流し方が変わる。

あまり細かいルールは忘れたが、要は手札薄そうな相手に殴りかかるゲームw。
勝ったら相手の持ってる金貨も貰えるので、あまり同じ人ばかり殴っても稼ぎは少ない。
防がれにくい利点はあるけどね。

特殊カードの王冠が強いんだが、防御不能攻撃できるのに王冠自身を得点化するってアクションもできて意味ないよねと。
協議の結果王冠での攻撃では王冠は得点にできないってしたけど合ってるんか?

直接攻撃ゲーって聞いてあまり取り出しづらかったが、思ったよりはかなりライトだったので良かった。

エクスカリバーが緑の剣と見分け付きづらいぞ!

結果:レン 30〇、みやびん 19、ショーゴ 18、キョウ 12






IMG_6719
「イモムシイモムシ / Worm Up!」 Alex Randolph作

ショーゴさんの。
同じ出版社のは持ってるけど、うちのはダイスじゃなくてタイルの版。

全員同時に進みたい歩数をプロット。ダイスの任意の面を上に向けて隠して持つ。
同時公開して数字少ない順に進めるが、バッティングすると進めない。
半球並べたイモムシを、末尾のコマを先頭に移動させて移動。
他人の進路塞ぐのはお約束。
×の目は誰も選ばなかった数字を後から選べるのと、ゴールをピボット移動できるw。

久しぶりにやったが、おもろいな。
4人くらいがちょうどいいね。

結果:レン、ショーゴ 〇、みやびん、キョウ





IMG_6720
「ハードナッツ / Harte Nuß」 Theora Design作

久々に。

お題カードが並んで、ダイスで頭文字が指定される。
それぞれ書いて発表するが、人と被ったらダメよ。

分かりやすいルールが良い。
ジャマイカ的なダイス機構も素敵。

井上順で年齢がバレるな!(そんな老けてないです)

結果:レン 〇、ショーゴ、みやびん、キョウ、みゅう、…?




おしまい。



IMG_6721
岐阜駅内のリンガーハットで飯食って解散!

7/12 岐阜ボドゲ会@岐阜

岐阜駅にて開催されてる岐阜ボドゲ会にお邪魔しました。

アウェー感あったけど知り合い数人いて安心w。
最近はどこ行っても誰かしら知ってる人がいるようになりました。




BlogPaint


岐阜駅から直結の施設で開催されていて中々便利な場所。

人数は17人だったとのこと。
人数の割に部屋はちょっと狭めでしたがなんとか4卓にして遊んでました。



IMG_5445
「トラックス / Träxx」 Steffen Benndorf, Reinhard Staupe作

まずはなんか軽いのをとこれを。
カードの指示に応じて線の両端を伸ばして行くお手軽ゲー。
数字マスの早取りによる得点と空きマスがマイナス点。

どの色が出てもいいように待ちを広くしておくのが大切。
時には1色待ちにしなければいけない時もあるので、その時は逆端はその色がいらないようにしておいたり。

いいゲームですよ。


IMG_5446
「王宮のささやき / Palastgeflüster」 Michael Rieneck作

かなり久々。通算三度目くらい?
日本語版で遊ぶのは2回目かな。初かも。

出したカードの色によって次の手番プレイヤーが決まる。
目的は手札を出しきること。
ただし自分が既に出したキャラクターは出せない。
手札を出せない状況で手番が来ると負けで他が得点。
上手くカードの効果で手札や場を交換しながら出しきりを目指す。
もしくは他人を追い込んで負けさせるw。

昔遊んだ&自分が持ってるのはアドルング版。
日本語版は絵が可愛い。なぜかケモいけど。

そこまで超面白いってゲームでもないんだけど、まぁ悪くないよね。
何故これを日本語化したかは謎。


IMG_5447
「ボーナンザ / Bohnanza」 Uwe Rosenberg作

隙あらば豆。


IMG_5448
「サムライ / Samurai」 Reiner Knizia作

持参品。

タイルを1枚ずつ置いていって得点コマの周りの陸地が埋まったら影響力が一番大きい人が獲得。
3種類のコマに対して対応するタイルがあり、どれを置くか、ワイルドをどこで使うかも悩ましい。
できるだけ人と競い合いながら勝つのが好ましい。
1人だけで埋めるのは手番数的にもったいない。

3種のコマのうち2種で単独最多を取れば勝ち。
そうでなければ1種で単独最多取ってる人同士でそれ以外のコマ数が多い人が勝ち。
この得点システムがよくできてる。

江戸の周りをメインで攻めて江戸の3コマゲットとかできたが、
北陸あたりにあまり絡めず。

1種は最多取ったが、他の数で負けてて敗北。
うーん、難しい。いいゲームだ。


IMG_5449
「名前を呼んで! / Головоноги」

軽くできるものをと。
外さないわぁ。


IMG_5451
「ベガス / Las Vegas」 Rüdiger Dorn作

これもかなり久々に遊ぶな。
ダイスじゃらっと振って出目1種を全て対応するタイルに置く。
んで置いた先でマジョリティ争い。分かりやすい。
同数置いた人がいたらバッティング無効で次点が権利。分かりやすい。

システム的には数十年前にあってもおかしくない内容なのよね。
隙間を付いたドーン先生。流石っす。

結構前から買おうか悩んで結局買ってないんだよなぁ。


IMG_5452
「ラ・イスラ / La Isla」 Stefan Feld作

持参品。
最近買ってよく持ち出してる。
配られる3枚のカードを特殊効果・資源・得点源の3つに当てはめる。
あっちもこっちもやりたくて悩ましい。
んで陣取りしながら動物採集。

30分くらいで遊べて満足度高いので結構好きなんだけどな。

勝ったような負けたような。


IMG_5453
「グレンモア / Glen More」 Matthias Cramer作

持参品。
最も後ろにいる人が好きなタイルを取れる手番システム。
あまり先のタイルを取りすぎると手番が中々来ないよ。
取ったタイルは自分の場のミープル置いたタイルの周囲に配置。
置いたタイルと、それに隣接するタイルの効果が発動。
資源産出して得点に変えたり、麦をウイスキーにして得点にしたり。

各項目で最も少ないプレイヤーとの差分が得点になるシステム。
他人の逆を行くのがいい感じ。
最後にタイルの数を比べて多い分がマイナス点になるのもいいね。
取りまくればいいってもんじゃない。

3人プレーは初だったけど、ダミープレイヤーが入るのな。
ダイス振って出目分先のタイルを持って行きます。
時代の終了タイミングが読みづらいわー。

タダで得点が入るタイルが取れたのでそれ重視で攻める。
ミープル配置ミスってあんまり発動できなかったけどいい効果の湖タイル取れたのもあって、
勝った…ような気がする。

記憶力ががが…。


IMG_5454
「スフィンクス / Sphinx」 Mark Berger, Edith Grein-Böttcher作

興味持たれた方がいたので。
2人用で互いの迷路を解き合うゲーム。

自分が相手ならここに壁を置くなぁという読み合い。
うまく壁を避けて通れると気持ちいい。


IMG_5455
「ナッツ / Nuts!」 Martin Schlegel作

持参品。知られざる良ゲー。
1枚出し同時公開でコマを進めて、1番進んでいる人が得点を取る権利。
同じマスに複数人いたら無効のはげたか式。
得点は1~16まであって次のラウンドの得点が見えている。
得点取ったらスタートに戻るが、パスしたら次点に権利が移ってそのままのマス。
次の得点の方が高くて、取れそうだったら取らない方が得な状況もある。

2のマスから-2のカードで最大値の12のマスに行けるのもポイント。
下家のカードを奪うカードもあるので相手の手を読むのも大事。

はげたかをもっと戦略的にした感じで好きです。
 
下家の人と共に2のマスにいたのでリスカードで-2を奪って得点。
色々上手くいって勝ちました。


IMG_5456
「キピット / Kippit」 Torsten Marold作

最後にちょっとだけ。持参品。
置くときに滑ったら駄目だけど、シーソーが傾いて落ちたコマは相手に押し付けられるバランスゲー。

できるだけギリギリで攻めて、一気に傾けて大量破壊できると気持ちいい。




そんな感じでおしまい。
サイゼで二次会あったので参加しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

naphtha_lene

名前:ナフタレン
生息地:愛知県北名古屋市
ボドゲ歴:2012/02~

週末は近郊のボドゲ会に出没します。
ボドゲ友達募集中です。

メールは↓
naphtha_leneあっとyahoo.co.jp

メール、コメント、リンクお気軽にどうぞ。

カテゴリー
google検索
livedoor検索(糞)
ヒウィッヒヒー
最新コメント
ランキングなど
  • ライブドアブログ